冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年01月18日

芸術家達の怒りを買う南朝鮮。

* 韓国・釜山の区役所、米有名芸術家の作品を「目障り」として廃棄 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
韓国・釜山市の海雲台(Haeundae)のビーチ脇に設置された米国人アーティスト、故デニス・オッペンハイム(Dennis Oppenheim)氏の遺作の一つが「目障り」になったとの理由で、市当局によって解体されたことが明らかになり、芸術愛好家らが衝撃と怒りをあらわにしている。
 オッペンハイム氏は、コンセプチュアル・アートやパフォーマンス・アートの他、彫刻でも活躍したアーティスト。作品は仏パリのポンピドー・センター(Pompidou Centre)や米国のニューヨーク近代美術館(MoMA)など世界各地のそうそうたる美術館に収蔵されている。
 だが海雲台区役所にとって、そんなことは大したことではなかったようだ。
 海雲台区の当局者はAFPの取材に対し、設置した場所と時期が悪かったと説明。「Chamber」と題された彫刻作品は、潮風でさびが発生した上、2016年の台風で損壊。周辺の住民や通行人からは「目障りになっている」ので撤去してほしいという電話が多数あり、当局は先月、作業員を派遣し、彫刻を解体・撤去した。
 さらに当局者は、残がいの金属は鉄くずとして売却されたとの報道を否定し、素材の大半は鉄パイプとポリカーボネートで、廃棄物処分場へ送られたと語った。
南朝鮮の釜山市に設置されたデニス・オッペンハイム氏の遺作が「目障り」との理由で撤去され、更に解体されて鉄屑と化したと云う。
デニス・オッペンハイム氏は世界的にも有名なアーティストで在る。
南朝鮮は芸術の何足るかを理解して居ない様子です。
posted by 天野☆翔 at 05:33 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

始まる前から異常な平昌五輪。

* 【平昌五輪】合同入場やアイスホッケー女子合同チーム結成で合意 南北次官級会談 正恩氏肝煎りスキー場活用も - 産経ニュース
韓国と北朝鮮は17日、2月開幕の平昌五輪への北朝鮮の参加をめぐり、板門店(パンムンジョム)の軍事境界線南側にある「平和の家」で次官級の実務協議を開き、アイスホッケー女子の合同チームを結成することや、開会式で朝鮮半島を描いた統一旗を掲げ、合同入場行進することで合意した。北朝鮮が応援団約230人を派遣し、合同応援を行う方針も確認した。
 五輪での南北合同チームは初めて。合同入場は2006年トリノ大会以来。
 会談後、発表した共同報道文によると、五輪開幕前に北朝鮮の金剛山(クムガンサン)地域で文化行事を共催することや、馬息嶺(マシクリョン)スキー場で韓国選手と合同練習を行うことでも合意した。会談に出席した韓国統一省の千海成(チョン・ヘソン)次官は、9日の閣僚級会談で韓国側が提案したと明らかにした。同スキー場は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の肝煎りで整備されただけに、国際社会の制裁が続く中、韓国内外から批判も出そうだ。
 北朝鮮の参加種目や選手団の規模は20日、スイスで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)との会談で最終決定される見通し。
 北朝鮮は、テコンドー演武団約30人も派遣し、平昌やソウルで公演も行う。北朝鮮の選手団は2月1日に韓国入りし、今月25〜27日には先発隊も派遣される。一団は陸路で韓国入りする方針も示された。
 3月のパラリンピックにも選手団や応援団など約150人を送る意向も表明。今後、詰めの協議を行う。
 報道文では、韓国が北朝鮮代表団の「安全と便宜を保証する」とし、滞在費の負担といった具体的問題については明記されなかった。一方で、双方が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の応援団活動を保証することも盛り込まれた。
 会談には、韓国から千氏ら3人、北朝鮮から祖国平和統一委員会の田鍾秀(チョン・ジョンス)副委員長ら3人が出席した。
アイスホッケー女子の合同チームの構想が合意されたと云うが、五輪では前代未聞な上、五輪の性質を考えると明らかに異常。
国と国との対抗戦で在る筈なのに、合同チームと云うのは絶対に認めては為らない。
北朝鮮の都合でしか無く、此れを受け入れた南朝鮮の異常さが露呈した。
posted by 天野☆翔 at 05:25 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

原子力規制委員会が除染基準の見直しに言及。

* 除染基準「引き上げるべき」 規制委員長が表明 - 産経ニュース
原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長は17日の定例会合で、除染の目安とされている空間線量「1時間当たり0.23マイクロシーベルト」について「実証データから1マイクロシーベルトの所に居住しても年間の被曝(ひばく)線量は1ミリシーベルト以下になる」と指摘し、「改めないと帰還や復興を阻害する」として環境省は引き上げを検討すべきとの考えを示した。
 更田氏によると、帰還者らが身につけた線量計の実測値で判明したという。自ら同省に働きかける考えを示したほか、事務局の原子力規制庁は「どのような場でメッセージを出していくか検討する」としている。
空間線量が1マイクロシーベルトでも、年間の被曝線量は1ミリシーベルト以下に為るとして、除染の基準の見直しに言及したが、もっと引き上げても問題は無い。
一年間の被曝線量の基準は飽く迄食品からの摂取の場合で在って、居住では無い事に注目すべきで此れは「コーデックス委員会の放射線基準値」が元です。
拠って一般的な生活では此れ以上でも問題は無いと云う事でしょう。
放射性物質取扱者の20ミリシーベルト迄とは云わないが、10ミリシーベルト位迄引き上げても良い筈だと私は考える。
posted by 天野☆翔 at 05:20 | Comment(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

カナダで女性平和活動家がデモ。

* 【外相会合】対北朝鮮、制裁より対話を 女性平和活動家がデモ - 産経ニュース
北朝鮮の核・ミサイル問題に関する外相会合に先立ち、カナダ・バンクーバーの会場前で16日、計16人の女性活動家が北朝鮮への制裁を解除し、韓国と北朝鮮の和解と対話を推進するよう訴えるデモを実施した。
 2015年に韓国と北朝鮮の軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)を横断する行事に参加したことがあるハワイ・ホノルルの平和活動家クリスティン・アンさんは「北朝鮮への制裁は一般市民に対する暴力であり対話に結びつかない。平昌(ピョンチャン)冬季五輪を契機に和解を進めるべきだ」と述べた。
 日本から参加した同志社大グローバル・スタディーズ研究科の秋林こずえ教授は「対話への努力をせずに軍事力を行使することは、北東アジアだけでなく世界の人々の生命を脅かすことになる」と語った。
 アンさんらは南北和解を訴えるため、今年5月にもDMZの横断を計画しているという。
北朝鮮への対応で、制裁よりも対話でと女性活動家がデモを実施したが、現実が何も見えて居ない。
対話を何度も繰り返しても一向に核廃絶への動きは無いのだから、制裁以外の道は無いのです。
そんなに対話を求めたいならば北朝鮮に入国してすれば良い。
posted by 天野☆翔 at 05:06 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

大阪市の有識者審査会は気違い連中。

* ヘイト投稿特定の法整備を、大阪市の有識者審査会が答申 - 産経WEST
ヘイトスピーチの抑止を目的に実施団体や個人名を公表できるとする大阪市の条例を巡り、市の有識者審査会は17日、吉村洋文市長に対し、インターネット上に公開されたヘイトスピーチ動画の投稿者を特定できるようにするための法整備などを国に求めるべきだとの答申を提出した。
 答申は、プロバイダーによる投稿者の情報開示を市の条例で義務付けることは、通信の秘密を定めた電気通信事業法に抵触するとして「地方自治体での対応には限界がある」と指摘した。
 吉村氏は答申を受けてコメントを発表し、国に同法の改正を求める意向を改めて示し「具体的な要望内容を早急に検討する」とした。
条例は法律を上回っては為らず、大阪市のヘイトスピーチ対策条例に於いて人物特定出来無い状況から、電気通信事業法の改正を求める主張をしてるが、方向性が完全に間違ってるのだと自覚しない。
法律の定める事以上の事をしようとした条例の撤廃を求めるのが、本来の姿なのです。
条例に成って無い事をしようとした条例こそが間違いなのだと意識して頂きたいですね。
posted by 天野☆翔 at 23:42 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

腐っても民主党。

* 民進党の「決められない政治」なお健在 無策と迷走の末、民進・希望の統一会派構想が白紙化(1/2ページ) - 産経ニュース
民進党の「決められない政治」は党3分裂という激動を経てもなお健在のようだ。民進党と希望の党の統一会派交渉が17日決裂した理由は、民進党の無策に尽きる。党内の反対派への根回しも善後策提示もなく、「丸腰」で臨んだ交渉が円満にまとまるはずはない。
 民進党の17日の両院議員総会は、会派結成反対派が執行部を突き上げ、大荒れとなった。大塚耕平代表が統一会派について切り出したとたん、小西洋之参院議員はヤジを浴びせた。
 「何を偉そうなことを言っているんだ!」
 会派結成構想に対しては、民進党だけでなく、希望の党内にも根強い反対論がくすぶっていた。民進党との決別を掲げて衆院選を戦った手前、「先祖返り」への批判は避けられないからだ。そこで希望の党の玉木雄一郎代表は会派結成反対派の松沢成文参院議員団代表に「分党」を打診し、党内手続きが進むように調整していた。
しかし、民進党執行部がこうした策を講じた形跡は見られない。16日の常任幹事会で会派結成を両院議員総会に諮ることを決めたはずが、衆院の民進党系会派「無所属の会」(代表・岡田克也常任顧問)は同日夜の会合で「反対」というあべこべの方針を確認した。17日の総会前になって岡田氏が大塚氏に無所属の会の方針を伝え、おなじみの党内不一致と根回し不足を印象づけた。
 「昨年の衆院選のしこりが非常によく分かった。こういう展開になった大きな理由だと思う…」。大塚氏は結論を見送らざるを得なかった理由を記者団に語ったが、「しこり」の根深さは分かっていたはずだ。
 希望の党の保守系議員は旧民主党時代から連綿と続く“迷走体質”を嘲笑を込めて評した。
 「ディス・イズ・民進党だね」
民進党と希望の党の統一会派画策が崩壊しました。
民進党を離党して迄新党立ち上げして選挙をしたのに、統一会派結党謎最初から無理が在るのです。
こんな無意味で無駄な事に精を出すのは本末転倒で、すべき事をして居ません。
矢張り腐っても民主党で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

朝鮮学校児童保護者が救済申し立て。

* 朝鮮学校が救済申し立て 神奈川県の補助金不支給 - 産経ニュース
「神奈川朝鮮学園」(横浜市)が運営する神奈川県内の朝鮮学校5校の保護者計118人が17日、県が平成28年度から学費補助金を支給していないのは不当な差別に当たるとして、県弁護士会に人権救済を申し立てた。弁護士会の判断に法的拘束力はないが、代理人弁護士は「社会的意義は大きく、県に再考を促したい」としている。
 県は、高校生向けの教科書「現代朝鮮歴史」に、北朝鮮による日本人拉致問題を記載することを支給の前提としているが、学校側が改訂に応じなかったため、28年11月に不支給を決めた。
 17日に県庁で記者会見した保護者の一人は「教科書の問題に保護者は関係ない」と訴えた。申立書は、学費補助金の不支給は学習権を侵害する恐れが高く、憲法が禁止する差別的扱いに当たると主張している。
 県は「申し立て内容を承知しておらずコメントできない」としている。
神奈川朝鮮学園に児童を通わせてる保護者が、神奈川県に対して補助金交付しないのは差別だと主張し弁護士会に人権救済を申し立てた。
人権を謳い差別するなと主張するなら、単純に我が国の公立校に入学させれば良いだけの話しです。
朝鮮学校に通い続ける以上は自分自身の責任として、費用等全ての案件で了承しなければ為らないのだ。
朝鮮学校は我が国の学校では無いので、憲法の範疇には含まれません。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

活躍する河野太郎。

* 【日韓外相会談】河野太郎外相、慰安婦日韓合意の韓国新方針を拒否、康外相との会談で強く抗議(1/2ページ) - 産経ニュース
河野太郎外相は16日午前(日本時間17日未明)、カナダのバンクーバーで韓国の康京和外相と会談した。河野氏は、慰安婦に関する日韓合意をめぐる韓国政府の新方針について「日本側にさらなる措置を求めることは全く受け入れられず、協議にも応じられない」と強く抗議した。
 日韓外相会談は韓国政府が9日に新方針を発表して以降初めて。朝食を取りながら通訳なしの1対1で行われた。新方針に関しては康氏から説明があり、河野氏はこれを受けて合意の着実な実施も求めた。
 韓国側は新方針の中で、日本が合意に基づき拠出した10億円の凍結に加え、凍結分の扱いを日本側と協議することを主張。文在寅大統領も「日韓合意で慰安婦問題は解決できない」として、慰安婦への「心からの謝罪」を求めている。
 河野氏は慰安婦問題に加え、日韓間の火種となっている徴用工問題にも言及した。韓国の民間団体が釜山の日本総領事館前に徴用工像を設置する計画を進めていることを問題視し、計画が実施されないよう韓国政府に対応を求めた。
一方、康氏は2月9日に開幕する平昌五輪に合わせた安倍晋三首相の訪韓を改めて求めた。河野氏は「国会日程などを踏まえ検討する」と述べるにとどめた。河野氏は韓国が不法占拠している竹島(島根県隠岐の島町)に関し「竹島は日本固有の領土」とする日本の立場を改めて申し入れた。
 河野氏は16日午後(同17日午前)、米国のティラーソン国務長官、康氏と日米韓外相会談を行い、3カ国が北朝鮮対応で国際社会を主導していく方針を確認した。日米外相会談も行い、米軍機の事故が頻発していることに抗議するとともに再発防止を求めた。
慰安婦問題解決の為の二国間合意の履行をしない南朝鮮に対して、強い口調で履行をせよと主張し、徴用工問題でも竹島の案件でも、我が国の主張を強く発信した。
此処迄明確に我が国の立場を主張した外務大臣は過去存在して居ませんでした。
親父の河野洋平の案件が在る以上賞賛は出来無いが、個人の動きとしては評価すべきでしょう。
とは云え、矢張り要注意人物なので、今後の動向は要注目で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

核兵器廃絶国際キャンペーンの負け犬の遠吠え。

* ICAN事務局長が広島で講演 「日本は足踏み外した」と批判 - 共同通信
昨年のノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)は15日、広島市で開かれた若者との対話集会で講演し、核兵器禁止条約に参加しない日本政府を「(核廃絶を求める)合理的な国際社会から足を踏み外した」と批判した。
 集会には学生や被爆者ら約340人が参加した。フィン氏は、被爆国の日本が条約に反対していることに「広島、長崎以外で同じ過ちが繰り返されていいと思っているのではないか」と指摘。「被爆地と日本政府の隔たりは大きく、埋める必要がある」と訴えた。
我が国の政府に対して、核兵器禁止条約を論い国際社会から足を踏み外したと批判するが、我が国は独自に此の条約案を提出してたので、条約に参加して無いと云う事では無いのです。
又、条約の参加云々で批判する以前に、北朝鮮の度重なる核実験を批判すべきで、方向性が完全に間違ってる。
お前達の背後関係が北朝鮮だからこそ、此処に言及しないのは極めて卑怯で姑息な手段で在るのだ。
ノーベル財団もこんな気違い連中に平和賞を授与した事に後悔してる事でしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)から二十三年目。

1995年平成七年一月十七日五時四十六分五十二秒に発生した兵庫県南部地震で、死者は六千四百三十五名、行方不明者は二名、負傷者は四万三千七百九十二名もの被害を出した阪神・淡路大震災から二十三年目を迎えました。
此の地震に拠る教訓は、後の巨大地震に活かされて行きましたが、実際には東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)では有効性は無かった。
南海トラフ巨大地震が喫緊の課題として差し迫る中、改めて巨大地震に拠る被害への対応が急がれます。
此の震災に拠って亡くなられた方々には、改めて謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 05:46 | Comment(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする