冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年08月31日

生活保護者の証明書に顔写真で何が悪いのか。

* 生活保護受給者に顔写真付きカード 大阪市長は条件付きで容認発言 - 産経WEST
大阪市の吉村洋文市長は31日の記者会見で、大阪市の一部の区が生活保護受給者の顔写真付きカードを作成していることについて「間違ったことだと思っていない。成り済まし防止の効果があるなら、やった方が良い」と述べ、容認する考えを示した。記者の質問に答えた。
 吉村市長は「大反対もあるだろうが、1件でも不正受給を減らすのが自分の仕事だ」とし「全市でやってもいい」と発言。ただ「(現場に近い)区長の判断を尊重したい。福祉局とも議論している」とし、慎重な姿勢も見せた。
 カードは浪速、福島、東住吉、港の4区が作成。市側は本人確認を迅速にするためだと説明するが、受給者の支援団体は「写真撮影は事実上の強制で、申請者を犯罪者のように扱っている」などと批判している。
顔写真付きのカードが生活保護者に適応されてる事で問題視されてるが、行政手続上迅速な対応が図られれば理に適う事で何の問題も無い上、マイナンバーカードに移行されて行く事を考えれば、マイナンバーカードには顔写真は義務付けされてるので、此の問題は問題視すべきで無い事が解ろう。
生活保護の受給者の支援団体の「犯罪者扱い」の主張は完全に荒唐無稽で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:50 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

特定アジアの観光客にはレンタカーを貸さないと云う問題。

* 中韓客に「レンタカー貸さないで」 沖縄・宮古島署員が要請 通訳おらず、事故対応に苦慮 - 産経WEST
沖縄県警宮古島署(宮古島市)の交通課の40代男性署員が、レンタカー事業者との署内での会合で、中国人や韓国人に車を貸さないよう求めていたことが31日、同署への取材で分かった。同署は「通訳不足を説明するためで差別意識はなかったが、言葉足らずで不適切だった」と認め、署長が29日付で署員を厳重注意した。
 同署によると、会議は署内で24日にあり、業者約10社が参加。署員が、事故があったときなどに「通訳をパッと現場に向かわせることができない中国語や韓国語を母国語とする外国人にはレンタカーを貸さないでほしい」などと発言した。
 今年に入って管内で韓国人の人身事故があり、通訳がおらず、対応に苦慮したことが発言の背景にあるという。会合の参加者には交通課長が直接出向いて謝罪した。
 署によると、昨年、外国人がレンタカーで起こした物損事故は41件あり、近年は増加傾向にあるという。
沖縄県警宮古島署の交通課の職員が発した事だが何の問題も無く、容易に免許取得出来て仕舞う制度の国の人に交通安全の意識は低く、我が国の道路交通法すらも理解しないので在れば運転する資格は無いのは明白。
凶器が街中を平然と走ってると思えば、此の発言の裏側に潜む真実に目が行く事でしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

日野皓正氏の対応は正しい。

* ジャズ・トランペット奏者の日野皓正さんが往復ビンタ 中学生との演奏会で 世田谷区教委「行き過ぎた指導」 殴打された生徒は…(1/3ページ) - 産経ニュース
ジャズ・トランペット奏者の日野皓正さん(74)が20日に東京都世田谷区で開かれた地元の区立小・中学生との共演イベントで、ドラムを叩いていた男子中学生の頬を「往復ビンタ」していたことが31日、世田谷区教委への取材で分かった。区教委は体罰があったことを認め「行き過ぎた指導だったと考えている」と話している。生徒にけがはなかった。
 区教委によると、同区の世田谷パブリックシアターで20日に行われた「Dream Jazz Band 13th Annual Concert」の本番ステージで起きた。人気イベントで今年で13回目。
 本番中に日野さんがドラムを叩いていた中学生の背後に回り、スティックを取り上げ、放り投げた。それでも手でスネアドラム(ドラムの小太鼓のような部分)を叩き続けた中学生の髪をつかむと、平手打ちしたように手を動かした。
 会場には数百人の観客がいたという。日野さんは「何だ、その顔は」と生徒を怒鳴りつけた。
同区教委によると、イベントは、各界で活躍する著名人を講師として招き、世田谷区の小・中学生を対象に、普段の授業や生活では体験できない内容の講座を実施する「新・才能の芽を育てる体験学習」の一環として行われている。
 区教委は「生徒がソロパートでなかなか演奏をやめなかったため、進行に支障が出ると日野氏が判断し、中断させた」と説明。「行き過ぎた指導だったと考えている」とコメントした。
 一方で「今後も事業を実施するために日野さん側と話し合う機会を持ちたい」とし、イベントを続ける意向を示した。
 平手打ちされた男子中学生は「しかられて当然。今後もドリームジャズバンドに参加したい」と話しているという。小・中学生らは日野氏らプロ演奏家の指導を受けて、約4カ月間練習してきた。
 日野さんは、世田谷区に「1年だけ」講師を依頼され、「1年なら嫌。一生続けるなら引き受ける」と答え、「子供たちはこれからの時代を背負って立つ日本の宝。そんな子供たちの可能性を引き出したいと思った」と、講師を引き受けた動機を平成26年、産経新聞の取材で答えている。
 日野さんはトイレの出入り口で、スリッパの向きが逆さまだと「次にトイレに入る人のことを考えていないのか」と叱り、「ジャズは会話みたいなもの。ミュージシャンは他者の気持ちも考えてほしい」と礼儀を教えてきたと取材に話していた。スリッパが直るようになると「おまえら、最高」と褒めていたという。
世田谷区主催の催事で身勝手な行動をした生徒を諌めた事で問題視されてる案件だが、此の対応での氏の行為は正しい。
既に口頭での注意をしてるのにも関わらず、此れを無視して自分勝手な行動をした生徒側に非が在るのは明白で在る。
区側の謝罪は不必要で在るのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:39 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

沖縄タイムスが沖縄基地問題で外国人の干渉を喧伝。


沖縄県のキャンプ・シュワブ前での辺野古基地移設反対派の中に、南朝鮮からの参加が在ったとのうのうと曰ってるが、外国人の政治的な活動を禁ずる事を無視しての此の動向には呆れ果てて開いた口が塞がらない。
基地移設反対活動してる連中の中に朝鮮人が居れば、流石に沖縄防衛局職員の「日本語解りますか」と云う発言が出るのも無理からぬ事で在る。
違法行為を黙認しての此の動きは、沖縄タイムス自体がテロリストの一員と自白したも同然で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:33 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

北朝鮮には対話をとの日本共産党。

* 北朝鮮問題/軍事衝突避け 対話で解決を/圧力一辺倒でいいのか 閉会中審査で 井上・赤嶺議員
北朝鮮が日本上空を通過する弾道ミサイルを発射したことを受け30日、衆院安全保障委員会と参院外交防衛委員会で閉会中審査が行われました。北朝鮮問題で「対話のための対話は意味がない」とする日本政府に対し、日本共産党の赤嶺政賢衆院議員と井上哲士参院議員は、軍事衝突を避け、国際社会と一致協力して対話による解決の道を求めました。両委員会は北朝鮮のミサイル発射に抗議する決議をそれぞれ採択しました。
井上氏は参院外防委で、国際社会が対話による解決を模索するなか、北朝鮮の行為は極めて重大だと指摘。国際社会と関係国は経済制裁とともに「困難はあっても対話による問題解決の道を粘り強く追求することが必要だ」と強調しました。
 井上氏は、マティス米国防長官とティラーソン同国務長官の米紙への共同寄稿で、北朝鮮がこれ以上の挑発行為を停止することを条件に「米国は北朝鮮と交渉する意思がある」と表明し、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領も同様の発言を行っていたと指摘。「非核化の意思と行動を北朝鮮が出すまでは圧力の時」と繰り返す河野太郎外相の姿勢は「国際的な流れからしても特異な姿勢だ」と批判しました。
 「対話のための対話は意味がない」との姿勢を崩さない佐藤正久外務副大臣に対し、井上氏は「意味ある対話を引き出すための対話、緊張緩和のための対話もある」と指摘。圧力についても「北朝鮮を対話に引き出すための圧力であるべきだ」と強調しました。
 また井上氏は、5日に全会一致で採択された国連安全保障理事会の制裁決議が、対話を通じた解決を目指す国の努力を歓迎していることに触れ「日本政府はこれを含め、決議を全面的に履行する努力をすべきだ」と強調しました。
 赤嶺氏は衆院安保委で、安倍首相がトランプ米大統領に「いまは圧力をさらに高める時だ」と述べ、防衛省が来年度予算の概算要求に陸上配備型の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入を要求する方針を固めるなど、北朝鮮への軍事的圧力を強める日本政府の姿勢を厳しく批判。「軍事対軍事の悪循環に陥ってはならない」と強調し、国際社会と協力した経済制裁の厳格な実施強化と一体の対話による解決を追求することを求めました。
四半世紀に渡る対話を求める動きの中で、対話を拒否して度重なる連合国の安全保障理事会の決議違反を繰り返して来た北朝鮮に対して、此の後に及んで迄対話を求めると云うのならば、自分達がすれば良いのです。
聞く耳を一切持たない相手に対話を求める事の如何に愚かな事かを自覚すれば良いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:28 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

毎日新聞と東京新聞が揃って発狂。

* 社説:小池都知事の追悼文見送り 歴史の修正と見られぬか - 毎日新聞
30年ほど前に刊行された「写真報告 関東大震災朝鮮人虐殺」(影書房)には、当時の生々しい証言が載っている。思想家の吉野作造は「中央公論」に朝鮮人虐殺に関する論考を寄せた。史実に残る重大な事件だ。
 その犠牲者を追悼する9月1日の式典に、東京都の小池百合子知事が追悼文を送ることを見合わせた。
 式典は、市民団体の日朝協会などが主催し、墨田区にある都立横網(よこあみ)町公園で毎年9月に開催してきた。
 送付は歴代都知事の慣例で、小池氏も昨年は送っていた。しかし、小池氏は記者会見で「特別な形での追悼文は控えた」と述べるだけで具体的な理由は言及を避けた。
 見送りのきっかけは3月の都議会での質疑とみられる。自民党都議が、6000人余りとされる犠牲者数の根拠を疑問視し、小池氏に追悼文送付の中止を求めた。
 震災直後に「朝鮮人が井戸に毒を入れている」などとデマが広がり、あおられた民衆が自警団などを組織し、多数の朝鮮人が虐殺された。
 横網町公園の追悼碑には「六千余名」とある。震災直後に朝鮮人調査団が調べた数字が根拠とされる。
 内閣府の中央防災会議の報告書は、虐殺された人数を震災による死者数10万5000人の「1〜数%」と推計している。千人単位の虐殺があったことは国も認めている。
 都知事があいさつ文を出す機会は多い。なのになぜ、この件に限って見送ることを決めたのか。
 小池氏は「3月に(都慰霊協会主催の)大法要に出席して関東大震災で犠牲になったすべての方への追悼の意を表した」とも説明している。
 当時の民族差別を背景にした虐殺の犠牲者は、直接震災で亡くなった人と分けて考えるべきだ。
 もし、虐殺を震災被害のひとつに埋没させようとしているのなら、事件の意味をすり替える歴史修正主義と見られても仕方がない。
 小池氏は知事就任後、都有地を韓国人学校に有償貸与する計画を見直す姿勢を示している。国会議員時代には朝鮮学校を高校無償化の対象外とするよう求める発言もしている。
 一連の言動は特定の政治信条を背景にしているのだろうか。小池氏は少なくとも朝鮮人虐殺についての認識を明らかにすべきである。
* 東京新聞:歴史から目背けないで 都知事が朝鮮人追悼文取りやめ 波紋:社会(TOKYO Web)
東京都の小池百合子知事が、9月1日に営まれる関東大震災の朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付を今年からやめた判断に、波紋が広がっている。式が開かれる地元の墨田区長も追悼文の送付を断るなど、追随する動きも出ている。小池氏らに再考を求める作家と在日コリアンが、懸念の理由を語った。 
◆作家・加藤直樹さん(50) 差別否定する行政を
関東大震災後、朝鮮人が暴れているという流言を東京の住民が信じ、朝鮮人を殺した。しかも流言の拡散には、警察などの行政が加担した。歴代の都知事が追悼文を出してきたのは、二度と起こさない責任が行政にあるからだ。
 小池知事は定例会見でも「虐殺」「殺された」という言葉を避け、「災害に続くさまざまな事情によって亡くなられた方々」と表現した。虐殺があったかどうか分からないとの立場を表明したに等しい。
 虐殺は正当防衛だったとする主張が三月の都議会であった。政府中央防災会議の報告書も否定する誤った主張だが、知事の言葉や判断は結果的に容認することになりかねず、逆に負のメッセージを送っている。
 僕は東京・大久保で生まれ育った。在日の級友も多かった。そんな多様性が大久保の誇りだし、東京の醍醐味だ。でも差別がまかり通るようでは、マイノリティーの人たちは安心して暮らせない。そして、民族差別がもたらした最悪の事態が虐殺だった。
 災害の後、民族差別的なデマは今でも流れる。きちっとそれを否定する行政を望むし、それが防災の大きな柱だと思う。「ダイバーシティ」(多様性)を重視するとよく言う知事だからこそ、再考してほしい。
<かとう・なおき> 関東大震災での朝鮮人虐殺を描いたノンフィクション『九月、東京の路上で』などの著書がある。
◆在日コリアン2世 主婦・申静子さん(73) 肩身狭く生きづらい
かつて、日本に行った息子が帰らないと、故郷の朝鮮のお母さんたちは家の戸を夜も閉めなかったと聞く。虐殺され、遺骨も出てこない。生きていると信じ、帰ってきたら、入ってこられるようにと。
 天災と人災は違う。そういう歴史から小池知事は目を背けている。
 流言にあおられて朝鮮人を殺した日本の人たちも、われに返れば罪悪感にさいなまれたはず。その思いを託されたのが追悼式。それなのに「六千人虐殺に根拠はない」と主張する人たちは、日本人に逆に泥を塗っているように見える。そうした主張をする人たちが追悼文の送付取りやめを称賛している。知事は暗に力を貸したことになる。
 在日はどんどん肩身が狭く、生きづらくなっている。何でも北朝鮮と結び付けられ、「不満なら朝鮮に帰れ」と。私たちも逃げ道をつくり、政治問題を口にしない。「朝鮮料理」は「韓国料理」と言い換える。
 地元の杉並区にある朝鮮初級学校を支援している。学校と交流する町内の人は「災害が起きたら、帰れない子は家で寝泊まりさせてあげる」と言ってくれる。一方で「校庭に避難させて」とも。弱い者同士は助け合っている。だからこそ、権力者の小池知事の判断が残念でならない。
<シン・ジョンジャ> 20代から東京都内に居住する在日コリアン2世。両親は現在の韓国南東部から来日した。
東京都知事が関東大震災での朝鮮人犠牲者への追悼文を見送る事に成った事での反応で、毎日新聞と東京新聞は挙って此れを批判した。
震災直後の報道では朝鮮人の数多の犯罪の実態は報道されたが、虐殺されたと云う報道は確認出来て居ません。
にも関わらず虐殺が事実の如くの論調には大いに疑問を抱く。
実際に虐殺が行われてたのならば其れこそ当時は大騒ぎで後世に伝えられてる事に成るが、此れが無いのは明らかに捏造された情報で在ると云う結論に至るのだ。
実態の無い案件を事実として報道するので在れば、其れこそ報道機関の根幹に関わる重大な案件で在る。
両紙には虐殺が在ったと云う客観的な事実の提示が求められる。
posted by 天野☆翔 at 23:22 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

北朝鮮のミサイル射出で日本の対応を評価する南朝鮮。

* 【北ミサイル】「迅速で正確な日本の対応」「韓国の対応は悲しくなる」「3時間迷った」 韓国メディア、日本称賛の一方で韓国政府に批判集中(1/2ページ) - 産経ニュース
北朝鮮が29日に発射した弾道ミサイルへの日本政府の対処に、韓国メディアは「迅速で正確な対応」(主要各紙)と評価する一方、韓国政府の対応には「3時間も迷った」(東亜日報)といった批判が集中している。
 韓国各紙が日本政府の対応でとくに注目したのは、ミサイル発射を受けて発令された全国瞬時警報システム(Jアラート)による迅速な情報発信だ。「韓国軍の自国メディアへの文字メッセージ伝達よりも日本は8分も早かった」(朝鮮日報など)と、その素早さを肯定的に伝えた。
 また、日本政府の対応にも関心が集中。安倍晋三首相が通常より2時間早く出勤し国家安全保障会議(NSC)を招集したことや、首相自らのメディア対応、菅義偉官房長官による緊急記者会見などを取り上げている。
 日本の迅速さと比較された韓国政府への評価は酷評一色だ。「文在寅(ムン・ジェイン)大統領がNSCを主宰しなかった」「安倍首相はトランプ米大統領と電話で40分間も話したのに、文大統領は日米首脳とは話さず、外相らとの15分の通話で終わった」「右往左往しているような様子」などと批判的な内容が並ぶ。
ミサイル発射があった29日、韓国のネット上では日本の反応に対し「また騒いでいる」「大げさだ」などの否定的な意見が目立った。30日付のハンギョレ紙は、安倍首相がトランプ米大統領に泣きつく風刺画を掲載した。
 30日付朝鮮日報は論説委員のコラムで日本の対応を「大げさ過ぎると感じないこともない」としつつも、「危機や災害に予告はない。核とミサイルを頭上に抱え生活している韓国の安易な姿勢や対応の方が逆に心配になる」と韓国の危機意識の薄さに警鐘を鳴らした。
全国瞬時警報システムの運用で南朝鮮は日本の対応を大きく評価したが、此れが本来の危機管理能力で在り、南朝鮮の対応自体が異常だったのだ。
右往左往して定まらず、我が国の情報を頼りにしての対応は間違い。
国を上げての避難訓練ですら真面目に取り組まない民族なので在れば、此の対応を批判するのも可笑しな話でも在る。
南朝鮮は北朝鮮の脅威を真剣に考えて居ない良い証左で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:39 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

連合は民進党を切れ。

* 【民進代表選】連合・神津里季生会長、民共共闘路線の修正要求 「労働運動は共産主義革命のためにあるわけではない」と強い忌避感(1/2ページ) - 産経ニュース
民進党最大の支持団体である連合の神津里季生会長が、党代表選(9月1日投開票)を機に共産党との共闘路線を見直すよう牽制(けんせい)している。30日の講演では、10月に行われる3つの衆院補欠選挙をめぐり、民進、共産両党による選挙協力に否定的な見解を示した。「反共産」が旗印の連合の歴史を踏まえれば、代表選を通じ共闘路線の修正を図りたいところだ。
 「連合は(労働運動から)共産党の影響を排除するために闘ってきた。労働運動は共産主義革命のためにあるわけではない」
 神津氏は講演で、共産党への強い忌避感をあらわにした。さらに補選での対応について「(共産党と)同じ事務所で一緒にやりましょう、なんてことはありえない」とも言い切った。
 次期衆院選などの選挙協力は「選挙をどう戦うかという中で、いろんなことがあるのも事実だ」と一定の理解を示した。ただ、民進党の姿勢には「共産党に頭を下げて『票を下さい』といっているようにみえる」と苦言を述べた。
 代表選では前原誠司元外相(55)が、民進、共産など4野党首の選挙協力の合意について「是非も含め見直す」と言及した。対する枝野幸男元官房長官(53)は共闘路線の継承を掲げ、両候補の違いが際立っている。
神津氏は、両氏のどちらが代表にふさわしいか明言は避けた。ただ前原氏が会長を務め、社会保障政策のあり方を探る党内の調査会「尊厳ある生活保障総合調査会」にわざわざ言及し、期待感をにじませた。
 連合傘下の労組では、民間系の自動車総連などが前原氏を支持する一方、民共連携に前向きな自治労など官公労系は枝野氏の支援に力を入れている。神津氏にとっては連合内の路線対立も悩みの種となっている。
日本共産党との選挙協力を画策してる民進党に対して、連合は此れを見直せと要求してるが、要求自体が無意味で悪足掻きでしか無い。
政権交代を目標とした議席獲得の為なら手段を選ばないと云う姿勢で、相反する政治理念の日本共産党と協力するので在れば政党自体の存在意義が問われる。
然し、此の姿勢を正さないので在れば連合は民進党を見放すべきで在る。
何時迄も期待する事が間違いなのだ。
時代遅れの価値観で支持して居ては駄目なのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

麻生太郎氏の発言は間違っては無い。

* 麻生太郎氏「動機が正しくても何百万人殺したヒトラーは駄目だ」 - 産経ニュース
麻生太郎副総理兼財務相は29日、自民党麻生派の研修会での講演で「(政治家に)動機は問わない。結果が大事だ。いくら動機が正しくても何百万人殺しちゃったヒトラーは、やっぱり駄目だ」と述べた。
 政治家の心構えを説く中で発言した。「国民に確たる結果を残して初めて名政治家だったと言われる。人がいいだけでやれる職業じゃない」とも語った。
 麻生氏は、平成25年に「ドイツのワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。あの手口を学んだらどうか」と発言し、後に撤回した。
* 麻生氏、「ヒトラー発言」不適切として撤回 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
麻生副総理兼財務相は30日午前、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーに関する自身の発言について、「ヒトラーを例示としてあげたことは不適切であり、撤回したい」との談話を文書で発表した。
 談話で麻生氏は、「私の真意と異なり誤解を招いたことは遺憾だ。政治家にとって結果を出すことがすべてだということを申し上げたかった。ヒトラーは動機においても誤っていたことも明らかだ」と釈明した。
 問題の発言は、麻生氏が29日の自民党麻生派の研修会での講演で、「(政治家は)結果が大事だ。何百万人殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんですよ」と語ったもので、ヒトラーを部分的に擁護したとも受け取れる内容だった。
ヒットラーの案件で、結果的に大量虐殺したので在れば駄目だと云う趣旨の発言をして叩かれたが、失言でも無い上に叩かれる案件でも無い。
低迷する当時のドイツの復興の為に立ち上がり、民主的に選ばれたが、其の過程に於いてユダヤ民族の大虐殺をしては何も為らないと云う批判を込めた発言で在ったのです。
決してヒットラーを賞賛した訳でも擁護した訳では無い事を言明して置きます。
posted by 天野☆翔 at 23:27 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

東京都受動喫煙防止条例は無意味。

* 子供いる自宅では「禁煙努力」、子供いる車内は「喫煙ダメ」 受動喫煙防止条例案、都民ファーストの会と公明が提出へ - 産経ニュース
小池百合子東京都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」と都議会公明党は29日、18歳未満の子供を受動喫煙から守ることを目的とした条例案を9月の都議会定例会に共同提案すると発表した。子供は自らの意思で受動喫煙を避けるのは難しいとして、子供がいる自宅の部屋での禁煙を努力義務に規定。「都民」と公明は都議会の過半数を占めるため、条例案は成立する見通し。
 紙巻きたばこだけでなく、加熱式たばこも対象。禁煙に努める場所として学校近くの道路や公園なども盛り込んだ。保護者には受動喫煙防止策がとられていない飲食店などに子供を立ち入らせないよう求める。子供がいる車内は「喫煙してはいけない」と制限。罰則規定はない。
 「都民」は7月の都議選で罰則付きの受動喫煙防止条例の制定を公約として掲げた。今回の条例案を「啓発条例」として普及させ、都との協議などを行いながら罰則付き条例の制定を目指す方針。
屋内や車内での子供が居る空間での喫煙は駄目と云う内容だが、此れは「私」の場を「公」と見做す事に繋がり、罰則規定は設定しないが摘発もしないと云う、極めて中途半端で無意味な条例案で在る。
仮に罰則規定や摘発が可能だとしても、誰がどう判断するのかと云う根本的な疑念が残る。
現在の路上喫煙を取り締まる条例でも私道や私有地に関しては適応対象外に成ってるのです。
こう云う側面からも、此の条例案は極めて恣意的な運用が可能に為り、法律の観点からは無効でしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

金子勝や堀江貴文がJアラートにイチャモン。

* 【北ミサイル発射】慶応大学の金子勝教授 ツイッターで「北朝鮮も怖いが、『戦時放送』を流す安倍政権も怖い」 - 産経ニュース
慶応大学の金子勝教授が29日、自身のツイッターを更新。北朝鮮のミサイル発射をうけて「北朝鮮も怖いが、『戦時放送』を流す安倍政権も怖い」などと書き込んだ。18時37分の時点で5000件以上リツイートされ、話題になっている。
 金子氏は北朝鮮のミサイルが北海道の上空を通過して太平洋に落下したことをうけ、テレビなどが「頑丈な建物に非難を」と呼びかけるメッセージに対し、「まるで戦時中の空襲警報」と述べている。
 ネット上では「警報がなくて大事に至ったらそれはそれで批判するのでは?」「平和は空から降ってこない」などと意見が書き込まれている。

* 【北ミサイル】堀江貴文氏、Jアラートに「起こすな」 - 産経ニュース
北朝鮮の弾道ミサイル発射により、Jアラートが29日早朝に発令されたことを受け、元ライブドア社長で実業家の堀江貴文氏は公式ツイッターで「マジでこんなんで起こすなクソ。こんなんで一々出すシステムを入れるクソ政府」と批判。ネット上では反論が殺到し、物議をかもした。
 「批判する矛先が全く違う」「国内に着弾する可能性がゼロでない以上、(政府は)危険を通知する義務がある」といった反論の一方、「結局逃げたりとか何もできない」などと堀江氏に理解を示す書き込みもあった。
 堀江氏はこのほかにも、「北朝鮮は本格的な実験しようと思ったら東に撃つしかないんだから、そんなのこっちでどうにもならんやろ。いちいちそんなんでアラート出すべきじゃねーんだよボケ」などと持論を展開した。

我が国の政府は国民の生命財産を守る義務が在り、Jアラートは其の一環で国民に対して避難を呼びかける広報でも在る。
此の仕組みを理解してるのか両名は批判に終始してるが、そんなに嫌ならインターネットや広報放送の一切無い世界に閉じ籠もって居ればと云う結論です。

posted by 天野☆翔 at 05:30 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

鮨屋の矜持を捨てた回転寿司。

* ついに“米なし寿司”…シャリに大根使い糖質制限 くら寿司、業界競争が激化 - 産経ニュース
回転ずしチェーン「くら寿司」を運営するくらコーポレーションは29日、すしの酢飯の代わりに大根の酢漬けを使った「シャリ野菜」など、業界で初めて糖質制限に対応したメニューを発表した。31日から全国の店舗で販売する。
 ご飯など炭水化物に多い糖質の摂取量を減らす「糖質制限」の人気に着目し、若い女性などの集客増を目指す。一方、「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトが期間、時間帯限定の食べ放題サービスを28日から対象店舗を拡大して実施するなど、回転ずし業界各社は激化する競争での勝ち残りへ知恵を絞っている。
 シャリ野菜は酢飯を使った通常のすしと比べて糖質を最大88%カットした。すしネタはエビやビントロなど4種類。酢飯の量を半分にした商品も用意し、価格は108円。担当者は「糖質を気にせずに野菜と一緒においしく食べてもらいたい」とアピールする。
米の代わりに酢漬けの大根を用いると云うシャリの存在意義を根底から覆す戦略に出たが、此の戦略は完全に自らの職業意識を放棄したも同然でしょう。
其処迄して媚びた商売をしたのかと大いに疑問を抱く。
炭水化物制限をしたい人は勝手にさせてれば良いだけで、店側は此れにイチイチ付き合う必要は無い。
何の為の鮨屋で在るのかと云う、根本的な意識を改める必要が在る。
posted by 天野☆翔 at 23:40 | Comment(0) | Economy/Business | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

シー・シェパードが妨害活動中止声明。

* シー・シェパード、日本の捕鯨妨害「今冬は行わない」 活動資金足りず? - 産経ニュース
反捕鯨団体「シー・シェパード」の創設者ポール・ワトソン容疑者=国際手配中=は29日までに、南極海での日本の調査捕鯨船に対する妨害活動を今冬は行わないとの声明を、ウェブサイト上に出した。活動資金が限られていることや、日本の監視活動に対抗できなくなったことが理由としている。
 一方で「クジラの聖域を見捨てることはない」として、日本の捕鯨に対抗する新たな手段を検討するとしている。シー・シェパードは2005年から毎年、日本の調査捕鯨船に対し妨害活動をしてきた。
我が国の対応での監視活動が活動の阻害に成ると云う理由で、今冬の妨害活動を中止すると声明を出したが、果たして本当に活動中止するのか甚だ疑問を抱く。
とは云え、様々な媒体を通しての監視活動が功を奏した側面は否めないので、此の観点からは評価出来様。
又、映画「ビハインド・ザ・コーヴ」の影響も大きく関係して来る事かとも思う。
何れにしても、国際的にテロリストで在ると云う事が徐々に認識して行けば、活動の根拠を失う事につながるので、此の活動は今後共精力的に展開して行く必要が在る。
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

「安倍やめろ!!8・29緊急市民集会」の醜悪な実態。

* 都知事選惨敗の鳥越俊太郎氏が開陳した野党必勝の秘策 返す刀で民進党を「バカ」呼ばわり… 「圧力より対話を」に万雷の拍手が起きた!?(1/3ページ) - 産経ニュース
文化人らが安倍晋三首相の退陣を求めるスピーチなどを行う市民団体主催の集会「安倍やめろ!!8・29緊急市民集会」が29日午後、国会内で開かれた。
 「1年前はいろいろとお世話になりました…」
 ジャーナリストの鳥越俊太郎氏は、昨年夏の東京都知事選での敗北を念頭に、こんな謝辞からスピーチを切り出した。
 鳥越氏といえば、民進、共産など4野党の推薦を受けて都知事選に臨んだものの、小池百合子知事に敗れただけでなく、次点だった与党推薦候補にも4万票以上の差をつけられる大敗北を喫した。にもかかわらず、この日の集会では、なんと選挙戦術を野党に「指南」する大演説を繰り広げ始めたのだ。
 「次の選挙では野党が統一候補を出して戦うしかない!」
 自身が「統一候補」として挑んだ選挙で惨敗した記憶は都合よく忘れ去ってしまったらしい。
 さらに鳥越氏は、9月1日の投開票に向け論戦が交わされている民進党代表選にも注文をつけた。
 「自民党、公明党に対抗して野党が統一の候補を出して戦うしかないんですよ。分かりきったこと。だけど、今、行われている民進党の代表選では、ああだ、こうだ、なんとか、いろんなことを言っていますよね。民進党はホントにバカだと思うよ、オレ」
共産党との選挙協力のあり方が代表選の争点になっていることへの不満を表明したいようだが、「バカ」呼ばわりされては、立候補している前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官はたまらないだろう。
 続いてスピーチした弁護士の伊藤真氏は、北朝鮮による29日の弾道ミサイル発射に言及した。
 「今朝もJアラート(全国瞬時警報システム)が鳴った。Jアラート、なんかカッコつけた名前つけてますが、あれは『空襲警報』ですよ。現代版の空襲警報ですよ。まさか、私たちが生きているときに、そんな空襲警報が鳴る、そんなものにたたき起こされる。思ってもいなかった」
 Jアラートが「カッコつけた名前」かどうかはともかく、ひとまず発言の趣旨はよく理解できる。
 しかし、続く言葉で伊藤氏は−。
 「この国を戦争する国にしてはならない。そのためには何としても安倍政権をつぶさなければなりません」
 安倍政権をつぶせば「空襲警報が鳴る」ような事態が回避できる、という論法には少々飛躍があるように思えるが、会場は万雷の拍手である。参加した「市民」の皆さんは、伊藤氏の解説が胸にストンと落ちたらしい。この後にマイクを握った落語家の古今亭菊千代さんも「安倍さんは『圧力』『圧力』っておっしゃっていますけど、圧力をかけるからああいうことになるのではないのか」と訴え、聴衆の喝采を浴びた。
ちなみに、民進党の名誉のために付け加えておくと、党の有力議員の中には「圧力より対話」と言わんばかりの見解にくみする向きはさすがに皆無だ。
 代表選の両候補は29日の日本外国特派員協会での記者会見で「今の状況で日本が対話を強調するような局面ではない」(枝野氏)、「現在、北朝鮮に対する制裁を国として行っている。なかなか対話ができないというのが現状だ」(前原氏)と明言している。
 もっとも、鳥越氏に言わせれば、こうした両氏の意見表明も「バカ」ということになるのかもしれないが…。
此の集会に参加した鳥越俊太郎は、国政を語って都知事選挙で負けたのにも関わらず、此の間違いを理解せずに責任転嫁し野党に向けて戦術指南をすると云う暴挙に出たが、全く呆れ果てて開いた口が塞がらない。
弁護士の伊藤真は北朝鮮のミサイル射出に関して、北朝鮮を非難する事無く、反対に安倍政権を潰さなければ為らないと荒唐無稽な発言をしたのには閉口するばかりで在る。
落語家の古今亭菊千代は北朝鮮の度重なる安全保障理事会決議違反を指摘する事無く、政府の対応を一方的に批判する事に終始する。
要するに此奴等は自分達の都合でしか物事を差し図る事が出来無い愚劣な連中で在ると云う事が、明確に見て取れるのです。
こんな連中をのさばらせる訳には絶対に認めては為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:28 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

防衛省沖縄防衛局職員の発言を巡る問題。

* 「日本語分かるか」辺野古移設反対派に沖縄防衛局職員が発言 反対派は「暴言」と反発  - 産経ニュース
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の米軍基地前の抗議活動で、基地ゲートをふさいでいた市民らに、移動を求める防衛省沖縄防衛局の職員が「日本語分かりますか」と発言していたことが29日、防衛局などへの取材で分かった。反対派は「方言差別があった沖縄の歴史を理解していない暴言だ」と反発している。
 防衛局は「侮蔑的なニュアンスを含んだものではない」と主張。移設に反対する沖縄県統一連の瀬長和男事務局長(54)は「沖縄は歴史的に方言差別や米国統治に苦しめられてきた。許し難い発言だ」と批判している。
辺野古基地移設反対派に向けて防衛省沖縄防衛局の職員が「日本語解りますか」と云う発言を受けて、此の発言を差別と云う論調が在るが、此れは完全に間違った見解で現地には明確に外国人が確認されてる上、日本人で在っても言葉を理解しない連中は存在する。
方言差別だのと云う連中は、自分達の違法行為を誤魔化す為に論点を摩り替えてるだけに過ぎない。
ごちゃごちゃと不平不満を並び立てる前に、自らの違法行為を猛省せよ。
posted by 天野☆翔 at 23:17 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

北朝鮮が日本に向けてミサイル射出。

* 【北ミサイル発射】北朝鮮が日本上空越え弾道ミサイル発射 襟裳岬の東方1180キロ太平洋に落下 「これまでにない深刻かつ重大な脅威」(1/2ページ) - 産経ニュース
日本政府は29日、北朝鮮が日本時間の同日午前5時58分ごろ、北東方向に向けて飛翔体を発射し、北海道の襟裳岬の東方約1180キロの太平洋上に落下したと発表した。韓国軍合同参謀本部は、発射したのは弾道ミサイルで、日本の上空を通過したとの見方を明らかにした。
 米韓両軍は21日から合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」を行っており、演習に対抗した形だ。北朝鮮は26日にも短距離弾道ミサイルとみられる3発を発射したばかり。金正恩(キム・ジョンウン)政権は今年に入って大陸間弾道ミサイル(ICBM)などミサイル試射を繰り返しているが、金正恩政権下で、日本上空を通過させたのは初めて。
 日本政府は国家安全保障会議(NSC)を招集。記者会見した菅義偉官房長官は、「わが国の安全保障にこれまでにない深刻かつ重大な脅威だ」と北朝鮮を強く非難した。
 日本政府によると、発射された弾道ミサイルは3つに分離し、太平洋に落下した。北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受け、全国瞬時警報システム(Jアラート)が発令された。
北朝鮮は事前に発射の方向などを警告することなく、日本の上空を通過するミサイルを発射したことについて、菅氏は「船舶の運航にとっても極めて問題のある危険な行為」と述べた。
 北朝鮮は今月初め、太平洋の米領グアム沖に4発の弾道ミサイルを発射する計画を公表したが、その後、金正恩朝鮮労働党委員長が発射を当面、保留する意向を示していた。
* Jアラート、トラブル相次ぐ…行政無線作動せず : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
全国瞬時警報システム「Jアラート」に関連するトラブルは、北海道えりも町以外の自治体でも相次いだ。
 栃木県栃木市では、Jアラートに自動で連動する防災行政無線が作動しなかった。同市総務部によると、今年1月に政府から情報の受信方法を切り替えるよう通知があったが、切り替えていなかった。
 新潟県小千谷市では、Jアラートの内容を登録者に送る緊急情報メールで、誤って訓練用のメールを配信した。
 同市によると、午前6時3分と午前6時15分に、「これは全国瞬時警報システムからの全国一斉情報伝達訓練です」との内容を4141人に送信。同37分に、内容を訂正したメールを送り直した。
北朝鮮は本日の早朝に東北地方に向けてミサイルを射出した。
明確に我が国に向けての射出は断じて許す事の出来無い言語道断の行為で、完全に宣戦布告で在る。
上空で迎撃可能だったが迎撃した場合の損失を考慮してしなかった可能性も在る。
今回のミサイル射出での着弾点は北方領土の近海でも在る事から、ロシアも今回ばかりは黙っては居ないでしょう。
全国瞬時警報システムで今回も正常な運用が出来て居なかったのは非常に残念な思いで在る。
全国各地の役場の徹底的な点検見直しは必須で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:11 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

醜悪な小池晃の負け犬の遠吠え。

* 【茨城県知事選】共産・小池晃書記局長「政権信任は大いなる勘違い」 衆院3補選での野党共闘に期待感 - 産経ニュース
共産党の小池晃書記局長は28日午後の記者会見で、茨城県知事選で自民、公明両党が推薦した新人候補が初当選したことについて「これをもって安倍晋三政権が信任を受けたなどというのは大いなる勘違い」と述べた。
 小池氏は、争点となった日本原子力発電東海第2原子力発電所(同県東海村)の再稼働の是非をめぐり、反対を訴えた他の2候補の合計得票数が新人候補の得票数を上回ったと指摘し「与党は再稼働反対という住民の民意をしっかり受け止めるべきだ」と述べた。
 10月に実施される衆院青森4区、同新潟5区、同愛媛3区の「トリプル補欠選挙」については「統一候補になれば十分に勝機はある」と述べ、民進党に候補者調整を求める考えを示した。
茨城県知事選挙の結果を受けて、与党推薦の候補が当選した事に関して「安倍政権が信任を得たと勘違いするな」と曰ったが、国政を持ち込む事自体が間違いな上に原子力発電所再稼働反対の候補二人の得票数を合計しての比較自体無意味。
素直に負けを認め評価すれば良いのにわざわざ批判に終始し、他の候補者の投票数を超えた結果を見ずに民意を持ち出しても何の説得力も無い。
完全に負け犬の遠吠えで在るが極めて醜悪で在る。
posted by 天野☆翔 at 05:13 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

台風十五号発生。

* 台風15号サンヴー発生 発達し北上(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
28日午後3時、マリアナ諸島で台風15号「サンヴ―」が発生しました。今後、発達しながら小笠原近海を北よりに進む見込みです。
台風15号の現況と今後の見通し
28日午後3時、マリアナ諸島で台風15号「サンヴー(Sanvu)」が発生しました。台風15号は午後3時現在、中心気圧は994hPa、中心付近の最大風速は毎秒18メートルで、ゆっくり北北西に進んでいます。今後は発達しながら小笠原近海を北よりに進む見込みです。
台風には「アジアの呼び名」
「サンヴ―Sanvu」はマカオが用意した名前で、サンゴ(珊瑚)という意味です。
本日、マリアナ諸島で台風十五号が発生しました。
今後は小笠原諸島を経て関東に最接近しますが、月明けに其の影響が大きいが上陸はしない進路で在る。
とは云え、台風対策を着実に実施して注意警戒を怠らない様にしたい。
posted by 天野☆翔 at 23:46 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

沖縄県議会がオスプレイ配備撤回等の決議を可決。

* 「オスプレイ配備撤回を」決議、豪沖墜落受け沖縄県議会が可決 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属の輸送機「オスプレイ」がオーストラリア沖で墜落した事故を受け、県議会は28日、オスプレイの配備撤回などを求めた抗議決議と意見書を賛成多数で可決した。
 決議と意見書は日米両政府宛てで、翁長雄志知事を支援する県政与党の社民党や共産党などが提出。「飛行場周辺住民らに強い衝撃を与え、墜落に対する不安が一層広がっている」としている。
 また、政府が米国側にオスプレイの飛行自粛を求める中で飛行を再開したことなどを受け、「運用上の必要性を理由に、県民の声を無視する米軍の姿勢に憤りを禁じ得ない」と指摘。このほか、普天間飛行場の5年以内の運用停止や、在沖米海兵隊の撤退も求めている。
冥庵:宜野湾市が気違い決議。でも触れたが、宜野湾市議会に続き沖縄県議会が気違い議決をしたのには呆れ果てて開いた口が塞がらない。
全く現実を見て居らず、其の必要性を考慮せずに一方的に批判する其の姿は極めて醜悪。
事故を起こした事で不安拡大が在ると云うのなら、自動車事故が発生した場合は全ての自動車の運用を停止するのかと云う事と同じ事なのだ。
沖縄の議会が完全に狂ってる。
posted by 天野☆翔 at 23:42 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

長崎県立上対馬高校が南朝鮮への修学旅行を中止。

* 韓国への修学旅行中止 長崎・対馬の県立高校、北朝鮮情勢で「安全・安心を考慮」 - 産経WEST
北朝鮮情勢が緊迫しているとして長崎県対馬市の県立上対馬高校が、来年1月に予定していた韓国・釜山やその周辺への修学旅行を中止したことが28日、分かった。
 同校によると、2年生の男女36人が3泊4日の日程で訪れる予定だった。訪問時の情勢が見通せないとして7月下旬ごろ、学校側が決めた。
 浅井隆教頭は「韓国滞在が危険との認識はないが、生徒の安全・安心を考慮し、総合的に判断した」と話した。
 青森や茨城、大分3県でも一部の中学や高校が、北朝鮮による米領グアム沖へのミサイル発射計画公表を受け、グアムへの修学旅行中止を決めている。
対馬を虎視眈々と狙ってる南朝鮮に対しての危機意識を完全に欠き、其の意識の中で此れ迄修学旅行先として南朝鮮を計画してたのには呆れ果てて開いた口が塞がらない。
南朝鮮は我が国を完全に敵性国家として認識して動いてる中で、此の政治的な思惑を無視しての軽率な動きには批判されて然りで在る。
生徒の生命財産を何と心得るのか厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

豊洲新市場には環境影響評価は不必要の報告。

* 【豊洲市場問題】環境影響評価「やり直し不要」 東京都が報告 - 産経ニュース
東京都は28日、都環境影響評価審議会を開き、築地市場の移転先となる豊洲市場の追加土壌汚染対策に伴う、環境影響評価(アセスメント)のやり直しの必要性はないと報告した。再アセスせず小規模な変更にとどめることで、速やかに追加工事に入ることが可能となる。
 当初のアセスでは、豊洲市場の建物下には土壌汚染対策の盛り土があるとしていたが、なかったことが判明。都はアセスをやり直すか、もしくは変更するかを検討してきた経緯がある。
 アセスをやり直せば15カ月程度を要し、移転がさらに遅れる可能性があったが、都は「環境への影響は小さい」として、従来の評価書の一部を変更。盛り土に代わる対策として、地下空間の床をコンクリートで覆う方針を固めていた。
豊洲新市場の地下の案件で盛土が無かった事が問題視されて居たが、東京都は環境影響評価の必要性無しとの判断を下し報告したが、此の判断は当たり前の事で余りにも遅きに失する。
地下空間の必要性を全く考慮せずに盛土だけに執着して議会を乱した責任を重く受け止めるべきです。
然しコンクリートで覆う工事は不必要なので、此処は絶対に撤回すべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:29 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

全国犯罪被害者の会が日本弁護士連合会を批判。

* 死刑廃止「阻止の法的根拠示せ」 弁護士106人が日弁連に質問状 - 産経ニュース
「死刑廃止宣言」を採択した日本弁護士連合会(日弁連)に対し、「全国犯罪被害者の会(あすの会)」顧問の岡村勲氏ら弁護士106人が28日、「法相の義務である死刑執行を阻止しようとする法的根拠」などを示すよう求める公開質問状を提出した。
 回答期限は3週間。日弁連は昨年10月の人権擁護大会で「2020年までに死刑制度の廃止を目指すべきだ」とする宣言を採択したが、犯罪被害者支援に取り組む弁護士を中心に「被害者の人権への配慮がない」など、反対の声が上がっていた。
 質問状は、人権擁護大会での決議参加者が全会員の約2・1%だったにも関わらず、日弁連が「死刑廃止および関連する刑罰制度改革実現本部」を設置し、平成29年度予算に2500万円の支出を計上したことから「死刑廃止を求める活動方針が組織決定かのように対応している」と指摘。死刑廃止宣言が日弁連の意思として効力を持つ法的根拠を示すよう求めている。
 また、「法の支配を常に主張する日弁連が、法相の死刑執行を阻止しようとする法的根拠」のほか、日弁連が死刑廃止活動をすることで「被害者と弁護士の信頼関係構築を困難にしないか」「裁判員に予断や不当なプレッシャーを与えないか」といった質問への見解を示すよう求めている。
 東京・霞が関の司法記者クラブで会見した岡村氏は「死刑制度に関しては弁護士によって賛否がある。廃止の活動をするなら、弁護士会の名前と会費を使うのではなく個々の弁護士の名前と資金で活動すべきだ」と述べた。
死刑廃止を訴えた弁護士の比率が2%程度しか無かった日本弁護士連合会に対して、全国犯罪被害者の会の顧問弁護士等が質問状と云う形式で批判をしました。
被告の権利を守るのは重要だが、必要以上に権利を求める余り被害者感情を全く考慮しない死刑廃止には大いに疑問を抱くのは無理も無い事で在る。
死刑を廃止するならば法的な根拠を示すべきで、此れをしないので在れば日本弁護士連合会を私物化してるだけに過ぎない。
こんな為体では国民の理解を得られないだろう。
posted by 天野☆翔 at 23:23 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

社会民主党が民進党を批判。

* 【民進党代表選】社民・又市征治幹事長が民進党代表選を批判「こんな時期に…おかしい」 - 産経ニュース
社民党の又市征治幹事長は28日、新潟市で開かれた自治労の定期大会で、民進党代表選に関し、年内の衆院解散・総選挙の可能性を指摘した上で「野党第1党がこんな時期に代表選をしていること自体がおかしい」と批判した。「政策理念を一致させ、挙党態勢をつくらなければ民進党はリーダーシップを発揮できない」と注文も付けた。
 同席した民進党の蓮舫代表は「脱原発や教育無償化など国民に目を向けた政策を示す代表選にして再出発したい」と語った。連合の神津里季生会長は「新代表が全員野球で(政策を)進める姿を国民に示すことが、退任する蓮舫氏の決断に報いることになる」と述べた。
民進党が代表選挙を実施してる事に関して社会民主党の又市征治は批判したが、弱小政党のお前等が何を云っても何も為らない。
他党の代表選挙の事なのだから傍観して居れば良いのです。
余計な干渉をすべきでは無い。
posted by 天野☆翔 at 23:17 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

何処迄も面倒臭い南朝鮮人。

* 일본 게임 '용과 같이' 성우 "조센징" 발언 논란

플레이스테이션4 액션 어드벤처 게임 '용과 같이'의 성우가 한국인을 비하하는 발언을 해 논란이 일고 있다.

27일 세계일보에 따르면 전날 일본에서 열린 최신 시리즈 '용과 같이 극2'의 신작 발표회에서 성우를 맡은 일본 배우 테라지마스스무가 한국인을 "조센징"이라고 표현했다.

테라지마는 "오늘 무대에 오르고 있는 몇몇은 '조센징'이니까, 정말 조선에서 미사일이 날아오지 않기를 바란다"고 말한 것으로 전해졌다.

당시 재일동포 관계자 2명이 함께 무대에 올랐는데, 이들을 지칭해 '조센징'이라고 말한 것으로 보인다. '조센징'은 한국인을 비하할 때 쓰는 말이다.

다른 관계자들은 테라지마의 발언에 "그만"이라며 그를 만류하려 했지만 인터넷을 통해 해당 발언은 생방송으로 중계됐다.

'용과 같이'는 일본 야쿠자들의 거친 이야기를 다룬 독특한 세계관의 게임으로 최신판 '용과 같이 극2'는 오는 12월 한국어 버전이 발매될 예정이다.

해당 게임은 지난해에도 한국어판 발매가 갑작스럽게 중단된 바 있다.

당시 소니 측은 "'용과 같이 6' 내용을 고려해 결정된 것"이라고만 이유를 설명했다.

이에 유저들 사이에서는 일본 야쿠자와 중국 삼합회, 한국 조직폭력배가 등장하는 해당 게임 내용에 일본 제국주의 찬양이나 한국인 비하 요소가 있는 것 아니냐는 추측을 했다.

* 日本のゲーム「龍が如く」声優「朝鮮人」発言論議 - Google 翻訳
プレイステーション4のアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」の声優が韓国人を卑下する発言をして論議がおきている。
27日、世界日報によると、前日、日本で開かれた、最新のシリーズ「龍が如く極2」の新作発表会で声優を務めた日本俳優寺島進が韓国人を「朝鮮人」と表現した。
寺島は「今日のステージに上がっているのいくつかは「朝鮮人」だから、本当に朝鮮でミサイルが飛んで来ないことを願う」と話したと伝えられた。
当時、在日同胞関係者2人が一緒に舞台に上がったが、これらを指すして「朝鮮人」と言われたと思われる。 「ゾセンジング」は韓国人を卑下するときに使う言葉だ。
別の関係者は、寺島の発言に「やめ」と彼を引き止めしようとしたが、インターネットを介して、その発言は生放送で中継された。
「龍が如く」は日本のヤクザの経話を扱った独特の世界観のゲームで最新版「龍が如く極2」は、来る12月に韓国語バージョンが発売される予定である。
このゲームは、昨年も韓国語版の発売が急遽中止された。 当時ソニー側は「「龍が如く6」の内容を考慮して決定されたもの」とだけの理由を説明した。
これユーザーらの間では、日本のヤクザと中国三合会、韓国の組織暴力団が登場するそのゲーム内容に、日本帝国主義の賛美や韓国人卑下の要素があるではないかという推測をした。
プレイステーションの「龍が如く」での寺島進の発言を批判する記事だが、朝鮮半島に居住する南北朝鮮人は全て「朝鮮人」で在り、此の表現には決して他意は無い。
朝鮮人は朝鮮人で在って差別でも何でも無いのだ。
自らの民族の人種名を自ら否定してどうするのだと云う事です。
朝鮮半島の事を勝手に韓半島等と呼称を変更したりと、其の身勝手さにはほとほと呆れ果てて開いた口が塞がらない。
自己否定するのが朝鮮人の意識ならば最早救いは一切無い。
posted by 天野☆翔 at 05:53 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

東京新聞の論点の摩り替え。

* 東京新聞:週のはじめに考える 七十二年六日九日十五日:社説・コラム(TOKYO Web)
広島、長崎の原爆忌、そして終戦の日。戦争にからむ特別な日を三つながらに抱え込んだ八月が、なお喧(かまびす)しい蝉(せみ)時雨の中で暮れていきます。
 またか、と思われるかもしれません。この月に戦争関連の報道が集中することを皮肉った「八月のジャーナリズム」なる言葉もあるぐらいですから。でも、ここは一つ、少し開き直って、改めて戦争の話をさせていただくことにします。あの戦争以後に巡ってきた八月の中で、もしかすると朝鮮戦争時以外では最も戦争に接近した八月かもしれないと思うからです。
◆北朝鮮と米国
 言うまでもなく、ミサイルで威嚇する北朝鮮の問題です。実際、マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は十三日、米テレビでこう語っています。「一週間前と比べ、われわれが戦争に近づいたとは思わないが、十年前と比べたら近づいている」
 北朝鮮をめぐる情勢が緊迫したことはこれまでにもありましたが、今度はいくつかの点でかなり事情が異なります。彼(か)の国の指導者の思考が読めないのは相変わらずだとしても、米国では、理性的とも冷静とも言い難い人物が大統領のいすに座っています。
 まったく、最近の米朝による言葉の応酬を聞いているとハラハラしてなりません。
 「北朝鮮は炎と怒りに直面する」(トランプ大統領)とか「無慈悲な報復と懲罰を免れない」(朝鮮人民軍の幹部)とか、表現は次第にエスカレート。頼りない外交チャンネルしかない以上、首脳らが発言に込めるメッセージが持つ意味は大変重いはずですが、含意は少しも感じられません。
 さらに、言葉の魔力とでも言うのでしょうか。オバマ政権で統合参謀本部議長を務めたマイケル・マレン氏の指摘には、いささかの恐怖さえ覚えます。
 「(トランプ氏の言葉は)彼自身の行動を縛ることになる。制御できない事態に陥る恐れがある」
◆戦争に近づく
 気になることはもう一つ。Wartime President(戦時の大統領)の効用です。就任後、決して評価の高くなかったブッシュ大統領(子)は「9・11」後、アフガニスタン戦争で急速に支持を高めました。さらにイラク攻撃に向かうか、という時、ある米国の政治学者は語ったものです。「経済と取り組むより戦争の方が楽だと思っているのでは」
 支持率低迷が続くトランプ大統領です。政権浮揚に必死になるあまり、「戦時の大統領」の“誘惑”に近寄っていく…。考えたくありませんが、ロシアゲート、相次ぐ政権高官の辞任など現状の体たらくをみれば、そんなことまで心配になってきます。
 そして、三つ目は、まさに、わが国の事情に、これまでの北朝鮮危機の際とは大きな違いがあります。つい一年半前、米国の軍事行動に加わることに道を開く安保関連法が施行されてしまっている点です。この国を「戦える国」に変質させたとも評されますが、事実、北朝鮮が米領グアム島周辺へのミサイル発射計画を明かした時、小野寺防衛相は、もし発射されれば、安保関連法に基づき集団的自衛権を行使して迎撃することは可能、との見解を示しています。
 ですから、仮に、安保関連法が「戦争法」でなかったとしても、自ら戦争に近寄っていく振る舞いであることは間違いないでしょう。この上はもう一歩、いや一ミリたりとも戦争に近づかない。それが肝要です。
 有名な渡辺白泉の<戦争が廊下の奥に立つてゐた>の句が詠まれたのは、戦前の一九三九年。時代下って、現代歌人の一人はこう詠んでいます。<奥行きのある廊下など今は無く立てずに浮遊している、なにか>松木秀。日常に忍び込んでくる戦争は今、より一層、見えにくくなっている、と考えた方がよいかもしれません。
 確かに、戦争は、はっきり姿を現すまでの間は戦争の顔をしていないでしょう。よく持ち出されるラテン語の警句、<平和を欲するなら、戦争の準備をせよ>のように、時には平和の顔を装うことさえあるはずです。
 ですから、私たちは、戦争がはっきり戦争の顔をするずっと前から、そのにおいや気配(あるいは「浮遊している、なにか」)に敏感に、拒絶の声を上げていくほかない。きっと過敏なぐらい、心配性なぐらい、くどいぐらいでちょうどいいのです。
◆平和を思う月
 <七十年 六日九日十五日>高塚鎭昭。これは二年前、戦後七十年を記念して出版社の六曜社が公募した川柳作品の優秀作です。この国では、ただそう言うだけで、それだと分かる「平和を思う月」を送りながら、不戦への思いをさらに強くします。
北朝鮮の脅威での対応で、ミサイル迎撃は火の粉を振り払う意味では正しい行動で在るのは間違いは無く、此の対応を戦争に近付く等と荒唐無稽な論調に誘導するのは大問題で在る。
平和安全法制(安全保障関連法)の成立は戦争を引き起こさない為の法律で在ると云う観点に大きく欠け、此れを相変わらず「戦争法」だと曰う其の意識には大いに疑問を抱く。
朝鮮半島有事と平和安全法制(安全保障関連法)を関連付けして、我が国が戦争に近付く等と馬鹿な論調はすべきでは無い。
posted by 天野☆翔 at 23:15 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

中日新聞の風説の流布。

* 中日春秋:中日春秋(朝刊コラム):中日新聞(CHUNICHI Web)
「みんな、こいつを生かしておくとなにをしでかすかわかンねエぞ、なんしろ、宇宙人だ」「そうだ、やられる前にやってしまった方がいい」「やっちまえ」−。ト書きはこう続く。(集団の暴徒になっている)
▼一九七一年放映の「帰ってきたウルトラマン」の「キミがめざす遠い星」。テレビ放映時のタイトルである「怪獣使いと少年」の方がなじみが深いか。ただ自分の星へ帰ることだけを願う宇宙人と、それを手助けする少年にデマに扇動された一般市民が襲いかかる
▼脚本は上原正三さん。一つの事件を題材にしている。一九二三(大正十二)年の関東大震災の朝鮮人虐殺である。「朝鮮人が暴動を起こした」などのデマにあおられた人々によって朝鮮人らが殺された。差別、人間の集団心理の恐ろしさを沖縄出身者として、この作品で描きたかった
▼その朝鮮人犠牲者の追悼式。小池百合子東京都知事は歴代知事が応じてきた追悼文の送付を今年は断った。突然の方針転換である
▼都慰霊協会主催の大法要ですべての犠牲者に哀悼の意を表しているためとは説明になっていない。「虐殺の事実を否定するもの」と批判されても仕方があるまい
▼その追悼文は日本人にとっての「お守り」だったかもしれぬ。それが失われ、かつての過ちを忘れたとき、「やっちまえ」のあの怪物がこの世に再び現れまいか。それを恐れる。
関東大震災での朝鮮人の多量の死者は大虐殺に因るものだと決め付けて、震災での朝鮮人犠牲者への追悼の念を強要する論調を展開する中日新聞。
確かに朝鮮人の犠牲者は存在したが、此の犠牲者は暴動を起こす可能性が在ると云うデマが原因では無く、震災に乗じた暴動の結果自爆したに過ぎない。
火付盗賊は当たり前の事として好き放題した結果、火災に巻き込まれたのは云う迄も無いのだ。
当時は所期の目的で在る天皇陛下への暗殺が震災発生で叶わなかったからこそ、暴動に切り替えて社会的混乱を引き起こしたのは歴史が証明してるのだ。
朝鮮人の犯罪に目を瞑り、日本人が悪だと決め付けての論調には、徹底的な抗議と批判にて応えるべきでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:08 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

日刊スポーツの発狂記事。

* 北のミサイルに過剰反応?森友・加計疑惑隠しの声も - 社会 : 日刊スポーツ
<社会班厳選ニュースな言葉 8月>
 北朝鮮がグアム沖に弾道ミサイルを4発発射すると予告して上を下への大騒ぎ。修学旅行は中止になり、Jアラートの訓練を始めればトラブル続き。1基800億円のイージス・アショアの購入も決まった。危機をあおって森友・加計疑惑から目をそらし、高額な兵器購入で「アメリカファースト」の米国の歓心を買おうとしているように見えなくもない。21日連続降雨の後は猛暑の今年の8月の言葉−。
 デスクA 16日から21日までソウルを訪ねたけど、「日本は過剰に反応し過ぎ」と言われた。滞在中、ミサイル問題がトップニュースになることは1度もなかった。韓国の人には同じ民族で同じ言葉を話す北朝鮮が攻撃してくることはないというコンセンサスがあるんだろうと思う。
 デスクB グアムへの観光客も韓国人がすごく増えている。LCCが就航したこともあって7月は韓国人(46%)が日本人(39%)を上回った。
 記者A 日本は修学旅行が中止になっているのに! トランプ大統領が電話会談でグアムの知事に「世界中で話題になっている。観光客が10倍になるだろう」と発言して、あぜんとさせたけど、10倍はともかく観光客は増え、反トランプのロサンゼルス・タイムズも「トランプは正しいかもしれない」と報じました(笑い)。
 記者B 北朝鮮情勢緊迫の折、いつまでも森友や加計で騒ぐべきでないと主張するメディアやネットの声が増えてきました。
 記者C 疑惑解明に野党が臨時国会召集の要求書を提出したのが6月22日。ずっと、たなざらしにして自公はようやく9月末召集の方針を決めた。自民党は改憲草案で臨時国会が要求された場合の期限は「20日以内」としているのに、仮に9月25日なら要求から95日後。ほとぼり冷まし以外の何物でもないのに、ミサイル問題がリンクして森友、加計をさまつな問題にしようとしているようにも見えてしまう。
 記者D この間に、虚偽答弁の疑いが浮上している理財局長は国税庁長官となり、恒例の就任会見を拒否し、財務省への口利き疑惑で森友問題のキーパーソンだった安倍昭恵夫人付はイタリア大使館に赴任した。ただ、森友はますます8億2000万円値引きの根拠が怪しくなってきたし、加計も、市民団体が建築図面を公開しワインセラーや坪単価という分かりやすい問題が出てきて学園側の説明が欠かせなくなっています。
 デスクA 大学設置・学校法人審議会も8月中の認可の判断を保留して10月以降に答申を延期したし、そこにも何らかの忖度(そんたく)があるのかないのかを含めて注視したいね。
 記者E 2年目に入った小池都政も要注意です。夏休み前の「それはAIだからです。政策決定者である私が決めた」発言。情報公開が東京大改革の一丁目一番地だったはずなのに、知事と顧問団がブラックボックス化しています。それと、都民ファーストは所属議員が個々に取材に応じることを禁じ、SNSでの発信も制限した。野田代表は「ワンボイスは民間企業では当たり前」と言いますが、議員は都民の代表で民間企業の社員ではない。独裁的なにおいが出てきたという声も聞きます。
<国際>
▼トランプ米大統領(71) 「世界でグアムとあなたが話題だ。観光客が10倍になるだろう。おめでとう」
11日 北朝鮮によるグアム島周辺へのミサイル発射計画で、同島のカルボ知事にとんちんかんな激励。
▼金正恩・朝鮮労働党委員長(33)
 「愚かな米国の様子をもう少し見守る」
14日 グアム島周辺へのミサイル発射問題で軍司令部の視察時、「即発射」の考えはないと示唆。米朝のチキンレースはまだ続く? 
▼スティーブ・バノン前米首席戦略官(63)
 「我々が戦って勝ち取ったトランプ政権は終わった」
18日 「陰の大統領」といわれた最側近が、政権内穏健派との対立に敗れ更迭。「反対勢力を徹底的に粉砕する」と不気味な予告。
▼ジュリアン・カドマン君(7)の親族
「愛された家族だった」
21日 男児は17日、スペイン・バルセロナの無差別テロに巻き込まれ、行方不明に。この日死亡が確認。
<政治>
▼福田康夫元首相(81)
 「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸を見て仕事をしている。国家の破滅に近づいている」
2日 安倍政権下での政と官に強い危機感示す。
▼野田聖子総務相(56)
 「次も必ず出ると申し上げておく」
3日 「脱・お友達内閣」の象徴で入閣した直後、首相が3選を目指す来年の自民党総裁選に早々と出馬宣言。
▼江崎鉄磨・沖縄北方担当相(73)
 「しっかり、お役所の原稿を読ませていただく」
5日 初入閣組で、北方領土問題は「素人」と告白。国会答弁は答弁書を朗読すると、堂々宣言。
▼若狭勝衆院議員(60)
 「政治は、幅広い人材のもとで行われるべき」
7日 「小池氏勢力新党」の年内結成視野に、人材発掘の政治塾設立。翌日、民進党の細野豪志衆院議員も連携視野に離党届提出。
▼国税庁広報広聴室
 「組織として、諸般の事情により最終判断した」
8日 森友問題の野党追及を耐えた論功人事とされる、前財務省理財局長、佐川宣寿国税庁長官の就任会見を、しない方針を決定。
▼小池百合子都知事(65) 「それはAIだからです。政策決定者である私が決めたということ」
10日 市場移転問題に関し、築地&豊洲両市場共存の基本方針を決めた経緯の記録がないと会見で指摘され、「迷」回答で批判招く。
▼経産省職員でつくる全経済産業労働組合・飯塚盛康副委員長
 「多くの職員が驚きと違和感を持っている」
16日 森友問題で登場した安倍昭恵首相夫人付の谷査恵子さんが、イタリア大使館1等書記官に赴任。感想をSNSに投稿。
◆田中真紀子元外相(73)
 「そうなんでしょうね、きっと。分かりませんよ」
22日 長島忠美氏の死去に伴う衆院新潟5区補選への出馬を否定するのかと問われ、思わせぶりに発言。
<社会・事件>
▼松森俊逸・青森県板柳町議(61)
 「あの、髪は地毛ですから。スプレーで固めてますけど」
15日 町議にもかかわらず、パワハラ問題の豊田真由子衆院議員の政策秘書に就任。兼務の是非を協議する町議会の全員協議会後、カツラ疑惑を否定。「違うだろ〜」の突っ込みは必至。
▼岡山市の東内誠一さん
 「アブーにえさを買ってあげて、残りは貯金したい」
16日 1日から行方不明だった渋川動物公園のアルダブラゾウガメ「アブー」を、職員に先駆けて発見。懸賞金50万円を受け取って。
▼栃木県高校野球連盟の阿部司理事長
 「高校球児の思いを踏みにじるようなことはやめてください」
17日 硬式球の大量盗難被害受けて。ただネットオークションには、使用球が50球1万5000円での出品も。他県でも被害拡大。
▼伊沢雅子琉球大教授
 「カワウソに間違いない。ビックリ」
17日 長崎県・対馬で、生きた野生のカワウソが撮影され、38年ぶりに確認。絶滅が指摘されるニホンカワウソかと期待高まる。
▼歌手・松山千春(61)
 「いらだつでしょうが、みんな苦労していますから待ちましょう」
20日 出発が1時間以上遅れた全日空機内で、「大空と大地の中で」をワンフレーズ歌い、場を和ませる神対応。
▼藤井聡太四段(15)
 「A級の壁の高さを改めて感じた」
24日 戦うたび、相手のハードルが上がる中、初の現役A級棋士、豊島将之八段との対局に敗れる。公式戦の通算成績は38勝4敗。
北朝鮮の脅威を徹底的に語る事無く、此れを利用して森友学園や加計学園の問題を隠してるだのとの論調を展開したが、全く呆れ果てて開いた口が塞がらない。
平和ボケも良い処で、危機感が一切無い上に、森友や加計の案件は首相の関与が完全に否定されたのだから、問題は最初から無かったのです。
こんな事で徒に時間を無駄にして国防問題を議論しないのは、日本を守って行く気概が全く感じられません。
朝鮮半島有事で森友や加計学園問題隠しと曰うが、マスメディアこそ森友や加計学園問題を利用して朝鮮半島有事隠しをしてるのだ。
posted by 天野☆翔 at 22:56 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

現実を見ない西日本新聞。

* 「戦時中の竹やり訓練のよう」実効性に疑問の声も ミサイル想定避難訓練 - 西日本新聞
米国と北朝鮮の軍事的緊張が高まる中、熊本県上天草市で24日行われた弾道ミサイル発射を想定した避難訓練。発射から10分足らずで日本上空に到達する緊急事態に有効な対応策は−。訓練の実効性に首をかしげる住民も少なくなかった。
 「ミサイルが発射されたもようです」。同市の松島総合運動公園に防災行政無線が響くと、屋外にいた住民らが木陰に身を伏せた。グラウンドゴルフ中だった永野美喜子さん(70)は近くの公衆トイレに逃げ込んだ。「屋内に入った後、放送の音声がよく聞こえなかった。改善してほしい」
 国は、ミサイル発射時の避難行動として頑丈な建物や地下に避難することなどを求めている。ただ、勤務先の建物内に避難をした男性は「近くに落下したら建物内でもどうしようもないだろう。核弾頭だったら被害は甚大だ…」。
 訓練に参加しなかった人からは冷ややかな声も。60代男性は「戦時中の竹やり訓練のようでばかげている。地下壕(ごう)を造るのならまだしも、何にもならない」。70代男性は「外交交渉などもっと違った努力をすべきだ」と話した。
北朝鮮からの攻撃を想定しての訓練の実態を西日本新聞は現実無視の方向性で報じ、戦時中でも無いのに地下壕なんて今は殆ど無く、こんな場所への避難や造成は無理で在る。
何処に着弾するのかも判らないのだから、どんな避難方法を用いても必要最小限度の事しか出来無いのは当たり前で在る。
にも関わらず、もっと他に方法が在るだろうとか、外交で努力すべき等と現実を無視した論調で報じるのは如何なものなのか。
posted by 天野☆翔 at 22:43 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

DAIISHがローマを攻撃すると表明。

* 法王の写真掲げ「次はローマだ」…テロ予告声明 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
イタリア国営放送RAIは25日、イスラム過激派組織「イスラム国」が、イタリアとローマ法王フランシスコに対するテロ攻撃を予告するビデオ声明を公開したと放送した。
 インターネット上に公開された約6分間のビデオ声明では、戦闘員がキリスト像をたたき割る映像や、法王の写真を掲げながら「次はローマだ」と英語で宣言する様子が映されている。
 撮影や公開された日時は不明だが、伊ANSA通信によるとフィリピン南部ミンダナオ島のマラウイで作成された可能性があり、伊当局が警戒を強めている。
 マラウイでは5月から、「イスラム国」に忠誠を誓う武装集団による占拠が続いている。
DAIISHはムスリムとは直接関係は無いが、成立過程にムスリムが大いに関わってる事を踏まえても、イスラムとキリストの直接対決と云う図式に持ち込もうとする其の姿は極めて危険で放置しては為らない。
現代の宗教戦争に発展させては駄目なのです。
其れ以前に虐殺事件を拡大させては行けません。
EUやイタリアはテロリスト撲滅の為に本気に成って取り組む必要が今以上に在る。
posted by 天野☆翔 at 17:17 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

映画「ビハインド・ザ・コーヴ」の世界同時配信始まる。

* 捕鯨批判映画の反証作品「ビハインド・ザ・コーヴ」を世界配信 八木監督「世界に議論提起したい」(1/2ページ) - 産経WEST
イルカや小型鯨類の追い込み漁をテーマに描いたドキュメンタリー映画「ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る」(八木景子監督)の世界189カ国での配信が25日、始まった。八木監督は同日、和歌山県の仁坂吉伸知事を表敬訪問し、捕鯨問題について意見を交わした後、県庁で記者会見した。
 同映画は、太地町で行われている追い込み漁を批判的に描き、米アカデミー賞の長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した「ザ・コーヴ」への反証作品。太地町民や捕鯨問題の専門家、反捕鯨活動家などさまざまな人物の主張を取り上げ、日本の捕鯨文化や歴史を描いた。今回、米動画配信大手「Netflix(ネットフリックス)」を通じ、22言語の字幕で配信される。
 同映画は昨年1月に全国の劇場で公開されると、すぐに公式ホームページが国際的なハッカー集団「アノニマス」によるとみられるサイバー攻撃を断続的に受け、一時閲覧できなくなるといった被害に遭ったが、11、12月には米国でも上映された。
「反捕鯨でも『コーヴ』への反対意見を聞いてみたいという人もいて、(『コーヴ』を)うのみにする人ばかりではなかった。この映画には需要があるのではないかと感じた」と八木監督。今年4月からは日本語版が動画配信会社16社19サービスで配信され、6月には米IT大手アップルの子会社で音楽、映像の配信サービス「iTunes(アイチューンズ)」からも英語版を配信。今月18日にはポニーキャニオンからDVDも発売された。
 八木監督はネットフリックスから、大手映画配給会社以外の作品が世界配信されることは異例だといわれたという。ただ、「世界配信しただけでは(数ある作品の中に)埋もれてしまう。各国でイベントを組みたいが、費用面の問題がある」と今後の課題を口にしたうえで、「捕鯨問題を通じ、WAZA(世界動物園水族館協会)のメンバー構成が先進国の白人中心であることや、ワシントン条約下で絶滅危惧種に飽和状態の鯨が入っていることなど、世界に議論を提起していきたい」と力を込めた。
我が国の捕鯨の正確な姿を描く映画の「ビハインド・ザ・コーヴ」がインターネットでの世界同時配信が始まりました。
従来は「ザ・コーヴ」で捕鯨の歪められた姿が喧伝されて居たが、「ビハインド・ザ・コーヴ」は否定も肯定もしない客観的な立場での製作なので、此処を海外はどう評価するのか非常に興味深くも在る。
此の映画を見て「ザ・コーヴ」の印象を払拭出来ればと切に願う。
posted by 天野☆翔 at 17:12 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

文在寅が徴用工問題は解決済みとの見解。

* 韓国の文在寅大統領「徴用工の賠償問題、政府間で解決済み」 安倍首相との電話会談で表明(1/2ページ) - 産経ニュース
安倍晋三首相は25日、韓国の文在寅大統領と電話で会談し、日本の朝鮮半島統治時代の徴用工に絡む請求権について1965(昭和40)年の日韓請求権協定で賠償問題は解決済みとの立場を伝えた。文氏も政府間では解決済みとの認識を示した。両首脳が徴用工に関して意見を交わしたのは初めてで、両首脳は未来志向で日韓関係を構築していくことも確認した。
 安倍首相は電話会談で、日韓の請求権問題は解決済みだとの日本の立場を強調し、「未来志向の関係を構築していく上でも日韓の懸案を適切に管理していくことが重要だ」と述べた。
 聯合ニュースが大統領府関係者の話として伝えたところによると、文氏は電話会談で「この問題が韓日基本条約と韓日会談で解決したと韓国政府も認めた」と述べた。17日の記者会見で個人の請求権は残っているとの見解を示したことに関しては「国家間の問題ではなく、被害者と企業間に残っている個人的請求権まで解決したのではないという趣旨の(最高裁の)判決について話した」と述べた。その上で「この問題が未来志向的な関係発展の足かせにならなければいい」と続けたという。
一方、両首脳は、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を強行し、米領グアム沖へのミサイル発射を警告するなど挑発行動を繰り返していることを受け、日米韓3カ国連携の重要性を確認した。
 安倍首相は「北朝鮮の挑発的な言動は断じて容認できない。日韓、日韓米が結束して対応したい」と述べた。「挑発的言動の自制にとどまらず、非核化に向けた真剣な意志と具体的な行動を示すよう一層圧力を強化したい」とも強調した。
 文氏は「日本を越えてグアムに発射するとの北の挑発に対する日本国民の懸念は理解する。韓日米の緊密な連携が必要だ」と応じ、日本による独自の対北制裁を評価した。
 両首脳は9月6、7両日にロシア・ウラジオストクで開かれる「東方経済フォーラム」の場を利用し、直接会談することも申し合わせた。
 徴用工をめぐっては、菅義偉官房長官は25日の記者会見で、河野太郎外相が7日にフィリピン・マニラで韓国の康京和外相と会談した際、韓国側の対応に関し「簡潔に提起した」と述べ、抗議していたことを明らかにした。また、韓国政府が河野氏を招待していたアジア中南米協力フォーラム(FEALAC)外相会議に中根一幸外務副大臣を出席させる方向で調整していると説明した。
徴用工問題は南朝鮮との間で大きな問題の一つだが、此の事案で当時の政府は解決済みとの見解を示した文在寅の発言には大いに驚く。
此の見解を示した事で、国際的には日本に対して損害賠償を求める事は出来なく成るのだが、内政問題で此処をどう解決して行くのか。
同じ案件では慰安婦問題が在るが、此の問題も同じく既に解決済みだが、此の事案に関してはどう説明付けするのか。
此れを継続するので在れば整合性は一切無い。
posted by 天野☆翔 at 17:05 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

関東大震災での朝鮮人犠牲者の扱い。

* 【小池百合子都政】小池百合子都知事、関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文断る(1/2ページ) - 産経ニュース
東京都の小池百合子知事が、市民団体で構成される実行委員会主催の関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付を断ったことが24日、都への取材で分かった。歴代知事は応じ、小池氏も昨年は送付していた。都は「知事は都慰霊協会主催の大法要で亡くなった全ての人に哀悼の意を表しているため、個別の追悼行事への送付を差し控える方針となった」と説明する。
 追悼式は都立横網町公園(墨田区)で9月1日に開催。公園内に民間団体が建立し、昭和48年から都所有となっている朝鮮人犠牲者追悼碑があり、追悼碑には「あやまった策動と流言蜚語(ひご)のため六千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われた」などと刻まれている。犠牲者数には諸説あり、都は「6000人が正しいのか、正しくないのか特定できない」との立場をとる。
 都によると、追悼式には記録上、石原慎太郎氏、猪瀬直樹氏、舛添要一氏の歴代知事が追悼文を送付。外部から碑文の内容について疑問視する声が寄せられ、小池氏の知事就任後から対応を検討していた。
今年3月の都議会一般質問で、自民党の古賀俊昭都議が碑文の犠牲者数の根拠が希薄とし、「(追悼式の)案内状に6千余名、虐殺の文言がある」と指摘。「都を代表する知事が歴史をゆがめる行為に加担することになりかねず、今後は追悼の辞の発信を再考すべきだ」と質問した。
 小池氏は「毎年、慣例的に送付してきた。今後については、私自身がよく目を通した上で、適切に判断する」と答弁。都によると、7月、個別の追悼行事への追悼文の送付を差し控える方針が決まった。都は「今後、他の団体から要請があっても出さない」と説明している。
* 朝鮮人犠牲者追悼文「特別な形控えた」 小池百合子都知事、送付断った経緯を説明 - 産経ニュース
東京都の小池百合子知事が、市民団体で構成される実行委員会主催の関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付を断ったことについて、小池氏は25日の定例会見で、「大震災に関連した形で亡くなった方々は国籍を問わず多かった」と指摘。その上で、「3、9月の(都慰霊協会主催の)慰霊大法要で、すべての方々への慰霊を行いたいという意味から、特別な形での追悼文の提出は控えさせていただいた」と経緯を説明した。
 昨年、追悼文を送付したことについては、慣例的、事務的に送付したのを後になって知ったとして、「今回は私自身で判断した。それ以降、判断が必要なものについてはきちんと私自身に確認をとるように伝えた」と話した。
小池百合子東京都知事は、関東大震災での朝鮮人犠牲者への追悼の念を表す事を控える事が判明したが、此の判断は至極真っ当で正しい見解でしょう。
第一、犠牲者を追悼するのに何故「要請」しなければ為らないのかと云う根本的な疑問を抱く。
此の流れは広島や長崎でも同様で、朝鮮人だけ特別扱いする動きが在るが、同じ犠牲者なのだから一括して取り扱う必要が或るのです。
朝鮮人の異常性を物語る良い証左でも在る。
posted by 天野☆翔 at 16:55 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

交通事故には注意を。

二十日に交通事故に遭いました。
自転車同士の接触事故(正面衝突)でした。
此方は進行方向を順守して居ましたが、相手側は駐車中の車の影から飛び出して来た状態での出会い頭状態だった。
互いに自転車の破損と怪我が在ったので、侵害賠償に関してはお互い様と云う事で相殺処理で終わらせたが、幾ら此方が注意警戒しつつ運転してても、相手側が突然飛び込んで来る場合を考えると、注意警戒してても結局は無意味に成る。
皆様には本当に気を付けて欲しいと思います。
posted by 天野☆翔 at 14:44 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

本日はお休み。

本日の更新はお休みです。
書き込む内容は或るのだが、怪我の為に意識が集中せず纏まりを欠く可能性が或るからです。
早々に快復させたい。
posted by 天野☆翔 at 23:08 | Comment(0) | Update history | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

Sputnik Japanが気違い記事掲載。

* 北朝鮮の脅威によって、日本の再軍備は正当化されるのか? - Sputnik 日本
小野寺五典氏が再び防衛大臣に就任してから、日本の防衛政策は大きく転換することになった。8月3日に内閣改造が行なわれたとき、安倍晋三首相は小野寺防衛相に対し、2013年に閣議決定した防衛力整備の指針「防衛計画大綱」を見直すように指示した。小野寺氏はまた、防衛省は2018年の夏までに、例えば巡航ミサイル「トマホーク」の配備など、敵基地攻撃能力をもつかどうか検討するということを明らかにした。それ以外にも小野寺氏は、もし北朝鮮が米国領のグアム島をミサイルで攻撃するなら、日本は集団的自衛権を行使してそれを迎撃する可能性について排除しなかった。
日本の防衛政策の変更はもちろん、北朝鮮が日本を単なる「米軍基地がある場所」として見なしているのではなく、軍事的な敵として、ミサイルの標的と見なしていることに起因している。
この問題は、技術的な側面と政治的な側面に分けて考えることができる。技術的な側面というのは、日本はもう近いうちに、じゅうぶん攻撃ができる武器をもつリアルな可能性をもっているということだ。こういった武器装備のプログラムは、巡航ミサイルトマホークRGM/UGM-109Eの利用を視野に入れているということになる。トマホークは1600キロもの距離を飛ばすことができ、東京湾から、北朝鮮のどんな場所にでも撃つことができる。しかしこのようなミサイルの配備には時間もかかるし、日本の船、砲撃機能をもつ潜水艦、または米国のミサイルなどとからんだ配備の技術的問題を処理しなければならない。
その中でも、他のバリエーションもある。トマホークがまだ配備できないうちは、他の巡航ミサイルを使うという方法である。例えばフランスとイギリスは、SCALP Navalという水上発射型の巡航ミサイルを開発。これは1000キロの距離を飛ばすことができる。日本の領海内から北朝鮮を攻撃するには、距離的にはじゅうぶんである。このミサイルはあまり大きくない海軍の武器として輸出(NATOの国々と、NATO以外ではサウジアラビア)されていた。それ以外にもストーム・シャドウという空中発射型のミサイルもあり、これは250キロの射程距離がある。このミサイルは、F−35ステルス戦闘機に配備できる。ということは、もし「やる」ということになれば、日本は初の攻撃用の武器を一そろい、年内にも、いや、むしろ緊急の場合には、数ヶ月以内にも有するということになる。
政治的な側面というのは、安倍氏が、自身の内閣を取り巻く状況の中で、結論を出したということである。防衛大臣になったばかりの小野寺氏の発表から判断してみると、安倍氏と小野寺氏は、日本の再軍備を急ぎ強行しているということになる。
日本社会はこのような決定的な再軍備にもろ手を挙げて賛成しているわけではないが、それであっても、安倍氏には根拠とできるものがある。
まず第一に、社会が真剣に心配し恐れている北朝鮮の脅威がある。もし2006年、防衛庁が防衛省になったときの「再軍備」が国としての体面を保つための形式的なアクションであったとしたら、今の状況は、本物の戦争に向けて準備している「再軍備」である。
第二に、安倍内閣の支持率低下がもし続いたとしても、安倍氏が、残りの任期内で、不可逆的に日本を再軍備化させられるという希望を抱いていることは明らかである。安倍氏は、誰が彼の後継者になったとしても、その人物が日本の再軍備開始のプロセスを嫌でも知らねばならぬようにし、それを続けなければならないような状況を作ることができる。このようにすることで、安倍氏の最も重要な政治的目的のひとつ、憲法改正は、実際的に避けられないものになる。
現在、日本は世界で第五位の海軍戦力をもち、軍事費では世界8位である。「グローバル・ファイヤーパワー」の軍事力ランキングでは日本は7位に位置している。しかし日本の上層部は、世界第4位の経済大国としては、それでは不十分だと考えている。
日本には、ロシア・中国・米国・フランス・英国が有しているような武器のうちいくつかのものがない。それは空母、戦略的爆撃機、大陸間弾道ミサイルである。戦略的爆撃機と大陸間弾道ミサイルは日本には必要ない。日本には核兵器がないし、近い将来にそれを持つ予定もない。しかし通常の武器に関しては、上に列記したような国々にひけをとっている。日本では、安倍氏率いる日本政府が防衛に力を入れているのは「普通の国」になるためだと説明されている。しかしながら、北朝鮮が核ポテンシャルを増大させようとしている行為も、「普通の国」になるためだという名目で、正当化することも可能だ。目指すのはそこではなくて、もしかしたら、平和憲法こそ世界の大国が目指さなければならないものではないだろうか?
Sputnik Japanは我が国の軍備拡充は正当化出来るのかと云う記事を掲載したが、当然正当化出来る上にそもそも正当化では無く当然の事なのだ。
軍部を持たない国ならいざ知らず周辺諸国が敵性国家で在る事を考えれば、防衛体制の拡充は必要不可欠。
北朝鮮の脅威を利用しての政権叩きがしたいが為にこんな低俗な事を曰う其の意識に大いに疑問を抱くし、辟易する思いで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

南朝鮮が「おもてなし」を学ぶ。

* 平昌にも「おもてなし」を 韓国の大学生、来日し接客実習
韓国でも日本のおもてなしを――。来年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪・パラリンピックで日本語ボランティアを務める韓国の大学生ら21人が今月上旬に来日し、高級旅館での接客実習などを通して日本文化への理解を深めた。その経験を半年後の本番で生かすつもりだ。
公益財団法人・日韓文化交流基金(東京)が主催。韓国外国語大などで日本語を学ぶ大学生らが10日間の日程で訪れ、北海道では大倉山ジャンプ競技場など1972年札幌冬季五輪施設を見て回った。
東京では星野リゾートが運営する日本旅館「星のや東京」で接客実習を受けた。思うような結果が出せていない選手への接し方については、2008年北京、16年リオデジャネイロ両五輪の競泳女子日本代表で同社社員の山口美咲さんを選手役に見立てて、言葉を発さずに笑顔だけで接したり、マッサージを勧めたりして気遣うことの大切さなどを学んだ。
参加した建国大(日本語教育学科)3年の申政恩さんは、「相手の思いを察するのは難しい」と話す。
大会組織委員会は9万超の応募の中から約2万人のボランティアを選抜。大学生たちは選手村や競技会場などで案内役などを担う。
平昌五輪を念頭に我が国のおもてなし文化を学んで活かすなどほざいてるが、何処迄活かせるのか甚だ疑問を抱く上に、そもそも自分達で歓迎の意を示し行動出来無いのかと憐れむ。
他国の真似ばかりしてるから自分達で考え実行出来無い社会が醸成され、此の結果現在に至る病的な意識が蔓延してるのでしょう。
第一民族的に接客の本質を理解するのは極めて困難な上、絶対に達成出来無いのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:30 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

日刊スポーツが気違い記事掲載。

* 「安倍総理から日本を守ろう」/政界地獄耳 - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ
★首相・安倍晋三は支持率低下で「おごりがあった」と国民にわびたが、その後も元首相・福田康夫が「各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸(の顔色)を見て仕事をしている。国家の破滅に近づいている。政治家が人事をやってはいけない。安倍内閣最大の失敗だ」と極めて強い口調で批判した。首相は休暇中に森喜朗、小泉純一郎、麻生太郎ら歴代首相経験者と会談するなど、先輩に指導を仰ぐことが増えた。
 ★また「歴代首相に安倍首相への提言を要請するマスコミOBの会」が先月、中曽根康弘以降の存命の元首相12人に要請文を送付。11日までに回答した細川護熙、羽田孜、村山富市、鳩山由紀夫、菅直人の元首相の首相への注文を発表した。この中でも羽田は「安倍総理から日本を守ろう」とし、村山は「国民軽視の姿勢許せぬ」、細川は「国益を損なう」といずれも厳しく首相を批判している。
 ★首相は他にも、政権に批判的な政治評論家らを相次いで官邸に呼び寄せ、意見を聞いた。その中の1人、田原総一朗は「政治生命を懸けた冒険をしないか」と持ち掛け、首相が前向きに受け止めたといわれるが、結局「訪朝を促した」ようだ。田原は安倍と会う直前まで、「内閣改造で代えるべきは安倍だ」と発言し続けていたが、こうなるともう話題作りの安倍応援団だ。
 ★たくさんの人に話を聞いて首相がどう変わるのか興味深いが、森友学園事件で“私人”の首相夫人・安倍昭恵付秘書官・谷査恵子が、イタリア大使館1等書記官に異動した。彼女は、詐欺容疑で大阪地検特捜部に逮捕された森友学園前理事長・籠池泰典と、財務省をつないだ連絡係。本来地検の捜査対象だが、奇異な人事だ。付記すれば、南スーダンPKO日報隠蔽(いんぺい)問題の担当者だった防衛省前統合幕僚監部参事官付国外運用班長・小川修子も、中国大使館の1等書記官に異動している。がんばれば守ってくれる。
題名の「安倍総理から日本を守ろう」と云う文言が既に発狂してるが、「歴代首相に安倍首相への提言を要請するマスコミOBの会」がアンケートを実施して、其の結果返答した面々が見事に反日売国奴なのには大笑いで在る。
細川護熙、羽田孜、村山富市、鳩山由紀夫、菅直人とオールスターで在る。
此処に本来は小泉純一郎や福田康夫や野田佳彦が加わらなければ為らないが言及はしない。
どれだけマスメディアが毛嫌いをしてるのかで、政治家が如何に国益を守ってるのかを推し量る事が出来る。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

旧山古志村村長の長島忠美氏逝去。

* 自民・長島忠美衆院議員が死去 旧山古志村の村長 - 産経ニュース
自民党の長島忠美(ながしま・ただよし)衆院議員(新潟5区)が18日夜、新潟県長岡市内の病院で死去した。党関係者が19日、明らかにした。66歳。新潟県出身。今月15日に体調不良を訴え、入院していた。
 平成16年の新潟県中越地震では、旧山古志村(現長岡市)の村長として住民避難をはじめ地震からの復旧・復興の陣頭指揮にあたった。その手腕に着目した小泉純一郎首相(当時)から国政転出を要請され、17年の衆院選で自民党公認候補として比例代表北陸信越ブロックから出馬し、初当選。24年の衆院選で新潟5区にくら替えした。連続4期当選。
 24年12月に発足した第2次安倍内閣で農林水産兼復興政務官に就任。26年9月から約2年間、復興副大臣を務めた。
 長島氏の死去に伴い、10月10日告示、22日投開票の日程で新潟5区の補欠選挙が行われる予定。同じ日には青森4区と愛媛3区でも衆院補欠選挙が実施される見通し。
新潟県中越地震で震災の復旧復興の指揮に当たり尽力した長島忠美氏が逝去されました。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 17:05 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

宜野湾市が気違い決議。

* 沖縄・宜野湾市議会がオスプレイ豪州墜落事故への抗議決議を可決 全会一致で - 産経WEST
沖縄県宜野湾市議会は18日、米軍新型輸送機オスプレイのオーストラリア沖での墜落事故への抗議決議を全会一致で可決した。事故機は同市中心部に位置する米軍普天間飛行場に所属。決議では、同型機の飛行の即時中止と事故原因の速やかな公表、普天間飛行場の早期の閉鎖返還を求めた。
 決議では、事故やトラブルが相次ぎ「住民を巻き込む大事故につながるのではないかと、市民には大きな衝撃や恐怖感が広がっている」と強調。自粛要請後も飛行を継続した米軍には「市民の怒りは限界を超えている」とし、政府に米軍に強い姿勢で臨むよう訴えた。
オーストラリアで起きたオスプレイの転落事故を受けて、宜野湾市はオスプレイの運用の即時停止と事故の詳細の公表と普天間基地の早期返還を求める決議を可決した。
此の決議は現実離れして居り荒唐無稽で在る。
事故の詳細な原因の公表は理解出来るが、オスプレイの運用中止は極めて無理が在る上に、普天間基地の早期返還を主張するなら辺野古基地移設を円滑に進めて行かなければ為らない。
現実を踏まえない決議には大いに疑問を抱く。
posted by 天野☆翔 at 23:52 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

端島炭鉱に従事してた朝鮮人が映画の軍艦島の内容を否定。

* 【歴史戦】「映画には想像が多い」「日本人は遺体を送還しよくやった」 元徴用工が映画「軍艦島」の虚偽指摘(1/2ページ) - 産経ニュース
「軍艦島」の通称で知られる長崎市の端島炭坑を舞台にした韓国映画「軍艦島」(柳昇完(リュ・スンワン)監督)が韓国で上映中だが、軍艦島で実際に徴用工として働いたという韓国人男性が韓国メディアに対し、映画の内容が実際とは異なり誇張されていると指摘している。
 問題を指摘したのはチェ・チャンソプ氏(87)。チェ氏を取材した韓国日報(電子版)によると、チェ氏は先月26日、韓国政府の招待を受け、元徴用工や遺族50人余りとともに「軍艦島」を鑑賞した。
 チェ氏は鑑賞後、「映画には想像が付け足されているようだ」と語った。その例として、映画に登場する楽団長の娘を挙げ、「あんな幼い少女を軍艦島では見たことがなかった」と述べた。この指摘に、記事では「強制徴用が始まった後、連れて来られた朝鮮人はほとんどが少年だった」との説明が加えられていた。
 一方、米軍の爆撃で死亡した朝鮮人の死体を一カ所に集め燃やす場面について、チェ氏は事実と違うと否定。「端島で働いていて亡くなった人は多かったが、日本人はその遺体をちゃんと弔って、韓国に送還していた。それだけは実に善良によくやった」と回顧した。
また、映画では朝鮮人徴用工らが力を合わせて、管理する日本人らと戦い脱出を敢行する場面があるが、チェ氏は「全く不可能だ」と断言した。
 チェ氏は「映画はもう少し淡泊であるべきだった」「日本人がしたことをそのままに、韓国人もしたことをそのままに映画にすべきだった」と不満を語った。
 多額の制作費をかけ鳴り物入りで7月末に封切られた「軍艦島」。公開当初こそ関心を集めたが、現在は観客動員数が伸びず苦戦を強いられているという。
端島炭鉱で徴用工として従事して居た朝鮮人が南朝鮮のメディアに対して、映画の軍艦島の内容は虚構で在ると云う事実を語った。
其の内容は全てに於いて嘘で在り事実に反すると云う主張で在る。
実際に端島炭鉱に居た人物なのだから、其の信憑性は言わずもがなで在る。
此の元徴用工の証言を南朝鮮は重く受け止め無ければ為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

台湾総督府に対して暴漢。

* 台湾の総統府に暴漢 旧日本軍の軍刀で切りつける - 産経ニュース
台北市内にある台湾の総統府で18日午前10時15分ごろ、刃物を持った50代の無職の男が侵入を試み、警備の憲兵に切りつけた。憲兵は首や手などにけがを負ったが命に別条はない。男はその場で拘束された。刃物は近くの「国軍歴史文物館」から盗んだ旧日本軍の軍刀で、かばんから中国の国旗や中台統一を求める「遺書」が見つかった。
 男は直前に文物館から軍刀を盗み、総統府に向かった。軍刀は柄と刀身の間の切羽部分に「南京の役 殺一〇七人」と刻まれており、1937(昭和12)年の南京攻略戦の「百人斬り」の“証拠品”として展示されていた。
 台湾メディアの一部は軍刀の由来に注目しているが、文物館のサイトには「九八式軍刀」との説明書きがある。事実であれば九八式の制式化は昭和13年のため、偽物の可能性が高い。
台湾の総督府に事前に盗み出した軍刀を用いて憲兵に対して刃傷沙汰を起こした事件が在り、此の犯人は支那の工作員だが言語道断の事案で在る。
幸い憲兵は軽症で済んだが、一つ間違えば殺人で在ったのです。
事件の全容解明が急がれます。
posted by 天野☆翔 at 23:41 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

福島瑞穂が道路交通法違反。

* 社民地方議員らが辺野古座り込み 福島参院議員も排除される | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブの工事車両用ゲート前で18日午前、福島瑞穂参院議員を含む社民党全国自治体議員研修会のメンバー約70人が新基地建設に反対し、座り込み抗議活動をした。機動隊員が座り込む議員らを強制排除し、資材を積んだ工事車両16台が基地内に入った。
午前9時40分ごろ、機動隊員が「道交法に違反しています」と座り込む議員らに警告をくり返し、議員の両脇や足を抱えて排除した。
 機動隊員による強制排除を初めて受けた福島参院議員は「強制排除には、怒りが込み上げた。県民の民意を無視して進める工事は適法なのか国会でも議論したい」。同研修会のリーダーで、社民党香川県連合代表の田良コ議員は「沖縄県民の意志を各議員が持ち帰って、全国に発信したい」と話した。
 辺野古崎の砂浜ではトラックで運ばれてきた石材を投下する作業が確認された。「N5」護岸建設予定地付近で、カヌーや抗議船に乗った市民らが新基地建設反対を訴えた。
沖縄の辺野古基地の入り口は公道で在り、公道に座り込む行為は道路交通法に違反する。
此の違法行為を排除するのは当たり前だが、福島瑞穂は強制排除に対して怒りが込み上げたと曰う。
参議院議員自らが率先して法律違反しては何も為らず説得力皆無で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

根本七保子もヨサクに成り下がった。

* デヴィ夫人「日本の真の敵は、日本人」? 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
内向き社会と言われながらも、テレビでも、街の中でも多く見かけるようになった。在日外国人やダブル(ハーフ)の人びと。彼ら・彼女らの目に映る現代の日本の姿とは──。タレントのデヴィ夫人に話を聞いた。
*  *  *
 私は約40年間外国に住んでいました。昔の日本人は気高さを持っていました。ところが今の日本を見ると、その気高さはどこに行ったのかと感じ、情けなく思います。例えば日本の女性。現代の女性たちは、とてもきれいです。戦後の日本女性と比べると、抜群に美しい。でも「情操」に欠けたロボット人間ばかりのように感じるのです。
 私が生まれたのはテレビがない時代。楽しみといえば、読書しかありませんでした。フランス、イギリス、ロシア、ドイツなど、世界の文学作品を夢中になって読みました。『赤と黒』を読めばレナール夫人になりきり、『嵐が丘』を読めばキャサリンになりきり、『戦争と平和』を読めばナターシャになりきる。知的な想像の世界に生き、文学の中のロマンスに浸っていた。それが情操豊かな人間をつくる。ところが今はどうでしょう。
 最近では、一緒にいる男性を失いたくない一心で、子どもを平気で虐待死させる母親がいる。自信と誇りを持った大人になりきれていない女性が、主体性も持たずに男性に依存してしまう。自由を履き違えているのではないでしょうか? 英語ではセックスを「メイクラブ」と言います。つまりは、愛の高まりの象徴を意味するのです。ところが、最近の女性は、愛に対して美的感覚が全くないように感じます。単なる「セックス」でしかありません。
 今はSNSなのでしょうが、お手紙も非常にロマンティックなものでしたよ。私はスカルノ大統領から何百通というお手紙をいただきました。今でも大切に保存しています。そこにはすべて、すばらしい詩的な言葉が綴られています。そうした愛の育み合いを、今の方たちは何も知らずに育っているように感じます。最近では新聞を取る人が減っていると言うじゃないですか? スマホでニュースを見るのでしょうが、そうすると、自分の関心のあるものしか読まないでしょう。世界で同時に何が起きているのか全く分からない、知らない。
 日本の若者は政治に関心を持っていない。韓国の若者なんてすごいじゃない。中国も、韓国も、若者が動く。デモをしたり、日本大使館に抗議をしたり。日本の若者は全然しない。自分のことしか興味を持っていない。
 日本は精神的に自立していない女性が多い。愛国心がない若者がほとんど。国益を考えない政治家。何かというと世論を煽るマスコミも悪い。日本の真の敵は、日本人かもしれません。
アエラのインタビューで根本七保子が応えたが、此の内容が極めて捻じ曲がって居ます。
政治の案件での若者の姿に関しての受け応えで、支那や南朝鮮の姿を賞賛したが、此れは本来の自発的な動向では無く官製だったり欲求不満の捌け口で在る事実を知らない。
大使館への抗議はウィーン条約に違反する事も知らないとは、社交界に居た人物の見識とはとても思えません。
遂に耄碌でもしましたか。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

中央日報が気違い妄言。

* イ・ジュンイク監督「日本の戦争映画、加害者でなく“被害者コスプレ”の作品が多い」 | Joongang Ilbo | 中央日報
映画『朴烈(パクヨル)』のイ・ジュンイク映画監督が歴史を題材とした韓日両国映画の歴史歪曲をめぐる論争を言及した。
イ監督は先月11日、日本の「朝日新聞」とのインタビューで「日帝強制占領期を背景にした韓国映画の上映が相次ぐ理由は、監督の個人的好みでない時代の流れ」と明らかにした。
彼は「韓国は植民地時代の傷をいまだに整理できていない。戦後70年経って客観的な視点で過去を問い直せるようになった」とし「映画人にとって、この時代を題材にすることは、韓国の近代化やそれに連なる現代の不十分な部分を見つめ直す作業だ」と説明した。
イ監督は最近、韓国で歴史を題材にした創作作品が歴史認識に混乱を与えているという一部歴史家の批判に対して「映画の影響で歴史認識が混乱するという心配はしなくてよい」と強調した。
彼は米国の西部劇が歴史歪曲の代表的例だと紹介して「米国の西部劇は、白人はいい人、先住民は悪い人と描き、先住民への虐殺を正当化してきた。韓国と日本もその文化をまねている」と指摘した。
同時に、「戦争を題材とした日本映画は、アジアに対して加害者だったという視点は少なく、被害者意識のみを強調し『被害者コスプレ』と感じる作品が多い。ただ、韓国の観客は、映画の内容をすべて事実と受け取るほど単純ではない」と一線を画した。
また、イ監督は映画を見た韓国の若者たちが日本に悪い感情を持つ可能性はないかとの新聞の質問に「可能性がないとは言えないだろう。だが、それは日本の過去の歴史や歴史認識に対してであり、現在の日本人を嫌いになることはない」と説明した。
また、「韓国の若者はアニメーションを含め、日本文化に好感を持っている。『日本人は悪で、韓国人は善』、あるいはその逆という考え方は話にならない」と付け加えた。
彼は最近の韓日関係悪化がむしろ好転する契機になると展望した。イ監督は「懸案を隠しても関係は悪くなるだけだ。『朴烈』は日本と韓国の和解の契機になる映画と思っている。日本で上映されることを意識して作った。そうなってほしい」と伝えた。
一方、6月に公開された映画『朴烈』は関東大震災直後に起きた挑戦人虐殺を隠そうとした日本政府が無政府主義者の朝鮮人青年「朴烈」を大逆罪に追い込む裁判の過程を描いた。
南朝鮮の映画監督のインタビューを中央日報が掲載したが、此の内容が余りにも一方的で事実に反する。
大日本帝国が大東亜戦争に突き進んだ大義を全く理解して居らず、アジア各国から白人の排除を実行した事で我が国は多大な損害を出した。
此の損害が被害者としての描写に成るのは当たり前の事でしょう。
一方、南朝鮮国内では自らも日本人として戦ったのみにも関わらず、此れを完全に排除した思想で、一方的に被害者に成り下がる。
慰安婦や徴用工等枚挙に暇が無い。
国自体が被害者ビジネスしてるのに何を曰ってるのかと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:23 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

雨傘運動参加者に実刑判決。

* 香港で元学生リーダーらに実刑判決 14年「雨傘運動」めぐり、3人に禁錮6〜8月 - 産経ニュース
香港の公共放送RTHK(電子版)によると、香港高等法院(高裁)は17日、選挙制度の民主化を求めた学生らによる2014年秋の街頭占拠デモ「雨傘運動」に関連し、違法集会の罪などに問われた元学生リーダーら3人の上訴審で、社会奉仕などを命じた一審判決を改め、禁錮6〜8月の実刑判決を言い渡した。
 司法当局が量刑は不当とし、上訴していた。判決は大学生連合会(学連)元幹部の羅冠聡被告(24)が禁錮8月、同元幹部の周永康被告(26)が禁錮7月、中高生団体の元幹部の黄之鋒被告(20)が禁錮6月だった。
 このうち羅被告は昨年9月の立法会(議会)選で当選後、就任宣誓が無効と司法判断され、議員資格を先月、取り消されていた。
 問われたのは14年9月26日から27日にかけ、香港政府本部庁舎前の広場に多数の学生らが柵を乗り越えて侵入し逮捕された事件。
 羅氏は学生らに侵入するよう扇動した罪、周氏と黄氏は広場での集会に参加した罪に問われた。事件が引き金となり、3カ月近く続く雨傘運動が始まった。
 判決後、黄被告は法廷を離れる際、「香港人は(政府への民主化要求を)放棄しない」と叫んだという。
一国二制度の維持を香港特別行政区政府に求めた2014年香港反政府デモに参加した活動家の三名に対して、本日の上告審での判決は一審の大きく上回る禁固刑に処する内容で在った。
最高で八月と云う重い判決は極めて不条理で断固として抗議すべき判決で在り、香港の司法は又しても死んだ。
posted by 天野☆翔 at 23:55 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

日本海の東海表記を諦めない南朝鮮。

* 日本海呼称問題 韓国がまた「東海」との併記主張、日本は反論 - 産経ニュース
国連本部で開かれている第11回国連地名標準化会議で、韓国政府代表は16日、日本海の呼称問題について「東海」を併記すべきだと主張し、日本政府代表が「全く不適当な主張で、許されるべきではない」と強く反論した。
 韓国側は、「東海」という名称は韓国内で2000年以上も使用され、「自然と生活、歴史、文化の一部となっている」と主張。韓国政府の主張を受けて国際的にも使われる例が増えていると訴え、「二国間交渉や、多国間協議を通じた問題解決に向けて最善を尽くし続ける」と述べた。
 これに対し、日本の川村泰久国連次席大使は、「日本海」が19世紀初頭に確立した唯一の国際的な呼称だと反論。「東海」との併記に変更させようという試みを「政治目的に基づいた一方的な行為」と批判し、「決して受けいれることはできない」と強調した。また異なる地名を併記すれば、船舶の運航を管理する機関などに混乱をもたらし、損害を与えるとした。
 国連地名標準化会議は地名の表記方法などを検討するため5年ごとに開催。韓国は1992年の第6回会議から日本海の呼称に異議を唱えている。
連合国で開催されて居る第十一回地名標準化会議で、南朝鮮は東海表記を併記せよとの主張を又しても展開した。
粘着質で執拗な意識で辟易するが、我が国は絶対に此れを認めては為らず徹底的に主張を退け潰して行く事が求められる。
日本海は何が在っても日本海で他の海域では一切無く、国際的に認識されて居る海域名を改める動きは完全に封じて行かなければ為りません。
posted by 天野☆翔 at 23:49 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

徴用工の請求権は消滅して無いと文在寅が主張。

* 【文在寅政権100日】「徴用工の個人請求権は消滅していない」文大統領が会見 慰安婦問題は「日韓請求権協定時には分かっていなかった」(1/2ページ) - 産経ニュース
韓国の文在寅大統領は17日、就任から100日の記者会見をした。文大統領は2015年に日韓が「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した慰安婦問題について、「(1965年の日韓請求権協定の)韓日会談の当時には分かっていなかった問題だ。会談で扱われなかった問題だ」と述べた。
 文氏は「慰安婦問題が判明し、社会問題となったのは韓日会談よりかなり後のことだ。慰安婦問題が韓日会談で解決したというのは正しくないとみる」と語った。2015年の日韓合意については、「現在、韓国外務省で検証作業を進めている」とした。
 また、日本の朝鮮半島統治からの解放記念日である15日の「光復節」の式典での演説で、自ら言及した徴用工の問題については「(日韓)両国間の合意は個々人の権利を侵害できない」とした。その上で、「両国間の合意にも関わらず、徴用工、強制徴用を受けた個人が三菱などの企業を相手に持つ個人の権利(請求権)は残っているというのが、韓国の憲法裁や最高裁の判例だ」と指摘。「韓国政府はこの立場で歴史問題に臨んでいる」と強調した。
一方、文氏は北朝鮮問題について、「朝鮮半島で再び戦争は起きないと自信を持って申し上げる」と断言。北朝鮮に対する米国の軍事力行使の可能性について「いかなる選択肢を取るとしても、(米国は)韓国と十分協議し同意を得ると約束した」と述べた。
 さらに、北朝鮮の「レッドライン(越えてはならない一線)」について、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)を完成させ、核弾頭を搭載し兵器化すること」だとの認識を示した。
二国間条約や請求権協定で我が国と朝鮮半島の戦後処理は全て酋長し決着してるのにも関わらず、此の双方を正確に国民に説明して来なかった責任を放棄して、一方的に我が国に其れを求めるとは言語道断。
何を未迷った事を抜かしてるのかと厳しく問い質したい。
個人で在れ団体で在れ、我が国との戦前の問題は全て二国間条約と請求権協定で完全に決着してるのです。
其の為に巨額の資金を受け渡し、後は国内で処理してくれと云う事で、条約や協定が発効してるのだ。
南朝鮮は此処を勘違いするな。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

防衛省が新装備取得の為の予算を盛り込む。

* 【北ミサイル】防衛省、地上配備型イージス導入へ 対ステルス機レーダー試作に196億円 平成30年度概算要求(1/2ページ) - 産経ニュース
防衛省がミサイル防衛(MD)強化に向け、イージス艦の迎撃システムの地上配備型である「イージス・アショア」を中心とした新装備の取得を平成30年度予算案の概算要求に盛り込む方針を固めたことが17日、分かった。ステルス機や弾道ミサイルの早期発見のため、国産の次期警戒管制レーダー「MIMO(マイモ)」の試作費約196億円も計上する。政府関係者が明らかにした。
 MD新装備の導入や新型レーダー整備は、核・ミサイル開発を進める北朝鮮の脅威に対し、抑止・対処能力を向上させる狙いがある。
 イージス・アショアの概算要求は、開発した米政府の協力が必要なため、額を明示しない「事項要求」とする。ワシントンを訪問中の小野寺五典(いつのり)防衛相は17日午後(日本時間18日未明)にマティス米国防長官と会談する予定で、取得に向けた協力を要請する方針。これとは別に、「あたご」型イージス艦にMD能力を付与する改修を今年度末から前倒しして年内にも完了させることを目指す。
 MIMOは複数の小型アンテナを分散配置し、それぞれのアンテナが受信した情報を統合処理するもので、現行レーダーよりも早期のステルス機発見を可能にする。弾道ミサイル探知能力も備え、航空自衛隊が運用する地上レーダー「FPS5」と比べて性能が向上するという。
35年度までに開発を完了し、36年度からの実戦配備を目指す。従来のレーダーよりもコンパクトになることで低コスト、省エネを実現する。また、分散配置することで1カ所のレーダーが破壊されても早期復旧を図ることができ、抗堪性も高くなる。
 一方、中国の衛星破壊兵器や宇宙ごみ(スペースデブリ)を念頭に、空自に宇宙状況監視(SSA)運用部隊を設置する。自衛隊では初の宇宙専門部隊となる。30年度に米軍主催の宇宙作戦に関する多国間演習「シュリーバー演習」に初めて参加する方針で、関連経費を概算要求に盛り込む。また、同年度内に宇宙監視レーダーの設置場所の選定も行う。
 政府は米政府とのSSA協力を進めており、34年度までに宇宙航空研究開発機構(JAXA)と米軍の間でシステムの連携を完成させる計画だ。35年度からは空自部隊が宇宙監視レーダーの運用を開始することを目指す。
イージス・アショアやMIMOの新規の装備の拡充やイージス艦の改修費等を盛り込んだ予算を、平成三十年度予算案の概算要求に盛り込む方針を固めた事が判明しました。
北朝鮮の脅威が迫る中では在るが、対北朝鮮では間に合わないが対支那としての事案としては有効に機能して行く事かとも思います。
備え在れば憂い無しで、何もしないよりも装備の拡充を着実に実施して行く事が肝要です。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

政府が北朝鮮への安全保障理事会決議を履行。

* 日本政府、9人の北朝鮮人・4団体を”資産凍結”追加と発表│北朝鮮│韓国ドラマ・韓流ドラマ 韓国芸能ならワウコリア
日本政府は、国連安全保障理事会の対北制裁決議に沿って、北朝鮮人9人と団体4か所を資産凍結対象に追加指定した。
 17日、複数のメディアによると、日本政府は前日(16日)、北朝鮮の銀行と保険会社などを含めた団体および個人に対して、送金と銀行口座取引を禁止すると明かした。
 日本政府の今回の措置は去る5日(現地時間)、国連安保理が北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射と関連し、満場一致で採択した対北制裁決議第2371号によるもので、北朝鮮による核・ミサイル開発資金が流入するのを防ぐことを目的とする。
* 政府、北朝鮮関係者の資産凍結を拡大  :日本経済新聞
政府は16日、北朝鮮への国連安全保障理事会の制裁決議を受け、資産を凍結する個人・団体の範囲を広げると発表した。北朝鮮の銀行や保険会社、会社員など4団体・9個人への送金や銀行口座のやりとりを禁止し、ミサイルや核開発の資金が流入するのを止める狙いがある。
 国連安保理は北朝鮮による核実験や弾道ミサイル発射実験のたびに制裁措置を決議し、段階的に強めてきた。
 今月採択した決議は北朝鮮の外貨収入源である石炭や鉄鉱石、海産物などの輸出を全面禁止した。外貨稼ぎをしている4団体・9個人を資産凍結などの対象に追加した。政府の今回の措置はこれに伴うものだ。
 政府は外国為替及び外国貿易法(外為法)に基づいて制裁する。凍結措置の対象者が日本からの送金を受けるには財務省の許可が必要になる。
先に開かれた連合国の安全保障理事会の決議で、北朝鮮への経済的制裁を求める事案を履行しました。
北朝鮮関係者の四団体九名に対して、今回制裁決議を発動しました。
何処迄効力を発揮するかは不明ですが、着実に経済的に追い詰めなければ為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:30 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

南朝鮮女子バレーで異常な行動。

* 女子バレー:キム・ヨンギョン、日本製シューズのロゴ隠す-Chosun online 朝鮮日報
バレーボール女子韓国代表チームの主将キム・ヨンギョン(29)=上海国華人寿=が、日本による植民地支配から解放されたことを祝う「光復節」だった15日、日本のスポーツブランドのシューズのロゴに「大韓独立万歳」と手書きされたテープを貼って、第19回バレーボールアジア女子選手権大会(フィリピン・ビニャン、アロンテ・スポーツ・アリーナ)の試合に出た。キム・ヨンギョンの所属事務所は「この靴のメーカーはキム選手とスポンサーシップ契約を結んでいるので仕方がなかった。その代わり、あらかじめメーカー側の了解を得てテープでロゴマークを隠した」と話している。
南朝鮮の女子バレーの一人がミズノの靴のロゴにテープで隠し政治的な主張をした内容を書き込んだ。
ミズノ側には既に此の事を伝え了承を得てると云うが、そんな一方的な主張は一切の信用性は無く、完全に常軌を逸した行動です。
スポーツの現場に平然と政治的な案件を持ち込むとは言語道断。
反日意識も此処迄来たのかと呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

辺野古基地移設反対派の馬鹿な抗議。

* 市民の日よけ撤去で抗議 沿岸部では工事進む - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、米軍キャンプ・シュワブのゲート前では午前、市民らが日陰を確保するために頭上に広げていたブルーシートを、機動隊が撤去した。ブルーシートは固定せずに市民が支えていた。市民が持ちやすいように、シートの四隅に棒が付いており、機動隊員らは「風が吹くと危ない」などと撤去した理由を説明した。
 市民の1人は「日陰がないと抗議できない」と訴えた。
 午前11時までに、ゲートからの工事車両の出入りは確認されていない。ゲート前では約70人の市民が抗議を続けている。
一方、沖縄防衛局は17日午前、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部で工事を続けた。
 辺野古崎西側にある「N5護岸」建設予定地付近では、袋に入った砕石を並べる道路建設工事が確認された。ボーリング作業をするスパット台船でも、作業員の姿が確認された。
 「K1護岸」建設予定地付近では、資材を運ぶ工事車両や測量作業が確認された。
辺野古基地移設反対派が抗議活動を継続してる現場でブルーシートが撤去されたが、此のシートの四隅には棒が取り付けられて居り、此れを人が支えてると云うが、基部に石でも噛ませば立派に設置物に成り道路交通法違反に成る。
道路交通法違反に成る物を撤去され「日陰が無いと抗議出来無い」等と抗議するのは、犯罪に犯罪を重ねてる詭弁言い訳にしか為らない。
抗議活動を止めるのが筋で、其れでも継続したいなら炎天下での抗議活動でもしたら如何かな。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

Firefox55.0.2がリリースされました。

MozillaはFirefoxの最新版、Firefox55.0.2をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Firefox のダウンロード − 自由な Web ブラウザ − Mozilla
* リリースノート | 次世代ブラウザ Firefox

posted by 天野☆翔 at 07:13 | Comment(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

Thunderbird52.3.0がリリースされました。

MozillaはThunderbirdの最新版、Thunderbird52.3.0をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Thunderbird − メールをもっと簡単に。 − Mozilla
* Thunderbird − Notes (52.3.0) − Mozilla

posted by 天野☆翔 at 07:12 | Comment(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

朝鮮半島有事への安倍晋三内閣総理大臣の対応を日刊ゲンダイが批判。

* 北朝鮮危機を煽りつつ…安倍首相は別荘でのんびり夏休み|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL
迎撃ミサイル「PAC3」の配備にトランプ米大統領との電話会談。北朝鮮危機を煽って国民を不安にさせるばかりの安倍首相だが、その一方で自分は15日から夏休みに入った。山梨県の河口湖に近い別荘で、のんびり過ごしている。
 今年の安倍首相の夏休みは当初、24日までの10日間の予定だったが、非常事態下なのに長すぎるという批判を警戒して、急遽18日までに短縮した。
 安倍首相が別荘へ行く目的はひとつ。ストレス解消のためのゴルフに興じることだ。萩生田光一自民党幹事長代行ら側近や親族、財界人、親しい友人などが前夜から招かれ、バーベキューなど夕飯を共にして、翌朝ゴルフというのがお決まりのパターン。今回は誰とゴルフをするのかが注目されていた。
「一昨年も昨年の夏も、加計学園の加計孝太郎理事長が別荘を訪れ、安倍首相と一緒にゴルフをしています。しかし、さすがに今年は無理。安倍首相は、『ゴルフがしたいけど、加計さんは来られないしなあ』と残念がっていたそうです」(自民党関係者)
そこで今回は、フジテレビの日枝久相談役や森喜朗元首相とのラウンド日程が組まれたらしい。だが、「厳しい世論もあるし、さすがにゴルフはまずい、ということになって、直前にキャンセルになったそうです」(官邸事情通)。
 ゴルフをやらないなら、わざわざ山梨まで行かなくたって、東京にいればよかったんじゃないか。だいたい、安倍首相は先週、地元の山口に帰り、花火大会や盆踊りを楽しんだ。夏休みみたいなもんだったろう。
 政治評論家の野上忠興氏がこう言う。
「安倍首相は『国民の生命と財産を守るために最善を尽くす』と言っていました。首相は自衛隊の最高指揮官。PAC3配備などこれだけ緊張感を高めているうえ、加計疑惑などで国民の信頼を失っている今、夏休み返上で対応に当たって、信頼を取り戻さなければならないと考えるのが普通ですよ。相変わらず、発言と行動がチグハグですね」
 ま、“腹心の友”とのゴルフは当分の間、お預けなのは間違いない。
安倍晋三内閣総理大臣が朝鮮半島有事を煽るだのと一体何をどう見たら煽ってるのかと厳しく問い質したい。
連合国の安全保障理事会の度重なる決議違反に対して粛々と対応してるに過ぎない。
夏休みの予定が変更に成ったのは国際情勢の変化に即応する為で、決して世論に配慮した訳では無い。
こんな事も政府関係者の証言として部署や人名を挙げずに匿名での掲載をするのも、完全に世論誘導をして居ます。
更に云うと、仮に首相官邸に詰めて朝鮮半島有事に対応してたのだとしたら、此の対応も煽ってるだのと批判するのでしょう。
ドッチにしても批判に終始する姿勢なのです。
posted by 天野☆翔 at 06:04 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

民団が新幹社創立三十周年記念の気違い記事。

* 韓半島出身の旧軍人・軍属死者名簿出版…新幹社創立30周年記念
新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、外国人登録法改正運動に関わった日本の市民団体のメンバーら約100人が集まった。
編著者 構想から20余年
高代表は「3年前病気をして社の幕引きも考えたが、在日の出版社として悔いのない仕事をしようと決めた」と述べた。
 節目の年に菊池英昭編著の『旧日本軍朝鮮半島出身軍人・軍属死者名簿』が発刊できたことについては、「この本を通じて反戦・平和につながると思う」と来場者に感謝を述べた。
 同書は旧日本軍の軍人・軍属としてアジア・太平洋戦争に動員された朝鮮人24万3992人のうち、死亡した約2万2千人の名簿だ。編著者の構想から20余年、制作に3年半かかった。韓日の不幸な歴史にスポットを当てた一冊だ。
 1部の記念講演会では、東京大学の外村大教授が「植民地朝鮮の徴兵制度」について、「1925年までは志願兵として募ったが、それ以降は徴兵対象にした。朝鮮人はなぜ日本のために戦争しなければならないのか、心に傷を負ったまま皇国臣民になることで朝鮮人への差別がなくなると考えた」と語った。「しかし、日本政府は戦後『国籍条項』で朝鮮人に対しては軍人恩給を支払わなかった。日韓条約でも徴用者について議論はあったが、謝罪と償いもなかった」と戦後処理ができていないと批判した。
 真宗大谷派南溟寺の戸次公正住職は「戦死者を記憶し訪うこと」と題して、「仏教者として日韓の歴史認識と和解について学んできた。昨今の誤った情報に基づいた嫌韓本やヘイトスピーチ、ネトウヨの存在は許されない。加害者としての戦争責任を考え、日韓に壁をつくるのではなく橋を架ける営みが大事だ」と強調した。編著者の菊池氏は「戦争をするのは国家、民衆は戦争が嫌いだ」と自身の詩を朗読した。
(2017.8.15 民団新聞)
朝鮮人が旧日本軍の一員として戦った事は、朝鮮人が日本人だったからで、此処に疑問を挟む余地は一切無く、又、戦後処理での恩給は既に併合が解除され日本人では無かったのだから、支払われて居なくても当然の事。
此の恩給は以後、二国間条約や請求権協定の中に含まれる形で支払われたが、全く知らなかったとでも思ってるのでしょうか。
更に、真宗大谷派南溟寺の戸次公正住職は、現在の朝鮮人に対する日本人の意識で、ヘイトスピーチだとか曰ってるが、事実を論ってるだけで此処に憎悪は殆ど無いのだ。
全く筋違いの事で批判してる上に、二国間の架け橋に成るのだと世迷い言を曰ってるのには、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 05:56 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

NHKの731部隊の番組が支那で反響。

* NHKの「731部隊」番組、中国で反響呼ぶ  :日本経済新聞
NHKが13日夜に放送した旧日本軍「731部隊」に関するドキュメンタリー番組が、中国で反響を呼んでいる。中国国営中央テレビは15日昼のニュースで「細菌兵器や人体実験に関する兵士の証言テープを公開し、残忍な犯罪行為を異例にも認めた」と紹介。中国外務省の華春瑩副報道局長は記者会見で「真相を明らかにする日本の知識人の勇気を称賛する」と語った。
 中国のインターネット上では「歴史を直視した」と評価する声がある一方で「報道の自由がある国がうらやましい」と中国の報道規制に批判の矛先を向ける人もいた。
 日本政府は731部隊の存在は認めているものの、具体的な活動内容については「資料がない」として認めていない。
此の番組事態が虚構で出鱈目なのに、矢張り支那では反響が在った。
731部隊は毒劇物に対応する為の現在で云う「処理班」の役割が在ったが、番組ではさもテロリストの如くの非道な部隊として紹介されて居ました。
捏造歪曲偏向報道で支那は大喜びした事でしょう。
posted by 天野☆翔 at 05:45 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

東京の連続雨天日が四十年振りに更新。

* 都心で40年ぶり、16日連続の雨…野菜高値に : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
関東地方は16日も朝からどんよりとした空模様で、多くの地域で雨となった。
 東京都心では8月1日から16日連続で雨を観測。この先も20日頃まで雨が降りやすい状況が続くとみられ、1977年の22日連続に迫る「雨の夏」になりそうだ。東京都心のオフィス街では16日朝、傘を差して通勤する人たちの姿がみられた。
 気象庁によると、北海道の北にあるオホーツク海高気圧の勢力が強い一方、太平洋高気圧の張り出しは弱い。このため、東日本の太平洋側に冷たく湿った空気が流れ込み、天候を崩している。11〜15日の都心の日照時間は合計5時間で、平均気温も24・4度と9月上旬から中旬並みとなっている。
 日照不足で野菜の流通量は減っている。都内の青果卸大手によると、16日までの1週間でキュウリ、ネギの卸売価格が約6割上昇。世田谷区のスーパー「たぐちフーズ」では、キャベツ1玉が198円と、7月下旬と比べて3倍の高値となった。担当者は「産地を選び安く仕入れる努力をしているが、悪天候が続けばさらに値上げが必要になるかもしれない」と話している。
* 東京14日連続で雨 8月に40年ぶり(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
東京は8月1日から今日まで14日連続で雨が降っています。8月の東京で こんなに雨の日が続くのは、1977年以来、40年ぶりのことです。
東京で14日連続雨
今日(14日)も関東地方はどんよりとした空模様で、所々で雨が降っています。8月に入ってから、オホーツク海高気圧の影響で、関東地方には北東からの湿った空気が流れ込みやすく、ぐずついた天気が続いています。
東京都心では8月1日から14日間連続で降水(0.0ミリ以上)を観測。8月に14日以上連続で降水を観測したのは1977年以来、40年ぶりのことです。(1977年は8月6日から27日にかけて、22日連続で降水を観測しました。) 8月1日以降、日差しも少なく、日照時間が5時間を超えたのは、3日間しかありません。ギラギラした太陽は顔をほとんど出さず、お盆休みらしくない天気が続いています。
関東地方は、20日(日)頃にかけて、湿った空気の流れ込みやすい状況が続き、曇りや雨の天気が続くでしょう。暑さも控えめで、東京都心の最高気温は30度に届かない日が多くなりそうです。
十四日の時点で既に四十年振りに東京の連続雨天日が更新されましたが、此の連続雨天日は本日も継続され十六日間の連続雨天日に成りました。
明日も雨天が続くと思われますが。此の記録更新は今週一杯継続されて行くでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:42 | Comment(0) | Weather | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

五山送り火が営まれた。

* 古都の夏の夜彩る祈りの炎…京都・大文字山などで「五山送り火」 - 産経WEST
古都の夏の夜を彩る伝統行事「五山送り火」が16日夜、京都市内で行われた。市民や観光客らが夜空を焦がす炎を眺め、ゆく夏を惜しんだ。
 午後8時、如意ケ嶽(にょいがたけ、大文字山、同市左京区)の「大」の文字に点火されたのに続き、「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」の火文字が市街地を囲む山々に浮かび上がった。
 五山送り火はお盆に迎えた先祖の霊を送り出し、無病息災を願う行事。室町時代から江戸時代にかけて庶民の行事として定着したとされる。昨年は大雨のため、如意ケ嶽の「大」がほぼ見えず、人出は約3万人と平成27年から半減した。
 京都地方気象台によると、この日の市内の最高気温は8月下旬並みの33・0度。夜は暑さが和らぎ、鴨川沿いなど市内各所に集まった人々は、幻想的な炎の文字に見入っていた。
お盆を過ぎて毎年営まれる五山送り火が本日無事に終了しました。
今年も此の季節に成ったのかと沁沁思います。
御先祖様の御霊に安らぎをと心から祈りたい。
posted by 天野☆翔 at 23:35 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

サンマリノ共和国のマンリオ・カデロ大使が靖国神社に言及。

* 「靖国神社のような戦死者追悼の場は世界中にある」終戦の日にサンマリノ共和国の駐日大使が講演 - 産経WEST
「終戦の日」の15日、大阪市住之江区のオスカーホールで「終戦72年 戦没者追悼祈念講演会」が開かれ、イタリア半島中部にあるサンマリノ共和国のマンリオ・カデロ駐日大使が「世界が求める日本の心」と題して講演した。
 講演会は「日本会議大阪」などが企画。遺族や市民ら約200人が熱心に耳を傾けた。
 靖国神社(東京)の境内で開かれる骨董(こっとう)市によく出かけるというカデロ大使は「アメリカのアーリントン国立墓地やフランスの凱旋門(がいせんもん)など、靖国神社のような国を守るために戦って亡くなった人のメモリアルな施設は世界中にある。参拝して何が悪いのでしょう」などと話した。
 また、日本の若い世代に向けて「自分の国をよく知らないのに留学するのは危険。日本人にとって神話や歴史は財産ですから自国に誇りを持って勉強してください」とアドバイスした。
アメリカのアーリントン国立墓地やフランスの凱旋門を引き合いに出して、靖国神社と全く同じ目的で建造された施設は世界中に存在し、何故日本だけが参拝しては駄目なのかと檄を飛ばしましが此の良い意味での批判は至極真っ当で正しい。
特定アジアに阿て参拝しないのは、戊辰戦争以来の英霊の皆々様方や御遺族関係者の皆々様方に大変失礼でも在る。
改めて思うが、靖国神社を政治問題化させた社会党には憎しみしか抱かない。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

前原誠司の致命的な思い違い。

* 【民進党代表選】「安倍政治を倒す気持ちあれば政権交代できる」前原誠司元外相が事務所開き 地方票に軸足 - 産経ニュース
民進党代表選(21日告示、9月1日投開票)への出馬を表明している前原誠司元外相が16日、都内のホテルに選挙対策本部を設置した。前原氏は選挙戦で手堅く国会議員票を固め、対抗馬の枝野幸男元官房長官をリードするが、懸念材料は地方での不人気だ。昨年の代表選では蓮舫代表に地方票で水をあけられており、今後は地方遊説にも力を入れる。
 「もう一度この党でみんなと一緒に政権与党を実現するために働かせていただきたい。『安倍政治』を倒す気持ちがあれば必ずまとまり、政権交代はできる」
 前原氏は事務所開きで約35人の国会議員を前にこう切々と訴えた。選対本部長には、大畠章宏元国土交通相グループの大島敦衆院議員が就任した。
 前原氏には党内5グループが支持を表明し、1グループの枝野氏を圧倒する。党を去った細野豪志元環境相と長島昭久衆院議員がそれぞれ立ち上げた2つの党内グループも16日の会合で前原氏支持を再確認した。
 今回の代表選は全858ポイント中、全国の党員・サポーターと地方議員を合わせた「地方票」が440ポイントあり、勝敗に大きく影響する。前原氏は昨年の代表選で地方票を102ポイントしか獲得できず、293ポイントだった蓮舫氏に惨敗した。
 地方票をにらみ、前原氏は15日に安倍晋三首相の地元・山口県で街頭演説を実施。17日に京都市、19日に神戸市でそれぞれ決起集会を開く予定で、地方回りを徹底している。
民進党の前原誠司が党の代表選挙の為の事務所を設置したが、此の事務所開きの挨拶で安倍政権に対抗する目的で意識が共有出来れば政権交代が可能と曰ったが、完全に間違った見識で、政権と対立するのでは無く正しい政策理念を提示実行して行く事が本来の姿で在る。
政権交代を念頭に置いた意識で政治家を継続するので在れば、其れこそ悪夢の三年三箇月の反省が一切無く、教訓すらも活かされて居ないと云う意識で在る。
民進党には最早将来は無い。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

読売新聞やNHKで第十九回旧中川灯籠流し・東京大空襲犠牲者慰霊追悼の記事掲載。

* 平和祈り灯籠流し…旧中川 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
江東区と江戸川区の境を流れる旧中川で15日、東京大空襲の犠牲者を慰霊する灯籠流しが行われた。
 旧中川では、1945年3月10日の東京大空襲で、猛火を逃れるため川に飛び込んだ約3000人が亡くなったという。この日は、約4000人が集まり、「平和」「2度と戦争が起きませんように」などと書いた灯籠を流して追悼した。
 19回目の今年は、米ニューヨークの国連本部に設置されている「平和の鐘」のレプリカが用意され、黙とう中に打ち鳴らされた。
 鐘を鳴らした江戸川区平井の小学6年生(11)は「亡くなった人たちのために心を込めた。戦争のない世界を作っていきたい」と話した。
* 空襲から逃れようと犠牲に 東京の川で追悼の灯籠流し | NHKニュース
終戦の日の15日、東京大空襲で大きな被害を受けた東京の下町を流れる川では、犠牲者を追悼する灯籠流しが行われ、平和を願う人たちの祈りが続きました。
およそ10万人が犠牲になった昭和20年の東京大空襲では、東京の江戸川区と江東区の間を流れる旧中川に火の手から逃れようと多くの人が飛び込み、およそ3000人が亡くなったとされています。
終戦から72年となった15日、川にかかる橋の上には地元の人などが集まり、鐘の音に合わせて黙とうしたあと、白い菊の花が川に投げ入れられました。
そして、日没をすぎた午後7時ごろ川岸に移動し、「悲劇をくり返さない」とか「戦争のない平和な世界を」などと書かれた2400個の灯籠を川面に浮かべていました。
集まった人たちは、ゆっくりと流れる灯籠の明かりを見送りながら静かに手を合わせて犠牲者を追悼し、平和への思いを新たにしていました。
3歳の時に空襲で祖父と妹を亡くしたという江戸川区の片柳泰一さん(76)は「空襲のなか母親におんぶされ火の粉を払いながらなんとか逃げたが、真っ赤な空や炎の熱さは今でもはっきりと覚えている。悲劇の歴史を忘れてはならない」と話していました。
冥庵:第十九回旧中川灯籠流し・東京大空襲犠牲者慰霊追悼。でも触れましたが、読売新聞やNHKで第十九回旧中川灯籠流し・東京大空襲犠牲者慰霊追悼の記事が掲載されました。
一般人を標的とした無差別大量虐殺は絶対に許しては為らず、此の事実を後世に語り継ぐ必要が有ります。
明らかな戦争犯罪で在るので、今後も同催事を継続して頂きたいと思う。
posted by 天野☆翔 at 23:18 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

シエラレオネで大規模な土砂崩れ。

* 土砂崩れの死者270人に シエラレオネ、600人不明 - 産経ニュース
西アフリカ・シエラレオネの首都フリータウン郊外で14日に起きた土砂崩れで、ロイター通信は15日、270人の遺体が見つかり、行方不明者は約600人に上ると報じた。フリータウン市長や赤十字関係者が明らかにした。
 少なくとも3千人が家を失い、避難所や医療品、食料が不足している。衛生状態が今後悪化しコレラなどの病気がまん延する恐れがあるという。
 フリータウン郊外では、違法に建てられた家屋が丘の斜面に密集していた。行方不明者は大量のがれきの下に埋まったままとみられる。
 シエラレオネは世界最貧国の一つ。2002年まで約10年にわたって内戦が続き、インフラが十分に機能していない。
西アフリカで十四日に発生した土砂崩れに因る死者が三百名近くにも成ると云う。
三千人もの人々が家を失ったとの報道も在り、被害は極めて深刻です。
一日も早い復旧が望まれます。
此の災害で亡くなられた方々には、謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:00 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

最早存在自体が許せない沖縄タイムス。

* 社説[終戦の日に]今こそ「不戦の誓い」を | 社説 | 沖縄タイムス+プラス
長い戦争がようやく終わりを告げ、平穏な暮らしが戻ってきた。人々が平和の尊さを実感したのは、戦時下の生活の制約から解放され、日常を取り戻した時であった。
 作家の永井荷風は終戦の日から3日後、日記にこう書いている。「朝おも湯を啜(すす)り昼と夕とには粥に野菜を煮込みたるものを口にするのみ。されど今は空襲警報をきかざる事を以て最大の幸福となす」(『断腸亭日乗』)
 戦後、生活雑誌「暮しの手帖」を創刊した花森安治は著書『一戔五厘の旗』で「夜になると 電灯のスイッチをひねる」「ねるときには ねまきに着かえて眠る」「戦争のないことは すばらしかった」とつづった。
 きょう8月15日は終戦の日。72年という戦後の歳月は日本の社会を大きく変えた。戦後生まれの人が2014年に総人口の8割を初めて超えた。身を以て戦争のリアルさを語ることのできる人が周りからいなくなっていく。
 戦争体験者が急速に減っていく中で、「平和」や「民主主義」という言葉が戦後初期に持っていたインパクトや喚起力を失いつつあるのではないか。
 「ねるときには ねまきに着かえて眠る」ような当たり前のことに幸福感を覚えるのは、それができなかった戦争の時代を生きていたからだ。
 それだけではない。戦後72年たって、戦争ができる社会への編成替えが急速に進み、戦争を起こさせない社会的な力が弱まっているのである。
■    ■
 政府与党は、数の力に物を言わせ、特定秘密保護法、安全保障関連法、「共謀罪」法を強行的に成立させた。いずれも日本の社会の在り方を根本的に変える法制である。
 米朝が戦端を開いた場合には日本は集団的自衛権を行使するため自動的に戦争に巻き込まれる可能性が高い。
 国民意識も変わってきた。中国、北朝鮮を敵視する排外主義が横行し、ネットや雑誌では「反日」「売国奴」などの罵詈(ばり)雑言が飛び交う。国民の分断が進み、ささくれだった空気が漂っている。
 「平和」「民主主義」「人権」という言葉を聞いただけで、アレルギー反応を起こし、忌避するような動きが広がりつつあるのも気掛かりだ。
 国会は肥大化する行政権に対し、チェックする役割を果たしているとはいえない。三権分立が機能不全に陥ると、戦争を止める力が弱まる。
■    ■
 アジア太平洋戦争で日本人犠牲者は計310万人に上る。軍人・軍属は約230万人で、60%強の140万人前後が広義の餓死者といわれる。
 憲法は前文で「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する」ことをうたっている。
 この文言が大戦の膨大な犠牲の上に成り立っていることを忘れてはならない。
 戦争を美化したり、殉国美談に仕立てたりするのではなく、リアルな戦争の実相を戦後世代の私たちが改めて学び直す必要がある。
安倍政権が成立させて来た重要な法律で、特定秘密保護法から始まる各法案の中で、組織犯罪処罰法を「共謀罪」法等とわざわざ括弧で括って強調したりするのは、非常に気持ちの悪い意識で在る。
又、破落戸国家の特定アジアへの意識で、我が国を敵視してる国をどうしたら排除しない意識が保てようか。
排斥意識が働くのは無理も無かろう。
犯罪ばかりしてる相手を冷酷な意識で対応するのは当たり前の事で在る。
こんな論調を展開する沖縄タイムスは、最早存在自体社会から消滅させたい思いで在る。
posted by 天野☆翔 at 06:20 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

ヨサクの外患誘致。

* 「沖縄の慰霊碑に慰安婦被害者の名前を刻みたい」 | Joongang Ilbo | 中央日報
9日午後、ソウル中学洞(チュンハクトン)旧日本大使館の前で開かれた第1295回水曜集会の参加者の中に日本人男性がいた。彼は集会中、学生と市民に向けてカメラのシャッターを押した。「おばあさん、愛してます」と叫ぶ少女たちを見ながら笑みを浮かべたりもした。行事が終わった後、旧日本軍慰安婦被害者の金福童(キム・ボクドン)さん(91)、李容洙(イ・ヨンス)さん(90)、吉元玉(キル・ウォンオク)さん(90)に会い、短くあいさつを交わした。
彼の名前は川満昭広さん(60)。「水曜集会について感想を書いてほしい」と言って記者が渡したノートに、彼は日本語でこのように書いた。「沖縄から来ました。水曜集会への参加は初めてです。少女像も初めて見ました。高校生の立派なメッセージを聞いて感動しました」。
川満さんは沖縄に住む出版関係者という。川満さんは「沖縄平和ネットワーク」という団体の代表も務めている。この団体は現在日本人およそ250人が自発的に集まって沖縄内で反戦運動、沖縄戦争遺跡保存活動などをしている。沖縄では第2次世界大戦中に米軍と日本軍の間で激しい交戦があり、約20万人が死亡した。
「私は沖縄から少し離れた宮古島で生まれました。高校を卒業してから戦争中に旧日本軍による住民虐殺があったという事実を知りました。本格的に関連運動に携わったのは1985年、出版社で働きながら『歩く・みる・考える沖縄』という本の出版に編集者として参加した時からです」
その後、沖縄平和ネットワークを組織して沖縄戦争問題を研究してきた川満さんは1989年に韓国人慰安婦被害者ペ・ボンギさん(1914−1991)の存在を知り、旧日本軍慰安婦問題に関心を持ったという。ペさんは1945年以前に慰安婦として沖縄に渡って住み始めたと、1975年に日本メディアに証言した。
「在日朝鮮人の朴壽南(パク・スナム)監督が1989年に『アリランのうた−オキナワからの証言』という映画を制作し、ペさんにインタビューをしました。私は映画を制作するための委員会に参加しましたが、慰安婦被害者との縁はその時が初めてです。その縁で1991年にペさんが亡くなった時には骨箱を運んだりもしました」。
川満さんはユン・ジョンオク韓国挺身隊問題対策協議会初代代表や在日沖縄研究者のホン・ユンシン氏が2008年に制作した宮古島のアリラン碑を見て慰安婦被害者に会ってみたいと思ったという。川満さんによると、沖縄には約140カ所の旧日本軍慰安所があった。
「その間、慰安婦被害者に映像だけで接してきました。水曜集会に必ず参加したいと思っていたが、その望みがかないました。3人の慰安婦被害者に会いましたが、最初からいろいろと話すのは難しいと考え、短くあいさつだけしました。今年また何度か韓国を訪問したいと思います」。川満さんは韓国と沖縄は悲劇的な歴史を共有していると語った。日本の植民支配を経て戦争の惨禍を経験し、多くの人々が犠牲になった。
「沖縄の平和記念公園には『平和の礎』があります。沖縄戦で犠牲になった人たちの名前を刻んだ慰霊碑です。ここには北朝鮮を含む朝鮮人の名前がありますが、すべて男性です。慰安婦被害者の名前はありません。平和の礎にその方たちの名前を刻んで、少女像と関連がある作品を作って設置したい」。
沖縄平和ネットワークの代表の川満昭広が世迷い言を吐き、沖縄を汚そうと画策して居る。
旧日本軍は沖縄の人々を虐殺した事実は一切無いのに此れを事実と主張するのには、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
沖縄の平和の礎に我が国と無関係な慰安婦の名前を刻もう等と妄言を吐くが、完全に気違いな上外患誘致にも相当する言語道断の事案で在る。
こんな人物の無責任な活動を許しては為らず、我が国はこう云う人物の活動を徹底的に制限しなければ為らない。
posted by 天野☆翔 at 06:10 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

サイパン島で発見された日章旗が遺族の元に戻る。

* 元米兵、サイパンの戦地から持ち帰った日章旗を岐阜の遺族へ返還 「兄の肌のにおいがするようだ」 - 産経WEST
太平洋戦争中に戦地から日章旗を持ち帰った元米海兵隊員のマービン・ストロンボさん(93)が15日、岐阜県東白川村を訪れ、持ち主だった安江定男さん=享年25=の遺族に面会、日章旗を返還した。
 安江さんの弟、辰也さん(89)ら遺族は日章旗を何度も顔に押し当て、涙をにじませた。辰也さんは「頼りになる優しい兄だった。大切に保管してくれたおかげで兄の肌のにおいがするようだ」と感謝を伝えた。
 ストロンボさんは安江さんが迫撃砲によって亡くなったとみられることなどを説明。「遺体に目立った傷はなく、眠るようだった。日章旗は必ず家族の元に返すと言葉を掛けた。73年の年月を経て約束を果たせてうれしい」と話した。
 ストロンボさんは1944(昭和19)年7月、サイパン島で日章旗を見つけた。ストロンボさんの娘が旧日本兵の遺品返還に取り組む米国のNPO「OBON(オボン)ソサエティ」に調査を依頼。寄せ書きなどから持ち主を特定した。元米兵が遺族に直接手渡すのは初めてという。
元米海兵隊員が発見した日章旗が本日遺族に返還されました。
アメリカの元軍人が直接遺族の元を訪れて返還するのは初めてと云うが、此れも時間の流れが感情を変えて行った証なのでしょう。
御互いに一生の思い出に成る事でしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:57 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

慰霊追悼の日を乱す勢力。

* 【終戦の日】反天連デモに抗議の声200人 「帰れ!」「つぶせ!」靖国神社近くで飛び交う罵声 - 産経ニュース
72回目の「終戦の日」を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が開かれた東京都千代田区の日本武道館からほど近い九段下の交差点に、右派系団体のメンバーら約200人が集結した。毎年8月15日に靖国神社近くで「天皇制いらない」などとシュプレヒコールを上げてデモ行進する反天皇制運動連絡会(反天連)のメンバーに抗議する、いわゆる「カウンター」と呼ばれる人たち。英霊を慰める終戦の日、靖国神社近くではシュプレヒコールや怒号が飛び交った。
 午後5時ごろ、九段下交差点を通りかかった反天連のデモ隊約80人は口々に「天皇制反対」「安倍はやめろ」とシュプレヒコールを繰り返しながら前進。これをかき消すように交差点そばの歩道に陣取った「行動する保守運動」のメンバーら約200人が「帰れ」「反天連つぶせ」「国賊」などと怒号を上げて抗議した。
 警視庁は一時、交通を遮断し、歩行者をくぎ付けにする方法でデモ隊を通過させた。デモ行進の際、所々で「行動する保守運動」以外の右翼団体の関係者らが怒号を浴びせる中、大きな混乱もなくデモ隊はデモを終えた。
 日本第一党の桜井誠党首(45)は「数の問題ではないが、今回の反天連のデモ隊は前年より減って70〜80人ほどだった。私たち抗議運動は当初、数十人で始めたが、今はこれだけの人が抗議の声を上げるようになった」などと演説すると、沿道から「桜井」コールが起こった。
本日は慰霊と追悼の為の厳かな日で在るのにも関わらず、靖国神社周辺で反天皇制運動連絡会がデモを実施したが、此のデモに対抗する為に行動する保守運動が動いた。
反天皇制運動連絡会が動かなければ行動する保守運動は動かないが、其れを踏まえても厳かな日を乱すのは許されるのもでは有りません。
双方共に猛省を促す。
posted by 天野☆翔 at 23:49 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

台湾で反日デモ。

* 台北で反日デモ、慰安婦問題で謝罪要求 市内の神社跡でこま犬紛失も - 産経ニュース
「終戦の日」の15日、台北市の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所前で、中国との統一を主張する反日政治団体「中華統一促進党」の約150人が抗議活動を行い、慰安婦問題での日本政府の謝罪を要求した。団体の代表者(69)は記者団に、東南アジア諸国の華人と連携して、各地の日本大使館前に慰安婦像を建てる計画があると主張した。
 一方、台北市内の日本統治時代の神社跡で同日、こま犬が盗まれているのが分かった。神社跡は市の史跡で、柱に反日的な文言が書かれていた。
支那の関係者や工作員並びに影響を受けた人々が、本日台湾で反日デモが行われたが、慰安婦問題解決の為の謝罪を我が国に対して求めた。
南朝鮮だけでは無く、支那は慰安婦の案件を引き合いに出して謝罪要求をする事で、我が国と台湾との分断工作を画策しようとする。
こんな小賢しい工作に影響されては為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:43 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

文在寅が慰安婦や徴用工問題で我が国に対して改めて言及。

* 韓国の文在寅大統領が演説 徴用工で「強制動員の南北共同調査を」 日韓合意では再交渉に触れず「日本の指導者の勇気ある姿勢が必要」(1/2ページ) - 産経ニュース
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、日本の朝鮮半島統治からの解放72年に当たる「光復節」の記念式典で演説し、「強制動員の苦痛は続いている」と徴用工などの問題に言及した。「被害規模の全ては明らかにされておらず、十分でない部分は政府と民間が協力し、解決せねばならない。今後、南北関係が改善すれば、南北共同での被害の実態調査を検討する」と述べた。
 文大統領は日本との関係について、「北朝鮮の核、ミサイルの脅威に共同で対応するために両国関係を強化しないわけにはいかない」と語った。
 一方で文氏は、「歴史問題にけじめをつけたときに両国間の信頼がより深まる」と強調。「これまで日本の政治家や知識人らは過去と日本の責任を直視しようと努力し、韓日関係の未来志向的な発展に寄与してきた。こうした歴史認識が日本国内の政治状況によって変わらないようにしなければならない」と語った。
 その上で、慰安婦と徴用工の問題に触れ、「解決には人類の普遍的価値や国民的合意の上での被害者の名誉回復と補償、真実究明と再発防止の約束という国際社会の原則がある」とし、「日本の指導者の勇気ある姿勢が必要だ」と訴えた。
慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した2015年の日韓合意の再交渉について、これまで文氏は「国民の大多数が受け入れられない」との立場をとってきた。今回、合意や再交渉には触れなかったが、問題解決に向けた日本政府の努力を求めた。
 北朝鮮問題については、緊密な米韓同盟関係を強調しつつ、「朝鮮半島で二度と戦争があってはならない。誰も韓国の同意なく軍事行動を決定できない」と断言した。北朝鮮に核実験やミサイル発射の中断を要求し、韓国主導で問題の平和的解決を図る姿勢を強調した。
 文氏の同式典での演説は5月の就任以来初めて。
慰安婦や徴用工の案件で、南朝鮮の文在寅大統領は改めて我が国に対して解決を求める声明を出したが、此の問題は二国間条約や請求権協定で全て解決済みなのだ。
下らない言い訳をして居ないで、自国の内政問題なのだから、全て自分達で解決せよ。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

全国戦没者追悼式が営まれた。

* 主な式典におけるおことば(平成29年):天皇陛下のおことば - 宮内庁
全国戦没者追悼式 平成29年8月15日(火)(日本武道館)
本日,「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり,全国戦没者追悼式に臨み,さきの大戦において,かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い,深い悲しみを新たにいたします。
終戦以来既に72年,国民のたゆみない努力により,今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが,苦難に満ちた往時をしのぶとき,感慨は今なお尽きることがありません。
ここに過去を顧み,深い反省とともに,今後,戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い,全国民と共に,戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対して,心から追悼の意を表し,世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。
* 平成29年8月15日 平成二十九年 全国戦没者追悼式式辞 | 平成29年 | 総理の演説・記者会見など | 記者会見 | 首相官邸ホームページ
天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、全国戦没者追悼式を、ここに挙行致(いた)します。
 先の大戦において、三百万余の方々が、祖国を想(おも)い、家族の行く末を案じながら、苛烈を極めた戦場に斃(たお)れ、戦禍に遭われ、あるいは戦後、遠い異郷の地で命を落とされました。いま、その御霊(みたま)の御前(おんまえ)にあって、御霊安かれと、心より、お祈り申し上げます。
 いま、私たちが享受している平和と繁栄は、かけがえのない命を捧(ささ)げられた皆様の尊い犠牲の上に築かれたものであります。私たちは、そのことを、ひとときも忘れることはありません。改めて、衷心より、敬意と感謝の念を捧げます。
 戦争の惨禍を、二度と、繰り返してはならない。
 戦後、我が国は、一貫して、戦争を憎み、平和を重んずる国として、ただひたすらに、歩んでまいりました。そして、世界の平和と繁栄に力を尽くしてきました。私たちは、歴史と謙虚に向き合いながら、どのような時代であっても、この不動の方針を貫いてまいります。
 未(いま)だ、争いが絶えることのない世界にあって、我が国は、争いの温床ともなる貧困の問題をはじめ、様々な課題に、真摯に取り組むことにより、世界の平和と繁栄に貢献してまいります。そして、今を生きる世代、明日を生きる世代のため、希望に満ちた明るい未来を切り拓いていく。そのことに、全力を尽くしてまいります。
 終わりに、いま一度、戦没者の御霊に平安を、ご遺族の皆様には、ご多幸を、心よりお祈りし、式辞といたします。
平成二十九年八月十五日
内閣総理大臣 安倍晋三
七十二年目の本日、全国戦没者追悼式が営まれました。
戦火に散って行った英霊の皆々様方や、大空襲等で被災し亡くなられた方々には、謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

第十九回旧中川灯籠流し・東京大空襲犠牲者慰霊追悼。

旧中川灯籠流し・東京大空襲犠牲者慰霊追悼
旧中川灯籠流し・東京大空襲犠牲者慰霊追悼の垂れ幕です。
灯籠流し
灯籠流しが始まり次々と流されて行く灯籠。
流れて行く灯籠 流れて行く灯籠。
東京スカイツリーと灯籠 上流に向かって流れて行く灯籠と東京スカイツリー。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

古賀茂明が北朝鮮の脅威を完全に無視。

* 古賀茂明「グアムへの北朝鮮ミサイル迎撃すれば、戦争状態 日米安保に殺される日本」 (1/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
8月15日の終戦記念日を前にして、私たち日本人は、戦争への道を一歩ずつ進んでいるのではないか。そんな気がしてならない。
 8月10日の衆議院安全保障委員会。小野寺五典防衛相は、米軍基地のあるグアムが攻撃された場合、集団的自衛権を行使できる「存立危機事態」にあたるかどうかについて、次のように述べた。
「日本の安全保障にとって米側の抑止力、打撃力が欠如するということは、日本の存立の危機にあたる可能性がないとも言えない」
「わが国に対する存立危機事態になって(武力行使の)新3要件に合致することになれば、対応できる」(朝日デジタルより)
 一般論として、米国の抑止力がなくなったら存立危機事態に当たる可能性が高いという考え方は従来から安倍晋三総理などが表明している。これをグアム攻撃に当てはめてみると、グアムのアンダーセン空軍基地にはB1B戦略爆撃機などが駐留している。
 B1B爆撃機は、朝鮮半島有事の際に、米空軍の中心的役割を果たす戦力だ。つまり、グアムの米軍基地が攻撃されれば、B1Bなどの攻撃力に打撃が加えられ、その結果、米軍による抑止力が欠如する事態になることが予想できる。ということは、我が国にとっての存立危機事態の要件を満たす可能性があるということになる。
 実際には、専門家が指摘するとおり、本来集団的自衛権行使の前提となる存立危機事態を認定するには、米国自身が個別的自衛権を行使していることが前提となる。
 しかし、北朝鮮のミサイルがグアムに向けて発射された場合、米軍が個別的自衛権の行使として迎撃ミサイルを発射する前に、北のミサイルが日本上空に入っている可能性が高い。この場合、我が国が集団的自衛権を行使するためには、日本よりも先に、あるいは少なくとも同時に、米軍がミサイル発射などの自衛行為をとっていなければならない。ミサイルが発射されてから日本上空を通過するまでのわずかな時間内に、日米両国が連絡を取り合い、日本側では国家安全保障会議(NSC)を開いて存立危機事態の認定をし、集団的自衛権行使の決定をして、さらにミサイル迎撃命令を出すという一連の行為が必要なのだが、これは時間的に不可能ではないか、とも言われている。
●グアムの米軍を守るため、日本を危険にさらす安倍政権
 しかし、逆に言えば、日米間で事前に協議し、また、NSCでも事前に審議して、どのような場合に米軍がミサイル迎撃をするのか、そして、日本がどのような場合にそれに加わって集団的自衛権の行使として、迎撃行為に参加するのかを決めておけば、その想定の範囲内のことが起きた時には、半ば自動的に日本が迎撃命令を出すことは可能だ。
私は、すでにそういう準備がかなり進んでいるのではないかとみている。だからこそ、小野寺五典防衛相が、あそこまで積極的に迎撃の可能性を匂わせているのではないだろうか。
 今、トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の間では、挑発合戦がエスカレートしている。今すぐ戦闘行為に入る可能性は非常に低いというのが専門家の見方だが、だからと言って、絶対に戦争にならないというわけではなく、最悪の事態も排除し切れないというのもまた一致した見方だ。
 万が一、米国とともに日本が北朝鮮のミサイルを迎撃する事態になれば、これは北朝鮮への武力行使になるから、北朝鮮からみれば、日本と戦争状態に入ったことになり、東京がミサイル攻撃される可能性もある。そうなれば、被害の規模は甚大なものになるだろう。
 こうした危険性については、本コラム(4月10日『北朝鮮、シリア 日本の危機が安倍総理のチャンスになる不可思議』)でも指摘した通りだ。
 しかし、我が国がこのような行為に及ぶ意味があるのかどうか、よく考えるべきだ。
 まず、危険に晒されるのは、グアム基地にいるB1B戦略爆撃機などの米軍だ。
 それを守るために日本の数千、数万の国民の命を犠牲にするということはどう考えてもおかしい。天下の愚行だと言っても良いだろう。
●「米側抑止力の欠如」≒「存立危機事態」
 しかし、今の安倍政権の論理では、こうした意味のない戦争に日本の国民が巻き込まれる可能性がかなりあるということを指摘しておかなければならない。
 その根底にあるのが、安倍政権による「米軍の抑止力至上主義」である。
 前述した通り、今回も、小野寺防衛相は、「米側抑止力の欠如」≒「存立危機事態」という論理展開をしている。もちろん、存立危機事態が認定されるためには、「国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」という要件を満たす必要があるのだが、これは、日本が攻撃されているというような「客観的事実」ではなく、「明白な危険があるかどうか」という判断の問題になる。
 最後は水掛け論になるのだが、往々にして、危険はないというのは難しいことが多い。
「北朝鮮が米国を攻撃したら、直ちに日本を攻撃してくるだろう」という議論に対して、「そんなことはわからないではないか」という反論をすることになるのだが、北朝鮮の金正恩委員長が日ごろから、日本を攻撃対象にするという言動をしている今日、「金正恩自身が言っている。こんなに危ない事態になっているのに、それがわからないのか!」「そんなことを言って反対して、もし、攻撃されたら責任をとれるのか」という議論が展開されるのは確実だ。「明白」かどうかの客観的判断基準が示されていない現状では、主戦論が慎重論を押し切る展開になることは十分にありうる。
●必然的に「米国の言いなりになる」論理
 米軍抑止力至上主義という安倍政権の哲学は、実は、「論理的に」日本は米国の言いなりにならなければならないということを意味している。
 それは、集団的自衛権の行使容認を決めた閣議決定(2014年7月1日)のすぐ後、7月14日に開催された衆議院予算委員会閉会中審査での、岡田克也民主党代表(当時)と安倍総理と岸田文雄外相(当時)の間でのやり取りだ。
 その一部を紹介しよう。おそらく驚愕する方が多いと思う。
岡田「日本が限定した集団的自衛権を行使しないことで日米同盟が深刻な影響を受ける。こういう場合には、この3要件(注:7月1日に閣議決定された集団的自衛権行使を容認するための3要件)に該当するんですか?」
岸田外相「日米同盟、我が国の平和と安全を維持するうえで死活的に重要である……。アメリカとの関係において、ほかの国との比較においても三原則に該当する、この可能性は高い……」
岡田「つまり、日米同盟というのは非常に大事だから、それが毀損するような、そういう場合であればこの新三要件の第一条件にそのものが当たってしまうという論理を展開すれば、常に日本としては集団的自衛権の行使ができる……」
安倍総理「日米同盟は死活的に重要でありますから、日米同盟の関係において起こり得る事態についてはこの要件に当てはまる可能性は高いわけでありますけれども……」
 このやり取りでわかる安倍政権の考え方は、「日米同盟は我が国の平和と安全にとって死活的に重要」→「日本の安全のためには、日米同盟に深刻な影響を与えてはならない」という論理だ。つまり、米国との信頼関係に大きなひびが入ったら、それによって米軍の抑止力が欠如してしまい、日本の安全が守れないという考え方だ。
 その先の展開は、誰でも予想できる。
「米国に求められたのに断ると信頼関係に深刻な影響が出る時は断ってはいけない。それが日本の安全のためだ」
「トランプ大統領が、一緒に北朝鮮を攻撃しようと言ってきた時、一度は断れるかもしれないが、『それなら、日本を守らないぞ』と言われたら、これは日米同盟の危機だから、求めに応じて参戦するしかない。その結果、日本が戦場になってしまうかもしれないが、それは最悪仕方ない。できるだけそういう事態を避けるように努力しよう。日米同盟がなくなるよりはましだ」
 という事態になるのだ。つまり、日米同盟が私たち国民の命と同じか、あるいはそれよりも上位に来るということになる。この論理は、米国が強気に出てくれば、日本はそれに従属するしかないということを意味している。
●日米安保で殺されるというパラドックス
 こうした論理は、「日米同盟」の根幹をなす日米安保体制そのものに対する疑問を産み出す。私たちは、日米安保条約の意義として、「日本をアメリカに守ってもらう代わりにアメリカに基地を提供する約束だ」と教えられてきた。
 しかし、その考え方は、かなり変貌を遂げて、「日米同盟(日米安保条約)を守れなければ日本は守れない」「だから、日米同盟(日米安保条約)を守ることは何よりも大事だ」という理屈に転化している。この考え方は、「日米安保を守るためには一部の国民が犠牲になっても仕方ない」という意味を持つ。
 実はこの考え方は今までもあった。しかし、これまでは、目に見えて犠牲になるのは、沖縄県民と一部の基地周辺住民だけだったので、一般国民は、あまりこのことを真剣に考えずにすんだ。(申し訳ないことだが、それが現実だった。)
 今起きているのは、この論理が拡大し、「日米同盟を守るためには、米国と一緒に戦うしかない。そうしなければ日本の安全が根底から脅かされるのだから」という理屈で戦争のリスクまで一般の日本国民が負わされるという事態だ。
 さすがにここまでくれば、誰もが気付く。「日米同盟よりも自分の命の方が大事だ。アメリカが攻撃されてアメリカ人が死んでも、日本が攻撃されない道があるのなら、そちらを選ぶべきではないのか」ということに――。
 そうしなければ、「日本国民を守るための日米安保条約」を「守る」ために多くの日本人が死ぬというパラドックスが現実のものになってしまうだろう。
 とりわけ、トランプ政権出現で、そのリスクは格段に高まっているのだ。
●後悔しないために今やるべきこと
 以上のようなことを言うと、日米同盟が無くなったら、中国がすぐに尖閣諸島を領有しようと攻めてくるに違いないという人が出て来る。「それでも良いのか!」と詰問してくるであろう。
 私なら、そんなことは起きないと答える。しかし、必ず、「絶対に攻めてくるぞ!攻めて来ないなどといい加減なことを言って、もし攻めてきたら責任をとれるのか!」という声が沸き起こるだろう。
それでも、そんな声に耳を貸して、日本が攻撃されてもいないのにアメリカと一緒に戦争に参加するという暴挙は絶対に認めてはならない。そして、右翼やタカ派からの誹謗中傷を怖れてはいけない。米国を助けるために日本人が死んでもよいという考え方には、断固として反対するべきだ。
 では、今やるべきことは何か?。
 まず、米国、韓国、中国、北朝鮮に対して、「日本は、自国が攻撃されない限り、北朝鮮や他の国を攻撃することはしない。米国の要請を受けても同じだ。日本が攻撃されない限り、米国や他国の軍隊に日本の基地を使わせることはしない」という立場を明確に伝えるのが一番重要だ。これにより、北朝鮮が日本を攻撃する理由はなくなる。
 アメリカが、「ふざけるな。だったら日米安保は廃棄だ」と言ってきてもひるむ必要はない。「冷静に話し合おう」と言えばよい。そもそも考えてみれば、集団的自衛権は、つい3年前までは、「憲法違反」だったのだ。米国もそれを前提に動いてきた。今は、その違憲行為が堂々と行われようとしている。それを止めるのに、どうしてためらう必要があるのか。
 トランプ政権は「アメリカ・ファースト」を掲げ、これまでの常識を覆すような言動を続けている。トランプ政権誕生が決まった昨年末の時点で、日本人は、立ち止まって冷静に考え直してみるべきだった。しかし、安倍政権は、何も考えずに、従来の日米関係の延長線上で行動している。そして、今や、トランプ政権とともに戦争を始めるかもしれないというのっぴきならないところに追い込まれているのだ。
 今は、もう一度冷静に日米関係を根本から考え直す最後のチャンスだ。戦争になって初めて気づいたというのでは手遅れなのだから。
朝日新聞が古賀茂明の妄言を記事下したが、此の内容は北朝鮮のミサイルを迎撃すれば戦争に成ると云う事を紹介したが、我が国の上空を通過するミサイルを迎撃するのは自衛権の行使以上の何物でも無く、国民の生命財産を守る意味でも必要不可欠。
北朝鮮のミサイル迎撃は日米同盟が無くても実施可能なのです。
北朝鮮の脅威に備える事が戦争に至る等と妄言を吐くが、政府は国民の生命財産を守る義務を果たさなければ為らないのだ。
気違い発狂した論調を振り撒くのは極めて迷惑だ。
posted by 天野☆翔 at 05:20 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

民進党の桜井充は政治資金で追及する資格は一切無い。

* 加計追及で脚光 民進「桜井充議員」政策秘書の怪しい金集め | デイリー新潮
国会質疑の場で「出ていけ!」と山本幸三大臣を怒鳴り散らし、一躍、脚光を浴びた民進党の桜井充参院議員(61)。だが、実は、彼の政策秘書が議員秘書仲間などを相手に、怪しい出資を募っていたというのだ。
***
加計学園問題追及の参院閉会中審査が行われた7月25日。防戦一方の安倍総理の姿以上に印象深かったのは、この人だったに違いない。
 政治部記者が言う。
「桜井議員が総理に質問したところ、前回、長々と答弁書を読んで非難を浴びた、山本地方創生相が代わりに答弁に立った。すると、桜井議員が“いらない。出ていけ”と激怒したのです」
 民主党政権時代、財務副大臣を経験した桜井議員は、舌鋒鋭い追及に定評があり、加計学園疑惑調査チームの座長に抜擢された。しかし、彼の事務所内では、大声では言えない出来事が起きていた。
「彼の政策秘書に預けた100万円を、いつまでも返してくれないのです」
 と言うのは、ある議員の秘書。
私は犠牲者ですよ
「一昨年の年末、議員会館内で政策秘書に会った時、“投資に回す金を貸してくれ。年利は48%、3カ月で12万円の利益が出る”と言われたのです。“先生は財務副大臣の経験があるのでいい話が入ってくる”“投資で、マンションも購入した”と。聞き流すと、数カ月後、再び誘われ、事務所内の議員執務室に通された。政策秘書と二人きりになると前回同様の話をしてきました。投資内容を聞いても“情報が洩れて利益が出なくなる”と言って教えてくれませんでしたが」(同)
 30代後半の政策秘書は、証券会社から桜井事務所に転職して約10年の経験を持つ。信用して金を預けると、返済の先延ばしを繰り返した挙句、昨年12月には桜井事務所を退職。これまで元本の約2割が戻っただけだという。同様の被害に遭っている別の秘書もいれば、単なる知人をも勧誘していたことが判明している。
 当の元政策秘書は、
「マンションの購入や、インサイダー情報について話したことはない。支払いができるよう、仕事を頑張るしかありません」
 一方、桜井議員は次のように言うのだ。
「7〜8人から約800万円を借りたまま返せないと突然、打ち明けられた。クビにと思ったが、その後の職に就けなければ、返金ができないので、本人の意向を汲んで自主退職扱いにしたのです。個人の活動を100%把握なんてできない。そんなこと言われたら私は犠牲者ですよ」
 だが、自身の執務室で勧誘が行なわれ、しかも政策秘書の立場に据えていたのだ。元東京地検特捜部副部長で代議士の若狭勝氏は、
「元政策秘書の刑事責任を問うのは難しいですが、政治への信頼を失わせ、道義的責任は大きい。また、政策秘書を雇っていた議員も、自身の管理下にある執務室が使われた以上、“秘書のプライベート、自分は無関係”とは言えない。国民目線では監督責任があると言われても仕方がない」
 犠牲者とは、もっての外。
民進党の桜井充の政策秘書が執務室の中で本人承知の上で怪しげな資金出資の勧誘をして来た事実が発覚した。
然し、桜井充は自分は被害者と平然と曰うが、自分も承知してたのだから完全に同罪で加害者なのです。
どの面下げて被害者面してるのかと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 05:04 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

「私たちは『買われた』展in Okinawa」が開催されるが。

* 性暴力の実態知って 中高生の声届ける 18、19日に「私たちは『買われた』展」 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
「遊ぶ金ほしさ」といったイメージもある“JKビジネス”などで生き延びてきた女子中高生らが写真や文章で生の声を伝える「私たちは『買われた』展in Okinawa」(同実行委員会主催、Tsubomi、一般社団法人Colabo企画)が18、19の両日、宜野湾市で開かれる。虐待や性暴力を受けた少女たちの支援活動を続けるColaboにつながる少女たち自身が企画し、昨夏の東京を皮切りに全国で巡回展を続けている。実行委員長の上野さやかさんに同展の意義を聞いた。
 ―開催する理由は。
 「実行委員は子どもや女性に関心を持ちNPO、行政、医療、マスコミなどで活動する有志。性被害は被害者にも非があると思われ、声を上げにくいことを日々実感している。生の声を聞く機会にしたかった」
―県内でも若年者買春の逮捕者が続いている。
 「報道に出るのは氷山の一角。実行委員からは『沖縄もとても多い』『東京よりひどい』という声も聞く。『どこかの問題』ではなく、男子の被害を含め身近にあり得る問題だ」
 ―売る側ではなく買う側を意識させるタイトルだ。
 「『買われる』という表現がどぎつい、子どもには見せられないなどの反発も聞いた。実態を知らないままイメージで臭い物にふたをしたい人がいると感じる。買う人を変えるのは難しいが、周囲の人たちが現実を知って変われば買う側にも影響する。タイトルに引っ掛かった人はまず見に来てほしい」
 ―期待することは。
 「性被害には事実を知らないままイメージで語る“神話”が多い。実態や背景を知る機会にしたい。子どもたちには、力になりたいと動く大人がいることを知り、つながってほしい」
九十年代以降にマスメディアが散々紹介した事で拡大して云った女子高生の売春だが、当の女子高生達は金に成ると云う事で積極的に自分自身を売り込み売春が横行した。
此の売春をして来た人達が今更被害者面して何を主張するのかと甚だ理解に苦しむ。
posted by 天野☆翔 at 04:56 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

朝鮮学校は無償化と思い込んでた前川喜平。

* 朝鮮学校無償化問題めぐり前川喜平前次官が批判 現職職員困惑「踏み込んだ発言、やり過ぎ」 (1/2ページ) - 産経ニュース
加計学園問題で「行政がゆがめられた」と告発した文部科学省前事務次官の前川喜平氏が、14日付の東京新聞朝刊に掲載されたインタビュー記事で、朝鮮学校への高校授業料無償化の適用について、「今更どの面下げてという話だが、せめて司法で救済してほしい」などと述べた。前川氏は現職当時、無償化に関する業務を担当していた。この問題をめぐっては、適用除外は違法だとする朝鮮学校側と国との間で各地で訴訟となっており、省内では戸惑いの声が聞かれたほか、識者から「辞めてすぐに言うのは社会常識に反する」との指摘も出ている。
 この記事で前川氏は、朝鮮学校が無償化の適用外とされた経緯について語り、平成22年4月の制度導入当初、文科省内で無償化の対象に朝鮮学校を追加する前提で検討が進められていたことを明かした。さらに、同省が25年2月、朝鮮学校を無償化の対象外とする省令改正を行い、10校に不指定を通知したことを「政治の世界で決めたこととはいえ、いくら何でも乱暴だと思った」と批判。適用除外を違法だとした大阪地裁判決を「妥当だ」と評した。
無償化をめぐっては広島地裁が先月、国が適用対象外としたことを適法と認め、学校側が控訴している。大阪地裁では適用対象外を違法とする判決が出ており、国が控訴中。ほかの地裁などでも同種の訴訟が起こされている。
 前川氏の批判に対し、現職の職員からは「係争中の案件について、踏み込んだ発言をするのはやり過ぎだ。古巣のことを何も考えていないのだろう」と戸惑う声が聞かれた。
 元通産官僚の評論家、八幡和郎氏は「政治・外交的な理由での不支給を不当などという一方で、多様性が尊重される社会という自分の価値観で政治判断をしており矛盾している」と指摘。「政策面で対立して辞めたのではないのに、現職のときは我慢していたと辞めてすぐに言うのは社会常識に反する」と話す。
 文科省は「退職した方についてコメントするのは差し控えたい」としている。
 また、東京新聞の記事では、朝鮮学校の生徒が平成22年7月に無償化適用を求める署名を文科省に提出した際、対応した前川氏が「多くの署名を集めたことを評価したい。日本人にも理解が広がっているのは良いこと」と応じたとしている。
 しかし、前川氏はこの発言を報じた当時の朝鮮新報の記事について尋ねた翌月の産経新聞の取材に対し、「言った記憶がない」と否定している。このときの前川氏と生徒らとの面会は、日本の報道陣をシャットアウトして行われていた。
* 東京新聞:「朝鮮学校も無償化対象と思っていた」 前川喜平・前文科次官に聞く:特報(TOKYO Web)
加計(かけ)学園の獣医学部新設問題で「行政がゆがめられた」と告発して注目を浴びた前川喜平・前文部科学次官(62)は、高校の授業料無償化制度の担当官だった。前川氏らは朝鮮学校にも適用する方向で動いたが、第二次安倍政権は拉致問題などを理由に除外した。朝鮮学校を外した国の処分の是非が争われている訴訟では最近、広島、大阪両地裁で正反対の判断が示された。前川氏は「今更どの面下げてという話だが、せめて司法で救済してほしい」と訴える。
* 「高校無償化」 各地の朝高生代表たち、文科省へ要請
文科省を訪れた東京、神奈川、茨城、愛知、大阪、神戸、京都、広島、九州の9校の朝高生代表たちは、社民党・又市征治参議院議員と共に、文科省の前川喜平大臣官房審議官と初等中等教育局高校教育改革PT・三木忠一専門官と会い、署名を手渡した。
 席上で生徒たちは、日本政府の差別的政策の是正を訴え、運動の過程で良心的な日本市民たちからたくさん力をもらったなど、率直な心情を吐露した。
 愛知朝鮮中高級学校の崔慶雅さん(高3)は、「この間、日本市民たちが私たちに励ましの言葉をかけ、協力してくれるたびに、私たちの主張は間違っていないことを実感した。学びの権利を奪うことは、人権侵害であり差別だ」と訴えた。
茨城朝鮮初中高級学校の洪潤実さん(高3)は、「朝鮮敵視、民族差別の風潮の中で朝鮮人として堂々と生きることは、容易なことではない。私たちは、自国の歴史や文化を習いたいだけなのに、どうして・・・。学ぶ権利は、国籍や人種を問わず与えられるべきだ」と主張した。
 一方、生徒たちの切実な訴えを聞いた前川喜平官房審議官は、「無償化」問題が浮上した後、数校の朝鮮学校を訪問したが、生徒たちはまじめに勉強していたとしながら、「適用可否がはっきりしない状態が続き、生徒たちを不安な気持ちにさせて申し訳ないと思っている。生徒たちの力でこんなに多くの署名を集めたことを評価したい。日本人にも理解が広がっているということは良いこと。生徒たちの気持ちと署名は、必ず文科大臣に伝える」と話した。(裕)
「高校無償化」院内集会で報告活動 朝高生の懸命な姿にエール
「高校無償化の差別な気適用を求める朝鮮高校生達の活動報告・勉強会」(主催―「日本朝鮮学術教育交流協会」)が7月27日、参議院議員会館で行なわれた。朝高生代表たちと、「日本朝鮮学術教育交流協会」の中村元気会長、 社民党・又市征治参議院議員、「朝鮮の自主的平和統一を支持する長野県民会議」の伊藤晃二会長代行をはじめ、国会議員、日本の市民団体メンバーら、朝鮮学校の保護者、関係者たち100余人が参加した。
 中村元気会長は、30年以上、教育現場で日朝の交流を深めてきたことについて言及しながら、「みんなで力を合わせ、各地でより運動を展開し、必ず『無償化』を実現させよう」と語った。
 又市議員は、「日本社会に存在する差別の風潮、反朝鮮意識を作り出そうとする動きを払拭しなければならない。今までみんなが運動を繰り広げ、大きな輪になった結果、新しい局面がつくられた。もう『無償化』は実現間近。必ず勝ち取るという気持ちで、心を一つにがんばろう」と呼びかけた。
 続いて、「朝高学生連絡会」の代表として集会に参加した朝高生たちが発言した。彼らは、「無償化」適用を求め、各地で繰り広げてきた活動について報告し、自身の心情を語った。
 東京朝鮮中高級学校の高英載さん(高3)は、「朝高学生連絡会」が結成された経緯、今までの活動について述べながら、「『無償化』はお金の問題ではなく、人権に関する重大な問題だ。この問題を見過ごしたら、他の権利までも奪われてしまう。これからもぼくたちは、問題解決の日まで、たたかっていこうと思う」と話した。
大阪朝鮮高級学校のラグビー部に所属している李京柱さん(高3)は、「インターハイ出場権利も、ぼくたち在日のたたかいを通じて勝ち取ってきた。そうして今、インターハイで3位、選抜大会では準優勝という成績をあげることができた。今一度、団結して『無償化』の権利も勝ち取らなくてはならない」と強調した。
 生徒たちの切実な呼びかけは、参加者たちの心に大きく響いた。
 東京中高の保護者である金雪子さん(48)は、「一生懸命、署名活動を行なう生徒たちの姿は頼もしい。しかし、一方では、保護者として心配もある。生徒たちが勉強とクラブ活動だけに打ち込む姿を見ることができる日が一日も早くくることを願っている。屈することなくたたかっていこう」と訴えた。
 朝高生たちの懸命な姿に声を詰まらせながら、又市議員は「前を向いてたたかっていこう、必ず勝ち取ろう」と再度呼びかけた。
 集会後、朝高生たちは、参加者たちから温かい激励をうけながら、要請をしに文科省へ足を運んだ。
[朝鮮新報 2010.8.2]

* 「高校無償化」 各地の朝高生代表たち、文科省へ要請

加計学園問題でも思い込みで政府を批判して居たが、朝鮮学校の無償化の案件でも同様で果たして思い込みだけで片付く問題なのかと甚だ疑問を抱く。
七年前には朝鮮学校の生徒共が文部科学相を訪問し無償化を訴えて居た事実が在り、一条校でも無い朝鮮学校への公金投入は日本国憲法二十六条に違反する事を自覚して無かったのかと。
posted by 天野☆翔 at 04:50 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

ネパールで大規模洪水。

* 洪水と地滑りで58人死亡=雨期の豪雨、全土で被害−ネパール:時事ドットコム
ネパール紙カトマンズ・タイムズは13日、雨期の豪雨の影響で同国全土で地滑りや洪水が発生し、58人が死亡、数十人が行方不明になっていると報じた。雨は11日朝から降り続いており、同国気象庁は引き続き警戒を呼び掛けている。
中部ラウタハト郡では病院に向かっていた車が洪水にのみ込まれ、妊婦を含む一家6人が死亡した。ネパールのテレビは、腰の高さまで押し寄せた水をかき分けて歩く人や、ボートを使って高台に避難する人の姿を放映した。  内務省は全土で3万5000軒以上の家屋が浸水したと発表。東部のビラトナガル空港は滑走路が約1メートルも冠水したため閉鎖された。
ネパールで雨季の影響で大規模な洪水が発生し、此れ迄に五十名を越す死者と数十名の行方不明者が出てるとの報道。
空港も使用不能に成る程の被害が発生し1m程度の浸水も各地で確認。
一日も早い復旧が望まれるが、自然災害で在る事から事態収束は不透明。
改めて、被災し亡くなられた皆々様方には謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 00:06 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

翁長雄志がオスプレイ飛行容認を批判。

* 翁長・沖縄知事、オスプレイ飛行容認を批判 小野寺防衛相は理解要請 - 産経WEST
小野寺五典防衛相は14日午後、沖縄県の翁長雄志知事と県庁で会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)所属の新型輸送機オスプレイがオーストラリア沖で墜落した事故への対応に関し、翁長氏はオスプレイの飛行を国内で容認する政府判断について「県民、国民の命を守る意味で大変残念だ」と批判。小野寺氏は「わが国の安全保障に大変重要な装備だ」と述べ、理解を求めた。3日の就任後、翁長氏との会談は初めて。
 小野寺氏は「米側には繰り返し安全な飛行を求めたい」とも伝えた。
 5日の事故発生後、防衛省は日本国内での飛行自粛を要請したが、米軍は飛行を継続。事故調査で米軍がオスプレイに機械的、構造的な欠陥はないと結論付けたため、防衛省は11日に飛行容認に転じた。
 小野寺氏は14日午前、沖縄県入り。会談に先立ち、糸満市の平和祈念公園の国立沖縄戦没者墓苑で献花し、沖縄戦などの犠牲者の名前を刻んだ記念碑「平和の礎」を訪れた。在日米軍のシュローティ副司令官とも面会した。
小野寺五典防衛大臣との会見で翁長雄志はオスプレイの飛行容認をした事に対して、「県民、国民の命を守る意味で大変残念だ」と曰ったが、普天間基地の危険性除去の為の辺野古基地移設を反対してる立場では何を主張しても無意味です。
足元での危険性を放置してるので在れば、県民や国民の命を語る資格は一切無い。
沖縄県民の命を守らないので在れば、国民の命すらも守らないのと同じなのです。
最早、どんな主張も虚ろで無意味で在る。
posted by 天野☆翔 at 00:00 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

前川喜平が反政府活動家と自白。

* 【加計学園問題】前文部科学省事務次官、前川喜平氏「国会前の安保法制反対デモに参加していた」「バレてたら事務次官になっていなかった」「安保法制は憲法違反」 福島の講演で(1/4ページ) - 産経ニュース
文部科学省の前川喜平前事務次官(62)が自身の講演で、平成27年9月に安保法制に反対した学生団体「SEALDs(シールズ)」などが国会前で行った集会に参加していたことを明かした。当時、前川氏は文科省の審議官で翌年の6月、事務次官に就任した。公務員で、しかも省庁事務方のトップを担い、加計学園問題でも参考人招致を受け、今も積極的に発言している前川氏が、従来から安倍政権に批判的だったことを自ら認めた形だ。
 前川氏は今月2日、福島市の福島県文化センターで開催された「前川さん大いにかたる」(主催・前川さんの話をきく会実行委員会)で講演した。
 前川氏は2時間近くに及ぶ講演の終盤近くになって、「ここだけ内緒の話ですけど」と前置きして「2年前の9月18日、国会前にいたんです」と切り出した。
 前川氏は「集団的自衛権を認めるという解釈は成り立たない。立憲主義に反する」と主張。デモに参加した動機について「今日行かなきゃ、もうないと思ったんですね。その日は安保法制が参議院で成立した日ですから」と語った。
一方で「ただそれはですね、バレてませんでしたから。これ、バレてたら事務次官になってなかったんです、おそらく」とも述べ、場内を沸かせた。
 また事務次官を退任する経緯については「天下り問題は文科省のオウンゴールで、官邸から(自分が)言うことを聞かないから首を切られたとは思っていない」と述べ、「政治案件ですから(加計学園問題を承認するのは)しょうがないと思っていた」と明かした。
 退任後になって加計学園問題で「政治的圧力」を発言するに至った動機については「ゆがめられた政治案件を正すには発言するしかないと思った」と説明した。
 これまでに閉会中審査なども含め、半年近く森友、加計学園問題が国会で審議されてきたが、安倍晋三首相の「働きかけ」は立証されておらず、前川氏も首相からの直接の口利きの存在は証言していない。
 
 (前川氏の該当部分の発言要旨)
 ここだけの内緒の話ですけど、2年前の9月18日、国会前にいたんです。
 「SEALs(シールズ)」の連中はね、ラップのリズムで「集団的自衛権はいらない」って言ってるわけですよ。「集団的自衛権はいらない」って非常に散文的な言葉ですけど、これがあのリズムに乗るところがすごいですよね。「集団的自衛権はいらない」「集団的自衛権はいらない」ってこういうリズムで、こういくわけですね。
 これもシュプレヒコールっていうのかなとか、つまんないこと考えながらですね、面白いなって思って。
 私は安保法制は解釈改憲によるものですけども、集団的自衛権を認めるという解釈は成り立たない。立憲主義に反すると、やっと憲法の話になってますけどね。
 戦争はしないと9条で宣言している。自衛隊の存在を多くの国民が認めている。それは、ここまでは認められるというコンセンサスに近いものを作ってですね。専守防衛で自衛隊ならば、実力組織として認めてもいいんじゃないか、というところで踏みとどまっていたのが自衛隊だったと思うんです。
 それをいともあっさりと踏み越えてしまったんですね。しかも法制局の見解だ、閣議決定だと政府の中の考え方として、集団的自衛権は憲法上認められていると、ありもしないことを言って、あってはならない憲法解釈に基づいて法律作っちゃったわけですから。
私は個人的には、安保法制は、集団的自衛権に基づく条文はすべて憲法違反だと思います。
 いや、これは安保法制は賛成の人もいますから、これは私の意見です。
 あの法律は作るべき法律ではなかったと思っていますので、そのためには一個人として、一国民として正門前に私は声を出す場がなければいけないと思ってですね。声を出すといったって、みんなに混じって言ってたんですけど。
 みんなに混じって言ってただけで、しかも行ったのは9月18日の1回きりですからね。あの日はですね。今日行かなきゃもうないと思ったんですね。その日は安保法制が参議院で成立した日ですから。
 何も好き好んで満州事変の日にやらなくてもいいと思ったんですけども。9月18日ですから、まさに日本が中国侵略を、本格的な中国侵略を始めた日ですよね。1931年9月18日。
 だからまあ、日本が誤った戦争をしたというこの痛切な反省の上にできている憲法だからこそ、平和憲法というわけですから、その平和憲法を本当に土足で踏みにじるような行為、これはやっぱり問題だと思ってましたから、だからそれはですね、バレてませんから。
 これ、バレてたらおそらく事務次官になってなかったんです。あの、おそらく。
 まさかねえ、これから事務次官になるっていう人間がですよ、安保法制のデモにいるとは思わないですよね。
 だからこれ、本当に内緒の話ですから。
平和安全法制(安全保障関連法)に反対する為に国会前でのデモに参加してたと自白したが、こんな輩が文部科学省の次官を努めてたのだから、何を主張しても其の根拠は全て空虚。
天下り問題で政治を歪めてたのは自分自身なのだから、此の意味でも反政府活動家で在ると云う事が明確に成る。
テロリストを重宝し持ち上げてたマスメディアには猛省を促す。
posted by 天野☆翔 at 23:53 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

南朝鮮で大量増殖する慰安婦像。

* 韓国“慰安婦の日”各地で行事 プラスチック製の像乗せた路線バス運行、広場では500体のミニチュア展示も(1/2ページ) - 産経ニュース
韓国で市民団体などが「世界慰安婦の日」と定めた14日、各地で慰安婦像設置などの行事が行われた。
 ソウル市内ではプラスチック製の慰安婦像を乗せた路線バスが運行。車内では、慰安婦を描いた昨年公開の映画、「鬼郷(クィヒャン)」に音声として登場した民謡「アリラン」が流された。
 バスには朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長も朝から乗り込み、慰安婦像に手を添えるなどし、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意に代わる「新たに国民が納得できる合意」が必要などと強調した。“慰安婦バス”は9月いっぱい、運行される。
 ソウル市中心部の清渓(チョンゲ)広場では、元慰安婦の支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」(挺対協)などがミニチュアの金色の慰安婦像500体を展示した。また、ソウル南方の水原市では、市内の公園に設置された慰安婦像の前で行事を開催。宣言文の朗読などが行われた。
ソウル市と近郊の仁川(インチョン)市内では12日に、日本の朝鮮半島統治時代に「強制された」という「徴用工の像」が2体設置されたばかり。
 聯合ニュースによれば、韓国国内では今年3月までに73体の慰安婦像が設置済み。「慰安婦の日」の14日から、日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」の15日にかけて、ソウル市の道峰(ドボン)区や衿川(クムジョン)区、光州(クァンジュ)市内の5つの区など韓国各地で新たな慰安婦像10体が設置され、除幕式が行われる。
ソウル市で五百体もの縮小された慰安婦像が展示されたり、民間のバスには慰安婦像が設置されたりと、最早完全に気違いの意識で慰安婦像が大量増殖されてる現状には呆れ果てて開いた口が塞がらない。
本来の意味を完全に逸脱して慰安婦ビジネスと化してる現状は、南朝鮮と云う民族性が如何に異常なのかを如実に表して居ます。
此奴等には最早救いは一切無い。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

「アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会」が南朝鮮政府に対して損害賠償請求。

* 【徴用工訴訟】元徴用工ら韓国政府に賠償請求、無償提供金をめぐり  - 産経ニュース
日本の朝鮮半島統治下での徴用工や遺族らが、1965年の日韓請求権協定で日本から韓国政府に支払われた3億ドルの無償提供資金が、徴用工ら個人に配られなかったのは不当として、韓国政府を相手取り損害賠償を求める訴訟を起こした。
 元徴用工や遺族らで構成する「アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会」が14日、会見で明らかにした。原告は元徴用工1人と、5人の遺族で、1人当たり1億ウォン(約960万円)の支払いを求める訴状を13日にソウル中央地裁に提出した。
 遺族会は「日本から受けた資金は徴兵・徴用で犠牲になった先祖の血と汗の代償としての被害補償金」としており、「当時の朴正煕(パク・チョンヒ)政権は対日交渉で補償金を被害者に個別支給するとしたが、韓国経済発展の資金に使った」と主張した。
 遺族会は「今後、韓国政府を相手に千人規模の補償闘争や総決起を行う」とし、請求権協定に関わった金鍾泌(キム・ジョンピル)元首相に資金の使途を問う構えで、証人申請も検討している。
 金氏は「韓国政府が遺族に誠意のある支援をしなければならないという点に共感する」とし、提訴の趣旨には賛同しているという。
徴用工問題で、此れに従事してた本人や遺族等が南朝鮮政府に対して、二国間条約と請求権協定を基準とする根拠で損害賠償を求める訴訟を起こしたが、漸くマトモな意識での訴訟と云う事で一応は評価出来様。
日本からの拠出金は全て戦中の責任を果たすと云う意味で、当時の朝鮮政府に渡したのだから、全て此処で決着をすべきなのに、最近の慰安婦問題等で訴訟では日本政府に対して行われてる。
此の拠出金には現在の北朝鮮の分も当然含まれるのです。
此の異常な訴訟合戦にいい加減終止符を打たなければ為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

朝日新聞のお前が云うな。

* サッカーの試合で問題となった旭日旗 そもそもどんな意味があるのか? 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
サッカーの試合でサポーターが掲げた旭日旗が問題となった。そこにはどんな背景があるのだろうか? 毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された、埼玉大学教授・一ノ瀬俊也さんの解説を紹介しよう。
*  *  *
 サッカーJ1川崎フロンターレのサポーターが、4月、韓国で行われたアジア・チャンピオンズリーグの試合で旭日旗を掲げたことで、同チームがアジアサッカー連盟から処分された。差別的行為を禁じる規定などに違反したという理由からだ。
 そもそも旭日旗とは、どんな旗なのだろう?
「旭」は「朝日」のこと。旗は東の空から天に昇る朝日をデザインしている。
 昔の日本の軍隊は、明治時代に旭日旗を国旗と並ぶ自らのシンボルとして採用した。陸軍は1870年に「陸軍御国旗」(のち軍旗)に制定。海軍も89年に「軍艦旗」と定めて、各軍艦に掲げた。
 軍旗も軍艦旗も光線は16条(本)、軍艦旗は赤丸をやや旗竿側に寄せるなど、デザインがきちんと定められていた。軍旗は各歩兵・騎兵連隊に天皇から直接与えられたし、軍艦旗は「陛下の御影(※1)として敬仰する(※2)旗で軍艦の魂」(海軍中将・中里重次『国旗と軍艦旗』1940年)という扱いだった。軍は旭日旗を天皇の代理として神聖視したのだ。
 37年の日中戦争から太平洋戦争にかけて、アジア・太平洋の各地を日本の陸海軍が攻撃、占領すると、そこには国旗とともに旭日旗が天皇や軍の栄光をあらわすシンボルとして掲げられた。45年まで続いた激しい戦いで、敵味方、あるいは現地住民の人々が大勢亡くなり、家族や財産を失った。このことがアジアやアメリカ、ヨーロッパの人々に、今日まで日本の侵略と旭日旗を直接結びつけて考えさせる原因となった。
 日本が太平洋戦争に敗れると、日本の陸海軍は、アメリカを中心とする占領軍に解体されて、軍旗も軍艦旗も使えなくなった。しかし、54年の自衛隊発足にあたり、陸上自衛隊は光線8条の自衛隊旗を、海上自衛隊は軍艦旗と同じ16条の自衛艦旗を制定し、今日まで使っている。このことに外国から大きな批判は出ていない。
 しかし、サッカーの国際試合のように、各国の愛国心が直接ぶつかりあうような場所で、かつての日本軍が使ったものに似た旭日旗が掲げられると、悲惨な戦争の記憶がよみがえって問題視されるのだ。
 旗はメッセージ性がきわめて高いもの。まして国旗やそれに準ずる旗は、その国の負の歴史を直接想像させることがある。したがって、扱いには慎重さが求められる。(解説/埼玉大学教授・一ノ瀬俊也)
※1御影=お姿。 ※2敬仰する=敬い仰ぐこと。
朝日新聞社発行のジュニアエラで国際的なサッカーの舞台での旭日旗に関する記事が掲載されたが、此の中で「扱いには慎重さが求められる」と平然と曰ったが、そもそも朝日新聞にはこんな主張をする資格は一切無く、社旗自体が旭日旗を用いてるのだから本末転倒。
子供を騙す様な手法は一切許す事は出来ず、言語道断の遣り口で在る。
我が国が悪いのでは無く南朝鮮が悪いのだと教育しなければ為らないのは云う迄も無い。
スポーツの場に政治を持ち込む方が駄目なのは決まってるのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

第十二回「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」が開催されたが。

* 「戦争の危機、何があっても対話で問題解決を!」〜2017ヤスクニキャンドル行動
「戦争の危機、何があっても対話で問題解決を!」〜2017ヤスクニキャンドル行動 8月12日、第12回「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」が東京・YMCAホールで開催された。今回のテーマは「東アジアの視点から『明治維新150年』とヤスクニを問い直す」だったが、緊迫した国際情勢の中、戦争をめぐる発言が目立った。
東大教授の高橋哲哉氏(写真上)は「戦争の危機が高まっている。戦端が開けば韓国・北朝鮮に甚大な被害が起きる。安倍はいち早くアメリカに賛同・追随し、米B1爆撃機と空自で共同演習をしているが、これは憲法が禁じる“武力による威嚇”そのものだ。座視するわけにはいかない。戦端を開くことに断固反対の声を上げよう」と呼びかけた。
キャンドル行動共同代表のソスンさん(写真上)もデモ終了集会で「問題の根底には、日本のアジア侵略戦争とヤスクニ神社につながる歴史が存在している。当面の戦争に反対し何があっても対話で問題解決することを、各方面に全力で訴える必要がある」と強く訴えた。
キャンドル行動の集会は午後1時半から始まり、最初に原武史・南相九・高橋哲哉の三氏によるシンポジウム「東アジアの視点から『明治維新150年』とヤスクニを問い直す」が行われた。
来年2018年は明治維新150年で天皇の代替わりとも重なってくる。そして安倍がめざす2020年の憲法改正。天皇問題をからめて危険な動きが一気にやってくる。シンポジウムでは、さまざまな角度から問題点が提出された。
その後集会は、靖国合祀とたたかう遺族のアピール、寿・ソンビョンフィ・イジョンヨルのコンサートと続いた。参加者は約300人。コンサートでは、素晴らしい歌声に手拍子がとんだ。
午後7時からは恒例のキャンドルデモ。右翼の妨害行為があったが、機動隊の厳重な警備の中、「靖国反対、戦争反対、安倍はやめろ」と元気にコールを上げて靖国神社近くの公園までデモ行進を行った。
北朝鮮の脅威が喫緊の課題の中、我が国は此れを牽制する為に日米同盟の元で共同訓練を実施するが、此れを憲法九条に違反する等と批判するが、では我が国は黙って指を咥えて攻撃されて居ろとでも云うのか。
南朝鮮人が靖国神社の存在が全ての元凶と曰ってるが、アジアの今の安寧が在るのは此の靖国神社の存在を抜きにして語る事は出来ず、又、戦争の危機には対話で全て解決せよ等と、完全に現実を無視した願望を主張。
外国人の政治的な活動は違法でも在る。
乱痴気騒ぎのお祭りをしてる裏で我が国に無理難題を押し付けるのでは無く、アジアの平和を脅かす支那と北朝鮮に対して文句を云えと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 00:13 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

遂に完全に思考停止に陥った翁長雄志。

* 「日本の独立は神話」 沖縄県民大会で知事、オスプレイ飛行容認を批判 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
沖縄県の翁長雄志知事は12日、那覇市で開かれた米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設などに反対する県民大会で、米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイがオーストラリアで墜落したことについて「県民が危惧した通りの状況になっている。憤慨に堪えない」と批判した。
 事故後、日本政府の「自粛」要請を無視して米軍がオスプレイの飛行を強行し、その後政府が飛行を容認したことに対しては「米軍が運用上必要と言えばすぐに引き下がる。日本の独立は神話だと言わざるを得ない」と述べた。辺野古の埋め立て承認を撤回する意向も重ねて表明した。
 大会後、記者団に「時期は前もって話すものではないが、必ず撤回することになると思う」と述べた。
 大会で「県の再三の要請にも行政指導にも応じず、国ともあろう者が法令をすり抜けることに心血を注ぎ、強硬に新基地建設を推し進める姿勢は、自らが常々述べている法治国家という言葉には程遠い」と強く批判した。その上で「このように工事を強硬に推し進める状況は、必ず埋め立て承認撤回につながっていく」と強調した。
 さらに「今後も県民に対するいかなる差別的、犠牲的な扱い、基地負担の押し付けに反対し、オスプレイの配備撤回、辺野古新基地建設反対、普天間飛行場の閉鎖・撤去の実現に取り組んでいく不退転の決意を皆さんに約束する」と述べた。
 あいさつの最後に「子孫(くゎうまが)のために、うやふぁーふじぬ思(うむ)い、肝(ちむ)にすみてぃ、命(ぬち)かじりちばらなやーさい」(子や孫のため先祖の思いを胸に刻み、命の限り頑張りましょう)と、うちなーぐち(沖縄の言葉)で呼び掛けた。
オスプレイの事故を受けて飛行停止要請を出した政府だが、此の方針を転換して容認した事を翁長雄志は批判するが、オスプレイの必要性や有用性を全く考慮する事無く、一方的に批判するのは県民の生命財産を守る意識が皆無な良い証左で在る。
更に戦後の我が国の独立が神話だとか曰った。
遂に発狂して仕舞ったのかと云う印象です。
又、自らの願望を行政指導だとか主張するのは強引だし、此の願望を拒否されたからと云って法治国家では無いと批判するのは筋違い。
翁長雄志には沖縄県民の存在すらも無視して自らの願望を主張するだけの気違いに成り下がった。
沖縄県民は、自分達の命すらも蔑ろにする翁長雄志を徹底的に糾弾し辞職に追い込む動きを見せろ。
posted by 天野☆翔 at 00:01 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

無知蒙昧を曝け出す志位和夫。

* 危機打開のため米朝は無条件で直接対話を/2017年8月12日 日本共産党幹部会委員長 志位 和夫
日本共産党の志位和夫委員長は12日、米国と北朝鮮が軍事的恫喝(どうかつ)の応酬をエスカレートさせている事態を憂慮し危機打開を求める声明を発表しました。
 一、北朝鮮の核兵器・ミサイル開発をめぐる米国と北朝鮮の間の緊張が、軍事衝突の危険性をはらむ新たな事態へと深刻化している。
 国連安保理が新たな制裁決議を採択したこと(5日)に対して、北朝鮮は7日、「断固たる報復で対処し、全面的に排撃する」と強く反発した。さらに10日、「アメリカに厳重な警告信号を送る」として、「グアム島周辺への包囲射撃」を検討していると表明し、米国を強く軍事的に威嚇した。
 一方、米国のトランプ大統領は、「北朝鮮がこれ以上アメリカを脅すのであれば、炎と激しい怒りに直面することになるだろう」(8日)、「グアムに何かしたら、誰も見たことのないようなことが北朝鮮で起こる」(10日)などと発言している。
 米朝両国が、直接相手の意図を確かめるすべのないまま、軍事的恫喝の応酬をエスカレートさせることは、たいへんに危険である。それは、当事者たちの意図にも反して、偶発的な事態や誤算による軍事衝突につながりかねないことを、強く憂慮している。
 一、世界と地域の平和と安定を破壊し、おびただしい犠牲をもたらす軍事衝突は、絶対に回避しなければならない。
 日本共産党は、現在の危機を打開し、問題の平和的・外交的解決をはかるために、関係諸国に対して、次の諸点を緊急に要請する。
 (1)現在の危機が引き起こされた根本は、北朝鮮が、累次の国連安保理決議に違反して、核兵器・ミサイル開発を進めてきたことにある。北朝鮮に、国連安保理決議を順守し、これ以上の軍事的な挑発行為――とりわけ無謀きわまる「グアム島周辺への包囲射撃」の計画を中止することを強く求める。
 (2)米朝両国に対して、強く自制を求めるとともに、現在の危機を打開するために無条件で直接対話に踏み出すように呼びかける。直接対話に踏み出すなかで、核・ミサイル問題を解決する可能性を追求すべきである。この点で、トランプ大統領が、北朝鮮との交渉に関して、「オバマ(前政権)は話すらしたがらなかったが、私は話す。誰かがやらなければならない」(10日)と述べていることに注目している。
 (3)日本は、米朝間で何らかの軍事衝突が起こった場合に、最大の被害を受ける国の一つとなる。日本政府は、緊張をさらに高める軍事的対応の強化でなく、米朝の直接対話を実現し、核・ミサイル問題を平和的・外交的に解決するための努力をはかるべきである。
関係国・国連に声明送付
日本共産党は12日、志位委員長の声明「危機打開のため米朝は無条件で直接対話を」を、米国、北朝鮮はじめ6カ国協議参加国、国連安全保障理事会の全理事国、グテレス国連事務総長に送付・伝達しました。
北朝鮮とアメリカの牽制を受けて、日本共産党の志位和夫は「危機打開のため米朝は無条件で直接対話を」と間抜けな事を曰ったが、過去に散々此れをしようとしても北朝鮮は聞く耳持たずで一方的に口撃して来るのだから、一切の話し合いの余地は無いのだ。
北朝鮮は連合国安全保障理事会の決議違反を繰り返してるのは明白で、話し合いの余地は完全に存在はしないのだ。
現実を全く見ずに自らの願望だけで物を語るとは大笑いです。
頭の中は完全に気違いで常軌を逸して居ます。
posted by 天野☆翔 at 23:51 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

東京大空襲・戦災資料センターに行って来ました。

* 東京大空襲・戦災資料センター

東京大空襲・戦災資料センター外観
東京大空襲・戦災資料センターの外観です。
東京大空襲・戦災資料センター入り口横のプレート
東京大空襲・戦災資料センター入り口横のプレートです。
灯火管制下の部屋の再現 二階に上がると左側に直ぐに目に付く原寸大の灯火管制下の部屋の再現です。
焼け焦げた当時の品々
焼け焦げた当時の品々です。
右側の着物は子供の服ですが、本物の現物で手に触れられる状態で展示されて居ました。
焼夷弾の実物と模造品
焼夷弾の実物と模造品です。
軍人の装備品等
此れも手に触れられる状態で展示されてる軍人の装備品等です。
B-29の縮小模型
二階入り口の天井から吊るされたB-29の縮小模型。

写真や絵画や現物が数多く展示されて居て、其の圧倒的な迫力には衝撃を受けました。
改めて、当時の壮絶な社会に思いを馳せたい。

posted by 天野☆翔 at 15:38 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

陸軍軍曹熊谷兼一戰死之地の碑に慰霊追悼。

陸軍軍曹熊谷兼一戰死之地の碑の全景
陸軍軍曹熊谷兼一戰死之地の碑の全景です。
陸軍軍曹熊谷兼一戰死之地の碑 陸軍軍曹熊谷兼一戰死之地の碑の本体。
陸軍軍曹熊谷兼一戰死之地の碑文
陸軍軍曹熊谷兼一戰死之地の碑の右側に設置されてる碑文です。

* 本土防空/熊谷兼一
碑文
(前略)昭和十九年十二月二十七日、西南太平洋より侵入したボーイングB29の編隊は十二時三十分〜十四時の間、富士山・八王子を経て帝都上空に達し爆撃を開始。これを撃墜すべく飛行第七十戦隊の各隊は迎撃したが、戦果少なく、これを見た熊谷軍曹機は一殺必中の体当りを敢行し編隊の一機に猛然と突撃、一機を炎上撃墜し、自らの搭乗機も大火に包まれたが眼下の市街地を避け、亀戸七丁目の工場跡地の沼地に墜落、水没した。これを目撃していた大勢の住民は直ちに機体の掘り起こしに当ったが湧水が激しく遺体並びに機体の発掘を断念し、この身を犠牲にし多くの都民を救った行動に感動し、東京都庁に申請、時の東京都長官・陸軍大将西尾寿造殿より直筆の書を戴き、戦死之地の碑を多くの住民により建立されたものである。
戦後東京都が当地に恒久住宅を建設する前に遺体を収容すべく建設業者と有志が一体となり発掘に当り、昭和四十五年二月十二日遂に機体の部品及び遺体を収容することができました。二十五年もの間、沼地深く眠っていた熊谷軍曹の永遠のご冥福をお祈りいたしました。

* 神鷲 陸軍軍曹熊谷兼一戦死之地 慰霊碑  都営亀戸七住宅内 - YouTube

B-29に突撃し自らの命と引き換えに撃墜した陸軍の軍曹の熊谷兼一氏には、謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 15:22 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

北朝鮮が臨戦態勢完了。

* 北朝鮮が挑発、政府機関紙に「米本土を目標に発射待機」|MBS 全国のニュース
核・ミサイル開発をめぐりアメリカと北朝鮮の間で威嚇の応酬が続くなか、北朝鮮は12日、「アメリカ本土を目標に発射待機状態に入っている」などとアメリカをさらに挑発しました。 北朝鮮の政府機関紙「民主朝鮮」は12日、「我々に手出ししないのが上策だ」と題する論評を発表しました。論評は北朝鮮が先月行ったICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に言及したうえで、「すでに我々の軍はアメリカ本土を目標の中にとらえて発射待機状態に入っており、最後の攻撃命令を待っている」などと警告しました。
 北朝鮮は9日、“グアムの周辺に向けて弾道ミサイルを発射する作戦を検討している”と発表していました。今回の論評では、さらにアメリカ本土への攻撃も示唆するなど、北朝鮮による挑発は緩まる気配を見せていません。
毎日放送は北朝鮮の動向で、アメリカ本土を標的としたミサイル射出の準備が完了したと報道した。
金正恩の命令が在れば何時でも射出すると喧伝したが、最早宣戦布告に等しい宣言で在る。
posted by 天野☆翔 at 06:19 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

毎日新聞が朝鮮半島有事を利用して政権批判。

* PAC3配備:「どう対応すれば」地元から不安や疑問の声 - 毎日新聞
航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)が配備された中四国4県。地元の住民からは「どう対応すればいいのか」という不安や配備を疑問視する声が聞かれた。
 配備先の海田市(かいたいち)駐屯地がある広島県海田町は広島市に隣接する。広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦理事長(72)は「軍事的な挑発に対し、日本が行動を取ることが、北朝鮮に刺激を与え、核戦争へとつながるかもしれない」と危惧。「政府には国民の心配をあおらず、冷静になれと言いたい。話し合いで、北朝鮮に『このような行為はやめろ』と伝えてほしい」と訴えた。
 出雲駐屯地の地元、出雲市の郷土史家、卜部(うらべ)忠治さん(94)は「北朝鮮は本当に撃ってくるだろう。島根にミサイルが落ちてくることはないと思うが、もし迎撃ミサイルを撃てば破片が落ちてくるのではないか」と心配そうに話した。
 高知駐屯地への配備について高知市の会社員、光山博子さん(61)は「PAC3を配備すれば、逆に北朝鮮から狙われるのではないか。日本は米国と北朝鮮の間に位置し、戦争になってほしくない」と話す。ミサイルが高知上空を通過する可能性があることについても「通過せずに落ちたらおしまいで怖い。でも、ミサイルを防ぐためと言って戦争になるのはいやだ」。
 松山駐屯地がある松山市の主婦、鎌田やよいさん(41)は「小中学校に通う2人の子がいるが、子どもしかいない時にミサイルが落ちたらと思うと怖い。地震に対する知識や訓練の経験はあるが、ミサイルにはどう対応すればいいのか」と不安げな様子だった。
北朝鮮のグアムを標的としたミサイル射出に備え、航空自衛隊は中国地方と四国地方に地対空誘導弾パトリオットを配備したが、此の動きを地元の住民の声と称して政府を批判する記事を掲載した。
我が国に危険が及ぶ可能性が極めて濃厚な状態で此れに備えるのは当然なのに、北朝鮮を刺激すると云うのなら何もしないのが良いのか、冷静に話し合えと主張するが散々話し合いの場から逃げて来たのが北朝鮮なのだ。
又、地対空誘導弾パトリオットの目的と役割を全く理解しない声を紹介しての記事には、全く呆れ果てて開いた口が塞がらない。
本当に住民が主張したのかも非常に怪しい。
毎日新聞も此処迄来たのかと云う印象です。
posted by 天野☆翔 at 06:16 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

北朝鮮の脅威に備え四国と中国地方に部隊展開。

* 【北ミサイル】中四国4県にPAC3展開 国内落下も想定し迎撃態勢を整備、イージス艦派遣も(1/2ページ) - 産経WEST
北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、防衛省・自衛隊は12日、中四国4県の陸上自衛隊の駐屯地に、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を展開した。北朝鮮は米領グアム周辺へのミサイル発射計画を8月中旬までに最終的に完成させるとしており、日本政府はミサイルの国内落下も想定し、迎撃態勢を整備した。
 迎撃には自衛隊法に基づく破壊措置命令が必要で、政府は昨年8月から命令を継続しているが、新たにPAC3を展開した駐屯地でも対応できるよう改めて発令した。
 展開先は出雲(島根)、海田市(広島)、松山(愛媛)、高知の各陸自駐屯地。12日未明から順次、部隊の車両群が到着した。
 松山では午前6時15分ごろ、自衛隊員が緊張した面持ちで車両群を迎え入れ、車体などを確認した後、次々と敷地奥に運び込んでいった。
 日本のミサイル防衛(MD)は、海上自衛隊のイージス艦に搭載した海上配備型迎撃ミサイル(SM3)とPAC3の二段構え。PAC3は射程が数十キロで、ミサイルの不具合で部品が落下した場合などに使用することを想定している。
小野寺五典防衛相は、ミサイルが発射された場合、安全保障関連法に基づき、集団的自衛権の行使が可能な存立危機事態の認定もあり得るとしており、島根県や四国沖にはイージス艦を派遣する可能性もある。
 今回の展開先にはPAC3の部隊がないため、空自の岐阜基地と、白山(三重)、饗庭野(滋賀)両分屯基地から陸路で移動させた。
北朝鮮の危険な挑発でグアムにミサイル射出が宣言され、此の中で我が国にも大きな影響が及ぶ四国と中国地方に航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオットが展開した。
日本海にはイージス艦が展開して居り、此れを補完する形で展開。
緊張が続く北朝鮮の脅威に対して二十四時間体制で監視活動が実施されます。
何事も無く任務を終了するのが望ましいが、不測の事態で対応を迫られる事も在るかとも思いますが、自衛隊員の皆様方には、充分な体制で臨んで欲しいと思います。
posted by 天野☆翔 at 19:22 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

日航機墜落事故から三十二年目。

* 日航機墜落事故から32年、御巣鷹に慰霊登山 遺族や関係者が犠牲者520人悼む - 産経ニュース
乗客乗員520人が亡くなった昭和60年の日航ジャンボ機墜落事故から12日で32年となり、遺族や関係者が墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」に慰霊登山し、犠牲者を悼んだ。
 遺族にとって三十三回忌の節目の年。久しぶりに訪れる人や、今後も登山を続けると決意を新たにする人がいた。高齢化が進んで体力の不安を抱える遺族も多く、つえを頼りに歩く姿が見られた。
 夏空の下、遺族らは午前10時半ごろから墜落地点に建てられた「昇魂之碑」の前で黙祷。子供たちがシャボン玉を飛ばすと涙を流す人もいた。「安全の鐘」を鳴らして事故の再発防止を祈願した。
 午後には日航の植木義晴社長(64)も尾根に登って献花した。夕には麓にある「慰霊の園」で追悼慰霊式が開かれる。
近代航空機史上最悪の事故と成った日航機墜落事故から本日で三十二年目を迎えました。
犠牲に遭われた皆々様方には謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
此の事故を受けて管制や機体自体には様々な工夫が凝らされ、事故を防止する対策が講じられたが、其の後の航空機を取り巻く環境では事故は継続して発生。
改めて、此の事故の教訓を世界中で共有したい。
posted by 天野☆翔 at 19:16 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

何処迄も気持ちが悪い朝日新聞の記事。

* 【朝日新聞】論説委員コラム「北朝鮮化する日本?」がネットで炎上 「寒気がする。悪意しか感じない」「朝日は終わり。頭おかしい」(1/3ページ) - 産経ニュース
朝日新聞が11日付10面(オピニオン面)で掲載した箱田哲也論説委員(国際社説担当)のコラム「社説余滴 北朝鮮化する日本?」がネットで炎上している。
 箱田論説委員は、軍事独裁政権が民政化して30年の節目の年に朴槿恵前大統領が大統領の座から引きずり下ろされた動きを引き合いに、国際会議をのぞいた際、「日本はどうしてかくも平穏なのか」という問いを韓国側の複数の出席者から受けたと書き出した。
 箱田氏は、韓国人が「日本は先進国という印象だったが、そうでもない」などと印象を語ったと回想し、なぜか「日本が韓国化してきた」と論理を飛躍させる。最後にソウル滞在中に日本通の韓国の重鎮が言ったという「日本のトップクラスの官僚が口を開けば安倍首相はすばらしいと絶賛する。何かに似ていると思ったら、『偉大な指導者、金正日同志は』というあれだ。もう韓国を通り過ぎたんじゃないか」と締めくくっている。
 このコラムは瞬く間にネットでやり玉に上がり、ツイッターには以下のような書き込みが相次いだ。
 「全文を読むとわかるけど本当に寒気がするよな(怒)。韓国人がひたすら韓国自慢をして日本を馬鹿にする内容だわ。私はこの社説に悪意しか感じなかった(激怒)」
「他にもいろいろ突っ込みどころあるけどこんな文章載せる朝日新聞はもう本当に終わり、頭がおかしくなってる。違うと思う人は説明してほしい」
 「主要マスコミがこぞって北朝鮮様に媚びを売る状態は確かに北朝鮮化してるのかもね」
 「安倍政権打倒に凝り固まった中共朝鮮プロパガンダの朝日新聞内では、北朝鮮と同じように言論の自由が圧迫され、それを国民に押しつけようとしています。同新聞の戦前の戦争賛美プロパガンダと同様ですね。時代を超えて国益を常に毀損する朝日新聞」
 立命館学園通信などによると、箱田氏は昭和63年に立命館大文学部を卒業。鹿児島支局を振り出しに、那覇支局長、ソウル支局長などを歴任した。現在は論説委員の国際社説担当。

 箱田氏のコラムは次の通り。(要旨)
 軍事独裁政権の重い縛りを解き、韓国の民衆が自由を勝ち取って今年で30年になる。
 そんな節目の年に、「絶対権力」と言われる現職大統領を革命的に、しかも非暴力で引きずり下ろしたわけだから、韓国の帯びた熱は簡単には下がらない。
 ソウルであった30周年記念の国際会議をのぞくと、人々の陶酔感を肌で感じた。その際、何人かの韓国側出席者から同じような質問を受けた。
 日韓で権力者の公私混同にまつわる疑惑が浮上したのに、日本社会はどうしてかくも平穏なのか、という問いだ。
 「日本は法治や行政が成熟した先進国という印象だったが、実はそうでもないのね」「韓国特有かと思っていた忖度(そんたく)という概念は、日本にも根付いていたんだ」など、どこか安心したように感想を語るのだった。
 東京都議選は安倍政権に大打撃を与えた。
 そういえば、関係者の間では数年前から「日本が韓国化した」とささやかれてきた。
 かつての韓国に、何もかも「日本が悪い」と批判する風潮があったように、最近の日本でも単純な韓国観が広がり、それが嫌韓につながっているとの指摘だ。
 ソウル滞在中、日本通の韓国の重鎮がこう言った。
 「ある日本のトップクラスの官僚など、口を開けば安倍首相はすばらしいと絶賛する。何かに似ていると思ったら、『偉大な指導者、金正日同志は』というあれだ。もう韓国を通り過ぎたんじゃないか」……。

* (社説余滴)北朝鮮化する日本? 箱田哲也:朝日新聞デジタル
* 朝日「独裁者を革命的に非暴力で引きずり下ろした韓国。今の日本は韓国化を通り過ぎて北朝鮮化してる」 | 保守速報

朝日新聞のコラムの「北朝鮮化する日本?」が只ひたすらに気持ちが悪い論調で辟易する。
我が国は南朝鮮の様な異常な民族でも無いし、北朝鮮の様な全体主義でも無い。
わざわざ南北朝鮮を引き合いに出して我が国を愚弄する論調は断じて許しては為らず、絶対に認めては為らない。
posted by 天野☆翔 at 19:11 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

南朝鮮の国史編纂委員会が気違い見解。

* 旧日本軍による慰安所設立示す未公開文書 韓国機関が公開
韓国の国家機関、国史編纂(へんさん)委員会は11日、日本による植民地支配時代に日本軍が慰安所の設立と管理に関与したことを示す4点の史料を公開した。史料は米国立公文書記録管理局(NARA)で見つかった。
連合軍東南アジア翻訳・尋問センターの関係文書から、旧日本軍が強姦と略奪は戦争から切り離せない部分と認識していたことが読み取れる。「強姦を防止するため、軍は占領後に直ちに、許可された公用の慰安所を設立した」と記されている。
 また、旧日本軍の通信傍受や捕虜の尋問、旧日本軍の文書の翻訳などを担った連合軍翻訳通訳部の尋問記録には、慰安所が軍の管理下にあったことを示す日本の軍人の証言がある。
 1944年4月29日にインドネシア・マランで逮捕された日本の軍人は「軍の管轄区域内に慰安所7カ所が設立された。朝鮮人と日本人、インドネシア人など約150人の女性がいた」と述べた。別の尋問記録には、フィリピン・タクロバンで捕らえられた日本の軍人が「日本軍の軍医が性病予防のため女性を毎週検診した」という証言が記された。
 国史編纂委員会の関係者は「旧日本軍が慰安所の設立と管理に直接関与しなかったという日本政府の主張を覆す文献だ。日本政府に法的な責任を問い、正式な謝罪を要求することができる根拠となる」と強調した。
 委員会は昨年米国や英国で、旧日本軍慰安婦や戦争犯罪に関する史料2万4000枚、単行本やマイクロフィルムなどを収集した。これらをまとめた資料集を年末以降、順次刊行する予定だ。
慰安婦問題で様々な問題が発生してたからこそ、旧日本軍はいい加減な慰安所の運営に関して管理の徹底を命じた事は既に戦後のGHQの実地調査で明らかに成って居り、此の調査の報告書は公文書館に保管されてるが我が国を謝罪に追い込める証拠だのと勘違いしてる。
既に明らかに成ってる文書で我が国を謝罪させられる根拠には為らず、南朝鮮が予てから主張する根拠の強制性は一切記載されて居ません。
最早嘘に嘘を塗り固め、事の本質を見失ってるからこそ、こう云う文書の確認で喜々として批判の矛先を向けるのでしょう。
完全に常軌を逸した意識で在る。
posted by 天野☆翔 at 07:33 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

江田憲司が筋違いの批判。

* 「支持率急落は有罪の心証形成されたから」政権批判の江田代表代行に「それなら民進党は死刑では」 | BuzzNews.JP
8月10日の閉会中審査に際して民進党の江田憲司代表代行が流したツイートに批判が集まっています(画像はTwitterより)。
江田代表代行は8月9日に翌日開かれた閉会中審査への稲田朋美前防衛相の参考人招致を与党側が拒否した、という新聞記事を添付してこのように語っていました。
江田「何度も言うが、この問題の裁判官は国民。その「有罪」という心証形成は既にされたから支持率が急落。だからこそ今更と思っているのだったら完全にアウト! 」
しかしこの発言に対しては数多くの批判が寄せられてしまいます。まず政治の世界で国民が裁判官の役割を担い、支持率の急落が有罪の証左であるとするならば政権支持率と比べるまでもないほどに支持率が低迷している民進党は有罪どころか死刑のレベルではないかとの指摘から「ブーメラン」と受け止められ、愚かな主張だと見做されていることがその理由です。
そして政権支持率に影響を与えてきた森友学園問題や加計学園問題において民進党を始めとする野党の追及とメディアの報道が印象操作ではないのかと考える人々にとっては偏った情報を流すことによって有罪だと断じるなどあってはならないという点からの反発。
更に江田代表代行が「裁判官は国民」と語っていることに対して「人民裁判ということか」「日本は法治国家なのだから政治家の発言としては不適切だ」という反応も見られています。
いずれにせよ必死の倒閣運動によって政権支持率を低下させたはいいものの、安倍首相が退陣する前に蓮舫代表が辞任するほどの窮地に陥っている民進党が自らを顧みず国民の心証を元に「有罪だ!」などと騒ぐ様は多くの人にとって滑稽としか映っていないようです。
「偏った情報流して印象操作してるだけだろうが」
「民進党はとっくに有罪の心証形成されているぞ」
「それを言ったらお前らも有罪だろ?ダブスタなんだよ」
「なんだ民進党のこと言ってるのかと思ったら違うのか」
「人民裁判に持ち込みたいのか最低だな」
「政権が有罪ならお前たち民進党は死刑だよ」
「日本は法治国家だぞ何を言ってるんだこいつは」
「倒閣が一番大事なんだってことがよく分かるな」
「政権支持率気にする前に自分の所の心配しろよ」
「くだらない自己紹介にしかなってないぞ」
「国民は民進党に死刑の判決下したことを忘れるな」
「心証で有罪とか江田はホントに議員なのか?」
「それでも政権は40%な。お前たちは何%だっけ?」

記事では8月10日に成ってるが、正確には8月9日のツイートで在る。
内閣支持率は内閣改造後に格段に上がったのは事実で、一方の民進党の支持率は低迷して継続。
閉会中審査で全防衛大臣の稲田朋美氏の参考人招致を拒否した事で、此れを批判してのツイートだが、現職以外の元や前大臣を参考人招致や証人喚問した慣例は無い。
こう云う事を知ってか知らずか批判するのは筋違いで有ろう。
江田憲司も最早政治家としての資格は一切無い。
posted by 天野☆翔 at 07:25 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

民進党の升田世喜男は拉致被害者家族に無礼を働く。

* 民進党・升田世喜男議員が答弁への苦言呈す際に拉致被害者にかけたダジャレ?「ラチがあかない」 | BuzzNews.JP
8月10日の衆議院安全保障委員会で質疑に立った民進党の升田世喜男議員が、期待通りの答えを得られず何度も聞き直した結果、「ラチがあかない」と苦言を呈す場面で北朝鮮の名前を挙げる場面がありました(画像は衆議院より)。
北朝鮮にかけて?「ラチがあかない」
升田議員は日報問題について追及する中で2月13日の大臣レクにおいて稲田前防衛相への報告があったのかなかったのか極めて曖昧だと指摘、報告があったとされる発言が複数、なかったという発言も複数、またわからないという発言も複数あったとされている点を取り上げ、それぞれ具体的に何人だったのか、と質問。
これに対し防衛監察本部副監察官は複数、という以上の言及は関係者の特定につながる可能性があるため差し控えるとして回答しませんでしたが、升田議員は「納得出来ない」として再度の答弁を求めます。しかしやはり「人数については個人特定され供述が明らかになる可能性があるため控える」と踏み込んだ回答には至っていませんでした。
その後も「全く納得できない」として再び質問した升田議員でしたが、ここでも副監察官からは「繰り返しになるが」としてやはり同じ答弁が返って来てしまったため、遂に升田議員は人数ではなく「せめてどっちが多かったぐらいは言えませんか?」と質問を変えて譲歩を迫ります。
ところが副監察官はこれにも応じること無く「最大限努力した結果なのでご理解頂きたい」と話すだけでした。すると升田議員は業を煮やしたのか「こういうのを押し問答って言うんですか?」と呆れた様子を見せるとこう語ったのです。
升田「まぁ北朝鮮・・・まぁこれ言ったらちょっとダジャレになるから止めますが、ラチがあかないですね本当にね。」
この発言は「ラチがあかない」を「拉致があかない」とかけたのか、と受け止められ批判の声も上がっていますが、少なくとも閣僚が同じ発言に及んでいたらどのような問題になっていたのでしょうか。
升田世喜男議員の発言
升田「あのね、2月の13日の大臣レクがどうして大事か。これね、敢えて言うまでもないと思うんですが、これを防衛大臣にですよ、報告があったかなかったか。あったとすれば、当時の防衛大臣の国会での答弁がこれ虚偽答弁になるんです、あったとすれば。で、なかったとすれば、防衛省職員の自衛隊法56条の職務規定違反となります。こういう意味合いが持つもんですから、2月の13日のやり取りというのは明らかにしてもらわないと困る!人数が言えないと言うならば、肯定をした人と、あるいは割合と、それはなかったという割合。せめてどっちが多かったぐらいは言えませんか?」
副監察官「お答え致します。我々と致しましては客観的な資料を基軸と致しまして、一方からの主張だけではなく、多方面からの主張を総合的に勘案して事実を認定したところでございまして、その結果、我々と致しましては何らかの発言があった可能性は否定できないという事実認定しか出来なかった、ということは残念でございますけれども、最大限努力した結果でございますので、ご理解頂きたいと思います(頭を下げる)」
升田「えー・・・、まぁこういうのをなんて言うんですか押し問答って言うんですか?まぁ北朝鮮・・・まぁこれ言ったらちょっとダジャレになるから止めますが、ラチがあかないですね本当にね。これね、本当に重要なんですよ。(以下略)」
防衛省の南スーダンでの平和維持活動での日報問題を扱った閉会中審査で、自分の思う通りの答弁が引き出せなかった事で、全くの無関係の話に方向転換し、其の発言は完全に拉致被害者家族に取って不愉快且つ無礼な内容に至った。
此れが与党ならば徹底的且つ執拗に追い詰める案件だが、民進党が発言する事でマスメディアは忖度し報道しない自由を行使する処で在る。
極めて重大な問題発言で在るのは云う迄も無く、絶対に許しては為らない。
posted by 天野☆翔 at 07:15 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

Firefox55.0.1がリリースされました。

MozillaはFirefoxの最新版、Firefox55.0.1をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Firefox のダウンロード − 自由な Web ブラウザ − Mozilla
* リリースノート | 次世代ブラウザ Firefox

posted by 天野☆翔 at 01:12 | Comment(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

八重山日報が沖縄の実態を暴き出す。

* 【沖縄が危ない!】基地反対派の迷惑行為と自衛隊の地道な活動 「沖縄タイムス」「琉球新報」見て見ぬふり(1/2ページ) - 産経ニュース
石垣島の零細新聞社である八重山日報が今年4月、沖縄本島に進出して4カ月。県紙「琉球新報」「沖縄タイムス」が圧倒的なシェアを誇るなか、独自の取材活動を展開し、部数はほぼゼロの状態から一気に2000部を超えるに至った。長年、大手メディアが県民の目から隠蔽してきた「不都合な真実」のベールが、ようやく剥がされようとしている。
 「警察の行為で大渋滞が発生しています」
 4月、米軍普天間飛行場の移設先である名護市辺野古のキャンプ・シュワブ前。機動隊員たちが、工事車両の進入を阻止しようと座り込む反対派を次々と強制排除すると、反対派の1人が声を張り上げた。
 反対派の座り込みで工事車両が停車を余儀なくされているため、国道では大渋滞が発生した。通勤、通学の住民も立ち往生している可能性があるが、反対派はあたかも渋滞の責任が警察にあるようなプロパガンダを発信している。
 八重山日報は反対派の座り込みで起きている大渋滞や、憤る地元住民の声を報道したが、県紙に掲載されたのは「国が工事を強行しても絶対諦めない」という反対派のコメントだけだった。
 県紙が「見て見ぬふり」なのは反対派の迷惑行為に限らない。
 「何度も取材をお願いしているのに、県紙はほとんど報道してくれない」。こう嘆くのは自衛隊員だ。
先の大戦で激しい戦火にさらされた沖縄本島には、膨大な不発弾が埋まっている。自衛隊員は連日、手作業で信管を抜き取り、不発弾を安全化する命懸けの作業に従事している。
 離島で発生した急病人やけが人を、医療施設の整った本島に空輸するのも自衛隊の重要な任務だ。これまで、1万人近い人命が救われた。
 しかし、県紙は県民の命を守る自衛隊の活動を、紙面からほぼシャットアウトしている。ジャーナリストの井上和彦氏によると、反戦意識の強い沖縄メディアの間では、自衛隊に有利な報道をしないという「報道協定」が70年代から存在するという。
 八重山日報は、不発弾処理や緊急患者空輸の件数を毎日紹介している。ささやかながら、日夜奮闘する自衛隊の応援団でありたいからだ。
 7月、沖縄で開かれた「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民の会」の集会で、購読紙を県紙から八重山日報に切り替えたという男性がこう発言した。
 「ドクターから胃潰瘍を手術しないといけないといわれたが、県紙の購読を止めると3カ月で完治した」
 朝、新聞を開いて血圧の上昇を感じる県民は少なくない。健康のためにも、ぜひ八重山日報のご一読をお勧めしたい。
沖縄タイムスと琉球新報だけだった沖縄県で、八重山日報の購読者数が飛躍的に伸びてるが、此の動きの中で両紙が隠蔽して来た事が報じられ、沖縄の現実が県民に知れ渡る様に成って来たのは非常に良い傾向で在る。
基地移設反対派の動きがテロリストで在ると云う現実と、伝えられて無かった自衛隊員の地道な活動が紹介されたり等、沖縄県が禁忌として来た不都合な実態が白日の下に曝け出されてる状況は、非常に有益で在るのは間違いは無い。
今後共精力的に取材活動をして、沖縄の不都合な実態を暴き出して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:33 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

ウサイン・ボルトとオスプレイを強引に結び付ける琉球新報。

* <金口木舌>オスプレイはレッドカード - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
ロンドン世界陸上を最後に引退するウサイン・ボルト選手が、男子100メートルで3位に終わった。競技後「スタートが命取りだった」と敗因を語った。頭の片隅に“悪夢”が残っていたのかもしれない
▼6年前の世界陸上決勝。ボルト選手はフライング1回で審判にレッドカードを掲げられ、即失格となった。フライングの国際ルールが厳格化されて初の世界陸上だった。それまでは1回目は許され、2回目にフライングした選手が失格になっていた
▼「厳しすぎる」との声が多く上がったが結局、現行ルールに落ち着いた。意図的にフライングをして駆け引きに悪用する例が相次いでいたためだ。1発勝負にして選手の集中力を高めることで、好記録を期待できる面もある
▼一方、空では「安全・安心」が最低限のルールのはずである。欠陥が指摘されてきたオスプレイのことだ。日米政府の従来の説明とは裏腹に、米軍普天間飛行場所属機が2度も落ちた ▼1度目は原因が究明されないまま、6日後に飛行を再開した。事故調査報告書はいまだに日本側に提出されていない。そのさなかの2度目である。「二度あることは三度」が心配だ
▼陸上界では、偉大な世界記録保持者であっても、一つのミスで退場になる。日本政府が米側に求めた「飛行自粛」はポーズにすぎない。今こそ、オスプレイにレッドカードを突き付ける時である。
ウサイン・ボルトの過去の案件を持ち出してオスプレイ反対運動を展開する琉球新報だが、此の論調は全くの荒唐無稽で支離滅裂で在る。
スポーツでの失敗と政治的軍事的な問題は全くの別次元で、此れを混同させての論調は完全に世論誘導で在る。
オスプレイの事故率は極めて低く、此れを危険視する事自体が無意味なのだと自覚しない。
琉球新報はハッキリと「オスプレイが支那の沖縄侵攻を妨げる機体なので運用反対で在る。」と支那側の立場で物を云ったら如何かな?
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

小西洋之が気違い妄言。


2017年8月11日 04:56付けのツイートで、北朝鮮のグアムへのミサイル射出が北朝鮮への宣戦布告に成ると云う支離滅裂な論調には呆れ果てて開いた口が塞がらない。
全く理解に苦しむツイートです。
北朝鮮自らが攻撃する事で、何故北朝鮮に対しての宣戦布告に成るのか。
而も、北朝鮮とアメリカの案件に関して、何故我が国の憲法を持ち出して憲法違反の話に発展するのかも、意味不明で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:18 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

琉球新報は教育を思い違いするな。

* 国旗国歌や愛国心教育を前面 来年度那覇地区の道徳教科書 市民団体「政治的中立損なう」 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
2018年度から小学校で使用される道徳教科書の教科書採択で、沖縄県の那覇市、浦添市、久米島町、北大東村、南大東村の5市町村で構成する那覇地区で、愛国主義的傾向の強い教育出版(東京)の教科書を採択していたことが、8日までに関係者らへの取材で分かった。教育出版の道徳教科書は、他社と比べ突出した文量の国旗・国歌に関する記述や、安倍晋三首相ら現役政治家の写真を掲載するなど、政治的中立性などの観点で市民団体から批判が挙がっている。
 道徳教科書の採択は、18年度から道徳が教科化されることを受けて、本年度初めて実施された。那覇地区では教員やPTA関係者などでつくる採択地区協議会が同社の道徳教科書採択を決定した。
 同社の道徳教科書を巡っては、教科書問題に取り組む市民団体「子どもと教科書全国ネット21」が7月、(1)国旗・国歌の扱いが他社に比べて大きい(2)安倍首相など現役政治家の写真を掲載し、政治活動助長の恐れ(3)経済界での成功者を多く紹介し、特定の企業の宣伝にあたる恐れ(4)礼儀作法を規制・強制し戦前の教科「修身」と類似−などを挙げて問題視し、同社の道徳教科書採択に反対する談話を発表している。
 県内では中頭、宮古地区が日本文教出版、島尻、八重山、国頭地区が光文書院を採択した。竹富町はまだ採択する教科書を決定していない。
沖縄県の那覇地区で採用される小学校の教科書に、保守的な内容の教材が決定した事で、市民団体を引き合いにして批判してるが、何処の国でも愛国教育は実施されて居て、日本が此れをしないのは明らかに異常なのだと云う視点が一切無い。
礼儀作法等の修身を教えたら駄目と云うのならば、其の役割を親に戻せば良いと云う主張をせずに一方的に非難するのは極めて卑怯で在る。
そもそも親が教える事をしなく成ったから、学校教育に取り入れられただけです。
琉球新報は自分達の願望を沖縄県民に一方的に押し付けるな。
posted by 天野☆翔 at 23:51 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

朝日新聞が気違い妄言記事。

* 東京)カン・ジェギュ映画監督に聞く:朝日新聞デジタル
◆「あの人に逢えるまで」新宿で18日まで上映
 ◇「南北分断の家族 癒やしたい」
 日本でもヒットした映画「シュリ」をはじめ、朝鮮戦争による南北分断をテーマにした作品で知られる韓国の映画監督カン・ジェギュさん(54)。新宿区のシネマート新宿で18日まで上映中の短編映画「あの人に逢(あ)えるまで」(28分)が好評だ。来日したカンさんが、映画の狙いや北朝鮮について語った。
 ■「反戦に共感を」
 20年ほど前、映画の脚本を作るため北京に滞在していた時、北朝鮮の留学生と触れあう機会があった。それまで「北朝鮮は敵」と思っていたが、分断された歴史や離散家族の痛みと向き合うようになり、「兄弟」と思うようになった。
 韓国には朝鮮戦争で生き別れた家族がかつて1千万人いたと言われている。今は2万人ほど。その人たちの悲しさやつらさを癒やせるような作品を作りたい。韓国映画では北朝鮮を素材にすることはタブー視されていたが、「シュリ」のヒットで、さまざまな作品を作れるようになった。
 「シュリ」では分断された国家を描いたが、「あの人に逢えるまで」では歴史に翻弄(ほんろう)される個人の苦しみ、生き別れた家族の帰りを待ちわびる女性の姿に焦点をあてた。
 最近、北朝鮮がミサイル発射などの挑発行為を繰り返している。私は、「北朝鮮に手出しをすれば、ミサイルや核兵器で反撃するぞ、だから軽くみるな」という意思表示に過ぎず、実際に韓国や日本、アメリカなどを攻撃する意思はない、とみている。もし、朝鮮半島で戦争が起きたら、北朝鮮も韓国も勝者になれず、朝鮮民族は同時に死滅してしまう。どんなに愚かな指導者でも、そんな選択はしない。だから、韓国の大多数の国民は、北朝鮮の挑発行為を、それほどシリアスに受け止めていない。
 各国の政治指導者たちが軍事力を強化するには、「攻撃されそうだ」という前提が必要になる。危機感が誇張されていないか、政治指導者の思惑はどこにあるのか、本質を見抜かねばならない。日本では朝鮮半島で戦争が起こるかのような反応が多く、もう少し冷静になった方がいいように思う。
 日本や韓国、北朝鮮はそれぞれ、戦争によるつらい時間を経験し、多くの犠牲者を出した。映画を通じ、個人の生きざまを大きく踏みにじる戦争は決して起こさない、というメッセージに、多くの方が共感してくれればうれしい。
 (聞き手・岡本玄)
 カン・ジェギュ 1962年、韓国・馬山生まれ。脚本家として名を挙げた後、96年に「銀杏(イチョウ)の木のベッド」(脚本、監督)を発表。99年に韓国と北朝鮮の特殊部隊要員同士の悲恋を描いた「シュリ」が公開され、韓国映画ブームの先駆けとなった。2004年公開の「ブラザーフッド」では朝鮮戦争に巻き込まれた兄弟や家族を描いた。
南朝鮮の映画監督にインタビューした記事が掲載されたが、此の中で朝鮮半島有事を冷静に受け止めよと云う論調を展開したが、冷静で居られる精神こそ以上なのだ。
第一現在は南北朝鮮は休戦中で在るが戦時下で在ると云う認識が一切無く、数年前には攻撃されて死者も出てるのに、此の事実をを完全に無視して冷静で居ろなんて絶対に認めては為らないのだ。
当事者意識が全く無いのには、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 23:43 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする