冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年08月11日

八重山日報が沖縄の実態を暴き出す。

* 【沖縄が危ない!】基地反対派の迷惑行為と自衛隊の地道な活動 「沖縄タイムス」「琉球新報」見て見ぬふり(1/2ページ) - 産経ニュース
石垣島の零細新聞社である八重山日報が今年4月、沖縄本島に進出して4カ月。県紙「琉球新報」「沖縄タイムス」が圧倒的なシェアを誇るなか、独自の取材活動を展開し、部数はほぼゼロの状態から一気に2000部を超えるに至った。長年、大手メディアが県民の目から隠蔽してきた「不都合な真実」のベールが、ようやく剥がされようとしている。
 「警察の行為で大渋滞が発生しています」
 4月、米軍普天間飛行場の移設先である名護市辺野古のキャンプ・シュワブ前。機動隊員たちが、工事車両の進入を阻止しようと座り込む反対派を次々と強制排除すると、反対派の1人が声を張り上げた。
 反対派の座り込みで工事車両が停車を余儀なくされているため、国道では大渋滞が発生した。通勤、通学の住民も立ち往生している可能性があるが、反対派はあたかも渋滞の責任が警察にあるようなプロパガンダを発信している。
 八重山日報は反対派の座り込みで起きている大渋滞や、憤る地元住民の声を報道したが、県紙に掲載されたのは「国が工事を強行しても絶対諦めない」という反対派のコメントだけだった。
 県紙が「見て見ぬふり」なのは反対派の迷惑行為に限らない。
 「何度も取材をお願いしているのに、県紙はほとんど報道してくれない」。こう嘆くのは自衛隊員だ。
先の大戦で激しい戦火にさらされた沖縄本島には、膨大な不発弾が埋まっている。自衛隊員は連日、手作業で信管を抜き取り、不発弾を安全化する命懸けの作業に従事している。
 離島で発生した急病人やけが人を、医療施設の整った本島に空輸するのも自衛隊の重要な任務だ。これまで、1万人近い人命が救われた。
 しかし、県紙は県民の命を守る自衛隊の活動を、紙面からほぼシャットアウトしている。ジャーナリストの井上和彦氏によると、反戦意識の強い沖縄メディアの間では、自衛隊に有利な報道をしないという「報道協定」が70年代から存在するという。
 八重山日報は、不発弾処理や緊急患者空輸の件数を毎日紹介している。ささやかながら、日夜奮闘する自衛隊の応援団でありたいからだ。
 7月、沖縄で開かれた「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民の会」の集会で、購読紙を県紙から八重山日報に切り替えたという男性がこう発言した。
 「ドクターから胃潰瘍を手術しないといけないといわれたが、県紙の購読を止めると3カ月で完治した」
 朝、新聞を開いて血圧の上昇を感じる県民は少なくない。健康のためにも、ぜひ八重山日報のご一読をお勧めしたい。
沖縄タイムスと琉球新報だけだった沖縄県で、八重山日報の購読者数が飛躍的に伸びてるが、此の動きの中で両紙が隠蔽して来た事が報じられ、沖縄の現実が県民に知れ渡る様に成って来たのは非常に良い傾向で在る。
基地移設反対派の動きがテロリストで在ると云う現実と、伝えられて無かった自衛隊員の地道な活動が紹介されたり等、沖縄県が禁忌として来た不都合な実態が白日の下に曝け出されてる状況は、非常に有益で在るのは間違いは無い。
今後共精力的に取材活動をして、沖縄の不都合な実態を暴き出して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:33 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

ウサイン・ボルトとオスプレイを強引に結び付ける琉球新報。

* <金口木舌>オスプレイはレッドカード - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
ロンドン世界陸上を最後に引退するウサイン・ボルト選手が、男子100メートルで3位に終わった。競技後「スタートが命取りだった」と敗因を語った。頭の片隅に“悪夢”が残っていたのかもしれない
▼6年前の世界陸上決勝。ボルト選手はフライング1回で審判にレッドカードを掲げられ、即失格となった。フライングの国際ルールが厳格化されて初の世界陸上だった。それまでは1回目は許され、2回目にフライングした選手が失格になっていた
▼「厳しすぎる」との声が多く上がったが結局、現行ルールに落ち着いた。意図的にフライングをして駆け引きに悪用する例が相次いでいたためだ。1発勝負にして選手の集中力を高めることで、好記録を期待できる面もある
▼一方、空では「安全・安心」が最低限のルールのはずである。欠陥が指摘されてきたオスプレイのことだ。日米政府の従来の説明とは裏腹に、米軍普天間飛行場所属機が2度も落ちた ▼1度目は原因が究明されないまま、6日後に飛行を再開した。事故調査報告書はいまだに日本側に提出されていない。そのさなかの2度目である。「二度あることは三度」が心配だ
▼陸上界では、偉大な世界記録保持者であっても、一つのミスで退場になる。日本政府が米側に求めた「飛行自粛」はポーズにすぎない。今こそ、オスプレイにレッドカードを突き付ける時である。
ウサイン・ボルトの過去の案件を持ち出してオスプレイ反対運動を展開する琉球新報だが、此の論調は全くの荒唐無稽で支離滅裂で在る。
スポーツでの失敗と政治的軍事的な問題は全くの別次元で、此れを混同させての論調は完全に世論誘導で在る。
オスプレイの事故率は極めて低く、此れを危険視する事自体が無意味なのだと自覚しない。
琉球新報はハッキリと「オスプレイが支那の沖縄侵攻を妨げる機体なので運用反対で在る。」と支那側の立場で物を云ったら如何かな?
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

小西洋之が気違い妄言。


2017年8月11日 04:56付けのツイートで、北朝鮮のグアムへのミサイル射出が北朝鮮への宣戦布告に成ると云う支離滅裂な論調には呆れ果てて開いた口が塞がらない。
全く理解に苦しむツイートです。
北朝鮮自らが攻撃する事で、何故北朝鮮に対しての宣戦布告に成るのか。
而も、北朝鮮とアメリカの案件に関して、何故我が国の憲法を持ち出して憲法違反の話に発展するのかも、意味不明で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:18 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする