冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー SignalNow Express

2017年03月20日

地下鉄サリン事件から二十二年目。

* 地下鉄サリン事件から22年 遺族らが駅で献花 - 読んで見フォト - 産経フォト
13人が死亡、6千人以上が重軽症を負った1995年の地下鉄サリン事件から22年となった20日、多くの死傷者を出した東京メトロ霞ケ関駅(東京都千代田区)で慰霊式が開かれ、事件発生時間に近い午前8時、駅員が黙とうした。
 東京メトロは死者が出た都内の6駅に遺族らや一般向けの献花台を設置。霞ケ関駅助役だった夫一正さん=当時(50)=を亡くした高橋シズヱさん(70)らが訪れ、献花した。
 事件では、松本智津夫死刑囚(62)=教祖名麻原彰晃=の指示を受けたオウム真理教幹部が都心を走る地下鉄5車両に猛毒のサリンをまいた。事件に関与した10人の死刑、4人の無期懲役が確定している。
 残っているのは、サリン散布役を送迎し、特別手配後約17年間逃亡していた元信者高橋克也被告(58)=一、二審で無期懲役判決=の上告審だけとなった。
オウム真理教に因る大量虐殺事件で在る地下鉄サリン事件から、本日で二十二年目を迎えました。
此の事件で亡くなられた方々には、改めて謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
本当の意味でのテロリストとして認知された此の事件は決して許されるものでは無く、又、忘れては為らない案件で在る。
一宗教団体がテロリストを引き起こすと云う前代未聞の事実を、国民は厳しい目で見た事でしょう。
世界的にもテロリストが暗躍し事件を勃発もさせて居ます。
此の事件を契機にして、改めて平和や安全に対しての思いを巡らせる必要も在るでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

豊洲新市場移転問題の責任回避する小池百合子氏。

* 【豊洲問題】移転基準「石原都政から決まっていた」「私がハードルを上げたわけではない」 小池百合子知事が反論 - 産経ニュース
都議会百条委員会で石原慎太郎元知事が豊洲市場への移転延期を批判したことを受け、小池百合子知事は20日、都庁で報道陣の取材に応じ、「(移転を判断する土壌汚染の基準は)石原都政から決まっていたことだ」と反論した。
 小池氏は、豊洲の地下水モニタリング調査結果が出ていないことなどを理由に移転延期を決断したことについて、「決められた基準の確保のために作業を進めてきた。私が(移転の)ハードルを上げたわけではない」と説明した。
 一方、地下水モニタリングの再調査で環境基準値を超す有害物質が検出されたことで、市場移転スケジュールに与える影響について問われると、市場や都政への信頼、消費者の信頼を勝ち取る重要性を強調。「専門家会議の意見などを参考にしながら、ロードマップにどのような影響が出るか精査していく」と語った。
 石原氏の百条委での証言については、「議会の要請に応えていただき、敬意を示したい」とした上で、「責任の所在や瑕疵担保責任に関する話は会見の時から(比べて新しい話は)出ていなかった」と指摘した。
移転の延期の主軸は飽く迄「安全性」を問うた筈なのに、何時の間にか「安心性」に話が摩り替わり、此処で堂々巡りを繰り返し移転の決定を先延ばしされてる現状が在る。
其の安全性を考慮したからこそ、厳しい基準を設け説得の材料にしたのは石原慎太郎氏だったが、此の基準は妥当で在った。
然し、此の基準を逆手に取って移転延期の材料にしたのは小池百合子氏で在るのは間違いは無く、而も独断で決定してるのだから行政を無視した動きで在る。
既に科学的にも安全性は確約され確定してるのだから、移転は綴やかに実施されるべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

東京都議会の百条委員会に石原慎太郎氏出席。

* 【豊洲問題】石原慎太郎氏「ピラミッドの頂点として移転を裁可した責任は認める」 小池百合子氏を批判「不作為の責任問われるべき」(1/2ページ) - 産経ニュース
豊洲市場(東京都江東区)の移転問題を検証する都議会百条委員会は20日、市場移転を決断した当時の知事だった石原慎太郎氏の証人喚問を行った。石原氏は「都庁全体の流れで市場を豊洲に移転することを決定した」と述べた上で、「ピラミッドの頂点として移転を裁可した責任は認める」と述べた。東京ガスとの用地買収交渉は「部下に一任していた」とこれまでの主張を踏襲した。
 また、移転延期を判断した小池百合子都知事に対して「科学者が安全と言うのに、なぜ移転しないのか不可解だし、不作為の責任が問われるべきだ。都民を第一に考えて移転しなければならない」と批判した。
 用地買収の交渉役だった浜渦武生元副知事と東ガスの間で水面下交渉があったとされる経緯は「一任していた。報告を詳細に受けていない」と主張。一方、豊洲移転にあたり地下水の有害物質を環境基準以下にするとした知事時代の方針を「私にとって重要案件ではなかった。基準のハードルが高すぎた」とも述べた。
百条委は同日までに石原氏を含む計21人の証人喚問を実施。しかし、(1)土壌汚染のある豊洲への移転をなぜ決めたのか(2)東京ガスに追加の土壌汚染対策費を求めないと決めた経緯−について、核心的な証言を得ることができなかった。
 小池氏は豊洲への移転判断の材料として、豊洲の安全・安心や市場の持続可能性、百条委で追及が続く過去の事実関係を積み上げていく。安全については土壌汚染対策を検討する専門家会議が「食の安全に問題はない」とする一方、安心については明確な基準がなく、豊洲への移転の可否について消費者目線を重視する小池氏が今後、どう判断するのか注目される。
 また、百条委でのこれまでの証言内容などから、一部委員の間には「東ガスの交渉のうまさに、交渉下手な都が次々と条件で折れた結果、契約に至ったのだろう。これ以上新しい事実関係を引き出すのは難しい」との見方も出ている。
 意思決定過程の解明や個人責任の明確化など、会派によって百条委の目的も異なる。今夏の都議選に向けた思惑も絡み、百条委が結論をどのように位置づけるのかも不透明だ。
* 【豊洲問題】石原氏、豊洲移転「既定路線」、報告「記憶ない」…元市場長らと認識食い違う(1/2ページ) - 産経ニュース
石原慎太郎元東京都知事は20日の百条委員会で、豊洲市場への移転を決めた責任を認める一方、東京ガスとの交渉の経緯などについては「報告を受けた記憶がない」などと主張した。これまでに百条委で証言した元中央卸売市場長の認識と食い違いもあり、全容解明には至っていない。
 焦点の一つは豊洲移転を決断した経緯。石原氏は青島幸男元知事の引き継ぎ文書に言及し、「たしか『豊洲地域に市場を移転する』という文言があった」と振り返った。会議で都西部への移転を提案した際は担当者から一笑に付されたと説明。「大きな流れに逆らいようもなかった」と述べ、「既定路線」の中で決断したとの従来の主張を述べた。
 しかし、石原氏就任の直後に市場長に就いた大矢実氏は百条委で「私が豊洲に移転すべきだと判断し、知事に報告した。築地(再整備)と豊洲の比較対照表も使って説明し、知事も『それでいこう』となった」と発言した。
 大矢氏は、平成11年11月に東ガスの上原英治社長(当時)と面会した石原氏から「社長にお願いに行け」と言われたとも証言。民進党系会派「東京改革議員団」都議は石原氏に向かって「(豊洲移転への)端緒を開いた」と強調したが、石原氏は「いろいろな人といろいろな形で会ったが、上原さんと面会したのは覚えていない」と説明した。
 東ガスに土壌汚染対策費の追加負担を求めない「瑕疵担保責任の放棄」への認識も問われた。東ガスとの負担枠組みを決めた元市場長の岡田至氏は石原氏への最終段階の報告について「記憶はない」としつつ、記録上は行っていると証言した。だが、石原氏は「報告を受けた記憶はない」とし、交渉は元副知事の浜渦武生氏ら部下に一任していたとの姿勢を貫いた。
核心部分の疑問も残ったままだ。13年7月に都と東ガスが締結した確認書は、東ガスの汚染処理の範囲が限定的になっている内容で瑕疵担保責任の放棄の流れを作ったと位置づけられるが、浜渦氏は百条委で関与を否定。誰の判断だったかは解明できていない。
* <百条委員会>石原慎太郎 元都知事 2017-3-20 - YouTube

従来の主張と何等変わる事の無い主張が繰り返されるばかりで、結局は何も新しい事は出て来なかった事から、百条委員会を開催して迄証人喚問する必要性は一切無かった。
行政の仕組みを理解すれば、非常に馬鹿馬鹿しい茶番劇で在るのは間違いは無い。
知事が直接事に当たるのは限定的で在ると云う現実を直視する必要が在るのです。
事細かい案件迄知事が関与する事は無いのです。
事務方で済む案件は事務方のみの扱いで在る。
石原慎太郎氏は自らの知事職としての責任は認め、責任転嫁する事は無かった。
本日の百条委員会は徒に時間を浪費するだけの無意味な中身で在った。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

呆れた強盗事件。

* 吉祥寺のホテル強盗 容疑で元従業員の男逮捕 - 産経ニュース
ホテルに刃物のようなものを持って押し入り、現金を奪ったとして、警視庁武蔵野署は強盗などの容疑で、住居不詳の無職、木村光男容疑者(62)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は2月13日早朝、東京都武蔵野市吉祥寺本町のホテルに侵入し、カウンター脇の休憩室にいた従業員の女性(75)に刃物のようなものを突きつけ「切羽詰まっている」などと脅し、被害者の財布やレジから現金計約28万円を奪ったとしている。
 武蔵野署によると、木村容疑者はホテルの元従業員で、女性と面識があったという。墨田区内の公園にいるところを捜査員が確保した。
嘗て自分が勤務して居た処に強盗を働くと云う珍妙な事件が発生しましたが、顔見知りの人物に対して強盗を働けば摘発されるのは当たり前でしょう。
どれだけ切羽詰ってたのかは不明ですが、六十過ぎた人物がこんな事すらも解らないのでは話に為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

南朝鮮の愚かな現実。

* 【コリア実況中継!】「朴槿恵的なるもの」全否定の韓国世論 罷免決定は自賛一色で歯止めなき「左旋回」 (1/4ページ) - 産経ニュース
朴槿恵氏(パク・クネ、65)の大統領罷免を成立させた韓国で、大手メディアの論調は「民主主義を成熟させた」(中央日報)などと自賛の一色だ。「朴政治」すべてを断罪する空気が蔓延(まんえん)する中、次期大統領選の最新世論調査では、主要候補の革新系3人が計6割超の支持率を握る。保守派の黄教安首相(ファン・ギョアン、59)は出馬を否定。保守系が総崩れとなり、韓国政治は歯止めのない「左旋回」の様相を呈している。
 罷免決定を受け、12日に大統領府公邸を退出した朴氏だが、今はまさに一挙手一投足が、世論からの批判対象となっているかのようだ。
 「犬への愛情も偽物だった」
 公邸から自宅に戻った朴氏に対し降って湧いたように、そんな非難が向けられた。公邸で飼っていた犬9匹を置き去りにしたとして、動物愛護団体の釜山動物虐待防止連合が13日、朴氏を動物保護法違反容疑で警察に告発しようとしたというのだ。
 中央日報(日本語電子版)によると、朴氏は2013年2月の大統領就任時、ソウルの住民から天然記念物の珍島犬のつがいを贈られた。「セロム(新た)」「ヒマン(希望)」と名付けられた2匹は公邸で飼われ、今年1月に子供7匹が生まれて計9匹に。
朴氏は在任中、犬をかわいがる写真を公開してきたが、さすがに自宅に引き取るのは難しかったのだろう。引取先を探すよう大統領府関係者に依頼し、公邸を離れたが、それでも就任以来の「苦楽をともにした伴侶」(同)を冷淡に置き去りにしたかのように報じられる始末だ。
 4年と15日間の朴政治に対して、韓国メディアは容赦ない。
 国政介入事件の発覚以前から政府と厳しく対立していた左派のハンギョレ紙は、「長い冬が去り春が来る街角で、腐って病気にかかった枝が落ちた」と指摘。大統領の罷免を宣告した10日の憲法裁判所決定について、中央日報は「憲法裁判所を通じて大統領を民主的に退場させることは、世界でも類例のないできごとだ」と誇った。
 弾劾手続きについて、大手紙はそろって「民主主義を一段階成熟させた」などと表現。「われわれ国民は誤りを自ら正せる偉大な底力を発揮した」(ハンギョレ紙)と自賛している。
 中央日報(同)によると、朴氏が政治の舞台から退場した直後、格付け会社ムーディーズが罷免決定を前向きに評価。政治の不確実性が低まったとしてソウルの株式市場も急回復した。
同紙(同)は14日の社説で、朴氏に近い保守系の政治家グループが「再結集する様子をみせている」として、そうした動きが「憲法と民主主義に対する挑戦であり、嘲弄(ちょうろう)にほかならない」とまで指弾。「死ぬべき政治勢力が再び生き返って『ゾンビ政治』を行うこと」は許さないとの認識を強調した。
 こうした保守系への厳しい世論動向を反映してか、大統領権限を代行する黄首相も、勝算が見込めない中、次期大統領選への出馬の可能性を否定した。
 これまでのところ、保守系候補の擁立の動きは見通せない。革新系の候補同士の選挙戦が主軸の状況に変わりなく、16日にリアルメーターが発表した世論調査は、革新系の最大野党「共に民主党」の文在寅前代表(ムン・ジェイン、64)が前週に比べて2・0ポイント上昇の37・1%と首位を保った。聯合ニュース(日本語電子版)が伝えた。
 2位は「共に民主党」の安煕正(アン・ヒジョン)忠清南道知事(16・8%)で、3位が「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)前代表(12・0%)だった。
 上位2候補に加えて、「共に民主党」から4位につけた李在明(イ・ジェミョン)城南市長(10・3%)を加えた同党の3候補を合計すると、支持率は計約64%に達する計算で、圧倒的に革新政党に追い風が吹いている。
 「弾劾されたのは大統領1人だけではない。陣営の対立軸が定着した政治体制のすべてが弾劾された」
朝鮮日報がそう強調するように、大統領への過度の権力集中が改めて浮き彫りになり、大統領選では「政治制度改革」「改憲」も大きな争点として浮上することになる。
 また、韓国では北朝鮮の武力挑発、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備に対する中国の報復など、内政に加えて外交上の懸案が山積している。
 一連の罷免手続きについて、韓国メディアと同様に、民主制度の定着を称賛する欧米メディアからも、「祝福している時間はない」(米紙ニューヨーク・タイムズ電子版=12日)として、韓国政治に注文が突きつけられている。同紙は特に、革新系候補の政策に言及。「THAAD配備に懐疑的で、中国との摩擦を避け、北朝鮮を孤立させるよりは交渉を好む」政治指導者が次期大統領に就く可能性が濃厚なことに注意を促した。
 支持率優位が鮮明な文氏は最近になり、THAAD配備をはじめとする争点について、以前のように明確な否定的見解の表明を控えており、「穏健票の取り込みを図っている」との見方がもっぱらだ。
 韓国紙からは、「政策の一貫性を高め、経済の不安も最小化しなければならない」(中央日報)として、国家間の合意破棄や「バラマキ」政策を訴える候補者らを牽制(けんせい)する論調も出ている。
朴槿恵大統領の弾劾が成立した今日、南朝鮮国内は選挙戦に突入してるが、其の中身は完全に北朝鮮に親和性の在る候補者しか存在せず、南朝鮮の国益を考えない政治家が暗躍して居ます。
時刻の利益を追求する候補者が出ないのは明らかに異常な状況でしょう。
南朝鮮国民は此の現状をどう捉えてるのか。
時刻の将来を北朝鮮に委ねて良いのか。
今こそ冷静な意識で判断して頂きたいですね。
posted by 天野☆翔 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

国益を顧みない野党四党は滅べば良い。

* 【阿比留瑠比の極言御免】解散で国民に立法府の意義を問うてはどうか? 心胆を寒からしめる国会論戦を憂う(1/3ページ) - 産経ニュース
国権の最高機関であり、唯一の立法機関である国会がこれでよいのか。2月下旬からの約1カ月間、国会審議の大半は私立の学校法人にすぎない「森友学園」をめぐる一連の騒動で空回りしている。国会による疑惑追及の意義を否定するわけではないが、国民の血税が毎日、無駄に浪費されていると言ってよい。
 17日の衆院外務委員会は、安倍晋三首相が出席した約1時間のうち大半を、森友学園問題と、南スーダンPKOをめぐる陸上自衛隊の日報問題に費やした。
 米国のティラーソン国務長官が初来日し、16日に首相や岸田文雄外相と北朝鮮への対応を協議したタイミングだったにもかかわらず、である。
 トランプ米政権は、オバマ前政権が掲げた対北朝鮮の「戦略的忍耐」政策を全否定し、先制攻撃を含む「あらゆる選択肢」の行使を明言している。朝鮮半島有事はにわかに現実味を帯びている。日本の安全保障や経済活動に直結するのは自明ではないか。
 ところが、国際情勢や日本の外交姿勢を論ずべき衆院外務委はどうだったか。民進党など野党は、安倍昭恵首相夫人が森友学園に寄付したかどうかとか、郵便局から振り込んだのかだとか、事実関係が怪しい上に、法的に何ら問題ないことを延々と追及し続けている。
 心胆を寒からしめる、目を覆わんばかりの異様な光景である。
国民の生命、財産、自由を守ることが第一の使命であるはずの国会議員たちが、迫り来る危機から目をそらす。そして、自衛隊の最高指揮官である安倍首相の足を引っ張る政局的な火遊びに終始するとは…。
 国家の存立よりも、一私立学校の在り方や理事長の特異なキャラクターの方が大切で喫緊の課題であるかのように振る舞う国会議員たちに、国民の負託を受けた立法府の一員としての矜持(きょうじ)は感じられない。
 23日には森友学園の籠池泰典氏の証人喚問が衆参両院で行われる。だが、現状を見る限り、それで事態が収束し、国会が熟議の場になるとは想像しにくい。むしろ証人喚問で出るであろう片言隻句(へんげんせっく)が新たに取り上げられ、混乱と空転が続くのではないか。
 北朝鮮の核・ミサイルだけではない。中国の国際法を無視した無秩序な海洋進出と、軍事的な領域拡張路線も、わが国の平和と安全を脅かしている。
 「戦略的忍耐の政策は終わった」
 ティラーソン氏は17日、韓国・ソウルでの記者会見でこう述べた。首相もそろそろ国会に対する「戦略的忍耐」をやめてもよいのではないだろうか。
とはいえ、院の構成に変化がなければ、つまり衆院議員がある程度入れ替わらない限り、ひたすら醜聞を求めて印象操作を繰り返す国民不在の国会は変わらない。
 国会が立法府の機能を果たさぬのならば、首相は平成29年度予算成立を待って「立法府の意義」を問うて衆院解散・総選挙に打って出てはどうか。きっと野党も望むところだろう。
国会の解散の是非は別にして、今国会が開かれてから今日迄其の議論の中身は森友問題に終始してるのは間違いは無く、此の中身は全くの的外れな内容ばかりで、法的責任も道義的責任も一切問われない案件を延々と繰り返すばかりの、非常に低次元な議論が展開されて居ます。
先週の三月十七日のBSフジLIVEプライムニュースのゲストの内閣官房参与の飯島勲氏も、此の異常な国会の状況を訴えて居ました。
民進党と日本共産党と社会民主党と自由党は、本当に日本の国益を考える政党なのかと云う事を改めて国民有権者に厳しく問い質したい。
特定秘密保護法の時も平和安全法制(安全保障関連法)の時も、此の動きは全く変わらずに居ました。
野党四党は日本の政治には居ては駄目な政党です。
滅んで無くなれば良いのです。
posted by 天野☆翔 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

葛西紀明氏が記録更新。

* 【スキー】葛西2位で最年長表彰台 W杯ジャンプ個人第24戦 - 産経ニュース
ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は19日、ノルウェーのビケルスンでフライングヒルによる個人第24戦(ヒルサイズ=HS225メートル)が行われ、葛西紀明(土屋ホーム)が合計448.0点で2位に入った。昨年3月以来、約1年ぶりに表彰台に立ち、自身が持つW杯の最年長表彰台記録を44歳9カ月に更新した。
 葛西は1回目に239.5メートル、2回目に241.5メートルを飛んだ。カミル・ストッホ(ポーランド)が238.5メートル、237メートルの合計466.6点で今季7勝目、通算22勝目を挙げた。伊東大貴(雪印メグミルク)は日本人最長記録となる243メートルと、220.5メートルの394.0点で12位だった。
ノルディックスキーのジャンプ男子の葛西紀明が、ワールドカップの最年長記録を又しても更新しました。
一時期はレジェンドだのと表現し騒がれて居ましたが、スポーツに於ける年齢の制限を全く感じさせない其の活躍は、大いに賞賛に値する。
誠に御目出当御座居ます。
posted by 天野☆翔 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | 更新情報をチェックする