冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年08月08日

徴用工訴訟で三菱重工業に賠償責任判決。

* 【徴用工訴訟】三菱重工に1200万円賠償命令 元挺身隊員ら損賠訴訟判決 - 産経ニュース
第2次大戦末期に三菱重工業の名古屋市内の軍需工場などへ動員された元朝鮮女子勤労挺身隊の韓国人女性と遺族の計2人が、同社に損害賠償を求めた訴訟の判決が8日、韓国南西部の光(クァン)州(ジュ)地裁であり、地裁は、請求を認め、同社に計約1億2300万ウォン(約1200万円)の支払いを命じた。
 聯合ニュースによると、女性らは中学生ごろの1944年、名古屋にある三菱重工の航空機製作所で、賃金なしに「強制労役」させられたとして、女性と遺族がそれぞれ、1億5千万ウォンと3千万ウォンの損害賠償を求めて提訴していた。女性は「お金も稼げ、勉強もできるとだまされた」と主張していた。
 日本政府は、当時の個人請求権は1965年の日韓請求権協定で消滅したとの立場だ。しかし、韓国最高裁が2012年、植民地支配に絡む被害に対する個人請求権は消滅していないとの判断を示した。その後、元徴用工や元挺身隊員が日本企業に損害賠償を求めた訴訟で、各地の地裁や高裁が最高裁判断に基づき、企業側に賠償を命じる判決を相次ぎ出している。
 元徴用工らが日本企業を相手に韓国で起こした訴訟は、聯合ニュースによれば計14件に上る。別の女性ら5人が三菱重工に賠償を求めた訴訟でも、1、2審で賠償命令が出て同社が上告した。11日には別の元挺身隊員や遺族計4人が同社を相手に起こした訴訟の判決が予定されている。
戦時中無償労働させられたとして三菱重工業に対して損害賠償を求めた訴訟で、南朝鮮の光州地方裁判所は原告勝訴の判決を下したが二国間条約と請求権協定に違反する重大な判決で、我が国は徹底的な抗議と三菱重工業に対して全面的な協力をして行かなければ為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:58 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

防衛白書に南朝鮮が反発。

* 【防衛白書】韓国が防衛白書の竹島記述で抗議「歴史を直視せよ」「即刻撤回を求める」 - 産経ニュース
竹島(島根県隠岐の島町)が「わが国固有の領土」と記載された2017年版防衛白書が8日の閣議で報告されたことについて、韓国外務省は同日、「独島(トクト、竹島の韓国での呼称)に対する不当な領有権の主張を繰り返すことに強力に抗議し、即刻撤回を求める」とする報道官論評を発表した。
 論評は「歴史的、地理的、国際法的に明白な韓国固有の領土である独島に対するいかなる挑発にも断固として対処していく」と強調。韓国外務省は在韓国日本大使館の水嶋光一総括公使を呼び抗議した。また、韓国国防省も日本大使館の防衛駐在官を呼んで抗議した。
防衛白書が閣議報告されたが、此の中で竹島は我が国の領土と明記された事で南朝鮮は猛反発したが、此の反発が正しく主張の正当性が無い焦りの表れで在る事が改めて認識されました。
戦後混乱期に一方的に李承晩ラインを策定し多くの人命と引き換えに竹島を簒奪略奪したのだから、南朝鮮が自国の領土と主張する事自体が無意味なのです。
posted by 天野☆翔 at 23:52 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

天皇陛下の勅から一年。

* 譲位ご意向表明1年 陛下、ご体調配慮の日々(1/2ページ) - 産経ニュース
天皇陛下がビデオメッセージで譲位の意向を示されてから8日で1年がたった。陛下は従来通りに「全身全霊」で公務を果たされており、抜本的な負担軽減は図られていない。この間に明らかな体力の低下を感じさせる場面もあった。遠くない譲位の日を見据え、体調に細心の気配りをしながら日々を過ごされている。
 7月24日、静養先の那須御用邸に向かうため、東京駅の新幹線ホームの階段を上っていた陛下は踊り場で足を止め、呼吸を整えるしぐさを見せられた。心臓手術を受けられているだけに周囲に緊張が走った。
 今回の静養にしても、直前の豪雨被害で中止もやむを得なかったが、宮内庁側が公務を果たされるのに必要と判断して決行。今月の健康診断で異常は確認されていないものの「年齢相応の体力の衰えはおありになる」(側近)。昨年12月と今年5月には風邪で公務の一部を取りやめられた。
 陛下は2〜3月にベトナム、タイへの海外訪問を実現されるなど、この1年間の公務の質と量に変化はないように見える。
一方、寒冷地の札幌市で開催された2月の冬季アジア大会では、皇太子さまが名代を務められた。宮内庁側はこうした形での負担軽減を念頭に置くが、「陛下は譲位するまで公務を全うされるお気持ちが強い」(同庁幹部)といい、思うように進んではいない。
 このため、側近らは陛下が一日の中で公務に割かれる時間を抑えるように苦慮。皇居内では昼食後の約2時間、公務を極力入れず、休息の時間に充てられる。また、地方訪問では、午後4時台に宿泊先に入られる日程を組んでいる。
 「特例法の成立で譲位が実現することになり、今度は譲位の日を無事に迎えていただくことが責務」。同庁幹部はこう強調する。
* 【譲位ご意向1年】日程未定、気をもむ宮内庁 組織・予算決められず(1/2ページ) - 産経ニュース
天皇陛下の譲位を可能とする特例法では、譲位に関する日程を公布から3年以内に皇室会議を経て政令で定めると規定する。だが、皇室会議の日程は定まっておらず、天皇、皇后両陛下の譲位後のお住まいや職員の態勢、譲位・即位に伴う儀式など予算措置が必要な課題は宙に浮いたままだ。
 宮内庁は平成30年度政府予算の概算要求で代替わりの項目は設けず、一部関連費用は額を明示しない「事項要求」とする方向で調整しているが、早期の譲位期日の決定を望む声が多い。
 陛下の譲位により、両陛下のお住まいは現在の皇居・御所から東宮御所(東京都港区)へ、新天皇となる皇太子ご一家は東宮御所から御所へ、それぞれ移られる見通し。お住まいが入れ替わる形となるが、いずれの建物も改修が必要で、即位後数年は皇太子さまが東宮御所と皇居の間を行き来し、宮中祭祀などに臨まれる。両陛下は赤坂御用地の赤坂東邸など別の場所に仮住まいされることになる。
 京都・奈良両府県では両陛下の長期ご滞在を模索する構想も浮上。ただ、宮内庁では否定的な見解が多い。陛下は譲位後、象徴天皇としての公務は皇太子さまに引き継がれる一方、海外王室との交流など上皇としての新たな公務が予想されるためだ。
 宮内庁は両陛下をお世話する新組織「上皇職」について、現在の侍従職と同程度の80人態勢を想定するが、今後、絞り込む可能性もある。
 お住まいの改修や組織改編に加え、約200年ぶりとなる譲位関連儀式も行う方向で検討が進められる。これらはいずれも予算措置が伴うが、譲位時期によっては予算要求の年度は異なる。宮内庁幹部は「最も早いケースを想定して準備は進めるものの、譲位時期が確定した方が作業環境は整えやすい」としている。
象徴天皇としての努めを果たす事が困難に成ってる状況を憂いる内容のお言葉を述べられてから一年が経過しましたが、此の中の流れで事前にNHKと日本経済新聞が譲位と云う内容で報道して仕舞った事が、特例法の成立と成りました。
報道が天皇陛下のお気持ちと乖離した内容で先行報道されて仕舞った為に、天皇陛下は勅を出さざるを得なかったのは非常に残念な思いで在る。
特例法が成立したが此の施行に至る為の様々な手続きの実施も極めて不透明。
此の案件もフェイクニュースの一つで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | The imperial family | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

河野太郎外務大臣が慰安婦問題解決の為の合意の履行を求める。

* 東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合に出席した河野太郎外相=7日、マニラ(ロイター)
フィリピンを訪問中の河野太郎外相は7日、領土問題や歴史認識問題を抱える中国、韓国、ロシアの外相と会談した。父の河野洋平元衆院議長、祖父の河野一郎元農相は外交の重要局面で役割を果たしただけに外交に対する思い入れは強く、韓国の康京和(カンギョンファ)外相との会談では慰安婦に関する日韓合意の履行を求めた。しかし、外交をめぐる河野家の足跡は「負の遺産」の側面もある。日中外相会談では父が原因となり、いきなり苦境に直面した。
 「あなたのお父さんは正直な政治家だった。慰安婦問題で発表した談話も日本の誠意を代表していた」
 7日の日中外相会談で、中国の王毅外相は報道陣の前で河野外相の父、洋平氏の「功績」を並び立てた。
 洋平氏は自民党きっての親中派で、中国側は南シナ海問題で河野外相に穏健な発言を期待していたとみられる。河野外相は一連の東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議で、中国の一方的な現状変更に批判を繰り返した。河野外相の父が洋平氏でなければ、王氏もここまで激しく反発しなかったかもしれない。
「プラスもマイナスもある。マイナスだけ取り上げてどうこうというあれでもない」
 河野外相は7日夜、洋平氏の影響についてこう述べ、「親はありがたいと思って感謝しなきゃならん」とも語った。河野外相はこれまで、洋平氏を「アセット(資産)として使わせていただきたい」と語っており、7日の日露外相会談でもその通りに振る舞った。
 河野外相がラブロフ露外相に「私のおじいさんは日ソ平和条約締結に向け尽力した。日本で最初にクレムリンに入った政治家だ。父も日露、日ソで関わってきた」と呼びかけると、ラブロフ氏は「日本のすばらしい政治家一家だと存じ上げている」と持ち上げた。
 ところが、対中外交はロシアのようにはいかなかった。洋平氏は「資産」どころか「負の遺産」でもあった。
 問題は中国だけではない。洋平氏は官房長官時代に慰安婦募集の強制性を認めた河野談話をまとめた張本人でもあり、その息子である河野外相には韓国メディアの期待も大きい。
 だが、7日夜の日韓外相会談では、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の撤去を含む日韓合意の履行を要求。康氏に「合意が韓国国内でしっかり認知されるように努力していただきたい」と迫った。
日本の外相が合意履行を求めるのは当然であり、河野外相は「河野洋平と河野太郎は人間性も考え方も全く違う」とも述べてきた。とはいえ、「洋平氏の息子」に対する幻想が怒りに転じ、韓国世論の反発を招く可能性もある。
東南アジア諸国連合に出席した河野太郎外務大臣は南朝鮮の康京和と会談し此の中で慰安婦問題解決の為の合意の履行を強く求めたが、康京和は此れに反発したがそもそも条約同然の案件を国内に説明し理解を深めて行くのは内政問題。
河野洋平は慰安婦問題を拡大化させた張本人だが、息子の河野太郎は此の案件の払拭に努めた。
親父と自分は別だとの主張で在るが、何処迄本気なのか見定めて行く必要が在る。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

テレビ朝日の謝罪二連発。

* ダルビッシュ投手に謝罪、テレビ朝日 番組で放送の「読唇術」で推測した発言めぐり - 産経ニュース
テレビ朝日は7日、5日の番組で「読唇術」で推測した米大リーグ・ドジャースのダルビッシュ有投手の発言として放送した内容が「正確ではなかった」として、同投手側に謝罪したことを明らかにした。
 番組は「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」で、2004年夏の甲子園に出場した東北高時代のダルビッシュ投手を取り上げ、甲子園出場最後となった試合の延長十回裏ツーアウトの打席の場面で「最後かな。ドキドキするわ」「クソー 終わらせねえぞ コレ」と言ったと推測した。
 番組放送後、ダルビッシュ投手は自身のツイッターで「絶対言ってないです(笑)」と否定。「偽造記事となんら変わらない」などと批判していた。
* テレビ朝日が萩生田光一自民党幹事長代行から抗議を受けて謝罪 - ライブドアニュース
7日放送の「グッド! モーニング」(テレビ朝日系)が、以前に放送した田原総一朗氏の発言に関して謝罪した。
4日の放送では、安倍晋三内閣改造と自由民主党役員人事を取り上げ、田原氏にコメントを聞いていた。田原氏は「安倍さんにしては頑張ったつもりだと思う」「お友達内閣から脱却したのではないか」と、まず一定の評価を下していた。
一方で、萩生田光一衆議院議員を自民党幹事長代行に据えたのは「すべてぶち壊し」だと厳しいコメント。萩生田氏は「加計問題のいわば一番の責任者」だと語った。その後、ナレーションでも「萩生田氏は否定していますが、安倍総理の意向を文部科学省に伝えたとされる文書の存在が明らかになっています」という説明があった。
7日放送で吉野真治アナウンサーが、田原氏の「加計学園問題の一番の責任者」という発言に、萩生田氏から抗議を受けたことを明らかにした。
吉野アナは、田原氏の見解ではあるが一方的で正確性を欠く表現と語り、松尾由美子アナウンサーが、萩生田氏が加計学園問題に関与したとされる文書を否定する発言内容をフリップで紹介する。
その後、吉野アナが「改めて萩生田さんと視聴者のみなさまにお詫びします」と謝罪し、松尾アナと共に頭を下げていた。
ドジャースのダルビッシュ投手の甲子園出場時代の案件と、田原総一朗の妄言を其の儘流しナレーションでも同様の流れでの案件で、テレビ朝日は謝罪に追い込まれたが、当たり前の事です。
前者は読心術での判明と云うが裏打ちされる証明は無く、後者は一方的な妄言の垂れ流し。
こんな事ばかりしてるから、全く信用されないのだと何故自覚しないのか、大いに疑問を抱く。
完全に放送法違反で在るのは明白で、コンプライアンスやコーポレート・ガバナンスが問われる案件で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:29 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする