冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年08月01日

又しても辺野古基地移設反対派が逮捕。

* 辺野古反対派の男逮捕 工事車両妨害疑い 沖縄県警 - 産経WEST
沖縄県警は1日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動で工事関係車両の通行を妨げたとして、道交法違反(禁止行為)の疑いで、住所・職業不詳、村上由自容疑者(46)を現行犯逮捕した。県警によると、黙秘している。
 逮捕容疑は1日午前11時25分ごろ、沖縄県国頭村半地の国道58号で資材を運んでいたダンプカーの前に立ちふさがり、通行を妨害したとしている。
辺野古基地移設に伴う工事車両の通行を妨害したと云う事実で、活動家が逮捕されましたが、又なのかと辟易します。
妨害の為なら手段を選ばず徹底抗戦の構えには呆れ果てて開いた口が塞がらない。
完全にテロリストで在るのは云う迄も無い。
posted by 天野☆翔 at 23:50 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

朝日新聞が又しても。

* 朝日新聞が訂正・おわび 終戦引き揚げ女性の「中絶手術」に関する読者投稿で - 産経WEST
朝日新聞は1日付朝刊で、6月19日付オピニオン面「語りつぐ戦争」の投稿「引き揚げの女性に中絶手術」の内容について、確認に不十分な点があったなどとして一部を削除、訂正し「おわびします」との記事を掲載した。
 投稿は終戦後の引き揚げ女性の中絶手術のことを旧友から聞いた話として書かれた。16歳以上の女性を集めて担当者が呼びかけたという内容で、「旧友に聞くと、『今おめでたの方はいませんか。ご主人であろうと、またソ連兵、朝鮮人に犯されての子でも、今から育てるのは苦労です。思い切って見殺しにすることです』と女性たちに呼びかけたという」のうち「ご主人であろうと」を削除。「見殺しにすることです」を「身を軽くすることです」に訂正した。
 掲載後に読者から指摘があり、投稿者に確認したところ記憶違いの部分もあったとして削除・訂正の申し入れがあったとし、掲載前の確認も十分ではなかったとしている。
* 訂正して、おわびします:朝日新聞デジタル
▼6月19日付オピニオン面「語りつぐ戦争」の投稿「引き揚げの女性に中絶手術」で、「旧友に聞くと、『今おめでたの方はいませんか。ご主人であろうと、またソ連兵、朝鮮人に犯されての子でも、今から育てるのは苦労です。思い切って見殺しにすることです』と女性たちに呼びかけたのだそう」の「ご主人であろうと」を削除し、「見殺しにすることです」は「身を軽くすることです」に訂正します。▼オピニオン面=「確認に一層注意します」
* 確認に一層注意します 声・「語りつぐ戦争」:朝日新聞デジタル
6月19日付「語りつぐ戦争」の投稿「引き揚げの女性に中絶手術」は一部を訂正・削除しました。▼社会面参照
 投稿者は、二日市保養所(福岡県)での、引き揚げ女性たちの中絶手術のことを旧友から聞いた話として投稿されました。
 声編集では、掲載前に公的資料や出版物、過去の新聞記事などで確認作業をし、全体として投稿内容は信用性が高く、終戦直後の悲惨な実情を語り伝える貴重な証言であると判断し、掲載しました。
 掲載後に読者から内容に疑問が寄せられ投稿者に改めて確認したところ、記憶違いの部分もあったとして削除・訂正して欲しいとの申し入れがありました。声編集の掲載前の確認も十分ではありませんでした。
 「語りつぐ戦争」は、戦争の実態を伝え貴重な体験を残したいとの思いで続けています。戦後72年経ち、戦争体験者が少なくなっています。今後は確認作業にさらに注意して参ります。
該当する記事は確認出来無かったが、未確認の伝聞を盲信し検証作業をせずに掲載した。
此の記事は修正削除されたと云うが、こう云う体質が朝日新聞の伝統なのでしょう。
文屋としての役割を自ら蜂起してるのだから、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

朝鮮学校無償化の訴訟で広島高等裁判所に控訴。

* 広島・朝鮮学校無償化訴訟で全面敗訴の原告側が控訴 「大阪の判決と同等かそれ以上を目指す」 - 産経WEST
国が朝鮮学校を高校無償化の適用対象から外したのは違法として、広島朝鮮学校の運営法人「広島朝鮮学園」と卒業生らが処分取り消しや損害賠償を国に求めた訴訟で、原告側は1日、全面敗訴の広島地裁判決を不服として控訴した。
 朝鮮学校を巡っては、7月28日の大阪地裁判決で国の処分の違法性を認める正反対の結論が出た。広島訴訟の原告側弁護団の平田かおり事務局長は「広島高裁では、大阪の判決と同等かそれ以上を目指していきたい」と話した。
 広島地裁判決では、国の処分は裁量の範囲内で適法と判断。一方、大阪地裁判決では処分は教育の機会均等の確保と無関係で、法の趣旨を逸脱して無効だとした。
広島地方裁判所の敗訴を受けて、広島朝鮮学園の関係者が判決を不服として、広島高等裁判所に控訴しましたが、控訴すべき案件では無く、無償化を望みたいのなら公立校に入学すれば済む話で在る。
更に資金難での案件ならば資金難は存在せず、金正恩からの資金協力が確認され多額の資金が流入してるのだから、運営には問題は無い筈です。
私学助成が憲法違反な上、敵国の学校を助ける理由も義務も無いのだから、我が国は何もしないのが適切なのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:29 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

官房長官記者会見の場から東京新聞を排除せよ。

* 東京新聞記者vs菅義偉官房長官 7連発の波状攻撃に菅氏の回答は… - 産経ニュース
菅義偉(すがよしひで)官房長官の1日の記者会見で、学校法人「森友学園」の国有地払い下げ問題で、近畿財務局と森友学園側の交渉が録音されたとされる音声データの存在をめぐり、東京新聞社会部の記者が同趣旨の質問を7回繰り返した。
 音声データは、フジテレビが同日報じたもので、森友学園側が国に対して払い下げ価格の値下げを求めるやり取りとされる。菅氏は会見で、フジテレビ記者に事実関係を問われ「本件は国有地売却にかかる背任事件として、大阪地検において告発を受理して捜査中なので、政府としてコメントすることは控えたい」と説明した。
 その後、東京新聞記者が「政府として説明責任を果たしていく気持ちはあるか」「これまでの答弁と整合性がつかない」などと政府見解を繰り返し問いただしたが、フジテレビ記者以上の回答を引き出すことはできなかった。
同種の質問を幾度も繰り返し自分自身が納得しない限り無駄な質問を繰り返して居る東京新聞だが、完全に時間の無駄で不測の事態に備える官房長官の長時間拘束を招く原因に成って居るのは明白で、此の記者会見の場から東京新聞は排除すべきでしょう。
何故此の様な輩に記者証を発行してるのか全く理解に苦しむ。
内閣官房の危機管理意識の向上を望みたい。
posted by 天野☆翔 at 23:23 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

内閣改造が迫るが。

* 【内閣改造】安倍晋三首相「新たな布陣のもと、政策を力強く前に進める」閣僚懇談会で明言 - 産経ニュース
安倍晋三首相は1日午前、閣僚懇談会で3日に行う内閣改造について「新たな布陣のもと、国民の皆さんとともに各般の政策をさらに力強く前に進めていく考えだ」と述べた。
 菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で、改造後の布陣について「引き続き経済再生を最優先に、国民の安全と平和な暮らしに万全を期すなど、安倍政権の掲げる政策を前に進める内閣になる」と述べた。
 菅氏は、この1年間を振り返り、有効求人倍率などの指標が高水準を維持していることに言及して「経済は着実に回復している」と強調した。
 また、北朝鮮情勢などを念頭に「わが国の安全保障環境は極めて厳しい。日米同盟を盤石にし、国民の皆さんの命と平和な暮らしを守る。ここはしっかり取り組んでいると思う」と振り返った。
今月四日に迫る内閣改造だが、マスメディアの報道で新たな閣僚に取り沙汰されて居るのは、軒並み起用しては為らない人物達で在る。
野田聖子や石破茂等は其の筆頭で、安倍政権での閣僚には相応しくは無い人達で在る。
第二次安倍内閣発足当時の面々が一番望ましいでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:18 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

支那が合意無視の開発。

* 【緊迫・東シナ海】東シナ海に中国掘削船 昨年10月以来 ガス田開発試掘の可能性 - 産経ニュース
東シナ海の日中中間線付近で中国が一方的に進めるガス田開発で、中国の移動式掘削船が新たに確認され、作業を進めているとみられることが31日、分かった。ガス田掘削施設などの海洋プラットホームの設置につなげる試掘をしている可能性があり、外務省は外交ルートを通じて中国側に抗議した。中国掘削船が確認されたのは昨年10月以来で、開発の既成事実化を図る動きが鮮明になった。
 外務省によると、7月下旬に東シナ海の日中中間線の中国側で中国の移動式掘削船1隻が停船しているのが確認された。船を海底に固定して試掘を進めているとみられ、石油や天然ガスなどの資源が確認されれば、ガス田掘削施設を設置される恐れがある。
 東シナ海では国際法上、日本と中国の天然資源の開発権は定まっておらず、日中間は平成20年、海洋境界の画定までの期間について資源開発に協力することで合意。だが、中国側は合意を無視して開発を進め、今年3月時点で中間線の中国側の海域にガス田掘削施設16基を設置している。
 今回の掘削船は、昨年に天然ガスの生産活動を示す炎が確認された海域北側の施設付近に停船。周辺海域では昨年10月、移動式掘削船3隻が作業を実施し、1隻は現在も海域内にとどまっている。
 中国側は開発について、これまで「主権と管轄権の範囲内」と正当化しており、施設が設置されれば、資源開発目的以外にもヘリパッドや小型レーダーの設置など軍事転用につながる恐れがある。
我が国と支那との中間線の支那側の海域で、海洋境界線資源開発の合意を無視して新たな掘削船が確認され、資源開発を展開中と云う結論に至った。
同海域は無数の資源開発が実施され、其の施設が数多く確認されて居ます。
支那は合意を完全に無視しての開発で、此処でも海洋覇権に基づく現状変更を強行して居ます。
posted by 天野☆翔 at 23:14 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

八月突入。

本日からいよいよ八月突入です。
月日が過ぎ去るのは本当に早いものです…
今月も一箇月元気に無事に乗り切りましょう♪
posted by 天野☆翔 at 06:02 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする