冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年03月17日

SEALDsがネームロンダリング。

* シールズ元メンバーが新団体 「未来のための公共」 - 産経ニュース
安全保障関連法に反対し、昨年解散した若者グループ「SEALDs(シールズ)」の元メンバーらが結成した新団体「未来のための公共」が17日、国会前で初めての集会を開き「政治の間口を広げるため、不安や違和感を気軽に話そう」と訴えた。
 新団体のメンバーは、学生や子育て中の母親ら。「自由に考え、話せる場にしたい」との思いから、特定のテーマは設けず、参加者が関心のある問題を取り上げる。当面は毎週金曜日に国会前に集まるという。
 17日は12人が大阪市の学校法人「森友学園」を巡る問題や共謀罪の構成要件を変えた組織犯罪処罰法改正案に触れてスピーチ。
 シールズは、首都圏の大学生らが中心となり平成27年に結成、28年8月に解散した。
* 「森友学園どうなってるの」SEALDs元メンバーらの新団体が国会前でデモ(1/2ページ) - 産経ニュース
安全保障関連法への抗議活動を展開していた学生グループ「SEALDs(シールズ)」の元メンバーらが17日夜、新たな団体を立ち上げ、東京・永田町の国会議事堂前でデモを行った。新団体名は「未来のための公共」で、今後も「安倍晋三政権をめぐる問題」について定期的に国会前デモを続けるという。
 デモには野党の3議員も参加し、学校法人「森友学園」(大阪市)問題で安倍晋三首相を批判した。
 民進党の小西洋之参院議員はデモで演説し、森友学園が運営する幼稚園が園児に教育勅語を暗唱させていたことを批判。「首相や稲田朋美防衛相に代表される『国家や社会のために国民が働き、死んでいくのが当たり前で美しい国だ』という価値観を持つ政治家がいることが、今の政治の問題を生んでいる」と独自の見解を披露した。
 共産党の小池晃書記局長は「森友学園の幼稚園で行われている(教育の)中身にこれからの日本の危険性が表れている。あれが(首相が目指す)美しい国、戦争する国だ」と主張。「戦後最悪の暴走独裁政権を必ず打倒しよう」と参加者に呼びかけ、拍手を浴びた。
社民党の福島瑞穂副党首も、森友学園問題と首相を絡めて「政治を私物化する首相には即刻退陣してもらおう」と訴えた。
 このほか、大学生、高校生、保育士、大学教授ら9人が登壇。「(学園の)籠池(泰典氏)も安倍も同じだ。この日本を私物化している」(佐藤学・学習院大教授)などと述べた。
 デモ参加者は主催者発表で2500人。中高年が多く、最後に「森友学園どうなってるの」「民主主義って何だ」などとシュプレヒコールを上げた。
テロリストの先鋒を担ぐSEALDsが名称を変更して新たな組織を立ち上げたが、其の中身は全く変わる事も無く、相変わらず国会前での集会を実施した。
此の集会も無届けの違法な集会で在ると容易に推定出来ます。
更に拡声器を用いてる事から、東京都の条例にも違反して居ます。
遣る事為す事全てが変わらない。
posted by 天野☆翔 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

築地市場の浄水装置故障。

* 築地市場で海水濾過設備が故障 小池百合子知事、老朽化は「都のほったらかし」が原因と批判(1/2ページ) - 産経ニュース
築地市場(東京都中央区)にある海水の濾過(ろか)設備が17日早朝、故障し、濾過した海水が市場内で使用できなくなった。都が同日発表した。
 濾過した海水は床洗浄や魚の水槽などに使用しているが、市場の主要な建物である水産仲卸売場(約1500店舗)全棟で海水の配水が止まった。現在、水道水利用に切り替えて対応している。
 老朽化した土中の配管から漏水したのが原因とみられ、都は復旧を急いでいる。
 小池百合子都知事は同日の会見で、豊洲市場(江東区)移転が都の前提になっていたとして「築地改修がほったらかしだった。汚い、古いなどと指摘されて、18年間放置されてきた」と指摘。築地では、耐震基準を満たさない建物や土壌の有害物質の存在が相次いで明らかになっているが、今回の故障も含めた老朽化の原因を、対応を怠ってきた都の「不作為」にあると批判した。
 その上で、「企業なら問題があればリコールや株価下落になる。市場について万全の信頼を得るべきだが、信頼を得ることは本当に大変だ」と強調した。
 都によると、築地では専用設備から海水を取水して濾過し、滅菌。土中の配管を通じて水産仲卸売場の各店舗などに配水し、床洗浄や魚の水槽用に利用されている。
17日朝、蛇口から海水が出ないとの苦情が業者から都に寄せられた。
 設備の配管は昭和36年に整備され、その後補修を繰り返しながら利用を続けてきたという。修理には時間がかかる見通し。
 また、豊洲問題を検証する都議会百条委員会は、18日に担当部局の中央卸売市場の歴代市場長4人ら、19日に東京ガスとの用地買収交渉を担当した浜渦武生元副知事、20日に移転を決断した石原慎太郎元知事の証人喚問を行う。
鮮魚を扱う上では水道水では無く海水を使うのは当たり前で、床掃除は勿論水槽の水に使われるのは当然です。
此の海水を濾過する浄水装置が故障した事で、小池百合子氏は東京都の姿勢を批判してるが、此れは完全に筋違いで、豊洲新市場移転延期を決めた本人なのだから、築地市場のインフラの再点検等を求めて行く必要性が在ったのは当然の事で、此れをして来なかった責任の一旦は知事にも在るのは間違いは無い。
責任転嫁するのは言語道断で在る。
耐震化もされて無い施設が多数存在し、大きな自身が発生した場合の被害も相当数想定出来るでしょう。
一刻も早い移転を実施し、通常運用されて行く過程で安心性を浸透させて行けば良いのです。
* 小池百合子氏「風評」劇場のツケ、50億円超は誰が被るのか ジャーナリスト・有本香氏が緊急寄稿(1/2ページ) - 産経ニュース
豊洲新市場の移転問題をめぐり、小池百合子都知事と、石原慎太郎元都知事がバトルを繰り広げている。小池氏が「(石原氏の記者会見は)無責任な内容だった」と切り捨てると、石原氏は、小池氏への住民監査請求や住民訴訟を起こす可能性を文書で示唆した。さまざまな見方があるなか、ジャーナリストの有本香氏が緊急寄稿した。
 つい「豊洲問題」と言ってしまうが、本当は豊洲市場に問題はない。
 私は徹底取材したが、安全面はもちろん、石原知事時代の土地購入を含む、移転の経緯と決裁、手続きに瑕疵(かし)はない。調べれば調べるほど、石原氏は遅々としていた案件を前進させた功労者としか思えない。
 その過程で「不正ないい思いをした者」がいたのなら、都は証拠を添えて刑事告発すればいい。そうであっても、完成した施設を空き家にしておく理由にはならない。
 一方、小池氏はどうだろう。20年にわたって多くの都職員が尽力し、専門家が知見を寄せ、都議会の承認も得た末に、石原氏が決断(裁可)したプロジェクトを、自らの「感性」で止めた。
 誤解している人が多いが、この延期は小池氏の選挙公約に明記されていない。重要な「延期」を決める際、議会に諮ることすらしなかった。つまり独断したのだ。小池氏のガバナンスには大いに問題がある。
石原氏を「無責任」とたたいたメディアは不思議と、この小池氏の独断、独裁性をまったく問題にしない。
 小池氏は、豊洲市場や石原氏に、重大な問題や疑獄があるかのような風評を立てて追い込む。そして、自らを巨悪と闘うジャンヌ・ダルクのように見せ、メディアがそれをはやし立てる。これが、小池「風評」劇場の正体である。小池氏は、日本の民主主義システムの敵、破壊者になりかけているのではないか。
 小池都政について重大な問題提起をしておく。
 開会中の都議会では、補正予算として50億円が、市場移転延期に伴う業者への補償金として計上された。市場会計(独立採算事業である市場の勘定)から支出される予定だが、この会計は築地だけでなく、東京の全市場のものだ。当然、他の市場関係者からは不満の声が漏れ始めている。
 加えて、50億円は暫定で、今後膨らむ恐れも大だ。となれば、血税である一般会計で負担せざるを得なくなる。
 謹んで小池氏に申し上げるが、一刻も早く目を覚ましていただきたい。そして、日ごろ「権力監視が使命」とうそぶくメディアには、あなた方が監視すべき権力は、一老作家が暮らす閑静な住宅街にではなく、都庁の中にあることを思い出してもらいたい。
 ■有本香(ありもと・かおり)
 ジャーナリスト。1962年、奈良市生まれ。東京外国語大学卒業。旅行雑誌の編集長や企業広報を経て独立。国際関係や、日本の政治をテーマに取材・執筆活動を行う。著書に『中国 歴史偽造帝国』(祥伝社)、『中国の「日本買収」計画』(ワック)、共著に『リベラルの中国認識が日本を滅ぼす』(産経新聞出版)など多数。
有本香氏の提言がこうして記事化されたが、其の主張は至極真っ当で正しい指摘で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

原子力発電所事故避難者集団訴訟は原告勝訴。

* 【原発避難者集団訴訟】前橋地裁、国と東電の責任認める 3855万円賠償命令 集団訴訟で初の判決(1/2ページ) - 産経ニュース
東京電力福島第1原発事故の影響で福島県から群馬県に避難した45世帯137人が国と東電に計約15億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、前橋地裁であり、原道子裁判長は「巨大津波の到来は予見可能で、対策をすれば事故は回避できた」として、国と東電の責任を認め、計3855万円の賠償を命じた。
 全国で起こされている28の同種集団訴訟で初の判決。原告数は計1万2千人以上に及び、今後の各地裁の判断が注目される。
 (1)東電と国は津波を予見し事故を回避できたか(2)国は東電に安全対策を取らせる権限があったか(3)国の指針に基づく東電の賠償は妥当か−が主な争点だった。
 原裁判長は、平成14年7月、政府の地震調査研究推進本部が「マグニチュード8クラスの津波地震が30年以内に20%程度の確率で発生する」とする長期評価を公表したことから、「東電はこの数カ月後には、津波を予見することが可能だった」と指摘。「非常用電源の高所設置などの対策を取れば事故は発生しなかった」とした。
また、国は東電に対策を取るよう命じる規制権限があり、「19年8月頃に規制権限を行使していれば、事故を防ぐことは可能だった」と、国の対応を違法と判断した。
 原告には避難指示区域外から避難した自主避難者61人も含まれ、区域にかかわらず慰謝料として1人当たり一律1100万円の賠償を請求。判決はこのうち自主避難者43人を含む原告62人について、1人当たり7万〜350万円の賠償を認めた。
 また、「東電は経済的合理性を安全性に優先させたと評されてもやむを得ないような対応を取った」などと指摘。こうした非難に値する事実は、慰謝料増額の要素になるとした。

【用語解説】予見可能性
 危険な事態や被害が発生する可能性を事前に認識できたかどうかということ。危険を予測できたのに、安全配慮義務を怠って重大な結果を招いた場合、過失を問われることがある。東日本大震災の津波をめぐっては、宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族が、市と県に損害賠償を求めた訴訟で、仙台地裁が「教職員は津波が大川小に襲来すると予見していた」と予見可能性を認め、計約14億2600万円を支払うよう命じた。
此の判決は妥当で在ると考えるが、一部は賛成出来無い事案が在る。
東京電力の津波の予測に関しては不作為なのは致し方無いが、国が此れを強制的に規制権限を行使すると云うのは、其の当時本当に予測可能だったのかと云う事のみです。
当時の地震学の専門家の方々も、東北地方太平洋沖地震が発生するとは殆どの人が信じて居なかった。
当然、政府も同じでしょう。
然し、麻生内閣では福島第一原子力発電所を廃炉にすると云う方針の元で予算も計上されて居たが、後の鳩山内閣での二酸化炭素削減目標25%と云う数値を打ち出し、社会も自然エネルギー発電関連の電化製品の普及を推し進めて来た上に、事業仕分けで廃炉にする予算も安全対策の予算も見直し、削減を決定して来た。
其処に来て、菅内閣で震災が発生し出鱈目な対応で被害を深刻化して来たのは誰もが認める処で、此れは誰も否定は出来無いでしょう。
此の一点のみでは此の判決の妥当性は否定されるものでは有りません。
では在るが、政府と東京電力に取っては重い負担に為る事は間違いは無く、此の賠償に当てられる原資が税金で賄われる事を思うと複雑な心境です。
posted by 天野☆翔 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

民進党の榛葉賀津也こそ支離滅裂。

* 【森友学園問題】民進・榛葉賀津也参院国対委員長「親分の潔癖を証明するために証人喚問。支離滅裂だ」 - 産経ニュース
民進党の榛葉賀津也参院国対委員長は17日午前、自民党が学校法人「森友学園」の籠池泰典氏の証人喚問に応じたことについて「自分の親分の潔癖を証明するためには証人喚問で、疑惑に対しては参考人招致を拒否する。ダブルスタンダードで支離滅裂だ」とこれまでの対応を批判した。国会内で記者団に語った。
野党四党は籠池泰典氏の証人喚問を求め、与党は此れに応じた。
然し、応じたら応じたで此処でも又批判するのは全く理解に苦しむ。
結局何をしても批判の矛先にしたいと云う事が改めて露呈しました。
何でも反対何でも批判の民主党に戻りました。
posted by 天野☆翔 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

情報収集衛星レーダーの軌道投入成功。

* 【動画付き】情報収集衛星打ち上げ成功 物体識別能力は従来の約2倍、夜間監視力が向上 - 産経ニュース
政府の情報収集衛星レーダー5号機を搭載したH2Aロケット33号機が17日午前10時20分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。物体の識別能力が従来の約2倍とみられる新機種で、正常に機能すれば夜間などの監視能力が大きく向上する。
 情報収集衛星は北朝鮮の軍事施設などを監視する事実上の偵察衛星。夜間や曇りでも地上を観測できるタイプのレーダー衛星は、識別できる物体の大きさが約1メートルだったが、5号機は約50センチに向上するとみられる。
 これにより夜間でも乗用車とトラックの判別が可能になるとみられる。開発費は371億円、打ち上げ費用は106億円。設計上の寿命を過ぎた3号機の後継として運用する。
 北朝鮮は今月6日にも弾道ミサイルを発射しており、監視の必要性が高まる中での打ち上げ成功となった。
 情報収集衛星は日中の晴天時に撮影する光学衛星とレーダー衛星の各3基が運用中。地上の任意の場所を1日1回以上、撮影できる本格運用が行われている。政府は来年度も光学衛星を打ち上げる計画だ。
 H2Aは27回連続の成功で、成功率は96・9%に高まった。
* 情報収集衛星「レーダー5号」打ち上げ成功 - YouTube
政府の情報収集衛星レーダーの射出が成功し、無事に軌道投入された事が確認されました。
此の情報収集衛星レーダーの投入で、日本を取り巻く様々なな物理的な事象が観測出来る事に成り、防衛上も大いに役に立つ事でしょう。
誠に御目出当御座居ます。
関係者各位の皆様方には、本当に御疲れ様でしたと労を労いたい。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

高校野球大会で女子生徒の練習参加が認められた。

* 女子マネ、初の甲子園練習参加…ヘルメット着用 : スポーツ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
19日開幕する第89回選抜高校野球大会の甲子園練習が14日始まり、21世紀枠で選ばれ、選手10人で初出場する不来方(岩手)の1年生女子マネジャーが、甲子園球場(兵庫県西宮市)で練習を手伝った。
 女子の練習の参加は昨夏の大会まで禁止されており、日本高校野球連盟(日本高野連)が昨年11月、ヘルメット着用などの制限付きで認めてから初のケースとなった。
 不来方からは3人の女子マネジャーが参加。外野の守備練習でノッカーにボールを渡した越戸あかりさんは「すごく緊張したけど、楽しかった。選手が少ないので力になれてうれしい」と喜んだ。
飽く迄ヘルメット着用と云う条件付きでは在るが、女子生徒の練習参加が認められた事は大きい。
マネージャーで在っても野球部の一員なのだから、学校での練習同様にする必要が在る。
此れを認めなかった日本高校野球連盟が異常だったのです。
posted by 天野☆翔 at 05:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

原子力発電所事故で日本を批判する支那。

* 原発事故後の日本対応批判 中国外務省 - 産経ニュース
中国外務省の華春瑩報道官は16日、東京電力福島第1原発事故後の日本政府の対応について「問題を隠したり、言葉をはぐらかしたりし、国内外の懸念に対し安心させることのできる明確な説明をしていない」と批判した。
 華氏は事故後の処理は「日本国民の安全に直接関わるだけではなく、中国を含む隣国にも影響する」と強調し、日本政府に対し情報公開を徹底するよう要求した。
 華氏は、原発事故を受け中国が輸入を禁止した地域の日本産食品が中国で販売されたと報じられた問題に関連し答えた。
福島第一原子力発電所事故の案件で、日本の風上でも有り、海流上も全く影響の無い支那が日本を批判する愚。
放射性物質の垂れ流しをして居る上に、精力的に新規での原子炉を建造して居る支那には、日本を批判する筋合いは一切無い。
日本を批判する前に、深刻な環境汚染大国で在る自国の問題を重要視せよ。
posted by 天野☆翔 at 05:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

菅野完をジャーナリストとして扱うマスメディア。

* 【森友学園問題】「閣僚が籠池氏に現金数百万」 インタビューの作家語る - 産経ニュース
学校法人「森友学園」(大阪市)が開校を目指していた小学校の設置認可をめぐる問題で、理事長退任を表明した籠池泰典氏に単独インタビューしたノンフィクション作家の菅野完(たもつ)氏が15日、東京都内で報道陣の取材に応じ、籠池氏とのやりとりの一部として「現職閣僚1人が籠池氏に数百万程度の現金を渡していたと聞いた」と述べた。籠池氏は取材に応じなかった。
 菅野氏は閣僚の名前を明らかにしておらず、「物証はなく証言しかない」とした上で、「籠池氏は現金授受の日時や場所を克明に記憶しており、信ぴょう性は高い」と感想を語った。籠池氏は菅野氏に対し、寄付として受け取り小学校の建設費に充てたと説明し、国会や野党の調査チームに証言する意向も示したという。
 籠池氏は15日に予定していた日本外国特派員協会での会見をキャンセル。都内の菅野氏の関係先でインタビューに応じたという。
産経新聞では作家と紹介してるが、実は作家でも無く単純に活動家で在るが、其の実態は完全にヨサク以上の何物でも無い。
レイシストしばき隊の一員で在ったと云う事が判れば、其の活動の中身も知れたものです。
有田芳生と行動を共にしてたのだから、其の実態は完全に日本人への差別意識に凝り固まった人物で在る事は明白。
こんな人物の主張を取り上げるマスメディアはどうかして居ます。
而も、其の中身は「又聞き」で二次ソース以下。
マスメディアは本当の意味でのジャーナリズムを思い出せ。
posted by 天野☆翔 at 05:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする