冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2015年09月17日

地震情報 2015年9月17日 7時54分頃発生 震源地:南米西部(チリ中部沖)。

* 地震情報 2015年9月17日 7時54分頃発生 震源地:南米西部(チリ中部沖) - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2015年9月17日 7時54分頃発生 震源地:南米西部(チリ中部沖)
17日07時54分ころ、海外で規模の大きな地震がありました。
太平洋の広域に津波発生の可能性があります。
日本への津波の有無については現在調査中です。
詳しい震源の位置はチリ中部沖です。
観測された主な地点の津波の高さは以下のとおりです。
以下の検潮所の津波の高さは太平洋津波警報センター(PTWC)による。
国・地域名      検潮所名               津波の高さ
チリ         バルパライソ            1.8m
チリ         チャニャラル            1.1m
チリ         フアンフェルナンデス諸島      1.2m
チリ         コキンボ              4.8m
チリ         ブカレム              0.8m
チリ         カルデラ              1.1m
チリ         サンアントニオ           0.9m
チリ         タルタル              0.3m
チリ         タルカワノ             1.3m
チリ         サンフェリックス          0.7m
チリ         コンスティトゥシオン        0.9m
チリ         ウアスコ              0.8m
チリ         イースター島            0.8m
チリ         キリキーナ             0.8m
ペルー        カヤオ               0.5m
エクアドル      ガラパゴス諸島サンタクルス島    0.6m
仏領ポリネシア    リキテア              0.3m
PTWCでは17日18時09分に津波情報を発表しています。
* チリでM8・3の地震 3人死亡、10人以上が負傷 - 産経ニュース
米地質調査所(USGS)によると、南米チリ中部沖で16日午後7時54分(日本時間17日午前7時54分)ごろ、マグニチュード(M)8・3の地震があった。震源は中部イジャペルの西46キロで、震源の深さは25キロ。チリ気象当局は全土に津波警報を発令した。
 中部コキンボで約4・5メートルの津波を観測するなど、各地に津波が押し寄せた。地元メディアなどによると、少なくとも3人が死亡、10人以上が負傷した。在チリ日本大使館によると、日本人が負傷したとの情報は入っていない。
 米CNNによると、コキンボ市内は津波の影響で広範囲にわたって浸水。市内の95%が停電した。イジャベル付近ではM4・9以上の余震が約2時間で12回発生しているという。
 米ハワイの太平洋津波警報センターも、チリからペルーにかけての沿岸部で津波の被害が出るおそれがあるとして警戒を呼びかけた。ハワイや、震源から約9700キロ離れたニュージーランドにも津波警報を出した。日本の気象庁も、太平洋広域に津波の可能性があり、調査中と発表した。
 在チリ日本大使館によると、現地で日本人が負傷したとの情報はない。
* 18日朝、日本に津波到達の可能性 チリ沖M8.3地震、気象庁が注意呼び掛け - 産経ニュース
チリ中部沖で発生したマグニチュード(M)8.3の地震で、日本の気象庁は17日午前、記者会見し、太平洋広域に津波の可能性があり、日本に到達する場合、第1波は18日朝になる見込みだと発表した。
 気象庁によると、北海道東部は午前5時半ごろ、東北から関東が午前6時ごろ、東海から近畿が午前7時ごろ、四国、九州、沖縄は午前8時ごろの予想。
 記者会見した長谷川洋平地震津波監視課長は「日本への津波の有無についてデータを調査している。どういう規模になるか分からない。気象庁の情報に注意してほしい」と呼び掛けた。17日中に詳しい解析結果をまとめ公表する予定という。
 気象庁によると、今回の地震はナスカプレートと南米プレートの境界で起きた逆断層型。チリ沖では過去に大地震がたびたび起きており、発生から24時間前後で日本に津波が到達したケースも多い。
 1960年にはM9.5の地震があり、太平洋沿岸で1〜4メートルの津波が起きた。2010年にはM8.8の地震が発生し岩手県や高知県の港で1.2メートルの津波が観測された。
 他にも、1985〜2014年に起きたM7.9〜8.2の地震で、15〜55センチの津波が5回、日本に到達している。
久々にチリで大きな地震が発生しました。
現地周辺では津波が押し寄せて来ては居ますが、最大で5m以内だとの事で、極めて深刻な被害では有りませんが、其れを踏まえた上でも被害は出てる以上、此の被害が拡大深刻化しない事を祈りたい。
建造物破損等の物的被害は現段階でも判明しては居ませんが、此れも同様に拡大化深刻化しない事を祈りたい。
人的比嘉も同様です。
津波の情報は、二付変更後に改めて気象庁から発表されますが、少なくとも朝方の05:00以降は北海道から順次西方面に向けて到達するとの事で、気象庁の発表と合わせて避難の動きにしたい。
海抜0m地帯に地階地域は厳重な警戒を。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

安全保障関連法案が参議院特別委員会で可決。

漸く一歩踏み出せました。
此の可決に至る道程は極めて厳しく困難なものでした。
此の可決前の混乱と混迷は、完全に野党の責任で、直近の事ならば、中央公聴会は先週の時点で伝達されてたのにも関わらず、慌てた状況で請求だとの批判を展開。
中央公聴会が実施される以上は何時委員会可決が起きても可笑しくは無い状況で有ると云う認識を持たずに此の為体です。
最後の抵抗とばかりに地方公聴会が横浜で開かれたが、結局は同じ事です。
此の可決が横暴だとか暴力的だとか批判する前に、自分達野党が実行した徹底抗戦の実態はどうだったかと云うと、非常に横暴に満ちた内容で在ったのは明らかで、与党政府を批判する筋合いでは無い。
理事室に入出するのを妨害したり、議長席に詰め寄って恫喝したり、書類を奪ったり、委員長に対して手を出したり等です。
議会運営の決まりに沿った方法で粛々と進捗し、議会の長に全権が有るのだから、此の決定は極めて重いのです。
従うのが委員会の努めです。
憲法論議や民主主義の案件が有るが、憲法には国会は国権の最高の場として定義され、此の国会を運営する議員は民主主義の占拠に拠って選出された国会議員や代議士に拠って議論されます。
此れが議会制民主主義の根幹で有るから、民主主義に則った運営がされてるのが実情で、批判には当たらない。
更に第二次安倍政権が発足してから、安全保障関連法案に関する様々な政策は、選挙時でも演説してたし、公約に掲げてるので、有権者国民は認めて居ます。
今現在、様々な決議案で対抗して時間稼ぎをしてるが、議会制民主主義では多数決が鉄則なので、少数野党が結束しても無駄な足掻きでしか無い。
法案の必要性を論わずに他の案件で散々余計な時間を費やし、此の議論の過程で国民の理科を得られて無いとの批判をしても、結局は自分達が理解を妨げてる元凶だとの自覚は抱いて無いでしょう。
抱いてたのだとしたら、最初から理解を得られない様にする工作をしてたと云う事です。
一連の流れを見ても、野党に全面的に非が有るのは間違いは無い。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

小泉寿一郎の妄言再び。

* 「原発ゼロでやっていける」反原発・小泉元首相、松山で吠える  - 産経WEST
脱原発を掲げる小泉純一郎元首相が「日本は原発ゼロでやっていける」と、改めて原発を再稼働すべきではないとの考えを訴えた。9月16日の松山市内での講演。東京電力福島第1原発事故後、原発ゼロで電力需要をまかなってきたことに触れ、大いに吠えた。
 愛媛県にある四国電力伊方原発3号機が新規制基準に適合し、再稼働に向けた手続きが本格化する中、講演は再生エネルギーの普及に取り組む団体「愛媛のエネルギーを考える会」が企画した。
 小泉元首相は政府や電力会社が説明する原発の安全性やコストに関して「全部うそ。福島の事故の状況を見れば明らか」と批判。原子力規制委員会が新規制基準を世界最高水準の厳しい基準としている点については「世界一厳しい基準の根拠が示されていない」と主張した。
 昭和40年代後半の石油ショック後に日本が省エネなどの技術に力を入れ、環境先進国になったとした上で「福島の事故で原発がいかに危険でコストがかかるのかが分かった。原発のない、自然と共存しエネルギーに代える時代を目指すべきだ」と強調した。
電力は確かに何とか凌いで居るが、制限の無い状況下での供給と受給では無く、切り詰めを余儀無くされてる状況下で凌いで居る事を一切考えて居ませんね。
更に本来は解体する筈だった老朽化した火力発電所の設備を稼働中と云う事を無視して居ます。
完全に世迷い言の妄言です。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

民主党の岡田克也の自爆。

* 【緊迫・安保法案】民主・岡田氏がヒゲ隊長に「捏造だ。無責任」と猛反発(1/2ページ) - 産経ニュース
民主党の岡田克也代表は17日付のブログで、自民党の佐藤正久元防衛政務官が「岡田氏は過去に集団的自衛権の行使を認めていた」と参院平和安全法制特別委員会で指摘したことについて、「私の発言から都合のいい所だけを取り出した。まさしく捏造だ。自民党の(特別委)筆頭理事として無責任な態度だ」と反発した。
 発端は14日の特別委。佐藤氏は次のような過去の岡田氏の発言を紹介したうえで、岡田氏が「集団的自衛権はいらない」と主張していることに疑義を呈した。
 「日本を防衛するために活動している米軍が攻撃された場合、日本に対する行為と見なし、日本が反撃する余地を残すのは十分合理性がある。今の憲法は全ての集団的自衛権の行使を認めていないとは言い切っておらず、集団的自衛権の中身を具体的に考えることで十分整合性を持って説明できる」(平成15月5月、読売新聞)
 これに対し、岡田氏はブログで、同記事の発言には次のような続きがあることを紹介し、当時から「個別的自衛権の拡張」を唱えていたと主張した。
 「日本を守るため公海上に展開している米軍艦艇が攻撃された場合という限られたケースなので、むしろ個別的自衛権の範囲を拡張した方がいい。集団的自衛権という言葉を使わない方がいい」
そのうえで岡田氏は、佐藤氏の指摘は結論部分を省略した「捏造」だと反論。ただ、「今の憲法は全ての集団的自衛権の行使を認めていないとは言い切っておらず」との部分はブログ中に引用せず、なぜか省略した。
 岡田氏は「10年以上前の対談での発言を部分的に切り取った」とも反論した。
 しかし、岡田氏は昨年2月の衆院予算委員会でも、次のように発言している。
 「国民の生命や財産が侵略で損なわれようとしている。これは個別的自衛権だ。それに並ぶような事案について集団的自衛権を認める余地があるという議論はあっていい」
国会の議事録を見ればどう発言したのか容易に判明するのにも関わらず、不都合な事実には一切触れず反論するとは呆れ果てる。
議事録だけでは無く、衆議院のアーカイヴの動画でも確認出来るのだから、逃げの論調は一切認められませんし許されない。
完全に自爆しました。
posted by 天野☆翔 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

潘基文が逃げの論調。

* 【抗日70年行事】潘基文氏「さらにコメントする必要なし」 抗日行事出席問題で - 産経ニュース
国連の潘基文事務総長は16日の記者会見で、北京で行われた抗日戦争勝利記念行事に出席したことを日本政府などから批判されたことについて、「私の立場を(誰もが)知っているはずだ。不適切だと私が考えている(批判的な)声明にさらにコメントする必要性を感じない」と述べた。
 日本政府は先月下旬、行事出席への「懸念」を国連に伝えたが、潘氏側は「平和促進と和解、地域繁栄を持続させることが重要だ」とし、軍事パレードを含む行事への出席を強行した。
国際機関の長で有るならば、特定の国の特定の思想に基づく行事に参加する事の、如何に愚かな事かをコイツは一切意識せずに、二度も参加する事への抗議をこう云う論調で逃げに回った。
完全に自分自身の非を認める発言で有る。
直接参加で無くても声明を伝える等の方法も在ったのにも関わらず、直接参加した責任は極めて重い。
posted by 天野☆翔 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

オリバー・ストーンが又しても。

* www.fnn-news.com: オリバー・ストーン監督、安保関連法案めぐり強い懸念示す

社会派映画監督が、安保法案に「苦言」を呈した。
ベトナム戦争への批判など、社会派作品で知られるアメリカの映画監督、オリバー・ストーン氏が、16日、ニューヨークの国連本部で会見を開いた。
ストーン氏は、「沖縄の米軍基地が、美しい海を汚している」と、辺野古の基地問題についてアメリカを非難し、さらには、安全保障関連法案をめぐり、「アメリカの言いなりに動く安倍政権の状況は、非常に危うい」と、強い懸念を示した。
ストーン氏は、自らのベトナム戦争の従軍体験から制作した代表作「プラトーン」などで、2度のアカデミー監督賞を受賞している。
日本政府は別にアメリカの言成に成ってる訳でも無く、又、辺野古基地移設での海洋汚染も限定的な事は明白で有るのにも関わらず、又しても余計な口出しをするとは呆れ果てる。
安全保障関連法案はアメリカだけを見てる法案では無いし、海洋汚染の深刻度ならば、那覇空港第二滑走路の方が深刻でしょう。
こう云う側面を見ずに無責任な発言をするのは控えて頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

安全保障関連法案の締め括り質疑理事会延期。

昨日の夕方の18:00に締め括り質疑が予定されてたのにも関わらず、「民主党」「日本共産党」「維新の党」「社会民主党」「生活の党」他の必至の抵抗で、結局本日の08:50に延期された。
此の必死の抵抗の中身は非常に幼稚で低俗なモノで、入室阻止や女性議員を使った姑息なモノや、徒に時間を浪費する等、本当にいい大人がする而も国会議員がする行いなのかと、大いに疑問を抱く手法で有る。
此の必死の抵抗は完全に時代遅れも甚だしく、最早通用しないものなのだと野党は意識しろ。
国会議員ならば、投票権が認められてるのだから、此の権利を行使して質疑に臨み採決の場で反対票として意思を示せば良いだけの話です。
時代錯誤も甚だしい抵抗なぞしては為らない。
此の必死の抵抗をすればする程、国民有権者は白けそして、見放されて行くのだと自覚して頂きたいですね。
こう云う低毒且つ卑怯な手法では理解を得る事は未来永劫無いのだと意識しろ。
今回の案件で先に上げた野党は、完全に日本の安全保障や国益を考えない、自分達の事しか考えない、而も其の中身は自己陶酔してるだけの呆れた実態で、其の姿は反日売国奴だと云う認識が完全に確定した。
posted by 天野☆翔 at 05:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする