冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年07月31日

本日の蝉達。

アブラゼミ 目の高さの位置にアブラゼミが居ました。
ミンミンゼミ 同じく、目の高さの位置に居たミンミンゼミ。
ニイニイゼミ ニイニイゼミは相変わらず高所に居ます。
posted by 天野☆翔 at 23:59 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

森友学園理事長夫妻が逮捕。

* 【森友学園問題】籠池前理事長夫妻を逮捕 国の補助金を詐取 大阪地検特捜部(1/3ページ) - 産経WEST
学校法人「森友学園」(大阪市)が大阪府豊中市の国有地で計画していた小学校建設に絡み、校舎建築に関する国側の補助金をだまし取った疑いが強まったとして、大阪地検特捜部は31日、詐欺容疑で、学園前理事長の籠池(かごいけ)泰典=本名・康博=容疑者(64)と妻の諄子(じゅんこ)=同・真美=容疑者(60)を逮捕した。この日は27日に続き、2度目の出頭要請をしていた。逮捕後には夫妻の自宅を改めて家宅捜索した。
 評価額9億5600万円の国有地が、8億円余り値引きされて学園に払い下げられたことが2月に発覚してから約半年。2人が安倍昭恵首相夫人と親交があったことから、国会でも連日のように取り上げられた一連の森友問題は重大局面を迎えた。
2人の逮捕容疑は設計事務所の役員らと共謀し、国土交通省側に校舎建築の補助金を申請した際、正規の工事代金は約15億円だったのに、約23億円に水増しした契約書を提出するなど、平成29年2月までに約5600万円(後に全額返還)を詐取したとしている。
 特捜部によると、学園側は国側に提示した設計などに関する契約書でも、代金を実際より1億円以上を水増しして約1億5千万円と記載していた。
 小学校建設をめぐって、学園側は金額の異なる3通の契約書を作成。籠池容疑者は当初、「3つとも正しい」などと主張していたが、最近では「大阪府に出した(約7億円の)契約書が正しい」との認識を示していた。
 学園は3月下旬に約5600万円を返還。だが関係者によると、特捜部は金額が大きく、返還は契約書の問題が発覚した後だったとして、悪質性が高いと判断した。籠池容疑者と諄子容疑者が、学園の代理として国交省側に補助金を申請した小学校の設計事務所などとの会合で、不正を主導した疑いがあるという。
特捜部はこれまで、設計事務所や施工業者の関係者から任意で事情を聴き経緯を確認。6月19日には学園が運営する幼稚園で、大阪府の補助金を詐取したとする詐欺容疑と合わせて関係先を捜索していた。
* 【森友学園事件】籠池夫妻、安倍首相熱烈信奉から一転「嘘つき総理はいらん」…政権批判も“二人三脚”、園児は置き去り(1/2ページ) - 産経WEST
ワイドショーですっかりおなじみになった夫婦漫才のような掛け合いを見せることはなかった。学校法人「森友学園」前理事長の籠池(かごいけ)泰典(64)、妻の諄子(60)両容疑者はこの日、夫妻そろって無言のまま、大阪地検へ出頭した。
「反安倍」やじ繰り返す
「安倍やめろ」「嘘つき総理はいらん」。自民党が大敗した東京都議選の投票日前日(7月1日)、夫妻は安倍晋三首相の応援演説を聞くためJR秋葉原駅前に姿を見せ、多数のカメラを引き連れて「反安倍」のやじを繰り返した。
 以前は安倍首相を熱烈に信奉し、開校を目指した小学校にその名をつけようとしたほど。しかし学園をめぐる疑惑が噴出する中で、かつて慕った政治家から軒並み「はしごを外された」と見るや、振り子のように反対側へ振れた。
 籠池容疑者はもともとは奈良県庁の職員。昭和59年に退職した後、諄子容疑者の父が設立した学園や幼稚園で幼児教育に携わるように。その義父が死去して平成7年に学園トップに就くと、しつけや礼儀作法を重んじ、日本の伝統文化を尊重する保守主義路線を前面に押し出す。園児に暗唱させる教育勅語は学園の象徴でもあった。
副園長に子供がたたかれた
諄子容疑者も幼稚園の副園長として存在感を見せた。特に園児へのしつけは厳しく、ある保護者は「やり方に疑問があって手紙を書いたら、副園長に子供がたたかれた」と明かした。
 国有地取得をめぐる交渉過程でも、夫妻そろって財務省幹部と面会。当時の面会記録によれば諄子容疑者は財務省側を「無能」「血も涙もない」とこき下ろした。籠池容疑者も国に早急な対応を求め、有利な条件を引きだそうとした。このとき財務省幹部が「特例」と発言したことが問題視されたが、面会記録は、夫妻の二人三脚による恫喝めいたやり口もうかがわせた。
 「(籠池)総裁は日本の為に、小学校を建てる為に、私財を投じて頑張っておりました。詐欺とは失礼です」。6月19日に大阪地検特捜部の家宅捜索を受けた後、森友学園の系列保育園には、諄子容疑者が書いたとみられる張り紙が出された。
* 【森友学園事件】籠池前理事長、開校の夢絶たれ「安倍首相から100万円」発言(1/3ページ) - 産経WEST
悲願だった小学校開校の夢が絶たれると、それまでの言動が一変した。森友学園前理事長の籠池泰典容疑者はかつて「偉人」と祭り上げるほど安倍晋三首相に傾倒していた。しかし関係性を否定する首相に裏切られたと感じたのか、「首相から100万円の寄付金をもらった」と真偽不明の“爆弾発言”で反撃を開始。自らが疑惑の中心である森友問題に自ら火をつけて政権批判に結びつけ、民進党などと連携して「反安倍」の急先鋒(せんぽう)となった。
 「僕のところの学校ができなかったら、保守の勢力は低下しますよ。そこが一番重要なところだと思います」。小学校用地として取得した国有地の値引きに世論の疑念が高まっていた3月1日、籠池容疑者は開校の意義をそう強調した。
 当時は幼稚園児に教育勅語を暗唱させ、運動会で「安倍首相がんばれ」と宣誓させる学園の教育方針もバッシングの対象となっていた。だが籠池容疑者は、竹島(島根県隠岐の島町)や尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領土問題を引き合いに「(外国から)守っていただけるトップリーダーの方に、がんばってくださいというのは当たり前」とまったく意に介していなかった。
小学校の設置認可申請を自ら取り下げた同10日の会見では「なぜここまでされんとあかんのか。日本国をよくしようとする教育機関をなぜ見守ってくれなかったのか」とマスコミに恨み節を連発。一方で「首相や夫人から、何もしていただいたことはありません」と従来の見解を変えていなかった。
 しかしこの日を境に、籠池容疑者の言動は急旋回を見せる。
 同16日、小学校用地を視察した参院予算委員会のメンバーに「(学校建設に)安倍総理の寄付金が入っている」とぶち上げ、首相の関与を疑う野党との距離を一気に縮めた。
 この間、国会答弁の中で安倍首相が籠池容疑者について「非常にしつこい」と表現。これが引き金となったのか、籠池容疑者は同23日の国会の証人喚問で「私だけを悪者にするような政府要人や大阪府知事の対応を見て『何かおかしい』と気づき始めた」と語った。
 民進党が4、5月に実施したヒアリングでは「小学校建設構想(の進捗=しんちょく)を真っ先に(安倍首相の)昭恵夫人に相談していた」と発言。夫人に小学校の名誉校長に就いてもらったことで「そよ風が急にすごい勢いの台風の風みたいになった」とも述べ、国有地取得に首相周辺の影響力が働いたと訴えた。
「日本国に必要な人材を育成する」と、かつて連呼していた教育者としての理想論はなりを潜めた。籠池容疑者の後を継いだ長女の町浪(ちなみ)理事長は、教育勅語の暗唱などについて「学校法人として改めるべき内容」と決別を宣言した。
* 【森友学園事件】「国策捜査、口封じ」籠池容疑者の執拗な牽制に…特捜部、政権にも配慮?慎重捜査(1/2ページ) - 産経WEST
身辺に迫る捜査を「国策だ」と非難し、「反安倍内閣」のパフォーマンスで連日のようにメディアを騒がせてきた学校法人「森友学園」前理事長の籠池(かごいけ)泰典(64)、諄子(じゅんこ)(60)夫妻が31日、そろって大阪地検特捜部に逮捕された。容疑は夫妻が「悲願」としていた小学校建設に絡む国の補助金の詐取。野党が政権の関与を疑う国有地取引とは別件で、籠池容疑者はかねて「本丸は国有地のはずだ」と捜査批判を繰り広げていたが、自ら申請にかかわったカネにまつわる不正には終始、言葉を濁したままだった。
 この日午後1時半ごろ、籠池容疑者は白い半袖のワイシャツに水色のネクタイを着用して自宅前に姿を見せた。報道陣から「前回は黙秘したが、今回はどうするか」などと質問が飛んだが、無言のまま、長男の運転する乗用車の後部座席に腰を下ろした。同2時15分ごろ地検が入る大阪市の庁舎に到着し、係員に誘導されて中へ入った。
 特捜部が籠池夫妻に2回目の出頭を要請したのは、31日午後。外形上は任意の呼び出しだが、すでに逮捕の方針は固めていたとみられる。27日に行われた最初の取り調べでは、夫妻そろってほぼ黙秘を貫いた。「相手の出方が分かった」(検察OB)以上、逮捕までの時間を引き延ばす必要性もなくなっていた。
「国策捜査、口封じだ」
 首相夫人が絡む問題でもあり、政権批判の度合いを強めていた籠池容疑者は、ことあるごとに捜査の動きをこう牽制(けんせい)していた。
 検察幹部は「国政とは無関係」と否定するが、捜査の重要局面が国政と連動していたのは事実。家宅捜索に踏み切った6月19日は「共謀罪」法案に揺れた国会が閉会した翌日。夫妻に対する聴取も、学校法人「加計(かけ)学園」の問題で安倍晋三首相が出席した閉会中審査が終わった後だった。
 「政権に影響を与えないよう、配慮したと言われても仕方ない」と検察OBは苦言を呈しつつ、「大事件とは言いがたいが、政治的な事情も絡むだけに、より慎重に捜査を進めたということだろう」と分析した。
森友学園の理事長で在る籠池泰典と同諄子が本日逮捕されました。
逮捕要件は詐欺。
森友学園の小学校設立の為の補助金問題で、算定額の水増しをして適正な金額では無い額を支出させた事実で逮捕されました。
安倍晋三内閣総理大臣との交流が在ったと云う事で政争の具にされたが、結局は保守を引き合いに出しての活動家でしか無かったと云う実態が露呈したに過ぎない。
自分に都合の悪い事は政権のせいと責任転嫁をしただけに過ぎなかったのです。
posted by 天野☆翔 at 23:51 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

南朝鮮が慰安婦問題解決の為の合意の検証部会発足。

* 【「慰安婦」日韓合意】韓国外務省が合意の検証部会を発足 「屈辱的」と批判の左派系紙元幹部が委員長に - 産経ニュース
韓国外務省は31日、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意の成立経緯を検証するための康京和(カン・ギョンファ)外相直属の作業部会を発足させた。外交専門家ら9人で構成され、左派系紙、ハンギョレの論説委員室長を務めた呉泰奎(オ・テギュ)氏が委員長に就任した。年内を目標に検証結果をまとめ、公表する見通し。文在寅(ムン・ジェイン)政権が日本に再交渉を迫るかどうかの判断材料となる。
 作業部会は、交渉に携わった朴槿恵(パク・クネ)前政権関係者に加え、元慰安婦への聴取も進め、検証結果に盛り込む方針だ。ただ、決定権者の朴前大統領が聴取に応じる保証はなく、一方の当事者の日本政府の意見が反映されない検証がどこまで客観性を保てるかも不透明だ。
 呉氏は会見で、日本が拠出した10億円を基に元慰安婦らへの現金支給を進めてきた「和解・癒やし財団」も検証対象になると指摘。日本側の資料については調査の範囲外だとしながらも「日本側が協力してくれれば、検証する用意がある」と述べた。
 「結論を決めて行うわけではない」とも強調したが、呉氏は過去にコラムで日韓合意を「屈辱的だ」などと厳しく批判していた。
此奴等には最早合意の意味する事を未来永劫理解しないでしょう。
結局は南朝鮮は被害者で無ければ為らず、此の被害者が居なくては何も出来無いという狂気に満ちた国家で在るのだ。
慰安婦問題を解決されては、自分達の利権が脅かされるのだと云う事です。
我が国は慰安婦問題の根幹を国際社会に向けて、正確且つ懇切丁寧に説明し理解を求めて行く以外は、南朝鮮に対して何もしては為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:37 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

普天間飛行場の一部が返還された。

* 普天間飛行場4ヘクタール先行返還、全体の0.8% 辺野古移設への県側の抵抗やまず…遠い全面返還(1/2ページ) - 産経ニュース
沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の中心部に位置する米軍普天間飛行場(約481ヘクタール)の約0.8%に当たる約4ヘクタールが31日、先行返還された。在沖米軍基地の負担軽減に取り組む政府は引き続き、同飛行場の運用停止と全面返還に向けた環境整備を急ぐ方針。しかし、前提条件となる名護市辺野古移設に対する県側の抵抗は強まる一方で、視界は開けてこない。
 返還されたのは普天間飛行場の東沿い約2キロの細長い区域。宜野湾市は返還区域を市道として整備し、周辺国道の慢性的な渋滞解消につなげる計画だ。
 菅義偉官房長官は同日の記者会見で「長年の要望だった。地域の生活環境が大きく改善される」と強調した。全面返還に向けては「国と沖縄県が(高裁支部での)和解の趣旨に従い、互いに努力することが大事だ」と述べ、辺野古移設を進める考えを示した。 
 日米両政府は、平成2年6月に約4ヘクタールの返還に向けた調整で合意したが進展を見ず、8年に移設実現を条件に全面返還で合意。27年12月、菅長官と当時のケネディ駐日米大使が29年度中の約4ヘクタール先行返還を発表した。政府は1日、同市内で返還式典を開く。
 日米が25年に合意した現行計画での全面返還の時期は早くて34年度とされているが、辺野古移設工事は計画通りに進んでいない。
政府は27年10月に本体工事に着手したものの、移設に反対する沖縄県との法廷闘争に伴い、昨年は約9カ月半にわたり中断した。
 今年4月に護岸造成から始まった埋め立ての工程は完了までに5年、その後の施設整備などに3年の工期が見込まれ、34年度には間に合わないことは必至だ。
 県側は7月24日、移設工事の差し止め訴訟を起こしたほか、翁長(おなが)雄志(たけし)知事は、埋め立て承認の「撤回」というカードも温存しており、工事が今後再び中断する事態も想定される。
 日米が25年に合意した8項目の返還条件のうちの「緊急時の民間施設の使用改善」についても県側は、前知事時代に容認しながら「説明を受けていない」との不可解な理由で覆した。
 自民党県連関係者は31日、「翁長氏は来年秋の知事選をにらみ辺野古移設問題を政局に利用している」と批判した。
普天間飛行場の東側の四ヘクタールの土地が本日先行返還されましたが、辺野古基地移設が順調に推移しない限りは予定されて居る期日内での全面返還は望めない。
度重なる無駄な足掻きで抵抗する基地移設反対派の気違い染みた妨害工作を排除しない限りは、今後も此の一進一退の攻防劇は繰り返されるでしょう。
早期の全面返還が為される為には翁長雄志一派の完全排除以外他無い。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

安倍晋三内閣総理大臣に対して野田佳彦が無駄な批判。

* 【北ミサイル】民進・野田佳彦幹事長「危機管理意識がなさ過ぎ、公邸に住むべき」安倍晋三首相の官邸入り遅れを批判 - 産経ニュース
民進党の野田佳彦幹事長は31日の記者会見で、安倍晋三首相が28日夜、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射から官邸に戻ったのが40分後となったことについて「危機管理意識があまりにもなさ過ぎる。公邸に早く住むべきだ」と批判した。
 ミサイルは28日午後11時42分ごろに発射され、安倍首相は29日午前0時13分に東京・富ケ谷の私邸を出発、22分に官邸に着いた。
 野田氏は「今回もミサイルを発射するだろうという予測は十分あったはずだ」と指摘した。さらに、元首相の立場から「歴代首相でこんなに時間のかかった人はいないのではないか。ミサイルが通常なら10分以内に日本に着弾することを考えれば、いまだに私邸から通っているのは信じられない」と述べた。
安倍晋三内閣総理大臣が未だに首相官邸に居住しない意味を全く理解もせずに、北朝鮮のICBM射出への対応を野田佳彦は批判したが、お前等民主党政権時代のゴミが一掃され無い限りは、今後も首相官邸には居住しないでしょう。
盗聴器の類が完全に排除出来無い以上は、短時間でも滞在したく無いと云うのが正直な気持ちで在るのは間違いは無く、又、マスメディアへの通行証の案件だって片付いて居ない状況です。
自分達のしでかした事を棚に上げて批判するとは言語道断。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

呑気な南朝鮮大統領。

* 北のICBM発射も韓国大統領“夏休み” 日本と異なる緊張感(1/2ページ) - 産経WEST
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日から7日間の夏休みに入るという。北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を28日夜に発射したばかりで、日本なら一部メディアから批判が出てもおかしくない状況だ。北朝鮮と接する韓国だけに、北朝鮮の軍事的暴発に対する緊張感は日本と異なるようだ。
 韓国の聯合ニュースによると、文大統領が30日に夫人と冬季五輪が開催される江原道・平昌で1泊し、31日からは別の都市に移って休暇をとるという。
 報道では「ICBM級ミサイルの発射実験で安保危機が高まっただけに、関連動向の報告を随時受けるとされる」としている。
 北朝鮮は弾道ミサイル技術を急速に向上させて、数千キロも離れた国との摩擦を起こさせかねない軍事的な挑発を続けるが、北朝鮮が実際にミサイルで攻撃する可能性に対する切迫感はないようだ。
韓国国内には、北朝鮮が弾道ミサイル発射を続け能力を高めることに強い危機感も持つ日本政府の姿勢や日本メディアの報道について“過剰”とみる世論もあるようだ。
 日本は第2次世界大戦以降、平和国家としての歩みを続けてきたが、日米同盟などによって確保されてきた平和的な環境は、38度線を挟んで北朝鮮軍と韓国軍がにらみ合う朝鮮半島とは大きな差かもしれない。
 韓国世論が大統領に対して厳しいことは、朴槿恵(パク・クネ)前大統領を引きずり降ろしたことでも明らかだが、文大統領側は、夏休みをとっても激しい批判は起きないとみているのかもしれない。
 韓国と日本との間にある緊張感の違いはどこからくるのか−。北朝鮮が発射したICBMが韓国を飛び交えて他国を攻撃する兵器だからか。韓国自身が北朝鮮の挑発行為に慣れているからか。米国のアジア研究者は「そうした違いを分析してもいいかもしれない」と語る。
北朝鮮の脅威が高まってる最中に休暇を取得すると云う呆れた意識には驚きを隠せません。
脅威以前に休戦中なのだから、緊張感の欠片も持ち合わせて居ないと云う危機感の為さには、南朝鮮の国民はどう思ってるのかと。
真逆、アメリカに守って貰ってるから心配無用とでも考えてるのか。
posted by 天野☆翔 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

北朝鮮のミサイル射出での毎日新聞の呆れた論調。

* 北朝鮮ミサイル:圧力路線不発 対応遅れ懸念…防衛相兼務 - 毎日新聞
北朝鮮の弾道ミサイル発射に対し、日本政府は米韓両国と連携して北朝鮮への圧力を強化する方針だ。ただ、北朝鮮の挑発は止まらず、政府内には無力感も漂う。一方で、岸田文雄外相が防衛相を兼務した直後の発射となり、岸田氏は外務、防衛両省を頻繁に移動する慌ただしい対応を迫られた。危機管理に遅れが出かねないとの懸念も出ている。
安倍晋三首相は29日未明、記者団に「米国、韓国をはじめ、中国、ロシアなど国際社会と緊密に連携し、さらに圧力を強化していく」と強調した。ただ、北朝鮮に影響力を持つ中国、ロシアは圧力強化には慎重だ。韓国の文在寅(ムンジェイン)政権の対話路線も懸念の種だ。首相の言葉とは裏腹に足並みはそろっているとは言えず、圧力路線の効果は不透明だ。
 政府は28日の閣議で、米政府の追加制裁に同調し、中国企業2社を資産凍結の対象に追加指定したが、中国は「間違った決定」と批判した。北朝鮮のミサイル発射はその直後で、政府筋は「ミサイル発射は制裁に対する北朝鮮の返事だろう」と指摘し、日米の制裁への抗議の意味もあるとの見方を示した。中国との亀裂が広がる中での日米の圧力強化が、結果的に北朝鮮の挑発行動に拍車をかけた可能性もある。
 一方、岸田氏は対応に追われた。発射直後に官邸で開かれた国家安全保障会議(NSC)閣僚会合に出席した後は防衛省に直行。緊急対応にあたり、外務省入りしたのは発射から約3時間40分がたった午前3時20分ごろだった。29日午前も外務省で米韓両国外相との電話協議をこなした後、午後には2度目のNSC会合に出席し、その後防衛省に入る慌ただしさだった。
 NSC会合には若宮健嗣副防衛相がサポート役として同席。岸田氏は「私自身は両省を移動しているが、その間も両省幹部は連携している。兼務は連携するうえでマイナスばかりではない」と強調した。
 だが、緊急時は、外相が外交で各国に働きかける一方、防衛相が安全保障面での実務を指揮する両輪での対応が前提だ。北朝鮮が挑発を繰り返す緊張した局面で、「両輪」が働かないことについては「防衛相『不在』の隙(すき)を突かれた」(政府関係者)との声も出ている。
* 社説:北朝鮮の弾道ミサイル 看過できない技術の進展 - 毎日新聞
国際社会の非難など一顧だにしない北朝鮮の行動である。
 北朝鮮がおとといの深夜にミサイルを発射し、北海道・奥尻島北西沖約150キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下させた。
 北朝鮮は大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の発射だと発表した。4日に続き2回目だ。今回は前回より5分長い約45分、飛行した。
 通常より高い角度に打ち上げる「ロフテッド軌道」だった。高度は前回より約1000キロ高い3500キロ超に達し、飛距離は約1000キロとなった。
 この結果、通常軌道で発射した場合の推定射程は7000キロ内外から約1万キロへ延びた可能性がある。シカゴなど米中西部に届く距離だ。
 発射地点と時刻も異例だった。
 今回は軍需工場の多い北部慈江道(チャガンド)から初めて発射した。最近は発射地点を次々と変える傾向がある。
 「衛星打ち上げ」を名目にしてきた以前の長距離ミサイルは特定の大型施設からしか発射できなかった。だが、移動式の長距離ミサイルを深夜に短時間の準備で発射できれば米国の意表を突くことができる。
 いつでも、どこからでも、より遠くに届くミサイルを発射できるようになった可能性がある。北朝鮮のミサイル技術の着実な進展は看過できないレベルに至っている。
 金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は、米国の独立記念日に行われた前回の発射を「米国への贈り物」と称し、今後も「大小の贈り物」を送り続けると語っていた。
 27日は、北朝鮮が対米戦の「勝利記念日」とする朝鮮戦争の休戦協定締結の日だった。その翌日の発射には、国威発揚と米国への挑発という意味があるのだろう。
 NHKは室蘭市の屋外カメラでミサイルと見られる閃光(せんこう)を捉えていた。その映像は落下地点がより日本に近かったことを物語る。暗闇の中を垂直に落ちていく様子は見る者に恐怖感を与えた。
 発射は、稲田朋美前防衛相ら防衛省トップ級3人がそろって辞任すると発表された日の深夜でもあった。不適切な防衛相人事に起因する防衛省・自衛隊の混乱とミサイル発射が重なったことを、安倍晋三首相は深刻に受け止めるべきだ。
連合国安全保障理事会の度重なる決議に違反する北朝鮮の挑発に対して、我が国は粛々と其の制裁を実行してるが、其の制裁が挑発行動に拍車を掛けて居る等と平然と曰える其の意識を大いに疑う。
批判すべきは北朝鮮の攻撃に対してすべきで、内政問題に話を摩り替える其の卑怯な論調には批判されて然りで在る。
又、防衛省の混乱の隙を突かれた等との論調で安倍政権を批判するのは以ての外で在る。
何でも政権批判に結び付けての論調は醜悪で在る。
posted by 天野☆翔 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

人民解放軍創設九十周年を南モンゴルで実施。

* 習近平国家主席、中国軍創設90年で閲兵 権威誇示狙い - 産経ニュース
中国の習近平国家主席(共産党中央軍事委員会主席)は30日午前(日本時間同)、人民解放軍の創設90周年を記念し、内モンゴル自治区の基地で閲兵した。
 中国国営新華社通信によると、8月1日の建軍記念日に合わせて閲兵式を実施するのは1949年の共産党政権発足以来、初めて。指導部メンバーが大幅に入れ替わる5年に1度の党大会を秋に控え、習氏が軍掌握を確実にしていることを国内外に誇示する狙いがある。
内モンゴル自治区と曰ってるが、実態は南モンゴルでモンゴルの土地で在り、支那は此のモンゴルの土地を略奪し、此処で人民解放軍の創設九十周年の式典を実施すると云う呆れた実態には辟易する。
どの面下げて平然と他国の土地で式典を実施出来るのか、其の意識を大いに疑う。
posted by 天野☆翔 at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

加計学園問題は畜産業を守らない意識の表れ。

* 【加計学園問題】加戸守行前愛媛県知事「妨害の主役は獣医師会顧問の北村直人氏」「鳩山政権が実現に向けて検討、と表明したら、民主党内に獣医師議員連盟が…」(1/4ページ) - 産経ニュース
櫻井よしこ氏が毎週金曜日に配信しているインターネットニュース番組「言論テレビ 櫻LIVE」に加戸守行前愛媛県知事(82)が出演した。加戸氏は「岩盤規制の主役は日本獣医師会顧問の北村直人・元衆院議員」と断じ、「民主党政権で前に進むと、すぐに議員連盟が民主党内にできてブレーキがかかった」と、北村氏の影響力の大きさを表現した。
 加戸氏は「安倍晋三首相の濡れ衣を晴らしたい」と前置きし、私が(平成11年に)知事になって最初に取り組んだのが今治の新都市開発事業」と述べた。松山大学の誘致が失敗し、学園都市構想が宙に浮いていたとし、予定地が空き地のままになっていたと述べた。
 加戸県政のころは、前半期に鳥インフルエンザが起き、アメリカでは牛海綿状脳症(狂牛病、BSE)が猛威を振るい、後半も口蹄疫が宮崎県で発生し、四国に上陸させないというのが喫緊の問題で、公務員獣医師が足りず、獣医師総動員となり、検疫態勢に苦労したことを述べた。その上で公務員試験を免除してもいいから、公務員になってくださいという状態だったと当時を振り返った。
こうした経緯から「今治に先端研究ができる獣医学部がほしい」という話になり、平成19年に愛媛県と今治市が共同で国家戦略特区に申請した、と経緯を説明した。
 加戸氏の指南役(米ジョージタウン大客員教授の経験者)から「米国では狂牛病以来、最先端の研究が進んでいる。日本も後れてはいけない」と持ちかけられたのをきっかけに、文部科学省の官僚出身の加戸氏が文科省に掛け合ったと述べた。
 加戸氏は「(私の出身官庁だから)簡単かと思ったら非常に厚い壁にはね返された」と表現し、福田康夫内閣時に構造改革特区を利用して申請したが、「岩盤のようにはね返された」と表現した。加戸氏の説明によると、構造改革特区の15回の申請はすべて却下された。
 加戸氏は「獣医師会の強力な働きで文科省も農水省も逃げた」と表現し、却下の背後に日本獣医師会の圧力があったと明言した。
 第一次安倍晋三内閣の2年目に国家戦略特区法が平成25年制定され、この特区を利用することになった。国家戦略特区1号は新潟市の獣医学部構想。翌26年に今治市が第2号の名乗りを上げた。
 加戸氏は「構造改革特区は大相撲でいえば15戦全敗。国家戦略特区に乗り換えた。そちらの方がやってくれそうだなということで名乗りを上げた」と事情を明かした。
だが構造改革特区で安倍内閣時にも5回はねられたと事情を明かし、新潟市の構想が出た後に「こっちの方が見込みがあるのかな」と、同時並行でありながらも国家戦略特区に「乗り換えた」と述べた。
 加戸氏は「民間有識者会議は、獣医学部を自由に作らせようと作業を始めたが、獣医師会が強烈な反対をした」と述べた。
 さらに加戸氏は「平成19年、文科省に(話を持って行ったら)2カ月後、獣医師会から『大学獣医学部の入学定員は増やしてはいけない』との決議文が出た」と述べ、構造改革特区の申請を麻生太郎内閣にした際には、北村直人・日本獣医師会顧問(70、元自民党衆院議員)が「すぐに東京から日大の総長と一緒に飛んでこられて反対をした」と明かした。
 加戸氏は「北村さんがすべての主役を演じておられるのかな」と表現。
 平成22年2月、民主党の鳩山由紀夫内閣下で民主党議員の働きかけで「実現に向けて検討」と獣医学部構想がランクアップした。
 「(政治が)前向きになり、良かったなと思ったら、民主党内に2週間後に『民主党獣医師議員連盟』が結成され、68名が加入した」と加戸氏は述べ、執拗な獣医師会のロビー活動を明かした。
愛媛県選出の民主党議員は、議員連盟に入らず、オブザーバー扱いだったが、「(政治連盟結成後)急に民主党内の雰囲気が変わり、ブレーキがかかった」と述べた。自民党政権に変わると、今度は自民党獣医師議員連盟が動いたと説明した。
 加戸氏は北村氏を「タイミング良く動く人」と表現し、「我々が動いたら石破4条件ができた」とも述べ、「自民党から新進党に移られるなどしたが、常に獣医師のために動く人」と北村氏を表現した。
獣医師会は自分達の既得権益を死守する為に躍起に成って今回の加計学園問題で事態を深刻化迷走化させた。
我が国の畜産業で獣医師の存在は保険的な扱いでは在るが、其の役割は極めて重要でなくては為らないのです。
其の獣医師の増員を目的とした加計学園の獣医学部新設は、結局は獣医師会の猛反発で何度も白紙化を迫られたが、国家戦略特区で漸く其の道筋が開けた。
では在るが、相変わらず其の岩盤規制突破は困難を極め、偶々理事長が安倍晋三内閣総理大臣の友人で在ったと云うだけで政争の具にされた。
鳥インフルエンザや狂牛病や口蹄疫等の甚大な被害を出し乍も、其の畜産業を守らないのが獣医師会と云うのは、余りにも情け無い為体で失望します。
posted by 天野☆翔 at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

朝日新聞の責任転嫁体質。

* 朝日新聞記者ツイッターの「安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表…」 リツイート表示がなかったため炎上 記者「私の意見ではない」(1/3ページ) - 産経ニュース
朝日新聞文化くらし報道部の記者のツイッターに「安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表」などと書かれた投稿があり、ツイッターが炎上、記者は「ネットメディアの記事の1つとして紹介しただけ。私の意見ではない」などと追記する騒ぎがあった。
 投稿は7月28日。「安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表!2017年もコイツらには要注意」と投稿された。
 このツイートに対し、批判が殺到。数例を列記すると「失礼ながら、品位の欠片も無い文章ですね。流石、朝日クオリティ」「皆さん読んであげてください。これが朝日新聞記者サマのお言葉です。いくら私人・捏造新聞社とは言え、少なからず社会に影響力のある記者。まさに反日左翼御用達 朝日クオリティ」「さすが朝日新聞記者、レベルが低すぎますね。自分らと意見が違うだけで政権の犬扱いして本当にバカみたい」「おまえたちの方がデマばっかり吹聴してるじゃん。珊瑚とか慰安婦とか」などと過激なツイートが殺到した。
これに慌てたのか当該記者は「ネットメディアの記事の一つとして紹介しただけです。わたくしの意見という意味ではありません。『コイツらには要注意』などの言葉は元のサイトの言葉がそのまま載ってしましました。失礼しました」「大変失礼いたしました。わたくしの文章ではありません。リテラのサイト内のツイッターで紹介するボタンを押したら、リテラの見出しがそのままわたくしのつぶやきのように載ってしまいました」「失礼いたしました。ウェブメディアの一つとして紹介するつもりが、リテラの見出しがそのままわたくしのつぶやきのようになってしまいました。多様な意見の共存は何より重要だと考えております」とツイッターに立て続けに投稿。自分の意見ではなく、インターネットメディア、リテラの記事の表題を示したものだと説明した。
 実際、リテラはそのような記事を掲載しており、記者が見出しを引用したようだったが、「リツイート」との表示がなかったため、朝日記者のつぶやきと誤解されたようだ。
 だが、「炎上」は収まらず、「おまえらが普段言ってる責任取れよ!」「おまえらみたいなのを何て言うか分かるか?マ ス ゴ ミってゆーんだよ!」「見苦しい奴だな」「謝っても批判される気分はどう?」「なるほど。さすが朝日記者。常に責任回避を考えているのですね」などと辛辣なコメントで今もあふれている。
問題のリテラの記事は、「昨年は古舘伊知郎が、ニュース23では膳場貴子と岸井成格が、クローズアップ現代で国谷裕子が番組を降板するという異常事態が起こった」(要旨、リテラ記事中でも敬称略)として、報道を機能不全に陥らせている元凶とも言うべき「安倍アシスト隊」としてジャーナリスト、文化人を順位をつけて紹介している。ちなみにベスト3(リテラにとってはワースト3?)は1位田崎史郎2位山口敬之3位松本人志の各氏。
 リテラによると、田崎氏は保育園不足をお受験問題と意図的に混同しすりかえるデマ発言が特徴、なのだそうだ。
* 朝日新聞・赤田記者「安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す安倍政権御用ジャーナリストには要注意!」 | Share News Japan
該当するツイートは削除されてる様子ですが、其のアカウントは赤田康和@日本で二人しかいない著作権記者(@akadayasukazu)さん | Twitterで、言い訳のツイートは以下。

リテラは反安倍政権の記事で極めて有名で、其の方針は完全に反日売国奴。
殆どマッチポンプと云っても過言では無い。
こんな意識の持ち主の集団が朝日新聞なのでしょうね。
此れなら、慰安婦報道の本当の意味での謝罪も無いのも理解出来ます。
posted by 天野☆翔 at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

北朝鮮の傲慢。

* 【北ミサイル】北朝鮮、THAAD増強を非難 「卑劣な策動で絶対に容認できない」 - 産経ニュース
北朝鮮の団体「朝鮮平和擁護全国民族委員会」は29日、北朝鮮のミサイルに対応するため韓国が米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の増強を米国と協議する方針を示したことについて「卑劣な策動で絶対に容認できない」と非難する報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。
 談話は「南朝鮮(韓国)で誰が政権に就いても米国の前に頭を下げ、望む通りにするしかないことが証明された」と主張。THAADに反対する中国やロシアから「経済報復どころか、大目玉を食らっても何も(文句を)言えなくなった」と指摘した。
幾度も繰り返される軍事的挑発をする北朝鮮だが、此の脅威に対抗する為のTHAADの拡充を見て、卑劣で容認出来無い等と批判するが、完全に逝かれた主張で在る。
空き巣が頻発する地域で防犯意識の向上を図るのは当たり前だが、此れをするなと主張してるも同然。
自分達さえ良ければ周囲に多大な迷惑や被害が出てもお構いなしと云う意識なのだ。
自己中心的意識も甚だしく怒りを覚える。
posted by 天野☆翔 at 06:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

通州事件から八十年目。

* 200人以上の日本人居留民が中国人部隊などに虐殺された…「通州事件」から80年、集会に300人参列「事件をユネスコ『世界記憶』に」 - 産経ニュース
日中戦争開始直後の1937年7月、中国・北京郊外の通州(現・北京市通州区)で200人以上の日本人居留民が中国人部隊などに虐殺された「通州事件」の発生から80年に当たる29日、犠牲者の慰霊と事件の記憶を目的とした集会が東京都内で開かれ、約300人が参加した。
 出生前に父と叔母が殺された加納満智子さん(79)は、被弾して破損した父の日記帳を公開し、事件の凄惨さを伝えた。加納さんを身ごもっていた母も背中を撃たれたが、奇跡的に助かったという。
 日本人虐殺に関与した中国人部隊を事件翌日に殲滅した旧日本軍の独立歩兵第12連隊の奈良晃連隊長の三男、保男さん(87)は「通州事件はユネスコ(国連教育科学文化機関)の『世界の記憶』に登録されるべきだ」と呼びかけ、参加者から拍手が起きた。
残虐非道の通州事件から昨日で八十年目を迎えました。
支那に拠って日本人が大量虐殺された此の事件は絶対に忘れては為らず、其の手法や手段の惨状は後世に語り継ぐべき事案です。

* 「 中国人の邦人惨殺、通州事件を学べ 」 | 櫻井よしこ オフィシャルサイト
* 通州事件が遺した傷痕 被害者遺族Kさんが語る事件とその後80年 - ジセダイ総研 | ジセダイ
* 南京大虐殺にすり替えられた通州事件とは? 更新 - 理想国家日本の条件 自立国家日本
* 正しい日本の歴史 一色誠 通州事件 | 正しい日本の歴史 | 正しい歴史認識

其の拷問と殺戮方法は熾烈を極め言葉にするのも悍ましい程、人を人とは思わない意識で実行されて行きました。
虚構の南京事件を論い日本を叩く支那だが、当の支那が残虐極まりない行為をしてたのだから呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

高市早苗総務大臣がNHKインターネット有料放送化を牽制。

* NHKに高市早苗総務相がクギ「ネットは補完業務」 - 産経ニュース
高市早苗総務相は28日の閣議後の記者会見で、テレビ番組のインターネット常時同時配信を計画するNHKの上田良一会長に宛て、「放送の補完的な位置づけとすること」などを要望した文書を送ったと明らかにした。ネット配信を「本来業務」として扱おうとする動きを牽制(けんせい)した形だ。
 高市氏は、上田会長の諮問機関が出した受信料に関する答申案について「(視聴者に)利益を還元するという観点がない」などと批判。総務省はNHKへの不信感を強めており、NHKが目指す平成31年からのネット常時同時配信は不透明さを増している。
 要望は、(1)ネット配信を補完的な位置づけとし、具体的なニーズを明確化(2)既存の業務全体について公共放送として適当か検討(3)子会社のあり方についての抜本的な改革−の3点。高市氏は「3要件を満たすことで、議論の環境が整う」と述べた。
 NHK幹部は今月の総務省での会合で、「(ネット配信は)将来的には本来業務」と発言。民放各社が猛反発したため、上田会長は産経新聞などとのインタビューで「あくまで幹は放送だ」と述べるなど“火消し”に動いていた。
 一方、上田会長の諮問機関はネット視聴者からの受信料徴収が適当としたが、3要件を満たせなければ、常時同時配信実現への道筋がさらに険しくなるのは必至。高市氏は、ネット常時同時配信を可能にする放送法改正について、「現段階では議論が煮詰まっていない」と強調した。
現在のNHKは公共放送としての役割が果たせてるかと云えば、其の部分は極僅かで、大部分が其の趣旨を外れてるのは今更云う迄も無い。
企業名や商品名等、昔に比較しても安易に出したりするのも常態化してる。
政治的社会的な意味合いでは完全に捏造歪曲偏向報道の嵐で、放送法を順守して居ないのは誰が見ても明らかで在る。
其の元凶はNHKエンタープライズの存在と、社員に外国人が多く採用されてる事に在り、此処を改めて行かない限りは、インターネット有料化なぞ語るには早計なのだ。
posted by 天野☆翔 at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

台風十号発生。

* 台風10号「ハイタン」発生(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
台風10号の現況と今後の見通し
29日(土)午後3時、南シナ海で台風10号「ハイタン」が発生しました。台風10号は午後3時現在、中心気圧は992hPa、中心付近の最大風速は毎秒20メートルで、ゆっくりと東北東に進んでいます。今後は進路を次第に北よりに変えますが、31日(月)の午後3時には熱帯低気圧に変わる見込みです。
7月に8個の台風が発生するのは1971年以来(46年ぶり)で、1951年の統計開始以来2回目です。
台風には「アジアの呼び名」
「ハイタン」は中国が用意した名前で「海棠(かいどう)」を意味します。
※台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台湾の西側の低気圧が台風に変わりました。
此の台風は現段階では日本列島への影響は無いと思われますが、念の為に注意警戒を怠らない様にしたい。
尚現在台風九号は台湾に接近して居ますが、十号と合わせて暴風圏内に在る。
現地の今後の被害が最小限度に留まる事を祈りたい。
posted by 天野☆翔 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

枝野幸男の傲慢。

* 【民進党代表選】枝野幸男氏が出馬表明 「リーダーとしてやらせていただくことが適切と判断した」 - 産経ニュース
民進党の枝野幸男前幹事長は29日午後、地元のさいたま市で開いた集会で、蓮舫代表の辞任に伴う党代表選への出馬を表明した。「水面下で、多様な方から『出番だろ』と言っていただいている。やりたいことを実現するために、リーダーとしてやらせていただくことが適切だと判断した」と述べた。
 代表選には他に、前原誠司元外相が立候補の意思を固めている。玉木雄一郎幹事長代理も出馬を模索しているが、必要な20人の推薦人集めは難航するとみられ、枝野、前原両氏の一騎打ちとなる公算が大きくなっている。
民進党の代表選挙に出馬する意思を固めた枝野幸男だが、此の表明の中で「リーダーとしてやらせて頂く事が適切と判断した」と曰ってるが、代表として党を牽引して行くと云うのが正しい表現で、完全に間違った言葉遣いをして居ます。
表現方法一つ取っても其の不遜且つ傲慢な態度が明確に現れるので、増長した意識がこう云う処にも出て来るのでしょうね。
枝野幸男は代表の器では無い。
posted by 天野☆翔 at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

南朝鮮がTHAADの運用を余儀無くされる。

* 【北ミサイル】(動画あり)韓国、THAADを本格運用へ 米韓両軍は弾道ミサイル発射で威嚇(1/2ページ) - 産経ニュース
米韓両軍は北朝鮮の弾道ミサイル発射に対抗し、約6時間後の29日午前5時45分(日本時間同)ごろ、韓国東海岸側で弾道ミサイルの発射訓練を行った。北朝鮮への威嚇が狙い。
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は同日未明に国家安全保障会議(NSC)を招集した。大統領府によれば、文氏は「北東アジアの安保構図に根本的な変化をもたらす可能性がある」と指摘。韓国独自の対北制裁を検討するよう指示した。
 また、文氏は韓国で配備が始まった米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備済みの2基からの増強を米国側と協議するよう指示。韓国軍は在韓米軍に保管中の4基を追加配備することを発表した。
 文政権は北朝鮮に対し、軍事境界線付近での緊張緩和に向けた軍当局間会談と、離散家族再会事業の実施についての赤十字会談開催を求めてきた。しかし、北朝鮮はこれには応じなかった。
 文大統領はTHAADの配備地に対する一般環境影響評価(アセスメント)を行う方針を示し、韓国国防省は28日、環境アセスの実施を正式に発表したばかり。評価には、1年以上かかる見通し。国防省は評価結果に従ってTHAAD配備の完了の可否を決めるとし、本格運用の開始は来年以降にずれ込むことが不可避だった。
北朝鮮のミサイル発射で手詰まり状態に追い込まれた文氏は、対北対話やTHAADの運用先延ばしなどする余裕がなくなった。「臨時的」とはいえ、文氏がTHAAD増強と本格運用や韓国独自の制裁の検討を指示したことがそれを示している。
 一方、北朝鮮の今回のミサイル発射についての発表だけでなく、韓国はNSCの招集も日本政府に後れをとった。週末の深夜に不意を突かれた面もあるが、対応の甘さも指摘されている。
* 韓米両軍が合同ミサイル演習 韓国東部の日本海側で - YouTube
予てから南朝鮮は親北政策を取って来て其の結果、北朝鮮に付け入る隙を与えて来た。
此の中でTHAADが配備される地域の一般環境影響評価を実施する事で先延ばしを図って来たが、現実は甘くは無く前倒しせざるを得ない状況に追い込まれた。
此れも日和見の情勢が招いた結果でも在る。
南朝鮮は最初から方針を誤ってたのです。
posted by 天野☆翔 at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

北朝鮮が大陸間弾道ミサイル射出。

* 北朝鮮が弾道ミサイル発射 約45分飛翔し日本のEEZに着水したもよう 菅義偉官房長官発表 - 産経ニュース
菅義偉官房長官は29日未明に記者会見し、28日午後11時42分に北朝鮮中部から弾道ミサイルが発射され、約45分間飛翔して日本の排他的経済水域(EEZ)に着水したもようだと発表した。菅長官は、現時点で航空機や船舶の被害情報は確認されていないと述べた。
 また、菅長官は、北朝鮮による弾道ミサイル発射について「国連安全保障理事会決議への明白な違反だ。度重なる挑発行為は断じて容認できない。北朝鮮に厳重に抗議し、最も強い表現で非難した」と述べた。
 一方、安倍晋三首相は29日未明、官邸で記者団に「北朝鮮がまたもや弾道ミサイル発射を強行したとの第1報を受けた。排他的経済水域(EEZ)内に着弾したとの可能性もある。この後、直ちに分析し、国民の安全の確保を第一に万全を期していきたいと思う」と述べた。
又しても北朝鮮は大陸間弾道ミサイルを射出しましたが、今回は深夜と云う奇襲作戦で、状況は一変しました。
更に着弾地点は日本海側の北海道洋上にと云う事で、其の精度等は向上して居る。
毎回の事乍辟易するが、北朝鮮に対して継続的に圧力と批判をして行く必要性が在る。
posted by 天野☆翔 at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

森の忍者発見。

アレは?アレは?
真逆…真逆…
ニイニイゼミでは無いか!ニイニイゼミでは無いか!
音はすれど姿は確認出来無いニイニイゼミを久し振りに肉眼で、而も直近で確認出来たのは本当に嬉しい。
流石に森の忍者と云われるだけ在る!
自宅に飛び込んで来たミンミンゼミ序に自宅に飛び込んで来たミンミンゼミ。
posted by 天野☆翔 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

七年振りに自転車を新調。

GIANT ESCAPE R3
先日七年振りに新調したクロスバイクです。
Twitterでは触れてたがWeblogでは触れて無かったので記述。
posted by 天野☆翔 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

大阪地方裁判所が朝鮮学校無償化是認の判決の愚。

* 【朝鮮学校無償化訴訟】「排除は不当な差別で憲法違反」大阪地裁は学園側勝訴 北朝鮮・総連との関係性明らかにされぬまま無償化義務づけ (1/2ページ) - 産経WEST
朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外したのは不当な差別で憲法違反にあたるとして、大阪朝鮮高級学校(大阪府東大阪市)を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」(大阪市)が、国に処分取り消しなどを求めた訴訟の判決で、大阪地裁は28日、国に取り消しを命じ、無償化対象に指定するよう義務づける学園側勝訴の判決を言い渡した。
 全国5カ所で起こされた同種訴訟で2例目の判決。1例目となった今月19日の広島地裁判決は、朝鮮学校に対する在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)や北朝鮮本国の影響力を認定して学校側の請求を全面的に退けており、判断が分かれた。
 朝鮮学校をめぐっては、かねて教育内容や人事、財政への朝鮮総連の影響が指摘され、現在の安倍晋三政権のもとで「拉致問題に進展がなく、国民理解も得られない」として無償化の対象外とされた経緯がある。
 大阪訴訟でもこうした関係性が明らかになったとは言いがたく、公金投入を認めた今回の司法判断は議論を呼びそうだ。
訴訟で学園側は、本国や朝鮮総連の「不当な支配」は受けていないと強調。民族教育を受ける権利や平等権を侵害されたと訴えた。
 一方、国側は北朝鮮や朝鮮総連との関係から「無償化資金が授業料に充てられない懸念がある」として処分は妥当と主張した。
 訴えなどによると、無償化は民主党政権下の平成22年度に導入。大阪朝鮮学園は同年11月に適用を申請したが、25年2月に対象から除外された。
* 【朝鮮学校無償化訴訟】朝鮮総連とのつながりは…濃密な関係性うかがわせる証拠出されず、裁判所判断真っ二つ、議論必至(1/2ページ) - 産経WEST
朝鮮学校への公金投入の是非が争われた訴訟で、大阪地裁は28日、高校授業料無償化の対象から外した国の処分を取り消す初めての判決を言い渡した。北朝鮮や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との密接な関係を認定したうえで、無償化資金の流用の懸念まで示した今月19日の広島地裁判決とは正反対の結論となった。相次ぐミサイル発射など北朝鮮が国際社会への挑発行為を繰り返し、拉致問題の進展も見られない中で、果たして今回の司法判断が国民世論の理解を得られるのか、議論を呼ぶのは必至だ。
 学園側勝訴の主文が言い渡された瞬間、大阪地裁の202号法廷に拍手と歓声が響いた。
 大阪地裁の正門前では、弁護団が「勝訴」などと書かれた紙を掲げ、詰めかけた100人以上の支援者らが喜びあった。
 弁護団の金星姫弁護士は「司法の適正な判断をうれしく思う。この喜びを子供たちと分かち合いたい」と話した。
 「朝鮮総連の指導により朝鮮総連のために、学校法人の名義や資産を流用した過去がある」
 同種訴訟で初めての司法判断となった広島地裁判決は、原告の広島朝鮮学園(広島市)についてこう言及し、今後も同じようなことが起こり得ると指摘。
 無償化のために国が支給する「就学支援金」(生徒1人当たり原則年11万8800円)が、「本当に授業料に充てられるか分からない」という国側の主張を全面的に追認した。
この判決で朝鮮総連と学校とのつながりを認定する大きな柱となったのが、同学園が貸金の返還を請求された過去の民事訴訟の裁判記録。国側が証拠として提出したもので、学園の関係団体が朝鮮総連広島県本部に資金を融通したり、逆に同本部への貸し付けを学園に付け替えたりした事実が明らかにされていた。
 一方の大阪訴訟も国側主張の大枠は同じだったが、朝鮮総連と大阪朝鮮学園との個別的なつながりについては、広島のときほど濃密な関係性をうかがわせる証拠は出されていなかった。
 逆に学園側は、朝鮮学校への自治体の補助金支給をめぐって起こされた別件訴訟の判決で「教育行政の監督を受けることで(北朝鮮や朝鮮総連の)『不当な支配』が及んでいるとは認められない」と判断されたことを強調。朝鮮総連などの団体と協力しながら「自主的に運営し、民族教育を守ってきた」と訴えていた。
* 【朝鮮学校無償化訴訟】「朝鮮総連と密接な関係。強い影響を受ける状況にある」自治体でも不支給の流れだが…(1/2ページ) - 産経WEST
朝鮮学校に対し独自の施策として補助金を支給してきた自治体もあるが、北朝鮮との関係から税金投入に対する国民の反発は根強く、国の方針に足並みをそろえるように見直しの動きが相次いでいた。
 文部科学省によると、朝鮮学校(幼稚園から高校レベルまで)に補助金を支給した都道府県は平成18年度に28自治体で約6億2千万円だったのに対し、27年度は18自治体の約1億9千万円にまで減少した。
 無償化制度をめぐっては民主党政権下の21年末、中井洽(ひろし)拉致担当相(当時)が川端達夫文科相(同)に朝鮮学校の除外を要請し、22年4月の制度スタート時は対応が見送られた。そして同年11月に北朝鮮による韓国・延坪(ヨンピョン)島砲撃が発生。当時の菅直人首相が朝鮮学校の審査凍結を指示し、最終的に自公政権下の25年2月に対象外とされた。
 その間、自治体独自で補助金を支給していた大阪府では、橋下徹知事(同)が「不法国家の北朝鮮と結びついている在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と朝鮮学校が関係があるなら、税金は投入できない」と見直しを表明。新たに「朝鮮総連と一線を画すこと」などを支給条件に挙げ、23年度分から補助金をストップしていた。
東京都も22年度分から補助金を停止。朝鮮学校に対する調査を行い、「朝鮮学校は朝鮮総連と密接な関係にあり、教育内容や学校運営について、強い影響を受ける状況にある」との報告書をまとめている。ほかに千葉県や埼玉県なども補助金を打ち切っている。
* 【朝鮮学校無償化判決】北独裁礼賛は「教育」 朝鮮学校側の主張追認の判断 議論は必至(1/3ページ) - 産経WEST
朝鮮学校を高校授業料無償化の対象外としたのは違法だとして、国に処分取り消しを命じた28日の大阪地裁判決(西田隆裕裁判長)は、北朝鮮の独裁体制を礼賛するような歴史教育が行われていても、本国による「不当な支配」(教育基本法16条1項)には当たらず、学校の「自主性」は保たれているとして朝鮮学校側の主張を追認した。北朝鮮や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の強い影響下にあるとした先の広島地裁判決とは正反対の内容で、拉致問題が解決を見ない中での今回の司法判断は議論を呼びそうだ。
 高校無償化はもともと、民主党政権が発足した平成21年、鳩山由紀夫首相(当時)が所信表明演説で表明したものだ。その友愛的な政治姿勢もあって「外国人学校については外交上の配慮ではなく、教育上の観点から客観的に判断する」ことが政府統一見解とされ、立法化を経て22年4月に制度が導入された。
 ただ朝鮮学校を無償化に含めることには民主党内でも異論があり、北朝鮮による韓国・延坪島(ヨンピョンド)砲撃を受けて審査を凍結。野党だった自民党は当初から「朝鮮学校は北朝鮮の体制を支えるための思想教育機関だ」と国庫補助に反発し、自公政権となった25年2月に文部科学省令を改正して朝鮮学校を除外した経緯がある。
ただ、友愛精神を背景に「教育の機会均等の確保」を掲げた無償化法そのものは存続した。このため28日の大阪地裁判決は法の趣旨を前面に押し出し「教育とは無関係な外交的、政治的判断で省令を改正した」として、除外規定は違法と認定した。
 そのうえで判決は、朝鮮学校が適正に運営されているかどうかを検討。朝鮮総連とのつながりについてはマイナスにとらえず「民族教育の維持発展を目的とした協力関係」とむしろ積極的に評価した。また、本国との関係でも「北朝鮮の指導者や国家理念を肯定的に評価することも、朝鮮学校の教育目的に沿うものだ」と学校側が主張した「民族教育」の意義を追認した。
 先に無償化除外を適法とした広島地裁判決は、整理回収機構(RCC)が過去に広島朝鮮学園(広島市)を相手取って起こした貸金返還訴訟で、学園が朝鮮総連の強力な指導下にあったと認定された点を重視。学園の資産が朝鮮総連側に流用された過去の経緯から「無償化資金が授業料に充てられない懸念がある」と判断していた。
この点についても大阪地裁判決は「全国の朝鮮学校の運営は学校法人ごとに個別に行われている」として、訴訟の原告となった大阪朝鮮学園との関係では一切、問題視しなかった。
完全に間違った判決を下しました。
全く現実を見て居らず朝鮮人達の都合のみを反映した判断には大いに批判されて然りで在る。
朝鮮学校は飽く迄本国の北朝鮮に帰国する為の準備の場で在って、我が国の学校とは全く違うのだと云う事を知らないのには呆れ果てて開いた口が塞がらない。
公金投入する必要性は全く無く、北朝鮮の支配下に在るのは云う迄も無いのだ。
憲法違反の私学助成が罷り通ってるが、此の流れとは全く違うのだと自覚して頂きたいですね。
訴訟の流れも問題で在る。
気に入らない判決が出た場合は再度同じ訴訟を起こす事で裁判官が変わる仕組みを根本的に変えなければ、こう云った事案は繰り返される。
posted by 天野☆翔 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

みずほフィナンシャルグループが孫正義をべた褒めの愚。

* 孫正義氏「世界一の投資家に」 みずほFG社長が絶賛 - 産経ニュース
「孫さんがウォーレン・バフェットを超える世界一の投資家になる。間違いない」。みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長は28日、東京都内で開かれた催しでこう語り、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長を絶賛した。バフェット氏は「投資の神様」として名高い米投資家。
 ソフトバンクグループはサウジアラビアなどを巻き込みながらIT分野などに投資する10兆円規模のファンド設立を主導している。佐藤氏はこの点に触れ「孫さんはすごいことに挑戦している」と語り、ファンドの成否が主力銀行のみずほにとっても一大事であることをうかがわせた。
 孫氏は記者団に「過大な評価。僕は(バフェット氏を)大変尊敬している」と控えめにコメント。ただ「僕は僕の努力をこれからもやっていく」と決意を示していた。
 この催しは孫氏の創設した財団が優秀な若者の交流拠点を東京・渋谷に設けたことを記念し、開かれた。
みずほフィナンシャルグループの社長の佐藤康博は、孫正義をウォーレン・バフェットに準えて賞賛したが、全く真実を見て居ないのには呆れ果てて開いた口が塞がらない。
孫正義は投資家では無く乗っ取り屋でしか無いのだ。
一体何処を見て投資家だと誤認するのか厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Economy/Business | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

マスメディアは言論の自由を履違えるな。

* 【阿比留瑠比の極言御免】憲法改正を恐れ、ひるみ、印象操作か メディアは「言論の自由」と「風説の流布」をはき違えるな(1/2ページ) - 産経ニュース
産経新聞の27日付朝刊政治面に掲載されているインタビュー記事で、森喜朗元首相がこう述べていた。
 「安倍晋三首相への逆風が厳しいね。僕が首相だったときもそうだったけどマスコミの印象操作は相変わらずひどいな。最初から結論を決めて『安倍が悪い、安倍が悪い』と連日やられたら、そりゃ支持率も下がるよ」
 筆者は森内閣当時も首相官邸担当だったので、あの頃のメディアによる森バッシングと、それに呼応した形で自民党内外から仕掛けられた「森降ろし」の流れはよく覚えている。
 直接的なきっかけは、米原子力潜水艦と愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」の衝突事件への初動対応への批判だった。だが、やがて自民党議員の金銭スキャンダルも日経平均株価の低迷も、何でもかんでも全部「森が悪い」という空気が作られていった。
 後に、森氏がこう振り返るのを聞いた。
 「私があれほどマスコミにたたかれたのは、私が本気で教育基本法を改正しようとしていることが分かったからだ」
 敗戦後、連合国軍総司令部(GHQ)によって規定された戦後の枠組みを墨守したい勢力の抵抗と反撃は、それほど激しかったということだろう。
悪意隠さぬ倒閣運動
まして安倍首相は第1次政権でその教育基本法の改正を59年ぶりに初めて成し遂げ、今度は本丸の憲法改正を実現しようとしているのだからなおさらだろう。首相が憲法9条に自衛隊を明記する具体案を示した5月以降、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画などを使ったメディアの攻撃が強まっている。
中でも拉致問題、外交・安全保障政策、教科書・歴史認識問題…とことごとく安倍首相と対立してきた朝日新聞が、憲法改正は絶対に阻止しようと「明らかな倒閣運動」(政府関係者)に打って出たのは、当然のことなのかもしれない。
 朝日は第1次安倍内閣が発足した翌日の平成18年9月27日付朝刊の紙面でも、内閣・自民党役員人事について、こんな嘲笑的な見出しの記事を載せていた。当時から、ひたすら安倍首相をたたきたいという悪意を隠していなかったのである。
 「恐れ、ひるみ、とらわれた」「安倍『学園祭内閣』」
親友だから利用せず
文芸評論家の小川栄太郎氏は7月に入ってから、森友学園、加計学園に関する朝日の記事を全部集めて通読したという。半年で1000件を優に超える分量だったとのことで、27日付の自身のフェイスブックにこう感想を記している。
 「見出しで『安倍首相 強弁』とか『深まる疑念』とか『逃げる政府答弁』とかが並ぶだけで、読んでも読んでも『問題』が全く見えてこない」「証拠が全くないのに安倍晋三氏といふ『個人』を風評で貶める−−これは権力批判ではなく、深刻な人権侵害だ」
 ただ、この傾向は朝日だけではなく、ファクト(事実)ではないただの印象論がメディアで横行している。テレビのワイドショーでは、司会者が安倍首相と加計学園理事長が友人であることをもって、根拠なくこう決め付けていた。
 「(獣医学部新設計画を)親友に言わないなんて信じられない」
 長年の大切な友人だからこそ、相手の地位や立場など利用しないと考える方が普通ではないか。安倍首相自身、周囲には「彼はそんなこと一回も言ったことはない」と話している。言論の自由と風説の流布とをはき違えてはならない。
* 【単刀直言】森喜朗元首相「僕のときもそうだったけどマスコミの印象操作は相変わらずひどいな」「内閣改造は嫌いな人や縁遠い人ほど近くに置くことが大事なんだ」「加計学園の真相を一番知っているのは…」(1/5ページ) - 産経ニュース
安倍晋三首相への逆風が厳しいね。僕が首相だったときもそうだったけどマスコミの印象操作は相変わらずひどいな。最初から結論を決めて「安倍が悪い、安倍が悪い」と連日やられたら、そりゃ支持率も下がるよ。こういうときこそ、みんなが歯をくいしばってスクラムを組んで安倍首相を支えなきゃいけない。どんなにつらくてもね。
 8月3日の内閣改造・自民党役員人事でいかに態勢を立て直すか。10年前と同じく、またもや「お友達」うんぬんと批判されているから、これを払拭しなきゃならない。安倍首相もここが正念場だよ。
 私から一つアドバイスするとね、嫌いな人や縁遠い人ほど近くに置くことが大事なんだ。そうすれば、縁遠い人の周辺にいる、もっと縁遠い人たちも仲間として取り込めるじゃないか。
 私が首相になったときは、小渕恵三内閣の中に単身飛び込んだ。小渕さんが急病で退任されて「お国の危機だ」と思ったからね。投手交代を急に告げられて、肩もならしてないのにマウンドに上がり、「この後は俺が投げるんだから内野手も外野手も全部代われ」と言ったら野球はできないでしょ?
 官房長官だった青木幹雄さんから「机の中もすっかり片付けたので後はお任せします」と電話がかかってきたんだけど「ちょっと待ってください。残ってください」とお願いしてね。官房副長官の額賀福志郎さんも閣僚も全員残ってもらった。蔵相は元首相の宮沢喜一さんだよ。次の内閣改造では元首相の橋本龍太郎さんにも行革担当相として入閣してもらったんだ。
安倍首相も思い切って有為な人材を登用して実力派内閣を作ったらいいと思う。そしてアベノミクスと外交を着実に進めていけば、内閣支持率もジワジワと回復していくはずだよ。後は安倍首相がカッとなって相手の挑発に乗らないことだな…。
 石破茂さんは、こういう政局になると後ろから弓を引くような発言ばかりして愚かだなと思うけど、安倍首相はこれを逆手に取って「大変な状況なのでぜひ入閣してほしい」と国民に見えるように頭を下げたらいいんだよ。それでも「受けない」と言うならば大っぴらに批判すればいい。「あの人は国のことより自分のことが優先なんですね」とね。
 ただ、自民党も人材が枯渇してるな。こういうときにしっかり踏ん張れる実力派が本当に少ない。玉石混交どころか石石混交だよ。甘利明さんもまだ禊が終わっていないしな。中堅・若手も育っていない。中選挙区制から小選挙区比例代表並立制になって20年余りたつけど当時危惧されたことが現実になったと思うね。
■日本獣医師会と結託
 「加計学園」の獣医学部新設をめぐる風当たりは相変わらず強いな。あの真相を一番知っているのは愛媛県の加戸守行前知事だ。僕は文教族だったから彼が文部官僚だったころからよく知っているんだよ。彼は国会でもいろいろと重要な証言をしてるんだけど、産経新聞を除いてマスコミはほとんど報じないね。どうしてかな?
昭和40年代後半に獣医学部を4年制から6年制に変えることになったんだが、あわせて国立大学の獣医学部を地域ブロックごとに1つにまとめる構想が持ち上がったんだ。
 これに元総務庁長官の江藤隆美さんたちが「不届き者め!」と猛反発してね。日本獣医師会と結託して威嚇と恫喝を繰り返し、文部省に二度と私立大学の獣医学部を作らせないことをのませたんだな。
 そうでなかったら半世紀も獣医学部が新設されず、定員も増やさないなんてことがあるわけないだろ。これを知っている国会議員はもうほとんどいない。文科省の文書記録にも残っていないだろうけど、これが真相だよ。
■日露関係前進させた
 内閣改造が終わったら外交も大事だ。世界中が混迷しているからね。安倍首相はよくやっている。日米も、日欧も、日印も、日中も、いろいろと懸案はあってもきっちり前に進めている。トランプ米大統領も秋に来日するようだし、党内が政局でガタガタしているわけにはいかない。
 日露関係をここまで前進させたのも安倍首相だ。私も7月9日に訪露し、プーチン大統領と会ったよ。誕生日祝いをしてくれて約2時間たっぷりと話をした。会談後は自ら私のホテルまで送ってくれた。外交上そんなことはまずないから周りはびっくりしていたよ。
プーチン大統領はそういう義理堅い人なんだ。昔の日本人の感性かな。だから北方領土問題を前に進めて平和条約を締結できるのは今しかない。
 「米国との関係がロシアにとって大事だ。その米国ともっとも絆が強いのはあなたの友人であるシンゾー・アベだ。アベが辞めると日本も困るし、あなたも困るだろ?」
 こう言うとプーチン大統領はうなずいて「シンゾーと何とか問題を解決したい」と言っていたよ。
■憲法改正へ政権固め
 憲法改正は安倍首相が唐突に言い出したわけじゃない。自民党結党以来の党是なんだ。反対ならば党をやめるしかないし、やらないなら党員の資格もない。
 小泉純一郎さんが首相だった平成17年に自民党で新憲法草案をまとめたでしょ。起草委員会委員長は私で事務局長が前東京都知事の舛添要一さん。前文の原案を大幅に削ったりしたから中曽根康弘さんがカンカンに怒っちゃったけどね。でも党大会で採択した上で、国民の大多数の賛同を得て憲法改正できる現実的な案を作ろうとしたんだ。
 船田元さんや保岡興治さんは新憲法草案を批判してたんじゃなかったかな。谷垣禎一さんが総裁だった24年にも憲法改正草案をまとめたけど、当時は野党だったこともあり、「国防軍保持」を盛り込むなど保守色が濃い内容だった。
では、安倍首相が打ち出した憲法改正の方針はどうかな。憲法9条1項、2項を残したまま自衛隊を明記する。私がまとめた新憲法草案よりさらにマイルドでしょ。現実に改正しようと考えるとそうなるんだよ。
 それなのに石破さんたちは安倍首相が何か唐突に改憲方針を示したかのように文句を言っている。「あなたたちは新憲法草案を議論したときに参加してたんですか」と聞きたいね。まあ憲法改正するにも、まず政権基盤をしっかり固めてからの話だけどね。
現在のマスメディアは極一部を覗いて其の殆どが安倍政権叩きに躍起に成り倒閣運動に勤しむが、其の姿は完全に醜悪で下劣なのは云う迄も無いが、此の根底には憲法改正されたく無い意識が横たわり、戦後の既得権益を侵害されたく無いと云う実情が在る。
憲法改正の具体的な中身が定まって無い内から、必死に成って叩くのは自分達に都合の良い条項を改正されたら困るからに他為らないからで、発議もされ無い内から叩く事で其の環境を破壊しようと画策する。
其の道具として、何の問題も無い案件を問題視して精力的に展開し倒閣運動に勤しみ此れを喧伝する。
経済の面での「風説の流布」が平然と行われてる現状には、辟易する上に呆れ果てて開いた口が塞がらない。
言論の自由には言論の責任が伴うのは当然だが、責任は一切取らず一方通行の儘害悪を垂れ流す。
此れが日本のマスメディアの実情で在る。
こんなマスメディアの洗脳に騙される国民の意識も疑うが、マスメディアが諸悪の根源なので或る意味被害者でも或るが、被害者が加害者に成っては駄目なのだ。
現在のマスメディアの体制を完全に破壊して再構築して行く必要が在る。
posted by 天野☆翔 at 06:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

加計学園が閉会中審査の民進党の桜井充に反撃。

* 【加計学園問題】オープンキャンパス開催は「加計ありき」?…民進・桜井氏発言に学園側「明らかな事実誤認」と抗議(1/2ページ) - 産経ニュース
学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)による獣医学部新設計画をめぐり、同学園は、25日に開催された参院予算委員会の閉会中審査で民進党の桜井充氏が、獣医学部の設置を目指す同学園傘下の岡山理科大のオープンキャンパスに言及した一連の発言に対し、「明らかな事実誤認があり、学園の名誉を著しく毀損(きそん)する」との抗議コメントを報道機関宛てに出した。
 コメントは25日付。閉会中審査で桜井氏は、岡山理科大学で23日に行われたオープンキャンパスを「加計ありきではないかと感じた」として取り上げ、獣医学部(設置認可申請中)の来年度入試に関するパンフレットが配布されたことを問題視した。
 「パンフレットまでできあがっている。ずっと前から準備していたわけですよ、一昨日のために」などと指摘した。
 これに対し、同学園は「認可前のPR活動は不適切というニュアンスの質疑で事実誤認」などと反論している。
 大学や学部を新設する場合、文部科学省による設置認可は開設前年の8月となる。このため、大学側は設置認可前に校舎建設やPR活動などを行うのが通例だ。文科省も認可前のPR活動について、関係書類に「設置認可申請中」「設置構想中」と明記するなど一定の条件下で認めている。
同学園は岡山理科大獣医学部の平成30年4月開学を目指し、文科省の大学設置・学校法人審議会に設置認可を申請中で、8月中に答申が出される。パンフレットでは表紙などに「設置認可申請中」と記載し、「変更になる場合がある」との注記も載せており、「ルールに従って適正に行っている」と説明している。
 また、桜井氏は閉会中審査でパンフレットの一部記述を取り上げ、「『仮面浪人』とわれわれの時代呼んでいたが、それをして、大学受験することも可能ですよと言って集めている」と主張した上で、「『最先端』『国際的な獣医師の育成』とか、全然関係ない」「職業選択の自由がある」などと批判した。
 しかし、この記述は同大の推薦入試について「他大学と併願可」「合格後、引き続き受験勉強を続け、一般入試で」と説明したもので、同学園は「『合格後』と『入学後』を勘違いした事実誤認」と指摘している。
 さらに、桜井氏は「ある教授から」として、「来年4月には必ず開学できる、秋から正式に学生を募集する」との発言があったと主張し、「まだ設置審で認められてもいないのに、どうして学生に言えるのか。おかしな話だと総理は思わないか」と安倍晋三首相を追及した。
 この“ある教授の発言”についても、同学園は「誰も断定的な発言はしていない。必ず前後に『予定である』『されるものと信じている』などの言葉が付されている」と主張している。
閉会中審査での民進党の桜井充の発言を巡り、此れを事実無根だと加計学園は反撃しました。
此の事案は加計学園が配布したパンフレットの内容に関してだが、桜井充の発言とは全く乖離した中身で在って事実無根だと反論。
此の案件で桜井充は名誉毀損として提訴されても可笑しくは無いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 06:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

SoftBankが景品表示法違反。

* 格安購入はおとり広告…ソフトバンクに措置命令 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
腕時計型端末「アップルウォッチ」の広告が景品表示法違反に当たるとして、消費者庁は27日、ソフトバンク(東京)に再発防止を求める措置命令を出した。
 発表では、同社は2016年11月、「いい買物の日」と題したキャンペーン期間(3日〜13日)のウェブ広告で、アップルウォッチ86種類が全国485店舗で格安に購入できると宣伝。だが、初日で全店舗の在庫が不足し、中には9割以上も種類が足りていない店舗が複数あったという。同庁は、客寄せ行為の可能性がある「おとり広告」とみなした。
 同社は、「命令を真摯に受け止め、再発防止に努めたい」としている。
 同商品はスマートフォンの「iPhone」と組み合わせ、通話やメールの送受信ができるほか、音楽の再生や消費カロリーの計測など時計以外の機能も持つ。
アップルウォッチの格安販売の広告に虚偽が在ったとして、消費者庁はSoftBankに再発防止の措置命令を出したが、SoftBankは此れ迄も様々な問題を引き起こし、其の度に行政処分を受けるの繰り返しで在った。
結局は企業としての成り立ちを考えると乗っ取りの連続で、其処には一切の企業理念は存在せず、コンプライアンスもコーポレート・ガバナンスも無かったと云う事です。
流石は密入国者の子供が発足した企業で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

籠池泰典前の気違い振り。

* 【森友学園問題】出頭の籠池氏、手に“被疑者ノート”握りしめ…報道陣に「きょうは角栄逮捕の日」 - 産経WEST
森友学園の籠池泰典前理事長と妻の諄子氏は27日正午過ぎ、大阪地検に出頭するため大阪府豊中市の自宅を車で出発した。泰典氏は車に乗り込む前に報道陣の取材に応じ「一点の曇りなく説明できるものは説明していきたい」と話した。
 自宅前には早朝から記者やカメラマンら約70人の報道陣が待機。まず妻の諄子氏が玄関から姿を見せたが、何も語らなかった。
 泰典氏は半袖シャツにネクタイ、ズボン姿。手には弁護士から差し入れられたとみられる取り調べ記録用の「被疑者ノート」を握りしめ、「きょうはロッキードで田中角栄さんが逮捕された日。東京特捜に。そういう縁のある日に私は出向いていく」などと落ち着いた口調で語った。
 籠池氏は一連の補助金不正受給容疑について、今月10日に行われた大阪府議会の参考人招致では「刑事問題になっている」と明言を避けていた。
大阪地方検察庁に出頭する前に語った事としてロッキード事件を持ち出したが、お前と田中角栄氏とは全くの無関係で関連性も一切無い。
只単純に日付が一致してるだけの事で在る。
たったそれだけの事で田中角栄氏の案件を持ち出して矜持を語るのだから、其の意識には辟易して呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

仁坂吉伸和歌山県知事が加計学園問題を嘆く。

* 【加計学園問題】「お友達に口きいたとか、そんなことばかりが問題になってる」和歌山県知事 公務員の獣医師不足は地方共通の課題(1/3ページ) - 産経WEST
学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる国会の閉会中審査などで、獣医師の地域偏在という本質的な問題が浮き彫りになってきた。誘致を進めた愛媛県の加戸守行前知事は国会で獣医師不足の苦衷(くちゅう)を明かしたが、和歌山県にとっても人ごとではなく、鳥インフルエンザや口蹄(こうてい)疫といった伝染病対策に不可欠な公務員の獣医師には欠員も出ている状況だ。
 「大事なことは獣医師が足りているのかどうかということだが、『お友達』に口をきいたとか、そういうことばかりが問題になっている」。安倍晋三首相が出席した参議院予算委員会の閉会中審査と同じ25日に開かれた定例会見で、仁坂吉伸知事は、加計学園の一連の問題で、安倍首相と加計学園の理事長との関係性ばかりが報道でクローズアップされていることを嘆いた。
 閉会中審査では加戸前知事が愛媛県の獣医師不足の現状を繰り返し説明。6月の産経新聞のインタビューでも「県庁への志願者が不足しているゆえに公務員獣医師を採用できない。そのため、鳥インフルエンザや狂牛病やらで獣医師が手いっぱいなのに人手が足りない」などと語っていた。
しかし、獣医師不足に悩んでいるのは和歌山県も同様で、県に所属している獣医師は現在、定員割れをしている状態だ。仁坂知事は「県でも本当は獣医師をもっと雇いたいのに、獣医師がいない。このような状態を正当化する人たちのセンスの方がおかしい」と訴えた。
 県畜産課によると、27、28年度の獣医師採用ではいずれも1回目の募集で予定人員に達さなかったため、追加募集をかけている。28年度には確保した獣医師の中から辞退者が出たという。このため、県は新たな手当を上乗せするなど、獣医師確保のために腐心している。
 県の場合、採用された獣医師は、本庁のほか家畜保健衛生所や畜産試験場などに配属される。鳥インフルエンザや口蹄疫といった伝染病対策も重要な職務の一つで、23年に紀の川市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生した際には、所属する獣医師たちが不眠不休で消毒や防疫措置、周辺の養鶏場の検査などにあたったという。
同課の担当者は「新たな伝染病の予防対策など業務はどんどん増えており、現在の人員で対処していくのはかなり厳しい」と指摘。その上で、「獣医師志望の学生はほとんどがペットなどの診療を目指すため、公務員の獣医師の志願者は他地域との奪い合いになってしまう。獣医師の偏在は、地方にとって共通の問題だ」と語った。
野党四党とマスメディアは何の問題も無い加計学園問題で必死で倒閣運動を展開してるが、此の現状を仁坂吉伸和歌山県知事が嘆きました。
公務員の獣医師が圧倒的に不足してる現状を踏まえ、獣医師の拡充は喫緊の課題で在ると言明しました。
口蹄疫や鳥インフルエンザ等の拡大が在った場合は、公務員の獣医師の必要性は極めて重要で高く、社会的にも必須の案件なのだ。
こう云う地方の現状を一切鑑みる事無く倒閣運動に勤しむ勢力は、社会の害悪で在ると自覚するが良いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

蓮舫が民進党代表辞任。

* 民進・蓮舫代表が辞任表明 - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表は27日午後の記者会見で、代表を辞任する考えを表明した。同日昼の臨時執行役員会に報告し、了承されたという。
* 【蓮舫代表辞意】「なぜ今か」「投げ出した印象…」 関西の民進党関係者、嘆きと憤り(1/2ページ) - 産経WEST
民進党の蓮舫代表が27日午後の記者会見で、代表を辞任する意向を表明した。「いったん引いて新しい執行部に率いてもらうのが最善だと考えた。東京都議選を通じて自身の足らざる部分に気付いた。統率する力が私には不足していた」。蓮舫氏は辞任の理由についてこう述べたが、突然の辞意表明に、関西の同党関係者からは嘆きや憤りの声が漏れた。
 「与党がこれだけ追い込まれている状況で『なぜ今なのか』という気持ちはある」。民進党大阪府連の木畑匡(きばた・ただし)幹事長は、党トップの辞意表明に対する受け止めを語るとともに、「蓮舫さんは特攻隊長として切り込む強さはあったが、党運営に深く関わってきた人ではなく、その点で苦戦されたのでは」と分析した。
 30日には大阪市内で大阪府連の定期大会が開かれ、蓮舫氏も出席する予定になっている。「まさに寝耳に水。どうなっているのか」。別の府連幹部は驚きを隠さず、「体制を一新すると思っていただけに、投げ出したような印象を与えかねない」と嘆いた。
 自民党と日本維新の会がにらみ合う大阪で、民進党は前身の民主党として臨んだ平成26年の衆院選で5人しか候補を擁立できず、小選挙区での勝利は1人。昨夏の参院選でも現職が落選するなど党勢の落ち込みが激しい。
「大阪が全国で一番厳しい状況であることに変わりはない」。木畑氏は、新執行部に対して「日々汗をかいている地方議員が戦いやすい環境をつくってもらいたい」と注文をつけた。
 一方、民進党京都府連の隠塚(おんづか)功幹事長は「党内外から『解党的出直しを』との指摘もあった中で、執行部刷新だけでは収まりきらなかったのだろう」と推察。ただ、この時期の辞任については「加計(学園)問題など重大な問題が山積し、攻めている状況の中で足元が揺らいでいるのはどうか」と苦言を呈した。
 また、民進党兵庫県連の向山(むこやま)好一幹事長も「政権の支持率が急落している中で党勢を強めていかなければならないときに、党本部がバタバタしてもらっては困る」と憤った。

* 民進・蓮舫代表が会見 代表辞任の意向を表明(2017年7月27日) - YouTube

本日民進党の蓮舫は代表の座を退く表明を記者会見で明かしたが、お前がすべきなのは代表を辞任するのでは無く、国会議員を辞職する事だ。
多重国籍を隠して選挙戦をして来たのだから、公職選挙法に違反するのは明白で、他にも詐欺や戸籍法違反も在る。
完全な犯罪者なのは云う迄も無く、国益を害する行為をして来た集団の代表だったのだから、此処に内乱罪を加えても良い程で在る。
他にも枚挙に暇が無い程の数々の反日売国奴振りをして来たのだから、心有る国民有権者には怒りを感じて居る事でしょう。
最初から政治の世界に居ては駄目な人物だったのです。
posted by 天野☆翔 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

台風九号発生。

* 台風9号ネサット発生 7月7個目(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
台風9号の現況と今後の見通し
フィリピンの東にあった熱帯低気圧が、7月26日12時、台風9号「ネサット」になりました。
台風9号は現在、中心気圧は998hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、1時間に15キロの速さで北北西に進んでいます。今後はやや発達しながら北よりに進む見込みです。今後の情報にご注意ください。
※今年は6月まで台風の発生数が2個と少なかったですが、7月に入ると一気に増えて、これで7個目。7月に7個発生するのは1994年以来23年ぶりです。
台風には「アジアの呼び名」
「ネサット」はカンボジアが用意した名前で「漁師」を意味します。 ※台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
フィリピン洋上で熱帯低気圧が台風九号に変わりました。
今後の進路は例年通りの日本に向けての動きに成るが、台風五号の動きが不透明なので、上陸する可能性は不明です。
何れにしても台風対策を万全にして注意警戒を。
posted by 天野☆翔 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

南朝鮮で新たな慰安婦施設造成の動き。

* 「ソウル近郊に慰安婦被害者を慰めるための『少女の花畑』造成」 | Joongang Ilbo | 中央日報
ソウル近郊に、慰安婦被害者を慰め、その辛い歴史を記憶するための『少女の花畑』が造成されることになった。
25日、京畿道光明市(キョンギド・クァンミョンシ)によると、市は来月11日、京畿道広州(クァンジュ)の社会福祉施設「ナヌムの家」と少女の花畑を作る協約を結ぶ予定だ。市は8月11日、光明洞窟の平和の少女像設置2周年の記念行事として慰安婦被害女性を招き、おばあさんたちが好きな木や花を植えて『少女の花畑』1号宣言式を開く。
花畑造成に向けて、市は今月27日に「平和の少女像」青少年チキミ(韓国語で「守る人」という意味)など、光明市の青少年が主軸となった少女の花畑青少年企画団を発足させ、「光明洞窟平和の少女像真の意味継承委員会」等も参加して市民主導型プロジェクトとして進めていくと明らかにした。
ヤン・ギデ光明市長は「政府がことしから8月14日を『慰安婦被害者記念日』に指定するなど、慰安婦問題解決に積極的に取り組むようになり幸いだ」とし「慰安婦被害者238人のうち37人しか残っていないが、少女の花畑造成を機におばあさんの生前の辛い歴史が一日も早く癒されることを願う」と明らかにした。
ソウル市近郊で新たな慰安婦施設が造成される事が発覚したが、其の中身は慰安婦を慰める意味合いと歴史を記憶する為の「少女の花畑」が実態と云うが、完全に笑わせる内容で愚かとしか云い様の無い事案で在る。
南朝鮮国内で而も日本の公館に隣接して居ないので在れば、もう好きにしたらと云う感想で在る。
虚構の歴史を何時迄も引き摺って居れば良いのです。
posted by 天野☆翔 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

南朝鮮で映画「軍艦島」が封切り。

* 【歴史戦】韓国映画「軍艦島」が封切り 史実に無い残酷な殺害シーン 反日感情を十二分に刺激(1/2ページ) - 産経ニュース
「軍艦島」の通称で知られる長崎市の端島炭坑を舞台にした韓国映画「軍艦島」(監督・柳昇完(リュ・スンワン)が26日、韓国で一斉に封切られた。
 映画は太平洋戦争末期に、端島炭坑で過酷な労働を「強制」された朝鮮人徴用工ら400人の存在を隠すため、日本軍が炭坑に閉じ込め爆破を試み、朝鮮人が集団で命を賭けで脱出を図るという内容。史実にない話だが、柳監督は韓国メディアに「事実を基にした創作物」と述べている。
 朝鮮人徴用工が坑道内部で死亡する場面のほか、日本人、朝鮮人を問わず、殺害シーンが極めて残酷に描かれている。朝鮮人女性が遊郭に強制的に送られたり、旭日旗を引き裂く場面もあり、韓国人の反日感情を強く刺激する作品だ。
 映画の最後には、「明治日本の産業革命遺産」の一つとして「軍艦島」が2015年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録され、今年中に日本政府が犠牲者を記憶する措置を取るとしたが、まだ実行していない、という趣旨の字幕がスクリーンに流れる。見る者への政治的アピールは強い。
 映画の広告は軍艦島を「朝鮮人には、生きては出られなかった地獄島」と表現。「日本には奇跡。朝鮮人には地獄。軍艦島、まだ終わっていない話」などとも強調している。
 韓国では、日本で徴用された元労働者や遺族らが日本企業を相手に損害賠償を求める訴訟を相次ぎ起こしている。映画が徴用工問題への世論に影響を及ぼす可能性もある。
* 【歴史戦】「軍艦島」反日広告に誤り 写真は別の炭鉱の日本人 製作者、産経新聞の指摘認める - 産経ニュース
米ニューヨークのタイムズスクエアの電光掲示板で、今月上旬に流された「軍艦島は地獄島」との意見広告に映っていた炭鉱の坑道で掘削する男性労働者の写真が、軍艦島(端島・長崎市)とは無関係であることを、映像製作に関わった韓国の大学教授が認めた。韓国紙、中央日報が26日、報じた。
 問題の写真は15秒ほどの広告映像に出ているもので、「軍艦島の本当の名は地獄島」との内容の前に「120人が殺された」という文章とともに流された。しかし、写真の労働者は韓国で主張されているような朝鮮人徴用工ではなく、日本人であり、場所も軍艦島の海底炭鉱ではなかったと同紙は伝えた。
 この写真について産経新聞は「端島ではなく筑豊の炭鉱(福岡県)である」誤りを指摘し、撮影時期も「明治時代中期で朝鮮人徴用ではない」と証拠資料を挙げていた。
 映像の製作と広報を進めた徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授は中央日報の取材に対し、「徹底して検証ができず、不本意なミスを犯した。写真の人物が日本人であることを私も今回知った」と誤りを認めたという。
* NYタイムズスクエア「軍艦島」広報映像の人物 朝鮮人ではなく日本人だった(1) | Joongang Ilbo | 中央日報
今月3日から一週間、米国ニューヨーク(NY)のタイムズスクエア屋外電光掲示板を通じて上映された「軍艦島(正式名・端島)の真実」という15秒の長さの広報映像で、一部の写真が間違って使われたことが確認されて問題となっている。日本極右勢力が国際社会で強制徴用そのものを否定するための根拠として悪用する可能性があるとの懸念も出ている。すでに日本では韓国側が「印象操作」を通じて「フェイクニュース(偽ニュース)」を量産しているという主張が広がっている状況だ。
該当の写真は、炭鉱の中で横になって採炭作業をしている鉱夫を撮影したものだ。映像物では「軍艦島の本当の名前は地獄島」という内容の前に「120人が死亡した」というコピーとともに配置されていた。ところが写真の中の人物は強制徴用された朝鮮人ではなく日本人であることが確認された。しかもその場所も軍艦島の海底炭鉱ではなかった。
映像の製作と広報を主導した徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信(ソンシン)女子大教授も、中央日報の取材過程で「徹底して検証ができず、不本意なミスを犯した」と関連事実を認めた。
これに先立ち、産経新聞は該当の写真に関連して「端島ではなく福岡県筑豊炭鉱で撮影されたもので、時期も明治時代中期。朝鮮人徴用ではない」と伝えていた。その根拠として、写真が掲載された『目で見る筑豊の100年』という郷土写真資料集を提示した。
この写真が韓国に初めて紹介されたのは1990年代初期とみられている。京都にある曹渓宗(チョゲチョン)在日本総本山高麗寺が1990年出版した韓国語写真資料集『強制徴用“朝鮮人はこのように連れて行かれた』に写真が掲載されてから引用され続けてきた。
徐教授もこの写真資料集を再引用した『軍艦島、終わっていない戦争』(民族問題研究所)という本を参考にしたと明らかにした。
端島炭鉱を舞台とした映画が南朝鮮で封切りされたが、内容は完全に反日思想に染まって居り、其の全てに於いて事実を描写しないのには、完全に被害者妄想甚だしい意識で在ると云う実態が改めて露呈した。
端島炭鉱に従事する事は朝鮮人の間でも大人気で在ったと云う事と、徴用に関しては最後の最後迄されて無かった事実が在り、又、其の報酬は極めて高く当時の朝鮮半島の倍以上もの稼ぎが出来た。
更に危険な作業は朝鮮人にはさせず日本人がしてたと云う事実も在る。
出鱈目な内容に辟易し、我が国は此の状況を看過する事はしては為らず、徹底的な抗議と世界に向けての虚構で在ると云う実態を喧伝すべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

ミヤネ屋の明確な放送法違反。

* ミヤネ屋の宮根誠司氏が番組で謝罪 高須クリニック院長「全部許すぜ」 前日の浅野史郎元知事の発言めぐり - 産経ニュース
26日放送の日本テレビ系・読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、司会の宮根誠司氏(54)が25日の番組で「高須クリニック」の高須克弥院長(72)に関する元宮城県知事の浅野史郎氏(69)の発言について、「大変申し訳ございませんでした。高須院長、これからも仲良くしていただけますでしょうか? ぜひイエスとおっしゃっていただきたいと思います」と謝罪した。
 高須氏は25日の放送後、「いまミヤネ屋さんに顧問弁護士から警告しました。浅野史郎様から明日中におわびがなければ提訴します」などとツイッター上で警告した。26日の宮根氏の謝罪を受け、高須氏はツイッターで「もらい事故なのに謝らせて悪かったね。全部許すぜ。なう」とつづった上で、「イエス!高須クリニック」と書き込んだ。
 25日の放送で、コメンテーターを務めた浅野氏は、高須氏が民進党の大西健介衆院議員の発言で名誉を毀損(きそん)されたとして損害賠償を求めて提訴したことについて、「国会で言ったかは別として普通の修羅場で言ったとしてもこれは事実を言ったんですよ」などと話し、名誉毀損には当たらないとの見解を示していた。
 浅野氏の発言について、26日の放送では、読売テレビの林マオアナウンサー(32)が「浅野さんに真意を聞いたところ、裁判の内容を誤解していたことによるもので高須院長におわびの言葉を表明しました」などと説明した。
高須克弥氏は、民進党の大西健介の発言を受けての元宮城県知事の浅野史郎の事実誤認の発言で番組に対して謝罪要求をしたが、此の要求に応じる形で事実誤認を認め謝罪したが、完全に放送法違反で在るのは云う迄も無く絶対に許しては為らない。
こう云う虚構の内容を放送するのだから、国民は事実を知らずに信じて仕舞う状況にも成るのです。
こう云う事をマスメディアが煽るならば、其れこそ政治不信を誘導すると云う事で社会的に大問題に発展もしよう。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

北朝鮮がアメリカに先制攻撃の意思を示す。

* 【北ミサイル】27日「戦勝」記念日 日米韓がICBM発射警戒 「米国の心臓部に先制核攻撃」 - 産経ニュース
北朝鮮は27日、「戦勝日」と位置付ける朝鮮戦争(1950〜53年)の休戦協定調印記念日を迎える。日米韓は北朝鮮がこの日に合わせて大陸間弾道ミサイル(ICBM)などを発射する可能性があるとみて警戒。米紙ワシントン・ポストは、北朝鮮が大気圏への再突入技術を試す準備を進めている兆候を米情報当局が捉えたと報じた。
 同紙によると、北朝鮮の初のICBM発射実験となった今月4日の「火星14」発射は射程の実証が目的だった。次は大気圏に再突入する際の高熱から核弾頭を守る技術を確認するとみられており、新型の「再突入体」の実験準備が最終段階にあるもようだ。
 朝鮮中央通信によると、平壌では26日、記念日を祝う中央報告大会が開かれた。朴永植人民武力相は演説で「米国が先制核攻撃論にしがみつくなら、事前通告なしに米国の心臓部に先制核攻撃を加え、地球上から跡形もなく消し去る」と述べ、圧力を強めるトランプ米政権との対決姿勢を鮮明にした。
連合国での安全保障理事会の決議を散々無視し違反してる北朝鮮が、此の圧力を継続してるアメリカに先制攻撃も辞さない構えの表明をしたが、装備も何も劣る兵器で威嚇しても無駄な足掻きでしか無い。
更に、朝鮮戦争の休戦協定調印締結日を戦勝記念日等と荒唐無稽な主張をしてるのにも大笑いで在る。
北朝鮮は朝鮮戦争には一切勝って居らず、単純に休戦状態に成っただけで在る。
誇大妄想も大概にしろと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

津久井やまゆり園殺傷事件から一年経過。

* 【相模原殺傷1年】悲劇、もう二度と… 犠牲者悼み、市民ら献花 - 産経ニュース
相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が殺害され、26人が重軽傷を負った事件は26日で発生から1年となった。多くの関係者や市民らが施設に設置された献花台の前で犠牲者を悼み、「悲劇を二度と繰り返さない」と誓った。
 午前9時ごろ、入倉かおる園長(60)と、施設を運営する社会福祉法人の草光純二理事長(73)がともに手を合わせた。犠牲者一人一人を思い出しながら献花したという入倉園長は「あっという間に命を奪われた。守ってあげられず申し訳ない」と声を詰まらせた。
 神奈川県庁では職員らが1分間の黙祷をささげ、相模原市役所や地元の消防署などでは半旗が掲げられた。支援をした入所者が殺害されたという近くに住む元職員の女性(81)は「再び一緒に地域で生活できるようになってほしい」と沈痛な面持ちで話した。
知的障害を抱える人々が入所する津久井やまゆり園での戦後最大の大量殺傷事件から、本日で丸一年が経過しました。
どんな理由が在っても何の問題も無い人々を死に至らしめるのは断じて許す事の出来無い、言語道断の案件で在る。
改めて亡くなられた方々には、謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者や被害者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

朝鮮人の不法滞在の在留を認めず。

* 在留特別許可:韓国人の家族、2審も棄却 大阪高裁 - 毎日新聞
日本に不法残留した韓国人の両親と息子の少年(19)=大阪市=が国に在留特別許可の義務付けなどを求めた訴訟で、大阪高裁(池田光宏裁判長)は26日、帰国しても大きな不利益はないとして訴えを退けた1審・大阪地裁判決を支持し、原告の控訴を棄却した。一家3人は強制退去処分が出ており、住み続けるには特別許可が必要で、上告を検討する。
 両親が1995年に来日してから生まれた少年は現在、専門学校に通う。原告代理人の普門大輔弁護士は「少年が社会人として歩めるよう家族で在留を認めるべきだ」と話した。
旅券法に違反する不法に滞在した朝鮮人の特別在留許可を求めた高等裁判所訴訟は、一審の棄却を支持し棄却の判決だが、至極真っ当で正しい判断です。
どんな理由が在っても違法行為は許されず、帰国しても何の問題も無いのだから、棄却されるのは当然の結果です。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

辺野古基地移設反対派の無法行為。

* 沖縄・辺野古沖で反対派がカヌー70艇繰り出し抗議 埋め立て3カ月、翁長知事後押し - 産経WEST
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で25日、移設に反対する市民らがカヌー約70艇で工事中止を求める抗議活動をした。政府の埋め立て工事着手から同日で3カ月。移設阻止を掲げ24日に工事差し止め訴訟を起こした沖縄県の翁長雄志知事を後押しする狙いもある。
 政府は4月25日、埋め立ての第1段階として、埋め立て区域の北側で護岸を造る工事を始めた。
 移設先の米軍キャンプ・シュワブには、資材を搬入する工事関係車両が増加。同基地のゲート前で反対派は抗議活動を活発化させている。工事車両の前に立ちはだかるなどした一部に逮捕が相次ぐなど、機動隊との衝突が続いている。
 辺野古移設を巡っては平成27年10月に、現場海域の埋め立て承認を取り消した翁長氏の処分に関し、政府と県が法廷闘争を繰り広げ、昨年12月に最高裁で県側敗訴が確定した。
辺野古基地移設反対派が本日、移設工事を妨害する為にカヌーを多数進水させたが、完全に違法行為で在るのは云う迄も無く、自分達の主張を通す為には、司法をも無視する此の行為は断じて許す事が出来無い上、最高裁判所の判決の趣旨をも無視するのだ。
此奴等は完全に破壊活動家で在るのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

伊吹文明氏の正論。

* 【閉会中審査】伊吹文明元衆院議長が国会のバラエティー化嘆く - 産経ニュース
自民党の伊吹文明元衆院議長は25日、二階派の夏季研修会で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題などに関する国会の閉会中審査に苦言を呈した。「野党はスキャンダルめいたものがあるんじゃないかと必死になっている。与党はそれを抑えようと必死になっている。テレビのバラエティー番組が国会の中に入ってきたような気がしてならない」と嘆いた。
 伊吹氏は核・ミサイル開発を強行する北朝鮮問題や、九州北部豪雨への対応などを列挙し「国民のためにやらなければならないものが山積している。そこに力を注がなければいけない」と語った。
此処数年間の間国会での動きに対しての意見で、伊吹文明氏は苦言を呈したが至極真っ当で正しい見解で在る。
小泉劇場だとか民主政権での無意味なパフォーマンスだとかで、国民は辟易してるのは云う迄も無く、安倍政権での倒閣運動の実態を嘆くのも無理の無い事です。
バラエティーだとかワイドショーだとか、下らない方向性で論う事はもう止めるべきで在る。
情報操作しての報道は政治不信に繋がり、結果的に報道機関にも大きな影響を及ぼし自分達の首を絞める行為に成ってるのだと自覚して頂きたいですね。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

蓮舫は他人を批判出来る立場では無い。

* 【閉会中審査】自戒を込めて? 民進・蓮舫代表「二転三転は信頼失墜につながる」 安倍晋三首相の学部新設計画把握時期の答弁修正を批判 - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表は25日、学校法人「加計学園」(岡山市)問題などに関する参院予算委員会の閉会中審査で、安倍晋三首相が獣医学部新設計画を把握した時期に関する答弁を修正したことについて「首相が二転三転で、『自分の発言が間違っている』ということ自体、信頼失墜につながっている」と批判した。国会内で記者団に語った。
 首相は計画を把握していた時期について、24日の衆院予算委で国家戦略特区に申請された1月20日だと説明していた。しかし、25日午前の参院予算委で蓮舫氏らから過去の国会答弁と矛盾があると指摘され、「整理が不十分だった」と釈明し、前の答弁を修正していた。
 蓮舫氏は自身の台湾籍と日本国籍の「二重国籍」問題で説明を二転三転させ、「事実の確認をせずに発言してしまった。深く反省している」と述べていた。
安倍晋三内閣総理大臣の答弁を巡って蓮舫は「二転三転してる」と批判したが、自分自身の多重国籍問題での説明で散々二転三転し未だに其の説明責任を果たして居ない現状では、他人を批判出来る立場では無いのだ。
お前は一体どの面下げて国会の質疑に臨んで居るのかと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

安倍晋三内閣総理大臣が防衛省への第三者機関の監査を否定。

* 【閉会中審査】安倍晋三首相、日報問題の第三者機関調査を否定 「防衛監察、秘の文書確認する」 - 産経ニュース
安倍晋三首相は25日午前の参院予算委員会の閉会中審査で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題をめぐる調査について「このような調査を部外の第三者が行うことは必ずしも容易ではない」と述べ、第三者機関による調査を否定した。民進党の蓮舫代表に答えた。
 首相は第三者機関の調査が適当ではない理由として「(現在実施中の)特別防衛監察は聞き取りにとどまらず、防衛省・自衛隊の施設への立ち入りや、秘の文書を含むさまざまな書類の確認を行う」と指摘し、機密管理の面で問題があるとの認識を示した。一方で、特別防衛監察には現役の検事も参加しており、独立性は担保されているとの考えを改めて強調した。
南スーダンの連合国平和維持活動の日報の問題で、第三者機関を入れて監査すべきだとの主張をした民進党への答弁で此れを否定したが、防衛省に対してスパイさせろと云ってるも同然の此の主張は退けられて当然なのだ。
防衛省は国家機密を扱うのだから、何処の誰なのか不明な第三者機関を引き入れる危険性を考えれば、機密漏洩にも成るのだから否定するのは至極真っ当で正しい見解で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

加計学園問題は最早終了。

* 【閉会中審査】〈速報〉自民・青山繁晴氏「『加計ありき』は前川さんの胸の中の言葉。一般的には思い込みと言う」 - 産経ニュース
自民党の青山繁晴参院議員は25日の参院予算委員会で、前川喜平前文部科学事務次官と「加計ありき」をめぐり応酬した。
 青山氏は「前川氏は『加計ありき』と首相に聞いたわけでもなく、和泉洋人首相補佐官からも『加計学園にしろ』ではなく、印象としてそうであろうと言った」と詰め寄り、前川氏に証拠を示すよう迫った。
 対する前川氏は、次のように従来の説明を繰り返した。
 「私の理解では、はじめから『加計ありき』だ。(平成28年8月に当時、内閣官房参与だった)木曽功氏(現・加計学園理事)から『今治の獣医学部新設よろしく』といわれた。担当課から説明を聞いた。懸案は加計学園の獣医学部というのを文科省も持っていたし、内閣府も共有していたと思う。(28年9月9日に)和泉氏が『総理は自分の口から言えないから、私が代わりに言う』というなら、親友のことだろうと。加計学園と明確に理解した」
 さらに前川氏は文科省内の「総理のご意向」文書などに「今治の獣医学部」とある点を指摘し、「私の理解は正しかった」と主張した。
 これに対し、青山氏は「(前川氏が)根拠とした側(人物)は、国会質疑で否定している。それを置いておいても、前川さんの話に加計という言葉は一度も出てこない。『加計ありき』という言葉は、前川さんの胸の中で『加計ありき』だ。一般的には思い込みと言わざるを得ない」と厳しく追及した。
* 【閉会中審査】崩れた「加計ありき」 揺れる前川喜平前次官証言、論拠示せず 加戸守行前愛媛県知事は「濡れ衣晴らす」(1/3ページ) - 産経ニュース
衆院予算委員会の24日の閉会中審査で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐり、加戸守行前愛媛県知事と前川喜平前文部科学事務次官が再び参考人として答弁した。手続きの正当性を重ねて訴えた加戸氏に対し、前川氏は首相官邸や内閣府から「加計学園」と名指しで指示を受けていないと明らかにし、「加計ありき」の論拠が崩れた。
 「安倍晋三首相にかけられた、あらぬぬれぎぬを晴らす役に立ちたい」
 加戸氏は予算委で自民党の小野寺五典元防衛相に対し、こう語った。一連の批判を「ぬれぎぬ」と豪語するのは10年にわたり誘致に尽力した自負があるからだ。家畜伝染病などに悩まされた加戸氏は愛媛県今治市と平成19年から15回、構造改革特区での獣医学部新設を申請し、はね返されてきた。
 加戸氏は「他の大学にも当たったが、反応がない。今治にとって黒い猫でも白い猫でも獣医学部を作ってくれるのが一番よい猫だ」と訴えた。社会主義の中国に市場経済を導入するとの矛盾した改革を断行した最高実力者、トウ小平氏の「ネズミを捕る猫が良い猫だ」との言葉を引用し、加計学園と組んだのは合理的な判断だったと主張したのだ。
一方、前川氏は答弁が揺れた。28年9月9日に面会した和泉洋人首相補佐官が「首相は自分の口から言えないから、代わって私が言う」と述べた上で、獣医学部新設の検討を加速させるよう指示され、それを根拠に「加計学園のことだと確信した」と明言した。
 前川氏は「首相と加計学園理事長が友人だと認識していた。加計学園が今治で獣医学部を作りたいという希望を持っていると知っていた」などと説明した。しかし和泉氏は「加計学園には一切触れていない」と断言し、前川氏も否定しなかった。与党議員からは「思い込みだ」とヤジが飛び、普段は冷静沈着な前川氏の表情がこわばった。
 前川氏は「面会の時点で獣医学部を作る意向を持っていたのは加計学園だけだった」とも述べたが、京都府と京都産業大は28年3月に政府に獣医学部新設を提案している。ここを詰められた前川氏は「京産大の具体化した計画を承知していなかった」と釈明した。
 和泉氏と同年10月17日に面会した際、前川氏は「強力なライバルである京産大が具体的な構想を持っている状況を踏まえ検討中と答えた」と語り、一転して京産大の存在を獣医学部新設に抵抗した理由に挙げた。
前川氏は松野博一文科相や担当の高等教育局長に相談していないことも明らかにした。前川氏が和泉氏の発言を「加計ありき」と曲解してスタンドプレーに走ったのが実情ではないか。
 閉会中審査を求めていた民進党は「首相と加計学園理事長の食事代はどちらが払うのか」(大串博志政調会長)と政権のイメージダウンを狙った質問も目立った。最後に質問に立った日本維新の会の浦野靖人氏は、こう嘆いた。
 「いつまでも続けても仕方ない…」
加計学園の案件を追及する閉会中審査が昨日に引き続き実施されたが、最大のキーマンで在る前川喜平は昨日の小野寺五典代議士や青山繁晴参議院議員の質疑で、加計学園在りきの認識は自分勝手な判断での思い込みと断定されました。
此の答弁が全てを物語り、自分勝手な認識が周囲を振り回し甚大な迷惑を振り撒く結果に成ったと云うだけです。
拠って、本案件は最早問題視すべき案件では無くなった。
完全に終了で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

沖縄県民は翁長雄志をリコールせよ。

* 【普天間移設】沖縄・翁長雄志知事 勝算なき法廷闘争 来年知事選にらみ求心力維持狙い「時間稼ぎ」(1/2ページ) - 産経ニュース
米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐる同県と政府の対立は、また法廷闘争に持ち込まれた。県側の主張には法律上の根拠が希薄であるなど勝算は限りなく小さいとみられるが、翁長雄志(おなが・たけし)知事は引かない。「辺野古移設反対」の金看板が色あせつつある中、来年秋の知事選に向けて自身の求心力を維持するために法廷と税金を利用していると言わざるを得ない。
 政府と県はすでに仲井真弘多(なかいま・ひろかず)前知事による埋め立て承認の取り消しを求めた翁長氏の処分をめぐって4件の訴訟を争った。昨年3月に3件で和解が成立したが、県側が取り消し撤回に応じないと政府が訴え、昨年12月の最高裁判決で県側の敗訴が確定した。
 司法のお墨付きを得た政府は今年4月、護岸工事に入った。基地反対活動家らの妨害を受けながらも工事は着々と進む。翁長氏が2年半前の知事選で最大の公約とした「辺野古に新基地を造らせない」は事実上破綻している。
 そこで翁長氏は「岩礁破砕許可」を新たな抵抗の盾に据えた。しかし今回の提訴は岩礁破砕の事実を確認したわけではない。今後、破砕するだろうという予見に基づくものにすぎない。
法曹関係者の間では「そもそも県に勝ち目はない」との見方が強い。工事差し止めで保護されるべき県側の権利・利益は不透明な上、自治体が行政法上の履行を求める訴訟は、審理対象にならないという最高裁判決もあるからだ。
 それでも提訴に踏み切った翁長氏が見据えるのは、来年1月の名護市長選と同年秋の知事選だ。知事選への態度は鮮明にしていないが、工事が後戻りできない段階に至れば知事選を待たずに「死に体」になる。
 支持基盤の「オール沖縄」にも退潮感が漂い始めている。「翁長氏は工事を指をくわえて見ているわけにはいかない。支持勢力の不満も募っており、彼らをつなぎ止めておくために国にファイティングポーズをとり続けざる得ない」と自民党関係者は指摘する。
 翁長氏は、前知事による埋め立て承認の「撤回」を最後のカードとして温存するが、これも政府が代執行手続きや翁長氏への損害賠償請求で対抗する構えで、容易に切れない。周辺は「今回の訴訟で少しでも時間を稼ぎ、次の撤回カードで、知事選後まで政権との対立構図を作っておければ…」と本音を漏らす。
 辺野古移設をめぐる訴訟で翁長県政はこれまでに県民の血税約9千万円を費やし、今回も初期費用で約517万円を投入する。県議会自民会派から「勝算がない訴訟は税金の無駄。知事の職権乱用だ」「政治交渉で解決すべきだ」との批判が噴出している。
普天間基地危険除去の為の辺野古基地移設を反対してるのは危険性を放置してると云う事で、又、辺野古基地移設反対で工事妨害をしてると云う事で無駄な税金が投入される事態に発展し、更に自分達の主張を通す為税金から訴訟の費用を捻出すると云う、県民の民意を無視した動き。
行政を私物化同然にしてる現状に沖縄県民は怒って良い筈だ。
特に辺野古基地が存在する名護市と国頭郡宜野座村の住民は移設受け入れの立場なのだから、率先してリコール運動を展開しても良いのです。
県民無視の知事には鉄槌を下す必要が在る。
posted by 天野☆翔 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

秋田県と新潟県で異常な記録的集中豪雨。

* 秋田県 記録的短時間大雨(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
息苦しさを感じるほどの雨に
秋田県に活発な雨雲が発生しています。秋田県由利本荘市北部付近ではレーダーの解析で、20時までの1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。
由利本荘市北部付近では大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒してください。土砂災害や浸水の危険のある場所にお住まいの方は、あらかじめ決めておいた避難場所まで移動することがかえって危険な場合もあります。そのような場合は、近隣のより安全な場所や2階以上の部屋など、少しでも安全な場所へ移動しましょう。
記録的短時間大雨情報とは
数年に一度しか発生しないような短時間の大雨を観測・解析した時に、各地の気象台が発表します。(基準は地域ごとに異なります)その地域にとって「災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量」であることをお知らせするため発表するものです。
* 佐渡市で50年に一度の大雨(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう24日、梅雨前線が北陸から東北付近に延びており、新潟県には活発な雨雲がかかっています。新潟地方気象台によると、佐渡市では48時間の雨量が50年に一度の記録的な大雨となっています。佐渡市では降り続く大雨により、土砂災害の危険が高まっています。このあとも活発な前線の影響で、さらに雨の降る量が増えるでしょう。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。
* 新潟県 2日で7月ひと月分の雨も(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
わずか2日で200ミリを超える雨
きょう24日、梅雨前線が北陸から東北付近に停滞して、活動が活発になっています。新潟県では所々に発達した雨雲がかかり、断続的に強い雨が降っています。50年に一度の大雨となった佐渡市では、きのう23日から、きょう昼過ぎにかけて雨の降り方が強まりました。佐渡市の羽茂では、きょう午後1時までの48時間雨量が200ミリを超え、7月1位の記録を更新。平年の7月ひと月分の雨がわずか2日程度で降ったことになります。また、佐渡空港でも48時間で200ミリ以上の雨が降り、7月としては記録的な大雨となりました。
25日にかけて大雨の恐れ
活発な雨雲はゆっくり南下しており、午後2時現在、佐渡市では雨がやんでいますが、これまでの大雨により地盤が緩んでいますので、引き続き崖などの急な斜面には近づかないようにしてください。一方、中越周辺では強い雨の降っている所があります。前線の動きが遅いため、新潟県では25日にかけても断続的に強い雨が降り、雨の量が多くなる恐れがあります。大雨警報の発表されている所もあり、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。
河川が氾濫する程の集中豪雨に因る洪水が殆ど起きなかった秋田県で、床上浸水する程の洪水が発生し、又、新潟県では五十年に一度起きるかの雨量が佐渡ヶ島で観測され、更に二日間で一箇月の雨量を新潟県で観測されました。
東北地方での集中豪雨は今後も発生して行く事かとも思いますが、充分な注意警戒を怠らずに居る事と、早めの対処が求められて行く事でしょう。
被害を最小限度に留めたい。
posted by 天野☆翔 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

辺野古基地移設工事差し止め訴訟起こす。

* 辺野古、沖縄県が再提訴 工事差し止め求め改めて法廷闘争へ 政府は「県の訴えは不適法、許可も不要」(1/2ページ) - 産経WEST
沖縄県は24日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事差し止めを求め、那覇地裁に提訴した。政府が県規則に定められた翁長雄志知事の許可を得ずに「岩礁破砕」を行うのは違法と主張。判決まで工事を中断させる仮処分も併せて申し立てた。政府は判例から県の訴えは不適法で、許可も不要として全面的に争う方針だ。
■兵庫県のパチンコ建設中止にならうと…
 辺野古移設を巡っては、平成27年10月に現場海域の埋め立て承認を取り消した翁長氏の処分に関し政府と沖縄県が訴訟で争った結果、昨年12月に県側敗訴判決が確定した。双方の対立は再び法廷闘争に発展した。
 政府は、4月下旬から埋め立ての第1段階となる護岸工事を開始。漁業権が設定された水域で海底の岩石などを壊す作業には県の漁業調整規則に基づき知事の「岩礁破砕許可」が必要になるが、政府は地元漁協が漁業権を放棄したことを理由に、3月末で期限が切れた許可を更新しなかった。
 県は「漁業権消滅に必要な知事の変更免許が出ておらず、許可は必要」と主張。破砕はまだ行われていないが「今後行われるのは確実で、違法な工事だ」と訴えている。
最高裁は平成14年、兵庫県宝塚市が条例に基づきパチンコ店建設工事の中止を業者に求めた訴訟で、国や自治体が条例や規則に従うよう求める訴訟は起こせないとして請求を却下した。政府は、この判例により今回の訴訟は審理の対象にならないと主張。岩礁破砕許可も不要で、工事は適法と反論する。
 移設に反対する市民らは25日、護岸工事の着手から3カ月となるのに合わせ、海上で大規模な抗議活動を行う。
沖縄県は既に県議会で可決した辺野古基地移設工事の差し止め訴訟を那覇地方裁判所に起こしました。
沖縄県は完全に最高裁判所の判決を無視した事で日本政府を敵に回したした事で、今後は茨の道を歩む運命に成る。
翁長雄志個人への損害賠償も起こされる動きに成ってる現状では、沖縄県知事個人でも沖縄県議会でも非常に分が悪く成って行く事でしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

加計学園問題の国会閉会中審査は無意味。

* 【閉会中審査】安倍晋三首相、“別人”のような低姿勢貫く 冷静に関与否定も議論かみ合わず(1/2ページ) - 産経ニュース
24日に開かれた衆院予算委員会の閉会中審査で、安倍晋三首相は学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐり、これまで見せていた強気な答弁から一転、終始“別人”のような低姿勢を貫いた。「足らざる点があったことは率直に認めなければならない」と反省の言葉を述べ、自身の指示や働きかけも冷静に否定したが、激しいやじを飛ばす野党とは、最後まで議論がかみ合わないままだった。
 「私の友人が関わることに疑念の目が向けられるのはもっとも」。冒頭、自民党の小野寺五典氏から、加計学園側から便宜の依頼があったのかを問われた安倍首相は、自身が学園の加計孝太郎理事長と友人関係にあったことを認めた上で、「(加計氏が)地位や立場を利用して何かを成し遂げようとしたことは、ただの一度もない」と疑惑を否定。野党席からは「だったら加計さんを(国会に)呼べよ」などやじが飛んだ。
この日の安倍首相は、これまでの国会答弁の姿勢とは異なり、やじに反応することはほぼなかった。最近の内閣支持率低下は「答弁姿勢への批判と考える」と分析し「国民の声と真摯(しんし)に受け止めたい」と謙虚さも強調。参考人として招致された和泉洋人首相補佐官が、今回の獣医学部新設に向けた動きについて、「国家戦略特区の象徴的な岩盤規制が動くんだなと感慨深いものがあった」と答弁した際は、うなずく姿も。
 一方、首相の進退に触れた民進党の今井雅人氏には「前川氏も含めて(関係大臣や和泉補佐官らは)私から指示、働きかけを受けていないと否定している」と真っ向から反論した。
* 【閉会中審査】崩れた「加計ありき」 揺れる前川喜平前次官証言、論拠示せず 加戸守行前愛媛県知事は「濡れ衣晴らす」(1/3ページ) - 産経ニュース
衆院予算委員会の24日の閉会中審査で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐり、加戸守行前愛媛県知事と前川喜平前文部科学事務次官が再び参考人として答弁した。手続きの正当性を重ねて訴えた加戸氏に対し、前川氏は首相官邸や内閣府から「加計学園」と名指しで指示を受けていないと明らかにし、「加計ありき」の論拠が崩れた。
 「安倍晋三首相にかけられた、あらぬぬれぎぬを晴らす役に立ちたい」
 加戸氏は予算委で自民党の小野寺五典元防衛相に対し、こう語った。一連の批判を「ぬれぎぬ」と豪語するのは10年にわたり誘致に尽力した自負があるからだ。家畜伝染病などに悩まされた加戸氏は愛媛県今治市と平成19年から15回、構造改革特区での獣医学部新設を申請し、はね返されてきた。
 加戸氏は「他の大学にも当たったが、反応がない。今治にとって黒い猫でも白い猫でも獣医学部を作ってくれるのが一番よい猫だ」と訴えた。社会主義の中国に市場経済を導入するとの矛盾した改革を断行した最高実力者、●(=登におおざと)小平氏の「ネズミを捕る猫が良い猫だ」との言葉を引用し、加計学園と組んだのは合理的な判断だったと主張したのだ。
一方、前川氏は答弁が揺れた。28年9月9日に面会した和泉洋人首相補佐官が「首相は自分の口から言えないから、代わって私が言う」と述べた上で、獣医学部新設の検討を加速させるよう指示され、それを根拠に「加計学園のことだと確信した」と明言した。
 前川氏は「首相と加計学園理事長が友人だと認識していた。加計学園が今治で獣医学部を作りたいという希望を持っていると知っていた」などと説明した。しかし和泉氏は「加計学園には一切触れていない」と断言し、前川氏も否定しなかった。与党議員からは「思い込みだ」とヤジが飛び、普段は冷静沈着な前川氏の表情がこわばった。
 前川氏は「面会の時点で獣医学部を作る意向を持っていたのは加計学園だけだった」とも述べたが、京都府と京都産業大は28年3月に政府に獣医学部新設を提案している。ここを詰められた前川氏は「京産大の具体化した計画を承知していなかった」と釈明した。
 和泉氏と同年10月17日に面会した際、前川氏は「強力なライバルである京産大が具体的な構想を持っている状況を踏まえ検討中と答えた」と語り、一転して京産大の存在を獣医学部新設に抵抗した理由に挙げた。
前川氏は松野博一文科相や担当の高等教育局長に相談していないことも明らかにした。前川氏が和泉氏の発言を「加計ありき」と曲解してスタンドプレーに走ったのが実情ではないか。
 閉会中審査を求めていた民進党は「首相と加計学園理事長の食事代はどちらが払うのか」(大串博志政調会長)と政権のイメージダウンを狙った質問も目立った。最後に質問に立った日本維新の会の浦野靖人氏は、こう嘆いた。
 「いつまでも続けても仕方ない…」
加計学園問題が国会での閉会中審査が実施されたが、こんな事をしても無意味で平行線を辿るのは云う迄も無い。
何故なら野党四党やマスメディアは「首相の意向」を前提とした「加計学園在りき」を唱える以上は、現状の正しい時系列での流れでの事象を無視するからで在る。
加計学園の獣医学部新設の動きは古くは四十五年前に遡り、少なくとも三十年以上前の案件で本格的に動き出したのは十二年前迄遡る事が出来る。
此等の動きの中で民主政権も入ってるのだから、民進党は批判出来る立場では無いのです。
勿論社会民主党も例外では無い。
岩盤規制突破と既得権益死守の双方の主張は食い違うのは当たり前なのです。
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

内閣支持率過去最低を記録。

* 【産経FNN世論調査】内閣支持率、第2次内閣発足後最低の34・7%、不支持は最高の56・1% 「首相を信頼」は29・6% 加計学園や稲田朋美防衛相の問題が影響(1/2ページ) - 産経ニュース
産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が22、23両日に実施した合同世論調査によると、安倍晋三内閣の支持率は34・7%、不支持率は56・1%だった。前回調査(6月17、18両日)と比べて支持は12・9ポイントも下落、不支持は逆に13・2ポイント上昇し、平成24年12月の第2次安倍内閣発足後、支持は最低、不支持は最高をそれぞれ記録した。学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる対応や稲田朋美防衛相に関わる一連の問題が支持率に大きく影響しているようだ。
 内閣支持率の下落は3カ月連続となった。不支持が支持を上回るのは平成27年9月以来、1年10カ月ぶり。第2次内閣発足後で支持がこれまでで最低だったのは、27年7月に調査した39・3%。集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法案が衆院を通過した直後のときだった。
 加計学園の獣医学部新設計画をめぐり、政権を批判する前川喜平前文部科学事務次官と、政権を評価する加戸守行前愛媛県知事の「どちらが説得力があるか」との設問では、前川氏との回答が52・2%、加戸氏は23・5%となり、安倍政権に厳しい結果が出た。
また、8月初旬に行う内閣改造に合わせて「最も代えたほうがよい閣僚」を聞いたところ、稲田氏を選んだ人が63・1%に上り、世論の稲田氏への不信、不満が相当高いことを示した。
 加計学園や稲田氏の問題が影響してか、首相を「信頼している」との回答が29・6%にとどまり、「信頼していない」は63・8%に達した。
 政党支持率では自民党が29・1%で前回から6・9ポイントも下落。以下、民進党7・0%、公明党5・3%、共産党4・6%、日本維新の会3・2%と続いた。
此の数値の結果は見えてた事でしょう。
何故ならば、問題視すべきでは無い森友学園や加計学園を利用して倒閣運動を野党四党やマスメディアが率先して扇動してたのだから、正しい情報に接して居ない人々は簡単に意識誘導されるのです。
今後もこうした倒閣運動の方針を継続するならば、同じ結果が出るだけで在る。
殊にマスメディアは報道しない自由を行使し国益に沿った政策実施は全く報道しないのです。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

支那の民主化に日本が役割果たせと運動家。

* 中国の民主化運動家ら「言論の自由ある日本の重要性増している」 神奈川でシンポジウム開幕 - 産経ニュース
中国の民主化に取り組む世界各地の運動家らが日本の対中政策などを議論するシンポジウムが23日、神奈川県三浦市内で開幕した。主催団体「中国民主論壇」の秦晋共同主席は「中国の変化は周辺国の動きにかかっている」と述べ、中国の民主化を促すため「日本がより大きな役割を果たしてほしい」と訴えた。
 米国、オーストラリア、カナダ、台湾、香港などから約50人が参加。香港の立法会(議会)の就任宣誓をめぐり、昨年11月に議員資格を取り消された反中派政党「青年新政」の梁頌恒氏と游●(=くさかんむりに惠)禎氏も出席した。
 日本での開催について、「民主中国陣線」の王戴副主席は「中国に地理的に近い日本から発信する意義は大きい」と指摘した。梁氏は産経新聞の取材に「香港では、今回の登壇者らは入境を拒否されてしまい、こうしたシンポジウムは開けないだろう」と語った。
支那には言論の自由が無い事は既に世界中の共通認識だが、此の現状を打破する為には日本が大きな役割を果たすべきだと民主化運動家が主張するが、極めて困難なのは云う迄も無かろう。
言論の自由は確かに存在するが、一方では報道の自由に於いて「報道しない自由」も厳然として存在する状況では、此の運動には影響を及ぼす事自体が不可能で在る。
海外への情報発信に於いてこうしたシンポジウムを開催したとしても、正確な情報は流されるのかと云う疑念を抱くし、一方で支那に与する勢力の報道機関は情報を完全に抹殺するでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

慰安婦問題解決の為の財団の代表が辞意。

* 【「慰安婦」日韓合意】韓国「癒し財団」の理事長が辞意 運営費カットで引責 財団の活動大きく停滞へ - 産経ニュース
慰安婦問題の「完全かつ不可逆的な解決」を確認した2015年末の日韓合意に基づき、韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」の金兌玄(キム・テヒョン)理事長が先週開かれた理事会で辞意を表明していたことが23日、分かった。同財団の関係者が明らかにした。
 関係者によると、金氏は財団の運営費が政府予算に組み込まれず、全面カットされたことなどへの責任をとって辞意を表したという。合意に基づき日本政府は昨年8月、韓国側に10億円の資金を拠出している。当時の朴槿恵(パク・クネ)政権の韓国政府は財団を設立。合意当時に存命だった元慰安婦の7割以上が、これまでに財団を通して金を受け取っている。
 しかし、今年5月に日韓合意に批判的な文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足し、韓国政府は日韓合意の「検証」に着手している。検証の対象には「和解・癒やし財団」も含まれているという。
 慰安婦問題を担当する鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)女性家族相は日韓合意再協議の意思を示し、財団の活動への調査・検討の必要性を指摘している。金氏の辞意表明により、財団の運営、活動が停滞する可能性が強くなってきた。
慰安婦問題解決の為の合意に基づいた財団の「和解・癒し財団」の代表が、運営費の枯渇から責任を取って辞意の表明をしたが、其の裏には政府予算で運営費が組み込まれずに全面的に削減された事に因む。
文在寅の方針での慰安婦問題解決の為の合意の見直しが此れに大きく影響したのは間違いは無く、存命中の自称元慰安婦の内、和解金を受け取って居ない連中は此の現状をどう捉えるのかと。
尤も、我が国は既に合意に従って履行をしたので、責任を求めて来るのは全くの筋違いなので、南朝鮮政府を批判せよ。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

台風八号発生。

* 台風8号「ソンカー」発生(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
台風8号の現況と今後の見通し
23日、午後3時、南シナ海で台風8号「ソンカー」が発生しました。台風8号は午後3時現在、中心気圧は1000hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、ほとんど停滞しています。今後は西よりに進み、26日午後3時にはラオス付近で熱帯低気圧に変わる見込みです。
※追記:台風7号は23日午後3時、中国大陸の華南付近で熱帯低気圧に変わりました。
台風には「アジアの呼び名」
「ソンカー」はベトナムが用意した名前で「さえずる鳥」を意味します。
※台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台風七号等と同様に台湾の西側で台風が発生しましたが、進路は西寄りに定めてるので我が国への影響は考慮しなくて差し支え無いでしょう。
然し台風は此処数日間に連日発生して居ますね。
posted by 天野☆翔 at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

辺野古基地移設反対派の道路交通法無視の常態化。

* 機動隊、ゲート向かいのブロック撤去 市民反発し、一時もみ合いに - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で22日午前、名護市の米軍キャンプ・シュワブゲート前では市民約80人が集まり、抗議行動を展開した。午前9時20分ごろ、工事用車両が出入りするゲートと道向かいにある閉鎖されたゲート前に市民が置いていたブロックやのぼりを県警機動隊が撤去し、市民らと一時もみ合いになった。市民らは「私たちの私有財産だ」「窃盗だ」と抗議した。県警は取材に対し「道路上に違法に物が置かれているので撤去した」と説明した。午前中に工事車両の基地内への出入りは確認されなかった。
 K9護岸では午前10時50分ごろ、消波ブロックを設置する作業が行われた。市民らが抗議船3隻、カヌー14艇で抗議した。
 22日午後2時からはキャンプ・シュワブのフェンス沿いを参加者が手をつなぎ新基地建設に抗議する「人間の鎖大行動」(基地の県内移設に反対する県民会議主催)が予定されており、シュワブゲート前には10時すぎ、各地からの参加者が次々と到着した。
公道に違法に設置されたブロック等を道路交通法違反で撤去されたのにも関わらず、此れを窃盗だとか私有財産だとか苦情申し立てするのは完全に本末転倒で常軌を逸した発想で在る。
工事車両侵入妨害の為なら違法行為も平然とするのだから、基地移設反対派は犯罪者集団なのは一目瞭然。
テロリストなのは最早云う迄も無かろう。
posted by 天野☆翔 at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

民主政権の大きな負の遺産。

* 再エネ買取総額累計94兆円、2050年度に 電気料金に上乗せ、国民負担増も懸念(1/2ページ) - 産経ニュース
太陽光や風力など再生可能エネルギーで発電された電力を大手電力会社が一定価格で買い取る「固定価格買い取り制度」で、2050年度までの買い取り総額が累計で94兆円に達することが22日、電力中央研究所の試算で分かった。この制度の買い取り価格は火力発電や原子力発電より高く、その分は電気料金に上乗せされる。買い取り総額の膨張は国民負担の増大に直結するため、政府は見直しに着手。制度継続には国民の理解が必要になりそうだ。
 制度は、東京電力福島第1原発事故を受けて再生エネの普及を促そうと、12(平成24)年7月に開始。昨年11月までの発電量は約5374万キロワットで、開始前の約2・5倍に拡大した。
 ただ、買い取り認定を受けた発電量の約9割が割高な太陽光に集中。太陽光の買い取り価格は初年度は1キロワット時あたり40〜42円で、バイオマス(13〜39円)や風力(22〜55円)よりも高い。その結果、電中研では30年度の買い取り総額が4兆7千億円に上ると試算。政府が想定する3兆7千億〜4兆円より大きく上振れする見通しだ。
 買い取り価格は毎年の改定で値下げされていることから、電気料金が上昇し続けるわけではない。とはいえ、買い取り総額の累計拡大は、国民支出の累計拡大にほかならない。
政府の長期エネルギー需給見通しが想定する30年度の総発電量に占める再生エネ比率「22〜24%」を達成すると、買い取り総額は同年度に累計59兆円に達する見込み。需給見通しが想定する全ての再生エネの買い取り期間が終わる50年度には、累計が百兆円近くに膨らむ。石油火力などを代替した部分の発電コストを差し引いた国民の実質負担分(賦課金)も、50年度に69兆円に達する見込みだ。
 政府は国民負担を減らすため今年4月に制度を改正し、太陽光の事業者は認定時に供給価格を競う入札を導入した。ただ対象は大規模事業者に限られ、効果は限定的だ。経済産業省の有識者研究会も7月、将来の政策課題をまとめ、各再生エネが制度から「自立化」する議論を続けている。
 試算をまとめた電中研の朝野賢司上席研究員は「日本は長期見通しで示された国民負担に抑えるのか、上回っても再生エネ比率の達成を目指すのか、選択を迫られる」と指摘している。
電力分社化自体が本来は無意味なのに此れに追加して外部企業が発電しての買い取りをさせる制度自体が、国民に大きな負担を強いる事に成ってる現状を重く見なければ為らない。
電力買取制度での国民の負担は目には見えて無いが総額では極めて大きく、平成三十年度には四兆七千億円にも達し累計では六十九億円にも達する。
菅政権とSoftBankの官製談合以上の何物でも無く、完全に利権化してるのは大問題で在る。
posted by 天野☆翔 at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

蓮舫は防衛省に第三者機関の干渉をさせよとの主張。

* 蓮舫氏、日報隠蔽は「第三者による外部調査に切り替えるべきだ」 - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表は22日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題をめぐり、特別防衛監察ではなく、第三者が調査すべきだとの考えを示した。「特別防衛監察に稲田朋美防衛相は協力しているが、(本来)調査の対象ではない。第三者による外部調査に切り替えるべきだ」と述べた。徳島県阿波市で記者団に答えた。
南スーダンでの日報の案件で、此の監査の為に第三者機関を送り込めとの主張を蓮舫がしたが、国家機密の一部でも在る防衛省に対して外部機関が干渉するのは断じて認められません。
ハッキリ云って愚の骨頂で在ってスパイを受け入れよと主張してるのも同然で在る。
完全に気違いの主張で在る。
posted by 天野☆翔 at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

東京新聞も朝鮮学校無償化推奨する。

* 東京新聞:朝鮮学校無償化 子の救済は大人の責任:社説・コラム(TOKYO Web)
いわば大人の都合で、子どもの学びの機会に格差が生じるのは残念でならない。広島地裁は、朝鮮学校を高校無償化の対象から外した国の処分を適法と判決した。大人の責任で実現せねばならない。
 広島朝鮮高級学校を運営する広島朝鮮学園と卒業生らが、処分の取り消しや損害賠償を国に求めた裁判だ。判決は、国側の主張を認め、原告側の全面敗訴となった。
 東京、名古屋、大阪など全国五カ所で係争中の同種訴訟で初めての判決だった。原告側は、司法が恣意(しい)的な行政判断に追随したことは民族差別を助長すると反発し、控訴する考えだ。
 高校無償化制度は、民主党政権の目玉政策として二〇一〇年に導入された。現行では一定の収入に満たない家庭の高校生に対し、就学支援金が支給されている。
 学校教育法上、各種学校とされる外国人学校は文部科学相の指定を受ける必要がある。だが、自民党政権に交代してから、朝鮮学校は制度の対象から除外された。
 問題の根っこは、子どもに代わって学校側が就学支援金を受け取る代理受領の仕組みにあろう。
 朝鮮学校は、北朝鮮や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の影響下にあり、無償化の資金が授業料に充てられないことが懸念されると、国側は主張していた。
 とはいえ、無償化制度の理念は、学校運営そのものの支援ではない。すべての高校生が家庭の収入にかかわらず、学ぶ機会に等しくアクセスできるよう、社会全体で負担を分かち合うことである。
 その理念を重視し、責任のない卒業生らの救済に動こうとした形跡は、広島地裁の判断からは読み取れなかった。国側と学校側との相互不信の谷間に、個々の子どもが落ち込んでいるように見える。
 高校に当たる高級部では、日本で生まれ育った千三百人余りが学んでいる。日本の大学の多くは、卒業生に受験資格を認めている。国側はこうした現実を踏まえ、就学支援金が確実に授業料に使われる仕組みを勘考できないものか。
 北朝鮮は核やミサイルを開発し、日本人拉致問題の解決には後ろ向きだ。朝鮮総連を含め、国民が注ぐまなざしは厳しい。
 本来、子どもの教育に政治的、外交的な問題を絡めるべきではない。だが、朝鮮学校の教育内容や財務、人事といった運営を巡る疑念が晴れない限り、税金投入に国民の理解は得られにくい。子どもの学ぶ権利の救済、機会の保障はもちろん、大人の責任である。
他国の学校に公金投入するのは私学助成を禁じる憲法違反で在るのは云う迄も無いが、此の問題は更に敵国でも在る北朝鮮の出先機関の学校で在る事から、敵国の子供達を助ける義理も責任も無いと云う事です。
又、補助金の条件で在る金親子を賞賛する教育内容の撤廃も拒否してるのだから、自業自得でも在るのだ。
そんなに無償化したいならば、お前等が基金を設立して自分達で面倒を見てやれと云う事です。
尤も、其の結果敵視されても文句を云われる筋合いは無い。
posted by 天野☆翔 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

台風七号発生。

* 台風7号「ロウキー」発生(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
台風7号の現況と今後の見通し
22日午後3時、南シナ海で台風7号「ロウキー」が発生しました。台風7号は午後3時現在、中心気圧は1004hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、1時間に30キロの速さで西に進んでいます。今後は北西に進み、23日午後3時には中国大陸付近で熱帯低気圧に変わる見込みです。
台風には「アジアの呼び名」
「ロウキー」は米国が用意した名前で「男性の名前」を意味します。 ※台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台風四号同様に台湾の西側で発生し西に進路を取って居ますが、此の台風での我が国への影響は有りません。
posted by 天野☆翔 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

防衛省の日報の案件での蓮舫の自爆。

* 民進 蓮舫代表 予算委で稲田防衛相追及へ | NHKニュース
民進党の蓮舫代表は記者団に対し、PKO部隊の日報を陸上自衛隊が保管していた問題をめぐり、稲田防衛大臣の言動は不安定で任に値しないとしたうえで、来週、衆・参両院で開かれる予算委員会でこの問題に対する稲田大臣の関与の有無などを追及する考えを示しました。
蓮舫代表は徳島県阿波市で記者団に対し、破棄したとされたPKO部隊の日報を陸上自衛隊が保管していた問題について、「決定的な問題はシビリアンコントロールだ。稲田防衛大臣は防衛省内を二分しているかのような不安定な言動を続けており、大臣の任に値しない」と批判しました。
そのうえで、蓮舫氏は「『加計学園』と『森友学園』、日報問題は記録と大臣の発言の不安定さが共通している。稲田大臣には何が事実で、何がうそなのか、聞かせてもらう」と述べ、来週、衆・参両院で開かれる予算委員会で、この問題に対する稲田大臣の関与の有無などを追及する考えを示しました。
また、蓮舫氏は防衛省の特別防衛監察について「特別防衛監察では大臣は協力はするが、調査や処罰の対象ではない。第三者の外部による調査に切り替えるべきだ」と指摘しました。
防衛省の南スーダンに於ける連合国平和維持活動の日報の案件で民進党の蓮舫は徹底追求の構えだが、徹底追求出来る立場では無いのは云う迄も無く、自分自身の多重国籍問題の完全な解消をして居ない現状では其の立場では無い事を言明して置きます。
パスポートの書式で規格外の案件が確認された以上、文書偽造の疑いが極めて濃厚に成った事で、其の説明は詭弁言い逃れでしか無かった事が改めて露呈したのだ。
此の案件を蓮舫は改めて説明しなければ為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

朝日新聞の異常性。

* 加計審議、14時間空費 文書の存在否定・食い違う見解:朝日新聞デジタル
学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐる国会審議で、事実と異なる説明をしたり確認を拒み続けたりするなど、政府側の対応が原因で少なくとも14時間が空費されたことが朝日新聞の調べでわかった。国会審議の2日分に相当する長さ。真相解明に後ろ向きな政府の姿勢を映した形だ。
 24、25日には衆参両院の予算委員会で首相が出席する閉会中審査がある。「せっかく開くなら国民が『分かった』と納得してもらうまで説明する」と自民党幹部に話した安倍晋三首相の答弁が改めて問われる。
 「総理のご意向」などと記された文部科学省の内部文書の存在を朝日新聞が特報した5月17日から、首相外遊中に閉会中審査があった7月10日まで、加計学園問題を担当する内閣府、文科省、農林水産省と関係が深い衆参の計10委員会を対象に審議内容を調べ、質疑と答弁の時間を集計した。
 政府の事実と異なる説明が発端…
以下有料記事…

加計学園の案件で政府側の対応で十四時間空費されたと云うが、完全に責任転嫁と倒閣運動以上の何物でも無い異常性を発揮して居ます。
組織犯罪処罰法の審議で審議とは無関係な加計学園の案件を持ち出して無駄な時間を費やしたのは野党四党で在って、政府与党には何の責任も無いのは云う迄も無く、情報操作して政府が悪と決め付けて批判し倒閣運動を精力的に展開する朝日新聞は、完全に国賊の機関紙でしか有りません。
問題視すべきでは無い案件で政権批判を展開するならば此れは正しく倒閣運動以上の何物でも無く、批判の為の批判でしか無く論理破綻を来すのです。
朝日新聞には猛省を促すと共に組織としての在り方を厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

日本獣医師連盟の出鱈目さ。

* www.fnn-news.com: 加計問題「放っておくと京都なども続く」

加計学園の獣医学部設置をめぐり、日本獣医師連盟が作成した議事録に、山本地方創生担当相が「放っておくと、京都なども続く」と発言したと記されていたことがわかった。
山本大臣は、加計学園が特区の事業者に認定される2カ月前の2016年11月、日本獣医師連盟の幹部と面会した。 連盟側が作成した記録には、大臣が加計学園の名を挙げて、「四国に新設することになった」、「放っておくと、京都なども続いてしまう」と発言したと記されていて、連盟側は「1校限り」を選定条件に加えるよう要請したという。
山本地方創生相は「四国・今治ばかりと言っているが、京都だって追加であり得るんですよという話を、そういう状況を受けてした」と述べた。
山本大臣は、閣議後の会見で、京都での学部新設は「追加」であり得るという趣旨の発言だったと述べた。
* 山本大臣が京都に言及も「加計ありき」と獣医師連盟
加計学園の獣医学部新設を巡り、山本規制改革担当大臣が、日本獣医師連盟の幹部らとの面会で京都についても言及していたことが連盟幹部の証言で明らかになりました。
 山本大臣は去年11月、日本獣医師連盟の幹部らと面会し、獣医学部の新設について「放っておくと京都も続く」と話し、四国だけでなく京都についても言及していたことが分かりました。日本獣医師連盟の北村委員長はこれまで、山本大臣は面会で京都に言及していないと説明していましたが、「議事録をちゃんと見ないで話してしまった」と発言を訂正しました。しかし、「この時点ですでに加計ありきだった」と改めて強く主張しています。一方、来週の24日と25日に行われる予算委員会で野党側が北村委員長の参考人招致を求めていて、日本獣医師連盟側も調整しているということです。
* 【加計学園問題】山本幸三地方創生担当相会見詳報 加計問題の獣医師会側議事録「書いてあること、言っていない」(1/7ページ) - 産経ニュース
山本幸三地方創生担当相は21日の記者会見で、学校法人「加計学園」(岡山市)による獣医学部新設計画をめぐり、事業者決定の約2カ月前の平成28年11月に日本獣医師会(東京都)と面会した際に作成したとされるメモについて「廃棄した」と説明した。一方、獣医師会側の面会記録に関し「書いてあることが、いかにも私が言ったようにいわれているが、そうじゃない」と述べ、改めて特区の選定は「加計ありき」ではないと強調した。
 やりとりの要旨は次の通り。

 −−京都産業大が先週の会見で、事前に土地の取得や教員集め、ボーリング調査などを行うことについて「当然リスクのある話だ」と話していた。そういう中で準備不足で断念したという説明だったが、京産大が負うことができなかったリスクを加計学園がなぜ負えたのか
 「それは私が答えることじゃない。加計学園なり、今治市が考えることだ」
 −−大臣は国会答弁で、今治市や加計学園の準備行為をオウン・リスク(自己責任)と言っていたが、事業者に選ばれなかった場合、その損害が市民や学園にいってしまう。首長経験者によると、通常そういうことがないように事前に指導するということだが、このような事前の指導を今回、内閣府はしなかったということか
 「それはオウン・リスクでやってもらっていることで、私どもは関知していない」
−−オウン・リスクというと冷たい印象を受けるが、やはり今治市や加計学園に何らかの特区選定のお墨付きを与えていたから、京都府や京都産業大にできない準備ができたということか
 「一切ない」
 −−昨年11月17日の日本獣医師会とのやりとりで、議事録に「財政的に大丈夫か、待ったをかけていた」という発言が大臣の方からあったと記録されているが、この発言の意味は
 「待ったをかけたというよりは、私は(獣医師会の)北村(直人)顧問から何度かにわたって『今治市の財政が破綻するんじゃないか』とかそういう話を聞いて『是非調査してもらいたい』という話があった。また、自民党の村上誠一郎さん(元行政改革担当相)もそういう発言をしたということがあり、これは大変重要な問題だと思い、一応しっかりと精査しなければ自分の責務を果たせないと思った。そして、今治市に対して『この事業をやる場合にはどれだけの財政負担がかかると認識しているのかということをぜひ教えてもらいたい。そのことによって財政がおかしくならないかについては知りたい』ということでお願いした」
 「当初は『公募もまだ終わっていないような段階で、なかなかいえない』ということもあったが、『それでは困る』と。『そこは現時点で想定している前提で良いから、なんとか今の時点での想定の財政状況、財政負担を示してくれ』と言って、出してもらった。それが今回の、あの当時における今治市からの返答であり、それを獣医師会についても、北村さんもある意味で宿題というふうに感じていたので、お答えした」
−−待ったをかけたという意味は何ですか
 「待ったをかけたということではなくて、『財政状況が大丈夫かということを確認できないと、こういう事業は前に進めることはできませんよ』というように今治市にお願いして、かなり『議会の関係などで不確定要素が多い』といわれたが、『それはそれでいい。現時点で考えている前提で出してもらいたい』とお願いした」
 −−待ったをかけたというのは、大臣が今治市に言ったのではなくて、面談の中で「待ったをかけた」という発言をしている。文脈からみると、今治市などに財政状況が大丈夫かどうか確認できるまで待ったをかけていたように受け止められるのだが
 「そうではなくて、私は11月9日の(国家戦略特区)諮問会議で(獣医学部新設の可否を)決めていきますので、その時までにはある程度、財政的に大丈夫かどうかということはチェックしなければいけないと考えて、そういう意味で『それまでにはちゃんと出してくださいよ』とお願いした」
 −−昨日のぶら下がりのときの発言で「加計学園に特定したことはない」と弁解し、秘書官メモにあるから確かだという発言をされていたが、秘書官メモは廃棄済みなのに、なぜ確認できたのか
「それは秘書官のメモじゃなくて、秘書官のメモは会議のときに走り書きしていたが、これが当日、獣医師会から配布された資料があり、それを見ていると全く一緒だということが分かった。途中で秘書官も『メモをとっても意味がない。こっちの方に詳しく書いてある』と、全部をメモをとれないので途中で止めて、後でメモは『これと同じものだから、もういいや』ということで後で廃棄したと秘書官から聞いている」
 「私が言ったのは、自分なりの、私だけのメモを作っていて、これに金額と事業実施主体ということで書いている。それに基づいて事業実施主体という言い方しか言っていないということだ」
 −−野党側はメモがないことについて追及する考えを示しているが、手続きに問題ないという認識は変わらないか
 「メモというのは獣医師会からいただいた資料そのものだから、これはその後、11月28日に正式に、獣医師会から私どもにお届けがあった。必要であれば、それは見ていただければ同じ内容が書いていて、私はずっとそれを聞いていただけだ。そこに『四国でうんぬん』ということが書いている。その辺が、相手側の思い込みじゃないかといっている。そこで書いてあることが、いかにも私が言ったようにいわれているが、そうじゃない。最初に私が言って、あとはもうほとんど北村さんがメモに沿って、ずっといろんなことを言ってきたのを聞いていただけだ。だから、メモというのが必要であれば、獣医師会からの要望書そのものですから、それを見ていただければと思う」
−−山本氏が用意された文書には、金額以外には何が書いてあるのか。そのメモは公表しないのか
 「これは手持ちのメモで、今治市から聞いた金額も書いていて、それから事業実施主体ということだ。これは議会とか状況によって不確定要素はあるけど、事業実施主体は公募で決まる話だから、そういうことは現在決まっていないが、一応『現時点で考えられるとすれば、こういうことですよ』というような、条件をいろいろつけて書いたやつを用意していた。そこに事業実施主体と表現している。それを出すかどうかは、先方も出していない性格のものだから、どこにあるかどうか確認してみたいと思う」
 −−事業を進める上で、京都府の財政については調べていないのか
 「当初は、私は京都府がバックだから大丈夫だろうと思っていましたが、その後財政上の話を聞いたところ、資金計画などはめどが立っていないということだった」
 −−それで調べていない?
 「いやいや、聞いたところそういうものはないということだ」
 −−昨日の時点でも12月8日に、獣医師会から1校にしてくれといってきたので、1校にしたと説明していた。朝日新聞が以前開示請求して出てきた文書によると、12月6日に念のため1校に限ることを検討するよう事務方に指示とある。なぜ12月8日の前から山本大臣から指示を出したのか
「1校にしてくれというのは12月8日には正式に文書で出てきたが、その前から私のところには獣医師会から言われている。それを踏まえて、内々で念のためにそういう場合にはどういう手続きがあるのかをちょっと検討しようと。これは内々の指示だ。最終的に決定したのは、18日にパブリックコメントが終わりまして、それを見て慎重な意見も強いということで、そこで最終決断をした」
 −−内々にというのは11月17日の面会を指すのか
 「そのあとから、北村さんからもいろいろ1校にしてくれという話もあった」
 −北村さんとは直接会ったのか。それとも電話か
 「基本的にはショートメールで来る」
 −−テレビ朝日の取材では11月17日の獣医師会との面会で、獣医師会側が出している文書の省略された部分で、山本大臣が「放っておくと京都なども続く」と発言したという記載があることが分かった。獣医師会側は特区を認めないと他にも次々できますよと受け取った。この発言をしたのか。その意図は何か。それと、獣医師会側は発言録を残している。改めて大臣側の発言録のようなものはないのか。秘書官が同席していたと思うが、調べたのか調べていないのかを正確に教えてほしい
「(質問の)後半のメモについては、秘書官が走り書きでしていたが、途中でいただいた文書でも一緒のことをいっている。途中から止めてその文書でメモとして出せるではないかと判断して終えた。その後、手書きのやつは同じだから廃棄した」
 「それから、京都もあり得るという話は、そういう言い方はしていないと思うが、私がなぜそういう発言をしたかというと、獣医師会の文書を見てもらえば分かるが、獣医師会は最初から『四国・今治ありき』という形でずっと議論している。私はずっとその話を聞いていたが、それを終えたところで、私は『四国・今治ばかりといっておられますけど、京都だって追加であり得るんですよ』という話を、そういう状況を受けてした。そのことについては、蔵内(勇夫・獣医師会)会長も言及があったということは認められたと聞いている」
加計学園問題での議事録を確認しない儘日本獣医師連盟は山本幸三地方創生担当大臣を批判したが、正しく此の問題の根幹を示し本案件は加計学園が三十年以上も前から動いてた事で、結果的に加計学園に絞り込まれたが、此の過程では他の学校も充分に候補として上がって居て様々な事情で脱落して行っただけに過ぎない。
マスメディアと野党四党は「加計学園在りき」と批判するが、加計学園側からすれば其れは当たり前で批判する側は「首相官邸の意向」が前提に成ってる事で話を混迷化させてるだけです。
政権批判をしたいが為に此の案件を問題視してるだけに過ぎない。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

北海道新聞の気違い社説。

* 「朝鮮学校」判決 解決の糸口探る努力を | どうしんウェブ/電子版(社説)
国側の主張を全面的に認める判決だった。
 高校無償化法の適用を巡り、国が朝鮮高級学校を対象外としたことの是非を問う裁判で、広島地裁は「国の裁量範囲を逸脱したとはいえない」とし、原告である広島朝鮮学校側の訴えを退けた。
 全国五つの同種の訴訟で初めて示された判断である。
 国は「朝鮮学校は北朝鮮や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の影響下にあり、無償化の資金が授業料に充てられない懸念がある」と主張していた。
 しかし、無償化の目的は、日本に暮らす全ての子どもの教育費を軽減し学習機会を保障することにある。制度の趣旨に照らせば、今回の判断には疑問が残る。
 判決は「学校の運営が適正に行われない恐れがある」との国の主張を追認し、「無償化の対象外となったのは、支給要件に該当しないため」と結論付けた。
 「民族教育を受ける権利を含む学習権や、憲法上の平等権の侵害」といった学校側の問いかけに正面から答えたとは言い難い。
 高校無償化法は、旧民主党政権下の2010年度に施行された。
 朝鮮学校への適用を巡っては、拉致問題などを理由に当初から賛否が分かれ、結局、自民党政権に交代した13年、文部科学省は適用除外とした。
 朝鮮高級学校は生徒が民族のルーツや言葉を学ぶ場という側面を持つ。札幌を含め全国10校あり、在籍者は1300人を超す。韓国籍の生徒も多い。
 現在も未来も日本社会でともに暮らす隣人である。
 教育支援の枠外に放置していいはずがない。
 排外主義やヘイトスピーチを助長する恐れもある。
 1989年に民族的少数者の学びを保障する「子どもの権利条約」が採択されて以降、高体連出場を認めたり、大学を受験しやすくするなど、多くの分野で朝鮮学校への垣根は下げられてきた。
 無償化の適用除外は、こうした流れにも逆行する。政府は制度の理念を踏まえ、見直すべきだ。
 無償化の支援は個々の生徒に対して行われるが、学校が代理で受け取ることになっている。
 公費による助成であるからには、使途の透明性を確保するため、情報公開に努めるのは当然だ。朝鮮学校も例外ではない。
 これ以上生徒が不利益を受けぬよう、国、朝鮮学校双方が解決に向けて努力してもらいたい。
朝鮮学校の無償化に関する訴訟で、朝鮮学校が是正をしない事で敗訴に成ったのに、此れを排外主義だとかヘイトスピーチだとかで批判するのは全くの筋違いで在る。
完全にアカの意識と主張で記事化して居て、全く呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

沖縄二紙が又しても違法行為。

* 【沖縄2紙の不法写真掲載問題】21日付でまたも掲載 防衛局の要請無視(1/2ページ) - 産経ニュース
沖縄県紙の「琉球新報」と「沖縄タイムス」が21日付紙面で、立ち入りが禁止されている臨時制限区域内で基地建設反対派が不法に撮影した写真を掲載したことが、防衛省沖縄防衛局への取材で分かった。両紙は14日付、19日付でも基地反対派が米軍施設・区域内で不法撮影した写真とその情報に基づく記事を掲載した。防衛局は20日、両紙を含む沖縄県政記者クラブ加盟全社に、不法行為から得た情報を基にした報道の自制を文書で要請したばかりだが、これが無視された。
 琉球新報と沖縄タイムスはそれぞれ21日付の30面と28面で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、沖縄防衛局が米軍キャンプ・シュワブ沿岸部のK9護岸建設予定地付近に設置したオイルフェンスが、海底を損傷されている可能性があると報じた。写真は、基地反対派の「カヌーチーム」と「市民」が20日に撮影し、現場の状況に関する情報とともに両紙にそれぞれ提供したとされている。
 両紙が掲載した写真について防衛局は21日、産経新聞の取材に対し「撮影場所についてほぼ特定し、臨時制限区域内であることを確認した」として、不法に撮影されたものと断定したことを明らかにした。
防衛局の要請に意を介さない両紙の姿勢に対し、政府関係者は「第三者の不法、犯罪行為を事実上容認していることになり、基地反対派による不法行為を助長しかねない。報道機関としての姿勢が厳しく問われる」と話している。
 立ち入りが禁止されている米軍施設・区域内や臨時制限区域に無断で入ることは日米地位協定に伴う刑事特別法(刑特法)2条に違反し、「1年以下の懲役または2千円以下の罰金もしくは科料」に処される。
冥庵:沖縄二紙が違法行為。でも触れたが、沖縄タイムスと琉球新報が立ち入り禁止区域の写真を掲載しての記事が又しても確認されました。
正当な主張での批判をするなら違法行為をすべきでは無いのに、違法行為をしてでも主張するならば其の記事の正当性は一切失う。
此の動きは基地移設反対派と全く同じ構図なのには大笑いで在る。
自分達の主張を通す為なら違法行為を平然とするのだから。
posted by 天野☆翔 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

台風五号と六号が発生。

* 台風5号「ノルー」発生(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
台風5号の現況と今後の見通し
きょう21日午前9時、南鳥島近海で台風5号「ノルー」が発生しました。台風5号は午前9時現在、中心気圧は1008hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、1時間に10キロの速さで西に進んでいます。今後は発達しながら西よりにゆっくり進む見込みです。
台風には「アジアの呼び名」
「ノルー」とは韓国が用意した名前で「ノロジカ(鹿)」を意味します。ノロジカは、ヨーロッパから朝鮮半島にかけてのユーラシア大陸に生息する小型のシカで、夜行性です。
こうした台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)の加盟国などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。日本が用意した名前が登場するのは8個あとで、はと座を意味する「ハト」(今年中なら台風13号)です。
* 5号に続き 台風6号「クラー」発生(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
台風6号の現況と今後の見通し
きょう21日、午後3時、ミッドウェー諸島近海で台風6号「クラー」が発生しました。台風6号は午後3時現在、中心気圧は1008hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、1時間に15キロの速さで西北西に進んでいます。今後は発達しながら西よりに進む見込みです。なお、きょうは午前9時に南鳥島近海で台風5号「ノルー」が発生しています。
台風には「アジアの呼び名」
「クラー」はタイが用意した名前で「ばら」を意味します。
※台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
伊豆諸島の遙か東方沖で台風五号と六号が連続して発生しました。
進路は西側に定めてるので、今後は関東から西側に掛けて其の暴風圏に入る予測です。
台風対策を万全にして備えたい。
posted by 天野☆翔 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

四国電力伊方原子力発電所運転差し止め訴訟の松山地方裁判所判決。

* 伊方3号機差し止め認めず 「基準に不合理な点はない」 広島地裁に続いて松山地裁 - 産経WEST
四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を禁止するよう県内の住民らが申し立てた仮処分について、松山地裁は21日、却下する決定をした。4カ所で申し立てられた仮処分では今年3月の広島地裁決定に続いて運転差し止めを認めなかった。住民側は高松高裁に即時抗告する。
 久保井恵子裁判長は、東京電力福島第1原発事故後に策定された原発の新規制基準のうち、原発の耐震設計の目安となる地震の揺れ(基準地震動)に関する規定について「最新の科学的、技術的知見を踏まえ、予測できる規模の自然災害を想定して安全確保を求める内容で、不合理な点はない」と指摘。
 国内最大級の活断層「中央構造線断層帯」の近くに立地する伊方原発の基準地震動は、四国電側が震源モデルや不確定要素を適切に考慮しているとして、問題はないとの判断を示した。
 しかし「日本一細長い」とされる佐田岬半島での避難計画に関しては現時点での問題はないとする一方、今後の原子力総合防災訓練などを通じて浮上した課題が適切に修正されない場合は「著しく合理性を欠くことになる事態もあり得る」と付言。継続した訓練や原子力災害対策の見直しを求めた。
 また、火山の影響についての争点では、原子力規制委員会が策定した火山ガイドの記載について「噴火の時期や規模を相当前の時点から的確に予想できることを前提としている点は不合理だ」とした。ただ、阿蘇山(熊本県)の噴火による伊方原発への影響については否定的な見方を示した。
 仮処分を申し立てたのは愛媛県内の男女11人。地元の伊方町のほか、隣接する八幡浜市などの住民も含まれる。
 伊方3号機は昨年8月に再稼働し、同9月に営業運転に入った。四国電は再稼働後に大きなトラブルは起きていないとしている。
 ほか3カ所の仮処分は、広島地裁に申し立てた住民側が広島高裁へ即時抗告したほか、大分地裁と山口地裁岩国支部で審理が続いている。
広島地方裁判所の運転差し止め訴訟での判決は原告敗訴の結果だったが、松山地方裁判所の判決も同様に運転差し止めを認めない判決が下った。
差し止めを認めるには明確な根拠も理由も無いのが其の判断の基準に成ったが、極めて妥当で合理的な判決で在る。
原告は控訴する方針だが上告審ではどう変化して行くのか当注目です。
posted by 天野☆翔 at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

南スーダン日報問題で情報流出させてるのは誰なのか。

* 日報問題で文民統制に深刻な懸念 相次ぐリークに「これではクーデターだ」(1/2ページ) - 産経ニュース
南スーダンPKOの日報問題をめぐる混乱は、稲田朋美防衛相の統率力不足が招いた問題だが、防衛省の内部から稲田氏にとって不利な情報が発信されている形跡があり、文民統制(シビリアンコントロール)上の深刻な問題も引き起こしている。
 文民統制は、国民から選挙で選ばれた政治家が軍を指揮統制することを指す。戦前や戦中の「軍部の暴走」に対する反省が込められており、多くの自衛官は長年、厳格に原則を守り、政治的活動から距離を置くよう自らを律してきた。
 今回の問題で稲田氏は、一貫して「非公表や隠蔽を指示したり、了承したりしたことはない」と主張している。これに対し「非公表方針は稲田氏が了承していた」という正反対の情報が相次ぎ報道されている。
 防衛省内では「特別防衛監察の結果、一方的に悪者にされてしまうと反発した陸自サイドが情報をリークしている」(幹部)との見方が大勢を占める。真実がどちらであっても、結果的に政府の信頼が損なわれるのは間違いなく、「これではクーデターではないか」(政府関係者)との声すら漏れる。
 一方で、「日報」をめぐっては、問題が実態以上に誇張されてしまったきらいがある。
陸自で見つかった日報の電子データは2月15日、個人保管の資料であるなどの理由で非公表方針が決まった。しかし、それに先立つ6日の時点で同じデータが「統合幕僚監部で発見された」と公表され、7日に一部黒塗りで公開済みだった。つまり、陸自で見つかったデータが公開されなかったからといって、国民が情報公開上の「実害」を被ったわけではない。
 防衛省に再調査を求め、統幕から日報データが発見される契機を作った自民党の河野太郎衆院議員は20日付のメールマガジンで「こうした(経緯の)説明もなく、あたかも日報を隠蔽する決定が行われたかのような報道は、間違っていないか」と疑義を呈した。
 日報問題の展開に、防衛省内では苦悩も広がる。ある陸自幹部は「組織内で傷つけあっても誰一人、得をしない。国民の信用を失い、周辺諸国を喜ばせるだけだ」と嘆く。非公表方針の決定に関わった省幹部の一人は21日、問題の経過について「全体のマネジメントが適切だったかといえばじくじたる思いはある」と沈んだ表情で語った。
南スーダンの平和維持活動での日報を巡り、稲田朋美防衛大臣の答弁が虚偽なのかの原因に成ってる報告と了承の有無で、破棄する命令も出して無いと云う一貫した主張と、文書が発見されたと云う報告では本当に報告されたのかの客観的な証拠は無い。
一体どの部署の誰がこう云った混乱を来す情報を流出させてるのかの徹底的な洗い出しをする必要が在り、此れをしないと組織としての統制が図られ無く為ります。
意図的にしてるのだとしたら規定違反で処分しなければ為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

豊洲新市場の無害化完全撤回。

* 【豊洲問題】東京都が新たなスケジュールを公表 来春から秋に移転可能へ 「無害化」方針は撤回(1/2ページ) - 産経ニュース
築地市場(東京都中央区)からの豊洲市場(江東区)への移転問題で都は21日、平成30年春から秋には豊洲市場への移転が可能になるとの新たなスケジュールを公表した。小池百合子知事は昨年11月、移転時期を今年末から来年春とする工程表を示しており、移転時期はさらにずれ込む。一方、移転の前提としてきた豊洲市場の土壌汚染を環境基準値以下にする「無害化」の方針を撤回、「専門的・科学的で妥当な対策を講じ、都民や事業者の理解を求める」とする新たな移転方針を明らかにした。
 また、2020年東京五輪・パラリンピックで輸送の大動脈として築地跡地を通る幹線道路の環状2号は、五輪直前の平成32年3月までに完成。築地跡地に予定している輸送拠点整備も東京五輪に間に合わせる。
 いずれも、この日開かれた、豊洲に移転し築地跡地を再開発するという小池氏の基本方針実現に向けた都の関係局長会議で示された。小池氏は会議で「最優先すべきは豊洲への円滑な移転。不安や思いをしっかり受け止めて進める」と述べ、関係者への丁寧な説明を続けて調整を行うよう指示した。
スケジュールによると、今年8月中旬までに敷地全体に盛り土があることが前提になっていた環境影響評価(アセスメント)の変更届を都環境局に提出。環境影響評価審議会が、盛り土の代わりに設置された地下空洞の換気機能整備や地下水管理システムの機能強化などの追加工事が妥当かを検討する。
 その後、補正予算を経て約6カ月かけて追加工事を実施、農林水産相の認可を経て30年春〜秋には移転が可能になるとした。ただ、移転時期は業界団体との調整が必要な上、小池氏の豊洲・築地両立案には業界内でも賛否が分かれており、不確定要素が多い。
 移転の条件として市場当局が都議会に説明し、都議会の付帯決議に明記された土壌汚染の無害化は撤回。小池氏はこの日の会見で「新しい都議会でしっかり議論していただく」とし、都議会に方針転換への理解を求めていく考えを示した。
豊洲新市場の地下施設の環境基準での案件で無害化と云うのは、飽く迄努力目標で在って義務では無かった。
義務では無いのだから無害化しなければ為らないと云う根拠は無く、此れ迄には其の目標を克服すべく排水施設や換気施設を充分に配置した上で稼働を待ってたのです。
無害化前提で話を進めるからしなければ為らないのだと錯覚して様々な追加の措置を講じる必要性に迫られたが、其の思い込みが此処に来て解消されたのかは不明。
然し、新たな方針を立てたと云うが其の中身は全くの不明で、今後の動向を注意深く観察して行かなければ為らないのは云う迄も無い。
posted by 天野☆翔 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

アメリカの慰安婦問題の意識。

* 【歴史戦】韓国の慰安婦記念日で米政府 「継続的な癒やしと和解を」 聯合ニュースは「米政府が日本の性的奴隷化を非難」と報道(1/2ページ) - 産経ニュース
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が「日本軍『慰安婦』被害者記念日」制定を表明し、日本政府が抗議している問題で、米国務省東アジア太平洋局のアダムズ報道官は20日、産経新聞の取材に対し、「米国は長期間、日韓の双方に継続的な癒やしと和解をもたらす形でこの問題に取り組むよう促している」と強調した。
 アダムズ氏は一般論と断りながらも、「第二次大戦中に日本軍によって性的目的で女性が人身売買されたことは、ひどい人権侵害だ。米政府の立場は変わっていない」とした。
 これに先立ち、国務省のナウアート報道官は20日の定例記者会見で、韓国の聯合ニュースの記者から記念日制定に関し、「性的奴隷制度」に関する認識を問われ、「非難する」と応答。一方で「非常に敏感な問題だ」とも述べた。
 聯合ニュース(英語版)はナウアート氏の発言を「米国が第二次大戦中の日本による女性の性的奴隷化を非難した」と報じた。この報道では、米政府が慰安婦を性的奴隷であると認めたと取られる可能性があるため、産経新聞が国務省に確認したところ、アダムズ氏が回答を寄せた。
 安倍晋三首相は2015年4月、オバマ前大統領との首脳会談後の共同記者会見で慰安婦を「人身売買の犠牲となって筆舌に尽くしがたい思いをされた方々」と表現した。旧日本軍の「強制連行説」と一線を引く狙いがあるとみられる。
国務省のナウアート報道官は一般的な性的奴隷制度への意識では「非難する」と回答するが、南朝鮮では此の一般的な問題を慰安婦問題にする変えて報道する卑劣さ。
国務省東アジア太平洋局のアダムズ報道官は「日本軍によって性的目的で女性が人身売買されたことは、ひどい人権侵害だ。米政府の立場は変わっていない」と云うが、其の根拠は明確で無く、公文書館の資料を確認してるのかと大いに疑念を抱く。
一方産經新聞への回答では「長期間、双方に継続的な癒やしと和解をもたらす形でこの問題に取り組むよう促している」と云うが、此の問題は南朝鮮に対して主張すべきで、我が国に対して主張すべき案件では無い。
アメリカは戦後に実勢調査を実施し、旧日本軍が関与したと云う証拠も確認されて居ないと云う結果を出した公文書を残してるのに、何故此の公文書を無視する動きに成ってるのか甚だ理解に苦しむ。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

鳩山由紀夫の気違い妄言が更に発揮。

* 【単刀直言】鳩山由紀夫元首相、民進党をばっさり 「蓮舫氏はどうも正直でない」「野田氏は民主党下野の最大の責任者」(1/4ページ) - 産経ニュース
今の安倍晋三政権もそうですが、国民に真実を話さない姿勢が見え見えになると、政策以前の問題として不信感を与えてしまいます。民進党の蓮舫代表も、台湾籍と日本国籍の「二重国籍」問題で最初にウソをついてしまいました。
 事実が分かると、ウソを糊塗(こと)し、ウソを繰り返さなければならなくなる。蓮舫氏は二重国籍状態を「知らなかった」とおっしゃっていましたが、政治家になる前の言動(「私は台湾籍」などと語ったインタビュー記事)をみると、どうも正直ではないですね。
 蓮舫氏は肩肘を張りすぎているんですよ。野党として政府・与党を批判するだけで生産的なことが見えてこない。そこで力みすぎ、国籍問題はやばいと思ったのでしょう。
 実は、蓮舫氏は私が政治家としてスカウトしました。平成15年冬、東京・赤坂でフリージャーナリストだった彼女を見かけ「政治に関心ないですか」と声をかけました。蓮舫氏に注目したのは台湾人と日本人のハーフだからです。民主党が多様性を持った候補を擁立していることを示すことができる。主張の強さなど彼女の魅力もありました。ただ、「二重国籍」問題は全然想定していなかった。
× × ×
 東京都議選は民進党が自民党以上の大敗を喫してしまったことを認め、信頼回復に努めなければならない。一方、共産党の方が民進党以上に期待を集めました。共産党は安倍政権の政策とどこが違うのかクリアに示したからです。民進党は非常に曖昧です。蓮舫代表−野田佳彦幹事長という体制が自民党以上に信頼を失っている現実を認めるべきだと思うんですよね。
 特に(政権との違いを示すのに)野田幹事長では難しいんじゃないですか。野田氏は民主党政権(当時)が衆院選で大敗し、下野したときの首相ですよね。最大の責任者です。当時は消費税増税や原子力発電問題、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設問題でも、野田氏は自民党との違いを強く持っていませんでした。安倍政権に対し、もっとしっかりしたメッセージを持つ人が党の軸になってもらうべきでないでしょうか。
 私自身が反省しなければならないのを承知で申し上げれば、21年に民主党が政権を取る直前、私たちは「こういう日本をつくりたい」という議論を相当行いました。政策を出し、財源と期限を明示して「マニフェスト」にまとめました。しかし22年の参院選で敗北後、掲げた政策は一切進まなくなった。その負い目があるんでしょうね…。
「俺たちはマニフェストができなかった」という負い目が現在、新しい物を作る迫力を欠く結果になっている。国民にわれわれが目指す「日本の絵」を示すことは政党として最低限の責任です。それが見えないから「自民党と変わらないのなら自民党でいい」という選択になる。
× × ×
 私の活動といえば、6月に韓国・済州島で開かれたアジアインフラ投資銀行(AIIB)総会に顧問として出席しました。日本の参加は世界の安定のために重要だと思うのですが、お会いした金立群総裁には「日本はどっちの立場なんだ」と指摘されました。
 自民党の二階俊博幹事長は早期参加に前向きですが、麻生太郎副総理兼財務相は否定的です。金氏からは「入ってくれとは言わないが、しばらく様子をみる。ドアは開いている。参加していただくのはありがたい」と言われました。
 金氏は中国が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」をめぐり、安倍首相が条件付きで協力を表明したことに「ガバナンスの問題に条件をつけられると困る。今まで条件をつけた参加国はない」とも話していました。
鳩山政権の最大の失敗は、やはり普天間の移設問題でした。ただ、私がやりたかったことは日本の真の独立です。他国の軍隊から守られている国は独立国とはいえないと思っています。移設先を最終的に国外にしなければ、日本の独立を尊厳を持って主張できないという発想でした。
 日米同盟を絶対視していいのでしょうか。当初、米国のトランプ大統領は中国に厳しい姿勢でしたが、習近平国家主席との会談後は柔軟になりましたよね。米中は安全保障も実は水面下で非常に通じているのです。今の米中接近を見据えたのか、安倍首相が最近、中国との協調に前向きになったのはありがたいと思っています。
蓮舫や野田佳彦の案件で鳩山由紀夫は今更乍に色々と主張してるが、全ての元凶はお前が民主党を立ち上げたのがそもそもの発端なのだ。
此の事に拠って日本の国益が大きく損なわれたのは今更云う迄も無いが、自分の事を棚に上げて所属してた政党を批判するとは大笑いで在る。
コイツの頭の中には反省と云う言葉すらも無く、自己弁護や詭弁言い逃れで占めてるのでしょう。
最早、完全に終わった人物で在る。
posted by 天野☆翔 at 05:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

今度は徴用工の像ですか。

* 【歴史戦】徴用工像を在済州日本総領事館前に 韓国の市民団体 ソウル、釜山に続き10月に設置 - 産経ニュース
韓国南部・済州(チェジュ)島の在済州日本総領事館前に、日本の朝鮮半島統治時代に「強制された」という徴用工の像を設置する計画を、韓国の市民団体が20日、発表した。
 計画を進めるのは「済州地域日帝強制徴用労働者像建立推進委員会」。聯合ニュースによると、同委員会はこの日、済州道議会で行った会の発足を兼ねた記者会見で、今年10月中旬ごろに総領事館前の公園に像を設置する方針を表明した。像の管理条例の制定に向けた運動も展開するという。
 徴用工像は4月に別の団体が、ソウルの日本大使館や釜山(プサン)の日本総領事館の前に、日本による朝鮮半島統治からの解放記念日にあたる8月15日に設置することを発表している。
 大使館と釜山の総領事館の前では、外国公館前での侮辱行為を禁じたウィーン条約に反し、慰安婦像が撤去されず放置された状態だ。慰安婦問題をめぐる日韓合意の精神にも反しており、日本政府は韓国政府に撤去を要求してきた。
 徴用工像の設置もウィーン条約に違反する行為で、済州も加われば、在韓国の日本公館すべての前に国際条約に反した像が置かれることになる。
済州島の日本領事館前に今度は徴用工の像が設置される動きと判明したが、現状でも充分にウィーン条約に違反し更に慰安婦問題解決の為の合意に違反する事を平然と実行してる違法状態なのに、此れを完全に無視して更に徴用工の像を設置してウィーン条約に違反しようとするのか。
南朝鮮は本当に国際法を完全に無視した異常な国家で在る。
国際法を順守せずに自分達の都合で政治をするので在れば、国際的に信用されない上に気違い国家として認定され、爪弾きに成るのだと自覚するが良いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 04:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

石破茂こそ説明責任が在る。

* 【閉会中審査】自民・石破茂氏「与党がヨイショしていると、見ている人は『何なんだ』と思う。真実を明らかに」と注文 安倍晋三首相には丁寧な答弁を重ねて要請 - 産経ニュース
自民党の石破茂前地方創生担当相は20日、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画などをめぐり衆参両院の予算委員会の閉会中審査に出席する安倍晋三首相に対し、丁寧な答弁に努めるよう重ねて要請した。国会内で開いた石破派会合で「質問者の向こうに国民がいることを決して忘れないでもらいたい。国民に『よく分かった』と言ってもらえるかにかかっている」と述べた。
 石破氏は与党にも注文を付け「与党がヨイショみたいな話をしていると、見ている人は『何なんだ、これ?』と思う。真実を明らかにするということでやってもらいたい」と強調した。
加計学園の案件での獣医学部新設の事案で、安倍晋三内閣総理大臣には丁寧な説明が求められると石破茂は曰ったが、此の説明こそ自分自身が果たすべき役割なのだ。
加計学園に絞り込まれた経緯は「石破四条件」が大きく関わり、地方創生大臣時代の話でも在るのだ。
背後から撃つ様な卑怯な批判を展開するよりも、此の大臣当時の説明を自ら率先して実行すべきだ。
posted by 天野☆翔 at 04:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

アジアサッカー連盟が済州ユナイテッドに罰則軽減との事。

* 「浦和の挑発」AFCが認めた? 再審議の結果…暴力事件・済州の罰則軽減と韓国紙 | フットボールチャンネル | ワンランク上のサッカーサイト
浦和レッズと対戦した際に暴力事件を起こした韓国1部(Kリーグ)の済州ユナイテッドに対してアジアサッカー連盟(AFC)から重い処分が下されたが、それを不服とした済州がAFCに対して再審議を要請。そして、最終的に罰則が軽減されたと韓国紙『朝鮮日報』が報じている。
 同紙によると、チョ・ヨンヒョンの出場停止期間が6ヶ月から3ヶ月に、ペク・ドンギュの出場停止期間が3ヶ月から2ヶ月に、それぞれ軽減されるとのこと。済州は独自の真相調査をもとに映像と写真、資料をAFCに提供し再審議。済州の話として「浦和の選手に挑発行為があり、チョ・ヨンヒョンの行為は意図的ではなく、模範的なキャリアを歩んできたことが認められた。さらに再発防止のために済州選手たちの誓いと仲間たちの嘆願も提出した」ことを同紙は伝えている。現時点で正式発表はないが、後日AFCから再審議の結果について発表があるだろう。
 問題となったのは5月31日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の試合。この一戦では、試合中の小競り合いをきっかけにベンチに座っていたペク・ドンギュがピッチに入って浦和のMF阿部勇樹にエルボーを見舞い、レッドカードを提示された。試合後には済州の選手たちが過度な抗議などでレッドカードとなっている。
 AFCは、2枚のイエローカードで退場となったチョ・ヨンヒョンに6ヶ月の出場停止と2万ドル(約220万円)の罰金処分を科した。ペク・ドンギュには3ヶ月の出場停止と1万5000ドル(約165万円)の罰金、クォン・ハンジンには2試合の出場停止と1000ドル(約11万円)の罰金処分が言い渡されている。また、済州に対して4万ドル(約440万円)の罰金処分が下されたほか、乱闘騒ぎに加わったとして浦和にも2万ドル(約220万円)の罰金処分が下されていた。
浦和レッズとの対戦での済州ユナイテッドの暴力が処分されたが、此の処分に異議申し立てをした済州ユナイテッド側の処分に対して軽減措置が取られたと云うが、信憑性は極めて薄く客観的な証拠に欠ける。
こんな軽減措置は絶対に認めては為らず、厳格な処分を維持するのが当たり前の話で在る。
アジアサッカー連盟はもういい加減に南朝鮮に肩入れする方針を撤回すべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 04:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

アジアサッカー連盟は最早南朝鮮の出先機関。

* AFC、川崎の上訴を棄却=旭日旗問題、理由開示を要求へ:時事ドットコム
アジア・サッカー連盟(AFC)は20日、韓国で4月にあったアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の試合で、サポーターが旭日(きょくじつ)旗を掲げたために科された処分を不服とするJ1川崎の異議申し立てを棄却したと発表した。これに対し、川崎は規定の10日間以内に、AFCに裁定理由の開示を求める方針を固めた。
 川崎には19日に裁定結果が通知された。AFCの上訴委員会は、旭日旗の掲出は差別的で、韓国国民の尊厳を傷つける行為として、規律委員会の処分を支持した。ただし、川崎が反論書で指摘した調査機関の独立性や旭日旗の解釈の合理性への疑問に対する見解は示されてない。
 今後、処分撤回を求めるには、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴する必要がある。川崎はAFCからの回答内容を精査した上で、検討する見通し。
 川崎は1年間の執行猶予付きでAFC主催大会のホーム1試合を無観客試合とする処分と1万5000ドル(約170万円)の罰金を科された。
アジア・チャンピオンズリーグでの旭日旗への処分の案件で、J1川崎の異議申し立てを却下した事が判明したが、其の理由に関しては言及は一切されて居ない。
旭日旗が差別的だのと云うのは南朝鮮だけで、他の国は全く問題視して居ないのだから、国際的に見ても異常なのは南朝鮮なのは云う迄も無かろう。
最早、アジアサッカー連盟は南朝鮮の言いなりに成ってる現状が露呈した。
posted by 天野☆翔 at 04:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sports | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

九州北部が梅雨明け。

* 九州北部地方が梅雨明け(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
九州北部地方(山口県含む)が梅雨明け
きょう(20日)、福岡管区気象台は「九州北部地方(山口県を含む)が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。平年(7月19日ごろ)より1日遅く、 昨年(7月18日ごろ)より2日遅い梅雨明けです。
梅雨期間(6月6日から7月19日まで)の降水量は、福岡で310ミリでした。(この期間の平年436.6ミリ)
九州北部は今週末にかけても太平洋高気圧に覆われて、夏空が広がる見込みです。
中国地方西部の山口県を含む九州地方の北部が本日梅雨明けと発表されました。
梅雨明けして無い地域は北陸地方と東北地方を残すのみと成りました。
熱中症対策を万全にして無事に過ごして行きたいものです。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

山口二郎よお前は公人の意味を理解しない。

* 【蓮舫氏「二重国籍」問題】山口二郎法政大教授が戸籍開示を批判 「基本的人権の問題として疑問」 - 産経ニュース
山口二郎法政大教授は20日夜のBSフジ番組で、「二重国籍」問題に絡んで自身の戸籍謄本の一部を開示した民進党の蓮舫代表を重ねて批判した。「大変悪い前例になる。プライバシー、基本的人権の問題として今回の判断については疑問を持っている。政治家として原理原則に基づいて『個人情報は守る』という対応をしてほしかった」と語った。
 山口氏はこれまでもツイッターで「公的な活動、発言をするときに、自分は真正な日本人であることをいちいち挙証しなければならないなんて全体主義国家だ」などと持論を訴えていた。
 一方、番組で共演した連合の神津里季生会長は、蓮舫氏の判断について「尊重し、重く受け止めたい。誰よりも日本人であることの意味を深く考えているのが蓮舫氏ではないか」との認識を示した。
蓮舫の戸籍謄本開示の動きでプライバシーだの基本的人権だのと曰って批判してるが、公人にはプライバシーは基本的には存在せず、又、基本的人権と曰ってるが公職選挙法違反の疑いが在る以上は開示しなければ為らないのだ。
曲がり為りにでも大学教授なのだから、こんな最低限度の常識すらも持ち合わせて居ないのならば、社会人としても教授としても失格で在るのだ。
もう黙ってろと云いたいですな。
posted by 天野☆翔 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

荒川水系で20%の取水制限。

* 関東や東海、四国の9河川で取水制限 「空梅雨」で水がめピンチ 猛暑予想(1/2ページ) - 産経ニュース
全国各地で梅雨明けする中、関東など平年より雨が少なかった地域では水不足を心配する声が上がっている。東京都、埼玉県を流れる荒川上流のダムでは20日時点で貯水率が6割を切り、国土交通省などでつくる地元協議会は21日から20%の取水制限実施を決定した。これまでに取水制限が行われているのは全国計9河川。8月は猛暑が予想され、まとまった雨は当分の間、見込めそうにないという。
 気象庁は20日、九州北部の梅雨明けを発表。これで梅雨が明けていないのは北陸、東北を残すのみとなった。関東地方では19日の梅雨明け前から気温が上がり、東京都心は最高気温30度以上の真夏日が7月に入ってから20日間で18日も続いた。雨の少ない日が多く、都心の6月の総雨量は106・5ミリで平年の約6割にとどまっている。
 気象庁によると、6月は太平洋高気圧の張り出しが弱く、上空の偏西風が南へ蛇行したため、梅雨前線は列島の南側に停滞。一方、7月になると高気圧が張り出し、偏西風が北へ蛇行して前線は列島を通り過ぎて日本海側に移動した。
このため、6月から7月中旬まで一部地域を除いて全国的に少雨傾向となり、6月の関東甲信は平年比56%、7月の東海も平年の1カ月分と比べ56%、近畿も同68%と各地で平年の6〜8割にとどまっている。
 国交省によると、20日時点で取水制限が行われているのは、関東3河川、東海2河川、中国1河川、四国3河川の全国計9河川。
 東京、埼玉の水道水などに利用されている荒川上流の4ダムは5日から既に10%の取水制限を始めており、20%に引き上げるのは平成6年以来23年ぶり。20%制限で家庭の使用に大きな影響はないが、農業用水は影響が出る可能性があるという。
 気象庁は8月にかけて平年より高温と予想しているが、7月29日〜8月4日の期間は太平洋高気圧が弱まり、一時的に雨が降りやすくなるという。気象庁気候情報課の竹川元章予報官は「渇水地域にうまく降ってくれればいいが、そこまでの予想は困難」と話した。
国土交通省は荒川水系に課してる取水制限を明日から20%に引き上げる事を決定しました。
水不足が深刻化して居ますが一般家庭は対象外では在るが、改めて水の大切さを知る機会にしたい。
又、現在迄に関東や東海、中国や四国の合計九河川が取水制限に成ってるが、個別の案件は不明。
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

社会民主党が気違い見解。

* 【憲法改正】社民、改憲反対で新見解 「9条死文化」と自民を批判 - 産経ニュース
社民党は20日の常任幹事会で、自民党が憲法改正論議のテーマとする9条など4項目について、いずれにも反対する新見解を正式に決定した。9条1、2項を維持した上で自衛隊の存在を明記する安倍晋三首相の提案について「自衛隊拡大の歯止めとなってきた(戦力不保持と交戦権否定を定めた)2項を死文化する」と批判した。
 同時に「国民の多くが自衛隊を容認していることを利用し、再び戦争ができる国に転換しようとの狙いは極めて危険だ」と指摘した。
 大災害などに備えた緊急事態条項の新設については「基本的人権を大きく制約する根拠となり、ナチス・ドイツの『全権委任法』のように機能し、首相独裁につながる」と懸念を表明。教育無償化と参院選「合区」解消については、法制化で対応可能だとした。
自衛隊の位置づけを明確にする条項の追加は必要不可欠で在るが、此れを戦争が出来る等との理由で牽制するが、気違い以上の何物でも無く国防の観点からも絶対に認めては為らない見解です。
又、緊急事態条項も不測の事態に備えるには必須で、此れを排除しようとするならば、其の意識には国民は全く存在しない。
参議院の合区等の案件では憲法の条項には存在せずに法律に丸投げしてる現状では解決する事は永久に無いので、此れは明確に憲法に記載する必要が在るのは云う迄も無い。
国民不在の意識で平然と気違い妄言を吐かないで頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

沖縄二紙が違法行為。

* 琉球新報、沖縄タイムスが米軍施設内での不法撮影写真を掲載 沖縄防衛局が「適切な措置」要請(1/3ページ) - 産経ニュース
沖縄県紙の「琉球新報」と「沖縄タイムス」が、立ち入りが禁止されている米軍施設・区域内で基地建設反対派らが不法に撮影した写真やその情報に基づく記事を掲載したとして、防衛省沖縄防衛局は20日、両社を含む沖縄県政記者クラブ加盟各社に対し今後、不法行為から得た情報を基にした報道をしないよう文書で要請した。
 問題となっているのは、琉球新報、沖縄タイムスの今月14日付、19日付の写真と記事。写真はいずれもカラー。
 14日付では琉球新報(1面)、沖縄タイムス(28面)が、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設で、ヘリ基地反対協議会「ダイビングチームレインボー」が13日、米軍キャンプ・シュワブ内の辺野古崎北側に防衛局が建設しているK9護岸付近の海底で撮影したコブハマサンゴの写真と、撮影者のコメントなどを報じた。
 琉球新報は、ダイビングチームレインボーがコブハマサンゴを確認した場所を示す地図も掲載した。
19日付では、東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場内に昨年末、建設されたN1地区とH地区のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)で、防風ネットが外されたことで植物への環境上の影響に抗議する市民が17日に撮影した写真と、状況を説明するコメントなどが掲載された。琉球新報は29面、沖縄タイムスは28面でそれぞれ伝えた。
 防衛局によれば、いずれも一般の立ち入りが禁止されている臨時制限区域や施設・区域内で写真が撮影されており「日米地位協定に伴う刑事特別法」(刑特法)2条に抵触する。同条の規定では「1年以下の懲役または2千円以下の罰金もしくは科料」に処される。
 防衛局によると、両社には掲載日に口頭でこのような報道をしないよう申し入れた。両社は「提供写真が違法に撮影されたことは認識している。(抗議は)承っておく」という趣旨の回答したという。
 防衛局は「報道の自由はあるが、不法に得た情報に基づく報道はコンプライアンス上問題があり、大変遺憾。また(撮影された)区域内では工事が行われており、無断で入るのは非常に危険だ」としている。
防衛局は、沖縄県政記者クラブ加盟各社に「新聞などで報じるにあたっては、その情報源が不法行為により得られたものか否かを十分に精査し、適切な措置をとられることを要望する」と通知した。
 関係者によると、今年1月には琉球新報と沖縄タイムスの記者各1人が乗った船舶が、米軍キャンプ・シュワブ沖に設定された臨時制限区域内に、警備業者の警告に従わず立ち入る事案が発生していた。

 琉球新報社総務部は産経新聞の取材に対し、第三者が不法に撮影した写真や、不法行為で得た情報を基に作成した記事を掲載したことについて「コメントすることはない」とした。
 沖縄タイムス社にもコメントを求めたが、20日午後7時の時点で回答はなかった。
沖縄タイムスと琉球新報の二紙が、辺野古基地や北部訓練場の立入禁止地区の中の状況を写真を撮影しての掲載をして居た事が判明したが、違法行為を平然としての報道には正当性も信頼性も皆無で在る事は云う迄も無い。
こんな社会的に許されない行為をしてるのが沖縄二紙の実態で在ると云う事を沖縄県民は充分に理解しなければ為らない。
法的な面からも道義的な面からも絶対に許しては為らない行為なのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

テレビへの信頼度が過去最高との調査結果。

* テレビの信頼度は過去最高、ネットは最低に――博報堂「こども20年変化」 - ITmedia NEWS
テレビの信頼度は過去最高、ネットは過去最低に――博報堂がこのほど行った、小学4年生〜中学2年生を対象にした調査「こども20年変化」で、こんな結果が出た。
 首都圏の小学4年生から中学2年生の子どもを対象に、1997年から10年ごとに、ほぼ同じ質問内容でアンケート調査しており、2017年は、2月15日〜3月21日にかけ800人(各学年160人)に調査した(訪問留置自記入法)。
17年の調査結果では、メディアの信頼性について、「テレビの話は本当のことが多い」と答えた子が71.3%と過去最高に。「インターネットの話は本当のことが多い」は29.0%と、10年前の40.8%を大きく下回った(97年はネットについては未聴取)。
 流行への興味は低下。「はやっているもの(こと)を人よりも早く知りたい方だ」は45.9%と過去最低だ。新商品への関心についても、「流行に関心がある」は55.4%、「新しい商品が出るとすぐほしくなることが多い」は41.6%と、それぞれ過去最低だった。
ネットを利用する際にどんな機器を使用しているか聞いたところ(調査は17年のみ)、「スマートフォン」が最多で56.4%、次いで「ゲーム機」(36.4%)、「PC」(33.8%)という結果だった。
 新しく買いたいものを聞いたところ(調査は17年のみ)、「自分専用のスマートフォン」(44.9%)が最も多く、次に「自分専用のテレビ」(28.9%)、「自分専用のPC」(26.3%)だった。
海外への関心は低下。「家族で旅行に行くなら日本と外国どちらに行きたいか」の回答は、日本が60.0%と過去最高、外国が30.5%と過去最低だった。世界全体と日本のどちらを第一に考えるべきと思うかと聞いたところ、「日本」が54.0%と過去最高、「外国」が45.9%と過去最低で、初めて逆転した。
豊かさや幸福度については、「自分は豊かな方だ」が82.0%、「自分は幸せな方だ」が91.4%と過去最高に。「遊びと勉強ではどちらの方が大事だと思うか」を聞いたところ、「勉強」が58.1%、「遊び」が41.9%と、初めて勉強が遊びを上回った。
「将来は結婚したいと思う」「自分の将来は明るいと思う」などの項目は、20年間でそれほど変わっていなかった。
小学四年生から中学二年生を対象とした調査結果では在るが、如何に子供が情報への精査をして無いと云う良い証左でも有ろう。
捏造歪曲偏向報道を繰り返し、放送法違反も平然と実施してる現状を全く知らないのだから無理も無い。
こんな調査結果をマスメディアは喜んでは絶対に駄目なのだ。
子供を洗脳した結果なのだから社会的には害悪でしか無く、此の先には自分達が窮地に追い込まれる原因にも成るのだと自覚したら良いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

四国、中国、近畿、東海、関東甲信地方が梅雨明け。

* 関東甲信、東海、近畿、中国 梅雨明け(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう(19日)、気象庁は関東甲信、東海、近畿、中国地方の梅雨明けを発表しました。いよいよ夏本番です!
各地で梅雨明け いよいよ夏本番
気象庁は、7月19日(水)、関東甲信東海近畿中国地方が「梅雨明けしたとみられる」と発表しました。
各地とも平年より2日早い梅雨明けです。
この先は、太平洋高気圧に覆われ、晴れる日が多くなりそうです。
* 四国地方で梅雨明け(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう(19日)、関東甲信、東海、近畿、中国地方に続いて、四国地方も梅雨明けが発表されました。
四国地方で梅雨明け
きょう(19日)、高松地方気象台は「四国地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。平年や昨年と比べ、一日遅い梅雨明けです。
四国地方は晴れている所が多くなっています。この先は、太平洋高気圧に覆われて、晴れる日が多い見込みです。
九州地方北部と中国地方西部を除き、北陸地方と東北地方を残した状態で、広範囲に渡って梅雨明けしました。
いよいよ夏本番です。
熱中症対策を万全にして無事に過ごして行きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

朝鮮学校無償化訴訟は原告側全面敗訴判決。

* 朝鮮学校の無償化適用外訴訟 運営法人と卒業生が全面敗訴 広島地裁(1/2ページ) - 産経WEST
朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から外したのは民族教育を受ける権利の侵害にあたるとして、広島朝鮮高級学校(広島市東区)を運営する広島朝鮮学園と当時の生徒らが、国に無償化指定や国家賠償などを求めた訴訟の判決で、広島地裁は19日、原告側の全面敗訴を言い渡した。
 朝鮮学校を無償化から除外したことの是非をめぐる初めての判決。同様の訴訟は他に東京、大阪など4地裁で起こされている。
 朝鮮学校をめぐっては、北朝鮮による拉致問題が一向に解決されず、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との密接な関係も指摘される中で「国民世論の理解が得られない」として、安倍政権の判断により無償化適用から除外された。
 文部科学省によると、高校無償化制度は平成22年度にスタート。外国人を対象とする学校であっても、授業時間数など客観的要件を満たせば対象に指定され、授業料相当額が支給される仕組みだった。
 しかし同年11月に起きた北朝鮮による韓国・延坪(ヨンピョン)島砲撃を受け、当時の民主党政権が朝鮮学校に対する審査手続きを停止。自民党に政権交代した後の25年2月には省令を改正し、無償化適用から外した。
訴訟で原告側は「外交上の判断を理由に、朝鮮学校の生徒だけに支給しなかったのは不当な差別だ」と主張。憲法で保障された学習権や平等権の侵害にあたると訴えていた。
■朝鮮学校 朝鮮語による授業や民族教育をする学校。日本の幼稚園に当たる幼稚班から大学に当たる大学校までがある。日本の学校に準じるカリキュラムを採用しているが、学校教育法上「各種学校」に位置付けられている。文部科学省によると、平成28年5月現在、大学校を除く朝鮮学校は全国に66校(休校5校)あり、児童・生徒数は6185人。韓国籍や日本国籍の児童・生徒も通っている。
* 【朝鮮学校・無償化適用外訴訟】「差別認めた不当判決」主張ことごとく退けた全面敗訴に朝鮮学校、怒りと抗議のシュプレヒコール - 産経WEST
「悔しさと怒りしかありません」。全面敗訴に終わった判決の後、朝鮮学校の関係者は憤りで声を震わせた。19日、朝鮮学校を高校無償化の対象にしなかったのは違法として、「広島朝鮮初中高級学校」(広島市東区)を運営する学校法人「広島朝鮮学園」と当時の生徒らが取り消しと損害賠償を求めた訴訟の広島地裁判決。原告側の主張をことごとく退けた判決内容に、学園側は「極めて差別的な判決だ」と反発を強めており、控訴する方針だ。
 「朝鮮学校への差別を認めた不当判決を許さないぞー」。全面敗訴の判決の一報に、地裁前に駆けつけた在校生ら朝鮮学校の関係者らが抗議のシュプレヒコールを上げた。
 閉廷後、広島市内で開かれた原告側の報告会と記者会見は、怒りと抗議に包まれた。
 「怒りで言葉も出ません。子供たちの学習権に一言も触れない、こんな不当な判決はあるのか」。広島朝鮮学園の金英雄(キム・ヨンウン)理事長(59)は、原告側の主張を一切認めなかった判決に悔し涙をにじませ、「無償化から排除された子供たちの心の傷は、裁判に勝って癒やしてやりたい」と控訴審での逆転を誓った。
 また、原告の1人で朝鮮大学校4年の金大貴(キム・テギ)さん(21)=東京都小平市=は「悔しさと怒りしかありません。子供たちの権利にも触れられず、訴えが全否定された」と厳しい表情で語った。
 原告側弁護団長の足立修一弁護士は「国の主張の丸写し。到底許すことができない差別的な判決だ」と語気を強めた。
* 【朝鮮学校・無償化適用外訴訟】拉致被害者家族「極めて妥当な判断」 - 産経ニュース
朝鮮学校無償化に反対の立場を示してきた北朝鮮による拉致被害者の家族や関係者らは19日、広島地裁の判決を、「妥当な判断」として冷静に受け止めた。
 増元るみ子さん(63)=拉致当時(24)=の弟、照明さん(61)は「極めて妥当。北朝鮮が核・ミサイル開発を加速させる情勢で、影響下にある組織への資金の流れは日本の安全保障にとって焦点だ」と述べ、「拉致問題も解決しない中、司法には引き続き、国益を第一に適切な判断をしていただきたい」と話した。
 「今回の判決も含めて、日本全体が拉致をはじめとする北朝鮮のさまざまな問題解決へ真摯に向き合ってほしい」と訴えたのは、横田めぐみさん(52)=同(13)=の母、早紀江さん(81)。その上で、「北朝鮮の危険な実態は明らか。影響を受けた悪い動きが日本国内で続いているように感じる」と語った。
 西岡力・麗澤大客員教授は「在日本大韓民国民団も朝鮮学校への公金支出に反対しており、無償化の適用外とすることは差別に基づく人権侵害には当たらない」と指摘。「朝鮮学校の教科書では、重大な人権侵害である拉致問題の解決を目指す民間の運動を人種差別であるかのように記述している。公金を出すべきではない」との見解を示した。
 一方、文部科学省財務課高校修学支援室は「国勝訴の判断が示され、国の主張が認められたものと受け止めている」とコメントした。
判決は至極真っ当で正しく、朝鮮学校は外国の学校で北朝鮮が其の運営義務を負うのは云う迄も無く、我が国が面倒を見る義務の責任も一切無いし、更に一条校でも何でも無い私学に対して助成してる現状が憲法違反なので、此処も充分に考慮する必要が在るのです。
又、北朝鮮から朝鮮学校に数十億円もの金額が流れてる事が発覚してるので、此の観点からも無償化する意味合いは完全に消失するのです。
原告や支持団体は北朝鮮に対して此の訴訟の主張をすべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

防衛省PKO日報問題。

* 稲田朋美防衛相「隠蔽了承」の報道を否定 南スーダン日報問題 - 産経ニュース
稲田朋美防衛相は19日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題をめぐり、「稲田氏や複数の防衛省幹部が、日報が陸上自衛隊で保管されていた事実を非公表とする方針を了承していた」との一部報道について、「隠蔽や非公表を了承したとかいう事実は全くない」と否定した。同省で記者団に語った。
 この問題をめぐっては、昨年7月に派遣部隊が作成した日報の開示を求めた情報公開請求への対応の過程で、いったん「廃棄済み」とした陸上自衛隊で後にデータが見つかったが、防衛省幹部がその事実を非公表とするよう指示したとの疑惑が浮上。稲田氏の指示により、3月から特別防衛監察が実施されている。
 一方、今回の報道では、2月中旬に稲田氏や黒江哲郎事務次官、陸自幹部らが幹部会議を開き、陸自で見つかったデータを非公表とする方針を決め、稲田氏も了承したと報じられた。
 黒江氏は19日、この幹部会議が開催されたかについて「記憶にない。(稲田氏が了承した)事実関係はないと思う」と記者団に述べた。豊田硬官房長も「そういう会議が開かれた事実はない。私の記憶では絶対ない」と語った。
* 日報問題 陸自データ非公表は次官主導か 防衛省が月内に報告書公表 稲田朋美防衛相は隠蔽を否定 - 産経ニュース
南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題をめぐり、防衛省が「陸上自衛隊幹部の指示が日報データの削除につながった」などとする特別防衛監察の報告書を月内に公表することが19日、分かった。岡部俊哉陸上幕僚長が陸自でのデータ保管を今年2月15日に黒江哲郎事務次官に報告していたとする見通しだ。陸自に保管していたデータを非公表とすることを黒江氏らが主導した可能性が出てきた。
 一方、稲田朋美防衛相は19日、自身が2月15日の防衛省幹部会議で陸自が保管していたデータの隠蔽(いんぺい)方針を了承したとの一部報道について、同省で記者団に「そういう事実は全くない」と述べ、会議の開催自体も否定した。黒江氏も19日、稲田氏が出席したとされる2月15日の会議について「記憶にない。(稲田氏が了承した)事実関係はないと思う」と述べた。
南スーダンでの連合国平和維持活動での日報の破棄の問題を巡り、此の破棄を容認乃至指示したとされる案件で、稲田朋美防衛大臣は完全に否定した。
此の案件で、陸上自衛隊幹部が情報の管理の徹底を求めた事が、結果的にデータの削除に繋がったと云う話が上がってるが、此の話が真実なのかは不明だが信憑性は低くは無いでしょう。
官報や防衛省の記録等で、稲田朋美防衛大臣の会議への出席が確認出来無い以上は疑惑でしか無く、此れを調査出来るのは内部でしか出来無いでしょう。
此の報道を積極的にして批判するのは朝日新聞と毎日新聞と東京新聞と云う固定メンバーなのが大笑いでも在る。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

橋下徹が有田芳生に激怒。

* 橋下徹氏が有田芳生参院議員に激怒 有田氏、蓮舫氏の二重国籍問題は「人権侵害」 橋下氏の出自暴露は「面白い」 「ダブルスタンダードだ」「有田、早く辞職しろ」(1/3ページ) - 産経ニュース
民進党の有田芳生(ありた・よしふ)参院議員(65)に日本維新の会の橋下徹法律顧問(48)=前大阪市長=がインターネット上などでかみついている。
 民進党の蓮舫代表(49)が自身の戸籍謄本の一部など関係書類を公開した件で、有田氏が蓮舫氏に公開を求めた人々を「差別だ」として非難したことを、橋下氏は自分の出自が週刊朝日に報じられた際には有田氏が「面白い」と言っていたと指摘し、「自分の嫌いな相手なら面白く、自分の所属する党の代表なら人権問題にするのか」として、有田氏の姿勢を「ダブルスタンダード」と激しく批判した。
 有田氏は14日、言論ニュースサイト「リテラ」に緊急寄稿。「複数の議員がツイッターで(蓮舫氏の)戸籍提出に賛同する意見を表明した」ことを「蓮舫代表に個人情報の開示を求めるのは、出自による差別を禁止している憲法第14条や人種差別撤廃条約の趣旨に反する差別そのものである」と指摘。
 さらに昭和50年に起きた「部落地名総鑑事件」を引き合いに、「(この)教訓から、企業が採用選考のとき、応募者に戸籍の提出や本籍地の確認を求めることが禁止されるようになった。蓮舫代表に戸籍の開示を求めることは、こうした人権擁護の歴史に真っ向から反するものだ」として、蓮舫氏に戸籍の開示を求めることと、部落差別を同質のものと指摘した。
これに対し、橋下氏は19日に「プレジデントオンライン」(プレジデント社)に「有田芳生の人権派面は偽物だ!」と題して寄稿し、有田氏を「こいつだけはほんと許せないね」と罵倒。
 理由として、橋下氏の出自問題が週刊朝日に掲載された平成24年10月、有田氏が「これは面白い」とツイートし、橋下氏が猛反撃した際、「よく分からん言い訳」をしたと指摘。一方で蓮舫氏の戸籍開示について、人権を盾に開示を許すな、と主張したことを「典型的なダブルスタンダード」とかみついた。
 「有田は自分が嫌いな相手(僕)の出自が公になることは面白く、自分の所属する党の代表の、ちょっとした戸籍情報が開示されることはプライバシー侵害になり、人権問題にもなるから許されないと言うんだ」(原文ママ、橋下氏の寄稿から)とまで指摘した。
 それでも怒りが収まらないのか、自身のツイッターで「戸籍の開示は差別助長に繋がる!だって? 自称人権派は恥ずかしげもなくよく言うよな。俺は出自について散々報じられたけど、自称人権派は誰もその報道を批判しなかった。あの報道に比べれば蓮舫さんの戸籍開示なんてどうってことないこと」と投稿した。
今回の蓮舫の戸籍謄本の案件で、橋下徹は有田芳生の動向を二枚舌と徹底的に批判した。
自出に因る問題で、有田芳生は橋下徹の案件では面白いと燥ぎ、蓮舫の案件では差別と批判し擁護するのは、完全にダブルスタンダードで一貫性の無い二枚舌なのは云う迄も無かろう。
有田芳生は批判されても致し方の無い事ばかりしてるので、此の批判に反論する事は出来無いのだ。
自分自身が差別主義者なのに、差別を許さないとしてヘイトスピーチとされてる区別の案件でのカウンター活動を精力的にしてるのだから、全くを以て話に為らないのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

パズドラとガンホーに景品表示法違反。

* キャラ全て「究極進化」と宣伝も実際は2体だけ… パズドラで優良誤認表示 消費者庁、ガンホーに再発防止命令 - 産経ニュース
消費者庁は19日、人気オンラインゲーム「パズル&ドラゴンズ」内のキャラクター購入をめぐり、インターネット番組内の宣伝が景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、ゲーム大手「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」に再発防止を求める措置命令を出した。
 消費者庁によると、昨年11月〜今年2月に計3回、番組内で有料の電子くじ「ガチャ」によってパズドラのキャラである「モンスター」13体全てがゲームで強くなる「究極進化」をするかのように宣伝したが、実際は2体だけ究極進化する仕様になっていた。
 別のオンラインゲーム「ディズニーマジックキングダムズ」では、特定のキャラを一緒に購入すると実際は割高なのに割安であるかのようにゲーム内で表示。同庁はこれも同法違反(有利誤認)としている。ガンホーは「誤解を招く表現があり、おわびする」とのコメントを出した。
オンラインゲームでの課金での優遇措置等で、実態とは全く違う運用が為された事で、此の二社に対して消費者庁は再発防止の措置命令を出したが、此の手の問題は過去何度も繰り返されてる事なので、此の命令すらも無意味に成る可能性が極めて高い。
ゲーム展開中での課金自体がそもそも問題で在って、アーケードやコンシューマーでは絶対に考える余地の無い程の仕様が在る事が可笑しな話なのです。
こう云う意識を変えないと次は必ず来るでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

南朝鮮は条約完全無視の国で在る。

* 【「慰安婦」日韓合意】韓国外相「日本が移転を求めるほど慰安婦像は作られていく」「本当におかしな合意」(1/2ページ) - 産経ニュース
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は、慰安婦問題をめぐる日韓合意の検証について、外部の専門家を交え、外相が直接管轄する特別部会(タスクフォース)で進めると表明した。韓国紙の中央日報が19日に報じたインタビューで語った。在韓日本大使館前の慰安婦像に関しては「日本が移転を求めるほど、像はさらに作られる」と述べた。
 康氏は、朴槿恵(パク・クネ)前政権が2015年12月に日本と交わした日韓合意について「発表当時、本当におかしな合意だと思った」とし、「あえて『最終的・不可逆的に解決』とうたう必要があったのかと感じた」と振り返った。慰安婦問題が過去に何度も蒸し返されてきたため、日本側がこだわった文言だったが、特別部会では、「最終的・不可逆的」という表現が入った経緯を確認すると強調した。
 検証理由については「人権問題は被害者中心の解決が基本だが、その部分に忠実ではなかったと感じた」と指摘。日本に再交渉を求める可能性に関しては、言葉を選びつつも、検証の結果次第では、「一つの選択肢になり得る」と述べ、再交渉も念頭に置いていることを明らかにした。
公館前の慰安婦像に対しては、「公館を保護しなければならない外務省の国際的義務があるが」と前置きしながらも、「少女(慰安婦)像に対する市民社会の熱望に共感して尊重しなければならない」と強調。一部民間団体などの動きにおもねり、日本側の移転要求に応じない姿勢を示した。
領事館や大使館周辺の政治的な目的での慰安婦像の設置は完全にウィーン条約違反なのは明白で、此の慰安婦像の撤去や移転を康京和外務大臣は我が国からの移転要求を完全に拒絶した。
国際法上からも違法なのに、条約同様の効果を持つ慰安婦問題解決の為の合意の履行をもせず、国内情勢ばかりを最優先する南朝鮮は完全に狂った国で在る事を今回改めて露呈しました。
我が国が出来る事は、国交を最小限度に留め国際的に国際法の順守を促す活動をする以外他無いでしょう。
もう南朝鮮とは正常な国交は望む事自体が間違いで在ると自覚すべきです。
posted by 天野☆翔 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

日本仮想通貨事業者協会がビットコイン取引停止表明。

* 「ビットコイン」8月1日に取引停止 仮想通貨事業者協会 規格変更の動き 市場混乱の恐れが - 産経ニュース
仮想通貨の交換業者らでつくる日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は18日、各取引所で仮想通貨の一種である「ビットコイン」の受け入れや引き出しの受付を8月1日から一時停止すると発表した。停止を決めたのは、協会に加盟する「ビットバンク」など13社。取引再開の日時は現時点では未定としている。
 ビットコインをめぐっては、8月1日に事業者が利用している規格が複数に分裂する可能性が高まっており、取引や利用者に影響する恐れがある。
 同協会が今回のような対応を取るのは初めてで、顧客資産の保全を優先するためと説明している。
此の判断は至極真っ当で正しく、何処の国や組織が発行したのかも不透明な通貨は通貨として認める訳には行かないと云う事で、当たり前の事でしょう。
マネーロンダリングの防止にも波及して来る案件なので、もっと早くに表明すべき事で在ったのです。
posted by 天野☆翔 at 04:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Economy/Business | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

オーストラリアで多重国籍の議員が辞職。

* 豪、緑の党の副党首、二重国籍でまた議員辞職 もう1人の副党首も辞任したばかり - 産経ニュース
オーストラリアの野党・緑の党の副党首、ラリッサ・ウオーターズ上院議員(40)は18日、自身が二重国籍だったことが判明したとして、議員を辞職した。同党では、もう1人の副党首も二重国籍が判明して辞職したばかり。ロイター通信によると、移民国家の豪州では、3人に1人が海外生まれで二重国籍者も多いが、複数国籍所持者には議員資格がない。
 ウオーターズ氏は、2011年に当選。カナダで誕生したが戻ったこともなく、カナダ国籍を持っていたことを「知らなかった」としている。
 同党副党首のスコット・ラドラム氏(47)も先週、ニュージーランド国籍の放棄を怠ったまま9年間上院議員を務めていたとして、議員辞職した。
 与党の自由党では、トニー・アボット前首相(59)が先週、議員になる半年前の1993年に英国籍を放棄していたとして、証明書類を公開している。
オーストラリアで緑の党の議員の二名が多重国籍が発覚して議員辞職の運びに成ったが、此れが世界では当たり前の姿で在る。
野党で在っても国の代表の一人なのだから、単一の国籍のみにすべきなのだ。
蓮舫は此の動きをどう捉えるのかと厳しく問い質したい。
醜態を晒し議員の椅子にしがみつく其の姿は極めて醜悪で在る。
posted by 天野☆翔 at 04:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

菅直人が新党構想。

* 菅直人元首相、新党構想、民進党に見切り? 原発ゼロを公約に - 産経ニュース
民進党の菅直人元首相が18日付の自身のブログで、「次期衆院選と参院選で明確に原発ゼロを公約する全国規模で活動できる政党を確立し、原発推進派と対峙(たいじ)したい」と「新党構想」を打ち出した。民進党の前身の民主党では代表を務めた菅氏だが、次の当選は危ういとみて、今から生き残りを画策しているのだろうか。
 菅氏はブログで「ヨーロッパでは『緑の党』が国政でも影響力を持っているが、残念ながら日本では国政に議席を持つ『緑の党』は存在しない」と指摘する。そしてその上で、次の国政選挙で「『原発ゼロ』を明確に公約に掲げる政党が議員を国会に送れるようにしなくてはならない」と持論を展開した。
 一方で、「そのためには民進党が少なくとも『2030年までに原発ゼロを実現する』と明確に公約に掲げることができるかどうかだ」と記し、まずは「2030年代原発稼働ゼロ」を掲げる民進党の政策変更にも期待を寄せた。
 ただ、民進党が公約を変えない場合は「5人以上の国会議員が参加する脱原発党=緑の党を全国規模で再結成し、当選者を出せるようにすることだ」と述べ、新党結成を訴えている。
 平成26年の前回衆院選で菅氏は、小選挙区で自民党候補に敗れたものの、比例代表の最後の枠(475番目)で復活当選を果たし、そのあおりで惜敗率を競った当時の民主党代表、海江田万里氏が復活できなかった経緯がある。
* 脱原発党=緑の党が必要|菅直人オフィシャルブログ「未来世代に手渡せる日本を」をめざして Powered by Ameba
一昨日7月16日、滋賀県大津での「太陽の蓋」上映会に参加。久しぶりに嘉田元滋賀県知事に会い、色々話ができた。
 ドイツなどヨーロッパでは「緑の党」が国政でも影響力を持っているが、残念ながら日本では国政に議席を持つ「緑の党」は存在しない。これまで嘉田元知事をはじめ、何度もいろいろな形で試みられたが、成功していない。一つにはドイツのように比例代表で議席数が決まる「小選挙区比例代表併用制」と異なり、日本の衆院は「小選挙区比例代表並立制」のために、全国で平均10%得票しても小選挙区での議席獲得がむつかしいからだ。
 次期国政選挙では「原発ゼロ」を明確に公約に掲げる政党が議員を国会に送れるようにしなくてはならない。そのためには民進党が少なくとも「2030年までに原発ゼロを実現する」と明確に公約に掲げることができるかどうかだ。それができないとすれば5人以上の国会議員が参加する脱原発党=緑の党を全国規模で再結成し、当選者を出せるようにすることだ。
 1992年の参院選では細川さん率いる日本新党が比例で4人の当選者を出し、翌年細川連立政権が誕生した。次期衆院選と参院選で明確に原発ゼロを公約する全国規模で活動できる政党を確立し、原発推進派と対峙したい。
ハッキリ云って大笑い以上の何物でも無く、自分を何様の積りで思ってるのかと厳しく問い質したい。
衆議院議員選挙で比例代表で出馬し辛うじて最後の最後で当選した程度の人物なのに、新党結成して代表にでも成ろうとでも思ってるのだとしたら、身の程を知れと云う事です。
街頭演説でもほんの数人程度しか集まらないのに、此の為体では話に為らない。
posted by 天野☆翔 at 04:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

多重国籍問題で香山リカ等が発狂。

* 【二重国籍問題】蓮舫氏の資料公表中止求める 香山リカ氏ら「差別禁じる憲法に反する」 - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表が台湾との「二重国籍」問題をめぐり、台湾籍を保有していないと証明する資料を公表する意向を示していることについて、精神科医の香山リカ氏ら有識者グループが18日、東京都内で記者会見し、公表中止を民進党に求めた。
 香山氏らは蓮舫氏について「参院選に立候補した時点で、戸籍謄本により日本国籍があることが確認されている」と指摘。その上で「個人情報を開示する何の義務も必要もない。開示を求めることは出自による差別を禁じている憲法に反する」とした。
蓮舫の多重国籍問題での戸籍謄本提示の動きを、香山リカや山口二郎等が反対の立場で民進党に要求したが、此の根拠として差別だの何だのと理由付けしてるが、全くの的外れの根拠で大笑いです。
私人で在れば問題は無いが、公人で在る以上は日本国籍のみの状態で無ければ為らないのは云う迄も無く、此れを自出の差別だのと云うのは本末転倒で荒唐無稽で在る。
コイツ等は国政選挙での本人の戸籍謄本を見た事が無い癖に、日本国籍保有を語る事の如何に馬鹿馬鹿しい事か理解して居ませんね。
結局此の問題を差別に置き換えて自分達の事を指摘されるのを恐れてるだけの小物で在る。
posted by 天野☆翔 at 04:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

地震情報 2017年7月18日 8時34分頃発生 最大震度:1 震源地:アリューシャン列島(ロシア、コマンドル諸島)。

* 地震情報 2017年7月18日 8時34分頃発生 最大震度:1 震源地:アリューシャン列島(ロシア、コマンドル諸島) - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2017年7月18日 8時34分頃発生 最大震度:1 震源地:アリューシャン列島(ロシア、コマンドル諸島)
18日08時34分ころ、海外で規模の大きな地震がありました。
この地震により、日本の沿岸では若干の海面変動があるかもしれませんが、被害の心配はありません。 震源の近傍で津波発生の可能性があります。
震源要素を訂正します。
詳しい震源の位置はロシア、コマンドル諸島です。
PTWCでは18日9時14分に津波情報を発表しています。
発生時刻 2017年7月18日 8時34分頃
震源地 アリューシャン列島
(ロシア、コマンドル諸島)
位置 緯度 北緯 54.5度 経度 東経 168.9度
震源 マグニチュード M7.8
深さ ---
本日の朝にアリューシャン列島(ロシア、コマンドル諸島)で大きな地震が発生しました。
被害の程度は未だに不明ですが、大きな被害に発展しない事を祈りたい。
今後の周辺地域での大きな余震には充分に注意警戒を怠らない様にしたい。
posted by 天野☆翔 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

東京都内で落雷や雹が観測。

* 東京都 豊島区や板橋区などでヒョウ(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
東京都の豊島区や板橋区など所々でヒョウが降りました。関東地方は大気の状態が非常に不安定で、所々にカミナリ雲が発達。今夜いっぱい急な強い雨や落雷、突風、ヒョウにご注意下さい。
◆大気の状態が非常に不安定
関東地方は大気の状態が非常に不安定で、所々でカミナリ雲が発達。東京都にも活発な雷雲がかかり、雷鳴が鳴り響き、ヒョウが降った所もありました。上の写真は板橋区や豊島区で降ったヒョウの様子です。 また、東京都心は午後1時過ぎに最高気温32度7分を観測しましたが、雷雨の後は25度を下回り、わずか1時間半ほどで8度近くも気温が急降下しました。
関東地方は今夜いっぱい大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。急な激しい雨や落雷、突風、ひょうにご注意下さい。
地元での雹が観測されたのは数十年振りだと記憶して居ますが、本日の関東地方は非常に天候が不順で落雷も観測されました。
此の雹の影響で各地で硝子が割れたり屋根が破損する等の被害が確認され、落雷や降雨の影響で広範囲での停電も発生しました。
今後もこう云う天候が続くと思われるので、充分に注意警戒を怠らない様にしたい。
posted by 天野☆翔 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

蓮舫完全終了。

* 【蓮舫氏「二重国籍」会見】戸籍謄本の一部を公開 「台湾籍有していないと分かる資料」と強調 - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表は18日夕、党本部で記者会見を行い、台湾籍と日本国籍との「二重国籍」問題をめぐり、日本国籍の選択宣言をしたことを証明するため戸籍謄本の一部など関係書類を公開した。「台湾籍を有していないことが分かる資料だ」と強調した。
 蓮舫氏は、日本国籍の選択宣言日が「平成28年10月7日」と明記された東京都目黒区役所発行の戸籍謄本▽台湾の行政府が発行した台湾籍の離脱証明書▽今回離脱手続きのため台湾側に提出した台湾のパスポート−など数点を公開した。書類はいずれも写しだった。
 このうち、公開した戸籍謄本は住所や家族の欄は白抜きとし、氏名と出生日、国籍選択の宣言日が分かるようになっている。謄本の取得日は今年6月28日となっている。
 公開した書類によると、蓮舫氏が台湾籍の離脱手続きを申請したのは昨年の9月6日だった。同月13日に台湾側から「国籍喪失許可証書」が発行され、同月26日に目黒区役所に「外国国籍喪失届」を提出した。しかし、日本政府が台湾を国家として認めていないことなどを理由に、申請は翌10月7日に却下され、同日中に戸籍法104条の2に基づき、日本国籍の選択宣言を同区役所に届け出た。
* 【蓮舫氏「二重国籍」会見】資料公開遅れは「子供が未成年だったから」と説明 - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表は18日の記者会見で、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」が昨年秋に発覚していたにもかかわらず、戸籍謄本の一部などの公開が遅れたことについて「子供が未成年だった」と説明した。春に子供が20歳となったことから公開に踏み切ったという。公党の代表として「政権に説明責任を求めている立場」であることも考慮したと述べた。
* 【蓮舫氏「二重国籍」会見】「戸籍は強制的に示されるものではない」 - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表は18日の記者会見で、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」解消に関し「戸籍は極めて秘匿性の高い情報だ。安易に公開を迫られるものではなく、他者によって強制的に示されるものでもない」と強調した。自身の戸籍謄本の一部公開について「前例にしてほしくない。差別を助長してほしくない」とも語った。
* 【蓮舫氏「二重国籍」会見】「事実確認せず発言した」と二転三転の説明を釈明 - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表は18日の記者会見で、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」解消に関し、これまで自身の説明が二転三転したことについて「事実の確認をせずに発言してしまった。一貫していない説明があった。あやふやな説明によって『本当だろうか』と思う人がいた」と述べ、対応の不手際を認めた。
* 【蓮舫氏「二重国籍」会見】選挙公報での「虚偽経歴」疑惑に「故意に怠っていない」と主張 - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表は18日の記者会見で、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」の状態のまま立候補した平成16年の参院選の選挙公報で「日本国籍のみ」と読み取れる経歴を表示していたことについて「(台湾籍離脱を)故意に怠っていたわけではない。台湾籍を放棄していたと思っていた」と釈明した。
* 【蓮舫氏「二重国籍」会見】「手続きを怠ったのは事実。深く反省している」と陳謝 - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表は18日の記者会見で、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」の解消に関し、結果的に長期間にわたり国籍法違反だったことについて「手続きを怠っていたのは事実だ。私はずっと日本籍だけだと思っていた。疑ってもいなかったが、深く反省している」と述べ、陳謝した。
* 【蓮舫氏「二重国籍」会見】二重国籍言及の過去の発言は「混同した。浅はかだった」と釈明 - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表は18日の記者会見で、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」の解消に関し、国政に進出する前のタレント時代に雑誌などで「二重国籍だ」「中国籍だ」などと明言していたことについて「混同して発言した。浅はかな発言だった」と釈明した。
* 蓮舫氏、日本国籍を開示=台湾籍喪失の資料も:時事ドットコム
民進党の蓮舫代表は18日、党本部で記者会見し、日本と台湾の「二重国籍」解消を裏付けるものだとして、戸籍謄本の一部など関連資料を公開した。蓮舫氏はこれにより自身の二重国籍問題に区切りを付け、党の立て直しを急ぎたい考えだが、党内には対応の遅れに不満も出ており、収束は見通せない。
蓮舫氏は、公表の理由について「家族の了解が得られた」とするとともに、「野党第1党党首として発言の信頼が揺らいではならない」と説明。一方「手続きを怠っていたことは事実だ。故意ではないが深く反省している」とも語った。  戸籍謄本には、本人が日本国籍選択を宣言した日として「2016年10月7日」と明記されている。今年6月28日付で東京都目黒区で交付されたという。台湾籍離脱を証明する書類として、台湾当局から16年9月13日付で交付された「国籍喪失許可証書」も公表した。
最近は蓮舫氏が台湾人として活動していなかった傍証として、1987年7月4日で期限切れの台湾発行旅券(パスポート)も公開した。  開示資料のうち、家族情報や自筆の署名については、「個人情報に関わる」として伏せた。

* 民進党・蓮舫代表記者会見 2017年7月18日 - YouTube

本日、民進党の蓮舫は戸籍謄本等の資料を提示して、日本国籍選択の証明をしたが、全ては手遅れで最早言い逃れが出来無い程に追い詰められる結果で終わった。
予てから台湾国籍や支那国籍を公言し、コレに誇りを持って精力的に活動して来た事実は変わらない上、国政に進出してからも此の主張を継続。
最近に成っての動向では思い違いや思い込みでの不確定での発言を乱発し、其の主張の一貫性の無さで二転三転した。
台湾のパスポートが返却されたのかの説明も曖昧にして、台湾国籍が抜かれたと説明したが、肝心の支那国籍は残った状態で在る。
多重国籍問題は解決しては居ません。
完全に公職選挙法に違反するので、国会議員としての資格は最早無い。
即刻議員辞職すべき重大な案件で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

手足口病が全国規模に拡大の兆候。

* 「手足口病」患者数急増で流行の兆し|日テレNEWS24
子どもを中心に夏に流行する感染症「手足口病」の患者数が急増し、流行の兆しを見せていることがわかった。
 手足口病は、4歳ぐらいまでの子どもを中心に夏に流行する感染症で、接触することで感染する。口の中や手足に水ほう状の発疹があらわれ、発熱することもある。
 国立感染症研究所によると、今月9日までの1週間に全国3000の医療機関に報告された患者数は約1万8100人で、前週比で約7000人増加、過去10年で比べると大流行した2011年に次いで多くなっている。
 国立感染症研究所は、患者との濃厚な接触を避け、手洗いを徹底するよう呼びかけている。
* 「手足口病」感染したら…脱水症状に注意|日テレNEWS24
子どもを中心に夏に流行する感染症「手足口病」の患者の数が急増し、流行の兆しを見せていることがわかった。
 全国約3000の小児科で調査した患者数の推移を見ると、今年は去年に比べて先月から急激に増え始め、最新のデータでは1週間で1万8151人に上っている。
 また、今年は、流行した2015年と同じような推移になっているので、これからさらに増加していく可能性も考えられる。
■どんな病気?「手足口病」
 手足口病は夏場に流行する病気で、患者の9割前後を5歳以下の乳幼児が占めている。ウイルスが原因の感染症で、手や足、口に小さな水ぶくれのような発疹ができるため「手足口病」と呼ばれている。
 発疹というと汗疹(あせも)と見分けがつきにくいが、手足口病と発疹の出る場所が違う。汗疹は汗のかきやすい首回りや肘の内側などにできるが、手足口病はそういった場所に限らず発疹が出る。
 また、3人に1人程度、熱が出る場合がある。基本的には軽い症状で済むが、まれに脳や脊髄を保護する髄膜が炎症を起こす髄膜炎や脳炎などの合併症を引き起こし、重症化するおそれもある。
 さらに、大人も感染して、同じような症状が出る場合がある。国立感染症研究所によると、「大人の症例は少ないが、子どもにうつして感染を広げるおそれがあるので、この時期、手洗いやうがいを心がけることが大切だ」という。
■感染経路と感染時の注意
 主な感染経路としては、せきやくしゃみによる「飛まつ感染」、排出された便などに含まれるウイルスが口に入る「経口感染」がある。
 手足口病に特効薬はなく、病院での治療は熱を下げるなどの対症療法が中心になる。安静にして治るのを待つことになるが、注意したいのは脱水症状だ。
 子どもは口にできた発疹の痛みで、食べたり飲んだりすることを嫌がるようになり、脱水状態になることもあるので、十分な水分補給を心がける必要がある。食事をやわらかくしたり薄味にしたりと工夫し、ゼリーなど喉ごしの良いものを与えるのがいいだろう。
 脱水症状は自覚しにくいので、小さな子どもの場合、より注意が必要となる。
 また、この時期に流行している理由について、みやのこどもクリニックの宮野孝一院長は「夏バテの時期ということで、一般的に体の免疫力が低下するため、ウイルスが増殖しやすい」と指摘している。
■回復しても気抜かない
 意外と知られていないことだが、手足口病は回復した後も便から2週間から4週間にわたってウイルスが排泄(はいせつ)される。このため、トイレの後の手洗いやおむつ交換で気を抜くと感染が広がることがあるので、症状が治まった後でも手洗い・うがいを徹底することが大切だ。
重篤化すると髄膜炎や脳炎等の合併症を引き起こし、又重度の脱水症状に陥り生命の危険を及ぼす手足口病が全国規模に拡大し流行の兆候に在ると云う。
日常的に免疫向上させる様な生活を心掛け、嗽や手洗いの励行で極力感染しない様にして行く事が求められます。
posted by 天野☆翔 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavenly body | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

日野原重明氏逝去される。

* 医師の日野原重明さん死去 105歳(1/2ページ) - 産経ニュース
聖路加国際病院名誉院長で看護師養成や予防医学の発展に尽力、「生活習慣病」の言葉を提唱するなどし、100歳を超えてもなお多彩な活躍をしてきた、医師の日野原重明さんが18日、呼吸不全で死去した。105歳だった。29日午後1時から東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で関係者のみの病院葬を行う。今後、お別れの会を予定している。
 明治44年、山口県で牧師の家庭に生まれる。京都帝大医学部を卒業後、昭和16年、聖路加国際病院の内科医に就任。内科医長、院長などを歴任し、平成8年からは理事長を務め、100歳を超えても臨床現場で患者を診察する姿は広く親しまれた。
 医師として患者の人格や意見を尊重する「患者本位の医療」を実践。人間ドックの早期開設に尽力したほか、聖路加看護大学に国内初の大学院博士課程を設置するなど、後進の看護師らの育成を進めた。
 死生学や人間の心にも関心を抱き著書も多数執筆。平成13年に出版した「生きかた上手」は120万部以上のミリオンセラーに。一枚の葉っぱが生まれ、大地に還るまでを通じて、命のあり方を描いた絵本「葉っぱのフレディ」が12年にミュージカルとして舞台化された際は、企画・原案を担当した。
子供たちに命の大切さを伝える「いのちの授業」では、全国の小学校などを訪れ、わかりやすい言葉で子供たちに直接語りかけ、命とは何か語り合う取り組みを晩年まで続けた。
 昭和45年には、日本内科学会の総会に出席するため福岡県へ向かう際に、赤軍派による、よど号ハイジャック事件に遭遇。韓国・金浦空港で解放されるまで人質となった。
 平成5年に勲二等瑞宝章、11年に文化功労者、17年に文化勲章。
* 【日野原重明さん死去】いち早く人間ドック開設 地下鉄サリン事件では陣頭指揮 - 産経ニュース
日野原重明さんは、国内でいち早く人間ドックを開設、予防医学に取り組んだ。生活習慣の改善による予防を念頭に、「成人病」の代わりに「習慣病」という新語を提唱。アジア人として初の国際内科学会会長も務めた。
 波乱に満ちた生涯でも知られる。昭和20年3月の東京大空襲では聖路加国際病院で被災者の治療に当たり、平成7年の地下鉄サリン事件では陣頭指揮を執り、多数の被害者を受け入れた。「大空襲を経験し、野戦病院的な機能を持たせていた」と語った。
 昭和45年の赤軍派によるよど号ハイジャック事件では、偶然飛行機に乗り合わせて人質になり、死を覚悟したという。「あの事件で人生観が変わった。与えられた命を人のためにささげようと思った」と振り返った。
 平成26年春、心臓弁膜症を患っているのが分かったが、車椅子に乗って旺盛な講演・執筆活動を続けた。
* 【日野原重明さん死去】地下鉄サリン対応で病院「開放」、先頭で対応 - 産経ニュース
日野原重明さんは、平成7年3月に13人が死亡し、約6300人が負傷したオウム真理教による大規模テロ「地下鉄サリン事件」の際には、院長として聖路加国際病院を開放する決断を下し、被害者対応のリーダーシップを執った。
 同病院の福井次矢院長によると、当時83歳だった日野原さんは「これはただ事ではない」と直ちに判断、外来患者の診察など通常の業務をほとんど全て中止した上で、被害者約640人を受け入れたという。
 受け入れができた背景には、日野原さんの“備え”もあった。事件発生3年前に完成した新病棟は、視察先の北欧の病院からヒントを得た日野原さんの発案で、大災害の発生を見据え、廊下や待合室などの壁面に酸素の配管が2千本近く張り巡らされ、広いロビーや礼拝堂施設も設けられた。事件では廊下や礼拝堂は緊急応急処置場として被害を抑える役割を担った。
医療現場だけに留まらず、多数の著書から発展し芸能の分野に迄活躍し、地下鉄サリン事件での受け入れ体制での英断等で社会に貢献した氏が逝去されました。
非常に残念で為りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

今年初めて蝉の音を確認。

地元での蝉の音が聞こえたのは今年初めてで、蝉が喧しく活動すると思うと本格的な夏の到来を実感します。
今年は猛暑に成ると云うが、蝉が活発に活動して行く事に成ると予想します。
憂鬱な気分が増して行く。
posted by 天野☆翔 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

東京都心で初めて猛暑観測。

* 東京都心 今年初の猛暑日に(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
東京都心は、17日(月)正午過ぎに、最高気温が35度まで上がり、今年はじめて猛暑日となりました。ちなみに昨年(2016年)は、東京の初猛暑日は7月3日(35度4分)でした。この先も、厳しい暑さが続く見込みです。熱中症に厳重な警戒が必要です。
※猛暑日とは・・・最高気温が35度以上の日をいいます。
今年初めて東京都心で最高気温が35℃を超え猛暑日に成りました。
梅雨は未だに開けて居ませんが、本格的な夏の到来ですね。
熱中症対策を万全にして夏を乗り切りたい。
posted by 天野☆翔 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

大飯原子力発電所訴訟で裁判官の忌避申し立て却下。

* 「裁判官の指揮や証拠採否への不満を述べているにすぎない」 住民の裁判官忌避申し立て却下 大飯原発訴訟で高裁支部 - 産経WEST
関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の運転差し止め訴訟で、名古屋高裁金沢支部は、原告の住民側による内藤正之裁判長ら裁判官3人の忌避申し立てを却下した。13日付。住民側は「速やかに最高裁に抗告する」としている。
「不公正な裁判をする客観的事実ない」
 住民側は5日、大飯原発で関電が想定する地震の妥当性を検証するためとして、地震学者ら7人を証人申請したが、内藤裁判長は「資料は十分収集できている」と却下。住民側がその場で忌避を申し立て、10日に理由書を提出していた。
 忌避申し立ての審理を担当した同支部の石川恭司裁判長は却下理由で「(住民側は)裁判長の指揮や裁判所の証拠採否に対する不満を述べているにすぎず、裁判官が不公正な裁判をする恐れがあるという客観的事情はない」と指摘した。
 住民側は「却下決定は理由書提出から短期間のうちになされており、理由書の内容を真摯に検討したとも思われない」とする抗議文をホームページに掲載。原告団代表の中嶌哲演さん(75)は「大飯原発の再稼働を急ぐ関電に加担する訴訟指揮に思えてならない」と話した。
裁判官が不公平な裁判をする恐れが在ると云うのならば、忌避申し立てでは無く上告すれば良いだけの話で、目的と手段が完全に乖離してるのです。
此の原告の主張は支離滅裂で言い掛かりでしか無い。
posted by 天野☆翔 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

青森県沖にも支那公船侵入。

* 青森県沖、中国公船の侵入を初確認 - 産経ニュース
第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)によると17日、青森県沖で中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。2管本部は、この海域で中国公船の侵入を確認したのは初めてとしている。
 2管本部によると、午前8時5分ごろから20分ごろにかけて、海上保安庁の巡視船が青森県の艫作崎沖の領海に海警局の船2隻が相次いで侵入したことを確認。海保が無線で注意を呼び掛け、2隻は午前9時40〜45分ごろにいったん領海を出た。
 約2時間後、2隻は津軽海峡の竜飛崎沖の領海に再び侵入、午後3時20〜25分ごろに領海を出た。
青森県の艫作崎沖や竜飛崎沖に支那の海警局公船二隻が侵入した事が初めて確認された。
一昨日には対馬沖や沖ノ島沖にも侵入してるが、支那はもう本格的に公然と侵入をする事に遠慮しなく成った。
極めて重大な案件で最大限の注意警戒をして行かなければ為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

朴槿恵政権時代の文書に違法性と南朝鮮。

* 【慰安婦「日韓合意」】慰安婦合意で「違法な指示含む」 韓国大統領府が「朴槿恵前政権の新文書発見」 - 産経ニュース
聯合ニュースによると、韓国大統領府は17日、朴槿恵(パク・クネ)前政権当時の民情首席室から、新たに1361件の文書が発見されたと明らかにした。文書には朴大統領らが不正に関与したとして捜査が行われた事案に加え、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関する内容の記載もあるといい、「中には(政府による)違法な指示が記載された事項が含まれる」としている。
 具体的な指示の内容や合意締結との前後関係については公表していない。韓国内で日韓合意の再交渉を求める主張に影響を与えるか、注目される。
 大統領府では14日にも、民情首席室から前政権当時の文書約300件が見つかり、一部資料を検察に提出したと明らかにしていた。
朴槿恵政権時代に作成された文書の中に慰安婦問題解決の為の二国間合意の内容に関して違法性が確認されたと云うが、其の具体的な中身は一切明かしては居ませんが、どう違法性が在るのかの正確な説明が無ければ納得はされ無いでしょう。
どんな内容で在っても、国際的に発信された合意で在るのだから、違法性が在るのだとしたら其の根拠を提示する責任が南朝鮮政府には在るのだ。
此の中身を提示しない限りは南朝鮮政府の虚言で在ると云う認識が広がるだけで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

慰安婦の虚像を二人の人物が糾弾。

* 【「慰安婦」裏話】安倍晋三氏とケネディ氏に送られた「慰安婦問題のデタラメ」を糾弾する手紙とは? 「朝鮮の真実」知る日韓古老が送る(1/5ページ) - 産経ニュース
2年前、日韓の間で最終的かつ不可逆的に解決したはずの慰安婦問題が再び、蒸し返されようとしている。新たに就任した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は日韓合意の見直しをほのめかし、アメリカでは、韓国・中国系住民の運動によって慰安婦像の設置の動きが止まらない…。こうなることを見越したように「慰安婦問題の虚構性」を糾弾する手紙を日米の政治家宛に書いた2人の日韓の古老がいた。いずれも日本統治下の朝鮮にいて「真実」を知る生き証人である。
慰安婦問題をめぐる「事実ではないこと」を見逃せない
在米の韓国系米国人古老は、日本統治時代の朝鮮で生まれ、そこで教育を受けた。年齢は90歳に近い。戦後、韓国の名門大へ進み、朝鮮戦争に従軍。その後、渡米して帰化し、在米の大手企業に勤めた。残念ながら彼の個人情報はこれ以上明かせない。家族や親類にまで累が及ぶ懸念もあるからだ。
 2年前、米国のキャロライン・ケネディ駐日大使(当時)宛に手紙を書いたのは、アメリカで慰安婦問題をめぐって「事実ではないこと」がまかり通っている事態を、どうしても見逃せなかったからだ。
 「強制連行され、日本軍の性奴隷になった20万人もの婦女子」「かつてないほど残酷な20世紀最大の人身売買」…。2007年には日系のマイク・ホンダ米下院議員(当時)が主導して、日本の謝罪まで求めた決議が下院で可決された。在米の韓国・中国系住民の働きかけによって、各地で進む慰安婦像の設置計画。事実ではない“日本軍の蛮行”は、教科書にも掲載され、「日本人の名誉」はおとしめられるばかりだ。
ケネディ大使への手紙は、「(この問題が)東アジアにおける米・日・韓の同盟関係を弱体化させている」と始まり、事実の分析を踏まえた虚構性の根拠を個条書きにしている。
 ・狭い朝鮮半島から日本軍が20万人もの婦女子を大衆の抵抗もなく強制連行できるはずがない
 ・済州島での“慰安婦狩り”などを記した吉田清治氏の本が1989年に韓国で翻訳されるまでこうした「話」は聞いたことがなかった
 ・もし、実際にこうしたことが行われていたなら朝鮮にいた欧米の外交官、宣教師、メディア関係者らが何らかの報告をしていたはずだ−。
アメリカでの事態を放置すれば、子々孫々にまで禍根を残す
彼は当時、父親と済州島へ行ったことがあり、この問題が政治化するきっかけになった吉田清治氏が本に記した“慰安婦狩り”のような話は「一切聞かなかったし、日本の軍人が多数いるような物々しい状況にもなかった。だから(吉田氏の)本を読んだとき、おかしいと思った」とも答えている。
 彼には民族を裏切る気持ちも政治的な意図もない。さらにいえば朝鮮人を含め、慰安婦の存在自体を否定しているわけでもない。
 「当時は“おしん”の時代ですよ。家が貧しいがために、身を売られた若い女性は日本人にも朝鮮人にもいました。私も当時、朝鮮語の新聞で慰安婦募集の広告を目にした記憶があります。『親権者同伴、戸籍抄本持参で業者がいる旅館まで来るように』と書かれていたのが印象的でした」
 こうした自身の体験や客観的な事実を踏まえた上で彼はこういう。
「前述のような話(日本軍が強制連行して性奴隷にした)は客観的に分析すれば、あり得ないと分かるでしょう。それなのに日本政府は事なかれ主義で謝ったり、お金を出したりした。アメリカでの事態を放置すれば、在米日本人、日系人、日系企業、旅行者…子々孫々にまで禍根を残すことになると思いますね」
 彼の思いとは裏腹にアメリカでの事態は悪化する一方。歯がゆさが募るばかりだ。「僕はいうなれば『部外者』です。動いたのは義侠(ぎきょう)心のようなものかな。本来なら日本人自身がやるべき仕事でしょう。特に当時の朝鮮にいて実際に見聞きした日本人たちがもっと声を上げて、今こそ『真実』を証言すべきですよ」
「軍や官吏の強制」は絶対にない
和歌山県田辺市に住む西川清さんは、大正4(1915)年生まれ、今月末で102歳になる。
 地元の林業学校を出て、日本統治下の朝鮮へ渡り、総督府の官吏になった。やがて20代の若さで、郡の内務課長に抜擢(ばってき)される。郡とは内地で言えば、都道府県と市町村の間に位置する自治体の単位。内務課長は人事や総務、そして、戦時動労働員(官斡旋(あっせん)や徴用)に携わる職だった。
西川さんが安倍首相宛てに手紙を書いたのは平成25年。そこには「(韓国などがいう)従軍慰安婦なるものに、日本の軍や官吏が強制連行などに関係したことは絶対にありません。かく私が断言できるのは郡の内務課長を歴任した経験があるからです」とあった。
強制連行、私の耳に入らないはずがない
当時の行政系統は、朝鮮総督府→道→郡→(内地の市町村にあたる)邑(ゆう)・(さらに小さい規模の行政区分にあたる)面となっている。西川さんが携わった、朝鮮人の戦時動労働員は、総督府の指示によって、道・郡が邑・面に割り当てを行い、実際に人員を集める。
 西川さんは「朝鮮に徴用令が適用(昭和19年9月〜)される前から『徴用』と呼ばれていたが、その際には労働条件をきちんと提示し、納得した上で内地へ行った。待遇も悪くなかったし、殴る蹴るで無理やり集めるなんて絶対にあり得ませんよ。もし、軍などが婦女子を慰安婦として強制連行したような事実があれば、(内務課長の)私の耳に入らないはずがありません。慰安婦を募集していたのは女衒(ぜげん)とよばれた業者です」と話す。
戦前、戦中の実態も知らず机上の空論をもてあそぶのは慨嘆に耐えない
記憶にあるのは、当時の朝鮮にあった娼家の姿だ。「カルボチブ(朝鮮語で娼家)」と居酒屋を指す「スルチブ」の2通りがあり、どちらの店にも、朝鮮人の若い女性の娼婦(しょうふ)を置いていた。公娼制度があった時代で、面事務所があるような街には必ず、2種類の店があったという。慰安婦になった中には、こうした店の女性も多かった。
 手紙で西川さんは、「カルボチブ、スルチブの戦前、戦中の実態も知らぬくせに、いいかげんに机上の空論をもてあそぶのは慨嘆に耐えない」と憤りをあらわにする。慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野談話」の見直しを求めたが、返事は来なかった。
 西川さんはいう。「(日本統治時代の朝鮮は)治安もよく、穏やかな社会だった。創氏改名だって強制ではありません。役所の上司にも同僚にも朝鮮人はたくさんいたし、仲良くやっていたんです。こうした『真実』をぜひ、知ってほしいと思いますね」
 ●西川清(にしかわ・きよし)氏
 大正4(1915)年、和歌山県出身。熊野林業学校卒業後、日本統治下の朝鮮へ渡り、江原道産業部に就職。第1回朝鮮総督府地方官吏養成所へ入所し、28歳の若さで江原道寧越郡内務課長に就任、同原州郡内務課長、同道庁鉱工部鉱工課主任を経て終戦。戦後は和歌山県庁に勤めた。著書に「朝鮮総督府官吏最後の証言」(桜の花出版編集部)がある。
在米南朝鮮人と和歌山県在住の日本人が当時の日本や朝鮮半島の実情を十二分に考慮した上で、現在特定アジアが喧伝する様な強制連行を元にする慰安婦の存在を完全に論破する内容で糾弾しました。
過酷な戦中を生き延びて来たこう云う人達が発言するのは非常に貴重な上、其の時代を生きたのだから説得力に満ち満ちてるのは云う迄も無かろう。
お花畑の頭の中の日本人や特定アジアの喧伝に騙されたり積極的に関わってる様な人達は、此の二名の証言に真摯な態度で考えを改めるべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

小野田紀美参院議員が蓮舫を痛烈に批判。

* 二重国籍解消の自民・小野田紀美氏が蓮舫氏を猛批判 「ルーツや差別の話なんか誰もしていない」「合法か違法かの話です」 (2/2ページ) - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題で、蓮舫氏が公的書類公開を表明しながら戸籍謄本公開に難色を示していることを受け、自民党の小野田紀美参院議員が自身のツイッターで「国籍法に違反していないことを証明できるのは、国籍の選択日が記載されている戸籍謄本のみです。ルーツや差別の話なんか誰もしていない」などと立て続けに批判した。
 小野田氏自身も昨年10月、米国との「二重国籍」状態だったことが発覚し、その後手続きをとって今年5月に正式に解消した。自身のフェイスブック上で戸籍謄本や米国籍の喪失証明書を公開している。
 小野田氏は、蓮舫氏が13日の記者会見で公的書類を公開すると表明したことを受け、翌14日に国籍に関するツイートを相次いで投稿した。蓮舫氏を名指しせずに「国籍法14条の義務である日本国籍の選択を行ったかどうかは戸籍謄本にしか記載されません」と紹介し、戸籍謄本を公開する必要性を説いた。
その上で小野田氏は、蓮舫氏が個人のプライバシーを理由に「戸籍を差別主義者、排外主義者に言われて公開するようなことが絶対にあってはいけない」と発言したことを念頭に「公職選挙法および国籍法に違反しているかどうか、犯罪を犯しているかどうかの話をしています。日本人かそうでないかの話ではない。合法か違法かの話です」と断じた。
 小野田氏のツイートには「なるほど! だから蓮舫さんはかたくなに戸籍謄本の公開を避けているのですね」「小野田さんが言うと説得力があるね」「テレビなどでこの件について詳しい説明をしていただけないでしょうか。都合の悪いことは報道しない自由を振りかざすマスメディア相手では困難はあるでしょうが」−など多数のコメントが寄せられている。
多重国籍で在る事が明白で、此の説明責任を一切果たさない蓮舫に対して、小野田紀美参院議員は自らの行いを上げて日本国籍のみの選択をする必要性を説き痛烈に批判したが、至極真っ当で正しい。
批判されてるのは説明責任を果たさずに逃げ回り、此れを批判すると差別だとか人権問題に話を摩り替える卑怯さが、国民にはどうにも納得出来ず怒りを買ってるのです。
国籍法や公職選挙法に違反するかのそもそもの問題を解消させる事が最優先で求められるのです。
戸籍謄本の提示で一発で解決するのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

自国の都合しか考えない支那。

* 【世界ミニナビ】「海外の雑音は無視」と声高に叫ぶ中国共産党系紙 劉暁波氏死去で - 産経WEST
中国の民主活動家、劉暁波氏が死去して15日に「海葬」が行われた。16日付けの中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は社説で、「中国側は外国のトラブルメーカーがかき立てる雑音を無視し続ける」との社説を掲載した。
 社説は、海外の人権活動家や一部政治家は「劉氏の病気や死を、自分たちのイメージを高めるのに利用し中国を悪魔呼ばわりした」と非難。「たとえ劉氏が治療のため海外に移送されていたとしても、中国を攻撃する否定的な面を見つけ出しただろう」とあてつけた。
 一方、「劉氏の家族の満足が外国の要求より重要だ」と主張。遺族を代表して記者会し中国共産党への感謝を表明した実兄、劉暁光氏を盾に海外メディアの批判に抗弁した形だ。
劉暁波氏の逝去の案件で、不当拘束自体が異常で此れが原因で死亡したも同然なのに、此れを批判する各国の声を完全に黙殺すると云う、正しく御都合主義でしか無い支那には呆れ果てて開いた口が塞がらない。
一方で劉暁波氏の兄の声を紹介し自己弁護を図るとは、其の主張の正当性が無い事を自ら露呈した。
自分達の事しか考えない欺瞞に満ちた国で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

新潟県中越沖地震から十年目。

* 中越沖地震10年で追悼式 新潟、発生時刻に黙とう - 産経ニュース
15人が死亡した新潟県中越沖地震から16日で10年となり、震度6強を観測した同県柏崎市で、県と市、同県刈羽村による合同追悼式が開かれた。遺族や米山隆一知事、柏崎市の桜井雅浩市長らが参加し、発生時刻の午前10時13分に合わせて黙とうした。
 中越沖地震では、15人が犠牲となったほか、長野、富山を含む3県で計2346人が重軽傷を負った。4万4千棟を超える住宅が被害を受け、最大で1万2千人が避難を余儀なくされた。東京電力柏崎刈羽原発では全7基のうち、運転・起動中だった4基が緊急停止。屋外変圧器で火災が起き、微量の放射性物質を含む水が海に流出した。
新潟県と富山県、長野県で多くの死傷者を出して仕舞った新潟県中越沖地震から本日で十年目を迎えました。
此の地震で得られた教訓は東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で一部活かされたが、其の殆どは活かされる事無く過ぎ去って行ったのには非常に残念な思いで在る。
改めて亡くなられた皆々様方には謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

松尾貴史が気違い妄言を吐く。

* 松尾貴史のちょっと違和感:「加計学園」閉会中審査 「恥の上塗り」だった自民党議員 - 毎日新聞
安倍晋三総理大臣の腹心の友でゴルフ仲間、そして総理夫人のフェイスブックによれば「男たちの悪だくみ?」をする間柄の人物が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設をめぐる特別扱いに関して、衆参両院の閉会中審査が行われた。参考人として出席した前川喜平前文部科学事務次官の答弁が、あまりにも堂々としていて「この人が嘘(うそ)をつく理由」というものをあれこれ想像してみたのだが、私の想像力が乏しいのか、一切思いつかない。
対する、「圧力をかけた側」「行政をゆがめた」と指摘されている側のキーパーソンは逃げ、もちろん最も説明責任を果たさなければならない総理大臣は「外遊」を理由に欠席し、本稿執筆時点でいまだ、本人が努めると言っていた「丁寧な説明」は、しようという気配すら感じられない。
 質問に立った自民党の議員は、どう客観的に見ても前川氏の人格をおとしめることのみに躍起で、それは以前から菅義偉官房長官が熱心だった「印象操作」の恥を上塗りするばかりだった。
 ある自民党議員は「あなたは『日本に獣医師の不足はないから愛媛県今治市に加計学園が新たに獣医学部を作ることは行政をゆがめることだ』と発言されていましたが」云々(うんぬん)と質問したら、前川氏から「違います。規制緩和をすべきかどうかと、加計学園の獣医学部を作るべきかは別次元の話。私がゆがめられたと言っているのは加計学園に決まったプロセスのこと」と前提を完全否定する極めて冷静な答弁があると、「……正直、今の発言は僕の予想通りです。でもその話は後にします」と、反論できずに逃げてしまった。その後もいろいろと無根拠なことを投げかけてはぴしゃりと反論され、気の毒なぐらいだった。この議員は森友学園の理事長だった籠池泰典氏が証人喚問されたときは、自分が学園の広告塔をしていた経緯に触れられるのを恐れたからか、籠池氏の視野から逃げ続けていた様が滑稽(こっけい)だった(今でもネット上の動画サイトで見られる)が、加計学園には関わりがなかったからなのか、随分と派手に躍り出ていったは良いが、これまた失敗してしまったようだ。
 安倍内閣の支持率が、第2次内閣発足以来最低になったようで、各報道機関の調査で軒並み30%台に突入した。そろって不支持率は支持を上回って50%ほどとなり、この政権と総理大臣が信用できないということに多くの国民が気づいてきたのは喜ぶべきだけれども、秘密保護法やら戦争法(安保関連法制)やら共謀罪法(改正組織犯罪処罰法)やらを、多数の横暴によって、まともな説明もできずに乱暴で姑息(こそく)で狡猾(こうかつ)な手法を使って強行採決してきたこの国の傷を癒やすには、気の遠くなる時間と代償を費やさなければならない。
 即刻安倍内閣が総辞職しても、この負の遺産、恐怖の種を取り去る過程が待っているかと思うと、安倍氏の推し進めてきたことの罪深さは筆舌に尽くし難い。
 もちろん、当人は辞意などかけらも持ち合わせていないようで、8月に内閣改造をして、問題山積の大臣を外して延命しようという「ご意向」らしい。このタイミングで入閣の要請を受けるのは誰なのか興味深い。人気回復のためにイメージアップを図って組閣するのだろうが、ここで入閣して自身の人気を下げるデメリットは大きいだろう。ここで引き受ける人は「大臣である」あるいは将来「大臣であった」ということが目的なのだろうなあ、とすら思う。もちろん、適材適所であればいいのだが、任命する側の政治姿勢があれでは、まっとうな仕事もできないだろう。
 知名度や人気のある(であろう)人物の名前が取りざたされているが、自身のイメージを安倍氏と道連れにしようという人たちの顔ぶれが決まるのを怖いもの見たさで待つ。
加計学園の案件で本質を全く理解せずに政権批判をしようとするから、前川喜平の発言に対してマトモな答弁なのかの判断が出来無いと云う事を述べたが、自分自身が判断出来無いならば物を語るなと云いたいですね。
獣医学部新設が本当の意味で動き出したのは少なくとも三十年以上前に遡ると云う背景を無視してるから、事の本質が全く見えず、只単に理事長が安倍晋三内閣総理大臣と親しいと云う理由だけで批判するのは本末転倒。
批判の為の批判でしか無い主張をするならば、其の立ち位置は完全に野党四党やマスメディアと根幹を同一にするのです。
何も解って無いなら黙ってろと云う事なのです。
posted by 天野☆翔 at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

京都産業大学を勝手に被害者扱いする蓮舫。

* 蓮舫氏「京産大は被害者」…獣医学部新設問題 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
 学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題で、民進党の蓮舫代表は15日、「(獣医学部新設を断念した)京都産業大は被害者だったのではないか。時間的に間に合わないから、挙げた手を下ろさざるを得なくなった」と語った。
 政府が昨年11月、学部新設の条件として2018年4月の開学時期を示したことは、早くから準備を進めてきた加計学園による開学だけを認めるためだったとの認識を示したものだ。視察先の福岡県朝倉市で記者団に語った。
獣医学部新設の中での京都産業大学が断念する決断をした事に関して、此れを論って勝手に被害者扱いするのは言語道断で在る。
安倍政権憎しの意識で政権批判したいが為に、京都産業大学を巻き込む事は断じて許す事の出来無い事なのだ。
posted by 天野☆翔 at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする