冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー SignalNow Express

2017年03月01日

交際中の高校生の殺人事件。

* 高1男子、交際中の高1女子殺害容疑で逮捕 「彼女がリストカット」と通報、自身も手首を切る - 産経WEST
交際相手の高校1年の少女(16)の首を押さえつけ死亡させたとして、兵庫県警捜査1課などは1日、殺人の疑いで、同県洲本市の同級生の少年(16)を逮捕した。少年は少女の首を圧迫した後、自ら119番。自身も左手首を切って病院に搬送されており、県警は無理心中を図った可能性もあるとみて調べている。
 逮捕容疑は昨年12月23日午後5時ごろ、同市内の少女宅で、少女の首を素手で押さえつけ、搬送先の病院で2日後に死亡させたとしている。死因は急性窒息だった。少年は首を圧迫した行為については「間違いない」と認める一方、殺意は否認しているという。
 県警によると、2人は同じ高校に通う同級生で、昨年4月に交際を始めた。少年は犯行直後、「彼女の足が冷たい。彼女がリストカットをした」と通報。しかし、自身も左手首を刃物で切るなどして全治1週間の軽傷を負っており、病院で治療を受けていた。
* 高1女子、交際中の16歳少年を刺し意識不明に 自宅でサバイバルナイフ、殺人未遂容疑で逮捕 - 産経WEST
福岡県警行橋署は1日、同県苅田町の自宅で交際中の高校1年の男子生徒(16)を刃物で刺して殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで高校1年の少女(16)を現行犯逮捕した。男子生徒は意識不明の重体。署によると、少女は「間違いない」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は1日午後2時10分ごろ、自宅で男子生徒の胸付近を刃物で刺して殺害しようとした疑い。署によると、現場に血の付いたサバイバルナイフ(刃渡り約18センチ)が落ちており、凶器とみられる。
 事件当時、現場には少女の家族らもおり、署は事件に至る詳しい経緯を聴く。
方や既遂で方や未遂では有るが、交際中の高校生同士の殺人事件が同じ日に発生しました。
高校生同士が殺人事件に関与するとは世も末かとも思うが、司法は此の事件に対して徹底的な捜査をして背景の洗い出しをして欲しいと思います。
加害者で有っても被害者で有っても、こう云う不幸な高校生を産み出しては為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

「日本の領土を守るため行動する議員連盟」が竹島に関する意見書を南朝鮮に送付。

* 竹島めぐり、超党派議連の新藤義孝会長「主張を並べ話し合いを」 国際法に基づく日本の主張を韓国国会議員に送付(1/2ページ) - 産経ニュース
超党派の国会議員でつくる「日本の領土を守るため行動する議員連盟」会長の新藤義孝元総務相(自民)は1日、国会内で記者会見し、日本固有の領土である竹島(島根県隠岐の島町)の領有権について歴史や国際法に基づく日本の主張と、想定される韓国の主張を併記した問答集を作り、韓国の国会議員らに送ったことを明らかにした。
 新藤氏は竹島問題を「両国のノドに刺さったトゲ」として、「一方的にお互いが言い合っているだけで、主張を並べて検証したことがない。話し合いをすることによって、日韓の信頼を深めるきっかけにしたい」と述べた。
 竹島には昨年7、8月に韓国の国会議員ら11人が、今年1月には竹島を「独島」として行政管理下に置く慶尚北道の知事が上陸した。新藤氏ら議連は昨年11月、日本固有の領土への上陸を正当化できる史実や国際法上の根拠を示すよう公開質問状を送ったが、これまでに回答はないという。
 そこで事態を打開するため想定問答集を作り、2月28日に韓国の国会議員ら11人に送付した。問答集は、韓国が竹島領有を主張する根拠をただす7つの質問と、各質問に対する「予想される韓国側の回答の例」に加え、日本側の主張である「歴史的事実、国際法に則した回答の例」を並べた。
 例えば、「17世紀に日韓の政府間交渉を通じ、(竹島に近い韓国領の)鬱陵島とそれに属する竹島が韓国の領土と確認された」とする韓国の主張を裏付ける史料の有無について、韓国外務省の文書を基に韓国側の予想回答例を挙げている。
 《江戸幕府が1695年12月25日、鳥取藩への照会を通じて鬱陵島と竹島が「鳥取藩に属さない」と確認し、翌96年1月28日に日本人の鬱陵島方面への渡航を禁じるよう指示したとしている》
 これに対し、歴史的事実に即した日本側の回答例を示し、“反論”している。
 《朝鮮国との外交交渉では、竹島が議論になった記録はない》《渡航禁止の対象は鬱陵島で、竹島を含ませることはできない》
 新藤氏は記者会見で「歴史の事実や国際法の正しい解釈は一つしかない。日本が声を上げなければ『日本が韓国の主張を理解している』という誤ったメッセージにもなりかねない」と危機感を示した。
今回「日本の領土を守るため行動する議員連盟」の会長の新藤義孝氏は、南朝鮮の議員に対して意見文書を送付したが、此の意見文書を受けて南朝鮮側の対応がどう云う動きに成って行くのかは極めて不透明です。
然し、竹島は厳然足る日本の領土に間違いは無く、国際的にも認められてる事を踏まえても、南朝鮮側は無視する事は出来ません。
此の意見をどう受け止めるのかは南朝鮮側の自由だが、国際法を無視仕続ける事の無意味さを自覚するが良いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

日本共産党の小池晃が意気揚々と質疑に臨んだが。

* 【参院予算委員会】共産・小池晃書記局長「自民党議員が土地取引に関与」 森友学園への国有地払い下げ問題で - 産経ニュース
共産党の小池晃書記局長は1日の参院予算委員会で、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題に絡み、自民党国会議員が土地取引に関与したとする文書を基に安倍晋三首相に説明を求めた。首相は「どういう文書かも分からない。立証する責任はそちらにある」と反論した。
 小池氏は「ある自民党国会議員事務所の面談記録を入手した」と述べた上で、学園側と、売却に関わった近畿財務局、大阪航空局とのやりとりが記されていると主張。平成25年10月に学園側から議員に対し「政治力で早く結論が得られるようにお願いをしたい。土地価格の評価額を低くしてもらいたい」との依頼があったとも指摘した。
 これに対し、首相は「不当な働きかけはなかったと(財務省の)局長から聞いている」と答弁した。学園の籠池泰典理事長と首相の妻、昭恵さんがいつから知り合いか問われ、「妻は私人だ。犯罪者扱いするのは極めて不愉快だ」と声を荒らげる場面もあった。
 小池氏が取り上げた自民党議員は鴻池祥肇参院議員とみられる。鴻池氏は1日夜、記者団に対し、籠池氏と面識があり、過去に政治献金を受けていたことを認めた上で、口利きなどの関与はないと強調した。
本日の参議院予算委員会に於いて、日本共産党の小池晃が意気揚々と質疑に臨み、其の中で自由民主党の国会議員事務所の文書を入手したと云う事で議論を展開したが、其の文書はどう云う経緯で入手したのでしょうか。
日本共産党は昔からこう云う事で関係者の文書を入手したと云う事で得意気に成って居ましたが、此の経緯の説明が求められるでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

天皇陛下と皇后陛下はベトナムへ行幸啓された。

* www.fnn-news.com: 両陛下、ベトナムで歓迎式典に出席される

天皇皇后両陛下が、ベトナムを公式訪問された。
現地には、戦争の歴史に翻弄(ほんろう)された在留日本兵と、引き裂かれた家族の姿があった。
ベトナムの首都・ハノイで行われた両陛下の歓迎式典。
両陛下は、クアン国家主席夫妻とともに、集まった子どもたちに、笑顔で手を振られた。
その後のクアン国家主席との面会で、陛下は、「深くご招待を感謝いたします」と述べ、ベトナム招待への感謝と、喜びのお気持ちを表された。
太平洋戦争時、およそ8万人の日本兵が駐留していたベトナム。
終戦後、ほとんどの日本兵は帰国したが、およそ600人の日本兵は、ベトナムの独立戦争に身を投じ、そのおよそ半数が戦死したという。
彼ら、ベトナムに残った日本兵と深い関わりのある小学校が、ベトナム北部の街、タインホアにあった。
FNNの記者が訪ねると、学校に着いた途端、校舎から子どもたちが出てきて、記者たちを大歓迎してくれた。
カメラのレンズに笑顔を向ける、大勢の子どもたち。
ディエンビエン小学校は、かつて、この地に残留した元日本兵が、帰国後に呼びかけた募金によって建てられた学校。
大阪に住む杉原 剛さん(95)。
ベトナムや、そこに残した家族への思いから、募金を呼びかけた元日本兵。
杉原さんは、「(ベトナム駐留の経緯は?)任務の途中で終戦になって、そのままベトナムに居ついた。楽しいというよりも、きつかった。食べ物も、そんなに豊富ではなかったしね」と語った。
ほかの日本兵同様、杉原さんも終戦後、現地に残り、ベトナム兵の軍事教官として、第1次インドシナ戦争に参加。
杉原さんが、ベトナムにいた当時の写真。
現地のベトナム人女性と結婚し、3人の子どもをもうけた杉原さん。
しかし、フランスとの戦争に勝利したベトナムは、南北に分断され、北ベトナムにいた杉原さんは、日本への帰国を命じられた。
その際、杉原さんらは、妻子を連れての帰国を望んだが、大半は認められなかった。
杉原さんは、「(妻子との別れ)いろいろな思いはあります。でも、どうにか吹っ切らなければならない」と語った。
杉原さんが帰国したあと、ベトナムに残した妻は、不慮の事故で死亡。
家族との音信は、途絶えた。
わたしたちは、杉原さんの息子を訪ねた。
離ればなれになった当時の話を、長男のクアンさんに聞くことができた。
クアンさんは、「父は(当時)写真を送ってくれた。たばこを吸っている写真と、コートを着て4人で写っている写真。無事に大阪に着いたことを知らせるためだった」と語った。
杉原さん親子は、1996年になって、ようやく、日本で再会を果たした。
杉原さんは、「(残した家族が)よくここまで頑張ったなということと、彼らのような人間に育ててくれたベトナムの人たちの努力、援助、そういうものについても、深い感謝の気持ち。(戦争は)二度とあってはならない」と語った。
歴史に翻弄(ほんろう)された元日本兵と、その家族たち。
両陛下は2日、彼ら元日本兵との別れを強いられ、苦難の日々を過ごしてきたベトナム人の妻や子どもたちと対面される。
日本とベトナムは戦争に於いて不思議な共通点が有り、此の中で互いの国は現在に至る繁栄に至ります。
其の中で天皇陛下と皇后陛下はベトナムへの行幸啓で互いの国の良好な関係を継続すべく、様々な式典に臨席されます。
両国の今後の大いなる発展と関係の継続を切に願って止みません。
posted by 天野☆翔 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | The imperial family | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

アスクル物流倉庫の火災は完全に鎮火。

* 【アスクル火災】倉庫火災、発生から13日目でようやく鎮火 - 産経ニュース
埼玉県三芳町上富の通販会社「アスクル」の物流倉庫で2月16日に発生した火災で、県は28日、発生から13日目の同日午後5時に鎮火したと発表した。入間東部地区消防組合と県警などは1日午前9時半から、合同で出火原因の調査を行う。
 消防によると、鉄骨3階建ての倉庫は前日までに1、2階がほぼ鎮火しており、28日は3階を中心に確認作業を行った。倉庫内の温度は平常値に戻り、残火もなくなったという。
 火災は2月16日朝、1階北西側の使用済み段ボール置き場付近から出火しているのを従業員が発見。倉庫内にいた男性従業員2人が煙を吸って軽傷を負った。
 窓などの開口部が少なく倉庫内が非常に高温となったため、消火活動は難航。壁に重機で穴を開けて注水するなど24時間体制で消火作業を続け、22日朝に延焼の恐れがない鎮圧状態となった。25日には200度に達する場所も確認されたが、堆積物を崩すなどして作業を進めた。焼失面積は約4万5千平方メートルに上った。
 火災を受けて同町は近隣の6世帯16人に一時、避難勧告。小中学校3校でグラウンドでの体育や部活動を中止するよう指示した。
先月の十六日に発生したアスクルの物流倉庫の火災だが、二週間近く経過した後に漸く完全に鎮火された事が確認されました。
此処迄長期間に渡っての鎮火確認が掛かった火災は過去例を見ない程の事案でしょう。
其れだけに火災の原因究明が急がれます。
posted by 天野☆翔 at 04:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

慰安婦問題での無知蒙昧な南朝鮮人。

* 【ソウルからヨボセヨ】慰安婦問題の基礎知識知らぬまま…日本非難に唖然 - 産経ニュース
数年前まで韓国に留学していた知人の日本人大学院生が4月に就職するため日本からあいさつに来てくれ、今回の訪韓での興味深い体験談を聞いた。
 前日、ソウルの日本大使館前に違法設置された慰安婦像を見に行ったところ、像を“警護”する韓国の学生から話しかけられ、慰安婦問題について議論したそうだ。韓国語が堪能な知人は思うままに答えた。ところが、彼が口にした「村山談話」「朴裕河(パク・ユハ)」という言葉を相手は全く知らなかったという。
 前者は日本の「植民地支配」「侵略」に「痛切な反省」と「心からのおわび」を表明した1995年の村山富市元首相の談話。後者は「帝国の慰安婦」の著者で、元慰安婦への名誉毀損(きそん)の罪に問われ今年1月、ソウル東部地裁から無罪判決を受けた韓国の世宗大学教授だ。
 慰安婦問題を論じる上での基本的な知識が、慰安婦像を囲み反日抗議デモに熱を上げる韓国の学生にはない。無知も気にせず、「老衰したおばあさん(元慰安婦)の言葉を僕らが代弁している」と答えていたという。
 ひたすら「人権」を叫び日本を非難しながら、肝心なことは知ろうともしない。知人の日本人院生はもちろん、こちらも歴史をめぐって日本に難癖ばかりの韓国の現実にただ、唖然(あぜん)とした。
慰安所の構成員で有る売春婦が正確な実態だが、其れは扠措き、慰安婦問題で反日活動をする人物が、此の背景を全く知らずに日本を批判してるのには呆れ果てて開いた口が塞がらない。
一体何を根拠にしての批判なのかと厳しく問い質したいですね。
此れだから「馬鹿だのちょんだの」と批判されても致し方の無い事なのです。
posted by 天野☆翔 at 04:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

本日から三月突入。

今年も早くも六分の二が経過し、早くも三月突入して仕舞いました。
月日が過ぎ去るのは本当に早いものです。
今月も何事も無く無事に乗り切りたいものですね。
posted by 天野☆翔 at 04:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする