冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー SignalNow Express

2017年04月04日

銃剣道を批判する事の愚。

* 「銃剣道は時代錯誤、戦前への郷愁」 米山隆一・新潟県知事が新指導要領明記に反対ツイート 今度は千葉市長とやり合う(1/3ページ) - 産経ニュース
日本維新の会前代表で前大阪市長の橋下徹氏と短文投稿サイトのツイッターでやり合ったばかりの新潟県の米山隆一知事が、再びバトルを繰り広げている。今度は文部科学省が3月31日付で告示した新学習指導要領が論議のネタ。中学校で教える武道9種目の一つとして銃剣道が明記されたことに「戦前精神論への郷愁でしかない」と反対を表明したところ、千葉市の熊谷俊人市長が「具体的にどのような事実があるのか」と指摘。競技団体から反発が起きるなど波紋を広げている。
 文科省は現行の学習指導要領では中学校で教える武道の例を「柔道、剣道、相撲、なぎなたなど」としているが、平成33年度から中学校で実施される新指導要領では「空手道、弓道、合気道、少林寺拳法、銃剣道」を追加して明記し、日本武道協議会に競技団体として加盟する種目を網羅した。
 これに対し、米山知事は3月30日のツイートで「私は反対です。柔道、剣道、相撲はスポーツとして確立していますが、銃剣道はその状況になく時代錯誤としか言えません。恐怖を覚えます」と投稿。さらに「棒を使った護身術なら剣道が上です。戦前精神論への郷愁以外のいったい何でしょうか」と持論を展開した。
銃剣道は銃を模した長さ166センチの「木銃」を使い、突き技で相手の胸などを狙う武道。同連盟によると国内の競技人口は約3万1000人で、昭和55年に国体の正式競技となった。
 ツイッター上では米山知事への賛同者もいる一方、銃剣道をおとしめる発言だとの批判もあり、米山知事は「銃剣道自体が疑問とは言っていない」と説明を加えた。
 産経新聞の取材に応じた全日本銃剣道連盟の鈴木健副会長は、新指導要領への明記を歓迎した上で、米山知事の指摘には「全く違う」と反論。「銃剣道の目的は技術向上ではなく、尊敬や思いやりの心を養う人間形成。他の武道と変わらず、剣道と銃剣道のどちらが上ということもない」と話した。
 同連盟では平成26年から、指導者を養成するための講習を東京で毎年開催している。鈴木副会長は「銃剣道は基本的にシンプルな武道なので、講習を受ければ難なく中学生を教えられるようになる」と語った。
 新潟県の銃剣道競技は全国大会で優勝した実績を持ち、秀でた生徒を募る県立高校の「特色化選抜」の種目にも指定されている。鍛錬に日々取り組む県内の関係者からは戸惑いの声が上がった。
同県三条市で14人の小中学生に銃剣道を指導している教諭の滝沢元気さん(37)は「知事はずいぶん昔の話をされている印象だ」とした上で、銃剣道はスポーツとして確立した武道だと強調。「練習を実際に見て、銃剣道に取り組んでいる子供たちの気持ちを聞いてほしい」と話した。
 米山知事の一連の投稿には千葉市の熊谷市長も反応。「軍国主義的郷愁を感じるとは具体的にどのような事実があるのかご教示頂けますか」と問う投稿をすると、米山知事は「あくまで感じ方ですので、具体的事実をご提示するようなものではありません」と答え、個人的な印象にすぎないとして言及を避けた。
 米山知事は3月に、森友学園問題をめぐる国会での野党の姿勢などについて橋下氏とツイッター上でバトルを繰り広げており、橋下氏が米山知事を「ほんとこんな頭の悪い知事を持って新潟は大丈夫か」「人間性も最低」と罵倒した経緯がある。
 今月1日には、大阪府の松井一郎知事がツイッター上に「橋下氏が人を批判するような時は、徹底的に取材して根拠を固めて実施する」と投稿。すると、米山知事はすかさず「橋下さんから徹底的な取材と根拠に基づいて『頭が悪い』『人間性も最低』と断定され大拡散されフォロワーを煽(あお)られたという理解で宜しいでしょうか。光栄至極です」と皮肉まじりに反論した。
 これに対し松井知事は「自虐ネタがそんなに面白いのか。変わった人です」とコメントした。
実戦での銃剣の扱いは日本だけでは無く世界各国で採用されて居ますが、此の銃剣を模した競技を批判する事は荒唐無稽で無意味なのだと自覚して頂きたい。
スポーツとして既に確立してる上、其のルールも単純で解り易いのならば、学校教育に採用されても何等可笑しな話では無い。
旧日本軍と関連付けする事自体が無意味で在ると、厳しく問い質したい。
銃剣道を批判するならスポーツチャンバラも同じ様に扱うのが筋で在る上に、剣道や柔道や空手等も元々は殺人の手段を武道に昇華させたものなのです。
こう云う事を果たして理解されてるのでしょうか。
posted by 天野☆翔 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

自虐的な前原誠司。

* 民進・前原誠司元外相「何でも反対とみられているから支持率が上がらない」 - 産経ニュース
民進党の前原誠司元外相は4日、報道各社の世論調査で、同党の支持率が低迷している現状について「(有権者から)何でも反対しているようにみえていることが、支持率が上がらない大きな要因だ」と分析した。党が配信したネットの動画番組で語った。
 前原氏は「国家、国民のプラスになることには堂々と対案を示し、(与党との)修正協議にも応じ、よりいいものをまとめる。そういう所も見せた方がいい」とも指摘した。
なんでも反対何でも批判は民進党が民主党だった頃の伝統で、引いては社会党時代からの伝統でも在る。
国の根幹や本質に関わる重要な法案に関しては、此の姿勢が今でも変わらない事に対して自虐的に論評したのだと思われるが、此れが支持率に直結しない大きな要因なのだと民進党は自覚しない。
此の実態を指摘してる前原誠司自体が存在意義が無いので、そもそも批判しても無意味なのだと云う事を理解して頂きたいですね。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

読売新聞は「慰安婦像」と報道せよ。

* 首相、帰任の長嶺氏に少女像撤去働きかけを指示 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
安倍首相は4日午前、首相官邸で、同日夜に韓国に帰任する長嶺安政・駐韓大使と会談し、慰安婦を象徴する少女像撤去を韓国側に働きかけることを指示した。
 大統領選挙の情報収集や、北朝鮮問題での連携強化に取り組むことなども確認したとみられる。
 長嶺氏は会談後、記者団に「全力を尽くし、今の課題にあたりたい。(黄教安)大統領代行に直接話をすることで調整している」と語った。
 これに先立ち、長嶺氏は菅官房長官とも会談した。菅氏は会談後の記者会見で、「日韓合意(の着実な履行)も含めて強く働きかけし、次の政権に継承してもらう必要がある」と強調した。
比較的マトモで在ると認識されて居る読売新聞が、未だに「慰安婦を象徴する少女像」だのと報道してるのには本当に理解に苦しむ。
此の表現は南朝鮮の立場での報道でしか無く、産經新聞は比較的早期に「慰安婦像」と云う表現で報道してるのです。
いい加減に改めよ。
posted by 天野☆翔 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

雪山登山の危険性を強調するのは愚の骨頂。

* 「実地訓練禁止の方が危険」献花の山岳協会長 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
高校生ら8人が死亡した栃木県那須町の雪崩事故で、日本山岳・スポーツクライミング協会の八木原圀明会長(70)が4日、現場近くの献花台を訪れ、手を合わせた。
 八木原会長は「例年なら雪が落ち着き、訓練に適した時期のはずだった」と唇をかんだ。ただ、登山講習については、「実地での訓練を一切禁止して知識や経験を積み重ねないことの方が危険」とした上で、「研修や講習会にさらに力を入れ、悲惨な事故が二度と起きないようにするのが我々の仕事だ」と強調した。
栃木県那須町の雪崩事故で、四十八年前にも同じ事故が在ったと云う事で、此の登山自体を危険視し批判するのは全くの筋違いでしょう。
雪山は雪崩の危険性が在るのは重々承知で在るが、此れを強調しての危険視は、即ち危険性を充分に理解する機会を奪う事にも繋がる。
実際に体験して学習する事の重要性を理解して無い連中が批判してるのだと思われるが、例え過去に似た状況の事故が発生してたのだとしても、雪崩は何時何処で発生するのかは誰にも解らない。
今回の事故を受けて批判する連中はこう云う事を理解して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

日本動物園水族館協会から四施設が脱退。

* 4水族館がJAZAを脱会 背景に国際圧力に屈しない“姿勢”とイルカ入手体系“確立”(1/4ページ) - 産経WEST
日本動物園水族館協会(JAZA)が国際的圧力を受け加盟施設に日本伝統の追い込み漁でのイルカ入手を禁じた問題で、新江ノ島水族館(神奈川県)や下関市立しものせき水族館「海響館」(山口県)など4施設が、JAZAを退会したことが2日、分かった。少なくとも2施設は、漁での将来的な入手継続を決断し、退会に踏み切った。
 追い込み漁を続ける和歌山県太地(たいじ)町の町立くじらの博物館が平成27年9月に退会して以降、新たな退会が判明したのは初めて。
 JAZA退会について、新江ノ島水族館の担当者は「追い込み漁は国が認める合法的なもの」と説明した。しものせき水族館の担当者も「捕鯨文化を否定するようなJAZAの方針は容認できない」と話している。
イルカの入手をめぐっては、世界動物園水族館協会(WAZA)が太地町の追い込み漁を残酷だと批判。27年4月にJAZAに対し、改善・除名通告を行った。
 これに対し、JAZAは同年5月、通告受け入れの是非を問う会員投票を実施。その結果、会員数の多い動物園を中心にWAZA残留の希望が多かったため、追い込み漁からのイルカの入手禁止を決定し、繁殖中心に切り替える方針を示した。

「追い込み漁」必要根強く
今回の水族館のJAZA退会の背景には、国際的な反捕鯨の圧力に屈しないとする“抵抗”に加え、水族館の誘客の目玉とされるイルカの将来にわたる安定的な入手体系を構築しようとする意図がある。JAZAが示した繁殖を中心とした仕組みは、中小の水族館には技術や施設面でのハードルが高く、今後も退会が続く可能性がある。
 JAZAが国際的圧力に屈する形で漁からの入手を禁じた平成27年5月の決定には、日本伝統の捕鯨文化を自ら否定することへの根本的な嫌悪感を示す施設が少なくなかった。退会した、しものせき水族館の石橋敏章館長も「国が認める漁法をJAZAが禁止するのは納得がいかない」と訴える。静岡の施設関係者もJAZAへの反発を退会の理由の一つに挙げる。
さらに、イルカを突破口として、あらゆる動物に保護の矛先が向くのではないかとする懸念も噴出。関係者によると、JAZAの決定後も、反捕鯨団体を中心とした動物愛護団体からのサイバー攻撃に苦しめられている加盟施設もあるという。
 退会を決めた蒲郡市竹島水族館(愛知県)の関係者は「イルカを飼育していないのにサイバー攻撃を受けた施設もあるという。JAZAに加盟するメリットはない」と言い切る。
 一方、イルカの安定的な入手には、和歌山県太地町などで実施の追い込み漁は欠かせないとの声もある。
 JAZAが示した繁殖には、一定の技術力が求められるほか、妊娠したイルカを保護するため専用の施設が必要になる。関係者は「施設間でイルカを融通しあうのも限界がある。今後、漁からの入手に踏み切らざるを得ない施設は一定程度あるのではないか」とみている。
 さらに施設での繁殖だけになれば、遺伝的多様性が失われるとの危惧もある。
 退会した新江ノ島水族館は繁殖に半世紀にわたり力を入れ、数世代目のイルカもいるという。その上で退会を選択した理由について担当者は「将来の繁殖に際し、太地など外部からの新たな個体の入手が必要だと判断した」と説明する。
漁の地元以外の4施設の退会。関係者は「イルカをすぐに必要としていない施設の退会の意味は非常に大きい」と話している。
此の判断は極めて賢明で、様々な観点からしても妥当なのでしょう。
世界動物園水族館協会からの批判は批判に該当せず、無視して居れば良いのです。
捕鯨と云う大枠の中では、グリーンピースやシー・シェパードの妨害が在るが、日本以上に捕獲してる南朝鮮やノルウェー、其の大元で在る国際捕鯨委員会には批判の矛先は向かって居ません。
日本だけが攻撃対象で在るのです。
捕鯨文化は日本の文化でも在る。
此れを否定しては何も為らないのです。
独自の入手先の確保が構築されてるならば、他の施設も追随して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 04:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする