冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年03月23日

護衛艦「かが」を支那が批判。

* 中国報道官「空母加賀は大戦中に撃沈された」 護衛艦「かが」就役で“軍国主義復活”持ち出す - 産経ニュース
中国外務省の華春瑩報道官は23日の記者会見で、海上自衛隊最大の護衛艦「かが」が就役したことに関して「(旧日本海軍の空母)加賀は第二次大戦中、米軍に撃沈された。日本は歴史の教訓をくみ取るべきだ。加賀の再現は、軍国主義の復活を意図しているのではないことを希望する」と歴史問題を持ち出し日本側を牽制した。
 「海洋強国」を掲げる中国は海空軍力の増強を加速させており、今年度の国防予算は初めて1兆元(約16兆1000億円)を突破し、日本の国防費の3倍超の規模になっている。華氏は「近年、日本は絶え間なく中国脅威論を誇張し、軍備拡張の口実にしている」と主張した。
航空母艦の加賀を引き合いに出して護衛艦の「かが」を批判すると云う愚。
軍国主義に突き進んでるのは明らかに支那で在るのに、此れを日本に強引に当て嵌めて日本を叩くのは筋違いで在る。
話の摩り替えで自国の不都合な真実を責任転嫁するのは言語道断で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

英霊の遺品が遺族に戻る。

* ニューギニア島で戦死した旧日本兵の帽子、73年ぶりに“帰郷” 茨城・笠間市の遺族「夢にも思わず」(1/2ページ) - 産経ニュース
先の大戦中にニューギニア島で戦死した茨城県笠間市出身の旧日本兵、亀石脩さん(享年22)の帽子が22日、遺族の元へ帰ってきた。元米兵の遺族が、旧日本兵の遺品の返還活動を行う米国の民間非営利団体(NPO)を通じて返還した。73年ぶりの「帰郷」に、おいの亀石清さん(80)は「遺品が帰ってくるとは夢にも思わなかった。感激した」と喜んだ。
 同市役所で22日、返還式が行われ、県遺族連合会の狩野安理事長から帽子が手渡されると、清さんは笑顔で受け取った。
 脩さんは同市稲田(旧西山内村)出身。昭和19年5月3日、海軍上等機関兵としてニューギニア島のセンタニ付近で散華した。清さんによると、戦没時の詳しい状況はわかっておらず、遺骨も戻っていないという。
 元米兵が戦地から持ち帰った帽子を譲り受けた遺族が、米国のNPO団体「OBON SOCIETY」に日本の遺族への返還を依頼した。今年1月に日本遺族会から県遺族連合会に調査依頼があり、調査の結果、脩さんの身元が判明したという。
清さんは8歳の時、脩さんの母親にあたる祖母と横須賀まで出向き、戦地に赴く直前の脩さんと最後に会った。脩さんは東京の大学に通っていたといい、「頭がよくていい男だったと聞いていた」と話した。帽子については「いずれ(脩さんの)親たちも入っているお墓に入れるのが一番いいかもしれない」と語った。
大東亜戦争時代で命を散らして行った英霊の皆々様方の遺品が遺族の元に戻る事は屡在るが、今回は帽子が戻って来ました。
遺族に取っては貴重な遺品なので帰還を果たす事が出来て本当に良かった事でしょう。
遺骨等の体に関する案件が帰還を果たす事が叶わない場合は、遺品が其の替わりにも為り慰みにも成る。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

NECのLAVIEシリーズのスクリーンセイバー完全停止。

* 冥庵:info.boardの自動起動無効化。
でも触れましたが、OS自体のスクリーンセイバーを停止させても、一定時間経過するとスクリーンセイバーが起動してる事を確認出来るでしょう。
其の為にはinfo.boardを起動させ無ければ良いだけで、自動起動を無効化するかアンインストールするのが良いでしょう。
此れをしたく無い場合にはスクリーンセイバーの項目で全てを無効化する事でも解決します。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Computer/Network | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

戦争の実態を世代間で語り継ぐ会が設立された。

* 戦争の記憶語り継ぐ「次世代の会」結成…戦没者遺族の孫、ひ孫ら - 産経WEST
戦没者遺族の高齢化が進む中、福井県敦賀市内の遺族の孫、ひ孫らでつくる「敦賀市遺族次世代の会」が設立された。後継者づくりに取り組む同市遺族連合会の呼びかけに賛同した孫らが参加。県や市の戦没者追悼式や毎年夏に市内の忠霊塔で執り行う法要に参列するなど、遺族の次世代が戦争の悲惨さ、平和の尊さを語り継いでいく。
 同市遺族連合会によると、40年前は約1600人の会員がいたが、約500人まで減少。会員の平均年齢も76歳を超えているという。福井県遺族連合会も平成28年度に後継者作りの3カ年計画を策定するなど、遺族の高齢化に伴う活動継続が課題になっている。
 27年に市遺族連合会が行った実態調査では同市内に遺族の孫、ひ孫が約70人いることが分かった。このうち「次世代の会」の設立に理解を示した孫、ひ孫をはじめ、活動に賛同する遺族以外の人も加えた40〜60代の約60人が会員となり、追悼式への参列など遺族会の活動を引き継いでいく。
 同市東洋町の市福祉総合センターでこのほど設立総会があった。会長に選ばれた同市の奥野治樹さん(51)は伯父がフィリピン・ルソン島で戦死。中学生のころから法要にも参列しているという。「法要の参列者も年々減っている。戦争の記憶を風化させないためにも誰かが語り継いでいかないといけない」と話した。
 父をルソン島で亡くした同遺族連合会長の反橋岩雄さん(76)は「今のままでは遺族会は活動できなくなる。次の世代に引き継げるよう支えていきたい」と語った。
戦争から七十年を超過しましたが、当時の人々は高齢化甚だしく、戦争の体験を語る人も少なく成って来てる事から、後世に此の戦争の実態を伝えて行く為には世代間での交流を通して語り継いで行く必要が有ります。
そんな中、「敦賀市遺族次世代の会」が設立され、此の目的を果たすべく活動が開始されました。
こう云う動きは各地域に拡大して行ってほしいとも思います。
政治的に戦争反対を只単に声高に叫ぶだけでは無く、こう云う交流の中で如何に未然に防いで行く事が出来るのかの、実効的な議論こそが必要不可欠なのです。
今後の活動を大いに期待します。
posted by 天野☆翔 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

森友学園問題の証人喚問をNHKが生中継決定したが。

* 【森友学園問題】NHK、籠池氏の証人喚問を中継へ 高校野球はEテレ、大相撲はBS1で - 産経ニュース
NHKは22日、学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏に対する23日の国会証人喚問を、総合テレビで中継すると発表した。参院予算委員会での証人喚問を午前9時55分から同11時54分まで、衆院予算委員会での証人喚問を午後2時半から同5時5分まで予定している。
 通常、総合テレビで中継している選抜高校野球は、証人喚問と重なる時間帯をEテレで放送。大相撲春場所はBS1に移行し、証人喚問が終了後に総合テレビで放送する。
本来の予定には無い証人喚問が決定し、此の状況をNHKが生中継をする事を急遽決定したが、NHKは普段から国会が開かれてる期間中は中継すべきでしょう。
国税が投入されてる事から中継する義務は発生する上に、国民の知る権利を反映させ無ければ為らない。
一方野党は中継が入る事で無意味なパフォーマンスを絶対にしては為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

「支持政党なし」敗訴確定。

* 「支持政党なし」敗訴確定 昨年7月の参院選無効票訴訟 - 産経ニュース
昨年7月の参院選で候補者が全員落選した政治団体「支持政党なし」が、比例代表で「なし」と書かれ無効扱いされた票は同団体の有効票だとし、1議席を獲得できたと主張した訴訟で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は、団体の上告を退ける決定をした。21日付。団体敗訴の東京高裁判決が確定した。
政党名を「支持政党なし」にして選挙戦を実施した「支持政党なし」が、参議院議員選挙での比例代表での投票を巡り訴訟を起こしたが、此の投票の結果が無効票と判断した上告審で主張を退ける判決を下し、敗訴が確定しました。
此の最高裁判所の判断は至極真っ当で正しい。
こんな姑息な手段で政界入りされては社会が混乱して仕舞います。
こうした手段を封じる意味でも今回の判決は極めて有効でしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

リカちゃん誕生から半世紀。

* リカちゃん誕生から50年 流行反映、銀座で記念展 - 産経ニュース
着せ替え人形「リカちゃん」の誕生50年の記念展が22日、東京・銀座の松屋銀座で始まった。流行や世相を色濃く反映して変化する姿は、単なるおもちゃにとどまらない魅力がある。
 リカちゃんはタカラ(現タカラトミー)が昭和42年に発売。外国製の大きな人形やハウスが主流の中、日本の住宅事情に合ったサイズとして開発された。11歳のリカちゃんは当時皆があこがれたフランス人とのハーフ。少女漫画のようなきらきらした瞳や服装で女の子の心をつかんだ。
 高度経済成長期で仕事中心だった世相を反映。ママはデザイナーとして働くキャリアウーマン、パパは行方不明の設定だった。
 現在は62年にリニューアルした4代目が販売されている。家族志向の高まりを受け、平成元年にはパパが登場。きょうだいも増え、パパは育児休暇を取得するなど「イクメン」ぶりを発揮している。
 記念展は4月3日まで。
もう半世紀も経過したのかと云う実感で在る。
先日自動改札誕生から半世紀と云う記事を投稿したが、全く同じ時代に誕生したと云うのには感慨深いものが有ります。
親子二代に渡ってのファンが居ると云う現実を考えると、更に実感を強くしますね。
とは云え、当時の設定は完全に破綻してるのは云う迄も無い。
posted by 天野☆翔 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

偽装結婚の特定アジア摘発。

* 在留資格を得るために偽装結婚容疑 中国籍と韓国籍の男女ら3人逮捕 警視庁 - 産経ニュース
日本での在留資格を得るために虚偽の婚姻届を提出したとして警視庁中央署は、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、中国国籍で住所不定の女性従業員、林●(=増の旧字体)文容疑者(36)ら男女3人を逮捕した。
 ほかに逮捕されたのは東京都中央区日本橋の派遣社員、槙嶋竜容疑者(32)と韓国籍で埼玉県戸田市の派遣社員、李大地容疑者(34)。
 3人の逮捕容疑は平成26年3月上旬、林、槙嶋両容疑者が結婚したとする虚偽の婚姻届を提出。都内の区役所に実態とは異なる内容の戸籍を作成させたとしている。
 同署によると、林容疑者は都内のマッサージ店に勤務。在留資格を得るために李容疑者と共謀して槙嶋容疑者との結婚を偽装した。槙嶋容疑者は李容疑者から偽装結婚の報酬として100万円を受け取っていたという。調べに対し、槙嶋、李両容疑者は容疑を認め、林容疑者は「結婚したのは事実だが、偽装ではない」と容疑を否認している。
正当な目的では無い在留資格を得る為に偽装結婚で支那人と朝鮮人が摘発されました。
こう云う摘発は精力的に実施して頂きたく思います。
背乗り等の特定アジアの犯罪を撲滅して行くには、こう云った摘発は必要不可欠で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

慰安婦設置に何処迄も姑息な南朝鮮人。

* 【関西の議論】「反日」慰安婦像、大阪市との姉妹都市60周年に火種 変則$\請で米サンフランシスコ市の公園に設置へ(1/5ページ) - 産経WEST
米サンフランシスコ市に設置される予定の慰安婦像のデザイン(スティーブン・ホワイト氏提供・共同) 米サンフランシスコ市当局が中国系反日団体による慰安婦像と碑文の設置を承認したことに対し、姉妹都市である大阪市が遺憾の意を伝え、慎重な対応を求める吉村洋文市長名の公開書簡を送る騒動に発展した。慰安婦問題をめぐっては、日韓両政府が最終的かつ不可逆的解決を確認した平成27(2015)年12月の「日韓合意」があり、米政府も合意を支持している。サ市が設置を承認したのは、私有地に設置する計画だったため、歴史認識は審査の対象外だったからだともいわれる。しかし、この私有地は像と碑文ごとサ市に寄付される予定だ。両市は今年、姉妹都市提携60周年を迎えるが、新たな「火種」になる可能性もある。
サンフランシスコ市議会が支持決議
大阪市は2月1日付の公開書簡をサンフランシスコ市のエドウィン・M・リー市長宛てに送付した。3度にわたって懸念を表明する同様の書簡を送っていた橋下徹前市長の方針を、平成27年12月に就任した吉村市長が踏襲した形だ。
 事の発端は、中国系反日団体が慰安婦を想起させる像の設置をサ市に申請し、2015年7月の市議会で設置を支持する決議案が審議されたことだ。
 決議案は、慰安婦を「旧日本軍に誘拐され、強制的に性奴隷にされた推定20万人のアジアと太平洋諸島の女性や少女」として、日本政府が不適切とする「性奴隷」という表現や根拠があいまいな数字を記した上で旧日本軍を批判。市民団体への協力をサ市に促す内容になっていた。
これを知った橋下氏は8月末、「(慰安婦について)日本の事例のみを取り上げることによる矮小(わいしょう)化は世界の問題解決にならない」と懸念を伝える公開書簡をサ市議会宛てに送った。橋下氏は当時、送付の背景について「日本の過去を正当化はしないが、みんなで過去を直視し、女性の人権を守る意味を込めた像にするのなら賛成だ」と語った。
 この書簡はサ市議会での審議資料に採用されたが、決議案は結局、9月の議会で採択された。
 サ市は中国系、韓国系市民が多いとはいえ、カリフォルニア州の主要都市の一つ。慰安婦像が設置されることの影響は大きい。そこで自民党も動いた。
 秋葉賢也前外交部会長が同年12月、サ市を訪れ、市幹部らと会談。行政当局として団体の設置要請に応じないよう働きかけた。秋葉氏によると、市側は慰安婦像設置を支持する決議について「何ら拘束力は持たない」と説明したという。
 その後、同年末には日韓両政府が慰安婦問題を不可逆的に解決し、国際社会で非難・批判を控えることで合意した。ただ、サ市での設置を推進するのは中国系団体が中心で、日韓合意に抑止効果があるかどうかは見通せなかった。
私有地に設置し寄贈へ
大阪市とサ市は今年、姉妹都市提携60周年を迎える。
 橋下氏は平成25(2013)年、松井一郎大阪府知事とともにサ市訪問を計画していたが、同年5月に先の大戦中の慰安婦について「(当時)慰安婦制度が必要だということは誰にだって分かる」と述べたことで米国内で反発の声が上がり、中止した経緯がある。
橋下氏の跡を継いだ吉村市長は2016年8月、サ市を訪問し、関係修復を図った。それだけに、わずか半年後の17年1月、サ市の担当機関である芸術委員会が慰安婦像のデザインと碑文の内容を承認する見通しになった衝撃は大きく、2月1日付の公開書簡の送付につながった。
 芸術委員会は2月6日、碑文の内容を2点修正のうえで正式に承認した。芸術委員会には、設置に反対を唱える200以上の電子メールが寄せられ、大半は日本からだった。
 承認という判断の背景には、あるカラクリがある。反日中国系団体が慰安婦像を設置しようとしているのは公園などの公的スペースではなく、公園に隣接した私有地なのだ。
 サ市では、私有地であっても衆目に触れる場所に彫刻やオブジェなどを設置する場合、景観を害していないか市当局が審査する仕組みになっている。審査はあくまでも芸術的観点で実施され、歴史認識は基本的に審査の対象外とされる。
 像と碑文は今秋以降、セント・メリーズ公園に隣接する私有地の展示スペースに設置される予定。設置後、この私有地は像、碑文ごと市に寄贈されることになっているという。つまり、現段階では大阪市がサ市に抗議する理由がないことになる。
研究者間で見解分かれる
ここで、サ市の芸術委員会が設置を承認した碑文を改めてみてみる。
 英語で「この記念碑は、1931〜45年にアジア太平洋の13カ国で婉曲(えんきょく)的に『慰安婦』と呼ばれ、日本軍に性奴隷にされた数十万人の女性や少女の苦しみの証人だ」と書かれている。像は背中合わせに手をつなぐ3人が柱の上に立ち、脇にチマ・チョゴリ姿の女性が立つデザインだ。
吉村市長は2月1日付の公開書簡で「慰安婦像や碑文の設置の動きは(日韓政府による)合意の精神を傷つけるものであり、大変遺憾」と指摘。碑文の内容についても「不確かで一方的な主張をそのまま歴史的事実として記すことは、歴史の直視ではなく日本批判」「両市の交流、果ては日米関係にも悪影響を及ぼすのでは、と懸念している」とつづった。
 これに対し、サ市からリー市長名の2月3日付の返答書簡が大阪市に届いた。書簡では「像は民間の資金によるプロジェクト。戦時中の悪行に対する補償と正義の実現に、地域の活動家グループが長年その人生を捧げて取り組んできた」とした。さらに「歴史はしばしば個人によって解釈が大いに異なるもの」「(像設置の)意図は善意だ」と記しており、大阪市の主張と論点が微妙にずれていることがうかがえる。
 いうまでもなく、サ市議会の決議文にある、旧日本軍が「推定20万人」のアジアと太平洋諸島の女性や少女を「誘拐し」、「強制的に性奴隷にした」という記述や、今回の碑文の「日本軍に性奴隷にされた数十万人の女性や少女の苦しみ」という文言は、歴史研究者の間でも見解が分かれる内容だ。
未来志向の関係築けるか
米国ではロサンゼルス近郊にも慰安婦像が設置されており、南部バージニア州などには旧日本軍の慰安婦について記した石碑もある。一方で、韓国系米国人の団体と、ジョージア州アトランタにある「米公民権人権センター」は、慰安婦像をセンターに設置することで今年1月に合意していたが、センターは3月になって一転して設置を認めないことを決めた。
現地メディアは決定の背景に、アトランタの総領事館など日本側からの働きかけがあったと指摘。センターは、敷地内に銅像などの構造物を設置してはならない規則があることが判明したと説明し、「外部の圧力が原因ではない。慰安婦問題の啓発活動は実施する」としている。
 大阪市によると、サ市のリー市長は姉妹都市提携60周年を記念し、今年中に大阪を訪れる予定になっている。中国や韓国の団体などが「歴史戦」の一環として、日本をことさらおとしめる意図を込めた慰安婦像の設置というセンシティブな問題を抱えたまま、両市は未来志向の関係を築いていくことができるのだろうか。
私有地に寄贈と云う形式で慰安婦像の設置を推し進めた南朝鮮人の姑息さには、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
而も、其の設置での判断基準には歴史問題は無関係と云う制度の隙間を突く狡猾さ。
更にサンフランシスコ市はアメリカの中でも比較的歴史も古く、伝統を重んじる民族性が在る筈で、アメリカの公文書館に所蔵されて居る、戦後日本を調査した報告書が在るのに、此れを確認しては居ないのかと疑念を抱く。
南朝鮮人の小賢しさには辟易して閉口しますね。
posted by 天野☆翔 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

沖縄基地問題での逮捕者に南朝鮮人。

* 沖縄の米軍基地反対運動 「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁 - 産経ニュース
警察庁の白川靖浩官房審議官は21日の参院沖縄北方特別委員会で、沖縄県での米軍基地反対運動に関連して平成27年以降に沖縄県警が威力業務妨害などの容疑で41人を逮捕し、このうち4人が韓国籍だったと明らかにした。「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」と述べた。自民党の山田宏氏の質問に答えた。
 米軍基地反対運動をめぐっては、東村などの米軍北部訓練場や名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ周辺での抗議活動参加者による威力業務妨害事件が相次いで発生している。
 9日の参院内閣委員会では、警察庁の松本光弘警備局長が「反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知している」と指摘し、反対運動に過激派が関与している実態を明らかにしていた。
参議院の沖縄北方特別委員会で警察庁の審議官が、山田宏参議院議員の質疑に応答する形で、沖縄基地問題の実情を暴露しました。
基地問題は完全に内政問題で此処に外国人の関与は認められていませんし、憲法違反でも在る。
此の実態に普段から護憲護憲と喧しい日本共産党や民進党、並びに社会民主党の連中はどう捉えて居るのかと、厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 04:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする