冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年03月18日

info.boardの自動起動無効化。

info.board NECのLAVIEシリーズに付属するinfo.boardですが、此の機能を停止するには、インターネット上では「LAVIEかんたん設定」から停止可能との記事を多く確認されますが、現在では此処からの設定は出来ません。
設定するにはinfo.board本体の検索バーの直ぐ上の右下に在る「歯車」の設定から操作します。
info.board設定画面 info.board設定画面の「ガジェット自動起動」の項目で、此れを無効化すれば、OSの起動時にinfo.boardは自動起動され無く成ります。
本当に此の機能が不要で在ればアンインストールしても差し支え無いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Computer/Network | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

豊洲新市場移転問題の百条委員会が開かれた。

* 歴代の市場長ら証人喚問…豊洲移転百条委始まる : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
東京・築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題を調査する都議会の百条委員会が、18日午後に始まった。
 歴代の都中央卸売市場長らの証人喚問が行われる。19日には浜渦武生元副知事、20日には石原慎太郎元知事が尋問を受ける。
 18日に証言する歴代市場長は、森沢正範氏(在任期間2003〜06年)、比留間英人氏(同06〜09年)、岡田至氏(同09〜11年)の3人と、中西充副知事(同11〜12年)。
 法令が求める以上の土壌汚染対策を実施することになった経緯や、11年の土地売買契約で、東京ガスが追加の土壌汚染対策費用を負わない「瑕疵担保責任の免除」が盛り込まれた背景が解明されるかどうかが焦点で、当時の石原氏の指示や石原氏への報告内容などが注目される。
完全に時間と税金の無駄で、開く事自体が無意味です。
長年、議論に議論を重ね、其の上で議会と行政の正当な手続きに拠って決定して行ったのだから、問題視する事自体が間違いなのです。
この間違った見解で開かれる百条委員会に何の意味が在るのでしょうか。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

赤旗の飛ばし記事。

* 【森友学園問題】赤旗が誤報認め「記事を取り消します」 籠池氏は稲田朋美防衛相と「会っていなかったことが分かりました」!! - 産経ニュース
日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」が16日付1面に掲載した「籠池氏 “昨年10月、稲田氏と会った” 本紙に証言 “感謝状”贈呈式で」と題した記事について、籠池氏が感謝状贈呈式に参加していなかったことがわかったとして、18日付の紙面に「記事を取り消します」との訂正記事を掲載した。
 問題の記事は、籠池泰典氏と妻の諄子氏が同紙の取材に対し、昨年10月22日の防衛大臣感謝状の贈呈式で稲田朋美防衛相と会ったと証言。「稲田氏は、籠池氏と『10年間ぐらい、お会いしたこともお話をしたこともない』(参院予算委員会、8日)としていますが、答弁の真実性が問われます」と指摘していた。
 訂正記事では「その後の取材で、籠池氏は感謝状贈呈式に参加していなかったことがわかりました」と事実誤認だったことを説明。「裏付け取材が不十分なまま出された記事でした。おわびして取り消します」と謝罪した。
肝心の記事のアーカイヴは以下。
(Googleキャッシュ)
* “昨年10月、稲田氏と会った”/籠池氏 本紙に証言 “感謝状”贈呈式で
“昨年10月、稲田氏と会った”
籠池氏 本紙に証言 “感謝状”贈呈式で
学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典理事長とその妻は、本紙の取材に対し、昨年10月に稲田朋美防衛相と防衛大臣感謝状の贈呈式で会ったと証言しました。稲田氏は、籠池氏と「10年間ぐらい、お会いしたこともお話をしたこともない」(参院予算委員会、8日)としていますが、答弁の真実性が問われます。
 防衛大臣感謝状の贈呈式は2016年10月22日。籠池氏と妻の諄子氏によると、「表彰のときに会って、(稲田氏は)“あっ籠池氏か”という感じだった」といいます。
 防衛省によると感謝状は、「防衛基盤の育成と自衛隊員の士気高揚に貢献」したとして、籠池氏含め個人56人に贈りました。同省ホームページによると、贈呈者は「防衛大臣」となっています。
 「防衛ホーム新聞」(16年11月1日付)は、稲田氏が「受賞者席を周り、『ありがとうございます』と言葉を添えて一人ひとりに感謝状を手渡した」と報じています。
 籠池氏はまた、稲田氏が05年9月に議員になった後に、「一対一ではないが、幼児教育団体の(会合でも)会った」と語っています。
 籠池夫妻は07年に、稲田氏の資金管理団体「ともみ組」に、計1万2千円を献金しています。
 籠池氏への取材は、諄子氏と弁護士の同席のもとで行いました。
正常な意識で正常な取材活動をして居れば、どんなことが在ったのかの背景が正確に判明するのにも関わらず、反安倍政権の意識で臨むから完全な誤報を出す。
此れが日本共産党の正体といっても過言では無い。
一応取り消し記事の掲載が在る分、朝日新聞よりもマシと云うものだが、何れにしても目糞鼻糞を笑うで同族です。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

朝鮮学校への補助金停止した和歌山県。

* 朝鮮学校への補助金廃止 和歌山県「総連との関わり解消されない限り支給できない」(1/2ページ) - 産経WEST
朝鮮学校への自治体独自の補助金をめぐり、文部科学省が適正な支出などを求めた昨春の通知を受け、和歌山県県が毎年、和歌山朝鮮初中級学校(和歌山市)を対象に交付していた補助金を廃止したことが16日、分かった。県によると、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)から補助金を受け取っていたことが理由という。
 文科省通知は昨年3月、朝鮮学校を各種学校として認可している28都道府県に出された。この通知では、朝鮮学校と朝鮮総連との関係性を指摘した上で、都道府県側に補助金の適正支出を求めていた。
 通知を受け、県は対応を検討。その結果、27年度に同校が朝鮮総連から補助金を受け取っていたことが判明したという。
 県では、平成14年度以降、教育振興を目的に同校に対して補助金を交付していたが、朝鮮総連との関係が明らかになったため、この補助金の廃止を決定。約235万円が予算計上され、今月末に交付決定される予定だった28年度分の補助金支出を取りやめた上で、29年度分については予算計上を見送った。
今回の決定について、県文化学術課は「朝鮮総連とのかかわりが解消されない限り、補助金支給を検討することはできない」としている。
 同校への補助金をめぐっては、和歌山市も同校の27年度の決算報告に「祖国からの援助費」が確認されたことを理由として、28年度の補助金交付を取りやめている。
在日本朝鮮人総連合会との関わりが在る事で補助金停止決定をしたのは賢明な判断では在るが、此の問題以前に私学助成は憲法違反に為ると云う事を充分に認識して頂きたい。
敵性国家の学校に対して公金投入する事は許され無いのです。
他の地方自治体でも同様だが、朝鮮学校への補助金を交付するのは絶対に認めては為らないのです。
posted by 天野☆翔 at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする