冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年02月13日

日米共同声明に支那が批判。

* 【日米首脳会談】中国報道官、尖閣諸島への安保適用明記に「不法な領土主張を裏書き」と反発 - 産経ニュース
中国外務省の耿爽報道官は13日の記者会見で、日米首脳会談後の共同声明において尖閣諸島(沖縄県石垣市)が日米安全保障条約第5条の適用対象と明記されたことについて、「日本が日米安保の名目で米国に不法な領土主張の裏書きをさせることに断固として反対する」と主張した。
 また、共同声明が南シナ海での「拠点の軍事化」を避けるよう関係国に求めたことについて耿氏は「中国が自らの島嶼(とうしょ)上で関係施設を建設するのは完全に主権の範囲内であり、軍事化とは無関係だ」と反発。「一部の国家が艦艇や航空機を南シナ海に派遣して武力を見せつけたり、(関係国間の)離間をそそのかしたりすることこそが、南シナ海の『軍事化』の最大の要因だ」と日米を牽制(けんせい)した。
尖閣諸島が日米安全保障条約の第五条の適応対象とされた案件で、尖閣諸島を虎視眈々と狙う支那に取っては極めて邪魔な言及で在った。
此の案件は支那の海洋覇権の最大の障壁に成る事は間違いは無いので、批判する事は容易に想定出来様。
スプラトリー諸島等に関しても同様で、力に依る現状変更を強行しての成果なのだから、此処を突かれると国際社会に対しての正当性を失う。
今回の日米首脳会談と日米共同声明は其れ程支那への牽制に成ったと云う事でしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

日米首脳会談を小池晃が批判。

* 【日米首脳会談】共産・小池晃書記局長「異常なトランプ追随際立たせた」「あんなに仲良くしている姿見せた」 - 産経ニュース
共産党の小池晃書記局長は13日の記者会見で、安倍晋三首相とトランプ米大統領による初めての日米首脳会談について「異常な『トランプ追随』を際立たせた会談になった」と批判した。さらに「異常な従属体制の根本にあるのは日米安全保障条約だ」とも述べ、改めて日米安保条約の廃棄を求めた。
 小池氏は、トランプ政権がイスラム圏7カ国からの入国を禁止した大統領令について首相がコメントを避けたことや、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を「唯一の選択肢」と確認したことなどを指摘し「日本国民にとっていいことは全然ない」と強調した。
 さらに、トランプ政権はこれまでの米政権になかった異常な排外主義があるとして、「世界中が懸念の目を向けている政権と、あんなに仲良くしている姿を見せた。多くの良識ある市民は『日本はどういう国か』と見る」とも述べた。
日米共同声明の何処に追随の事案が盛り込まれてるとでも云うのか。
一体何処を見てそう判断したのか甚だ疑問を抱きます。
オバマ政権では口頭のみの言及だった尖閣諸島への日米安全保障条約適応の案件が、今回は公式文書として記載されたのは明らかに日本の立場を強調した事で決して追随では無い良い証左で在る。
又、出入国関係の事案は完全に内政問題なので内政干渉すべきでは無いのは当然の事で在る。
更に辺野古基地移設問題は此の選択肢以外は実効性も有効性も無いのだから当たり前の事です。
小池晃は現実逃避するしか考えが無いのでしょう。
首脳会談の成功を妬んでるだけに過ぎない。
posted by 天野☆翔 at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

野田佳彦が又しても突飛な批判。

* 【日米首脳会談】安倍晋三首相は「ドラえもん」のスネ夫になった! 民進党の野田佳彦幹事長が批判 - 産経ニュース
民進党の野田佳彦幹事長は13日、イスラム圏7カ国からの入国を禁止した米大統領令に関し、内政問題だとしてコメントを避けている安倍晋三首相を藤子・F・不二雄さんの人気漫画「ドラえもん」のスネ夫に例えて批判した。
 野田氏は記者会見で、大統領令に懸念を示しているイギリスのメイ首相やドイツのメルケル首相に触れ、「しずかちゃんは毅然としてものを言っている」と評価し、「日本はのび太になるか、スネ夫になるかだ」と指摘した。
 その上で、安倍首相がトランプ米大統領との共同記者会見でコメントを避けたのを念頭に、「のび太君はびびりながらもモノを言うことがある。(首相は)完全にスネ夫君になったと思われるのではないか」と批判した。
日米共同声明での案件で、出入国問題に関して安倍晋三内閣総理大臣が言及を避けたのは、此れは完全に内政問題なので日本がイチイチ言及する事では無い。
にも関わらず、此の案件をドラえもんに置き換えて批判するとは、此の男も完全に政治家として終わった。
posted by 天野☆翔 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

北朝鮮がミサイル射出成功に歓喜。

* 【北ミサイル発射】新型中長距離弾道ミサイル「北極星2」の発射に「成功」と主張 金正恩氏立ち会いの下(1/2ページ) - 産経ニュース
北朝鮮国営メディアは13日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の立ち会いの下、12日に新型中長距離弾道ミサイル「北極星2」の発射実験が「成功裏に行われた」と報じた。
 新型ミサイルについて、北朝鮮は、昨年8月に発射した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の射程を延長して開発、固体燃料エンジンを採用したと主張。韓国軍によると、高度は約550キロに達した。
 北朝鮮メディアは「周辺国の安全を考慮し、飛距離の代わりに高度を高める高角発射方式で実施した」と強調。発射日を金委員長が「自ら定めた」と指摘した。12日は、北朝鮮が2013年に3回目の核実験を実施して4年に当たる。16日は金正日(ジョンイル)総書記の生誕75年で、節目に合わせ、国威発揚を図るとともに、国際社会に核・ミサイル開発を継続する意思を示す狙いもあるとみられる。
北朝鮮は昨年、24発の弾道ミサイルを試射したが、昨年10月の中距離弾道ミサイル「ムスダン」の発射・失敗を最後に発射は確認されていなかった。今年に入って米本土を狙った大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射を示唆していた。今回のミサイル発射について「ICBM開発に向かう前段階だ」との見方も出ている。
北朝鮮の立場としては其れは技術の確認が出来た事で大喜びなのでしょう。
然し国際的な緊張を強いる側面は一切感知出来て無いと云うのには、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
其の方向性は完全に「構ってちゃん」以上の何物でも無いでしょう。
一番危険なのは日本だが、アメリカも悠長に事を構えては居られない状況に来て居ます。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする