冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー SignalNow Express

2017年05月11日

憲法改正は五輪憲章違反と批判する志位和夫の不見識。

* 【憲法改正】共産・志位和夫委員長、安倍首相の改憲提案「五輪憲章違反」 9条2項が死文化され「海外での武力行使に道」と指摘 - 産経ニュース
共産党の志位和夫委員長は11日の記者会見で、安倍晋三首相(自民党総裁)が東京五輪・パラリンピックが開催される2020(平成32)年の新憲法施行に意欲を示したことについて「五輪と憲法は何の関係もなく、五輪の最悪の政治利用。スポーツの政治利用を禁じた五輪憲章違反だ」と批判した。
 志位氏は、首相が戦力の不保持と交戦権を否定する憲法9条2項を残した上で、自衛隊の存在を明記する案を示したことについて「2項が死文化され、無制限の海外での武力行使に道を開くことになる」と指摘した。
東京オリンピックと憲法改正は無関係と認め乍、其の舌の根も乾かぬ内に此れを五輪憲章違反と筋違いな批判を展開した日本共産党の志位和夫の脳内は一体どう成って居るのか。
五輪憲章違反と為るのは競技中に政治的な活動を持ち込む事で成立するが、憲法改正の話とは全くの無関係なのです。
物事を混同して出鱈目な事を喧伝するなと云いたいですね。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

業界団体は豊洲新市場移転を急がせる表明をした。

* 【豊洲問題】業界団体「豊洲しか選択肢ない」 都のヒアリングに - 産経ニュース
築地市場(東京都中央区)から豊洲市場(江東区)への移転問題で、都の「市場のあり方戦略本部」は11日、本部長を務める中西充副知事らが築地市場内で業界団体の幹部からヒアリングを行った。業界団体で構成する「築地市場協会」の伊藤裕康会長はヒアリング後、報道陣に対し、「各業者は既に豊洲に投資しており、豊洲に行く選択肢しかない」と語った。
 青果業者の業界団体「築地市場青果連合事業協会」の泉未紀夫会長も、「一日も早く結論を出してほしいと申し上げた」と早期決着を要望。「(豊洲の)風評被害を知事自身の言葉で解消してほしい」と述べた。
 ヒアリングは非公開で行われ、都は「忌憚(きたん)のない意見を聞くため」と理由を説明。生産者らからも話を聞く予定で、小池氏は戦略本部での検討などを踏まえ、豊洲市場への移転可否を判断する。
 一方、都は11日、築地市場で実施した土壌汚染調査で、調査地点111カ所のうち1カ所で採取したガスから、有害物質のベンゼンが検出されたと発表。都は「アスファルトで覆われているので安全だ」と見解を示した。今回の調査では重金属などの汚染調査のため土壌も採取しており、この結果は今月下旬に公表する。ガスからの有害物質検出地点については来月にもボーリング調査を行い、汚染の状況を詳しく調べる。
此の表明は至極真っ当で正しい。
長年を掛けて移転への筋道を立てて来て、其の為に膨大なコストを掛けて来たのだから、移転は早急に実施されるべきなのは云う迄も無い。
何時迄も危険な築地市場に留まる理由は一切無いのです。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

Em-Netの機能改善。

* 領海外でも北朝鮮からのミサイル発射情報を数分で通知 政府がシステム導入 - 産経ニュース
政府は、日本の領空・領海外で運航している船舶や航空機に対し、北朝鮮からのミサイル発射情報を素早く伝えるシステムを導入した。担当者が個別に行っていた連絡を自動化し、発射から十数分かかっていた伝達時間を数分にまで短縮できるという。
 ミサイルが領土・領海内に着弾すると想定されるときや日本上空を通過する場合は、内閣官房が関係機関や自治体などに一斉通知する「Em−Net(エムネット)」が速報。船舶や航空機にも情報提供される。
 しかし領土・領海の外への着弾が想定されるケースは、エムネットの対象外。これまでは国土交通省の担当者が個別に航空会社や船舶会社にメールを送信していたが、早くて十数分かかっていた。
 新システムは、内閣官房から国交省に届いたミサイル発射情報を、事前登録した航空・船舶会社に自動送信することで、時間を数分に短縮する。
従来は十分以上掛かって居た緊急情報の作業を手動から自動化する事で、数分程度に短縮させる機能改善を実施出来る様に成った。
数分間の差で対応する事が可能に為る事で、様々な事態に対処可能に為るのは非常に良い事で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

南朝鮮の対日外交は南朝鮮次第。

* 安倍晋三首相、日韓合意見直しを牽制 韓国の文在寅大統領と初の電話会談 文氏「双方が賢く解決できるよう努力」(1/2ページ) - 産経ニュース
安倍晋三首相は11日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と初めて電話会談した。両首脳は関係改善に意欲を示し、早期に首脳会談を実現することで一致。安倍首相は慰安婦問題をめぐる日韓合意について「責任を持って実施していくことが重要だ」と求めた。一方、韓国大統領府によると、文氏は「国民の大多数が心情的に合意を受け入れられないのが現実」としながらも、「双方が賢く解決できるよう努力する必要がある」と述べた。
 両首脳の会談は約25分間行われた。冒頭、安倍首相は「韓国は日本にとって戦略的な利益を共有する重要な隣国だ。大統領とともに未来志向の日韓関係を築きたい」と述べた。
 安倍首相は、「日韓合意を含む2国間関係を適切にマネージしていきたい」と述べた上で、合意は「両国間で約束したものだ。国際社会から評価され、未来志向の日韓関係を築いていくための欠くことができない基盤だ」と強調し、再協議を主張する文氏を牽制(けんせい)した。ただこの日の会談では、文氏が合意の再交渉を持ち出すことはなかったという。
 北朝鮮問題をめぐっては、日韓が緊密に連携して対応する方針を確認した。
 これに先立ち、文氏は10日夜、トランプ米大統領と電話会談し、米韓同盟の結束を再確認するとともに、早期に首脳会談を行うことで一致した。
また、文氏は11日、中国の習近平国家主席とも電話会談した。中国外務省によると、習氏は、韓国に配備された米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を念頭に、「韓国新政府が中国側の重大な懸念を重視し、両国関係の健全で安定した発展を推進するため、実際に行動をとることを希望する」と述べた。
 韓国政府によると、習氏は文氏の訪中を正式に招請し、特使を交換することでも一致したという。
 北朝鮮の核問題については、習氏が「中国は対話による問題解決を堅持している」と主張。文氏は「韓国は中国とともに、6カ国協議などの早期再開を通じて、朝鮮半島の非核化を実現させることを望んでいる」と応じたという。
慰安婦問題を含む歴史認識の案件で賢く解決して行かなければ為らないと述べた文大統領だが、我が国としてはもう此れ以上は責任を負う事は出来ません。
全ての責任は南朝鮮側に有り、竹島を略奪簒奪した事で歴史を捻じ曲げた事で説明出来無い事態に発展させたのは南朝鮮で在る。
此の経緯を南朝鮮国内に徹底的に説明しなければ為らない。
慰安婦問題も徴用工問題も全ては竹島から発してるのです。
ならば、竹島を返還させるのが筋で在ろう。
posted by 天野☆翔 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

憲法改正で安倍晋三内閣総理大臣を批判する石破茂。

* 【憲法改正】自民・石破茂氏、安倍晋三首相を批判「勢いで憲法改正していいはずがない」 - 産経ニュース
自民党石破派(水月会)会長の石破茂前地方創生担当相は11日、安倍晋三首相(自民党総裁)が意欲を表明した憲法9条改正と2020(平成32)年施行を改めて批判した。野党時代の24年に発表し、9条で「国防軍の保持」を明記した党憲法改正草案に触れ「直していかなければならないところもあるだろうが、一つの形がある。あれをどう取り扱うかが一番大事だ」と述べた。
 同時に「わが党の議員が自信を持って国民に対し、わが党はこう考えると説明できなくて、勢いで憲法を改正していいはずは全くない」と強調し、党内で憲法改正に関する見解を集約すべきだとの認識を示した。
 都内で開いた派閥会合で語った。
憲法改正は自由民主党の党是で、憲法改正の発議可能な勢力が漸く整って来た事で、与党政府としても憲法改正への一歩を踏み出した。
環境が整備された事で本格的な議論をしましょうと云う事に関して、勢いと云う表現で批判した石破茂の主張には無理が在る。
内部で議論の中で批判するのは構わないが、其れを外部に出すのは大いに問題が在る。
posted by 天野☆翔 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

東京五輪の都外の仮設施設費用は東京都負担で略決着。

* 【東京五輪】都外仮設費用、都が全額負担 小池百合子知事が安倍晋三首相に表明 - 産経ニュース
2020年東京五輪・パラリンピックの経費分担問題で、東京都の小池百合子知事は11日、安倍晋三首相と官邸で会談し、都が都外の競技会場の仮設整備費を原則として全額負担する意向を伝えた。会談後、報道陣の取材に「ホストシティーとしての役割を担う」と答えた。今後、都と組織委員会、国の3者協議で最終的な調整を行うことになり、大会開催が3年後に迫る中、難航していた経費分担問題は大きく前進する。
 菅義偉官房長官は同日の記者会見で「大会準備が進むことを期待したい」と述べ、丸川珠代五輪相は参院内閣委員会で「仮設整備以外の全体の費用について早期に成案を得られるように努力したい」と語った。
 組織委の試算では都外6道県にある11会場の仮設整備費は計438億円。その後に決まった野球・ソフトボールを含めると、500億円前後に上るとみられる。小池氏は財源については「これから都で精査する」と述べたが、都議会の一部で反発する声も上がっている。
 小池氏によると、会談ではセキュリティーやドーピング対策について国が負担することを再確認。パラリンピックの運営費用についても一定負担を求めた。会談で首相は「いよいよ20年に向かって進んでいく」と評価したという。
 また、組織委の森喜朗会長は報道陣に「何もかも東京都にお願いするわけじゃない。仮設ではわれわれとしてやるべき所もあるだろうしケース・バイ・ケース。それは相談してやっていく」と述べた。
千葉県や神奈川県等の知事が安倍晋三内閣総理大臣に直訴した事で即応した形に成ったが、漸く方向性が定まったのは遅きに失する。
東京五輪なのだから東京都が負担すべきで在るのは明白なのに、此の判断を躊躇し先送りにした事で、無駄な時間を要したのは誰の目から見ても明らかです。
徒に時間を引き伸ばしただけで終わりました。
posted by 天野☆翔 at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

安倍晋三内閣総理大臣が憲法九条改正を最優先。

* 憲法改正、自衛隊規定追加を優先…首相 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
安倍首相(自民党総裁)は9日の参院予算委員会で、憲法改正では9条への自衛隊の根拠規定の追加を最優先する方針を表明した。
 新たな自民党の改正案を衆参の憲法審査会に提出することに強い意欲を示す一方、質問に立った民進党の蓮舫代表に対しては党の改正案をまとめるよう求めた。
 首相は予算委で、「自民党のリーダーとして党内の議論を加速し、憲法審査会への提案をいかに苦しくてもまとめ上げる決意だ」と語り、党内論議を主導する考えを表明した。
 自衛隊の根拠規定追加については、「今やらなければいけないことは自衛隊だ。憲法学者の多くが違憲と言っている状況を変えることが私たちの世代の責任だ」と訴えた。
 首相は戦争放棄などを定めた現行の9条1項と2項を維持する意向を示している。質疑では、「3項以降に自衛隊を明記していく。どのように書き込むかは議論してほしい」と述べた。また、1項と2項の維持により「(自衛隊は)当然今まで受けている憲法上の制約は受ける」と語った。集団的自衛権の限定的な行使についても変更はないと明言した。共産党の小池書記局長が自衛隊を明記すれば海外での武力行使につながると指摘したのに反論したものだ。
 また、蓮舫氏は、首相が8日の衆院予算委で自身のインタビューが掲載された「読売新聞を熟読してほしい」と述べたことを「説明責任の放棄だ」と攻め、発言の撤回を求めた。首相は「憲法審査会で闊達な議論をいただきたいから、インタビューに党総裁として答えている」と反論した。
 さらに、首相は「(憲法改正は)一方だけが具体案を出して、一方は批判するだけという類いのテーマではない」と語り、民進党に具体案をまとめるよう呼び掛けた。ただ、蓮舫氏は「首相は口を開くたびに改正したいと言う条文が変わる。『私が首相のうちに変えたい』と見ざるを得ない」と批判し、協議に否定的な姿勢を示した。
 自民党の二階幹事長は9日の記者会見で、憲法改正に関する党内論議について「時間がかかりすぎてもしょうがない」と語り、急ぐ考えを明らかにした。
衆議院予算委員会で自衛隊の条項を憲法九条に書き込む改正案を示しました。
此の憲法九条の改正を最優先にしたい考えを同時に示したが、憲法九条にどう書き込むのかが問題でしょう。
自衛軍としては当然として、自衛の為の組織と其の軍事力の行使の範囲をどう書き込んで行くのか。
一条の前に特別な条項として書き込むにしても、三条として追加するにしても、先の内容に鑑みて一条と二条に整合性を持たせるのは至難の業でしょう。
巧く説明出来る様な案が出る事を祈りたい。
posted by 天野☆翔 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする