冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2015年04月30日

安倍晋三内閣総理大臣の米国連邦議会上下両院合同会議演説に野党が噛み付き。

* 「一方的な約束」と批判 野党、首相米議会演説で - 産経ニュース
野党は30日、安倍晋三首相が米連邦議会演説で、集団的自衛権行使を可能とする安全保障関連法案の今夏成立を約束したことについて「一方的な約束だ」(又市征治社民党幹事長)などと反発、国会軽視だと批判した。
 維新の党の松野頼久幹事長は取材に対し「まだ法案が国会に出ていないのに、成立時期に言及するのはいかがなものか。国民が納得し覚悟を持つためにも、じっくりと審議することが必要だ」と強調した。
 共産党の山下芳生書記局長は「国会での議論もないままに米国に約束するのは、日本の独立と主権をないがしろにする異常な対米従属の姿勢を示すものだ」と非難した。
 歴史認識に絡んで「侵略」や「おわび」の表現を盛り込まなかったことに関し、山下氏は「世界やアジアの人々に対するメッセージとしてマイナスでしかない」と主張。又市氏は「歴史認識を少しでも修正したいという主義がにじみ出ている」と指摘した。
* 岡田氏、首相演説を批判「日本での説明ない。最低限の責務果たしていない」 - 産経ニュース
民主党の岡田克也代表は30日、安倍晋三首相が米上下両院合同会議で行った演説に関し、「米議会の前に日本の国会で日本国民に対して安全保障政策や歴史認識などについて説明を行うべきだ。安倍首相は日本の首相としての最低限の責務すら果たしていない」と批判する談話を発表した。
 岡田氏は演説について「米国に対する美辞麗句に満ちたものであったが、いくつもの問題、疑問がある」と指摘。首相が安全保障法制の関連法案成立を「この夏までに成就させる」と発言したことに対し、「法案提出すらなされていない段階で、これほどの重要法案の成立時期を外国、それも議会で約束するなど前代未聞、国民無視・国会無視ここに極まれり、である」と批判した。その上で「米国に無責任な約束をし、過剰な期待を与えてしまったのではないかと非常に危惧、憂慮している」とした。
どうも野党は安全保障条約の意味を理解して無いらしく、国会へ法案提出前に語った事が気に食わないらしいですね。
条約なのだから国内法の上位に位置する事を理解して無い。
既に動き出してる案件なのだから、成立を目指すのは当然で在る。
又、歴史認識を問う場で無いのだから、日本の過去の戦争での案件は簡素で構わないので在る。
野党は勘違いも甚だしい思考を破棄せよ。
posted by 天野☆翔 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

安倍晋三内閣総理大臣の米国連邦議会上下両院合同会議演説に特定アジアが噛み付き。

* 【日米首脳会談】安倍首相演説、中国メディアは「謝罪拒絶」と批判 - 産経ニュース
安倍晋三首相が米議会の上下両院合同会議で行った演説で、中国共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙、環球時報(英語版)は30日付で、第2次大戦に対する悔恨を表明したものの、過去の植民地支配やいわゆる慰安婦問題への「謝罪」には至らなかったと批判した。
 国営新華社通信は30日、議会周辺で数百人が抗議活動を行ったにもかかわらず、「安倍首相は演説で侵略の歴史と慰安婦問題への謝罪を拒絶し、一部の米議員の激しい非難を引き起こした」と伝えた。
 環球時報は同日付の社説で、日米防衛協力のための指針(ガイドライン)の再改定にも矛先を向け、「日米はもはや中国の台頭を抑える意図を隠さない」と反発し、日米が西太平洋の危険を高くしていると主張した。
* 【首相米議会演説】中国「村山談話に含まれる侵略の歴史直視を」と不満表明 - 産経ニュース
中国外務省の洪磊報道官は30日の定例記者会見で、安倍晋三首相が米上下両院合同会議で行った演説について、「中国側は一貫して、日本政府と日本の指導者に、歴史に対する責任ある態度を持ち、村山談話に含まれている侵略の歴史の直視と反省という態度を慎んで守るよう促してきた」と不満を示した。
 洪報道官は、安倍首相が第二次世界大戦に対する悔悟を表明したことはまったく評価せず、過去の植民地支配や慰安婦問題への「謝罪」を口にしなかったことに反発。「(過去の談話を継承してこそ)日本は国際社会の信用を得、アジアの隣国と未来に向かった友好関係を切り開くことができる」と述べた。
* 【日米首脳会談】安倍首相演説、韓国各紙は一斉批判 - 産経ニュース
韓国の主要各紙は30日、安倍晋三首相による米上下両院合同会議での演説を1面で報道、韓国側が期待していた「侵略」「植民地支配」への謝罪がなかったなどとして批判した。
 中央日報は「米国に謝罪した安倍、慰安婦には言及もせず」との見出しを掲げ、「米国には最大限の礼を尽くして哀悼を表しながら、日本のために犠牲になった隣国の国民への哀悼はなかった」と非難した。
 東亜日報は「歴史への謝罪を無視した安倍、米議会の拍手は免罪符にはならない」との社説を掲載、「十分な謝罪がないまま、(日本が)戦犯国家の札を外して、世界平和の責任を果たす役割を担うことに賛成できない」と主張した。
* 【首相米議会演説】韓国紙「自賛だけ、40分間の詭弁」と批判、朴槿恵政権には「無能、無気力」からの覚醒求める - 産経ニュース
安倍晋三首相の米上下両院合同会議での演説に対し、韓国外務省は30日、「正しい歴史認識を通じ、周辺国との真の和解と協力を成し遂げる転換点になり得たのに、そうした認識も心からのおわびもなく、非常に遺憾に思う」と批判する報道官声明を発表した。
 韓国主要紙も同日、「謝罪はおろか自賛だけ…安倍の40分間の詭弁(きべん)」(東亜日報)などの見出しを掲げ、慰安婦に言及しなかったことなどを批判した。
 一方、朝鮮日報は「韓国外交は新たな日米同盟時代にどう対処するのか」として、「無能、無気力」外交からの覚醒を求めた。朴槿恵(パク・クネ)政権は歴史・領土問題と経済・安全保障問題を切り離し、実利重視の現実路線を強めていくとみられる。
* 【日米首脳会談】北朝鮮が安倍首相批判 「日本が犯した歴史上の罪を覆い隠そうと企てた」 - 産経ニュース
中国国営新華社通信によると、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は30日、北朝鮮外務省の報道官が、米国を訪問している安倍晋三首相の慰安婦問題に関する発言について、「被害者に対し侮辱的な言葉を用い、日本が犯した歴史上の罪を覆い隠そうと企てた」と批判したと伝えた。
 北朝鮮側は、安倍首相が米ボストン郊外のハーバード大で行った学生との意見交換で、慰安婦を「人身売買の犠牲」と述べたことに反発。「安倍の言論は被害者に対する容認できない冒涜だ。慰安婦は人身売買の被害者ではなく、日本の軍国主義が強権を使って、組織的に性的奴隷を強制した犯罪の被害者だ」と主張した。
 報道官はさらに、「安倍を中心とする日本の右翼保守勢力は歴史上の犯罪を否定するという失言をし、狡猾な言葉遣いで責任を逃れようと企んでいる。これは人間的な道徳心や両親を喪失した行為と言わざるを得ない」と訴え、日本側に「心からの謝罪」と「徹底した賠償」を要求した。
飽く迄演説の趣旨は日米同盟に於ける今後の展望なので、御前等特定アジアは無関係で在るし、干渉する余地は一切無い。
こう云う事が内政干渉なのだと云う事を自覚するが良いでしょう。
相当に焦って居ると見て取れるし、更に相当に効いてるのでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

安倍晋三内閣総理大臣は米国連邦議会上下両院合同会議に於いて演説された。

* 平成27年4月29日 米国連邦議会上下両院合同会議における安倍内閣総理大臣演説 | 平成27年 | 総理の演説・記者会見など | 記者会見 | 首相官邸ホームページ
* 『希望の同盟へ』米国連邦議会上下両院合同会議 安倍総理演説−平成27年4月29日 - YouTube

議長、副大統領、上院議員、下院議員の皆様、ゲストと、すべての皆様、
 1957年6月、日本の総理大臣としてこの演台に立った私の祖父、岸信介は、次のように述べて演説を始めました。
 「日本が、世界の自由主義国と提携しているのも、民主主義の原則と理想を確信しているからであります」。
 以来58年、このたびは上下両院合同会議に日本国総理として初めてお話する機会を与えられましたことを、光栄に存じます。お招きに、感謝申し上げます。
 申し上げたいことはたくさんあります。でも、「フィリバスター」をする意図、能力ともに、ありません。
 皆様を前にして胸中を去来しますのは、日本が大使としてお迎えした偉大な議会人のお名前です。
 マイク・マンスフィールド、ウォルター・モンデール、トム・フォーリー、そしてハワード・ベイカー。
 民主主義の輝くチャンピオンを大使として送って下さいましたことを、日本国民を代表して、感謝申し上げます。
 キャロライン・ケネディ大使も、米国民主主義の伝統を体現する方です。大使の活躍に、感謝申し上げます。
 私ども、残念に思いますのは、ダニエル・イノウエ上院議員がこの場においでにならないことです。日系アメリカ人の栄誉とその達成を、一身に象徴された方でした。
 私個人とアメリカとの出会いは、カリフォルニアで過ごした学生時代にさかのぼります。
 家に住まわせてくれたのは、キャサリン・デル-フランシア夫人。寡婦でした。亡くした夫のことを、いつもこう言いました、「ゲイリー・クーパーより男前だったのよ」と。心から信じていたようです。
 ギャラリーに、私の妻、昭恵がいます。彼女が日頃、私のことをどう言っているのかはあえて聞かないことにします。
 デル-フランシア夫人のイタリア料理は、世界一。彼女の明るさと親切は、たくさんの人をひきつけました。その人たちがなんと多様なこと。「アメリカは、すごい国だ」。驚いたものです。
 のち、鉄鋼メーカーに就職した私は、ニューヨーク勤務の機会を与えられました。
 上下関係にとらわれない実力主義。地位や長幼の差に関わりなく意見を戦わせ、正しい見方なら躊躇なく採用する。
 この文化に毒されたのか、やがて政治家になったら、先輩大物議員たちに、アベは生意気だと随分言われました。
 私の苗字ですが、「エイブ」ではありません。アメリカの方に時たまそう呼ばれると、悪い気はしません。
民主政治の基礎を、日本人は、近代化を始めてこのかた、ゲティスバーグ演説の有名な一節に求めてきたからです。
 農民大工の息子が大統領になれる、そういう国があることは、19世紀後半の日本を、民主主義に開眼させました。
 日本にとって、アメリカとの出会いとは、すなわち民主主義との遭遇でした。出会いは150年以上前にさかのぼり、年季を経ています。
 先刻私は、第二次大戦メモリアルを訪れました。神殿を思わせる、静謐な場所でした。耳朶を打つのは、噴水の、水の砕ける音ばかり。
 一角にフリーダム・ウォールというものがあって、壁面には金色の、4000個を超す星が埋め込まれている。
 その星一つ、ひとつが、斃れた兵士100人分の命を表すと聞いたとき、私を戦慄が襲いました。
 金色(こんじき)の星は、自由を守った代償として、誇りのシンボルに違いありません。しかしそこには、さもなければ幸福な人生を送っただろうアメリカの若者の、痛み、悲しみが宿っている。家族への愛も。
 真珠湾、バターン・コレヒドール、珊瑚海、メモリアルに刻まれた戦場の名が心をよぎり、私はアメリカの若者の、失われた夢、未来を思いました。
 歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。私は深い悔悟を胸に、しばしその場に立って、黙祷を捧げました。
 親愛なる、友人の皆さん、日本国と、日本国民を代表し、先の戦争に斃れた米国の人々の魂に、深い一礼を捧げます。とこしえの、哀悼を捧げます。
 みなさま、いまギャラリーに、ローレンス・スノーデン海兵隊中将がお座りです。70年前の2月、23歳の海兵隊大尉として中隊を率い、硫黄島に上陸した方です。
 近年、中将は、硫黄島で開く日米合同の慰霊祭にしばしば参加してこられました。こう、仰っています。
 「硫黄島には、勝利を祝うため行ったのではない、行っているのでもない。その厳かなる目的は、双方の戦死者を追悼し、栄誉を称えることだ」。
 もうおひとかた、中将の隣にいるのは、新藤義孝国会議員。かつて私の内閣で閣僚を務めた方ですが、この方のお祖父さんこそ、勇猛がいまに伝わる栗林忠道大将・硫黄島守備隊司令官でした。
 これを歴史の奇跡と呼ばずして、何をそう呼ぶべきでしょう。
 熾烈に戦い合った敵は、心の紐帯が結ぶ友になりました。スノーデン中将、和解の努力を尊く思います。ほんとうに、ありがとうございました。
 戦後の日本は、先の大戦に対する痛切な反省を胸に、歩みを刻みました。自らの行いが、アジア諸国民に苦しみを与えた事実から目をそむけてはならない。これらの点についての思いは、歴代総理と全く変わるものではありません。
 アジアの発展にどこまでも寄与し、地域の平和と、繁栄のため、力を惜しんではならない。自らに言い聞かせ、歩んできました。この歩みを、私は、誇りに思います。
 焦土と化した日本に、子ども達の飲むミルク、身につけるセーターが、毎月毎月、米国の市民から届きました。山羊も、2,036頭、やってきました。
 米国が自らの市場を開け放ち、世界経済に自由を求めて育てた戦後経済システムによって、最も早くから、最大の便益を得たのは、日本です。
 下って1980年代以降、韓国が、台湾が、ASEAN諸国が、やがて中国が勃興します。今度は日本も、資本と、技術を献身的に注ぎ、彼らの成長を支えました。一方米国で、日本は外国勢として2位、英国に次ぐ数の雇用を作り出しました。
 こうして米国が、次いで日本が育てたものは、繁栄です。そして繁栄こそは、平和の苗床です。
 日本と米国がリードし、生い立ちの異なるアジア太平洋諸国に、いかなる国の恣意的な思惑にも左右されない、フェアで、ダイナミックで、持続可能な市場をつくりあげなければなりません。
 太平洋の市場では、知的財産がフリーライドされてはなりません。過酷な労働や、環境への負荷も見逃すわけにはいかない。
 許さずしてこそ、自由、民主主義、法の支配、私たちが奉じる共通の価値を、世界に広め、根づかせていくことができます。
 その営為こそが、TPPにほかなりません。
 しかもTPPには、単なる経済的利益を超えた、長期的な、安全保障上の大きな意義があることを、忘れてはなりません。
 経済規模で、世界の4割、貿易量で、世界の3分の1を占める一円に、私達の子や、孫のために、永続的な「平和と繁栄の地域」をつくりあげていかなければなりません。
 日米間の交渉は、出口がすぐそこに見えています。米国と、日本のリーダーシップで、TPPを一緒に成し遂げましょう。
 実は、いまだから言えることがあります。
 20年以上前、GATT農業分野交渉の頃です。血気盛んな若手議員だった私は、農業の開放に反対の立場をとり、農家の代表と一緒に、国会前で抗議活動をしました。
 ところがこの20年、日本の農業は衰えました。農民の平均年齢は10歳上がり、いまや66歳を超えました。
 日本の農業は、岐路にある。生き残るには、いま、変わらなければなりません。
 私たちは、長年続いた農業政策の大改革に立ち向かっています。60年も変わらずにきた農業協同組合の仕組みを、抜本的に改めます。
 世界標準に則って、コーポレート・ガバナンスを強めました。医療・エネルギーなどの分野で、岩盤のように固い規制を、私自身が槍の穂先となりこじあけてきました。
 人口減少を反転させるには、何でもやるつもりです。女性に力をつけ、もっと活躍してもらうため、古くからの慣習を改めようとしています。
 日本はいま、「クォンタム・リープ(量子的飛躍)」のさなかにあります。
 親愛なる、上院、下院議員の皆様、どうぞ、日本へ来て、改革の精神と速度を取り戻した新しい日本を見てください。
 日本は、どんな改革からも逃げません。ただ前だけを見て構造改革を進める。この道のほか、道なし。確信しています。
 親愛なる、同僚の皆様、戦後世界の平和と安全は、アメリカのリーダーシップなくして、ありえませんでした。
 省みて私が心から良かったと思うのは、かつての日本が、明確な道を選んだことです。その道こそは、冒頭、祖父の言葉にあったとおり、米国と組み、西側世界の一員となる選択にほかなりませんでした。
 日本は、米国、そして志を共にする民主主義諸国とともに、最後には冷戦に勝利しました。
 この道が、日本を成長させ、繁栄させました。そして今も、この道しかありません。
 私たちは、アジア太平洋地域の平和と安全のため、米国の「リバランス」を支持します。徹頭徹尾支持するということを、ここに明言します。
 日本は豪州、インドと、戦略的な関係を深めました。ASEANの国々や韓国と、多面にわたる協力を深めていきます。
 日米同盟を基軸とし、これらの仲間が加わると、私たちの地域は格段に安定します。
 日本は、将来における戦略的拠点の一つとして期待されるグアム基地整備事業に、28億ドルまで資金協力を実施します。
 アジアの海について、私がいう3つの原則をここで強調させてください。
 第一に、国家が何か主張をするときは、国際法にもとづいてなすこと。第二に、武力や威嚇は、自己の主張のため用いないこと。そして第三に、紛争の解決は、あくまで平和的手段によること。
 太平洋から、インド洋にかけての広い海を、自由で、法の支配が貫徹する平和の海にしなければなりません。
 そのためにこそ、日米同盟を強くしなくてはなりません。私達には、その責任があります。
 日本はいま、安保法制の充実に取り組んでいます。実現のあかつき、日本は、危機の程度に応じ、切れ目のない対応が、はるかによくできるようになります。
 この法整備によって、自衛隊と米軍の協力関係は強化され、日米同盟は、より一層堅固になります。それは地域の平和のため、確かな抑止力をもたらすでしょう。
 戦後、初めての大改革です。この夏までに、成就させます。
 ここで皆様にご報告したいことがあります。一昨日、ケリー国務長官、カーター国防長官は、私たちの岸田外相、中谷防衛相と会って、協議をしました。
 いま申し上げた法整備を前提として、日米がそのもてる力をよく合わせられるようにする仕組みができました。一層確実な平和を築くのに必要な枠組みです。
 それこそが、日米防衛協力の新しいガイドラインにほかなりません。昨日、オバマ大統領と私は、その意義について、互いに認め合いました。皆様、私たちは、真に歴史的な文書に、合意をしたのです。
 1990年代初め、日本の自衛隊は、ペルシャ湾で機雷の掃海に当たりました。後、インド洋では、テロリストや武器の流れを断つ洋上作戦を、10年にわたって支援しました。
 その間、5万人にのぼる自衛隊員が、人道支援や平和維持活動に従事しました。カンボジア、ゴラン高原、イラク、ハイチや南スーダンといった国や、地域においてです。
 これら実績をもとに、日本は、世界の平和と安定のため、これまで以上に責任を果たしていく。そう決意しています。そのために必要な法案の成立を、この夏までに、必ず実現します。
 国家安全保障に加え、人間の安全保障を確かにしなくてはならないというのが、日本の不動の信念です。
 人間一人ひとりに、教育の機会を保障し、医療を提供し、自立する機会を与えなければなりません。紛争下、常に傷ついたのは、女性でした。わたしたちの時代にこそ、女性の人権が侵されない世の中を実現しなくてはいけません。
 自衛隊員が積み重ねてきた実績と、援助関係者たちがたゆまず続けた努力と、その両方の蓄積は、いまやわたしたちに、新しい自己像を与えてくれました。
 いまや私たちが掲げるバナーは、「国際協調主義にもとづく、積極的平和主義」という旗です。
 繰り返しましょう、「国際協調主義にもとづく、積極的平和主義」こそは、日本の将来を導く旗印となります。
 テロリズム、感染症、自然災害や、気候変動。日米同盟は、これら新たな問題に対し、ともに立ち向かう時代を迎えました。
 日米同盟は、米国史全体の、4分の1以上に及ぶ期間続いた堅牢さを備え、深い信頼と、友情に結ばれた同盟です。
 自由世界第一、第二の民主主義大国を結ぶ同盟に、この先とも、新たな理由付けは全く無用です。それは常に、法の支配、人権、そして自由を尊ぶ、価値観を共にする結びつきです。
 まだ高校生だったとき、ラジオから流れてきたキャロル・キングの曲に、私は心を揺さぶられました。
 「落ち込んだ時、困った時、目を閉じて、私を思って。私は行く。あなたのもとに。たとえそれが、あなたにとっていちばん暗い、そんな夜でも、明るくするために」。
 2011年3月11日、日本に、いちばん暗い夜がきました。日本の東北地方を、地震と津波、原発の事故が襲ったのです。
 そして、そのときでした。米軍は、未曾有の規模で救難作戦を展開してくれました。本当にたくさんの米国人の皆さんが、東北の子供たちに、支援の手を差し伸べてくれました。
 私たちには、トモダチがいました。
 被災した人々と、一緒に涙を流してくれた。そしてなにものにもかえられない、大切なものを与えてくれた。
 希望、です。
 米国が世界に与える最良の資産、それは、昔も、今も、将来も、希望であった、希望である、希望でなくてはなりません。
 米国国民を代表する皆様。私たちの同盟を、「希望の同盟」と呼びましょう。アメリカと日本、力を合わせ、世界をもっとはるかに良い場所にしていこうではありませんか。
 希望の同盟。一緒でなら、きっとできます。
 ありがとうございました。
此の演説はアメリカ議会からの要請で実現し、趣旨は飽く迄「日米同盟」基軸に於いて、今後の展望を語ると云うもので在る事から、此の演説内容は過不足無く非常に練られた演説と思います。
思えば、民主政権での鳩山由紀夫の「トラスト・ミー」から始まる決定的な亀裂以降、良くぞ此処迄関係修復し、そして、従来以上の関係構築を再び成し遂げたものなのだと、関係者各位の苦労が忍ばれます。
posted by 天野☆翔 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

オウム真理教事件最後の判決。

* 【オウム公判】高橋克也被告に無期懲役判決 東京地裁(1/2ページ) - 産経ニュース
地下鉄サリン事件など4事件に関わったとして殺人罪などに問われた元オウム真理教信者、高橋克也被告(57)の裁判員裁判で、東京地裁(中里智美裁判長)は30日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 裁判員裁判で地下鉄事件の判断が示されたのは今回が最初で最後だった。
 高橋被告は、VXガス▽目黒公証役場事務長監禁致死▽地下鉄サリン▽東京都庁郵便物爆発−の4事件で起訴された。弁護側は、地下鉄事件で「サリンをまくとは知らなかった」と無罪を主張。VX事件でも同じく無罪主張し、他の2事件で有罪となっても懲役10年以下が相当だとしていた。
 今年1月の初公判以降、判決までの公判は裁判員裁判で過去最多の39回開かれた。確定死刑囚6人を含む27人が証言。地下鉄事件の審理では証人の証言が大きく食い違い、高橋被告が事件前にサリン散布計画を認識していたかが、最大の争点だった。
検察側は、事件前夜に被告も同席した東京・渋谷での打ち合わせで「サリンという言葉を使った」と述べた林郁夫受刑者(68)らの証言は信用できると指摘。その上で、「被告はサリン散布計画を認識していた」と主張した。
 一方、弁護側は同じ場面について「裁判でサリンという言葉が出たと証言したのは10人のうち2人だけだ」などと反論し、殺意や共謀を否定している。
 事件後に特別手配された高橋被告は平成24年に逮捕されるまで約17年間逃亡。公判では元教祖の麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚(60)への帰依が今も続いていると話した。
 高橋被告は地下鉄事件でサリン散布役の送迎をしており、被告以外の送迎役は全員死刑か無期懲役が確定している。
オウム真理教関連の事件での最後の逮捕者で被告と成った高橋克也に無期限懲役が課せられる判決結果が下りました。
此の判決を受けて控訴するかは現段階では不明ですが、此の判決でオウム真理教に拠る全ての案件が審理終了した事に為りますが、未だに全容解明が為されて無いのが非常に残念で為らない。
松本サリン事件や地下鉄サリン事件、公証人役場事務長逮捕監禁致死事件や在家信者死亡事件、坂本堤弁護士一家殺害事件等、多くの死傷者を出したオウム真理教に拠る一連の事件に、此の判決で一旦は終止符が打たれました。
posted by 天野☆翔 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

ベトナム戦争終結から四十年目。

* 【サイゴン陥落40年】対照的な米越 「暗黒の4月」米ベトナム系は抗議行動 ホーチミンでは軍事パレード(1/2ページ) - 産経ニュース
1975年4月、当時ベトナム共和国(南ベトナム)の首都だったサイゴン(現ホーチミン)が陥落し、ベトナム戦争が終結してから30日で40年を迎える。この日を、米国に亡命したベトナム系市民は「暗黒の4月」と呼び抗議行動を行った。社会主義共和国のベトナムでは、「サイゴン解放」の記念日として軍事パレードなどで祝い、対照的な光景となった。
 米バージニア州フォールズチャーチには、ベトナム系のコミュニティーが形成されている。その中心であるショッピングセンター「エデン・センター」の駐車場で23日早朝、サイゴン陥落にちなむ一連の行事の皮切りに、旧南ベトナムの国旗掲揚式典が催された。
 コミュニティーのリーダーで、サイゴン陥落とともに亡命したドアン・ディン氏は、旧南ベトナムの国歌が流れる中、ベトナム政府に「人権と民主主義、政治犯の釈放などを要求する」と言葉に力を込めた。
 ベトナム系にとっては皮肉なことに米国、ベトナム両政府が近年、南シナ海における中国の海洋覇権拡大に対処するため急接近している。
 ドアン氏はしかし、「ベトナムに対する米国の影響力が強まることで、ベトナム内部から体制変革の動きが出ることを期待している」と話した。
 ベトナム系は30日には、首都ワシントンの在米ベトナム大使館前で、民主化や人権尊重などを訴えシュプレヒコールをあげる。サイゴン陥落から40年が経過した今もなお、彼らの戦いは終わっていない。
ホーチミンには、かつて北ベトナム軍の戦車が突入し、サイゴン陥落の象徴的な建物である旧南ベトナム大統領官邸がたたずみ、敷地内に展示されている戦車が当時を忍ばせている。
 ホーチミンでは30日、兵士6千人以上を動員しての軍事パレードが行われ、北ベトナム軍兵士が、サイゴンに「入城」した際に着用していたものと同じデザインの軍服と、軍旗が使われる。芸術、スポーツのイベントも催され、首都ハノイの夜空は花火で彩られる。
終結しても尚戦後を未だに引き摺って居ると云うのは、在る意味朝鮮半島と同じ構図では在るが、分断されて居ない事で大きく異成る。
世界中の国の中でアメリカ軍に対して決定的な力の差を見せ付け、事実上の戦勝国に成った唯一の国で在る。
対支那の案件でアメリカとの共同歩調の必要性に迫られてるが、戦争時代の記憶が払拭出来て居ない以上は、蟠りは残るのは当然でしょう。
然し、安全保障の観点から大局的な判断を下して欲しいとも思います。
何れにしても社会主義から民主主義に移るかどうかの判断が差し迫ってるのは事実です。
大いに国内で議論し最善の結果を導き出して欲しいですね。
posted by 天野☆翔 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

ホワイトハウスでの安倍晋三内閣総理大臣の冗談。

* 【日米首脳会談】安倍首相のジョークにホワイトハウスは大爆笑 その内容は… 公式夕食会 - 産経ニュース
訪米中の安倍晋三首相は28日夜(日本時間29日午前)、ワシントンのホワイトハウスで開かれたオバマ大統領主催の公式夕食会に出席し、ジョークを連発して会場を大いに沸かせた。
 スピーチに立った首相は、米上下両院合同会議での演説に向け、連日練習に取り組んでいる話題を持ち出し、「一昨日、昨日と練習を部屋でしているが、妻は私の演説を『聞き飽きた』と言って、昨日は別々に寝ることになった」と笑いを誘った。
 さらに首相は、野心的な米副大統領が権謀術数を駆使して大統領を辞任に追い込み、自らが後任に納まるという米国の人気政治ドラマ「ハウス・オブ・カード」に夢中になっていると告白。「私はこのドラマを(麻生太郎)副総理には見せないようにしようと思っている」と漏らすと、会場の笑いは最高潮に達した。
 夕食会では、首相の地元・山口県の日本酒や刺し身サラダが振る舞われ、オバマ氏は「春若葉 日米友情 和やかに」という自作の俳句を読み上げた。また、ミシェル夫人は米国在住のデザイナー・庄司正さんが手がけた紫色のガウンを羽織るなど日米の「絆」が随所で演出された。
此れは見事な冗談ですね。
国内でも各所で安倍晋三内閣総理大臣は皮肉を云う場面は確認されて居て、中々の内容なのでは有りますが、今回のホワイトハウスでの公式夕食会での此の案件は又群を抜いて居ます。
引き合いに出された麻生太郎氏は、此の話を聞いて苦虫を噛み潰してるとは思いますが、不快に思ったのかは本人のみぞ知る処ですね。
少なくとも悪い方向で受け取っては居ないとも思いますが。
こう云う首脳に拠る外交は大いに結構ですね。
posted by 天野☆翔 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

「希少種指定」の困難さ。

* 【日本の議論】「希少種指定」情報漏れ、希少種いる池の水をバキュームで吸引し売り飛ばす悪質業者も…環境省「300種追加指定」の難しい現場(1/4ページ) - 産経ニュース
環境省が平成32年までに、捕獲や譲渡が禁じられる国内希少野生動植物種(希少種)として300種を追加指定する。現時点で指定されているのはヤンバルクイナやイヌワシなど89種だが、あと5年で現在の4倍以上に増えることになる。地球温暖化による環境破壊など、地球は大きな問題を抱えている。国内の自然界では今、何が起きているのか。壮大な目標の背景には、希少種指定をめぐるさまざまな事情があるようだ。
指定は年間50種に急増
「希少種を指定するのも大変なんですよ」
 環境省の担当者は、こんな本音を漏らした。これまで指定してきたのは89種で、年間では多くても3種程度。中には指定をしていない年もあるという。それが、今後は毎年、50種ほども指定を進めていくことになる。
 そもそも希少種とは、絶滅の恐れのある3597の野生生物種を掲載した「レッドリスト」のうち、近い将来に絶滅の危険性が高いものや外来生物などを駆除しない限り野生での存続が困難な「絶滅危惧I類」に属するものの中で、絶滅の恐れが極めて高いとして環境省が指定した野生の動植物のことをいう。平成5年に施行された希少種保護のための法律「種の保存法」のもとに指定する。
それほどまでに指定を急ぐ理由として、温暖化や物流の国際化が進んだことにより外来生物の生息域が拡大したり山間部の乱開発が各地で行われたりしたことにより、もともとそこにいた固有種が急激に減ったことが挙げられる。
 そうした背景から、希少種の追加指定を求める動きは国会でも起こっていた。26年4月から省内に新たに希少種の保全を担当する「推進室」が立ち上がり、26年度には希少種の調査やデータ管理などに約1億円の予算がついたほどだ。だが、新たな組織ができたとはいえ、指定がとんとん拍子に進むかといえば、どうもそうではないらしい。
 環境省の調べでは、今や日本の野生動植物の約3割が絶滅に向かう可能性が高いという。ただ、絶滅危惧種はその保護が法律で決められているわけではなく、保護の対象として定めるには希少種指定が必要になる。
 「それほど絶滅危惧種が多いのなら、すべて指定してしまえばいいのでは?」
 そんな疑問をぶつけたら、担当者から苦笑とも失笑ともとれる反応が返ってきた。それが冒頭の言葉だ。
動植物と人間の共存前提
すべてを希少種に指定できるなら話は早い。だが、そうすることで少なからず弊害も生じる。影響を受ける代表格が「農家」だという。自然界に生息する野生動植物が希少種に指定されると、意図的な捕獲や譲渡はもちろん、生息地が保護区として指定されることもあるため、農業も規制の対象となる。
 保護区はすでに、全国で9地区(885ヘクタール)が指定されている。保護区指定が加速度的に進めば、農家はそれまでのように自由に農業を行うことができなくなってしまう。
 「環境保護団体や野生生物に関心の高い人からは『希少種の指定を急いでくれ』という声もあるが、それぞれの立場で生活があり、すべてを希少種に指定することは難しい。生息する個体数や地域の人たちの生活への影響などをきちんと調べ、バランスを見ながら指定しないといけないんです」
 担当者は、一気に指定を進められない理由をこう説明した。やはり、自然の動植物と人間との共存が前提で、この見極めが大事なようだ。
外来生物の急増も背景に
環境省は3月、政府が世界自然遺産登録を目指している「奄美・琉球」(鹿児島、沖縄)に分布するトカゲモドキ属の5種と植物6種をはじめ、小笠原諸島(東京)に分布する固有種のカミキリやタマムシなどの昆虫類16種、陸産貝類14種の動植物計41種を希少種に指定した。同省によると、原始的なヤモリの仲間であるトカゲモドキは、手足に吸盤がなく地上で生活するという特徴がある。外来種のマングースが捕食したり、ペットにしたりするための違法採取が問題となっていた。
小笠原諸島などは、「ダーウィンの進化論」で知られる東太平洋上の赤道下にあるガラパゴス諸島のように本土にはいない、まさに希少種が存在する。だが、近年は温暖化による環境の変化などによって、駆除の対象となる外来生物の生息域が急速に広がり、その個体数が減っていた。
 環境省は今後、国内で絶滅危惧種の半数を占める植物を中心に指定を進めていくという。
池の水吸い取るケースも
法律で希少種と定められると保護のための予算が措置されるため、環境省は指定した保護区に電気線を張り巡らすなどして、敵となる外来生物の侵入を防いでいる。ただ、こうした保護対策には税金が投じられており、離島などではさらにその経費が膨らむため、どこまで費用をかけるかが難しいところだという。
 希少種に指定してしまえば法律で取り締まることができるようになるのだが、実はそれまでが大変という。
 「希少種指定は情報の管理に、特に神経を使うんです」と担当者は強調する。希少種の指定前に情報が漏れると、捕獲して高値で売ろうとする業者などが訪れ、乱獲や密漁により、一気に個体数が減ってしまうケースもあるからだ。実際に、希少種が海外のインターネットサイトで売られていたり、希少種のいる池の水をバキュームカーで吸い取っていったこともあったりしたという。
 ひと言で「希少種保護」といっても、その裏にはさまざまな問題が複雑に絡み合っている。
生物の「種の保存」は極めて重要で大切なのでは在るが、人間が生きて行く上で、更に其の指定をするのが人間ならば、共存して行く為には各方面との均衡を図らなければ為らず、此の均衡の最大の妥協点を探して行く事の如何に大変な事か。
法制化するのは容易だが、其の法制化で不利益が出る処も多いので本当に難しい。
一方、現在の制度の元で指定されてから施行される迄の間に、何かしらの要因(今ではインターネットが最大の要素)で外部に漏れた場合は、既に手遅れだと云う実情も在る。
此の問題で最終的な終着点は恐らくは見出せないのでは無かろうか。
posted by 天野☆翔 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

関越自動車道高速バス事故から三年目。

* 関越バス事故3年「遺族の時間は止まったまま」 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
群馬県藤岡市の関越自動車道で乗客7人が死亡、38人が重軽傷を負ったツアーバス事故から3年となった29日、石川県や富山県の遺族ら5組23人が、事故現場となった高架の下の献花台を慰霊に訪れた。
 遺族らは発生時刻の午前4時40分に合わせて手を合わせ、故人の冥福を祈った。
 妻の郁子さん(当時49歳)を亡くした富山県高岡市の林稔さん(57)は「気持ちは事故の日と変わらない。遺族の時間は止まったままです」と涙をこらえた。
 事故は疲労による居眠りが原因で、自動車運転過失致死傷罪などに問われた運転手は昨年、実刑判決が確定。国土交通省は2012年、ツアーバスの運転手1人が夜間に運行できる距離の上限を、670キロから原則400キロに引き下げるなど、安全対策が強化された。
改めて、亡くなられた方々には、謹んで心から御冥福を御祈り申し上げます。
又、犠牲者遺族関係者や負傷した皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
此の事故で安全対策が講じられたが、根本的な問題で在る「継続運転時間」の案件が片付いては居ません。
運転手の健康問題は勿論なのですが、こう云った事が解決しない限りは、同じ事故が続発して行く事を意識しなければ為らないでしょう。
国土交通省や国会は改めて此の問題に向き合って、本当の意味で事故根絶への法整備の拡充を図って頂きたいです。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

ボルティモア暴動問題。

* 米東部ボルティモアで人種暴動 州知事が非常事態宣言、州兵出動(1/2ページ) - 産経ニュース
米東部メリーランド州ボルティモアで27日、警察へ連行される途中に負傷し、死亡した黒人男性(25)の葬儀に集まった黒人住民らが暴徒化した。警官隊との衝突に加え、放火や略奪も相次ぎ発生。ホーガン州知事は市内に非常事態宣言を発令し、州兵1500人を出動させた。
 オバマ米大統領は情勢を憂慮し、同日就任したばかりの黒人女性司法長官、リンチ氏をホワイトハウスに呼び、事態沈静化への方策を協議した。ボルティモアは、安倍晋三首相が訪問中の首都ワシントンから約60キロ。
 米CNNテレビなどによると、暴徒らは警官隊に投石したほか、警察車両を破壊。老人センターや商店、などに放火し、ショッピングモールや酒屋、薬局などで略奪を行った。警官隊は閃光手榴弾や催涙ガスで鎮圧、少なくとも27人を逮捕した。この衝突で警察側に15人の負傷者が出た。
 ホーガン州知事は声明で、「ボルティモアでの暴力行為は許されない」と強調。現場には最大5千人の警官が投入される予定だ。市内では16歳以下の子供を対象とした外出禁止令が出され、28日夜には全市民が対象となる。市内の学校の臨時休校も決まった。
死亡した黒人男性は12日、警察の職務質問を振り切ろうとして拘束され、刃物を隠し持っていたため逮捕された。連行中の警察車両内で脊椎損傷の重傷を負い、19日に死亡した。負傷の原因は不明。
 ボルティモア警察は21日、この件で職務を差し止めた警官6人の氏名を公表。通行人が撮影した映像によると、少なくとも3人が白人とみられる。
 州検察が6人の起訴を検討しているほか、米司法省でも6人が人種差別を禁じた公民権法に抵触するかどうか調査している。
今回の此の問題の原因は本当は何処に在るのかと云うと、死亡した人物がどう云う容疑で拘束されて負傷し死亡したのか真相解明すべきですが、そもそもの話は、アメリカと云う国が未だに人種差別が罷り通ってる箇所が抜け切れて居ないと云う状況に付け加え、一方の差別されてる人種側は、何か在ると暴動に発展し、略奪や放火等の犯罪行為を繰り返してる事で、互いに悪循環に陥ってる事が背景に在るでしょう。
こう云う案件を解決しない限りは、同じ様な事が続発して行く筈です。
本気で取り組んで頂きたいですね。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

辺野古基地前でデモ。

* 沖縄 4月28日に合わせ辺野古で抗議活動 NHKニュース
63年前の4月28日は日本が主権を回復した日ですが、引き続きアメリカの統治下に置かれることになった日に当たる沖縄では、アメリカ軍普天間基地の移設計画に反対を訴えようと、名護市辺野古の埋め立て予定地の周辺におよそ300人が集まり、抗議活動を行いました。
昭和27年の4月28日、サンフランシスコ平和条約が発効して日本は主権を回復しましたが、沖縄はその後も昭和47年までアメリカ統治下に置かれました。
この日に合わせて普天間基地の移設計画に反対を訴えようと、県議会や市町村議会の議員などおよそ300人が名護市辺野古の埋め立て予定地周辺で抗議活動を行いました。
はじめに予定地に隣接するアメリカ軍基地の前で集会を開き「新基地反対」などとシュプレヒコールを上げました。参加した60代の男性は「沖縄は70年前の戦争で多大な犠牲を被った。その沖縄に基地を新しくつくることは絶対に許せません」と話していました。
このあと一部の参加者はボートや沖縄伝統の小舟「サバニ」合わせて10隻余りに乗り、ボーリング調査が進む海上に出て抗議の声を上げました。
昼前には、立ち入りが禁止された海域で抗議していたボートが、制止に当たる海上保安庁の職員が乗り込んだ際にバランスを崩して転覆し、乗っていた4人が一時、海に投げ出されました。
このうち男性1人が気分不良を訴えて病院に搬送されましたが、命に別状はないということです。
本日はサンフランシスコ講和条約が発効された日ですが、此の日に合わせて基地問題を訴えるデモが辺野古基地前で実施された。
然し、此のデモの参加者は勘違いも甚だしいでしょう。
サンフランシスコ講和条約での沖縄返還は遅れたが、此の案件と基地問題を直結させるべきでは無いし、訴えるならば沖縄では無く永田町ですべき案件で在るのだ。
単純に都合の良い状況を創り出して、辺野古移設を阻止したいだけの気違い集団なのです。
国防が疎かに為れば、御前等の自由は無いのです。
支那の影響下に置かれれば、真っ先に始末されるのは御前等なのだと云う事を自覚するが良いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

小渕優子前経済産業大臣関連団体の案件で、枝野幸男が息巻いてる。

* 枝野氏「政治責任は免れない」 小渕氏元秘書の在宅起訴で批判、国会で追及の構え - 産経ニュース
民主党の枝野幸男幹事長は28日、自民党の小渕優子前経済産業相の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、元秘書2人が在宅起訴されたことについて「法的な責任が問われるかどうかは別として、少なくとも政治的、道義的な責任は免れない」と小渕氏を批判した。
 枝野氏は、小渕氏が経産相時の昨年秋の国会で約束した関連の資料提出と説明責任が「果たされていない」と指摘。その上で「今回の起訴を機に、しっかり説明していただかなければならない」と述べ、国会で追及する考えを示した。
追求する構えは結構だが、今国会は重要な先送り出来ない法案が山積してるのを自覚した上で、政治倫理審査会のみの追求でして頂きたいですね。
各種委員会や予算委員会で追求すべき案件では無いのだから、追求は政治倫理審査会ですべきで在る。
政治倫理審査会以外で追求した場合は、今度こそ有権者に見限られるのだと云う事を意識した方が良いでしょう。
其れ以前に御前等民主党にも、政治資金問題は枚挙に遑が無い程山積してる事をお忘れ無く。
posted by 天野☆翔 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

関東地方で今季初の真夏日記録。

* 今日は暑かった! 各地で真夏日、8月並みも 群馬・館林は32・1度 - 産経ニュース
日本列島は28日、東の海上にある高気圧の影響で気温が上昇、群馬県館林市で32・1度を記録したほか、東北と関東甲信の20地点以上でも最高気温が30度以上の真夏日となり、8月上旬並みの暑さとなるところもあった。東京都心や名古屋市など25度以上の夏日となる地点も全国で相次いだ。
 気象庁によると、27日に各地で真夏日や夏日となった暑さの熱が28日朝も地表に残る状態だったほか、東北や関東を中心として高気圧に覆われる状態が日中も続いたことから、日照とともに気温を押し上げた。
 館林市以外の28日の最高気温は、茨城県大子町が31・5度、岩手県釜石市が31・2度、福島県伊達市が31・1度、群馬県伊勢崎市が31・0度、埼玉県熊谷市が30・9度などだった。
 九州や沖縄・奄美では中国大陸から延びた前線に向かい、高気圧の左を回り込むように南から湿った空気が流入。大気が不安定になり、鹿児島県の奄美大島では激しい雨が降った。
昨日は北海道で真夏日を観測しましたが、本日は関東地方で今季初の真夏日を観測しました。
此れから梅雨から夏へ向けて更に気温上昇して行く方向性ですが、体調管理を万全にして行きたいですね。
又、熱中症対策を本格的に充実徹底して行かなければ為りません。
急激な気温変化で倒れる事の無い様にして欲しいです。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

野党が完全に終わってる。

* 【メガプレミアム】野党よ、こんな国会質問でいいのか 「猪木」「共産党のアイドル」内容が酷すぎる(1/5ページ) - 産経ニュース
2月6日のことだった。なんとも不思議な国会審議が目の前で繰り広げられていた。日本を元気にする会のアントニオ猪木参院議員が、参院決算委員会で質問に立ったときのことだ。といっても、質問はあったのか、という内容だった。
 早口でお決まりのフレーズの「元気ですかっ!」で切り出したのはご愛嬌(あいきょう)としても、その後に「前に注意されたので、ボリュームを半分に落としました。ご了承ください」とは。
 続いて、首相の「元気ぶり」を独自に“解明”した。
 「私も健康には気をつけているが、首相がなぜ『元気なのかなあ』と私なりに分析をしたんです。国会答弁で立ったり座ったりを繰り返すから、首相も鍛えられているのではないかなと。私も若いころは師匠の力道山に屈伸運動を1000回、2000回とやらされました…」
 質問はまだ始まらず、プロレスラーとして世界的ボクサーのモハメド・アリ氏との異種格闘技戦に挑んだときの話題、そしてその次は、ノーベル平和賞を受賞したパキスタン人のマララ・ユスフザイさんに今年1月に面会した話に及んだ。
 「マララさんのお父さんが私のファンで、連絡を取りました。マララさんとは私のキャラが、相手の警戒心を取るというのか、ざっくばらんな話もできた。会談は15分のはずが1時間半と、盛り上がりました」
そのまま質問らしい質問はほとんど見られずじまいで、締めくくりには「時間が来たので終わりますが、できればこの次は『1、2、3、ダー』をやらせていただきます。どうもありがとうございました」。これには傍聴席も、周囲の議員らも「えっ?」と苦笑するほかなかった。
 猪木氏は以前も委員会で、冒頭に「元気ですかっ!」と叫んだところを委員長に「今度はお控え願いたい」と注意を受けた経緯もあるが、懲りることはないようだ。
 この日は共産党の吉良佳子参院議員も質問に立った。過酷な労働を強いる「ブラック企業」問題を追及したのはよかった。が、質問時間が終わりにさしかかると安倍晋三政権の批判を展開。持ち時間を終えても発言を止めず、委員長にたしなめられても聞く耳を持たずに絶叫し続けた。なんともしまりのない委員会だった。
 こんなお粗末さは参院に限らない。衆院でも4日の予算委員会で、一方的に安倍晋三首相の報道対応を些細(ささい)なしぐさをあげつらって批判し続けた維新の党の井出庸生議員を首相が「事実のねじ曲げだ」と一喝していた。
 井出氏は、先の衆院選投開票日のことを取り上げ、自民党本部とを結んでいたテレビ中継中に首相がイヤホンを外したことを「なぜか」と、問題視した。その上で「首相は質問を遮ろうとしてイヤホンを外したと聞いている」と伝聞情報で追及しようとした。
首相は「私がしゃべっているときに質問されたので、ちょっと途中で外した。その程度の話だ」とさらりとかわした。
 それでも井出氏は「首相は取材の手法を拒否しようとしたのでは?」と食い下がってきた。首相はあきれ顔で「全く一方的な質問だ」と声を荒らげるほかなかった。
 衆院はさておき、参院は党派を超えて中立・公正で実りある議論をする議会だという意味の「良識の府」といわれてきた。だが、衆院の「カーボンコピー」と称されるようになって久しい。しかも、こんなお粗末な質疑まで「カーボンコピー」に成り下がってしまっている。
 参院では昨年11月4日の予算委で社民党の吉田忠智党首が、過去の週刊誌の記事を使い、首相を犯罪者扱いする質問をしたところ、逆に首相から「捏造(ねつぞう)だ。予算委の時間を使って、週刊誌だけで誹謗(ひぼう)中傷するのは議員として恥ずかしくないのか!」と返り討ちにあったことも記憶に新しい。
 来年夏には参院選が控えており、各党とも公認候補者の選定を本格化させる。国会質疑が政党や議員個人の存在感をアピールする場になるのはやむを得ないとしても、良識から外れるような言動をしていてはかえってイメージダウンになるだけだ。有権者を甘く見てはいけない。
自己主張したいなら他の場ですれば良く、決して議会内での審議ではすべきでは無いのは明白で、議会内では審議のみに集中し、本来の役割を果たすのが国会議員の清の姿で在り責務です。
にも関わらず、本来の審議とは無関係な案件で時間を無駄にするならば、質疑の場に立つべきでは無いし、其の時間が在るのならば、他の政党に時間を割り振りして頂きたいですね。
正直、今の野党で正常に本来の審議を実施してるのは「次世代の党」と「新党改革」のみで、民主党や日本共産党、維新の会や社会民主党、生活等は、完全に時間を無駄に浪費するだけの存在に成り下がり、国会議員の本来の責務を果たして居ません。
ならば、国会議員の資格は無いので全員辞職して頂きたいですね。
posted by 天野☆翔 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

「クローズアップ現代」問題で無反省のNHK。

* 不適切な演出あったと指摘 NHK、やらせは認定せず 「クロ現」調査報告書 - 産経ニュース
NHKの報道番組「クローズアップ現代」でやらせがあったと指摘されている問題で、NHKの調査委員会(委員長・堂元光副会長)は、やらせとは認定しないものの、不適切な演出があったとする調査報告書をまとめた。幹部ら関係者の処分も行う方針。28日にも調査結果を発表する。
 やらせが指摘されたのは、昨年5月に放送された「追跡“出家詐欺”〜狙われる宗教法人〜」など。番組内で詐欺に関わるブローカーとして匿名で紹介された大阪府内の男性(50)が「NHK記者の指示で架空の人物を演じた。真実と違う報道で人権を侵害された」と主張している。
 調査委員会は今月9日に発表した中間報告で、ビルの一室を詐欺の「活動拠点」としたのは誤りで、裏付けが不十分だったと認定。多重債務者とされる人物は記者と面識があったが、その場で相談に訪れたような構成になっており「視聴者は、実際とは異なる取材過程を印象づけられた」と指摘していた。
* 「クロ現」問題、「過剰な演出あった」とNHK調査委 やらせはなかったと判断 担当記者は停職3カ月 - 産経ニュース
NHKの報道番組「クローズアップ現代」で記者の指示によるやらせがあったと指摘されている問題で、NHKの調査委員会(委員長・堂元光副会長)は28日、「放送ガイドラインを逸脱する過剰な演出や視聴者に誤解を与える編集が行われていた」とする調査報告書を公表した。取材の過程で記者から具体的な指示はなかったなどとして、「いわゆる『やらせ』は行っていない」と結論付けた。
 堂元副会長は記者会見で「NHKの報道番組で視聴者の期待に反する取材、制作が行われたことは誠に遺憾。視聴者に心より、深くおわびする」と述べ、謝罪した。NHKは担当した男性記者(38)を停職3カ月にするなど、関係職員計15人を減給や譴責の懲戒処分を決めた。籾井(もみい)勝人会長と関係理事3人は役員報酬の一部を自主返納する。
 NHKは28日夜の「クローズアップ現代」で問題をめぐる「検証報告」を放送し、その後、板野裕爾放送総局長が視聴者におわびする。
 問題となったのは、昨年5月14日に放送された「追跡“出家詐欺”〜狙われる宗教法人〜」。詐欺に関わるブローカーとして匿名で登場した大阪府在住の男性(50)が「記者の指示で架空の人物を演じた」と主張。男性は今月21日、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会に人権侵害を申し立てた。
隠し撮りで現実に本当に起きた事を放送したかの如くの再現VTRを流した時点で既に「やらせ」なのに、どうもNHKは此の認識を一切共有して無いらしく「やらせ」では無いと云う結果に至った。
又、取材過程での方針が実際の作業では待った方向性を違えて着手してた事でも、ガバナンスが成って居ない事を露呈した。
此の二点だけでも充分に放送法に定食する案件なのに、NHKは此処を重要視して無い。
再現ならば明確に再現と容易に判明する様なテロップ等を出せば良かったが出さずに放送し、取材過程で本来の方針が徹底されて無ければ、一旦白紙化すべきだったのにしなかった。
こう云う事が、今回の問題を招き、政治介入を自らさせたと云う自爆行為だったのです。
NHKは完全に此処を見誤った。
言論の自由だの、表現の自由だのと声高に叫ぶ前に、放送法の遵守を徹底して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

関東以北で夏日。

* 夏がきた?27日記録的な暑さ(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
各地で今年一番の暑さに
27日は各地でぐんぐん上がり、多くの地点で今年一番の暑さに。北日本ほど暑くなり、最高気温のランキング上位に名を連ねたのは北海道、東北勢。4月としては観測史上1番の暑さを更新した所も。
27日、全国のアメダス観測地点の中で、最も高い気温を観測したのは、なんと福島県の浪江町。32℃まで上がりました。続いて北海道十勝地方の大津、北海道釧路地方の中徹別と続きます。27日は19地点で30℃以上の真夏日となりましたが、そこには、最高気温ランキング常連の沖縄・九州・四国の地点はありませんでした。ほとんどが北海道東北、特に太平洋側という結果に。
ではなぜ北海道・東北の太平洋側でここまで気温が上がったのでしょうか。 1つは全国的に高気圧に覆われてよく晴れたこと。(たっぷりの日差しで東京都心も気温が上がり、今年初めての夏日になりました。)もう1つは、北日本中心に大陸方面から暖かな空気が流れ込んだこと。そしてもう1つ。その暖かな空気が山を越えて吹き下りて、フェーン現象が起こったこと。太平洋側で気温が上がったのはこれが大きな要因と考えられます。乾いた暑い風が、北海道や東北地方の太平洋側に吹き下りて、季節を大幅に先取りした暑さをもたらしました。
28日も各地で25℃以上
28日も最高気温は25℃以上という所が多くなりそう。平年を上回る暑さが続く見込みです。ただ、北海道の極端な暑さは収まるでしょう。
* 真夏並みの空気流入とフェーンが要因 太平洋側で気温上昇 - 産経ニュース
北海道や東北の太平洋側を中心に、各地で気温が大幅に上昇したのは、チベット高原付近でできたとみられる真夏並みの暖かい空気が上空に流れ込んだことに加え、その風が山を越えて吹き下ろす際に温度が上がる「フェーン現象」の影響があったとみられている。
 気象庁によると、札幌上空1500メートルの気温は平年1度程度だが、この日は15度以上の空気が流入。これが西風となって日高山脈を越えてフェーン現象が発生し、十勝地方や釧路地方で真夏日となった。同様に西風が奥羽山脈を越えた福島県の各地でも気温が上昇した。
 このため気温の寒暖差も大きく、北海道豊頃町の朝の最低気温は5・6度、福島県浪江町も5・9度で、ともに最高気温との差は25度以上もあった。また、27日は真夏日だった北海道帯広市は、28日の最高気温が18度と予想されるなど、気温の変化が急激になる地点もある。
本日は本当に気温が高く暑さを感じました。
関東地方でも午後1時過ぎに東京都心も25度を超える気温を観測される程の夏日に成りました。
明日も同じ陽気が続くと云う事で、早くも熱中症への対策が必要に成って来るかも知れません。
体調管理を万全にして行きたいですね。
posted by 天野☆翔 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

福井大学の文京キャンパスの図書館でコンクリートが宙吊りに。

* 怖っ! 図書館で3tコンクリが「宙づり」 福井大 - 産経WEST
天井を突き破り、宙づり状態になったコンクリート片=27日夜、福井市の福井大文京キャンパス 福井大は27日、福井市の文京キャンパスにある図書館3階の閲覧室で、天井裏からコンクリートが落ちて天井の一部を突き破り、宙づり状態になっているのが見つかったと発表した。けが人はいない。コンクリートは縦約1・5メートル、横約4メートル、重さは約3トン。図書館の一部を立ち入り禁止にして、原因を調べている。
 福井大によると、26日午後2時半ごろ、図書館職員が見つけた。天井裏のコンクリート片が落下し、石こうボード製の天井を突き破っていた。25日夕方の閉館時間まで異常はなかった。所蔵の書籍に被害はなかったという。
 図書館は約50年前に完成。これまでに増築しているといい、福井大は原因が分かり次第、改修工事をする。
教育地域科学部・工学部が在る福井大学の文京キャンパスの図書館で確認された事ですが、此れは怖いです。
良く今迄気が付かなかったものだと感心して仕舞う。
大きな事故が無かったのは幸いだが、早々に原因究明して頂きたいですね。
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

大阪都構想の住民投票が告示される。

* 大阪市の存廃、市民が決定 都構想の住民投票告示 5月17日投票 - 産経WEST
大阪市を廃止し、5つの特別区に分割する大阪都構想の住民投票が27日午前、告示された。都構想賛成派の大阪維新の会と、反対派の自民や民主など各党が大阪市内で「第一声」をあげる。昭和31年の政令市創設後初めて存廃を市民が決める住民投票で、賛成が1票でも上回れば平成29年4月の特別区設置が決定する。5月17日の投開票に向け、本格的な論戦の火ぶたが切られた。
 今回の住民投票は平成24年に成立した大都市地域特別区設置法に基づく手続きで、法的拘束力を持つ。有権者は日本国籍を有する20歳以上の大阪市民約211万人。政令市初の住民投票となった名古屋市の約177万人を大きく上回り、過去最大規模の住民投票となる。
 維新代表の橋下徹大阪市長は、住民投票で都構想が頓挫した場合、12月の大阪市長の任期満了後に政界から引退する考えを示している。
 このため住民投票には、府知事時代から都構想を掲げ、維新を旗揚げして突き進んできた橋下政治への審判という側面が出てきているが、野党側は「橋下氏の信任投票ではなく、制度設計の内容で判断すべきだ」と反発している。
本日、大阪市を5つの区に分割し、大阪府との二重行政を解消する為の大阪都構想の実現の為の住民投票が告示されました。
様々な方面から賛否が大きく分かれる此の案件ですが、維新の会側だけの説明を真に受ける事無く、あらゆる説明を参考にしつつも、各々が冷静で公平な見識に立って判断し、投票する材料を掻き集めて欲しいと思います。
特に大阪市民に取っては今後を左右する大きな分岐点に成ります。
自分達の将来は自分達で決める意識を持って臨んで頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

太陽の塔が次世代の党に合併。

* 太陽が解散、次世代と合併  - 産経ニュース
次世代の党の平沼赳夫党首と太陽の党の園田博之党首は27日、国会内でそろって記者会見し、太陽が解散し、5月1日付で次世代に合併すると発表した。次世代は国会議員8人(衆院2、参院6)となり、園田氏は顧問に就任する。
 園田氏は1月に次世代を離党し、国会議員が不在だった太陽の党首に就任。園田氏の移籍により太陽は政党助成法上の政党要件を満たした。園田氏は記者会見で「合併前提で私は太陽に行った。(合併は)早い方がいいと思った」と説明した。園田氏は離党後も次世代の会派に所属していた。
先の年末の衆議院議員選挙では太陽の塔と次世代の党は独立した政党として存続して居ましたが、来月一日に合併すると云う事で、次世代の党が何とか存続する人数に至った事は救いに為るでしょう。
然し、問題は次回の参議院議員選挙です。
此処が大きな転換点に為る事は間違いは無いですね。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

統一地方選挙で投票しなかった人々。

* 【統一地方選】なぜ投票しなかった?(上) 「誰がなっても変わらない」「投票日だと知らなかった」(1/3ページ) - 産経ニュース
* 【統一地方選】なぜ投票しなかった?(下) 「国政選挙には必ず行くんだけど…」「創生の全体像見えない」(1/3ページ) - 産経ニュース
市区町村の首長や議員を選ぶ統一地方選の後半戦は26日、投開票が行われた。「地方創生」が主要争点となったが、有権者の関心はいま一つ。民主主義制度の基盤となる参政権の一つである投票権だが、今回の統一選では低投票率が目立った。各地の選挙で今回、その投票権を行使しなかった有権者に理由を聞いた。
 【茨城県土浦市議選】
 独立行政法人職員の男性(38)「市議会を何度か傍聴したことがあるが、ほとんどの議員は市が提案した議案にそのまま賛成するだけ。もともと優秀な人は大学から東京に出て地元に帰ってこないので、議員提案できるような能力がある人はいない。誰が議員になっても街は変わらないので投票には行かなかった」
 【茨城県古河市議選】
 地方公務員の女性(51)「候補者に知り合いが数人いるので心情的には投票してあげたいが、どの人も訴えているのは少子高齢化対策など同じで、違いがない。現職の議員には『じゃあ、何であなたは今までそれをやらなかったの?』と言いたい。口先ばかりで実際に仕事をしない候補ばかりなので選挙には行かなかった。でも、公務員なのに選挙に行かないことには少々罪悪感はある」
 【宇都宮市議選】
 主婦(41)「投票したい人(候補)がいない。地域、地方を元気にするというのはいいことだと思うが、『地方創生』というのは、言葉が難しくて、よく分からない。あまりなじみがない」
 飲食店主の男性(49)「政治家は信用していないし、政治家に任せようとは思わない。まちづくりにしても、行政側の態度が大きいばかりで効果が出ていない。もっと民間に任せれば、できることがたくさんあると思う。(市議選でも)期待できる人がいないわけでもないが、どうなのかな」
【群馬県高崎市長選・市議選】
 無職の男性(22)「『地方創生』という言葉は知っているが、具体的な内容となると分らない。毎日の生活の中で特に不便を感じることはなく、住んでいる地域の将来について深く考えたこともない。今回の選挙では何が争点かはっきり伝わってこず、投票に行こうという気持ちにならなかった」
 【群馬県桐生市長選・市議選】
 主婦(67)「楽しみにしていた孫と一緒に、遊びに出かける予定が入っていた。『地方創生』については、具体的な内容などは全く知らない。政治に興味はありません」
 【埼玉県川口市議選】
 大学生の女性(20)「自分が1票を入れることで、地元の何かがよくなるとも思えない。そもそも今日が投票日だということも知らなかったし、アルバイトが忙しいので行かない。初めての選挙でどうすれば情報が得られるかもよく分からなかった」
 設計事務所職員の女性(25)「全然知らない人に入れるぐらいなら投票しない方がまし。テレビや新聞もあまり見ないので、誰が出るか、何を訴えているのかよく知らない。行く意味がないとは思わないが、そのためにいろいろ調べる時間を割くのがもったいない」
【埼玉県越谷市議選】
 トラック運転手の男性(65)「マンションの下にポスターが貼ってあったけれど、きょうが投票日とは知らなかった。いつも投票は欠かさないんだが…。今の暮らしに不便もないし、特に望むものはない。昼は仕事で東京に出るから行政に望むものがあまりない」
 無職の男性(67)「国政選挙は欠かさず行くけれど、地方の選挙は面倒くさいから行かない。地方議員なんて当てにならない。行政に文句があるなら、選挙じゃなくて役所に直接言えばいいんだし」
 【千葉県船橋市議選】
 会社員の向後駿太さん(31)「選挙は、関係者が盛り上がってるだけで有権者を置いてけぼりにしている感じがする。選挙カーの演説を聞いてもうるさいとしか思わないし、ポスターに知ってる顔は1人もいない。普段会ったことがない議員に演説などで投票を呼びかけられても、選挙に行こうという気にはならない。周りの友人も行かないと言っている」
 【千葉県浦安市議選】
 音楽教室経営の安西七子(ななこ)さん(57)「地方の力を上げることは大切だ。浦安は東日本大震災で大きな被害を受け、流出する住民も多かった。復興を望むが、朝から晩まで仕事が入っており、投票できなかった。期日前投票制度は知っているが、『この人』と特定できるほど地道な活動を続けている候補者が見当たらなかった」
【東京都文京区長選・区議選】
 大学生の鹿島裕貴さん(22)「候補者はこぞって福祉政策の充実を訴えているが、子育て世代でもなく、年金暮らしの高齢者にも当てはまらない有権者にとっては、政策が実現しても生活が良くなるイメージが持てない。白票を投じに行くことすら面倒に感じた」
 【東京都台東区議選】
 会社員の山本昌利さん(58)「原発ゼロ、集団的自衛権に反対など、普段の生活からかけ離れた国政レベルの政策を持ち出す候補者が多い。区民の感覚から離れすぎている。棄権することに罪悪感はあるが、有権者が本当に求めている政策を考えるのが候補者の役割であり、反省してもらいたい」
 【東京都世田谷区長選・区議選】
 会社員の男性(47)「区外に職場があり、世田谷で過ごしている感覚が薄く評価ができない。地方選で投票しても自分の生活に直結するイメージがない。国政選挙できちんと選ぶ方が、いろいろな施策を決めることにつながると感じている」
 主婦(35)「4年間で区が良くなったのか悪くなったのかどちらの実感もない。区長が誰になればどうなるのかが想像できず、決められなかった。区議候補はたくさんいる上、同じようなことを言っているので違いがよく分からない」
【東京都渋谷区長選・区議選】
 大学生の男性(20)「正直、面倒くさい。投票に行こうと思っていた時期もあるけど、アルバイトが入ってしまったし、ほかのことの方が優先度が高い」
 婦人服店経営の女性(75)「国政選挙は毎回行くけど、地方選はよく知らない方ばかりで選べない。スケジュールもいっぱいで行かなかった」
 【東京都江戸川区長選・区議選】
 会社員の山本茂樹さん(34)「何が争点になっているのか分からず、特に応援している候補がいない。区政に強い不満もなく、このままの路線でいい。『地方創生』といっても、『東京五輪・パラリンピックの施設を区内につくる』とか大きな話があれば関心を持つかもしれないが、そういうこともない。盛り上がりに欠けるのは確かだ」
 無職の女性(75)「関心がないわけではないが、選挙公報を目にする機会もほとんどなく、どんな人がどんな政策を訴えて立候補しているのかよく知らない。『区をこうしてほしい』という希望があれば行くのかもしれないが、現状のままでいいと思う。国政選挙には必ず行くんだけど、区の選挙では『この人に投票したい』という人もいない」
【神奈川県平塚市長選・市議選】
 大学生の男性(20)「相模川から西側は、横浜市などの都市部と比べて元気がないと感じており、もっと『地方創生』に力を入れてほしい。けれど、新聞などで各候補者の政策を読んでも違いが分からない上、主張していることもポイントがずれていると感じた」
 主婦(72)「都内で親族の集まりがあり、そちらを優先させた。選挙は毎回行っているので、行かないと少し気持ち悪い感じがするが、選択肢が少なく、『投票しても意味があるのか』という思いがあった」
 【神奈川県茅ケ崎市長選・市議選】
 会社員の向谷耕平さん(23)「『地方創生』という言葉はあまり耳慣れない。政治に興味がないわけではないが、仕事が忙しすぎて各候補者の政策などを読む余裕がない。インターネットなどでもっと分かりやすく見られたらいいのに」
 【静岡県三島市議選】
 会社員の男性(59)「定員に対して立候補者が少なく、ほとんど無風状態。選挙する意味がない。そもそも、11万人程度の市に議員が多すぎる。立候補者の政策や公約を聞いたが、やる気が感じられない。『地方創生』も全然ピンと来ない。4年前は投票に行ったんだけど」
 【静岡県富士宮市長選・市議選】
 会社員の女性(29)「投票に行っても、自分の生活に影響なんてない。だから行かなかった。この町の中心街はシャッターの降りた店ばかりで、寂しいとは思う。でも、どうやって地方を創生するのか全体像がぜんぜん見えないので、あまりピンとこない」
主義主張は人夫々なので構わないが、政治に関して余りにも無関心なのには閉口した。
投票日の当日だと云う事を知らなかったと云うのも、大いに問題が在る。
市区町村の選挙は一番身近な行政で在るのにも関わらず、此の行政に対して真剣に考えて無いと云う意識には呆れ果てる。
自分達が拠り良く生活して行くには行政の力が大いに影響します。
議員が駄目なら窓口にと云うのは筋が違う。
議員は有権者の声が一番の武器にも為るし、一番恐れてる側面も在るのです。
窓口に何か云っても議員に声を届けなければ行政は変わらない。
多忙を理由にしてるのも逃げでしか無く、何の為の期日前投票なのかと云う事を考えて頂きたい。
候補者の選定に悩むのも良いが、消去法で選定する為り等、何故投票すると云う意思を行為で表さないのかと云う疑問も抱く。
有権者は投票と云う権利を何故有効に活かさないのか。
posted by 天野☆翔 at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会」国民大集会開催される。

* 拉致国民大集会、「最終決戦のとき」と位置づけて開催 家族「今年中盤には解決の兆しを」 首相「あらゆる手段尽くす」(1/2ページ) - 産経ニュース
北朝鮮による拉致被害者の早期救出を求める「国民大集会」が26日、東京都千代田区の日比谷公会堂で開かれた。「最終決戦のとき!」とスローガンが掲げられ、約1800人(主催者発表)が参加。全ての被害者が帰国するまで、制裁緩和や人道支援をしないことを北朝鮮にはっきり伝えるよう日本政府に求める決議が採択された。
 訪米のため、日本を出発する直前に駆けつけた安倍晋三首相は「すべての被害者が速やかに日本の土を踏むという結果を実現するため、あらゆる手段を尽くす」と説明。「われわれは拉致被害者、そして家族と常に共にある。この思いを胸に刻みながら、解決に向けて全力を尽くすことを約束する」と述べた。
 北朝鮮による拉致被害者らの再調査は昨年7月に始まったが、報告は当初の見込みから遅れ、北朝鮮は今年4月、日朝政府間協議中断の意向を示してきた。
 拉致被害者、田口八重子さん(59)=拉致当時(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(76)は、拉致被害者らの再調査に関し「調査報告に惑わされることなく、拉致問題が最優先されて解決の方向に行くような交渉、要請が必要だと思う」と指摘。さらに被害者家族の高齢化に触れ、「もう一刻(の猶予)も許されないということを考えながら、今年の中盤あたりには解決の兆しがはっきり見える状況にしていただきたい」と政府に求めた。
家族からは北朝鮮への不信感とともに日本政府の対応に疑問の声が上がった。増元るみ子さん(61)=同(24)=の姉、平野フミ子さん(65)は「本当にどうして取り戻せないのか不思議で仕方がない。自分の子供がこのようになったらという強い気持ちを持って、北朝鮮に戦いを挑んでいただきたい」と話した。
 横田めぐみさん(50)=同(13)=の母、早紀江さん(79)も長く拉致問題が解決しない状況に触れ、「もうこのへんで、大きな喜びに変換させていただきたい」と早期の問題解決を訴えた。
日朝政府間協議では北朝鮮が不誠実な態度で、中々進捗度合いは進まない中で、安倍政権下での救出が最後の機会と捉え、声を大きく上げての開催に成りました。
早期の救出で全面的に帰還を果たしていただくべく、政府は本腰を入れて粘り強く取り組んで頂きたい。
北朝鮮に拠る拉致被害者の全面的な帰還は、もう一つの戦後問題でも在るのです。
posted by 天野☆翔 at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

ネパールに向けて緊急援助隊出発。

* 国際緊急援助隊 ネパールに向け出発 NHKニュース
ネパールで起きたマグニチュード7.8の地震で甚大な被害が広がっていることから、警察や消防などで作るおよそ70人規模の国際緊急援助隊が26日夕方、成田空港から現地に向けて派遣されました。
国際緊急援助隊は、海外で地震や津波といった大規模災害が起きた際に、災害が多い日本で培われた経験を生かそうと、被災した国からの要請に応じて警察や消防などから派遣されます。
25日にネパール中部で起きたマグニチュード7.8の地震では、首都カトマンズを中心に甚大な被害が広がっていることから、警察や消防、海上保安庁などで作るおよそ70人規模の国際緊急援助隊が派遣されることになり、成田空港で出発式が行われました。
この中で、外務省の国際緊急援助官の小林成信団長は「東日本大震災で受けた国際的な支援への恩返しの気持ちで頑張りたい」と決意を述べました。
援助隊は、▽警察が23人▽消防が17人▽海上保安庁が14人▽医師や看護師が5人などで▽災害救助に当たる警備犬4頭も派遣されます。
小林団長は「今回の地震はかなり大きく、その後も余震があるが、嗅覚の鋭い警察犬を活用して、建物が崩壊する前に取り残されている人を救出したい」と話していました。
援助隊は26日午後6時ごろ成田空港からチャーター機で出発しました。タイのバンコクを経由して27日の午後ネパールに到着し、救助活動を行うことにしています。
* 防衛省 ネパールに自衛隊の調査チーム派遣 NHKニュース
防衛省はネパールで起きた地震を受けて、現地に自衛隊の調査チームを派遣し、被害状況や必要な支援策について情報収集を行うことを決めました。
ネパールで25日起きたマグニチュード7.8の地震では、多くの住宅や歴史的建造物が倒壊し多くの犠牲者が出るなど被害が広がり、各国が現地に援助隊などを派遣する動きが始まっています。
こうしたなか、防衛省は現地に自衛隊の調査チームを派遣し、被害状況や日本にどのような支援策が求められているのかについて情報収集を行うことを決めました。
調査チームは統合幕僚監部や航空自衛隊などの3人の自衛隊員で構成され、26日午後、日本を出発して首都カトマンズに入ることにしていて、防衛省は調査結果を踏まえて、自衛隊を国際緊急援助隊として部隊派遣する必要があるかなどを検討することにしています。
迅速な動きでは有りますが、国際社会でも同様の動きが確認されて居ます。
多数の死者と甚大な被害を出して仕舞った震災ですが、復旧は極めて困難な状況でも在る。
此の復旧を一日も早く成し遂げる為にも、緊急援助隊の活動は必要不可欠です。
少しでも多くの案件で現地の人々の役に立てる様な活動を願いたい。
* 地震の死者2100人以上に 救助活動本格化 NHKニュース
ネパールでは大地震の発生から丸一日がたち、これまでに2100人以上が死亡し、現地では余震が続くなか外国の救援隊が到着し、倒壊した建物の下に閉じ込められている人たちの救助活動が本格化しています。 日本時間の25日午後ネパール中部でマグニチュード7.8の大地震が発生し、ネパールからインド北部にかけての広い範囲で強い揺れが観測されました。
ネパールの警察によりますと、この地震で多くの住宅や歴史的な建造物が倒壊し、これまでに2123人の死亡が確認されたということです。
また、周辺の国でもこれまでに、▽インドで51人▽中国のチベット自治区で18人▽それにバングラデシュで2人がそれぞれ死亡したということです。
大地震の発生から丸1日がたちましたが、ネパールでは断続的に余震が続いていて、アメリカの地質調査所によりますと、日本時間の午後4時すぎに、首都カトマンズの東65キロを震源とするマグニチュード6.7の地震がありました。
こうしたなか、地震で閉鎖されていたカトマンズの国際空港が再開され、インドや中国の救援隊が食糧などの支援物資とともに到着しました。
救援隊は現地の救助チームとともに、カトマンズなどで倒壊した建物の下に閉じ込められている人たちの救助活動を本格化させています。
一方エベレスト周辺では、地震による雪崩に登山者のベースキャンプが巻き込まれ、これまでに17人が死亡したということです。
ネパールには観光シーズンに合わせて多くの外国人が訪れていて、カトマンズにある日本大使館によりますと、これまでに日本人の被害の情報は入っていないということです。
しかし、現地では依然として通信状況が悪く、確認は難航しているということで、大使館では、引き続きネパール政府と連携して日本人が宿泊するホテルや各地の病院と連絡を取るなどして情報収集を進めています。
観光シーズンのエベレストで雪崩
世界最高峰のエベレストでは、4月が最も登山者が集まる観光シーズンの1つで、ネパールの観光省によりますと、地震が起きた時、エベレスト周辺には外国人およそ400人を含む少なくとも1000人の登山者がいたとみられています。
地震によって起きた雪崩が登山者のベースキャンプを襲い、ネパールの山岳協会によりますと、これまでに少なくとも17人の遺体が収容されたほか61人がけがをしたということです。
日本からも多くの登山者が訪れていましたが、現地の旅行会社によりますと、これまでに連絡が取れていない日本人もいるということで確認を急いでいます。
またアメリカのIT企業グーグルなどによりますと、死亡した人の中に幹部で研究開発部門を率いてきたダン・フレディンバーグ氏も含まれているということです。
また、山岳協会によりますと、ベースキャンプ付近では雪崩の影響で下山ルートが通れなくなり、大勢の登山者が取り残されているということです。
けが人の一部はヘリコプターで救出され病院に運ばれましたが、現地は天候が不安定で救出活動は難航しているということです。
復旧復興の為の第一歩として、現地での被害の全容解明も急がれます。
被害の大きさに改めて自然界に対して畏怖の念を抱く。
亡くなられた方々には、改めて謹んで心から御冥福を御祈り申し上げます。
又、犠牲者遺族関係者の皆々様方には、改めて謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

戦艦武蔵の為の洋上慰霊祭開催される。

* 戦艦「武蔵」発見受け現地で洋上慰霊祭 NHKニュース
ことし3月、旧日本海軍の戦艦「武蔵」とみられる船がフィリピンのシブヤン海で見つかったことを受けて、「武蔵」の元乗組員や遺族らが現地の海を訪れて洋上の慰霊祭を行い亡くなった人たちに祈りをささげました。
戦艦「武蔵」は太平洋戦争末期の昭和19年10月、フィリピンのシブヤン海でアメリカ軍によって撃沈され、長く行方が分からないままとなっていましたが、ことし3月、アメリカの資産家が「武蔵」とみられる船を発見し映像を公開しました。
これを受けて「武蔵」の元乗組員や遺族らが亡くなった人たちに改めて祈りをささげたいとしてフィリピンを訪れ、26日、現地の海で洋上の慰霊祭を行いました。
慰霊祭では元乗組員で90歳の種村二良さんが、旧日本海軍で演奏されていた戦死者を追悼する曲をトランペットで奏でたあと、全員で当時仲間で歌っていた鎮魂歌を合唱しました。
「武蔵」が沈むときに乗り組んでいた87歳の早川孝二さんは、戦後はじめて現地の海を訪れたということで「ようやくここまで来れた。70年前、この海で多くの仲間が死んでいきました」と話していました。
また、撃沈の1か月前まで乗り組んでいた90歳の大場貢さんは「死んでいった仲間たちはみな若い青年でした。ここで慰霊ができてようやく胸のつかえが下りたような思いです」と話していました。
直接の乗組員だった人や、攻撃を受けて亡くなった方々の遺族関係者が、今回の戦艦武蔵発見の報せを受けてフィリピンにて洋上慰霊祭を開催されました。
任務途中に攻撃を受けた為全う出来無かった無念等、其の内に秘める思いは様々かとも思いますが、此の慰霊祭で其の思いも癒やされて行く事に為る事を祈りたい。
そして、今後も定期的に慰霊祭が開催される事を願いたいですね。
posted by 天野☆翔 at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

安倍晋三内閣総理大臣渡米。

* 首相 アメリカへ出発 “絆生かし平和と繁栄を” NHKニュース
安倍総理大臣はオバマ大統領との日米首脳会談やアメリカ議会上下両院の合同会議での演説に臨むため、26日夕方、羽田空港を出発しました。 出発に先立って、安倍総理大臣は日米の強い絆を生かし、共に21世紀の平和と繁栄を作り出していくメッセージを発信したいという考えを示しました。 安倍総理大臣はアメリカ政府からの招待を受けて、来月3日までの日程で日本の総理大臣として9年ぶりにアメリカを公式訪問し、ボストンやワシントンなど4都市を訪れることにしており、26日夕方、政府専用機で羽田空港を出発しました。
安倍総理大臣はワシントンで去年の11月以来となるオバマ大統領との日米首脳会談に臨むほか、アメリカ議会上下両院の合同会議で、日本の総理大臣として初めて演説することにしています。
出発に先立って、安倍総理大臣は記者団に対し「今回の訪米は戦後70年の節目の年の訪米となり、歴史的な意義を有する。日本と米国の強い絆を生かし、共に21世紀の平和と繁栄を作り出し、新しい時代を切り開いていくメッセージを出したい。議会演説では、日本が今後米国とともに何をしていくのか、どういう世界にしていくのか、というビジョンを語りたい」と述べました。
さらに、安倍総理大臣は、安全保障政策に関連して「アジア太平洋地域を重視する米国のリバランス政策と日本の積極的平和主義により、より平和で安定した世界にしていくことを確認したい。さらに日米の信頼関係のうえに、沖縄の基地負担の軽減を進めていくことも確認し合いたい」と述べました。
此の渡米の目的は飽く迄アメリカとの関係で安全保障や今後の同盟関連での意思表明を示すもので在って、決して特定アジアの為のものでは有りません。
拠って、演説に際しての特定アジアの主張する歴史認識関連は不要なので、此処を明確にして欲しいと思います。
日本が将来歩む道を明確に表明して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

福知山線脱線事故から十年目。

* 【JR脱線事故10年】同じ青空に祈り、再発防止へ誓い新た…JR西日本が慰霊式開催(1/2ページ) - 産経WEST
兵庫県尼崎市で平成17年4月、乗客106人が死亡、562人が重軽傷を負ったJR福知山線脱線事故は25日、事故から10年の節目を迎えた。事故現場の献花台には朝から多くの遺族らが訪れ、あの日と同じ青空が広がる中、静かに手を合わせた。追悼慰霊式では事故発生時刻の午前9時18分に全員で犠牲者の冥福を祈り、黙祷(もくとう)をささげた。
 JR西日本主催の慰霊式は現場近くの尼崎市のあましんアルカイックホールで開かれた。JR西によると、参列者は事故翌年(平成18年)の1886人から昨年は999人と減少傾向にあったが、丸10年のこの日は遺族や負傷者ら1179人が参列した。
 JR西の真鍋精志社長は「私どもはすべてを奪ってしまった。多くの方々の人生を変えてしまった責任の大きさを痛感している」と改めて謝罪。「大切な命をお預かりしている責任と自覚を持ち、不断の努力を積み重ねていく」と再発防止と安全を誓った。
 続いて、事故で夫を亡くした岡由美さんが「トリーハ(哀歌)」をギターで演奏。次男の昌毅さん=当時(18)=を亡くした上田弘志さん(60)と同じ職場で働く汐田和則さん(25)ら4人が「新たな一歩を踏み出してくれれば」との思いを込め、バンド演奏を披露した後、参列者は祭壇に次々と献花した。遺族代表による「慰霊のことば」は希望者がなく、行われなかった。
式には、業務上過失致死傷罪で在宅起訴され、無罪判決が確定した山崎正夫元社長(71)と、歴代3社長のうち同罪で強制起訴され公判中の垣内剛元社長(71)=1、2審無罪判決=、南谷昌二郎元会長(73)=同=が参列した。これまで一度も出席していない井手正敬(まさたか)元会長(80)=同=の姿はなかった。
未曾有の大惨事の福知山線脱線事故から、本日で十年目を迎えました。
此の事故で亡くなられた方々には、改めて謹んで心から御冥福を御祈り申し上げます。
又、犠牲者遺族関係者の皆々様方には、改めて謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
残された人の立場としては、もう二度と此の様な大規模な事故を起こしては為らないと云う事です。
此の事故の裁判は継続中ですが、どう云う結果に成っても此の事だけは変わらない。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

地震情報 2015年4月25日 15時11分頃発生 震源地:インド付近(ネパール)。

* 地震情報 2015年4月25日 15時11分頃発生 震源地:インド付近(ネパール) - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2015年4月25日 15時11分頃発生 震源地:インド付近(ネパール) 発生時刻 2015年4月25日 15時11分頃
震源地 インド付近
(ネパール)
位置 緯度 北緯 28.1度 経度 東経 84.6度
震源 マグニチュード M7.9
深さ ---
* ネパールでM7・8の大地震 死者800人近く…エベレストの雪崩などで18人犠牲 - 産経ニュース
ネパール中部で25日正午前(日本時間同日午後)、マグニチュード(M)7・8の強い地震が発生、首都カトマンズなどで多数のビルや家屋が倒壊した。ロイター通信などによると国内の死者は758人に上ったほか、世界最高峰エベレスト(8848メートル)では雪崩などで少なくとも外国人18人が死亡。中国との国境付近やインド、バングラデシュでも30人余が死亡した。
 ネパールには約千人の在留邦人がおり、日本大使館が安否確認を進めている。
 震源地はカトマンズの北西約80キロ。カトマンズでは市内で最も高い歴史的建造物ダラハラタワー(約60メートル)が倒壊、死傷者が出ている。数百年前に建てられた寺院などが集中する世界遺産、ダルバール広場にも被害が出ているもようだ。
 地震はネパールでは約80年ぶりの規模で、同国政府は被害の大きな地域に非常事態を宣言。ヒマラヤ山脈は登山シーズンを迎え、多くの外国人が訪れていた。
Earthquakes today | Earthquake today | earthquake | earthquakesを確認しますとEarthquake - Magnitude 7.8 - NEPAL - 2015 April 25, 06:11:26 UTC以降、大きな余震が頻発しヒマラヤ山脈では雪崩も発生してるとの情報も伝えられて居ます。
此の地震で亡くなった方々には、謹んで心から御冥福を御祈り申し上げます。
建造物も多数倒壊してるので、復旧は暫くの間は期待出来そうにも無い様子です。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

内政問題を外交問題にする南朝鮮。

* 「歴史認識で誠意を」 ブラジル訪問の朴大統領が日本を牽制 バンドン会議欠席の非難をかわす思惑か - 産経ニュース
ブラジル訪問中の韓国の朴槿恵大統領は24日、日本について「正しい歴史認識を基にした誠意ある行動を見せることで周辺国の憂慮を払拭し、地域と国際社会で正しい役割を果たすことを期待する」と述べた。聯合ニュースが報じた。安倍晋三首相が29日に米上下両院合同会議で演説するのを前に、旧日本軍の従軍慰安婦問題で態度を変えるよう牽制(けんせい)したとみられる。
 朴氏は歴史問題での姿勢を理由に安倍氏との会談を拒む一方、第三国首脳との会談などで歴史問題を引き合いに日本を批判、日韓関係を複雑化させてきた。朴氏が昨年11月に日中韓首脳会談開催を提唱した後はこうした言動を控えていたが、再開した形だ。
 朴氏はジャカルタで開かれたアジア・アフリカ会議(バンドン会議)の60周年記念首脳会議に出席せずに南米を歴訪したことを国内で非難されており、日本に強い姿勢を示すことで批判をかわす思惑がありそうだ。
* 日中急接近に“大慌て”する韓国メディア 朴政権は外交、経済失敗で手詰まり(1/3ページ) - 産経ニュース
韓国が孤立無援だ。日本と敵対し、米中に二股をかける戦略で存在感を示すはずが、日中が急接近、米国の態度も厳しさを増し、影が薄くなった韓国はあわてふためいている。経済面でも日本の“脱韓国”が止まらないうえ、為替の円安ウォン高も加速して韓国の輸出産業は大打撃。国内総生産(GDP)も低迷が続く。外交、経済、内政いずれも大失敗した朴槿恵(パク・クネ)政権は手詰まりになっている。
 アジア・アフリカ会議(バンドン会議)が開かれたインドネシア・ジャカルタで22日に行われた安倍晋三首相と中国の習近平国家主席の会談。韓国には何の関係もないのだが、なぜか韓国メディアでは頭に血が上ったような報道が相次いだ。
 23日付の韓国朝刊各紙は、日中首脳会談を写真とともに1面で報じた。
 朝鮮日報は、首脳会談開催で日中関係は正常化局面に入ったとし、先の大戦への「深い反省」を表明した安倍首相の演説直後に会談が実現したことで「中国は演説の内容を受け入れたか、もしくは認めた」と指摘。習主席が昨年11月の首脳会談と違って柔和な態度を示したことも韓国メディアの神経を逆なでしたようで、「日中が5カ月ぶりにまた首脳会談を行ったのに、韓国は孤立を避ける戦略があるのか」と、日中に取り残された朴政権の外交戦略を問題視した。
安倍首相が訪米し、上下両院合同会議で演説することにも危機感を強めている。ハンギョレ新聞は編集幹部のコラムで、日米関係の質的な大転換が進み、安倍首相が東アジアの未来を変える戦略構築に奔走している時に、中南米を訪問中の朴大統領は「地球の裏側で中身のないセールス外交を行っている」と酷評した。
 こうした「韓国孤立論」について、韓国外務省報道官は23日の定例会見で否定してみせたが、確かに、中国も特段、韓国に配慮を示さなくなったようにみえる。日本との関係改善意欲を示しただけでなく、習主席肝いりのアジアインフラ投資銀行(AIIB)をめぐっても、韓国側が副総裁ポストが得られるのではと舞い上がったものの、実際にはインドが副総裁ポストを得るとの見方が強まっている。
 中国は先に手を挙げた韓国に“ごほうび”を与えず、日本のAIIB参加を求め続けている。
 日中首脳会談については米国も高く評価した。米国務省のハーフ報道官代行は「米国として歓迎」「世界の平和と繁栄に影響する」と述べた。
 一方で、中国にすり寄り、日本との関係を悪化させるなど東アジアの安定を損ねる外交を続けている韓国に米国は業を煮やしている。リッパート駐韓大使襲撃や高高度防衛ミサイル(THAAD)配備への煮え切らない態度、そして不透明な為替介入など批判材料に事欠かない。
日本でも同様だ。自国の経済状況を無視して、度を超した反日姿勢を続ける韓国は経済面でも強烈なしっぺ返しを食らっている。
 韓国貿易協会によると、1〜3月期の日韓の貿易額は、前年同期から13・9%減少した。
 韓国の日本向け輸出は22%の大幅減。日本からの輸入額も内需低迷で8・8%減った。
 韓国からの輸出減の最大の要因である円安ウォン高は止まらない。23日には約7年ぶりに1円=9ウォンを突破して、8・9ウォン台までウォン高が進んだ。
 輸出と内需がともに伸びなければ、経済成長も低迷するのは必定だ。韓国銀行(中央銀行)が23日発表した1〜3月期のGDPは、前期比0・8%増と4四半期連続で0%台にとどまった。韓銀は今年の成長率予想を3・1%に引き下げた。
 日中関係改善の土台が整い、韓国との経済関係も薄れるとなれば、日本が日韓首脳会談を急ぐ理由も存在しない。
 週刊東洋経済元編集長の勝又壽良氏はこう指摘する。
 「韓国はこれまで反日で気勢を上げてきたが、いまやそんなことを言っていられないほど経済的に行き詰まった。頼みの中国経済も減速しており、韓国からの輸出は停滞している。日本はもとより、米国からもうさん臭い目で見られ始めているのは自業自得だろう」
アジア・アフリカ会議(バンドン会議)を自らボイコットしブラジル訪問をしてるのにも関わらず、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)の事が気に成って仕方無いと云う事と、支那の習近平との階段が実現した事で、其の全段階での演説で、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)の設立理念の引き合いに出して、南朝鮮の望む形での演説が実現しなかった事で、相当に焦り混乱してると見えます。
こう云う事ばかりしてるから、世界中で忌み嫌われてるのだと云う自覚が無いのでしょうか?
ほとほと呆れ果てるし、気違い民族なのだと云う事が改めて意識する。
posted by 天野☆翔 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

久々に東京スカイツリーへ。

東京スカイツリー近影
東京スカイツリーの右手前に新たな建造物が建設中でした。
久々に行くと結構変わってるものです。
(仮称)京成押上駅前ビル
近所の人に確認した処、此の建造物は所謂駅ビルで商業施設に為るとの事。
ソラマチと競合しないのかと云う疑問を抱いた。
posted by 天野☆翔 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tokyo-SkyTree | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

亀戸天満宮の藤。

東京スカイツリーと藤 亀戸天満宮は今が藤の一番の見頃で、見事に咲き誇って居ました。
東京スカイツリーを背景に。
亀戸天満宮の藤
生憎の曇天でしたが、空を背景に藤を撮影。
藤の近影 手に触れられる程の位置に垂れ下がる藤。
周囲の人は同じ対象を撮影してた。
亀戸天満宮と東京スカイツリー
午前中に出掛けましたが、流石は週末なのでしょう。
結構な人出が在りました。
posted by 天野☆翔 at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

香取神社に行って来ました。

香取神社本殿前
香取神社本殿前ですが、ツアーらしき団体さんが居ました。
又、古武道奉納演武大会の準備中らしく舞台の設営の途中でした。
本殿手前右側の展示
本殿手前右側の展示ですが、例大祭に用いられる神輿や太刀が展示されて居ます。
全開は植木市の真っ最中に賑わって居ましたが、本日は何時もの静穏さが在りました。
posted by 天野☆翔 at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

桜島で爆発的噴火。

* 噴煙は高さ4千メートル、桜島で爆発的噴火 歴代7位、1月以来 - 産経WEST
鹿児島県の桜島で24日、爆発的な噴火があり、噴煙が昭和火口から4千メートルに達した。4千メートルの高さにまで上るのは1月23日以来で、歴代7位タイ。風下の地域では遠くまで火山灰や小さな噴石が飛ばされる恐れがあるとして、気象庁が注意を呼び掛けた。
 気象庁によると、爆発的な噴火が起きたのは午前9時16分ごろ。20日から24日午後3時までの間に、昭和火口から3千メートル以上となった噴火は9回目に上った。
 噴火警報(入山規制)が出ている桜島では1月以降、山体が膨張したとみられるデータの観測が続いている。3月には、平成24年4月以来となる桜島が震源の地震も発生。気象庁は、今後に多量の火山灰が降る噴火が起きる可能性もあるとしている。
 また、連続的な噴火が続いている熊本県の阿蘇山でも23、24の両日、噴煙が火口から1500メートルまで上がった。1500メートルに達したのは昨年11月以来となった。
冥庵: 桜島の現状。でも触れましたが、十九日以来の噴火です。
此の噴火よりも規模が大きいので、周辺の地域への被害は大きい事かとも思います。
今後の動向に注意深く警戒して欲しいと思い。
posted by 天野☆翔 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

安倍晋三内閣総理大臣のアメリが議会演説を前に反日勢力の必死の抵抗。

* 首相は歴史問題に言及を マイク・ホンダ議員ら米下院議員が書簡 河野談話、村山談話の尊重促す - 産経ニュース
米下院のマイク・ホンダ議員(民主党)、エド・ロイス外交委員長(共和党)ら25人の超党派議員は23日、安倍晋三首相が訪米中に歴史問題に言及することに期待を示す書簡を佐々江賢一郎駐米大使に送付した。慰安婦問題に関する河野洋平官房長官談話、過去の「植民地支配」や「侵略」を謝罪した村山富市首相談話を尊重するよう、首相に促している。
 書簡は、「歴史問題に言及することで、訪米する首相が(近隣国との)癒やしと謙虚な和解の基礎を作ることを願う」と強調。河野、村山両談話の結論を「公式に再確認」するよう求めた。
 一方、韓国人の元慰安婦、李(イ)容(ヨン)洙(ス)さん(86)は23日、米下院議員会館で記者会見を開き、日本兵に強制的に慰安所に連行されたと主張。首相に「法的で公式な謝罪」を求めた。
* 【歴史戦】マイク・ホンダ米議員「安倍首相は謝罪し、慰安婦問題や侵略責任を受け入れよ」 産経単独インタビュー(1/2ページ) - 産経ニュース
2007年の慰安婦問題での日本非難決議を主導したマイク・ホンダ米下院議員が22日、産経新聞のインタビューに応じ、安倍晋三首相に慰安婦への謝罪を求めた。ホンダ氏らは21日夜、連邦議会の本会議場で特別演説を行い、韓国人の元慰安婦、李容洙氏らが傍聴する中、同様の要求を行った。

 −−日本に対して否定的な感情を持っているのか
 「私が否定的なのは安倍首相の政治姿勢に対してだ」
 「私たちは米国流のやり方、民主主義社会を信じる。そして自ら(の歴史)について教え、学んでゆく。安倍氏は日本の人々にそれを教えようとしない。日本では子供たちにアジアで何が起こったかを教えていない」
 −−教えている
 「いや、教えていない。アジアで日本軍が何をしたのか教えているのか」
 −−そうだ。南京事件についても教えられている
 「日本人は何人が殺されたと思っているのか。10万人、あるいは20万人以上だろうか。日本軍によって女性、子供、乳児まで多くの人々が殺された。慰安婦について教えているのか。彼女たちは拉致された。強制的にだ」
 −−軍が強制連行したという証拠はない
「だが、慰安所を設置したという軍の記録はある」
 −−なぜ、日本国民に謝罪を求め続けているのか
 「日本国民ではない。日本政府に対してだ」
 −−(慰安婦問題をめぐる)河野洋平官房長官談話、(日本の植民地支配と侵略に関する)村山富市首相談話は謝罪ではないか
 「しかし、安倍氏は何度も言い方を変えている。そのような人をどうすれば信じられるというのか」
 −−首相は村山談話を支持すべきか
 「彼は歴史に対する責任を受け入れるべきだ。教科書の記述を変えず、子供たちに教えるべきだ。なぜ米国の教科書を変えるためにお金を使うのか」
 −−教科書の記述に根拠がないからだ。29日の上下両院合同会議での首相の演説に何を期待するか
 「安倍氏は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)などの良い事柄について話すだろう。だが、彼が民主主義世界の指導者になりたいのなら、責任を受け入れるべきだ」
 「慰安婦問題は人権問題であり、安倍氏が(女性の活用を進める)ウィメノミクスを言うのなら慰安婦問題を認めるべきだ」
 −−合同会議で謝罪すべきだと考えるのか
 「そうするのなら良いことだし、私も満足だが、彼はそうしないだろう」
* 【歴史戦】米下院議員25人、安倍首相に「河野・村山談話の尊重」促す書簡 - 産経ニュース
米議会のマイク・ホンダ下院議員(民主党)、エド・ロイス外交委員長(共和党)ら25人の下院議員が23日、安倍晋三首相が訪米中、歴史問題に言及することに期待を示す書簡を佐々江賢一郎駐米大使に送付した。書簡は、慰安婦問題に関する河野洋平官房長官談話、過去の「植民地支配」や「侵略」を謝罪した村山富市首相談話を尊重するよう首相に促している。
 首相は訪米中の29日、上下両院合同会議で演説する。書簡は首相に対し、「歴史問題に言及することで、(近隣国との)癒やしと謙虚な和解の基礎を作ることを願う」と強調。河野、村山両談話で示された結論を「公式に再確認」するよう求めた。
 一方、韓国人の元慰安婦、李容洙(イ・ヨンス)氏(86)は23日、米下院議員会館で支援者とともに記者会見を開いた。李氏は「日本兵が家に来て、台湾のカミカゼ(特攻隊)基地に連れて行かれた。命令を拒絶すると殴られたり、拷問されたりした」と主張。首相が歴史問題で「嘘をつき続けている」と断じ、「法的で公式な謝罪」を促した。
 記者会見は、南部バージニア州に「慰安婦」碑を昨年設置した韓国系団体「ワシントン慰安婦問題連合」が主催した。出席した約50人のほとんどは韓国と日本のメディア関係者だった。
何が何でも謝罪を求めてるのですね。
過去何度も謝罪の意を示しても飽き足らないと見えます。
こう云う事ならば謝罪は一切不必要で、もう過去の事は言及しないのが最善です。
南京大虐殺も事実無根で、慰安婦問題も出鱈目で在ると云うのならば、最早謝罪や反省は完全に不要です。
戦後日本が歩んで来た平和的な国際貢献を声高に謳う事が最優先で、此れのみに終始するのが良い筈です。
もう、こう云った勢力に耳を傾ける必要は有りません。
posted by 天野☆翔 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

関東地方の活断層再評価。

* 関東の活断層地震、30年で確率50〜60% 政府調査委が地域評価公表(1/2ページ) - 産経ニュース
政府の地震調査委員会は24日、関東などの活断層でマグニチュード(M)6.8以上の地震が起きる確率を地域別にまとめた新たな評価結果を公表した。30年以内の地震発生確率は長野県の一部で30〜40%、神奈川県など関東南部で15〜20%と高い。長野などを含む関東全域のどこかで活断層地震が起きる確率は50〜60%と算出し、自治体の防災対策への活用を求めた。
 長野、山梨、静岡各県の一部を含む関東の活断層について、地震の規模や発生間隔などを最新の調査結果に基づき改めて評価。追加した9断層を含む計24断層の地震発生確率を個別に計算した。その上で関東を地質構造に基づき6地域に分け、区域ごとにM6.8以上の活断層地震が30年以内に起きる確率を求めた。
 長野から山梨にかけて南北に延びる活断層「糸魚川−静岡構造線断層帯」の確率は従来の最大14%から、全国の活断層で最高の同30%に上昇。このため同断層帯を含む帯状の区域の確率は、関東で最も高い30〜40%になった。
 次いで確率が高いのは、活断層が多い神奈川のほか静岡、山梨、房総半島南部を含む区域で15〜20%。栃木、茨城など関東北部は4〜5%▽長野県北部、伊豆半島はいずれも2〜3%▽埼玉、東京、千葉などの首都圏は1〜3%だった。
関東全域の確率は九州全域の30〜42%を上回った。本蔵義守委員長は「50%という確率は非常に高く、大きな注意を払う必要がある。活断層を見落としている可能性もあり、確率が低い地域も安全というわけではない」としている。
 調査委は阪神大震災を教訓に、M7以上の地震を起こす長さ20キロ以上の全国の主な活断層について確率を個別に計算してきたが、想定外の場所で直下型地震が近年、相次いでいる。
 このため評価対象を長さ十数キロの活断層や、活動度が低い断層にも拡大。沿岸部や地下に隠れている断層も考慮した上で、地域単位で確率を計算する手法を導入した。関東の地域評価は平成25年の九州に続く第2弾で、今後は中国地方など全国で順次進める。
此の活断層の再評価で地震の発生する確率が上がった事で、地方行政は緊急事態への備えが改めて問われる事に為るかとも思われますが、基本的な事は変わらないので、拡充をする方向性で動けば良いと思いますが、活断層では無いと過去に評価された場所が延長されて新たに活断層が存在すると評価された事は、地域に取っては非常に心配に為る処でしょう。
然し、行政上の対応では無く個人個人の意識で、日本列島で地震が発生しない場所は無いと云う意識で在る事が肝要です。
何時何処で大きな地震が発生するかは誰に解らないが、常に意識して行く事が求められます。
不断の意識が災害を最小限に抑えて行く事でしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

南朝鮮の火病。

* 【メガプレミアム】韓国で家族間凶行が多発 背景に“経済苦”…「怒り抑えられない病」3割増で殺伐とした社会に(1/4ページ) - 産経WEST
韓国では年明けから、民家に立てこもった男が人質を殺すなど凄惨な事件が多発した。注目を集めたのは、こうした事件が家族の間で起きている点だ。韓国メディアによると、殺人や暴行、脅迫などにかかわる家族間事件の件数は2010年から3年間で約2割も増えていることが分かった。事件の背景について、韓国経済の閉塞感を挙げるメディアが目立ち、家族のあり方も改めて問われている。
人質の娘を殺害…それでも「私も被害者」の言い分
ソウル郊外の京畿道安山市の民家で1月13日に起きた人質事件。40代の男が、別居中の妻の連れ子、元夫ら4人を人質にとり、妻を呼び出すように要求して、立てこもった。
 聯合ニュースによると、警察が強行突入して男を取り押さえたが、元夫はすでに凶器で刺殺された状態で見つかった。妻と元夫との間で生まれた次女も刺され、血を流し倒れた状態で見つかり、病院に運ばれたが間もなく死亡。妻も1月8日に、男による暴力でけがをして、警察に相談していたことが明らかになった。
 殺人容疑などで逮捕された男は報道陣に対して、「私も被害者だ」と主張。娘の死亡は「警察のミス」「母親の陰謀」などと訴えたという。
 1月以降に起きた痛ましい事件は、これだけではない。
儒教の国どこ…尊属事件2割増「経済的理由」
中央日報(電子版)によると、妻の離婚要求を受けて、自分の11カ月の娘を監禁して「殺す」と脅迫して男が捕まったほか、自分の妻と2人の娘を絞殺して逃走した男が逮捕された。
毎日経済新聞(電子版)では、70代の男が脳梗塞で寝たきりになっていた妻の首を絞めて殺し、自殺をはかろうとした事件を伝えた。男は妻を手厚く世話をしていたという。
 尊属での殺人や傷害、暴行、脅迫などの事案は2010年は958件だったが、13年に1142件と3年間で19%増加した。
 中央日報は、過去6年間で起きた殺人事件のうち、5%程度が家族間で起きており、米国(2%)、英国(1・5%)よりも大きいと報じた。
 家族内で容疑者と被害者が生まれる尊属事件の多発に衝撃が走る韓国社会。背景に何があるのか。
 同紙が専門家の意見として指摘したのは「経済的な理由」だ。経済の低成長が続く中、「最近は経済問題によって、家族犯罪を起こすケースが増えた」との見方だ。
 毎日経済新聞も「成長だけを繰り返してきた経済がピークに達したあと、人々は未来に挫折するようだ」との専門家の意見を紹介。そのうえで、相互扶助を担う集落の共同体が崩壊しているのに、社会福祉サービスが定着していない問題を指摘。鬱病などの疾患を誘発しているとの見方を伝えた。
「怒りが抑えられない」腹いせ犯行
また韓国では、「カッとなった」ことによる偶発的事件も問題化している。
韓国GDP低水準、わずか0.4%増に終わる
中央日報が報じた1月末の殺人未遂事件では、別れ話のもつれから、男が乗用車を運転して、交際相手の女性が乗る車に体当たり。女性は逃げて、近くの文具店前の別の車の後ろに隠れたが、男はさらに乗用車をぶつけ続けた。だが怒りはそれでもおさまらず、車から降りた男は女性の首を絞めた。
 スーパーの経営者と契約金をめぐり口論となり女性が焼身自殺をはかったり、賃金トラブルによる放火、駐車の仕方を注意した通行人が車の所有者らからバットで暴行を受けるなど衝動的犯罪が問題化している。
 昨年全国で検挙された暴力犯約36万6500人のうち、4割が偶発的な発生だったという。10人のうち4人が腹立ちまぎれの犯行ということだ。
 怒りが抑えられないような衝動調節障害の症状で、病院を訪れた患者は、2013年で5000人近くにのぼり、09年に比べて約3割増えたという。
 専門家は「経済成長が止まって敗者復活戦が難しくなる中、殺伐として危険な社会に向かっている」と指摘。事件の背景に挙げた。
韓国の2014年10〜12月期の実質国内総生産(GDP)は前期比0.4%増(速報値)と9期ぶりの低水準を記録し、成長力の弱まりは否めない。日本と同様に「失われた20年」と呼ばれる低成長時代に突入することへの危機感は強いが、今後の世界経済と政策が命運を握る。景気の行方は、犯罪の動向にも影響を与えるのだろうか。
一昔前に良く使われてた言葉で「瞬間湯沸器」と云う表現は正に南朝鮮の民族に相応しく、堪え性の無い精神状態が招く感情表現の表れでしょう。
其の背景には、民族の歴史でも在る白丁(ペクチョン)出身のエヴェンキ族と云う自出が物語る。
インドのカーストで云う最下層に部類する忌み嫌われた民族が其の祖に為るからです。
又、近親婚を繰り返した事で、脳神経が正常で無い事も其の大きな要因で、食生活でも此の要因を助長させてる側面は否めません。
こうした事から、例外は在るとは思うが、少なくとも一般的な見方をすれば精神異常者乃至精神疾患を持つ民族で在ると云う事が良く解るのです。
南朝鮮で意味不明な根拠での犯罪が多発するのはこうした事が背景に有ります。
国際的に見ても明らかに異常と思える言動を繰り返すのも同様。
記事中には経済的な事も上げられてるが、此の案件では副次的に過ぎません。
posted by 天野☆翔 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

憲法改正を早々に実施すべき。

* 【正論懇話会】「世界と比べてここがおかしい日本国憲法」 “唯一の平和憲法”という誤解 西修・駒澤大名誉教授(1/3ページ) - 産経WEST
奈良市の奈良ホテルで3月23日に開かれた奈良「正論」懇話会で、駒澤大名誉教授の西修氏が「世界と比べてここがおかしい日本国憲法」をテーマに講演した。その要旨は以下の通り。
“古い”日本国憲法
1940年代までに制定された憲法と、改正された実態を調べてみると、「新憲法」と呼ばれる日本国憲法は実は古いことが分かる。そして、これまで約70年間、一度も改正されていない。「新憲法」と言っているうちに、世界でも新しい憲法と思ってしまい、さらに改正をしないことで憲法改正は大変なことだという誤解が広まっているのではないか。
 結論から言えば、世界で成文化された憲法を持つ188カ国中、日本国憲法は古い方から14番目になっている。しかも、70年間一度も改正されていないのは日本しかない。
 世界の憲法を調べる中で、ノルウェーの憲法について資料を取り寄せたが、何回改正されたか分からなかったので、大使館にメールで問い合わせた。答えは「私たちも分からない」だった。憲法改正というのは、天地がひっくり返るような出来事ではないということがよく分かる。
 新しい憲法を見ると、スイスは2000年1月に新憲法を制定したが、2014年5月までに33回も改正している。世界では、憲法は時代とともに変わっていくのが当たり前になっている。
平和条項も当たり前
もう一つ、日本国憲法は、「世界で唯一の平和憲法で、ノーベル平和賞に匹敵する」という議論を否定しておきたい。
 誤解を与えているのは9条だが、世界の憲法にも日本と同じように平和主義に関する条項がある。188カ国の中で、1項目でも平和に関する条項がある憲法は158カ国と、84%に上る。
 外国軍隊の通過禁止や、核兵器・生物兵器・化学兵器の禁止・排除をうたっている憲法もある。日本は良いか悪いかは別として「平和憲法」などと呼ばれているが、米軍が駐留しているし、核兵器の禁止、排除は憲法でうたっていない。そういう意味では、日本より進んだ条項を持つ憲法が世界にはかなりある。
 自衛隊は憲法違反だという人もいるが、憲法9条1項の「国際紛争を解決する手段としての戦争放棄」を比較憲法的に見るとどうか。アゼルバイジャンやエクアドルはほぼ同じ条項を持っているが、徴兵制の国だ。
 「国際紛争を解決する手段としての戦争」の紛争というのは、あくまで侵略戦争であって自衛戦争は禁じられていない。わが国の憲法学説は、「井の中の蛙」的な解釈だということが、比較の中で分かってくる。
 ベルリンの壁崩壊など、世界情勢がめまぐるしく動いた1990年以降の20年間に、102カ国が新しい憲法を制定している。
 条項を見ると、環境の権利は89%、プライバシーの権利は84%、家族の保護は85%に盛り込まれた。平和主義も2カ国を除く100カ国、98%に書かれている。
 また、国家の非常事態への対処が書かれていない憲法は皆無だった。平和条項は大切なものだが、もしその平和が侵害された場合、一時的に国民の権利を制限して対処する。これも、もう当たり前のことになっている。
憲法は「国の形」
憲法にはもっぱら、権力を縛るものであるという議論が良く出てくる。これを全く否定することはできないが、憲法というのは「国の形」のことだ。
 立憲主義は、ヨーロッパで絶対王政があった頃の民主化の過程の中で出てきた考え方だ。現代では、民主化も進んで「国家対国民」という対立関係ではない。そういう意味で、憲法というのは、われわれが作り上げている国家の形として、作っていかなければならない。
 日本国憲法には、文化、伝統、アイデンティティーというものがない。土台がしっかりしていない。
 土台の上に個人があり、家族があり、地域社会があり、地方自治体、国家がある。今の憲法には個人に関する記述はあるが、世界人権宣言や、国際人権規約に「家族は国家社会の基礎的単位である」と書かれている「家族」への言及がない。
 家族は国家の基礎的な単位であり、地域社会やコミュニティーというのも、憲法で示す必要がある。個人を尊重しながらも、コミュニティーがしっかりしていれば、さまざまな危険を防ぐことができる。
 次いで、地方自治体とか国家、国際社会、自然環境が来る。こうした観点に立って憲法を体系的に考える必要がある。
 憲法改正について、今の国民投票は、一つの改定に対して投票することになっているが、私は新憲法案を示して、全体についてイエスかノーかを問いかけていくべきだと考えている。
 憲法の成立過程、比較憲法から見ると、戦後70年という節目の中で、まず憲法をきちんと変えていくことが大きな目標になるだろう。
記事中にも在るが、日本国憲法は若干の改正はされてるが、基本的な処では改正もされては居ません。
憲法九条も解釈の見解で議論されてるが、解釈なぞ不必要な程明確化された憲法にしなければ為らないのは明白で、解釈の違いで議論をして無駄な時間を要するのは無意味でも在る。
緊急事態に則した条文も無いのは、緊急事態が発生した場合に於いては政府や国は動く事も敵わない。
こうした事からも、早々に憲法改正をすべきで在る。
出来ないのならば、憲法は無効と破棄して大日本帝国憲法の復活をするしか無い。
然し、此の大日本帝国憲法はどうかと云うと、次代に則した条項でも無いので、大幅な改正を余儀なくされるが、少なくともGHQ法案では無いので、日本独自の憲法として認められる。
何れにしても憲法改正は最早待った無しの状況で在る事を意識しなければ為らないのは明白で、憲法改正反対論者や護憲派は消えて頂くしか無いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

安倍晋三内閣総理大臣のアメリカ議会演説を前に南朝鮮の必死の抵抗妨害工作活動。

* 【歴史戦】安倍首相訪米に対抗、韓国大使館がロビー・PR活動に1870万円投入 慰安婦・歴史宣伝に政府も注力(1/2ページ) - 産経ニュース
在米韓国大使館が、安倍晋三首相の訪米に対抗するためのロビー・PR活動費として、15万6000ドル(約1870万円)を投入していることが23日、明らかになった。韓国政府が直接、関与していることを示すもので、外交の表舞台では改善への機運がみられる日韓関係もその実、「未来志向」とはほど遠いのが実情のようだ。
 外国政府が米国の企業や法律事務所などに、ロビー活動を依頼し契約した場合は、米司法省に届け出なければならない。
 司法省の文書によると、韓国大使館はPRなどを手がける「BGRガバメント・アフェアーズ」と契約し、17日に司法省に受理された。契約期間は6カ月で、大使館は月額2万6000ドルを支払い、BGR社はメディアやシンクタンク、個人などへの「戦略的なPR」を行うとしている。
 関係者によると、ロビー活動の一環として、慰安婦問題を中心に、歴史問題に関する韓国側の主張を広報・宣伝することが目的。
 安倍首相は29日に連邦議会の上下両院合同会議で演説するが、演説が調整されている段階から韓国系団体は反対の署名活動を展開し、米議会専門紙に全面広告を掲載するなどしてきた。23日には議会内で、元慰安婦の一人も出席して記者会見を開くのを皮切りに、中国系団体と連携し29日と日米首脳会談が行われる28日を軸に、議会などで抗議行動を予定している。
ロビー活動との関係は不明だが、米紙ワシントン・ポスト(電子版)は22日、ワシントンに滞在中の元慰安婦とのインタビュー記事を掲載。「慰安婦、日本の謝罪を要求」との見出しを掲げた。
 韓国系団体はこれまで、米国内に慰安婦像などを建設し続け、州レベルにおける「東海併記法」の成立にも動いてきた。表面に出るのは団体だけだったが今回、韓国政府の直接の関与が明確になった格好だ。
 韓・中国系団体は、安倍首相が演説で「謝罪」するよう主張している。だが、演説の目的と意義の本質は、日本が戦後、平和的な道を歩み世界に貢献し、日米関係を強固なものとしてきたことや、未来へ向け関係を進化させるという意思を、主に米国民に向けて発することにある。
 演説を歴史問題に矮小(わいしょう)化しようとする試みは、日米、日韓関係を阻害するもの以外の何ものでもない。
そんなに安倍晋三内閣総理大臣がアメリカ議会での演説をする事に危機感を抱くのですか?
何を一体恐れて居るのかと。
アメリカと日本の二国間の問題に、何故無関係な南朝鮮が出しゃばって来るのか?
御前等のそうした活動こそが、世界的に辟易されて嫌われてるのだと云う事を全く自覚しないのですね。
恥を恥とも思わないその意識に呆れ果てる。
posted by 天野☆翔 at 05:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

マーク・リッパート特命全権大使襲撃犯の妄言。

* 【駐韓米大使襲撃】「私のおかげで人が負傷せず済んだ」 初公判で被告がトンデモ抗弁、殺意を否認(1/2ページ) - 産経ニュース
リッパート駐韓米国大使襲撃事件で、殺人未遂などの罪で起訴された金基宗(キム・ギジョン)被告(54)の事実上の初公判となる公判準備手続きが23日、ソウル中央地裁で開かれた。聯合ニュースによると、金被告側は殺意を否認。「私のおかげで韓米合同軍事演習が一日中断され、多くの人が負傷せずに済んだ」と主張した。大使への謝罪の言葉もなく、反省した様子はうかがえなかったという。
 さらに「南北離散家族の再開行事が軍事演習のせいで中止になった」と軍事演習を批判した。
 金被告は3月5日、ソウル中心部のホテルで行われた朝食会に出席したリッパート大使に果物ナイフで切り付けるなどし、大使の右の頬に長さ11センチ、深さ3センチの傷を負わせた。
 検察側は、傷がもう少し深ければ頸動脈に達していたとして、金被告を殺人未遂罪で起訴した。
金被告は2010年、講演中の重家俊範駐韓日本大使(当時)にコンクリート片を投げつけ、執行猶予付きの有罪判決を受けた。
 大統領府前で焼身自殺をはかったこともあるという。
 米大使襲撃事件をめぐっては、過去にも同種の事件を起こした人物がなぜ容易に大使に接近できたのかなど警備態勢について韓国内でも批判が高まった。
軍事演習に負傷は付き物だが、最低限安全は確保された状態で実施されるのが普通です。
過去に大事故等在りましたか?
テロリストが何を曰ってるのだと。
呆れ果てて物が云えません。
posted by 天野☆翔 at 05:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

安全保障法案を「戦争法案」と思い込む社会民主党と日本共産党。

* 自民は修正要求撤回を 「戦争法案」で志位氏 - 産経ニュース
共産党の志位和夫委員長は23日の記者会見で、新たな安全保障法案を「戦争法案」と批判した福島瑞穂社民党副党首に発言の修正を求めた自民党に対し、要求の撤回を求めた。「横暴かつ傲慢かつ恥ずべき要求は取り下げるべきだ」と述べた。
 同時に「(安保法案は)各党の自由な言論によって是非を争っていくべき問題だ。自分たちの立場にそぐわないから削除しろというのは許されない対応だ」と強調した。
日本の安全を守る為の法案を戦争法案と位置付け批判する社会民主党と日本共産党は、ならば、どうすれば日本の安全を保持出来るのか具体的且つ現実的な対案を示さない限り、自分達が日本の安全を脅かす存在だと云う認識が拡大して行く事でしょう。
既に反日売国奴と云う事が確定してるのだから、此れ以上の醜態を晒しても何の問題も無いのかとも思われますが。
自由な言論と云うのならば、自分達に迎合しない人物は排除してる日本共産党はどうなのだと問い質したいですね。
posted by 天野☆翔 at 05:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

チリのカルブコ火山が噴火。

* チリ・カルブコ火山噴火、4000人超避難 登山者1人不明 - 産経ニュース
南米チリ南部のカルブコ火山が22日以降、2回噴火し、同国政府は半径20キロの地域から住民ら4千人以上を避難させた。登山者1人が行方不明になっているというロイター通信などが報じた。
 カルプコ火山は1961年にも大噴火があった。ロイターによると、チリには500近い活火山があり、3月にもビジャリカ火山が噴火した。
五十年余り振りに噴火したと云うが、行方不明に成ってる登山者以外の人的被害は確認されて無い様子ですが、広域で避難者を多く出してる事から、早期の収束が望まれます。
被害が最小限度に為る様に祈りたい。
posted by 天野☆翔 at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

鹿児島地方裁判所の川内原子力発電所再稼働差し止め訴訟棄却は正しい。

* 【川内原発差し止め却下】脱原発派「世の中、狂ってる」 財界・自治体は“司法は生きていた”と評価(1/3ページ) - 産経WEST
司法は生きていた−。22日、鹿児島地裁は九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働差し止めを求める仮処分申請を却下した。司法判断で再稼働がとまるという最悪の事態は回避されたといえ、九電は今後、再稼働に全力を傾ける。九州の経済界や自治体関係者からは、今回の決定を評価する声が相次いだ。
 「鹿児島地裁にしっかり判断していただいて感謝している。これでようやく川内原発再稼働の道筋がはっきりした。後はきちんとわれわれが頑張ればなんとかなる」
 九電の貫正義会長は同日、福岡市内で開かれた福岡経済同友会の総会後、報道陣にこう語った。
 九電の原発は平成23年12月に全て停止し、3年以上が経過している。この間、重油や天然ガスといった代替となる火力発電所の燃料費と原発の安全対策の費用がかさみ、九電の財務状況は悪化。26年度の連結業績予想は1150億円の最終赤字と、4期連続の赤字が確実となっている。
 影響しているのは九電の財務だけではない。
 25年春に料金値上げを余儀なくされ、特に中小企業や家計を圧迫している。川内原発の再稼働がこれ以上ずれ込めば、再値上げはほぼ確実だった。
 さらに、夏と冬には節電要請が続き、電力不足も深刻だ。九電が16日に公表した今夏の電力需給も、供給余力を示す予備率は、川内1、2号機の再稼働がなければ安定供給の最低水準とされる3%ギリギリとなっている。
 今月14日、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)について福井地裁が出した再稼働差し止めの決定は「想定内」だったとはいえ、関係者は不安を募らせていた。
 それだけに、新規制基準や九電の安全対策などを評価して申し立てを却下した鹿児島地裁決定は「当然」の判断だが、安堵感は大きかった。
 福岡商工会議所の末吉紀雄会頭は22日の定例記者会見で「申し立て却下は当たり前のことではないか。使用前検査を着実に進め、国の責任のもとに、夏場の電力需要のピークに間に合うよう再稼働していただきたい」と語った。
九州経済連合会の麻生泰会長(麻生セメント社長)も「再稼働に向けた残る手続きをスムーズに進め、一刻も早い再稼働を実現して欲しい」とコメントした。
 また、JR九州の石原進相談役は鹿児島地裁決定を評価した上で「これで近いうちに川内原発の再稼働が間違いなくできるということだ」と述べた。
 自治体関係者にも期待が広がった。
 玄海原発の地元、玄海町の岸本英雄町長は22日、産経新聞の取材に「規制委の基準が非常に厳格であることを踏まえた、的確で客観的な判断だ。これに比べ、高浜原発の決定は裁判官の思い込みだと感じる内容で、実際にどの点が欠けているのか具体性もなかった」と改めて福井地裁決定を批判した。その上で、川内原発に続き、安全審査が進む玄海原発3、4号機の再稼働も早期にできるよう、九電に要望したという。
 鹿児島県原子力安全対策課の岩田俊郎課長は「鹿児島地裁の判断は注視していた。決定で触れられている通り、避難計画の充実強化にさらに努めていきたい」と語った。

 九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)について、鹿児島地裁(前田郁勝裁判長)が再稼働差し止めを却下した22日、脱原発派からは落胆の声が上がった。
 「御用学者と電力会社の意見をうのみにした決定であり、事実誤認の塊のような判断だ」
 脱原発弁護団全国連絡会共同代表の河合弘之弁護士は、鹿児島地裁前で報道陣にこう憤った。
子供連れで地裁前に駆けつけた市内の飲食店経営、西村亜希子氏は「(原発の)安全性に疑問を持たない人は頭がまひしています。世の中狂っています」と涙ぐんだ。出版業の鮫島亮二氏は「鹿児島の住民全員が再稼働を認めたと捉えられかねない」と語った。
* 【川内原発差し止め却下】再生エネ先進国ドイツも綱渡り、不透明な中東情勢…冷静な議論の機会に(1/3ページ) - 産経WEST
川内原発をめぐる鹿児島地裁の22日の決定は、再稼働の追い風となる。加えて、エネルギーの電源構成比(ベストミックス)について、冷静な議論を行うきっかけにしなければならない。
 今回の司法判断に落胆する反原発派は「すべての原発が停止していても、大規模停電が起きたことはなく、電気も足りている」などと主張する。
 当たり前だ。そのために、グループ企業まで含めた電力会社の人間が日夜、汗を流している。
 九電では、代替電源である火力発電所のトラブルが起きないよう、管理職まで駆り出して、パトロールを続けている。本社でも、給電計画グループのメンバーが、冷暖房が切れた本社に深夜まで残り、天気予報を眺めながら、どの発電所をどれだけ稼働するか計画を練っている。
 「停電がない」という現実は、3年連続ボーナスゼロという九電社員による努力の上に成り立っている。
需給は綱渡り
それでも省エネが定着し、寒さが厳しくなかった昨冬でさえ、需給バランスは危うかった。今年3月10日には、火力発電所のトラブルに急激な気温低下が重なり、供給力に対する需要を示す使用率が96・9%と「厳しい需給状況」(九電)に陥った。
 ほんの数秒でも停電が起きれば、半導体など工場の生産ラインに載っていた商品は、すべて不良品として廃棄せざるを得なくなる。北九州市の大手メーカー首脳は「製造業において電気が途絶えるというリスクはとてつもなく大きい。そんな不安を抱えながら、ものづくりを続けられるわけがない」と語る。
 経済だけではない。停電は医療や福祉現場も襲う。自家発電で一時的にしのげたとしても、長期化すれば手術や人工透析中の患者の、生命の危機となる。
 火力発電所のトラブルの度に需給を心配する状況をみて、「電気が足りている」とはいえない。
再エネ拡大に莫大コスト
「原発の代替電源を開発すればよい。再生可能エネルギーもあれば、シェール革命もある」
 反原発派はこうも言う。だが、再エネの限界や国際情勢を鑑(かんが)みて、この論理には無理がある。
 太陽光などの電気を、電力会社が定価で購入する「固定価格買い取り制度」のおかげで、大規模太陽光発電所(メガソーラー)などが爆発的に増加した。それでも平成26年度の再エネ発電量は、年間を通じて全体の2%に満たない。
 再エネはその不安定さによって、送電網に大きな負担をかける。発電量が急増した場合にやり繰りができなくなることから、九電などは新規受け入れ停止に動かざるを得なかった。
 再エネ先進国といわれるドイツはどうか。ドイツは周辺各国と送電網をつなぎ、電気をやり取りすることで過不足を解消し、再エネ普及を進めている。連邦エネルギー・水道事業連合会によると、2014年の再エネの発電量比率は26・2%に達した。
 だが、今年3月30日から4月1日にかけて、低気圧の影響で風力の発電量が急増した。送電網を安定させるため、ドイツの送電系統運用者(TSO)によると数千万ユーロ(数十億円)が、必要になったという。
 他国と電力を融通できない日本の場合、再エネ拡大に伴う送電システムの維持コストは、莫大(ばくだい)になる。
 シェールガスにも、過度な期待はかけられない。
 地下深く、頁岩(けつがん)(シェール)と呼ばれる固い岩盤から石油・ガスを取り出す技術だが、その困難さから、採掘に失敗する企業も続出している。
サウジアラビアなど産油国の動向も不透明だ。シェールオイルなど米国の増産により昨年以降、原油安が始まった。昨年11月末、サウジが主導する石油輸出国機構(OPEC)は減産を見送り、原油安はさらに進んだ。サウジには原油安によって、米国のシェール企業を追い込むと同時に、シリアのアサド政権を支援するイラン経済の弱体化の狙いも指摘される。
 こうしたシェール革命や現在の原油安は、中東情勢一つで大きく変動する。化石燃料をいつまでも、安定して入手できる保証はない。状況は、日本が原発建設に舵を切った昭和40年代の石油危機のころから、何一つ変わっていない。原発の必要性も変わらない。
 電気をはじめ、エネルギーは社会・経済を維持する基盤である。エネルギー確保は国家の安全保障そのものといわれる。
 現在、2030(平成42)年時点の電源構成の論議が大詰めを迎えている。最適な構成(ベストミックス)を決める際には、国際情勢にも目配せしなければならない。
現実的に電力事情を考慮せず、安全を金科玉条の如く全面的に押し出した福井地方裁判所の高浜原子力発電所再稼働差し止め訴訟を認定した事が間違って居るのです。
様々な自然災害を考慮すれば火力発電所こそ危険なのに原子力発電所だけを目の敵にする姿勢は明らかに偏り公平性に欠けます。
又、専門的な分野迄口出しした事は司法としては誤り。
判決文も四倍の差が在る事も忘れては為らない。
世界的に見ても自然エネルギーの比率を高めるには限界が有り、此のインフラの構築にも膨大なコストが掛かり、消費者が疲弊してる現実も忘れては成りません。
比較的安価で且つ安全性を極力高めて行った原子力発電の背景を考えて頂きたいですね。
火力発電に殆どを頼り、料金高騰で悲鳴を上げてる人達の事を意識して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

ホームページシステム摘発。

* 性行為ライブ配信にメス…犯罪のインフラ「FC2動画」の実質的運営者を逮捕 京都など5府県警(1/2ページ) - 産経WEST
わいせつな動画や著作権法違反にあたる映像などが投稿される事件が相次いでいる動画投稿サイト「FC2動画」で、性行為のライブ配信に関与したとして、京都、三重、島根、山口、高知の5府県警合同捜査本部は23日、公然わいせつの疑いで、大阪市北区中之島のインターネット関連会社「ホームページシステム」代表、足立真容疑者(39)を逮捕した。
容疑を否認…FC2、実態を解明へ
捜査関係者によると、容疑を否認している。さらに関係者の逮捕状を取っており、容疑が固まり次第逮捕する。捜査本部は同社がFC2の日本側の実質的な運営者とみており、運営の実態解明を進める。
 捜査関係者によると、足立容疑者は昨年6月、ネット上で「帽子君」と名乗った元ライブチャット配信業の男(31)=公然わいせつ罪で有罪確定=らと共謀。FC2で性行為をライブ配信し、わいせつな動画を不特定多数に閲覧可能な状態にした疑いが持たれている。
 捜査本部は昨年9月、男の配信を手助けしたとして公然わいせつ幇助(ほうじょ)容疑で同社などを家宅捜索。FC2は米国の法人が運営しているとされていたが、日本国内では同社が実質的に運営していたとみて調べていた。
法人登記によると、同社は前身である有限会社が平成14(2002)年に設立され、20年に株式会社化。資本金は1億円で、インターネットを利用した情報提供サービスやサーバーの設置・管理などを行っているとされる。
違法な公然猥褻を撲滅しようともせずに、自ら促進させてたFC2に捜査のメスが入り代表が逮捕されました。
ライヴチャットの仕様を見れば明らかに悪質性が確認され、こう云う問題を放置してた責任は極めて重い。
今後は詳細な調査や捜査が進みますが、全容解明に期待したいです。
因みに企業実態は実質的に南朝鮮です。
posted by 天野☆翔 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

「八紘為宇」を理解しない政治家。

* 【葛城奈海の直球&曲球】「八紘為宇」なる建国の理念 三原じゅん子議員発言を批判する者はまず勉強せよ(1/2ページ) - 産経ニュース
先月16日の参院予算委で自民党の三原じゅん子議員は「八紘一宇(はっこういちう)」について「日本が建国以来、大切にしてきた価値観」と述べた。日頃、「八紘一宇」のルーツである「八紘為宇(いう)」こそ日本が取り戻すべき理念だと考えていた私からすれば、まさにわが意を得たりの発言であった。
 かくいう私もこれを「好戦的なナショナリストのスローガン」だと思い込んでいたひとりだ。それが、初代神武天皇の「橿原建都の詔(みことのり)」を学び、「天の下にひとつの家のような世界を創ろう」という原義を知るに及んで、己が先入観と不勉強を恥じた。
 拉致問題ひとつとっても、被害者を「自分の家族」として痛みを分かち合えるのなら何十年も見捨てたままになどできないであろう。この広大な理想の対象は日本国のみにとどまらない。
 先の大戦で渋谷健一特攻隊長は、幼い娘たちに「世界に平和がおとづれて万民太平の幸をうけるまで懸命の勉強することが大切なり」と書き遺(のこ)している。われわれ日本人は他者を、蹴落としてでも自分さえ勝てばいい、他国を踏み躙(にじ)っても自国さえ繁栄すればいいといった考え方を良しとしない。日本人のDNAにはこの壮大な理念が埋め込まれている。
だからこそ、欧米列強の強圧的な植民地支配とは対照的な、アジア太平洋諸国での統治が、先般の天皇、皇后両陛下のパラオご訪問でも示されたような現地の人々の熱烈な親日感情を育んだのであろう。
 戦後70年の今こそ、日本人が自ら受け継ぐこの宝のような価値観を自覚し、そこに立ち返ることが、弱肉強食の世界を「強者が弱者を助け共に生きる世」へと導く鍵になるように思えてならない。
 「戦後レジームからの脱却」「日本を取り戻す」とは、極論すれば「八紘為宇」という建国の理念を取り戻すことではあるまいか。
 三原発言へのGHQ史観そのものの批判には「まず勉強を」と言いたいが、保守層にこれを擁護する動きが希薄だったのも残念だ。議員の経歴を理由に同発言を軽視する輩(やから)には、そうした「色眼鏡」こそ戦後体制を延命させてきたことを肝に銘じてほしい。
八紘一宇の元に為る八紘為宇は、古代の大陸の晋に在った言葉が元に成ってるが、神武天皇が「世界を一つの屋根の元に…」と云う事で使ったが、戦前戦中は大東亜共栄圏の中に組み込まれた言葉でも在るが、言葉の意味は世界中の人々は皆家族」と云う意味に為る。
此の素晴らしい意味合いすらも理解せずに批判する人達は極めて不見識で恥ずかしいですね。
野党を始め与党でも、歴史認識で叩く勢力が居るが、自国の歴史すらも勉強して無いのだとしたら、教養を疑います。
posted by 天野☆翔 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

南朝鮮が「慰安婦被害者を追悼する日」を連合国に上程。

* 【慰安婦問題】韓国、国連に「慰安婦被害者追悼日」求める決議案上程 - 産経ニュース
韓国の国会外交統一委員会は22日、8月14日を「慰安婦被害者を追悼する日」に指定するよう国連に求める決議案を上程した。聯合ニュースが伝えた。8月14日は、金学順さんが1991年に初めて実名で慰安婦だったことを明らかにした日。最大野党、新政治民主連合の沈載権議員が発議した。
いよいよ気違いも常軌を逸した方向で加速して来て居ます。
自分達の親の世代以上の人達を恥晒しにしようとする魂胆ですね。
又、勝手に被害者と云ってるが、強制的に徴用された証拠も無い上に、仮にそうなのだとしたら、連れて行かれようとしてる状況に対して何か行動をしたのかと云う疑問が残るだけです。
指を咥えて見てただけなのだとしたら、こう云う人物達こそ責められて然りです。
結局、南朝鮮は慰安婦問題で何か動きを見せる度に自国の恥を世界中に晒すだけなのだと云う事を自覚しないのでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

矯正支援官新規着任。

* 浜崎さんやATSUSHIさんに矯正支援官委嘱 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
法務省は22日、歌手の浜崎あゆみさんや「EXILE(エグザイル)」のATSUSHIさんら著名人14人に、全国の刑務所や少年院を無償で慰問する「矯正支援官」を委嘱した。
 慰問を通じて受刑者や少年に今後の生き方について考える機会を持たせるのが狙いで、再犯防止策の一環として同省が新設した。
 法務省で同日行われた委嘱式には、2人とともに支援官に委嘱された歌手の夏川りみさん、落語家の桂才賀さんらが、刑務官の制服姿で出席。任期は2年で、慰問で講演したり、歌を歌ったりするほか、刑務作業の作品展などにも参加する。
 ATSUSHIさんは委嘱式で、「全国の施設を回り、社会復帰を応援したい」とあいさつした。
全国の少年院や刑務所等に慰問したり、矯正展での工芸品等を広報する役目を務める矯正支援官が新たに任命されて着任しましたが、此の人選には納得が行かない。
常日頃から奉仕活動をしてるとは思えない人物が選定されてるのは単に「客寄せパンダ」なのかは不明だが、こう云う人選で果たして正常な活動が出来るのかと云う疑問と、慰問での収容されてる人々の精神衛生を向上出来るのあと云う疑問が常に付き纏うからです。
誰がどう云う基準で選定したのかは不明ですが、恐らくは巧くは行かないでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

川内原子力発電所再稼働差し止め訴訟判決は原告敗訴。

* 川内原発再稼働差し止め認めず 鹿児島地裁、関電高浜と判断分かれる…夏の再稼働へ一歩(1/2ページ) - 産経WEST
九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の地震対策は不十分として、周辺住民らが再稼働の差し止めを求めた仮処分申し立てで、鹿児島地裁(前田郁勝裁判長)は22日、却下する決定をした。関西電力高浜原発3、4号機をめぐる同様の仮処分申し立てでは、福井地裁が14日、再稼働を認めない決定を出しており、判断が分かれた。
 住民側弁護団は福岡高裁宮崎支部に即時抗告する方針。
 7月に1号機の発電を開始する九電の計画は、再稼働を差し止めないこの日の決定によって現実味を帯びる。原子力規制委員会の優先審査により、新規制基準下で最初に合格した川内原発が再稼働に向け一歩進んだ形で、政府の原発政策には追い風になりそうだ。
 争点は@地震対策が十分かどうかA火山による危険性の有無B避難計画の実効性。決定理由で前田裁判長はまず「新基準は専門家の審議で定められ、不合理な点はない」と判断。その上で原発の耐震設計の目安となる地震の揺れ(基準地震動)が「自然現象の不確かさを考慮して定めており、新基準に適合するとした判断に不合理な点はない」と認定した。
 住民側は、原発の耐震設計の目安となる地震の揺れ(基準地震動)が「過去の地震の平均値に基づき、より大きな地震に対応できない」と主張。「過去の噴火で、周辺のカルデラから火砕流が原発の敷地に到達した可能性がある」とも訴えた。
 九電側は「基準地震動を超えても安全上、余裕が確保され、直接影響はない。安全に影響を及ぼす噴火が運用中に起きる可能性は極めて低い」と反論していた。
仮処分は、川内原発の運転差し止めを求める訴訟の原告団の一部が昨年5月、訴訟は時間がかかるため、暫定的な判断を求めて申し立てていた。
* 「常識的な判断」仮処分ドミノ′x戒の関係者は安堵 川内原発再稼働差し止め却下 「事実誤認」指摘相次ぐ高浜決定と逆判断(1/2ページ) - 産経WEST
原発の再稼働の是非をめぐり司法が対照的な判断を示した。鹿児島地裁(前田郁勝裁判長)は22日、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の差し止め請求を却下する仮処分決定をした。福井地裁(樋口英明裁判長)は14日に関西電力高浜3、4号機(福井県高浜町)を差し止める決定をしたが、鹿児島地裁は福井地裁が否定した新規制基準の合理性も認めた。ただちに原発を止める法的効力が発生する仮処分ドミノ≠警戒していた関係者は「常識的な判断」と胸をなで下ろした。
 「福井地裁でわれわれが負けても、過去に大飯原発を止めた裁判長だから仕方がないとなる。だが、川内原発で九電が負けたら、やっぱり原発はだめだと受け止められる。鹿児島地裁決定が持つ意味は大きい」
 福井地裁が高浜3、4号機の差し止め決定を出す直前、関西電力の幹部は、川内原発の仮処分をめぐる鹿児島地裁の決定に望みを託していた。
 仮処分決定を受け、当事者の九州電力は「妥当な決定。さらなる安全性・信頼性向上への取り組みを継続的に進め、川内原発の安全確保に万全を期す」とコメント。再稼働への不安要素≠セった差し止め請求が却下されたことで社内に安堵(あんど)が広がった。
 原発に関する科学的論議を踏み越え、専門家から多数の「事実誤認」を指摘された福井地裁決定と異なり、鹿児島地裁は「最新の科学的知見に照らしても、審査に不合理な点は認められない」と指摘し、住民側の主張をはねのけた。高度な科学技術を要する原発の安全性判断は専門家に任せるとした従来の司法の姿勢に沿った決定に、原子力専門家からは「常識的だ」と評価の声が上がった。
福井県の高浜原発の地元、高浜町の野瀬豊町長は鹿児島地裁決定を受け、「司法判断であるためコメントする立場にない」として具体的な発言を避けたが、高浜原発については「国のエネルギー政策、原子力防災の取り組みを確認しながら適切に対応していく」とし、改めて司法判断と地元自治体の判断は別だとする姿勢を強調した。
 一方、鹿児島地裁前で決定を待ち構えていた住民らは怒りと落胆の声を上げ「不当決定」「私たちは屈しない」と書かれた垂れ幕を掲げた。森雅美弁護団長は「異議申し立てや、他の地裁へ改めて仮処分を申し立てることを検討している」と険しい表情で話した。
* 川内差し止め認めぬ判断「非常に歓迎すべきこと」 規制委員長、決定に安堵 - 産経ニュース
原子力規制委員会の田中俊一委員長は22日の定例会見で、九州電力川内原発(鹿児島県)の再稼働差し止めを認めない司法判断が下されたことについて、「(新規制基準や原発の審査を)評価していただいたことは非常に歓迎すべきことだ」と述べた。
 関西電力高浜原発(福井県)の再稼働を認めない仮処分決定を下した14日の福井地裁では新規制基準を「緩やかにすぎ、合理性を欠くものである」と判断。地裁で判断が分かれたが、田中委員長は「裁判官は基本的に独立だからそういうこともある。われわれは新規制基準に基づいて粛々と進める」と強調した。
 高浜の決定の際、田中委員長は「事実誤認がいっぱいある。私たちの取り組みが十分に理解されていない」と指摘したが、この日は「裁判官一人一人に説明する立場にない。国民社会に取り組みを伝えるというのは努力していく」と話した。
 川内では現在、機器や設備が設計通りになっているかなど現場でチェックする「使用前検査」を実施している。差し止めの仮処分が出た場合、規制委は途中で検査を中止することも考えていたが、杞憂(きゆう)に終わった。
現実的で常識の範囲での判決が出ました。
当然の結果でしょう。
あらゆる自然災害を想定するならば、原子力発電所だけに限定するのは筋が通らず、火力発電所全般にも適応しないと駄目で、こうすると電力は皆無に等しく成り、日本のエネルギー政策は壊滅する。
こう云う事を踏まえれば、今回の差し止め訴訟の判決は非常に現実的且つ常識的な判断の元で出されたので、大いに評価されるべき案件です。
危険性が在るならば、危険性の低減を徹底的にしつつ、安全性を求めて行くのが本来の姿で、原子力規制委員会は基準を策定したのですから。
posted by 天野☆翔 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

大人が変わらない限り青少年は守れない。

* 【衝撃事件の核心】SKE48は対象外! 「制服着用」アウトのJKビジネス規制条例…バイト感覚で「性」売る女子高生の闇 (1/5ページ) - 産経WEST
少女によるマッサージや添い寝、デートなどを売りにした接客サービス「JKビジネス」は一掃されるのか。愛知県で3月、女子高生を「JK」と称して商品化し、性を売り物とする業態を禁じる県条例の改正案が可決、成立した。少女売春の温床になっているとされるJKビジネスについて、同県は全国で初めて、多様な業態を包括的に規制することに乗り出したのだ。違法ビジネスの根絶が期待されるが、ことはそれほど簡単でもないようだ。JKを求める男、JKを金もうけの道具に使う業者、そして、「JKのうちが稼ぎ時」と簡単に足を踏み入れる少女たち。JKビジネスにはさまざまな事情が絡み合っており、その闇は深い。
「彼が来るから」と母親に追い出され
平成23年夏。深夜の大阪・ミナミ。路上に座ってスマートフォンをいじっている少女に、女性が声をかけた。
 「何してるの?」
 「泊まるとこ探してんねん。お母さんに『彼氏が来るから出てって』って言われたから」
 女性は、大阪府内の繁華街で少女らに声をかける「夜回り活動」をしているNPO法人「キッズナビわかば」の野沢征子副理事長。この日声をかけた少女は高校1年。深夜の街は危険も多い。友人の家に行くよう勧めて、その夜は別れた。
 数カ月後、ミナミで夜回り活動をしていた際、この少女と再会した。メイド服を着て客引きをしていた。
 母親は相変わらずだと言う。「お母さんのしていることは児童虐待よ」と言うと、少女は「知ってる。でも私が稼いで、毎月家に食費3万5千円入れなあかんから」と答えた。
JKビジネスで働けば、1日で何万円というバイト代を稼ぐことができる。
 野沢さんは「大金も一度持ち慣れたらそれが普通になる。金銭感覚は大人と一緒でも、中身は子供。自分が被害者だと気づかずに、性産業に従事している子は多い」とした上で、成人男性を断罪する。
 「子供に社会のルールを教え、指導すべき大人が、逆に子供を利用して金もうけをしている。許せない」
開業の届け出不要、実態把握困難に
少女から女性へ。過渡期である「女子高生」が商品化されて久しい。18歳未満は「児童」として法律で守られる立場だが、女子高生を性の対象としてみる成人男性が少なくないからだ。
 そんな需要に堂々と応じる形で始まったのがJKビジネス。約3年前、東京・秋葉原で始まったとされている。「性的なサービスはしない」と称してはいるが、実際に少女へのわいせつ行為が行われていたとして店が摘発される事例は、後を絶たない。警察当局は積極的な捜査を進めているが、取り締まりは簡単なものではない。
 18歳未満の少女が個室でマッサージや添い寝などをする「JKリフレ」。大阪府警は昨年、17歳の女子高生に下着姿の男性に対するマッサージをさせ、監視カメラ付きの部屋で待機させるなどしたとしてJKリフレを摘発した。
 捜査関係者は「『リフレ』とか、散歩と称して屋外デートをする『JKお散歩』は表向きは風俗店ではないので、被害申告や通報がないと積極的に立ち入ることができない」と打ち明ける。
 そもそもこうしたJKビジネスの多くは、風営法上の風俗店ではないと称しているため、営業するための届け出が不必要。実態把握すら難しいという。
 そうした現状に一石を投じようというのが、愛知県の“JKビジネス規制条例”である。
被害申告なくても警察立ち入り
正しくは「愛知県青少年保護育成条例」。18歳未満の青少年を保護する目的の同条例で、新たにJKビジネスを規制できるよう内容を改正する案が3月、愛知県議会で可決、成立し、7月1日に施行されることが決まった。
 改正条例では、JKビジネスを「有害役務営業」と位置づけ。客の性的好奇心をそそる水着や制服などを着用させたり、下着が見えるような姿をさせる▽個室で異性に接触する−などが該当する。具体的に想定されている業態は、(1)ガールズバーやガールズ居酒屋(2)リフレ(3)見学クラブ(4)撮影(5)散歩−などだ。
 こうした店について、被害申告がなくても、違反している疑いが生じた時点で、行政や警察が立ち入り調査できると規定。悪質であれば営業停止命令を出したり、1年以下の懲役または50万円以下の罰金を科したりする。
 同県では昨年11月末時点で、77店のJKビジネス店を確認していて、県の担当者は「条例が抑止力になって店も減るはず」と期待を込める。
■「アイドルのコスチュームは…」
 「SKE48が巻き添えになる可能性」「アイドル大ピンチ」…。
 改正条例が報道されると、インターネット上ではこんな声が上がった。名古屋市を拠点に活動する人気アイドルグループ「SKE48」が条例に抵触するのではないかという憶測だ。
 SKE48は名古屋市に専用の劇場を持ち、「会いに行けるアイドル」として、定期的に劇場で公演。制服を模した衣装で歌って踊り、握手会も開いている。
このため、改正条例にある「店舗を設けて」「性的好奇心をそそる制服などを着用」「客に接触する」といった部分が、「SKE48の劇場公演や握手会に当てはまるのではないか」という見方だ。
 県担当者に尋ねてみると、「アイドルについては条例案をつくるときに議論になった」と前置きした上で、「社会通念上、アイドルのコスチュームが性的好奇心をそそる、とまではいえず、握手会も性的な接触には当たらない」と判断したという。
 ただ、「ファンがアイドルを抱きしめるイベントとか、エスカレートした『おさわり』は規制対象になるだろう」とも。行きすぎた行為は条例に抵触する余地が残っていることを示唆した。
「若さに価値」少女たちも錯覚
とはいえ、基本的にアイドルが条例の対象になることはないだろう。問題はやはり、規制の網をかいくぐろうとする性産業だ。ただ忘れてはいけないのは、雇う側がいれば、自らの意思で働く側もいるという事実。なぜ、少女たちはJKビジネスに足を踏み入れてしまうのか。
 「JKじゃなくなったらうちら価値ないじゃん。卒業したらお先真っ暗だし、25歳とかになったらもう人生終わり」
 悩みを抱えた10、20代の女性を支援するNPO法人「BONDプロジェクト」(東京)代表の橘ジュンさんは、そんなことを言う女子高生を何人も見てきた。
 橘さんが出会った関東地方の女子高生は、寂しさを埋めるため「オジサン」とデートをした。その帰り、求めていないのに数千円を渡された。
 「デートすればお金がもらえるんだ」
気づいたその日から「食事は5千円、カラオケは2時間1万円」と自分で料金設定をして、「オジサン」たちとデートを繰り返しているという。
 「JK」を求め、機嫌をとるために必死に金を積む大人たちを前に、彼女たちはある錯覚を起こしがちだと、橘さんは指摘する。
 「自分は若さと体でしか、誰かに求められていないんだと思い込んでしまう。だからそういう方法でしか自分の中に価値を見いだせなくなる」
 女子高生を利用しようとする大人がいる。一方、女子高生自身もJKブランドに縛られている。双方を断ち切る対策をしない限り、JKビジネスはなくならない。
性風俗全般を撲滅しない限り、幾等青少年健全育成条例等の条例を設けてもイタチごっこに為る可能性は極めて高い。
需要が有るから供給も在ると云う悪循環を断絶しなければ為らない。
何れか一方を規制しても駄目で、両方共に規制するのが当たり前です。
大人の都合で振り回し先送りして来たツケが青少年の精神に大きく影響し、自分の性が金に為ると思い込み勘違いし犯罪に走る要因の一つにも成ってる事を自覚して頂きたいですね。
記事中のアイドルの件だが、以下の様な案件も在る。
* ローカルアイドルの悲惨な実態 援交まがいの行為、酒席の接待…関係者が暴露(1/2ページ) - 産経ニュース
アイドル戦国時代の今、日本中でご当地アイドルが活躍している。とはいえ、成功しているのは一握りにすぎないことは、言うまでもない。その一方で、とんでもない小遣い稼ぎや接待まがいの酒席…そんな“ご法度”のルール違反がまかり通るご当地アイドル事情を、関係者が明かした。
 AKBグループやモーニング娘。’15といったメジャーどころとは違い、ローカルアイドルや地下アイドルは稼ぎがほとんどないようなものだ。
 「ローカルアイドルなんて、一見メディアで活躍しているようでも、生活の実態は悲惨。微々たるギャラは、身の周りのもので消える。気に入った女の子にまとまった現金を渡して援助交際まがいのことをしている事務所オーナーもいます」と芸能ライターは眉をひそめる。
 それでもアイドルを続けたい女の子は、後を絶たない。「ライブやレッスンを終え、疲れ切ったアイドルを、個人的な酒席に呼びつけ、接待まがいのことをさせる事務所関係者は少なくない。公私の区別がないのです」と前出・芸能ライター。
さらに仰天のエピソードが…。「関西の話ですが、事務所の出資者が泊まるホテルに、マネジャーがアイドルを差し向けたケースがあった。行為の後にもらった“代金”は、マネジャーとアイドルが折半。それが常態化していたそうです。幸い社長がまともな人で、2人をクビにしました」と地方の芸能関係者。
 信じられないような話はなおも続く。
 「お金持ちの事務所オーナーが、所属アイドルにホテルのレストランでごちそうし、そのあとスイートルームに招き入れた。どんちゃん騒ぎの揚げ句、オーナーが高いびきで寝たので、女の子は帰る前にシャワーを浴びたんですが、途中から裸のオーナーが鼻の下をのばしながら浴室に入ってきたそう。ホラーですよ。女の子が悲鳴をあげて大騒ぎ。オーナーは『酔っていたから』と平謝りだったそうです」(前出・芸能関係者)
 あきれるばかりだが、アイドル誌記者は「これだけ全国に“アイドル”が増えると、プロとしての自覚がない事務所やタレントも少なくない。結局、いい加減なところは淘汰(とうた)されて消えていきます」と話す。
 アイドル業界が、夢のない世界になってはおしまいだ。
世も末で在る。
posted by 天野☆翔 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

民主党こそ「ガキ」だ。

* 枝野氏「首相の方が、よほどガキの議論」 首相の憲法認識めぐる批判に反論 - 産経ニュース
民主党の枝野幸男幹事長は22日の記者会見で、憲法改正の議論に関し「『GHQ(連合国軍総司令部)の素人がたった8日間で作り上げた代物』という方が、よほどガキの議論だ」と述べ、安倍晋三首相を批判した。
 首相は20日のBSフジ番組で「私の憲法に対する認識がおかしいから議論は嫌だと言っているが、子供じみた議論だ」「ふまじめな態度と言わざるを得ない」と民主党を批判していた。岡田克也代表は「安倍さんが首相である間に憲法改正の議論はしたくない」と繰り返し強調している。
安倍政権での憲法改正ならば駄目だと云う民主党は、ならば自分達が政権ならば憲法改正を進めるのでしょう。
憲法はどの政党が政権で在っても共通の事で改正は可能なのです。
自分達とは政治的理念や背後関係が違うからと云って応じられないと云うのならば、此の時点で国会議員としての資格を失う。
国会議員の義務や責務を十二分に果たしてから物を云えと云う事です。
何れにしても、選挙で信用を失い大幅に議席を減らした政党なので、憲法改正の議論に参加する資格すらも無いでしょう。
過去のどんな法案でも何でも反対で無駄な審議時間を費やしてたのだから。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

首相官邸に無人機確認。

* 【官邸屋上に「ドローン」】放射性セシウム検出 小型カメラ、液体入り容器も…威力業務妨害容疑視野に捜査 - 産経ニュース
東京都千代田区永田町の首相官邸の屋上ヘリポートで22日、小型の無人飛行機「ドローン」1機が見つかった。ドローン周辺では微量の放射線が測定され、放射性セシウムを検出。警視庁公安部などは、何者かが意図的に侵入させた疑いがあるとみて捜査本部を設置し、威力業務妨害容疑などを視野に捜査を始めた。
 警視庁によると、ドローンは同日午前10時20分ごろ官邸職員が発見。放射線を示すマークとともに「RADIOACTIVE」と表記されたシールが張られた容器が積まれており、セシウム134、137を検出した。放射線は微量で人体に影響はないという。
 容器は茶色で蓋がされ直径3センチ、高さ10センチぐらい。液体が入っていると見られるが中は見えない状態で鑑定を進める。ドローンは直径約50センチ、プロペラが4枚ついたヘリコプター型だった。容器のほか小型カメラや発煙筒のようなものが2本積まれていた。
 これまでに官邸関係者が侵入や墜落の様子を目撃したとの情報はなく飛来した時期は不明で、犯行声明もないという。けが人や建物の破損なども確認されていない。安倍晋三首相は外遊中で不在だった。
* 【官邸屋上に「ドローン」】対テロ大丈夫? 厳戒警備すり抜けの衝撃…空の無防備、浮き彫りに(1/2ページ) - 産経ニュース
誰にも気付かれることなく首相官邸に侵入したドローン。厳重な警備体制が敷かれる官邸だが、空からの“攻撃”に無防備な実情が浮き彫りになり、衝撃が走った。海外で不審な飛行が相次ぐなどテロへの悪用も懸念されており、懸念が現実となった格好だ。菅義偉官房長官は22日の記者会見で「(ドローンの)運用実態の把握、法的機関が関与するルールの必要性、関係法令を早急にやらなければならない」と述べ、小型無人機などの運用規制も視野に法整備を急ぐ考えを示した。
 ■「官邸警備隊」配備のはずが…
 警視庁警備部や麹町署が警備にあたる官邸。テロ事件にも対応する装備を持つ「総理大臣官邸警備隊」が配備され、厳重な体制が取られている。だが、ドローンは厳戒をすり抜け、屋上に着地したとみられる。
 現行の航空法は人が乗った航空機を想定しており、無人の航空機に関する詳細な規制はない。ドローンに特化した法制度はなく、空港周辺など航空交通管制のある地域を除き、地上から250メートルまでなら届け出や申請なしに飛ばせる。
 業界団体「日本UAS産業振興協議会」(東京)によると、国内では、プロペラを回転させるヘリコプター型の「マルチコプター」を中心に約2万機のドローンがあるとみられている。
同協議会は「操縦者のコンプライアンス徹底が大前提。危険な事態を防ぐには技術、制度両面から幅広くアプローチする必要があるが、課題は多い」とする。
 ■高まる「悪用」の懸念
 政府は今回の事態を契機に、航空法改正を中心に行政機関や防衛施設などの上空での飛行制限や、小型無人機の購入を許可制にすることなど法整備を検討する。また、要人警護のあり方も見直す方針だ。
 一方、今回の事件がテロかどうかについて菅氏は明言を避けた。菅氏は「ありとあらゆる政府(機関)に対して当然、注意を払っていかなければならない」と指摘した。その上で「今回の事案は国家の行政機関の中枢である首相官邸にかかる事案であり、警察で徹底した捜査を行うほか、危機管理に対して万全を期していきたい」と述べた。
 小型無人機がテロに悪用される懸念が強まっていることに関しては、「ドローンなどの小型無人機の運用のあり方、またドローン等を利用したテロ対策について不断に見直し、テロの未然防止に全力を尽くしたい」と強調した。
誰がどう云う意図や目的を以って飛ばしてたのかは不明ですが、少なくとも放射線を発する液体が付随してた事に相当の悪意を感じますね。
こんな事は許しては為らない。
早急に航空法の改正が必要です。
ホワイトハウスに過去無人機が落下した事も在るので、政府全体が此の時点で法改正の動きを見せなければ為らなかったが、重要法案が山積してる中なので、先送りも致し方無かった側面も否定は出来無い。
とは云え、現実的に成って来たのだから、早急な法改正が求められます。
* 【官邸屋上に「ドローン」】枝野氏「自衛隊海外派遣にうつつぬかす前に対策を」 - 産経ニュース
民主党の枝野幸男幹事長は22日の記者会見で、首相官邸の屋上で小型無人飛行機「ドローン」が発見されたことについて「現行制度では首相官邸、国会、皇居などの上空を自由に飛んでも法規制がないと思われる。悪用する人がいれば皇居などがターゲットにされかねない」と述べた。
 枝野氏はその上で「自衛隊の海外派遣などにうつつをぬかしている前に、対策をしっかりとやるべきだ」と語り、安倍晋三政権の対応を批判した。
* 【官邸屋上に「ドローン」】野党3党、説明要求へ 不十分なら集中審議求める構え - 産経ニュース
民主党、維新の党、共産党は22日、首相官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が発見された事件をめぐり、23日の衆院内閣委員会理事懇談会で政府側の説明を求める方針を決めた。説明が不十分な場合は、内閣委での集中審議を求めることも確認した。
 民主党の枝野幸男幹事長は記者会見で「飛行物体が官邸屋上に知らないうちに落ちているのは極めて深刻な事態だ」と指摘。「(政府は)自衛隊の海外派遣などにうつつを抜かす前に、こうした対応をしっかりやるべきだ」と強調した。
此の事案を受けて、野党は集中審議を求める動きだが、政府の動き同様に、もっと以前に航空法改正の動きをすべきだったでしょう。
現実的な問題に直面しない限り動かなかったり動けなかったりで、一方的に政府を批判する事は許されません。
そもそも、批判する資格すら有りません。
国会議員ならば、法改正の動きを再優先にすべきで在って、批判する暇があったら、実際の動きをすべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

安倍晋三内閣総理大臣のアジア・アフリカ会議での演説。

* 平成27年4月22日 アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議における安倍内閣総理大臣スピーチ | 平成27年 | 総理の演説・記者会見など | 記者会見 | 首相官邸ホームページ
バンドン会議60年の集まりを実現された、ジョコ・ウィドド大統領閣下、ならびにインドネシアの皆様に、心から、お祝いを申し上げます。
 アジア・アフリカ諸国の一員として、この場に立つことを、私は、誇りに思います。
【共に生きる】
 共に生きる
 スカルノ大統領が語った、この言葉は、60年を経た今でも、バンドンの精神として、私たちが共有するものであります。
 古来、アジア・アフリカから、多くの思想や宗教が生まれ、世界へと伝播していった。多様性を認め合う、寛容の精神は、私たちが誇るべき共有財産であります。
 その精神の下、戦後、日本の国際社会への復帰を後押ししてくれたのも、アジア、アフリカの友人たちでありました。この場を借りて、心から、感謝します。
 60年前、そうした国々がこの地に集まり、強い結束を示したのも、歴史の必然であったかもしれません。先人たちは、「平和への願い」を共有していたからです。
【共に立ち向かう】
 そして今、この地に再び集った私たちは、60年前より、はるかに多くの「リスク」を共有しています。
 強い者が、弱い者を力で振り回すことは、断じてあってはなりません。バンドンの先人たちの知恵は、法の支配が、大小に関係なく、国家の尊厳を守るということでした。
 卑劣なテロリズムが、世界へ蔓延しつつあります。テロリストたちに、世界のどこにも、安住の地を与えてはなりません。
 感染症や自然災害の前で、国境など意味を持ちません。気候変動は、脆弱な島国を消滅リスクに晒しています。どの国も、一国だけでは解決できない課題です。
 共に立ち向かう
 私たちは、今また、世界に向かって、強い結束を示さなければなりません。
【日本の誓い】
 その中で、日本は、これからも、出来る限りの努力を惜しまないつもりです。
 “侵略または侵略の脅威、武力行使によって、他国の領土保全や政治的独立を侵さない。”  “国際紛争は平和的手段によって解決する。”
 バンドンで確認されたこの原則を、日本は、先の大戦の深い反省と共に、いかなる時でも守り抜く国であろう、と誓いました。
 そして、この原則の下に平和と繁栄を目指すアジア・アフリカ諸国の中にあって、その先頭に立ちたい、と決意したのです。
 60年前、インドの農家と共に汗を流し、農機具の使い方を伝え、スリランカの畜産者たちを悩ませる流行病と共に闘うことから、私たちはスタートしました。
 そして、アジアからアフリカへ。日本が誇るものづくりの現場の知恵や職業倫理を共有してきました。エチオピアでは、「カイゼン」のトレーニングプログラムにより、生産性が大幅に向上しています。
 1993年には、アフリカの首脳たちを日本に招き、互いの未来を語り合う、TICADをスタートしました。  暦はめぐり、世界の風景は一変しました。
 最もダイナミックで、最も成長の息吹にあふれる大地。それこそが、アジアであり、アフリカであります。  アジア・アフリカはもはや、日本にとって「援助」の対象ではありません。「成長のパートナー」であります。
 来年のTICADは、初めて、躍動感あふれるアフリカの大地で開催する予定です。人材の育成も、インフラの整備も、すべては、未来への「投資」であります。
【共に豊かになる】
 共に豊かになる
 アジア・アフリカには、無限のフロンティアが広がっています。
 オープンで、ダイナミックな市場をつくりあげ、そのフロンティアを、子や孫にまで、繁栄を約束する大地へと変えていかねばなりません。TPP、RCEP、FTAAPは、更にアフリカに向かって進んでいく。私は、そう考えます。
 成長をけん引するのは、人材です。それぞれの国の多様性を活かすことは、むしろ力強いエンジンとなるはずです。日本は、女性のエンパワメントを応援します。手と手をとりあって、アジアやアフリカの意欲あふれる若者たちを、産業発展を担う人材へと育てていきます。
 アジア・アフリカの成長を、一過性のものに終わらせることなく、永続的なものにしていく。その決意のもとに、日本は、これらの分野で、今後5年で35万人を対象に、技能の向上、知識習得のお手伝いをする考えです。
【むすび】
 私たちの国々は、政治体制も、経済発展レベルも、文化や社会の有り様も、多様です。
 しかし、60年前、スカルノ大統領は、各国の代表団に、こう呼び掛けました。
 私たちが結束している限り、多様性はなんらの障害にもならないはずだ、と。
 私たちが共有している様々なリスクを再確認すれば、多様性のもとでも、結束することなど簡単でしょう。
 直面する様々な課題を解決するために、私たち、アジア人、アフリカ人は、結束しなければなりません。
 この素晴らしい多様性を大切にしながら、私たちの子や孫のために、共に、平和と繁栄を築き上げようではありませんか。
 ありがとうございました。
* 「深い反省とともに守り抜く」 首相が不戦の誓い バンドン会議で演説(1/2ページ) - 産経ニュース
安倍晋三首相は22日午前(日本時間同日午後)、インドネシアの首都ジャカルタで始まったアジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議で演説した。過去の反省に言及した上で、平和的手段による国際紛争解決など不戦の誓いとともに、未来志向でアジア・アフリカの平和と繁栄に今後も貢献していく考えを表明した。
 首相は、1955年のバンドン会議で採択された「バンドン10原則」の中から「侵略または侵略の脅威、武力行為によって他国の領土保全や政治的独立を侵さない」「国際紛争は平和的手段によって解決する」とした部分に言及。「この原則を、日本は先の大戦の深い反省とともに、いかなる時でも守り抜く国であろうと誓った」と強調した。
 「侵略」との表現は10原則を引用する形で使うものの、先の大戦での日本の行為としての文脈では触れなかった。過去に「植民地支配」や「侵略」を謝罪した戦後50年の村山富市首相談話や60年の小泉純一郎首相談話の文言をそのまま踏襲しない姿勢を印象づけた。
首相は、人材育成について「未来への投資だ」とも訴え、「成長を牽引するのは人材だ。アジアやアフリカの意欲あふれる若者たちを、産業発展を担う人材へと育てていく」と表明。今後5年間で35万人を対象にした人材育成支援を実施する方針を示した。
 また、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件などを踏まえ、「テロリストたちに世界のどこにも安住の地を与えてはならない」と訴えた。来年のアフリカ開発会議(TICAD)のアフリカ開催を確認し、感染症や災害対策、気候変動問題対応での「強い結束」も呼び掛けた。
アジア・アフリカ会議の趣旨に従った見事な演説内容では有りませんか。
地域の平穏と其の基本に為る教養、更に経済的成長を促す内容で、一部で云われる自虐史に基づく戦後問題での歴史認識は極短く発信する。
こう云う内容で妥当なのです。
会議の本来の趣旨を踏まえれば、此れ以上の内容にはすべきでは無いでしょう。
勿論、アメリカ議会での演説や戦後七十年談話に於いても同様です。
posted by 天野☆翔 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

TBSが危機感を抱く。

* TBS社長、自民の報ステ聴取「われわれも人ごとではない」 NHKは「クロ現、調査している」  - 産経ニュース
テレビ朝日系ニュース番組「報道ステーション」の放送内容について、自民党の情報通信戦略調査会が同局幹部らから事情聴取を行ったことを受け、TBSの武田信二社長は22日の定例会見で、「他社のことにコメントする立場にはないが、われわれも人ごとではない。事の推移を見守りたい」と話した。
 3月27日に放送された「報道ステーション」で、コメンテーターだった元官僚の古賀茂明氏が自身の「降板」について、官邸などから圧力があったと発言。これを受け、同査会が今月17日、同局役員らから事実関係の説明を受けた。
 また、NHKの報道番組「クローズアップ現代」でやらせがあったと指摘された問題で、番組で詐欺のブローカーと紹介された大阪府内の男性が21日、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会へ人権侵害の申し立てを行ったことについて、同局の板野裕爾放送総局長は同日の定例会見で、「局内の調査委員会が現在、事実関係をはじめ、取材や制作の方法が適切だったのか、チェック体制がどうだったかについて調査している。BPOに申し立てた男性とNHK(の主張)は食い違う点が多いが、そういった点も含め、調査したい」と語った。
サンデーモーニングや報道特集で、散々政権批判と反日売国の報道をしてた自覚が在るのでしょう。
危機感を抱くのは当然の事で、こんな危機感を抱く事自体が間違ってる。
言論の自由や表現の自由、報道の自由を声高に叫ぶ前に、放送法の遵守が最優先にされて然りなのです。
他の日本テレビやフジテレビやテレビ東京も他人事として捉えるのでは無く、今一度放送法の理念に立ち返り、捏造歪曲偏向報道の根絶をしなければ為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

老害と気違いが何か曰ってる。

* 「はぐらかすな」「継承を」村山・鳩山両元首相、そろって安倍首相の戦後70年談話を牽制 - 産経ニュース
元首相の村山富市、鳩山由紀夫両氏が21日、鳩山会館(東京都文京区)で開かれた民間団体の会合で講演し、そろって安倍晋三首相が今夏に出す戦後70年の談話を牽制(けんせい)した。
 村山氏は平成7年の「村山談話」について「談話が出てから今日まで歴史問題で日韓、日中関係がガタガタすることはなかった」と主張。さらに「首相は村山談話を継承すると言っているが、『すべて継承するわけではない』などとはぐらかしている」と批判した。
 村山氏は「20年たって村山談話がこんなに問題になるとは思わなかった」とも語った。鳩山氏は「村山談話の神髄部分を継承していただかなければならない」と強調した。
 講演は元国会議員らによる「さとやま・草莽(そうもう)の会」の会合で行われ、新党大地の鈴木宗男代表、元公明党委員長の矢野絢也氏、元自民党参院会長の村上正邦氏らが出席した。
既に政界を引退し影響力も何も無い老害と気違いが、安倍晋三内閣総理大臣の戦後七十年談話に注文を付けるとは非常に愚かしい。
もう御前等の次代はとうに終わって、次代に受け継がなければ為らない日本を、何時迄も前時代的な妄言で穢す事は許されません。
自分勝手に出した談話の撤回が先の筈です。
posted by 天野☆翔 at 05:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

安全保障で例外無き事前承認。

* 「例外なき国会事前承認」を自公了承 安保与党協議 27日に実質合意へ (1/2ページ) - 産経ニュース
安全保障法制に関する与党協議会が21日午前、国会内で開かれ、国際平和のために活動する他国軍の後方支援を随時可能にする新法「国際平和支援法」について、「国会の事前承認に例外は設けない」とする案を了承した。例外なき事前承認は公明党が求めていたもので、自民党が早期合意を目指し譲歩した。協議会は最大の焦点が決着したことで、27日に実質合意する方向となった。
 協議会では、国会承認をめぐり、自民党の高村正彦副総裁と公明党の北側一雄副代表が取りまとめた案を提示。国際平和支援法に基づく自衛隊の海外派遣では、国会の事前承認を義務付けたうえで「国会閉会中の場合または衆院が解散されている場合であっても、国会を直ちに召集するなど所要の手段を尽くすこととし、事前承認に例外は設けない」と明記した。
 ただし、迅速な承認手続きを図るため、衆参両院は首相から承認を求められてから7日以内に議決するよう努める努力規定を設けることも盛り込んだ。派遣から2年を過ぎて国会で継続手続きを取る場合は、国会閉会時などの事後承認を認めた。
 高村氏は協議会後の記者会見で「政府から(事後承認が必要となる事例の)具体的な説明がなかった」と指摘。「説明がない以上、『民主的統制』の重要性の方にバランスを置くべきだと判断した」と述べた。
政府・自民党はこれまで「迅速性を要求される場合がある」として緊急時の事後承認を認めるよう主張。対する公明党は「国会による歯止め策を担保すべきだ」として、例外なき事前承認を求めていた。
 政府・自民党は日米防衛協力のための指針(ガイドライン)を27日に再改定することを予定しており、妥協した形だ。
 協議会は27日に実質合意した後、5月11日に具体的な安保関連法案の条文を最終確認する会合を開く予定。政府は5月15日に安保関連法案を閣議決定し、国会に提出する。
軍を保持する国が軍事的な活動をする際に、全てが事前承認される訳では無く、事後承認も中には多く存在する。
公明党への配慮が必要以上に為された為に、本来の目的が大きく歪められないのか、大いに心配に為る処です。
本来の目的が充分に果たせる様な制度の構築が求められます。
posted by 天野☆翔 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

NASAの開発した車が面白い。

* 「こんな楽しい乗り物は初めてだ!」NASAが開発した横移動バギー(動画あり)(1/3ページ) - 産経ニュース
米航空宇宙局(NASA)は、横移動ができ、自律走行もできる電動バギー「Modular Robotic Vehicle」(MRV)を公開した。市街地でも使える技術の開発を目指しているという。
米航空宇宙局(NASA)が開発した電動バギー「Modular Robotic Vehicle」(MRV)は、普通の電気自動車とはちょっと違う。横移動ができ、素晴らしい走行が楽しめるだけでなく、自律走行もできるのだ。
NASAは、このプロジェクトは、NASAがこれまで開発してきたロボット技術やローヴァーの技術に基づいているが、宇宙だけでなく地球の市街地でも使える車両のための新技術を開発することを目指していると述べている。
MRVの4つのホイール・モジュールは、それぞれ液冷式の推進システムを備えている。各車輪は180度回転するので横移動ができ、曲がり角では流れるようにターンできる。車輪はそれぞれ独立して動くので、とても機敏に動く。
NASAが公開した動画には、人間が運転するMRVが狭いスペースに簡単に縦列駐車する様子が映っている。ロータリー(円形交差点)では流れるように横移動している。
MRVの動きはすべてコンピューターで制御されている。完全なドライヴ・バイ・ワイヤシステムになっていて、アクセル、ステアリング、ブレーキの間に機械的つながりはない。
コンピューターのトラブルやワイヤの破損でステアリングがきかなくなることを想定して、MRVにはフェイルセーフの第2モーターと第2コンピューターがあり、万一メインシステムが機能しなくなった場合は、代わって制御する。
NASAはMRVの走行感について、「まるで、コントロールを完全に制御しながら氷の上を走っているようだ」と説明している。国際宇宙ステーション(ISS)の航空管制業務を担当するジャスティン・リドリーは「衝撃的」と表現する。
「遊園地の乗物に乗っているみたいだ、と皆で話しています。運転の楽しさについては設計のときは考えていなかったのですが、いったん走らせてみると、こんな楽しい乗り物は初めてだ、とたくさんの人が言いました」
MRV(PDF)は、総重量が900kg、最高速度は時速約64kmで、1回の充電で約99km走行できる。通常のハンドルのほか、特別設計のジョイスティックを使って操作でき、さらに自律走行やリモコン操作も可能だ。
Modular Robotic Vehicle (MRV) - YouTube

自動走行は今でももう珍しく無く成ったが、自律走行が可能なのは非常に素晴らしく、又、駆動系統も完全に4WSで自由な走行が可能に成って居ます。
此れは本当に面白い。
操作性に非常に優れ動力の節約にも為るでしょう。
問題は駆動系統の堅牢さを如何に高めるかが大きな鍵に為る。
実際の道路での車や人が多く走行や通行する現場で、安全性をどの程度維持出来るのかも大きな鍵です。
事故を徹底的に減らす安全性の構築が求められるでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

香港で燻る支那への嫌悪感。

* 【国際情勢分析】「簡体字はキモい」 香港で渦巻く“中国本土化への嫌悪感”(1/3ページ) - 産経ニュース
「このメニュー、どうしてサラダのこと『色拉』と書いているの?」。香港のコーヒーショップで客の女性はムッとした様子。店員に「ここは大陸(中国本土)じゃないわ。香港なのよ。香港なら『沙律』でしょ。それにメニューの漢字はどれも簡体字よ。香港人なら繁体字で書きなさいよ!」と食ってかかった。
 香港で昨年開局した民主派寄りのテレビ局HKTVが放送したドラマのひとコマだ。「簡体字」は中国で1950年代に制定された簡略漢字、「繁体字(正体字)」は伝統的な漢字をさす。「サラダ」など外来語では、同じ単語でも違う漢字を当てることが多い。
「本土化」へのいらだち
 香港や台湾では、学校教育から社会生活、公文書に至るまで繁体字が使われているが、観光客急増など中国本土からの影響拡大で中国本土風の表現や、簡体字がじわじわと浸食し始めている。ドラマの女性は“中国本土化”に対する香港人のいらだちを表現した。
 今年2月には香港でちょっとした騒動もあった。民主派寄り香港紙、蘋果(りんご)日報によると、香港警察当局が公表した市民向け刊行物の中に、随所に簡体字が混じっており、香港のネット上で、「香港警察は中国本土から指示された簡体字の文書を下書きにした」「香港は中国公安に牛耳られている」「簡体字は見ていてキモい」などと炎上した。
故郷に男はいない?
香港や台湾のインターネット上で揶揄される中国本土の「簡体字」の例 香港でかくも酷評される簡体字。例えば「飛」は簡体字で「●(未登録外字、表参照)」。「片翼飛行でどう飛ぶの?」と揶揄(やゆ)される。「湧」なら「涌」だが、「湧き上がるための力もない」。他にも「導→●(未登録外字、表参照)」(導くための道はどこだ?)、「郷→●(未登録外字、表参照)」(故郷に帰れど郎=男は不在)、「愛→●(未登録外字、表参照)」(中国本土の愛には心がない)「雲→云」(雲はあれど雨は降らない)など枚挙にいとまがない。
ちなみに香港警察の刊行物では、「朮(繁体字では術)」「范(範)」などが続々みつかったという。
 49年の新中国成立後、共産党政権は識字率の向上を目指して難解な漢字を庶民にも使いやすくし、教育程度を高めた、というのが簡体字普及の説明。日本でも戦後、当用漢字へ一部が簡略化されたが、「廣」が日本で「広」となったのに対し、中国は「广」など極端な簡略化が進んでいる。
 さらに幹、乾、干の3つの漢字の場合、例外もあるが、発音が近いという理由で「干」の字に“統合”された。しかし、「干部(幹部)」「干燥(乾燥)」では見ても意味不明。本来の漢字の魅力まで失った。
政治経済力学が一変
冒頭のドラマの続き。香港女性の近くに座っていた別の女性が上から目線で話しかけてくる。「あなた知ってるの? 香港はもう返還されて中国のひとつの都市なのよ。簡体字だって繁体字だって同じよ」「香港は香港。車道だって車は左側を走るの。一国二制度なんだから」と反論する。
互いに嫌みを言い合って中国本土出身とみられる女性は立ち去る。ところが香港女性はコーヒーを飲んだ後、自分のオフィスに戻って愕然(がくぜん)。大きな赤い横断幕に簡体字で、「中国本土の親会社の張丹楓社長を熱烈に歓迎します」。そして会議に姿を見せたのは…。
 香港も台湾も繁体字を守り続けることで、中華文化の正統な伝承者であるとの強い意識がある。簡体字を使う中国本土を、伝統文化面から一段下に見ていたことも否めない。だが、簡体字と繁体字の政治経済力学は一変した。簡体字の人々が“支配者”となって、繁体字の守護者の上に君臨する時代が訪れつつある。
一国二制度の案件で昨年、香港では行政長官の選挙関係でデモが起きて、支那本土への様々な抵抗が在ったが、意識の底では文字の扱いでも現れてるのでしょう。
自分達が従来使って来た繁体字を簡体字にされては堪ったものでは無いのは良く解る。
文化の根幹に関わる案件だからです。
とは云え、曲がり為りにでも返還されたのだから、香港は支那の一部に成って仕舞ったので、何れは簡体字が氾濫し定着して行く運命に在るのだと思う。
然し、一国二制度を謳うからには、香港の人々は此れを武器にして徹底抗戦の構えを見せて欲しいとも思う。
posted by 天野☆翔 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

企業秘密への意識。

* 【ビジネスの裏側】弱みにつけこみ「知財」横取り…汚い大手のやり口に中小が反撃する方法がある!!(1/4ページ) - 産経WEST
日本で産業スパイ事件が相次ぐなか、中小企業の技術流出を防ぐ取り組みが遅れている。下請けの弱い立場につけこまれて機密情報を大手の取引先に漏らしてしまうケースが目立つ。せめて秘密保持契約などで保護しておけば、流出した場合に法的手段に訴えることができるが、下請けからは知財保護を求めにくいのが実情で、泣き寝入りは少なくない。大企業の情報流出が日本の産業競争力の低下を招くと指摘されるが、企業数で日本全体の9割以上を占める中小の知財防衛策は、さらに置き去りにされている。
「弱い立場」を狙う罠
「うちに納めている部品の製造方法に興味がある。誰にも言わないから教えてよ」
 関東で電子機器の部品を製造する中小企業の男性幹部は数年前、部品を納入していた大企業の担当者からそう頼まれた。
 男性幹部は、独自ノウハウの流出を恐れ、担当者の申し出をしばらくは断っていた。だが、何度も頼まれるうちに、男性幹部は大事な取引先の機嫌を損ねることを懸念。最終的に納入していた部品の製造工程が一目で分かる図面の資料を担当者に渡してしまった。
 それからわずか半年後にその取引先から部品の受注が半減、数年後にはゼロになった。調べると、その取引先は教えてもらった技術を無断で使い、海外の工場で同じ部品を製造していたという。男性幹部は「技術を奪えば、研究開発費が必要ないので購入するよりも低コストで部品を作れる」とした上で、「(取引先だった企業は)下請けをだまして盗んだ技術で利益を増やしたかったんだろう」と憎々しげだ。
男性幹部の会社は当時、業務などで得た情報を第三者に渡さないことを求める「秘密保持契約」をその取引先と結んでいなかった。このため訴訟を起こすこともできず、泣き寝入りせざるをえなかった。技術流出問題に詳しい冨宅恵弁護士は「取引先からの圧力に屈して技術をうっかり教えてしまい、痛い目を見る中小企業が散見される」と指摘する。
 技術流出といえば、東芝の半導体の研究データを転職先の韓国メーカーに無断で提供したとして提携先の元技術者の男が逮捕された事件などが目立っている。ただ、その一方で、中小企業が取引先の要望を断りきれず技術流出につながった被害も少なくない。
正しい知識を
中小企業の技術が狙われるのは、知財保護の対策が大企業に比べ遅れているからだ。経済産業省が平成25年に発表した約3千社を対象にしたアンケートでは、秘密保持契約を取引先と全く締結していないと答えた企業が13・7%。その多くは中小企業が占める。冨宅弁護士は、秘密保持契約の締結が進まない背景について「中小企業の多くが知財の専門部署を持たず、技術流出を防ぐ知識が備わっていないのが要因」と分析する。
 日本では特許を出願すると1年半後に出願した技術内容が特許庁の広報文書などで公開され、模倣される恐れが高まる。そのため、大企業は自社製品などの重要なノウハウについて特許を出願せず営業秘密として秘匿する場合が多い。
 特許を取得していなくても、取引先との秘密保持契約などで営業秘密を保護しておけば万一、流出した場合もせめて訴訟を起こすことはできる。しかし、「特許を登録していない技術情報は法律で保護されない」と、あきらめている中小企業の経営者が意外に多いのだという。
中小企業などの知財経営を支援する一般社団法人・知的財産教育協会中小企業センター(東京)の高崎充弘センター長は「資金力の乏しい中小がビジネスで大手企業と対等に渡り合うためには、独自の技術力が必要不可欠。その技術の情報を守る正しい知識を中小に浸透させることは緊急の課題だ」と警鐘を鳴らす。
 ただ、知財管理の重要性を認識していても、下請けの立場から大手の取引先に秘密保持契約の締結を求めにくいという事情がある。関西の部品メーカー幹部は「新規の取引先を開拓する営業活動で、秘密保持契約の話を相手にすると『自分の会社の権利ばかり主張する企業とはつきあえない』と嫌みを言われたことがある」と打ち明ける。
知財重視で信頼も
大手の取引先と良好な関係を保ちながら、営業秘密を守る両立の経営は「至難の業」(中小経営者)だ。しかし、自社だけでなく、取引先の技術や情報をもきちんと守る姿勢を示すことで取引先からも逆に信頼されている中小企業がある。
 プレス加工業のJKB(川崎市)だ。
 同社は、新たな取引先に部品の納入を開始する前に必ず秘密保持契約を結ぶほか、部品の図面データを特定の社員しか知らないパスワードで社内パソコンに保存するなどノウハウの流出防止に神経をとがらせる。
 ただ、その一方で、取引先の情報を漏らさない取り組みも徹底するのがポイントだ。例えば、取引先の関係者がJKBの工場を見学する際には、他の取引先の部品の生産ラインをプラスチック製の板で隠し、ときには生産そのものを中断する。他にも、顧客の情報を保存する社内パソコンのインターネット回線を遮断するなどサイバー攻撃への対策も充実させる。すると、取引先は「そこまで徹底するのか」と機密情報をやりとりするに足る相手と信頼するという。
JKBの平井和夫会長は「自社と取引先の双方の秘密を守る対策を強めることで、取引先からは嫌な顔をされるどころか、信頼を勝ち得ることができた」と話す。
 ただ、JKBはむしろ少数派だ。下請けが大手の取引先に自社の技術の保護を訴え過ぎたあまり煙たがられて受注を減らされたり、逆に我慢して秘密保持契約を結ばないままになっていたりするケースも多い。技術力は競争力の源泉だけに国は中小の知財支援を強化する必要があるが、中小企業にも、したたかに技術を守り抜く意識と取り組みが求められる。
小中企業の自社が開発した技術等の企業秘密への意識が低い事で、流出した場合は極めて甚大な損失に為る案件が過去何度も確認されて居ますが、勤務する企業自体が意識が低い場合は改革は難しいかも知れませんが、そうで無い場合は各々の意識の持ち様が問われます。
社員登用する場合は契約書等で秘密保持を徹底させたり、流出させた場合は即時解雇させたりと、雇用の面での体制の構築も必要に成って来る事でしょう。
自分が仕事してる場で扱う様々な業務は企業秘密に密接に関連してるのだと云う意識を常に抱き乍、業務に当たる事が求められ、秘密を守る意識を常に持たせる。
外部から漏洩を求める様な干渉が在った場合には大きな取引先で在っても毅然とした態度で断り、取引自体を見直す事も視野に入れる事も必要かも知れません。
此の問題は過去何度も発生してるので、個人個人の意識の高さが結果的に自分も企業も守るのだと云う事を、改めて意識して行く事が必要です。
posted by 天野☆翔 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Economy/Business | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

Firefox37.0.2がリリースされました。

MozillaはFirefoxの最新版、Firefox37.0.2をリリースしました。 更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Firefox のダウンロード − 自由な Web ブラウザ − Mozilla
* リリースノート | 次世代ブラウザ Firefox

posted by 天野☆翔 at 05:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

昨日の与那国島近海の地震。

* 地震情報 2015年4月20日 10時42分頃発生 最大震度:4 震源地:与那国島近海(石垣島の西南西180km付近) - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2015年4月20日 10時42分頃発生 最大震度:4 震源地:与那国島近海(石垣島の西南西180km付近) 発生時刻 2015年4月20日 10時42分頃
震源地 与那国島近海
(石垣島の西南西180km付近)
最大震度 震度4
位置 緯度 北緯 23.9度 経度 東経 122.5度
震源 マグニチュード M6.8
深さ ごく浅い
* 地震情報 2015年4月20日 20時45分頃発生 最大震度:3 震源地:与那国島近海 - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2015年4月20日 20時45分頃発生 最大震度:3 震源地:与那国島近海 発生時刻 2015年4月20日 20時45分頃
震源地 与那国島近海
最大震度 震度3
位置 緯度 北緯 24.0度 経度 東経 122.5度
震源 マグニチュード M5.9
深さ 約20km
此の地震で、沖縄周辺での人的な被害は無かったが、台湾では同程度での震度4の地震に拠る二次被害の火災で一名が亡くなったとの報道が在る。
謹んで心から御冥福を御祈り申し上げます。
建造物等の物的被害は深刻では無いが、各地で破損が確認されて、又、台湾では水道管が破裂等の被害が出てる。
一日も早い復旧が望まれます。
今後暫くは周辺海域の地震には警戒を。
又、昨日はインドネシアでも比較的大きな地震が確認されました。
* Earthquake - Magnitude 5.7 - SOUTHERN SUMATRA, INDONESIA - 2015 April 20, 09:05:36 UTC
台湾では未明にも比較的大きな揺れが観測。
* Earthquake - Magnitude 6.4 - TAIWAN REGION - 2015 April 20, 01:42:55 UTC
暫くは注意が必要です。
posted by 天野☆翔 at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

戦後世代が戦艦大和や武蔵を語る。

* 【戦後70年】「作戦室が被弾し、一挙に57人が戦死」「主砲が火を噴くと米軍機に大穴」深海に眠る戦艦「武蔵」と「大和」について語る…戦艦大和会顧問の相原謙次氏(1/5ページ) - 産経WEST
戦後70年の特別企画として3月27日に大阪市内で開催された「零戦(れいせん)と戦艦大和講演会」(産経新聞社など主催)。大和の元乗組員や遺族らでつくる「戦艦大和会」顧問の相原謙次氏(60)が講演、今年3月、フィリピン沖で発見された戦艦「武蔵」と、現在も長崎県男女群島沖に眠る戦艦「大和」について語った。
 《フィリピンのシブヤン海で3月、発見された戦艦大和の姉妹艦、武蔵。レイテ湾に出撃する艦隊や沈没時の写真などを示しながら、発見者のポール・アレン氏が公開した映像を分析した結果などを報告》
 武蔵の最後は昭和19(1944)年10月、フィリピンを奪還しようとレイテ湾の島に上陸したアメリカ軍を撃退するため、ほぼ航空部隊はなくなっていたのだが、主力の水上部隊で殴り込みをかけに行った。武蔵は、途中のシブヤン海でアメリカの機動部隊の猛攻撃を受けて沈没した。なんと受けた魚雷は20本以上、爆弾は17つ以上。列国の戦艦であれば魚雷4本で沈むところ、10時間以上かけてようやく沈んだ。当時の乗組員たちが耐えて耐えて耐え抜いたが、ついに10月24日午後7時35分沈没した。
 護衛していた駆逐艦「磯風」の艦橋から武蔵を撮影した写真がある。写真では大きく左前側に傾斜しているのが分かる。海底の武蔵の写真では、左側の錨(いかり)がなかった。左側に傾いたために傾斜を復元しようと、15トンある主錨を切り落としたためだ。
一番主砲塔が抜けた穴の直径は12メートル。艦橋、煙突が映っていた。艦橋では航海中は上層部が指示を出すが、戦闘配置につくと、艦長や砲術長らは防空指揮所に上がる。屋根がないので、艦長はヘルメットに防弾チョッキを着て羅針盤の前で指揮をした。当時の武蔵の猪口敏平艦長もそう。海底の武蔵は第一艦橋の右側に大きな破口があった。これは相手の爆弾が防空指揮所に命中し、第一艦橋を貫いて、その下の作戦室で爆発したため。艦の上層部が一挙に57人戦死した。戦闘詳報をつけている係員も全員戦死し、猪口艦長は右肩に重傷を負いながらも第二艦橋に移り最期まで指揮した。海底の武蔵には、この大破口があり、15メートル測距儀の右側が取れて無くなっていた。ちなみに戦艦大和の測距儀は、艦首の下敷きになっていた。しかし、測距儀の両端のレンズはまだキラリと光っていた。
 武蔵の沈没場所(フィリピン中部コブラドール島北東)については、戦闘詳報に記録されていたものより、大きく流されていたようだ。
 武蔵には車台に水上飛行機を乗せて火薬の力で発進させる機械「カタパルト」があり、これも写っていた。このカタパルトの車台の車輪を開発した技術者が戦後国鉄の技術研究所に入った。高速でも脱線せず安定して走る、新幹線の車輪を開発する技術に生かされた。
 ちなみに、これが平成11(1999)年に撮影した大和の菊の御紋です。(直径)1・5メートル。アレン氏の映像にはチーク材とあったが、ケヤキ材です。ケヤキを彫刻して漆をかけて金メッキを施しています。海底の大和の菊の紋はまだ金色に輝いていた。
《相原氏は、大和沈没までの歴戦について、当時の写真や資料を紹介する》
 大和の最初の作戦はミッドウェー海戦。ミッドウェーではなぜか、空母の後ろ300海里(555・6キロメートル)について行ったので交戦はしていない。マリアナ沖海戦では機動部隊の随伴で大和も出撃したが、練度が低く空母や航空部隊がほぼ全滅してしまう。そしてレイテ沖海戦。武蔵など多くの艦艇を失いながら、もう少しでレイテ湾というところで謎の反転をしている。このとき大和はアメリカの機動部隊の集中攻撃を受けた。一番主砲塔などに爆弾が命中したが、かすり傷程度だった。
 昭和20年3月19日の呉の初空襲では、大和の上空で、三四三航空隊が激しい大反撃をした。アメリカ海軍が本土空襲で一番損害を受けたのがこのとき。呉は(第二次大戦中)14回空襲を受け、うち6回が大空襲だった。全国で11番目に多い、市民2千人が犠牲になった。大阪は4番目に多く、1万人超の市民が犠牲になっている。
 ちなみに大和が最後の主砲を放ったのはこの時だ。沖縄特攻作戦では一発も撃っていない。このとき江本義男測的長が「弾込め」の命令を出したらしい。有賀幸作艦長は「なぜそんな命令を出した」とすごい怒った。大和の主砲は遠距離を撃つためにあり、撃つ際には外の配置の乗組員は中に入らねばならない。敵は中距離近距離に来ているのに、高角砲などが反撃できなくなる。対空弾を撃つので、市街地に破片が落ちる危険もあった。しかし、一度弾を込めると発射しない限り取り出すことができない仕組みになっていたため、仕方なく6門発射した。
 アメリカ軍のパイロットによると、大和が火を噴いたら飛行機の横に大穴が開いたらしい。戦後その話を聞いて江本さんは「おお、当たったか」と話していた。江本さんは一年半前に亡くなられた。
アメリカ軍は、呉港沖合にいた大和を狙って呉周辺に機雷を仕掛けたが、大和は19日の前の晩に呉を脱出していて助かった。その後、沖縄の人を守るため水上特攻をかけることになった。昭和20年4月6日午後4時に出港。大和は佐世保に向かうふりをして沖縄に突っ込み、アメリカ軍の基地がある岸壁に乗り上げ、大砲を撃ち、弾がなくなれば生き残った兵は艦を捨て、陸戦部隊と合流せよ、というのが作戦だった。最初からやられるのは分かっていた。
 のの字運動をしながら爆弾魚雷を回避する大和だったが、第一次攻撃隊の爆弾が後部艦橋に命中し、この火は最後まで消えなかった。魚雷10本と爆弾多数を受け、左側に大きく傾き横転、沈没。その後、二番主砲塔と三番主砲塔の火薬庫が誘爆した。
 《相原氏は、沈没した大和の潜水調査についても、生存者や元乗組員らの証言とともに紹介した》
 戦闘詳報の場所に大和は沈んでいなかった。終戦直後から大和の遺族、元乗組員の生活の面倒を見ていた、生存者で戦艦大和会初代会長の石田恒夫さん(故人)が、昭和55年から会の有志と私財をなげうって沈没場所を慰霊のために探し始めた。ちなみに会は生存者が亡くなって休止状態だったが、昨年に元乗組員、広一志さんを会長に再結成している。
 55年の調査でソナーに大和らしきものが映った。56年は台風で中止になり、57年の探索で大和を発見した。60年の調査では菊の紋章を発見した。
 《平成11年8月の調査について言及》
大和は大陸棚の端に引っかかっていた。海底の大和は、菊の紋章のあるところから一番主砲塔と二番主砲塔の間で真っ二つ。その折れた二番主砲塔から艦尾までがその前部にひっくり返った状態だった。三番主砲塔は火薬庫が誘爆したので大きな破口が空き、大きく九の字に曲がっている。一〜三番主砲塔はひっくり返った状態。艦橋の上部はバルバスバウ(球状船首)の下敷きになっていた。マストは一番主砲塔の抜けた穴の横に引っかかっていた。スクリューも右端の一つが飛んで海底に突き刺さっていた。
 《大和に結集された技術の戦後の活躍について、映像とともに紹介》
 日本は昭和31年に造船業で世界一となり、現在まで造船大国として栄えてきた。背景には、大和に注ぎ込まれた高度な技術や人材があった。効率的な生産管理システムのほか、薄くて速く造れる装甲板の技術は製鋼業に、高い精度を誇った世界最大の測距儀は、その後のカメラ技術に生かされた。
 戦艦大和は3332名中3056名の方と九州南西沖水深350メートルのところに沈んでいる。大和は当時日本の科学技術とものづくりの結晶として生まれた。しかし、遺憾なくその性能を発揮する機会はあまりなかったが、その技術が花開いたのはむしろ、戦後だ。
 志を持って日本を守ろうとした乗組員、生存者、遺族、大和の建造に一生懸命頑張ってきた科学技術者、ものづくりの職人たち。こういう人たちの思いを消し去ることなく後世まで伝えていけば、先人たちが喜んでくれると思う。
戦中戦前世代では無く、完全に戦後世代が、戦時中の戦艦に関して語るのは、一部の人からは否定的な思いを抱かれてるとは思われますが、然し、研究に研究を重ねた結果の様々な見識は非常に素晴らしい。
こう云う戦後世代が戦中を語るのは中々無い機会なので、今後同じ様な場が設けられる事を願いたいですね。
戦争の悲惨さばかりでは無く、大日本帝国を守る為に、各方面からの叡智を結集して完成した戦艦の物造りの素晴らしさを、後世に伝えて行けたら良いと思います。
posted by 天野☆翔 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

マイケル・ヨン氏「慰安婦強制連行は虚構」。

* 【メガプレミアム】慰安婦強制連行は虚構…米国人ジャーナリスト「韓国は中国の操り人形」 米公文書に証拠なし(1/4ページ) - 産経WEST
ヨン氏は2007年にまとめられた「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報告」など、さまざまな資料を調査。IWGは2000年に始まり、アメリカ各省庁の文書850万ページが対象になった。調査するよう働きかけたのは、在米の反日的な中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」。ところが慰安婦の「奴隷化」を裏付けるような文書は一つも見つからなかった。
 昨年11月、日本で最初にこのことを報じた古森義久・産経新聞ワシントン駐在客員特派員とヨン氏が、「Voice」2月号で対談している(http://www.php.co.jp/magazine/voice/)。「『日本軍が二〇万人のアジア女性を強制連行して性的奴隷にした』という主張はまったく根も葉もない幻だった」と、ヨン氏は明快だ。
 女性を強制連行するなら拘束して輸送し食事も与えなければならないが、戦闘中の軍隊がそんなことをするか。故吉田清治が書いたような強制連行を済州島でしていたら目撃証言が残るはずだし、なぜ大規模な反乱が起きなかったのか。アメリカ戦時情報局の報告書には日本の将軍の平均年収が6600円の時代に慰安婦のそれは9000円だったと書いてある−−等々、ヨン氏は「強制連行」の虚構を斬っていく。アメリカ人がこのように公平に資料を見て、発信しようとしていることの意味は大きい。慰安婦問題の主戦場の一つはアメリカになっているからである。
韓国を利用する中国
ヨン氏の指摘で興味深いのは、慰安婦問題の背景に中国の存在を見ていることだ。「本当の主役は韓国ではありません。慰安婦問題を地政学的、政治的問題の道具として利用しているのは中国です。いわば韓国は、中国の操り人形として利用されているだけなのです」。対談でこれまた明快にヨン氏はそう述べている。
 ほか、ヨン氏は「ザ・リバティ」2月号のインタビューでも、「中国は歴史問題を使って、アメリカ、日本、韓国の仲を割り、協力しないようにしています。これは巨大な情報戦・諜報戦なのです」としている。
 こうした見解には筆者も同意見である。過去、何度か書いたことだが、中国には古典兵法以来の謀略の伝統がある。思考様式といってもよい。はかりごとにより敵を追い込む世論を作り、心理的に士気をくじき、戦わないで勝つことが、最上なのである。「兵とは詭道(きどう)なり」「戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり」とはすでに「孫子」にある。
 中国は歴史問題で韓国を走狗(そうく)として使ってきたといってよい。2年前、朴槿恵政権が発足する直前に中国はソウルに特使を送り、「中韓が(歴史問題で)はっきりとした態度を取り、立場を示さなければならない」などと、歴史問題での共闘を呼びかけた。韓国はけたたましく反日に走ったが、中国はしばらく静かに構えていた。大国に事(つか)える事大主義の伝統を持ち、反日をいわば国是とする韓国を、うまく使ってきたのである。
自由主義国である韓国と日本が離反して都合がよいのはどの国か。共産主義国にほかならない。だが韓国にはそれが見えていない。さらにアメリカでも、歴史問題で反日世論を広めている中心は、先述の「世界抗日戦争史実維護連合会」という中国系組織である。日米韓を離反させようとする中国の思惑を、日米韓の敏感な人間は読み取るべきなのだ。「親にしてこれを離す」、つまり敵が親しみあっているときはこれを分裂させる、ということも、「孫子」に書かれている。
「朝日は深刻な問題をもたらした」
日本では、慰安婦についての報道で誤った事実を広め国民の名誉を傷つけたとして、約8700人が朝日新聞に謝罪広告などを求める訴訟を起こした。訴訟とは関係ないが、ヨン氏は「Voice」でこうも言っている。「『朝日新聞』は全世界を騙(だま)して、日本に深刻な問題をもたらしたままです」。朝日はこうした声に、言論機関としてもっと答えていくべきだろう。
ヨン氏のように慰安婦問題を公平に見るアメリカ人がいるということは、心強い。「Voice」では、日本人に次のようなメッセージを発している。「大切なのは、慰安婦問題を大声でわめく韓国に対して日本が引き下がらないこと、そして中国の脅威に屈しないことです」。その通りだろう。さらにいえば、日本人が日本の中の左傾勢力の言い分などにごまかされず背筋を伸ばしていくことも、大切である。
南朝鮮は「証言」を根拠にした案件で、慰安婦問題を語るが決して「公文書」を根拠に語っては居ない。
然し、マイケル・ヨン氏は様々な公文書等を徹底的に調べ上げた上で虚構だと云う結論に至った。
マイケル・ヨン氏だけでは無くトニー・マラーノ氏も同じ手法で調べ上げて居ます。
こう云う国外からの援護は非常に有り難く感謝の念に絶えない。
南朝鮮の背後に支那が控えてる事も忘れては為らない警戒すべき案件で在る。
posted by 天野☆翔 at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

原発アレルギーが招いた暴走判決。

* 【関西の議論】反原発℃R本太郎議員も応援…高浜原発めぐる「司法の暴走」 張本人はすでに異動 立つ鳥跡を濁す=i1/5ページ) - 産経WEST
原発運転禁止の仮処分決定にわき返る群衆の中に、反原発派闘士≠ニして知られる山本太郎参院議員の姿もあった。14日、福井地裁が原子力規制委員会の審査に「合格」し、再稼働に向けた手続きが進む関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働を認めないとした仮処分決定。東京電力福島第1原発事故の経験を踏まえた新規制基準を「合理性を欠く」と堂々と批判してみせたが、絶対安全とゼロリスクを要求する非科学的な内容だけに、「決定の方が『合理性を欠く』のではないか」との非難も集まる。決定を出した樋口英明裁判長は昨年5月にも大飯原発3、4号機の運転を差し止める判決を言い渡し、反原発派や一部メディアがヒーロー≠フようにもてはやす。関電側は「予想できたこと」と冷静に受け止めたが、決定文に発言を引用された専門家らは「曲解だ」「事実誤認だ」と反発している。
仮処分は「最大の武器」
14日午後2時すぎ。仮処分を申し立てた住民側の代理人弁護士は、福井地裁で決定文を受け取ると、ガッツポーズをしながら外に飛び出していった。雨が降りしきる中、正門前では100人を超える支援者が歓喜にわき、「司法はやっぱり生きていた!!」という垂れ幕が掲げられた。
 群衆の中には、反原発派の山本参院議員もいた。山本議員はネットメディアなどの取材に「人々の声を聞かないというスタンスで今の政権は原発政策を進めている。(原発の是非は)司法に判断してもらうしかなかった。福井地裁の良識的な判断は原発の第二幕を開けさせないことを示した」と熱弁をふるった。
 「再稼働を阻止する最大の武器を手にした」
 間もなく福井市内で記者会見した住民側弁護団の河合弘之弁護士は、決定の意義をこう表現した。
「最大の武器」とは仮処分申請のことだ。訴訟では1、2審で判決が出ても、控訴や上告の申し立てがあれば判決確定まで法的効力は生じない。しかし、仮処分が認められた場合はただちに効力が発生し、異議や執行停止が認められない限り決定に縛られ続ける。
 仮処分でいったん運転が差し止められれば、覆らない以上は再稼働はおろか試運転すらできない。異議申し立て後の判断は別の裁判体が担当するため、「結論が出るまで数カ月から半年程度はかかる」(法曹関係者)。仮処分は確かに、原発を止めるのに最も実効性のある「武器」なのだ。
 河合弁護士は会見で「日本中の原発をすべて止め、廃炉に追い込まなければならない」とも述べ、全国の裁判所に仮処分を申請していく方針を示した。
 だが、福井地裁と同様の決定が出る可能性については懐疑的な見方もある。
 地裁前で報道陣の取材に応じた関電側の代理人も、決定には冷静だった。
 「(決定が)想定内かどうかですか。判決が前に出ていますので、そういう意味ではある程度は(想定内)というところですね」
「万が一」を連呼
福井地裁が原発再稼働を差し止めたからといって、司法が総じて原発に否定的だと解釈することはできない。
 平成23年3月の福島原発事故後、原発差し止めに関する判決・決定が10件出ているが、差し止めを認めた判決・決定は樋口裁判長が判断した2件しかないからだ。
 昨年12月に今回の仮処分が申請される8日前、大津地裁は高浜3、4号機と大飯3、4号機(福井県おおい町)について、住民側の同様の仮処分申請を却下した。福井地裁には民事部門が一つしかない。原発に反対する住民側は、実績≠フある樋口裁判長に狙いを絞り、高浜3、4号機と大飯3、4号機の再稼働阻止に向けて福井地裁に仮処分を申請したという「憶測」もある。
一方の樋口裁判長は今年4月1日付で名古屋家裁に異動したが、異動前の3月、「機は熟した」として高浜3、4号機のみ審理を打ち切り、近日中に決定を出すことを明言。異動後も職務代行として仮処分を言い渡し、住民側の思いに応えてみせた。
 樋口裁判長の判断が一貫しているのは、「万に一つの危険」も受け入れない姿勢だ。昨年5月の判決では「原発事故の危険性が万が一にもあれば差し止めが認められるのは当然だ」と判示。今回の決定でも新規制基準について「深刻な災害を起こす恐れが万が一にもないといえるような厳格な内容を備えているべきだ」と批判した。
 こうした100%の安全性、ゼロリスクへの固執は、福島原発事故の教訓を踏まえた「世界一厳しい」とされる新規制基準をも「緩やかにすぎ、合理性を欠く」と批判することにつながった。
 司法が原発そのものの安全性にとどまらず、国の規制の枠組みにも疑義を唱えるのは、規制庁の判断を尊重してきた従来の原発訴訟の判例を大きく逸脱した「異常事態」だった。
決定文に「曲解引用」
ところが、新規制基準を否定する決定には、専門家から「事実誤認」を指摘する声が相次いで上がっている。
 中でも、決定文に基準地震動(想定される最大の揺れ)に関する新聞記事の発言を断りもなく引用された京都大の入倉孝次郎名誉教授(強震動地震学)は「決定は発言の一部しか引用しておらず、内容が曲解されている」と反発する。
 入倉名誉教授は、国内で起きた地震の平均像をもとにした地震動の計算方法を考案し、国の耐震指針作りにかかわったほどの人物。決定文では、記事中の「基準地震動は計算で出た一番大きな揺れの値のように思われるが、そうではない」「平均からずれた地震はいくらでもある」との発言を取り上げた。
樋口裁判長はこれらの発言を根拠に、「基準地震動を平均像をもとに策定することに合理性は見いだせない。基準地震動は実績のみならず理論面でも信頼性を失っている」と指摘。基準地震動を超える地震が到来した際には炉心が損傷する危険性があるとした。
 だが、仮処分をめぐって入倉名誉教授が法廷で証言したことはなく、意見書も提出していない。発言は住民側が証拠提出した記事をもとに引用されたものだ。
 入倉名誉教授は「基準地震動は平均像だけで計算しているわけではなく、原発が立地する地盤特有の影響や断層の動きの不確実性も考慮して策定される」と反論。「決定は明らかな事実誤認。発言を正確に理解してもらえなかったことが残念だ」と話した。
「S」を「B」に…事実誤認
決定文ではほかにも、原子力規制委員会の田中俊一委員長が、九州電力川内原発に関し「基準の適合性を審査した。安全だということは申し上げない」とした発言も引用。決定は「発言は文字通り基準に適合しても安全性が確保されているわけではないと認めたにほかならないと解される」とし、新規制基準を不合理であると結論づけた。
 これに対し、田中委員長は決定翌日の15日の定例会見で「どの程度理解しているのか。真意を測りかねる」と批判。「原発が絶対安全ではないと言ってきたのは、(規制委が)安全神話に陥らないよう常に安全を追求する姿勢を貫くという趣旨だったが、理解してもらえず残念だ」と述べた。決定は、重大事故対策として重要性の高いSクラスの非常用発電機を、重要性が低い「Bクラス」と記述するなど、事実誤認が多くあるとした。
樋口裁判長は、訴訟と仮処分のいずれの審理でも原発の専門家を一度も法廷に呼んだことはない。通常は5年以上はかかるとされる訴訟の判決を約1年3カ月で言い渡し、仮処分も約4カ月で決定。原発関連の司法手続きではあり得ないスピードで結論を下す樋口裁判長の訴訟指揮について、ある原子力専門家はこう苦言を呈する。
 「独断と偏見で素人判断を続ければ、司法の権威は失墜する。専門家の発言に耳を傾けない姿勢は、まさに司法の暴走だ」
* 【原発再稼働】代替案なき「脱原発」の思考停止 資源小国の現実に目をつぶるな(1/2ページ) - 産経WEST
「人間は、見たいと思う現実しか見ない」。古代ローマ帝国の初代皇帝、ユリウス・カエサルはこう語った。多くの人々は「見たくない」現実に目をつぶる。古今東西変わらぬ人間の性だろう。
 震災前、東京電力や規制官庁は、福島第1原発を巨大津波が襲うという可能性を一顧だにしなかった。結果、防潮堤など対策を怠り、あの事故を招いた。
 だが福島の事故を忘れてはならないように、エネルギー不足のリスクもまた、忘れてはならない。
 事故後、全国の原発が次々と停止したことで、日本の発電は火力頼みとなった。その結果、電気料金は震災前に比べて家庭向けで2割、企業向けは3割も上昇した。
 それでも、発電できているだけましかもしれない。
 昭和16年、米国などによる対日石油輸出の全面禁止が実行された。日本は石油を求めて南方に進出し、先の大戦の原因の一つとなった。戦後の昭和48年に起きた第1次石油危機は、社会・経済を大混乱に陥らせた。
 わが国の石油備蓄は、危機を教訓に増やしたとはいえ、国家・民間合わせて190日分程度しかない。中東危機が再燃し、日本に原油が届かなくなる事態を想起し、備えることは欠かせない。
原子力は確かに危険をはらむ。だが、日本は残念ながら、原子力にある程度頼らざるを得ないほど資源小国なのだ。事故を教訓に、原発とどう向き合い、より安全に利用していくか。その一つの解答が、新たな規制基準を満たした原発の再稼働だろう。
 エネルギー危機発生時に急遽(きゅうきょ)、原発を稼働しようとすれば、規制基準に沿った安全確認がおろそかになる。それこそ福島の教訓を無視することにつながらないか。
 今、多くのメディアは原発停止が招く「エネルギー危機」を見ようとしていない。全国の火力発電所は、満足な補修も受けられないままフル稼働する状態が4年間続き、いつトラブルが起きてもおかしくない。
 危機の可能性に目をつぶり、代替案もなく「脱原発」という空気に浸るのは、思考停止だというほかない。
矢張り山本太郎が現場に着て居たんですね。
何処にでもこう云う案件で首を突っ込む姿勢は健在さった様子です。
嘗ての大東亜戦争に至った経緯等を鑑みても、又、極度の原子力アレルギーからの曲解された判断の元での判決や矢張り異常事態で完全の狂った暴走した判決です。
安全対策を二重三重に講じた上での再稼働への道筋を決定した原子力規制委員会の判断を完全に無視し、又、通常の審理課程から大きく逸脱した今回の判決は本当に可笑しいです。
現実的な判断が求められます。
posted by 天野☆翔 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

浦添埠頭地区へ陸軍那覇港湾施設の移設を浦添松本哲治市長が認める。

* 那覇軍港の浦添移設 反対公約の市長が受け入れを表明(1/2ページ) - 産経ニュース
沖縄県の嘉手納基地(嘉手納町など)以南の米軍施設の統合・返還計画で、同県浦添市の松本哲治市長が20日、記者会見を開き、陸軍那覇港湾施設(那覇軍港。那覇市、56ヘクタール)を浦添埠(ふ)頭(とう)地区に移設する計画を受け入れると表明した。松本氏は平成25年2月、移設反対の立場で市長に初当選し、政府や県、那覇市などで構成する移設協議会が停滞していたが、受け入れ表明で計画は大きく前進する。
 松本氏は「(軍港移設を)進めることで沖縄県全体としての米軍基地の整理・縮小につながっていく」との認識を示した。今月28日の移設協議会に副市長を出席させる。
 那覇軍港は、那覇市の中心部に位置し、跡地利用に地元の期待感が強い。返還計画が動き出したことは、3月のキャンプ瑞慶覧の西普天間住宅地区(宜野湾市)の返還に続き、政府が進める沖縄県の基地負担軽減に弾みがついた形だ。
一方、沖縄県の翁長(おなが)雄志(たけし)知事は米軍普天間飛行場(同市)の名護市辺野古移設を「新基地建設」と強調し、阻止する構えをみせている。那覇軍港の浦添埠頭地区への移設は辺野古移設と同様に海面の埋め立てを伴う。翁長氏の軍港移設への対応が焦点になる。
 那覇軍港をめぐっては、平成8年のSACO(沖縄特別行動委員会)最終報告で浦添埠頭地区への移設を念頭に返還方針を明記。25年4月に日米合意した米軍施設の統合・返還計画では、軍港の移設と返還は40年度以降と決まった。
公約で移設反対だった松本哲治市長が今回移設を認めました。
現実直視した良い判断でしょう。
一方の翁長雄志沖縄県知事は未だに頑なに辺野古移設を反対して居ます。
いい加減現実直視して現実的な段階を踏んで頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

自由民主党の町村信孝衆院議長が議長辞任。

* 町村衆院議長が辞任、「軽い脳梗塞」 後任に大島氏(1/2ページ) - 産経ニュース
体調不良を理由に公務を欠席していた町村信孝衆院議長(70)は20日、国会内で川端達夫副議長に辞表を提出した。町村氏はその後、国会内で記者会見し、軽い脳梗塞と診断され、「議長の仕事に悪影響が出ることは避けなければならない」と辞任の理由を述べた。自民党は同日の衆院議院運営委員会理事会で後任に大島理森衆院予算委員長(68)を提案、他の各党も了承した。
 21日の衆院本会議で町村氏の辞任許可とともに、大島氏が議長に選出される。
 町村氏は、14日夜に体調を崩してその後、東京都内の病院に検査入院し、16、17日の本会議を欠席した。今後も精密検査で当面入院するという。平成24年9月の自民党総裁選に立候補した際も、軽い脳梗塞を発症していた。
 衆院によると、町村氏の在任は昨年12月の就任から4カ月弱で、新憲法下で3番目に短い在任期間。議長の任期は議員の任期に準じており、衆院解散がなければ30年12月までの予定だった。任期途中に衆院議長が辞任するのは、元年6月に予算案の自民党単独採決をめぐる混乱の後に辞めた原健三郎氏(自民党)以来で、町村氏は12例目となる。
町村氏は衆院北海道5区選出で当選12回。文部科学相、外相、官房長官などを歴任し、衆院議長に就くまで自民党町村派(清和政策研究会。現細田派)を率いていた。
 大島氏は現在、党大島派(番町政策研究所)の会長も務めている。大島氏の後任の予算委員長には、河村建夫元官房長官(72)が就任する方向だ。
体調不良で公務を欠席してた町村信孝衆院議長は脳梗塞の疑いが在った事で、議長職を辞任する事が確定されました。
過去にも総裁選挙中でも体調不良が在ったので、本格的に治療に専念して頂き、完全に回復した状態で公務復帰して欲しいと思います。
posted by 天野☆翔 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

支那人民元を特別引き出し権の構成通貨にしては為らない。

* “中国の野望”着々…「人民元」国際化へIMF準備資産への採用促す声明 欧州では容認論も(1/2ページ) - 産経ニュース
中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は18日、国際通貨基金(IMF)の運営方針を決める国際通貨金融委員会(IMFC)の出席にあわせて声明を発表し、IMFの準備資産を構成する通貨に「人民元が新たに含まれるかどうかが大きな問題だ」と、人民元の採用を働きかけた。今年は5年に1度の構成通貨の見直しの年にあたる。アジアインフラ投資銀行(AIIB)設立とともに、中国は人民元の国際化に向けた動きを強めている。

 周総裁は声明で資本取引を自由に行えることが構成通貨の条件のひとつとされることを踏まえ、「中国は人民元の資本勘定の自由度をさらに高める一連の改革を準備している」とした。
 特別引き出し権(SDR)といわれるIMFの準備資産は、通貨危機時などに加盟国同士の通貨交換などに使われ、ドル、ユーロ、ポンド、円の4通貨で構成されている。SDRの構成通貨に採用されれば、事実上、国際的な主要通貨として認められる。
人民元をSDRの構成通貨とすることについて、英国のオズボーン財務相は17日に「どこかの段階では理にかなった判断だ」と発言。また、IMFのラガルド専務理事も3月に「加えるかどうかの問題ではなく、いつ加えるかの問題だ」と述べるなど、欧州では人民元の構成通貨入りは避けられないとの見方も出ている。
 ただ、人民元は変動幅が管理されており、他の構成通貨とは違いが大きい。中国側は声明でも、過去の金融危機の教訓を踏まえ、「中国が完全な資本の自由化を目指すわけではない」と強調。短期的な投機資金の流出や、国際金融市場の異常な変動などを阻止するため、資本市場の管理を続けるとしている。
 このため「現段階では構成通貨となることは難しい」(国際金融筋)との見方も根強い。
 IMFCは18日、新興国の出資比率を引き上げるIMF改革の実現が遅れていることに対し、「深く失望している」とした声明を採択して終了した。
支那人民元は飽く迄支那共産党が発行する極めて限定された通貨で、本当の意味での国が発行する通貨では有りません。
嘗ての戦時下での軍用手票と扱いは同じで在るので、存在意義は極めて薄く不安定なのです。
こんな通貨を構成通貨に認めては為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Economy/Business | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

会計検査院が異例の「金使え」。

* 【日本の議論】東電無謀「サポート切れOS更新しない」節約、無駄遣い監視の会計検査院が異例の「お金使え」 (1/3ページ) - 産経ニュース
 「そんなことはするべきではない」−。省庁や国の補助金を受ける団体に対して、ムダ遣いを厳しく指摘する会計検査院。しかし、逆に検査院が疑問視したのは、東京電力がやろうとした“コストカット”策だった。ほめられるはずの節約なのに、なぜ…。それは、東電が当初、サポートの終了したコンピューターの基本ソフト(OS、オペレーションシステム)を使い続けようというプランを立てていたからだった。検査院はテロの脅威なども挙げながら、苦言を呈した。
「XP」のままでもいける
会計検査院は国会や内閣、裁判所から独立し、税金などが正しく使われているかどうかをチェックする機関。検査対象は各省庁や国が出資する政府関係機関、独立行政法人などの法人、国が補助金や貸付金など、財政援助を与えている都道府県、市町村、各種団体。検査院の職員が実際に足を運んだり、書類の提出を受けたりして、検査にあたっている。
 そんな検査院が今年3月下旬に取りまとめた報告書が、「東京電力株式会社に係る原子力損害の賠償に関する国の支援等の実施状況に関する会計検査の結果について」。A4サイズの冊子は200ページを優に超えた。
 そのなかで、言及されたのが、OS更新時期の繰り延べ問題だった。東電が延長しようとしたのは、マイクロソフト(MS)が提供していたウィンドウズXP。平成26年4月に、サポートが終了されたが、その後、29年度まで更新を延ばし、36億円を削減しようとしていたのだ。
ウィンドウズXPをめぐっては、サポート終了前から、自治体や企業も対応に動き、ひとつの社会問題化していた。サポート終了によって、安全上の弱点を修正するプログラムの提供がなくなることなどから、利用者がサイバー攻撃にさらされる可能性がある。日本MSでも「サイバー攻撃が高度化しており、XPでの対応は難しい」とアナウンスしていた。
 しかし、検査院の報告書によると、東電サイドは「OSによらないセキュリティー対策を実施することにより、更新時期をサポート終了後まで繰り延べることは可能と判断したとしている」という。
 ただ、電力は重要なインフラで、サイバー攻撃を始めとしたテロのターゲットにもなる。国も座視はできず、内閣官房情報セキュリティセンターは25年10月、同年12月、26年4月の計3回にわたって、東電に対して、OSのサポート終了に関する注意喚起を行っていた。
「セキュリティーのリスク思えば繰り延べはない」と検査院
結果的に、東電はリスクの再評価を行い、26年5月になって、更新時期を27年上半期に前倒しすることを決定。その後も改めて検討や調整を行うことで、26年8月、ようやく同年度内の更新完了を決めたという。
 産経新聞の取材に対し、東電は4月9日、「今年3月までに、すべての更新を終えた」とする。東電ではこれまでから、「電力供給についての基幹設備のシステムは外部のネットワークから切り離されているため、影響はない」と説明していたが、結果的にサポート終了から更新完了まで、1年かかったことになる。
検査院は「当初は29年度に繰り延べられていた更新費用が前倒しで発生することになるが、更新は緊急に実施しなければならないもので、セキュリティー上のリスクを考慮すれば、繰り延べるべきではない」と、費用がかかることに理解を示した。その上で、「東電はこうした点にも留意し、コスト削減計画を策定する必要がある」と注文をつけた。
重要インフラへのサイバー攻撃の脅威
実際、2010年にはイランの原子力開発施設の制御系システムがウイルス感染したとされる。内閣官房情報セキュリティセンターのまとめによると、国内でも、情報通信や航空、鉄道、電力などの「重要インフラ分野」の事業者から寄せられたサイバー攻撃の情報連絡件数は、23年度は15件だったのに対し、24年度は76件、25年度は133件と増加の一途をたどっている。こうした状況も踏まえ、警視庁公安部と事業者らは昨年、重要インフラを狙ったサイバーテロ攻撃を念頭に訓練を開始するなど、脅威への対応を強化している。
 すでに東電はOS更新を終えた。とはいえ、コスト削減への重圧があったにせよ、当初の計画を立てたことへの疑念は消えない。「想定内」のはずのことが、「想定外」であってはならないこと、それを思い知っているのが、東電自身のはずなのだから。
東京電力は会計検査院の指摘で既にOSを更新してるが、こう云う意識が改善され無い儘今日に至って居たらと思うと背筋が凍る思いです。
OSの更新はコンピューターを使う以上は必要不可欠で必要経費です。
例えインターネット回線から隔離されてるとは云っても、外部メディア経由の感染だって存在してるのだから、東京電力の安全意識の欠如は問題だった。
他国では在るが過去に感染の前歴が在るのだから、他山の石とするのが当然で在る。
コスト削減も良いのだが、しては為らない削減の見極めが必要です。
posted by 天野☆翔 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

居眠り運転の被害者にも賠償金。

* 「もらい事故」でも賠償義務負う 福井地裁判決、無過失の証明ない 事件・事故 福井のニュース |福井新聞ONLINE:福井県の総合ニュースサイト
車同士が衝突し、センターラインをはみ出した側の助手席の男性が死亡した事故について、直進してきた対向車側にも責任があるとして、遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが13日、福井地裁であった。原島麻由裁判官は「対向車側に過失がないともあるとも認められない」とした上で、無過失が証明されなければ賠償責任があると定める自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき「賠償する義務を負う」と認定。対向車側に4000万円余りの損害賠償を命じた。
 遺族側の弁護士によると、同様の事故で直進対向車の責任を認めたのは全国で初めてという。
 死亡した男性は自身が所有する車の助手席に乗り、他人に運転させていた。車の任意保険は、家族以外の運転者を補償しない契約だったため、遺族への損害賠償がされない状態だった。対向車側は一方的に衝突された事故で、責任はないと主張していた。
 自賠法は、運転者が自動車の運行によって他人の生命、身体を害したときは、損害賠償するよう定めているが、責任がない場合を「注意を怠らなかったこと、第三者の故意、過失があったこと、自動車の欠陥がなかったことを証明したとき」と規定。判決では、対向車側が無過失と証明できなかったことから賠償責任を認めた。
 判決によると事故は2012年4月、福井県あわら市の国道8号で発生。死亡した男性が所有する車を運転していた大学生が、居眠りで運転操作を誤り、センターラインを越え対向車に衝突した。
 判決では「対向車の運転手が、どの時点でセンターラインを越えた車を発見できたか認定できず、過失があったと認められない」とした一方、「仮に早い段階で相手の車の動向を発見していれば、クラクションを鳴らすなどでき、前方不注視の過失がなかったはいえない」と、過失が全くないとの証明ができないとした。
* 「もらい事故」でも賠償責任負う訳 無過失証明できなければ責任あり 社会 福井のニュース |福井新聞ONLINE:福井県の総合ニュースサイト
車同士が衝突し、センターラインをはみ出した側の助手席の男性が死亡した事故について、直進してきた対向車側にも責任があるとして、遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが13日、福井地裁であった。原島麻由裁判官は「対向車側に過失がないともあるとも認められない」とした上で、無過失が証明されなければ賠償責任があると定める自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき「賠償する義務を負う」と認定。対向車側に4千万円余りの損害賠償を命じた。
 一般的な感覚では責任の配分が一方的となりそうな事故。はみ出した車は家族以外が運転していたため任意保険が使えず、この車に乗り死亡した男性の遺族補償が困難視されたケースだった。判決は遺族を救済する形となった。
 原告側の代理人を務めた宮本健治弁護士によると、自賠法では「人身事故が起これば、自動車同士なら互いに共同不法行為となる。少しでも過失があるとなれば賠償責任が生じる」という。一見、「もらい事故」という形でも、無過失の証明ができなければ責任があるというわけだ。
 一般的に責任の配分が「10対0」といわれる事故もあるが、「10」ならすべての責任を負うというイメージだった。“常識”を覆す判決といえる。
 自分に過失がなくても、相手が任意保険に加入しておらず、十分な補償がしてもらえない場合がある。今回の判決のほか、他者運転危険担保特約や人身傷害保険など、さまざまなケースを救済できる仕組みがあることを知らない人も多いという。宮本弁護士は「なんとかなる場合が大変多い。諦めず検討してほしい」と話していた。
此の判決は明らかに可笑しいです。
居眠り運転してた運転手が一番悪いのに、センターラインを越えて衝突された運転手にも賠償金が発生するのは、どう考えても余りにも理不尽です。
センターラインをどの時点で越えたかが問題では在るが、此処は特に言及された形跡が内上に、直進してた対向車線の車がどの時点で気が付き衝突されたのかの検証が確認されて居ません。
こう云う判決が今後出て仕舞ったら、後続する近似する事案は、同じ様な判決が出る可能性は極めて高いです。
例えば横断歩道で信号無視した状況で人を轢いて仕舞った場合はどうするのかや、見通しの良い交差点で追突された側が優先道路を走行中だった状況で事故が起きたら等です。
どうにも納得出来無い判決で在る。
posted by 天野☆翔 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

桜島の現状。

* 噴煙3000メートル超、1日4回観測…桜島 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
活発な活動が続く鹿児島市の桜島は18日、昭和火口で爆発的噴火が相次いだ。
 午後8時までに4回を観測。噴煙の高さはいずれも3000メートル以上で、最高で3600メートルに達した。
 鹿児島地方気象台によると、4回のうち3回は午前5時17分〜8時33分に起き、噴煙は3300〜3500メートルの上空に到達。残る1回は午後0時20分で、噴煙は3600メートルまで上昇した。噴石被害などの報告はないという。
 昭和火口では2013年8月、噴煙が観測史上最高の5000メートルに達した。
最大規模では無いが依然活発な火山活動は継続されて居り、噴火が小康状態では在るが断続的に発生して居ます。
周辺地域の住民は万全の対策を講じてるとは思われますが、警戒態勢を解かずに注意深く動向を見守って行く必要が在るでしょう。
何時大規模な噴火が起こっても、即座に対応出来る緊張感の維持が求められると思われます。
慣れが一番怖いですからね。
posted by 天野☆翔 at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

マスメディアの再生を。

* 【新聞に喝!】本当に「右傾化」か、いまだ左右対立をいう朝日 ノンフィクション作家・門田隆将(1/3ページ) - 産経ニュース
統一地方選前半戦の結果は、自民党の圧勝に終わった。すべての知事選で与党推薦の候補が当選し、大阪府以外の40道府県議会で自民党が第一党を維持した。安保法制をはじめ、さまざまな問題で安倍政権への厳しい非難を続ける新聞には、溜息しか出てこないだろう。
 しかし、翌13日付の東京新聞社説によれば、「安倍政権は地方の意見や世論にも謙虚に耳を傾けるべきである」とのことで、これは民意を反映したものではなかったらしい。同紙は、わずか1週間前の6日付では、翁長雄志沖縄県知事と菅義偉官房長官との会談を論評し、「翁長・菅初会談 民意の重さ受け止めよ」という社説を掲げていた。つまり、自分たちが支持する側が勝利したときと、逆の場合とでは、選挙結果が出ても全く異なる主張がなされるのである。
 選挙の結果をあらかじめ予想していたのか、朝日新聞にも興味深い記事があった。投票前日の11日、日本の「右傾化」について、丸々一面を使って「耕論」というページで大特集が組まれていた。そこには学者、政治家、ライターの3人が登場し、意見を披瀝(ひれき)していた。それは、いまだに朝日は左右の対立という単純な視点しか持ち得ていないことを示すものでもあった。
1989年のベルリンの壁崩壊以降、左右の対立は、世界史的にも、また日本でも、とっくに決着がついている。自民党と社会党との左右の対立で始まった「55年体制」の思考からいまだに抜け出すことができないメディアのありさまは“マスコミ55年症候群”とでも呼ぶべきものだろう。だがそんな旧態依然の論調とは無関係に世の中はとっくに違う段階に移っている。
 それは、「左右」の対立ではなく、「空想と現実」との対立である。冷戦下、米国の軍事力の傘の下、空想的平和主義を謳歌(おうか)してきた日本が、中国の膨張主義と軍事的脅威にいや応なく向き合わざるを得ない時代を迎えている。その現実を前に、「相手に手を出させない」ため、つまり、「平和を守る」ために、さまざまな手を打たなければならなくなった。しかし、左右の対立という単一の視点しか持ちえない朝日は、「日本の右傾化が問題」という論調を今も続けている。
実際には、どうだろうか。左右の対立などではなく、すでに「空想家、夢想家(dreamer)」と、現実を見据えようとする「現実主義者(rearist)」との対立、つまり“DR戦争”とも言うべき時代が来たのではないだろうか。はからずも、この朝日の「右傾化」の記事の中で、国際政治学者の三浦瑠麗(るり)さんがこう語っている。「これは中国の軍事的脅威の増大と米国の力の低下という実情にリアルに対応するものと見るべきで、右傾化とまでは言い難いと私は考えます」
 それは、簡潔にして実に明快な見解であり、同時に朝日に対する痛烈な皮肉でもある。日本の新聞は、いつまで時代の変化に取り残された“ドリーマー”であり続けるのだろうか。
新聞社各社には各々の媒体の成立過程から、主義主張が在るのは大いに結構では在るが、其の主義主張は時代に取り残された遺物で在っては困ります。
時代遅れの思想を今も引き摺ってるのでは、次代の為には成りません。
戦後体制当時だったり、バブル以前の価値観だったりとかで、当時の思想を元にした一部の夢想家達の思想を押し付けられては困るのです。
こんな媒体は消費者から見捨てられるのは自明の理では在るが、存在しては為らないのも事実です。
自分達の都合を喧伝するのでは無く、マスメディア本来の役割を果たす義務を今一度果たして頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

格安航空の余波。

* 【日本の議論】「安かったのに…」 スカイマーク撤退で地方困った 生活直撃も路線復活は「?」(1/3ページ) - 産経ニュース
民事再生手続き中のスカイマークによる路線の見直しが、地方の生活を直撃している。飛行機の代わりとなる交通機関が乏しいうえ、価格競争を仕掛け、比較的割安だったスカイマークの撤退で利用者の負担が増えるとの懸念も根強い。地元民は困惑の色を隠せず「再建したら路線を復活してほしい」と願うが、実現は不透明だ。
わずか1年8カ月
2013年12月にスカイマークが就航した鳥取県の米子空港。ピーク時には札幌(新千歳)など5空港と結ぶ直行便を運航していたが、現在は神戸線と那覇線を残すのみ。9月からは全ての発着便が運休する。
 就航前に西久保慎一社長(当時)は「周辺に十分な市場がある。道があれば観光や産業で都市間の結びつきが生まれる」と皮算用した。だが、期待に反して搭乗率は低迷し、1年8カ月で姿を消す。
スカイマークは苦戦する路線に見切りをつけるのが早いとされる。鳥取県でも就航前から「すぐに撤退するのでは」との見方があった。平井伸治知事は「航空自由化の時代が山陰地方にもたらされたが、休止には失望感がある」と落胆の表情を浮かべた。
 利用者にも戸惑いが広がる。米子市の女子大生(23)は「安いので半年に1回は使う。路線がなくなるのはすごく残念」と話し「友達はスカイマークが運休する前に急いで沖縄へ旅行している」と明かした。
 地元企業約100社は1月、路線の存続を目指して「スカイマーク応援団」を結成した。杉原弘一郎団長は「企業が沖縄へのゴルフツアーなどで積極的に利用して実績を残したい」と話し、再建後の再開を求めていく考えだ。これに対し、スカイマークの幹部は「経営再建後にどうするかは次のステップの議論だ」と言葉を濁す。
「観光で活性化」厳しく
スカイマークが3月下旬で廃止した石垣−那覇線と宮古−那覇線は、運賃も割安に設定されており、通院や帰省など「島民の足」として利用されていた。
例えば石垣−那覇線は利用当日でも購入できる普通運賃が9900円だった。一方、ライバル他社の普通運賃は2万5800円、島民向けの割引運賃でも1万6850円だ。沖縄県はスカイマーク撤退による島民生活への影響を抑えるため、運賃を補助し、他社の島民向け運賃は4月から1万500円に値下げされたが、観光客には適用されず、県による補助がいつまで続くかも見通せない。
 地元経済への影響も懸念される。宮古島市は観光で産業を活性化させる青写真を描いていたが、撤退で厳しい状況に追い込まれた。市の担当者は「他の航空会社にチャーター便の運航を依頼するなどして地元への影響を最小限にしたい」と話した。
地域住民にも観光客にも重宝されてた格安航空が今撤退が相次いでる。
賃金が安ければ助かる反面、企業を維持するには限界が有り、安全にも大きな影響が出て来る事でしょう。
安さを指標にするのでは無く、適正価格を元にして、地域住民や観光客に対して周知徹底し、何とか地域活性化への工程表を描く時期に来てるのでは無いのでしょうか。
一方で、観光業でしか成立しない地域と云うのも問題で、他に活路を見出す努力も欠かせないでしょう。
本来は観光で得られる収入と云うのはオマケで在る筈なのだから。
posted by 天野☆翔 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

今こそ南京大虐殺事件の徹底的な検証と総括を。

* 【歴史戦 第10部・終わらぬプロパガンダ(2)】「大隊長注意 略奪、惨殺禁ズ」従軍手帳メモから浮かぶ「日本軍の規律」…遺族無念「なぜ検証せぬ」(1/3ページ) - 産経ニュース
一部が崩れた城門、ロバにまたがりほほ笑む中国人の少年、整然とした街頭の人波…。セピア色の数々の写真に、70年以上前の南京などの様子が克明に写し出されていた。
 「日中戦争に従軍した父が持ち帰ったものです」
 関西在住の元海寿祐(51)が説明する。父、寿一(よしかず)=平成2年に72歳で死去=は昭和14年春に出征した。写真の多くは裏に記された日付から、同年11月初旬に負傷して帰還する前に滞在した南京から持ち帰ったとみられる。
 「南京城内ロータリー」と裏書きされた写真には、整然とした街角が多くの人でにぎわう様子が写っていた。「十月二十八日」と記された写真には、寝そべる水牛とほほ笑む3人の少年や、中国服を着た7人の若い娘が並んでポーズをとっている様子が写っている。いずれも穏やかな日常風景といったおもむきだ。
 「父は南京で買い物するのが楽しかったと話していました。だから南京事件はあり得ないとも」
 写真を見つめ、元海は語る。
 「写っている人たちの表情を見ても、父が言うようにこの2年前に大虐殺があったなんて、とても考えられない」
■ ■ ■
「日本軍が30万人を虐殺した」と中国側が主張する南京事件。戦後の東京裁判判決では数々の残虐行為があったと認定された。
 「日本軍は南京占領直後から1カ月で2万の強姦(ごうかん)事件を起こし、6週間で20万人を虐殺し、暴行や略奪の限りを尽くした」「兵役年齢の男性約2万人を、機関銃と銃剣で殺害した」
昭和12年12月10日に始まった南京総攻撃のさなか、城内に残った住民らは、欧米人らの国際委員会が設けた非武装中立地帯「安全区」に逃げ込んだ。南京陥落後、民間人に偽装して安全区に潜伏する隠れ戦闘員「便衣兵」が日本軍の脅威となった。便衣兵は武器を隠し持って次々と日本兵を襲ったとされる。中国戦において、日本軍は南京だけでなく各地で便衣兵に悩まされた。
 元海は、寿一から便衣兵と遭遇したときのことも聞かされた。
 戦地で寿一が怪しいと感じた男を呼び止めると、背中を向けて突然走り出しながらわきの下から銃口を向けた。一緒にいた仲間が撃たれて負傷。男は便衣兵だった。寿一は「銃の使い方をみれば、平服を着ていても住民とは違う。便衣兵に対しては、こちらも命がけだった」と語ったという。
 寿一は便衣兵の見分け方も話していた。農民らと、軍帽をかぶっていた便衣兵には日焼けの仕方に違いがある▽農民は手に豆があるが、便衣兵の手のひらは柔らかく、銃器を構えたときにできるタコがあった▽軍靴を履いた便衣兵には、共通した靴擦れがあった−。
 便衣兵を見つけ出す日本軍の基準に疑義を呈する意見もある。ただ、元海はこう証言する。
 「父は『戦場の現実は悲惨なものだが、南京大虐殺といわれるようなことをやればすぐ情報が広まり、(将兵は)処分されるはずだ』と訴えていました」
■ ■ ■
前線で激しい戦闘が続く中、日本軍の軍紀は保たれていたのか。
 《十月五日 大隊長注意 リャクダツ、ザンサツ禁ズ》
 昭和12年、日中戦争に参加した元陸軍第5師団歩兵第21連隊、下垣貞信=平成8年に83歳で死去=が従軍中に所持した手帳には、上官からの命令が日付とともに記されている。
 《自ノ銃ヲ以テブタ、ニハトリ等ヲ射殺モ他ニキガイヲオヨボスノオソレアルヲ以テ厳ニ注意ヲ要ス》(10月1日付)
 《連隊注意 一、現在地付近ハ住民居存有ルニ付キギャクサツヲ禁ズ…》(10月4日付)
 手帳からは逐一注意を促されていた様子が浮かぶ。北京近郊に駐留していたとみられる9月2日には《将校注意 便衣隊(兵)ニ注意 衛兵務ム者ハ城門出入者ノ身体検査、但婦人ヲ除ク》ともあった。
 「上官も厳しかったし、自分勝手な行動や残虐行為は許されなかった」
 下垣は生前、長男(75)にそう語っていた。下垣は南京攻略戦に参加していないが、同時期に中国大陸で従軍していた。
 「父の手帳を見ていると、日本軍は決して無秩序な軍隊ではなかった」
 長男は「南京大虐殺」が中国から喧伝(けんでん)される現状を憤りをもって見つめる。
 「日本はなぜ、きちんと検証しなかったのか。海外へのアピールが下手というのは言い訳にはならない」
記事中にも言及されてるが、当時の南京には国際的な場にも成って居り、各国のジャーナリストが駐留して居たのは有名で、此の状況下で大虐殺事件が発生したのなら、即座に各国に配信されて居た筈で、仮に日本軍が大虐殺事件を起こしてたのなら各国から叩かれてた筈です。
然し歴史はそうでは無く叩かれる事も事実すらも無かったのが本当の処でしょう。
ポツダム宣言受諾後の東京裁判では、一方的な裁判で有り、日本側の反論の余地は殆ど無く、欠席裁判同様に成ってたが、此の中で南京大虐殺事件も扱われた。
日本は当時、戦後の復興等で此の手の反論や検証等をしてる余裕は殆ど無く、曖昧な儘にされて来ました。
然し、今現在はそうでは無く、様々な証言等を通じて当時の南京は大虐殺事件等無かった事が数多く上がって居り、此の証言を元にした検証作業も容易に可能な筈です。
支那共産党のプロパガンダに付き合う必要は無いが、反論すべきは反論する。
当時の敵国で在った中華民国の国民党の代表の蒋介石すらも、南京大虐殺事件は無かったと明言してるのだ。
こう云う背景からも、今こそ日本の汚名を雪ぐ必要が有り、徹底的な検証を経て総括すべき時期にきて居る。
posted by 天野☆翔 at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

2chのEchofonスレッドが荒れてる。

久々に2chのEchofonスレッドを見たのだが、事の発端は新たな仕様のプロモツイートの案件らしいが、プロモツイートはブロックすれば非表示に為るが、仕様上プロモツイートのアカウントは複数存在し、非表示にしても再度表示されるのだから、完全に非表示にするには最初からStylishやユーザースタイルシートでの非表示が確実で在るが、其の事をどうにも認めない人物がブロックすれば良いだけの話と決め付け、仕舞いには嘘付き呼ばわりしてる現状は見てて呆れる。
最初からStylishやユーザースタイルシートで非表示にしてれば、ブロックする必要は無いのだから。
又、プロモツイートの非表示にする事を「土竜叩き」に例えてたのは成る程と思ったが、プロモツイートのアカウントが土竜なら表示される箇所が土竜の穴と云う例えには納得した。
穴を埋めなければ土竜を幾等叩いても徒労に終わりますからね。
どうして其処迄頑ななのか理解に苦しむ。
posted by 天野☆翔 at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Computer/Network | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

出るわ出るわ南朝鮮の収賄。

* 韓国、広がる金銭疑惑 大統領側近、野党、国連事務総長の名前続々…(1/2ページ) - 産経ニュース
韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領の側近らによる金銭受け取り疑惑が拡大の一途をたどっている。李(イ)完九(ワング)首相や歴代の大統領府秘書室長ら8人に加え、野党有力者や国連の潘(パン)基文(ギムン)事務総長の名前まで浮上。朴大統領が南米歴訪で不在の中、李首相に辞任を要求する声が与党からも高まるなど、国政は混乱している。
 疑惑が拡大したのは、李(イ)明博(ミョンバク)前政権時代の資源開発投資をめぐり横領疑惑をかけられていた、与党セヌリ党前議員の成(ソン)完(ワン)鍾(ジョン)京南企業前会長が韓国紙に疑惑について語った直後に自殺し、遺体から朴大統領の側近ら8人に金銭を渡したとするメモが見つかったためだ。
 8人には、朴政権での歴代大統領府秘書室長3人と、朴氏が大統領に当選した2012年に選挙対策委員会の幹部を務めた3人が含まれており、洪(ホン)準(ジュン)杓(ピョ)慶尚南道知事を除く7人は朴氏に極めて近いとされる。
 このうち李首相は、13年4月の国会議員補選で3000万ウォン(約330万円)を受け取った疑いがある。本人は「証拠が出れば命を差し出す」と否定したが、韓国国内では李首相の辞任はもはや避けられないとの見方が支配的だ。
8人とは別に、次期大統領選への出馬が取り沙汰される潘基文事務総長と成氏とのつながりも浮上した。李首相と潘氏、成氏の地元は中部の忠清道で、潘氏の弟は先月末まで京南企業の顧問を務めていた。成氏は生前のインタビューで「潘氏とは親しい」と証言。潘氏は疑惑との関連を否定するが、成氏と面識があったことは認めている。
 さらに、首相退陣を求める野党側にも疑惑は広がりつつある。野党の有力政治家7、8人に成氏から違法な金が渡っていたことが、検察が押収した帳簿から判明したためで、野党側も動揺は避けられない。
 こうした中、朴大統領は16日、「首相の去就は帰国後に決める」との意味の言葉を残して南米歴訪に出発した。大統領は今月末まで12日間不在となり、この間の国政運営は李首相に任される。
 だが、疑惑の渦中にいる李首相が大統領の職務を代行していることに対する批判は日に日に強まっており、与党セヌリ党からも李首相が自ら辞意を表明することを求める声が出始めている。李首相が辞任すれば、支持率低迷にあえぐ朴政権にとって大きな打撃となるのは必至だ。
毎回の事だが、南朝鮮では政権末期辺りからこう云う問題が浮上し、更に政権が崩壊し首脳陣が交代すると、交代前の首脳陣は概ね逮捕されてる。
良くぞ此処迄毎回既定路線の如く、不正が罷り通ってるものだなと感心しますね。
posted by 天野☆翔 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

春爛漫。

牡丹桜 何時もの亀戸中央公園ですが、牡丹桜が存在してた事を今日初めて知った(汗
牡丹桜2 こう見ると牡丹桜も中々良いですね。
迫力が違う。
クリサンセマム 別名「スノーポール」と云うらしいですが、クリサンセマムです。
一見雛菊にも見えますね。
桔梗と見間違う花 一見桔梗かとも思ったが、季節が全く違うので、何の花かは不明。
蒲公英 蒲公英がヒッソリと咲いてました。
躑躅 近所の団地の植え込みには躑躅が咲いて居ました。
posted by 天野☆翔 at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

追悼式を愚弄する南朝鮮。

* 【韓国旅客船沈没】「世界で最も悲しい挑戦」…事故1年、4千のライトで犠牲者追悼 ギネス記録に申請へ  - 産経ニュース
韓国で昨年4月に起きた旅客船セウォル号沈没事故の犠牲者を追悼し、船体の引き揚げや徹底した原因調査を求める思いを込め、市民ら4千人以上が17日、ソウル中心の市庁前広場で、手に持ったペンライトで船を描くパフォーマンスを行った。
 人が持つ光で最も大きな絵をつくることを目指し、「世界で最も悲しい挑戦」と名付けた。事故が起きた4月16日にちなみ4160人の参加を募り、目標を上回る4475人が加わった。ギネス世界記録に申請するという。
 市民団体や遺族の組織が準備し、ソウル市が後援した。参加者は船の形に並び、約9分間ライトを掲げた。
追悼式の何足るかを全く理解して無いですね。
此の案件に先立って朴槿恵が来た時も、家族会が追悼式を閉めた経緯も考えると、完全に追悼式を政治的に利用してると見える節が確認される。
一年目の祈念日にこう云う事をする精神状況に理解に苦しむ。
posted by 天野☆翔 at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

スプラトリー諸島の支那の軍事拠点再確認。

* “中国の野望”くっきり 南沙諸島での滑走路建設の衛星写真公表 軍事専門誌が初めて(1/2ページ) - 産経ニュース
南シナ海・スプラトリー諸島にある永暑礁の「滑走路」建設状況を示す衛星写真。上が今年2月、下が3月撮影。下の写真には滑走路とみられる舗装部分が見える(IHSジェーンズ・ディフェンス・ウイークリー提供・共同) 国際軍事専門誌IHSジェーンズ・ディフェンス・ウイークリーは16日、中国が南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島にあるファイアリークロス(永暑)礁で、滑走路の建設を開始した衛星写真を公表した。
 ファイアリークロス礁では、中国海軍の艦船やタンカーが接岸できる大規模な軍港施設などの建設が進められており、軍事用滑走路も整備されるとみられていたが、滑走路の建設作業が衛星写真で確認されたのは初めてとみられる。
衛星写真は3月23日に撮影された。同礁の北東部に舗装された部分がはっきりと映し出されており、長さは503メートル、幅は53メートル。さらに 長さ400メートル、幅20メートルの駐機場の舗装も行われており、誘導路も見える。
3千メートルの滑走路の建設が可能で、南西部でも浚渫(しゅんせつ)を進める動きがみられるとしている。
 また、スービ(渚碧)礁でも、少なくとも9隻の浚渫船が確認され、3千メートル級となりうる滑走路の建設に着手した形跡があると分析している。
* 「全世界の問題だ」南沙諸島で中国が建設の滑走路初確認、フィリピン大統領が懸念 - 産経ニュース
国際軍事専門誌IHSジェーンズ・ディフェンス・ウイークリーは16日までに、南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島にあるファイアリークロス(永暑)礁で、中国が滑走路の建設を始めたとする衛星写真を公表した。
 同礁ではこれまで軍港施設の建設などが判明していたが、滑走路の建設作業が確認されたのは初めてとみられる。3月23日に撮影された写真では北東部に長さ503メートル、幅53メートルの舗装部分が見え、3千メートルの滑走路の建設が可能としている。またスービ(渚碧)礁でも、滑走路の建設に着手した形跡があるという。
 ロイター通信によると、同諸島で領有権を主張するフィリピンのアキノ大統領は17日、この海域は主要な貿易航路だとして「地域だけではなく全世界の問題だ」と懸念を表明した。
 一方、中国外務省の洪(こう)磊(らい)報道官は17日の定例記者会見で、「島に駐在する人員の生活条件を改善し、捜索・救援活動や環境保護など国際的な責任よりよく履行するためだ。建設は中国の主権の範囲内で進めている」などと主張した。
支那は此の埋立地を軍事拠点では無く民間上での利用を謳ってたが、此の航空写真からの確認では民間上での利用目的はとうに大きく越え、軍事的目的な規模なのは明白に成りました。
支那は此の案件をどう説明するのでしょうか?
posted by 天野☆翔 at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

南朝鮮が慰安婦の「強制性」の証拠を否定した。

* 「慰安婦が強制連行された証拠はない」韓国政府の発言に、韓国ネットから怒りの声「誰のための政府?」「こんなんで日本に勝てるわけがない」:レコードチャイナ
2015年4月14日、韓国・マネートゥデイによると、韓国政府が「慰安婦が強制連行された証拠はない」と発言し、韓国で批判が相次いでいる。
韓国女性家族部はこのほど、日本政府の歴史歪曲(わいきょく)に対応するため、小中高生別ワークブックと映像・パワーポイントなど教師用の資料で構成される教材を制作した。しかし、教師用の教材の中で慰安婦が「自分の意思に反し、慰安所に動員された女性たち」と説明されており、「『強制的』という言葉よりも謙虚で柔らかい表現を使用して、日本側に有利に記述している」との指摘が相次いだ。
これについて、女性家族部の関係者は「慰安婦問題で重要なのは、慰安所の中で『性的暴力』という悲惨な行為があったということ」と説明。また、「『強制動員された』という証拠はないので、その表現を直接的に入れることは難しい」と述べた。
これに対し、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。
「前々から無能だとは思っていたが、ついに狂ったようだね」
「だから『親日政府』というレッテルを貼られてしまうんだ」
「女性家族部は慰安婦被害者のために作られたんじゃなかったの?」
「日本の情報をもとに制作したのか?」
「生きて戻って来た慰安婦被害者の証言が何よりの証拠!」
「安倍首相が執筆した小説の内容かと思った」
「女性家族部ではなく、日本家族部に改名しろ」
「この国の政府は日本のための政府か?それとも米国のための政府か?」
「韓国国民が一つになれていないのに、日本に勝てるわけがない」
「韓国人の敵は韓国内にいる」
「不思議の国の歴史教科書…。もういい加減にして!」

該当する記事は以下。

* "위안소는 일본군 스트레스 해소용"…위안부 교육자료 '황당'
"일본 입장을 대거 반영, 주장이 잘못된 이유는 기술하지 않아"
"그 얘기 들었어요? 명자가 3년 동안 일본군들한테 몸 팔다 왔대요."
"일본 정부가 위안소 제도를 만든 이유는 스트레스를 받는 군인들을 위로하기 위함이다."
14일 한선교 새누리당 의원(교육문화체육관광위원회 소속)이 여성가족부로부터 제출받은 초‧중‧고등학교 학생용 및 교사용 위안부 교재(감수용)에 실린 내용이다. 이 교재는 여성가족부가 역사교사모임인 '한일역사교류회'에 위탁해 제작됐다. 교육부에서 전문가집단으로 구성한 감수회의까지 마친 상태이며 현재 수정・보완이 이루어지고 있는 상황이다. 정부는 이 달 중에 교재를 일선학교에 배포할 계획을 세웠다.
교재 제작 소식이 발표된 것은 지난 2월이다. 당시 국회 동북아역사왜곡대책특별위원회 전체회의에서는 일본군 위안부 문제에 대한 역사적 왜곡이 심해지는 반면, 피해자 문제에 대한 학생들의 인식과 이해가 부족하므로 관련 교육자료를 개발・보급하겠다고 보고했다.
하지만 이 같은 의도와 달리 위안부에 관한 일본의 입장이 지나치게 자세히 서술돼있어 오히려 교육 의미가 퇴색된다는 지적이다. 이를테면 교사용 교재에는 위안부를 "자신의 의사에 반해 위안소에 동원된 여성들", "위안소에 동원되어 성노예 생활을 강요당한 여성"이라고 설명돼있다. 여기서 '자신의 의사에 반하여'는 '강제적'이라는 표현보다 현저하게 부드럽게 표현한 것으로 일본 측에 유리하게 기술한 것이다.
이에 대해 여성가족부 관계자는 "일본군 위안부 문제에서 중요한 것은 위안소 안에서의 '성폭력'이 일어난 참상"이라며 "'강제동원 되었다'는 증거는 없어 표현을 직접적으로 담기는 어렵다"고 했다.
오히려 위안부에 대한 부정적 인식을 심을 자료도 있다. 교육용 동영상 자료에는 일본군 위안부로 끌려갔다가 해방이후 귀향한 소녀에게 동네사람들이 수군거리는 장면에서 "그 얘기 들었어요? 명자가 3년 동안 일본군들한테 몸 팔다 왔대요" 라는 나레이션이 나온다.
위안부의 영문 표기를 'Comfort Women'으로 표기한 것도 문제로 지적된다. '위로와 편안함을 준다'는 뜻은 가해자인 일본군의 해석이기 때문. 여성가족부 관계자는 "당시 시대상황을 보여준 역사적 용어이기 때문에 설명에 대한 문제의식은 갖지 않았다"고 설명했다.
초등학생이 읽는 워크북엔 초등학생이 이해하기 어려운 내용도 담겨 있다. 위안부들이 '성병 감염, 인공 유산, 불임 수술 등 폭력과 구타 속에 극심한 육체적 고통'을 겪었다는 부분이 대표적이다. 한 의원은 "성병 감염이나 인공 유산 같은 표현이 중학생용 교재와 초등학생용에 똑같이 등장하는데 학생의 나이와 이해 수준을 고려해 세밀한 검증이 필요하다"고 말했다.
초・중학생용 교재에 일본이 위안소를 만든 이유 네 가지가 상세히 서술돼 있는 것도 문제될 수 있다. 해당 교재는 △점령지역 여성에 대한 성폭행 방지 △성병으로 인한 병사들의 전투력 소모 방지 △스트레스 받는 군인들에 대한 위로 △민간 업소 이용 시 군대 비밀 누설 방지 등을 명목으로 내세워 위안부 제도를 시했다는 내용이 담겼다. 위안부를 동원한 일본 측 주장만 제시됐을 뿐 이런 논리가 얼마나 잘못된 것인지에 대한 설명은 빠져 있는 것이다.
한선교 의원은 "당국은 이달 중순에 자료를 배포하겠다고 발표했지만 시점만을 맞추기 위해 서두르기 보다는 우리나라 학생들 모두가 볼 교재이고 올바른 역사관을 갖도록 하는 게 중요한 만큼 충실한 내용을 담을 수 있도록 꼼꼼히 검토해야 한다"고 강조했다.
Google Chrome翻訳文。
「慰安所は日本軍ストレス解消のための "...慰安婦教育資料」厄介な」
「日本の立場を大挙反映して、主張が無効である理由は、技術ではない "
「その話を聞いた?指名が3年の間、日本軍たちに体売ってきたんですって。」
「日本政府が慰安所制度を作った理由は、ストレスを受ける兵士たちを慰めするためである。」 14日ハン・ソンギョセヌリ党議員(教育文化体育観光委員会所属)が、女性家族部から提出を受けた超‧中‧高校学生と教師慰安婦教材(監修用)に掲載された内容である。この教材は、女性家族部が歴史教師の集まりである「韓日の歴史交流会」に委託して制作された。文部科学省の専門家集団で構成された甘受会議まで終えた状態であり、現在修正・補完が行われている状況である。政府は今月中に教材を現場の学校に配布する計画を立てた。 教材制作が発表されたのは、去る2月である。当時、国会北東アジア歴史歪曲対策特別委員会の全体会議では、日本軍慰安婦問題に対する歴史的な歪みがひどくなる一方、被害者問題に対する学生の認識と理解が不足しているため、関連する訓練資料を開発・普及すると報告した。
しかし、このような意図とは異なり、慰安婦に関する日本の立場が過度に詳細記述されており、むしろ教育の意味が薄れという指摘である。例えば教師の教材には、慰安婦を「自分の意思に反して慰安所に動員された女性たち」、「慰安所に動員され、性奴隷生活を強いられた女性」と説明されている。ここで「自分の意思に反して」は、「強制」という表現よりも著しくスムーズに表現したもので、日本側に有利に記述したものである。 これに対して、女性家族部の関 ​​係者は「日本軍慰安婦問題で重要なのは慰安所の中での「性暴力」が起こった惨状」とし「「強制動員された」という証拠はない表現を直接入れるのは難しい」とした。 むしろ慰安婦に対する否定的な認識を植える資料もある。教育ビデオ資料には、日本軍慰安婦に連れて行って解放した後に帰郷した少女に近所の人がうわさ話をする場面で「その話を聞いた?指名が3年の間、日本軍たちに体売ってきたんですって」というナレーションが出てくる。 慰安婦の英文表記を「Comfort Women」と表記したのも問題として指摘されている。「慰めと快適さを与える」という意味は、加害者である日本軍の解釈だから。女性家族部の関 ​​係者は「当時の時代状況を見せてくれた歴史的用語であるため、説明の問題意識は、持っていなかった」と説明した。 小学生が読むワークブック円小学生が理解しにくい内容も含まれている。慰安婦たちが「性 ​​感染症、人工流産、不妊手術などの暴力と音の中に深刻な肉体的苦痛」を経験したという部分が代表的である。ある議員は「性感染症や人工流産のような表現が中学生用教材と小学生のためのに同じように登場する学生の年齢と理解レベルを考慮して細密な検証が必要である」と述べた。 小・中学生のための教材に日本が慰安所を作った理由4つが詳細に記述されていることも問題になることができる。この教材は、△占領地域の女性の性的暴行防止△性病による兵士の戦闘力消費を防ぐ△ストレス受ける軍人の上に△民間業者利用の際の軍隊の秘密漏洩防止などを名目に掲げ慰安婦制度を時という内容が盛り込まれた。慰安婦を動員した日本側の主張だけを提示しただけで、このような論理がどのよう誤ったのかの説明が抜けているのだ。 ハン・ソンギョ議員は「当局は、今月中旬に資料を配布すると発表したが時点だけ合わせるために急ぐより、韓国の学生全員が見る教材であり、適切な歴史観を持つようにするのが重要なだけに充実した内容を収めるために、入念に検討しなければならない」と強調した。
と云う事です。
強制性を認定出来る確定的な証拠を資料に組み入れるのは極めて困難と云う認識を示して居ます。
さて、此の現実を南朝鮮はどう捉えるのか?
又、南朝鮮の此の報道を日本のマスメディアは未だに報道しては居ません。
posted by 天野☆翔 at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

大阪国税局の元上席国税調査官に実刑判決。

* 「懲戒免職受けても実刑が相当」税務調査日程漏らした元国税局職員に懲役2年 収賄罪 大阪地裁 - 産経WEST
大阪国税局の税務調査の日程を漏らしたりした見返りに、現金120万円を受け取ったとして、加重収賄や法人税法違反の罪などに問われた大阪国税局の元上席国税調査官平良辰夫被告(44)に大阪地裁は17日、懲役2年、追徴金120万円(求刑懲役3年、追徴金120万円)の判決を言い渡した。遠藤邦彦裁判長は「立場を悪用して税務行政の信頼を根幹から揺るがした。公判では否認し、開き直った言動を繰り返した。懲戒免職を受けていても実刑が相当だ」と指摘した。弁護側は即日控訴した。
 平良被告は「現金を受け取っていない」と主張していたが、遠藤裁判長は、大阪地検特捜部による取り調べの当初は、現金授受を認めていたと指摘。「取り調べを録画した映像からは、素直に供述している様子が分かり、検察官の誘導もない。捜査段階の自白は信用できる」と判断した。
此の問題は、警察で云えば捜査対象での摘発する相手に、其の捜査情報を漏らして居ると云う事実に為るので、事の背景は極めて重大で反社会的で在る。
懲戒免職と云う社会的制裁が在ったとしても、社会的責任を免れる事は出来ないと判断したのは妥当な判断だと思われます。
被告は控訴したが、今後の動向に要注目ですね。
posted by 天野☆翔 at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

稲田朋美自由民主党政調会長が毎日新聞社を提訴。

* 稲田・自民政調会長が毎日新聞提訴 「在特会」献金記事めぐり 大阪地裁 - 産経WEST
自民党の稲田朋美政調会長が、毎日新聞社が発行した週刊誌「サンデー毎日」に取材内容と異なる記事を掲載され、名誉を傷付けられたなどとして、同社に550万円の損害賠償などを求める訴訟を大阪地裁に起こした。第1回口頭弁論が17日に開かれ、毎日側は争う姿勢を示した。
 訴状によると、同誌は昨年10月5日号で、稲田氏の資金管理団体が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)幹部に近い人物8人から平成22〜24年に計21万2千円の献金を受けたとする記事を掲載。しかし、事前に同誌の記者が稲田氏の事務所に送った質問状は、2人が各6千円を献金したと指摘する内容だった。
 稲田氏側は同誌発売後、残る6人が実在するか確認するため、氏名開示を求める文書を毎日側に送ったが明らかにされなかった。稲田氏側は「6人が実在しなければ名誉毀損(きそん)に当たる」などと訴えている。
 毎日新聞社社長室は「記事は十分な取材に基づいて掲載した」としている。
サンデー毎日は稲田朋美氏の質問に真摯に答えては居らず、明らかにされなかったのだから、提訴に踏み切られても文句は云えまい。
事実関係はどう成ってるのかは判決が出される迄は不透明では在るが、今後の推移を見守りたい。
posted by 天野☆翔 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

日本の技術力の根底には「失敗は成功の元」が在る。

* 【江戸っ子記者のなにわ放浪記】戦艦武蔵建造の地に見る「大失敗を忘れずに、今に活かす」(1/3ページ) - 産経WEST
米資産家、ポール・アレン氏が船体を発見し、海中映像をネットで公開したことで話題を呼んだ、大日本帝国海軍の戦艦武蔵。武蔵を建造した三菱重工業の長崎造船所(長崎市)を先日訪れた。
 造船所敷地内にあり、一般公開されている「史料館」は、三菱造船所の鋳物工場に併設された木型場として、明治31(1898)年に建設された。「三菱の歴史」を見つめ続けてきた重厚な煉瓦(れんが)壁の偉容を今も伝える建物が現在は、史料館となっている。
 史料館内には、「戦艦武蔵コーナー」がある。ここには、武蔵に関係する“お宝”の展示品が多数ある。昭和18(1943)年6月24日に戦死した山本五十六連合艦隊司令長官の遺骨を護って、トラック島から横須賀に帰還した武蔵に昭和天皇が行幸された際の写真や、同年5月に同島付近停泊中に、戦艦大和とともにその姿が偶然おさまった写真などもある。
 三菱の軍艦建造技術は戦後、昭和31年に防衛庁向けに建造された甲型警備艦「はるかぜ」に始まり、イージス艦など海上自衛隊各護衛艦の建造に広く受け継がれている。
 こうした誇るべき伝統の数々とともに、目が留まらざるを得なかったのは、造船所で起きた「大失敗」の展示が整然となされていることだった。
 史料館のほぼ中央部分に、黒光りした巨大なタービンローターの破片が威圧感をもって展示されている。説明板には以下のように記されている。
 「大型タービン輸出の初号機として、スペインENDESA社向け33万キロワットタービン用に製造されたローターであるが、昭和45年(1970)10月24日13時42分、過速度試験中に回転数3540rpmで破裂し、胴体がほぼ4等分に割れて飛散し、多数の死傷者を出すという世界タービン史上に残る事故を発生した。本破片はその内の1つで、海中に落下したもので破片の起点を含み、破壊の原因解明の基礎となった貴重な資料であり永久に保存し、後世への戒めとすることとした」
「本破片の重量は9トンあり、空中高く舞上がり880メートル離れた海中に落下したことでも破裂のエネルギーの物凄さが解る。原因はローター素材の欠陥によるものであり、此の事故を契機として、製鋼技術が飛躍的に向上した。事故後の対応が迅速、的確であったためユーザーからのより深い信頼が得られ、その後スペインENDESA社向同型機10台を含めて合計26台が納入され、世界各国へ大型タービンの輸出が激増したことは特筆に値する」
 悲惨な大事故を乗り越え、ピンチをチャンスにつなげ、技術改良や安全確保に結びつけたことを、「社の歴史」として伝承しようとする気概が十分に見て取れる展示である。
 これとは別に、平成14(2002)年10月1日に、建造後の海上試運転を予定していた大型客船の火災事故についての展示もある。
 毎年10月1日は、「長船防火の日」となり、火災事故の戒めが風化しないように努めている。
 三菱重工業長崎造船所には、3年前の10月に「安全伝心館」を開設した。
 同社ホームページの開示資料によると、「我々の生産活動において働く仲間の尊い命をなくすようなことを絶対起こさない」という決意のもとに開設された。
 この施設は、災害防止のポイントや対策を学ぶ「災害事例展示ゾーン」と、人が「失敗」する原理を体験教育や災害事例を交えながら学ぶ「ヒューマンエラー学習ゾーン」の2つから構成されている。
 同資料は、同造船所では、「この施設を管理者から作業者まで一人ひとりが災害の悲惨さや辛さを心で感じ、『今後どうあるべきか、自分は何をすべきか』に気付き決意する場として活用し、安全感性の向上と安全文化の醸成を図っています」と記している。
企業をめぐる事故の再発防止や品質管理の向上が一層求められている。「大失敗を忘れず、危機を克服して反省を肝に銘じて、チャンスへとつなげていく」。この企業姿勢こそが広く求められているのだと、あらためて実感した。
失敗はしないのが最善だが、仮に失敗しても其れを恐れる事無く果敢に原因究明し次回に役立てる意識と、失敗を忘れない為の不断の心構えの為に、過去の負の遺産を展示すると云う義業の体制は非常に素晴らしく、此の意識こそが、日本を技術立国に押し上げた要因の一つなのでしょう。
三菱重工業長崎造船所の此の資料館の存在意義は極めて大きく、他の製造業にも大いに参考に為るのでは無いのでしょうか。
こう云う資料館は是非残して行って欲しいと思います。
posted by 天野☆翔 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

アジアインフラ投資銀行が注目されてるが。

* AIIB主導の中国が存在感発揮 G20、米の指導力影潜め(1/2ページ) - 産経ニュース
今回のG20会合周辺では、年内の設立が見込まれているアジアインフラ投資銀行(AIIB)を主導する中国の存在感が際立った。会合が開かれたワシントンでは、新興国で作るグループがAIIB設立を歓迎する声明を発表。先進国からのAIIB参加がさらに増えるとの見方もある。日米はAIIBに距離を置くことで一致しているが、米国はG20の主要な議題である国際通貨基金(IMF)改革についても指導力を発揮できない状況が続き、中国の影響力拡大を阻止できないでいる。
 「国際金融機関はインフラ投資促進のためにより大きな役割を果たすべきだ。われわれはAIIBの設立を心待ちにしている」
 G20開幕前、中国やインド、フィリピンなど新興国で構成される「G24」がワシントンで財務相らによる会合を開き、AIIBを歓迎する声明を発表した。
 G24が示したAIIBへの期待の高さは、世界銀行やアジア開発銀行(ADB)による融資に環境などに関するさまざまな基準がつけられ、意思決定も遅いことへの不満の強さの裏返しだ。ロイター通信によると、これまで日米とともに参加を見送ってきたカナダも「積極的に参加を検討している」といい、AIIB支持の流れは強まるばかりにみえる。
しかし、AIIBから距離をとる日米の結束は固い。麻生太郎財務相とルー米財務長官の会談はAIIBへの対応に長い時間を割き、AIIBの野放図な融資拡大を牽制(けんせい)することで一致。ある同行筋は「AIIB設立までのスケジュールや幹部人事の構成まで、多くの重要事項が中国の独断で決められている」と、中国への不信感をあらわにする。
 ただし米国にはIMF改革で指導力を発揮できていないという弱みもある。IMFは2010年に中国など新興国の発言力を拡大させる改革案を決めたが、事実上の拒否権を握る米国の議会が批准に消極的なため、改革は実現していない。米国が「お荷物」となる構図は、中国に新たな国際金融機関を創設する理由付けを与えている。
 今回のG20会合はIMF改革についても協議し、米国に批准を促したが、オバマ政権が米議会を説得できるめどは立ってない。
 一方では米国抜きでの代替的な改革も検討されているが、「正式に決定された10年の改革の実現を目指す立場からは、代替案の検討ばかりを進めるわけにもいかない」(別の同行筋)といったジレンマも抱えている。
 高まる中国の存在感と動けない米国の対比は、中国への期待をますます高める結果になっている。
さて、此処でふと疑問に思うのは、支那は国際通貨基金やアジア開発銀行からの借金を返したのかと云うと、完済は一切して居ません。
此の状況下で自分達の覇権を唱える為の組織を構築して良いのかと云うと、良い筈は一切無い。
完済してから立ち上げるべきです。
此のアジアインフラ投資銀行の設立に先の借金が使われてるなら本末転倒で在るのです。
支那は借金を完済してから物を云え。
posted by 天野☆翔 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

自由民主党がNHKとテレビ朝日に聴取。

* NHKとテレ朝、自民が意見聴取…報道番組巡り : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
自民党の情報通信戦略調査会(川崎二郎会長)は17日、NHKとテレビ朝日の報道番組の内容を巡って、両局幹部から意見聴取を行った。
 意見聴取の対象となったのは、やらせ疑惑が浮上しているNHK「クローズアップ現代」と、コメンテーターの古賀茂明氏が生放送中にニュースから逸脱した発言を行ったテレビ朝日「報道ステーション」の2番組。
 川崎会長は会議後、この日は両局幹部から「事実関係の説明を受けただけ」とし、「(両番組で)真実ではない放送がされたのではないか、という報道もある。そこはしっかり報告を受けたい」と述べた。来週にも、同調査会内に小委員会を設置し、この問題を議論していくことを明らかにした。
 今回の意見聴取が放送メディアへの圧力ではないかという批判があることについては、「民主党もNHKを党内の会議に呼んでいる。NHKと民放を分けて考える理屈が、よく分からない」などと話した。
NHKに対しては、再現を現実と見せ掛けた内容での放送なので、完全にでっち上げの内容なので、放送法に違反する上に国税が投入されてる以上、聴取する事事態何の問題も無く、又、テレビ朝日の報道ステーションに於いては事実無根の案件をさも本当の様に曰った古賀茂明の発言は完全に電波の私物化で、放送法に違反するのは明らかでしょう。
こう云う事からも解る様に、此の聴取には政治介入も何も無く、自ら介入を招いた自業自得の案件で在る。
此の事に異を唱えるのは民主党。
* 民主・高木国対委員長「報道の自由脅かす」 自民党のテレ朝、NHK聴取を批判 籾井氏の聴取は「予算審議のため必要」と説明 - 産経ニュース
民主党の高木義明国会対策委員長は17日午前の記者会見で、自民党の情報通信戦略調査会が報道番組で「やらせ」が指摘されたNHKと、出演者が官邸批判をしたテレビ朝日の幹部から事情を聴くことについて「一歩間違えば報道の自由を大きく脅かす。許認可権を持つ政権与党がやることを危惧している」と批判した。
 一方、民主党がNHKの籾井勝人会長を党会合に複数回呼んだことに関しては「NHKの予算は国会の承認がいる。予算の審議を十分にやる意味で必要だ」と述べ、問題はないとの認識を示した。
* 細野氏「報道の自由萎縮」 自民のNHKなど聴取を批判 民主は聴取済みだが… - 産経ニュース
民主党の細野豪志政調会長は17日、自民党の情報通信戦略調査会が報道番組で「やらせ」が指摘されたNHKと、出演者が官邸批判をしたテレビ朝日の幹部から事情を聴いたことについて「具体的な報道番組に立ち入った話だから心配事が出てくる。報道の自由に対し萎縮効果をもたらす懸念もある」と批判した。
 一方、民主党がNHKの籾井勝人会長を党会合に複数回呼んだことに関しては「NHK予算が適正か判断をするため会長から話を聞かなければならなかった。国会の役割を全うするためにやった」と述べ、問題はないとの考えを強調した。
 ただ、民主党は平成27年度NHK予算が成立した後の今月15日にもNHK幹部を呼んで「やらせ」疑惑について聞き取りを行っていた。
此の問題が出て以降、果たして放送業界で報道の萎縮が在ったのかと云うと甚だ疑問を抱く。
殆ど無かった筈です。
民主党の見解を借りるならば、国税が投入されてるNHKと公共の電波を使う事で総務省管轄に為る案件が在るので、此処を問い質す事には何の問題も有りません。
自分達の言動を棚に上げて自由民主党を批判出来る立場には無いのです。
posted by 天野☆翔 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

安倍晋三内閣総理大臣と翁長雄志が初会談。

* 安倍首相が沖縄知事と辺野古移設めぐり初会談 首相「唯一の解決策」、翁長氏「理不尽」 - 産経ニュース
安倍晋三首相は17日午後、沖縄県の翁長(おなが)雄志(たけし)知事と首相官邸で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)の名護市辺野古移設について「一歩でも二歩でも進めていかなければならない。唯一の解決策だ」と述べ、理解を求めた。
 これに対し、翁長氏は「沖縄の全ての選挙で『辺野古新基地反対』という圧倒的な民意が示された」と反論。「(政府は)『嫌なら代替案を出せ』という。こんな理不尽なことはない」と移設反対の姿勢を曲げず、「平行線」に終わった。
 首相と翁長氏の会談は昨年12月に翁長氏が知事に就任して以来、初めて。菅(すが)義偉(よしひで)官房長官と安慶田(あげだ)光男副知事も同席した。
 これに先だち、菅氏は17日午前の記者会見で「これを機会に沖縄県との話し合いを進めていく。首相が直接、知事と会うことに意義がある」と述べた。
 翁長氏は5日に菅氏と那覇市内で会談した際、首相との会談を要請していた。
平行線に終わるのは想定内で、代替案を出す云々の問題では無く、代替案が出せない程の他に選択肢が無いからこそ、辺野古移設に至った経緯を全く無視した状態で、更に地方行政の長が国防に首を突っ込む事事態が間違ってる上に、民意と云っても辺野古移設賛成の民意も忘れてる事で、最初から話し合う意味が無いのです。
国防を語りたいのだったら、県知事では無く衆議院選挙に出馬して当選する事が確実だったのだ。
こう云う手段と算段を最初から無視してたからこそ、此処迄問題が抉れて来てるのだと自覚して頂きたいですね。
現実直視しないで妄想に夢想した意識が全ての間違いなのです。
階段に先だって支那に行きましたが、此処で何を話し合われたのでしょうかね?
posted by 天野☆翔 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

南朝鮮で追悼式が抗議デモに発展。

* 【韓国旅客船沈没】ソウルで3万人が追悼集会 外遊に旅立つ朴槿恵大統領に「冷たい…」 政権批判また強まる(1/2ページ) - 産経ニュース
セウォル号沈没事故から1年となる16日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は事故現場近くの珍島(チンド)で犠牲者に弔意を示した。しかし、この日に外遊に出発したことなどもあって、遺族らの反発は収まらなかった。犠牲者への追悼よりも、朴政権への不信感が噴出する1日となった。
 「事故の死亡者と行方不明者、救助捜索中に亡くなった民間ダイバーや消防士に深く弔意を示す」。昨年5月以来、約11カ月ぶりに現場近くを訪れた朴氏は、このように国民に向けて話した。
 「遺族や行方不明者家族の苦しみを解くために最善を尽くす」とも語り、今も残る9人の行方不明者捜索のため、早期の船体引き揚げにも言及した。
 大統領の珍島訪問は16日当日になって明らかになった。真相究明を求め遺族側が抗議を続けており、世論を考慮したとみられる。朴氏の到着前、珍島には追悼する遺族らがいた。しかし、大統領の訪問を知った遺族の多くが姿を消し、焼香場を閉じて、“無言の抗議”をしたという。
朴氏が追悼行事を終え、この日に南米4カ国歴訪に出発したことについて、大統領府は「訪問国との日程調整のため」「国益のため」などと説明していた。
 だが、全国民が悲しみに沈んだ大惨事から1年の節目に大統領が外遊に出発することについて「あまりにも犠牲者や遺族らに冷たくないか」といった批判が遺族にとどまらず、メディアでも起きている。
 京畿道安山市で予定されていた追悼式への出席を拒否した遺族や市民団体は同日夜、「4・16約束の夜」と題してソウル市中心部で独自の追悼集会を開催。主催者推計で約3万人の市民が集まる大規模なものとなった。
 遺族らは、事故の真相究明を目指すセウォル号特別法が「官民合同の特別調査委員会の権限を縮小している」として、同法施行令の破棄を強く要求。また、朴大統領が16日、この問題に触れなかったことにも反発した。追悼集会は、怒りの涙が混じった朴政権への抗議集会ともなった。
* 【韓国旅客船沈没】追悼の場が一変「遺族に冷たい」と朴槿恵大統領に矛先 警官隊と衝突も (1/2ページ) - 産経ニュース
セウォル号沈没事故から1年となる16日、韓国の朴槿恵大統領は事故現場近くの珍島で犠牲者に弔意を示した。しかし、この日に外遊に出発したことなどもあって遺族らの反発は収まらず、同日夜には、ソウルの大規模集会で警官隊との衝突にまでエスカレートした。
 「事故の死亡者と行方不明者、救助捜索中に亡くなった民間ダイバーや消防士に深く弔意を示す」。昨年5月以来、約11カ月ぶりに現場近くを訪れた朴氏は、このように国民に向けて話した。
 「遺族や行方不明者家族の苦しみを解くために最善を尽くす」とも語り、今も残る9人の行方不明者捜索のため、早期の船体引き揚げにも言及した。
 大統領の珍島訪問は16日当日になって明らかになった。真相究明を求め遺族側が抗議を続けており、世論を考慮したとみられる。朴氏の到着前、珍島には追悼する遺族らがいた。しかし、大統領の訪問を知った遺族の多くが姿を消し、焼香場を閉じて、“無言の抗議”をしたという。
朴氏がこの日に南米4カ国歴訪に出発したことについて、大統領府は「訪問国との日程調整のため」「国益のため」などと説明していた。だが、国民が悲しみに沈んだ大惨事から1年の節目に大統領が外遊に出発したことに、「あまりにも犠牲者や遺族らに冷たくないか」といった批判が遺族にとどまらず、メディアでも噴出した。
 京畿道安山市では、李完九首相が遺族らに焼香を拒まれた。予定されていた追悼式への出席を拒否した遺族や市民団体は同日夜、「4・16約束の夜」と題してソウル市中心部で独自の追悼集会を開催。主催者推計で約3万人の市民が集まる大規模なものとなった。一部参加者が警官隊とももみ合い、催涙剤も使われたという。
 遺族らは、事故の真相究明を目指すセウォル号特別法が「官民合同の特別調査委員会の権限を縮小している」として、同法施行令の破棄を強く要求。朴氏が16日、この問題に触れなかったことに反発した。追悼集会は朴政権への抗議の場になった。
首脳の外遊は可成り以前からの調整の結果、船舶沈没から一年目に成った事は何かの偶然なのかは不明だが、此の日程は他国との関係上変更するのは困難。
こう云う事を知ってか知らずか、民衆は事故の原因などの究明よりも其の後の対応としての政府を批判すると云う愚行をしでかす。
引き上げに対しても安全対策を講じる必要が有り、一定の時間が必要なのは明白で、引き上げを検討すると名言してるのだから、批判しても意味は無い。
何か根底から問題の根幹を勘違いしてるのか挿げ替えをしてるのかは不明ですが、間違って居ます。
posted by 天野☆翔 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

愛川欽也氏逝去。

* 「キンキン」愛川欽也さんが死去…80歳 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
「キンキン」の愛称で親しまれ、テレビ・ラジオの司会者や俳優として活躍した愛川欽也(あいかわ・きんや、本名・井川敏明=いがわ・としあき)さんが、15日に死去したことがわかった。
 80歳だった。
 東京・巣鴨生まれ。俳優座養成所を出て様々な職業を経た後、声優として活躍。テレビ草創期に洋画の吹き替えで米俳優ジャック・レモンの声を担当した。1970年代初め、TBSラジオの深夜放送「パック・イン・ミュージック」のパーソナリティーで人気を博し、日本テレビ系の深夜番組「11PM」の司会などを務めた。
 軽妙で人懐っこいしゃべりを持ち味に、81〜96年、海外情報クイズ番組の先駆けとなるフジテレビ系「なるほど!ザ・ワールド」の司会を、楠田枝里子さんと担当した。
 俳優としても70年代後半に菅原文太さん主演の映画「トラック野郎」シリーズで、憎めない相棒の「やもめのジョナサン」を好演。ドラマではテレビ朝日系「東京メグレ警視」シリーズなどに主演した。
謹んで心から御冥福を御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 05:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

民主党は国会議員の努めを果たせ。

* 【憲法改正】進まぬ国会論議 審査会また日程決まらず 民主またも「引き延ばし」で孤立(1/2ページ) - 産経ニュース
衆院憲法審査会は16日、国会内で幹事懇談会を開いた。自民党や維新の党などは5月3日の憲法記念日前の審査会開催で足並みをそろえたが、民主党は大型連休後の開催を提案し、結論は持ち越された。民主党はこの日も安倍晋三首相の憲法観を批判して“入り口論”にこだわり、憲法改正原案作りに向けた本格的な協議入りを先延ばしする姿勢が目立った。
 「4月23日は統一地方選後半戦の最中だ。30日は連休の谷間。憲法記念日の前に開きたい気持ちは分かるが、いかがなものか」
 民主党の武正公一氏は幹事懇談会でこう述べ、憲法記念日前の23日か30日に審査会を開くよう求めた自民党の船田元氏に意見した。
 維新と公明党も30日の開催に異論を唱えず、幹事を出している政党の中で民主党が“孤立”した。それでも武正氏は「国会の会期延長もささやかれている。連休明けからでも時間はとれる」と強調し、月内開催に慎重だった。この日の幹事懇は、23日に再び各党で日程を調整することで折り合うだけで終わった。
 民主党は15日の党憲法調査会役員会で、現行憲法を「GHQ(連合国軍総司令部)の素人がたった8日間でつくった代物」と評する首相の憲法観は「問題だ」との認識を共有した。これを受け、武正氏は16日の幹事懇で、引き続き「首相の憲法観」を追及していく意向を表明した。
公明党の北側一雄氏も幹事懇で「改憲の国会発議は立法権に関わる。行政の長である首相が個々の内容を発言することは慎重であっていい」と語り、民主党の主張に一定の理解を示した。ただ、公明党は22日に党憲法調査会を開き、「加憲」でどの項目を優先するかなどを具体的に議論する予定で、今後の審査会開催には前向きだ。
 野党第二党の維新の党は自民党以上に審査会での議論に積極的だ。江田憲司代表は16日の記者会見で「聖域をつくってはいけない。憲法論議がタブーであるはずがない」と述べ、民主党を牽制(けんせい)した。
 民主党は護憲派と改憲派を党内に抱え、具体論を交わす審査会に臨みたくても臨めない「お家事情」があるとされる。ただ、憲法審査会としても公正公平な運営のため、議論に否定的な民主党を安易に排除するわけにもいかない。
 自民党は来年夏の参院選後の憲法改正発議を目指しているが、船田氏は審査会が開けない現状について、記者団に「落第点だ」と自らの反省を口にし、民主党への不満をかみ殺した。
民主党の母体でも在る嘗ての社会党の様に「牛歩戦略」と同じ手法で国会の場を乱すのか?
国会議員の最低限度の審議や審査を正々堂々と受けて立て。
引き伸ばしにすればする程国益を損なうのだと肝に銘じよ。
こう云う手法ばかりしてるから、何時迄経っても国民から見向きもされ無いのだと自覚せよ。
posted by 天野☆翔 at 05:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

今夏の電力需給は最低限度確保。

* 9電力とも夏の安定供給を確保 経産省委員会、数値目標は設定せず(1/2ページ) - 産経ニュース
経済産業省は16日、節電対策を議論する有識者による検証委員会を開き、沖縄電力を除く大手電力9社の今夏の電力需給見通しを示した。火力発電の活用や節電の定着などで、8月の需要に対する供給余力を示す「予備率」が、9社すべてで安定供給に最低限必要な3%を確保できる。このため政府と各電力は3年連続で、今夏の節電要請に数値目標を設定しない方向だ。
 ただ、原発比率の高い関西電力と九州電力の8月の予備率はそれぞれ3・0%と綱渡りの状況だ。「原発ゼロ」が続くなか、火力発電にトラブルが生じれば供給力不足に陥りかねない。
 他社からの電力融通がなかった場合の予備率は、関電が0・8%、九電がマイナス2・3%。それぞれ中部電力と中国電力から電力融通を受け、予備率3・0%をかろうじて確保する。九電は川内原発(鹿児島県)1基が稼働した場合、8月の予備率は5・1%に拡大する見通しだ。
8月の9電力平均の予備率は7・0%。地域別に見ると、北海道、東北、東京電力など東日本は比較的余裕がある。
 同日の委員会では東日本と西日本の間の送電能力を2020年代後半までに、現在の120万キロワットから300万キロワットに増やす方向が改めて示された。
なんとか予備率を3.0%確保出来るとの見通しですが、依然電力危機に在る事は変わらない。
無駄な電力の使用を避けつつも、最低限生活に必要な電力は使わなければ為らないので、見極めが今夏も必要に迫られます。
原子力発電所の再稼働が一日も早く望まれます。
posted by 天野☆翔 at 05:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

南朝鮮には安全意識が皆無。

* 韓国 根付かぬ安全意識 セウォル号沈没きょう1年 : 読売プレミアム
韓国 根付かぬ安全意識 セウォル号沈没きょう1年 韓国の旅客船セウォル号沈没事故が16日で1年を迎えるのを前に、現場海域に近い珍島・彭木港で15日、遺族団体主催の慰霊祭が行われ、約1000人が出席した。韓国政府は事故後、社会全体の安全対策を打ち出…
以下有料記事に付き割愛。
インフラだけでは無く運行に必要な案件も全てに於いて安全意識に欠如し考慮されて無い事から、何度も同じ様な事故を起こす事に呆れ果てる。
自分達で徹底的に安全意識の元で運用して行こうとする意思が在れば、少なくとも過去の反省や教訓は活かされる筈なのに、其れが無いと云う事は安全を考えて無いと云う証でも在る。
屡、路面陥没したりするのは其の表れでも在る。
posted by 天野☆翔 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

高浜原子力発電所再稼働差し止め判決の余波。

* 【高浜原発仮処分】「発言を曲解」−決定文に発言引用の京大名誉教授が反論 - 産経WEST
関西電力高浜3、4号機の再稼働の差し止めを命じた14日の福井地裁の仮処分決定で、新聞記事の発言を引用された京都大の入倉孝次郎名誉教授(強震動地震学)が産経新聞の取材に応じ、「発言を曲解された」と話した。
 入倉氏は、国内で起きた地震の平均像をもとにした地震動の計算方法を考案した専門家。今回の仮処分をめぐり、入倉氏が法廷で証言したことはなく、意見書も提出していなかったが、住民側が証拠提出した記事をもとに発言が決定文に引用された。
 決定文では、入倉氏のインタビュー記事での「基準地震動は計算で出た一番大きな揺れの値のように思われるが、そうではない」「平均からずれた地震はいくらでもある」との発言を取り上げ、「基準地震動を平均像をもとに策定することに合理性は見いだせず、理論面で信頼性を失っている」と断じた。
 これに対し、入倉氏は取材に「決定は発言の一部しか引用しておらず、内容が曲解されている」と反論。「基準地震動は地震の平均像だけで計算しているわけではなく、原発が立地する地盤特有の影響や断層の動きの不確実性も考慮して策定される。明らかな事実誤認だ」と強調した。
判決の理由に盛り込まれた内容が一部しか用いられて無いのだとしたら、司法としては明らかに失態でしょう。
様々な情報を参考にして其れを元に判断を下すのが司法に求められる事で、一方的に提示された資料を元にした判決は無効も同然でしょう。
判決の根拠とした記事の大元の人物が批判してるのだから、此の判決は偏った方向性で進められた事に為る。
此の判決が出た事で、地域住民は非常に迷惑してるのです。
* 【原発仮処分の衝撃(上)】「新規制基準まで否定…」高浜再稼働シナリオ狂い、関電の再々値上げも(1/3ページ) - 産経WEST
「新規制基準まで否定されてはどうしようもない」
 14日午後2時すぎ、福井地裁の樋口英明裁判長が関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転差し止めの仮処分を言い渡した後、報告を受けた関電幹部は表情をこわばらせた。
 東京電力福島第1原発事故後、司法が原発の運転差し止めを妥当としたのは2例目。前回は昨年5月に福井地裁が関電大飯原発3、4号機(同)の運転差し止めを命じた民事判決だ。
 いずれも担当は樋口裁判長で、今回は高浜について「万が一の危険という領域をはるかに超えている」と指摘した。原子力規制委員会が安全を確認した原発から順次稼働するとの政府方針に真っ向から対立しただけでなく「新規制基準は緩やかに過ぎ、合理性を欠く」とまで言い切った。
 これで手続きが最終局面に入っていた高浜の再稼働が暗礁に乗り上げ、産業界には「ゼロリスクをいわれたら飛行機も電車も動かせない」との声が上がる。
 ただ、昨年5月の民事判決と同じ判断とはいえ、関電にとっては今回の仮処分は格段に重い意味を持つ。
 大飯の判決は控訴や上告のあった場合、確定まで法的効力が発生しない内容だったため昨年5月の判決は関電が控訴した時点で実質的に効力を失った。だが差し迫った事態に対応する仮処分決定は、判断が覆るまで効力を持つため関電は新たな審理で勝つまで高浜を稼働できない。
 「樋口裁判長による審理を狙ったとみられる申立人の戦略に関電が完敗した」。民事訴訟に詳しい冨宅恵弁護士(大阪弁護士会)は分析する。同様の仮処分の申し立ては昨年11月に大津地裁では却下された。その8日後、大飯の運転差し止め判決を出した福井地裁にあえて申し立てたのだ。
■  ■  ■
関電は平成25年7月、規制委に高浜2基と大飯2基の安全審査を申請し、いずれも半年程度で合格するとみていた。ところが地震対策の前提となる基準地震動(想定される最大の揺れ)の算定基準をめぐり規制委と見解が対立したまま審査が長期化した。結局、高浜が新規制基準に適合すると認められたのは今年2月。当初見込みの3倍の時間を要し九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)の合格から約5カ月がたっていた。
関電は、その後の関係書類の作成では「生まれ変わったよう」(大手電力関係者)に姿勢を転換。九電から規制委のやり取りを徹底して収集し作業に反映させた。すでに9万ページ近い書類を提出し、手続きも大詰めに入っていた。関電幹部は「ここにきて司法に阻まれるとは」と言葉を失った。
■  ■  ■
「27年度も再稼働が難しくなっても再々値上げはないでしょうね」。1月、経済産業省。関電の震災後2度目の電気料金の値上げを審査する有識者会議で、ある委員が関電の八木誠社長にこう詰め寄った。
 「訴訟などの理由で(原発停止が)長期化すると総合的な判断が必要」。八木社長は将来的な再々値上げを完全否定できなかった。
 関電は25年春に震災後初めて電気料金を値上げし、家庭用で平均9・75%引き上げた。今回は家庭用で同10・23%の値上げを申請。単純合算で2年で20%もの電気料金の上昇だ。企業用は計約34%上がり、電気料金の負担増が市民生活や企業経営を圧迫し続ける。
 関電は再稼働の遅れに伴い悪化する財務基盤を再値上げで改善する考えだ。火力発電所の燃料費増加などで27年3月期の連結最終損益は1610億円の赤字の見通しだ。4年連続の最終赤字で、5年連続になると会社を丸ごと売っても借金を返せない債務超過が現実味を帯びる。
 関電は、再値上げをした上で11月に高浜を再稼働すれば、赤字は回避できると想定していた。だが、仮処分に対する異議申し立ての審理は1年近くかかる恐れもあり、関電のシナリオを狂わせていく。
再稼働が想定以上に遅れれば、火力発電所などの修繕費の削減まで迫られかねず、「赤字回避には火力などの安全面を多少犠牲にするくらいしないと、うちは終わる」。関電首脳の言葉に悲壮感が漂う。

原発の稼働を認めない強制力のある司法判断が下された。電力会社やエネルギー政策への影響を検証する。   =続く
* 【原発仮処分の衝撃(下)】「地方の裁判官が断じていいのか」国策揺るがす暴走司法=c「停止ドミノ」に警戒感(1/3ページ) - 産経WEST
「防衛やエネルギーなどの重要な国策を地方の裁判官が断じていいのか」。関西電力高浜3、4号機の運転差し止めを命じた福井地裁の仮処分決定は経済界に波紋を広げ、15日に大阪市内で開かれた関西経済連合会の定例会見で、角和夫副会長(阪急阪神ホールディングス社長)は、こう疑問を呈した。
 仮処分決定による原発停止の長期化は、日本のエネルギー政策の根幹を揺るがしかねない。同様の訴訟などを抱える他原発への波及も懸念される。なかでも九州電力川(せん)内(だい)1、2号機も周辺住民らから鹿児島地裁に運転差し止めの仮処分を申し立てられており、22日に決定が控える。
 川内は昨年9月、再稼働の前提となる新規制基準に全国の原発で最初に合格した。すでに地元の鹿児島県、同県薩摩川内市が再稼働に同意しており、再稼働に向けた最後の手続きとなる原子力規制委員会による使用前検査に入っていた。7月には原子炉が起動する見込みだけに関係者は神経をとがらせている。
■  ■  ■
「川内も負けたら話は原発全体に広がり、高浜の次の審理にも影響する」。関電首脳は警戒を強める。
 脱原発弁護団全国連絡会のホームページによると、原発の運転差し止めを求める係争中の訴訟などは全国で二十数件に上る。過去には専門家集団の電力会社側に有利な判決が続いてきた。
 高浜原発の運転差し止めの仮処分を決めたのは、昨年5月に大飯原発3、4号機の運転差し止めを命じた樋口英明裁判長で、関電も特定の裁判官の問題と受け止めた。ただ、他の地裁で運転を認めない判断が出た場合は話が変わってくる。東京電力福島第1原発事故を機に「電力会社の常識が司法で通じなくなってきている」(法曹関係者)といい、司法による原発停止ドミノが懸念されるからだ。
もちろん、こうした潮流に批判の声は強い。元東大公共政策大学院特任教授の諸葛宗男氏(原子力研究開発政策)は「原発の安全性の判断は規制委が一元的に担う。それを裁判所が強制力をもって差し置くことは認められない」と指摘する。
■  ■  ■
「火力発電の燃料費増加がなければ、アベノミクス効果は1・5倍程度になっていた」。3月6日、大阪市内で開かれたエネルギーミックス(電源構成比)を考えるシンポジウムで地球環境産業技術研究機構(RITE)の秋元圭吾・システム研究グループリーダーは、こう報告した。
 米エール大の浜田宏一名誉教授によると、金融緩和と財政出動を軸としたアベノミクスは国内総生産(GDP)を1・5%程度押し上げる効果がある。平成25年度には、原発停止の影響で火力発電の燃料費が震災前に比べ3・6兆円(GDP換算0・7%)増えた。燃料費分のマイナスがなければ、アベノミクス効果が2・2%と1・5倍になっていたというのだ。
 実は、欧州で脱原発の動きが広がるなか、英国では原発が安定した電源として再評価されている。電気料金の引き下げを狙って1998年から順次電力販売の全面自由化に着手したが、電力事業者の過当競争が電力不安を招いたからだ。
 2013年に再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の原発版といえる制度の導入を決定。原発による電気の基準価格を設定して卸市場での取引価格が下回ると差額を電気料金に上乗せして穴埋めし、原発を稼働する発電事業者が損をしない仕組みだ。同年には約30年ぶりとなる原発を新設することも決まった。
「福島の事故があったのに英国はなぜ原発に前向きかと聞かれる。電力不安を経験し、安定供給を保つ電源構成を考える重要性を国民も分かったからだ」。3月10日、大阪市内で講演した英国立原子力研究所のアンドリュー・シェリー主任研究員はこう説明した。
 日本では平成42年時点の電源構成の検討が進んでいる。安全性や経済性、安定供給、温室効果ガス排出量などを総合的に考慮して今夏に決定する。そのさなか、司法という強制力をもった不安定要素が加わった。
* 【高浜原発仮処分】「理解の範囲を超える」「怒りを覚える」“暴走司法”に関経連から批判続出 - 産経WEST
関西電力の高浜原発3、4号機(福井県)の運転差し止めを命じた福井地裁の仮処分決定に対し、関西の経済界からは批判や懸念の声が相次いでいる。当初想定していた11月までの再稼働は難しい状況となり、電気料金の高止まりや、地球温暖化対策の遅れなどへの懸念が強いからだ。15日に開かれた関西経済連合会の定例会見では、副会長から厳しい声があがった。
 沖原隆宗副会長(三菱東京UFJ銀行特別顧問)は「国(原子力規制委員会)が原発の安全性を評価しており、これがまったく否定されるのは、理解の範囲を超える」と決定内容を批判。松下正幸副会長(パナソニック副会長)も「電気料金が高止まりし、電力供給も不安定となる。(二酸化炭素をほとんど出さない)原発が動かないと、環境への負荷もかかる」と述べた。
 また、角和夫副会長(阪急阪神ホールディングス社長)は「100%の安全は、世の中に存在しない」と指摘したあと、電気料金の高止まりに懸念を表明。電気料金の値上がり分を価格転嫁できない中小企業が多いことをあげ「何という判断かと怒りを覚える」と語気を強めた。
 一方、森詳介会長(関西電力会長)は「11月までの再稼働の可能性は低くなった」とし、早期の値下げは困難との見解を示した。佐藤広士副会長(神戸製鋼所会長)は「一刻も早く再稼働に向けて世論をつくりたい」と強調した。
判決に不満を抱くのは当然の事でしょう。
差し止め無効の訴訟を起こすべきです。
posted by 天野☆翔 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

地域振興にサブカルチャーの違和感。

* 【関西の議論】最後にすがったオタク文化=@「昔からコスプレの街やった」…神戸・長田にアニメストリート誕生(1/4ページ) - 産経WEST
コスプレ衣装の専門ショップやプラモデルの組み立て工房、アニメの主題歌が流れるアニソンカフェ、そしてフィギュアの展示スペース−。クールジャパンの一翼を担うアニメやプラモデルなどのいわゆる「オタク文化」。その聖地≠目指す「神戸アニメストリート」が3月、神戸市長田区に誕生した。場所は大正筋商店街と一体化した再開発ビル「アスタくにづか」の3番館と5番館。阪神大震災で甚大な被害を受けた神戸市の「新長田駅南地区再開発事業」の象徴的なビルだが、「行政主導」「住民軽視」とも指摘され、店舗は集客不足にあえぐ。そんな中、地域住民と行政、大学などが連携してまちづくりを推進するプロジェクトの一環としてスタートした事業だけに、店主らは「今度こそ商店街活性化の起爆剤に」と期待を寄せる。果たして「オタク文化」は復興に貢献できるのか。
阪神大震災で壊滅的被害
「地域住民と一緒につくり上げたプロジェクトの第一弾。なんとか軌道に乗ってほしい」。オープン前日の3月27日に行われた内覧会で、神戸市の担当者は期待を口にした。
 JR新長田駅南側に広がる一帯は、平成7(1995)年1月17日の阪神大震災で壊滅的な被害を受けた。震災前、新長田駅周辺は、アーケードで覆われた商店街が縦横に連なっていた上、工場や店舗、長屋が入り交じった住宅・商業・工業の混同地域だった。この中で最もにぎわいをみせていた大正筋商店街も建物の約9割を焼失した。
 震災からわずか2カ月後の3月17日、市は「新長田駅南地区」の再開発計画を発表した。総事業費は2711億円と当時、西日本最大の再開発事業。市が中心となって約20ヘクタールの土地を買収し、高層ビルを含む44棟のビルを建設する計画だった。
しかし、市主導の再開発事業は暗礁に乗り上げる。土地の買収や再開発ビルの建設工事に約10年かかり、その間に客足は近くのスーパーなどに奪われ、ようやく再開発ビルに入った商店街の店舗の売り上げは低迷した。共益費や固定資産税がかさむ厳しい経営環境から閉店する店も多く、ビルは今でもシャッターが目立つ。
 こうした中、市は25年3月、地域住民や大学と共同で街の活性化策を話し合う「くにづかリボーンプロジェクト」を立ち上げ、商業施設の再整備案を検討。2階部分を日本のポップカルチャーが集まるゾーンにすると決定した。
 市は再整備案に基づき、事業案を公募。同プロジェクトのメンバーも審査に加わって事業者を決め、アニメやプラモデルなどの「オタク文化」を前面に打ち出したまちづくりを進めることになった。
「痛車」17台を展示
出店店舗は、コスプレ衣装の販売やレンタルを行う専門店、フィギュアのレンタル展示スペース、アニメの主題歌が流れるアニソンカフェ、プラモデルの組み立て工房、写真や動画撮影が可能なスタジオなど6軒がアスタくにづか3番館と5番館にそれぞれ軒を連ねている。これが神戸アニメストリートだ。
 今年3月28日のオープニングイベントでは、女性声優のLalamiさんによる「ニコニコ動画」の公開収録やトークショーが行われ、男性ファンが結集。ビルと一体化した商店街のアーケード内では、自動車の車体を漫画やアニメ、ゲームなどのキャラクターのデザインでラッピングした「痛車(いたしゃ)」17台が展示された。
 特設ステージでは、アニメやゲームキャラクターの衣装を身につけた男女11人によるファッションショーも行われた。
これに合わせ、商店街の各店舗は店先などで、フードやドリンクを販売。商店街一帯はイベント目的のオタク≠スちが集まり、縁日のような雰囲気で盛り上がった。
 神戸市長田区といえば、在住する外国人が多く、異国文化と下町情緒のイメージが強い。いわゆるオタク文化とは相いれない印象がある。しかし、商店街のある男性店主(66)は「実はこの辺一帯は昔からコスプレ文化が根付いている。住民にも違和感はないのでは」と打ち明ける。
 大正筋商店街は震災後、街おこしイベントとして毎年11月に地域住民が商店街の名前にちなんで、海軍や女学生など大正時代の服装に身を包んで行進する「大正ウイーク」を実施している。
 また、19年からは神戸出身の漫画家、横山光輝氏の漫画「三国志」にちなんだまちづくりも実施。毎年10月には「三国志祭」で三国志に登場する武将コスチュームでパレードを行っている。
 コスプレイベントの影響も大きい。同区の市立地域人材支援センターでは月1回、コスプレイベントが開かれ、近郊から愛好家が集まっている。参加費は大人2千円、中高生1500円と安くはないが、大正筋商店街の店などで使える500円分の金券付きなので、イベント後にコスプレーヤーが商店街に訪れるきっかけになっている。
「オタクの聖地」に
神戸アニメストリートの運営会社は現在、サバイバルゲームやニーハイソックスの専門店など、オタク文化に特化した店舗の誘致を進めている。
 同社の岸健介プロデューサー(40)は「日本が誇るオタク文化が集まる聖地にしたい」と意気込んでいる。しかし、「オタクの聖地」が本当に商店街の活性化につながるのかは未知数だ。
商店街のある店主は「アニメをきっかけに若い人が街に来るのはうれしい。でもそれだけで昔からある店がもうかるようにはならない」と指摘する。その上で「新しい客層を引きつける店作りやサービスを街全体で考え、実行する営業努力が必要」と話している。
 今年で阪神大震災から20年を迎えた。復興のあるべき形を模索し続けている神戸・長田の新しい挑戦は始まったばかりだ。
何かが何処かで変に感じるのは私だけだろうか?
アニメーション等のサブカルチャーを地域振興に利用して果たして本当の意味での地域振興に為るのかと云うと、甚だ疑問を抱く。
らき☆すたや花咲くいろは等の案件は自然発生的に盛り上がり、地元の理解も関係して成立してるが、意図的に盛り上げ様としても失敗してるのは過去に数多く在る。
アニメーションの中身でも地域振興を盛り込んで叩かれた作品だって存在する。
どうも勘違いしてる人達が多く居て困る。
特定の層にだけアピールしても老若男女問わず地域振興の一助として考えないと、結果的に失敗するのは明らかでしょう。
こう云う事をもっと真剣に考えて頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

一体何の為の追悼式なのか?

* 【韓国旅客船沈没1年】朴槿恵大統領の南米訪問に「冷たい!」 遺族らは姿消し「無言の抗議」 首相の焼香は拒否(1/2ページ) - 産経ニュース
修学旅行中の高校生ら304人が死亡・行方不明となった韓国旅客船「セウォル号」の沈没事故から1年を迎えた16日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は事故現場に近い南西部の珍島(チンド)を訪れ、犠牲者を追悼し、国民へのメッセージを発表した。
 朴大統領は「事故の死亡者と行方不明者、救助捜索中に亡くなった民間ダイバーや消防士に深く弔意を示す」と述べた。また「遺族や行方不明者家族の苦しみを解くために最善を尽くす。今も現場の海域に9人の行方不明者がいる。可能な限り早い時期に船体引き揚げに取り組みたい」などと語った。
 朴大統領の珍島訪問は16日当日になって明らかになった。真相究明を求め遺族側が抗議を続けており、遺族や世論を考慮したものとみられる。朴大統領の到着前、珍島には追悼する遺族らがいたが、大統領の訪問を知った遺族の多くが姿を消し、無言の抗議をしたという。
 一方、修学旅行中の高校生や引率の教員ら261人が死亡、行方不明となった檀園(タンウォン)高校がある京畿道(キョンギド)安山(アンサン)市では、李完九(イ・ワング)首相が弔問のため合同焼香所を訪問したが、遺族の強い抗議を受け引き返した。同市では予定されていた追悼式も、遺族らの反発で中止となった。
追悼行事を終えた朴大統領は、この日のうちに南米4カ国歴訪のため出国する。大統領府では「訪問国との日程調整のため」「国益のため」などと説明しているという。
 韓国では、全国民が悲しみに沈んだ大惨事から1年の節目の日に大統領が外遊に向かうことに「あまりにも犠牲者や遺族らに冷たくないか」との批判がメディアを中心に起きている。朴大統領の追悼に見られた“配慮”にもかかわらず、大統領を避けるほど遺族らの不信は強い。
死者を弔うのが追悼式の本来の姿で、政治関係者が弔問するからと云う理由等で、本来の目的の趣旨を忘れて感情的に成って式典を中止するとは、本当に何も彼も根本的に間違って居ます。
責任転嫁も甚だしい。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

クロスボウは規制対象に何故為らないのか?

* クロスボウで撃たれる? 矢が男性会社員の足貫通 茨城・取手 - 産経ニュース
の案件だけでは無く、過去にもクロスボウを使った傷害事件が数多く発生してるのにも関わらず、何故か規制対象にしようとする動きが確認されません。
クロスボウを規制対象に含めると、日本古来の弓道やアーチェリーにも対象をと云う流れだから規制されないのなら本末転倒で、弓道やアーチェリーは飽く迄競技なので、例外ちすれば良いだけの話で、殺傷力や破壊力が一定以上確認されて居て、犯罪に使われてるのなら規制対象に含めるべきで在る。
法務省や総務省、並びに関係団体は、此の事実を正面から向き合い、法制化して行く必要が有ります。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

言論の自由を笠に着て放送法を無視するマスメディア。

* 古舘伊知郎氏らは何をビビッているのか? 産経新聞出版 皆川豪志(1/3ページ) - 産経ニュース
テレビ朝日「報道ステーション」の古舘伊知郎氏と元通産官僚の古賀茂明氏の番組内バトルが、「権力と報道」という大上段に構えたテーマになって尾を引いています。確かに大事なことなのでしょうが、この人たちってすぐに「圧力」とか「委縮」とか、言いますよね。情けなくないですか?
古賀氏は、テレ朝や古舘プロジェクトの意向で番組を辞めることになったとした上で、「菅(義偉)官房長官をはじめ、官邸の皆さんには物凄いバッシングを受けた」などと恨み節を述べました。仮に本当だったとしても、以前から「アイ・アム・ノット・アベ」などと公共の電波で安倍晋三首相を個人攻撃してきた人なのですから、「バッシング」くらい覚悟の上なのかと思っていました。
 一方のテレ朝や古舘氏側も、古賀氏がそういう人物だと知っていながら便利に使っていたくせに、すぐに手の平を返すのも情けないと思います。双方とも、まるで悪乗りしてイタズラを続けていた馬鹿ガキが、ついに先生に見つかって叱られたら、今度は、びっくりして「先生が怒ったー」と泣きわめいているかのようです。
報道とか言論って、もう少し覚悟が必要なものではないでしょうか。さんざん好き勝手に自分たちの主張を公の場で繰り返しておきながら、権力側が少しばかり顔をゆがめたぐらいですぐに委縮する。「事実をありのままに報道している」という自負があれば、堂々として入ればいいのではないでしょうか。
 同じようなケースは、昨年の衆院選の時にもありました。TBS「ニュース23」で安倍首相が街頭インタビューの内容をちょっと批判しただけで「言論弾圧だ」などと騒ぎ、その後、自民党が在京キー局に「公平中立な報道」を求めただけで、「圧力だ」「現場が委縮する」などという情けない声が上がりました。では、今まで「公平中立」ではなかったのでしょうか?
 百歩譲って、テレビ局は免許事業だからというのかもしれませんが、そうではない朝日新聞も同様です。昨年の秘密保護法のときは「自由にものが言えなくなる」「戦前に逆戻り」などと法案反対の大キャンペーンを張りました。何をビビっているのでしょう。仮に朝日が秘密保護法に抵触するほどの特ダネをつかみ、それが日本国民の公益にかなうと信じて報道して罪に問われたなら、その時は徹底的に争えばいいだけの話です。理にかなった報道なら世論も味方に付くと思います。
政府や与党に批判されるとすぐに「委縮」したり、「委縮しかねない」などとビビりまくる一方で、民間人から堂々と言論で批判されると、今度は名誉棄損で訴訟を連発するという彼らのお仲間も北海道にいます。一体彼らは、どこまで安全地帯から「悪乗り」を続けるつもりなのでしょうか。「俺はこのネタに命を賭けてるんだ!」という潔さというか、格好よさはないのでしょうか。
 手前味噌で恐縮ですが、産経新聞の加藤達也元ソウル支局長は、あんな国に軟禁状態にされながら、委縮など全くしていませんよ。
* 古賀茂明氏 自民党の「呼び出しを断って」 | 日テレNEWS24
テレビ朝日の番組「報道ステーション」で一方的に政権を批判したコメンテーターの古賀茂明氏が16日午後、外国特派員協会で会見し、自民党が17日、テレビ朝日やNHKの幹部を呼んで事情を聞くことについて「呼び出しを断ってほしい」と述べた。
 古賀氏「圧力というのは、かけた方は絶対圧力と言わないんです」「あしたの会議はキャンセルしていただきたいな、テレビ局には」
 古賀氏はさらに、「政権与党が番組編集について口を挟むことは放送法違反だ」などと自民党を批判した。
 また、会見終了後、「自身の言動が政治の介入を招いたのでは」との質問に対し、「介入は拒否すればいい。私はチャンスを作った」と述べた。
 自民党の調査会は17日、NHKとテレビ朝日の幹部を呼び、問題となっているそれぞれの報道番組について話を聞く予定だが、調査会の幹部は「報告を受けるだけで圧力ではない」と話している。
 また、テレビ朝日は「経緯や事実関係などを説明する機会だと理解しています」とコメントしている。
* 古賀茂明氏、テレビ朝日に「自民党の呼び出しを断ってほしい」(2015.4.16) - YouTube

主にテレビ朝日の報道ステーションでの案件を取り上げるが、NHKのクローズアップ現代の案件や過去の報道特集の案件でもそうですが、事実に則さない事を述べたりするのは論外で、政治的に中立公正公平に番組編成をして居れば良いだけの話で、又、再現場面をさも本当に在った事での其の場の状況を撮影と云う虚偽の内容での放送は、明らかに放送法違反でも在るし、視聴者を馬鹿にした行為で在るのだから、責められて当然の行為なのです。
自由民主党が明日聴取すると云うのは、こう云う案件が枚挙に遑が無い程膨大なので、政治的な介入を招いたと云う自業自得な事なのです。
言論の自由は大いに結構だが、自由を謳うには責任も義務も生じるのです。
マスメディアに居るのならば、放送法と云う法律を守ってこそ、言論の自由を謳えるのだ。
此処を関係者は勘違いして貰っては困るのだ。
批判する前に自らの過去の行為を冷静に見詰め直し猛省せよ。
NHKやテレビ朝日だけでは無く、日本テレビやTBS、フジテレビ、テレビ東京や東京メトロポリタンテレビジョンも同様なのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

高浜原子力発電所再稼働差し止め原告が増長。

* 【高浜原発仮処分】原発審査中止を申し入れ 仮処分申し立ての住民ら - 産経WEST
福井地裁が関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の再稼働差し止めを命じる仮処分を決定したことを受け、申し立てた住民らは15日、原子力規制委員会と原子力規制庁に、新規制基準に基づく原発の審査を直ちに中止するよう求める申し入れ書を提出した。
 福井地裁は14日の決定で、新規制基準について「緩やかにすぎ、合理性を欠く」との判断を示しており、住民側は「規制委は決定を厳粛に受け止め、全ての原発の審査手続きを進めないよう求めたい」と話している。
 高浜3、4号機は2月、規制委の適合性審査に合格しており、関電は11月の再稼働を想定していた。
* 【高浜原発仮処分】企業を潰し 国を滅ぼす司法判断 川内原発は22日に仮処分判断(1/3ページ) - 産経WEST
福井地裁が14日、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを認める仮処分決定を出した。平成26年12月の仮処分申し立てからわずか4カ月の審理で、原発の新規制基準まで「緩やかにすぎる」と断じた。再稼働に向け最終段階に入った九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)に影響が及べば、電気代高騰にあえぐ中小企業の息の根を止め、日本のエネルギー政策を大きくゆがめる事態となりかねない。
 「原子炉を運転してはならない」
 仮処分決定の主文は、電力会社にとって厳しい文句が並んだ。だが、九電をはじめ全国の電力関係者は、「想定内」「仕方ない」と、あきらめを持って受け止めた。樋口英明裁判長は昨年5月、関電大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の訴訟でも運転禁止を命じる判決を出したからだ。そこでは「たとえ多額の貿易赤字が出るとしても、豊かな国土とそこに国民が根を下ろしていることが国富」であると主張した。安価で安定したエネルギーが生み出す経済的価値を顧みない、あまりに非現実的な判決だった。
 この樋口氏が裁判長を務めるだけに、関電をはじめ、電力会社は今回の“負け”を覚悟していた。
 今年3月11日の第2回審尋で、審尋継続を要求する関電側に対し、樋口氏は「機は熟した」と退け、打ち切った。
 この経緯をみれば、決定は「脱原発」ありきだったと言える。
関電は樋口氏ら裁判官3人の交代を求める「忌避」を申し立てたが、名古屋高裁金沢支部に棄却された。その樋口氏は4月1日付で名古屋家裁に異動したが、職務代行が認められ、決定を出した。
規制基準に言及
福井地裁の仮処分決定は、東京電力福島第1原発事故を教訓にした原発の新規制基準についても踏み込んだ。
 「新規制基準は緩やかにすぎ、これに適合しても原発の安全性は確保されていない」
 国際原子力機関(IAEA)の考え方を取り入れ、専門家と規制委、そして電力会社が積み重ねてきた科学的議論を、一顧だにしない判断だといえる。
 原発の安全性判断には、極めて高度な専門的・技術的知見が必要とされる。こうした知見を持たない裁判所が、しかもわずか数カ月のスピード審理で、司法判断を出すのは極めて合理性を欠く。
 このような司法判断が乱発されれば、国のエネルギー政策に大きな混乱を及ぼすことになる。
再稼働求める声
原発全停止の弊害は、大きくなる一方だ。
 原発の代替として火力発電所がフル稼働する。天然ガスや重油などの燃料費は年間3・8兆円にのぼる。全国民・企業が支払った電気代が、海外に流出しているのは間違いない。
 電力会社の経営も揺らぐ。関電が昨年12月17日に電気料金の再値上げを表明したのも、福井地裁の仮処分と無関係ではない。樋口氏が国富をどう定義しようと、「電気代の上昇」は企業、特に中小企業にとって死活問題となる。
さらに電力需要が高まる夏や冬は節電が続く。慢性的な電力不足で需給バランスもギリギリの綱渡り状態が解消されていない。
 アベノミクスで徐々に景気回復機運が高まる中、原発停止に伴う電気料金上昇は、企業や家計を直撃している。だからこそ、経済界を中心に、「安全が確認された原発の早期再稼働」を求める声が上がる。
 その1番手と目されるのが九電の川内原発1、2号機だ。先月末、ようやく最終手続きの「使用前検査」が始まり、新規制基準の下、初めての原発再稼働が近づく。
 もし、川内原発で経済合理性を無視し、運転差し止めを認める仮処分が出れば、再稼働は大幅に遅れ、九州でも再値上げが不可避となる。
 鹿児島地裁は今月22日に決定を下す。
此の原告は日本の国益や国内の経済状況を一切考慮してませんね。
原子力発電所の再稼働は喫緊の課題なのにも関わらず、此の案件を無視して自分達の主張をするだけの我儘三昧の集団です。
僅か九名の為に被害を被る人々は数十万人以上に為るのです。
又、再稼働出来なければ原油や天然ガスを輸入するのに必要な費用が兆を優に超える金額なのを理解してるのか?
原油や天然ガスが安定的に国内に入って来なく為る状況も考えてるのか?
大東亜戦争に至る経緯は此の案件とも関連してるのです。
反原発派は必ず憲法九条教や集団的自衛権反対派とも重なる。
こう云う背景も考えると、此の訴訟を起こした原告は反日売国奴でも在るのだ。
posted by 天野☆翔 at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

アシアナ航空機事故。

* 【アシアナ機事故】専門家「人為的ミスが争点」 度重なる事故、アシアナ航空側の安全姿勢に疑問(1/2ページ) - 産経ニュース
広島空港のソウル発アシアナ航空162便エアバスA320型機による事故で、なぜ同機は着陸に失敗したのか。国土交通省などによると、事故機は、滑走路の大きく手前から異常な低空姿勢を取っていたという。急な霧の発生による視界不良が指摘され、専門家は「人為的なミスが大きな争点になる」とする。ただ、アシアナ航空(韓国)は度重なる事故を起こしており、安全に対する意識にも問題があるとみている。
 事故機は、滑走路のはるか手前、約320メートルの位置にある無線アンテナに接触した。アンテナの高さは約6.4メートル。国交省によると、この距離では、通常はアンテナより30メートル程度の高度を取っているという。
 国交省によると、着陸の5分前に管制官が着陸許可を出した際は、問題はなかったが、徐々に、視界が悪くなっていたという。国交省は、1600メートル先まで見通せるのが着陸許可の最低基準だとする。
 ただ、最終的な着陸の判断は、操縦士に任されるとされており、航空評論家の青木謙知さんは「詳しい調査を待たなければならないが、気象が悪ければ、着陸をやり直す選択肢もあったはずだ」と疑問を呈する。
事故機は、アンテナに接触した後、滑走路を大きく外れ旋回。180度回転する形で停止したが、少し先は斜面で、大惨事につながる恐れにあった。広島空港事務所によると、滑走路には深さ約2センチ、幅約2センチの傷が約1キロにわたって残っていたという。青木さんは「大きく損傷はしたが、火災が発生しなかったことが被害を抑えられた要因だ」とみている。
 アシアナ航空は、平成21年、関西国際空港で着陸に際し、機体後部を滑走路に接触させる事故を起こしている。23年には、韓国の済州島沖で貨物機が墜落し乗員2人が死亡。25年には、米サンフランシスコ国際空港で着陸時に護岸に接触させるなどした炎上事故も起こした。この際は、米運輸安全委員会(NTSB)は機長らの操縦ミスなどが原因とする調査結果を示している。
 ただ、このNTSBの決定には韓国側が抗議。青木氏は「抗議は事故で反省点を見出し次につなげようとする意識に欠ける行為にみえる。このような姿勢も事故多発の背景にあるようにも思える」と話している。
* 【アシアナ機事故】水平尾翼なくなり、胴体に穴… 一夜明けすさまじさ浮き彫り - 産経WEST
カバーがめくれたエンジン、左の水平尾翼は一部が折れ無くなっていた−。広島空港の滑走路事故から一夜明けた15日。アシアナ機は滑走路から大きく外れて空港の端に止まり、激しく壊れた機体が事故のすさまじさを物語っていた。
 エンジンは機材がむき出しになり、胴体には何かが強く当たったように数カ所穴も開いていた。機体の前後からは脱出用のシューターも開いたままで、周辺を緊急車両が取り囲んでいた。
 滑走路の東側にある無線設備は、アシアナ機が接触したとみられ、あちこちに破片が散乱。滑走路脇の芝生にはタイヤの跡が残っていた。
 「広島空港の午前の便は、滑走路閉鎖のため全て欠航します」。航空各社からは何度も場内アナウンスが流れる。オーストラリア人の男性(66)は「今晩の宿もない」と不安そうな様子。結婚記念日に合わせ、妻と台湾旅行を計画していた向井雄一さん(71)は「楽しみにしていたのに」と残念そうに話した。
* 【アシアナ機事故】平成21年に同型機が関空で機体後部の接触事故 - 産経WEST
今回、事故を起こしたのと同型のアシアナ航空エアバスA320は、平成21(2009)年10月にも、関西国際空港に着陸しようとした際、機体後部を滑走路に接触させる事故を起こしている。このときはけが人などはなかった。
 国外では、2013年、米サンフランシスコ国際空港で、アシアナ航空ボーイング777が着陸時に機体後部を滑走路端の護岸に接触させ、胴体着陸した後に炎上。緊急車両にひかれた女子高生を含む中国人3人が死亡し、日本人男性ら180人以上が負傷した。
 米運輸安全委員会(NTSB)は、機長らが速度の監視を怠るなど「自動操縦に過度に依存した」とする調査結果をまとめた。
 11年7月には、済州島の西約100キロの海上で仁川国際空港から中国・上海に向かっていたボーイング747貨物機内で火災が発生し墜落。乗員2人が死亡している。1993年7月には、韓国南部の山中にソウル発木浦行きのボーイング737が墜落し、乗員乗客110人のうち日本人を含む60人以上が死亡している。
墜落こそしなかったが、完全に不時着状態で多くの怪我人を出した此の事故は極めて深刻な問題で、過去何度も事故を起こしてる事からも、其の安全意識には大いに疑問を呈す。
船で云う船籍での所属は南朝鮮なので、こう云う事も大きく関係してるのでしょう。
怪我もしたく無ければ死にたくも無いのなら、此の企業だけでは無く南朝鮮の旅客機は利用しない事ですね。
今後の詳細な調査の結果が待たれるが、機長や副機長は何人なのかと云う疑問が残ります。
posted by 天野☆翔 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

台湾でテレサ・テンの切手が発行される。

* テレサ・テンさん没後20年、台湾で記念切手 - 産経ニュース
「アジアの歌姫」として日本や中華圏で人気を集めた台湾出身の歌手テレサ・テンさんが死去して5月で20年となるのに合わせ、台湾の郵便局で15日、記念切手が発売された。5〜15台湾元(約20〜60円)の4種類で計385万枚発行。1970年代撮影の写真を使った。
 一部の郵便局では15日未明から購入を待ちわびる人の行列ができた。地元メディアによると、中国など海外からの依頼を受けて並んだ人もいた。
 担当者によると、テレサさんが95年5月8日、タイで急死した直後から発行の要望があったが、台湾では切手の絵柄に芸能関係者の写真を使った前例がないとして実現せず。没後15年の2010年には切手冊子という形で発行された。担当者は「根強いファンの希望でようやく機が熟した」としている。
国際的に見ても、一介の芸能人が切手の肖像画に選定される事は無かった筈なので、今回の此の発行は非常に珍しく驚きの事実です。
出身国で在る事も関係してるとは思うが、其の貢献は非常に大きかった事が影響してるのでしょう。
最初の要望から約二十年掛かりましたが実現した事に、関係者は大喜びでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

自由民主党がNHKとテレビ朝日を聴取方針。

* 自民国対委員長、「やらせ」疑惑など「問題視しないでいいのか」 NHKとテレ朝からの聴取方針で報道機関への圧力否定 - 産経ニュース
自民党の佐藤勉国対委員長は15日、党情報通信戦略調査会が17日に報道番組で「やらせ」などが指摘されたNHKと、テレビ朝日の関係者を呼んで事情を聴くことについて「公共の電波を使ってああいうことがあったこと自体、問題視しないでいいのか」と述べ、報道機関への圧力との見方を否定した。都内で記者団に答えた。
 NHKは「クローズアップ現代」でやらせがあったとの指摘があり、同局の調査委員会が「裏付けが不十分だった」とする中間報告を発表した。テレビ朝日をめぐっては「報道ステーション」で、元経済産業省官僚の古賀茂明氏が自身の番組降板に関し、菅義偉官房長官や首相官邸を批判。これに菅氏が反論していた。
* 民主・安住氏、NHK聴取の自民を批判「口出すべきでない」 民主は聴取済みなのに… - 産経ニュース
民主党の安住淳国対委員長代理は15日の記者会見で、自民党が報道番組で「やらせ」が指摘されたNHKと、テレビ朝日の関係者から17日に事情を聴くことについて「言論の自由、民主主義で守らねばならない領域に触れる恐れがある。特定の番組に政治は口出しすべきではない」と批判した。
 民主党はすでにNHK幹部が出席した部門会議で複数回にわたり「やらせ」疑惑を追及している。
此の案件は全く問題視する必要性は無いのです。
NHKに関しては明らかにでっち上げの捏造歪曲偏向報道だったのが判明してるのだから、国税が投入されてる以上は聞き取りが必要に為るのは明らか。
又、テレビ朝日に関しては、全くの事実無根なのにも関わらず、古賀茂明が被害妄想を振り翳して適当な事を曰ったのだから、無視して良い案件では無いのは明白です。
民主党は自分達も同じ事をしてたのにも関わらず、自分達の事は棚に上げて自由民主党を批判する事は許されません。
放送法に明らかに違反する事案に対して言論の自由を以って論うのは整合性に欠ける。
テレビ朝日に関しては過去に何度も同じ様な案件を繰り返してるのだから、聴取しても良い時期なのです。
関連記事は追記にて全文引用。「自由民主党がNHKとテレビ朝日を聴取方針。」の追記を読む
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

航空自衛隊機の緊急発進が過去最多に匹敵。

* 自衛隊スクランブル、ピーク時に匹敵 26年度、中国軍機対象は最多更新(1/2ページ) - 産経ニュース
防衛省統合幕僚監部は15日、日本領空に接近した軍用機などに対し航空自衛隊機が緊急発進(スクランブル)した回数が平成26年度は943回だったと発表した。冷戦が続いていた昭和59年度に記録した過去最多(944回)に匹敵する回数で、中国軍機に対するスクランブルは国別の統計を取り始めた平成13年度以降の過去最多を更新した。
 中国軍機へのスクランブルは昨年度を49回上回る464回だった。昨年12月には沖縄本島と宮古島の間の空域を抜けて太平洋上空に展開する行動が相次ぐなど、米軍の行動を阻む「接近阻止・領域拒否戦略」を反映している。航空方面隊別では尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む南西諸島を担当する空自南西航空混成団(那覇市)が最も多く468回に達した。
ロシア軍機へのスクランブルも13年度以降で最多の473回に達した。昨年4〜6月の第1四半期が235回と突出しており、全体の数字を押し上げた。この時期はロシアが昨年3月18日にウクライナ南部クリミア自治共和国の併合を宣言した直後に当たり、日本など先進7カ国(G7)の制裁措置に対抗する意図があったとみられる。
冷戦が終わり各国のパワーバランスが入り乱れる中、日本の防空識別圏への接近が此れだけ多発してるのは見過ごす事が出来ない由々しき事態です。
何時何時緊急発進発令されるか不明な状況下で、臨戦態勢の構築を欠かさない航空自衛隊の隊員の皆様には本当に頭が下がる思いです。
国防と云う事を改めて意識させられる実態が浮き彫りに成りました。
posted by 天野☆翔 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

「ろくでなし子」初公判で無罪主張。

* 「私のアート作品はわいせつでない」 初公判で「ろくでなし子」被告が無罪主張(1/2ページ) - 産経ニュース
自分の女性器の立体的なデータを提供したとして、わいせつ電磁的記録頒布の罪などに問われたペンネーム「ろくでなし子」の漫画家五十嵐恵被告(43)は15日、東京地裁(田辺三保子裁判長)の初公判で「外形的な事実関係は争わないが、私のアート作品はわいせつではない」と起訴内容を否定し、無罪を主張した。
 五十嵐被告は逮捕後、一貫して否認。複数の文化団体が「表現の自由の侵害」と抗議声明を出した。わいせつ性の基準は時代によって変化しており、司法判断が注目される。
 起訴状によると、五十嵐被告は平成25年10月と昨年3月、自分の性器と同じ形のものを3Dプリンターで作れるデータをインターネットを介して配ったほか、昨年7月に都内のアダルトショップで女性器をかたどった作品を展示したなどとされる。
五十嵐被告は昨年7月の逮捕後、いったん釈放されたが、同12月に再び逮捕、起訴された。共に逮捕されたアダルトショップ経営の作家、北原みのり(本名渡辺みのり)さん(44)は罰金30万円の略式命令を受けた。
こう被告は述べてるが整合性に欠けるのは明らかで、共犯として逮捕された北原みのりと共に過去には公然猥褻を堂々とぢてた過去からも明らかな様に、確信的な犯行で在るのは間違いは無い。
猥褻で無いと証言するならば、何故自分のギャラリーで展示をしなかったのかと云う疑問は常に付き纏う問題で在る。
自分に疚しい意識が在るのだからこそ、他所に展示をしたのでは無いのか?
完全に公然猥褻並びに猥褻物陳列なのは間違いは無いのです。
posted by 天野☆翔 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

国営諫早湾干拓事業堤防排水門の開門を巡る制裁金問題。

* 諫早制裁金3億3000万円…今年度、国の支払い 板挟み 解決策見えず : 読売プレミアム
諫早制裁金3億3000万円…今年度、国の支払い 板挟み 解決策見えず 国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門の開門を巡り、国が佐賀県の漁業者らに支払う制裁金が今月から1日90万円に倍増された。開門を命じた確定判決を守っていないためで、今年度の支払総額は約3億3000万円に上る見通しだ。開門した場合…
以下有料記事。
* 諫早湾開門制裁金 農水省、漁業者に倍額の支払い開始|佐賀新聞LiVE
国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門調査を始めるまで国が有明海の漁業者に支払う制裁金について、農林水産省は10日、佐賀地裁の決定で2倍に増えた金額での支払いを始めたことを明らかにした。
 3月24日の地裁決定で、制裁金はそれまでの1日45万円から同90万円に増額された。今回支払った3月分1710万円のうち、決定翌日から31日までの7日分が増額後の金額になる。農水省は毎月10日に前月分をまとめて漁業者側の口座に振り込んでいる。
 制裁金の支払いは、開門調査を命じた福岡高裁確定判決を履行させるため、佐賀、長崎両県の漁業者が請求。昨年の佐賀地裁決定で支払い義務が生じ、国は今回で計1億3500万円を納めた。4月分からは毎月約2700万円を支払うことになり、総額は6月分で2億円を超える見込み。
漁業者と農家への制裁金支払いと云う相反する判決の結果、漁業者への支払金額が倍増した事で、国税が使われてる事で、関係者はどう思って居るのか。
諸悪の根源は菅政権時代の控訴断念の動き。
何故断念したのかの詳細な具体的背景の説明は未だにされて居ません。
此の相反する判決は司法の立場ではどう説明するのか問い質したいですね。
此の問題は早々に決着させ無ければ為らないので、政府は本気で取り組んで頂きたいです。
posted by 天野☆翔 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

産經新聞前ソウル支局長の加藤達也氏が帰国。

* 産経新聞前支局長 韓国出国禁止を解除 NHKニュース
韓国政府は、パク・クネ(朴槿恵)大統領の名誉を傷つけたとして裁判が進められている産経新聞の加藤達也、前ソウル支局長に対して取ってきた出国禁止措置を14日解除し、前支局長は14日にも帰国する見通しです。
産経新聞の加藤前ソウル支局長は、自社のウェブサイトに掲載したコラムで、去年4月に起きた旅客船沈没事故の当日、パク・クネ大統領が一時、所在不明になっていたと伝えた韓国紙を引用するとともに、大統領が元秘書の男性と一緒にいた可能性を示唆して大統領の名誉を傷つけたとして、インターネットを使って名誉を毀損した罪に問われています。
加藤前支局長は去年8月から韓国政府によって出国禁止の措置を受けており、東京本社への異動が発令されたあとも帰国できない状態が続いていました。産経新聞によりますと、ソウル中央地方検察庁から14日弁護士に連絡があり、現在の出国禁止措置が15日期限を迎えるのを前に、14日づけで解除することを決めたと伝えられたということで、これを受けて前支局長は14日にも帰国する見通しです。
加藤前支局長への出国禁止措置はこれまで8回にわたって延長され日本政府が重ねて懸念を示していたほか、先週には、韓国に駐在する外国人記者で作る団体もパク大統領に書簡を送って憂慮を表明していました。韓国政府が出国禁止措置の解除を決めた背景には、安倍総理大臣の訪米を前にアメリカ政府も憂慮を示していたこの問題を一段落させておきたいという思惑があったとみられます。
外務省幹部「当然のことだ」
外務省幹部は記者団に対し、「日本政府として、韓国側に、あらゆるレベルで懸念を伝えてきたことが実を結んだということではないか。マイナスだったものがゼロに戻っただけであり、出国禁止措置の解除は当然のことだ」と述べました。
韓国側 出国禁止解除の理由は
事件を担当しているソウル中央地検によりますと、出国禁止は期限の15日を前に14日付けで解除したということです。
解除の理由については「加藤前支局長本人と産経新聞が、これからの裁判に必ず本人が出席するという誓約書を提出しているうえ、裁判の重要な争点についての審理が終わっており、出国禁止の必要性がある程度解消された。また、家族のことなど人道的な点も考慮するなど総合的に判断し、法務省に出国停止の解除を要請し法務省が解除を決定した」と説明しています。
また、出国禁止措置の解除について、産経新聞社の小林毅東京編集局長は「前支局長の移動の自由がようやく回復されたことは大変喜ばしい」とするコメントを発表しました。そして、「名誉毀損罪に問われている裁判はなお継続している。これは重大な言論の自由の侵害であり、一刻も早い起訴の取り下げを求める」として、さらなる韓国政府の対応を求めました。
産経前支局長「1つの節目」
産経新聞の加藤前支局長は帰国を前にキンポ(金浦)空港で取材に応じました。この中で、加藤前支局長は出国禁止措置の解除については14日朝、弁護士から連絡を受けたとしたうえで、「ホッとしたということではなく、1つの節目という気持ちがした」と連絡を受けた際の感想を話しました。
そして、「日本に帰って仕事に戻り家族や友人などに会えるという点は率直に喜びたい。出国禁止措置が解けたことで心理的な圧迫感は相当に取り除かれたと思っている」と述べました。また、家族については「妻から『よかったですね、気をつけて帰ってきてください』と言われた」と話していました。
一方、裁判については「裁判で主張していかねばならなかったが、国柄や法制度、常識の違いもあり、かみ合わない思いを抱え、出国も禁じられ、重苦しい気持ちで過ごしてきた。今後もこれまでどおり、無罪を主張していきたい」と話していました。
* 産経新聞前ソウル支局長 羽田空港に到着 NHKニュース
韓国政府が、パク・クネ(朴槿恵)大統領の名誉を傷つけたとして裁判が進められている産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の出国を禁止する措置をきょう解除したことを受け、前支局長は14日夕方、韓国を出国し先ほど羽田空港に到着しました。
産経新聞の加藤前ソウル支局長は、自社のウェブサイトに掲載したコラムで、去年4月に起きた旅客船沈没事故の当日、パク・クネ大統領が一時、所在不明になっていたと伝えた韓国紙を引用するとともに、大統領が元秘書の男性と一緒にいた可能性を示唆して、大統領の名誉を毀損した罪に問われています。
加藤前支局長は去年8月から韓国政府によって出国禁止の措置を受けており、東京本社への異動が発令されたあとも帰国できない状態が続いていましたが、14日、ソウル中央地方検察庁が出国禁止措置の解除を決めたことを受けて、前支局長は14日夕方、ソウル近郊のキンポ空港を出発し、羽田空港に到着しました。
加藤前支局長への出国禁止措置はこれまで8回にわたって延長され、日本政府が重ねて懸念を示していたほか、先週には韓国に駐在する外国人記者で作る団体もパク大統領に書簡を送って憂慮を表明していました。
加藤前支局長は羽田空港で各社の取材に応じ、「ほっとした気持ちです。
自分の身を案じてくれた人たちに感謝しています」と述べました。
また、今後も裁判が続くことについては、「これからの闘いも頑張らなければいけないと思っています」と話していました。
南朝鮮の司法がどう云う判断の元で拘束を解除したのかは不明ですが、取り敢えずは一段落着いた形に成ったでしょう。
次回の公判迄準備等で慌ただしい日々に為るとは思いますが、帰国した事で家族や産經新聞関係者との落ち着いた一時を寛いだ気分で過ごして欲しいと思います。
長期に渡る拘束ではありましたが、無事に帰国出来て何よりです。
大変御疲れ様でした。
今回の一連の流れから、南朝鮮の司法は狂ってると国際的に周知徹底された事で、今後は南朝鮮の立場は良く為る事は一切無い。
日本政府の外交方針が変わった事で態度豹変して擦り寄って来ても無駄です。
posted by 天野☆翔 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

関西電力高浜原子力発電所再稼働不認可仮処分判決。

* 高浜原発再稼働認めず 福井地裁決定、審査合格も年内稼働困難に(1/2ページ) - 産経WEST
今年2月に原子力規制委員会の安全審査に「合格」し、再稼働に向けた手続きが進んでいる関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)をめぐり、福井など4府県の住民9人が再稼働の差し止めを求めた仮処分で、福井地裁の樋口英明裁判長は14日、再稼働を認めない決定をした。仮処分で原発の運転を禁止する決定は全国初。
 仮処分決定はただちに法的効力が発生するため、今後の司法手続きで決定が取り消されない限り2基は運転できない。関電は不服を申し立てるとともに、法的効力の停止も求める方針だが、想定されていた11月の再稼働は極めて困難な情勢となった。
 住民側が昨年12月、大飯原発3、4号機(同県おおい町)を含む計4基について仮処分を申請した。非公開の場で審尋が行われ、住民側は原発の安全対策について「重大事故が起きれば人格権が侵害される」などと主張。関電側は「事故防止対策は確保されている」と反論していた。
 関電側は「争点が多岐にわたり専門性も高い」として慎重な審理を求めていたが、樋口裁判長は今年3月の第2回審尋で、高浜の2基が再稼働の前提になる安全審査に適合したことを踏まえ、「機は熟している」として審理を打ち切った。大飯3、4号機の審理は分離され続いている。
樋口裁判長は昨年5月にも大飯3、4号機の再稼働の差し止めを命じる判決を言い渡し、関電側が控訴している。今月1日付で名古屋家裁に異動したが、職務代行が認められ、今回の決定を出した。

【用語解説】高浜原発3、4号機
 関西電力が福井県高浜町に設置する原発。昭和60年に運転を開始した。いずれも加圧水型原子炉を使用し、出力は約87万キロワット。東京電力福島第1原発事故を受け、3号機は平成24年2月、4号機は23年7月に定期検査に入った。関電は再稼働を目指し、25年7月に新規制基準に基づく安全審査を申請。原子力規制委員会は今年2月、九州電力川内原発(鹿児島県)に続き、合格証にあたる「審査書」を正式決定した。関電は11月の再稼働を想定している。
原子力委員会の再三に渡る厳しい基準の元で再稼働認可が下りた処に此の仮処分判決が出たのは大きな痛手でしょう。
たった九名の提訴で周辺住民や企業は迷惑を被る結果に為るのです。
高浜原子力発電所は過去に事故も殆ど無く停止する迄は順調な稼働状況だったのにも関わらず、此の仮処分の判決は納得出来ないでしょう。
原告は「司法は生きて居る」との意見だが、同時に「司法は死んだ」のでも在るのです。
此の仮処分の判決は今後大きなツケを払う事に為る方向性に成って行く事と思われます。
posted by 天野☆翔 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする