冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年09月13日

朝鮮学校無償化判決は原告敗訴。

* 朝鮮学校無償化訴訟、卒業生らの賠償請求認めず 東京地裁(1/2ページ) - 産経ニュース
朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外したのは違法だとして、東京朝鮮中高級学校高級部の卒業生62人が国に1人当たり10万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。田中一彦裁判長は「文部科学相の判断に裁量権の逸脱・乱用があったとは認められない」として、原告側の請求を棄却した。卒業生側は控訴する方針。
 全国の5地裁・支部で起こされた同種訴訟で3例目の判決。先行する2訴訟では、結論が分かれていた。
 田中裁判長は、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が朝鮮学校と密接な関係にあり、教育内容に影響を及ぼしているとする公安調査庁の資料などを、文科相が無償化の適用対象に指定するかどうかの判断にあたって考慮したことは「不合理ではない」と指摘した。
 その上で、「就学支援金が授業料に充てられるという十分な確証がない」として不指定とした文科相の判断に違法性はないとし、「政治的外交的な理由で適用を除外された」とする原告側の主張も退けた。
 広島地裁は7月、「支援金が授業料に充てられない懸念がある」とする国の主張を認め、原告の請求を全面的に退けたが、大阪地裁は同月、国の処分が「裁量権の逸脱・乱用にあたる」として取り消しを命じた。
広島地裁は「支援金が授業料に充てられない懸念がある」とする国の主張を認め、原告敗訴としたが、大阪地裁は国の処分が「裁量権の逸脱・乱用にあたる」として取り消しを命じた。
 文科省高校修学支援室は「国の主張が認められたものと受け止めている」とコメント。東京朝鮮中高級学校を運営する東京朝鮮学園は「不当な判決で到底受け入れることはできない」とする声明を出した。
* 【朝鮮学校無償化訴訟】「朝鮮人をなめるな!」東京地裁前に怒号渦巻く - 産経ニュース
「ふざけるな!」「朝鮮人をなめるな!」
 原告敗訴となった朝鮮学校無償化訴訟。代理人弁護士が「不当判決」と書いた幕を東京地裁前で掲げると、集まった卒業生や保護者らから怒号が上がり、中には声を上げて泣き出す女性もいた。
 《どれだけ叫べばいいのだろう−》《怒りが今また声になる−》しばらくすると合唱が繰り返され、抗議の声はしばらく止まなかった。
 地裁によると一般傍聴席82席に対して希望者は1499人と、倍率は18倍を超えた。開廷前から地裁前は横断幕やのぼりを持った関係者らで埋め尽くされた。
 原告は判決後会見を開き、大学4年の男子学生(21)は「民族教育が否定され日本で朝鮮人として堂々と生きる権利も奪われた。これから朝鮮人として育つ子供の未来や笑顔を全て奪った判決に憤りを隠せない」と述べた。
 女子学生(22)は「当然勝てると思って楽しみにしていた。悔しい思いでいっぱい。絶対にここで終わらない」と語り、目に涙を浮かべた。
東京地方裁判所で開かれた朝鮮学校無償化問題の判決は原告敗訴の結果が出たが、我が国の公的機関でも無い外国の私学に対して、補助金を出す理由も道理も無く至極真っ当な判断の判決です。
一条校でも無い上に敵性国家の学校なのだから当たり前なのだ。
此の判決を受けて東京地方裁判所前では「朝鮮人を舐めるな」等と怒号が飛び交ったが、此れこそ無償化の対象に為らない一番の原因でも在る。
無償化の対象が希望ならば、我が国の公立校に入学すれば良いのだし、朝鮮学校の教育内容を改める様に訴えるべきで在り全てが間違ってるのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:29 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

挺身隊問題対策協議会こそが慰安婦問題を抉らせてる。

* 【「慰安婦」日韓合意】慰安婦集会1300回に 合意破棄求め署名渡す - 産経ニュース
慰安婦問題を巡り、毎週水曜にソウルの日本大使館前で日本政府に謝罪や賠償を求めてきた集会が13日、1300回を迎えた。元慰安婦2人と支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」のメンバーが、2015年12月の日韓合意の破棄などを求める署名を大使館側に渡した。大統領府に向け行進し、韓国政府の対応も求めた。
 集会で挺対協の尹美香常任代表は「日本政府が変わらなくても、韓国社会は(以前のように)被害者に後ろ指をさすこともなくなり、国際社会も被害者の声に耳を傾けるようになった。われわれの活動の勝利だ」と述べた。
 挺対協は1億人の署名を集める活動を続けており、これまでに世界各国で計約206万人分の署名を集めたとしている。元慰安婦の金福童さん(91)らが大使館の入るビルを訪れ、署名用紙が入った箱を係員に渡した。
自主的に慰安所の構成員として募集に応じた人々を、さも我が国が強制したかの如くで慰安婦問題で批判する一大勢力の挺身隊問題対策協議会が、千三百回目の集会を開催した。
国際社会が被害者の声に耳を傾ける様に成った等と抜かしてるが、被害者でも無い慰安婦を被害者の如く利用して来たお前等が云う事かと。
慰安婦の人権を蹂躙してるのはお前等挺身隊問題対策協議会で在るのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

制裁決議案採択で北朝鮮が逆上。

* 【北朝鮮制裁決議】安保理決議を「全面排撃」 北朝鮮外務省「米と均衡成す力の強化に拍車」 - 産経ニュース
北朝鮮外務省は13日、国連安全保障理事会が11日に採択した新たな対北制裁決議を「峻烈に断罪、糾弾して全面的に排撃する」と非難する「報道」を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。
 北朝鮮の国営メディアが安保理決議への反応を伝えるのは初めて。「米国と均衡を成し、自主権と生存権を守るための力の強化に拍車を掛ける」と核・ミサイル開発を加速させる姿勢も強調した。
 北朝鮮の“生命線”といえる石油の供給制限に踏み込んだ今回の決議に対し、外務省は「わが国の正々堂々たる自衛権を剥奪し、全面的な経済封鎖で完全に窒息させることを狙った極悪非道な挑発行為の産物だ」と反発し、採択を主導した米国を非難した。
 また、「決議採択は、われわれが選んだ道が正当だと確認させた」と強調し、「決着を見るときまでこの道を変わらず、さらに速く進むべきだとの意志を一層固く胸に刻ませる契機となった」と主張した。
 外務省は決議採択前にも、採択されれば「強力な行動措置を連続的に講じる」と表明していた。日米韓は大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射など、さらなる軍事的挑発を警戒している。
連合国の安全保障理事会での制裁決議案の採択で、北朝鮮が完全に逆上してるが、相当に決議案が効いてる様子。
原油の輸入禁止こそ盛り込まれ無かったものの、地場産業の繊維関係の輸出禁止と国外の人材派遣の禁止は、外貨獲得の道を閉ざす対策。
不十分で合った内容でも此れだけ逆上してるのだから、制裁決議案の中身は北朝鮮に取って相当に都合の悪い内容で合ったと云う良い証左に成った。
posted by 天野☆翔 at 23:14 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

NHK受信料徴収で電気やガスの居住者情報照会は個人情報保護法違反。

* NHK受信料徴収で、電力・ガスに居住者情報照会は「合理性認められる」 諮問機関答申 - 産経ニュース
有識者でつくるNHK会長の諮問機関「NHK受信料制度等検討委員会」(座長=安藤英義・専修大大学院教授)は12日、電力会社やガス会社などの公益事業者に、受信契約が確認できない居住者の情報を照会できる制度の導入に「合理性が認められる」とする考えをまとめ、上田良一会長に答申した。照会情報を基に契約を求める文書を郵送し、受信料徴収の強化につなげる狙いがある。
 答申では、海外の公共放送が受信契約の締結や受信料の徴収に電気料金支払者情報などを活用している事例に言及。NHKでも公益事業者が持つ個人情報を活用することで「視聴者が訪問を受けることなく契約手続きを簡便に行える利点がある」と指摘した。現在約8割の受信料支払率向上につながり、「公平負担の徹底」の観点から「公益性・合理性が認められる」とした。
 ただし個人情報保護のため、照会は氏名と住所に限るとした。制度化には放送法の改正が必要となる。
 検討委は7月、テレビ放送とインターネットの「常時同時配信」に伴う受信料新設に「合理性がある」とする考えも答申。NHKは今回の答申も踏まえ、今秋にも考え方をまとめ、来年度以降の次期経営計画に反映させる見通し。
* NHKによる情報照会はプライバシー権侵害の恐れも(1/2ページ) - 産経ニュース
NHK会長の諮問機関「NHK受信料制度等検討委員会」が12日にまとめた答申では、受信契約が確認できない居住者の氏名や住所を、同局が電力会社などの公益事業者に照会できる制度の枠組みが示された。プライバシー保護の観点から慎重姿勢を求める声も出ている。
 個人情報保護法は公益事業者などが持つ個人情報を、本人の同意なく第三者に提供することを禁じている。だが同法には「法令に基づく場合」など例外的に情報提供できる規定があり、検討委座長の安藤英義・専修大大学院教授(会計学)は「放送法を改正し、(照会)制度を加えることで、例外規定の適用を受けようということ」と説明し、照会は可能とする。
 これに対し、元NHK経営委員長代行の上村達男・早稲田大教授(会社法)は「憲法で保障されたプライバシー権の侵害にもつながりかねず、照会制度を放送法に記しても運用が可能かは疑問。国民的な議論を呼ぶだろう」と指摘した。
視聴者の反対も目立つ。答申に先立つ意見募集では、委託業者が契約内容を勝手に書き換える不正を行うなど不祥事が相次いでいることに触れ、「国民の個人情報を利用する権利などない」「個人情報不正利用の危険が極めて高い」などの声も寄せられた。
 上村教授は「NHKは受信料を強引に徴収しようという態度が前面に出ている。放送内容を真摯に見直し、組織の引き締めを徹底するなど、国民が納得してそのサービスを支えたいと思う『公共財』となるのが先決だ」と話している。
「NHK受信料制度等検討委員会」が纏めた見解で、受信契約が確認出来無い対象に対して電気やガスの居住者情報照会を求めるのは合理性が在るとの答申だが、個人情報保護法に完全に違反して居ます。
此れを実施するに当たり、放送法の改正で済むと云う話だが、個人情報保護法の改正もしなければ整合性が無い。
先づは反日的な放送内容を撲滅し、NHKエンタープライズの切り離し、其の上で公共放送に相応しい姿勢を見せるのが先決だ。
posted by 天野☆翔 at 06:22 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

AERAで辻元清美が完全自爆。

* 辻元清美「昔は『自分だけが正義』だった…」 どん底からの転機とは (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
「どうしてそこまで怒るの?」「そこまで言わなくてもいいのに」――。このところ、イライラする人や罵詈雑言を目にする機会が多いとは思いませんか? あそこでもここにもいる「感情決壊」する人々。なぜ私たちはかくも怒りに振りまわれるようになったのか。それにはちゃんと理由がありました。アエラ9月11日号では「炎上人(えんじょうびと)の感情決壊」を大特集。怒りの謎に迫ります。
 政治家や野球選手、芸人──。かつては感情にまかせて怒ったこともあったけど、過去を静かに反省し、「怒り」から学んだことを達人たちに聞いた。今回は、政治家の辻元清美です。
*  *  *
 意外かもしれませんが、元来あまり怒らない性質なんです。ただ、子どもの頃から譲れないことがあって、そこに触れると、爆発的に怒っていました。
 5歳の時、銭湯で在日韓国人の子に差別的なことを言ったおばちゃんに、頭から水をかけにいったそうです。「差別はいかん。人間みんな平等やんか!」
 在日韓国人や被差別部落の人たちへの差別を見てきたこと。父方の祖父が戦死し、経済的に苦しい環境で育ったこと。美容師だった母が、「女も自立せないかん、世の中を変えなきゃいかん」と言っていたこと。そんな経験が、今も大切にしている、男女平等、憲法9条を守る、格差をなくしたいという思いに結びついています。私を昔から知る友人たちは、「清美は子どもの頃から変わらないね」と言います。
 以前は、感情にまかせて怒っていたかもしれません。集団的自衛権問題で小泉元総理に「総理! 総理!」と呼びかけた時も、鈴木宗男さんとの対決も、怒りを120%の力で相手にぶつけ、攻撃していました。
●共感を広げないと
 権力に立ち向かう姿に喝采を送ってくれる国民もいて、爽快感もありましたが、政治家としては、未熟でしたね。「私の考えが正義」が先に立ち、独りよがりだったかもしれません。
 転機は、2002年の議員辞職でした。どん底まで落ちて、もう二度と社会に出られないと思っていました。けれど、もう一度応援してくれる人たちの声に触れ、つらい思いをしている人や声をあげられない人の声を伝えていこうと決意を新たにしたんです。
私が政治家として多くを学んだ、土井たか子さんの怒りには、品位と重みがありました。売上税を巡る土井さんと中曽根元総理の本会議場でのやり取りはいまもよく覚えています。
「導入しないと言っていたのに、導入を決めた。政治家の公約とはいったい何か」
 土井さんの怒りの土台には、国民の共感がありました。国民が抱いている怒りを、政治家として発言している。それが、政治家として正しい怒りだと思います。
 私は靖国神社に参拝しませんが、参拝する人もいて、みな国民です。すべての人を守り、自分と異なる意見も聞き、どうすればいいかを考えるのが政治家の務め。「こんな人たち」と国民を分断したり、口汚く野次を飛ばしたりすることではありません。
 そして、怒るだけではダメ。そう思わない人に気づいてもらい、共感を広げないと、社会は変わらない。理詰めで伝え、相手にも逃げ道を作っておく。論戦は攻撃ではなく、問題を明らかにするために行うものです。
 PKO日報問題でも、「なぜ隠すのか」と責めるだけではなく、「日報は過去の教訓を引き出し、自衛隊員の命を守るものだから破棄してはいけない、もう一度捜すべき」と訴えました。稲田前大臣の後ろの防衛省の官僚たちがうなずくのが見えました。
 昨年12月の日ロ交渉の際、「歴代の総理や外交官、先達の努力を台無しにしているのではないか」と指摘しました。後日、「よく言った」と電話をくれたのは、ある自民党の幹部でした。
「最近、丸くなったんじゃないか」。そんな声をいただくこともあります。でも、いまは7、8割の力で怒るようにしています。政治家として闘い方を学んだんです。
「すべての人を守り、自分と異なる意見も聞き、どうすればいいかを考えるのが政治家の務め。「こんな人たち」と国民を分断したり、口汚く野次を飛ばしたりすることではありません。」と曰ったが、其の箇所は自分自身が未だに出来て無い処だろう。
批判の為の批判、反対の為の反対で、一向に国益を重視しない其の姿勢は、一体誰から学んだのかと。
感情的な態度ばかりで冷静な姿勢は一度も見せた事は無い。
そんな人物が「丸く成った」とは笑わせます。
posted by 天野☆翔 at 06:15 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする