冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2015年01月31日

北京市長が正しい現状認識を示す。

* 「北京は居住に適さない」 市長自らが認め波紋 - 産経ニュース
深刻な大気汚染や交通渋滞に苦しむ中国の首都、北京市の王安順市長が「今の北京は確かに居住に適した街でない」と発言、波紋を広げている。
 このほど開かれた北京市人民代表大会(市議会)で市長は経済発展に伴い「少なくない矛盾が存在する」と指摘、市民に不満の強い大気汚染や交通渋滞の解消に「長期間の苦しい努力が必要」と認めた。
 市長はまた、2100万人を超え増え続ける人口の抑制が「第一の大きな問題」としつつ、実際の抑制は「難易度が高い」と述べ、即効策がない現状も指摘した。
 市長発言について、インターネットの書き込みでは率直な発言を称賛する声と同時に「いっそ首都移転したらどうか」との意見も上がっている。
 北京市は、微小粒子状物質「PM2・5」などによる深刻な大気汚染にしばしば見舞われ、政府系シンクタンク、上海社会科学院などの報告書も同市の汚染を「人類の居住に適さないレベル」と指摘してきた。
誠に正しい物言いですね。
現在の状況を的確に発言した。
posted by 天野☆翔 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

東本願寺の人権週間ギャラリー展に関して。

* 【歴史戦WEST】真宗大谷派の人権ギャラリー展に漂う日本断罪℃j観 日朝・日韓関係テーマで日本の加害性のみ強調、なぜか拉致問題は無視(1/6ページ) - 産経WEST
京都を代表する寺院の一つ、真宗大谷派の本山・東本願寺(京都市下京区)で開催されている「人権週間ギャラリー展」をめぐり、有識者から「日本の加害性のみが強調され、偏っている」との指摘が上がっている。豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)の展示で民衆を日本に「拉致連行」したことを取り上げ、慰安婦問題のパネルには「性奴隷」の文言も登場する。しかし、人権週間にちなみながら、現在の日本にとって最も重要な人権問題といえる北朝鮮による拉致問題には一切触れていないのだ。主催者は「大谷派と関係あるものを中心に取り上げた。スペースもかなり絞ってこうなった」と説明するが…。
320万人の大教団…門徒も疑問視…「日本ばかりが悪者に」
JR京都駅の中央口から歩いて10分。瓦ぶきの屋根の付いた土塀が見えてきた。東本願寺の境内を囲っている「築地(ついじ)塀」だ。京都三大門の一つ、御影(ごえい)堂門の近くに掲げられたポスターに目がとまった。
《原子力発電に依存しない社会の実現にむけて》
真宗大谷派は平成24年2月、65人の僧侶で構成する宗議会を開いて全原発の運転停止と廃炉を求める決議案を可決している。
 真宗大谷派の門徒数は約320万人。大阪府内に住む門徒の60代男性は「最近、特に政治色が強くなってきた。いろんな考えの門徒がいるのに、仏教教団が政治的なメッセージを発することに違和感を覚える」と疑問視する。
 この門徒が「日本ばかりが悪者になっている」と嘆くのが、境内で2月2日まで開かれている「人権週間ギャラリー展 誠信交隣(せいしんこうりん)を願って−日朝・日韓関係の歴史と現在」だ。
民衆を日本に「拉致連行」
ギャラリー展は「古代・中世の日朝・日韓関係と豊臣秀吉の侵略戦争」から始まる。
 中世になると、《日本からは「日本国王使」とよばれた使節がたびたび朝鮮王朝の首都漢城(いまのソウル)を訪問し、仏典の集大成である「大蔵経」を始めとする仏教経典や仏具、仏画、そして高級繊維製品などをもらってかえる》ようになったとパンフレットにある。
 事実の一面には違いないが、日本が一方的に教えをこう上下関係だったような印象を受ける。記述は豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)の頃になると一変する。パンフレットの文言にはこうある。
 《豊後臼杵の安養寺の僧・慶念(きょうねん)も動員されて朝鮮半島にわたった一人でした。かれはその間のことを『朝鮮日々記(にっぴき)』として記録していました。この書は戦場の悲惨な光景、無辜(むこ)の民衆を日本に拉致連行する日本の商人たちや財宝を奪い尽くす武士たちの姿をありありとのべています》
 《この戦争の中でも残酷をきわめたものは「鼻削(そ)ぎ」でした。この行為は日本軍に反抗する朝鮮の兵士や民衆に対する刑罰として行われました》
 門徒の男性は「日本だけが一方的に朝鮮の人々をかどわかしたような書き方だ」と訴える。
 主催者側の真宗大谷派解放運動推進本部の本部委員は「私たちの国が一体どういうことをしてきたか。どのように自己批判をする中で次の交流につなげていくか。お互いに『あんたんところ、こんなことしているではないか』というばかりではならない」と話す。
麗澤大の八木秀次教授(憲法学)は、朝鮮出兵の拉致連行をめぐる記述について「有田焼の生みの親で知られる朝鮮出身の李参平ら陶工は『連れて行ってくれ』と言って付いてきた。李朝は朝鮮の人々にとっても異民族で、李朝の支配が過酷だということで民衆には不満も相当あった。同じ民族であろうが、他の民族であろうが、穏やかな統治をしてくれる支配者を望む人もいた」と指摘する。
 そのうえで「(記述は)ひたすら朝鮮半島は日本にとって学ぶ対象で、その都度、日本は悪いことをしてきたという内容といえる。一方的な日本側の加害者史観だ」と批判する。
パネルに「性奴隷」の文言
《女性たちには、居住の自由、外出の自由、自由廃業の自由、拒否する自由が認められておらず、実態として「性奴隷」の状態でした》
 《民間業者の「慰安所」であっても、戦場への「慰安婦」の輸送、女性たちの性病検査などの管理には日本軍が直接的に関わっていました》
 《第2次世界大戦以前、同様の施設の設置と管理に軍隊が関与したのはナチス政権下のドイツを除き他に例がありません》
 慰安婦問題を取り上げたパネルにはこんな文言が並ぶ。「性奴隷」という表現は、1996年2月の「国連クマラスワミ報告書」で認定されて以降、頻繁に使われ、米国で設置された慰安婦碑や慰安婦像にも登場する。しかし、日本軍が何十万人もの女性を強制連行したという虚偽の話がきっかけとなっており、今は日本政府も「不適切な表現」との見解を示している。
八木教授は「『関与』というあいまいな表現を使いながら、軍が直接関わったようなニュアンスだ。しかし、間接的な関与ということで責任を取られるのであれば、役所の出入り業者が問題を起こしたときも役所自体が責任を取られるのか」と疑問を呈する。
 主催者側の本部委員に疑問をぶつけると、「仮に東本願寺に出入りする業者がセクハラを起こせば、私たちのハラスメント防止委員会で審議する」と強調し、「軍の内規を読むと、割と積極的に関与していたかなと思う」と続けた。
高校無償化対象外を猛批判
《高等学校無償化を朝鮮高級学校に適用しない措置は、排外主義を増幅させ、閉塞(へいそく)した社会をつくることにつながりかねません》
 ギャラリー展のパンフレット巻末には真宗大谷派の宗務総長(当時)が22年3月に発表したコメントが掲載されている。
 宗務総長(同)はコメントの中で《私たちは在日朝鮮人の歴史と、現在もかかえる問題を軽視してはなりません》とも強調する。
 ただ、朝鮮学校が高校授業料無償化の対象外となった背景には、北朝鮮による拉致問題が大きく影響していることも忘れてはならない。
 無償化を適用しない方針を表明した下村博文文部科学相(当時)は24年12月、「拉致問題に進展がなく、朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)と密接な関係にあることなどから現時点では国民の理解が得られない」と述べた。一般公募の約3万件の意見でも、無償化対象にしない方針への賛成が反対を上回っている。
主催者側の本部委員に、日本が現在抱える最大の人権問題は拉致問題であり、無償化の対象外となった背景にはそうした事情もある−と伝えた。しかし、本部委員は「それは分からない。拉致問題の報復としてこれ(無償化対象外)があるということか」と話した。
 ギャラリー展ではやはり拉致問題については一切触れられていない。
拉致被害者苦悩の声≠ノは…
展示内容は、京都造形芸術大客員教授、京大人文科学研究所教授、多民族共生人権教育センター事務局次長の3人が監修している。
 本部委員は人権ギャラリー展について「どの時代においても大谷派との交流の中で、監修した方も交流の中で取り上げている」と説明する。戦場に派遣された「従軍僧」や朝鮮半島での別院開設といった「朝鮮開教」など「大谷派が戦争中に起こした歴史」(本部委員)があり、展示は「大谷派と関係あるものを中心に取り上げた」という。
 多くの門徒の中にも、拉致被害者と関係のある人はいるはずだ。にもかかわらず、なぜ、拉致問題には一切触れられていないのか。
 本部委員は「大谷派の中にもいるかもしれないが、交流はできていない」と釈明する。申し入れもないため、門徒に関係者がいるか調査の予定もないという。そしてこうも言う。
 「(展示)スペースもかなり絞ってこうなった」「拉致被害者に関するものも取り上げるという余裕がなかったということだ」
 会場には、ヘイトスピーチ(憎悪表現)や朝鮮学校の高校無償化対象外について、複数枚のパネルが展示されていた。拉致問題に割くスペースの「余裕」がないとは思えなかった。 特定失踪者問題調査会の荒木和博代表は「宗教という本来の目的から考えると、一方に偏ったやり方はどう考えてもおかしい。日朝の問題についての展示なら、拉致をされた人たちの苦しみを救済するのは宗教者として当然ではないか。少なくともパネルを出さないのはいかがなものか」と話す。
 八木教授も「拉致こそ人権問題の最たるもの。展示はバランスを欠いている」と指摘する。
 ギャラリー展には、収骨や参拝に来た門徒のほか、京都観光の韓国人やイスラム教徒の団体もガイドを伴って見学に訪れるという。東本願寺を訪れた外国人観光客らに、世界に誇る精神的遺産といえる浄土真宗の宗祖、親鸞(1173〜1262年)の教え、思想が広がるのは喜ばしい。
 ただ、ギャラリー展では、平穏な生活を突然奪われ、日本から拉致された人々の苦悩の声≠ノも、耳を傾けてほしかった。
* 【人権週間ギャラリー展】誠信交隣を願って‐日朝・日韓関係の歴史と現在‐ | 東本願寺
何やらきな臭いと感じて東本願寺のサイトを確認して見たら、部落解放同盟が確認された。
* 解放運動推進本部 | 東本願寺
こう云う背景も在るのでしょう。
此の催しには自虐史に満ち満ちた内容で、日本が悪と云う概念を変える事は無い様子です。
自虐史だけだったら未だ良い方で、主催者の弁が「思い込み」から来る内容で在ると云うのは御し難い。
確定的な内容では無く「で有ろう」と云う一方的な推測からの展示なら、すべきでは無い。
浄土宗や東本願寺に対して悪い印象は無かったが、此の案件で悪い印象は払拭出来無く成った。
posted by 天野☆翔 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

東京駅開業百周年記念Suica販売開始。

* 東京駅100年記念Suica、受け付け開始 1枚2千円 - 産経ニュース
JR東日本は30日、昨年12月の発売時に希望者が殺到し、途中で販売を中止した東京駅開業100周年記念のIC乗車券Suica(スイカ)の購入申し込み受け付けをインターネットで始めた。2月9日まで。郵送でも受け付けているが駅窓口では販売しない。
 1枚2千円で、デポジット(預かり金)の500円を除く1500円分がチャージされている。希望者全員が1人3枚まで購入できる。ネットはJR東の専用サイトを利用する。郵送の場合、JR東の主な駅にある専用パンフレットの申し込みはがきか郵便はがきに必要事項を記入し送る。
 3月9日までに専用の払込票を使ってコンビニで代金を支払った人に、3月19日以降に発送される予定。送料はJR側で負担する。問い合わせは事務局フリーダイヤル0120・771568。
 記念スイカは、開業100周年当日の昨年12月20日、東京駅で1万5千枚を限定販売する予定だったが、希望者が殺到したため途中で販売が打ち切られ、買えなかった人が駅員に詰め寄るなど大混乱した。
記念行事当日の大混乱振りの反省から、一転インターネットや郵便を窓口にした販売方法に切り替え、希望者全員に行き渡る様な体制に切り替え、本日Suicaが販売されました。
当日入手出来なかった人達には、やっと溜飲が下がる思いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

トニー・マラーノ氏に続くマイケル・ヨン氏。

* 【河村直哉の国論】慰安婦強制連行は虚構…米国人ジャーナリスト「韓国は中国の操り人形」 中国オウンゴール、米公文書に証拠なし(1/4ページ) - 産経WEST
慰安婦問題を調査し、20万人強制連行説は虚構と主張するアメリカのジャーナリスト、マイケル・ヨン氏が、日本の媒体に相次いで登場している。
850万ページ…米文書に「奴隷化」見つからず
ヨン氏は2007年にまとめられた「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報告」など、さまざまな資料を調査。IWGは2000年に始まり、アメリカ各省庁の文書850万ページが対象になった。調査するよう働きかけたのは、在米の反日的な中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」。ところが慰安婦の「奴隷化」を裏付けるような文書は一つも見つからなかった。
 昨年11月、日本で最初にこのことを報じた古森義久・産経新聞ワシントン駐在客員特派員とヨン氏が、「Voice」2月号で対談している(http://www.php.co.jp/magazine/voice/)。「『日本軍が二〇万人のアジア女性を強制連行して性的奴隷にした』という主張はまったく根も葉もない幻だった」と、ヨン氏は明快だ。
 女性を強制連行するなら拘束して輸送し食事も与えなければならないが、戦闘中の軍隊がそんなことをするか。故吉田清治が書いたような強制連行を済州島でしていたら目撃証言が残るはずだし、なぜ大規模な反乱が起きなかったのか。アメリカ戦時情報局の報告書には日本の将軍の平均年収が6600円の時代に慰安婦のそれは9000円だったと書いてある−−等々、ヨン氏は「強制連行」の虚構を斬っていく。アメリカ人がこのように公平に資料を見て、発信しようとしていることの意味は大きい。慰安婦問題の主戦場の一つはアメリカになっているからである。
孫子の兵法「戦わずして」「走狗として」…韓国を利用する中国
ヨン氏の指摘で興味深いのは、慰安婦問題の背景に中国の存在を見ていることだ。「本当の主役は韓国ではありません。慰安婦問題を地政学的、政治的問題の道具として利用しているのは中国です。いわば韓国は、中国の操り人形として利用されているだけなのです」。対談でこれまた明快にヨン氏はそう述べている。
 ほか、ヨン氏は「ザ・リバティ」2月号のインタビューでも、「中国は歴史問題を使って、アメリカ、日本、韓国の仲を割り、協力しないようにしています。これは巨大な情報戦・諜報戦なのです」としている。
 こうした見解には筆者も同意見である。過去、何度か書いたことだが、中国には古典兵法以来の謀略の伝統がある。思考様式といってもよい。はかりごとにより敵を追い込む世論を作り、心理的に士気をくじき、戦わないで勝つことが、最上なのである。「兵とは詭道(きどう)なり」「戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり」とはすでに「孫子」にある。
 中国は歴史問題で韓国を走狗(そうく)として使ってきたといってよい。2年前、朴槿恵政権が発足する直前に中国はソウルに特使を送り、「中韓が(歴史問題で)はっきりとした態度を取り、立場を示さなければならない」などと、歴史問題での共闘を呼びかけた。韓国はけたたましく反日に走ったが、中国はしばらく静かに構えていた。大国に事(つか)える事大主義の伝統を持ち、反日をいわば国是とする韓国を、うまく使ってきたのである。
自由主義国である韓国と日本が離反して都合がよいのはどの国か。共産主義国にほかならない。だが韓国にはそれが見えていない。さらにアメリカでも、歴史問題で反日世論を広めている中心は、先述の「世界抗日戦争史実維護連合会」という中国系組織である。日米韓を離反させようとする中国の思惑を、日米韓の敏感な人間は読み取るべきなのだ。「親にしてこれを離す」、つまり敵が親しみあっているときはこれを分裂させる、ということも、「孫子」に書かれている。
「朝日は深刻な問題をもたらした」
日本では、慰安婦についての報道で誤った事実を広め国民の名誉を傷つけたとして、約8700人が朝日新聞に謝罪広告などを求める訴訟を起こした。訴訟とは関係ないが、ヨン氏は「Voice」でこうも言っている。「『朝日新聞』は全世界を騙(だま)して、日本に深刻な問題をもたらしたままです」。朝日はこうした声に、言論機関としてもっと答えていくべきだろう。
ヨン氏のように慰安婦問題を公平に見るアメリカ人がいるということは、心強い。「Voice」では、日本人に次のようなメッセージを発している。「大切なのは、慰安婦問題を大声でわめく韓国に対して日本が引き下がらないこと、そして中国の脅威に屈しないことです」。その通りだろう。さらにいえば、日本人が日本の中の左傾勢力の言い分などにごまかされず背筋を伸ばしていくことも、大切である。
マイケル氏は南朝鮮は支那の傀儡と指摘してるが、傀儡だったとしても南朝鮮は敵国なのには変わらないし、民衆すらも反日活動に旺盛なので、支那の手を離れてると見るのが妥当なので有ろうと思われます。
とは云え、支那も敵国なので、敵国同士が手を取り合ってる構図には変わらない。
トニー・マラーノ氏は以前から日本に対して援護射撃をして頂いてるが、マイケル・ヨン氏もトニー氏に続いて援護射撃をして頂けるのには、本当に頭が下がる思いで感謝の念を抱く。
公文書を根拠にしてる事で、其の根拠は信用性は極めて高く、文句を云える様な論調では無い。
こう云う援護射撃を糧にして、日本人は今こそ一丸と成って本当の歴史を問い直し、世界に向けて喧伝すべき時期に来て居るのです。
posted by 天野☆翔 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

安倍晋三内閣総理大臣 アメリカの公立高校の教科書内容に愕然。

* 慰安婦など歪曲 米トンデモ教科書の中身 首相、国際発信強化へ やまと新聞
米国の公立高校で、日本と日本人を貶める、事実を歪曲した教科書が使用されている。在米の韓国・中国系団体などが流した“ウソ”が広まっているようなのだ。安倍晋三首相はその内容に驚き、誤解を解くための国際発信を強化していく意向を明らかにした。
 「本当に愕然とした。主張、訂正すべき点を国際社会に向かって主張してこなかった結果だ」「国際社会の正しい理解を得るべく、国益に資するよう、戦略的、効果的な発信に努めていきたい」
 安倍首相は29日の衆院予算委員会で、こう答弁した。
 自民党の稲田朋美政調会長が委員会質問で問題視したのは、米大手教育出版社「マグロウヒル」(本社・ニューヨーク)が出版した教科書『伝統と交流』。慰安婦問題や南京事件について、明確な虚偽内容を含め、史実と異なる記述が数多く記されていた=別表参照。在米の韓国・中国系団体などの一方的主張とほぼ一致していた。
 この教科書については、在ニューヨーク総領事館員が昨年12月中旬、マグロウヒル社の担当幹部と面会し、「慰安婦などで重大な事実誤認や日本政府の立場と相いれない記述がある」として、記述内容の是正を要請した。出版社側から回答は得られていないという。
 同教科書は、カリフォルニア州の公立高校で使用されているうえ、テネシー、ジョージア、ノースカロライナ、フロリダの計4州で、採択候補リストに入っている。
* 首相、事実歪曲の米歴史教科書に「がくぜん。主張してこなかった結果だ」と国際発信改善に意欲 - 産経ニュース
安倍晋三首相は29日午前の衆院予算委員会で、米国の公立高校で事実を歪曲(わいきょく)した歴史教科書が使われている実態について「愕然(がくぜん)とした。主張、訂正すべき点を国際社会に向かってしてこなかった結果だ」と述べ、誤解を解くための国際発信に努める考えを示した。
 自民党の稲田朋美政調会長が南京事件の犠牲者について、「40万人虐殺」などと事実とは異なる記述をしている米国の教科書を取り上げ、見解をただした。首相は「国際社会ではつつましくしていることで評価されることはない。主張すべき点はしっかりと主張していくべきだ」と指摘。その上で「国益に資するよう、戦略的、効果的な発信に努めていきたい」と語った。
 農協改革に関しては「全国農業協同組合中央会(JA全中)は地域の農協、農家のサポート役に徹してほしい」と強調。JA側の自己改革案については「自立的な新制度に移行するとしているが、法的な裏付けがないとできないような事業を行う組織は、自立的とはいえない」と述べ、不十分との認識を示した。
 今国会で焦点となる安全保障法制には「70年前と現在とは世界は大きく変わったのに、頭の中は70年前のままでは、日本人の命や暮らしを守ることはできない」と法制化に意欲を示した。

此の関連する記事は追記にて。

相当に酷い内容で、現地の日本人学生は苦しい立場に立たされて居ます。
首相官邸や内閣府並びに外務省は徹底的に抗議し、事態の改善を図る事が求められて居ます。
こんな思い迄して学校に通う学生が哀れで為らない。
過去の政権も責任の一端は在る。
日本人全ての問題として、引退した政治家も含めて本気で取り組んで頂きたい。「安倍晋三内閣総理大臣 アメリカの公立高校の教科書内容に愕然。」の追記を読む
posted by 天野☆翔 at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

マスメディアに拠るヘイトスピーチ。

* 【阿比留瑠比の極言御免】これではメディアのヘイトスピーチだ…『東京』『朝日』『毎日』偏見・無知に基づく不公正・不適切な見解(1/3ページ) - 産経ニュース
またかとうんざりし、気がめいった。安倍晋三首相が今夏に発表する戦後70年の首相談話をめぐり、27日付の東京新聞が平成7年の「村山談話」継承を求める社説でこう書いていたからである。
 「首相はかつて『侵略の定義は定まっていない』と国会答弁した。侵略を正当化する意図を疑われ、国際社会の一部から『歴史修正主義的』と厳しい視線が注がれている」
 朝日新聞と毎日新聞の4日付社説もそれぞれ、同様のことを指摘していた。
 「自民党議員の質問に、『侵略の定義は定まっていない』と応じて批判を浴びた」(朝日)
 「首相自身も『侵略の定義は定まっていない』と述べて物議を醸したことがある」(毎日)
 自分たちが率先して首相を批判しておきながら、第三者が問題視しているように書く手法もいかがなものかと思うが、問題はそれだけではない。
これらの社説を座視できないのは、何よりこれが首相への偏見や無知に基づく不公正で不適切な見解の表明だからだ。
 以前から当欄で繰り返し指摘してきたことだが、馬の耳に念仏のようなのでもう一度書く。村山談話の発表者である村山富市元首相自身が7年10月の衆院予算委員会で、次のように答弁しているのである。
 「侵略という言葉の定義については、国際法を検討してみても、武力をもって他の国を侵したというような言葉の意味は解説してあるが、侵略というものがどういうものであるかという定義はなかなかない」
 つまり、安倍首相はあくまで従来の政府見解をそのまま述べたにすぎない。現に第1次安倍内閣当時の18年10月にも、こんな政府答弁書を閣議決定している。
 「『侵略戦争』と『戦争責任』の概念について、国際法上確立されたものとして定義されているとは承知していない」
 これだけではない。麻生太郎内閣時代の21年4月の衆院決算行政監視委員会では、外務省の小原雅博大臣官房参事官(当時)もこう答弁した。
「さまざまな議論が行われていて、確立された法的概念としての侵略の定義はない」
 さらに、民主党の野田佳彦内閣時代の24年8月の参院外交防衛委員会では、玄葉光一郎外相(現民主党選対委員長)もこう述べた。
 「何が侵略に当たるか当たらないかというのは論争があるところで、そこにはある意味、価値観、歴史観が入り込む余地があるのだろう。だからなかなか明確な定義というものができないのかなと」
 一方、毎日新聞は25年12月27日付社説でも安倍首相を批判して「首相は国会で、大戦について『侵略の定義は定まっていない』と侵略を否定したと受け取られかねない発言をした」と記している。
 全く同じ趣旨のことを述べているにもかかわらず、安倍首相に限って「侵略否定」の問題発言で、村山氏や玄葉氏や外務官僚だったら問題ないというのは筋が通らない。東京、朝日、毎日各紙はこの二重基準をどう考えているのか。
 こんなことを執拗(しつよう)に何度も繰り返すのだから、特定個人を標的にした悪意あるヘイトスピーチ(憎悪表現)だといわれても仕方あるまい。差別的ですらあると感じるし、少なくともフェアではない。猛省を促したい。
此れぞ「ポジショントーク」の極みで、同じ事で在るのに別々の案件として扱い、意味合いも捻じ曲げる。
捏造歪曲偏向報道と云わずして何と呼ぶのか?
此の三紙は共に「ヘイトスピーチ」を根絶しようと常日頃から記事にして来たでは無いのか。
で、在るにも関わらず、率先して自分達がして来た事を平然とする醜い意識。
こんな新聞が存在する事事態許せませんね。
posted by 天野☆翔 at 05:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

理化学研究所に再出発を。

* 新センター長に阪大院教授、浜田氏が内定 STAP舞台の神戸理研 「ガバナンス強化に取り組む」 - 産経WEST
理化学研究所は29日、STAP細胞の研究不正問題の舞台となった多細胞システム形成研究センター(神戸市)のセンター長に、大阪大大学院の浜田博司教授(64)=発生生物学=を内定したと発表した。4月1日付で就任する。
 同センターは、竹市雅俊氏がセンター長を務め、小保方晴子氏=退職=らが所属していた発生・再生科学総合研究センターを縮小、再編して昨年11月に発足。外部委で新センター長を選考していた。単年度契約を1年ごとに見直す。
 新センターでは、幹細胞から臓器を再生するなど臨床応用を見据えた4つのプログラムを展開。昨年9月に世界で初めて移植が成功した人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた網膜再生の臨床研究も続ける。
 浜田氏は「国際的に高い評価を受けている研究の水準を保ち、ガバナンスの強化などに取り組んでいきたい」とコメントした。
センター長が刷新された事でどう云う体制に成って行くのかは全くの不透明ですが、氏の述べてる通りの内容で取り組むのなら、本気に成って取り組んで、汚名を雪ぐ事に専念し、再出発を図って欲しいと願って居ます。
posted by 天野☆翔 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

外務省は本気を出せ。

* 「尖閣は中国の領土」主張の杜撰 古い欧州の航路説明本もとに喧伝…専門家「解釈ねじ曲げ」(1/3ページ) - 産経WEST
中国政府が開設した尖閣諸島(沖縄県石垣市)に関するサイトで、取り上げた資料の解釈に多くの誤りがあると、日本の専門家から指摘の声が上がっている。領有権の根拠とする文献資料を掲載するが、18〜19世紀に発行された欧州の単なる航海情報誌を取り上げるなど、杜撰(ずさん)な点が目立つ。専門家は「資料の解釈をねじ曲げてでも、国際世論に訴えようとするプロパガンダ(政治宣伝活動)サイトだ」と批判する。
“笑えるレベル”だか、世界を信じさす恐れ…日英仏独そしてアラビア語に翻訳
サイト「釣魚島(尖閣諸島の中国名)−中国固有の領土」は昨年12月30日、中国国家海洋局が開設した。
 「歴史事実と国際的法理を踏みにじる(日本の)行為を打ち負かす自信と能力がある」など過激な文句とともに、中国側の主張を裏付けるとする古地図や文献、国内外の論文リストを掲載する。
 だが、日本の尖閣研究家は、このサイトで紹介された2冊の欧州の本に着目する。19世紀に英国で発刊された「経緯度表」(Jパーディ著)と、18世紀にポルトガルで発刊された「航海術教本」(Mピメンテル著)だ。どちらも航海士育成などの目的で、東アジアの航路について説明した書物だとみられる。
 「経緯度表」には、島名が羅列された一覧表があり、「台湾」の直後に尖閣諸島と思われる島の名前が並ぶ。中国側は、釣魚島は台湾の一部であり台湾とともに中国に属する、と主張する。日清戦争後の下関条約(1895年)で台湾を日本に割譲したが、昭和27年の条約失効により、台湾と、その一部である釣魚島の領有権も中国側に戻ったという理屈だ。
だが、尖閣問題に詳しい長崎純心大の石井望准教授(尖閣史)は「『台湾の次に釣魚島に行った』という航海記録を参考に記述したに過ぎない」と分析する。
 「航海術教本」も精査すると、日本の欄に赤道直下の島が含まれたり、台湾の欄にフィリピン・ルソン島が記載されるなど、島の帰属を表したといえない記述が多い。
 中国側の主張に対し、日本政府は「尖閣には領土問題は存在しない」との立場をとる。今回のサイトについても外務省中国・モンゴル第1課の担当者は「(領土問題は存在しないという)わが国の立場は揺らがない。中国の独自の主張にも外交ルートを通じて、しかるべく対応をとった」とする。
 だが、筑波大名誉教授、尾崎重義氏(国際法)は「中国側は法律家や歴史家からみると根拠になりえない資料も、精査もせずにアピール材料として出してくる。稚拙な解釈でも資料が増えれば、海外の世論に誤解を招きかねない。日本も政府、学者、マスコミを含め総力戦で反論せねばならない」と懸念を表明した。
 中国政府のプロパガンダサイトは今後、日本語、英語、フランス語、ドイツ語、アラビア語にも翻訳される見通しだという。

「尖閣は琉球所属」長崎純心大・石井望准教授に聞く
中国側がサイトで提示した「経緯度表」は、世界各地の経度と緯度を記した航海用資料だ。
 尖閣の前に台湾最北端の経緯度が示されるページがあることから、中国側は「尖閣は台湾に付属する」ことの証拠だと取り上げた。だが、この資料は実のところ、「釣魚島・台湾諸島一体説」を否定している。
 例えば台湾全島を示す別のページには、尖閣諸島が含まれていない。
他のページをみると、台湾全島は「中国海」(南シナ海)に含まれ、中国大陸南部の沿岸各地を詳しく載せていた。一方、尖閣諸島は琉球と同様に「東海」(東シナ海)の中に書かれている。尖閣、宮古八重山諸島、琉球の順となっている。中国側の訴えとはまったく逆に、尖閣は琉球列島に属することを示した資料といえる。
 一方の「航海術教本」では、台湾と同じ欄に掲載された「レスマゴス」という島を、中国側は釣魚島だと主張している。
 だがレスマゴスは、文献によって尖閣諸島を指す場合もあれば、八重山諸島を指す場合もあり、一様には言えない。航海術教本のレスマゴスは、北緯の記述から見て、台湾北方にある「棉花嶼(めんかしょ)」だとみるのが妥当といえる。当時の技術でも、緯度は天体に基づき比較的、正確に計測されていた。
尖閣諸島は日本に組み込む際に、周辺諸国だけでは無く各国への確認で、所有権が無い事を確認した上で日本の領土に入った。
此の時点で、支那は所有権を主張してれば話は違ったのでしょうけど、全く異論を挟む事はしなかった事からも明らかな様に、所有権は無かった事で日本に組み込んだのです。
こう云う経緯や歴史的な背景も含めて、外務省は領土領海の案件を竹島の案件も含めて、本気で国外に喧伝する必要が在る。
外務省のサイトのTOPにでも堂々と明示して行く必要が在り、特設サイトでは不十分です。
国土を守る意識を本気で取り組んで頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

朝日新聞は矢張り朝日新聞なのか?

* 【戦後70年】朝日新聞「素粒子」にもの申す 特攻隊とテロ同一視に怒り(1/4ページ) - 産経ニュース
今月13日付朝日新聞の夕刊コラム「素粒子」に「少女に爆発物を巻き付けて自爆を強いる過激派の卑劣。70年前、特攻という人間爆弾に称賛を送った国があった」という記述があった。
 わずか4行だが、この記事を読んで言葉を失った。というより強い怒りがこみ上げてきた。特攻隊とテロを同一視しているからだ。
 広辞苑によると、テロはテロリズムの略で、(1)政治目的のために、暴力あるいはその脅威に訴える傾向。また、その行為。暴力主義(2)恐怖政治−とある。
無差別攻撃行わず
特攻隊は敗戦が濃厚になり、抜き差しならない環境の中で採用された究極の戦術だった。標的は軍事施設だけであり、決して無辜(むこ)の民は標的にしなかった。無差別攻撃を行うテロとは根本的に違うのである。
 戦争という非常事態の中で、国をどう守るのか。指揮官も出撃した特攻隊員も、思いは複雑だった。
特攻隊の生みの親ともいわれる大西瀧治郎中将の副官だった故門司親徳氏が生前、筆者に語ってくれたことがある。大西中将は門司氏に、「棺を蔽(おお)うて定まる、とか、百年の後に知己を得る、というが、己のやったことは、棺を蔽うても定まらず、百年の後も知己を得ないかもしれんな」と漏らしたという。
 門司氏は「大西長官は特攻隊員を見送る度に一緒に死ぬんだという印象を感じた。長官は自分のやったことをこれでよいのかと、自問自答しながら、人に分かってもらえなくても仕方がないと、自分に言い聞かせていたのだと思う。だが、この特攻攻撃が戦争の終結に結びついた」と語った。
 大西中将の思いについては、「特攻隊と同じ若い人たちに『諸子は国の宝なり』と呼びかけ、平時においても特攻隊のような自己犠牲の精神を持ち続け、世界平和のため最善を尽くすように−と後事を託した遺書に集約されている」と話した。
 実際に出撃していった若者たちも、手紙や遺書から、戦局悪化で、奈落の底が見える中での究極の選択だったことがうかがえる。
極限状態の中で愛する者たちを守りたいと強く願う気持ち、国の行く末を案じる気持ちが、行動の芯であり源だったのはまぎれもない事実だ。そして、生への執着を断ち切るまでの想像を絶する努力と決断があったことは想像に難くない。
「自己放棄の精神」
フランス人文学者のモーリス・パンゲは『自死の日本史』(ちくま学芸文庫)の中で、特攻隊員の思いを次のように分析している。
 〈それは日本が誇る自己犠牲の長い伝統の、白熱した、しかし極めて論理的な結論ではなかっただろうか。それを狂信だと人は言う。しかしそれは狂信どころかむしろ、勝利への意志を大前提とし、次いで敵味方の力関係を小前提として立て、そこから結論を引き出した、何物にも曇らされることのない明晰(めいせき)な結論というべきものではないだろうか〉
 〈強制、誘導、報酬、麻薬、洗脳、というような理由づけをわれわれは行った。しかし、実際には、無と同じほどに透明であるがゆえに人の眼には見えない、水晶のごとき自己放棄の精神をそこに見るべきであったのだ。心をひき裂くばかりに悲しいのはこの透明さだ。彼らにふさわしい賞賛と共感を彼らに与えようではないか。彼らは確かに日本のために死んだ〉
日本人の誇り奪う
特攻は、宗教思想を曲解した行動とは根本的に違うのである。朝日新聞は昭和19年10月29日付1面で、「身をもって神風となり、皇国悠久の大義に生きる神風特別攻撃隊五神鷲の壮挙は、戦局の帰趨(きすう)分かれんとする決戦段階に処して身を捨てて国を救わんとする皇軍の精粋である」と報じ、一億総特攻を扇動するような記事さえ掲載している。にもかかわらず、その責任には触れず、特攻隊の英霊を冒涜(ぼうとく)、日本の伝統的価値観の象徴でもある特攻隊の誠を踏みにじり、日本人から「日本人の誇り」を奪うような論調は決して容認してはならない。
新たな経営陣に移行し再出発を明言した朝日新聞では在るが、相変わらずの様相で、「角度」を付けた方針で在るのは変わらないと見えます。
特別攻撃隊とテロリストとは全く方向性が両極端で、関連付ける事をしては為らないのです。
相変わらずの捏造歪曲偏向報道では再出発すらも危うい。
矢張り朝日新聞は朝日新聞で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

首相談話を事前公開せよと民主党。

* 【衆院予算委】民主、「70年談話」で攻勢も空振り 「こまごま」発言で曲解?(1/2ページ) - 産経ニュース
民主党は29日の衆院予算委員会で、戦後70年談話を軸に安倍晋三首相の歴史認識を批判した。ただ、首相は淡々とした答弁に終始し、追及は空振りに終わった。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件に絡む政府批判を抑制する中、数少ない追及材料を生かしたいところだったが、成果を得ることはできなかった。
 「村山富市首相談話に昭和の戦争について『国策を誤り』との記述がある。首相も国策を誤ったと考えるか」
 予算委で質問に立った民主党の長妻昭代表代行はこう述べ、首相の見解を求めた。同じ質問は4度に及んだが、首相は「談話は全体として受け継いでいく。(70年談話では)今後、日本がどういう貢献をしていくかなどを明確に発信したい」と、従来の主張を展開した。戦争の教訓については「戦争の惨禍を二度と繰り返してはならないということだ」と述べた。
 さらに長妻氏は、70年談話は国会で議論した上で発出すべきだとも要求したものの、首相は「長妻氏は長妻氏の見識を示せばいい。安倍内閣としては安倍内閣の責任で発出させていただきたい」と応じなかった。
 民主党は今国会で、70年談話に絡めて首相の歴史認識に攻撃の照準を定める。岡田克也代表は25日のNHK番組での首相発言を「植民地支配や侵略について『こまごまとした』との発言は許せない」と批判。岡田氏はその後も党代議士会などで頻繁にこの点を強調する。枝野幸男幹事長は26日の記者会見で岡田氏に同調し、長妻氏も29日の予算委で「(首相発言は)違和感がある」と指摘した。
ただ、これは独自の解釈をしている節がある。首相は番組で「今までのスタイルを下敷きとして書いていくとなると、『今まで使った言葉を使わなかった』『新しい言葉が入った』というこまごまとした議論になる。そうした議論にならないように新たに出したい」と述べていた。
 首相は「植民地支配や侵略はこまごまとしたこと」とは発言していない。岡田氏らの引用は正確性を欠いており、本来と違った印象を与えかねない。
 予算委で首相にかわされ続けた長妻氏は「首相に日本国を任せて大丈夫か、との懸念が大変大きくなった」と質問を締めくくったが、与党席からはすかさず、こんなやじが飛んだ。
 「民主党はどうなんだよ!」
議論も含めた公開はすべきで無いのは当然の事で、叩き台作成過程を含めても「閣議決定」から直接談話発表に至るのは、村山談話でも小泉談話でも同じです。
此れを無視して、国会でと云う事は、民主党は安倍晋三内閣総理大臣を恐れてると云う良い証左です。
談話に関しては内閣総理大臣の専権事項で在るのです。
此処に完勝する事は許されません。
posted by 天野☆翔 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

特殊詐欺が過去最悪。

* 特殊詐欺被害500億突破…宅配便悪用が急増 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
オレオレ詐欺など「特殊詐欺」の昨年の被害額が559億円だったことが29日、警察庁のまとめでわかった。
 前年より70億円増えて初めて500億円を超え、3年連続で過去最悪を更新した。被害者に現金を郵便や宅配便で送らせるケースが急増し、全体の約4割を占めた。
 手口別では、高齢者に対して息子や孫などを装う「オレオレ詐欺」が最も多い175億円(前年比2%増)、ありもしない支払いを要求する「架空請求」が172億円(同171%増)、パンフレットなどを送って株や社債の購入を迫る「金融商品取引名目詐欺」が124億円(同31%減)と続いた。
 犯行グループが金を受け取る手法は、レターパックや宅配便で現金を送らせる「送付型」が前年より81億円増えて212億円と目立つ。1件当たりの被害額も約738万円に上り、手渡し(約507万円)や現金自動預け払い機(ATM)などでの振り込み(約226万円)よりも多かった。警察庁は「ATMの利用限度額の制限が厳しくなり、受け取りに行く必要のない送付型に移行した」と分析している。
被害額が五百億円を超える過去最悪の結果が出たのには非常に残念です。
散々、此の手の報道が為されて来たのにも関わらず、手を替え品を替え巧妙化した事も要因の一つで有ろうと思われるが、其れを踏まえてでも、安易に話を信じて被害に遇うのは、言い方が極端だが、被害者が加害者に成ってると見ても差し支え無いと思われます。
私は過去何度も此の案件で指摘して来た事が、こう云う悲しい結果に出たのは本当に情無いです。
直接本人や関係者と面談しての会話以外は、容易に信じる事勿れです。
信じた場合でも、確認に次ぐ確認で確定してからです。
posted by 天野☆翔 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

吉田調書の公開は「愚か」と云う論調。

* 吉田調書公開「愚か」 畑村元事故調委員長が批判 : 読売プレミアム
吉田調書公開「愚か」 畑村元事故調委員長が批判 東京電力福島第一原子力発電所事故の解明にあたった政府の事故調査・検証委員会の畑村洋太郎・元委員長(東京大学名誉教授)は28日、内閣府原子力委員会の会合に出席し、吉田昌郎・同原発元所長(故人)の聴取記録「吉田調書」を政府が公開したことを「…
以下有料記事に付き、画像を参照。
事故調査検証委員会の委員長だった人物が批判してどうするのだと云いたいですね。
何故公開に踏み切ったのかの背景を一切考えて無い。
朝日新聞の報道で大きな誤解を招いた事で名誉回復の為に公開したのです。
当時の方針は当時の方針で良いでしょう。
然し事態が変われば方針は変更して行く事も必要です。
こう云う事を理解して頂きたいですね。
一方、此の会合の報道がNHKでは以下の様に紹介。
* 原子力委員会 「基本的考え方」検討開始 NHKニュース
原子力の重要な課題に取り組む組織として再スタートした国の原子力委員会は、新たな原子力利用の指針となる「基本的考え方」をまとめるため、28日から有識者の意見の聞き取りを始めました。
原子力委員会は、原発事故後の3年前、国の原子力政策の基本方針「原子力政策大綱」を作る過程で推進側だけの秘密会議を開いて批判を受け、原子力の重要な課題に絞って取り組む組織として去年、再スタートしました。
新たな原子力委員会は、従来の政策大綱に代わり、原子力の利用にあたって重視すべき指針となる「基本的考え方」を示すことになっていて、28日から有識者の意見の聞き取りを始めました。
最初の聞き取りには、東京大学名誉教授で、原発事故の対応を検証してきた政府の事故調査・検証委員会の畑村洋太郎元委員長が招かれました。畑村元委員長は「原子力を扱うかぎり、事故はこれからも起きると言わなければならない。ある基準を満たしても気が付かない危険は残るもので、安全だと言わない原子力規制委員会は正しい。事故が起きうると考えて、事前に避難計画だけでなく除染や復興の計画も立てておく必要がある」と話しました。
原子力委員会は、今後1年余りかけて「基本的考え方」をまとめることにしていますが、中立性や透明性を確保し、これまでの組織との違いを明確に示せるかが課題になります。
全く触れられてませんね。
posted by 天野☆翔 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

「イスラム国」と云う報道をしてるマスメディアに苦言を呈す。

現在中東で展開してるテロリスト集団の「イラクとシャーム(若しくは”レバント”)のイスラム国」に対して、国名を付けた「イスラム国」と報道してるマスメディアは数多に渡り、殆どと云っても差し支え無いでしょう。
一団体を国と呼ぶ此の矛盾。
正しくはISIS乃至ISILで在る。
ISIS
the Islamic State in Iraq and al−Sham(Al−Dawla Al−Islamiya fi al−Iraq wa al−Sham)
ISIL
Islamic State in Iraq and the Levant
一部ではDAIISHと表現する所もある。
al−Dawla al−Islamiya fi Iraq wa al−Sham
* 「イスラム国」呼称「ISIL」に 自民申し合わせ - 産経ニュース
自民党は26日の役員会で、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の呼称について、原則として「ISIL(アイシル)(イラク・レバントのイスラム国)」か「いわゆるイスラム国」という表現を使うことを申し合わせた。
 党内から「日本がイスラム国を独立国家として承認しているかのような印象を与えかねない」などという懸念が挙がっていたためだ。「ISIL」は「the Islamic State in Iraq and the Levant」の略称。
 外務省では、報道発表などですでに「ISIL」の表記を使用している。同省幹部は26日、「ほとんどのイスラム諸国はISILを非難している。日本がイスラムの国々と対峙しているわけではない」と説明した。岸田文雄外相は当初は記者会見などで「イスラム国」と呼ぶことがあったが、最近は「ISIL」で統一している。
自由民主党や政府は正しい判断をしましたが、何故「イスラム国」が駄目なのかと云うと、テロリスト集団を国と見做して報道するのは、テロリスト集団側に立った報道をしてると見做されるからです。
国際的には当たり前の事で在る。
こう云う報道体制を敷いてるマスメディアは対テロの監視対象にも為り、摘発対象に組み込まれます。
要は「テロリストのお仲間」と見られます。
こう云う事の無い様に、マスメディアは正しい表現で報道して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

戦後七十周年談話に寄せて。

* 【日本千思万考】日本貶める“歴史戦” 中韓ペースの「戦後70年史」に乗るなかれ、「誇りうる歴史」語れ(1/5ページ) - 産経WEST
“虚像”をこれでもかと垂れ流し続ける中韓
今年は第二次大戦終結後70年というので、特に中国とロシアが戦勝記念行事を企画し、国際広報を強化していることが目立っています。中でも、中国・習近平政権は韓国を抱き込み、アメリカの左派マスコミや政治家と議会にプロパガンダを仕掛け、国連をも巻き込んで、わが国を貶める歴史戦を強化してくるものと見受けられます。
 同じ敗戦国でも、戦後の経済復興を短期間に成し遂げ、いち早く国際ひのき舞台へ躍り出た日独両国ですが、外交上手なドイツは早々とナチス問題にケリを付けたのに対して、外交下手、国際広報の失策を続けた日本が、集中的に糾弾の的にされてしまっております。中でも、中国は南京事件を、韓国は慰安婦問題を中心に、史実の裏付けなき捏造文書や誇大な宣伝広報と、主として米国の政治家向けロビー活動を含め、世界のメディアへ向けて、いずれも“虚像化した軍国日本の悪行”を、これでもか、これでもかと垂れ流し続けています。
 ご存じのように、米国には太平洋戦争終末期、非戦闘員の殺傷を禁ずる国際法に反して、広島・長崎への原爆投下や東京・大阪他の市街地を無差別に絨毯爆撃しました。それによって、合算すると乳幼児を含む民間日本人百万人を超えたといわれる大量殺戮をしてしまったという良識派による自責の念が高まるのを“もみ消す”ため、戦争終結の妥当性の裏返しとして、「日本の軍国主義打倒には、やむを得ぬ正当な軍略だった」とする一派がF・ルーズベルト民主党の流れを受け継いだ政治家に多く、併せて左派ジャーナリズムや国連の親中国派などが、こうした虚妄プロパガンダに踊らされているのが現実です。
 親日派や知日派の米国人は極めて少数派であり、元来戦勝国だけで構築した国連が、安易に日本の味方になれるはずもなく、わが国の立ち位置は微妙であり、高額な負担金を課せられた上に、薄氷の上を歩かされている状況なのです。
“獅子身中の虫”排し国史教育見直しを
日本は戦後70年、歴史戦に真っ当な対応を避けるどころか、細川・村山両政権による過剰な戦争懺悔声明や河野談話のように、敵に塩を送るがごとき誤った外交を繰り返してきました。その延長線上で、いまさら孤軍奮闘を余儀なくされる土俵に上るよりは、視点論点を広げ、正しい日本の近代史を訴求する必要があるでしょう。
 それには、幕末1854年の開国(その端緒となった日米和親条約の締結)に始まる160年史に基づき、わが国の国際化と国際的貢献を踏まえた戦勝、戦敗史実を、広く世界諸国に向けて、冷静沈着な発信を強化していくべきであろうかと提言する次第です。
 加えて、近現代史を疎かにしてきた戦後教育の欠陥もあり、またGHQ史観に染められた大半のマスコミ報道によってゆがめられた自虐史に苛まれ、愛国心さえなくした日本人が増え、グローバル時代に不可欠とされる国際コミュニケーション力が貧弱であるため、民間文化交流においても国益を損ねている点からも、幼児、小中高を通じた国史教育の見直しこそ、急ぐべきではないでしょうか。
 少なくとも、日本古来の伝統に鑑みても戦争とは全く無縁であった「日の丸」や「君が代」を否定し拒絶してきた日教組や左派ジャーナリズムの虚妄を排除し、日本人としての矜持を取り戻してほしいものです。
「君が代」は平和国歌
ちなみに、「日の丸」の歴史となると諸説ありますが、原型は、1314年も前の701年に文武天皇が「朝賀の儀」にて「天照大神」をイメージした旗を掲げたのが最初と言われており、中世に至っても海外へ向けて御朱印船にも使用していました。正式に日章旗を国旗と定めたのが、160年前の1855年のことで、既述の日米和親条約の発効から、幕府認可で日本船共通の「船舶旗」が制定されたようです。1860年に日米修好通商条約批准交換のため米国を訪ねた咸臨丸には日章旗が掲げられていたのです。
一方、「君が代」の詩は醍醐天皇の勅を奉って、紀貫之らが清撰したものとされ、古今和歌集に見えるもので、1110年も前の話です。これに曲をつけて、国歌に制定したのが明治の世、1880年のことでした。現在、インターネットで簡易に見られる世界の国々の国歌を対比しても、米国や中国を含む大半の諸国歌は戦勝を讃えるとか、戦闘を鼓舞するとかの詩ばかりですが、その中で自然を畏敬し、永遠の平穏を祈る「君が代」は、燦然と輝いている平和国歌であることが分かります。
 英国のある雑誌の論評で、世界一美しい平和讃歌だともてはやされたようですが、その他の各種の調査でも、数多の他国人から最も好評(歌詞音曲共に)なのが、日本の国歌だそうですから、多くのジャーナリストや日教組も、いい加減目覚めて過ちをただしていただきたいものです。
 いずれにせよ、日本人皆が、歴史への感受性を磨き、古代から近世に及ぶ日本史の“明朗高貴の伝統精神”に光を当てることで、毅然たる平和独立国家日本を世界へ向けてアピールしていかねばなりません。少なくとも、昭和初期から太平洋戦争に至る軍国一色の影の部分のみに視点を置いて、いたずらに自虐・卑小卑屈な戦後史観にいじけることだけは断じて避けるべきと考えます。願わくは、百年にも満たない小史だけを紐解くのではなく、200年、1000年の軌跡を俯瞰することが、今こそ大切なのではないでしょうか。
“羊の皮をまとった狼”の欺瞞、許すな
目下、オバマ外交の度重なる失策により米国が世界におけるパワーを喪失しつつあり、その隙をついて全面的膨張を画策しているのが習体制の中国で、その異質な国際社会の価値観への無謀ともいえる挑戦はとても受け入れられない代物です。
チベットやウイグルほか、国内少数民族と宗教の弾圧・虐殺、対日・対ベトナム・対フィリピン…と各国の領土・領海空支配を強める挑発的な動きは国際法を逸脱したものです。本年を「抗日戦勝70周年記念」の年と銘打ち、韓国をも巻き込んで、わが国を誹謗中傷する歴史の捏造と国連ほかへの国際広報の欺瞞に至っては、これ以上捨て置くわけには参りません。ほかにも、アジア、アフリカ、中南米の経済後進国に向けた金融支配や資源略奪ぶりは、文字通り「羊の衣をまとった狼」「世界の悪童」といえます。
 わが国としては、いたずらに怯えず、ひるまずに、国際社会の良識に向かって、礼節を旨として日本の正史を訴求し、真の国際平和を求め、わが国の信条と決意を発信し続けていかねばなりません。併せて集団的自衛権を法制化し、自衛隊法改正と併せ日米安保体制を強化拡充することによって、いつ牙をむくかもしれない隣国・中国の“夢”が、わが国の“悪夢”に至らぬように十二分に備えておく必要性は急務です。
普遍的かつ公平無私な対外情報発信で国際世論を味方につけよ
戦略的対外情報発信と言えば、予算と人材に加えて、情報センターを世界の主要都市に設営する必要があります。
 経済成長が頓挫しデフレに陥った日本は、これまで広報文化予算を減らし続けたばかりか、中韓両国からの声高の攻勢にタジタジとなるばかりで、まともな応戦もせず、むしろ放置に近い最悪の対応策をとってきました。その間、ご存じのように中韓は国連と欧米政治家やジャーナリストに多角的に働きかけ、“軍国日本”を一方的に糾弾して来たのです。
 中国は近時数千億円に及ぶ大枚の年間対外広報予算を組み、主要国の大学内に「孔子学院」を開設して(見かけは中国語学教室ながら、実質は中国共産党から派遣された教師が、生徒を中国親派に洗脳するとか、情報スパイに転じたりするようです)学界に食い込み、ロビー活動で議会・政界を抑え、英語発信でメディアに通じ、親派ジャーナリストを支援するなど、徹底した戦略をとってきたのです。
これに対比して、日本の予算は、その100分の1レベルと微小にとどまり続けたわけで(昨年など30億円程だったようです)、おそらく韓国の方が数倍とか10倍も投下していたと思われます。
 しかし、来年度の概算要求で、ようやくわが国外務省が500億円を新規要求したそうで、安倍内閣には是非これを強力に進めてもらいたいものです。日本文化センターとして、世界各地に「ジャパンハウス」設営も内定したようなので、今年からは中韓に引けを取らない広報活動に徹して頂きたいと切望します。普遍性なき中国の発信内容、アンフェアーで史実にもとる韓国広報に対するには、日本として普遍的かつ公平無私な内容の情報発信に心がければ、必ずや国際世論を味方につけることができると確信しています。
“負の日本”ではなく光輝く歴史にスポットライトをあてよ
今、日本人が自覚し、世界の隅々まで知ってもらいたい日本とは、「昭和初期の軍国化と70年前敗戦に至った“負の日本”」ではなく、数々の誇りある伝統国家であるべきです。たとえば、
 「古代から“日の本の国”として1300有余年、連綿と永続する世界最古の国家」
 「17000年前、世界初の磨製石器を使用した縄文人の匠の技を継承する伝統職人・技術立国」
 「明治維新で、アジア唯一の欧米民主主義文化と西洋科学工業技術を取り入れ有色人種として世界最初に近代化した国家」
 さらに、
 「有色人種として“世界初”の人種差別撤廃を旧国際連盟に発議したこと」
 「アジアで唯一の国家として、第一次世界大戦と日露戦争で西欧列強相手に勝利し、結果として、欧米列強による植民地化を逃れたこと」
 「第二次世界大戦に敗れはしたが、戦中アジア同盟国を招集し発議したことが実現し、戦後アジアの全植民地国が独立を勝ち得たこと」
 「有色人種初にして、累積受賞者数ダントツのノーベル賞受賞実績をはじめ、世界最先端科学立国」
 「世界最古の庶民文学・女流作家・漫画・木版画を生み、世界で最も識字率が高い文化文明国」
 「先進国で唯一非キリスト教国家であり、ユニークな自然信仰・多神教国として、豊かな精神文明と哲学を育んで来た単一民族文化国」…
 といくらでもあります。
 ぜひ、光輝く歴史にスポットライトをあて、自他ともに独立自尊の日本をアピールしていきたいものです。
戦後七十周年の首相談話の叩き台は有識者がまとめる方向性で今現在動いて居ますが、是非共「戦後レジームからの脱却」を図るべく、決して後ろ向きな談話にするのでは無く、過去を踏まえた上での将来への展望を明るく照らす談話にして頂きたいと思います。
もう日本は譲歩と妥協で反省の弁を散々述べて来た。
此れを破棄する事は問題かも知れないが、破棄に準じる内容で、将来への歩みの第一歩として相応しい内容で在って欲しいと願う。
大東亜戦争はアジア諸国を結果的に守ったのだと云う事実を、明確化する時期に来て居るのです。
posted by 天野☆翔 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Criticism and comment | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

Windows ホスト プロセス (Rundll32) は動作を停止しました

Windows ホスト プロセス (Rundll32) は動作を停止しました
上記のダイアログを確認された方も数多く居る事と思いますが、解決方法を検索すると「コマンドプロント」にて「sfc /scannow」や「netsh winsock reset」等を実行すると解決するとの事。
昨日、当脳の環境下で此のダイアログが出たので、上記の方法を実施して見たが、依然解決には至らずでイベントビューアやサービス等での確認や、システム構成等での確認でも再現。
色々と熟考した結果、OSを起動し「デスクトップ」が表示されて暫くすると再現するので、若しかしたらと思い「スタートアップ」フォルダを確認して見ると、rundll32.exeへのショートカットを発見しリンク先を確認すると、存在しないディレクトリへの引数が追加されたショートカットだった。
削除した後にOS再起動し確認すると、ダイアログは一切表示され無く成った。
結構な時間を無駄にした様子です。
posted by 天野☆翔 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Computer/Network | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

佳子内親王殿下「第46回現代女流書100人展」にお成りに為られる。

* 佳子さま、書道展を鑑賞 “初”お一人公務 | 日テレNEWS24
「第46回現代女流書100人展」にお成りに為られた佳子内親王殿下 秋篠宮家の二女・佳子さまが、成年皇族となって初めてお一人で公務に出られた。
 佳子さまは28日午前、東京・日本橋のデパートで、女性の書家100人による展覧会「現代女流書100人展」を鑑賞された。成年皇族となってからお一人で公務に出られるのは初めて。
 幼い頃に書道を習っていたという佳子さまは、額の装飾や紙にも注目しながら、「ご自分で選ばれてこの紙に書かれているんですか」などと質問し、何度も「とてもきれいですね」と感想を漏らされていた。
 佳子さまは40分ほど鑑賞し、「あまり見たことのないような種類のものがあって、楽しかったです」と挨拶して会場を後にされた。
成年皇族として初めての単独での公務で「第46回現代女流書100人展」にお成りに為られました。
今後は、成年皇族としての単独の公務が多く為られる事と存じます。

皇尊弥栄

posted by 天野☆翔 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | The imperial family | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

台湾沖で原人の下顎化石発見される。

* アジア第4の原人 台湾沖で化石発見 NHKニュース
台湾の沖合の海底から、人の祖先に当たる新たな原人の化石が見つかったと、国立科学博物館などの研究チームが発表しました。
インドネシアのジャワ原人や中国の北京原人などと異なる「アジア第4の原人」と位置づけられるということで、この地域での人類の進化の解明に役立つものと期待されます。
この研究成果を発表したのは、国立科学博物館・人類史研究グループの海部陽介グループ長らの研究チームです。
海部グループ長らは、台湾やオーストラリアの専門家と共同で、台湾の沖合25キロほどの海域で見つかった原人の下あごの化石について分析を行いました。
その結果、含まれる元素の組成が今からおよそ20万年前以降の生物に似ていることや、当時の海面変動などを考慮した結果、19万年前よりも新しいものであることがわかったということです。
また、インドネシアのジャワ原人やフローレス原人、中国の北京原人とは異なる頑丈な歯とあごを持っているため、これらの原人の子孫ではない「アジア第4の原人」と位置づけられるということです。原人は、180万年前から2万年前にアフリカ大陸やユーラシア大陸で生息したとされ、2本足で歩行できたほか、簡単な石器も使いました。
研究チームは今後、同様の化石がほかにもないか調べるということで、海部グループ長は「アジアでは化石の発見が進んでいない空白地帯があり、教科書で習ってきた以上の多様性ある人類の進化の歴史を解明していきたい」と話しています。
新たな「原人」の一種と云う事で、考古学的にも人類学的にも、非常に貴重な発見です。
此の原人は、台湾の原住民の祖先の可能性も考えられると思われますので、今後の詳細な調査の結果を待ちたいですね。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

アウシュビッツ強制収容所解放七十周年記念式典開催される。

* アウシュビッツ解放70年、跡地で式典開催 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の象徴となったアウシュビッツ強制収容所の解放から、27日で70周年を迎えた。
 同収容所跡での記念式典には、収容所の生存者約300人のほか、ドイツのガウク大統領ら約50か国の首脳、政府代表者らが出席。80〜90歳代の生存者3人が壮絶な体験を話した。
 式典を前にドイツのガウク大統領は27日、ドイツ連邦議会(下院)で演説し、「ホロコーストに思いをはせることは、すべてのドイツ国民にとって重要だ」と述べ、ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺の過去を決して忘れることのないように呼びかけた。
 同収容所では、1940〜45年、殺虫剤を使ったガス室での殺害などが行われ、ユダヤ人ら約110万人が犠牲になり、45年1月27日に旧ソ連軍が解放した。
史上最悪とされるアウシュヴィッツ強制収容所での大虐殺を経て、此の強制収容所からの収容者の開放から昨日で七十周年を迎えました。
戦争に拠る非道な行いは許されないが、此の非道な振る舞いを許した国も責められるべきでは在るが、戦後処理で此の問題は解決。
此の強制収容所の案件を悪しき教訓として、後世に伝えて行く努力が求められます。
posted by 天野☆翔 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

Firefox35.0.1がリリースされました。

MozillaはFirefoxの最新版、Firefox35.0.1をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Firefox のダウンロード − 自由な Web ブラウザ − Mozilla
* リリースノート | 次世代ブラウザ Firefox

posted by 天野☆翔 at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

変わらない民主党。

* 【イスラム国殺害脅迫】民主まるで“学級崩壊”…岡田氏「政府後押し」も首相批判続々 共産は“鶴の一声”で鎮火(1/4ページ) - 産経ニュース
民主党議員から、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件に絡めた安倍晋三首相への批判が相次いでいる。いくら岡田克也代表が「政府を後押しする」と強調しても、どこ吹く風。早くもバラバラ感を露呈し、結束を呼び掛ける岡田氏のガバナンス(統治)能力が問われている。

 民主党が26日に国会内で開いた外務・防衛合同部門会議。長島昭久元防衛副大臣は冒頭、出席議員にこう呼び掛けた。
 「所属国会議員の皆さんがツイッターなどで不規則な発言を慎む方向性を共有させていただきたい」
 郡司彰参院議員会長も議員総会で「抑制的に、慎重に、それぞれ行動をお願いしたい」と語った。
 長島氏の言う「不規則発言」が、同党議員が相次いで政府や首相への批判を展開したことを指すのは明らかだった。この方針は25日の連絡会議で岡田氏ら幹部が確認した事項でもある。あえてクギを刺したのは苦い経験があったからだ。
「言い換え」事実誤認
岡田氏は21日、記者団に「政府の足を引っ張るようなことになっては決していけない」と述べ、事件対応で政府に全面協力する意向を示した。だが岡田氏の声は党内には届かなかった。
 徳永エリ参院議員は21日の岡田氏の発言直後、フェイスブックで「いくら人道支援とはいえ、資金援助を大々的に記者会見でアピールする、テロ組織を刺激したことは否めない」と書き込み、首相に事件の責任があるかのように批判した。
 桜井充元政調会長は22日のメールマガジンで、首相が17日に行ったイスラム国対策の支援表明に関し「その後この資金の目的を難民支援のためだと言い換えていた」と記した。
 首相は演説で「イラク、シリアの難民・避難民支援、トルコ、レバノンに支援するのは、イスラム国がもたらす脅威を少しでも食い止めるためだ」と発言していた。「イスラム国と闘う周辺各国」への支援とも語ったが、難民支援は最初から言及しており、「言い換え」は事実と異なる。
「テロ事件利用」投稿
大野元裕参院議員は24日のTBS番組で、避難民支援を「悪意ある人たちに口実を与えた」と批判した。有田芳生参院議員は25日にツイッターで「日本はいま戦後もっとも危険な首相が政治のトップにいる」と投稿。首相が同日のNHK番組で安全保障法制の整備の必要性を述べたことを「テロ事件の利用は明らか」とし、「経験なき戦意がただただ昂進(こうしん)する」と続けた。
 事件に絡めた民主党議員の首相批判に対しては、他の野党幹部も「今は全力を尽くすよう求めるべきで、首相を攻めるのは筋違いだ」と批判している。
池内議員ツイート、志位氏「不適切」
共産党の志位和夫委員長は26日の記者会見で、「イスラム国」が日本人1人を殺害したとする画像の公開後、同党の池内沙織衆院議員がツイッターで「安倍政権の存続こそ言語道断」と政府を批判したことに対し、「政府が全力を挙げて取り組んでいる最中だ。今あのような形で発信することは不適切だ」と述べた。
結束が特徴の同党で委員長が所属議員の行動を「不適切」と指弾するのは極めて異例。志位氏は「残虐非道な蛮行を強く非難する。日本政府には解放のために全力を挙げてほしい」と語り、火消しに追われた。
 池内氏は25日に「こんなにも許せないと心の底から思った政権はない」「国の内外で命を軽んじ続ける安倍政権」などと投稿。イスラム国への批判はなく、事件の責任が日本にあるかのような内容だった。
 党内外から批判が高まり、池内氏は同日中に投稿を削除。26日のツイッターで「お詫びいたします」と謝罪した。
* 【日本人殺害脅迫】対テロ問題 首相、野党と論戦初日(1/2ページ) - 産経ニュース
安倍晋三首相は27日の衆院本会議で、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件をめぐる政府が適切に対応していることを強調した。野党各党も人質救出を優先し、政府・与党と足並みをそろえると表明していたのが、ふたを開けてみれば批判交じりの質問が目立ったからだ。
 「昨年8月と11月に、官邸に連絡室、外務省に対策室、ヨルダンで現地対策本部を立ち上げ、情報収集や協力要請を行ってきた」
 首相は、イスラム国に拘束された湯川遥菜(はるな)さんと後藤健二さんが行方不明になった直後から対策を取ってきたと主張した。
 だが、これは菅義偉(すが・よしひで)官房長官が27日の記者会見で「事案の性質上、非公表だった」と釈明したように水面下で進められてきた。あえて首相が公表に踏み切ったのは、政府対応を批判する質問が続いたからだ。
 民主党の前原誠司元外相は代表質問で「人の命が関わる問題に与野党の違いはない」と前置きしつつも、首相が中東で表明した人道支援について「犯行声明に引用されている。リスクをどう想定していたのか」とたずねるなど支援表明がイスラム国の犯行につながったと言わんばかりの口ぶりだった。
首相は「国際社会の一員として当然の責務を果たした。テロリストの脅かしに屈してしまうと周辺国への人道支援はできなくなる」と反論した。
 安倍政権のイスラム国対応は24、25日に実施した産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で約6割が「取り組みは十分だ」と評価した。そのせいか、首相も黙ってはいなかった。民主党が集団的自衛権の行使容認などで党内の意見をまとめきれないことを念頭にこうやり返す場面もあった。
 「単なる批判の応酬ではなく、政策の違いを明らかにして正々堂々の論戦を行う。民主党のみなさんとも建設的な議論をしたい」
* 前原氏9年ぶり代表質問も空回り…低投票率は首相の責任 「イスラム国」対応で疲弊の官僚、なのに質問通告遅れに自民苦言(1/2ページ) - 産経ニュース
岡田克也代表の下、新体制で臨んだ民主党の国会質問の先陣を切ったのは前原誠司元外相だった。約9年ぶりの衆院代表質問に「鋭く頑張る」と意気込んだ前原氏だが、質問の事前通告のルールも破り、気合は空回り気味だった。
 前原氏は代表質問で、昨年の衆院選を「大義なき解散だった」と指弾。投票率が過去最低の52・66%だったことを挙げ「安倍晋三首相は責任をどう考えるか」とただした。
 首相は「大変残念だが、国民の政治への関心を高めることに与党も野党もない」と答えたが、そもそも前原氏の指摘は世論と乖離(かいり)しているといえる。昨年12月末の産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)の世論調査では、自民党大勝の理由として「野党に魅力がないから」が70%と圧倒的多数だった。前原氏は低投票率の責任を首相に押しつけるが野党にも責任の一端はある。
 前原氏には27日の衆院議院運営委員会の理事会でも自民党が「ルールを守ってほしい」と苦言を呈した。質問の事前通告が遅れたためで、民主党は「質問に慎重を期していた」などと釈明した。
関係者によると、政府の「イスラム国」対応などを含む前原氏の質問通告が届いたのは27日朝。外務省の官僚らは26日深夜まで待機したが、空振りとなった。岡田氏は「政府の足を引っ張らない」と強調するが、間接的に政府の負担を重くした形となった。
 与野党は質問日の2日前の昼までに通告すると申し合わせている。答弁を作成する官僚の深夜勤務を軽減するためだ。民主党も政権時代の平成23年1月、当時幹事長の岡田氏が各党に「事前通告のルール厳格化」を要請していた。
 前原氏は代表質問で、衆院定数削減を実現しない首相を「約束不履行だ」と批判し「過去の発言への責任をどう考えているか」と訴えたが、同じことが民主党にも問われている。
国会が始まってからの早速の為体。
従来の「何でも反対」「何でも批判」「責任転嫁」等の悪しき印象が極めて強く発揮されてる。
もう民主党自体に存在価値は一切無いですね。
解党解散の上、完全消滅して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

朝日新聞には矢張り反省は無い。

* 【浪速風】朝日のコラムはまた日本を貶めるのか(1月27日) - 産経WEST
夕刊コラムを担当していると、他紙が気になるので真っ先に読む。毎日新聞の「近事片々」、読売新聞の「よみうり寸評」、そして朝日新聞の「素粒子」。どんなテーマを選び、短い文章でどのように皮肉や風刺を利かせているのか。勉強になるが、最近の「素粒子」には首をかしげる。
 ▼「少女に爆発物を巻き付けて自爆を強いる過激派の卑劣。70年前、特攻という人間爆弾に称賛を送った国があった」(1月13日)、「『I AM KENJI』は誰に向けられているか。中東の疑似国家へ。極東で『積極的平和主義』を売り出す国へ」(26日)。どうして卑劣なテロ集団と日本を同列に扱うのか。
 ▼安倍政権に反対だとしても、そんなに日本は忌むべき国ですか。これも「角度」をつけているのですか。看板コラムらしいから社の姿勢と見る。日本を貶(おとし)め、世界に誤解を広めた慰安婦や吉田調書の報道を取り消し、謝罪したはずなのに、ペロッと舌を出している印象がする。
二つの「吉田」関連の記事に関しての記者会見や記事上での言及では、一見反省してる様に見えるが、其の中身は自己弁護と詭弁の言い逃れ。
此れ迄の朝日新聞の動静を見ても、本当に立ち直る様子は一切感じられない。
矢張り、完全に反日売国奴の新聞社と云う認識を変える必要は無いと思えます。
posted by 天野☆翔 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

南朝鮮の軍事事情。

* 【軍事ワールド】韓国の“救いがたき”潜水艦事情…粗製濫造で出撃できず、海軍兵は「狭い艦内は嫌」と任務を敬遠(1/5ページ) - 産経WEST
韓国では対北朝鮮をにらみ潜水艦の建造に力を入れているが、実はその「技術」「人員」の両面で“お寒い事情”にあることが韓国メディアの報道で分かってきた。これまで4艦が完成したが、いずれも製造不良などで出撃できないなど問題が発生。しかも政府はそんな状況にあっても新たな大型潜水艦の建造を始めた。一方、本来ならエリートであるはずの潜水艦乗組員への志願も、劣悪な職場環境を嫌って減っているという。欠陥だらけの上、乗り手もいない潜水艦隊の前途は多難だ。
潜水できない潜水艦
韓国の潜水艦は、ドイツの独HDW社が設計した「214級」(約1800トン)をライセンス生産という形で建造、運用している。18年までに計9隻を建造する計画で、1番艦の「孫元一」は2006年に進水し、現在4番艦まで完成している。しかし厳密に言えば、一隻も“完成していない”ともいえる状態だ。
 韓国では新型艦の完成や運用開始などことあるごとにその優秀性をアピールし、マスコミと一体となって北朝鮮へのプロパガンダよろしく勇ましい活躍ぶりを宣伝するのが通例だ。しかし1番艦の孫元一は進水後、動静が聞かれなくなり、表舞台から消えてしまった。
 潜水艦といえば「海の忍者」、孫元一も秘密の任務を遂行中−と見る向きもあったが、実はこっそり工場に逆戻りしていた。
朝鮮日報(電子版)など現地マスコミによると、試験的に運用したところ、スクリュー軸からHDW社の設計値を上回る騒音が発生した。敵艦からすれば、スクリューや動力の音は重要な探知材料となり、潜水艦にとっては致命的。このため推進軸を交換するという大がかりな修理を行った。それでも騒音は収まらず、実戦運用どころか近海を試験走行するだけだった。
 11年4月、再び修理に入ったものの解決方法が見つからず、結局20カ月以上もの間、工場内で放置されていたことが明らかになった。
 この間、2番艦の「鄭地」が07年6月、3番艦の「安重根」が08年6月に進水。1番艦の問題を解決しないまま量産するという常識外の行為がとられたが、その代償は大きかった。
3隻とも「運行停止」
10年春ごろ、新鋭潜水艦3隻全てが運行停止になっていたことを朝鮮日報(電子版)など現地マスコミが明らかにした。問題となったのは艦橋と甲板を接続するボルトだ。
 1番艦は、航海中にボルトが緩む事故が06から09年までの間に6回発生。さらにボルトが折れたり緩んだりする事故が2年間に2番艦で6回、3番艦で3回発生。原因は当初、韓国製のボルトの強度不足とされたが、ボルトを本家ドイツのHDW社の規格に沿う物と交換しても「自然に緩む」という不可解な状況が解決できなかった。
 結局、韓国の技術者では問題を解決できず、ドイツHDW社の技術者が韓国へ出向いて調査。その結果、欠陥はボルトだけでなく、接続部本体の強度も不足していたことが判明。半年以上かけて金属板で周囲の補強を行い、ようやく解決したという。
潜水艦の製造には特殊な超高張力鋼板を用いるが、この鋼板は加工が難しく、特に溶接の際に発生する熱の影響や残留応力で生じる問題の解決には綿密なノウハウが必要。設計図があれば作れるといった単純なものではなかったのだ。
 ともあれ、HDW社の出張サービスでなんとか修理を完了した3隻だが、本当のトラブルは深く静かに“潜行”していた。
わずか数日で「窒息」…欠陥はノンストップ
「孫元一級潜水艦は、浮上することなく数週間の作戦行動が可能」−。海軍のこんな主張が真っ赤な嘘だったことが昨年10月、明らかになった。韓国SBSテレビなどによると、原因は動力を供給する燃料電池の不良にあった。
 潜水艦が最も脆弱(ぜいじゃく)なのは浮上した時。原子力潜水艦は浮上の必要がないが、ディーゼルなど通常動力の潜水艦は酸素を取り込むため、シュノーケル(空気取り入れ筒)を水面上に出せる浅深度まで浮上する必要がある。
 しかし近年は、こうした大気に依存せず、長期の潜行を可能にする非大気依存推進(AIP)という技術が主流だ。中でも燃料電池を用いたAIPは水素と酸素から電気を生み出すもので、民間でもクリーンエネルギーとして注目されている。
 韓国の潜水艦もAIPを採用した。しかし連続潜行期間は、軍が主張する「数週間」をはるかに下回る「数日」だった。燃料電池が欠陥品だったのが原因だ。しかも3隻の燃料電池は軍に納入前から93回も故障し、納入後も102回停止していたことが国政監査で明らかになった。
これを受け、納入を担当する防衛事業庁は「24時間の試運転を行った上で海軍に納入する」と宣言。昨年11月末、4番艦「金佐鎮」の引き渡し前テストで実施した。しかし、こうした形式的な対応には批判もあり、韓国のネットユーザーからは「数週間潜れるといいながら、テストがたった24時間とはどういうことか」との声が上がった。
 ところが政府は、トラブルが続出し解決策が示されず、しかも批判が起きている中で、さらに大型の潜水艦建造計画に着手した。
大型艦建造でトラブルも2倍?
新型潜水艦は3500トン級で、水中から巡行ミサイルが発射できる仕様。北朝鮮が弾道弾発射可能な新型の潜水艦の配備を始めた−との情報から対抗措置としたもので、今月に鉄板の切り始めを実施した。しかし1800トン級の孫元一も満足に建艦できないのに、2倍の大きさの艦ではトラブルも2倍になりかねない。国民からはそんな危惧も出ている。
 一方、海軍は2月1日付で潜水艦司令部を創設することを決定した。ところが潜水艦を巡っては別の問題も存在する。海軍軍人が潜水艦に乗りたがらないのだ。
 冷戦時代、レーダーとミサイルが万能とされたころは、空軍戦力に比べ海軍は軽視された。特に水上艦は「池のアヒル」と揶揄(やゆ)され、イージス艦が登場するまで水上艦艇は肩身が狭かった。しかし一方で、レーダーで探知されない潜水艦の価値は向上。いまも潜水艦乗りは海軍のエリートなのだが、マイナス面もある。
トドメは「乗り手いない」
潜水艦は一般的に艦内が狭く、真水の使用も制限され、水上艦のように風呂があるわけでもない。空気を出せば泡で居所がばれるため、換気も論外。脱臭装置はあるものの、トイレの臭いや生活臭はつきものだ。
 各国海軍軍人は潜水艦の任務の重要性をよく承知し、さらにエリートと認知されているため、潜水艦乗組員への志願も十分あるが、韓国では任務を嫌う軍人が多い。
 韓国の電子メディア「ネイバーニュース」は、海軍の「潜水艦副士官の志願状況」という資料をもとに志願率の低下を解説。副士官の潜水艦勤務志願率は07年には67%だったが、13年には36・9%という深刻な水準まで落ちたと報じた。しかも現状の勤務者のうち2〜3割は劣悪な環境に耐えきれず、転出を希望しているという。
 現場のベテランになるべき副士官が定着しないのでは、練度の向上は至難の業だ。乗り手がいない上、トラブル満載の潜水艦。韓国の実情は深刻だ。
いや、呆れるを通り越して大笑いして仕舞いますね。
流石は南朝鮮と云う事でしょう。
自らの空に傷を付けてでも兵役逃れを平然とする民族なのだから、軍人の士気は極めて劣化してるのは解り切ってるのですが、肝心の設備迄もが此の為体では何も為らない。
地上の建造物でも頻繁に事故を起こしてるのだから、軍事的な設備でも此の法則は当て嵌まる。
アメリカ軍が指揮系統を移譲しようとしても、其の移譲を拒んでる様な体制なら、組織としての体を為して無い良い証左にも為る。
こんな国が、集団的自衛権行使には我々の許可を取ってからと云うのだから、其の内情は高が知れてる。
posted by 天野☆翔 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

「官邸前DISCO」が開催されたが完全に法律違反。

* 首相官邸前で沖野修也がDJ!「官邸前DISCO」が開催 | クラベリア
首相官邸前に特設DJブースを設け、官邸前をディスコへと変える「官邸前DISCO」が1月26日(月)に開催される。
 抗議活動やデモ等が連日行われている官邸前。この取り組みは、国の中心にあたる場所が怒りや悲しみだけで満ちている現状を受け、「官邸前にもポジティブなマインドを届けよう」という思いから企画されたもので、今回で2回目の開催となる。当日は、DJに沖野修也を迎えるほか、ミドリマン(a.k.a 岡田てつお)がDJとして登場する。
- Event Information -
タイトル:官邸前DISCO化計画 開催日:1月26日(月)
会場:東京・総理大臣官邸前(東京メトロ国会議事堂前駅出口2番)国会記者会館角
時間:18時〜21時
出演:沖野修也, ミドリマン(a.k.a 岡田てつお)
料金:無料


* 国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域の静穏の保持に関する法律
第一条  この法律は、国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域における拡声機の使用について必要な規制を行うことにより、これらの地域の静穏を保持し、もつて国会の審議権の確保と良好な国際関係の維持に資することを目的とする。
(定義)
第二条  この法律において「国会議事堂等周辺地域」とは、別表第一に定める国会議事堂周辺地域及び次条第一項の規定により指定された地域をいう。
 この法律において「外国公館等周辺地域」とは、第四条第一項の規定により指定された地域をいう。
中略…
別表第一 国会議事堂周辺地域(第二条関係)
   東京都千代田区霞が関二丁目及び三丁目並びに同区永田町一丁目及び二丁目の区域(側端の一方のみが当該区域に含まれる道路(道路交通法(昭和三十五年法律第百五号)第二条第一項第一号に規定する道路をいう。以下この表において同じ。)の区間のうち、当該区域に含まれる道路の部分を除く。)
* 総理大臣官邸 - Wikipedia
総理大臣官邸(そうりだいじんかんてい)は、内閣総理大臣の執務の拠点である。一般に総理官邸、首相官邸、あるいは単に官邸ともいう。所在地は東京都千代田区永田町二丁目3番1号。
「国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域の静穏の保持に関する法律">国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域の静穏の保持に関する法律」での所在地に総理大臣官邸は含まれて居て、完全に此の法律に違反して居ます。
此の法律を知ってか知らずか、社会民主党の福島瑞穂は嬉々として参加。
完全に法律違反を犯してる。
気違いの極みです。
此れを開催した連中は全て摘発対象です。
posted by 天野☆翔 at 06:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

東京大空襲の写真集刊行。

* 東京の空襲被害を網羅 初の写真集出版 NHKニュース
およそ10万人が犠牲となった昭和20年の東京大空襲からことしで70年になるのに合わせて、新たに発見された空襲さなかの写真など東京の空襲被害を網羅した初めての写真集が出版されました。
出版されたのは、戦時中の空襲で焼け野原となった東京を撮影した写真およそ1400点が収められた写真集です。
中には、10万人が犠牲となった昭和20年3月の東京大空襲で去年初めて見つかった、立ち並ぶ住宅から炎が上がる様子が間近で撮影された写真も含まれています。東京・千代田区の書店では26日の発売に合わせて店頭に写真集を積み上げて販売準備を進めていました。
東京への空襲は昭和17年から終戦直前まで100回を超えていますが、写真集ではこれらの空襲を日付順に、撮影場所などに関する解説も加えて紹介しています。
東京の空襲被害を網羅した写真集はこれが初めてだということで、戦争の記録資料としての役割も期待されています。
東京堂書店の河合靖店長は「実は70年前は東京の至る所が焼け野原になっていたことを思い返すための資料として非常に重要だと思う。できるだけ多くの人に読んでほしい」と話していました。
時系列に整理された上で、詳細な情報も掲載された東京大空襲の写真集が刊行されました。
東京大空襲を題材にした写真集は初めての試みです。
戦争の悲惨さを克明に物語る資料としても一級品で在る事からも、非常に貴重な写真集に為る事は間違いは無いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

農産物の高温耐性の足掛りに為るか?

* 地球温暖化に負けないキュウリ! 暑さ耐性高める物質突き止める 神戸大グループ - 産経WEST
植物が高温の環境下にさらされた際に生成するにおい物質が、暑さへの耐性を高めることを、神戸大大学院の山内靖雄助教(植物機能化学)らの研究グループが突き止め、26日付の英科学誌電子版に発表した。グループは「地球温暖化が進む中、暑さに強い農作物の生育に役立つ」としている。
 発表によると、この物質は「2−ヘキセナール」。実験では、キュウリに2−ヘキセナールを散布し、最高室温50度のビニールハウスで育成すると、散布していないものと比べて収穫期間が2週間延び、収穫量も増えた。
 トマト、イチゴ、イネでも散布した方が暑さによる被害は少なく、品質も向上。詳しく調べると、葉に熱や紫外線から守るタンパク質が多く作られていたという。
 暑さに強い農作物の開発には遺伝子組み換え技術が知られているが、国内では抵抗が強かった。一方、2−ヘキセナールは草刈り時に漂うにおいで、植物にもともと存在。グループは「農家や消費者に抵抗感が少なく、受け入れられやすいのではないか」と期待しており、現在、実用化を目指して民間企業と技術開発に取り組んでいる。
植物自体が分泌する環境ホルモンが高温への耐性に直結すると云う発見ですが、此の発見は一種の農業革命です。
非常に素晴らしく喜ばしいですね。
今後は様々な植物での確認を経て実用化に向けた調整が進んで行くと思われます。
posted by 天野☆翔 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

道頓堀飛び込み問題。

* 【衝撃事件の核心】死を招く「年越し道頓堀ダイブ」半裸の韓国人高校生が死亡 数年前から定着…「若気の至り」で済まない代償(1/4ページ) - 産経WEST
新年を祝うはずの「年越しダイブ」は、取り返しのつかない結果を招いた。新年へのカウントダウンに合わせ、大阪市中央区の道頓堀川に上半身裸で飛び込んだ韓国からの旅行客の男子高校生が死亡する事故が起きた。関係者によると、数年前から若者による「年越し道頓堀ダイブ」が定着。阪神タイガースの優勝時にも虎ファンによる同様の光景がみられるが、体温が急低下して急病を引き起こす恐れに加え、飛び込んだ人同士が衝突してけがをする危険性がある。過去にも繰り返し死傷者が出ており、その代償は決して「若気の至り」で済まされるものではない。
死亡の男子生徒はノリ≠ナ飛び込んだ?
「5、4、3、2、1…ゼロ!」
 平成26年の大みそかの夜、大阪・ミナミ。約6600人が結集した道頓堀川沿いに、新年に向けたカウントダウンの大合唱がこだました。
 年が明けた瞬間、水面からの高さが5メートル以上ある戎橋から、数人が道頓堀川にダイブ。大阪府警によると、こうしたお祭り騒ぎは約20分間続き、男女計63人が道頓堀川に飛び込んだ。
 飛び込んだ人は直後に川岸をよじ登るなどし、自力で川から脱出。厳しい寒さに堪えられなかったのか、近くのコンビニにバスタオルなどを買い求める姿も目立ったという。
 だが、年明けから約10分が経過したころ、ある女性から1本の通報が寄せられる。
 「(飛び込んだ)男性が上がってこない」
 戎橋の西約50メートルにある道頓堀橋から飛び込んだ男性が、沈んだまま浮かび上がってこなかったのだ。
約30分後、救急隊員が川底から男性を引き上げたが、すでに心肺停止状態で約4時間後に死亡が確認された。
 亡くなったのは、韓国から旅行中の高校3年の男子生徒(18)。上半身は裸だった。死因は水死とみられる。
 府警南署によると、男子生徒は昨年12月24日に韓国人の知人男性(20)と来日。在日韓国人の友人らと観光を楽しみ、31日夜はミナミで友人らと食事していた。
 友人らの話では、男子生徒は道頓堀ダイブの存在を知らなかったといい、「騒ぎに気づいてノリ≠ナ飛び込んだとみられる」(南署)。事故後の1月2日、父親が来日し、遺体と悲しみの対面をした。
飛び込みには高いリスク
大阪市などによると、若者を中心とした道頓堀川への「年越しダイブ」は、平成20年ごろから目立つようになった。明確な理由は不明だ。市の担当者は「不景気が続く中、年越しくらいは派手に祝いたいという若者が増えたことが原因ではないか」と推測する。
 水温が低い冬の川に急に飛び込むのは、急激な体温の低下で心臓発作などを引き起こす恐れがあり、危険この上ない行為だ。しかし、法律上は川への飛び込みや遊泳を禁止していないため、「自粛を求めることしかできない」(南署)という。
 冬でなくても、道頓堀川への飛び込みは「非常に危険な行為」(大阪市)。水深は約3・5メートルあり、大人でも川底に足は届かない。飛び込み後、ほとんどの人は泳いで何とか川岸にたどり着くが、酒に酔ったりしていれば上手に泳げないかもしれない。もがいているうちに大量の水を飲み、おぼれる可能性もある。
川底には、捨てられた自転車が多数あるとみられている。飛び込んだ勢いで接触する危険性がある。飛び込んだ人同士が川の中で衝突し、大けがをする恐れもあるのだ。
「全裸」ダイブで略式起訴も
道頓堀ダイブは阪神タイガースが優勝したときによくみられる光景だが、死傷者が出たり、立件されたりしたケースもある。
 タイガースが18年ぶりのリーグ優勝を決めた15年9月、約5300人が戎橋などから道頓堀川に飛び込んだ。仲間と飛び込みを繰り返していた男性会社員=当時(24)=が死亡、5人が負傷した。
 再び優勝した17年。2年前の事故を教訓に、大阪市が戎橋に高さ約3メートルのフェンスを設置し、川沿いに設けた遊歩道も閉鎖したが、フェンスをかいくぐった約50人のファンがダイブを敢行した。
 クライマックスシリーズ(CS)を初制覇した昨年10月にも、延べ約70人が飛び込んだ。けが人はなかったが、靴下だけという「ほぼ全裸」(南署)の姿で戎橋から飛び込んだ男性(37)が公然わいせつ罪で略式起訴された。当時、戎橋には約700人が集まっており、男性は騒ぎに乗じて飛び込んだことを認めながらも、「パンツは誰かに脱がされた」と話していたという。
泳げるレベルの水質ではない
事件や事故を繰り返しつつも、熱狂した人たちの飛び込みが後を絶たない道頓堀川。その水質は果たして安全といえるのだろうか。
 大阪市環境管理課によると、道頓堀川の水質は、下水道の整備や工場排水の規制強化などに取り組んだ結果、以前と比べて大幅に改善されたという。
数値が大きいほど水が汚れていることを示すBOD(生物化学的酸素要求量)は、高度成長期の昭和46年に1リットル中17ミリグラムだったのに対し、平成25年は同1・4ミリグラムまで改善した。
 環境省の告示に基づく水質環境基準は、最高評価の「AA」から最低の「E」まで6段階あるが、道頓堀川は3番目の「B」。市は最新の濾過(ろか)技術を導入するなどして、初夏にはホタルが飛び交う箕面川(大阪府箕面市)と同じA評価の取得を目指しており、橋下徹市長は「いずれは泳げるぐらいの川にしたい」と意欲を見せる。
 ただ、橋下市長の「いずれは」という言葉からも分かるように、現状では、水質面からも道頓堀川は飛び込みに適しているとはいえない水準だ。
 16年から道頓堀川の水質を継続調査してきた日本分析化学専門学校(大阪市北区)の最新調査(昨年11月)の結果は、厚生労働省が定めた遊泳用プールにおける衛生基準を下回っている。
 まずは下痢や胃腸炎の原因となる「大腸菌」。厚労省の衛生基準では「検出されないこと」とされているが、調査では1ミリリットル中に540個も検出。さらに同基準で「1ミリリットルあたり200コロニー以下」とされている「一般細菌」は、同1万1660コロニーが検出された。とても泳げるレベルの水質ではなさそうだ。
 「めでたいときに大勢で一緒に騒ぎたい気持ちは分かるが、飛び込む以外の方法で健全にガス抜きはできないものなのか」と南署幹部は嘆く。安易な考えで道頓堀川に飛び込むのは、自殺行為に等しいのかもしれない。
猥褻罪や条例違反だけでは無く、体調悪化や怪我をする危険性が常に付き纏う、道頓堀への飛び込み問題は、もういい加減に全面的にやめるべきで在る。
世界中にも恥を晒す事にも繋がる深刻な問題でも在る。
大阪名物と黙認して無いで、根絶に向けた動きを本腰を入れて本気で取り組む時期に来て居ます。
悪しき文化を後世に残さない為にも、今本気に成って対策して行く事が求められます。
posted by 天野☆翔 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

事実上の春闘始まる。

* 「非正規雇用の賃上げ、適正な配分を」 連合・古賀伸明会長が講演 労使フォーラム - 産経ニュース
日本で春闘方式が採用され、今年で60年を迎える。多くの課題を労使で真摯(しんし)に解決してきたプロセスは、これからも力を発揮する必要がある。
 世界の景気動向はまだら模様で、日本もアベノミクスによる円安、株高効果はあるが、実質賃金は17カ月連続で前年比マイナスだ。
 こうした中、格差社会に一層の拍車がかかっている。一部の層だけでなく、すべての働く層への適正な配分と、それによる個人消費の増加が必要だ。中小企業では人材減少が顕著で、賃金を含む労働条件の向上が求められる。非正規雇用者の賃金上昇も重要になる。
 一方で、労働時間短縮の取り組み強化による、真のワークライフバランス社会の実現や、地場企業の活性化による地域活性化も不可欠だ。
 日本社会の持続可能性が問われ、デフレ脱却など課題を抱える中、新たなサイクルで経済の好循環をもたらすためにも、今年は日本経済にとって踏ん張りどころだ。
* 榊原経団連会長「あらゆる政策や手立てを総動員」 労使フォーラムで - 産経ニュース
今はデフレ脱却と持続的な経済成長の実現に向けた正念場の時であり、経済の好循環に向けて、政官民があらゆる政策や手立てを総動員すべきだ。経済界としては、今回の春季労使交渉においても、一歩前に踏み出した対応を図る必要があると考える。
 「デフレ脱却と経済再生の主役は自分たち企業なのだ」との認識のもと、積極的な経営を通じて、企業収益を拡大し、設備投資や雇用の増加、そして、賃金の引き上げにつなげていくよう、最大限の努力をお願い申し上げる。
 平成27年版経営労働政策委員会(経労委)報告は、こうしたデフレ脱却に向けた強い思いを込めており、収益が拡大している企業には、ボーナスや手当を含めた賃金の引き上げについて、前向きな検討をお願い申し上げる。
 交渉では、自社の持続的な成長の実現に向けて、労使で徹底的に議論し、双方が納得できる着地点を見いだしていくことが日本経済の再生につながっていくと信じている。
日本労働組合総連合会も一般社団法人日本経済団体連合会も、春闘に向けて本格的に始動しました。
安倍政権の経済政策との関係を抜きにしても、日本をデフレから完全に脱却させる為にも、タガに譲歩仕合、納得出来る形で妥協点を見出して、其の上で経済成長を見事に果たして頂きたい。
「失われた二十年」の関係者の一端を担って来た責任も在るのだから、此の責務を果たす為にも、本気で取り組んで頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Economy/Business | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

小沢一郎が遂に終了。

* 生活、共同代表に山本氏 幹事長は玉城氏 - 産経ニュース
「生活の党と山本太郎となかまたち」は26日の両院議員総会で、昨年末に合流した山本太郎参院議員が、小沢一郎代表とともに「共同代表」に就くことを決めた。玉城デニー衆院議員が幹事長に就任する。
 小沢、山本両氏が27日に記者会見して発表する。党関係者が明らかにした。
数合わせの為に引き入れた山本太郎を選りに選って共同代表に就かせるとは呆れ果てる。
もう手段を講じる手立てが無いと云う良い証左なのでしょう。
形振り構わずの様相です。
posted by 天野☆翔 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

内政問題を国外に責任転嫁する南朝鮮。

* 韓国「歴史の傷を癒やせ」と戦後70年談話で牽制 慰安婦生存者は54人に - 産経ニュース
韓国政府当局者は26日、安倍晋三首相が今年発表する戦後70年の首相談話について、「歴史の傷を癒やすことで周辺国との関係を改善し、国際社会の信頼を得られる誠意ある内容を盛らねばならない」と述べ、植民地支配への反省などに関し過去の首相談話の内容より後退させないよう牽制(けんせい)した。
 同当局者は、戦後50年の村山富市首相談話や60年の小泉純一郎首相談話を挙げ、こうした談話に使われた文言がどのような歴史的背景をもって用いられたかは日本政府が一番知っていると指摘した。
 一方、従軍慰安婦の支援団体によると、元慰安婦の女性(89)が同日亡くなり、韓国政府が把握している元慰安婦の生存者は54人になった。
未だに既に終わった案件を持ち出して強請集りの材料にしてる南朝鮮は恥を知れ。
二国間条約と地位協定で全て解決してるのだから、以後の案件は全て南朝鮮国内で解決すべき案件で在る。
解決出来ないと云うのなら、もはや其の時点で国家として体を為して無いと云う事を自ら露呈し、国家運営すらも出来無い国だと云う事を国内外に喧伝する様な事です。
いい加減にしないと大きなしっぺ返しが来る事を自覚するが良いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

朝日新聞社に対して集団訴訟。

* 「朝日新聞」を8700人が集団提訴 慰安婦問題「虚偽報道で人格傷つけられた」…1人「1万円」の慰謝料と謝罪広告求める - 産経ニュース
慰安婦をめぐる朝日新聞の報道により、誤った事実を国際社会に広め、日本国民の人格権や名誉を傷つけたとして、市民ら約8700人が26日、同社に1人当たり1万円の慰謝料と謝罪広告を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 原告側が問題としているのは「慰安婦を強制連行した」とする吉田清治氏の証言に基づいた記事など13本。朝日新聞は昨年8月に吉田氏の証言を虚偽と判断、記事を取り消した。
 原告側は訴状で「日本の官憲が慰安婦を強制連行したという証拠はない」と主張。その上で、問題の記事は「『日本軍に組織的に強制連行された慰安婦』というねじ曲げられた歴史を国際社会に拡散させ、わが国が激しい非難を浴びる原因になった」と指摘する。
 原告にはジャーナリストや国会議員も含まれる。今後2次提訴も検討中で、最終的に原告数は1万2千〜3千人になるという。
 提訴後に記者会見した原告団長の渡部昇一上智大名誉教授は「朝日新聞が国民に恥ずかしい思いをさせていることに心から怒りを感じている」と述べた。
 朝日新聞社広報部は「訴状をよく読んで対応を検討する」とコメントした。
以前から話は在ったが、遂に始まったかと云う印象ですが、朝日新聞社への「慰安婦問題」報道の是非での案件で、八千人以上もの原告が東京地方裁判所へ提訴しました。
どう云う判決に為るのかは此れからの事なので不透明では有りますが、今後の動向を注視して行きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

エルトゥールル号の発掘調査再始動。

* エルトゥールル号の発掘調査スタート 5年ぶりの発見に期待 和歌山 - 産経WEST
明治23(1890)年に和歌山県串本沖で遭難したトルコ軍艦「エルトゥールル号」の海底発掘調査が始まり、24日、調査団のトゥファン・トゥランル団長や地元のダイバーたちが同県串本町の樫野漁港を出港した。5年ぶりの調査再開にトゥランル団長は「気持ちが高まっている。すばらしい発見ができるよう頑張りたい」と意気込みを語り、初日からさっそく遺物を引き上げた。
 調査が行われたのはエ号が遭難した海域で、串本沖約100メートル、深さ約12メートルの洞窟部分。今回の調査は海底にあるコンクリート状の塊の引き上げ作業や中の遺物の確認が中心になるという。
 この日は団員5人が船着き場に集合し、午前9時ごろに出航。遭難の犠牲者を追悼する黙●(=示へんに寿の旧字体)(もくとう)の後に、2人1組でそれぞれ1回ずつ潜水した。約1時間40分の作業でエ号の遺物とみられる鉄砲の弾やガラス、鉄の破片など5点を発見した。
 初日を終えたトゥランル団長は「小さなトラブルはあるが、作業は順調に進んでいる。この場所では今後も遺物が見つかると確信している」と話した。
 今後は水中ポンプの設置作業を進め、調査は2月半ばまで行う予定。
冥庵: エルトゥールル号の本格調査実施確定。でも触れましたが、当初は今週中との事でしたが、既に昨日始まってた様子です。
全日程の最後迄、事故の無い様に祈りたい。
そして、無事に再調査を終えて欲しいと思います。
posted by 天野☆翔 at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

ISISの人質問題での野党議員の下劣な反応。

今回の「イラクとシャームのイスラーム国」の問題での邦人二名の人質事件に関して、「民主党」の「徳永エリ」と「生活の党と山本太郎となかまたち」の「山本太郎」、「日本共産党」の「池内沙織」が極めて下劣な意思を示し、政権の足を引っ張る行為で品位を貶めた。
* 【イスラム国殺害脅迫】「テロ組織を刺激」 民主・徳永氏、FBで首相の人道支援表明を批判 岡田代表の政府への協力表明直後に… - 産経ニュース
民主党の徳永エリ参院議員が21日に自身のフェイスブックで「いくら人道支援とはいえ、資金援助を大々的に記者会見でアピールする、テロ組織を刺激したことは否めないと私は思います」と記し、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件に絡んで安倍晋三首相による人道支援表明を批判した。
 徳永氏は「イスラム世界の国々は親日でした。日本は戦争をしない国、世界平和への希望の国だったからです」と指摘。さらに「(首相が)なんと言おうが、集団的自衛権の行使容認、憲法改正、武器輸出三原則の変更。国際社会は日本は変わってしまったと受け止めている」とした。
 投稿は岡田克也代表が21日午後、記者団に「政府の足を引っ張るようなことになってはいけない」と政府への全面協力を表明した直後に公開された。
削除された徳永エリのFacebookのスクリーンショット
* 【イスラム国殺害脅迫】山本太郎氏が仰天のツイート「安倍晋三様 2億ドルの支援を中止して下さい」  喜ぶ?「イスラム国」がリツイート(1/2ページ) - 産経ニュース
日本人2人を人質にした「イスラム国」は、日本の2億ドル(約236億円)に及ぶ中東地域への人道支援を批判したうえで、「72時間以内に身代金2億ドルを払え」と殺害警告をしている。許しがたいテロ行為だが、この件で、さまざまな注目発言が飛び出している。
 小沢一郎代表率いる「生活の党と山本太郎となかまたち」の山本太郎参院議員は21日、「2億ドルの支援を中止し、人質を救出してください」とツイートした。これは安倍晋三首相宛となっていた。
 山本氏のツイート内容が気に入ったのか、イスラム国のメンバーとみられる人物が「リツイート」と呼ばれる転載機能を利用して“拡散”する事態も発生した。自民党の佐藤正久元防衛政務官は「イスラム国メンバーの中に、日本語が分かる者がいるのかな?」と意味深長なツイートをした。
 中東の武装勢力が、インターネットやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を細かくチェックし、情報戦略に利用しているという指摘もある。
 日本のネット上には「人命救助が優先」「一度2億ドル払うべき」といった意見もみられ、民放ワイドショーのコメンテーターの中には「2億ドル、何とか出した方がいいんじゃないかな…」と語った人物もいる。
これに対し、自民党の高村正彦副総裁は21日、記者団に対し、「日本政府が(イスラム国対策の)人道支援をやめるのは論外だ。身代金を払うこともできない」と語った。
 ファロン英国防相も同日、中谷元・防衛相とロンドンで会談し、身代金支払いを含めて、「次の(=テロなど)可能性もあるのでしっかり対応すべきだ」といい、「毅然とした対応」を求めた。
 日本が拠出を表明した中東支援は、あくまで住む家や街を追われた避難民に対する食糧や医療支援であり「避難民が命をつなぐための人道支援」(安倍首相)である。
 テロリストの要求に屈して2億ドルを支払えば、彼らの武器や弾薬、化学兵器などを購入する資金源となり、新たな人命が失われるテロを生む可能性がある。加えて、世界中のテロリストに「人質で脅せば日本政府は身代金を払う」と認識させ、今後、日本人がターゲットにされかねない。
 問題は単純ではない。
山本太郎  次の準備を!さんはTwitterを使っています: "@AbeShinzo  情報がありながら対応せず、事態を悪化させた責任をとらなければなりません。
2億ドルの支援を中止し、人質を救出して下さい。 山本太郎 次の準備を!さんはTwitterを使っています: "@AbeShinzo 情報がありながら対応せず、事態を悪化させた責任をとらなければなりません。 2億ドルの支援を中止し、人質を救出して下さい。
* 【イスラム国殺害脅迫】共産・池内氏「心の底から許せない政権」 殺害画像受け投稿も削除 - 産経ニュース
共産党の池内沙織衆院議員が、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に拘束された湯川遥菜(はるな)さんとみられる男性の画像がインターネット上に公開された後、短文投稿サイトのツイッターに「こんなにも許せないと心の底から思った政権はない」と、安倍晋三首相を批判する投稿をしていたことが25日、分かった。
 池内氏は首相が「テロ行為は言語道断であり、許し難い暴挙だ」と述べたことを念頭に「『ゴンゴドウダン』などと、壊れたテープレコーダーの様に繰り返し、国の内外で命を軽んじ続ける安倍政権」と書き込んだ。
 そのうえで「安倍政権の存続こそ、言語道断。本当に悲しく、やりきれない夜。眠れない」と続けた。イスラム国への批判はなかった。
 その後、投稿は池内氏のアカウント上では閲覧できなくなった。池内氏が削除したとみられるが、ツイッター上では削除理由を明らかにしていない。
削除された池内沙織のTwitterのスクリーンショット削除された池内沙織のTwitterのスクリーンショット

此の三氏に共通して云える事は、政策理念等が反日売国奴な上、常日頃から「ヘイトスピーチ」に関して言及してるが、ならば今回の案件は「ヘイトスピーチ」では無いのか?
本当に最低な輩共です。

posted by 天野☆翔 at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

アルカイダやISISの真似してる馬鹿共を確認。

例の「砂漠を背景にしての動画」のあの状況を真似てる馬鹿共をTwitter他で可成りの頻度で確認しました。
生きたくても生きられ無かった人が数多く居ると云うのに、こう云う人達の事を真似してる馬鹿共は一切感知しないのでしょうね。
被害者だけでは無く、犠牲者の御遺族の事にも思いが及ばないのだと思う。
人の心を持たないのなら、人間止めて頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Criticism and comment | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

ISISに拉致された後藤健二の母親の記者会見。

* 【イスラム国殺害脅迫】後藤さんの母が会見「2週間しかたっていない子供を置いて、なぜ遠いところへ」「健二を救ってください」(1/2ページ) - 産経ニュース
イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が日本人2人を殺害すると脅迫した事件で、人質となっているフリージャーナリスト、後藤健二さん(47)の母、石堂(いしどう)順子さん(78)が23日午前、東京都千代田区の日本外国特派員協会で記者会見した。身代金の支払期限とされる23日午後が迫る中、石堂さんは「あと残された時間はわずかです。日本政府の皆さん、健二の命を救ってください」と救出を訴えた。
 石堂さんは冒頭「日本国民、日本政府の方々に感謝とご迷惑をおかけしますことをおわびします」と謝罪。イスラム国が身代金を要求する動画を公開した20日以降は「ただただ悲しくて泣いていた」と語った。
 後藤さんは昨年10月にイスラム国の支配地域で拘束されたとみられている。出発前に連絡はなかったが、今月22日になって後藤さんの妻と電話で会話したという。石堂さんはこの電話について「2週間前に赤ちゃんが生まれたそうで、びっくりした。2週間しかたっていない子供を置いて、なぜ遠いところへいったのですかと質問したら、『知り合いを救出するため』ということだった」と話した。
一緒に拘束されている湯川遥菜(はるな)さん(42)の救出に向かったとみられており、石堂さんは「正義感の強い子。(イスラム国とも)会って話せば、わかり合えると判断したのだと思う」と分析した。
 紛争地域などでの取材活動を行っていた後藤さんについて「いつも『戦地の子供たちの命を救いたい』と言い、常に中立な立場で戦争報道をしてきたと信じている」と説明。イスラム国に向けて「健二はイスラム国の敵ではありません。釈放という良い結果が出たら、未来のため、子供たちのためにも尽くしていけると思います」と話し、解放を求めた。
* 【イスラム国殺害脅迫】「この身をささげてもいい」後藤さんの母、涙ながらに息子の身を案じる - 産経ニュース
「健二の命を救ってください」。人質となっているフリージャーナリストの後藤健二さん(47)の母、石堂(いしどう)順子さん(78)は23日の記者会見で、疲れた表情を浮かべながら息子の身を案じ、涙ながらに救出を訴えた。
 午前9時半すぎに始まった会見には、100人を超える報道陣が詰めかけ、30台近いテレビカメラが並んだ。スチールカメラのフラッシュがたかれる中、白とグレーのタートルネックのセーターに紺色のパンツ姿の石堂さんは、会場入り口で一礼すると視線を落としたまま壇上へ。報道陣に何度も頭を下げて着席した。
 「健二はイスラム国の敵ではなく、イスラムの幸せを願っている」。後藤さんを拘束した犯行グループへの思いを問われると、石堂さんは時折声を詰まらせながら、後藤さんの思いを代弁するようにそう語った。
 背筋を伸ばし、はっきりとした口調で答えていたが、時折ハンカチで涙を拭う場面もあった。
 「私の命と取り換えてくれるなら、この身をささげてもいい」と親としての思いを語り、「(解放という)いい結果が出れば、未来のために尽くしてくれると思う」と息子との再会へ期待を込め、気丈に語った。
記者会見での文字書き起こしは追記にて引用。
此の記者会見の状況は以下を確認して頂けると容易に流れが判明します。
* フル 石堂順子氏記者会見 イスラム国拘束・後藤健二氏の実母 - YouTube

本件とは全くの無関係の事案を引き合いに出したりして、最終的に政権批判を盛り込む不気味さ。
何が「地球」でしょうか?
何が「ダッカ」でしょうか?
日本外国特派員協会で実施された事からも容易に解る様に、最初から全て出鱈目な内容で自爆。
背後関係を露呈しました。
最後の笑顔からも察し。「ISISに拉致された後藤健二の母親の記者会見。」の追記を読む
posted by 天野☆翔 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

今年も開催された硫黄島追悼式。

* 【戦後70年】硫黄島追悼式に約30人参列 - 産経ニュース
先の大戦で2万人を超える日本兵が戦死した激戦地、硫黄島(東京都小笠原村)で23日、都主催の戦没者追悼式があり、遺族約30人が参列して鎮魂と平和を祈った。追悼式は昭和58年から続き、今回が32回目。
 式典は都の慰霊施設「鎮魂の丘」で行われ、梶原洋福祉保健局長が「戦いの記憶は長い年月を経て、次第に薄らぎつつありますが、この厳粛な事実を忘れることなく、次の世代へ語り継いでいかなければならない」と舛添要一知事の式辞を代読。
 初めて島を訪れた墨田区の自営業、増沢伸介さん(49)が遺族を代表して「祖父は30代でした。今の私より10以上も若い年で幼い娘たちを置いて戦地へ赴く気持ちは、想像するだけでもつらい。悲惨な戦争は決して繰り返してはならない」とあいさつした。
大東亜戦争での激戦地の硫黄島で命を散らして行った英霊の皆々様方には、哀悼の念を抱きつつも謹んで心から御冥福を御祈り申し上げます。
又、御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
戦争は確かに悲惨で起こしても巻き込まれても駄目ですが、戦争に至らない方策を確実なものにして行く事は必要不可欠です。
集団的自衛権行使容認や自衛隊法改正等、すべき事は山積して居ます。
戦争を未然に防ぐ手立てが求められる。
posted by 天野☆翔 at 07:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

支那こそ、安倍晋三内閣総理大臣のホロコースト記念館でのスピーチの意味を考えよ。

* 【河村直哉の国論】南京「30万人」固執する中国は「モンゴル人30万人」を虐殺した 文化大革命…今なおチベットなどジェノサイド(1/4ページ) - 産経WEST
中国が南京事件犠牲者「30万人」に固執している。中国のこの言い分はおそらく変わることがあるまい。習近平国家主席自身が、昨年3月のベルリンでの演説や同12月の南京事件の追悼式典でこの数字を挙げた。日本政府はこの数字を「適切でない」と中国に申し入れていたが、中国外務省の洪磊副報道局長はこのほど、「動かぬ証拠があり、結論は出ている」「南京大虐殺は日本軍国主義が侵略戦争下で犯した残忍な犯罪」などとするコメントを出した。主席自身がいうのだから、この数字に異を唱える声が中国国内で出てくるとは思えない。
『肛門に焼いた鉄、獣姦、零下40度で水牢、胎児を引っ張り出す…』文化大革命という大虐殺
当欄ですでに何度か触れたが、この数字はあまりにも過大なものだ。事件当時(昭和12=1937年)の人口が20万−30万人とみられる南京で、その全員を殺害することなどありえない。しかし現在の中国で実証主義による歴史は成立しない。党の公式見解が優先されるのが中国である。
 「30万人」という数字に中国は今後も固執するだろうから、ここで中国現代史のもう一つの「30万人」を見ておこう。
 「内モンゴル自治区政府幹部で、ジェリム盟出身のアムルリングイは、地面に押さえつけられて、真っ赤に焼いた鉄棒を肛門に入れられ、鉄釘を頭に打ち込まれました」
 「あるモンゴル人は、マイナス四〇度まで下がるモンゴル高原の冬に、膝まで水を満たした『水牢』に入れられ、その足は水とともに凍ってしまいました」
 「ブタやロバとの性行為を強制する、燃えている棍棒(こんぼう)を陰部に入れるなど、中国人たちはおよそ人とは思えない残虐な行為を行っていました」
 「妊娠中の女性の胎内に手を入れて、その胎児を引っ張り出すという凄惨(せいさん)な犯罪も行われ、中国人たちは、これを『芯を抉(えぐ)り出す』と呼んでいました」
モンゴル人ジェノサイド…善なる『革命行為』
静岡大学教授、楊海英(大野旭)氏の著書「狂暴国家 中国の正体」(http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594071196)から引いた。楊氏は内モンゴル自治区出身で、自らを「亡国の知識人」とみなしている。
 これら引用文が示す事例の、なんと残忍なことか。これらは1966年から中国で吹き荒れた文化大革命で、モンゴル人に対してなされたとされる事例である。主導したのは漢族。被害者数について楊氏はいくつかの数字を挙げている。欧米の研究者の数字として、拘束されたモンゴル人約50万人、うち殺害された者10万人。内モンゴル自治区のジャーナリストや研究者の数字として、殺害された者と釈放され自宅に戻ってから亡くなった人の合計は「30万人」。楊氏も、これは妥当な数字だとしている。
 楊氏の編集による大部の本「モンゴル人ジェノサイドに関する基礎資料」(http://www.fukyo.co.jp/author/a44790.html)の一部を見たことがあるが、内部資料などを丹念に集め、モンゴル人の被害の実態を明らかにしている。基底には楊氏の、同胞が味わった苦しみへの怒りと、モンゴルへの愛情があるのはいうまでもあるまいが、姿勢は大変に実証的である。
 氏は「狂暴国家 中国の正体」で、モンゴル人にとって文化大革命はジェノサイド=民族抹消行為だったとしている。「毛沢東と、人民の味方たる共産党の首長が断罪した『民族分裂主義者』たちを殺害することは、躊躇(ちゅうちょ)ない善なる『革命行為』に発展していった」と。内モンゴル自治区のモンゴル人が「民族分裂主義者」と断罪されたとき、中国人(漢族)は「善」として虐殺をなしたというのである。
 中国はこのようなことを認めようとしない。文化大革命全体の実態も闇に沈んでいるのである。そのような国が南京事件「30万人」を言い募っているということは、南京事件のこの数字が過大なものであると国際社会にアピールする際、紳士的に付記しておいてよいと思う。
辻褄合わせたいから「30万人」…親中派・媚中派の「左傾」人士は鑑とせよ
楊氏の「狂暴国家 中国の正体」については、きちんと紹介しておくのが公平な姿勢だろう。本稿は「30万人」という数の偶然の一致から南京事件に関して同書を引用させてもらったが、同書は別に南京事件を扱ったものではない。中国による民族抑圧の実態とその背景にある中国の思考法を、抑圧される民族の側の視点で描いた著書である。
 モンゴル問題に限らずウイグル問題もチベットのそれも、同じ視点で取り上げられていく。中国という異形の国の実態を浮き彫りにする好著であり、日本人に複眼的な視点を与えてくれるものだ。日本人は日本人の立場で中国について考えることに終始しがちだが、ユーラシア大陸で中国に苦しんできた民族の側から中国を見る目を教えてくれるのである。
 楊氏の提言に学べるところは大きい。日本はモンゴルをはじめユーラシア外交にもっと目を向けるべきだという提言もそうだし、あるいは集団的自衛権をめぐる日本国内の議論について述べた次のようなくだり。「自衛権のない国家は去勢された男のような存在です」。泰平の平和のなかで集団的自衛権反対を叫ぶ左傾人士は、これをなんと読むか。
あるいは能天気に日中友好を説く日本人への、次のような文章。「ぜひ、『日中友好論者』たちにも中国共産党支配下の内モンゴル自治区や『反テロの前線』たる新疆ウイグル自治区、焼身自殺による抗議活動が続いているチベットにも足を運んでほしいものです」。
 媚中派、親中派、さらに「南京大虐殺」説を日本であおる人士たちにも、よく読んでほしいものである。
平和k的な目的の為に資金捻出をし、其のスピーチの中で日本は「人権や平和な暮らしを守るため、世界の平和と安定に積極的に貢献する」と表明した事に対して、「(日本が)平和発展の約束を実践し、実際の行動によりアジアの隣国の信頼を得ることを望む」と牽制したが、此の意味合いは、自らの国に対して云うべきで有ろう。
大虐殺を国内外でしてる国家がこう云う検電と嘘に塗れてるのでは、一切の説得力を失う。
人道的人権上に於いても極めて重大で深刻な問題で在るのだ。
チベットや東トルキスタンに於いても現在進行形で進んでるのです。
支那は人権が一切無い国で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

サウジアラビアのアブドラ国王が逝去。

* サウジのアブドラ国王死去 91歳前後、サルマン皇太子が王位継承(1/2ページ) - 産経ニュース
サウジアラビアの国営メディアは23日、同国のアブドラ国王が入院先の病院で死去したと報じた。国王は今年で91歳前後だった。王位は異母弟のサルマン皇太子が継承。次期皇太子には別の異母弟で第2副首相のムクリン王子が就く見通しだ。
 世界最大の産油国サウジは、下落している原油市場に強い影響力を持っているほか、昨年以降はイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」への米軍主導の空爆作戦にも参加している。サルマン次期国王の下で対外政策に変化が生まれるかに注目が集まりそうだ。
 アブドラ国王は2005年、異母兄であるファハド前国王の死去に伴い即位。保守的なワッハーブ派を奉じるサウジでは開明派として知られ、09年には国内で初めて男女共学の科学技術大学を開設するなど、段階的ながらも社会変革を進める姿勢をみせた。
 数年前から椎間板ヘルニアの手術を複数回受けていたほか、14年末から15年初頭には肺炎を患ったと伝えられていた。
サウジでは1953年のアブドルアジズ初代国王の死後、36人いたとされる息子たちが王位を継承してきた。しかし、この「第2世代」はすでに高齢化し、サルマン次期国王は79歳前後、ムクリン王子も69歳前後に達している。
 このため、王室の安定的な存続に向けて、初代国王の孫の世代である「第3世代」にいかに王位を引き継ぐかが大きな課題となっている。
 ただ、王位継承の資格を持つ第3世代の男子は数百人に上るとされており、選考プロセスが難航するのは必至。今後は、ファハド前国王やサルマン次期国王の母の出身であるスデイリ家など有力閨閥間の主導権争いが激しさを増す可能性もある。
* サウジ、国王死去後に即日、新指導体制決定 後継争い危機の芽摘む - 産経ニュース
サウジアラビアでは23日、アブドラ国王の死去を受けてサルマン新国王、ムクリン新皇太子の新指導体制が即日決まり、「アラブの春」後に騒乱が絶えない中東の中でサウジの安定感を国際社会に印象づけた。新国王にとって、ライバルの地域大国イランとの関係改善が大きな課題となりそうだ。
 アブドラ国王は昨年3月、異母弟のムクリン王子を新設の副皇太子に任命し、事実上、自身の2代先の国王を指名していた。23日は国王死去の発表とともに新国王即位、新皇太子任命も発表された。
 副皇太子が任命されていなければ、国王死去から新皇太子決定まで少なくとも数日かかり、後継争いを招く可能性もあったが、サルマン新国王は即日決定により危機の芽を未然に摘んだといえる。
* 【アブドラ国王死去】孫の代から初の「王位継承者」 王位は異母弟サルマン皇太子が継承 - 産経ニュース
サウジアラビアの国営メディアは23日、同国のアブドラ国王が入院先の病院で死去したと報じた。国王は今年で91歳前後だった。王位は異母弟のサルマン皇太子が継承し、皇太子には別の異母弟で第2副首相のムクリン王子が就いた。またサルマン新国王は同日、ムクリン皇太子の次の王位継承者となる副皇太子に、初代国王の孫の世代から初めてムハンマド内相を任命した。
 世界最大の産油国サウジは、下落している原油市場に強い影響力を持っているほか、昨年以降はイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」への米軍主導の空爆作戦にも参加している。サルマン新国王の下で対外政策に変化が生まれるかに注目が集まりそうだ。
 アブドラ国王は2005年、異母兄であるファハド前国王の死去に伴い即位した。保守的なワッハーブ派を奉じるサウジでは開明派として知られ、男女共学の大学を初めて開設するなど、徐々にながらも社会変革を推進した。また、年末から15年初頭には肺炎を患ったと伝えられていた。
 サウジでは1953年のアブドルアジズ初代国王の死後、その息子たちが王位を継承してきた。だが、この世代はすでに高齢化し、サルマン新国王は79歳前後、ムクリン王子も69歳前後に達していることから、いかに初代国王の孫の世代に王位を引き継ぐかが大きな課題となっていた。
 そうした中、サルマン新国王が今回、実兄であるナエフ元皇太子(12年に死去)の息子であるムハンマド内相を副皇太子に就けたことで世代交代に向けた道筋がついた格好だ。
* 【アブドラ国王死去】評伝 「女性登用の改革派」 アルカーイダ脅威低減も 中東調査会・村上拓哉研究員 - 産経ニュース
23日に逝去したアブドラ国王は、1995年にファハド前国王が職務遂行不能になってから実質的に20年間、サウジアラビアを統治してきた。サウジは今や世界の国内総生産(GDP)ランキング第19位、中東で唯一の20カ国・地域(G20)メンバーと、国際社会での政治的・経済的地位は飛躍的に高まっている。
 王位に就く前は強硬な保守派とみられていたが、女性に投票権を与えたり、議会に登用したりするなど改革派の一面も。高等教育にも熱心であり、奨学金制度を整備し世界各地に10万人を超える留学生を送ったほか、国内でも大学新設を進め、2000年初めに10校足らずだった大学は、現在は30校以上にまで増えた。
 米中枢同時テロをめぐり米国との関係が悪化した時期があったものの、その後のイラク戦争をはじめとするテロ対策では緊密な関係を築くことに成功。国際テロ組織アルカーイダの国内における脅威は劇的に低減した。また、中東地域の安定にも尽力してきた。
 しかしながら、サルマン新国王が抱える課題は大きい。北で国境を接するイラクではスンニ派過激組織「イスラム国」が猛威を振るい、南のイエメンでは反体制勢力によって中央政府が崩壊の危機にひんしている。サウジ自らが主導する石油価格の下落は、サウジの国家経済にも打撃を与えている。そして何より、地域の最大のライバルであるイランの動向にも注意を払わねばならず、今後も難しいかじ取りを要求されよう。
イスラム社会では改革派と云う立場で社会構造の変革を実施し、其の反面、周辺諸国との関係は良好な状態で国交を進めて来た。
其の上で様々な問題の解決に乗り出す等、其の苦労は相当な負担で在った筈です。
日本に取っても極めて大きな影響をおよぼす人物でも在りました。
哀悼の念を抱きつつも、謹んで心から御冥福を御祈り申し上げます。
王族関係者や御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

諫早湾干拓事業での最高裁判所判決確定。

* 諫早湾干拓事業 国板挟みの間接強制、最高裁で確定 開門しても、しなくても制裁金支払い - 産経ニュース
国営諫早湾干拓事業の開門調査実施をめぐり、福岡高裁が国に、開門しない場合には開門賛成派の漁業者に、開門した場合には開門反対派の営農者に制裁金を支払うよう命じた2件の間接強制決定について、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は、決定を不服として国が申し立てていた許可抗告をいずれも22日付で棄却する決定をした。
 全く逆の判断を示した2件の間接強制決定が確定した。国は、開門するかどうかにかかわらず、支出を迫られる。
 同小法廷は、2件の高裁決定について「当事者が異なり、別個に審理された場合、その判断が分かれることは制度上あり得る」と指摘して、いずれの決定も法律の要件を満たしていることから、高裁判断を支持した。
 さらに、開門の是非については「間接強制の申し立てに対する判断である以上、審理する立場にはない」と言及。「紛争を解決する十分な努力が期待される」と国に促した。
 問題をめぐっては、開門を命じた平成22年12月の福岡高裁判決が確定。これに基づき開門賛成派の漁業者側が、開門するまで国に制裁金の支払いを求める間接強制手続きを行った。佐賀地裁は昨年4月、開門まで漁業者側に1日49万円(現在は45万円に変更)を支払うよう命じ、福岡高裁も支持した。
 一方、長崎地裁は25年11月、営農者側の仮処分申し立てを認め、開門差し止めを命令。営農者側は地裁決定を受け、開門した場合に営農者側に1日49万円の制裁金を支払うよう間接手続きを行い、長崎地裁、福岡高裁が申し立てを認めた。
* 2つの義務で国、板挟み 諫早湾訴訟、お手上げ「最高裁の判断を…」 - 産経ニュース
国営諫早湾干拓事業で、水門開閉の有無にかかわらず支払い義務が生じる正反対の制裁金支払いが確定した。開門を避け続ける国は昨年12月末までに漁業者側へ制裁金9135万円を支払っているが、施策がどちらに傾いても、関係者からの反発は必至。最高裁は決定で紛争解決への努力を促したが、農水省側は今回の決定を受けて「最高裁の統一的判断を得る必要がある」とコメント、事実上の白旗を上げた。
 発端は平成22年12月の福岡高裁判決。漁業被害を認めて3年以内の開門調査を命じ、菅直人首相(当時)は上告せず判決を確定させる政治判断をした。だが、塩害などを避けたい営農者側の反発は大きく、開門は宙に浮いた。さらに、開門期限直前の25年11月に、長崎地裁が開門差し止めの仮処分決定をしたことで、国は相反する2つの法的義務を背負った。
 この間、国、開門賛成派、反対派による訴訟が相次いで提起された。国は賛成派の間接強制を許さないとの判決を求める「請求異議の訴え」を佐賀地裁に起こしたが退けられた。長崎地裁の仮処分決定にも異議を申し立てた。また、賛成派、反対派がそれぞれ即時開門と開門差し止めを求める訴訟を起こすなど、関連訴訟は今後も続く。
 漁業者側が即時開門を求め長崎地裁で棄却された訴訟が福岡高裁で継続中でその行方が注目されるが、国の訴訟方針を考えれば最高裁まで争われることは確実で、結論が出るまでに数年かかる。差し止め仮処分が出た長崎地裁の訴訟は、まだ1審判決に至っていない。板挟み解消への道は険しい。
国は相反する事案での判決で、開門の有無を問わず制裁金の支払いをしなくては為らないと云う理不尽な判決が確定して仕舞った。
此の案件は菅政権時代の負の遺産で、国が控訴しなかった事で、其の後の流れが可笑しく成って来た事に起因する。
総理官邸が駄目なのか国土交通省が駄目なのかの問題は扠置き、当時の民主党菅政権の全責任で判断された事なので、民主党には猛省を促す。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

ツタンカーメン王「黄金のマスク」の現状。

* 清掃作業中に破損、ツタンカーメン王「黄金のマスク」 修復もずさん エジプト - 産経ニュース
カイロのエジプト考古学博物館を代表する展示品、ツタンカーメン王の「黄金のマスク」の付けひげ部分が昨年8月、清掃作業中に破損し、その場でずさんな形で修復されていたことが23日までに分かった。AP通信が報じた。
 本来は専門施設での作業が必要だが、博物館の上層部が速やかに直して展示に戻すよう現場に指示。石材などの接着に使う強力なエポキシ樹脂で接着された。このため現在も顎部分と、付けひげの間の隙間に黄色っぽい樹脂が見えるという。
 作業を目の当たりにした女性観光客は「全てがどたばたしていた。適切な道具を使っているようにも見えなかった」と博物館側の慌てぶりを証言した。
 関係者によると、清掃作業員の不注意か、接着が緩んでいたかのいずれかの理由で、付けひげが外れた。
此れは余りにも酷いですね。
エジプト考古学博物館の関係者は猛省して頂きたい。
世界的な遺産を安易な方法で修繕し損傷さあせた責任は極めて重く、破損前の状態に戻そうとしても、復旧は極めて困難な筈です。
今後、どう対応して行くのか注意が必要ですね。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

平安時代初期の遺構が発掘される。

* 十字形に並べられた甕、中には古代銭「富寿神宝」が5枚ずつ…「地鎮」の意味が込められる? 平安初期の「手原遺跡」 - 産経WEST
古代銭を5枚ずつ納めた甕(かめ)計5点を十字の形に並べて埋めたとみられる平安時代初期の遺構が、滋賀県栗東市手原の手原遺跡からみつかり、同市教委が21日発表した。銭貨を納めた甕を埋めるのは「地鎮」の意味があるとされるが、市教委は「十字に並べられたケースは全国で初めての出土。当時の祭祀(さいし)のあり方を考える上で貴重な成果だ」と話している。
 今回の調査では、25棟以上の建物の掘っ立て柱跡が出土した。このうち、平安初期(9世紀後半)に建てられた大型の建物跡1棟のすぐ南側にあった穴から、土師器の甕5点が十字に並んだ状態でみつかった。穴は1辺約70センチの方形で、十字はちょうど東西南北の方角と合っていた。
 大型の建物は、豪族の屋敷か役所だったとみられ、建物跡と穴の位置関係などから、この建物を建てる際の地鎮の目的で埋められたとみられる。
 甕はそれぞれ土師器の杯で上部を覆われ、中には818年から国内で鋳造されていた古代銭「富寿神宝(ふじゅしんぽう)」が、5枚ずつ入っていた。また、1つからは桃の種がみつかった。甕がみつかった穴からは、祭祀で使ったとみられる灯明用の杯も出土し、穴の四隅には、別の杯が伏せられた状態で埋められていた。
 市教委は「地鎮のための遺構では甕を1つ埋めるケースが多いが、今回の遺構では、全国的にも類例のない形態で甕が埋められており、希少価値が高い」と評価。24日午後1時半から、現地説明会を開く。問い合わせは市出土文化財センター((電)077・553・3359)。
 大阪市立大の栄原永遠男名誉教授(日本古代史)の話「非常にていねいに祭祀をおこなった様子がうかがえる。魔除けや不老長寿の意味を持つ桃の種や、『富』『寿』の字が使われた古代銭を埋めていることからも、地鎮の目的以外にも一族の長寿や繁栄を祈ったのではないか」
此処最近本当に考古学的にも歴史的にも様々な発見が相次いで居ますが、此の発見は本当に素晴らしいものです。
平安時代の発掘物は極めて少なく、其の上此の中身が祭祀に用いられた可能性が極めて高いとされてるからです。
今後の詳細な調査の結果を待ちたいですね。
posted by 天野☆翔 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

無免許運転を継続してた案件多発。

* 危険!! 「試験受からず免許諦めた」…はずなのに無免許運転 79歳男逮捕 兵庫 - 産経WEST
兵庫県警尼崎東署は道路交通法違反(無免許運転)容疑で、尼崎市田能の無職の男(79)を逮捕した。同署によると、「免許を取ったことがない」と供述し、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、21日午前11時40分ごろ、同市次屋の市道で、乗用車を無免許で運転したとしている。
 同署によると、男が運転中に携帯電話を使用しているのをパトロール中の署員が発見。事情を聴いたところ、無免許であることが分かった。男は、「若いころに教習所に行ったが、試験を何回受けても通らなかったので諦めた」と話しているという。
此の案件だけでは無く、最近では一度も免許取得した事が無い状況で、道路交通法違反で摘発される事案が可成りの確率で確認されて居ます。
購入時や車検の実施時等で、免許の有無の確認が在る筈なのに、此処をどう見過ごされて来たのかの背景を徹底的に洗い出す必要が在るでしょう。
(車庫証明等で免許の有無が判明する筈です。)
posted by 天野☆翔 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

民主党の徳永エリ参院議員が大暴走。

* 【イスラム国殺害脅迫】「テロ組織を刺激」 民主・徳永氏、FBで首相の人道支援表明を批判 岡田代表の政府への協力表明直後に… - 産経ニュース
民主党の徳永エリ参院議員が21日に自身のフェイスブックで「いくら人道支援とはいえ、資金援助を大々的に記者会見でアピールする、テロ組織を刺激したことは否めないと私は思います」と記し、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件に絡んで安倍晋三首相による人道支援表明を批判した。
 徳永氏は「イスラム世界の国々は親日でした。日本は戦争をしない国、世界平和への希望の国だったからです」と指摘。さらに「(首相が)なんと言おうが、集団的自衛権の行使容認、憲法改正、武器輸出三原則の変更。国際社会は日本は変わってしまったと受け止めている」とした。
 投稿は岡田克也代表が21日午後、記者団に「政府の足を引っ張るようなことになってはいけない」と政府への全面協力を表明した直後に公開された。
此の動きは絶対に許しては為らないでしょう。
野党は屡、政権与党に対して「暴走」と云う表現で叩くが、此れこそ本当の意味での大暴走で、日本の国益を大きく損ねる意思の現れです。
日本人の命が懸かってる状況下での此の動きは極めて稚拙で拙速で在る。
猛省せよ。
posted by 天野☆翔 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

西之島の現状。

* 西之島、東に数百メートル拡大 北への溶岩流止まる - 産経ニュース
活発な噴火が続く小笠原諸島・西之島。東側(画面下)の海に溶岩が流れ込み、水蒸気が立ち上っている=21日(海上保安庁提供) 海上保安庁は22日、活発な噴火が続く小笠原諸島・西之島(東京)で、東向きに流れ出た溶岩が水深10メートルほどの浅い海を埋め、陸地が東側に数百メートル拡大したと発表した。
 同庁が21日午前、航空機で上空から観察した。前回観測した昨年12月25日時点の陸地面積は東京ドームの約49倍に当たる約230ヘクタールだったが、今回は悪天候のため計測できなかった。昨年9月から続いていた北向きの溶岩流は止まっていた。
 火口は高さ100メートル以上。円すい形の丘を形成し、1分間に5〜6回、溶岩片を伴う噴煙を上げていた。東側の海岸では高温の溶岩が海に流れ込み、水蒸気が盛んに立ち上っていた。
大規模な拡大は確認はされては居ませんが、火山活動は尚活発な傾向で、其の面積を広げてる状況。
此の火山活動が完全に収束して居住可能な状態に為るのは一体何時に為るのか全く見通しは立てられませんね。
posted by 天野☆翔 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

天皇陛下皇后陛下の行幸啓を引き継ぎ検討 宮内庁。

* 両陛下の施設ご訪問、お子さま方がお引き継ぎ こどもの日は皇太子ご夫妻、敬老の日は秋篠宮ご夫妻に - 産経ニュース
宮内庁の風岡典之長官は22日の定例会見で、天皇、皇后両陛下が続けてこられた「こどもの日」と「敬老の日」にちなんだ施設訪問について、今年はこどもの日を皇太子ご夫妻、敬老の日は秋篠宮ご夫妻が行われる方向で検討していることを明らかにした。
 両陛下はともに80代となり、子供と触れ合い高齢者を励ますという活動の趣旨から外れてきていることを考慮し、2つの施設訪問をお子さまの世代に譲る意向を示されていた。宮内庁が皇太子さま、秋篠宮さまと相談し、今年の分担を決めた。来年以降については再度、検討するという。
 こどもの日と敬老の日にちなんだ施設訪問は、陛下のご即位後の平成4年から毎年行われている。
子供の日に関しては其の趣旨と天皇陛下皇后陛下の年齢とそぐわないと云う事で、皇太子殿下に忌避注がれる事は真っ当な事で、敬老の日での秋篠宮文仁親王殿下への引き継ぎに関しては肉体的な負担を鑑みての判断なのでしょう。
公務負担軽減を推し進める意味でも、天皇陛下皇后陛下の体調を考えても妥当な処なのでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | The imperial family | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

ダーウィンの研究が最新科学で補完。

* 【坂口至徳の科学の現場を歩く】ダーウィンでも謎…植物の近親交配、解明 奈良先端大、ペチュニアの遺伝子の戦略(1/2ページ) - 産経WEST
自分で移動できない植物は、近親交配を避けるために、自分の花粉と他者(非自己)の花粉を識別し、他者の花粉の方を選んで子孫をつくる性質がある。さまざまな環境の変化に対応できるように多様な遺伝子を蓄える生き残り戦略だ。「自家不和合性」と呼ばれ、進化論で知られるチャールズ・ダーウィン(1809年−1882年)も着目して研究を重ねたものの、ゲノム(遺伝情報)の研究技術が発達する最近まで詳細な仕組みは謎に包まれていた。
 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科の久保健一研究員、高山誠司教授らは、ナス科の園芸植物であるペチュニア(ツクバネアサガオ)が、受粉のさいに多数のタンパク質を動員する動物の免疫系に似た形で他者を見分けていることを、世界に先駆けて明らかにし、研究を重ねてきた。そして、今回、スイス・チューリッヒ大学の清水健太郎教授らとの共同研究により、ペチュニアの他者を見分けるシステム(非自己認識システム)に関わる遺伝子の巧妙な働きの全貌を明らかにした。
「自家不和合性」まるで動物の免疫系だった…有用な植物の生産に期待
ペチュニアののタネは、雌しべの先端に付着した花粉が雌しべの根元まで花粉管を伸ばし、そこで卵細胞と受精して作られる。そのさい、花粉を殺す毒の作用があるタンパク質(分解酵素)に出合うと花粉管が伸びられず、そのタンパク質を分解処理して消す解毒タンパク質があれば受精が許可されるわけだ。
 高山教授らが遺伝子解析の手法を使って調べたところ、50種類以上ある毒タンパク質に対し18種類の解毒タンパク質の遺伝子があり、手分けして毒消しにあたっていることを発見。さらに、自家受精を防ぐため、それぞれの植物体には、自己の花粉に対する毒を消す遺伝子が含まれていないことをつきとめた。
 また、自然の突然変異で、自己の毒も消せる遺伝子を獲得すると、自家和合性になることもわかった。
さらに、こうした巧妙な自家不和合性のシステムは、進化の過程で毒消しのタンパク質の遺伝子をコピーして増やしたり、個体間で交換したりすることを繰り返した結果、生まれたものであることを証明した。
 高山教授らは、「植物も動物の免疫系のように多種類のタンパク質を用いて他者を認識するシステムを利用し、進化させていることが明らかになった。病原菌など非自己の細胞を認識し、排除する仕組みは生物に広く存在していて、このような認識機構をどのように進化させてきたのかという大きな謎の解明にもつながります」と話す。応用面では、どのような相手とも交配できる人工授精技術の開発など有用な植物の生産に結びつく可能性があり、期待される。
 この研究成果は、英科学誌「ネイチャー」の姉妹誌である「ネイチャー・プランツ」(電子版)の創刊号に掲載され、ペチュニアの写真が表紙を飾った。
ダーウィンが基礎的研究をしては居ましたが、結局は存命中には完成しなかった題材が、最新科学の分野で完成と云う日の目を見た。
植物に於ける自他判別の仕組みが此の研究で明らかに成った事で、此の仕組みを応用可能な分野で大きな一歩が踏み出せる事に為るでしょう。
此の研究を主導した清水健太郎教授を始めとする研究班の皆々様方には、本当にお見事と云うしか有りませんね。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

シャルリーの教訓を無視した東京新聞。

* イスラム教徒:東京新聞に50人抗議 風刺画掲載で - 毎日新聞
仏週刊紙「シャルリーエブド」が掲載したイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を紙面で紹介した東京新聞(中日新聞東京本社)に対し、日本在住のイスラム教徒ら約50人が21日、東京都千代田区内幸町の同本社前で抗議行動を行った。
東京新聞はシャルリーエブドが今月14日号で表紙に掲げた風刺画を13日夕刊と14日朝刊に掲載した。イスラム教徒らは「預言者を侮辱するのはやめてください」と書かれたプラカードを掲げ、今後の掲載を控えるように求める抗議文を同本社に渡した。
 同本社の戸谷正一総務局次長は「イスラム教を侮辱する意図は全くなく、問題の判断材料を読者に提供するために載せたと説明した」とのコメントを出した。
此れは完全に気違いで常軌を逸してる。
何故シャルリーが襲撃されたのかの背景を考えれば、風刺画の掲載はすべきで無いと、容易に判断出来る。
東京新聞は恥を知れ。
posted by 天野☆翔 at 06:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

朝日新聞社は「慰安婦問題」を完全に決着させよ。

* 【河村直哉の国論】朝日慰安婦検証、これで幕引きか 「広義の強制性」強弁なぜ検証しない…朝日流「重く受け止める」の軽さ(1/3ページ) - 産経WEST
慰安婦など一連の問題を受けて朝日新聞は1月5日、「信頼回復と再生のための行動計画」を発表した。自らを省み改革しようとする姿勢に水を差すつもりはない。しかし言論の場ではなお大いに批判せねばならない。朝日が強弁してきた慰安婦の「広義の強制性」について現在どう考えているのか、はっきりさせていないからである。
「議論のすりかえ」指摘に答えよ
年末年始をはさんだ動きだったので整理しておく。昨年12月22日、朝日の慰安婦報道を検証する第三者委員会が報告書を提出した。多岐にわたるが、慰安婦を「強制連行」したとする故吉田清治証言の信憑(しんぴょう)性がなくなった後も記事を訂正、謝罪せず、慰安婦に「広義の強制性」があったと強調するようになった朝日の論調を、「議論のすりかえ」と断じた。
 これを受けて朝日の渡辺雅隆社長らが12月26日に会見したが、すりかえについては「重く受け止める」とするばかり。
 12月30日付社説はようやく第三者委報告に触れた。「私たち論説委員も真摯(しんし)に受け止めている」といちおうはしているが、「広義の強制性」には知らん顔をしている。それどころか、ひとごとのような書きぶりである。
 「いま、それぞれの国内で強調される『記憶』は、むしろ以前よりも偏りが目立つ。『慰安婦の多くは自発的になった』『大半は暴力的に連れていかれた少女たちだった』などの言説だ」。しかし後者の、暴力的うんぬんの言説など、その虚偽がまかり通ることになる原因を作ったのは自らの虚報と「広義の強制性」で開き直ってきた姿勢ではないのか。
 社説はまたこうも書いている。「慰安婦問題は人権問題であり、被害者らをいかに救済するかを中心にすえねばならないのは当然のことだ。国の威信をかけて、勝ち負けを競うようなテーマではない」。どんな顔をして社説子はこの社説を書いたのだろう。慰安婦問題で考えられるべきは、朝日のいう「被害者ら」の救済ばかりではない。朝日の虚報によっておとしめられた日本の名誉をいかに回復するかということなのだ。それは「勝ち負けを競う」レベルのものでは決してない。
 そして年頭の「行動計画」でも、「公正な姿勢で事実に向き合います」などとしているが、「広義の強制性」を自分たちが主張してきた事実には、何も触れられてないのである。
長年の強弁姿勢
この「広義の強制性」が、慰安婦問題で要の点になっていることは論を待つまい。国家の関与がそこで俎上(そじょう)に乗せられ、批判され、「性奴隷国家」などという中傷を過去、現在、将来の日本国民に負わせる理屈の根拠となるのが、この「広義の強制性」なのだ。それを強固に主張してきたのは朝日であり、この点を玉虫色にしたままやりすごそうとしているのであれば看過できることではない。
 故吉田証言が崩れ、慰安婦問題が議論される中で朝日は「広義の強制性」という強弁を持ち出した。平成9(1997)年3月31日の慰安婦特集紙面である。
 「『強制』」を『強制連行』に限定する理由はない。強制性が問われるのは、いかに元慰安婦の『人身の自由』が侵害され、その尊厳が踏みにじられたか、という観点からだ」
 同日の社説「歴史から目をそらすまい」もこう書いている。
 「これらの主張(歴史教科書から慰安婦の記述を削除するよう求める主張)に共通するのは、日本軍が直接に強制連行をしたか否か、という狭い視点で問題をとらえようとする傾向だ。しかし、そのような議論の立て方は、問題の本質を見誤るものだ。資料や証言をみれば、慰安婦の募集や移送、管理などを通して、全体として強制と呼ぶべき実態があったのは明らかである」
 これを第三者委は「議論のすりかえ」といっている。そしてそれを朝日側は「重く受け止める」といっているである。ならば、長年とってきたこのような強弁姿勢を修正する、なにがしかの言及があってしかるべきではないか。
慰安婦問題「責任直視」せよ
いや、そもそも「重く受け止める」つもりなど、朝日にはなかったとみなさざるをえない。今年年頭の社説「グローバル時代の歴史 『自虐』や『自尊』を超えて」は、国家の歴史を相対化することを訴えるとともに、いわゆる歴史修正主義批判を繰り出す。慰安婦問題に触れているわけではないが、その文脈でも十分読める。1月3日付「日本人と戦後70年 忘れてはならないこと」は例によって「戦争責任を直視」せよというものである。
 もってまわった言い方など、もはや聞き飽きた。慰安婦に「広義の強制性」があったと、朝日はいまも考えているのか、どうか。第三者委がいうようにそこに「議論のすりかえ」があったと「重く」受け止めるのであれば、それを国内外にはっきりと発信していくべきではないか。そうでなければ何と軽い「重く受け止める」か。
 慰安婦報道の「歴史から目をそらすまい」とは、朝日こそかみしめるべき言葉だろう。朝日は、慰安婦問題の「責任を直視」しなければならないはずである。
記事でも言及されてるが、残された事案は未だに数多く残ってる。
此の案件を誠心誠意本当の心を以って片付けて行く努力が求められる。
過去の経営陣や切っ掛けに成った人物を「過去の人」として扱うのでは無く、現在に続く「当事者」として公式の場に引き摺り出し、徹底的な解決をして行く必要が在ると認識して対応せよ。
posted by 天野☆翔 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

エルトゥールル号遭難事件を描いた映画が製作中。

* 「エルトゥールル号」遭難事故テーマに映画 トルコ人俳優が慰霊碑に献花 和歌山・串本町 - 産経WEST
トルコ軍艦「エルトゥールル号」の遭難事故をテーマにした映画撮影が行われている和歌山県串本町で、トルコ人の俳優が20日、同町樫野の慰霊碑を訪れて献花を行った。
 トルコの人気若手俳優、ケナン・エジェさんら11人は、慰霊碑前で黙祷(もくとう)をささげた。映画でエ号乗組員の若手リーダー役を演じるエジェさんは「両国にとって意義のある映画に出演することができて幸せ。さらに両国の友好関係を深める作品をつくりたい」と意気込みを語った。
 映画は東映の製作・配給で、タイトルは「海難1890」。主演は内野聖陽さん、ヒロインは忽那汐里さんが務める。ストーリーは、500人以上が犠牲になったエ号遭難事故(1890年)で紀伊大島の人々が乗組員69人を救出。95年後の1985年には、イラン・イラク戦争でイランに取り残された日本人をトルコ政府が救難機で救出した出来事を中心に、両国民の心のふれあいなどを描く。
 撮影にあたって内野さんは「歴史的な実話を映画化することは意義がある」とし、忽那さんは「トルコとの助け合いの歴史について、映画を通してお互いに確かめ合う象徴となる作品になれば」とコメントした。
史実としては文章として確認出来るが、映像化される事で、寄り現実的な実感と成って認識出来る事に為ると思われますね。
不幸な事故では有りますが、日本とトルコの友好の切っ掛けに成った案件です。
どう云う作品に為るのか楽しみですね。
posted by 天野☆翔 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

示談交渉で追い込まれる人。

* 「示談ならビデオ処分」宮崎の強姦示談交渉 「脅されたような恐怖でいっぱい」と女性がコメント - 産経WEST
強姦罪に問われた宮崎市のマッサージ店経営者の弁護人が、被害を訴えた女性客側に「当時の様子を撮ったビデオがあり、示談に応じれば処分する」と持ち掛けた問題で、女性の代理人弁護士は21日、経営者の弁護人が「ビデオは無罪の決定的証拠。示談金なしで告訴を取り下げることを条件に、処分する」と複数回提案していたと明らかにした。
 代理人が取材に文書で回答した。女性は21日、代理人を通じ「脅されたような恐怖でいっぱいだった。どこが無罪の証拠なのか。そう言えば告訴を取り下げると思ったのではないか。早く盗撮したビデオとデータを返してほしい」とのコメントを出した。
 経営者の弁護人はこれまでの取材に対し「示談交渉の一環であり、問題とは考えていない」と話している。経営者は公判で、被害者との間に同意があったと主張し、起訴内容を否認している。
 女性の代理人によると、経営者の弁護人は昨年、家宅捜索で押収されなかったビデオのコピーを警察に提出後、代理人に「原本はどうするか。起訴されれば法廷で再生する必要がある。被害者は理解しているのか」と述べた。希望の示談金額を尋ねられた代理人は、経営者が起訴されれば、こちらから数百万円の損害賠償を請求すると回答。弁護人はその後、当初と同じ条件で示談を迫ったが、女性側は捜査機関から「起訴できる映像」という趣旨の説明を受け、示談しなかった。
 コメント中で、女性は起訴後に映像を確認し、「猛烈な頭痛に襲われ、まともに眠れなかった」と述べた。さらに「裁判が終われば自分を取り戻せると思ったが、心は簡単に戻らない。事件で変わってしまった生活も元に戻らない」と訴えた。
 経営者は平成25年12月、オイルマッサージ店で20代の客に乱暴したとして逮捕された。
詳細な経緯と現在迄の顛末は不明ですが、記事の文面を確認すると、示談交渉の中で更に精神的な苦痛を感じると云う事で、二重の被害を受けた事に為るのでは無いのでしょうか。
こう云う事が司法の場で平然と行われてるのだとしたら、救済も何も無く、極めて深刻な問題です。
起訴された案件が事実で在るならば、被害者が本当の意味で救済されるのは、未だ未だ時間が必要に成ります。
posted by 天野☆翔 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

「京都の高等女学校と女学生」が京都市学校歴史博物館で開催中。

* これが日本初のセーラー服! 大正時代、京都の女子生徒たちが身を包んだ制服は… - 産経WEST
平安高等女学校が日本で初めてセーラー服を導入した。写真は大正12年当時のセーラー服(平安女学院提供) 明治・大正・昭和戦前期に存在した高等女学校とはどんな学校で、通っていた女学生たちは何を学んでいたのか。京都の「女学生文化」に関する資料を展示する企画展「京都の高等女学校と女学生」が京都市学校歴史博物館(京都市下京区)で開かれている。3月29日まで。
萌え、ならぬ、燃える青春の才媛「モガ」を知る
高等女学校は、昭和23(1948)年まであった女子中等教育の学校で、京都市内には、16年4月の時点で公立6校、私立10校があった。学年は現在の中学1年から高校1年〜2年にあたり、厳しい入試を突破しなければ入学できなかったという。
 しかし、高等女学校がどんな学校で、どんな服装で過ごし、何を学んでいたのかなど、今日ではあまり知られていない。
 企画展では、大正時代に高等女学校で使われていた英語の辞書のほか、大正時代に日本で初めてセーラー服を導入した平安高等女学校(現平安女学院)の制服のレプリカや写真など資料104点を展示している。
日本の女学校の近代史を知る上でも、非常に貴重な資料が展示されてる事でしょう。
「モダンガール」の一端を知る上でも貴重な展示ですね。
興味関心の在る方は足を運んで見ては如何でしょうか。
posted by 天野☆翔 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

八ッ場ダム着工開始。

* 八ツ場ダム本体着工 計画から60年超、民主党政権下で一時凍結 - 産経ニュース
国土交通省は21日、群馬県長野原町の八ツ場(やんば)ダムで、ダム本体の建設に向けた基礎掘削工事の準備作業に入った。民主党政権下で無駄な公共事業の象徴とされた巨大ダムは一時凍結されるなど曲折を経たが、計画浮上から60年超で事実上の本体工事への着手となる。
 国交省によると、21日は爆薬を埋め込む穴を掘る作業が始まり、22日以降、建設に適した岩盤を露出させるための発破を行う予定。平成28年6月にコンクリートでダムの形を造っていく作業に移行する。完成は31年度になる見込み。
 本体工事は、民主党政権が21年に建設中止を表明、入札を凍結。その後、中止方針を撤回した。自公政権下で昨年8月、清水建設など3社の共同企業体(JV)が落札し、10月から本体工事に必要な測量作業に入っていた。
 水没予定地などで移転対象となったのは470世帯。国は昨年10月までに、家屋移転や国道などの周辺整備を9割以上終えた。総事業費約4600億円のうち6割を、流域の茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京の6都県が負担する。
計画から60年目の着工開始です。
民主政権下で事業仕分けで凍結されたが、漸く本格的な着工開始で、事業が進展します。
スーパー堤防の着工も開始された事で、事業仕分けをしきってた連中は、此の状況を苦々しく思ってる事と思うが、必要な事には必要な予算と人員を充て、進めて行く事が求められます。
国土強靭化の一環でも在るので、事故の無い様に、且つ迅速な工事完了を祈りたい。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

イエメン情勢緊迫化。

* 反政府民兵が国営TV制圧 イエメン、首相車列銃撃も - 産経ニュース
イエメンからの報道によると、同国の首都サヌアで19日、政府への反発を強めているイスラム教シーア派系ザイド派の民兵が国営サバ通信や国営テレビ局を制圧した。サヌアの大統領宮殿周辺では同日朝から、ザイド派民兵と政府軍の衝突が起き、2人が死亡した。
 ザイド派民兵は19日、サヌアの検問所でバハーハ首相の車列を銃撃。けが人はなかったが、政府側は暗殺未遂だとしている。情報相はザイド派のメディア制圧について「クーデターに向けた動きだ」と述べた。
 大統領府は即時停戦を呼び掛ける声明を出したが、衝突は散発的に続いているもようだ。
 ザイド派は昨年9月、サヌアを武力で掌握し、当時の内閣を交代に追い込んだ。その後バハーハ内閣が発足し、連邦制による新体制を目指しているが、ザイド派は連邦制導入による影響力低下を懸念し政府への反発を強めている。
* イエメンで反政府民兵が国営TV制圧、首相公邸も包囲 - 産経ニュース
イエメンからの報道によると、同国の首都サヌアで19日、政府への反発を強めているイスラム教シーア派系ザイド派の民兵が国営サバ通信や国営テレビ局を制圧した。サヌアの大統領宮殿周辺では同日朝から、ザイド派民兵と政府軍の衝突が起き、少なくとも9人が死亡した。負傷者は一般市民を含む67人に上るという。
 民兵は19日夜、首相公邸を包囲。バハーハ首相は公邸内にいるという。ザイド派には首相らへの圧力を強め今後の各勢力間の協議を有利に進める狙いがあるとみられる。
 大統領府は即時停戦を呼び掛ける声明を出し、治安当局者によると、ザイド派と政府側双方が停戦に合意。停戦が発効したと伝えられたが、首相公邸の包囲は続いているもようだ。ザイド派は昨年9月、サヌアを武力で掌握、当時の内閣を交代に追い込んだ。
* イエメンでザイド派民兵が大統領府に乱入 公邸でも戦闘発生 - 産経ニュース
ロイター通信によると、イエメンの首都サヌアで20日、政府との対立を深めているイスラム教シーア派の一派、ザイド派の民兵が政府軍との衝突の末、大統領府に乱入した。ハディ暫定大統領の公邸でも戦闘が発生しているもようだ。
 ロイター通信は匿名の高官の話として「大統領は公邸内にいるが大丈夫だ」と伝えた。
 ザイド派民兵は19日、国営通信や国営テレビの建物を制圧したほか、サヌア市内の検問所でバハーハ首相の車列を銃撃した。首相は無事だったが、制圧の際の衝突で少なくとも9人が死亡。政府側は「クーデターを狙った暗殺未遂だ」などと非難していた。
 双方は19日、大統領府からの呼びかけを受けていったんは停戦に合意していたものの、再び衝突が発生したことで混乱がいっそう泥沼化する恐れがある。
 ザイド派は昨年9月、首都の主要部に民兵を展開して当時の内閣を交代に追い込むなど、武力を背景に、影響力増大に向けた政府への要求を強めていた。
* イエメン シーア派の一派のザイド派が大統領公邸を制圧 政治危機泥沼化 - 産経ニュース
ロイター通信などによると、イエメンの首都サヌアで20日、政府との対立を深めているイスラム教シーア派の一派、ザイド派の民兵が政府軍との衝突の末に大統領府へ乱入、21日までにハディ暫定大統領の公邸を制圧した。ザイド派幹部は、暫定大統領の安全は確保されているとしている。
 イエメンの政治危機がいっそう泥沼化する中、ザイド派の指導者、アブデルマレク・フーシー氏は20日、テレビ演説し、ハディ暫定大統領に対し、政府との間での権力配分に関する合意を実行に移すよう強く求めた。この要求に対し、政府側やザイド派と対立する部族勢力が反発を強めるのは必至であり、さらなる衝突につながる恐れもある。
 同国北部を拠点とするザイド派勢力は昨年9月、より多くの権力配分などを求めて首都主要部に民兵を展開。当時の内閣を交代に追い込むなど、武力を背景に政府への圧迫を強めていた。
反政府組織の武力での強行的な行動で、一般市民を含む大勢の人が犠牲に成り、テレビ局を始めとする行政上の重要施設も制圧したりと、自体は極めて金箔して来て混迷化の様相を呈して居ます。
過去の軍事的なクーデターで政権樹立したが、今回も其の同じ道を歩んでる様子で、どうやら定期的に武力蜂起してると云う感じですね。
どう云う結果に為るのかは不透明ですが、此れ以上の犠牲者が出ない事を祈りたい。
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

安倍晋三内閣総理大臣のホロコースト記念館でのスピーチに支那が反応。

* 「侵略戦争で真に反省を」と中国、安倍首相のイスラエルでの演説に - 産経ニュース
安倍晋三首相がイスラエルのホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)記念館で「悲劇を二度と繰り返してはならない」とスピーチしたことについて、中国外務省の華春瑩報道官は21日の定例記者会見で「日本が、軍国主義者が起こした侵略戦争について真に深く反省することを望む」と述べた。
 安倍首相は19日の同記念館でのスピーチで、日本は「人権や平和な暮らしを守るため、世界の平和と安定に積極的に貢献する」と表明した。
 これに対し、華氏は「(日本が)平和発展の約束を実践し、実際の行動によりアジアの隣国の信頼を得ることを望む」とけん制した。
支那はもういい加減にせいよ。
戦後、日本は戦中戦前の行いで散々国際的な場での反省を公言して来た上に、戦後から現在迄、国際的に平和的な活動で貢献して来た。
此の事実は変える事は出来ないし、否定する事も出来ない。
何を今更反省の弁を求めるのか?
軍国主義を継続してる支那の云う事では一切ない。
御前等の好きにしたいが為に、いい加減日本を引き合いに出す事は一切止めよ。
平和的な活動を自ら実戦して其の行動で自分達の言い分を証明して見せよ。
posted by 天野☆翔 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

新規卒業者の内定率向上。

* 高校生就職内定率 21年ぶり高水準 NHKニュース
この春、卒業予定の高校生の就職内定率は、去年11月末の時点で84%と、リーマンショックの前を上回り、21年ぶりの高い水準になりました。
厚生労働省がハローワークを通じて調べたところ、就職を希望している全国の高校3年生およそ17万5000人のうち、就職が決まっているのは去年11月末の時点でおよそ14万7000人で、就職内定率は84.1%でした。
これは、前の年の同じ時期と比べて4.9ポイントの改善で、リーマンショック前を上回り、平成5年11月以来21年ぶりの高い水準になりました。
内定率はすべての都道府県で前の年より改善し、最も高かったのは福井の93.7%、次いで富山が92.9%、石川が92.1%と北陸が上位を占めました。一方、最も低かったのは沖縄で52.2%、神奈川が70.8%、北海道が74.2%でした。
厚生労働省は「人手不足から大卒だけでなく高卒にも対象を広げて採用する企業が増えたことや建設業や製造業を始め幅広い産業で求人が増えたことで、全国的に内定率が改善した」と分析しています。
* 大学生就職内定率 4年連続で改善 NHKニュース
この春、卒業予定の大学生の就職内定率は、先月1日の時点で80%と、4年連続で改善しました。
厚生労働省と文部科学省が全国の大学生およそ4800人を抽出し調査したところ、就職を希望している学生が企業から採用の内定を得た割合、就職内定率は、先月1日の時点で80.3%で、前の年の同じ時期を3.7ポイント上回り、4年連続で改善しています。中でも、女子学生の内定率は81.9%と、調査を始めた平成8年以降、最も高くなりました。
地域別では、関東の学生が85.6%と最も高く、次いで近畿の82.3%、北海道・東北が78.4%、中部が76.1%、九州が71.6%、中国・四国が70.5%となっています。
厚生労働省は「景気の回復や団塊の世代の大量退職によって、男女を問わず優秀な若者を確保したいという企業が増えたことが、女子学生の内定率の改善に顕著に表れている」と分析しています。
高等学校も大学も、新規卒業者の内定率が前年比を大きく上回ったり、殊に高等学校の場合はリーマン・ショック以前の水準を記録する等、高い伸び率を示してる。
就職難と云われて来たあの話は一体何処にと云う状況ですね。
内定率が高いと云う事は求人が多いと云う事で、経済的に好循環の一環が現れてる事でも在る。
安倍政権の経済政策が間違っては居ないと云う証にも為る。
今後は此の好循環が継続化する事が求められるでしょう。
動向に注視して行く必要が在ります。
posted by 天野☆翔 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Economy/Business | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

日本書紀記載の関連品か 陶棺発掘。

* 特異な形状の小型陶棺出土 京都・京田辺市の松井横穴群 - 産経WEST
京都府京田辺市の「松井横(おう)穴(けつ)群」で、古墳時代後期から飛鳥時代にかけての横穴(墓)が多数見つかり、特異な形状の小型陶棺が出土したと京都府埋蔵文化財調査研究センターが20日、発表した。同センターによると、形状が似た陶棺の出土は2例目で、貴重な資料という。
 この横穴群はこれまでも知られていたが、本格的な調査は初めて。現場は竹林の丘陵地で、横穴70基を確認した。遺跡全体では約300〜400基の横穴があると想定され、村の有力者らが埋葬された可能性があるとみている。
 土(は)師(じ)質の小型陶棺は長さ約80センチ、高さ約30センチ、幅約35センチで上面を方形にくり抜き蓋をかぶせる構造。同様の形状の小型陶棺は、奈良市の「宝来横穴第6号墳」で出土した例があるという。
 同センターは「『日本書紀』にこの付近に土師部がいたという記述があり、この陶棺との関連性を考えるうえでも貴重な資料」としている。
 現地説明会は25日午前10時半と午後1時半の2回開催。駐車場はなく、最寄り駅はJR松井山手駅。問い合わせは現地事務所((電)090・2191・4601)へ。
現段階では飽く迄推測では在るが、日本書紀に記載された土師部との関連性が考えられてると云う事で、歴史的な発見に為る発掘の結果の可能性が高く成って来ました。
此処最近は結構な頻度で歴史的な発掘が西日本で相次いで居ます。
此の発掘作業の今後の推移が非常に楽しみで為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

エルトゥールル号の本格調査実施確定。

* 「船員の思い出発掘したい」125年前沈没のトルコ軍艦 来週から潜水調査 串本沖(1/2ページ) - 産経WEST
明治23(1890)年に和歌山・串本沖で遭難したトルコ軍艦「エルトゥールル号」の発掘調査について、トルコの海洋考古学者で海底遺品発掘調査団のトゥファン・トゥランル団長(62)は19日、同県串本町で会見を開き、本格的な潜水調査は来週ごろから行う見通しを明らかにした。同団長は「船員の思い出になるものを発見したい」と意気込みを語った。
 海底での発掘調査は平成20〜22年に行われ、金貨や調理鍋、人骨など約7500点以上を発見。保存のための脱塩処理や復元作業が約9割まで終わったことから、今回5年ぶりに調査を行うことになった。
 調査範囲は、串本沖約100メートル、水深約12メートルの海底にある洞窟(約10平方メートル)部分が中心。以前の調査で洞窟内で確認されたコンクリート状のものを引き上げるという。事故時の爆発による高温で溶けたものが岩盤に固着したとみられ、内部に多くの遺物が残っている可能性があるという。
 今月22日からの調査を予定しているが、実際には天候が安定する来週からになる見通しという。ダイバーは最大6人が2班に分かれて潜水。1回1時間を目安にそれぞれ2回行う。
トゥランル団長は2月15日まで滞在する予定で、「最終的な目標は、遺品回収を通じて和歌山、串本とトルコの友好関係を深めたい」と述べ、田嶋勝正町長は「事故から125周年の年に発掘が行われるのは大変うれしい。新たな発見を期待したい」と話した。
* エルトゥールル号遭難事件 - Wikipedia
此の不幸な事故は痛ましいが、此の事故が無ければトルコとの関係は今現在無かった事でしょう。
既に実施された懐中調査では引き上げ可能な物品は引き上げられたが、他は海中に没した儘で在る事から、此の本格的な調査が来襲実施される事が決まった。
此の調査の結果、引き上げられる物品がどの程度の点数に為るのかは不明ですが、無事に成功して欲しいと思います。
posted by 天野☆翔 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

安倍晋三内閣総理大臣のホロコースト記念館でのスピーチに南朝鮮が反応。

* 安倍首相のホロコースト視察に韓国報道官「元慰安婦の傷癒やす努力を…」 韓国紙も批判 - 産経ニュース
韓国の外務省報道官は20日、安倍晋三首相が19日にイスラエルのホロコースト(ユダヤ人大虐殺)博物館を視察したことについて「安倍首相がホロコーストの被害者を追悼したことは意味がある」と一定の評価を示しつつ、「安倍首相のこのような行為が国際社会に正しく受け入れられるためには、旧日本軍の元慰安婦をはじめ、過去の歴史に起因した被害者たちの苦痛と傷を癒やす努力もなされなければならない」と注文を付けた。
 報道官はまた、オランダ出身の元慰安婦が2007年に米下院で慰安婦の被害について証言し、「第二次大戦中の最悪の人権侵害であり、忘れられたホロコーストだ」などと非難したことにも言及した。
 20日付の韓国各紙も、安倍首相がホロコースト博物館を視察した記事を写真付きで1面などに掲載、安倍首相がホロコーストの被害者を追悼しながら、慰安婦問題には言及しなかったことなどを批判した。
南朝鮮側の云う根拠は一切無く、恰も慰安婦達を犯罪者の如く扱って来た政府が云う事かと、本当に呆れ果てる発言で在る。
慰安婦問題は南朝鮮国内の問題で在って、最早日本は関係は無く、全ては二国間条約と地位協定の中で解決決着してる案件で在る。
日本側の譲歩妥協で出来た女性基金の金銭を受け取る事を責め立てたのは、南朝鮮国内の気違い達で在るのだ。
慰安婦を始めとする戦後処理での全ての案件は完全に終了してる事を言明して置く。
posted by 天野☆翔 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

日本人二名がイスラムの人質に。

* 【イスラム国】日本人2人殺害を警告 72時間以内に2億ドル要求 - 産経ニュース
AP通信によると、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が20日、身代金2億ドル(約236億円)を72時間以内に支払わなければ、拘束している湯川遙菜さん(42)ら日本人2人を殺害すると警告するビデオ声明を発表した。
 ビデオでは、英国人とみられる男性戦闘員が、「(日本は)イスラム教徒の女性や子供を殺害し家を破壊するために1億ドルを寄付した」などと述べ、日本が米国主導の有志連合による対イスラム国軍事作戦を支援していると非難した。
 湯川さんはシリア反体制派「自由シリア軍」やイスラム戦線などの混成部隊に同行していた昨年8月、内戦中のシリア北部アレッポ郊外でイスラム国に拘束されたとみられる。
 ビデオ声明では、もう1人の男性の名前をケンジ・ゴトウ・ジョゴとしており、シリアなどで取材活動を続けていたフリージャーナリストの後藤健二さんの可能性がある。
* 【イスラム国殺害予告】安倍首相を猛批判「お前は十字軍に参加した」「このナイフがお前たちの悪夢となる」 - 産経ニュース
日本人2人の殺害を警告した過激派「イスラム国」戦闘員とみられるビデオ声明は次の通り。
 【日本政府と日本の人々へ】
 「日本の首相へ。お前はイスラム国から8500キロ離れているにもかかわらず、自発的に十字軍に参加した。日本は女性と子供を殺害、イスラム教徒の家を破壊するための1億ドルを得意げに拠出した。従って、(後藤健二さんとみられる男性をナイフで指しながら)この日本国民(の解放)には1億ドルがかかる。また、イスラム国の拡大を阻止しようとするために、別途1億ドルを拠出したから、(湯川遥菜さんとみられる男性を指して)この日本人はさらに1億ドルかかる。
 日本の国民へ。お前たちの政府はISと戦うために2億ドルを支払うという最も愚かな決定をした。お前たちには、2人の日本人を救うため、政府に2億ドルを支払うという賢明な決断を迫る猶予が72時間ある。さもなければ、このナイフがお前たちの悪夢となるだろう」

 中東歴訪中の安倍晋三首相は18日午前(日本時間同日夕)ヨルダンの首都アンマンでアブドラ国王と会談した際、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」対策として120億円(約1億ドル)の円借款による財政支援を表明した。殺害予告はこの支援に言及したとみられる。
* 【イスラム国殺害予告】邦人2人拘束、身代金「72時間以内」に2億ドル要求 日本政府の中東支援を批判(1/2ページ) - 産経ニュース
イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」とみられるグループが20日、「身代金2億ドル(約236億円)を72時間以内に支払わなければ、拘束している湯川遙菜さんら日本人2人を殺害すると警告するビデオ声明をネット上で発表した。
 日本政府が確認を急いでいるが、ビデオの内容が事実なら、イスラム国が拘束した日本人を殺害すると警告したのは初めて。
 安倍晋三首相は訪問先のイスラエルで「人命を盾にとって脅迫をすることは許し難い行為であり強い憤りを覚える」と非難、ただちに解放するよう求めた。
 菅義偉官房長官は20日の記者会見で、中山泰秀外務副大臣をヨルダンへ派遣すると発表。政府は緊急対策本部を立ち上げた。
 ビデオでは、黒い戦闘服で全身を隠した男性戦闘員が英語で「(日本は)イスラム国との戦いに2億ドルを支払うという最も愚かな決定をした」などと述べ、日本が有志連合による対イスラム国軍事作戦を支援していると非難した。
中東歴訪中の安倍首相は17日、エジプトでの演説で中東安定化に向けた経済支援策などを発表し、うちイスラム国対策では2億ドルの供与を表明していた。
 イスラム国系のメディアが編集したとみられるビデオは、冒頭に安倍首相がイスラム国対策を表明した際のニュース映像を紹介。その後、戦闘員が、オレンジ色の服を着てひざまずいた日本人とみられる男性2人にナイフを向けるなどしながら「日本国民は政府に身代金を支払うよう圧力をかけろ」などと要求した。
 ビデオでは、男性2人のうち1人を「湯川さん」と、もう1人を「ケンジ・ゴトウ・ジョゴ」と表示。昨年10月にシリア内戦の取材に向かったまま連絡が取れなくなっているフリージャーナリストの後藤健二さん=東京都港区=の可能性が高い。
* 【産経新聞号外】イスラム国 日本人2人殺害警告[PDF]
該当する安倍晋三内閣総理大臣のスピーチは追記にて全文引用。
行方不明に成ってた湯川遙菜の名前が此処に来て出て来ました。
此の人物に於いては、塗工後の行動に不自然な処が有り、武装してた事から拘束されたのは無理も無く、いたし方の無い事なので、結局は自業自得と云う見方に為るのでしょう。
後藤健二氏に関しては、渡航の理由や動機が不明な点が多く、詳細は不明です。
とは云え、敵対する意思も無く、攻撃の意思も無い人物を拘束して、人質にした上で身代金要求をする行為は極めて卑怯で断罪に値する行為です。
安倍晋三内閣総理大臣のスピーチを利用しただけと見るのが自然では在るが、此の人質を無事に奪還出来なかった場合でも、無事に奪還出来た場合でも、該当するスピーチを政争の具にしては為らない。
何れにしても、無事に五体満足で日本に戻って頂くのが、関係者の望みですね。「日本人二名がイスラムの人質に。」の追記を読む
posted by 天野☆翔 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

安倍晋三内閣総理大臣 ホロコースト博物館でスピーチ。

* 首相、ホロコースト博物館でスピーチ 「歴史修正主義者」の払拭狙う(1/2ページ) - 産経ニュース
イスラエル訪問中の安倍晋三首相は19日午前(日本時間同日夕)、エルサレム市内のホロコースト(ユダヤ人大虐殺)博物館を視察し、平和に向けたスピーチを行った。スピーチでは差別と戦争のない世界の実現に向け、積極的に貢献する決意を表明。戦後70年に絡み首相を「歴史修正主義者」とレッテル貼りする勢力の批判を払拭する狙いもありそうだ。
 「ハショア・レオラム・ロー・オッド」
 首相はスピーチでヘブライ語を使い「ホロコーストを二度と繰り返してはならぬ」と訴えた。第二次世界大戦中、ユダヤ人難民6千人に「命のビザ」を発給して救った日本人外交官・杉原千畝(ちうね)にも触れ、「彼らの勇気に私たちは倣いたい」と強調。スピーチ前には、犠牲者600人の写真が飾られた「名前のホール」など博物館内を約1時間半かけて視察した。
 同博物館の視察とスピーチはエルサレムを訪問する各国首脳にとって「親イスラエルを示すための恒例行事」(同行筋)だが、首相にとっては歴史認識をめぐる誤解を解く絶好の機会でもある。これまでも、昨年3月のオランダ訪問の際に、「アンネの日記」の作者であるユダヤ人少女アンネ・フランクを記念する博物館に立ち寄り、平和への思いをアピールしている。
その背景には中韓両国だけでなく、欧米の一部メディアでも首相を「歴史修正主義者」と批判する見方が根強いことがある。今月には米議会調査局が、首相を「強烈なナショナリスト(国粋主義者)」と決めつける報告書を発表した。
 首相は海外で平和への真摯(しんし)な姿勢を繰り返し示すことで、戦後70年の首相談話の発表に向けた地ならしを着々と進めているともいえそうだ。
安倍晋三内閣総理大臣のスピーチの全文は追記にて。
此のスピーチは非常に素晴らしく、日本が今後進んで行くべき方向性を示す良い機会に成ったのでは無いのでしょうか。
平和活動に積極的に参加し、治安維持の協力をすると云う国際貢献には、日本の国益にも適う事です。
人種差別を年頭に於いた内容は、支那に於いては南モンゴルや東トルキスタン、チベットの問題で、南朝鮮に於いては、在日の問題や、慰安婦問題にも波及する案件でも在る。
又、支那等は戦後の日本の対応をドイツに学べと云う論調が在るが、全くの筋違いで在る事も含まれる。
此のスピーチは今後、国際的な歴史に残って行く事でしょう。「安倍晋三内閣総理大臣 ホロコースト博物館でスピーチ。」の追記を読む
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

スーパー堤防漸く着工。

* 江戸川右岸スーパー堤防 ようやく着工 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
 国と江戸川区が江戸川右岸で進めているスーパー堤防(高規格堤防)建設と土地区画整理事業について、堤防本体の建設作業が近く始まる。予定地に最後まで残っていた民家の解体が昨年12月に完了したためで、民主党政権でいったん「廃止」となり、一部住民の反対運動も起きるなど、曲折を経た事業は一つの大きな節目を迎える。
 区によると、昨年11月、予定地で最後まで残っていた民家1棟が立ち退きに応じ、12月10日に解体工事が完了。更地となった約1.4ヘクタールの予定地では、早ければ20日にも堤防本体建設のため、土を盛る作業が始まる。
 堤防の盛り土工事をしたうえで、道路や下水などの整備も含めて全て完了するのは2016年12月頃の予定。本来の時期よりも1年以上遅れることになる。
 対象地域にはもともと約90棟の建物が立ち並び、約250人が生活していた。だが、住民の高齢化に加え、建物の約8割が木造住宅で、道路も狭く消防車が入れないなど防災上の問題があり、区は06年12月、国がスーパー堤防を建設することを前提に、土地区画整理事業を行う方針を示した。
 一連の事業は同区北小岩1丁目東部地区の江戸川沿いに、国が高さ約7メートル、総延長約120メートルのスーパー堤防を建設後、区が堤防上に住宅地を造り直す計画だ。
 10年10月、民主党政権の事業仕分けでこの事業はいったんは「廃止」となった。その後、11年12月に規模を縮小することで継続が決まった。
 移転に応じた住民には、国と区が移転補償費を各世帯に応じて払っている。家族3人で近くのアパートで堤防の完成を待つ会社員赤谷蔵人さん(67)は、「いろいろ振り回され、みんなストレスがたまっている。手抜きはせず、多少遅くなってもしっかりした安心できる土地を返してほしい」と話している。
 国と区では、新年度から都立篠崎公園周辺でも別のスーパー堤防を建設する予定で、同様に土地区画整理事業を始める方針。区の区画整理課の担当者は、「今回の件を教訓とモデルにして、住民の理解を得る努力をしてスムーズに事業を進めたい」と話している。
未だに行政訴訟を起こして取り下げして無い人が居るとの事ですが、洪水が無いと言い切れる根拠は皆無です。
東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)での教訓を忘れたのかと云いたいですね。
どんな災害も「起きる」との想定で様々な事案を解決して行かなくては為らない。
此のスーパー堤防を一旦廃止に追い込んだ民主党は猛省せよ。
posted by 天野☆翔 at 06:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

宮崎県で未盗掘の墓発見。

* 宮崎の横穴墓に大量の刀、甲冑 有力者埋葬か - 産経ニュース
宮崎県えびの市教育委員会は19日、同市島内の島内地下式横穴墓群(5、6世紀)で、男女とみられる2体の人骨と、装飾された朝鮮半島製の刀など、大量の副葬品を納めた首長墓(有力者の墓)が見つかったと発表した。市教委によると、未盗掘のほぼ完全な状態で見つかるのは異例。
 調査した鹿児島大の橋本達也准教授は「一点一点が発表に値するような質の高いもの。見たことがない出土状態で、埋葬方法などの解明につながる」と話している。
 墓は約160基ある同横穴群の中でも最大級。装飾付き大刀や大和政権からの甲冑一式が発見され、市教委は各地と交流のあった有力者の墓とみている。
 約300本の矢や、装飾付きの矢入れ具「平胡●(=竹かんむりに禄の旧字体)」、2組の装飾馬具や鏡もあった。通常は腐ってしまう繊維や革などの有機物が副葬品とともに残り、原形や構造を復元する上で貴重としている。25日午後1時半から3回に分けて調査説明会が実施される。
此れは歴史的に非常に価値の在る発見で、更に未盗掘のほぼ完全な状態で在ると云うから驚きです。
どんな人物だったのか興味が尽きない処ですが、今後の調査が楽しみですね。
posted by 天野☆翔 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

葛西臨海水族園での相次ぐ鮪の減少。

昨年末から確認された、当初は百数十頭居た鮪が現在では十数頭に激減した原因は、未だに明らかに成って居ません。
骨折が原因だとか、工事での振動が原因だとか様々な案件が上がってるが、最終的な原因究明に至っては居ません。
数頭だけの問題なら無視出来る範疇とも思えますが、其の対象が余りにも多いので、大量死と云う極めて不可思議が現象は非常に不気味で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

野々村竜太郎元兵庫県議員を書類送検。

* 号泣県議≠書類送検 兵庫県警 「一度手にしたセイカツヒ&ヤしたくなかった」 野々村元県議 - 産経WEST
兵庫県の野々村竜太郎元県議(48)による政務活動費の不適切な支出問題で、兵庫県警捜査2課は19日、政活費約220万円をだまし取ったとして、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使容疑で、野々村元県議を書類送検した。同課によると、元県議は「一度手にした政活費を返したくない気持ちを抑えられなかった」と容疑を認めている。
 書類送検容疑は、平成23〜25年度、実際には行っていないのに城崎温泉(兵庫県豊岡市)などへの「日帰り出張」を申請したり、金券の購入費を「切手代」として計上したりして、嘘の収支報告書を県議会に提出。約800回にわたって政務費計約220万円をだまし取ったとしている。詐取した金額の内訳は明らかにしていない。
 同課によると、元県議は領収書の金額を改(かい)竄(ざん)し、クレジットカードの明細書を切り張りするなどしていた。詐取した金を食料品や商品券購入、国民年金の支払いに充てていたという。
 元県議は問題発覚後、昨年7月の記者会見で号泣して釈明。辞職後、県議会や市民団体が刑事告発していた。元県議が在任中に受け取った政活費1834万円を全額返済したことから、県警は逮捕を見送った。
こう云う意識で議員活動をしてるのだから呆れ果てる。
同じ様な案件は此の事案の後続発して確認されたが、こう云う状況が数々確認されたのだから、政務活動費に関する規制は必要です。
国民の貴重な税金なのだから、此の税金の使途を明確にする必要が有り、不適切な使途は一切認めては為らない。
議員の地方中央問わず、活動の原資は全て税金なのだと云う意識に欠けるのは困りモノです。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

虫除け商品は効果無し判断。

* つり下げ、置くだけの虫よけ剤、効果なし!?消費者庁が再発防止命令へ 販売元には反発も - 産経WEST
虫を寄せ付けないとうたった空間用虫よけ剤の表示には根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁が販売4社に、再発防止などを求める措置命令を出す方針を固めたことが19日、関係者への取材で分かった。
 関係者によると、命令の対象は大日本除虫菊(大阪市)、フマキラー(東京)、アース製薬(東京)、興和(名古屋市)の大手4社で、製品は「虫コナーズ」「虫よけバリア」「バポナ 虫よけネットW」「ウナコーワ虫よけ当番」などの名称で販売されている。
 いずれも玄関やベランダにつり下げたり置いたりして使い、ハエや蚊が嫌う薬剤が徐々に蒸発する仕組みで「置くだけ簡単虫よけ」「害虫をよせつけない」などと宣伝している。
 4社は効果の裏付けとする実験結果などを示したが、消費者庁は、風通しの良い生活空間や人の移動が多い場所では薬剤成分が空気中にとどまりにくいため、効果が十分とはいえず、表示の根拠とは認められないと判断した。
 消費者庁は各社の弁明を聞いた上で、2月までに命令を出す見通し。
 大日本除虫菊は取材に「製品の効果については十分に試験をしたと考えている」と回答。ほか3社は「現時点ではコメントできない」としている。
企業側は充分な実証実験を経てるのだからと云う理由で反発してるが、結果は結果として受け止める必要は在るのでは無いのでしょうか?
過去には化粧品の問題等で様々な反応が在ったが、公平性を期した条件での実証実験の結果なのだから、事実は事実として受け止め、其の上で商品開発への動きの中で対応して行く努力が求められるでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

南朝鮮は首脳会談をする気が一切無いのでしょう。

* 日韓首脳会談、「日本側に十分な動きない」韓国外相が苦言 - 産経ニュース
韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は19日、今年の外交政策方針を朴槿恵(パク・クネ)大統領に報告した後、記者会見し、日韓首脳会談について「日本側に(会談実現に向けた)十分な動きはうかがえない。朴大統領が新年の記者会見で強調したように、首脳会談実現に向けうまく条件をつくらねばならない」と指摘。間接的に慰安婦問題解決への日本側の努力を求めた。
 朴大統領は12日、会談には「日本側の姿勢の変化が重要だ」と指摘。これを受け、菅義偉(すが・よしひで)官房長官は13日、「首脳会談に前提条件を付けるべきではない」と不快感を示していた。
 尹外相に対しては「韓国側の努力」を問う質問もあったが、それに対しては「日本側は慰安婦問題を韓日関係の側面でのみ見ているが、国際社会はそれ以上に見ている。普遍的な人権の問題、性暴力の問題とし、多くの国際機構と国際社会で話し合われている」と述べた。
 その上で、「国際社会がこの問題をどのように見て、(生存している)軍隊慰安婦の方々が、なぜ自尊心や名誉の回復を望んでいるのかを、日本側でより深く考える必要がある」と強調し、日本側の努力を促した。
此れ迄も、日本は首脳会談に向けて様々な努力を重ねて来て、更に譲歩もして来た。
にも関わらず、此の努力と譲歩を更に求めると云うのだから呆れ果てる。
そもそもの出発点から南朝鮮は間違ってるのだから、日本側が幾等努力と譲歩を重ねて行っても、結局は同じでしょうね。
こう云う意識と態度ならば、首脳会談はしなくて構わないのでは無いのでしょうか。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

産經新聞前ソウル支局長公判の法廷内の状況。

* 【本紙前ソウル支局長公判】「チョッパリ」「日本のやつら」「処罰しろ」 法廷騒然、響く怒号…「ここは韓国だ」反日団体の関係者ら退廷も(1/2ページ) - 産経ニュース
ソウル中央地裁で19日に開かれた産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の第3回公判。同支局が入るビルの前で産経新聞に対する抗議デモを行っていた反日団体関係者らが、公判中に傍聴席から「チョッパリ!(動物のひづめの意味で、日本人の蔑称)」「処罰しろ!」などと大声で叫び、公判が何度か中断する騒ぎがあった。
 同日午後2時ごろ、開廷すると間もなく、加藤前支局長を告発し、昨年11月の初公判の際に卵を投げるなどの妨害事件を起こした右翼団体関係者が傍聴席をめぐって他の男性と口論になり、法廷内が一時、騒然となった。
 その後、証人尋問が進行している最中に、傍聴席に座っていた他の反日団体関係者の男性が突然、立ち上がり、「チョッパリ」「国民は憤怒している」などと叫んだ。裁判長から注意され、いったん席に着いたが、その間、証人尋問が中断した。
 男性は着席した後も、興奮が収まらない様子で、10分ほど傍聴した後、隣に座っていた仲間の団体関係者らと「ここは韓国だ」「日本のやつら」と大声を上げた。男性らは退廷を命じられて、裁判所の職員に法廷から連れ出され、再び中断する騒ぎになった。
この日の公判は、検察側証人として、朴槿恵(パク・クネ)大統領の元側近で、最近の動向がベールに包まれている鄭(チョン)ユンフェ氏が出廷したことから、韓国メディアの関心も高く、前回の第2回公判とは異なり、多くのカメラマンや記者らがソウル中央地裁に詰めかけた。約90人が着席できる法廷の傍聴席は日韓のメディア関係者や反日団体の関係者らで埋め尽くされ、立ち見状態で傍聴していた人もいた。
 前回の公判同様、警察車両がソウル中央地裁の構内で待機し、法廷内の傍聴席にも警官が配置されるなど、厳重な警備態勢が敷かれていた。
法廷内は基本的に「静穏」が求められる筈なのに、騒ぎ立てて退廷を命じられると云う為体。
そして、平然と法廷内で「ヘイトスピーチ」をする意識。
此れが南朝鮮の実態なのですね。
時と場所を選ばず冷静さが一切無いのが民族性なのでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

東京ビッグサイトでのエスカレーター事故の原因確定。

* 「東京ビッグサイト」エスカレーター逆走事故の原因は「ボルト」の緩み - 産経ニュース
東京都江東区の東京国際展示場(東京ビッグサイト)で平成20年8月、上りエスカレーターが逆走、乗客10人が軽傷を負った事故の原因を調査していた国土交通省の審議会は19日、モーターの土台を固定するボルトが緩んでいたことが、逆走の原因となったとする報告書を公表した。
 当時は人気アニメのフィギュアを展示、販売するイベントが開かれ、最大で125人が乗っていたと推定。事故直後は重量オーバーが原因とみられていたが、乗客の総重量はブレーキの許容範囲内だった。
 報告書によると、ボルトは締め付け不足で、モーターの土台が約4センチずれていた。このためステップを動かすチェーンが大きく緩み、歯車とかみ合いにくくなって減速。安全装置が異常を検知してモーターが停止し、ブレーキが作動した。しかし、緩んだチェーンが滑るなどして歯車が不規則に動いたため逆走し始め、制動力にも余裕がなく固定できなかったとみられる。
ボルトの緩みが事故の原因だったとの決着ですが、人員の総重量に対しての制動は許容範囲だったと云う結論は少々疑問を抱く。
あの人数が一気に乗ってたら過剰な負荷が掛かり、制動するにも許容範囲だったとは思えないからです。
とは云え、一義的には移動に関する基幹部分の不具合が結果的に事故に繋がったと云う結論は納得する処でしょう。
同じ事故が起きない様な対策の徹底が求められます。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

日本の防災対応は世界一と云う。

* 防災で「日本は世界の模範だ」国連の防災担当特別代表「住民の行動、学ぶべき点多い」 - 産経ニュース
国連で防災を担当するワルストロム事務総長特別代表は19日、東京都内の日本記者クラブで会見、多くの災害を経験した日本は防災分野で「世界のロールモデル(模範)だ」とし、日本政府は防災のソフト面での対策を各国政府に積極的に伝えてほしいと訴えた。
 日本政府は、内閣府を中心に、行政だけに頼らず住民自身の「自助」と地域社会の「共助」を組み合わせて防災力を高めるよう呼び掛けている。
 ワルストロム氏は「東日本大震災では、住民自らが最初に身の安全を確保する必要性が明らかになった」と指摘。「住民の行動は一つの課題で、日本政府が取り組むソフト面での対策から学ぶべき点は多い」と述べた。
 ワルストロム氏は3月に仙台市で開かれる国連防災世界会議の準備などのために来日した。
* 母国ではやらないので貴重…外国人向け防災訓練 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
20年前に発生した阪神大震災を機に定められた「防災とボランティア週間」(15〜21日)に合わせて、東京都内で18日、防災訓練や講演会が開かれた。
 大田区立蒲田小学校では、外国人向けの防災訓練を初めて実施。中国や米国、インド、ネパールなど14か国・地域の計110人が参加し、起震車で震度7の揺れを体験したり、煙が充満したビニールテントの中をくぐったりした。
 また、蒲田消防署員から通訳を介して、「地震の際は頭を守って」「火事だと分かったら、日本語でなくてもいいのでとにかく周りの人に伝えて」などと指導を受けた。オーストラリア人のブロン・ウィン・デイビスさんは「母国では防災訓練はないので貴重な経験だった」と語った。
 新宿区の新宿文化センターでは、防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実さんによる講演会が開かれ、区民ら約200人が首都直下地震への備えを確認した。
 渡辺さんは、新宿区が繁華街や住宅街など多様な顔を持ち、外国人観光客も多い点に触れ、「どのような防災対策を進めればよいか、日頃から自分の問題として考えてほしい」と呼びかけた。
読売新聞の記事ではオーストラリアでは防災訓練は無いと云う事なので、こう云う防災訓練が日常的に実施されてるからこそ、日本の防災対応は世界一との見方が在るのでしょう。
此処でふと思うのは、防災訓練を日常的に実施してる国は日本以外に何処の国がしてるのだろうと云う事ですね。
調べては無いので不明ですが、飽く迄憶測ですが、大小を問わず実施してるのは恐らくは日本だけなのでは無いのでしょうか。
ハリケーンやサイクロン等の局地的な低気圧の強風や、戦火からの退避行動をしてる国は存在するだろうけど、総合的にしてるのは恐らくは日本だけだとも思います。
こう云う日常的な行動が世界に認められるのは非常に良い事なのでは無いのでしょうか。
勿論、一番良いのは防災訓練をする必要の無い社会にするのが最善なのですが、如何せん自然相手なので無理と云うものですね。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)二十年目の日に国会前デモ。

* 怒りの赤!平和への情熱の赤!〜二重三重に国会包囲
「レッドカード・レッドカード安倍政権」「戦争反対 命を守ろう!」 1月17日、国会を取り巻く人々の輪は、2重3重にもなり、7,000を超える人々が安倍政権にレッドカードを突きつけました。「赤いファッションアイテムを身に着けて集まりましょう」の呼びかけに応え、赤いコート、マフラー、帽子、手袋、手編みのセーターなどなど、怒りの赤!平和への情熱の赤!を身にまとい、平和への思いを国会に投げつけました。
国会正門前ではひとり1分のリレートークが行われました。音楽家の湯川れい子さんは、ジャズが好きだったお兄さんを赤紙で戦場にとられたこと、子どもの頃傷痍軍人をたくさん見てきたことなどを話し、「絶対に人が人を殺してはいけない」と訴えました。「明日 の自由を守る若手弁護士の会」の黒澤いつきさんは小さなお子様を連れて参加。「子どもたちを守るために何ができるか。安倍政権は外交の失敗のツケを国民に回すな。安倍の野望をうちくだく執念の赤、情熱の赤でとことんがんばろう」と話しました。
在日本朝鮮人人権協会の金静寅(キムジョンイン)さんは「ヘイトスピーチがなぜ街を闊歩できるのか。2006年、第1次安倍内閣の共和国への制裁で仕事を奪われ、学校でも差別されることがおこった 。高校無償化からの朝鮮学校除外は、教育を受ける権利を子どもたちから奪った。上からの排外主義は下からの排外主義をあおっている」と話しました。
福島原発告訴団団長の武藤類子さんは「原発事故をおこした者たちの責任が問われていない。福島をよく見れば、この国のあり方が見えてくる。一人一人が大切にされる、命が尊ばれる世界に向けて、日本中にこの炎を拡げよう」と訴えました。
Wam(女たちの戦争と平和資料館)の渡辺美奈さんは「日本軍性奴隷システムは、被害女性たちの勇気ある行動により明らかになった。被害女性たちは現在もなお身体的・心的苦痛を抱えており、戦争は終わっていない。過去の戦争を美化し、慰安婦をなかったことにする歴史修正主義、安倍政権にレッドカードを突きつけたい」と話しました。
1時43分、司会者から国会包囲が全てつながったことが報告され、歓声が上がりました。沖縄から高里鈴代さんが参加され、発言しました。「今この時間、辺野古で座り込みが続けられている。ジュゴンの海に基地はつくらせない。去年7月1日、集団的自衛権行使容認 が閣議決定された日に、辺野古の工事が着工された。日本は米軍の戦争に関与している。この状況にNO!を言おう」と。
午後2時、みんなで手をつなぎ上にあげ、一斉にシュプレヒコールを行いました。国会を取り巻く人々の波は2重になり、戦争反対、平和への思いは高く大きく響きました。午後3時まで4回のシュプレヒコールが行われました。その間、正門前のステージでは雨宮 処凛さん、澤地久枝さん、落合恵子さん、宮城晴美さん、坂本洋子さん、神田香織さん、赤石千衣子さんが発言しました。どの方のお話しも力強く、説得力があるものでした。
中央大教授の歌人太田美和さんが、「女の平和」のテーマソングができたと、歌ってくれました。「弱い者いじめをするな」という歌です。閉会のあいさつは弁護士の杉浦ひとみさん。参加者は7,000人を優に超えていること、お天気に恵まれ、大成功だったと話しました。
コールを紹介します。
女たちは、集団的自衛権の行使を認めません!
女たちは、人を殺しあうのは嫌です!
よその国の戦いに加わりません!
だれ1人戦争に行かせません!
憎しみと戦いを拡大させません!
差別をなくし自由を守りそだてます!
この国の主権者は私たちです!
安倍政権にレッドカードを突きつけます!
最初に断って置くが、外国人の政治活動に於いて、国政に訴える行為は通常の政治的な活動の範疇を超える案件で有り、マクリーン事件 - Wikipediaに基準する内容で、禁止されてる事を言明して置きます。
又、国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域の静穏の保持に関する法律に明確に違反して居り、二重の意味で法律違反を犯してると云う事を認識すべきです。
更に云うと、法律云々以前に、在日朝鮮人に対する案件はヘイトスピーチでも何でも無く、又、外交上でも、何の問題も無い事を明確化しなければ為らない。
安倍政権の政治方針以前に、戦前からの朝鮮人が起こして来た行為を憎んでるのだと云う事を自覚して頂きたいですね。
天皇陛下や内閣総理大臣に対して暗殺を企てようとしたが失敗した事や、関東大震災での火付盗賊で日本人を大虐殺した事、戦後の長田区役所襲撃事件を始めとする数々の暴動で凶悪事件の大半は朝鮮人で在ると云う事。
更に慰安婦等の戦時中の問題は条約や協定で完全に終わって解決してるのにも関わらず、日本人と共謀して終わって無いと云う論調を構築し、日本に対して強請集り行為を平然と行って来た事。
此れ等を鑑みても、結局は同じ朝鮮人が行って来た行為への当然の反応を、何を勘違いしてるのか不明だが、政治の問題に話を摩り替え、此れを声高に叫ぶとは本末転倒で在る。
結局は同族同士の啀み合いに過ぎないのです。
こう云う事はお互いの問題として決着して頂きたい。
日本を巻き込むなと云うのです。
此の日は、兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)から二十年目で、全国各地で慰霊追悼の日なのに、御前等は一体何をしてるのだと。
posted by 天野☆翔 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

民主党代表選挙は岡田克也を選出。

* 【民主代表選】新代表に岡田氏 決選投票で細野氏を逆転 - 産経ニュース
民主党代表選は18日、国会議員らによる決選投票に持ち込まれた結果、岡田克也代表代行が133ポイントを獲得し、1回目の投票でトップだった細野豪志元幹事長の120ポイントを抑え、新代表に選出された。岡田氏の任期は平成29年9月まで。4月の統一地方選や来年夏の参院選を控え、党再生や安倍晋三首相が率いる自民党に対抗する野党勢力の結集に向けた手腕が問われることになる。
 岡田氏は、新代表選出直後のあいさつで「政権交代は容易なことではない。全員の力が必要だ。私と一緒に苦しい道を乗り越えていこう」と呼びかけた。また「政権を担える政党と思ってもらえるよう、安倍自民党としっかり戦っていきたい」と表明した。岡田氏は幹事長人事など党役員人事に着手する。
 代表選は、長妻昭・元厚生労働相と細野、岡田両氏の3人で争われた。党員・サポーターや地方議員も参加した1回目の投票は、トップが細野氏で202ポイント、2位が岡田氏で199ポイント、3位が長妻氏で94ポイントとなり、どの候補も過半数(381ポイント)に達しなかった。このうち国会議員と次期参院選公認予定者の結果は細野氏96ポイント、岡田氏95ポイントだった。
 続いて、トップの細野氏と2位の岡田氏の間で、国会議員らによる決選投票が行われ、長妻氏を支援した議員らが岡田氏に投票し、細野氏を逆転した。
今後、どう民主党は変わって行くのか。
将又、全く変わらないのか。
注視して行く必要が在りますね。
海江田万里迄の政策等を踏襲するのか、全く別の方法を選択して行くのか。
posted by 天野☆翔 at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

「シャルリー」問題。

事の発端は、イスラムのムハンマドを風刺した事で、イスラムに喧嘩を吹っ掛けたも同然の行為で、結果的に其の報いを受けた形で、テロリストと云う最悪の手段で返り討ちを喰らったと云う事ですが、此の根幹に在るのは、宗教に対しての認識が極めて希薄乃至甘かった事が、こう云う結果を招いたのだと云う事です。
宗教の象徴や開祖を侮辱されたら熱心な信者は不快に感じるのは当然で、其の信者の中には強行的な手段に出る人も居ないとも限らない。
ユダヤ教に於ける象徴は「ヤハウェとモーセ」キリスト教に於ける象徴は「マリアとキリスト」、仏教に於ける象徴は「大日如来と釈迦(仏陀)」、ヒンドゥー教に於ける象徴は「ブラフマーとヴィシュヌとシヴァ」、宗教では無いが神道に於ける象徴は「皇祖」と、各々の象徴を侮辱されたら、其の宗教を信じてる人々は決して思わしくは無いでしょう。
各々の宗教には永きに渡る過去からの対立構造も関係して来るが、此の事を踏まえた上ででも、決して「越えては為らない一線」と云うものが存在します。
此処をシャルリーは意識もせずに安易に表現した事で、今回の顛末に繋がった。
結局は「人としての心」の持ち様だと云う事です。
此の問題はシャルリーだけの案件では無く、世界中の人々全てに当て嵌まる。
各々、厳しい意識で考えて頂きたいですね。
posted by 天野☆翔 at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

大学入試センター試験の初日から失態相次ぐ。

* 【センター試験】世界史で出題ミス 最大124分開始遅れ 1日目 - 産経ニュース
大学入試センター試験が17日、全国690会場で始まり、本格的な受験シーズンがスタートした。日程は2日間で、初日は地理歴史・公民、国語、外国語。18日は理科と数学の試験が行われる。受験者数は、地歴・公民が45万1797人(志願者の80%)、国語が50万1422人(89%)、外国語の筆記が52万4211人(93%)だった。
 数学と理科が今回から平成21年に改定された新学習指導要領に沿った問題に切り替わり、初めて“脱ゆとり世代”が受験した。
 大学入試センターによると、地歴の「世界史B」の問題で、選択肢の中に正解が2つある出題ミスがあった。受験生の指摘から判明した。
 熊本県立大で試験開始が遅れ、問題冊子の配布などが午前10時40分の開始時間に間に合わず開始と終了の時間をそれぞれ5分遅らせた。千葉県立保健医療大や山形大など計4会場で、受験方法について高校で誤って伝えられた受験生計6人に試験時間を最大124分繰り下げる措置を取った。九州大では、遅刻した受験生1人の理由確認に手間取り、60分遅れで別室で受験させるトラブルがあった。
* 【センター試験】世界史Bで出題ミス 選択肢に正解2つ - 産経ニュース
大学入試センターは17日、午前に実施した地理歴史・公民の「世界史B」で、選択肢の中に正解が2つある出題ミスがあったと発表した。試験中に受験生から指摘があり、発覚した。
 ミスがあったのは、日本の江戸時代に使われていた貞享暦の問題で、「中国の(ア)の時代に、(イ)によって作られた授時暦を改訂し、日本の実情に合うようにした」という文章の空欄に入れる正しい言葉の組み合わせを、4つの選択肢から1つ選ぶものだった。
 (ア)に入る言葉については、選択肢は「元」か「清」のどちらかを選ばなくてはならなかったが、どちらを入れても文章が成り立つことから、2つとも正解にする。配点は100点満点のうち3点。
* 【センター試験】会場での誘導ミスも 試験開始時間繰り下げ - 産経ニュース
大学入試センター試験初日の17日、高校が誤った開始時刻を受験生に伝えていたことや、会場での誘導ミスなどを理由に、試験開始を繰り下げるケースが出た。
 山形大の会場では、受験生1人の通う高校が誤った時刻を伝えていたため、午前9時半から始まる地理歴史・公民の試験に遅刻し、この生徒の試験開始を98分繰り下げた。
 北海道大で受験した2人は、午前9時半から地理歴史・公民2科目を受ける予定だったが、誘導員が1科目の受験と勘違いし、教室に入れなかった。このため開始を遅らせ、別室で受けさせた。
 英語のリスニングに使うICプレーヤーの不具合も山形大や群馬大、愛媛大などの会場で相次ぎ、不具合のあった受験生は試験をやり直した。
毎回思うのだが、一回も失態も不具合も無い実施と云うのは出来ないのだろうか?
必ずn二つ以上の案件で失態が確認されるのには本当に呆れます。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

食品異物混入事件相次ぐ。

YouTubeに悪質な悪戯の状況を投稿した例の事件。
* 「いたずらしてみた」菓子につまようじ刺し混入 スーパーで撮影の動画投稿 - 産経ニュース
東京都内のスーパーで、商品の菓子につまようじを入れたりパンの袋を破ったりする様子を実況した動画が、動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開され、警視庁が威力業務妨害や窃盗の疑いで捜査していることが14日、分かった。店の防犯カメラの映像などから、動画は同一の少年が自分で撮影したものとみられ、警視庁少年事件課で特定を進めている。
 投稿された動画は「店の商品にいたずらしてみた」などのタイトル。商品棚の菓子のパッケージにつまようじを刺し入れる様子や、メロンパンの袋を破って棚に戻す様子などが撮影されている。状況を説明する男の声も入っていた。
 同じ投稿者の名前で、別の店で万引する様子を撮影したとみられる動画も投稿されていた。店からの相談を受けて同課が捜査を開始した。
此の案件を模倣したのかは不明だが、悪質な悪戯が相次いでる。
* スナック菓子につまようじ 愛知でも被害 - 産経ニュース
14日午後11時半ごろ、愛知県豊田市の「ローソン豊田亀首町店」で、商品のスナック菓子につまようじ1本が混入しているのを店員が見つけた。豊田署は、何者かが故意に入れたとみて、威力業務妨害の疑いで調べる。
 豊田署によると、商品を補充していた女性店員(63)が陳列中のスナック菓子のふたに小さな穴が開いているのに気付いた。開けるとつまようじが入っていたという。
 東京都調布市のスーパーで、スナック菓子のふたにつまようじを刺して押し込む様子が、動画サイト「ユーチューブ」に投稿されており、同署は動画をまねた悪質ないたずらとみている。
* 千葉で販売のパンから相次ぎ縫い針 何者かが混入か 県警捜査 - 産経ニュース
千葉県警千葉中央署は15日、千葉市中央区のコンビニエンスストアなど2店舗で販売されていた菓子パン2個の中から縫い針が発見されたと発表した。同署は何者かが混入させたとみて、偽計業務妨害事件として捜査している。
 同署によると、パンは同区祐光のコンビニとスーパーマーケットで販売されていたもので、購入した客から14日に相次いで店舗に連絡があった。客にけがはなかった。縫い針はどちらも長さ約4センチで特徴などが似ており、パンの袋には針が刺されたような穴が開いていた。両店の距離は約380メートルと近く、同署は同一犯の可能性があるとみている。
* フライドチキンに針 千葉のスーパー、警察が捜査 - 産経ニュース
千葉県警行徳署は16日、同県市川市のスーパーで販売されたフライドチキンに縫い針のようなものが1本混入していたと明らかにした。けが人はいなかった。
 東京都内のスーパーで陳列された商品の菓子につまようじを突き刺す場面などが動画サイトに投稿されており、同署はまねをした可能性もあるとみて、偽計業務妨害の疑いで捜査している。
 同署によると、16日に購入した60代の女性が食べようとした際に気づき、スーパーに連絡した。針のようなものは長さ数センチで、チキンを握る部分に巻かれたアルミホイル付近に一部が出た状態で刺さっていた。
* 今度はレトルトシチューに縫い針 千葉・船橋のコンビニ、混入事件相次ぐ - 産経ニュース
千葉県警船橋署は17日、同県船橋市本中山のコンビニ「ファミリーマート下総中山駅南口店」で16日、商品のレトルトシチュー1袋に縫い針1本が混入しているのが見つかったと明らかにした。何者かが故意に刺したとみて偽計業務妨害の疑いで捜査している。けが人はいなかった。
 同店では14日にも客が購入した菓子パンに針が刺さっているのが見つかっており、関連を調べている。
 同署によると、16日午後5時40分ごろ、女性客がレジに持ってきたレトルトシチューの袋に針(長さ約4センチ)が刺さっているのに店員が気付いた。袋から一部が飛び出ていた。
 千葉県内では船橋市以外でも、コンビニやスーパーで販売された菓子パンから針が見つかるなど同様の事件が相次いでいる。
* 野菜の袋に縫い針 リンゴやサツマイモも昨年被害 北海道・中標津のスーパー - 産経ニュース
17日午前8時20分ごろ、北海道中標津町東9条北1丁目のスーパー「コープさっぽろなかしべつ店」で、サラダ用に加工された野菜の袋の中で針が見つかった。中標津署が偽計業務妨害の疑いで調べている。
 同署や店によると、針は約4・2センチの縫い針。袋の一部が破れており、従業員が開店前のチェック中に見つけたという。
 店では昨年、リンゴやサツマイモに針が刺さっているのが見つかっており、捜査が続いている。
恐らくは時期に成って無い案件が此の裏側で十倍以上は最低限発生してるのでは無いのでしょうか?
一件こう云う事案が報道されると、必ず連鎖反応的に同じ様な事案が「模倣」されるのは、もういい加減にして頂きたい。
一部の気違い馬鹿の為に多くの人々が大きな迷惑を受けるのです。
posted by 天野☆翔 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)の二十年前の発生時間です。

犠牲に為られた方々に謹んで心から御冥福を御祈り申し上げます。
哀悼の念を込めて黙祷。
posted by 天野☆翔 at 05:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

大塚周夫氏逝去。

* 青二プロダクション
WHAT'S NEW
2015.01.16
 弊社所属俳優 大塚周夫 儀 (85歳)が、平成27年1月15日 虚血性心不全の為永眠いたしました。生前、皆様から頂きましたご厚情に心より感謝致します。
* ねずみ男 死す 声優の大塚周夫さん NHKニュース
人気アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の「ねずみ男」の役などで知られる声優で、俳優としても活躍した大塚周夫さんが15日、虚血性心不全のため亡くなりました。
85歳でした。
大塚さんは東京都出身で、日本中学校、現在の日本学園中学校・高校を卒業したあと演劇を学び、その後、声優として活躍の場を広げました。
昭和43年から始まった人気アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」で、1代目のねずみ男の役を務め人気を集めました。
また、平成5年からNHKで放送が始まったアニメ「忍たま乱太郎」では、主役の乱太郎が学ぶ忍術学園の実技担当の教師、山田伝蔵の役など、数多くのテレビアニメや外国映画で幅広い役の声を演じました。
さらに大塚さんはNHKの大河ドラマ「武田信玄」や「春日局」に出演するなど、俳優としても活躍しました。
所属事務所によりますと、大塚さんは15日、虚血性心不全のため亡くなったということです。
ルパン三世の石川五右衛門やゲゲゲの鬼太郎のねずみ男、ぬらりひょんの孫のぬらりひょん等、独特のキャラクターを巧妙に演じて来た氏が亡くなりました。
もうあの声が聞けなく為ると思うと非常に残念で為らない。
謹んで心から御冥福を御祈り申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)から明日で二十年目。

思えば当時は朝起きてニュースを確認すると、朝一で此の報道で満たされてた事を良く覚えて居ます。
明け方に発生した事で、避難も儘為らない状況で被害は拡大して行った。
其の後暫くの間は此の報道が中心で、他の案件に咲かれる時間は大幅に削られた。
死者は発生当時戦後最多となる6,434人、行方不明者は3人、負傷者は43,792人に上り、689,776棟の建物が被害を受け、被害総額は約10兆円に達した。
戦後の災害としては、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に次ぐ規模です。
此の震災で亡くなった方々には改めて、謹んで心から御冥福を御祈り申し上げます。
又、御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)の後に東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)を経験し、更に近い将来「南海トラフ巨大地震」の可能性が高まって来てる中、兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)や東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の教訓を活かし、被害を最小限に抑えて行く必要が有り、行政だけでは無く、各個人に此の対応が求められて行く事でしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

支那の侵略は内部から。

* 【歴史戦WEST】中国の文化侵略=@尖閣危機尻目に「親中派」が沖縄で進める「龍柱」建造 かつて和歌山、奈良でも騒動が…(1/4ページ) - 産経WEST
青く澄んだ「美(ちゅ)ら海」に面した那覇市若狭の沿岸部が、ある論争の舞台となっている。同市が中国・福州市との友好都市30年を記念したシンボルモニュメント「龍柱(りゅうちゅう)」を建造する計画が浮上。昨年11月の沖縄県知事選で初当選した翁長雄志(おなが・たけし)氏が那覇市長時代から進めている事業だが、元来、龍は中国皇帝のシンボルとされる。その上、国の沖縄振興一括交付金を財源とする事業なのに中国の原材料を使い、現地業者が製作するという計画に、尖閣諸島(同県石垣市)の奪取を虎視眈々と狙う中国に臣従して国民の税金まで“貢ぐ”のか−と保守系の市議や市民らから批判が相次いでいるのだ。和歌山や奈良でも近年、中国ゆかりの建造物設置をめぐる騒動が持ち上がり、背後には「親中派」の存在が浮かび上がった。専門家は「中国の侵略≠ヘ文化から始まる」と警鐘を鳴らしている。
新知事誕生…中国国家主席がほくそ笑んだ?
昨年11月16日の沖縄県知事選開票日。那覇市内の翁長氏の選挙事務所では、現職の仲井真弘多(ひろかず)氏を破り、初当選確実を伝えるテレビのテロップが流れると、詰めかけた支持者から大歓声が上がった。
 翁長氏は自民党県連幹事長を務めた経歴を持つ。前回(平成22年)の沖縄県知事選では仲井真氏の選挙対策本部長も務めた人物だ。
 ところが今回の知事選では仲井真氏とたもとを分かち、共産、社民などの革新陣営と連携。米軍普天間基地(宜野湾市)の辺野古移設反対を旗印に、「オール沖縄」「イデオロギーよりアイデンティティー」などと訴えて支持を集め、仲井真氏を知事の座から引きずり下ろした。
 国際社会の中で、翁長氏の初当選にほくそ笑んだであろう人物がいる。中国共産党に君臨する習近平国家主席である。
「反米路線」を貫く翁長氏の中国との接点は意外と知られていない。17年、福州市から栄誉市民の称号を受けたことがあるが、福州市を省都とする福建省は習氏の長年の地盤でもある。そんな翁長氏が那覇市長時代の24年度から肝いりで始めたのが、龍柱の設置事業なのだ。
一括交付金で龍柱
計画されている龍柱はどんなものなのか。
 同市花とみどり課によると、市が若狭地区の沿岸部で建造を進めている龍柱は高さ約15メートル、幅3メートルという巨大な2体。若狭地区は那覇空港から市の中心部へと通じる交通の要衝。龍柱は、2匹の龍が海を見つめる様子をあらわしたデザインを予定しており、市はシンガポールのマーライオンのような観光のシンボルをイメージしている。
 玄関口に龍柱を設置する意義について、市の担当者は「首里城をはじめ、沖縄の建物や敷地の入り口には龍柱やシーサー像が置かれていた。龍柱は日中双方の文化が融合した沖縄文化の一つだ」と強調する。
 だが、市議会では計画への異論も渦巻いた。中でも前泊美紀市議は計画が持ち上がった段階から「反対」を訴えてきたという。
 前泊市議が異議を唱えるのは、龍柱設置事業の財源に国からの沖縄振興一括交付金が使われる点だ。一括交付金は使用目的が決められた“ひも付き補助金”ではなく、地方が自由な裁量で使用できる。ここ数年、沖縄県が受け取っている年間1500億〜1700億円超の一括交付金は那覇市などに振り分けられ、龍柱設置のための予算にも充てられている。
26年度で完了予定の龍柱設置事業の総事業費は2億6700万円。このうち約8割は一括交付金が占めるという。しかも、原材料は中国から切り出された石材が使われ、現地で加工された。一括交付金が中国の業者を潤わせているのだ。
 市は「発注したのは県内の業者で、中国の業者はその下請け」としているが、前泊市議は「そもそも全国の中で沖縄は優先して一括交付金を受け取っている。本来は福祉や市民生活に直結すべき事業に使われるべきお金が無駄遣いされている。国にも足下を見られかねない」と語る。
 市は翁長氏が知事へと転身した後、副市長として市政を支えた城間幹子市長が事実上の禅譲を受けた。城間市長の代になっても事業は粛々と続けられている。
 龍柱は現地で完成し、すでに昨年末に沖縄県に運搬された。現在、若狭地区の沿岸部で整地と台座の設置作業が進み、今年3月末までに完成した台座に龍柱を設置し、事業が完了する見通しだ。
江沢民揮毫の石碑計画
中国ゆかりの石碑や銅像などの建造物を設置しようとして物議を醸したケースは過去にもある。
 和歌山県田辺市では15年、日中国交正常化30周年の記念として、中国の江沢民国家主席(当時)の自筆の「登高望遠 睦隣友好」の揮毫(きごう)を刻んだ石碑を市有地の公園に建立する計画が持ち上がった。
 計画を推進したのは、同県選出で現在は自民党総務会長を務める二階俊博氏。二階氏ら地元の有力者が発起人となり、県日中友好交流推進協議会を組織して、市に計画を持ち込んだという。
ところが、「なぜ公の場に江氏の碑を建てるのか」「江氏は首相の靖国参拝を非難するなどの発言をしており、賛成できない」といった異論が相次ぎ、市民団体が抗議文を市長に提出する事態に発展。市は公園用地の提供を見合わせ、計画は頓挫した。
 奈良県でも22年、平城遷都1300年記念事業の一環として、先の大戦で県の文化財を米軍の空襲から守ったとされる中国の建築家、梁思成(りょうしせい)氏(1901〜72年)の銅像を県文化会館(奈良市)に設置する計画が浮上した。
 梁氏は大戦中、米軍に奈良・京都を空襲目標から外すように進言した“古都の恩人”とされ、中国側が日中友好協会を通して銅像の建設を提案。銅像を中国側、台座を日本側が製作する予定だったが、梁氏のエピソードは中国側が持ち込んだもので事実関係が明らかではなかったことから、研究者から疑問の声が上がった。
 これを受けて荒井正吾知事は「梁氏の進言で奈良への爆撃が回避されたかについては、県として確たることが言えるわけではない」と撤回を決めた。
 日中関係に詳しい独立総合研究所社長の青山繁晴氏は、那覇市の龍柱設置事業について「龍は中国皇帝の象徴であり、国内に建てるというのは中国の侵略をウエルカムだと言っているようなものだ。当然、建設は中止すべきだ」と憤る。
 その上でこう警告する。
 「中国の侵略≠ヘまず文化から始まる。政治家たちがそのような建造物を建てようとしても、私たち国民がその思惑に気付かないといけない」
此の記事は極めて重要な事を述べて居ます。
最初は親しみを以って接し内部に食い込む。
食い込んださきで、徐々に勢力を拡大させて、何時の間にか勢力の割合が逆転する。
其の上で、其の地域を我が物とする。
外部からの軍事的な侵略だけが侵略では無く、民間上からも侵略が始まってるのです。
そして、協力者は最終的には切られて行くのが関の山で、最悪殺されて行く事でしょう。
自分自身を守る為にも、支那を受け入れては為らないのです。
posted by 天野☆翔 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

奈良県明日香村で巨大古墳発見。

* 【明日香に巨大方墳】石舞台古墳しのぐ規模「舒明天皇」の滑谷岡陵か 「蝦夷の墓」説の研究者も 小山田遺跡(1/2ページ) - 産経WEST
奈良県明日香村川原の小山田(こやまだ)遺跡で、飛鳥時代中頃(7世紀中頃)の巨大な古墳の墳丘の一部と濠(ほり)跡が見つかり15日、橿原考古学研究所(橿考研)が発表した。一辺50メートル以上の方墳と推定され、蘇我馬子(そがの・うまこ)の墓といわれる石舞台古墳を上回り、飛鳥時代最大級の規模。榛原石(はいばらいし)と呼ばれる薄茶色の室生(むろう)安山岩の切石で装飾されており、橿考研は規模や築造時期などから第34代の舒明(じょめい)天皇の初葬墓(しょそうぼ、改葬前の墓)で、日本書紀に登場する滑谷岡(なめはざまのおか)陵の可能性が高いとみている。
 ただ、発掘場所が大豪族・蘇我氏の邸宅があった甘樫丘(あまかしのおか)に近く、蝦夷(えみし)・入鹿(いるか)親子の墓として日本書紀に登場する双墓(ならびのはか)のうちの蝦夷の大陵(おおみささぎ)と考える研究者もおり今後議論を呼びそうだ。
 濠は墳丘北側で東西方向に直線状に延び、長さ約48メートル、上部の幅約7メートル、深さ約1・2メートル。底部と北側斜面は川原石で石貼りが施されていた。南側では、板石状の榛原石の切石(長さ30〜40センチ、幅約30センチ、厚さ約5センチ)などを階段状に積んだ墳丘の一部(計10段分)が見つかった。
 遺構の状況や付近の地形などから、古墳は馬子の墓とされる石舞台古墳(一辺約50メートルの方墳)より大きい一辺50メートル以上の方墳で、下段部が榛原石で装飾されていたとみられる。見つかった土器などから築造時期は7世紀中頃とみられる。
現場は甘樫丘の南端で、西から東西に延びる丘陵の東端部。この丘陵には欽明(きんめい)天皇の墓とされる丸山古墳や推古天皇の初葬墓の植山古墳があり、当時の天皇の墓域とも推定されている。
 日本書紀によれば舒明天皇は641年に崩御。翌年、飛鳥地域の「滑谷岡」に埋葬され、崩御から2年後の643年に押坂陵=おしさかのみささぎ=(宮内庁が舒明天皇陵に指定する桜井市の段ノ塚=だんのづか=古墳)に改葬された。
 これまで滑谷岡の場所は謎だったが、橿考研は(1)方墳が巨大で天皇陵にふさわしい(2)舒明天皇の没年と築造時期がほぼ一致する(3)段ノ塚古墳にも榛原石の石積みがあり、方墳と共通点がある−ことなどから、方墳が見つかった場所が日本書紀に記された滑谷岡で、方墳は改葬前の舒明天皇の初葬墓の滑谷岡陵の可能性が高いとみている。
 菅谷文則・橿考研所長(考古学)は「石舞台古墳より大きい古墳が見つかり、驚いている。舒明天皇の滑谷岡陵の可能性が高く、日本の歴史を考える上で大きな意義のある発見だ」としている。
 現地説明会は18日午前10時〜午後4時。問い合わせは橿考研((電)0744・24・1101)。
 舒明天皇 在位629〜641年の第34代天皇。子に天智(中大兄皇子)、天武天皇。真神原(まかみはら)と呼ばれる聖地・飛鳥(盆地)に初めて岡本宮を営み、百済(くだら)宮や百済大寺を造営。630年に第1回遣唐使を派遣するなど外交にも力を入れた。天皇のシンボルの八角形墳を最初に陵墓に採用した。
考古学的には久々の大きな発見でしょう。
此の古墳の実態がどう云うものなのかは今後の詳細な調査の結果を待たなければ為らないが、現在判明してる材料だけでも非常に夢の在る事なので、考古学の分野に居る方や、歴史家には非常に大きな楽しみが与えられました。
時間が掛かる事は承知の上で、今後の調査の結果を心待ちにしたい。
関連記事は追記に全文引用。「奈良県明日香村で巨大古墳発見。」の追記を読む
posted by 天野☆翔 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

馬鹿にされたから放火準備。

* 「バカにされ仕返ししようと…」郵便局に元バイト男が灯油まいた疑いで逮捕 大阪 - 産経WEST
郵便局の出入口に灯油をまいたなどとして、大阪府警捜査1課は15日、放火予備と威力業務妨害容疑で、大阪市都島区高倉町の無職男(31)を逮捕した。男は平成18年〜昨年3月、同局でアルバイトをしており、「仲間にばかにされたことがあり、仕返ししようと思った」と供述、容疑を認めている。男は精神科への通院歴があるという。
 逮捕容疑は昨年12月15日、大阪府交野市私部の交野郵便局の客用出入口と従業員用出入口に灯油をまき、同局の業務を妨害したとしている。けが人はなかった。
 府警によると、男は現場に灯油の入ったポリタンク2個を放置して逃走。ポリタンクは都島区内のホームセンターで購入されたもので、同店の防犯カメラの映像などから男の関与が浮上した。
完全に子供の発送です。
何故馬鹿にされたのかの其の原因は全く不明ですが、其の報復に重罪の放火をしようとする意識。
三十を超えた大人の行動としては極めて幼稚。
posted by 天野☆翔 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

又しても発生した悪質な悪戯。

* 針金で遊歩道ふさぐ、自転車男性が転倒でけが 殺人未遂容疑で捜査 大阪 - 産経WEST
14日午後7時10分ごろ、大阪府東大阪市川田1丁目の遊歩道で、道をふさぐように高さ約1・3メートルの位置に張られていた針金に、自転車で帰宅中の同市の男性工員(65)が接触して転倒、顔面に軽傷を負った。
 河内署によると、針金は長さ約6・5メートルで、両端は外灯とフェンスに取り付けられていた。故意に設置されたとみて、殺人未遂容疑で調べている。
殺人未遂で捜査するのでは無く、もっと厳しい罪状で進めて頂きたいですね。
数年前から同じ案件は発生してたのだから、此の危険性を充分に認識した上での反抗なのは間違いは有りません。
司法は厳格な判断で捜査して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

サザン・オールスターズが年越しライヴでの案件で謝罪。

* 紫綬褒章の扱いで謝罪 ライブで「配慮足りず」サザン桑田さんと事務所 - 産経ニュース
人気バンド「サザンオールスターズ」の桑田佳祐さんと所属事務所のアミューズは15日、昨年12月に横浜市で開いた年越しライブで桑田さんが十分な配慮をせずに紫綬褒章を取り扱ったなどとして「深く反省するとともに、謹んでおわび申し上げます」と謝罪するコメントを連名で発表した。
 事務所によると、桑田さんは昨年秋に受章した紫綬褒章をポケットから取り出し、観客に対してオークションに掛けるようなパフォーマンスをしたという。
 コメントは「感謝の表現方法に十分な配慮が足りず、ジョークを織り込み、紫綬褒章の取り扱いにも不備があったため、不快な思いをされた方もいらっしゃいました」としている。
 一昨年のライブでデモのニュース映像を使ったことについて「平和を希望する意図」と説明した。一連のライブの内容は「特定の団体や思想等に賛同、反対、あるいはおとしめるなどといった意図は全くございません」とした。
どんな言い訳も通用しません。
実施に向けて入念な準備と確認の上本番を迎えたのだから、此の過程で問題と認識する事すらもしない意識の集団が、政治的な案件を扱うと云うのは極めて稚拙で危険なのは当然の事なのです。
詭弁、言い訳に過ぎません。
私は彼等を許さない。
尚、当事者の弁は追記に全文引用。「サザン・オールスターズが年越しライヴでの案件で謝罪。」の追記を読む
posted by 天野☆翔 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

支那の大気汚染が最悪超過。

* 北京PM2・5指数 最悪レベルを上回る 車は日中もヘッドライト点灯 - 産経ニュース
在中国米大使館のウェブサイトによると、北京市内の微小粒子状物質「PM2・5」を含む汚染指数は15日午後2時(日本時間同3時)に545に達し最悪レベルの「危険」(301〜500)を上回った。中国の天気予報サイトによると、北京と隣接する河北省のほか、山東、河南、四川各省では最悪レベルとなった。
 市政府は15日、最悪から2番目の「重度汚染」が数日続くと予測、深刻さの度合いが3番目の「黄色警報」を出した。
 北京市は街全体が白色のスモッグに覆われ、数百メートル先の建物がぼんやりとにじんだ。車は日中もヘッドライトを点灯、マスク姿の人が目立った。
 仕事で訪中していた会社経営の男性(44)は「マスクをしていても、のどが痛い。取引先の中国人は『娘は海外で生活させたい』と嘆いていた」と話した。
人が健康的に生活出来る状況では無く、完全に毒物塗れの国に成りました。
先だっての国際公約の環境改善のあの案件は何処に行ったのでしょうか?
矢張り大嘘だったと見て差し支え無いのでしょうね。
国が一丸と成って取り組む姿勢を見せて居れば、民間レベルでも同調する筈なのですからね。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

大韓航空の呆れた内情。

* 本人確認不十分なまま別人に搭乗券発券 韓国 “被害者”本人は客室乗務員にセクハラ  - 産経ニュース
韓国国土交通省は15日、大韓航空に対し、乗客の本人確認が不十分のまま別人に搭乗券を発券したとして、航空保安法違反で過料の支払いを命じると表明した。聯合ニュースが報じた。大韓航空をめぐっては、「ナッツ事件」で起訴された趙顕娥前副社長が同法違反(航空機航路変更)の罪に問われている。
 同社は7日、仁川発米サンフランシスコ行きのビジネスクラスに乗るはずだった韓国の歌手ボビー・キム氏(41)に、誤って別人のエコノミークラスの搭乗券を発券した。
 キム氏は搭乗後に気付いたが、席を替えてもらえなかった。キム氏はその後、ワインを飲み客室乗務員にセクハラ行為をした。到着後に米当局の事情聴取を受け、大韓航空側のミスも明るみに出た。
本人確認は基本中の基本なのに、此処を疎かにしたのだから呆れ果てる。
其の後の案件でも乗務員の対応でも客の態度でも、本当に呆れる。
こんな企業の航空機が国際的に運行してるのだから、国際的な航空の場の安全が脅かされます。
posted by 天野☆翔 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

南朝鮮、東北水産物を一転輸入方針。

* 水産物禁輸解除に前向き 韓国 日韓国交正常化50年に考慮 - 産経ニュース
韓国外務省当局者は15日、東京電力福島第1原発事故を受けて、韓国政府が取っている福島など8県の水産物に対する輸入禁止措置を「解除する方向で(日韓間の)意見を狭めていくべきだ」との見解を表明し、禁輸解除に前向きな考えを示した。
 当局者は「今年の韓日国交正常化50年を記念する上で、負担になる状況は早く取り除こうというのが韓国外務省の立場」とも指摘。「(禁輸は)法的根拠が弱い措置なので、韓国の専門家が現地調査をしている」と説明した。韓国の専門家委員会の調査団は2回目の現地調査を13〜16日の日程で北海道、青森、岩手の3道県で行っている。
 韓国は福島第1原発の汚染水流出に対する消費者の懸念を理由に2013年9月、青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の8県からの水産物輸入を全面的に禁止。日本政府は、科学的根拠に乏しく貿易に悪影響を与えているとし、解除を求めている。
当然の事で極めて対応が遅かった。
結局は早々に現地入りして確認すれば良かっただけなのに、国内の反日政策の影響で出来なかったと云う非常に下らない理由で、今日に至ったと云う訳です。
国際的にも検査で安全だと云う結果が出てる状況で在るにも関わらずです。
南朝鮮はこう云う非常に低次元な事すらも早々に解決しない民族なのだと云う事が、此の案件でも露呈しました。
posted by 天野☆翔 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

平成二十五年東京都議会選挙訴訟「合憲」確定。

* 平成25年都議選は合憲 1票の格差訴訟で最高裁判決 - 産経ニュース
選挙区ごとの「一票の格差」を是正せずに行われた平成25年6月の東京都議選は憲法や公選法に違反するとして、元最高裁判事の泉徳治弁護士が選挙無効を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(金築(かねつき)誠志裁判長)は15日、合憲と判断、泉弁護士の上告を棄却した。泉弁護士敗訴の1審東京高裁判決が確定した。
 25年都議選は定数127を42選挙区に分け、千代田区と島部は人口に関係なく都議1人を配分する「特例選挙区」に指定。特例選挙区を除く最大格差1・92倍が、憲法や地方選で人口比例の議席配分を定めた公選法に違反するかが問われた。
 第1小法廷は、都が格差是正に向けて順次、定数配分を改正してきたことを指摘。最高裁が適法とした9年選挙時の2・15倍に比べても改善していることから、今回の選挙も合憲と判断した。
 泉弁護士は「判決は憲法が保障する法の下の平等を説明できるような内容ではない」とコメント。都選管は「今後も適正な選挙の管理に努力する」としている。
東京都の不断の努力で選挙区割を実施し、格差も二倍未満に抑えられた状況下で実施された東京都議会選挙は最高裁判所は「合憲」と判断し、此の訴訟に終止符が打たれました。
原告の弁護士は「判決は憲法が保障する法の下の平等を説明できるような内容ではない」と云ってるが、では其の平等はどの程度ならば平等と認めるのか?
占拠での一票の格差問題は本当に見てて呆れ果てる。
完全に一倍に為らないと気が済まないのでしょうか?
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

佳子内親王殿下、武蔵陵墓地へお成りに為られる。

* 佳子さま、成人の報告で武蔵陵墓地ご参拝 - 産経ニュース
武蔵野陵を参拝された佳子さま=15日午前、東京都八王子市 秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまは15日午前、昨年12月に成人を迎えたことを報告するため、東京都八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、大正天皇の多摩陵(たまのみささぎ)と貞明皇后の多摩東陵(たまのひがしのみささぎ)、昭和天皇の武蔵野陵(むさしののみささぎ)、香淳皇后の武蔵野東陵(むさしののひがしのみささぎ)を参拝された。
 宮内庁によると、佳子さまがお一人で4つの陵を参拝されるのは初めて。
 佳子さまはグレーの参拝服に黒のロングコート姿で多摩陵、多摩東陵、武蔵野陵、武蔵野東陵の順に進み、玉串をささげて深々と拝礼された。

武蔵陵墓地への成年の御報告のお成りで、本当の意味での成年皇族としての一員として、今後国内外の公式な場での活動が多く成って行く事でしょう。

皇尊弥栄

posted by 天野☆翔 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | The imperial family | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

SeaMonkey2.32がリリースされました。

MozillaはSeaMonkeyの最新版、SeaMonkey2.32をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Project">The SeaMonkeyレジスタードマーク Project
* SeaMonkey 2.32 Release Notes

posted by 天野☆翔 at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

器物破損や道交法違反の警察官を書類送検と依願退職で決着させる。

* 公務中に単車で当て逃げ→信号無視 「叱られると思って逃げた」巡査長を道交法違反容疑で書類送検 大阪府警 - 産経WEST
公務中に単車で当て逃げや信号無視をしたとして、大阪府警監察室は14日、道交法違反(安全運転義務、事故不申告、信号無視)容疑で、南署直轄警察隊の男性巡査長(27)を書類送検し、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。巡査長は「叱られると思って逃げた」といい、同日付で依願退職した。
 書類送検容疑は昨年12月8日午後6時20分ごろ、大阪市西淀川区姫里の国道2号で、停止中の軽自動車に衝突したのに、警察に届け出ずに逃走した。さらに南西約500メートルの同区大和田で赤信号を無視して交差点に進入し、普通乗用車と衝突したとしている。
 監察室によると、男性は捜査書類を西淀川署に届ける途中だった。
司法の最前線に立つ警察官がこう云う行為を平然とし、且つ、此の警察官をこう云う形で処分する行政側の姿勢を激しく非難します。
一般人だったら確実に逮捕されて勾留される案件です。
posted by 天野☆翔 at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

NHKの国際放送改革。

* 新型「国際放送」で正しく日本の立場発信 慰安婦など歴史問題…「攻めの情報発信」 NHKと別、自民が創設検討へ - 産経ニュース
自民党は14日、国際情報検討委員会(原田義昭委員長)などの合同会議を党本部で開き、慰安婦問題や南京事件などで史実と異なる情報が海外で広まっている現状を踏まえ、日本の立場を正確に発信する新型「国際放送」の創設を検討する方針を確認した。中国や韓国などの情報戦略を分析、在外公館による情報発信の拡充についても議論し、今年の通常国会会期内に結論を出すことにしている。
 会議で原田氏は「どういう形で相手国に情報が伝わるかにも目配りしながら、正しいことをきちんと発信していくことが大事だ」と述べ、「攻めの情報発信」の意義を訴えた。
 英語による海外への国際放送は現在、「NHKワールドTV」がある。しかし、検討委は「従来の枠内では報道の自由など基本的な制約が多いため、今日の事態に十分対応できない」として、新型「国際放送」の創設を挙げた。
 昨年11月に北京で開かれた日中首脳会談直前の日中両政府の合意文書に関し、中国側が「意訳」した英訳文を日本側より早く公表し、外国メディアに引用されたケースもあった。検討委は、外交文書や論文を外国語で迅速に発信するよう政府に求める方針だ。
国際放送で日本の立場を明確化すると云うが、其の改革も大切でしょう。
然し、現在進行形で国内放送で放送法違反を数多くしてる案件を真っ先に改めるべきでしょう。
直近では昨日(平成27年1月13日)放送分の「クローズアップ現代」が挙げられる。
ナチスとヘイトスピーチを無理遣り直結させる極めて悪質な思想が反映されてるからです。
こう云う現実を放置させては為らない。
posted by 天野☆翔 at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

道路標識への悪質な悪戯行為。

* 道路標識「ステッカー」被害 “自称・伊在住”43歳女を逮捕「アート目的…反省」、仏人も捜査 大阪府警  - 産経WEST
大阪や京都の市街地で昨年末以降、道路標識にハート形や人型のステッカーが張られる被害が相次いで確認された事件で、大阪府警交通指導課などは14日、道交法違反(信号機等の移転、損壊等)の疑いで、自称イタリア在住のブランド品販売員、浦川真弥(まみ)容疑者(43)を逮捕した。
 「アート目的だったが、今となっては反省している」と容疑を認めているという。
 府警は、産経新聞の取材に関与を認めた自称アーティストのフランス人男性についても捜査を進める。
 浦川容疑者の逮捕容疑は今月3日午前1時ごろ、大阪市北区茶屋町の市道で、一方通行の標識(高さ約3メートル)にステッカーを張って図柄を変え、規制の効果を低下させ、交通の危険を生じさせたとしている。
 府警によると、大阪市内では今月6日以降、ほかにも31カ所で、同様のステッカーが張られていて、京都市内でも昨年末以降、約30カ所で被害が確認されている。
* 標識よじ登る「女」&「外国人風男」防犯カメラに映像、道路標識「ステッカー」事件 - 産経WEST
大阪や京都の市街地で昨年末以降、道路標識にハート形や人型のシールやステッカーが張られる被害が相次いで確認された事件で、現場周辺の防犯カメラに、自称イタリア在住のブランド品販売員、浦川真弥(まみ)容疑者(43)=道交法違反(信号機等の移転、損壊等)容疑で逮捕=が外国人風の男と協力して標識によじ登ってステッカーを張る様子が写っていたことが14日、分かった。
 大阪府警交通指導課などは、防犯カメラに写っていた男が産経新聞の取材に関与を認めた自称アーティストのフランス人男性である可能性もあるとみて捜査を進める。
 府警によると、浦川容疑者は「アート目的だったが今となっては反省している」と容疑を認めている。
 浦川容疑者の逮捕容疑は今月3日午前1時ごろ、大阪市北区茶屋町の市道で、一方通行の標識(高さ約3メートル)にステッカーを張って図柄を変え、規制の効果を低下させ、交通の危険を生じさせたとしている。
 府警によると、同市内では今月6日以降、ほかにも31カ所で同様のステッカーが貼られていて、京都市内でも昨年末以降、約30カ所で被害が確認されている。
極めて悪質な案件です。
* 「シール張ったの誰や!」道路標識改竄相次ぐ 大阪・京都府警が捜査 - 産経WEST
大阪、京都両市内の中心部で昨年末以降、道路標識にハートや人形などをかたどったシールが張られる被害が相次いでいることが13日、分かった。自称アーティストのフランス人男性が関与したとみられ、大阪、京都両府警は道交法違反や器物損壊などの容疑にあたる可能性があるとして捜査している。
 大阪府警によると、大阪市内で今月6日以降、キタやミナミなど同市中心部の24カ所で、シールが張られているのが見つかった。一方通行の標識では、矢印がハートを射貫いているように見えるようにしたり、進入禁止の標識では、白色のバーの部分を人が抱えているように細工されていたりした。京都府警によると昨年12月31日以降、市内約30カ所で被害が確認された。
 現時点で事故につながったとの情報はないが、事故を誘発する危険があるとして、両府警はシールをはがし捜査している。
 関与したとみられる男性は産経新聞の電話取材で、昨年12月29日から今年1月3日までに京都と大阪の計約90カ所で標識に細工しフェイスブックなどで紹介したことを認め、「道路標識は権威の象徴。タブーに触れることで、言論の自由を表現したアート作品だ」と主張した。
器物破損だけに留まらず、道理交通法違反の他、厳密に精査して行けば多くの法律に違反してる事が明らかに為る筈です。
事故を防止する筈の道路標識を勝手に改造したりする行為は、完全に犯罪なのだと云う認識では無く芸術だと曰う其の意識が信じられません。
権威の象徴とは笑わせます。
posted by 天野☆翔 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

YouTubeにアップロードされた悪質な行為。

* 「いたずらしてみた」菓子につまようじ刺し混入 スーパーで撮影の動画投稿 - 産経ニュース
東京都内のスーパーで、商品の菓子につまようじを入れたりパンの袋を破ったりする様子を実況した動画が、動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開され、警視庁が威力業務妨害や窃盗の疑いで捜査していることが14日、分かった。店の防犯カメラの映像などから、動画は同一の少年が自分で撮影したものとみられ、警視庁少年事件課で特定を進めている。
 投稿された動画は「店の商品にいたずらしてみた」などのタイトル。商品棚の菓子のパッケージにつまようじを刺し入れる様子や、メロンパンの袋を破って棚に戻す様子などが撮影されている。状況を説明する男の声も入っていた。
 同じ投稿者の名前で、別の店で万引する様子を撮影したとみられる動画も投稿されていた。店からの相談を受けて同課が捜査を開始した。
此のアカウントを保有する人物は極めて卑怯で最低な行為をしてる認識は果たして在るのかと云う疑問を抱くが、食品への混入事件が相次いでる最中での業界の必死な取り組みを余所に、平然とこう云う行為を繰り返してるのですから悪質性は極めて重く大きいです。
私はこう云う人物を決して許しはしません。
posted by 天野☆翔 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

ヘイトスピーチを巡る動向。

* 橋下市長に答申「ヘイトスピーチ」独自認定・是正勧告も 大阪市専門部会 抑止案策定へ - 産経WEST
街宣活動で民族差別をあおる「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)をめぐり、大阪市の専門部会が16日、橋下徹市長に答申する抑止策の骨格案をまとめる。規制する法律がない中、市の審査委員会が独自調査でヘイトスピーチを認定した上で、是正勧告や「被害者」への訴訟費用の支援を行うことを盛り込む見通し。全国的にも異例の取り組みだが、表現の行き過ぎを地方自治体側が独自に判断することや、罰則がないなかで抑止策の実効性を確保できるのかといった点で多くの課題が指摘されている。
 橋下市長からヘイトスピーチ抑止策の答申を求められた市人権施策推進審議会が昨年10月、弁護士らによる検討部会を発足。この検討部会が先月中旬、骨格案のたたき台となる中間報告をまとめた。
 中間報告では特定の人種、民族に対する憎悪や差別をあおることなどを目的に侮蔑(ぶべつ)や脅威を感じさせるメッセージを不特定多数に伝える行為をヘイトスピーチと定義。市内での表現行為に関する相談を市が受けつけ、弁護士や有識者で作る審査委がヘイトピーチに該当するか判断する。
 ヘイトスピーチと認定した場合の対応策として、表現者への是正勧告▽市のホームページで表現者や表現内容の公表▽人権侵害を受けた市内在住者への訴訟費用支援−などが示された。
 訴訟費用支援は訴訟を起こしやすい環境を整えることで、損害賠償を命じる司法判断が出る可能性を一定の抑止力にする狙いがある。市が費用を給付して肩代わりすることも検討されたが、争いの当事者の一方に公金を給付することの是非を問われる可能性があるとして、原則貸与とした。
 検討部会は16日にまとめる骨格案を審議会に報告。審議会が2月、橋下市長に答申する。
* ヘイトスピーチ「認定」センシティブ、抑止策の実効性…課題山積(1/2ページ) - 産経WEST
「極めてセンシティブな人権侵害事案を扱う」。昨年10月に開かれた大阪市人権施策推進審議会の検討部会の第1回会合で、部会長の川崎裕子弁護士は冒頭に切り出し、報道陣に退出を求めた。会合は5回開かれたが、大部分が非公開になった。
 日韓関係の悪化などを背景に在日韓国・朝鮮人へのヘイトスピーチが過熱。昨年には国連の人種差別撤廃委員会が差別行為をする個人、団体の捜査を日本に要請し、国内でも地方議会で法規制を求める意見書の採択が相次いだ。こうした状況下で橋下徹市長は抑止策を審議会に諮問した。
 中間報告で示された対策の根幹となるのは、弁護士らで構成する審査委員会によるヘイトスピーチ認定だが、憲法で表現の自由が保障される中、自治体側が批判や風刺などを含む多様な表現の一部をヘイトスピーチと認定し、その根拠を示す作業は困難が予想される。
 審査委は表現者側にも事情を聴くなど調査を行うとしているが、調査に強制力はない。関係者の協力が得られない場合、ヘイトスピーチか判断をしないまま審査終了となる可能性もある。
 課題はほかにもある。訴訟費用の支援を「原則貸与」としていることについて検討部会内では、「貸与なら活用する人は少ないのではないか」と実効性を疑問視する声が出ており、中間報告では事案によって返還を免除する例外を設けるかを検討していくとした。
検討部会では、ヘイトスピーチを行った団体・個人が市の施設で新たな表現行為を行うことを制限する措置も議論されたが、公共施設利用での差別的扱いを禁じた地方自治法の規定などから「制限は困難」と判断した。
同志社大の渡辺武達(たけさと)教授(メディア論)の話憲法が表現の自由を保障し、国内ではヘイトスピーチを処罰できる法体系になっておらず、自治体が単独で実効性ある対策を講じるのは難しい。ヘイトスピーチは『表現の自由』の範囲に入らないという認識を社会全体で共有し、根絶の道を模索していくことが求められる」
記事中に在る「在日特権を許さない会」の案件だが、言葉は確かに罵る様な表現が在ったのは事実だが、内容の大きな柱は飽く迄「不法占拠した公演から朝鮮学校は出て行け」と云う、至極真っ当な意見で、此の意見の周知徹底の為、現状認識を拡大させる方法を取って居た。
此の案件に代表される様なデモ等の行為の中で、何処にヘイトのヘの字が在ると云うのでしょうか?
彼等(在日特権を許さない会)の主義主張と行動は全て肯定はしまいが、其の根底に在る事案に関しては否定は出来ない。
寧ろ、ヘイトスピーチをしてるのはカウンター(対抗)側の在日朝鮮人達で在る。
自分達が違法に占拠し勝手に学校を建て、此処で教育をしてたのですから、責められるべきは違法行為をしてる在日朝鮮人の方です。
又、コレを認識しつつも対応をして居なかった行政の怠慢も責められるべき案件です。
ヘイトスピーチを云々する前に、違法行為をしてる在日朝鮮人への厳格な対応が先に来る筈です。
違法行為が無ければ在日特権を許さない会自体の存在は無いのですから。
行政や有識者は勘違いされては困ります。
* 「ヘイトスピーチ、許さない」 法務省が啓発活動強化(1/2ページ) - 産経ニュース
法務省は今月から、特定の国籍や民族などの外国人を排斥するヘイトスピーチ(憎悪表現)防止の啓発活動を強化することが13日、分かった。ヘイトスピーチへの社会的な関心の高まりを受けた措置で、すでにポスターなどの発注を済ませており、完成し次第、関係機関や広告などを通じて周知する方針だ。
 法務省によると、同省人権擁護局は今月から、「ヘイトスピーチ、許さない」をキャッチコピーとするポスター掲示やリーフレット配布のほか、インターネット広告などを実施。各種研修会でも積極的に取り上げていくという。これまでは外国人の人権尊重を啓発する活動の一部との位置づけだった。「ヘイトスピーチ」という言葉を前面に出すのは、一部マスコミへの広告を除き初めて。
 ヘイトスピーチをめぐっては、過激なデモが実施されるなど社会問題化。国会でも議論が活発化しており、自民党は昨年8月にプロジェクトチームを設置して規制のあり方を慎重に検討している。野党の超党派議員連盟は昨年11月、「人種などの属性を理由に公然と不当な差別的言動をしてはならない」と明記する法案の試案を作成。罰則は設けないが、同議連は「ヘイトスピーチを違法行為と位置づけることに意味がある」としている。
昨年8月には、国連人種差別撤廃委員会が日本政府に対しヘイトスピーチへの対処を求める勧告を出した。同省は「表現の自由に関わる問題でもある」などとして立法規制には慎重な姿勢をみせる一方、「人権擁護の面から啓発活動にさらに力を入れて取り組む」との意向を示していた。
■ヘイトスピーチ
 特定の国籍や人種、民族などに差別意識や偏見を持ち、排斥しようとしたり、憎しみをあおるような言動。「憎悪表現」とも翻訳される。海外では法律で規制している国もあるが、日本では表現の自由を重視し、直接的な法規制はない。
法務省は「特定の人種や国籍や団体」と定義してるなら、日本人に対してのヘイトスピーチを真っ先に取り上げ最優先で取り組むべきです。
そうで無いと公平性に著しく欠けます。
日本国内でヘイトスピーチとして認識されてる圧倒的多数は日本人に対しての案件が多いのですから。
posted by 天野☆翔 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

Thunderbird31.4.0がリリースされました。

MozillaはThunderbirdの最新版、Thunderbird31.4.0をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* 無料メールソフト Thunderbird
* Thunderbird − Notes (31.4.0) − Mozilla

posted by 天野☆翔 at 04:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

Firefox35.0がリリースされました。

MozillaはFirefoxの最新版、Firefox35.0をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Firefox のダウンロード − 自由な Web ブラウザ − Mozilla
* リリースノート | 次世代ブラウザ Firefox

posted by 天野☆翔 at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

腰が痛い(汗

寝てる最中なのか、行動の何処かに問題が在ったのかは不明だが、腰が痛い。
ぎっくり腰に近い状態です…
久々に体験するので、結構な辛さが在りますね。
こう云う事は勘弁して欲しい(汗
posted by 天野☆翔 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

アメリカ軍のSNSアカウント乗っ取られる。

* 米軍アカウント乗っ取り オバマ大統領の面目丸つぶれ…「デジタル時代の消費者保護」テーマに演説中だった - 産経ニュース
米中央軍のツイッターなどの公式アカウントが、過激派「イスラム国」を名乗るハッカーに乗っ取られたことは、サイバー空間での安全強化を強く訴えるオバマ政権の面目を傷つけ、イスラム国には大きな宣伝になった。米メディアによると、専門家の間には、中央軍によるアカウントの安全管理に問題がなかったか疑問の声も出ている。
 中東地域を管轄し、イスラム国への空爆も行っている中央軍のアカウント乗っ取りが判明したのは12日午後。ほぼ同じころ、オバマ大統領は首都ワシントンにある連邦取引委員会(FTC)で「デジタル時代の消費者保護」をテーマに演説し、ソニーの米映画子会社に対するサイバー攻撃を例に、国家や米経済、個々の家庭がいかに危険にさらされているか警鐘を鳴らしていたさなかだった。
 中央軍はアカウントが乗っ取られたことによる同軍からの情報流出は一切なかったとしており、機密文書などが盗まれた形跡はない。米シンクタンクのアナリストも米紙に「一時的に軍のメガホンが奪われたようなもの」と形容する。
Twitter以外に関してはどのサービスなのかは不明ですが、アカウント開設に使われたパスワードが機密に直結するサーバーのディレクトリにアクセスする為の突破口に成ってたのかと云う疑問も残る。
SNSアカウントだけハッキングされたのなら、単純に広報の一端を失っただけに過ぎないので、大きな問題では無いが、機密情報の漏洩に繋がる問題なのだとしたら、事は極めて深刻です。
真相究明が待たれます。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

フランシスコ教皇、広島原爆問題に触れる。

* 広島への原爆投下「最も恐ろしい惨事」ローマ法王、平和訴え - 産経ニュース
「1945年8月6日、われわれは人類史上、最も恐ろしい惨事の一つを目撃した」。ローマ法王フランシスコは12日、バチカンで行った各国の駐バチカン大使ら外交団に対する新年のあいさつで広島への原爆投下に触れ、今年が第2次大戦終結から70年に当たることを念頭に平和な世界を構築するよう訴えた。
 法王は、原爆投下について「前代未聞の新しい手段で、世界は初めて人類の破壊力のすごさを経験した」と指摘。大戦という悲劇の灰から各国の間に対話の意思が生まれ、国連の創設につながったとして、世界の平和と発展のために国連が果たす役割に期待を示した。
 ウクライナや中東、アフリカなど世界各地で紛争が続く中、「各国政府や国際社会はあらゆる形の戦闘や憎悪、暴力を終わらせ、和解と平和、人間の尊厳を追求するように」とも求めた。
発言の内容自体は結構な事なのだが、連合国発足の経緯に関しては、少々疑問を挟む余地が在るでしょう。
前身の国際連盟からの流れが在るからです。
とは云え、現在の国際情勢では各地で国家間の利害が複雑に絡んで来てるので、問題解決は極めて困難な状況に在る。
少しでも縺れた糸を解き解す事は重要なので、此の動きに向けて努力する事が求められます。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

石井光三氏逝去。

* 芸能プロ会長の石井光三氏が死去 - 産経ニュース
石井光三氏(いしい・みつぞう=芸能プロダクション「石井光三オフィス」会長)6日、胆管がんのため死去、83歳。葬儀・告別式は近親者のみで済ませた。お別れの会などについては未定。喪主は妻、秀子(ひでこ)さん。
 子役でデビューし、その後、芸能マネジャーなどの裏方に転身。事務所にはラサール石井や磯野貴理子など多くのタレントが所属している。
自身も芸能活動で毀誉褒貶、歯に衣着せぬ発言で、率直な物言いでお茶の間を和ませてくれた氏が亡くなりました。
謹んで心から御冥福を御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

本日は「成人式」。

祝日法でのハッピーマンデー制度での本日は成人式でしたが、本来は一月十五日が成人の日。
本日成人式に参加された皆々様は、本当に大変御疲れ様でした。
そして、成人の仲間入り誠に御目出当御座居ます。
本日成人式を迎えられた皆様が生まれた年の1995年は兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)やオウム真理教に拠る地下鉄サリン事件等の天災や人災が多く発生し、激動の中で生まれた人々です。
此の災害で生きたくても生きられなかった人も居ます。
此の人々の為にも、本日成人の日を迎えられた方々は、其の思いを受け止め、大人としての自覚を以って今後は過ごす様にして行って欲しいと思います。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする