冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2015年09月13日

本日の夕陽は見事でした。

本日の夕陽 久々に見事な夕陽が確認出来ました。
posted by 天野☆翔 at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

「壊し屋」健在か。

* 【高木桂一の『ここだけ』の話】維新の党を壊したのは、実はあの“壊し屋”だった… 狙いは参院選での野党統一戦線か?(1/4ページ) - 産経ニュース
これを「子供の喧嘩(けんか)」と言ったら子供たちに失礼であろう。内輪もめの末に分裂が決定的となった維新の党。結党からわずか1年で、破壊への道をたどった背景には何があったのか−。関係者の証言によれば、政界での存在感がとみに薄くなった、あの「壊し屋」の影がまたぞろ見え隠れする。
 指定暴力団・六代目山口組(本部・神戸市)の内部抗争が表面化した8月27日。くしくも同じ関西でヤクザ顔負けの「もう一つの内紛」の狼煙が上げられた。
 維新の党の「創業者」たる橋下徹大阪市長は同日、松井一郎大阪府知事とともに離党する一方、党分裂を回避する考えを示していた。ところが翌28日、一転して10月に国政新党を結成する方針を表明した。
 当然、橋下氏にコバンザメのようにくっついている維新内の「大阪系」はこれに合流するわけで、松野頼久代表を中心とする「非大阪系」との分裂は既定路線となった。
 もともと首相官邸の方を向いている大阪系と、民主党との連携はじめ野党共闘を目指す松野氏ら非大阪系との間には大きな「溝」があった。それが一気に分裂へと加速させる“大義”となったのが、9月13日投開票の山形市長選だった。
 維新は山形市長選を事実上の自主投票としていたが、非大阪系の柿沢未途幹事長(当時)が8月14日、民主党や共産党が推す候補者を勝手に応援演説したとして大阪系が激怒し、柿沢氏に辞任を迫った。
 大阪系には党の金庫を握る幹事長ポストを手中に収め、当初11月に予定されていた党代表選で主導権を握る思惑もあった。しかし松野氏が公然と突っぱねたため、双方の対立は抜き差しならぬものとなった。
新聞やテレビが報じる分裂劇の背景は、おおむね以上のようなストーリーだ。だが要因はそれにとどまらない。舞台裏で「影の主役」となった人物がいたというのだ。
 それは、生活の党の小沢一郎共同代表である。
 小沢氏といえば、少なくとも数年前までは政党の離合集散で常に中心にいて、政党をつくっては壊し、壊してはつくるを繰り返してきた。その「壊し屋」が維新を壊すことにもからんでいた。
 維新は6月、来る代表選で党員と所属国会議員の「一票の格差」をなくし、同等に扱う方針を決めた。これも党員拡大に自信をもつ大阪系の主導だった。狙いは言うまでなく代表選を制することにあった。
 維新の議員たちは代表選の投票権をウリに党員拡大に奔走した。その結果、6月上旬で約8000人だった党員は8月末時点で8倍以上の約7万人となった。
 そこで「剛腕」の出番である。打ち明けるのは、小沢氏に近い維新関係者だ。
 「小沢氏自身が維新の党員集めに動き、生活の党の現職議員や次期参院選・衆院選に出馬を予定する元議員らに一人200〜300のノルマを課したほど。思惑は代表選で松野氏を勝たせることだった」
 来年夏の参院選に向け野党の「統一戦線」を張る必要性を強く訴えている小沢氏にとって、民主党など野党の共闘路線を説く松野氏が「望ましい維新代表」である。民主党幹部時代から松野氏との関係も良好だ。これに対し、労働組合の支持を仰ぐ民主党とは絶対に手を組まないと公言する橋下氏率いる大阪系とは肌が合わない。
「小沢氏の狙いはそれこそ、野党としての維新の『純化路線』だ。小沢氏にすれば、裏で官邸・自民党と通底する大阪系は邪魔者であり敵でしかない。代表選に向けて松野氏を援護射撃することで維新の分裂を仕掛けた。維新の分裂はもともと時間の問題とみられていたが、小沢氏の動きで少し早まった」(小沢氏に近い維新関係者)
 「数の力」をなおも信奉する小沢氏の戦略は維新内の“小沢分子”にも浸透していたようだ。別の維新関係者によると、維新の党員集めで蓋をあけてみたら、かつて小沢氏の側近だった松木謙公幹事長代行が一人で約1万人を集めたほか、牧義夫国対委員長は約1000人を確保した。松野氏も3000人集めたという。党員が支払う党費は1人2000円。松木氏はざっと約2000万円を党の金庫に入れた形だ。
 言葉は悪いが、かつての自民党総裁選よろしく、集められた党員にはネコやイヌも相当数含まれているという見方がある。とはいえ「小沢系」の攻勢に橋下氏ら大阪系がたじろぎ、水面下での小沢氏による松野氏支援の動きを嗅ぎ取ったことは言うまでもない。
 「小沢氏の力を買いかぶりかもしれないが、『小沢ファクター』も維新分裂を誘発する一つの要因になったことは間違いない。結局、橋下氏は代表選で大阪系が負ける前に先手を打つ形で党を割って飛び出す決断に至ったようだ」(維新関係者)
 ここ数年、小沢氏の思い通りに物事は進まず、政治力も確実に低下しているが、こと「壊す」ことにかけては面目躍如といったところか。
「小沢氏のもとには民主党時代の部下だった側近幹部職員がいまも日参している。小沢氏は岡田克也代表への助言をこの幹部職員に託し、それを伝え聞く岡田氏も『その方法があったのかぁ〜』と感激し、党運営に反映させることはしばしば。野党再編に向け小沢、岡田両氏の良好な関係が構築されつつある」
 ある民主党幹部はそう打ち明ける。
 山本太郎参院議員たる“異分子”を含めて小沢氏の手勢はわずか5人にすぎない。その神通力には明らかに陰りが見えているが、はたして野党再編に向けて本当の“出番”はあるのか。
 とまれ、「政界引退」を表明しながら一向に政治から離れる気配をみせない橋下氏に、とっくに「お役御免」とみられながら、なおもただでは死ねないとばかりに動く小沢氏。どちらが先に“退場”するか見物ではある。
反安倍政権での野党共闘の中に、生活の党が食い込んでる事から或る程度予想はしてたが、矢張り裏で暗躍してる可能性は極めて高く成って来て居ますね。
解体しては立ち上げ、立ち上げては解体を繰り返す事で有名だが、今回は嘗ての其の手法は通用するかと云えば、極めて困難かと思いますね。
もう、離合集散での野党の政局での動きは、有権者に見放されてる現状が有るし、此の離合集散が結果的に政治を貶めてるからです。
さて、どの様な結果が導き出されるのか。
posted by 天野☆翔 at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

凶悪犯に素手で立ち向かった女性警察官。

* 【日本の議論】190CMの巨漢と格闘して負傷した警視庁女性警察官が語る「警察官の覚悟」 「また同じ事態に遭遇しても立ち向かう」(1/4ページ) - 産経ニュース
国や地方自治体、企業への女性登用が国策として進むなか、その流れは警察にも及んでいる。警察庁は32年度までに、各都道府県警の定員に占める女性警察官の割合を1割にする方針を示した。一方、採用増の結果、殺人や薬物、暴力団捜査など、より危険な現場に女性警察官が向かうケースが増加。5月には、警視庁の女性巡査長が男に刃物で切りつけられる事案も発生した。重傷を負った巡査長は「制服に袖を通したときから、人を守る覚悟はできている」と決意を語った。
「この人を守らなければ」メモ板で必死に応戦
「隣の部屋が! 早く来て!」
 5月23日午前7時40分ごろ、警視庁大井署の南大井交番(東京都品川区)に勤務する女性巡査長(24)は、宿直明けで、迷子になった高齢者を家に送り届けて交番に戻る途中、通行人の男性からそう呼び止められた。警察学校を卒業して2年にも満たない新米。一瞬、不安がよぎったが、同僚の応援を呼ぶ時間はない。男性と2人で現場のマンションに向かった。
2階一室の無施錠の玄関ドアから中の様子をうかがうと大柄な男の影が見え、何かがきらりと光った。「刃物だ」と直感した。「危ないので逃げてください」。男性を隣室に避難させた直後、血だらけの中年の女性が「助けて!」と部屋から飛び出してきた。すぐ後ろに男がいた。
 「この人を守らなければ」。男は身長約190センチの巨漢で右手に包丁を持っていた。160センチに届かない自分との体格差は歴然としていた。メモ板で必死に応戦し、男の手首をひねって制圧しようとしたとき、包丁で手に傷を負った。傷は指を切断しかけるほど深く、大量に出血。隣室から様子を見ていた男性に室内に引き込まれた。その隙に、男は女性を追って階下に降りていった。
「早く職場復帰を」
男は先に逃げていた交際相手を追いかけ、路上で首を切りつけた。だが、直後に他の警察官が現場に到着して制圧。男を逮捕し、交際相手は軽傷にとどまった。捜査幹部は「本当に間一髪だった。女性巡査長が応戦して時間を稼がなかったら、交際相手も危険だった」と打ち明ける。
助けを求めた女性は交際相手の母親で、室内で男に切られていたが、外に出てからは近くに身を潜め、一命を取り留めた。女性巡査長が男と相対したことが、結果的に被害の拡大を防いだ。母親は事件後、「あの女性警察官がいなかったら、私たちは殺されていたと思う」と感謝の言葉を伝えたという。
 だが、女性巡査長は「特別なことをしたわけではなく、警察官なら住民を守るのは当たり前のこと。容疑者を取り押さえられなかったことが情けなく、悔しい」と下を向く。事件では、交際相手の父親が室内で男に殺害されたが、それは女性巡査長が到着する前のことだった。
 女性巡査長は警察官だった父の姿にあこがれ、2年前に入庁した。手には犯人の刃を素手で受け止めた傷痕が残り、とくに右手は一部神経や腱(けん)が切れて現在もリハビリの真っ最中だ。だが、迷いはない。
 「制服に袖を通したときから、身をていしても、人を守らなくてはならない場面があると覚悟はしていました。もう一度同じような事態に遭遇しても立ち向かうと思います。早く職場に復帰したいです」
“最前線”で活躍
警察庁によると、平成16〜25年度の10年間で、職務中にケガを負うなどして公務災害に認定された警察官は、計約1万6000人(訓練中などを除く)。状況別では、警ら中が最多で3807人。捜査中(3432人)、職務質問中(2858人)と続く。東日本大震災があった23年度は、災害警備中に28人が死亡、128人がけがを負うなどした。登用が進む女性警察官が受傷する事例も後を絶たない。
 愛知県半田市では25年2月、当時、県警半田署地域課で交番勤務をしていた女性巡査が、連続強制わいせつ事件の容疑者の男を約1キロ追走。男に殴られ、鼻骨骨折の重傷を負ったが身柄を確保した。
 警察庁は32年度までに、各都道府県警の定員に占める女性警察官の割合を1割にする方針を示している。警視庁では、27年度時点で全体の8・4%にあたる3697人の女性警察官が勤務。10年前に比べ、配属先にも変化があった。
 17年度には交通部門が半数近い46・0%だったが、27年度には25・3%に減少。殺人や薬物、暴力団捜査を担う刑事・生活安全・組織犯罪対策部門が27・5%で最も割合が高くなった。夜間のパトロールなどを担う地域部門も3・8%から21・9%に大幅に増えるなど、危険がつきまとう最前線の現場に多くの女性警察官が配属されている。
一部では恐らくは「無謀だ」と批判する事かとも思いますが、日常生活の中で事件に遭遇する確立が大きくは無い中、咄嗟の判断と行動で結果的に犯人検挙する動きに結び付いた事は大いに評価されるべきだし、被害の拡大を帽子出来た事は非常に素晴らしい。
感謝されても当然の事をしたと云う意識で職務に当たるのも良い事です。
警察官と云う役職の基本中の基本を守っただけに過ぎないからです。
こう云う警察官が多く居れば良いのですが、一方では凶悪犯罪を実行する警察官も居る。
地域の安全を守る高い意識で職務を全うして頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

南朝鮮が徴用工記録資料を世界記憶遺産に申請方針。

* 韓国、植民地時代の徴用記録を世界記憶遺産に申請方針 日本への対抗措置か - 産経ニュース
聯合ニュースは13日、日本の植民地時代に朝鮮人労働者が徴用されたことを記録した資料を、韓国政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録申請する方針だと報じた。韓国が反対していた「明治日本の産業革命遺産」の登録に対抗する措置との見方を伝えている。
 2016年3月にユネスコに申請、17年の登録を目指すという。
 日韓は産業革命遺産をめぐり、日本が対象施設で徴用の歴史を説明することで合意し登録にこぎ着けたが、強制性をめぐる認識差は埋まっていない。韓国は資料の登録の働き掛けを通して、徴用の強制性を世界にアピールするとみられる。聯合ニュースは「(強制労働でないと主張する)日本の歴史歪曲に対する積極的なけん制措置だ」と評価した。
対抗意識は結構だが、此の記録資料の内容如何に拠っては自爆する可能性も有りますね。
当時の徴用工は一般人に比較して多くの報酬を得てた事は確定的で有る事から、構成的に連行されての労働ならば、一般人以下の報酬でしか無いと云う事だからです。
さて、どう為る事やら…
posted by 天野☆翔 at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする