冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年05月05日

F35Bを公開展示。

* 最新鋭ステルス戦闘機「F35B」初公開 垂直離着陸にこだわる理由とは…(1/2ページ) - 産経WEST
米海兵隊は5日、岩国基地(山口県岩国市)で航空祭「フレンドシップデー」を開き、米海兵隊のF35B最新鋭ステルス戦闘機を一般に初公開した。
 岩国に10機配備されたF35の第一の特徴は、レーダーに探知されにくい「ステルス性」を持つこと。現代の戦闘機にとっての脅威は、レーダーで誘導や照準を行うミサイルや機関砲だが、ステルス機はこうした攻撃を無効とする。
 この特徴は戦闘機との戦闘でも有効で、敵戦闘機に見つかることなく遠方からミサイルを放って一方的に撃墜することが可能とされ、従来の戦闘機とは一線を画す高い性能を持つ。また敵対勢力の支配地域でも探知・反撃されることなく偵察や攻撃を行えるメリットがある。
 F35には空軍用のA型、短距離離陸・垂直着陸(STOVL)が可能なB型、空母艦載用のC型があり、今回、岩国の米海兵隊基地に配備されたのはB型。垂直着陸にこだわるのは、海兵隊の性質によるものだ。
海兵隊は通称「殴り込み部隊」とも呼ばれ、敵前上陸作戦を行うのが任務の一つ。十分な長さの滑走路を確保できない最前線でも空から地上兵力を援護できるよう、STOVLの機種が要求された。
 従来のAV8Bハリアは、航続距離が短い▽最高速度が音速に届かない▽爆弾など兵装搭載量の少なさ−がネックだったが、F35Bはこうした点をクリアし、特に航続距離は大幅に延びた。
 F35部隊を運用する第一海兵航空団のサンボーン司令官(少将)は、岩国配備の意義について「太平洋地域は海、島しょ部が多く、F35の遠征能力が生かされる」としている。
* F35配備で西日本の防衛力大幅強化 中朝脅威に対抗(1/2ページ) - 産経WEST
岩国基地(山口県岩国市)に配備された米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bは、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮情勢が緊迫する中、日本の防衛の戦略的な優位性を確保する“切り札”の一つとして期待される。
 岩国基地で5日に公開されたF35Bは、来場者が触れないように特別の柵が周囲に設けられていた。軍事機密の固まりである最新鋭機を一般公開することについて、元自衛隊幹部は「米国の圧倒的な技術力は他にはまねできないという自信の裏返しだ」と指摘する。
 F35には、空軍向けのA型、長い滑走路がなくても運用できる短距離離陸・垂直着陸(STOVL)が可能なB型などがある。レーダーに探知されにくいステルス性で、敵地でも相手に発見されることなく偵察や攻撃ができる。航続距離は約2200キロ。戦闘行動が可能な半径は約900〜1200キロとも指摘され、その性能は従来の戦闘機と一線を画す。
 元海将の伊藤俊幸氏は、岩国基地のF35B配備に関して「北朝鮮に行きやすい位置で、北朝鮮の軍の技術レベルなら発見されずに作戦を遂行できる。米海兵隊にとって極めて有用だ」と指摘する。
非常事態では、北朝鮮の弾道ミサイル設備の破壊や先制攻撃の任務も予想される。米海兵隊は「(岩国基地から)20分で北朝鮮に到達する」としている。
 また、ステルス性の高さは軍備増強を図る中国にも効果を発揮する。中国軍が実用化を進める空母に対し存在を探知されずに打撃を与えることができる。中国が開発する「殲(J)20」などの次世代ステルス戦闘機に比べても性能は上回るとされ、東シナ海や同海上空での中国の軍事進出を阻む抑止力となっている。
 F35Bは、米海軍の「ワスプ」級強襲揚陸艦の艦載機として遠方への展開でも運用される見込み。岩国の米海兵隊は「F35によって太平洋地域における戦略的な敏捷(びんしょう)性、運用上の柔軟性、戦術的な優越性が向上し日米同盟を支援する」と説明している。
岩国基地でF35Bが一般に初公開され展示されました。
垂直着陸可能で連続航行距離も広範囲で速度も充分な此の機体は、日米同盟での安全保障条約に於いて国防の要に成る事は間違いは無いでしょう。
此の機体が攻撃主体の最前線なら、オスプレイは後方支援の要にも成る。
両機併せて充分な防衛体制の構築に成る事を、切に願うばかりで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

琉球新報の気違い社説。

* <社説>朝日新聞襲撃30年 言論封殺には屈しない - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
1987年の憲法記念日の夜、兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局に散弾銃を持った男が押し入り、小尻知博記者が銃撃され死亡、犬飼兵衛記者が重傷を負った。あの事件から30年たった。
 言論機関がテロ攻撃を受け、憲法が保障する言論の自由が侵害された。意見や立場の違いがあろうとも、それを受け入れる多様な社会でなければならない。私たちは暴力による言論封殺に決して屈しない。
 阪神支局襲撃後に「赤報隊」名の犯行声明文が届き「反日分子は極刑」などと書かれていた。警察は右翼団体関係者らを捜査したが2002年、事件は時効となった。「反日」という言葉は今、異論を排除する時に使われている。気に入らない意見に「反日」とレッテルを貼って切り捨てる不寛容な空気が広がっていないか。  阪神支局襲撃事件以降も言論に対する暴力は依然後を絶たない。
 1990年1月「天皇に戦争責任」と発言した本島等長崎市長が銃撃された。2006年8月には小泉純一郎首相の靖国参拝を批判した加藤紘一衆院議員の実家と事務所が放火で全焼。07年には被爆地・長崎の代表として国内外で平和を訴えてきた伊藤一長市長が暴力団組員に銃で撃たれ死亡した。
 県内では昨年、米軍北部訓練場でヘリパッド建設の取材に当たる琉球新報、沖縄タイムス両紙記者を警察が現場から排除した。安倍政権は記者拘束について事実関係を検証せず、根拠も明らかにしないまま「報道の自由は十分に尊重されている」とする答弁書を閣議決定した。警察の恣意(しい)的な権限行使を擁護することは、国家が言論規制に手を貸しているに等しい。
 国境なき記者団(RSF)はこの答弁書に触れ「安倍晋三首相率いる政府は機動隊のこのような活動を容認し、ジャーナリストにとって危険な前例を作った」と問題視している。
 RSFが発表する各国の報道自由度ランキングで、日本は10年の11位から16年には72位に大きく下がった。安倍政権が成立させた特定秘密保護法などの影響で「自己検閲の状況に陥っている」との指摘を、重く受け止めなければならない。
 報道機関が自己規制すれば、戦前に逆戻りである。メディアが国家に統制された歴史を繰り返してはいけない。権力監視こそ使命であることを肝に銘じたい。
赤報隊事件を引き合いに出して政権批判する社説を掲載した琉球新報は、相も変わらず捏造歪曲偏向報道の姿勢で在る。
赤報隊事件は完全にテロリストで此れは絶対に許しては為らない。
朝日新聞阪神支局襲撃事件を始めとする一連の事件は、単純にテロリストの犯行なのだから、此れを許しては駄目だと云う主張を展開すべきなのに、政権批判に話を摩り替え報道するのは全く理解に苦しむ。
辺野古基地移設反対派の妨害活動は犯罪で在るのは明白で、根絶しなければ為らないのに、此の犯罪を擁護するのは言語道断で在る。
こう云う動きと報道の自由を関連付けする方向性にも理解出来ませんね。
報道の自由の順位付けで下がったのは、捏造歪曲偏向報道が罷り通ってる現状を国民が理解し周知された事で、報道機関の報道しない自由や捏造歪曲偏向報道を許さないと云う世論の高まりの結果で在る。
此の動きを政権のせいにするのは大いに無理が在る。
こんな主張をするから、増々嫌悪感を抱かれるのだと自覚しない。
沖縄タイムス同様救いが無い。
posted by 天野☆翔 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

石垣市で犯罪者予備軍が悲鳴。

* 「テロ等準備罪」に危機感 憲法記念日ピースウオーキング | 八重山毎日新聞社
憲法施行から70年目の節目を迎えた憲法記念日の3日、石垣市内でも憲法を守ろうと呼び掛ける第5回ピースウオーキングと集会が行われた。平和憲法を守る八重山連絡協議会(上原均・江川三津恵・平地ますみ共同代表)の主催。今回は「共謀罪が成立すれば、憲法で保障されている人権が無視されることになる」などとして「テロ等準備罪」に危機感をあらわにする発言が相次いだ。石垣島への自衛隊配備計画と辺野古新基地建設の撤回を求めるアピールも行った。
 ウオーキングは真栄里公園から新栄公園まで行われ、30人余が参加。新栄公園内の9条の碑前での集会には約60人が集まった。
 上原共同代表は「共謀罪が成立すればこのような集会さえできなくなるかもしれない。平和運動、住民運動を計画しただけでしょっ引かれるかもしれない。憲法を守れという運動を広げよう」と呼び掛けた。
 「共謀罪」について藤井光男弁護士は「日本はテロ防止に関する13の条約に加わっており、国内法で十分に対処できる。共謀罪が成立すると、国民を監視する社会ができる。沖縄で言えば辺野古新基地、自衛隊配備の反対運動がターゲットになり、反対運動を抑え込むために共謀罪が使われるおそれがある」と指摘した。
 参加者も次々とマイクを握り、「70年間、平和に暮らせたのは憲法9条の不戦の誓いがあるから。これを守ることこそ日本人の役割。海外に貢献できる方法だ」「今こそ9条の精神を共有しよう」などと訴えた。
 ピースウォークで約2`を歩いた石垣正子さん(84)は「尖閣列島戦時遭難事件」の生還者。「兵隊がいたから尖閣の事件もマラリアも起きた。何のために自衛隊を置くのか。ほっといてくれと言いたい」と語気を強めた。
日本国憲法が施行されて七十年目の日に、犯罪者に人権をと云うのは到底理解されないのに、組織犯罪処罰法で人権が侵害されると訴え、又基地問題での反対派の動きを認めろと云う荒唐無稽な主張が展開されました。
戦後七十年以上戦争と無縁で居られたのは、日米同盟での安全保障条約が在ったからで有って、憲法九条が果たしたからでは無い。
全く気違い共の主張には、毎回辟易すると同時に、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

アムネスティが内政干渉。

* 東京新聞:日本はLGBT差別禁止の法律を アムネスティが提言:話題のニュース(TOKYO Web)
国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は2日、日本国内で性的少数者(LGBT)を差別から守る仕組みが必要だとして、性的指向を理由にしたあらゆる差別の禁止を明文化した法律や条例を制定するよう、国や自治体に求める提言を公表した。
 提言では、公務員や学校教職員への研修を実施し、公共サービスに多様な性の尊重を反映させるよう要望。当事者の意見を取り入れ、職場や教育現場などの日常生活で差別防止に向けた具体策を取るよう求めた。
日本国内の日本人の団体が法整備を訴えるなら話は理解出来るが、国外の外国人の団体が国内の法整備を訴えるのは内政干渉で許しては為らない。
我が国は何故こうも内政干渉が多いのか甚だ理解に苦しむ。
国際的に見て反日売国奴の活動が活発な裏返しなのか。
posted by 天野☆翔 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

旭日旗に異常反応し騒動を起こした南朝鮮に不問の不条理。

* 【スポーツなんでやねん】韓国サッカー、またも「旭日旗」に異常反応…なぜ騒動は繰り返されるのか(1/3ページ) - 産経WEST
韓国のスタジアムで、またも旭日旗をめぐる騒動が勃発(ぼっぱつ)した。4月25日に韓国・水原で行われたサッカーアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の水原−川崎戦で、川崎サポーターの男性2人組が旭日旗を掲げ、反応した水原サポーターが試合後に川崎側の観客席の出口をふさいだのだ。
 共同通信などによると、男性2人組は試合中に旭日旗を没収され、両クラブから事情を聴かれた。観客席から出られなくなった他のサポーターは川崎のスタッフらの誘導で帰路に就いたという。
繰り返される非難、常軌を逸した反応
しかし、韓国紙中央日報の日本語版(電子版)は「川崎サポーター、水原サムスンとの試合で『旭日旗』掲げ没収に」と題した記事で、「旭日旗は旧日本軍が軍旗として使っていたものだ。ナチス・ドイツを象徴するハーケンクロイツによくたとえられる。ドイツではハーケンクロイツが描かれた旗はもちろん、エンブレムやバッジ、ユニホームなどを法で禁止している。だが、日本では自衛隊が今も旭日旗を使っている」などと旭日旗そのものの存在を否定し、川崎サポーターが旗を掲げた行為を非難した。
 だが、そもそも旭日旗とナチスのハーケンクロイツを同列に扱うこと自体が間違っているし、韓国サポーターの反応も常軌を逸していると言えるだろう。
サッカーの現場においては、過去の日韓戦でも、しばしば旭日旗を韓国側が一方的に問題視してきた経緯がある。2011年のアジア・カップでは、奇誠庸(キ・ソンヨン)がPKで得点を挙げた後に猿まねのパフォーマンスをして日本人を侮辱。非難を浴びると、その後に自身の短文投稿サイト「ツイッター」で「観客席の旭日旗を見て涙が出た。私も選手の前に韓国人だから」などとつぶやいて弁明した。
 13年の東アジア・カップでは、韓国側の応援団が「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた巨大な横断幕や、伊藤博文を暗殺した安重根の似顔絵などを掲げた。スポーツの世界に政治を持ち込んでいるとして国際的な批判が集まると、韓国側は「日本のサポーターが先に旭日旗を掲げて挑発したから」などと無茶苦茶(むちゃくちゃ)な弁解を繰り広げた。
 14年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で日本代表が着用したユニホームにも、荒唐無稽(こうとうむけい)ないちゃもんをつけた。胸から放射状に伸びる11本の線が旭日旗のデザインに似ている−というのが理由だった。
またも既成事実化か…「旭日旗=悪」のムード醸成
こうした過去の事例を踏まえたうえで、今回の騒動を考えると、憂慮すべき事態になっている気がする。つまり、「反日=無罪」と同じように「反旭日旗=無罪」の状況が韓国内で醸成されつつあるように思われる。さらに、「旭日旗=悪」の図式が世界に喧伝(けんでん)されようとしている。実際、アジアサッカー連盟(AFC)は4月27日に、騒動を起こした水原ではなく、倫理規定違反で川崎を処分するか検討を始めたことを発表した。AFCの条文によると、罰金や無観客試合の処分が科される可能性がある。
だが、今回、川崎のサポーターが非難されるとしたら、韓国のサッカー界がそういう異常な状況にありながら、自重することなく、あえて旭日旗を掲げたことだろう。問題は旭日旗を掲げた行為ではなく、その後の騒動にある。処罰されるべきなのは、試合後に川崎側の観客席の出口をふさいだ水原側の異常な行動ではないだろうか。こうした韓国側の問題のすり替えと「旭日旗=悪」の既成事実化は、許すべきではない。AFCに対しても、そういう事実をきちんと説明すべきだ。
 今年は12月に日本で東アジアカップから改称された「EAFF E−1フットボールチャンピオンシップ」が開かれる。また旭日旗にいちゃもんをつけられ、不快な思いをさせられるのか。そうならないことを祈りたい。
* 【サッカー】アジア・サッカー連盟 旭日旗を掲げたJ1川崎を執行猶予付きの無観客試合の処分に - 産経ニュース
アジア・サッカー連盟(AFC)は4日、韓国で行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の試合でサポーターが旭日旗を掲げたJ1川崎に対し、1年間の執行猶予付きでAFC主催試合でのホーム戦1試合を無観客とする処分と、罰金1万5000ドル(約170万円)を科した。
 無観客試合は観客を入れずに試合を開催する厳罰で、日本サッカー協会によると日本のクラブが国際団体から科されたのは初めて。
* 【サッカー】旭日旗問題 川崎「政治的、差別的でない」と主張もAFCは処分 過去に韓国が問題視 識者「全く議論が進んでいない」 - 産経ニュース
韓国で行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の試合でサポーターが旭日旗を掲げたJ1川崎に対し、アジア・サッカー連盟(AFC)が4日、1年間の執行猶予付きでAFC主催試合でのホーム戦1試合を無観客とする処分と、罰金1万5000ドル(約170万円)を科した。
 旭日旗は戦前に旧日本軍の軍旗として用いられたが、現在は海上自衛隊の自衛艦旗に使われているほか、漁船の大漁旗や祝賀イメージにちなんだデザインとしても定着している。今回、川崎側は「政治的、差別的なものは全くもってない」としていたが、処分を受けた。
 旭日旗を使ったサッカー応援をめぐっては、過去にも韓国側が問題視し、トラブルに発展したことがある。スポーツ評論家の玉木正之氏は「非常に難しい問題だが、全く議論が進んでいない。旭日旗を掲げることが政治的メッセージと関係ないという立場を示すならば、国としてきちんと主張すべきだ」としている。
旭日旗の大元は大漁旗で、此の大元は日昇で在る。
日が昇る様から太陽光の放射を基準にしてるのは云う迄も無い。
例え旧日本海軍や自衛隊が使用したとしても、軍事的や政治的で無いのは明白。
日本サッカー協会はこうした事実を公式の場で強く毅然とした態度で説明すべきなのに、此の務めを放棄して来た結果が、今回の懲戒処分に繋がった。
旭日旗を元にしたデザインが世界各国で採用されてるのに、コレを問題視せずに日本だけ批判する異常性を併せて国外に喧伝すべきでも在る。
南朝鮮はこうした事を平然と実行出来る民族なのだと、此の点も併せて喧伝すべきでしょう。
同時にアジアサッカー連盟の事勿れ主義にも大いに猛省を促す。
posted by 天野☆翔 at 04:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | 更新情報をチェックする