冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年09月22日

南朝鮮の現実逃避と誇大妄想。

* 日本が韓国の海洋調査船名に難癖、韓日共同研究を阻止-Chosun online 朝鮮日報
日本政府が韓国の海洋科学調査船「異斯夫(イ・サブ)」号の名前を問題視し、韓日両国の科学者による共同研究を阻止したとの報道が飛び出した。
 異斯夫は新羅時代の武将で、512年に鬱陵島と独島(日本名:竹島)を含む于山国を新羅の領土に編入した。日本政府は「異斯夫号」が独島に関連した名前であることから、独島の領有権争いを意識して科学研究まで阻止したわけだ。
 英国の国際学術誌「ネイチャー」は19日(現地時間)「日本の海洋研究開発機構(JAMSTEC)が日本政府の指示で、日本の科学者たちに異斯夫号に乗船しないよう呼び掛け、共同研究に参加しないよう通告したことが分かった」と報じた。「ネイチャー」は韓日の科学者4人にこの内容を確認したという。
 異斯夫号は韓国初の5000トン級大型海洋科学調査船で、昨年11月に就航。韓国海洋水産部(省に相当)と韓国海洋科学技術院は2014年、国民からの公募により船名を「異斯夫号」と決定した。
 「ネイチャー」は「日本政府は異斯夫号の名前について公式的な抗議はしていない」としながらも「今年1月に海洋研究開発機構の関係者が研究者に送った電子メールには『文部科学省が、異斯夫号で予定されていた韓日共同研究を中止にした』と書かれている」と報じた。ある日本の大学教授はこの決定を受け、個人で研究に参加する予定だという。
 「ネイチャー」側は、ソウル大のイ・サンムク教授(地球環境科学部)に会って今回の騒動を初めて知ったという。イ・サンムク教授は本紙の電話取材に対し「昨年末、日本の科学者たちに異斯夫号での共同研究を提案したが、今年初めに『できない』との返答が来た」と話した。理由について、日本の科学者は「外務省が文部科学省に、異斯夫号の名前に問題があると伝えたようだ」と話したという。
 日本が独島に関連する名前に難癖をつけたのは今回が初めてではない。日本の海上自衛隊は昨年5月に行われた多国籍連合の潜水艦救助訓練で、韓国海軍の輸送艦「独島」とは一緒に訓練できないとして、「独島」が訓練に投入された期間中は訓練に参加しなかった。
異斯夫は新羅時代で現在の南朝鮮とは、人種民族も違う上に文化も違い全くの無関係なのに、此の人物名を冠した研究を我が国としよう等と、一体どの口が云うのか。
竹島に関係する人物だから拒否された等と被害妄想に陥り、此の根本的な要因として現実逃避と誇大妄想甚だしい意識が在るからこそなのだ。
我が国との関係を改善したかったら、竹島の即時全面返還と反日政策の永久廃止をすべきなのだ。
全ては其処から始まるのだ。
posted by 天野☆翔 at 05:43 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

南朝鮮の乞食体質。

* 訪韓日本人急減、東京で最大規模の観光客誘致作戦展開へ-Chosun online 朝鮮日報
北朝鮮による核実験の影響で減少に転じている訪韓日本人観光客を呼び戻すために、韓国の観光業界が日本で大規模な観光客誘致作戦を展開する。今年に入って韓日関係が徐々に雪解けに向かい、日本人観光客も増加の兆しを見せていたが、北朝鮮によるミサイル発射が始まった4月以降は急減している。
 韓国観光公社は20日、日本の東京で21−24日に開催される旅行博覧会「ツーリズムEXPOジャパン2017」に過去最大規模で参加することを明らかにした。イベントには約140の国・地域からおよそ1100団体が参加することになっており、韓国は22の地方自治体と17の観光関連機関・企業が180人の誘致団を派遣する。
 韓国展示館は58のブースで構成され、「韓国再発見」をテーマに平昌冬季五輪のPRコーナーや地域・観光をテーマにしたPRコーナー、医療観光コーナーなどが設けられる。仮想現実(VR)でのスキージャンプ体験のほか、韓国旅行できれいな写真を撮るテクニックを学ぶこともできる。韓国観光公社のシン・サンヨン東京支社長は「北朝鮮によるミサイル発射などに伴う不安から韓国旅行をためらう日本人に、韓国のプラスのイメージを伝え、訪韓観光市場を回復するきっかけにしたい」と意欲を見せた。
南朝鮮への日本人観光客が激減したのは、一種の幻想が崩壊した事と反日政策が原因で在る。
此の実態を見ても尚雪解けに向かう等と妄想を抱き、北朝鮮の軍事的威嚇で激減だのと被害妄想を展開。
此の逆境を跳ね返そうとしても無駄な足掻きでしか無い。
どんな方策を画策しても一度確立された負の印象は決して払拭されるものでは無いと自覚しろ。
観光客の誘致をしたかったら、他所の国ですれば良いのです。
尤も、世界中で嫌われてるので、誰も行こうとは思わないでしょう。
posted by 天野☆翔 at 05:36 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

前川喜平が世界文化遺産でも悪足掻き。

* 前川喜平・前文科事務次官が告発「首相の“お友達案件”の世界遺産登録は、日韓関係悪化の火種となる」 | ハーバービジネスオンライン
加計問題で「行政が歪められている」「国家権力の私物化が濃厚」と告発した前川喜平・前文科事務次官が、2015年7月に世界遺産登録された「明治日本の産業革命遺産」が安倍首相の“お友達案件”であったのではないかと告発、さらにこれが日韓関係を悪化させる“火種”となることへの懸念を語った。
世界遺産登録時の「情報センター設立」の約束を先送り
2015年7月、長崎市の軍艦島をはじめ八幡製鉄所(福岡県)や松下村塾(山口県)などが「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録されることになった。
 これに対して韓国は「強制労働の現場を日本の近代史の世界遺産にしようとしている」と反発、日本側が「強制的に働かされた朝鮮半島出身者の歴史的事実に関する情報センターを作って説明する」と約束して韓国側が納得したという経緯をたどった。それなのに、この約束が実行に移されようとしていないのだ。
 そしてこの問題の当事者こそ、加計問題で“総理のご意向”を伝えたとされる和泉洋人首相補佐官なのだという。前川氏はこう振り返る。
「加計学園の問題で和泉首相補佐官に呼びつけられた昨年の秋、『情報センターを六本木の国立新美術館に作ってほしい』と言われました。『どうして六本木なのか』と思って、『難しいですよ』と言いながら松野(博一)大臣(当時)にも相談したのですが、最終的には『無理です』と押し返した。その情報センターが、2年以上経った今もできていないのです。このことが、今後の日韓関係をさらに悪化させる“火種”になるのではないかと懸念しています」
 軍艦島や八幡製鉄所について説明する情報センターを900km以上離れた東京に作ろうとすることも理解しがたいが、登録時の約束の実行を先送りする、一種のサボタージュと見なされる恐れさえある。
日本政府代表が「軍艦島で強制労働があった」と世界に向けて発言
日本政府の代表は、世界遺産登録が決定した2015年7月の世界遺産委員会で「韓国人などが自分の意思に反して動員され、“強制的に労働”(forced to work)させられたことがあった。この歴史的事実を説明するための情報センターを設置する」と発言した(決定文には記載せず)。
 つまり日本政府は、公式の場で「(朝鮮半島出身者が軍艦島、八幡製鉄所などで)強制的に働かされたことがあった」と世界に向けて認めたのだ。一方で、国内向けには「戦時徴用工であり、強制労働ではない」と言い続けている。
 タイミングが悪いことに、いま韓国では「軍艦島」が映画化されて話題になっている。史実にはない反日的要素が含まれているフィクション映画だが、否が応でも軍艦島への関心は高まっている。反日感情が一気に広がりかねないこの問題を放置することは、政府の職務怠慢といえる。しかも世界遺産は登録から3年後に見直すことになっている。来年、韓国側が登録時の約束を持ち出して、国際問題になるのは必至だ。
「明治日本の産業革命遺産」世界遺産登録は、加計問題と同じ“お友達案件”だった!?
この「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録は、第1次安倍内閣の頃から動き始めた。これに関して前川氏は「(加計問題と同様に)かなり無理筋の“お友達案件”でした」と振り返る。
「地方の首長が『地域振興だ』として協議会をつくって取り組んでいたのですが、それをまとめてユネスコに働きかけようとしていた中心人物が加藤康子(こうこ)さん。加藤六月元農相の長女です。安倍家と加藤家は仲が良く、康子さんは安倍首相の幼なじみだそうです」(前川氏)
 第2次安倍内閣で康子氏は内閣官房参与となり、文科省の3年先輩で元ユネスコ大使の木曽功氏も同じく内閣官房参与だった。現在、加計学園「千葉科学大学」学長の木曽氏は、和泉氏と同様、加計問題にも登場する(事務次官時代の前川氏を訪ねて獣医学部新設について面談)。加計問題と世界遺産登録問題は、人脈的に重なり合う。「文科省が抑え込まれた」ということも加計問題と瓜二つだ。
文化庁が推していた「長崎の教会群」を逆転、政治判断で決定
世界遺産はユネスコの諮問機関であるイコモスが審査するが、各国の文化遺産の推薦枠は年間1件。文科省外局の文化庁文化審議会は、2015年の推薦枠として長崎の教会群を考えていた。
 この年は長崎での信徒再発見から150年目。幕末の開国で禁教が解かれ、フランス人の宣教師が長崎に教会を作った1865年、カトリック世界で日本の隠れキリシタンが大きなニュースとなった。そこで、長崎県の関係者は「150年目の年に教会群を世界遺産登録したい」と準備を進め、文化審議会も「長崎教会群推薦」という結論となった。
 当時「明治日本の産業革命遺産」も候補のリストに入っていたが、その順位は低かった。安倍首相の地元・山口県の松下村塾と八幡製鉄所(福岡県)や軍艦島との関連性が説明しにくいこととに加え、軍艦島の保全措置が取られていないという大きな問題もあった。
 そのため、文化審議会では「保全措置が不十分な限りは、日本政府から推薦できる案件にならないのではないか」という慎重論が大方を占め、長崎の教会群より順位が下になっていたのだ(現在も軍艦島は保全措置が取られていないため、日々壊れゆく状態になっている)。
「ところが内閣官房が文化審議会とは別の有識者会議を設けて審査し、『明治日本の産業革命遺産にする』と言ってきました。政府の中に、文科省外局の文化庁の『文化審議会』と内閣官房の『有識者会議』という二つの審査機関ができていたのです。
 最後は政治判断となり、『明治日本の産業革命遺産』が選ばれました。順位が低かったにもかかわらず、加藤康子氏や内閣官房が強く推していたほうに決まったわけですから、こちらでも“総理のご意向”があったのではないかという疑問が出てきます」(前川氏)
世界文化遺産の登録の流れではイコモスが勧告して初めて成立するのだが、前川喜平は此処を意識してるのか。
内閣官房が推薦してるからと云って、勝手に思い込みで「お友達認定」して批判するとは言語道断。
加計学園問題の失態を繰り返す醜態。
最終的な判断は世界遺産に本当に相応しいかなのだ。
お前の勝手な忖度で政治の世界を混乱させる事は断じて許されない。
posted by 天野☆翔 at 05:30 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

南朝鮮が北朝鮮への人道的援助決定。

* 韓国、北朝鮮への8億9000万円の人道支援を決定 文在寅政権で初 - 産経ニュース
韓国政府は21日、南北交流協力推進協議会を開き、国連児童基金(ユニセフ)や世界食糧計画(WFP)を通して北朝鮮に800万ドル(約8億9000万円)相当の人道支援を実施することを決めた。対北支援は文在寅(ムン・ジェイン)政権下では初めて。
 韓国統一省は「支援の時期と規模は南北関係の状況などを総合的に考慮し進めていく」としており、実施時期は未定。同省では「政治状況と人道支援は別」とし、従来の韓国政府の立場を繰り返した。支援は乳幼児や妊産婦が対象で、ワクチン、医薬品、栄養改善事業などという。
 韓国政府は今月14日に対北支援の方針を表明。北朝鮮は翌15日に中距離弾道ミサイル「火星12」を発射した。安倍晋三首相は同日、文大統領との電話会談で、支援時期を考慮するよう伝えていた。
以前に此の案件で批判したが、遂に決定の運びに成って仕舞った。
人道的援助と云っても結局は政府や軍関係者等に最終的に回って来るのだから、連合国安全保障理事会決議に違反する重大な行為で在る。
文在寅は国際的に批判糾弾される立場に成って仕舞いました。
此の重大な局面で此の為体でどう言い訳詭弁を展開するのか。
posted by 天野☆翔 at 23:52 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

日本民間放送連盟の井上弘が逃げの姿勢。

* 民放連トップの井上弘TBSテレビ名誉会長「報道の編成方針は各社の判断」 「偏向報道」抗議デモ受け - 産経ニュース
日本民間放送連盟(民放連)の井上弘会長(TBSテレビ名誉会長)は21日の定例会見で、今月9日に東京・赤坂のTBS本社付近で加計学園問題などに関する同局の放送を「偏向報道」として糾弾する抗議デモが行われたことについて、「各局の報道の編成方針は各社の判断。法令に違反した場合は別だが、それ以外の場合は原則として対応しない」と述べ、この問題について民放連として関与しない考えを示した。
 また、TBSテレビ名誉会長の立場としても、「この場では、立場が違うのでお答えするわけにはいかない」と語った。
 デモは「TBS偏向報道糾弾大会実行委員会」が主催し、約500人が参加。加計学園問題に関する報道をめぐり、安倍晋三首相に「行政を歪(ゆが)められた」と主張した前川喜平前文部科学事務次官の発言を大々的に取り上げながら、疑惑を否定した加戸守行・前愛媛県知事らの発言はほとんど取り上げなかったことなどを問題視し、「TBSの報道は放送法違反で、偏向報道が視聴者を裏切っている」などと訴えた。
先に実施されたTBSへの捏造歪曲偏向報道糾弾デモの案件で、編成方針は各社の判断等と逃げの姿勢に終始。
日本民間放送連盟の会長職ならば、放送法を順守させる事を推し進めるべきで、責任転嫁や逃げの姿勢は許されず、職務放棄同然です。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

又市征治の責任転嫁。

* 【衆院解散】社民党の又市征治幹事長「挑発するから北朝鮮は身構えるんだ」 米韓軍事演習の中止求める - 産経ニュース
社民党の又市征治幹事長は21日の記者会見で、安倍晋三首相が臨時国会冒頭で衆院を解散する方針を固めたことについて「北朝鮮の核・ミサイル危機をあおるだけあおって、選挙を行うのは大丈夫だということで、支離滅裂だ」と批判した。
 又市氏は朝鮮半島周辺での米韓合同軍事演習中止を首相に働きかけるよう求める考えも示した。又市氏は「挑発しておきながら、北朝鮮が身構えると『けしからん』といって追及するのは筋が通らない」と述べた。
北朝鮮の軍事的威嚇は体制維持の為にしてるので在って、外圧が有ろうと無かろうと実施する。
此の事を論って軍事演習が挑発と主張し此れに北朝鮮が逆上すると此れを追及するのは筋違いと主張。
お前は一体何処の誰なのだ。
日本人ならば北朝鮮に対して苦言を呈すべきで在って、政権批判してる暇は無い筈です。
矢張り腐っても社会党残党で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:43 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

石破茂は黙ってろ。

* 【衆院解散】自民・石破茂元幹事長「何のための解散か、何を問うのか明確に」 解散理由の明示を要求 - 産経ニュース
 自民党の石破茂元幹事長は21日の自身の派閥会合で、安倍晋三首相に対し、衆院解散・総選挙の理由を国民に明示するよう求めた。「国民に何のための解散か、何を問うのか、明確にする必要がある」と述べた。
 石破氏は、多くの国民が解散を予想していなかったとして「『この解散の意義は何なのか』と思っている」と指摘。その上で「与党の一員として国民に答える責務がある」と強調した。
衆議院解散の理由を「何に為に何を問うのか明確に」等と明治する様に求め、更に国民が予想してなかった等と主張。
安倍晋三内閣総理大臣に直接問い質せば良い事を不在の時に曰う此の醜さ。
衆議院解散が予想されて無いと云うのは、過去のどの政権だって同じで在る。
もうお前は駄目って居ろと。
口を開けば開く程に醜悪さが露呈し誰からも支持され無く為るのです。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

毎日新聞がテロリスト擁護。

* ツイッター:アカウント凍結 本人に理由示さず 疑問の声 - 毎日新聞
代表的なSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)である「ツイッター」の運営方法に疑問の声が上がっている。「差別的な投稿が放置されている」との批判がある一方で、理由が明示されないまま個人のアカウントが凍結される騒ぎも起きている。「情報インフラ」と言われるまでに成長したサービスだが、投稿内容の適否の判断がブラックボックス視され、「政府の圧力」なる陰謀論すら出回る始末だ。
「差別ツイート 野放しやめて」「NO HATE」−−。東京都中央区のツイッタージャパン前に今月8日、プラカードを持つ市民ら約100人が集まった。特定の民族や人種への差別的言動を繰り返すヘイトスピーチに反対する団体の抗議イベントだった。
 ツイッターは短文や画像を投稿し、共有するウェブサービス。世界で3億人以上が利用し、日本でも自治体が災害時に情報発信するなど公共的な性格も帯びる。とはいえ手軽さに加え匿名でも利用でき、近年はヘイトスピーチに該当する投稿も目立つ。
 ツイッター社はヘイトスピーチに該当したり、著作権を侵害したりする投稿を禁じ、違反を繰り返すとアカウントを凍結するが、数が多すぎて追いつかない。
 その一方で「明確な理由が分からないまま凍結された」と不満の声も上がっている。
 「日本会議の研究」を刊行した著述家の菅野完さんのアカウントが凍結されたのは19日だった。森友学園問題を追及し、6万人超のフォロワー(読者)がいた。菅野さんがツイッター社に説明を求めたところ「特定の人物に向けた嫌がらせ行為に関するルールに違反した」というが、どの投稿が違反したかなど詳細は明らかにされなかった。菅野さんは「政治家や著名人の差別的言動に対し攻撃的な言葉を使ったことはあるが、凍結に納得できない」と話す。
 ツイッタージャパンは毎日新聞の取材に「個別の案件には答えていない」とする。
 ジャーナリストの江川紹子さんは「菅野さんの投稿には乱暴な言葉があり、好ましくないと思った。だが、差別的なつぶやきが放置されている現状を考えれば、凍結するほどなのか」と指摘。「どんな投稿が違反か分からなければ、言論を萎縮させる。今回の騒ぎでは『政府が圧力をかけたのではないか』という声もあり、陰謀論の温床にもなる。せめて本人には明確に理由を示すべきだ」と話した。
 ジャーナリストの津田大介さんは、急速な普及でチェック体制が追いついていない可能性に言及する。「違反を指摘する通報に基づき機械的に凍結措置を取っているようだが、どこまで内容を吟味しているのか。文脈を考えれば問題のない投稿が巻き添えになっている可能性がある。米国では事業者が凍結するかどうかなどの判断を人権団体や専門家に委ね始めている。それを見習うべきだ」とする。
菅野完のツイッターアカウント凍結が相当に頭に来てるのでしょう。
凍結の理由は至極単純でテロリストで在るからだ。
犯罪行為を示唆や教唆する対象は規約違反なのだから、当然凍結されツイッターの対応は正しい。
コレを開示せよと云うのならば、手の内を明かす様なもので危険。
毎日新聞は菅野完を擁護するならば、テロリストのお仲間と自白したも同然で、社会的な制裁を受ける必要が在る。
テロリストを報道機関として認める訳には行きません。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

有田芳生の二枚舌。



有田芳生は八月五日に安倍政権を解散に追い込むと主張したが、二十日には解散等以ての外等と相反したツイートをしてるが、コレは有田芳生だけでは無く、ヨサク全般にも当て嵌まる。
要は反安倍政権勢力は、政府批判出来れば手段は選ばず何でもすると云う事。
政治理念に一貫性皆無で説得力も皆無。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

河野洋平が日本記者クラブで会見。

* 「権力者側が自分の都合で解散するのは果たして良いものか」 河野洋平元衆院議員が安倍晋三首相に苦言(1/3ページ) - 産経ニュース
河野洋平元衆院議長は20日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、安倍晋三首相の28日召集予定の臨時国会冒頭に衆院を解散する意向について「権力者側が自分の都合の良いときに、自分の都合で解散するのは果たして良いものか」と苦言を呈した。要旨は次の通り。
【衆院解散】
 臨時国会は3カ月前に野党が要求した。(森友・加計学園など)問題がいろいろあるから、臨時国会で国民の持つ懸念、不安を説明すべきだと。野党が要求していた臨時国会をずっと開会せずに引っ張ってきて、ここにきて臨時国会を開いて、しかも冒頭に解散するという。問題の説明もしなければ、懸念を払拭しようという努力もしない。安倍さんはこの問題について「できるだけ丁寧に説明する」とずっと言ってきた。それが一度も丁寧な説明もしないで冒頭で解散する。私には理解できない。
 権力者側が自分の都合の良いときに、自分の都合で解散するのは果たして良いものか。私に言わせれば、権力者が自分の都合で解散する場合は、解散後の態勢は残余の任期をつとめるということでないとおかしい。4年間の任期を2年近く残して、解散するならば、新しい態勢は残りの任期をつとめる。本来の任期4年ごとにきちんとやるべきだというのが本当じゃないだろうか。
ここまで(臨時国会召集を)引っ張ってきて、自分の都合で解散するというのは、解散の仕方としては過去になかったことだ。野党が「何だ」と思うのは当然だ。(首相は)本当の意味の議会制民主主義の本旨をもう少しきちんと踏まえて議会運営をやってほしい。
 国民はそんなに忘れっぽくない。昨年、一昨年、国会に対して国民はどのぐらい怒っていたか。どのぐらい国会に対する期待を裏切られ、そうあってはならないという願いが届かなかったか。その時にどれだけ悔しい思いをしたか。国民の気持ちは、そう簡単に忘れ去れていないだろう。
 有権者はその思いを忘れていないと思うが、どうも野党が忘れているのが非常に残念だ。野党もあの時、どれぐらい地団駄踏んで悔しがったか。あの悔しがっていたのは本当でなかったのかと思いたくなるような昨今の状況は、非常に不思議でならない。
【北朝鮮問題】
 話がパターン化している。北朝鮮がミサイルを撃つ。核実験する。国際的な挑戦で暴挙だ。北朝鮮をやっつけないといかん。制裁しないといかん。次に、中国がまじめに制裁をやらないからだめだということになる。それがぐるぐる回っているだけで、問題は解決しない。中国が警戒感を解かないのもわかる。北朝鮮問題を解決するために、どういう仲間が組み合ってやるか、しっかりとまとめないといけない。
北朝鮮の問題でわれわれが真剣に考えるのは、中国であり、日本であり、韓国だ。日中韓がこの問題で大きなダメージも何かあれば受けるし、被害も受ける。そして問題が解決すれば、われわれが一番安心できる状況になる。この日中韓が一体になって北朝鮮を説得しなければ駄目だ。
 だが、なかなか日中韓が話し合う状況にない。3カ国が話し合える態勢にないことが北朝鮮につけ込まれる一つの理由になっている。政治的努力が足りない。米中の緊密な話し合いも必要だ。その仲立ちを日本は積極的にやるべきだ。
【河野太郎外相】
 (言及しづらいと思うが、河野氏の長男で先の内閣改造で外相に就任した太郎氏は?)……言及しづらいですね。
衆議院解散に苦言を呈し「権力者の都合云々」と批判したが、過去の内閣総理大臣の中で任期満了しての選挙は極僅かで在る。
殆どは内閣総辞職乃至解散総選挙の動きで在る事実を無視して居ます。
森友や加計の案件は答弁等で説明してるが、此処も無視。
北朝鮮の案件では北朝鮮が対話交渉の道を閉ざしてるのに、近隣諸国で説得せよと云っても無意味で在る。
何度も対話の機会が在ったのに無視を決め込んでる過去の事実を無視。
矢張り老害以上の何者でも無く、引退した身なのだから大人しく引っ込んでろと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする