冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年04月03日

Twitterのアカウントのロックに困ってる方へ。

Twitterのアカウントのロックの解除を念頭に置いた対策を提示します。
既に一回でもロックされた方には特に注意を促します。
ロックの解除にはSMSで受け取る方式が初期値で設定されて居ますが、此処に自動音声案内は無い。
此処で重要なのは携帯電話を所持して無い人で、自宅の電話番号にて解除する場合、SMSは当然受け取れないので、動音声案内での対応に成るが、一回SMSでの送信を実行すると折り返しの電話は無く、実行後の画面の中に「メッセージが届かない方」と云うハイパーリンクが存在する。
此処をクリックすると自動音声案内のボタンが確認されるので、此処をクリックで自宅の電話番号への自動音声案内が届く。
此の自動音声案内のコードで解除可能に成る。
然し、此処で大きな問題に成るのは、過去一度でもTwitterの管理画面の中で電話番号が登録して在った場合は、此の自動音声案内のボタンが表示されないと云う事です。
と云う事で、既に登録されてる方は、電話番号の登録を削除する必要が有ります。
過去に一度でもロックされた方は確実に削除して置かないと、ロックの解除にはTwitter側の対応に成る事で、時間を要して仕舞います。
其の場合は、登録されてるメールアドレスに自動的に送信されたメッセージに対して、アカウントのロックを解除して貰う正当な理由を題名を変更せずに返信すれば、概ね二三日の間にロック解除されて行きます。
posted by 天野☆翔 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Computer/Network | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

神社仏閣への器物損壊が復活する。

* 下鴨神社と金峯山寺本堂の液体被害「修繕が必要」と文化庁 - 産経WEST
文化庁は3日、建物に液体のようなものが掛けられているのが見つかった世界遺産の下鴨神社(京都市左京区)と国宝の金峯山寺本堂(奈良県吉野町)の被害状況を調査し、「修繕が必要」との見方を示した。  下鴨神社では「舞殿」などの重要文化財の建物を含む26カ所で液体のようなものがまかれた跡が見つかり、金峯山寺本堂「蔵王堂」でも正面扉板と縁板に染みが4カ所付着していた。
 平成27年に全国の寺社で油のような液体がまかれる事件が相次いで発生し、金峯山寺も被害を受けた。
 また那覇市にある世界遺産の首里城でも「守礼門」など3つの建築物と鐘のレプリカに液体のようなものが付着しているのが見つかり、施設の管理者が3日、沖縄県警に通報した。
 金峯山寺で被害の確認を終えた黒坂貴裕文化財調査官は報道陣に「事件が繰り返されて残念だ。被害は小さいとはいえない。調査結果を踏まえ、効果的な防犯対策に努めたい」と話した。文化庁は今後、液体の成分を分析し、修繕方法を検討する方針という。
 京都府警と奈良県警は文化財保護法違反の疑いで、一連の被害の関連性について調べている。
昨年迄に発生した神社仏閣への液体散布の被害が京都と奈良で確認され、此処に沖縄が追加されました。
実行犯の意図は不明だが、恐らくは背景にはお困りの方々が存在するのは間違いは無いでしょう。
歴史的な建造物への器物損壊は許す事は出来ず、此れを放置しては為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

沖縄基地問題で沖縄県は徹底抗戦の構え。

* 沖縄県、基地ブレーン始動 政策調整監・吉田勝広氏に辞令 - 産経WEST
沖縄県の翁長雄志知事は3日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設など基地問題で、翁長氏のブレーンとなる政策調整監に就いた吉田勝広氏(72)に県庁で辞令を交付した。就任は1日付で、週明け3日からの始動となった。翁長知事は「基地問題に関する豊富な知識と行政経験を生かしてほしい」とあいさつ。吉田氏は記者団に「(移設作業で)辺野古を埋め立てさせないため、命の限り頑張りたい」と述べた。
 吉田氏は、米軍キャンプ・ハンセンを抱える沖縄県金武町の元町長で、県議時代も基地問題に取り組み、辺野古移設反対運動に積極的に身を投じてきた。
 基地問題担当だった副知事が不祥事疑惑を受け、1月に辞任。後任として3月に就任した富川盛武副知事(69)が基地問題の対政府交渉の窓口を務めるが、専門は経済のため、吉田氏が大きな発言力を持つとみられる。
キャンプ・シュワブの辺野古基地移設反対の動きを見せる沖縄県だが、此の対応の為の政策調整監が始動しました。
キャンプ・ハンセンの金武元町長だったと云う事での任命に成ったが、辺野古基地移設反対派の中で活動して来た実態が有り、此処を買われたのでしょう。
いよいよ本格的に最後の抵抗を見せ始めました。
posted by 天野☆翔 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

小泉純一郎と細川護煕と菅直人が自然エネルギー普及を訴える。

* 小泉元首相ら、再生可能エネルギーの普及訴え TBS NEWS
小泉元総理ら総理大臣経験者3人が農業を行いながら太陽光発電を行うソーラーシェアリング発電所の開所式に出席し、再生可能エネルギーの普及を訴えました。
 ソーラーシェアリングとは、農地に支柱を立てて太陽光発電設備を設置し、農業を行いながら同時に太陽光発電を行う仕組みです。この発電所は、千葉県匝瑳市の耕作放棄地3.2ヘクタールを利用して、大豆や麦などの農産物を栽培しながら、およそ300世帯分の電力を発電します。
 開所式には、小泉総理ら総理経験者3人が駆けつけました。
 「もう十分これ、原発なくしてやっていけるよ。太陽光だけでやっていく時代よ。地熱も風力も水力もあるけど、太陽光だけで電気あまっちゃうよ、日本は」(小泉純一郎 元首相)
 発電所の運営会社は売電収入の一部を地域の環境保全に還元しながら農産物のブランド化などで地域活性化にも貢献していきたいと話しています。
小泉細川両名は最早云う迄も無いが、此処に菅直人が加わった事で、正に売国奴が揃い踏みした様相を呈して来ました。
小泉細川両名は従来の主張を展開したに過ぎないが、福島第一原子力発電所事故の当事者の菅直人が加わったのには、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
どの面下げて駆け付けたのかと厳しく問い質したい。
現在の電力事情を全く関知して無いと見て取れます。
posted by 天野☆翔 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

新年度の始まり。

一日と二日が土日だった事から、本日から実質新年度の始まりに成ります。
社会では入社式や入学式が続々と始まる事でしょう。
新たな環境に飛び込み溶け込むには時間を要しますが、臆する事無く果敢に臨み、一日も早く習慣化されて行く事を願います。
新たな門出に幸有らん事を。
posted by 天野☆翔 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする