冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー SignalNow Express

2015年12月31日

往く年来る年。

今年も残す処後僅かです。
様々な事が起きた一年でも在りました。
人夫々では有りますが、無事に年越し出来る事に感謝して、新年を新たな気持ちで迎えたいですね。
良い年を迎えて下さい。
posted by 天野☆翔 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

連合国非常任理事国に日本が十一回目の就任。

* 【国連安保理】日本、最多11回目の非常任理事国に就任 悲願の常任理事国入りへ正念場(1/2ページ) - 産経ニュース
日本は1月1日、国連安全保障理事会の非常任理事国(任期2年)に就任する。就任は2009〜10年以来11回目で、国連史上最多となる。常任理事国入りが悲願の日本にとり、安保理内で発言力を高め、国際社会に存在感を示す重要な機会となる。
 安保理では15年、シリア内戦をめぐって米欧とロシアが対立し、機能不全が露呈した。安保理改革の必要性が叫ばれる中、日本は2月からの政府間交渉で、常任理事国枠増大などの必要性を国際社会に訴える方針だ。
 日本にとり、北朝鮮の人権問題も重要課題だ。安保理では12月、北朝鮮の人権侵害を討議する2回目の協議が14年に続いて行われた。日本は7月、月替わりの安保理議長国を務める機会などを利用し、北朝鮮の人権問題を追及する構えだ。
一方、16年末に潘基文事務総長の任期が切れることから、1月から後継者選びが本格化する。日本にとって、北京での抗日戦争勝利70年記念行事に潘氏が日本側の懸念を無視する形で出席したことは苦い記憶となった。日本は安保理入りの時期が事務総長選と重なる機会をいかし、後継者選びに影響力を発揮したい意向だ。
 日本は16年、国連予算分担率で2位を維持するものの、1983年以降で初めて10%を割り込んだ。3位に順位を上げる中国の存在感が強まる中、日本は安保理入りを通じ、国連内での発言力維持に努める考えだ。
常任理事国入りが悲願の日本に取って、非常任理事国と云う立場は非常に有益で有効で在るのは間違いは無く、十一回目の就任と成り、常任理事国入りが視野に入って来ました。
常任理事国入りだけでは無く、連合国自体の改革等、課題は山積して居ます。
記憶遺産の案件で煮え湯を飲まされたが、今後の活動を通して、こう云う失態を繰り返さない様な強固な連携で、組織の改革を断行して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

ASEAN共同体が発足。

* 【ASEAN共同体】6億人の巨大市場誕生 人の移動や安保で溝も - 産経ニュース
東南アジア諸国連合(ASEAN)の加盟10カ国は31日、6億人の単一市場や共生社会を掲げる「ASEAN共同体」を発足させた。共同体の総人口は欧州連合(EU)を上回り、国家に例えると中国、インドに次ぐ規模となる。
 「経済」「政治・安全保障」「社会・文化」の3本柱で構成されるが、中核を担うのがASEAN経済共同体(AEC)だ。
 発足により人やモノの動きの活発化が期待される。道路や鉄道などインフラ網の整備も進み、ベトナム、ラオス、タイ、ミャンマーを結ぶ「東西回廊」や、中国からタイにつながる「南北回廊」の道路整備も加速している。
 ただ、共同体発足後も国をまたぐ移動には旅券が必要で、一部の熟練労働者に限って移動の自由化を進める方針だが、時期を含めて詳細は未定のまま。また、2018年までに域内関税を全廃する方針だ。
 シンガポール外務省は、AEC発足で国民向けビデオをネットで公開。域内総生産(GDP)は15年の2兆4千億ドル(約290兆円)から20年には4兆ドルに拡大し、「シンガポールはASEANのニューヨークになる」と期待を示した。
欧州連合やTPPとは又ひと味違う経済圏が誕生しました。
此の共同体発足が日本にどう影響して来るのかは全くの不透明ですが、良い影響が及ぶ事を大いに期待したい。
posted by 天野☆翔 at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

理化学研究所の合成した元素が国際的に認定。

* 【新元素113番】理研が命名権獲得を正式発表 「周期表に載るのが感慨深い」 ジャポニウムが有力(1/2ページ) - 産経ニュース
理化学研究所は31日、理研が合成した原子番号113番の元素が新元素と国際的に認定され、命名権を獲得したと正式に発表した。日本が発見した元素の名前が周期表に初めて刻まれる歴史的な快挙が確定した。
 理研本部(埼玉県和光市)で31日会見した研究チームの森田浩介グループディレクター(九州大教授)によると、同日午前5時ごろ、新元素を認定する国際純正・応用化学連合(IUPAC)からメールで認定の通知があった。
 森田氏は「うれしかった。(新元素が)周期表に載ることに感慨深いものを感じる」と喜びを語った。
 新元素の名称と元素記号を提案する権利は発見チームに与えられる。113番の発見を争ったロシアと米国の共同研究チームを退けての権利獲得で、日本の科学史に残る大きな成果となった。
新元素の名称について森田氏は「これからチームで話し合って候補を決める」と述べるにとどめたが、日本にちなんだ「ジャポニウム」が有力とみられる。
 元素は物質を構成する基本的な粒子である原子の種類のことで、未確定を含め118番まで見つかっていた。その発見は国家の科学技術力の象徴とされ、米露欧が激しく競ってきた。アジアによる新元素の発見は初めて。
 理研は平成16年9月、森田氏らが加速器を使って30番の亜鉛を83番のビスマスに高速で衝突させ、核融合反応により113番の元素合成に成功したと発表。24年までに計3個の合成を高い信頼性で確認した。
 露米チームは2004年2月以降、露ドブナ合同原子核研究所で別の手法により合成したと発表。作った個数は数十個と多かったが、113番元素であることの確実さで理研の国際評価が上回ったもようだ。
快挙です。
STAP細胞の案件で様々な疑惑が噴出したが、此の新元素の合成が世界的に認定された事で、汚名を雪ぐ事が出来ました。
関係者各位の並々為らぬ努力と研究の成果が世界的に認められました。
皆々様方には、本当に大変御疲れ様でした。
posted by 天野☆翔 at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

世田谷一家殺害事件から十五年目。

* 世田谷一家殺害から15年 捜査幹部ら解決誓う NHKニュース
東京・世田谷区の住宅で会社員の一家4人が殺害された事件の発生から30日で15年となり、警視庁の捜査幹部らが現場に花を手向けて改めて事件の解決を誓いました。
この事件は、平成12年の大みそかに東京・世田谷区上祖師谷の住宅で会社員の宮沢みきおさん(当時44)と妻の泰子さん(当時41)、長女で小学2年生だったにいなちゃん(当時8)、長男の礼くん(当時6)の4人が殺害されているのが見つかったもので、事件は12月30日の深夜に起きたとみられています。
発生から15年の30日、現場の住宅の前には専従の捜査員ら24人が集まり、警視庁の中村格刑事部長が花を手向けて事件の1日も早い解決を誓いました。
これまでの調べで、犯人は身長が1メートル70センチ前後のやせ型で、血液型がA型の男、右利きで手にけがをしたとみられています。現場には多くの遺留品が残され、このうち「ラグランシャツ」と呼ばれるトレーナーは販売数が全国で130着と少なく、警視庁は改めて情報を求めています。
警視庁捜査1課の釣宏志課長は「15年がたち、いまだに解決に至っておらず被害者や遺族に申し訳ない。1日でも早く逮捕の報告ができるよう懸命な捜査を続けたい」と話していました。
情報の提供は成城警察署の捜査本部まで、電話番号は03−3482−0110です。
これまでの捜査
社会に大きな衝撃を与えた世田谷一家殺害事件。警視庁は15年間で延べ24万6000人という異例の捜査員を動員して捜査を続けています。
宮沢さんの一家4人は平成12年12月30日の午後11時半ころに殺害されたとみられ、犯人はその後、31日の未明の時間帯に立ち去ったとみられています。これまでの調べで、犯人は身長が1メートル70センチ前後のやせ型で、血液型がA型の男、靴のサイズは27.5センチ、右利きで手にけがをしたとみられています。
現場には犯人の血が付いた指紋や掌紋が10か所以上残され、DNAも検出されています。警視庁は有力な証拠として指紋とDNAの捜査に力を入れ、別の事件の容疑者などとの照合を続けているほか、海外の捜査機関にも協力を要請しました。
また、現場の住宅には犯人が身につけていたジャンパーやトレーナーなど多くの遺留品が残されていて、その一つ一つの流通ルートを調べています。このうち、「ラグランシャツ」と呼ばれるトレーナーは、首都圏を中心に、全国で130枚が販売されたことが分かっていますが、購入者が特定出来たのは12枚にとどまっています。
聞き込み捜査や情報提供では、これまでに現場近くの道路で左手の袖口から手の甲にかけて血がついた人物の目撃情報も得られ、捜査が続けられています。
事件の発生当初は、残酷な手口から一家に関係のある人物の犯行で、周辺の捜査や遺留品を調べることで解決につながるという見方もありました。しかし、犯人の特定につながる有力な情報はなく、犯行の目的も絞りきれておらず、15年がたっても容疑者の逮捕には至っていません。警視庁は引き続き専従の捜査員を置いて捜査を続けることにしています。
先づは犠牲に為られた一家には謹んで心から御冥福を御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
殺人事件での時効は撤廃され、解決する迄は永久に捜査が継続されますが、恐らくは犯人検挙する事は極めて困難なのが現状でしょう。
可成りの精度で南朝鮮人が犯人で国外逃亡をしてると云う見方が根強いので、南朝鮮側が本気で犯人検挙で取り組まない限りは、此の事件は収束はしません。
とは云え、極めて残忍な此の事件が一日も早く解決する事を祈りたい。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

日本共産党が若年層に擦り寄り。

* 若者の支持拡大を 共産党が取り組み強化へ NHKニュース
共産党は来年夏の参議院選挙から選挙権年齢が引き下げられ、18歳以上となることを踏まえ、志位委員長ら幹部が全国の大学に出向いて講演を行うなど、若者の支持拡大に向けた取り組みを強化することにしています。
共産党は30万人余りの党員のうち、およそ4割が65歳以上と、組織の高齢化が進んでいて、来年夏の参議院選挙から選挙権年齢が18歳以上となることを踏まえ、年明け以降、若者の支持拡大に向けた取り組みを強化する方針です。
具体的には、志位委員長ら党幹部が全国の大学に出向いて、学生団体などが主催する集会で講演するなど、若者と積極的に意見を交わすほか、安全保障関連法の廃止を訴える、およそ40万枚のビラを大学生らに配布して党の政策への理解を広げたいとしています。
共産党は関連法を廃止するための「国民連合政府」をほかの野党とともに樹立する構想を掲げ、来月4日に召集される通常国会でこれまで欠席してきた開会式への出席を決めるなど、野党共闘を重視し、従来の方針を柔軟に見直す姿勢を打ち出していて、こうした党の考えもアピールしたい考えです。
若年層を取り込もうと必死な状況では在るが、取り込む事は出来ないでしょう。
安全保障関連法でのSEALDsの様な団体が台頭したが、此の団体は完全に日本共産党の下部組織でも在る実態が明らかに成ってるので、こう云う方向性での取り込みを図ろうとしても無理なのです。
安全保障関連法には若年層も支持を拡大したのだから、此の時点で既に目論むは崩れるでしょう。
擦り寄って来ても無駄で在る。
立党からの歴史がテロリストなのだから早々に消滅して頂く必要が在る。
posted by 天野☆翔 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

慰安婦問題合意を受けて南朝鮮国内で大規模な抗議。

* 【「慰安婦」日韓合意】「屈辱的だ」韓国で大規模抗議集会 慰安婦像国内外に増設宣言も (1/3ページ) - 産経ニュース
日韓外相会談での合意で慰安婦問題が最終決着したにもかかわらず、韓国では元慰安婦や支援団体が、日本側の「真の謝罪」や法的責任を求め、強硬に反発している。日本との合意を受けた韓国政府による元慰安婦の女性らへの説得や、ソウルの日本大使館前の慰安婦像撤去は難航している。
 ソウルの日本大使館前では30日、日韓合意から初めてとなる抗議集会が開かれ、元慰安婦や支援団体のほか、高校生や大学生らを含む300人以上が日韓両政府を激しく非難した。
集会では「屈辱的だ」「被害者(元慰安婦)の意見さえ事前に聞いていない。彼女らを見捨てた外交の惨事として長く歴史に残るだろう」などと抗議。また、日本大使館前の慰安婦像を韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が「適切に解決されるよう努力する」と明言したことについて、「撤去や移転への韓国政府の介入はあり得ない。韓日両政府は、さらに重い歴史的責任を負い続ける」と訴えた。
 韓国政府では、日本との合意に従い、支援団体と協議し、少なくとも慰安婦像を別の場所に移設させたい意向だ。しかし、「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」などは30日、今後も抗議活動を続けると断言し、日本大使館前の慰安婦像の撤去に応じるどころか、同じ像の設置を韓国だけでなく海外にも広げるとまで宣言した。
韓国の世論調査会社リアルメーターが29日に行った慰安婦像の移転についての調査結果(成人535人を対象)によると、「反対」が66・3%で、「賛成」(19・3%)を3倍以上、上回っている。日韓関係の改善を評価する一方で、韓国では元慰安婦に同情的な世論が相変わらず根強い。
 韓国政府は合意を受け入れるよう元慰安婦への説得に当たっているが、逆に抗議を受け、事実上の門前払いだ。また、慰安婦像の撤去が実現せず、別の場所で像が増設されれば、日本の世論悪化が懸念される。対日関係改善へ日本との年内合意を実現させた韓国政府だが、今度は国内での重い葛藤に直面している。
矢張り想定した通りで、合意の内容に不満を持つのが圧倒的に多かった。
とは云え、日本国内での不満とは全くの正反対で、今後批判しないと云う内容に対しての抗議で在る事から、慰安婦関連団体はどう在っても日本に対して責任を認めさせたいだけの姿勢です。
尤も、此の前提条件は既に崩壊してるので、根拠無き根拠なので意味を為さない。
今後は徹底抗戦の構えで動く放心らしいが、後は国内問題なのでどうぞ盛大に展開して、自己崩壊して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

慰安婦問題合意に橋下徹が批判。

* 「河野談話の書き換えだ!」橋下氏やはり吠えた ツイッターで慰安婦日韓合意を解説 かつての発言「正当性」を自負(1/2ページ) - 産経WEST
慰安婦問題に関して「最終的かつ不可逆的な解決」で合意した28日の日韓外相会談を受け、おおさか維新の会前代表(現・法律政策顧問)の橋下徹前大阪市長は29日、ツイッターに「激しい批判を受けた僕の発言で、慰安婦問題とは何か、朝日新聞の大誤報記事の取り消しなど、国民に問題意識を持ってもらったと自負している」と書き込んだ。自らの慰安婦発言の正当性を一貫して訴えてきただけに、現役さながらの橋下節≠ナ今回の合意の背景を解説してみせた。
波紋呼んだ慰安婦発言の真意
橋下氏は平成25年5月、記者団の取材に対し、先の大戦中の慰安婦制度について「あれだけ銃弾が飛び交う中、精神的に高ぶっている猛者集団に慰安婦制度が必要なのは誰だって分かる」と持論を展開、波紋を呼んだ。
 その後、日本外国特派員協会で記者会見。「発言の一部が文脈から切り離され、断片のみが伝えられた」として、発言の真意をこう説明した経緯がある。
 「かつて日本兵が女性の人権を蹂躙(じゅうりん)したことについては痛切に反省し、慰安婦の方々には謝罪しなければなりません。同様に、日本以外の少なからぬ国々の兵士も女性の人権を蹂躙した事実について、各国もまた真摯に向き合わなければならないと訴えたかった」
 「あたかも日本だけに特有の問題であったかのように日本だけを非難し、日本以外の国々の兵士による女性の尊厳の蹂躙について口を閉ざすのはフェアな態度ではありません」
 「戦場の性の問題は、旧日本軍だけが抱えた問題ではありません。第二次大戦中のアメリカ軍、イギリス軍、フランス軍、ドイツ軍、旧ソ連軍その他の軍においても、そして朝鮮戦争やベトナム戦争における韓国軍においても、この問題は存在しました」
天敵=H朝日新聞批判も
一連の説明を通じて慰安婦発言の正当性を理解、支持する声も広がったが、橋下氏は今回の日韓合意に、やはり一言、モノ申さずにはいられなかったようだ。
 橋下氏はツイッターで、安倍晋三政権で合意が実現した理由について「学者や評論家では絶対に分からない政治戦略。朝日新聞がヒステリックになっていた慰安婦報道について、大誤報を認め記事取り消しをやったから」と切り出した。
 合意では政府側が「軍の関与」は認めつつも「強制」の言葉は外れたと指摘。「これは(慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の)河野談話の書き換えだ! メディア、特に朝日、毎日新聞は(合意に)大騒ぎしているが、彼らは自らの主張が否定されたことに気付いていない」と皮肉った。
 その上で「『軍の関与』についての反省とお詫びであれば、世界各国も反省とお詫びをしなければならない」「軍が関与した戦場と性の問題は日本だけの問題ではない」と、これまで重ねて主張してきた自説を強調した。
 また、「国家が大きな政治決断をするには国民がその問題意識を持っていることが大前提」と指摘し、自らの慰安婦発言が河野談話の問題点への考察や「朝日新聞の大誤報記事の取り消し」につながり、国民の意識に少なからず影響したと自賛。今回の合意は「強制連行」を認めたものではないことは多くの国民に浸透しているとし、「こういう状況の下、安倍首相は政治決断に踏み切れた」と解説した。
合意の内容には賛否両論在るが、矢張り納得行かない中身で在った為に橋下徹は批判したが、当然の事かとも思う。
飽く迄行き過ぎた行為を摘発する趣旨での関与で在ったのは明白なのだから、軍の関与を盛り込んだのは明らかな失態。
趣旨としては河野談話よりも後退した側面も在るし、事象事態は上書きとも取れる内容なので、批判されて然りでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

佳子内親王殿下二十一歳の誕生日をお迎えに為られる。

* 【皇室ウイークリー】(番外編)佳子さまお誕生日〈45枚のお写真で振り返るこの1年〉(1/6ページ) - 産経ニュース
秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまは29日、21歳の誕生日を迎えられた。平成26年末、成年に達した佳子さまはこの1年、学業と並行して成年皇族としての公務に励まれてきた。「皇室ウイークリー」では、この1年間の佳子さまのご動静をお写真で振り返る。
 佳子さまは平成6年にご誕生。宮内庁によると、お名前は秋篠宮ご夫妻が相談して決められたという。「佳」の文字には「美しい、すぐれている」という意味があり、ご夫妻は「身体が健康であるだけでなく、人の気持ちを理解し、素直で思いやりがあるなど、心身ともにいろいろな意味で『佳(よ)い』女の子に育ってほしい」との願いを込められた。
 身の回りの品につけられる「お印(しるし)」の「ゆうな」は、屋久島や種子島、沖縄に分布する「オオハマボウ」の沖縄地方の呼び名で、ハイビスカスの一種。海岸近くに育つ小高木で、7〜8月ごろに枝の先などに淡い黄色の花をつける。
20歳の誕生日には、皇居・宮殿で、天皇陛下から成年皇族として「宝冠大綬章」の勲章を授与された。その後、秋篠宮邸で礼服の「ローブデコルテ」に勲章やティアラなどを身に着けた正装に着替え、再び宮殿で、天皇、皇后両陛下にあいさつをされた。
 プラチナにダイヤモンドがあしらわれたティアラは、ほかの宝飾品とともに総額約2800万円で新調されたもの。27年1月2日の新年一般参賀に初めて臨み、宮殿「長和(ちょうわ)殿」のベランダに笑顔で立たれた。
 同14日に宮殿「松の間」で行われた「歌会始の儀」では以下のようなお歌を詠まれた。
 〈弟に本読み聞かせゐたる夜は旅する母を思ひてねむる〉
 同15日には、成人したことを報告するため、東京都八王子市の武蔵陵墓地を訪れ、大正天皇の多摩陵と貞明皇后の多摩東陵、昭和天皇の武蔵野陵、香淳皇后の武蔵野東陵を参拝された。
2月1日、佳子さまは東京都渋谷区の国立能楽堂で、聴覚障害がある俳優らによる手話狂言をご鑑賞。舞台を終えた出演者らと懇談した佳子さまは20歳になった感想を俳優から尋ねられ、「お酒は飲めるようになったけど、飲んでいません」と答えられたという。
 3月6日には、伊勢神宮(三重県伊勢市)を初めてお一人で参拝し、成年を迎えたことを報告されている。佳子さまは爪先まで隠れる白いコート姿で、皇祖神の天照大神をまつる内宮をご参拝。玉砂利が敷き詰められた参道をゆっくりと進み、正殿の前にある内玉垣南御門で玉串をささげて、拝礼された。
 佳子さまは同18日、皇居・東御苑の桃華楽堂で開かれた「音楽大学卒業生演奏会」を皇后さまをはじめとする皇族方とともに初めて鑑賞されている。
 4月2日、国際基督教大(ICU、東京都三鷹市)の入学式にご出席。教養学部アーツ・サイエンス学科1年生となられた。2年前に学習院大に進学したが「新たな学びの場を持ちたい」として26年8月にご中退。その後、ICUのAO入試に合格されていた。
5月19日、秋篠宮妃紀子さまとともに東京都千代田区のホールで、映画「奇跡のひと マリーとマルグリット」全国盲ろう者協会活動支援チャリティー試写会を鑑賞された。
 6月3日には、国賓として来日していたフィリピンのベニグノ・アキノ大統領を招いて、天皇、皇后両陛下がご主催の宮中晩餐(ばんさん)会が皇居・宮殿で開かれ、佳子さまも初めて出席された。
 佳子さまは同6日、山口県下関市の安徳天皇の陵を参拝された。佳子さまが単独で地方に出向き、公務に臨まれるのは、このときが初めてのことだった。
 皇后さまが前年、傘寿を迎えられたのを祝う宮内庁楽部による洋楽演奏会が同26日、桃華楽堂で開かれ、佳子さまも出席された。
 7月25日には、静岡県御殿場市で開かれた第49回全日本高校馬術競技大会の開会式に臨席し、「皆さまは日々、馬と気持ちが通じ合うよう努力をしていらっしゃると思います。この経験は、馬術に限らずさまざまなところで生かしていけるのではないでしょうか」とあいさつされた。公務による式典であいさつされるのは、これが初めてのことだった。
佳子さまは8月7日、秋篠宮ご夫妻、悠仁さまとともに東京都千代田区の国立施設「昭和館」を訪れ、学童疎開や空襲など戦中・戦後の国民生活に関する資料を集めた常設展と、戦後70年に合わせた特別企画展「昭和20年という年〜空襲、終戦、そして復興へ〜」を観覧されている。
 9月21日には、鳥取県米子市を訪れ、第2回全国高校生手話パフォーマンス甲子園の出場者らが集う交流会に臨席し、手話を使って「頑張ってください」などと励まされた。また、翌22日には同甲子園の開会式に臨席された。
 10月17日に皇居・賢所で行われた神嘗祭(かんなめさい)賢所の儀に、秋篠宮ご夫妻をはじめとする皇族方とともに佳子さまも参列されている。
 佳子さまは11月8日、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターを訪れ、中学生が日常生活で感じたことなどを発表する第37回「少年の主張」全国大会にご臨席。地方ブロックの代表12人が壇上で訴える主張に耳を傾け、拍手を送られた。
12月23日の天皇陛下の誕生日には一般参賀に臨み、宮殿「長和殿」のベランダに再び立たれている。
 この1年、学業に影響が出ないように土日を中心として公務に励まれた佳子さま。28年も成年皇族として国民のためにさまざまな公務を果たされることになるだろう。
* www.fnn-news.com: 佳子さま誕生日 成年皇族としてのこの1年を振り返ります。

秋篠宮ご夫妻の次女・佳子さまは29日、21歳の誕生日を迎えられました。成年皇族としての第1歩を踏み出された1年を振り返ります。
午前10時前、佳子さまは天皇皇后両陛下に、誕生日のあいさつをするため、皇居を訪問された。
ちょうど1年前の12月29日、ティアラを身につけ、成年皇族の一員になられた佳子さま。
新春の歌会始などの宮中行事に初めて参加したほか、3月には、成年を迎えた報告をするため、伊勢神宮などを参拝された。
4月、佳子さまは「新しい学生生活を始められることに感謝しつつ、有意義に過ごしていきたいと思います」と話していた。
4月にICU(国際基督教大学)に入学し、大学生活が始まると、授業のない週末などを利用し、国内各地を訪問された。
また、手話を学び、聴覚障害者に関する、さまざまな行事にも出席された佳子さま。
鳥取・米子市で9月、佳子さまは「手話は言葉であり、大切なコミュニケーション手段の1つです」と述べられた。
成年皇族として、初めて尽くしの1年だったが、1つ1つの公務を着実にこなされた。
年明けも、元日から宮中行事に出席し、可能な範囲で公務に取り組まれる。
本日皇紀二六七五年 十二月二十九日、佳子内親王殿下に於かれましては、お誕生日をお迎えに為られました。
一国民として、心よりお慶び申し上げます。
奉祝 皇尊弥栄
posted by 天野☆翔 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | The imperial family | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

慰安婦問題でウォールストリート・ジャーナルが間違った見解。

* 日韓こじれたのは日本の硬直的立場に原因…米紙 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は28日、慰安婦問題を巡る日韓合意について「安倍首相がかつて疑義を呈した(慰安婦に関する)歴史的事実を受け入れた」と指摘した。
 また、慰安婦を「性奴隷」と表現し、日韓関係がこじれたのは「日本の硬直的な立場」に原因があるとした。韓国側については、「朴槿恵大統領が政治的リスクを冒して(日本に)歩み寄った」と記した。
 ワシントン・ポスト(同)の社説は、合意自体について「(安倍氏と朴氏が)政治的障壁よりも国益と世界の利益を優先したもので、称賛に値する」と評価した。
日本と南朝鮮間で問題を拗らせたのは、虚構の強制連行を信じた民衆と、金に為るからと云って嘘を喧伝した慰安婦側関係者各位の姿勢に在る。
日本は条約と請求権協定で解決してると云う事で、此の問題を収める必要が有り、一切の譲歩をしなかったのは当然の事で在る。
硬直的と批判する根拠は一体何処に在るのかと問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする