冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー SignalNow Express

2017年02月09日

名古屋大元女子学生に因る毒物殺人事件の被告の主張には呆れる。

* 【名古屋大元女子学生殺人】「タリウム持つだけでうっとりした」「投与は中毒観察のため」「反省の意味がピンとこない」 元名大生、改めて殺意否認(1/2ページ) - 産経WEST
平成26年に女性が殺害され、24年に高校生2人が劇物の硫酸タリウムを飲まされた事件で、殺人や殺人未遂罪などに問われた名古屋大の元女子学生(21)は9日、名古屋地裁の裁判員裁判公判の被告人質問で「殺すつもりはなく、タリウム中毒を観察しようとした」と改めて殺意を否認した。
 また高校時代にタリウムなどを購入した理由を「コレクション目的と人に投与したいのが半分ずつ。持つだけでうっとりし、瓶に入れて持ち歩いていた」と証言した。
 24年5月27日に中学の同級生だった女性(21)をカラオケに誘って実際に飲ませたと認め「どうしても投与したくなった。気分が落ち込んだが、その後に高揚して一睡もしなかった」と述べた。翌28日には高校の教室で、席が隣だった男性(20)のペットボトルにもタリウムを投与、30日には別の同級生の水筒にも入れたが、粉がうまく混ざらず捨てたとした。
体調を崩し学校を休んだ男性が、7月に登校すると耐性ができたのかもしれないと思い、再び投与した。死ぬ可能性には「ゼロではないが、たぶん大丈夫と思った」と話した。事件については「反省しなければいけないが心がついていかない。反省の意味がピンとこずもどかしい」と話した。
 起訴状によると、高校生だった24年5〜7月、仙台市で中学の同級生だった女性や高校の同級生だった男性に飲み物に混ぜた硫酸タリウムを飲ませ、殺害しようとしたとしている。弁護側は重篤な精神障害を理由に無罪を主張している。
殺意を否定したが、否定するには其の意識も根拠も極めて希薄で在る。
更に毒物なのだから致死は容易に想定出来るのにも関わらず、中毒性の確認と云う事で更に毒物を混入し投与すると云う意識には、本当に呆れ果てて開いた口が塞がらない。
精神状態での無罪主張には無理が在り、此れを理由にするならどんな事件も無罪主張出来るでしょう。
毒物混入投与は常習性が在り無罪を主張するには到底理解されないでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

民進党が原子力政策で内部分裂。

* 民進、連合組織内議員が拙速な「原発ゼロ加速」を牽制 - 産経ニュース
民進党最大の支持団体・連合の組織内議員が9日、国会内で野田佳彦幹事長と面会し、次期衆院選公約で「2030年原発ゼロ」を掲げようとしている党執行部に、慎重に判断するよう申し入れた。早期の「原発ゼロ」を打ち出したい蓮舫代表に対し、党内の原発再稼働容認派が異議を唱えた格好で、党内の温度差が浮き彫りとなった。
 申し入れたのは「連合組織内議員懇談会」の代表世話人である小林正夫参院議員(電力総連)ら。民進党は3月の党大会で、これまで掲げた「2030年代原発ゼロ」から「2030年原発ゼロ」に修正し、目標時期を明示する方向で調整。党エネルギー環境調査会(玄葉光一郎会長)で具体的な工程表作りを進めている。
 野田氏への申し入れ書には「結論ありきで考え方の柱を見直すならば、党内の混乱を生む」と懸念を示し、「(見直しを)拙速に進めても、離れた民心を取り戻すには至らず、党勢回復には到底つながらない」と批判している。
原子力発電所の稼働率を皆無にすると云う方針の目標で、連合出身者からの批判が出た事で、其の党内の統一見解すらも纏められないと云う組織の脆弱性が浮き彫りに成りました。
矢張り烏合の衆と云う事で、其の組織の在り方には大いに問題が在る。
posted by 天野☆翔 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

沖縄県が「政策調整監」を新設。

* 沖縄県、基地問題で新ポスト「政策調整監」新設 - 産経ニュース
沖縄県の翁長(おなが)雄志(たけし)知事は9日、米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設を中心とした基地問題を担当するポストとして「政策調整監」を新設し、元県議の吉田勝広氏(71)を充てる方針を固めた。基地問題を担当してきた安慶田光男副知事が教員採用試験をめぐる口利き疑惑で1月に辞職したことを受けた措置。吉田氏は米軍キャンプ・ハンセンがある金武町長を2期、県議を4期務めた。辺野古移設反対を主張し、辺野古周辺での抗議活動にも参加しており、翁長県政は革新色が強まる。
 一方、後任の副知事には元沖縄国際大学長で県参与の富川盛武氏(69)を起用する。経済学が専門で経済政策を受け持つ。翁長氏は安慶田氏と同じように基地問題を担える副知事の適任者が見つからず、担当幹部を別に置くことを決めたとみられる。
沖縄基地問題の為に「政策調整監」を新設すると云うが、此れは明らかに税金の無駄遣いで悪足掻きでしか無い。
而も、此の人事に基地移設反対派が就任すると云うのだから、最初から徹底抗戦の構えで中立性が無い。
基地移設賛成の県民の税金がこう云う反対派の為に使われる事に、県民は大いに批判の声を上げるべきでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

のりこえねっとが東京新聞に圧力。

* 【東京新聞「深く反省」】反対派有志ら、長谷川幸洋氏に謝罪要求 「謝罪なければ解任を」 東京新聞に申し入れも(1/2ページ) - 産経ニュース
沖縄の米軍基地反対運動を扱った内容に批判が出た東京MXテレビの番組「ニュース女子」の問題で、司会を務める東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹がラジオ番組で反論したことを受け、基地反対派の市民団体「のりこえねっと」のメンバーら有志が9日、長谷川氏に謝罪と訂正を求めた。応じない場合は論説副主幹の職から解任するよう東京新聞に申し入れた。
 メンバーらは同紙を発行する中日新聞東京本社を訪れ、小出宣昭社長、深田実論説主幹らあての申し入れ書を担当者に手渡した。書面は長谷川氏にも郵送した。
 書面では、同紙による2日付の謝罪記事掲載を受け、長谷川氏が6日にラジオ番組で「言論の自由の侵害」と反論したことに触れ、「事実に基づかない論評を流すことは、言論の自由でしょうか」と批判。長谷川氏に謝罪し、番組内容を訂正するよう求めた。
 さらに、同紙に対しても「新聞社の任命責任は問われずにすむのでしょうか」として、長谷川氏が「訂正と謝罪をしない場合、論説副主幹から解任すること」を要望した。
 申し入れに先立ち、有志らは衆院議員会館で記者会見を開いた。有志の1人で、同紙にコラムを執筆する法政大の山口二郎教授(政治過程論)は「嘘をついたジャーナリストには徹底的に攻撃を加え、制裁を加える必要がある」と述べた。
放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会の委員を務めた経験のある精神科医、香山リカさんも有志として会見に出席。「東京新聞という看板を背負って司会進行を務めているにもかかわらず、無責任で、開き直って正当化している。(長谷川氏は)言論弾圧というが、デマは言論や議論ではない。それを批判することは弾圧ではない」と話した。
 問題となっているのは、1月2日に放送された「ニュース女子」。番組では、沖縄県東村高江の米軍高江ヘリパッド建設をめぐり先鋭化する反対運動を特集。出演者が反対派について「テロリストみたい」などと表現した。一部の市民団体などから抗議の声が上がり、東京新聞は2日付朝刊1面で、「事実に基づかない論評」が含まれていたとして、謝罪記事を掲載している。
東京新聞の肩を持つ訳では無いが、のりこえねっとの此の要求は明らかに過剰な反応です。
人事に迄言及し要求するのは完全に超えては為らない壁を超える行為で越権行為で在る。
事実を其の儘報道した事で、此の番組の司会進行をした東京新聞の副主幹に対しての批判なら解るが、辞職させよと云うのは倫理的にも異常な状況で在る。
のりこえねっとは恥を知れ。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

大規模な児童への猥褻事件。

* 小学校教員や看護師ら男児ポルノ愛好者6人を逮捕 SNSで知り合い画像交換 全国160人超被害か(1/2ページ) - 産経ニュース
神奈川など7県警が会員制交流サイト(SNS)を利用した男児ポルノ愛好者の2グループを摘発し、強制わいせつや児童買春・ポルノ禁止法違反(提供目的製造)などの疑いで20〜66歳の男6人を逮捕、追送検していたことが分かった。神奈川県警が9日、明らかにした。
■小中生キャンプ旅行代理店員…店男児の裸10万点を超す画像・動画も押収
神奈川県警によると、このうち1グループの4人は小中学生対象のキャンプなどに添乗員やボランティアとして参加。2グループの被害者は小中学生や未就学児168人に上るとみられ、居住地は少なくとも9都府県に及んでいる。県警などはこれまでに21人分の被害を立件した。他にも被害者がいるとみている。
 逮捕されたのは、看護師資格を持つ無職、開発哲也容疑者(35)=大阪府東大阪市新庄=ら4人のグループと、東京都内の小学校教員、橋本顕容疑者(45)=東京都立川市富士見町=ら2人。 開発容疑者は小中学生のキャンプなどを企画する旅行代理店で看護添乗員として勤務。グループの他のメンバーや橋本容疑者とは愛好者のSNSで知り合った。撮影した画像を交換する目的だったとみられる。
 捜査本部は男らの自宅などから10万点を超える男児の裸などの画像や動画を押収した。
被害者が現段階で百六十名を超えるとの事だが、過去に此れだけの人数が被害者認定された事件は聞いた事が有りません。
組織的に犯罪が行われたのは間違いの無い事なので、司法は徹底的に事件の背景を明らかにして頂きたい。
校外学習の場で犯罪が行われてたと云う事で、保護者は学習の場にこう云う事件が起きた事で、今後はこう云う学習の場への参加を躊躇する事にも繋がる。
子供の学習の機会を奪っては為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

手押し車の事故再び。

* 手押し車が挟まり…78歳、踏切ではねられ死亡 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
9日午前10時50分頃、東京都豊島区西池袋にある西武池袋線椎名町―池袋駅間の踏切で、手押し車を押して渡っていた近くに住む高津幸子さん(78)が転倒、踏切に入って来た準急電車にはねられ、死亡した。
 高津さんは足が不自由だったといい、警視庁目白署で詳しい状況を調べている。
 同署によると、高津さんは踏切を渡る途中で、手押し車の車輪が線路の溝に挟まって動かなくなった。外そうとした際に転倒し、車輪は溝から外れたが、その直後に電車が踏切に入ってきたという。近くの防犯カメラに一部始終が映っていた。
 当時、付近に通行人はおらず、誰も助けることはできなかった。高津さんは買い物途中だったとみられる。
 現場は同線椎名町駅そばの踏切。長さ約12メートルで、遮断機と警報機はあった。
線路の溝の手押し車の車輪が嵌り、此れを外す為に転倒した結果事故が起きた。
此の原因は手押し車の車輪の構造的欠陥に在り、車輪を露出させてるからこう云う事が起きる。
溝に嵌らない様な大きな球状の車輪にするか、車輪を半球状のカバーで覆うか等の対策が求められます。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

端島炭鉱は決して強制収容所では無い。

* 【歴史戦】「軍艦島は地獄島…」韓国映画・絵本が強制徴用の少年炭鉱員を捏造 憤る元島民たち「嘘を暴く」(1/5ページ) - 産経ニュース
「1945年、日帝占領期、われわれはそこを地獄島と呼んだ」
 こんな宣伝文句がつけられた韓国映画のポスターが1月下旬に公開された。映画の題名は『軍艦島』(監督・柳昇完)。「強制徴用」された朝鮮人たちが「生命を賭して脱出を試みる」という映画だ。
 あわせて公表された映画の予告編では、海底炭鉱で腰すら伸ばせないような場所で体を縮ませたまま採掘作業をする朝鮮人少年たち、ガス爆発の危険にさらされながら作業する人たちの姿が映り、そして「ここの出来事を記憶する朝鮮人たちは一人たりとも残してはいけない」という日本語のせりふが流れる。今夏公開予定という。
慰安婦の次は…
映画だけではない。昨年韓国では児童用絵本『軍艦島−恥ずかしい世界文化遺産』(尹ムニョン作、ウリ教育)も刊行された。
 「戦争を引き起こし狂気の沙汰であった日本は、朝鮮半島から幼い少年たちまで強制的に日本に連行したのです。(中略)目的地も告げられずセドリ(主人公の少年の名前)が連れて行かれた場所は、まさに地獄の島『軍艦島』でした」
 映画同様、ここでも「地獄島」という言葉が使われている。絵本では「幼い少年たちが地下1000メートルにまで降りて、日本が戦争の資源として使う石炭を掘らなければならなかったのです」と記している。
少年たちが鉄格子の檻に収容されている様子も描かれている。
 「少年たちはまさに死の恐怖の中で日々を耐えなければなりませんでした」
 鉄格子の檻の外壁にはハングルで「お母さん、会いたいよー」「おなかがすいたよ ふるさとに帰りたいよー」と書かれている。
 首都大学東京名誉教授、鄭大均はシンクタンク「日本戦略研究フォーラム」の時事論考で「戦時期の日本の炭鉱にあどけない『朝鮮人少年坑夫』など存在しなかったことは関係者なら誰でも知っている」と批判した。
 鄭は絵本になぜ朝鮮人少年が登場するかを次のように分析する。
 「絵本が出た2016年に関係している。朝鮮人慰安婦が『少女像』として脚光を浴びていた時代であり『朝鮮人少年坑夫』はその『少年版』なのだろう」
 戦後、長らく忘れられた存在だった「軍艦島」として知られる端島(はしま)に世界の注目が集まったのは、端島炭坑(長崎市)など「明治日本の産業革命遺産」が15年7月に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産として登録されることが決まったからだ。
 韓国は官民を挙げて阻止に動いた。映画や絵本はその運動の一環だ。こうした「事実と違うことには反論しなければならない」と立ち上がったのが元島民たちだった。
「事実と違う」
1月7日朝。長崎港から約19キロの沖合にある端島に8人の元島民が上陸した。一時雨との予報も出ていたが、空は晴れ上がり、波もほとんどなく、“里帰り”を歓迎しているかのようだった。
 「死ぬ気で来たよ」
 宮崎県在住の元坑内員で朝鮮半島出身者や中国人とも働いた松本栄(88)は冗談を言いながら、娘たちに脇を抱えられながらゆっくり下船すると、眼前に広がる風景に目を細めた。
 軍艦島は面積約6万3000平方メートル。南北に約480メートル、東西に約160メートル、周囲約1200メートルという東京ドームの約1.3個分ほどの大きさの島だ。最初の竪坑建設に着手した1869(明治2)年から、1974(昭和49)年に閉山するまで多くの人が生活した。
 最盛期の人口は約5300人。小さい島の限られた空間を埋めるように日本初の鉄筋コンクリート造りの高層アパートが建設された。当時の東京の人口密度の9倍だったという。
有刺鉄線はなかった
閉山から43年。建物の多くは朽ち、崩壊していた。松本は「この辺には何があったかな」と、時折つぶやきながらゆっくりと島内を歩いた。
松本が他の元島民らとともに立ち止まった場所があった。かつて中国人労働者が生活していた建物があったという場所の前だ。今は空き地になっている。
 「中国人は100人ぐらいしかいなかった」「ここに200人の中国人が入る家屋があったというが、そんなに多くの人は入らないよ」「1部屋に入るのはせいぜい10人ぐらいだった」
 中国人労働者を閉じ込めるために有刺鉄線が敷かれていたという話もあるが、松本は「有刺鉄線はなかった」と話す。
 朝鮮半島出身者の子供は日本人の子供と同じように学校に通い、机を並べて勉強した。アパート内には朝鮮半島から来た家族も多く入居していたという。
 そのうち、元島民の一人が島の上にある真っ白な灯台を指さした。
 「戦前、端島は不夜城のように明るかったから灯台なんて必要なかった」
 だが、韓国で出版された児童用絵本『軍艦島−恥ずかしい世界文化遺産』には、灯台から3本の光を発している絵が描かれている。「絵本は明らかに事実と違う」と元島民たちは口々に反論した。
録画で記憶を残す
端島を訪問した元島民たちは長崎市内のホテルでほかの元島民らと合流し会合を開いた。出席者からは故郷である端島が国内外にゆがめて伝えられていることへの憤りの声が相次いだ。
「端島について書かれた本を読むと端島が(ナチス・ドイツによる)アウシュビッツ収容所と同一だと書いてあり、頭にきた。本に書いてある嘘を暴いて、これが真実であると国内外に言わなければいけない」
 「朝鮮人労働者が虐待されたという話ばかり。欺瞞と虚偽と誇張に塗り込まれた記事が横行していることに憤りを感じる」
 「日本は事実を明確にして反論しなければいけない。慰安婦問題もそうだが、日本は事なかれ主義できたが、もう少し毅然と事実を明らかにして言うべきことは言うという姿勢で臨んでいきたい」
 「韓国では端島を『監獄島』『地獄島』と言っているそうだが、われわれはそんなところに住んだ覚えはない。日本で重い罪を犯して無期懲役を受けた者が軍艦島に来ていると書かれているが、私たちは違う」
 真実を伝えるには、端島で生まれ育った自分たちが口を開くしかない。こうした思いに突き動かされた元島民たちは「真実の歴史を追求する端島島民の会」を1月23日に設立した。
 当時のことを記憶する元島民たちの証言を動画で記録するなどして、後世に「正しい端島の歴史」を伝える考えだ。
 炭鉱労働者たちの証言記録を集めている内閣官房参与の加藤康子は会合で「皆さんの一次証言や一次資料が何よりも一番重要な真実を語る。それをそのままの形で残していきたい」と述べ、元島民や家族に協力を求めた。

【用語解説】朝鮮人徴用
 端島など「明治日本の産業革命遺産」のユネスコ世界文化遺産登録をめぐり、韓国側は「強制労働」という言葉を盛り込もうとした。だが、徴用は国民徴用令に基づいており、当時の国際法上違法ではなかった。そもそも請求権問題は、1965年の日韓請求権協定で最終的に完全に解決済みである。ただ、日本側は韓国に配慮し「朝鮮半島などから多くの人が意思に反して連れてこられ、厳しい環境で労働を強いられた」と表明した。
当時の端島炭鉱は内地と全く異成り、最先端の生活水準が維持され、電気製品すらも存在した。
冷蔵庫や洗濯機は充実し、生活水準は極めて高く、炭鉱夫に支払われる賃金も高かった。
況してや朝鮮人に関しては、当時の朝鮮半島の労働者の二倍以上もの高収入が得られたのです。
福祉も高い水準で教育も拡充されて居ました。
嘗て炭鉱夫だった人々は誰しもが知ってる事だし、炭鉱夫募集の求人は大人気で在ったのは間違いは無い。
にも関わらず、こうした捏造された認識が拡大してるのは、明らかに事実を完全に無視して反日無罪の意識で居るからです。
慰安婦問題同様に、日本政府も此の事実の認定で誤った方針で居た事が結果的に事態を悪化させて居ます。
帰化して居るが、首都大学東京名誉教授の鄭大均氏が事実を正確に述べて居る事を重く受け止めるべきでしょう。
当の朝鮮人が事実無根だと主張してるのです。
端島の輝かしい過去の功績を歪めては為らない。
posted by 天野☆翔 at 06:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

ムスリムと云えども学校給食は「郷に入れば郷に従え」。

* 学校生活、給食など苦慮 ムスリムの子に「理解を」|静岡新聞アットエス
静岡文化芸術大主催の多文化子ども教育フォーラムが4日、浜松市中区の同大で開かれ、静岡県多文化共生審議会委員で、インドネシア出身のエフィ・グスティ・ワフユニさん(39)が講演した。県内のイスラム教徒(ムスリム)への調査を基に、ムスリムの子どもたちが学校生活で給食や礼拝などに苦慮している現状を報告。「ムスリムを取り巻く問題改善のきっかけになれば」と訴えた。
 調査は昨年11月、県内在住の同国人ら26家族を対象に、学校生活や職場で困っていること、対応策などを尋ね、実態を初めて公表。「ハラール対応」ではない学校給食に多くの保護者が悩んでいる様子が浮かび上がった。大半が毎日弁当持参か、豚肉使用のメニュー時におかずを持参する対応を取っていて、「給食は食べるが豚肉は残す」ように子どもに指示している家庭もあった。
 学校や職場で、お祈りや断食、女性が頭にかぶる「ヒジャブ」を禁止された例や、侮蔑の言葉を投げ掛けられた体験談も示された。
 エフィさんは、ハラール対応の給食を出す福岡県内の私立保育園や金曜日の礼拝を例外的に認める浜松市内の学校などを紹介し、「ルールだから駄目というのではなく柔軟な対応を検討してほしい」と理解を求めた。
アレルギー等の生命の危機に直結する案件ならば話は別だが、宗教上の理由と云う事で配慮を求めるのは本末転倒で荒唐無稽です。
弁当と云う手が在るのだから、其れを持参させれば良いでしょう。
第一ハラールならば禁止された食材に触れた調理器具すら駄目な筈です。
郷に入れば郷に従えで在る。
posted by 天野☆翔 at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

Thunderbird45.7.1がリリースされました。

MozillaはThunderbirdの最新版、Thunderbird45.7.0をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Thunderbird − メールをもっと簡単に。 − Mozilla
* Thunderbird − Notes (45.7.1) − Mozilla

posted by 天野☆翔 at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする