冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー SignalNow Express

2017年05月16日

サッカー・ワールドカップで南朝鮮は日本を巻き込むな。

* 韓国会長、2030年W杯の“4か国共催”への意思変わらず「日中韓北朝鮮が協力すれば誘致は可能」 | ゲキサカ
大韓サッカー協会のチョン・モンギュ会長は、2030年W杯を日本、中国、韓国、北朝鮮の4か国共催で立候補すれば大会誘致の可能性は高いと考えている。同協会公式サイトが伝えている。
 W杯は2026年大会から、本戦出場国がこれまでの32か国から48か国で初めて開催されることが決まっており、開催地の決定は2020年を予定している。出場国が増え、「4万人以上収容できるスタジアムが12か所必要」、「開幕戦と決勝戦は8万人以上収容できるスタジアムで行う」など施設面の条件が厳しいため、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長も「共催」を望んでいる。
 FIFA評議会委員に当選したチョン・モンギュ会長は14日、高陽総合運動場で行われたU-20韓国代表対U-20セネガル代表戦に姿を現し、3月にも語っていた『4か国共催』の意思を改めて示した。「2026年は難しいが、2030年は韓国、中国、日本だけでなく北朝鮮とも共同開催できれば北東アジアの平和に貢献できると思う。それぞれの国が話し合い、協力すれば開催の可能性は高いとみている」と語った。
 4か国共催のためには、現在日本を含めた近隣諸国と緊張状態にある北朝鮮との対話が必要だ。「一度、日中韓が基本枠組みに合意しなければならない。北朝鮮も東アジアサッカー連盟の主要国であるため、2〜3年以内に多くの協議が必要だ」と、4か国共催に向けて尽力するとしている。
単独開催が出来無いからと云って、日本と支那と南北朝鮮の共同開催をしたいと云う主張。
非常に愚かで在る。
日本との共同開催をしたいならば、竹島の全面返還と慰安婦や徴用工の問題を完全に解決してからにして頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

志位和夫が公職選挙法違反。

* 志位和夫さんのツイート: "東京江戸川区で都議選の訴え。… https://t.co/mRY1vIq6bX"
* C_yAD0_U0AARJ5C.jpg (JPEG 画像, 1200x821 px)

公職選挙法では公示される前に候補者の氏名が入った襷を使用しての選挙運動は禁止されて居ます。
公職選挙法百四十三条十六項と公職選挙法第二百四十三条に該当。
候補者だけでは無く、此の選挙運動に関与した人物にも責任は及ぶ。
さて、日本共産党の党首自らが公職選挙法に違反するのだから話に為らない。

当記事では公職選挙法百四十三条十六項と公職選挙法第二百四十三条に該当する恐れが在るので、ハイパーリンクのみの記載で、其の詳細な中身は記述しません。
posted by 天野☆翔 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

日本共産党が憲法改正に必死の抵抗。

* 共産・志位和夫委員長「改憲策動を絶対阻止する」 「憲法9条改悪阻止闘争本部」初会合 - 産経ニュース
共産党は16日、安倍晋三首相が憲法9条に自衛隊の存在を明記する提案をしたことに対抗し、党所属全国会議員が参加した「憲法9条改悪阻止闘争本部」の初会合を国会内で開いた。
 本部長の志位和夫委員長は、首相の提案では戦力の不保持を定めた9条2項が死文化すると指摘したうえで「日本の未来がかかった大闘争になる。改憲策動を絶対阻止する」と訴えた。
与党政府と日本のこころと日本維新の会が憲法改正への動きを本格化させてる中で、日本共産党は此の動きを必死で抵抗し其の為の専門部署を立ち上げた。
自由民主党と日本のこころと日本維新の会は、選挙戦に於いて憲法改正を訴えて来た結果議席を獲得した。
此れは国民が憲法改正に反対しないと云う民意で有り、日本共産党が常日頃から引き合いに出してる民意でも在る。
自分達が政府に対して攻撃する材料の民意で与党が誕生したのだから、此の大いなる矛盾をどう捉えるのか。
自衛隊は現在でも憲法違反では無いが、明確に憲法に位置付ける必要性は在るのだ。
此の流れは誰で在っても阻止しては為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

辺野古基地移設反対派が連合国人権理事会で犯罪告白と云う。

* 反基地活動家・山城博治被告が国連人権理事会で「不当弾圧」“証言”へ 6月、ジュネーブで 世界にプロパガンダ発信?!(1/2ページ) - 産経ニュース
沖縄県内の人権研究者でつくる沖縄国際人権法研究会(共同代表・島袋純、星野英一両琉球大教授)は16日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設の反対派リーダーで、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(64)=傷害、威力業務妨害などで起訴、保釈=が、6月中旬にスイスのジュネーブで開かれる国連人権理事会でスピーチし、「沖縄での表現の自由をめぐる政府の不当弾圧の実態」を“証言”する方向で調整していると発表した。
 山城被告は16日、同研究会の代表者らとともに県庁で記者会見し「このままでは民主主義が政府に圧殺されてしまう。平和の流れを懸念する県民、全国の人々の思いを伝えるとともに、沖縄で基地建設に抵抗するという表現の自由が、政府の無慈悲で暴力的な行為で抑圧されている実態を訴えたい」と述べた。
 山城被告は、昨年4月に来日し、表現の自由をめぐる調査を行ったデービッド・ケイ国連特別報告者が、人権理事会に日本に関する調査報告を出すのに合わせて登壇する予定。スピーチは約2分間。
 山城被告は公判中のため、日程が固まり次第、裁判所に理事会出席の許可を申請する。山城被告に同行予定の金高望弁護士は「当然、許可されるものと考えている」と話した。
沖縄国際人権法研究会関係者らは昨年のケイ氏の来日時に面談し、辺野古での基地建設反対運動への政府の「抑圧」について報告書を提出するとともに情報を提供した。その後も2度にわたってケイ氏に追加報告書を出した。
 ケイ氏は昨年の約1週間の日本滞在で「日本の報道の自由は政府の抑圧により脅威にさらされている」と総括した。6月の国連人権理事会での報告では、沖縄問題について辺野古移設反対派の主張のみを反映させた内容になる見通し。
 同研究会は、山城被告のスピーチと併せてジュネーブでシンポジウムも開催する計画で、「山城氏は日本政府による平和運動弾圧の象徴。沖縄で市民の表現の自由が抑圧されている現状を国際世論に訴え、辺野古基地建設反対運動に対する政府の弾圧に国際社会の目を向けさせるのが狙い」としている。
 このため国連人権理事会の舞台が政治的プロパガンダに利用され、「反米」「反基地」「反日本政府」に染まる一方的な主張が世界に発信、拡散される懸念がある。
 平成27年9月のジュネーブでの国連人権理事会では沖縄県の翁長雄志知事が登壇し、沖縄に米軍基地が集中する現状を紹介。「人々は自己決定権や人権をないがしろにされている。あらゆる手段で新基地建設を止める覚悟だ」と発言し、辺野古移設賛成派から強く反論された。
辺野古基地移設反対派の長が、連合国人権理事会で自分自身の犯罪の内容をヘイトスピーチと話を摩り替えて喧伝しようと画策して居ます。
逮捕要件は完全に犯罪で有りテロリストでも在るのにも関わらず、此れを逆恨みしての国際的な舞台で訴えると云う愚行は絶対に許しては為らず、法務省と外務省は出国許可を出さない方針で臨んで頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

ヤマハ音楽振興会が日本音楽著作権協会を提訴へ。

* ヤマハ、音楽教室の著作権めぐりJASRACを提訴へ  - 産経ニュース
音楽教室を運営するヤマハ音楽振興会(東京都)は16日、日本音楽著作権協会(JASRAC)が楽器教室から楽曲の演奏に伴う著作権使用料を徴収する方針を示したことに対し、「音楽教育を目的とした教室での演奏には、著作権が及ばない」として、支払い義務がないことの確認を求める訴訟を7月にも東京地裁に起こすと明らかにした。
 JASRACは来年1月からの徴収開始を目指し、ヤマハ音楽振興会など各社に、使用料を年間受講料収入の2・5%とする規定案を提示し、7月に文化庁に提出する予定だ。これに対し、教室を運営する各社は「教室での演奏は著作権の対象となる、公衆に聴かせることが目的ではない」とした上、「著作権使用料が生徒に転嫁されてレッスン料が高くなると、生徒が減少する恐れがあり、音楽文化の発展を阻害する」と反発している。
著作権法にも明記の無い音楽学校での著作権料の支払いを求める動きに対して、ヤマハ音楽振興会は日本音楽著作権協会を相手取り提訴する方針を固めました。
音楽学校での教育内容から著作権が発生仕得る楽曲の確認をどうするのかの問題も残されてる中で、著作権料を徴収しようとする日本音楽著作権協会の動きを牽制する形で提訴に踏み切るのは非常に良い傾向と考えます。
提訴の結果司法はどう判断するのか要注目です。
posted by 天野☆翔 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

行方不明だった自衛隊機が発見確認。

* 不明の自衛隊機か、機体発見 北海道北斗市の山中、1800人態勢で捜索 - 産経ニュース
防衛省は16日午前、北海道で15日に消息を絶った陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌市)のLR2連絡偵察機の機体の一部を発見したと発表した。発見場所は北海道北斗市の袴腰山付近。自衛隊は1800人態勢で捜索を行っており、連絡がとれなくなっている機長の高宮城効(たかみやぎ・いさお)1等陸尉(53)ら乗員4人の安否確認を急ぎ、機体の回収も行う。
 16日午前10時40分ごろ、山中で捜索にあたっていた警察と消防がLR2の機体の破片を見つけた。連絡を受けた防衛省は航空自衛隊の救難ヘリコプターUH60を現場上空に派遣し、11時6分ごろ機体を確認した。
 陸自北部方面総監部によると、LR2の機体が発見されたのは北斗市の袴腰山の山頂から東に3キロの山中という。
 LR2は15日午前11時47分ごろ、函館市の函館空港西方約30キロを飛行中、レーダーから消え、管制官との連絡が途絶えた。
 北海道知事の災害派遣要請に基づき、同23分に札幌市の丘珠(おかだま)空港を離陸。同50分に函館空港に着陸し、函館市内の病院に入院していた患者や医師、付添人を乗せて丘珠空港に戻る予定だった。
 高宮城機長のほかに▽副操縦士、柳田智徳3等陸佐(41)▽整備士、岡谷隆正2等陸曹(42)▽同、玉木宏伸3等陸曹(28)が搭乗していた。
 自衛隊と警察、消防が15日午後1時すぎから機体の捜索にあたったが、雨が断続的に降るなど天候が悪く、発見は難航していた。
* 【陸自機墜落】乗員4人の死亡を確認 防衛省 - 産経ニュース
北海道で陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌市)のLR2連絡偵察機が墜落した事故で、防衛省の河野克俊統合幕僚長は16日、記者会見を開き、現場の山中で見つかった乗員4人の死亡を確認したと明らかにした。
 同省によると、4人は機長の高宮城効1等陸尉(53)▽副操縦士の柳田智徳3等陸佐(41)▽整備士の岡谷隆正2等陸曹(42)▽同、玉木宏伸3等陸曹(28)。
乗務員全員が死亡確認された。
最悪の形での事故処理に成って仕舞いました。
事故の原因究明が急がれます。
亡くなられた皆々様方には謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

Thunderbird52.1.1がリリースされました。

MozillaはThunderbirdの最新版、Thunderbird52.1.1をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Thunderbird − メールをもっと簡単に。 − Mozilla
* Thunderbird − Notes (52.1.1) − Mozilla

posted by 天野☆翔 at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする