冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年04月24日

麻生太郎財務大臣辞任の是非の調査結果。

* 【産経・FNN合同世論調査】「麻生太郎財務相辞任不要」世代別でクッキリ 高齢者は58%も若年層は26% - 産経ニュース
産経新聞社とFNNの合同世論調査で、財務省の事務次官のセクハラ問題を受けた麻生太郎財務相の進退について、「辞任不要」が「辞任すべきだ」をやや上回ったが、年代別で見ると傾向に大きな違いが表れた。よりセクハラ問題が身近で、意識も高いとみられる若年層ほど辞任は不要との回答が多く、高齢層ほど辞任を求める傾向が顕著だった。
 10・20代では71・7%が辞任不要とし、辞任を求めたのは26・8%だった。これらの比率は年代が上がるほど接近し、60歳以上では逆転。58・4%が辞任が必要だとし、辞任不要との回答は35・5%にとどまった。
 女性の回答に限っても同じ傾向で、10・20代は70・1%、30代でも62・9%が辞任は不要とした。60歳以上では辞任を求める回答が57・7%となり、辞任不要の35%を超えた。
フジサンケイグループの共同調査の結果は高齢者程辞任すべきとの回答で、男女比も変わらずの結果で在った。
若者も男女無関係に辞任の必要性は無いと云う結果が過半数以上を占めた。
当たり前の結果でしょう。
此れからを生きる若者は経済政策の恩恵を大いに受けるのだから、堅実な政策を打ち出してる現状を評価してるのです。
行き着く先が見えてる高齢者の無責任な調査結果なぞ信用しては為らない。
posted by 天野☆翔 at 00:01 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

企業対象の世論調査結果。

* ロイター企業調査:安倍首相続投「望ましい」73%、安定重視
4月ロイター企業調査によると、安倍晋三首相が自民党総裁に3選されることが望ましいとの回答が7割を超えた。国民による政権への信頼は低下しているものの、企業にとっては政権安定によるアベノミクス継続が事業活動にプラスとの考えが勝っている。
次の政権も安倍首相続投による与党政権継続が望ましいとの回答が6割を占めた。次期首相も5割が安倍首相を支持した。
この調査は、資本金10億円以上の中堅・大企業400社を対象に4月4日─17日に実施。回答社数は220社程度。
長期政権を望む企業が多い背景には「政策が大きく変わらないことが経済の安定をもたらす」(金属製品)との見方がある。多くの企業が政治の安定を望んでいるが、とりわけアベノミクスが企業収益の拡大をもたらしていることも支持の理由となっている。「景気対策を実施しているから」(輸送用機器)、「業績、女性活躍、インバウンド効果など、効果が出ている」(建設)、「経済重視の方針は有利に働く」(卸売)などの声が聞かれ、幅広い業種がメリットを享受している。
一方で首相の3選は「望ましくない」とする回答も27%あった。「一連の不祥事が(政策推進の)足かせになる」(小売)、「将来の財政破たん回避に向けた動きが見られない」(電機)、「長期政権の弊害」(鉄鋼)など様々な課題が指摘されている。
次の政権の形については、安倍首相続投が60%、安倍氏以外による与党政権が34%となった。合わせて94%が与党政権の継続を望んでいるが、安倍首相の交代が望ましいとする企業も3分の1を超えた。
一方、野党への期待は極めて低い。「世の中が大きく動こうとしている時に、モリカケ問題だけに固執する野党、マスコミのあり方にも問題がある」(建設)といった見方がある。
次の首相にふさわしい候補としては、安倍首相が52%、石破茂氏が17%、小泉進次郎氏が13%、岸田文雄氏が11%、河野太郎氏が2%などとなった。
安倍首相については「他の候補と力量の差があるように思える」(機械)、「政権支持率は低下しているものの、金融市場は大きく低下していない」(建設)といった見方がある。小泉進次郎氏は「まだ早い」(化学)、「近い将来に期待」(ガラス)など、時期尚早との声が目立つ。石破・岸田両氏については「真面目すぎる」(小売)といった声や「石破氏はタカ派イメージが強すぎる」(運輸)などの見もがある。
ロイターの企業を対象にした政治的調査の結果は、圧倒的に安倍政権支持で固められたが、経済政策が評価されての事で在る上に今後も継続が望ましいと云う実情を見事に反映してるからに過ぎない。
一過性の社会的な動きに左右されず、堅調さを望む企業の思いが表れた。
社会の経済活動を下支えしてる半数以上が企業で在るのだから、此の結果は社会の声其の儘で在る事に注目すべきで有ろう。
一般人の浮ついた意識調査よりも信用性は極めて高いのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:55 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

高須クリニック訴訟は原告敗訴判決。

* 議員発言、名誉毀損認めず 高須クリニック側敗訴 「直接評価を加えたものではない」 - 産経ニュース
美容外科「高須クリニック」を運営する愛知県西尾市の医療法人が、大西健介衆院議員(希望)の発言が名誉を毀損したとして、大西氏と当時所属していた民進党などに計1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は23日、請求を棄却した。
 判決によると、大西氏は昨年5月17日の衆院厚生労働委員会で、美容外科の広告規制問題に触れ「『イエスまるまる』と連呼するだけのCMなど非常に陳腐なものが多い」と発言した。
 河合芳光裁判長は、発言は高須クリニックを指していると指摘したが「直接評価を加えたものではなく、社会的評価を低下させるものではない」と判断した。
 判決後、クリニックの院長高須克弥氏は「発言にとても傷つけられた。償ってもらいたい」と話した。
大西健介の国会での発言が名誉毀損との判断で高須克弥氏は訴訟を起こしたが、結果は其の発言が高須クリニックを示してるものの評価を下げる程の発言では無いとして退けた。
社会的な評価を下げたのは間違いは無いのだから、最高裁判所迄争って頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:48 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

福田淳一事務次官の退職金を批判する野党。

* 野党、国会審議応じず“不正常”続く TBS NEWS
財務省のセクハラ疑惑を巡って、野党側は関係者を呼び実態について質しました。野党側はあくまで麻生財務大臣の辞任を求めており、国会の不正常な状態が当面続く見通しです。
 「結局、セクハラも認めません。処分もされません。税金から5000万円と言われる退職金が満額支給されます。国民感情として許されないんじゃないかという趣旨の質問」(希望の党 柚木道義衆院議員)
 「先生方のご指摘、申し入れ、重く受け止めさせていただきます」(財務省担当者)
 立憲民主党などの野党は辞任を表明した財務省の福田事務次官のセクハラ疑惑について財務省側に質しました。また、財務省によれば福田氏の退職金はおよそ5300万円になるということです。
 野党は与党側に対し、麻生財務大臣の辞任を求めていますが、与党側が応じないため、野党側が今後の新たな国会の審議日程については応じない“不正常”な状態が続いています。安倍内閣が後半国会の最重要法案に位置づける「働き方改革関連法案」の審議入りを急ぎたい与党側にとって、国会審議における“野党不在”の状況をどう打開するか差し迫った課題となっています。
退職金五千万円余りの事案に関して野党は此れを批判するが、お前達が国会の審議拒否をして無意味な喧伝をする費用の内の半分以下の金額で、何を喚いてるのかと厳しく問い質したい。
自分達が審議拒否をすれば、国会に割かれる費用の幾等が浮くのかと考えた事は在るのかと。
審議する事が義務の代議士や国会議員を選んだ国民は、お前達の無駄な行動こそが国民感情に反してるのだと自覚しない。
自分達の事を棚に上げて、良くもヌケヌケと云えた物だと辟易する。
posted by 天野☆翔 at 23:43 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

AERAが身内庇いの逆上記事掲載。

* 下村元文科相がセクハラ告発したテレ朝女性社員を「ある意味で犯罪」と批判 音声公開 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
またもや安倍政権の“セカンドレイプ”が明らかになった。
自民党の下村博文元文科相は22日、都内で開かれた講演会で、財務省の福田淳一事務次官がテレビ朝日の女性社員に対して露骨なセクハラ発言を繰り返した問題で、女性社員が会話を録音をしたことなどを「ある意味で犯罪だと思う」と批判した。23日付の「しんぶん赤旗」が報じた。
 AERA dot.編集部は講演会の参加者から音声を入手。それらを確認すると、下村氏は会場に向けて、「たしかに福田事務次官がとんでもない発言をしてるかもしれないけども、そんなの隠しテープで録っておいて、そしてテレビ局の人がですね、週刊誌に売るっていうこと自体が、はめられてますよね。ある意味で犯罪だと思う」などと発言。しかもかなりぞんざいな口調だった。
 レイプや性犯罪、性暴力の被害者が、その後の経過で社会的・心理的な傷を負うことを「セカンドレイプ」という。本来は救済されるべき被害者への根拠のない批判は、典型的なセカンドレイプにあたる。セクハラ問題に詳しい弁護士の細永貴子氏は言う。
「セクハラ被害を訴えることは正当なことなのに、『はめられた』という発言はセクハラの証拠がねつ造されたという視点に立たないとあり得ない発言です。『犯罪行為』とも言っていますが、それがどの意味で犯罪なのか理解できません」
 下村氏は講演で、「安倍総理とは近い立場」と親密な関係を自らアピール。
 相次ぐ疑惑で安倍総理への批判が止まらないことについて、「よく(安倍総理は)精神的にこたえないで頑張ってる」と持ち上げた。
「安倍支持を言うような人をテレビ局は使わない。安倍反対の人ばっかりを使う」「テレビ局の大半は安倍降ろしだ」などとメディア批判も繰り返した。
 テレビ朝日の女性社員への発言は、こうした「安倍批判への批判」の文脈の中で飛び出した。
 福田氏によるセクハラ問題に対する安倍政権、財務省、自民党の対応には、批判が噴出している。
告発について最初に非常識な行動をしたのは財務省だ。問題発覚後に、福田氏への事情聴取だけでは「事実の解明が困難」との理由で、被害者女性に名乗り出るよう求めた。
 20日には自民党の長尾敬衆院議員が、セクハラ問題について黒い服を着て抗議した野党の女性議員に対し、ツイッターで「セクハラと縁遠い方々」と嘲笑する文章を投稿。ネットで炎上し、テレビでも取り上げられるなどして長尾氏は22日に謝罪。投稿内容も削除された。
 だが、これだけでは終わらなかった。長尾氏が当初、ブログで公表した釈明で「複数の男性議員も含まれていた」からと意味がよくわからない理由を披露。再びネットで炎上した。
失言が止まらない理由について、前出の細永弁護士はこう話す。
「問題発言が相次ぐのは、セクハラ被害の構造を分かっていないからです。会社などの組織では、セクハラを訴えた人が問題視されることがよくあり、被害者はたくさんのハードルを越えて苦しい胸の内を明かしています。にもかかわらず、被害者への批判が先行している。本来は恥ずかしい行為なのに、本人たちは何の自覚もないのです」
 長尾氏の発言について事務所は「本人も反省しており、ブログに『お詫びと真意』というタイトルで本人のコメントとさせていただきました」と回答。
 投稿の理由に男性議員の存在をあげたことについては「投稿時は真意だったが、その後も多数のご意見を受け、反省すべき一つの点と認識している」とコメントした。
 下村氏は23日、メディア各社に「『ある意味犯罪』と述べたのは表現が不適切でした。素直に撤回するとともに謝罪いたします」とのコメントを発表した。
 世間からこれだけ批判されているにも関わらず、自民党内で無神経な失言が相次ぐ背景には、安倍政権の男尊女卑的な「本音」が根底にあるのではないか。
* * *
【福田氏のセクハラ疑惑発覚後に相次いだ安倍政権や自民党議員の失言】
■下村博文元文科相の発言(4月22日)
「たしかに福田事務次官がとんでもない発言をしてるかもしれないけども、そんなの隠しテープで録っておいて、そしてテレビ局の人がですね、週刊誌に売るっていうこと自体が、はめられてますよね。ある意味で犯罪だと思う」
■財務省が被害女性に名乗り出るよう呼びかけた文章 〈 一方の当事者である福田事務次官からの聴取だけで事実関係の解明は困難であることから、本日(4月16日)、財務省の記者クラブ(財政研究会)の加盟各社に対して、各社内の女性記者に以下を周知いただくよう、要請した。
【各社内の女性記者への周知を要請した内容】
一 福田事務次官との間で週刊誌報道に示されたようなやりとりをした女性記者の方がいらっしゃれば、調査への協力をお願いしたいこと。
一 協力いただける方の不利益が生じないよう、責任を持って対応させていただくこと。
一 外部の弁護士に対応を委託しているので、調査に協力いただける場合は、別途お示しする連絡先に直接連絡いただきたいこと。〉
■長尾敬衆院議員がツイッターに投稿した内容(4月20日)
「セクハラはあってはなりません。こちらの方々は少なくとも私にとって、セクハラとは縁遠い方々です。私はみなさんに、絶対セクハラは致しませんことを、宣言致します!」
財務省とテレビ朝日社員との問題に関して、自由民主党の下村博文氏の発言を論い此れを徹底的に批判した。
講演会での内容で、録音した事での展開を「ある意味で犯罪だと思う」と述べたり、他にも「日本のメディアは日本国家を潰す為に存在して居るのか、と最近つくづく思う」等。
至極真っ当で正しい意見では無いか。
テレビ局としては情報源を他所に漏らす事を犯罪視する癖に、外部から指摘されると逆上の二枚舌。
マスメディアの報道が国益に適った事は過去在ったのかと云う事だ。
下村博文氏の意見は完全に正論で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

デーブ・スペクターの正論。

* デーブ・スペクター氏、財務省セクハラ問題を熱く解説「発信力のあるメディアが名前を伏せる」 : スポーツ報知
テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏が22日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)に生出演し、テレビ朝日の女性記者へのセクハラ疑惑で事実上更迭された福田淳一・財務省事務次官(58)の騒動について言及した。
 デーブ氏は「セクハラそのものを軽視しているわけではない」と前置きした上で、「(被害者は)名乗れなくて、怖いとか、逃げられなかったとか、密室だったとかいろんなことがある。今回は、福田氏がどういう人か分かっているし、帰ろうと思えば帰れた。なのに野党も“#Me Too”“#Me Too”ってしゃしゃり出てきて。海外では名乗り出て、言いなさい、告発しなさいとなっているのに、一番発信力のあるメディアが名前を伏せる。ある意味では、新聞、雑誌の方がずるい。テレビ朝日の会見もオーバーに言い過ぎ。2次被害というのは、彼女にとってのじゃなく、テレ朝が自由に取材できなくなることでは」との持論を展開した。
 さらに「“セカンドレイプ”とか、アホなコメンテーターが安易に使ってはダメ。そういう立場におかれている気の毒な人たちは、本当に引きこもったりしている」と指摘。「(音声を)公開するのなら、編集してはダメ。麻生さん(財務相)が言っているとおり全部出さないと。アメリカでは、一応相手側の言い分を聞くというのはある」と解説していた。
財務省のテレビ朝日社員との問題に関して、問題視された音声データの取り扱いで編集したら駄目と主張したが、至極真っ当で正しい見解で在る。
切り貼りのデータは証拠には為らず、此れを平然とするなら魔女裁判でしか無い。
本当にマスメディアが公平で在ると云う事を自ら立証するなら、編集無しの音声データを用いての検証をすべきなのは云う迄も無かろう。
印象操作ばかりしてるから、視聴者に見限られて行くのだと云う事を自覚するが良い。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

沖縄タイムスが逆上。

* 普天間は「基地周辺、商売のチャンス」と持論 百田尚樹氏、沖縄で講演 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
作家の百田尚樹氏が22日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで講演した。地元の米軍普天間飛行場周辺の住民について「基地周辺に行けば商売のチャンスがあると集まった」「基地はない方がいいが、基地があるから振興した面も現実としてある」と述べた。
百田氏は2015年の自民党本部、昨年の名護市での講演でも同様の持論を述べている。戦前、9千人以上が暮らしていた宜野湾中心部の土地を米軍が接収した経緯は「そうかもしれない」と言及した。
 中国の脅威を強調する中で「中国人は歴史的に残虐な民族」と発言。「沖縄の活動家ははっきり中国と手を結んでいる。日本から独立させようとしている」と語った。情勢調査で「オール沖縄」候補に投票する人に60代以上が多いことを挙げ、「団塊の世代が死ねば日本はかなり良くなる」とも話した。
 また、本紙記者を繰り返し名指しして「気持ち悪い」「うそつき新聞」などと批判。昨年の名護市での講演後、本紙記者が発言の真意を尋ねる様子を撮影した動画を「アトラクション」として開演前の会場で上映した。一方で、22日は本紙の取材に応じなかった。
 講演は仲井真弘多前知事らが呼び掛けた。1550人(主催者発表)が来場した。
宜野湾市で開催された講演に関して、沖縄タイムスの記者の取材に応じなかった百田尚樹氏だが、此の態度に怒りを覚えたのか沖縄タイムスで好き勝手に書かれた。
取材に応じてたら出鱈目の記事を書かれる事を承知で断ったのです。
自分達の都合の悪い事は徹底的に捏造歪曲偏向報道で印象操作し、都合の良い事は徹底的に美化する新聞社に対して、誰が好き好んで取材活動に協力するのかと。
posted by 天野☆翔 at 23:21 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

オール沖縄の牙城又しても崩れる。

* 沖縄市長に自公維推薦の現職 桑江朝千夫氏、翁長雄志知事推す新人破る - 産経ニュース
任期満了に伴う沖縄県沖縄市長選は22日投開票され、無所属で現職の桑江朝千夫氏(62)=自民、公明、維新推薦=が、翁長雄志知事が推した無所属新人で元市議の諸見里宏美氏(56)=希望、民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦=を破り、当選確実となった。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設に反対する政党、労組、企業などでつくる「オール沖縄」系候補は平成28年以降、南城市長選を除き8つの市長選で敗北となる。
 沖縄市長選を自民党は12月に任期満了を迎える知事選の前哨戦と位置づけ、二階俊博幹事長や小泉進次郎筆頭副幹事長らが沖縄市に入った。ただ、選挙戦で基地問題は主要争点にはならず、桑江氏が進めてきた大型公共事業や待機児童解消などをめぐり争われた。
 投票率は47.27%で、前回(57.73%)より10.46ポイント下回った。
沖縄市長選挙の結果は、与党推薦の桑江朝千夫氏が圧勝し当選しました。
沖縄ではオール沖縄だとか今でも曰ってる勢力が確認されるが、此の結果を受けて声を失っただろう。
牙城の一角が崩壊しました。
posted by 天野☆翔 at 04:32 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

夏前の衆議院解散は灰燼に帰した。

* 河野外相 安倍首相の7月訪仏の意向伝える | NHKニュース
河野外務大臣は、訪問先のカナダでフランスのルドリアン外相と会談し、安倍総理大臣が7月にフランスを訪問する意向だと伝えるとともに、マクロン大統領の早期の日本訪問を要請しました。
G7=主要7か国外相会合に出席するためカナダを訪れている河野外務大臣は、日本時間の22日夜、フランスのルドリアン外相と会談しました。
この中で、河野外務大臣は、安倍総理大臣がパリを中心に日本文化を紹介するイベント「ジャポニスム2018」の開会式に出席するため、7月14日の革命記念日に合わせてフランスを訪問する意向だと伝えました。また、河野大臣は、マクロン大統領の早期の日本訪問を要請しました。
そのうえで、「国際社会のさまざまな課題で緊密に連携していきたい」と述べ、南北や米朝の首脳会談を控えた北朝鮮情勢など、国際社会の課題解決に連携して取り組む考えを示しました。
河野大臣は、日本時間の22日午後10時すぎに開幕したG7外相会合に出席していて、ロシアがクリミアを併合したウクライナ情勢などをめぐって意見を交わしているものとみられます。
主要七箇国首脳会議に安倍晋三内閣総理大臣が参加する意向を、河野太郎外務大臣がフランスのルドリアン外務大臣に伝えたと云う。
六月に解散総選挙だとか曰ってた連中は、此れをどう捉えるのか。
息して居ますか?
仮に解散するにしても、自由民主党総裁選挙の後で在る。
posted by 天野☆翔 at 04:28 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

支那のホームレス対策結果が斜め上の展開。

* 練功場?廣西長廊為防遊民拉撒睡 密布梅花樁 | 蘋果日報
中國廣西柳州市一段長廊騎樓近日豎立密密麻麻的梅花樁,形成奇特的景觀,讓市民深感疑惑,據了解是社區工作人員為了不讓遊民聚集,在此躺臥拉撒睡,但此做法惹議,對社區工作人員表示,這只是臨時的對策。
柳州市濱江西路9號樓臨街有一條類似騎樓的長廊,長約50公尺,2016年起成為許多遊民的定居點,最多時有約10人聚集。據怎,這些遊民把廢棄的床墊、席子等鋪在長廊上,吃喝拉撒都在這裡,並逐漸堆積一些雜物,對當地衛生和城市管理帶來不利影響。
此地街道及社區工作人員去年8月把遊民疏導至一座無人居住的民房後,在原地設立許多梅花樁,以防止遊民再次聚集。從照片目測,這些交錯並排的梅花樁達上百支。
這種做法引起不同議論,有些人認為不妥。據社區工作人員說,設立梅花樁只是臨時之策,目前正在考慮新的方案,將此地建成拷サ帶或市民健身場所。
* Google 翻訳
中国の広西チワン族自治区柳州市の遊歩道では、最近、梅の花の塊を多数造り、独特の景色を作り出しています。この会合は、コミュニティスタッフに、これは一時的な対策であると述べています。
柳州市Binjiang West Roadの9階前にあるアーケードに似た遊歩道があり、長さは約50メートルで、2016年以降は多くの人々の和解になっています。 このような理由で、これらの荒れ狂う人たちは、遊歩道に放棄されたマットレスやマットなどを置いていました。彼らはここでラザールを飲んで飲んでいましたが、地元の健康や都市の管理に悪影響を与えていました。
このエリアのストリートワーカーとコミュニティスタッフは、昨年8月に訪問者を無人の民家に導き、再び集まるのを防ぐために多くの梅の花の杭を設置しました。 写真によると、これらのずらして並んだ梅の花の杭は数百に達しています。
このアプローチは異なる議論を引き起こし、一部の人々はそれが不適切であると考える。 コミュニティスタッフによると、梅の花の杭の設立は暫定的な戦略に過ぎない。現在、新しい計画が検討されており、この地域はグリーンベルトや公共のフィットネス施設に建設されるべきである。
台湾メディアの蘋果日報が報じたが、広西チワン族自治区柳州市のホームレスの実情に業を煮やした柳州市は、施設に付随する遊歩道等に無数の杭を打ち込み長時間滞在を防止しようとした。
然し、此の結果、出入り口の前に居座ると云う対応をされて仕舞った。
邪魔者排除の対策法も馬鹿だが、ホームレスの動きも余計に邪魔者で馬鹿で有ろう。
流石は支那と云う処なのだろう。
posted by 天野☆翔 at 23:45 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする