冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年08月20日

本日はお休み。

本日の更新はお休みです。
書き込む内容は或るのだが、怪我の為に意識が集中せず纏まりを欠く可能性が或るからです。
早々に快復させたい。
posted by 天野☆翔 at 23:08 | Comment(0) | Update history | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

Sputnik Japanが気違い記事掲載。

* 北朝鮮の脅威によって、日本の再軍備は正当化されるのか? - Sputnik 日本
小野寺五典氏が再び防衛大臣に就任してから、日本の防衛政策は大きく転換することになった。8月3日に内閣改造が行なわれたとき、安倍晋三首相は小野寺防衛相に対し、2013年に閣議決定した防衛力整備の指針「防衛計画大綱」を見直すように指示した。小野寺氏はまた、防衛省は2018年の夏までに、例えば巡航ミサイル「トマホーク」の配備など、敵基地攻撃能力をもつかどうか検討するということを明らかにした。それ以外にも小野寺氏は、もし北朝鮮が米国領のグアム島をミサイルで攻撃するなら、日本は集団的自衛権を行使してそれを迎撃する可能性について排除しなかった。
日本の防衛政策の変更はもちろん、北朝鮮が日本を単なる「米軍基地がある場所」として見なしているのではなく、軍事的な敵として、ミサイルの標的と見なしていることに起因している。
この問題は、技術的な側面と政治的な側面に分けて考えることができる。技術的な側面というのは、日本はもう近いうちに、じゅうぶん攻撃ができる武器をもつリアルな可能性をもっているということだ。こういった武器装備のプログラムは、巡航ミサイルトマホークRGM/UGM-109Eの利用を視野に入れているということになる。トマホークは1600キロもの距離を飛ばすことができ、東京湾から、北朝鮮のどんな場所にでも撃つことができる。しかしこのようなミサイルの配備には時間もかかるし、日本の船、砲撃機能をもつ潜水艦、または米国のミサイルなどとからんだ配備の技術的問題を処理しなければならない。
その中でも、他のバリエーションもある。トマホークがまだ配備できないうちは、他の巡航ミサイルを使うという方法である。例えばフランスとイギリスは、SCALP Navalという水上発射型の巡航ミサイルを開発。これは1000キロの距離を飛ばすことができる。日本の領海内から北朝鮮を攻撃するには、距離的にはじゅうぶんである。このミサイルはあまり大きくない海軍の武器として輸出(NATOの国々と、NATO以外ではサウジアラビア)されていた。それ以外にもストーム・シャドウという空中発射型のミサイルもあり、これは250キロの射程距離がある。このミサイルは、F−35ステルス戦闘機に配備できる。ということは、もし「やる」ということになれば、日本は初の攻撃用の武器を一そろい、年内にも、いや、むしろ緊急の場合には、数ヶ月以内にも有するということになる。
政治的な側面というのは、安倍氏が、自身の内閣を取り巻く状況の中で、結論を出したということである。防衛大臣になったばかりの小野寺氏の発表から判断してみると、安倍氏と小野寺氏は、日本の再軍備を急ぎ強行しているということになる。
日本社会はこのような決定的な再軍備にもろ手を挙げて賛成しているわけではないが、それであっても、安倍氏には根拠とできるものがある。
まず第一に、社会が真剣に心配し恐れている北朝鮮の脅威がある。もし2006年、防衛庁が防衛省になったときの「再軍備」が国としての体面を保つための形式的なアクションであったとしたら、今の状況は、本物の戦争に向けて準備している「再軍備」である。
第二に、安倍内閣の支持率低下がもし続いたとしても、安倍氏が、残りの任期内で、不可逆的に日本を再軍備化させられるという希望を抱いていることは明らかである。安倍氏は、誰が彼の後継者になったとしても、その人物が日本の再軍備開始のプロセスを嫌でも知らねばならぬようにし、それを続けなければならないような状況を作ることができる。このようにすることで、安倍氏の最も重要な政治的目的のひとつ、憲法改正は、実際的に避けられないものになる。
現在、日本は世界で第五位の海軍戦力をもち、軍事費では世界8位である。「グローバル・ファイヤーパワー」の軍事力ランキングでは日本は7位に位置している。しかし日本の上層部は、世界第4位の経済大国としては、それでは不十分だと考えている。
日本には、ロシア・中国・米国・フランス・英国が有しているような武器のうちいくつかのものがない。それは空母、戦略的爆撃機、大陸間弾道ミサイルである。戦略的爆撃機と大陸間弾道ミサイルは日本には必要ない。日本には核兵器がないし、近い将来にそれを持つ予定もない。しかし通常の武器に関しては、上に列記したような国々にひけをとっている。日本では、安倍氏率いる日本政府が防衛に力を入れているのは「普通の国」になるためだと説明されている。しかしながら、北朝鮮が核ポテンシャルを増大させようとしている行為も、「普通の国」になるためだという名目で、正当化することも可能だ。目指すのはそこではなくて、もしかしたら、平和憲法こそ世界の大国が目指さなければならないものではないだろうか?
Sputnik Japanは我が国の軍備拡充は正当化出来るのかと云う記事を掲載したが、当然正当化出来る上にそもそも正当化では無く当然の事なのだ。
軍部を持たない国ならいざ知らず周辺諸国が敵性国家で在る事を考えれば、防衛体制の拡充は必要不可欠。
北朝鮮の脅威を利用しての政権叩きがしたいが為にこんな低俗な事を曰う其の意識に大いに疑問を抱くし、辟易する思いで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

南朝鮮が「おもてなし」を学ぶ。

* 平昌にも「おもてなし」を 韓国の大学生、来日し接客実習
韓国でも日本のおもてなしを――。来年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪・パラリンピックで日本語ボランティアを務める韓国の大学生ら21人が今月上旬に来日し、高級旅館での接客実習などを通して日本文化への理解を深めた。その経験を半年後の本番で生かすつもりだ。
公益財団法人・日韓文化交流基金(東京)が主催。韓国外国語大などで日本語を学ぶ大学生らが10日間の日程で訪れ、北海道では大倉山ジャンプ競技場など1972年札幌冬季五輪施設を見て回った。
東京では星野リゾートが運営する日本旅館「星のや東京」で接客実習を受けた。思うような結果が出せていない選手への接し方については、2008年北京、16年リオデジャネイロ両五輪の競泳女子日本代表で同社社員の山口美咲さんを選手役に見立てて、言葉を発さずに笑顔だけで接したり、マッサージを勧めたりして気遣うことの大切さなどを学んだ。
参加した建国大(日本語教育学科)3年の申政恩さんは、「相手の思いを察するのは難しい」と話す。
大会組織委員会は9万超の応募の中から約2万人のボランティアを選抜。大学生たちは選手村や競技会場などで案内役などを担う。
平昌五輪を念頭に我が国のおもてなし文化を学んで活かすなどほざいてるが、何処迄活かせるのか甚だ疑問を抱く上に、そもそも自分達で歓迎の意を示し行動出来無いのかと憐れむ。
他国の真似ばかりしてるから自分達で考え実行出来無い社会が醸成され、此の結果現在に至る病的な意識が蔓延してるのでしょう。
第一民族的に接客の本質を理解するのは極めて困難な上、絶対に達成出来無いのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:30 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

日刊スポーツが気違い記事掲載。

* 「安倍総理から日本を守ろう」/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ
★首相・安倍晋三は支持率低下で「おごりがあった」と国民にわびたが、その後も元首相・福田康夫が「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸(の顔色)を見て仕事をしている。国家の破滅に近づいている。政治家が人事をやってはいけない。安倍内閣最大の失敗だ」と極めて強い口調で批判した。首相は休暇中に森喜朗、小泉純一郎、麻生太郎ら歴代首相経験者と会談するなど、先輩に指導を仰ぐことが増えた。
 ★また「歴代首相に安倍首相への提言を要請するマスコミOBの会」が先月、中曽根康弘以降の存命の元首相12人に要請文を送付。11日までに回答した細川護熙、羽田孜、村山富市、鳩山由紀夫、菅直人の元首相の首相への注文を発表した。この中でも羽田は「安倍総理から日本を守ろう」とし、村山は「国民軽視の姿勢許せぬ」、細川は「国益を損なう」といずれも厳しく首相を批判している。
 ★首相は他にも、政権に批判的な政治評論家らを相次いで官邸に呼び寄せ、意見を聞いた。その中の1人、田原総一朗は「政治生命を懸けた冒険をしないか」と持ち掛け、首相が前向きに受け止めたといわれるが、結局「訪朝を促した」ようだ。田原は安倍と会う直前まで、「内閣改造で代えるべきは安倍だ」と発言し続けていたが、こうなるともう話題作りの安倍応援団だ。
 ★たくさんの人に話を聞いて首相がどう変わるのか興味深いが、森友学園事件で“私人”の首相夫人・安倍昭恵付秘書官・谷査恵子が、イタリア大使館1等書記官に異動した。彼女は、詐欺容疑で大阪地検特捜部に逮捕された森友学園前理事長・籠池泰典と、財務省をつないだ連絡係。本来地検の捜査対象だが、奇異な人事だ。付記すれば、南スーダンPKO日報隠蔽(いんぺい)問題の担当者だった防衛省前統合幕僚監部参事官付国外運用班長・小川修子も、中国大使館の1等書記官に異動している。がんばれば守ってくれる。
題名の「安倍総理から日本を守ろう」と云う文言が既に発狂してるが、「歴代首相に安倍首相への提言を要請するマスコミOBの会」がアンケートを実施して、其の結果返答した面々が見事に反日売国奴なのには大笑いで在る。
細川護熙、羽田孜、村山富市、鳩山由紀夫、菅直人とオールスターで在る。
此処に本来は小泉純一郎や福田康夫や野田佳彦が加わらなければ為らないが言及はしない。
どれだけマスメディアが毛嫌いをしてるのかで、政治家が如何に国益を守ってるのかを推し量る事が出来る。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

旧山古志村村長の長島忠美氏逝去。

* 自民・長島忠美衆院議員が死去 旧山古志村の村長 - 産経ニュース
自民党の長島忠美(ながしま・ただよし)衆院議員(新潟5区)が18日夜、新潟県長岡市内の病院で死去した。党関係者が19日、明らかにした。66歳。新潟県出身。今月15日に体調不良を訴え、入院していた。
 平成16年の新潟県中越地震では、旧山古志村(現長岡市)の村長として住民避難をはじめ地震からの復旧・復興の陣頭指揮にあたった。その手腕に着目した小泉純一郎首相(当時)から国政転出を要請され、17年の衆院選で自民党公認候補として比例代表北陸信越ブロックから出馬し、初当選。24年の衆院選で新潟5区にくら替えした。連続4期当選。
 24年12月に発足した第2次安倍内閣で農林水産兼復興政務官に就任。26年9月から約2年間、復興副大臣を務めた。
 長島氏の死去に伴い、10月10日告示、22日投開票の日程で新潟5区の補欠選挙が行われる予定。同じ日には青森4区と愛媛3区でも衆院補欠選挙が実施される見通し。
新潟県中越地震で震災の復旧復興の指揮に当たり尽力した長島忠美氏が逝去されました。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 17:05 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

宜野湾市が気違い決議。

* 沖縄・宜野湾市議会がオスプレイ豪州墜落事故への抗議決議を可決 全会一致で - 産経WEST
沖縄県宜野湾市議会は18日、米軍新型輸送機オスプレイのオーストラリア沖での墜落事故への抗議決議を全会一致で可決した。事故機は同市中心部に位置する米軍普天間飛行場に所属。決議では、同型機の飛行の即時中止と事故原因の速やかな公表、普天間飛行場の早期の閉鎖返還を求めた。
 決議では、事故やトラブルが相次ぎ「住民を巻き込む大事故につながるのではないかと、市民には大きな衝撃や恐怖感が広がっている」と強調。自粛要請後も飛行を継続した米軍には「市民の怒りは限界を超えている」とし、政府に米軍に強い姿勢で臨むよう訴えた。
オーストラリアで起きたオスプレイの転落事故を受けて、宜野湾市はオスプレイの運用の即時停止と事故の詳細の公表と普天間基地の早期返還を求める決議を可決した。
此の決議は現実離れして居り荒唐無稽で在る。
事故の詳細な原因の公表は理解出来るが、オスプレイの運用中止は極めて無理が在る上に、普天間基地の早期返還を主張するなら辺野古基地移設を円滑に進めて行かなければ為らない。
現実を踏まえない決議には大いに疑問を抱く。
posted by 天野☆翔 at 23:52 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

端島炭鉱に従事してた朝鮮人が映画の軍艦島の内容を否定。

* 【歴史戦】「映画には想像が多い」「日本人は遺体を送還しよくやった」 元徴用工が映画「軍艦島」の虚偽指摘(1/2ページ) - 産経ニュース
「軍艦島」の通称で知られる長崎市の端島炭坑を舞台にした韓国映画「軍艦島」(柳昇完(リュ・スンワン)監督)が韓国で上映中だが、軍艦島で実際に徴用工として働いたという韓国人男性が韓国メディアに対し、映画の内容が実際とは異なり誇張されていると指摘している。
 問題を指摘したのはチェ・チャンソプ氏(87)。チェ氏を取材した韓国日報(電子版)によると、チェ氏は先月26日、韓国政府の招待を受け、元徴用工や遺族50人余りとともに「軍艦島」を鑑賞した。
 チェ氏は鑑賞後、「映画には想像が付け足されているようだ」と語った。その例として、映画に登場する楽団長の娘を挙げ、「あんな幼い少女を軍艦島では見たことがなかった」と述べた。この指摘に、記事では「強制徴用が始まった後、連れて来られた朝鮮人はほとんどが少年だった」との説明が加えられていた。
 一方、米軍の爆撃で死亡した朝鮮人の死体を一カ所に集め燃やす場面について、チェ氏は事実と違うと否定。「端島で働いていて亡くなった人は多かったが、日本人はその遺体をちゃんと弔って、韓国に送還していた。それだけは実に善良によくやった」と回顧した。
また、映画では朝鮮人徴用工らが力を合わせて、管理する日本人らと戦い脱出を敢行する場面があるが、チェ氏は「全く不可能だ」と断言した。
 チェ氏は「映画はもう少し淡泊であるべきだった」「日本人がしたことをそのままに、韓国人もしたことをそのままに映画にすべきだった」と不満を語った。
 多額の制作費をかけ鳴り物入りで7月末に封切られた「軍艦島」。公開当初こそ関心を集めたが、現在は観客動員数が伸びず苦戦を強いられているという。
端島炭鉱で徴用工として従事して居た朝鮮人が南朝鮮のメディアに対して、映画の軍艦島の内容は虚構で在ると云う事実を語った。
其の内容は全てに於いて嘘で在り事実に反すると云う主張で在る。
実際に端島炭鉱に居た人物なのだから、其の信憑性は言わずもがなで在る。
此の元徴用工の証言を南朝鮮は重く受け止め無ければ為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

台湾総督府に対して暴漢。

* 台湾の総統府に暴漢 旧日本軍の軍刀で切りつける - 産経ニュース
台北市内にある台湾の総統府で18日午前10時15分ごろ、刃物を持った50代の無職の男が侵入を試み、警備の憲兵に切りつけた。憲兵は首や手などにけがを負ったが命に別条はない。男はその場で拘束された。刃物は近くの「国軍歴史文物館」から盗んだ旧日本軍の軍刀で、かばんから中国の国旗や中台統一を求める「遺書」が見つかった。
 男は直前に文物館から軍刀を盗み、総統府に向かった。軍刀は柄と刀身の間の切羽部分に「南京の役 殺一〇七人」と刻まれており、1937(昭和12)年の南京攻略戦の「百人斬り」の“証拠品”として展示されていた。
 台湾メディアの一部は軍刀の由来に注目しているが、文物館のサイトには「九八式軍刀」との説明書きがある。事実であれば九八式の制式化は昭和13年のため、偽物の可能性が高い。
台湾の総督府に事前に盗み出した軍刀を用いて憲兵に対して刃傷沙汰を起こした事件が在り、此の犯人は支那の工作員だが言語道断の事案で在る。
幸い憲兵は軽症で済んだが、一つ間違えば殺人で在ったのです。
事件の全容解明が急がれます。
posted by 天野☆翔 at 23:41 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

福島瑞穂が道路交通法違反。

* 社民地方議員らが辺野古座り込み 福島参院議員も排除される | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブの工事車両用ゲート前で18日午前、福島瑞穂参院議員を含む社民党全国自治体議員研修会のメンバー約70人が新基地建設に反対し、座り込み抗議活動をした。機動隊員が座り込む議員らを強制排除し、資材を積んだ工事車両16台が基地内に入った。
午前9時40分ごろ、機動隊員が「道交法に違反しています」と座り込む議員らに警告をくり返し、議員の両脇や足を抱えて排除した。
 機動隊員による強制排除を初めて受けた福島参院議員は「強制排除には、怒りが込み上げた。県民の民意を無視して進める工事は適法なのか国会でも議論したい」。同研修会のリーダーで、社民党香川県連合代表の田良コ議員は「沖縄県民の意志を各議員が持ち帰って、全国に発信したい」と話した。
 辺野古崎の砂浜ではトラックで運ばれてきた石材を投下する作業が確認された。「N5」護岸建設予定地付近で、カヌーや抗議船に乗った市民らが新基地建設反対を訴えた。
沖縄の辺野古基地の入り口は公道で在り、公道に座り込む行為は道路交通法に違反する。
此の違法行為を排除するのは当たり前だが、福島瑞穂は強制排除に対して怒りが込み上げたと曰う。
参議院議員自らが率先して法律違反しては何も為らず説得力皆無で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

根本七保子もヨサクに成り下がった。

* デヴィ夫人「日本の真の敵は、日本人」? 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
内向き社会と言われながらも、テレビでも、街の中でも多く見かけるようになった。在日外国人やダブル(ハーフ)の人びと。彼ら・彼女らの目に映る現代の日本の姿とは──。タレントのデヴィ夫人に話を聞いた。
*  *  *
 私は約40年間外国に住んでいました。昔の日本人は気高さを持っていました。ところが今の日本を見ると、その気高さはどこに行ったのかと感じ、情けなく思います。例えば日本の女性。現代の女性たちは、とてもきれいです。戦後の日本女性と比べると、抜群に美しい。でも「情操」に欠けたロボット人間ばかりのように感じるのです。
 私が生まれたのはテレビがない時代。楽しみといえば、読書しかありませんでした。フランス、イギリス、ロシア、ドイツなど、世界の文学作品を夢中になって読みました。『赤と黒』を読めばレナール夫人になりきり、『嵐が丘』を読めばキャサリンになりきり、『戦争と平和』を読めばナターシャになりきる。知的な想像の世界に生き、文学の中のロマンスに浸っていた。それが情操豊かな人間をつくる。ところが今はどうでしょう。
 最近では、一緒にいる男性を失いたくない一心で、子どもを平気で虐待死させる母親がいる。自信と誇りを持った大人になりきれていない女性が、主体性も持たずに男性に依存してしまう。自由を履き違えているのではないでしょうか? 英語ではセックスを「メイクラブ」と言います。つまりは、愛の高まりの象徴を意味するのです。ところが、最近の女性は、愛に対して美的感覚が全くないように感じます。単なる「セックス」でしかありません。
 今はSNSなのでしょうが、お手紙も非常にロマンティックなものでしたよ。私はスカルノ大統領から何百通というお手紙をいただきました。今でも大切に保存しています。そこにはすべて、すばらしい詩的な言葉が綴られています。そうした愛の育み合いを、今の方たちは何も知らずに育っているように感じます。最近では新聞を取る人が減っていると言うじゃないですか? スマホでニュースを見るのでしょうが、そうすると、自分の関心のあるものしか読まないでしょう。世界で同時に何が起きているのか全く分からない、知らない。
 日本の若者は政治に関心を持っていない。韓国の若者なんてすごいじゃない。中国も、韓国も、若者が動く。デモをしたり、日本大使館に抗議をしたり。日本の若者は全然しない。自分のことしか興味を持っていない。
 日本は精神的に自立していない女性が多い。愛国心がない若者がほとんど。国益を考えない政治家。何かというと世論を煽るマスコミも悪い。日本の真の敵は、日本人かもしれません。
アエラのインタビューで根本七保子が応えたが、此の内容が極めて捻じ曲がって居ます。
政治の案件での若者の姿に関しての受け応えで、支那や南朝鮮の姿を賞賛したが、此れは本来の自発的な動向では無く官製だったり欲求不満の捌け口で在る事実を知らない。
大使館への抗議はウィーン条約に違反する事も知らないとは、社交界に居た人物の見識とはとても思えません。
遂に耄碌でもしましたか。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする