冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年08月31日

生活保護者の証明書に顔写真で何が悪いのか。

* 生活保護受給者に顔写真付きカード 大阪市長は条件付きで容認発言 - 産経WEST
大阪市の吉村洋文市長は31日の記者会見で、大阪市の一部の区が生活保護受給者の顔写真付きカードを作成していることについて「間違ったことだと思っていない。成り済まし防止の効果があるなら、やった方が良い」と述べ、容認する考えを示した。記者の質問に答えた。
 吉村市長は「大反対もあるだろうが、1件でも不正受給を減らすのが自分の仕事だ」とし「全市でやってもいい」と発言。ただ「(現場に近い)区長の判断を尊重したい。福祉局とも議論している」とし、慎重な姿勢も見せた。
 カードは浪速、福島、東住吉、港の4区が作成。市側は本人確認を迅速にするためだと説明するが、受給者の支援団体は「写真撮影は事実上の強制で、申請者を犯罪者のように扱っている」などと批判している。
顔写真付きのカードが生活保護者に適応されてる事で問題視されてるが、行政手続上迅速な対応が図られれば理に適う事で何の問題も無い上、マイナンバーカードに移行されて行く事を考えれば、マイナンバーカードには顔写真は義務付けされてるので、此の問題は問題視すべきで無い事が解ろう。
生活保護の受給者の支援団体の「犯罪者扱い」の主張は完全に荒唐無稽で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:50 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

特定アジアの観光客にはレンタカーを貸さないと云う問題。

* 中韓客に「レンタカー貸さないで」 沖縄・宮古島署員が要請 通訳おらず、事故対応に苦慮 - 産経WEST
沖縄県警宮古島署(宮古島市)の交通課の40代男性署員が、レンタカー事業者との署内での会合で、中国人や韓国人に車を貸さないよう求めていたことが31日、同署への取材で分かった。同署は「通訳不足を説明するためで差別意識はなかったが、言葉足らずで不適切だった」と認め、署長が29日付で署員を厳重注意した。
 同署によると、会議は署内で24日にあり、業者約10社が参加。署員が、事故があったときなどに「通訳をパッと現場に向かわせることができない中国語や韓国語を母国語とする外国人にはレンタカーを貸さないでほしい」などと発言した。
 今年に入って管内で韓国人の人身事故があり、通訳がおらず、対応に苦慮したことが発言の背景にあるという。会合の参加者には交通課長が直接出向いて謝罪した。
 署によると、昨年、外国人がレンタカーで起こした物損事故は41件あり、近年は増加傾向にあるという。
沖縄県警宮古島署の交通課の職員が発した事だが何の問題も無く、容易に免許取得出来て仕舞う制度の国の人に交通安全の意識は低く、我が国の道路交通法すらも理解しないので在れば運転する資格は無いのは明白。
凶器が街中を平然と走ってると思えば、此の発言の裏側に潜む真実に目が行く事でしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

日野皓正氏の対応は正しい。

* ジャズ・トランペット奏者の日野皓正さんが往復ビンタ 中学生との演奏会で 世田谷区教委「行き過ぎた指導」 殴打された生徒は…(1/3ページ) - 産経ニュース
ジャズ・トランペット奏者の日野皓正さん(74)が20日に東京都世田谷区で開かれた地元の区立小・中学生との共演イベントで、ドラムを叩いていた男子中学生の頬を「往復ビンタ」していたことが31日、世田谷区教委への取材で分かった。区教委は体罰があったことを認め「行き過ぎた指導だったと考えている」と話している。生徒にけがはなかった。
 区教委によると、同区の世田谷パブリックシアターで20日に行われた「Dream Jazz Band 13th Annual Concert」の本番ステージで起きた。人気イベントで今年で13回目。
 本番中に日野さんがドラムを叩いていた中学生の背後に回り、スティックを取り上げ、放り投げた。それでも手でスネアドラム(ドラムの小太鼓のような部分)を叩き続けた中学生の髪をつかむと、平手打ちしたように手を動かした。
 会場には数百人の観客がいたという。日野さんは「何だ、その顔は」と生徒を怒鳴りつけた。
同区教委によると、イベントは、各界で活躍する著名人を講師として招き、世田谷区の小・中学生を対象に、普段の授業や生活では体験できない内容の講座を実施する「新・才能の芽を育てる体験学習」の一環として行われている。
 区教委は「生徒がソロパートでなかなか演奏をやめなかったため、進行に支障が出ると日野氏が判断し、中断させた」と説明。「行き過ぎた指導だったと考えている」とコメントした。
 一方で「今後も事業を実施するために日野さん側と話し合う機会を持ちたい」とし、イベントを続ける意向を示した。
 平手打ちされた男子中学生は「しかられて当然。今後もドリームジャズバンドに参加したい」と話しているという。小・中学生らは日野氏らプロ演奏家の指導を受けて、約4カ月間練習してきた。
 日野さんは、世田谷区に「1年だけ」講師を依頼され、「1年なら嫌。一生続けるなら引き受ける」と答え、「子供たちはこれからの時代を背負って立つ日本の宝。そんな子供たちの可能性を引き出したいと思った」と、講師を引き受けた動機を平成26年、産経新聞の取材で答えている。
 日野さんはトイレの出入り口で、スリッパの向きが逆さまだと「次にトイレに入る人のことを考えていないのか」と叱り、「ジャズは会話みたいなもの。ミュージシャンは他者の気持ちも考えてほしい」と礼儀を教えてきたと取材に話していた。スリッパが直るようになると「おまえら、最高」と褒めていたという。
世田谷区主催の催事で身勝手な行動をした生徒を諌めた事で問題視されてる案件だが、此の対応での氏の行為は正しい。
既に口頭での注意をしてるのにも関わらず、此れを無視して自分勝手な行動をした生徒側に非が在るのは明白で在る。
区側の謝罪は不必要で在るのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:39 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

沖縄タイムスが沖縄基地問題で外国人の干渉を喧伝。


沖縄県のキャンプ・シュワブ前での辺野古基地移設反対派の中に、南朝鮮からの参加が在ったとのうのうと曰ってるが、外国人の政治的な活動を禁ずる事を無視しての此の動向には呆れ果てて開いた口が塞がらない。
基地移設反対活動してる連中の中に朝鮮人が居れば、流石に沖縄防衛局職員の「日本語解りますか」と云う発言が出るのも無理からぬ事で在る。
違法行為を黙認しての此の動きは、沖縄タイムス自体がテロリストの一員と自白したも同然で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:33 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

北朝鮮には対話をとの日本共産党。

* 北朝鮮問題/軍事衝突避け 対話で解決を/圧力一辺倒でいいのか 閉会中審査で 井上・赤嶺議員
北朝鮮が日本上空を通過する弾道ミサイルを発射したことを受け30日、衆院安全保障委員会と参院外交防衛委員会で閉会中審査が行われました。北朝鮮問題で「対話のための対話は意味がない」とする日本政府に対し、日本共産党の赤嶺政賢衆院議員と井上哲士参院議員は、軍事衝突を避け、国際社会と一致協力して対話による解決の道を求めました。両委員会は北朝鮮のミサイル発射に抗議する決議をそれぞれ採択しました。
井上氏は参院外防委で、国際社会が対話による解決を模索するなか、北朝鮮の行為は極めて重大だと指摘。国際社会と関係国は経済制裁とともに「困難はあっても対話による問題解決の道を粘り強く追求することが必要だ」と強調しました。
 井上氏は、マティス米国防長官とティラーソン同国務長官の米紙への共同寄稿で、北朝鮮がこれ以上の挑発行為を停止することを条件に「米国は北朝鮮と交渉する意思がある」と表明し、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領も同様の発言を行っていたと指摘。「非核化の意思と行動を北朝鮮が出すまでは圧力の時」と繰り返す河野太郎外相の姿勢は「国際的な流れからしても特異な姿勢だ」と批判しました。
 「対話のための対話は意味がない」との姿勢を崩さない佐藤正久外務副大臣に対し、井上氏は「意味ある対話を引き出すための対話、緊張緩和のための対話もある」と指摘。圧力についても「北朝鮮を対話に引き出すための圧力であるべきだ」と強調しました。
 また井上氏は、5日に全会一致で採択された国連安全保障理事会の制裁決議が、対話を通じた解決を目指す国の努力を歓迎していることに触れ「日本政府はこれを含め、決議を全面的に履行する努力をすべきだ」と強調しました。
 赤嶺氏は衆院安保委で、安倍首相がトランプ米大統領に「いまは圧力をさらに高める時だ」と述べ、防衛省が来年度予算の概算要求に陸上配備型の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入を要求する方針を固めるなど、北朝鮮への軍事的圧力を強める日本政府の姿勢を厳しく批判。「軍事対軍事の悪循環に陥ってはならない」と強調し、国際社会と協力した経済制裁の厳格な実施強化と一体の対話による解決を追求することを求めました。
四半世紀に渡る対話を求める動きの中で、対話を拒否して度重なる連合国の安全保障理事会の決議違反を繰り返して来た北朝鮮に対して、此の後に及んで迄対話を求めると云うのならば、自分達がすれば良いのです。
聞く耳を一切持たない相手に対話を求める事の如何に愚かな事かを自覚すれば良いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:28 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

毎日新聞と東京新聞が揃って発狂。

* 社説:小池都知事の追悼文見送り 歴史の修正と見られぬか - 毎日新聞
30年ほど前に刊行された「写真報告 関東大震災朝鮮人虐殺」(影書房)には、当時の生々しい証言が載っている。思想家の吉野作造は「中央公論」に朝鮮人虐殺に関する論考を寄せた。史実に残る重大な事件だ。
 その犠牲者を追悼する9月1日の式典に、東京都の小池百合子知事が追悼文を送ることを見合わせた。
 式典は、市民団体の日朝協会などが主催し、墨田区にある都立横網(よこあみ)町公園で毎年9月に開催してきた。
 送付は歴代都知事の慣例で、小池氏も昨年は送っていた。しかし、小池氏は記者会見で「特別な形での追悼文は控えた」と述べるだけで具体的な理由は言及を避けた。
 見送りのきっかけは3月の都議会での質疑とみられる。自民党都議が、6000人余りとされる犠牲者数の根拠を疑問視し、小池氏に追悼文送付の中止を求めた。
 震災直後に「朝鮮人が井戸に毒を入れている」などとデマが広がり、あおられた民衆が自警団などを組織し、多数の朝鮮人が虐殺された。
 横網町公園の追悼碑には「六千余名」とある。震災直後に朝鮮人調査団が調べた数字が根拠とされる。
 内閣府の中央防災会議の報告書は、虐殺された人数を震災による死者数10万5000人の「1〜数%」と推計している。千人単位の虐殺があったことは国も認めている。
 都知事があいさつ文を出す機会は多い。なのになぜ、この件に限って見送ることを決めたのか。
 小池氏は「3月に(都慰霊協会主催の)大法要に出席して関東大震災で犠牲になったすべての方への追悼の意を表した」とも説明している。
 当時の民族差別を背景にした虐殺の犠牲者は、直接震災で亡くなった人と分けて考えるべきだ。
 もし、虐殺を震災被害のひとつに埋没させようとしているのなら、事件の意味をすり替える歴史修正主義と見られても仕方がない。
 小池氏は知事就任後、都有地を韓国人学校に有償貸与する計画を見直す姿勢を示している。国会議員時代には朝鮮学校を高校無償化の対象外とするよう求める発言もしている。
 一連の言動は特定の政治信条を背景にしているのだろうか。小池氏は少なくとも朝鮮人虐殺についての認識を明らかにすべきである。
* 東京新聞:歴史から目背けないで 都知事が朝鮮人追悼文取りやめ 波紋:社会(TOKYO Web)
東京都の小池百合子知事が、9月1日に営まれる関東大震災の朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付を今年からやめた判断に、波紋が広がっている。式が開かれる地元の墨田区長も追悼文の送付を断るなど、追随する動きも出ている。小池氏らに再考を求める作家と在日コリアンが、懸念の理由を語った。 
◆作家・加藤直樹さん(50) 差別否定する行政を
関東大震災後、朝鮮人が暴れているという流言を東京の住民が信じ、朝鮮人を殺した。しかも流言の拡散には、警察などの行政が加担した。歴代の都知事が追悼文を出してきたのは、二度と起こさない責任が行政にあるからだ。
 小池知事は定例会見でも「虐殺」「殺された」という言葉を避け、「災害に続くさまざまな事情によって亡くなられた方々」と表現した。虐殺があったかどうか分からないとの立場を表明したに等しい。
 虐殺は正当防衛だったとする主張が三月の都議会であった。政府中央防災会議の報告書も否定する誤った主張だが、知事の言葉や判断は結果的に容認することになりかねず、逆に負のメッセージを送っている。
 僕は東京・大久保で生まれ育った。在日の級友も多かった。そんな多様性が大久保の誇りだし、東京の醍醐味だ。でも差別がまかり通るようでは、マイノリティーの人たちは安心して暮らせない。そして、民族差別がもたらした最悪の事態が虐殺だった。
 災害の後、民族差別的なデマは今でも流れる。きちっとそれを否定する行政を望むし、それが防災の大きな柱だと思う。「ダイバーシティ」(多様性)を重視するとよく言う知事だからこそ、再考してほしい。
<かとう・なおき> 関東大震災での朝鮮人虐殺を描いたノンフィクション『九月、東京の路上で』などの著書がある。
◆在日コリアン2世 主婦・申静子さん(73) 肩身狭く生きづらい
かつて、日本に行った息子が帰らないと、故郷の朝鮮のお母さんたちは家の戸を夜も閉めなかったと聞く。虐殺され、遺骨も出てこない。生きていると信じ、帰ってきたら、入ってこられるようにと。
 天災と人災は違う。そういう歴史から小池知事は目を背けている。
 流言にあおられて朝鮮人を殺した日本の人たちも、われに返れば罪悪感にさいなまれたはず。その思いを託されたのが追悼式。それなのに「六千人虐殺に根拠はない」と主張する人たちは、日本人に逆に泥を塗っているように見える。そうした主張をする人たちが追悼文の送付取りやめを称賛している。知事は暗に力を貸したことになる。
 在日はどんどん肩身が狭く、生きづらくなっている。何でも北朝鮮と結び付けられ、「不満なら朝鮮に帰れ」と。私たちも逃げ道をつくり、政治問題を口にしない。「朝鮮料理」は「韓国料理」と言い換える。
 地元の杉並区にある朝鮮初級学校を支援している。学校と交流する町内の人は「災害が起きたら、帰れない子は家で寝泊まりさせてあげる」と言ってくれる。一方で「校庭に避難させて」とも。弱い者同士は助け合っている。だからこそ、権力者の小池知事の判断が残念でならない。
<シン・ジョンジャ> 20代から東京都内に居住する在日コリアン2世。両親は現在の韓国南東部から来日した。
東京都知事が関東大震災での朝鮮人犠牲者への追悼文を見送る事に成った事での反応で、毎日新聞と東京新聞は挙って此れを批判した。
震災直後の報道では朝鮮人の数多の犯罪の実態は報道されたが、虐殺されたと云う報道は確認出来て居ません。
にも関わらず虐殺が事実の如くの論調には大いに疑問を抱く。
実際に虐殺が行われてたのならば其れこそ当時は大騒ぎで後世に伝えられてる事に成るが、此れが無いのは明らかに捏造された情報で在ると云う結論に至るのだ。
実態の無い案件を事実として報道するので在れば、其れこそ報道機関の根幹に関わる重大な案件で在る。
両紙には虐殺が在ったと云う客観的な事実の提示が求められる。
posted by 天野☆翔 at 23:22 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

北朝鮮のミサイル射出で日本の対応を評価する南朝鮮。

* 【北ミサイル】「迅速で正確な日本の対応」「韓国の対応は悲しくなる」「3時間迷った」 韓国メディア、日本称賛の一方で韓国政府に批判集中(1/2ページ) - 産経ニュース
北朝鮮が29日に発射した弾道ミサイルへの日本政府の対処に、韓国メディアは「迅速で正確な対応」(主要各紙)と評価する一方、韓国政府の対応には「3時間も迷った」(東亜日報)といった批判が集中している。
 韓国各紙が日本政府の対応でとくに注目したのは、ミサイル発射を受けて発令された全国瞬時警報システム(Jアラート)による迅速な情報発信だ。「韓国軍の自国メディアへの文字メッセージ伝達よりも日本は8分も早かった」(朝鮮日報など)と、その素早さを肯定的に伝えた。
 また、日本政府の対応にも関心が集中。安倍晋三首相が通常より2時間早く出勤し国家安全保障会議(NSC)を招集したことや、首相自らのメディア対応、菅義偉官房長官による緊急記者会見などを取り上げている。
 日本の迅速さと比較された韓国政府への評価は酷評一色だ。「文在寅(ムン・ジェイン)大統領がNSCを主宰しなかった」「安倍首相はトランプ米大統領と電話で40分間も話したのに、文大統領は日米首脳とは話さず、外相らとの15分の通話で終わった」「右往左往しているような様子」などと批判的な内容が並ぶ。
ミサイル発射があった29日、韓国のネット上では日本の反応に対し「また騒いでいる」「大げさだ」などの否定的な意見が目立った。30日付のハンギョレ紙は、安倍首相がトランプ米大統領に泣きつく風刺画を掲載した。
 30日付朝鮮日報は論説委員のコラムで日本の対応を「大げさ過ぎると感じないこともない」としつつも、「危機や災害に予告はない。核とミサイルを頭上に抱え生活している韓国の安易な姿勢や対応の方が逆に心配になる」と韓国の危機意識の薄さに警鐘を鳴らした。
全国瞬時警報システムの運用で南朝鮮は日本の対応を大きく評価したが、此れが本来の危機管理能力で在り、南朝鮮の対応自体が異常だったのだ。
右往左往して定まらず、我が国の情報を頼りにしての対応は間違い。
国を上げての避難訓練ですら真面目に取り組まない民族なので在れば、此の対応を批判するのも可笑しな話でも在る。
南朝鮮は北朝鮮の脅威を真剣に考えて居ない良い証左で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:39 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

連合は民進党を切れ。

* 【民進代表選】連合・神津里季生会長、民共共闘路線の修正要求 「労働運動は共産主義革命のためにあるわけではない」と強い忌避感(1/2ページ) - 産経ニュース
民進党最大の支持団体である連合の神津里季生会長が、党代表選(9月1日投開票)を機に共産党との共闘路線を見直すよう牽制(けんせい)している。30日の講演では、10月に行われる3つの衆院補欠選挙をめぐり、民進、共産両党による選挙協力に否定的な見解を示した。「反共産」が旗印の連合の歴史を踏まえれば、代表選を通じ共闘路線の修正を図りたいところだ。
 「連合は(労働運動から)共産党の影響を排除するために闘ってきた。労働運動は共産主義革命のためにあるわけではない」
 神津氏は講演で、共産党への強い忌避感をあらわにした。さらに補選での対応について「(共産党と)同じ事務所で一緒にやりましょう、なんてことはありえない」とも言い切った。
 次期衆院選などの選挙協力は「選挙をどう戦うかという中で、いろんなことがあるのも事実だ」と一定の理解を示した。ただ、民進党の姿勢には「共産党に頭を下げて『票を下さい』といっているようにみえる」と苦言を述べた。
 代表選では前原誠司元外相(55)が、民進、共産など4野党首の選挙協力の合意について「是非も含め見直す」と言及した。対する枝野幸男元官房長官(53)は共闘路線の継承を掲げ、両候補の違いが際立っている。
神津氏は、両氏のどちらが代表にふさわしいか明言は避けた。ただ前原氏が会長を務め、社会保障政策のあり方を探る党内の調査会「尊厳ある生活保障総合調査会」にわざわざ言及し、期待感をにじませた。
 連合傘下の労組では、民間系の自動車総連などが前原氏を支持する一方、民共連携に前向きな自治労など官公労系は枝野氏の支援に力を入れている。神津氏にとっては連合内の路線対立も悩みの種となっている。
日本共産党との選挙協力を画策してる民進党に対して、連合は此れを見直せと要求してるが、要求自体が無意味で悪足掻きでしか無い。
政権交代を目標とした議席獲得の為なら手段を選ばないと云う姿勢で、相反する政治理念の日本共産党と協力するので在れば政党自体の存在意義が問われる。
然し、此の姿勢を正さないので在れば連合は民進党を見放すべきで在る。
何時迄も期待する事が間違いなのだ。
時代遅れの価値観で支持して居ては駄目なのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

麻生太郎氏の発言は間違っては無い。

* 麻生太郎氏「動機が正しくても何百万人殺したヒトラーは駄目だ」 - 産経ニュース
麻生太郎副総理兼財務相は29日、自民党麻生派の研修会での講演で「(政治家に)動機は問わない。結果が大事だ。いくら動機が正しくても何百万人殺しちゃったヒトラーは、やっぱり駄目だ」と述べた。
 政治家の心構えを説く中で発言した。「国民に確たる結果を残して初めて名政治家だったと言われる。人がいいだけでやれる職業じゃない」とも語った。
 麻生氏は、平成25年に「ドイツのワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。あの手口を学んだらどうか」と発言し、後に撤回した。
* 麻生氏、「ヒトラー発言」不適切として撤回 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
麻生副総理兼財務相は30日午前、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーに関する自身の発言について、「ヒトラーを例示としてあげたことは不適切であり、撤回したい」との談話を文書で発表した。
 談話で麻生氏は、「私の真意と異なり誤解を招いたことは遺憾だ。政治家にとって結果を出すことがすべてだということを申し上げたかった。ヒトラーは動機においても誤っていたことも明らかだ」と釈明した。
 問題の発言は、麻生氏が29日の自民党麻生派の研修会での講演で、「(政治家は)結果が大事だ。何百万人殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんですよ」と語ったもので、ヒトラーを部分的に擁護したとも受け取れる内容だった。
ヒットラーの案件で、結果的に大量虐殺したので在れば駄目だと云う趣旨の発言をして叩かれたが、失言でも無い上に叩かれる案件でも無い。
低迷する当時のドイツの復興の為に立ち上がり、民主的に選ばれたが、其の過程に於いてユダヤ民族の大虐殺をしては何も為らないと云う批判を込めた発言で在ったのです。
決してヒットラーを賞賛した訳でも擁護した訳では無い事を言明して置きます。
posted by 天野☆翔 at 23:27 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

東京都受動喫煙防止条例は無意味。

* 子供いる自宅では「禁煙努力」、子供いる車内は「喫煙ダメ」 受動喫煙防止条例案、都民ファーストの会と公明が提出へ - 産経ニュース
小池百合子東京都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」と都議会公明党は29日、18歳未満の子供を受動喫煙から守ることを目的とした条例案を9月の都議会定例会に共同提案すると発表した。子供は自らの意思で受動喫煙を避けるのは難しいとして、子供がいる自宅の部屋での禁煙を努力義務に規定。「都民」と公明は都議会の過半数を占めるため、条例案は成立する見通し。
 紙巻きたばこだけでなく、加熱式たばこも対象。禁煙に努める場所として学校近くの道路や公園なども盛り込んだ。保護者には受動喫煙防止策がとられていない飲食店などに子供を立ち入らせないよう求める。子供がいる車内は「喫煙してはいけない」と制限。罰則規定はない。
 「都民」は7月の都議選で罰則付きの受動喫煙防止条例の制定を公約として掲げた。今回の条例案を「啓発条例」として普及させ、都との協議などを行いながら罰則付き条例の制定を目指す方針。
屋内や車内での子供が居る空間での喫煙は駄目と云う内容だが、此れは「私」の場を「公」と見做す事に繋がり、罰則規定は設定しないが摘発もしないと云う、極めて中途半端で無意味な条例案で在る。
仮に罰則規定や摘発が可能だとしても、誰がどう判断するのかと云う根本的な疑念が残る。
現在の路上喫煙を取り締まる条例でも私道や私有地に関しては適応対象外に成ってるのです。
こう云う側面からも、此の条例案は極めて恣意的な運用が可能に為り、法律の観点からは無効でしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする