冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年01月31日

一票の格差訴訟三つの高等裁判所で合憲判決。

* 一票の格差訴訟、大阪など3高裁・支部で「合憲」判断 昨年の衆院選めぐり(1/2ページ) - 産経WEST
「一票の格差」が最大1・98倍だった昨年10月の衆院選は投票価値の平等に反し憲法違反だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の判決が31日、大阪高裁と高松高裁、名古屋高裁金沢支部であり、いずれも「合憲」と判断して請求を棄却した。
 一連の訴訟では2つの弁護士グループが全国14の高裁・高裁支部に提訴。1月19日の福岡高裁那覇支部判決をはじめ、判決のあった6件すべてで「合憲」の判断となった。
 一票の格差をめぐっては、最高裁は最大格差が2・43〜2・13倍だった平成21年、24年、26年の衆院選を3回連続で「違憲状態」としていた。
 これを受け、国会は昨年7月施行の改正公選法で、三重や奈良など6県で選挙区の定数をそれぞれ1減する「0増6減」を行い、97選挙区で区割りを見直した。その結果、昨年の衆院選の最大格差は1・98倍と、小選挙区比例代表並立制が導入された8年以降で初めて2倍を下回った。
各地の訴訟で原告らは、「一票の価値が不平等な状態は解消されていない。格差が2倍未満だから合憲というわけではない」などと主張。この日判決のあったうち大阪訴訟では、大阪高裁の中本敏嗣裁判長が判決理由で、区割りの見直しで格差が2倍未満となったことなどを評価。「投票価値の平等に反する状態の是正をしながら、地理的状況などの調和を図ったもので、憲法に違反しない」とした。
 弁護士グループの升永英俊弁護士は大阪市内で記者会見し、大阪高裁判決について「2倍未満となったから合憲という判断で、合憲判断の中でも非常に不条理だ」と批判した。
大阪と高松の高等裁判所と名古屋高等裁判所の金沢支部は、昨年の衆議院選挙の結果を受けて合憲の判決を下した。
二倍未満に為ってたのだから当然の事です。
此の判決に異論を唱えた原告は「一票の価値が不平等な状態は解消されていない。格差が2倍未満だから合憲というわけではない」「二倍未満となったから合憲という判断で、合憲判断の中でも非常に不条理だ」と批判。
では何が満たされれば納得するのかと云うのか。
こんな論調ならば完全な一対一の制度で選挙しても憲法違反として訴訟を起こすでしょう。
結論としては、憲法を道具にして政局混乱を画策してるだけのクレーマーでしか無い。
政治家はこんな輩の言い成りに為る事は無い。
posted by 天野☆翔 at 23:30 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

論理破綻してる朝日新聞の社説。

* (社説)「森友」論戦 かわす政権、募る不信:朝日新聞デジタル
国会を軽んじる安倍内閣の姿勢がまた、あらわになった。
 森友学園への国有地売却問題をめぐる、衆院予算委員会での政府答弁である。
 象徴的なのは、財務省が「廃棄した」と繰り返した交渉関連記録が実在していたことだ。同省が否定してきた事前の価格交渉も、当事者間のやりとりが音声データに記録されていた。
 過去の一連の答弁は虚偽といわれても仕方あるまい。予算委で野党が、答弁を担当した佐川宣寿(のぶひさ)国税庁長官(前理財局長)の更迭を求めたのは当然だ。
 驚いたのは、麻生財務相が佐川氏を「適材適所」とかばったことだ。長官就任後に全く記者会見をしていないことも「所管の行政以外に関心が高まっていたことから、実施をしないと決めた、と聞いた」と容認した。
 森友問題を問われたくない。それが会見拒否の理由だと認めたに等しい。納税者に向き合う姿勢が決定的に欠けている。
 国会を欺くような答弁を重ねても、当の佐川氏も、上司の麻生氏も、そして首相も、誰ひとり非を認めず、謝罪せず、責任をとらない。安倍内閣の国会軽視、言論軽視は理解できない。
 予算委では、会計検査院の調査に対し、財務省が近畿財務局の検討内容を記した文書を提出したのが検査報告の前日だったことも、新たに分かった。
 麻生氏は「検査の過程で気づく状態に至らなかった」と述べたが、結果として法律に基づく検査に文書の内容が反映されなかったことになる。検査院と国会は、事実関係を検証し、責任の所在を明らかにすべきだ。
 首相の妻昭恵氏と問題との関係も、改めて取り上げられた。
 学園の籠池泰典前理事長が国との協議で「棟上げに首相夫人が来る」と述べ、学園側が値下げを求めていたことが、音声データでこのほど判明した。
 昭恵氏が棟上げに出る予定だったのは事実か。野党議員が首相にただしたのは、欠くべからざる質問だろう。だが、首相は「突然、聞かれても答えようがない」とかわした。
 首相はこれまで「(昭恵氏については)私がすべて知る立場だ」と、昭恵氏に対する国会招致要求を拒んできた。あの発言は何だったのか。
 時間が経てば、いつか国民は問題を忘れるだろう。官僚が用意した答弁を読み上げる首相や麻生氏の姿からは、そんな思いを感じざるを得ない。
 しかし、首相自身が真相究明の先頭に立ち、国民が納得できる説明責任を果たさない限り、問題は決して終わらない。
衆議院予算委員会での質疑で森友学園を扱ったが、此の答弁の安倍晋三内閣総理大臣の発言を論い無理難題を吹っ掛けた。
昭恵夫人の動向と不正の関与を結び付ける証拠も示さずに批判。
予定を知ってたとしても、予定に無い動向は知る由も無い。
此処に不正の有無を関連付けする事が極めて恣意的。
籠池が口から出任せの発言をしただけの事を、不正を働く根拠にする事の如何に無意味な事か。
更に此の質疑応答を取り上げる無意味さ。
朝日新聞は完全に狂気で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:23 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

浜矩子が労働者に喧嘩を売る。

* 浜矩子「安倍政権によるお国のための1億総動員の食指が本格的に伸びてきた」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。
*  *  *
1月22日、今年もまた、通常国会の開幕に対応して総理大臣の施政方針演説が行われた。安倍晋三氏にとって第2次政権発足後、これが6回目の施政方針演説だ。昨年のものと比べて、五つの点が目を引く。
 第1に、構成が変わった。第2に「国創り」が降格した。第3に、財政健全化が復活した。第4に、地方創生が昇格した。第5に、芯が出てきた。
 まず構成からいこう。昨年のものは、外交・安全保障が筆頭に出てきた。従来は最後に配置していたものを冒頭に出していた。だが今回は、外交・安全保障がいつもの最後尾に戻った。「国創り」は昨年の演説の中心テーマだ。「世界の真ん中で輝く国創り」が主旋律で、演説の全ての大項目に「○○の国創り」のネーミングが付いていた。今回も「国創り」が4回ほど出てはくる。だが昨年に比べれば、出方はかなり控え目だ。ちなみに、昨年の演説における外交・安全保障の冒頭デビュー、そして「国創り」の連発ぶりについて、筆者は年間を通じて徹底的にケチをつけ続けた。もしかして、それに怯んだか?
 財政健全化への言及は、昨年の演説からかき消えていた。この点についても、筆者はとことん悪口を浴びせ続けてきた。やっぱり、それが堪えたか?
 地方創生は、前回は小項目の位置づけだった。だが今回は大項目だ。農林水産から大学から観光から安全・安心から。テーマてんこ盛り状態だ。お国のための地方総動員。その色彩が一段と深まった。要注意である。
 最後の「芯が出た」というのは、「1億総活躍推進」すなわち安倍政権によるお国のための1億総動員の食指が、「人」に向かっていよいよ本格的に伸びてきた、という意味である。妖怪の本性見たり、人食いお化け。こんな感じだ。
 今回の演説の軸がここにある。「働き方改革」が土台。その上に「人づくり革命」と「生産性革命」の二つのブロックを積み上げる。この不気味な構造物をもって、人々を1億総動員体制に向かって押しまくり、追い立てていく。地方創生もこの構造物の補強材として位置づけられているのだろう。また悪口を言い続けなければならない一年が始まる。また楽しからずや。
AERAのエッセイで以下の様に主張。
第1に、構成が変わった。(中略)第5に、芯が出てきた。
(中略)。
最後の「芯が出た」というのは、「1億総活躍推進」すなわち安倍政権によるお国のための1億総動員の食指が、「人」に向かっていよいよ本格的に伸びてきた、という意味である。
働き方改革で審議を進めてる最中に、収入の面で大きく左右される局面で此の発言で在る。
国の為では無く国民一人一人に掛かる重要な案件で在るのにも関らず、此れを批判する。
お前の経済感覚は既に完全に破綻してるのだから黙って頂こうか。
posted by 天野☆翔 at 23:14 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

鳥取県民は怒れ。

* 韓・露への貨客船 支援要請|NHK 鳥取県のニュース
赤字のため県などから財政支援を受けている境港と韓国などを結ぶ貨客船の国際航路について地元の経済団体が県に対し支援の継続を要請しました。
境港と韓国のトンヘ、それにロシアのウラジオストクを結ぶ貨客船は、韓国の船会社が平成21年から運航していますが、毎年、赤字が続いていることから県は米子市や松江市などと共同で船会社側に年間5000万円規模で財政支援を続けています。
きょうは県の来年度予算案の編成作業が大詰めを迎える中、貨客船を活用する県西部の企業などで作る団体が県庁を訪れ、平井知事に来年度も支援を継続するよう要請しました。
県によりますと貨客船の利用者は去年、3万3000人余りと過去最高となったものの、貨物の取扱量は4年前のピーク時に比べ7割程度にとどまっているということです。
平井知事は「韓国・ロシアを結ぶ航路は重要で、将来にわたって安定的な経営となるよう全力を尽くしていきたい」と述べ来年度も支援を継続する考えを伝えていました。
「環日本海経済活動促進協議会」の足立統一郎会長は「県に頼るだけでなく協議会としても貨物量を増やせるよう努力していきたい」と話していました。
赤字続きの南朝鮮とロシアを結ぶ航路の貨客船に対して財政支援を継続して来た鳥取県。
此の貨客船を保有する南朝鮮企業が来年度も財政支援の要請をした。
一般的に赤字続きなので有れば事業の見直しをするが、見直し処か補填の連続の実態で在る。
県税をこんな使い方されてるので有れば、無駄な支出をしてる鳥取県に対して怒りの声を上げるべきで在る。
又支援継続を表明した平井伸治鳥取県知事をリコールすべきでしょう。
posted by 天野☆翔 at 06:27 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

何処迄も嘘を塗り固める南朝鮮。

* 「平和の少女像の呼称を変えよう」釜山の市民団体が提案 : 政治•社会 : hankyoreh japan
釜山我が民族助け合い運動、平和の少女像の呼称問題を提起
日本軍の蛮行が明らかになり謝罪求める意味を込めて
日本軍性的奴隷制被害少女像、日本軍拉致被害少女像を提案

2011年12月14日、ソウル市鍾路区(チョンノグ)の駐韓日本大使館前にチョゴリを着た高さ120センチの少女像が姿を現わした。韓国の市民団体が1992年から日本軍の性的奴隷制運営公式認定と謝罪、歴史教科書への収録などを要求し駐韓日本大使館前で毎週水曜デモを開いたが、千回目を記念して市民が寄せた寄付金3700万ウォンで少女像を作った。
 日帝強制占領期間、日本軍の性的奴隷として連れて行かれた被害者の10代当時の姿を象徴する少女像は、最初「平和の少女像」と呼ばれた。被害者の名誉と人権の回復、戦争に反対し平和を祈念する意味を込めたという。その後、釜山市東区草梁洞(チョリャンドン)の駐韓日本領事館前など、現在までに全国74カ所に少女像が設置されたが、少女像の呼称は「平和の少女像」で固まった。
 平和統一運動を進める「釜山我が民族助け合い運動」は30日「平和の少女像の呼称を日本軍拉致被害少女像、あるいは日本軍性的奴隷制被害少女像に変えよう」と提案した。少女像が、日帝強制占領期間に日本によって行われた日本軍性的奴隷制の蛮行を告発し、被害当事者の痛みを記憶しようという趣旨で建設されたのに、平和の少女像という呼称は趣旨にそぐわないということだ。この団体は「歴史的造形物には歴史的意味が含まれた名称を付けなければならない。日本軍に拉致され、性的奴隷として蹂躪され、殺されたり負傷するなどした中でかろうじて生き残った被害者の造形物を作ったのに、どうして平和の少女と呼ぶことができるか。侵略者である日本の軍隊が正義と平和の戦争でも遂行したのか」と主張した。
 釜山我が民族助け合い運動のリ・インス事務総長は「日本政府が日本軍性的奴隷自体を否定し続け、真正性ある謝罪もしていないのに、平和の少女像という呼称には告発精神がなく、怒りも、日本政府に謝罪を要求する意味も見えない」と話した。
「釜山我が民族助け合い運動」為る団体の主張が「平和の少女像の呼称を日本軍拉致被害少女像、あるいは日本軍性的奴隷制被害少女像に変えよう」と主張したが、自称元慰安婦の経歴や証言が出鱈目な上に、決定的な証拠は何も出て居ない。
慰安婦は慰安婦で在って売春婦以上の何物でも無く、旧日本軍に拉致されただの性奴隷にされたのだの、何時迄嘘を吐き続けるのか。
勝手に被害者に成り下がったのにお前等の魂胆は見え透いてて薄汚い。
posted by 天野☆翔 at 06:18 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

Firefox58.0.1がリリースされました。

MozillaはFirefoxの最新版、Firefox58.0.1をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Firefox のダウンロード − 自由な Web ブラウザ − Mozilla
* リリースノート | 次世代ブラウザ Firefox

posted by 天野☆翔 at 00:48 | Comment(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

蔵王山で火山性微動多発。

* 蔵王山、噴火警戒レベル2へ引き上げ 最大の火山性微動で気象庁 - 産経ニュース
蔵王山(宮城、山形県境)で火山性微動が多発しており、気象庁は30日、噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から、2(火口周辺規制)に引き上げた。平成22年の観測開始以降、最大の火山性微動が観測され、同庁は小規模な噴火の可能性があるとして、想定火口域の「馬の背カルデラ」からおおむね1・2キロの範囲で飛散する噴石への警戒を呼びかけた。
 気象庁によると、30日午後2時18分から31分にかけて、地下の熱水や火山ガスの動きを示すとされる火山性微動が観測された。直近では28日と30日未明にも観測されたが、今回の振幅が過去最大だった。28日からは山頂の南側が隆起する地殻変動も傾斜計で分析され、火山性地震も30日未明から4回起きたという。
 空振計には変化がないため、噴火が起きた可能性は低いという。蔵王山では昭和15年の小規模噴火以降、噴火していないが、平成25年から、たびたび火山性微動を観測。警戒レベル運用開始前の27年4月には噴火警報が発表され、同年6月に解除されてからは目立った活動がなかった。
 同庁の小久保一哉火山活動評価解析官は「想定火口の地下浅い部分で火山性微動が起きた。現時点では何が起きているか不明だが、過去の活動と比べて振動の現れ方には大きな違いはない」と説明した。
此の観測で警戒基準が一段階引き上げられ火口周辺規制が掛けられた。
今後も火山性微動は継続されて行く事とは思うが、噴火に至る様な活発化が内事を祈りたい。
地域周辺の住民には充分に注意警戒を。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

一票の格差訴訟は合憲判決。

* 【一票の格差訴訟】仙台高裁秋田支部も「合憲」 17年衆院選 - 産経ニュース
「一票の格差」が最大1・98倍だった昨年10月の衆院選は憲法が求める投票価値の平等に反するとして、秋田県の住民が県内3選挙区の選挙無効を求めた訴訟の判決で、仙台高裁秋田支部(山本剛史裁判長)は30日、「合憲」と判断し請求を棄却した。
 弁護士グループが全国14の高裁・高裁支部に一斉提訴した訴訟で2件目の判決。福岡高裁那覇支部は19日、1994年の小選挙区比例代表並立制の導入以降、初めて2倍未満となったことなど国会の格差是正への取り組みを評価し「合憲」と判断した。年内に最高裁が統一判断を示す見通し。
 訴訟で原告側は、最高裁が格差を生む要因として廃止を求めた「1人別枠方式」が事実上残っていると指摘し、「憲法の人口比例選挙の要求に反する」と主張。被告の秋田県選挙管理委員会側は「最高裁判決に沿って是正に取り組み2倍未満に縮小された。区割りは合理性がある」と反論した。
* 【一票の格差訴訟】昨年衆院選の「一票の格差」は合憲 東京高裁 - 産経ニュース
昨年10月の衆院選で最大1.98倍の「一票の格差」が生じたのは憲法違反として、2つの弁護士グループが全国14の高裁・高裁支部に選挙無効を求めた訴訟の判決が30日、東京高裁であった。阿部潤裁判長は「選挙当時、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえない」として、「合憲」と判断、請求を退けた。
 阿部裁判長は、定数の「0増6減」などを行ったことで、現行の小選挙区比例代表並立制で初めて最大格差が2倍を下回ったことを評価。平成32年以降、都道府県の人口比を正確に反映しやすい議席配分方法「アダムズ方式」を導入した改定が予定されていることなどから「再び2倍を大きく超える格差が恒常化することがないよう配慮されている」とした。
 衆院選をめぐって最高裁は、最大格差2.30倍だった21年選挙を「違憲状態」と判断。各都道府県にまず1議席ずつ割り振る「1人別枠方式」を「格差の主因」と指摘し、24年選挙(最大2.43倍)、26年選挙(同2.13倍)も「違憲状態」と判断した。
 昨年7月施行の改正公選法で、小選挙区定数は青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県で各1減する「0増6減」を行い、97選挙区の区割りが見直された結果、最大格差は1.98倍に縮小した。
仙台高等裁判所秋田支部と東京高等裁判所の判決は合憲で在った。
公職選挙法の改正で二倍未満に抑えられて居た事が評価された。
訴訟乱発する気違い弁護士は此の判決を尊重せよ。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

核兵器廃絶国際キャンペーン事務局長の嘘が確定。

* 安倍晋三首相とICAN事務局長の面会 政府答弁書「内閣府通じた要請の事実確認できず」 - 産経ニュース
政府は30日、ノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)側からベアトリス・フィン事務局長と安倍晋三首相との面会要請が内閣府を通じてあったかについて「事実は確認できなかった」とする答弁書を閣議決定した。立憲民主党の逢坂誠二衆院議員の質問主意書に答えた。
 ICANの主要運営団体「ピースボート」によると、ICANは昨年12月下旬から内閣府を通じて2回、1月12〜18日の日程で来日したフィン氏と安倍首相との面会を求めていたという。面会は実現せず、フィン氏は「大変残念だ」などと述べた。
 菅義偉官房長官は今月15日の記者会見で面会しなかった理由を「日程の都合上、難しい。それ以上でもそれ以下でもない」と説明した。
 答弁書は、面会が実現しなかった理由を「菅官房長官が述べているとおりだ」とし、再度要請があった場合に関しては「首相の日程などを踏まえて対応する」と明記した。
 また、答弁書は、ICANが推進する核兵器禁止条約について「安全保障に万全を期するためには、核を含む米国の抑止力に依存することが必要だ。現実的かつ実践的な核軍縮のための措置を着実に積み上げていくことが重要だ。こうしたわが国の立場は、同条約の考え方とは異なるものであることから、同条約に署名する考えはない」と記した。
安倍晋三内閣総理大臣との面会が叶わなかったとして政府批判した事務局長だが、不在の隙を狙って来日し記者会見で再三の面会要請を断ったと主張したが、此の主張に対して内閣は「事実皆無」として閣議決定した。
嘘が確定した事でどう反応するのか。
posted by 天野☆翔 at 23:27 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

毎日新聞こそ目的を見誤るな。

* 社説:首相が平昌五輪で訪韓へ 主目的を取り違えぬよう - 毎日新聞
安倍晋三首相が平昌冬季五輪の開会式に出席するため2月9日に韓国を訪問し、同じ日に文在寅(ムンジェイン)大統領と会談する日程が固まったという。
 首相の出席を巡っては、文政権が慰安婦問題に関する日韓合意の根幹を否定する対処方針を発表したため、この反発から欠席すべきだとの意見が強まっていた。
 私たちは、むしろ出席した方がいいと主張してきた。「平和の祭典」に政治的な対立を持ち込むべきではないと考える。
 2年後の2020年には同じアジアの日本で東京五輪・パラリンピックが開かれる。出席を決めた首相の判断は理にかなっている。
 ただし、気になるのは、首相の訪韓について慰安婦問題での抗議に力点を置くような議論があることだ。
 首相は出席の意向をまず産経新聞のインタビューで明らかにした。その際、「現地で文大統領とぜひ会談したい。慰安婦問題をめぐる日韓合意について韓国が一方的にさらなる措置を求めることは受け入れることはできない。この考え方を直接伝えるべきだと考えている」と述べた。
 具体的な会談日程が決まらないうちにメディアを通じて首脳会談の意向を明らかにし、そこで慰安婦問題で直言することを強調している。
 慰安婦問題を主な議題とする首脳会談を行うことで、文政権に反発する国内右派に配慮するという意味があるのでは、とも受け取れる。
 しかし、訪韓の意義は、なにより開会式に同席し、五輪のホスト国に敬意を表すことにあるはずだ。
 慰安婦問題はあるとしても、政治問題と切り離すことで、日本の前向きな外交姿勢をアピールできる。韓国に対する立場を強めることにもつながる。
 もちろん首脳同士で意見が異なる問題を議論することは重要だ。しかし慰安婦問題が突出すれば、双方の対立が先鋭化し、関係悪化を内外に露呈させてしまうおそれもある。そうなれば、せっかくの開会式出席も効果が減じてしまうだろう。
 平昌五輪・パラリンピック後の今春以降、北朝鮮情勢が再び緊迫することも予想される。
 政府は春に東京での日中韓首脳会談開催を調整している。対立ではなく協調に向けた訪韓にすべきだ。
安倍晋三内閣総理大臣は文在寅と会談する為訪問を表明したが、五輪開会式に出るとは一言も云って居ません。
にも関らず、勝手に参加すると云う論調で社説ででっち上げる此の意識には呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 23:22 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

南朝鮮の厚かましさ。

* ソウル市長、小池都知事に訪韓呼び掛け=平昌五輪に合わせ:時事ドットコム
韓国の朴元淳ソウル市長は30日、ソウルの外信記者クラブで会見し、2月9日に開かれる平昌冬季五輪をめぐり、「安倍(晋三)首相も訪韓すると言っている。(小池百合子東京都)知事も平昌、ソウルを訪問してほしい」と述べ、小池知事の訪韓を呼び掛けた。
 朴市長は会見で、舛添要一前知事の時代に「多くの進展があり、縁が深い関係だった」と指摘し、「小池知事に一度会いたいと伝えたが、まだ会えていない」と明かした。その上で、「政治的立場はあっても友情や親密さを高めていければ良い」と述べ、小池知事の訪韓で「東京五輪をソウルが積極的に支援する契機をつくったら良いと思う」と語った。
ソウル市長の発言だが、五輪開会式に安倍晋三内閣総理大臣が参加するのだから小池百合子にも参加をと呼び掛けたが、そもそも参加を一切表明して居らず単純に訪問するとだけと云っただけです。
勘違いも甚だしい。
posted by 天野☆翔 at 23:18 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

文在寅自体が五輪憲章違反。

* 韓国政府高官「北朝鮮が平昌で体制宣伝しても放っておこう」-Chosun online 朝鮮日報
文正仁(ムン・ジョンイン)大統領特別補佐(統一・外交・安全保障担当、66)=写真=が29日(現地時間)、「北朝鮮が平昌冬季五輪に参加して体制宣伝しようという意図を持っていても、そのまま放っておこう」と発言した。
 文正仁特別補佐は同日、フランスのパリ政治学院(シアンスポ)国際大学院で行った特別講義で、「大統領特別補佐というよりも個人的な意見を説明する場」と前提した上で、「北朝鮮は自分たちの方法で五輪を楽しみ、我々(韓国)も我々で五輪を行ってプラス効果をもたらせばいい」と語った。
 文正仁特別補佐は「今回の五輪を通じ、北朝鮮が変わる可能性があるというのが文在寅(ムン・ジェイン)大統領の考えだ。北朝鮮は、正常な国家として認められたいという気持ちがあるなら正常な行動を示さなければならないということを五輪期間中に気付くのではないだろうか」とも言った。
 また、「文在寅大統領は統一そのものよりも平和の方を重要な目標だと考えている。保守陣営は吸収統一を主張しているが、平和のない統一は虚像だ」と述べた。
 その上で、「韓半島(朝鮮半島)で軍事的な動きはあってはならないし、北朝鮮のレジーム(体制)を外部から変えようとしてもならないというのが文在寅大統領の確固たる考えだ」と付け加えた。
 そして最後に、「(文在寅大統領は)韓半島の非核化を重視しているが、その過程は絶対に平和的でなければならず、武力が介入して非核化が行われることは望んでいない」と語った。
「北朝鮮が平昌冬季五輪に参加して体制宣伝しようという意図を持って居ても、其の儘放って置こう」等と主張したが、完全に政治の世界を持ち込む事を認め五輪憲章に違反する方針で在る。
開催国の長が此の意識ならば五輪自体の開催を停止させるべきでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:14 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

南朝鮮で日本映画が魔改造。

* 韓国で日本映画のリメークブーム | Joongang Ilbo | 中央日報
韓国映画界に日本映画のリメークブームが起きている。
2月14日に公開される『ゴールデンスランバー』(ノ・ドンソク監督)をはじめ、『リトル・フォレスト』(イム・スンレ監督)、『いま、会いにゆきます』(イ・ジャンフン監督)、『人狼』(仮題、キム・ジウン監督)など、日本映画を原作とする作品が次々と封切られる。
日本映画リメーク作の共通点は豪華なキャスティングだ。同名の日本の小説と映画を原作としている『ゴールデンスランバー』にはカン・ドンウォン、キム・ウィソン、ハン・ヒョジュ、キム・ソンギュンらが出演する。特にカン・ドンウォン出演の新作として期待されている作品だ。こちらも同名の映画を再解釈した『リトル・フォレスト』は同年代の女優の中でも独歩的な位置づけのキム・テリと、ジャンルやキャラクターを問わず多くのラブコールを受けている俳優リュ・ジュンヨルの組み合わせが注目されている。韓国でも原作映画が大きな人気を博した『いま、会いにゆきます』では俳優ソ・ジソブと女優ソン・イェジンがロマンス演技で息を合わせる。『密偵』のキム・ジウン監督の新作であり、日本アニメ『人狼 JIN−ROH』が原作の『人狼』ではカン・ドンウォン、ハン・ヒョジュ、チョン・ウソン、キム・ムヨル、ハン・イェリらが活躍する。カン・ドンウォンは2本続けて日本映画のリメーク作に挑戦する。
『容疑者X 天才数学者のアリバイ』『フライ・ダディ』など日本映画を原作とする韓国映画は以前から作られてきた。だが、興行の面では大きく振るわなかった。その中で2016年10月に公開された『LUCK−KEY ラッキー』が697万人観客を動員して大ヒットを飛ばし、この雰囲気を逆転させた。
リメークのカギは日本カラーを極限まで薄めて韓国的情緒を加えること。素材と設定は借用するものの、全く違う映画を作り出す場合もある。『LUCK−KEY ラッキー』の場合、原作『鍵泥棒のメソッド』とはかなり異なる。浴場での出来事がきっかけで殺し屋と俳優の鍵が入れ替わるという序盤の設定以降は『LUCK−KEY ラッキー』オリジナルの展開となる。オープニング・シークエンスから歌手ハム・ジュンアの『その男』を挿入したことで、韓国観客はすんなりと物語の中に入っていくことができた。
今後公開される日本映画原作の韓国映画も、音楽などの装置を利用するか韓国式の大胆な再解釈を試みている。『ゴールデンスランバー』には故シン・ヘチョルの『君に』と『元気を出して』が挿入曲として使われている。ノ・ドンソク監督は「その曲に含まれた思い出と情緒が良さそうだったので」とし、シン・ヘチョルの歌を選択することになった背景を説明した。『リトル・フォレスト』も原作との差別化に自信を表わしている。制作側は「日本の同名映画は夏と秋編と冬と春編の2本に分けて公開したが、韓国では1本で四季をすべて描き、時間の流れをより際立たせてスピード感とリズムを加えた。原作が食べるものに焦点を合わせていたとすると、この映画は人物のストーリーに集中して韓国映画として脚色することにフォーカスを当てた」と明らかにした。
日本らしさを徹底的に排除する動きで、日本映画のリメイクが流行してると云う。
反日だから日本らしさを排除するのだろうが、ならば、そもそも日本映画を題材にしてのリメイクをするなと云う話しで在る。
何故にこうも南朝鮮は嫌いな癖して我が国に対してさまざまな手出しをして来るのか。
全く理解不能で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:09 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

南朝鮮の最大のジョーク。

* 北朝鮮、金剛山での合同文化公演の中止を通告 -Chosun online 朝鮮日報
北朝鮮が、来月4日に予定されていた金剛山での合同文化公演を「中止する」と一方的に通告してきたことが29日分かった。
 韓国統一部(省に相当)によると、北朝鮮は29日午後10時10分ごろ通知文を送ってきたという。通知文には、韓国メディアが平昌五輪に関する北朝鮮の措置を冒とくする世論を拡散させている上、北朝鮮内部の祝賀行事の是非まで論じているため、行事を中止せざるを得ないと書いてあったという。
 統一部は「北朝鮮の一方的な通報によって、南北が合意した行事が開催できなくなることは極めて遺憾だと考える」と表明した。さらに「ようやく南北関係改善の第一歩を踏み出した状況で、南北は共に、互いを尊重・理解する精神に基づいて合意事項を必ず履行しなければならない」と強調した。
 北朝鮮側が真夜中に一方的に「中止」と通告してきたのは今回が初めてではない。北朝鮮は今月20日に予定されていた「芸術団」の視察団派遣についても、前日の真夜中に突然「取りやめる」と通告してきた。北朝鮮はこのとき、突然の派遣中止の理由を一切説明しなかった。
 2月4日に予定されていた金剛山での南北合同文化公演は、平昌冬季五輪の事実上の前夜祭と見なされていた。当初、公演は金剛山の文化会館で、韓国側のK−POPを含む現代の音楽と伝統音楽、北朝鮮の伝統音楽、南北の競演を行う方向で調整されていたという。
 また、南北は金剛山での合同文化公演の日程について事実上合意していたが、発表が遅れた。日程発表が遅れた理由は、行事が国際的な対北朝鮮制裁に違反するとの議論が巻き起こったためだと伝えられている。
南北朝鮮合同開催の金剛山での文化交流の催事を中止すると北朝鮮が通告した事に対して、南朝鮮は「南北は共に、互いを尊重・理解する精神に基づいて合意事項を必ず履行しなければならない」と主張したが、大笑いで在る。
慰安婦問題解決の為の二国間合意の履行せずに、合意の中身を論い駄々捏ね状態の自分達が云える事なのかと厳しく問い質したい。
自分達が合意を順守せずに北朝鮮に対して合意の履行を求めるとは本末転倒で在る。
posted by 天野☆翔 at 05:26 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

質問時間内終了に野党が野次。

* 【衆院予算委】自民の質問短縮にやじ 時間削減で野党が反発 - 産経ニュース
衆院予算委員会で29日午前、質問に立った自民党の堀内詔子氏が、与えられた時間の前に質問を終えようとした。自民党は今国会で野党の質問時間を削り与党分を増やしただけに、野党側の抗議のやじで場内が騒然となった。堀内氏はやじに気付いて慌てて発言を続け、持ち時間を使い切った。
 与野党の対立点だった質問時間の割合は、基本的質疑と締めくくり質疑を合わせて「与党3対野党7」とすることで折り合った。堀内氏は、45分間の質疑時間が残り1分程度余っている段階で「仕事に精進することを誓い、堀内からの質問とさせていただきます」と発言。野党席から「時間が余っている」とやじが飛んだ。
 堀内氏は「申し訳ありません。続けさせていただきます」と述べ、女性活躍推進の決意表明をして時間を使い切った。
 野党側の質問時間削減をめぐり、立憲民主党の長妻昭氏が午後の予算委で「そんなに野党の質問が嫌なのか」とただすと、安倍晋三首相は「国会で決めることだ」と述べるにとどめた。
* 民進・増子輝彦氏「言語道断」 自民の質問切り上げ批判 - 産経ニュース
民進党の増子輝彦幹事長は29日の記者会見で、衆院予算委員会で自民党の堀内詔子氏が、与えられた時間の前に質問を終えようとしたことに関し「言語道断だ」と批判した。自民党が野党の質問時間を削減した経緯を踏まえ「それなら一日も早く、前のような時間配分に戻してほしい」と強調した。
衆議院予算委員会での堀内詔子氏が質問時間内に終了した事に対して野党が批判してるが、質問時間を大幅に超えて質問を繰り返し議長から注意を受けて居た野党が批判出来る立場では無い。
高々一分程度の余りは質疑応答が円滑に進んだ良い証左で在る。
だらだらと批判と反対ばかり並べ立てる野党とは大きな違いなのだ。
野党こそ猛省せよ。
posted by 天野☆翔 at 05:15 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

活動家に忖度した翁長雄志。

* 翁長雄志知事、基地反対派に配慮か 基地抗議活動弁護の弁護士の車制止は違法の判決で沖縄県、控訴せず(1/2ページ) - 産経ニュース
沖縄県東村高江の米軍北部訓練場周辺での平成28年のヘリコプター離着陸帯の建設抗議活動に関し、反対派の弁護を担当する弁護士が現場近くで警察官に約2時間、車両の通行を制止されたことは違法だとして沖縄県に30万円の損害賠償の支払いを命じた那覇地裁判決で、翁長雄志知事は29日、控訴しない方針と発表した。県警は控訴したいとの考えを伝えていたが、行政府のトップである翁長知事が「1審判決は重く受け止めるべきだ」と判断した。
 県内では米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古周辺でも基地反対派の抗議活動は先鋭化しているが、翁長知事の決断は、周辺住民も苦慮する反対派による過激な活動にお墨付きを与えかねない。県警の警備体制にも影響が出そうだ。
 2月4日に名護市長選の投開票を控え、移設賛成派の市民からは「反米軍の立場を貫く翁長知事が基地反対派に配慮を示したものだ」という批判の声が上がっている。
 訴えていたのは、沖縄弁護士会の三宅俊司弁護士。一審判決は「原告が犯罪行為に及ぶ具体的蓋然性が認められなかったにもかかわらず、警察官が通行を制限しビデオ撮影した行為は警察法などで正当化できず違法だ」と指摘していた。
控訴しない理由について翁長知事は「北部訓練場のヘリコプター着陸帯移設については工事に際し事前に十分な説明がないまま資機材の運搬が強行されるなど地域住民の日常生活に影響を及ぼしていた」と強調。「沖縄の米軍基地の形成過程など歴史的経緯や米軍基地の過重負担に対する県民の根強い不満があることなど、県民の思いも重く踏まえる必要がある」と述べた。
 一判決によると、抗議活動の現場に打ち合わせのために向かっていた三宅弁護士は28年11月3日午前11時40分ごろ、東村高江の県道で警視庁の警官に停車を求められた。根拠を繰り返し尋ねたが回答はなく、承諾なくビデオ撮影されるなどした。三宅氏は、弁護士であることは告げなかった。
沖縄県東村高江の北部訓練場建設妨害活動の弁護士が起こした訴訟に対して、翁長雄志は控訴しない事を決めたが、活動家達への忖度で在る事は間違いは無いでしょう。
控訴する事で活動家達の違法性が問われる事に為るので、此れを封じた訳で在る。
沖縄県警察は翁長雄志に対して抗議の声を上げるべきです。
治安維持が出来無い状況を構築する翁長雄志の決定は、徹底的に批判糾弾され無ければ為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:51 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

民進党が衆議院議員選挙の総括。

* 希望との合流“誤った判断” 民進が総括 活動方針など素案 | NHKニュース
民進党は今後の活動方針などの素案をまとめ、去年の衆議院選挙で希望の党との事実上の合流を決めたことは党の分裂や混乱を招き誤りだったと総括したうえで、立憲民主党や希望の党との合流を積極的に模索していくことなどを盛り込んでいます。
民進党が来月4日に開く党大会を前にまとめた今後の活動方針などの素案では、去年の衆議院選挙で希望の党との事実上の合流を決めたことについて、「党の分裂や混乱を招き、結果的に誤った判断だったと結論づけざるをえない」と総括し、「国民の皆様に深く謝罪する」としています。
そのうえで、立憲民主党と希望の党を「友党」と位置づけ、大同団結も視野に両党との連携や合流を積極的に模索していくことなどを盛り込んでいます。
そして、来年の参議院選挙や統一地方選挙に向けて、党の最大の支持団体である連合との協議を踏まえながら、候補者の調整などを3党で行っていくとしています。
民進党は来月の党大会でこうした活動方針などを採択することにしています。
希望の党との合流は失敗だったと総括したが、合流を画策した時点で失敗だったのだと自覚しないのか。
保身を図る為に他人の褌で相撲を取ただけなのだ。
其の証拠に立憲民主党や希望の党との合流を模索だのと矛盾した主張を展開してるでは無いか。
こんな支離滅裂な主張を繰り返す民進党を支持してる勢力は、一体何を考えてるのかと厳しく問い質したい。
其の最大の元凶は日本労働組合総連合会で在るのは云う迄も無い。
posted by 天野☆翔 at 23:43 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

現代自動車の支那への投資失敗。

* 悲惨な韓国自動車ブランド、中国での販売が激減 年間報告で「惨状」が明らかに=中国メディア-サーチナ
2017年、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に起因する中韓関係の悪化により、中国への依存が高まっていた韓国経済は大きな打撃を受けた。今年に入り、17年の各分野における年間統計が続々と発表されており、そのインパクトの全貌が明らかになりつつある。中国メディア・今日頭条は26日、韓国最大手の自動車メーカー・現代自動車の昨年の中国販売台数が前年比で28%減少したと報じた。
 記事は、「昨年、韓国企業は中国で非常に厳しい状況に立たされた。自動車業界は特に顕著で、韓国最大の自動車企業である現代自動車の中国での状況は、悲惨と形容するほかない」としたうえで、同社が発表した昨年の財務報告を紹介。営業利益は前年比12%減の4兆5700億ウォンで、2010年以降で最低の水準になったと伝えた。
 また、昨年の世界での販売台数(グループ傘下の起亜自動車を含まず)は453万2000台で同8%減となり、中国での販売台数は82万台で同28%の大幅減になったと紹介。「15年の状況を振り返ってみると、この年、現代自動車は全世界での販売台数の23%にあたる180万台の自動車を中国市場で売った。それが17年には82万台にまで縮小した。この落差は実に恐るべきものだ」と評している。
 記事は、同社が中国での販売台数を大きく減らした背景にはTHAAD配備問題のほか、外国為替市場におけるウォンの上昇もあるとの分析を伝える一方、「米国での販売台数も前年比11%減となっていることから、現代自動車というブランドの求心力が世界的に低下していることもある」と指摘した。
今日頭条が報じたが、販売台数の激減に加え営業利益も悪化の一途を辿ってると云う状況だが、当たり前の事で、属国の車に誰が好き好んで乗りたがるのかと云う事です。
経済制裁もしてる最中で、現代自動車の投資なぞ無謀にも程が在るのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:37 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

南朝鮮への安倍晋三内閣総理大臣訪問は説得の成果と聯合ニュース。

* 安倍首相の平昌訪問 韓国大統領府の説得で実現=未来志向を強調
日本の安倍晋三首相が平昌冬季五輪期間中、朝鮮半島を取り巻く4大国(米国・中国・日本・ロシア)の首脳として唯一訪韓を表明したのは、青瓦台(大統領府)を中心とする韓国政府の粘り強い説得があったためだ。
旧日本軍慰安婦問題を巡る韓日合意の扱いを巡り、両国が立場の違いを見せる中、安倍首相の来韓の可能性は低いとの認識が今月初めまで広がっていたが、北朝鮮問題での連携や過去の歴史を越えた未来指向の協力関係を強調したことが実を結んだ。
 また韓米日の安全保障担当者である鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、谷内正太郎国家安全保障局長が13〜14日に米サンフランシスコで非公開の会合を行ったことが転換点となった。
 青瓦台関係者は29日、聯合ニュースの取材に対し、鄭氏が3者会合で谷内氏に対し、「今回、(安倍首相に)ぜひ来てもらいたい」と説得したと説明した。
 鄭氏は安倍首相が平昌に来なかった場合、両国関係は大きく悪化し、北朝鮮の核・ミサイル問題に対応する韓米日の連携が弱まり、日本の役割も弱まると強調したという。
 安倍首相が24日、日本メディアとのインタビューで平昌冬季五輪に出席する意思を表明した際、北朝鮮の核・ミサイルに対応するために韓米日が連携し、北朝鮮に対する圧力を最大限まで高める必要があることを伝えるとしたのも、このような背景があったためとみられる。
 青瓦台だけでなく、韓国政府も安倍首相を平昌に招くために積極的な支援を行ったもようだ。政府関係者は、自民党の竹下亘総務会長と接触し、安倍首相が平昌五輪の開会式か、閉会式に必ず出席する必要があると説得したという。
 同関係者は平昌五輪を機に両国の首脳が会談し、慰安婦問題を越えた未来指向の協力関係について議論しなければ、両国関係の改善は容易ではないと強調したという。
 また安倍首相が方針を変えたのは、韓国政府だけでなく日本側もこの機会に慰安婦問題を越えた未来指向の協力関係を作ることが重要との認識があったためとの見方も出ている。
安倍晋三内閣総理大臣が南朝鮮に訪問するのは平昌五輪の開会式と決定しては居らず、目的は飽く迄文在寅との会談で在る。
平昌五輪の成功を実現したいが為に、こんな虚構の報道をする事は言語道断。
何が粘り強い説得かと呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

勘違いも甚だしい南朝鮮人。

* 文大統領誕生祝い、米タイムズ・スクエア広告募金に一部横領疑惑-Chosun online 朝鮮日報
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持者が24日、募金により米ニューヨークのタイムズ・スクエアにある電光掲示板に文大統領の誕生日を祝う広告=写真=を出したことをめぐり、「横領」騒動が巻き起こっている。インターネット上で「広告費用よりも募金額の方が多そうだが、一部が横領されたのではないか」という疑惑が取りざたされているのだ。しかし、文大統領支持者らは「虚偽の事実なので法的に対応する」と反発している。
 文大統領の誕生日を祝う広告は、短文投稿サイト「ツイッター」で「オソリ・ヘップバーン」(オソリは韓国語でアナグマの意)というIDを使うネットユーザーA氏など、韓国系米国在住者たちが企画したという。今月23日から24日にかけて、2分30秒間の誕生日祝い広告が5回流された。A氏は、今月中旬からツイッターなどに「ムンプ(ムン・ジェイン・プレジデント)の誕生日を祝う広告プロジェクト」と投稿、口座番号を公表して募金活動を行った。
 A氏は「980万ウォン(約10万円)集まった口座はしばらく閉鎖して、新しい口座を開く。寄付金1000万ウォン(約100万円)以上は事前に申告するべきだが、急きょ行われた企画なのでできなかった」と語った。現行の寄付金品法では1000万ウォン以上を募金するには、事前に地方自治団体の首長などに申告しなければならない。A氏はその後、別の口座で数回募金活動を行った。募金額は数千万ウォン(数百万円)に達するという話もある。
ところが、インターネット・コミュニティーサイト「日刊ベスト」のユーザーが「タイムズ・スクエアの広告費用は1回60万ウォン(約6万円)しかしない。そのように多額の募金額はどこに行ったのか」と疑問を呈したことから問題になった。このユーザーは25日、同じ電光掲示板に盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領を中傷する広告を掲載した人物だという。
 横領疑惑が取りざたされると、A氏を含む文大統領支持者たちは「電光掲示板の広告はA氏ら韓国系海外在住者たちが私費で支出した。募金は別の行事のためにしたものだ。サプライズ・イベント用なので詳しくは言えないが、まだ(集まった金は)使っていない」と主張した。しかし、一部のネットユーザーは「行事内容を明らかにせずに募金を先にするのは正しいことだろうか」と反論した。また、「1000万ウォン以下ずつになるよう分散募金しても、イベントの性格が似ていれば現行法に違反するのではないか」という指摘もある。
 騒動を受けて、大統領府はA氏に対し経緯を聞いていたことも分かった。大統領府関係者は「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)担当者がA氏と電話で話し、募金の過程に問題はないと聞いた」と語った。
朝鮮日報が報じたが、ニューヨークのタイムズ・スクエアで文在寅支持者が出した誕生日を祝う広告に関して、此の資金の流れで横領疑惑が出てると云うが、そんな事はどうでも良く、何故アメリカで此の広告を出す必要が在るのかと。
南朝鮮国内ですれば良いモノを何故アメリカでするのかと甚だ疑問を抱く。
こう云う処にも南朝鮮の意識の可笑しさが表れてるのでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

東京メトロポリタンテレヴィジョンに対しての言論弾圧。

* 「東京MXへ批判 継続を」 市民有志「ニュース女子」でシンポ - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
「沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志」は27日、東京都の文京区民センターでシンポジウム「放送倫理違反の東京MX『ニュース女子』沖縄報道を問う」を催した。同有志は、放送倫理・番組向上機構(BPO)が2017年12月、東京MXの番組「ニュース女子」について「重大な放送倫理違反があった」と発表したにもかかわらず、東京MXは番組内容の訂正や謝罪をしていないことを問題視している。登壇者は、謝罪や番組打ち切り、関係者の名誉回復を求め、諦めず声を上げていく決意を新たにした。
登壇者はジャーナリストの安田浩一さん、名護市辺野古や東村高江で座り込みに参加している泰真実さん、非営利ネット放送局アワー・プラネット−テレビ代表の白石草さん、主催者の代表・川名真理さんら。会場には約170人が詰め掛け、熱心に話を聞いた。
 安田さんは、県内の市町村長や県議ら代表が安倍晋三首相に「建白書」を提出した後、東京都内の銀座などでデモをした際に「ヘイトスピーチ」を浴びてから28日でちょうど5年になることを指摘した。「当時那覇市長の翁長雄志知事が辺野古反対の意志を固めたのは、その経験が要因の一つといわれている。ヘイトだけでなく、何事も無いかのように通り過ぎていく人々の風景に屈辱感が芽生えたと思う。ヘイトを無視してはいけない」と話し、東京MXに対して諦めず批判を続けることの大切さを訴えた。
 医療に従事する泰さんは「番組で『基地反対運動の人々が救急車を止めた』といううそが一番許せなかった。沖縄では新基地反対の民意が明確で、命と暮らしを守るための行動だ」と強調した。
 東京MX元職員で、番組を作っていた白石さんは「そもそも東京MXはきちんと考査できる体制になっていない」と指摘。「ニュース女子」がDHCテレビジョンの持ち込み番組であることを挙げ「東京MXの番組の約半数は持ち込みだ。意見が分かれていたり、深掘りが必要だったりするテーマは持ち込みは駄目だという世論をつくるべきだ」などと主張した。
「沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志」が「放送倫理違反の東京MX『ニュース女子』沖縄報道を問う」としてシンポジウムを開催。
内容は謝罪や番組打ち切り、関係者の名誉回復を訴える。
然し、此の番組は沖縄で展開してるテロ行為の活動家の実態を正確に取材し放映したのだから、何の問題も無く寧ろ、沖縄の実態を訴えない他局や同局の他の番組こそ異常なのです。
番組を潰そう等と完全に言論弾圧以上の何物でも無く、言語道断の動きで在る。
犯罪に犯罪を重ねる事の如何に異常な事かを自覚するが良い。
posted by 天野☆翔 at 04:47 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

神奈川新聞が朝鮮学校無償化を訴える。

* 時代の正体〈569〉朝鮮学校認めよ、若者の叫びは問う|カナロコ|神奈川新聞ニュース
文部科学省前で今年も怒声が響いた。高校無償化制度から唯一除外されている朝鮮学校への制度適用を求め、朝鮮大学校の学生らが繰り返している「金曜行動」である。若者たちの叫びは何を求めているのか。差別と偏見という寒風が吹きすさぶいまこそ耳を傾けたい。
 午後4時。100人ほどの朝大生に在日コリアンや日本人の支援者らを加えた約150人が列をなし、正門玄関に向き合う。
 7人がかりで「朝鮮学校差別反対! 高校無償化適用!」と書かれた横断幕を掲げる。一人また一人と進み出て、拡声器で思いの丈をぶつける。そして拳を突き上げてのシュプレヒコール。
 「日本政府は朝鮮学校に通う学生たちの教育権を侵害するな!」「侵害するな!」
 「文科省はすべての子どもたちに学ぶ権利を保障せよ!」「保障せよ!」
 野太い叫びは勇ましく響く。でも、痛ましいではないか。
 マイクを手にしたスピーチはどれも「文科省の皆さん、私たちはきょうもまたやって来ました」という喜べない「あいさつ」で始まり、「私たちは朝鮮学校への差別政策が是正されるまでここに立ち続けるでしょう」という次回予告で結ばれるのだ。
 後輩たちをこれ以上悲しませたくないと2013年5月に始まった金曜行動。今年最初となった19日は、学生が休みの期間に支援者たちが続けた「勝手に金曜行動」と合わせて200回目に当たった。毎週金曜、東京・小平市のキャンパスから要する往復の時間に交通費、そして回を重ねるごとに刻まれる徒労感を思う。
 学生の1人は言った。
 「無償化制度から除外されたのは8年前、僕が小学校卒業を控えていた時でした」
 スピーチとシュプレヒコールの合間、「どれだけ叫べばいいのだろう」という歌い出しのテーマソング「声よ集まれ、歌となれ」は唱和するたび、文科省庁舎の分厚い壁に跳ね返り、痛切にこだまするのだった。
差別助長
民主党政権が「全ての意志ある高校生が安心して勉学に打ち込める社会をつくる」とうたった無償化制度は外国人学校も対象にしている点で画期的だった。
 だが、拉致問題に進展がないという理由で10年4月の制度開始当初から朝鮮学校への適用は留保されてしまう。そして12年12月、政権に返り咲いた安倍晋三首相の第2次政権が真っ先に行ったのが朝鮮学校の無償化除外だった。
 朝鮮学校に限って政治と教育を結び付けることがまかり通るという「たが」の外れぶりは司法にも及ぶ。大阪地裁こそ政府の措置を違法と断じたが、広島、東京両地裁は行政による差別を追認してみせた。
 女子学生の訴えが辛辣(しんらつ)だ。
 「この国が言う『全ての高校生たち』に朝鮮学校に通う生徒は含まれていないのでしょうか。日本では『朝鮮』とつくものには三権分立も機能しないのでしょうか」
 男子学生は心底案じてみせた。
 「僕はサッカーを通じて多くの日本人と友達になり、理解と協力を得ている。大人のあなた方は平気で差別をする。恥ずかしくないですか。日本は20年に東京五輪を迎えます。開催国が差別のある国でいいのでしょうか。差別をしているという事実を理解しているでしょうか」
 街中に、インターネット上に吹き荒れる在日コリアンへの「死ね」「殺せ」のヘイトスピーチは一部の愚かな人たちによる「人ごと」ではないはずだ、という問いも突きつけた。
 「私たちがどう見えていますか。同じ人間に見えるでしょうか。差別するのは同じ人間に見えていないからじゃないですか」
 「朝鮮学校に対する差別には日本政府による差別政策と日本社会による差別行為があります。政府の差別政策が社会の差別行為を扇動、助長しています」
 政府の「お墨付き」を得て、神奈川県をはじめ自治体による補助金停止の動きも広がる。
 朝鮮学校の否定は民族としての「死」を宣告しているに等しい。朝鮮学校の歴史は終戦直後、日本の植民地支配によって奪われた言葉、文化、歴史を取り戻そうと在日1世が自力で設立した国語講習所に始まる。
 4世世代の若者たちの叫びはこの国に根を張った、植民地主義の克服なき歴史認識にも向かう。
 「差別ができるのも歴史から目を背け、なぜ朝鮮人が存在しているかに無知だからではないですか。私たち朝鮮人が日本で民族教育を営む権利は、歴史的事実からむしろ進んで保障しなければならないのではないですか」
 そして8人目の学生が最後の訴えを始めた。
 「文科省の皆さん、学生の本分は何でしょう。勉学です。私はいまこの瞬間も学んでいます。なぜ、日本政府は門を固く閉じたままなのか。なぜ、道行く方々は未来ある世代の無念の叫びを無視して通り過ぎてしまうのか。ここを訪れるたびに考えています。その重い扉を開けて、誰か教えていただけませんか」
 呼び掛ける調子はこう続いた。
 「私は高校無償化を適用すること以上に、文科省で働く方々の倫理観や道徳に基づく変化を求めています。互いに理解し合うことが正しいはずの世の中で、誰かが誰かを嫌悪し、排他することで争いが生まれ、互いに苦しむ。そんな矛盾をもうやめにしませんか」
 「矛盾が矛盾を呼び、矛盾を守るために人はもっと苦しくなる。そんなことよりも世界の平和や発展といったロマンと希望に満ちあふれた話し合いをしましょう。そんな日が来るまで私はここで叫び続けます」
分断の影
日も傾いた文科省前、帰りがけの男子学生に声を掛けた。外国語学部2年の20歳。聞けば横浜市出身、神奈川朝鮮中高級学校の卒業生で、高校に当たる高級部3年の弟と1年の妹がいる。
 −呼び掛けるような訴えはどんな思いからでしたか。
 「難しい現実がある中、でも人間には情があるはずだ、と。情で行政判断などできないと言われたらそれまでですが。でも、例えば子どもがいるなら親としてどう思うか。そうした気持ちに語り掛けるのも大切なのかな、と思って」
 理屈が通じないのだから、情に訴えるしかないという不条理の裏返し。「それに」と続けた。
 「差別がなければ、本当にやりたいことに時間を費やせる。私は世界の平和に貢献したいのです」
 そういえば、この日は韓国で朝鮮学校支援を続けるNPO「モンダンヨンピル(ちびた鉛筆)」のメンバーが駆け付け、激励のために「平和」を語っていた。
 「平昌五輪に北朝鮮選手団が参加することになり、平和の場を共につくることになります。今後、そういう機会が多くなると思います。朝鮮学校出身の方々にも応援に来てもらえるとうれしい。行く道はまだ遠いけれど、統一の時代の主人公になるよう頑張って活動してください」
 −どう聞きましたか。
 「とても勇気づけられました。...
無償化対象に含まないのは差別助長だとか抜かして居るが、全く話に為らない。
無償化を希望するなら公立校に通えば良いだけの話しで、反日国家の北朝鮮に帰国する目的だけの学校に公金投入する意義は無いのです。
朝鮮学校は特殊学校や専門学校と云う位置づけでしか無く、又は私塾の扱いです。
教育環境や内容を完全に公立校に基準させ無ければ、無償化の対象には為らないのだと意識すべきで在る。
更に云うと北朝鮮関係者を利する行為は、連合国の安全保障理事会の決議違反にも為るのです。
権利を主張する以前に義務を果たせ。
posted by 天野☆翔 at 04:41 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

漢字の復活をと南朝鮮。

* 韓国は「漢字廃止」を後悔している! だが復活は「天に昇るより難しい」=中国-サーチナ
韓国ではもともと日本と同じように漢字が広く使用されていたが、1970年から漢字を廃止するための政策が取られた。現在、韓国国内には漢字を復活させるべきだという声と、それに反対する声の両方が存在し、論争となっているという。
 中国メディアの今日頭条は25日、漢字を廃止した韓国が再び漢字を復活させるのは「天に昇るより難しいことだ」と論じる記事を掲載した。
 記事は、中国の周辺国は大なり小なり中国文化の影響を受けており、韓国もかつては中国で生まれた文字である「漢字」を使用する国だったと指摘する一方、ハングルという自国の文化を確立するため、韓国は1970年に漢字を廃止する政策を推進したと指摘。
 だが、漢字廃止は韓国の人びとに多大な苦労をもたらすことになったとし、漢字に慣れ親しんだ高齢者は漢字から離れることができず、同音異義語が多い韓国語のハングル表記はコミュニケーション上で様々な誤解を生むことにもつながったと論じた。
 続けて、漢字を廃止しても韓国語の単語の大半は「ベースが漢字」であり、漢字の影響力はまったく排除できていないと指摘。また、韓国人が今でも漢字で氏名を表記するのは「表音文字のハングルで表記していては個人の区別が難しいため」であるとした。
 さらに記事は、近年の韓国で漢字を復活させるべきという声が高まっているのは「漢字廃止を後悔しているから」に他ならないと主張する一方、再び漢字を日常的に使用できるほど普及させるには長い時間が必要となり、「天に昇るより難しい」ことではないかと論じた。
今日頭条が報じたが、南朝鮮には漢字復活で賛成反対が拮抗し、仮に復活出来たとしても「天に昇るより難しい」と論評したが、果たして現在でも圧倒的に話が通じない状況で漢字復活させても、余計に話が通じない連中を生み出す事には為らないのかと。
漢字には様々な意味が内包されてるので、此れを理解するには一世紀使っても無理なのではと思う。
更に併合時代を抹殺してる以上は、到底無理で在ると考える。
posted by 天野☆翔 at 04:29 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

南朝鮮がテロ国家指定される日。

* 平昌五輪:金剛山前夜祭に韓国が軽油提供、制裁違反の恐れも-Chosun online 朝鮮日報
平昌冬季五輪の開幕を前に韓国・北朝鮮が合同で開催する金剛山での文化イベントに、韓国政府が発電用の軽油約1万リットル(約63バレル)を提供することが28日までに分かった。軽油などの石油精製品の北朝鮮への搬出は、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁や米国の独自制裁に違反する可能性がある。
 韓国政府の当局者は同日、北朝鮮側が「会場となる金剛山文化会館は韓国が建設した施設なので、北朝鮮からの安定的な電力供給は難しい」と表明したとして「韓国が軽油を提供しなければならないと思う」と述べた。韓国政府は、かつて現代峨山が金剛山文化会館に設置した発電機を使用する予定だが、燃料として軽油が必要だ。
 昨年12月に国連安保理が採択した北朝鮮制裁決議第2397号は、国連加盟国が北朝鮮に搬出できる石油精製品の年間総量を50万バレルに制限している。これについて韓国政府の当局者は「まだ年初なので、安保理に搬出の事実と量を報告すれば制裁違反という議論は回避できるだろう」との見方を示した。
 また、トランプ米大統領が昨年8月に改正した米国の「対北朝鮮制裁履行法」の第14条には、石油精製品を北朝鮮に直接・間接的に供給した個人・団体は米国の独自制裁の対象に指定され得るとの規定がある。米国政府が「人道目的」などの例外を認めない限り、制裁違反との議論は免れない。韓国政府関係者は「米国の法の解釈・適用権は米国政府にある」として、事前協議で対応する方針を示した。
平昌五輪の直前に南北共同開催する金剛山の催事で、青瓦台が発電用の軽油の提供をする事が判明した。
石油精製品は連合国安全保障理事会の制裁決議に違反する。
北朝鮮に利益供与する国家はテロ国家認定されても可笑しくは無く、平昌五輪は始まる前から既に終わって居る。
さてどう推移するのか見物で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:29 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

支那よコッチ見るな。

* 日本と韓国を比べると「中国のライバルになるのはやはり日本」=中国メディア-サーチナ
中国にとって隣国の日本と韓国は絶えず意識せざるを得ない存在であるようだ。中国メディアの今日頭条は22日、日本と韓国を独自の視点で比較し、「どちらの国が中国にとってのライバルか」を考察する記事を掲載した。
 近年多くの中国人が国外の旅行先として日本と韓国を選ぶようになり、メディアを通してではなく、両国の文化や暮らしぶりを直接的に知る機会も増えている。人口や国土の広さ、また、発展を遂げた時期などざまざまな違いがあるゆえに日中韓を比較するのは難しいと言えるが、記事は「民度、歴史問題への対応、中国に対する見方や態度」という独自の視点から日韓を比較している。
 まず記事は民度について、「日本は家の玄関に鍵をかけなくても暮らせるほど治安が良く、財布が落ちていても交番に届けられるほど」だと指摘し、民度は日本の方が韓国より上ではないかと主張。次に、歴史に対する態度については「日本は歴史を歪曲している」とする一方、韓国は中国の文化を「韓国発祥」であると出張しているとし、両国ともに歴史に対する態度に誠実さが欠けていると主張した。
 また、中国に対する態度については「日本は過去に中国から多くの文化を学び、導入したことを隠さず、中国の発展についても客観的に認めようとする傾向にある」が、韓国は日本のような素直さがないと主張。中国からすれば日本も韓国も「源は中国から広がっていった文化を持つ国」だが、こうしたルーツを認めつつも自国で更なる発展を遂げて世界に認められるようになった日本に対して、韓国はこうした謙虚な姿勢に欠けることを指摘した。
 結論としては「韓国と比較した場合、中国のライバルとなるのは、やはり日本しかない」とし、韓国は中国の脅威にはならない国だとした。記事が引き合いにしているのはどれも数値化できない事柄ゆえに、独自の主張としか言いようがないが、日本は中国にとって侮れないライバルとして意識せざるを得ない存在となっているようだ。
今日頭条が報じたが、支那がライバルとして我が国を論うが、何を勝手に先進国気取りで主張してるのか。
発展途上国なのだから南朝鮮が相手に相応しい上に、面積ではロシア、人口ではインド、経済ではアメリカをライバル視してれば良いのです。
増長甚だしい。
posted by 天野☆翔 at 23:22 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

ティラーソン米国務長官に苦言を呈した政府。

* 日本政府、慰安婦問題で米に懸念 国務長官発言を問題視 - 共同通信
ティラーソン米国務長官が今月16日の記者会見で、従軍慰安婦問題の解決に向け「なすべき事はまだある」と語ったことを問題視し、日本政府が米政府に懸念を伝えていたことが27日分かった。発言には日本と韓国の双方に歩み寄りを促す狙いがあったとみられるが、日本政府は問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した2015年の日韓合意に矛盾し、米国が韓国側に同調している印象を与えると判断した。
 複数の日米関係筋が明らかにした。日本は北朝鮮に「最大限の圧力」をかける方針でトランプ米政権と足並みをそろえるが、歴史問題では温度差を抱える現状が浮き彫りになった。
慰安婦問題解決の為の二国間合意の案件で南朝鮮側として受け取られる発言をした氏に対して、我が国の政府は此れを批判しく元を呈したが、至極真っ当で正常な意識で在る。
北朝鮮への制裁等で同調しなければ為らないのに、こんな事で亀裂を生じさせては為らないのです。
posted by 天野☆翔 at 16:50 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

岩波明昭和大学医学部教授が寛容性を求める。

* 精神科医に聞く、日本社会から「寛容さ」が失われている理由 | 日本再発見 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
<不倫報道をはじめ、このところ、メディアとネット民の双方による過剰なバッシングが目立つ。その背景にある要因を、精神科医である岩波明・昭和大学医学部教授に聞いた>
政治家や著名人の不祥事や失言を糾弾するのがメディアの専売特許だったのは今は昔。インターネットが普及した90年代後半以降、匿名という特性を活かしたネット民による過激な発言は苛烈を極め、数々の炎上騒ぎを巻き起こしている。
そんなメディアとネット民の双方による過剰なバッシングに、日本社会から寛容さが失われていると感じる人も多いのではないか。
なかでも不寛容さが垣間見えるのが、芸能人の不倫報道だ。昨年も大手週刊誌が毎週のように芸能人や著名人の不倫現場をスクープ。今年に入ってからも早速、大物ミュージシャンの不倫疑惑が大々的に報じられ、引退に追い込まれている。
不可解なのは、不倫関係が明らかになった当事者の謝罪会見だ。憔悴した表情で涙ながらに深々と頭を下げ謝罪の意を表するのが慣例だが、本来、謝罪すべき相手は自身や不倫相手の伴侶であり、なんら迷惑を被っていない視聴者や読者ではないはず。
もちろん、芸能人だけに広告に起用した企業や出演番組などの関係者、そしてファンや支持者に向けてのことかもしれないが、果たしてカメラを前に謝る必要があるのか、なぜ人々が他人の不倫をこれほど糾弾するのか、違和感を覚えてしまう。
なぜ日本人はこれほど不寛容なのだろうか。
専門である精神疾患を題材とした多くの著作を持ち、『他人を非難してばかりいる人たち――バッシング・いじめ・ネット私刑』(幻冬舎新書)では精神科医の視点から不寛容な日本社会に切り込んだ、昭和大学医学部の岩波明教授に話を聞いた。
「多民族で構成され、さまざまな価値観と触れ合う欧米諸国と違って、ほぼ単一の民族で構成され、比較的同質的な集団の中で育っていく日本では、思考や価値観が似たものとなり、そこから外れた異質な存在を排除する傾向にあります」
つまり不寛容さは、日本特有の「同質性社会」が大きな原因ということ。学校であれ会社であれ、中心人物の意見を無条件に尊重し、それに合わせた言動が暗黙的に求められる。価値観を共有するその集団の中で異を唱えれば、「空気が読めないヤツ」と排除されてしまうのだ。
しかし、となれば日本人が不寛容なのは、生来の気質と言えるのではないか。
「環境でしょうね。帰国子女の例のように、日本人でも海外で教育を受ければ外国人のような価値観が育まれます。ヨーロッパの小学校では、その多くが1クラス20人程度で、文化や個性を尊重した個別教育が施される。対して日本は約40人とその倍。個人にきめ細かく対応することは不可能であり、結果、同質性を育むような教育にならざるを得ない」
日本の民族構成や教育制度が不寛容さを生む原因というのは納得できる。理解できないのは、時にターゲットの住所や顔写真まで晒してしまう「ネット私刑(リンチ)」を含む、度を越したバッシングだ。岩波教授はそれを「現代人の心の歪みも要因の1つ」と語る。
「自分はこんなに優秀なのに、現実の社会では誰からも認められていない――そんな鬱屈した想いや嫉妬心が折り重なり、ターゲットへの執拗なバッシングという形で発露している面もあるのではないか。また、価値観の同一性により攻撃対象も同一になりやすく、ターゲットへの一斉攻撃となりがちです」
科学的視点を欠く豊洲問題の感情的反応
そんな不寛容社会・日本を思い起こさせるのは、不倫報道だけではない。同じく昨年多くのメディアが取り上げたのが、東京の築地(中央区)から豊洲(江東区)への市場移転問題だった。
膨れ上がる事業費など多くの問題が浮き彫りになったが、最も耳目を集めたのが移転予定地の土壌・地下水汚染だ。環境基準を超える有害物質が存在し、それらを封じ込めるための盛り土がなされていなかったことが明らかになった。
これにより、多くの市場関係者や都民が豊洲への移転に猛反発。SNSにも怒りの声があふれた。二転三転したあげく、東京都は汚染対策の追加工事に着手し、小池百合子都知事が今年10月の市場移転を決定したものの、市場関係者や都民の不安は完全に拭い去られたとは言いがたい。
しかし、「豊洲の汚染対策は十分になされている」という声もある。
都が設置した専門家会議の平田健生座長は「安全性には問題がない」という見解を示している。また、そもそも豊洲市場では地下水を使用しないため、法律的には飛沫を防止すればよく、地下水の水質を測定する義務もないのである。
加えていえば、築地市場の土壌からも水銀や鉛、ヒ素やフッ素といった基準値を超える有害物質が検出され、しかも都の調査によれば場内には500匹とも2000匹ともいわれる大量のネズミが生息しているという。
豊洲と築地のどちらが安全か。科学者らは「100%の安全」すなわち「ゼロリスク」を追求する風潮に警鐘を鳴らすが、報道の過熱や、反対意見を持つ者を攻撃するネット上の感情的反応にも、科学的な視点を欠いた不寛容さが顔をのぞかせている。
たばこ規制と喫煙者バッシング
不倫報道や豊洲移転問題ほどではないかもしれないが、受動喫煙防止対策を端緒とする喫煙者へのバッシングも不寛容さを感じる一件だ。
厚生労働省による対策案は、焦点となっている飲食店については店舗面積30平方メートル以下のスナックやバーを除いて原則禁煙(喫煙室の設置は可)というもの。喫煙可の店舗面積を150平方メートルに拡大する案も検討されているようだが、いずれにせよ経営に大打撃になるとして外食産業団体などが反対し、議論になってきた。
東京都でも昨年10月、家庭内や自動車内での喫煙を規制する「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」が議会で可決され、今年4月からの施行が決定。さらに、都は独自で厚労省より厳しい条例の導入も検討している。また、政府はたばこ税増税の方針を固めており、愛煙家には規制と増税のダブルパンチが迫っているのだ。
こうした動きに、嫌煙派のネット民は大喝采。関連する掲示板には喫煙者の人格すら否定するような不寛容なコメントがあふれ返っている。
しかし、2002年からは路上喫煙規制といった欧米にはない日本独自の規制が施行され、飲食店でも分煙設備が普及しつつあるなど、喫煙者と非喫煙者の「共生」に向けた取り組みが行われてきたことも事実。行き過ぎた規制ではないかという反対の声も出てきており、昨年12月には「たばこはそんなに悪いんですか?2017」という緊急シンポジウムも東京で開催された。
岩波教授はこう語る。
「たばこの場合、規制の内容はともかく、僕ら医学関係者から見て不思議なのは、ではアルコールはどうなのかということ。アルコール依存症は内臓のみならず脳にもダメージを負う恐ろしい病気です。現在、患者数は何十万人にも及び、治療には莫大な税金が使われている。そうした観点から見た場合、なぜたばこばかりでアルコールが規制されないのかというアンバランスさを感じます」
アンバランスな規制には医学的な疑問符が付くが、たばこ規制強化の背景には喫煙者バッシングにつながる不寛容さがあるということかもしれない。
ただし、この不寛容さを生み出してきた日本社会の特質にはポジティブな側面もあると、岩波教授は指摘する。「そうした同じ価値観や同質性があったからこそ、日本は戦後の驚異的な復興や高度経済成長を成し遂げられたし、世界屈指の科学技術大国になることもできました」
必要なのは一方向だけの意見に惑わされない、冷静さを伴った客観的な視点だ。それがあれば不寛容さを廃し、日本はさらなる発展を遂げられるのだろうか。
我が国は単一民族で在る事から欧米の様に多様性等が無く寛容性が無くなってると云うが、欧米は欧米で寛容性も何も無くナショナリズムに回帰してる現状を全く考慮せずに日本叩きに利用してる。
寛容性を論うが反日政策を掲げる国家の主張で、我が国は御人好しと云う寛容性で国益を毀損して来た。
此の反日意識に対して我慢の限界が来てる現状をどう捉えるのか。
単一民族だからと云って寛容性が無いと云う関連性の根拠も無く批判するのは、極めて偏狭な意識での論調で在る。
posted by 天野☆翔 at 16:47 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

支那が南朝鮮化してると今日頭条。

* 悔しい! 刺身も相撲も桜も「世界に知られた日本文化」は中国がルーツだった=中国メディア-サーチナ
海外の人から「日本を代表する文化とは何か」と尋ねられたら、何を挙げるだろうか。着物や懐石料理、障子や畳など、衣食住について紹介する人もいるかもしれない。しかし、中国メディアの今日頭条はこのほど、今日において日本を代表する文化の多くは「日本生粋のものではなく、ルーツは中国にあるものばかりだ」と主張する記事を掲載した。
 記事は、中国人にとっては「もともと中国が発祥であるのに、現代では日本の文化」と認識されているものが多々あることが我慢ならないようで、たとえば、西洋の外国人が「盆栽は日本の文化」と認識していることは不満であると指摘。そして、悠久の歴史を誇りとする中国からすると、日本はあらゆる文化を中国から学んだのに、後にそれらを自国の生粋の文化としていることに対して「受け入れがたい感情が存在する」と論じた。
 続けて、すでに日本の文化として世界に浸透しているものとして「刺身、相撲、桜、和服、下駄、畳」を挙げて、それぞれ中国が起源の文化であると主張し、中国人としてはこれらの文化が日本文化として世界に浸透してしまっていることに不服を感じると論じた。例えば、刺身については、中国「商、周の時代の文献に中国料理として存在していたとし、唐の時代多くの高貴な人々が好んで食していた記録が残されている」と指摘した。
 日本の多くの文化の源が中国にあることは周知の事実ではあるが、日本に伝来してから現代に至るまでの間に日本の風土の中で育まれ、保存され、定着したゆえに日本の文化と称しても虚偽にはならない。しかし、海外から評価される中国のイメージが中国人の抱いているものとは異なり、自らが誇る悠久の歴史ある文化のイメージを「日本に奪われてしまった」という感があるのかもしれない。
 中国には非常に多くの世界遺産があることから分かるように、貴重な文化や遺産が数多く存在している。急速な経済発展によって中国は目まぐるしく変化しているが、多くの文化が急速に失われつつあるのも事実だ。中国の人びとがこうした貴重な文化の価値を知り、育んで行くことを期待したいところだ。
南朝鮮は屡々起源説を唱え我が国に対して言及するが、遂に支那迄此の起源説を唱えた。
其の内訳は「盆栽、刺身、相撲、桜、和服、下駄、畳」等としてる。
大いに笑わせる論調で有り、支那では徹底的に文化が破壊され継承されて居ないのだから、仮に起源が在ったとしても、そんな話は遙か過去の話しで在る。
posted by 天野☆翔 at 16:32 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

朝日新聞の今更。

* 「棟上げに首相夫人」と値下げ要求 森友、国との協議で:朝日新聞デジタル
学校法人・森友学園(大阪市)への国有地売却問題で、29日からの衆参両院の予算委員会では安倍晋三首相の妻、昭恵氏と問題との関係が改めて焦点になる。学園が国に土地の購入を申し入れた時期の協議で「棟上げに首相夫人が来る」と言及し、値段を安くするよう求めていたことが新たにわかった。この協議で国の担当者は「(ごみへの補償を)きっちりやるというストーリーはイメージしている」と発言していた。
財務省は昨年11月、特別国会で「ストーリー」という発言などの協議内容の一部を事実と認めている。朝日新聞がノンフィクション作家の菅野完氏から協議を録音した音声データの提供を受けて分析したところ、財務省が認めた内容とその前後のやりとりが記録されており、当時建設中の小学校の名誉校長だった昭恵氏への言及が判明した。
 財務省の国会答弁によると、協議があったのは2016年3月下旬〜4月。学園側が「地中深くから新たなごみがみつかった」とし、「ごみ撤去費を反映させた評価額で土地を買い取る」と申し入れた以後とみられる。国側は財務省近畿財務局と国土交通省大阪航空局の職員が出席した。
 音声データによると、学園側は小学校建設の工期がごみ問題によって「2週間以上遅れている」と説明。籠池泰典前理事長=詐欺罪で起訴=が「棟上げのときに首相夫人が来られることになっている」「どうするの僕の顔は」と発言し、学園の関係者が「死ぬ気で値段を下げるところに取り組んで欲しい」と続けた。約4分の別のやりとりを挟み、財務局の担当者が「(新たなごみの補償を)きっちりやるストーリー」と説明していた。
 財務省は「個別の発言を確認していないが、協議は学園に資料の提出をお願いするためのものだった。相手方の発言によって国の対応が変わるようなことはなかった」としている。
森友学園問題で学園側が財務省側に向けた発言で、安倍昭恵夫人は棟上げ式に来ると云う内容が新たに判明したと報じるが、此の案件は既に国会に取り上げられた内容で在って決して真新しいものでも何でも無い。
何を今更報じてるのかと呆れ果てて開いた口が塞がらない。
勝手に名前を出したら首相の関与と云う構図自体が荒唐無稽で無理が在るのだ。
こんな印象操作して朝日新聞は政権攻撃の材料にしてるのだから完全に気違いです。
posted by 天野☆翔 at 06:19 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

合意の内容の再確認をせよと東京新聞。

* 東京新聞:首相平昌出席へ 溝を乗り越える対話を:社説・コラム(TOKYO Web)
安倍晋三首相が来月、韓国で開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪開会式に参加し、日韓首脳会談を行う意向を表明した。両国の間には慰安婦合意に関する溝があるが、率直な意見交換で対立を減らしてほしい。
 韓国政府は今月、二〇一五年暮れに日韓両政府がまとめた従軍慰安婦を巡る合意について、新方針を発表した。
 朴槿恵(パククネ)・前政権が結んだ合意は維持するものの、合意内容を否定するという矛盾が目立つ、理解しにくい内容だった。安倍政権は反発して韓国側に抗議、合意の順守を求めてきた。
 こういう状況の中で安倍首相が五輪出席を見送れば、「スポーツに政治対立を持ち込んだ」と批判されるだろう。
 二〇年には東京五輪が控えている。北朝鮮への対応では、韓国との協調が欠かせない。
 さらに日本は、東京での日中韓首脳会談の早期開催を目指しており、今回の訪韓は、開催実現への一助となるはずだ。
 政治は政治として、開会式出席を決めたのは当然といえる。
 昨年日本政府は、韓国南部、釜山の総領事館前に慰安婦少女像が設置されたことに対抗し、駐韓日本大使を約三カ月間帰任させ、外交圧力をかけたことがある。
 しかし、少女像移転は実現しなかったことを忘れてはいけない。
 文在寅(ムンジェイン)大統領に直接会って、日本側の考え方を伝えることこそ、問題をこれ以上こじらせないための知恵といえる。
 文大統領は、日韓合意について「全て誤り」「日本が誠意を尽くして謝罪することが完全な解決と考える」と語っている。
 また韓国の閣僚が最近、新聞のインタビューで、日韓合意に基づき設立された財団の年内解散を望む考えを示した。これらの真意をきちんと説明してほしい。
 国と国との約束は当然守るべきだが、といって「合意は一ミリも動かさない」(菅義偉(すがよしひで)官房長官)というかたくなな姿勢はどうか。
 女性の人権についての問題は、国家間の合意だけでは解決できない精神的な面もある。
 安倍首相は、一五年の日韓合意の中で、慰安婦の女性たちに「日本国の首相として心からおわびと反省」を表明した。これを首脳会談の席で再確認してはどうか。
 双方の主張は平行線になるかもしれない。それでも今回の訪韓は、日韓首脳が信頼関係を回復するための一歩となるだろう。
慰安婦問題解決の為の二国間合意の中身の再確認を文在寅との会談で再確認したら如何と東京新聞は社説で説いたが、此の提言は完全に異常で合意の再交渉をして来たのだと誤認される事なのだ。
頭逝かれてる社説には呆れ果てて開いた口が塞がらない。
合意の発効を以て全て終わった話しなのだ。
蒸し返す事は許されない。
こんな国際的な常識すらも理解しない東京新聞には辟易する。
posted by 天野☆翔 at 06:10 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

日刊ゲンダイの突飛な論調。

* 日韓合意の反故を非難 感情論に走る安倍政権の大人げなさ|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL
韓国の文在寅政権が慰安婦問題に関する日韓合意を事実上、反故にしたことに安倍政権はカンカンだ。12日はとうとう、トップの安倍首相自ら韓国の新方針を初めて批判。「韓国側が一方的にさらなる措置を求めることは全く受け入れられない」と露骨に不快感を表した。
 菅官房長官は「合意は1ミリたりとも動かさない」と青筋を立て、河野外相は「政権が代わっても責任をもって(合意を)実施しなければならない」などと激しく非難した。外務省幹部も「合意を変更しようとするのであれば、日韓関係が管理不能となる」と繰り返し抗議しているという。
 政府内では韓国側の新方針への対抗措置とばかりに、2月9日に開かれる平昌冬季五輪の開会式への安倍首相出席に慎重論が強まっているが、ちょっと感情的になりすぎではないか。
 そんなに韓国政府に合意の長期的な順守を求めるなら、なぜ安倍政権は条約の形式を取って国会で審議し、日韓両国の立法府も巻き込んだ合意を形成しなかったのか。日韓合意は2015年12月28日、年末のドサクサに日韓両外相が共同会見を開いて発表しただけ。合意内容について公式な文書すら交わしていなかったのだ。
「日本政府が今も問題視する慰安像の撤去についても、合意内容は韓国外相が口頭で『適切に解決されるよう努力する』と語るにとどまりました。『努力』なんて、いかにも玉虫色の表現ですが、それを『了』とし『最終的かつ不可逆的な合意』と言い張ったのは安倍首相なのです」(元外交官の天木直人氏)
■やっつけ仕事をタナに上げ
 いかにも「やっつけ仕事」の合意に至ったのは、日韓両政府とも当時のオバマ米大統領の強い要請に嫌々ながら従ったに過ぎなかったからだ。当時、慰安婦問題をめぐり完全に冷え切っていた日韓関係を懸念したオバマの「仲裁」という名の「命令」により、安倍政権は渋々「謝罪」を口にしただけなのである。
 ぞんざいな合意をタナに上げ、怒りに任せて韓国政府に激しい言葉をぶつけるとは、この政権はつくづく大人げない。
「新方針には『被害者らの名誉・尊厳の回復と心の傷の癒やしに向けた努力を継続することを期待する』とあり、文大統領も元慰安婦への謝罪などを要求しています。ただし、その主語はあくまで『日本』であり、『日本政府』ではない。『日本社会』とも受け取れる表現にとどめることで、日本政府の見解に異を唱えたわけではないという文政権の配慮がうかがえます」(外交事情通)
 安倍政権は文政権の心配りをむげにし、韓国国内の一部反日勢力の慰安婦問題をめぐる感情論と同じ土俵に立つつもりなら、愚かだ。
 例えは悪いかもしれないが、国と国との「合意」を一方が反故にするのは離婚交渉に似ている。昨年、松居一代のエキセントリックな言動にダンマリを貫いた船越英一郎を見習って、安倍首相も静観すべきではないか。欧州歴訪中に北朝鮮への圧力最大化を呼びかけるなら、なおさらだ。安倍自身が唱える北包囲網には韓国の協力が不可欠。日韓両国にすきま風が吹けば、金正恩を喜ばせるだけである。
慰安婦問題解決の為の二国間合意の我が国の政府の対応が大人気無く冷静で無いと主張したが、我が国の対応は極めて冷静で大人の対応で在る。
合意が文書を作成して居なくても、此れは政府間同士が交わした正式な合意で在って条約に匹敵する重要な案件です。
条約の履行を求めるのは何処の国だって同じで、履行をしない南朝鮮こそ非難されるべきで在る。
感情的且つ児戯にも等しい態度で駄々捏ねしてる南朝鮮を批判すべきだ。
posted by 天野☆翔 at 06:01 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

反日売国奴が集結。

* 5野党幹部がそろい踏み 名護市長選の街頭演説 政権追及へ共闘アピール - 産経WEST
立憲民主、民進、共産、自由、社民の5野党の幹部らは27日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古移設が争点となる28日告示の同県名護市長選を前に名護市で開いた街頭演説でそろい踏みした。沖縄での米軍機不時着を巡る不適切発言で松本文明内閣府副大臣が辞任した件を取り上げ、安倍政権を徹底批判。国会での追及へ向け、共闘する姿勢をアピールした。
 民進党の増子輝彦幹事長は、宜野湾市の小学校上空での米軍ヘリコプター飛行問題に触れ「こんな状況は許されない」と強調。共産党の志位和夫委員長は、松本氏に関し「辞めれば済むものではない。沖縄に対する政権の姿勢が暴言につながった。安倍晋三首相の任命責任が問われる」と訴えた。
 自由党の小沢一郎共同代表は沖縄でトラブルを繰り返す米軍に対し、安倍政権は厳しく接していないと指摘。「県民の怒りは積もっている」とした。社民党の吉田忠智党首も政権の対応に疑問を呈した。
 沖縄を巡る問題は憲法改正などと異なり、野党各党が比較的足並みをそろえやすい。立憲民主党からは川内博史衆院議員が加わった。
立憲民主党や民進党、日本共産党や社会民主党や自由党の幹部が、明日告示される沖縄県の名護市長選挙の事前運動としての街頭演説で集結した。
現職の稲嶺進の支持の為で在るが見事に炙り出されています。
此の選挙で現職続投ならば、普天間基地の危険性除去は全く進まずに危険度は維持される。
沖縄県民の民度が試される選挙に為ろう。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

安倍晋三内閣総理大臣の南朝鮮に訪問は極めて危険。

* 安倍首相の危ない訪韓、卑劣な反日テロ警戒 室谷克実氏「韓国は常識では考えられない手薄な警備」 (1/3ページ) - zakzak
安倍晋三首相は来月、平昌(ピョンチャン)冬季五輪開会式に出席するために訪韓する。「従北・反日」の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談し、慰安婦問題をめぐる「日韓合意の厳守」を確認するとともに、北朝鮮の軍事的脅威に対する「日米韓の連携強化」を強く申し入れる。韓国と北朝鮮の選手が共同入場行進で掲げる「統一旗」に、島根県・竹島(韓国名・独島)が描かれていないなど、やや現実的な対応もみられるが、懸念されるのが韓国の警備態勢だ。米国要人への襲撃事件も発生しており、最高度のテロ警戒が求められそうだ。
 「韓国警察庁 平昌冬季五輪の治安対策を点検」
 聯合ニュース(日本語版)は5日、このような記事を配信した。開会式が開かれる2月9日は、李哲聖(イ・チョルソン)警察庁長官が現場で総指揮を執り、選手村とすべての競技場に十分な警備人員を配置し、24時間体制で警備に当たるという。
 大会期間中は、警察特攻隊員を配置するほか、新型装甲車、ドローン抑止装置、サーモグラフィーなどの対テロ装備を配備。外郭地域の検問所39カ所にバリケードを設置し、テロ防止に注力するという。
 世界各国のアスリートやVIPが集まる「平和の祭典」だけに当然の対応だが、韓国では過去に、驚くような警備態勢の緩みが露呈している。
 2015年3月、ソウル市中心部で、マーク・リッパート駐韓米大使(当時)が、左派系政治団体代表の男に果物ナイフで襲撃された。リッパート氏は右頬からあごにかけて長さ10センチ超、深さ約3センチの傷を負い、約80針を縫う大けがを負っている。
襲撃現場となった世宗(セジョン)文化会館は、韓国大統領府(青瓦台)や外務省、在韓米国大使館の近くで、厳重警備が敷かれていた。
 昨年11月、ドナルド・トランプ米大統領が訪韓した際は、約220の左派系団体が「反米・反トランプ」の集会を計画し、米国大使館周辺で一部が強行された。鉄壁の警備が行われていたはずだが、晩餐(ばんさん)会を終えてホテルに戻るトランプ氏が乗った大統領専用車がデモ隊に道を塞がれ、反対車線を逆走する事態が発生した。
 要人警護を行うSPを20年以上務めた元警視庁警備部の金井祐一氏は「韓国の警備態勢は考えられない。日本では要人の移動ルートは極秘だが、トランプ氏のケースでは情報が漏れていた可能性がある。日本では重要施設周辺でのデモや集会は認めない。韓国のように路上で行うなど、あり得ない。安倍首相の安全を確保するには、日本から同行するSPの人数を多くするしかない」と話す。
 韓国では、長年突出した「反日教育」が行われている。日韓間で問題が起きると、市民団体などが日の丸を燃やし、日本の首相に似せた人形の首を切り落とすなど、常軌を逸した行動をとっている。
 安倍首相の訪韓判断を受けて、「安倍首相の平昌五輪出席を歓迎する」(毎日経済新聞、25日)、「韓日関係への追い風を期待する」(ソウル新聞、25日)という報道もあるが、中には「韓日関係が今以上に悪化するのか、または関係改善の糸口となるのか」(朝鮮日報、24日)と懸念する声もある。
「従北」の文政権を支持する左派系団体は、「日米韓の離間」を狙っているフシがある。そして、韓国は、日本の初代内閣総理大臣、伊藤博文を暗殺したテロリスト、安重根(アン・ジュングン)を「英雄視」している国家である。
 『韓国リスク』(産経新聞出版)を最近上梓した、ジャーナリストの室谷克実氏は「トランプ氏の乗った専用車がデモ隊に取り囲まれたニュースには驚いた。韓国にとって『最高の国賓』といえるのに、明らかに手薄といえる警備態勢であり、常識では考えられない。むしろ、(警備する側が)『恐ろしい目に遭わせてやろう』と思っていたのではないか。安倍首相の同行SPを増やしただけで、対応できるような国とは思えない。そもそも、行くべきではない」と話している。
リッパート大使襲撃事件やドナルド・トランプ大統領の進路を妨害する等、此処直近の事案を見ても安心して訪問出来るとはとても云えない事案が発生して居ます。
青瓦台の警備も適当で厳重では無いと云う事が明らかに為ってるのだから、こんな最中での訪問は極めて危険。
此れでも訪問するのが当たり前と思ってる政治家は、自ら行けば良いのだと自覚すれば良いでしょう。
自分達は首相でも何でも無いから危険度は低いと思ってるのなら、其の意識こそ極めて危険なのです。
安倍晋三内閣総理大臣個人の最終的は判断は如何に。
posted by 天野☆翔 at 23:15 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

北朝鮮に忖度する南朝鮮。

* 金正恩写真火あぶり動画、20−30代韓国人の間で拡散-Chosun online 朝鮮日報
インターネットやソソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の顔写真や共和国旗(北朝鮮国旗)を燃やす動画が拡散している。主に20−30代の韓国人が自身の顔をさらけ出して自ら撮影したものだ。「(沈没した貨客船)セウォル号デモで太極旗(韓国国旗)を燃やした若者は無罪なのに、共和国旗を燃やしたからという理由で捜査するとは、ここは韓国なのか北朝鮮なのか」という書き込みもある。
 これらの動画は、北朝鮮の玄松月(ヒョン・ソンウォル)三池淵管弦楽団団長が今月22日に訪韓した際、ソウル駅で金正恩委員長の写真と共和国旗を燃やした人物らを対象に、警察が捜査に着手したことから、それに対する抗議の意思表示として始まった。20−30代の賛同者が増え、26日にネット上などにアップロードされた「金正恩写真火あぶり」の動画は100本を超えた。大学生・会社員・主婦を自称する人物たちは、これらの動画で「金正恩の写真を燃やすのは誰に対する名誉毀損(きそん)なのか」「セウォル号デモで太極旗を燃やした20代の若者が無罪だったのに、共和国旗を燃やしたら処罰するのか」と訴えている。
専門家は「このような現象は20−30代の間に広がっている反北朝鮮感情の拡大と無関係ではない」と分析している。この日発表された調査機関「韓国ギャラップ」の1月第4週世論調査で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は64%と前週より3ポイント下がった。特に20代では前週の75%から7ポイント、30代では前週の82%から1ポイントダウンしている。「文大統領の職務遂行は間違っている」と答えた回答者(全体の27%)はその理由として「平昌五輪の南北合同チーム結成・同時入場」(25%)、「報復政治」(14%)、「北朝鮮寄りの傾向」(9%)、「経済・民生問題の解決不足」(6%)などを挙げた。「平昌五輪南北合同チーム結成」をマイナス評価の理由に挙げていた回答者は前週5%だったので、それに比べ20ポイントも上がったことになる。南北接触の過程で傍若無人ぶりを見せた北朝鮮に対する不満だけでなく、韓国政府が南北合同チーム結成をゴリ押ししたとの批判もあるものと見られる。
 一方、与党関係者はこの現象に対して別の見方をしている。京畿道城南市の李在明(イ・ジェミョン)市長はラジオ番組で「若い世代は『あえて南北統一をする必要があるのか』という考えが多いようだが、それは、9年間にわたる保守政権で統一コストの話ばかりし、統一により韓国が得られる利益の話は全くしてこなかったからだ」と言った。与党「共に民主党」のキム・ヒョン報道官は「20−30代は保守政権や保守系メディアが作った反北朝鮮の枠に閉じ込められている」と述べた。また、同党の諸閏景(チェ・ユンギョン)院内報道官は「南北合同チームが平和に寄与する価値を確認すれば違ってくるだろう」と語った。だが、与党内部からも「『公正さ』という観点から金正恩委員長を見つめる20−30代の感情を見過ごしてはならない」と懸念する声が上がっている。
金正恩の肖像画や写真、共和国旗を燃やす人物に対して捜査の手が及んで居ると云うが、国外の案件に対して捜査すると云うのは、南北統一の儚い夢を抱く宥和政策を実施する南朝鮮の思惑が在るのだろう。
他国の国旗を燃やすのは南朝鮮の常套手段なのに、北朝鮮に対してだけは例外とは明らかに異常。
何れにしても、他国の国旗を燃やすと云う行為は国際的には異常な行為で在るのは云う迄も無く、南朝鮮の民度が低いと云う事を自ら率先して実践すると云う異常性が改めて露呈しました。
posted by 天野☆翔 at 23:06 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

Thunderbird52.6.0がリリースされました。

MozillaはThunderbirdの最新版、Thunderbird52.6.0をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Thunderbird − メールをもっと簡単に。 − Mozilla
* Thunderbird − Notes (52.6.0) − Mozilla

posted by 天野☆翔 at 00:48 | Comment(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

航空自衛隊が提訴された。

* 「ブルーインパルス」訴えられる…密集地域で無許可曲技飛行疑い 全国初告発 - 産経WEST
愛知県の航空自衛隊小牧基地で昨年3月に開催されたイベントで、空自アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が必要な許可を取らずに曲技飛行をしたとして、地元の住民約380人が26日、航空法違反の疑いで、当時の基地司令やパイロットらへの告発状を名古屋地検に提出した。こうした告発は全国初とみられる。
 航空法は人口密集地域で宙返りや横転などの曲技飛行を行う場合、国土交通相の許可が必要と規定。住民は基地周辺が人口密集地域に該当するのに許可を申請せず、急激な方向転換を伴ったり、機体を90度以上傾けさせたりする飛行をしたなどと訴えている。
 記者会見した長谷川一裕弁護士によると、26日時点で告発状は受理されていない。長谷川弁護士は「密集地域での飛行は住民の安全を考慮してやめるべきだ」と話した。
 小牧基地は「告発状を見ていないので何も答えることはできない」としている。
 ブルーインパルスは空自松島基地(宮城県東松島市)に所属。平成12年に練習機2機が山中に墜落し3人が死亡したほか、26年1月には訓練中に練習機2機が接触する事故があった。
ブルーインパルスの飛行が航空法違反として提訴された。
国土交通省の許可を取らずに飛行したとしての内容だが、原告は此の許可の有無の確認をどう取ったのか甚だ疑問を抱く。
許可された飛行で在ったのだとしたら、極めて横暴な提訴で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:40 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

希望の党が完全に公約を破棄。

* 希望の党が自衛隊明記に反対 安全保障と憲法の見解を発表 党創設メンバーと「分党」へ 民進党系再結集狙う - 産経ニュース
希望の党の玉木雄一郎代表は26日の両院議員懇談会で、安全保障と憲法に関する党見解を発表した。衆院選で訴えた安保法制の実質的容認と憲法9条改正への積極姿勢を軌道修正した。民進党や立憲民主党に近い政策を示し、野党共闘路線に軸足を移す狙いがある。
 玉木氏は民進党系3党の再結集を念頭に「野党の大きなかたまりを作るために統一会派結成を主体的に働きかけたい」と表明した。
 これに対し党創設メンバーの松沢成文参院議員団代表は、党見解を「立党の精神と違う」と断じ、統一会派結成にも反対した。執行部は近く松沢氏側と「分党」の協議に入る。中山恭子元拉致問題担当相らが松沢氏に同調する見通しだ。
 一方、松沢氏らとは別に大串博志衆院議員も分党を主張した。大串氏は、執行部と同じ民進党系再結集論者だが、党見解を「中途半端だ」と批判した上で「考え方が違うのであれば分党させてほしい」と訴えた。
 党見解には、安保関連法の「武力行使の新3要件」の削除が盛り込まれた。憲法9条を改憲議論の優先対象から外し、9条1、2項を維持し自衛隊を明記する安倍晋三首相の改憲案については「反対」と明記した。
昨年の衆議院議員選挙での公約を完全に破棄する動きを見せた希望の党だが、当初の想定通り完全に民進党に乗っ取られました。
立党メンバーを排除して、民進党や立憲民主党との連携を図るのが其の目的で在る。
国民有権者を騙した罪は極めて重く大きい。
其の実態は集団詐欺で在るのは云う迄も無い。
議員バッヂを返上して辞職するのが筋で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:35 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

インフルエンザ大流行。

* インフルエンザ猛威、推定患者数283万人と過去最多に - 産経ニュース
厚生労働省は26日、全国約5千カ所の医療機関から1月15〜21日に報告されたインフルエンザの患者数が、1医療機関当たり51・93人となり、前週(26・44人)を大きく上回ったと発表した。この一週間に全国の医療機関を受診した患者は約283万人と推計され、統計を取り始めた平成11年以降で過去最多となった。
 国立感染症研究所(感染研)によると、全都道府県で前週より患者が増えた。都道府県別では、鹿児島県86・53人と最多で、宮崎県84・97人、福岡県83・99人、大分県82・40人、佐賀県69・64人−の順で、西日本で大きく流行している。
 直近5週間の検査では、21年に新型として流行したA型とB型の割合がほぼ同程度と、B型の患者が増えている。また、小学校などを中心に7536施設が学級閉鎖や休校などの措置を取った。
 加藤勝信厚労相は会見で「外出後の手洗いやせきエチケットなど、さまざまな予防策に努めてほしい」と述べ、せきやくしゃみが出る人はマスクをして感染拡大を防ぐよう呼びかけた。
* 今冬のインフルエンザ、なぜ猛威? A・B型同時流行の影響か(1/2ページ) - 産経ニュース
推定患者数が283万人となり過去最多を記録した今冬のインフルエンザ。専門家は、A型とB型が同時に流行して患者数を押し上げている可能性があると指摘する。厚生労働省は「流行のピークを迎えつつある」との見方を示すが、今後も警戒が必要としている。
 厚労省によると今期は米国やオーストラリア、フランスで過去5〜9年で患者数が最多となるなど、世界的にインフルが流行しているという。例年はA型が12月から2月にかけてB型に先駆けて流行するが、国立感染症研究所の調査では今年はすでにB型の流行が拡大している。感染研の砂川富正室長は「B型がこれだけ早く出るのはあまりないことだ」と驚く。
 済生会中津病院(大阪)の安井良則感染管理室長は「B型の立ち上がりが早くA型と混合して流行している。軽症でもインフルにかかっている可能性があることが知られてきて、そうした患者がきちんと診断されて患者数を押し上げている可能性もある」と分析する。今期はワクチンの製造が遅れ、それが大流行につながったとの指摘もあるが、安井室長は「ワクチン不足が騒がれたことで、逆に打たないといけないという動きにつながった」と否定的だ。
 過去最多の推定患者数を記録したのは15〜21日の1週間。全国的に厳しい冷え込みが続いていたが、専門家によると、インフルは沖縄などで夏に流行することもあり、気温が低いから流行するわけではない。ただ、「空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下する。そのため例年、乾燥する冬場に流行すると考えられる」(厚労省の担当者)という。
全国約1万カ所の薬局の情報を集める「薬局サーベイランス」では、都心で大雪となった22日には全国で今期最多の推定患者数を記録しており、流行は続くとみられる。
 池上総合病院(東京)の辻祐一郎小児科長は「B型はせきや鼻水などの症状はあるのに、熱があまり上がらず微熱程度ということがある」と話す。高齢者などは感染しても高熱が出ないこともあり、注意が必要だ。
今冬のインフルエンザが大流行と云うが、統計開始以来最大規模で在ると云う。
国内問題だけでは無く世界的な流行と云うのだから、其の規模は恐ろしく拡大してる。
手洗いや嗽の励行だけでは無く、感染経路の遮断等出来る手立ては積極的にすべきでしょう。
感染しない感染させない努力が肝要です。
posted by 天野☆翔 at 23:30 | Comment(0) | Heavenly body | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

伝聞を記事化する日刊ゲンダイ。

* 安倍首相が一転…平昌出席の決定打は朴前大統領への私信|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL
韓国が慰安婦問題に関する日韓合意を事実上ホゴにした“報復措置”として、要請された開会式出席を拒んでいたのが一転、安倍首相は「事情が許せば平昌五輪の開会式に出席したい」と言い出した。親密メディアを利用して“新次元”の強気外交の演出に必死だが、裏にはのっぴきならない事情が見え隠れする。
■文在寅政権が切った“最強カード”
 アベ発言の伏線は官邸と近い産経新聞(24日付)に掲載されたインタビュー記事だ。国会会期中にもかかわらず単独取材に応じ、日韓首脳会談を念頭にこう気炎を上げていた。
〈日韓合意について、韓国側がさらなる措置を求めることは受け入れることができません。この考え方について、大統領に直接伝えるべきだと考えています〉
〈北朝鮮への圧力を最大化していく方針はいささかもぶれてはならない。この考え方も文大統領に明確に伝えたい〉
開会式に出席する米国のペンス副大統領と日本で会談し、連携強化をアピールして訪韓。日韓合意をひっくり返し、南北融和に傾く文在寅大統領にガツンとモノ申す――そんなストーリーを描いている。
「内閣支持率は下落傾向で、世論もおおむね開会式出席を是としている。当初、開会式出席に難色を示していた米国からGOサインが出たこともあり、訪韓は支持者向けのパフォーマンスにもうってつけだと判断したようです」(官邸事情通)
 一方、韓国は文在寅政権が切った“最強カード”が奏功したとほくそ笑んでいる。それは、安倍首相が朴槿恵前大統領に宛てた文書だという。
「朴槿恵前大統領が弾劾訴追で青瓦台を追われたドサクサに紛れ、文在寅政権が入手した機密文書の中に安倍首相が朴槿恵氏に宛てた私信があり、〈慰安婦問題については個人的に謝罪する〉といった文面が記されていたと聞きます。慰安婦問題の解決を急ぐ安倍首相が日韓合意の早期実現のために送ったようで、〈日韓合意を実現できるのであれば、50回でも100回でも謝罪する〉とも伝えていたようです。朴槿恵氏は尹炳世前外相の忠告に耳を貸さず、一気に合意の道筋をつけた。“アベ私信”を手にした大統領秘書室は大喜びで、日韓合意の見直しを後押ししたのです」(外交関係者)
韓国がまとめた日韓合意の検証結果報告書は非公開部分に言及している。それに河野外相が噛み付き、「報告書に基づいて合意を変更しようとすれば、日韓関係がマネージ不能となる」と大騒ぎしたのも妙に合点がいく。
 安倍首相の強気パフォーマンスは、“最強カード”を手にした文在寅の揺さぶりを招きかねない。
慰安婦問題に於いて文在寅政権が朴槿恵弾劾のドサクサに紛れて入手したとされる文書が存在したとして、此の伝聞を根拠に記事化した日刊ゲンダイ。
其の内容は朴槿恵に対して安倍晋三内閣総理大臣が個人的に謝罪すると云う内容。
此れが事実なので有れば、南朝鮮はとっくの昔の公開してたで有ろう。
伝聞は伝聞でしか無く其処に何の根拠も無いのだと自覚しない。
関係者の証言として昔から政府批判の材料にしてたが、最早此の手法は一切通用しません。
発信元の特定をしてこその報道なのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

小池晃が安倍晋三内閣総理大臣を批判。

* 安倍首相は「AIどころか壊れたテレコ」=答弁8パターン−共産幹部批判:時事ドットコム
「人工知能(AI)どころか壊れたテープレコーダーだ」。共産党の小池晃書記局長は26日の記者会見で、参院代表質問での安倍晋三首相の答弁について、素っ気ない表現の繰り返しが目立つと批判した。「テープレコーダーだって、もうちょっとバリエーションがあるんじゃないか。同じ答弁書を使い回している」と述べ、改善を求めた。
 小池氏は、首相の答弁には「丁寧に説明する」「適材適所だ」「指摘は当たらない」など八つのパターンがあると紹介。「どんな質問をしても、だいたい言うことはほぼ決まっている。これ(8パターン)があれば(首相は)全て答えられる」と皮肉った。
壊れたテープレコーダーだとか答弁で八つの定型文を使い回してるだのとして批判したが、お前等日本共産党こそ完全にワンパターンの批判しかして無いのだから、批判する筋合いは一切無い。
主張の内容の趣旨は毎回同じなのだから、自分達こそエンドレスカセットテーププレイヤーでしか無い。
何か批判すれば其の批判は自分達に返って来るのだと何故自覚しないのか。
こんな馬鹿集団で気違いの思想だから支持率は上がらないのです。
posted by 天野☆翔 at 23:17 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

和歌山県太地町がデンマークのクラクスビークと姉妹都市提携。

* 「圧力に対し国際的価値」和歌山県太地町がデンマークの捕鯨の町と姉妹都市連携  - 産経WEST
捕鯨やイルカ追い込み漁で知られる太地(たいじ)町と、同様の追い込み漁を行っているデンマークの自治領、フェロー諸島の町、クラクスビークとの姉妹都市提携締結。24日、記者会見した三軒一高町長は「生きるために海洋生物資源に依存してきた両町の共通項を生かし、末永く互いに発展していきたい」と喜びを語った。
 三軒町長らは今月16日から22日にかけて、クラクスビークを訪問。「念願だった訪問は現地で大変な歓迎を受けた。私たちの願いが十分に伝わっていたのだと思います」と三軒町長は振り返った。
 太地とクラクスビークには互いに追い込み漁という伝統的な文化がある。しかし、両町ともに反捕鯨団体の妨害などに遭ってきた。三軒町長は今回の提携実現で「お互いの町というだけではなく、国同士でも捕鯨にとってよい協定になったのではないか」と、反捕鯨の圧力に対し、国際的な価値があるとの思いを述べた。
 現地での提携締結に際し、クラクスビークのヨグバン・スコアハイム町長も「お互いが歴史的に海洋生物資源に依存してきた。将来にわたって私たちの友情が豊かになると確信しています」とコメント。年内にはスコアハイム町長が太地町を訪れる予定にもなっているといい、三軒町長は「子供たちの交流など教育面やビジネスなど、将来的にさまざまな交流が進んでいくと思う」と話していた。
此の姉妹都市提携の背景には捕鯨での追い込み漁が共通して居り、此の事で締結の運びに成った。
国際的な捕鯨への圧力に共に闘う同士、親交を深め拠り良い都市間の繋がりに大いに期待したい。
posted by 天野☆翔 at 05:29 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

草津白根山噴火で殉職された自衛官。

* 【草津白根山噴火】部下かばい…背中に噴石 亡くなった陸自隊員の伊沢隆行さん 知人ら「情熱に溢れた人」「自衛官として立派」(1/2ページ) - 産経ニュース
噴火で亡くなった陸上自衛隊第12旅団第12ヘリコプター隊の伊沢隆行さんは、部下の隊員をかばって上に覆いかぶさった際に噴石の直撃を受けていたことが25日、関係者への取材で分かった。防衛省が伊沢さんの氏名を公表した25日、関係者からは改めてその死を悼む声が上がった。
 陸自によると、伊沢さんは23日午前、スキーの上級者グループの一員として、重軽傷を負った他の隊員7人とともに草津国際スキー場で行われた訓練に参加。山頂付近から滑り始めて数分後に噴火が発生し、コース脇の雑木林に避難したが、そこにも噴石が降り続いたという。伊沢さんは噴石から部下の隊員をかばおうと上に覆いかぶさったところ、背中に噴石が直撃した。その後、軽傷の2人が全員の意識があることを確認し、麓にいた隊員に報告。伊沢さんは搬送中に心肺停止状態になり、病院で死亡が確認された。
 「どうか嘘であってくれと願ったが…。自衛官として職務を全うした彼は立派だと思う。素晴らしい方だった」。こう語るのは、平成25年7月から約5カ月間、仙台市で伊沢さんに整体を教えた今昭宏さん(61)。「青森から車で通学していて、非常に勉強熱心で真面目な生徒だった」と振り返る。
友人らによると、伊沢さんは専門学校卒業後、陸自に入隊、20年以上勤めたが、約5年前にいったん退官して整体を学び、3年前には青森県三沢市で整体院を開いていたという。自衛隊に再入隊したのは昨年のことだった。
 整体の勉強を通じて伊沢さんと知り合ったという群馬県安中市の整体師、河村哲也さん(36)は「いつもニコニコしていて、笑顔の絶えない人。場の雰囲気を和ませてくれる存在だった」と評する。
 人生の目標を問われると、「世界中の人を笑顔にすること」と語り、目を輝かせていた伊沢さん。河村さんは「何事にも熱心で、情熱にあふれていた。尊敬していたのに、こんなことになって今はただ驚いている」と肩を落とした。
 友人らによると、伊沢さんは近く自衛隊を離れる予定だったとみられる。本人のインスタグラムには、訓練の直前、「自衛官生活も残り少ないので日々が愛おしいです。からだをリセットして来週からの訓練に臨みたいと思います」と書き込まれていた。
 伊沢さんが所属する陸自12ヘリ隊の隊長、桑畑英紀1等陸佐は「訓練中の事故により、かけがえのない隊員を失ったことは痛恨の極み」とコメントした。
草津白根山で訓練中だった自衛隊の一行で在ったが、噴火で部下を庇って負傷した人物が病院で死亡確認されたが、此の人物は伊沢隆行氏で在った。
例え部下で在っても人命救助には代わりは有りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 05:24 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

稲嶺進陣営が建築基準法違反。

* 名護市長選で稲嶺進氏事務所、違法設置 県が是正勧告 - 産経ニュース
28日告示、2月4日投開票の沖縄県名護市長選で、3期目を目指して出馬を予定する現職、稲嶺進氏(72)の陣営が昨年11月に市内に開設した後援会事務所が、建築基準法が定める手続きを経ないまま無許可で使用されていることが24日、分かった。稲嶺陣営は告示後に選挙事務所として使用するが、現職サイドの法令違反に有権者らから厳しい目を向けられそうだ。
 建築基準法では、プレハブ造りの選挙事務所など短期間設置する仮設建築物についても建設主事(名護市の場合は県)に対し建築確認申請を行わないで着工したり、完了検査を経ずに使用したりすることを認めていない。怠った場合、違法建築物として取り締まりの対象となる。
 稲嶺陣営は昨年11月6日に後援会事務所開きを行った。県北部土木事務所によると23日、後援会事務所で設置状況を調査した結果、建築基準法上の手続きが一切とられていないことが確認された。このため「適正ではない」として関係書類の提出など早期に是正するよう稲嶺陣営に勧告したという。
 県北部事務所は「ただちに使用を制限することはない」としており、事務所の使用は当面可能だが、「書類の提出が遅れた場合に検討する」ともしている。稲嶺陣営は「担当者が会議で外出しており、連絡が取れない」と答えた。
 名護市長選には新人の元市議、渡具知武豊(とぐち・たけとよ)氏(56)も出馬を予定している。
公職選挙法の事前運動の案件で極めて有名な稲嶺進だが、後援会事務所が建築基準法の手続きを踏まない建造物を勝手に使用してた事が明らかに成った。
公職選挙法だけでは無く建築基準法も違反してるので有れば、遵法意識は皆無なのでしょう。
全く呆れ果てて開いた口が塞がらない。
こんな人物を議会に送り込むのかと考えると、有権者は余程の馬鹿で在る。
posted by 天野☆翔 at 05:18 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

特定失踪者家族会が国際刑事裁判所に申し立て。

* 【北朝鮮拉致】正恩氏捜査申し立て 人道への罪 「特定失踪者」家族ら国際刑事裁に - 産経ニュース
北朝鮮による日本人拉致をめぐり、拉致被害者や、拉致の可能性が排除できない「特定失踪者」家族らは24日、オランダ・ハーグの国際刑事裁判所(ICC)を訪れ「人道に対する罪」で金正恩・朝鮮労働党委員長らを捜査するよう申し立てた。家族によると、ICCは今後、捜査の可否を判断するための検討を進める方針という。
 拉致をめぐっては国連調査委員会が「人道に対する罪」として国連安全保障理事会にICCへの付託を勧告するなどしているが、実現しておらず、家族は直接的な働きかけで国際司法の自発的対処を促す狙い。
 ICCには特定失踪者家族会の大沢昭一会長や、政府認定被害者の増元るみ子さん(64)=拉致当時(24)=の弟、照明さんら7人が訪問。このうち大沢さんら3人がICC検察局の担当者と面会し申立書などを提出、受理された。
 大沢さんは面会後、「家族が待ち続けているような判断をしてもらいたいと伝えた」と述べた。代理人の須田洋平弁護士は今後も追加の情報提供など検察局とやりとりが続く可能性があるとし、「結論には時間がかかる」との見解を示した。
 申立書では金委員長らについて「人道に対する罪を犯しているか、教唆・幇助(ほうじょ)している」と指摘。拉致被害者や特定失踪者ら計545人のリストも添付した。
 ICCの設立規定では、検察官は安保理や締約国の付託がなくても、情報収集・分析の結果、管轄権などの要件を満たし、「合理的な基礎」があると判断されれば、自発的に正式捜査を始められる。
拉致被害者や拉致の疑いが濃厚な特定失踪者の家族会は、国際刑事裁判所に人道に対する罪で申し立てをし、同所は此れを受理しました。
連合国は此れを勧告したが全く事態は推移して居らず、直接的な動きが出来る国際刑事裁判所への働き掛けでどう動くのか。
今後捜査が為されるとしても障害は無いのかの懸念は拭えない。
とは云え、一日も早い解決が望まれます。
posted by 天野☆翔 at 05:11 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

朝日新聞の他人事。

* (社説)首相訪韓へ 平和を築く決意の場に:朝日新聞デジタル
韓国で来月9日に始まる平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式に、安倍首相が出席する意向を表明した。
 当然の判断である。東アジアはこれから平昌を皮切りに、東京、北京と2年ごとに五輪の舞台となる。そのスタートの式典に日本の首相の姿がなければ、何とも不自然だろう。
 自民党の一部には、最近の慰安婦問題をめぐる韓国の動きに反発し、出席に否定的な声がくすぶっている。だが、政府間の摩擦を理由に、五輪の式典参加を左右させるのは不見識だ。
 国際的な対立や困難を乗り越える平和の祭典の実現に最大限協力するのが、日本のあるべき姿である。
 日韓両政府の関係を立て直すうえでも、首相の訪韓は好ましい。この機を逃さず、文在寅(ムンジェイン)大統領と腹蔵のない意見交換を図り、異論があっても自然に対話できる関係を築くべきだ。
 首相は、2年前に結んだ慰安婦問題をめぐる日韓合意の履行と北朝鮮問題を話し合いたい、としている。
 韓国側は合意をめぐる新方針として、日本に再交渉は求めないとしつつ、自発的な誠意ある行動を期待すると呼びかけた。
 日韓双方が汗をかき、困難な決断をした合意であり、尊重すべきだ。元慰安婦らの心の傷をいかに癒やすかが合意の本質だったことも忘れてなるまい。
 ただ、政府が合意しても、不幸な歴史をめぐる国民感情をときほぐすには時間を要し、その過程では両政府の不断の行動の積み重ねが求められる。
 その意味で安倍政権が、合意ですべてが解決したかのように振るまうのは適切ではない。
 文政権も、朴槿恵(パククネ)前政権を批判するあまり、当時できた合意を突き放すなら無責任だ。
 両政府とも率直な対話を厭(いと)わず、それぞれが自国民に向かって両国関係を前進させる価値を説く機会を増やすべきだろう。
 喫緊の懸案である北朝鮮問題をめぐっては、金正恩(キムジョンウン)政権が韓国との対話に乗りだす局面が新たに生まれている。
 これを本格的な緊張緩和につなげるには、やがて米朝、日朝の対話へも導く必要がある。その意味でも日韓と米国の緊密な意思疎通が欠かせない。
 脅威は依然衰えぬままだが、北朝鮮の選手団も加わって平昌五輪は幕を開ける。だからこそ日韓首脳は肩を並べて祭典を祝し、ともに平和への決意を示さなければならない。
 そのうえで今回の首相の訪韓を、両首脳が合意している「シャトル外交」再開に向けた一歩とするよう望みたい。
慰安婦問題の元凶な癖にして慰安婦問題解決の為の二国間合意の問題を、自称元慰安婦の心の傷に話を摩り替え政府に対して関係改善をせよと主張するが、完全に逝かれた思考で在る。
勝手に被害者に成ったのだから心の傷も何も無いのだ。
同じ心の傷を論うならば、我が国が受けた心の傷の事を最優先にして考えねば為らない。
戦犯が何を居丈高に成って主張してるのかと、厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

民団が南朝鮮に寄付。

* 在日同胞 平昌五輪・パラリンピックに2億円寄付
在日同胞が、母国で開かれる平昌冬季五輪・パラリンピックの成功を願い2億円を寄付した。
在日本大韓民国民団(民団)中央本部の呉公太(オ・ゴンテ)団長は24日、ソウルの大会組織委員会事務所で開かれた寄付金の伝達式で、「スポーツを通じた和合と祭典の場である平昌五輪を応援しようと、在日同胞が少しずつ出し合った」と述べた。また「関心と支援が相対的に不足しているパラリンピックの広報や選手激励に使われればうれしい」と語った。
 組織委の李熙範(イ・ヒボム)委員長は「在日同胞たちの真心は大会の成功に大きな力になる」と述べ、感謝の意を示した。
 寄付金は兪在根(ユ・ジェグン)民団中央本部常任顧問が1億円、呉氏が1000万円を出したほか、民団の地方本部や傘下団体を通じて集められた。
 呉氏は式の後、聯合ニュースの取材に「差別に耐えて日本社会に根を下ろした在日同胞にとって、母国は常に実家のような存在のため、うれしいことも悲しいことも共にしたい気持ちがある。3カ月という短期間に期待以上の寄付が集まった」と話した。
 在日同胞社会は1988年のソウル五輪の際に100億円を寄付し、90年代後半のアジア通貨危機の際には15億ドルを送金し韓国の国債300億円分を買い入れるなど、母国の一大イベントや危機に惜しみない支援をしてきた。
平昌五輪の成功を願い二億円を寄付した民団だが、「差別に耐えて日本社会に根を下ろした在日同胞に取って、母国は常に実家の様な存在の為、嬉しい事も悲しい事も共にしたい気持ちが在る」等と主張。
差別に耐えたと云うが、差別をして来たのは何処の誰なのか。
そんな金が在るならば我が国に居座る必要性は無いのだから帰国したら如何かな。
第一其の金は何処から出て来たモノなのかを説明せよ。
帰国可能な法整備が出来たのだから喜んで帰れば宜し。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

青瓦台が気違い論調展開。

* 平昌五輪:米国の意向で開会式出席決めた安倍首相-Chosun online 朝鮮日報
安倍晋三首相が24日、平昌冬季五輪開会式出席を決めたのは「2020年東京五輪での協力」と「米国との北朝鮮の核問題協力」を優先した判断によるものと日本の各メディアでは分析している。安倍首相は文在寅(ムン・ジェイン)政権の2015年慰安婦問題韓日合意検証に対して不快感を抱いており、日本国内の反韓感情も高まっている。だが、それでも安倍首相には平昌に行くという選択をせざるを得ない「外交的実利」があるということだ。産経新聞は同日、安倍首相の平昌五輪出席について「リスクを取ったぎりぎりの決断」と報じたした。平昌五輪に出席する一方で、安倍首相は支持層を意識して韓日首脳会談時に慰安婦問題などで強く主張するだろうという見方だ。
■「東京五輪が最優先課題」
 読売新聞の最近の世論調査によると、回答者の絶対多数が慰安婦問題に関連して、「文大統領の方針に納得できない」(86%)、「韓国政府からの追加要求には応じないとする日本政府の方針を支持する」(83% )と回答したという。このため、安倍首相も当初、平昌五輪出席に否定的な立場だったとされる。
 このような状況の中で、安倍首相が見解を変えたのは、2020年の東京五輪開催成功が日本の最優先課題だからだ。五輪を成功させるには隣国の協力が不可欠だ。韓国政府関係者は「日本も2年後に応援のため東京に来る韓国人観光客を意識せざるを得ないだろう」と言った。菅義偉官房長官は「東京五輪を控え、今回の五輪の成功に協力したい」と述べた。安倍首相は平昌五輪に出席して自国選手たちを激励する一方、2年後に開催される東京五輪への関心も促すものと予想される。
■「米国が安倍首相に平昌行きを強く要請」
 また、米国の強力な圧力も安倍首相の平昌行きに影響を及ぼしているとのことだ。産経新聞は同日、日本政府高官の話として、「実は、米ホワイトハウスからも安倍首相に(ペンス米副大統領と一緒に)開会式に出てほしいという強い要請があった」と報じた。また、「韓国に対し、行き過ぎた対北朝鮮融和政策に走らないようクギを刺したい米国が、パートナーとして安倍首相を指名した形だ」とも伝えている。米国が韓国政府の対話加速をけん制するため、安倍首相の背中を押したこということだ。
 安倍首相は同日、「文大統領に、北朝鮮に核・ミサイル計画を放棄させるため、圧力を最大限まで高めていく方針からぶれてはならないことを直接伝えたい」と述べた。これは、米国と連携した対北朝鮮協力の強化が、韓国訪問時の主要議題になるということだ。日本政府内には今も、韓国政府が南北対話のために国際的制裁・圧力での協力を壊すかもしれないという見方がある。今月16日のカナダ・バンクーバー会議で河野太郎外相は「我々は(南北対話で現れた)北朝鮮の意図をあまりにも純真に(naive)受け入れたり、北朝鮮の魅力攻勢(charm offensive)に目をくらませたりしてはならない」と語った。
■「慰安婦合意の履行要求」
 「安倍首相の訪韓決定で韓日関係改善を楽観するのは早い」という指摘もある。日本国内の反発を鎮めるため、安倍首相が慰安婦問題などで強硬な姿勢を取る可能性が高いからだ。
 自民党議員らは同日、外務省の実務担当者などに「首相が平昌に行って何を得られるというのか」「韓国と国際社会に『日本は慰安婦合意履行に固執しない』という間違ったメッセージを与える恐れがある」と追及したと報じられた。安倍首相は、こうした世論を意識して衆院本会議で、「慰安婦合意について日本政府の考え方を明確に伝えていきたい。韓国側に約束を誠実に履行していくよう働きかけていく」と述べた。菅官房長官も「(安倍首相が平昌に行くからと言って)慰安婦合意を1ミリたりとも動かす考えはない」と言った。
 韓国大統領府関係者は「日本がそう言ってきたら、『前政権の合意で慰安婦問題が解決したと見なすことはできない』という一貫した見解を述べる」と語った。韓日首脳会談で顔を紅潮させて言い合う状況になることもあるということだ。
慰安婦問題解決の為の二国間合意に関して、此れの履行を強く求める我が国の対応として青瓦台は以下の様に主張した。
「前政権の合意で慰安婦問題が解決したと見なすことはできない」。
と云う事は、過去の政権がして来た事は全て無効と云う事で在る。
慰安婦問題や徴用工問題で騒いだ事も無効と云う事で、南朝鮮は自爆の道を選択したも同然で在る。
其の癖して権利主張は継続するのだから、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
強請り集りだけは固持するのだから、此奴等の乞食根性は根深い。
posted by 天野☆翔 at 23:27 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

連合国パレスチナ難民救済事業機関事務局長が日本に集りに来る。

* 拠出金凍結「最大の危機」=米批判、日本の支援に期待−国連機関トップ:時事ドットコム
イスラエル建国などで大量発生したパレスチナ難民の支援を担う国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のクレヘンビュール事務局長は24日、東京都内で時事通信のインタビューに応じ、トランプ米政権がUNRWAに対する拠出金の大幅な凍結を決めたことについて「過去最大の危機だ」と訴えた。一方、日本のこれまでの支援への謝意を表明し、今後の資金拠出拡大への期待感を示した。
 事務局長は米国の対応に関し、米政府高官と昨年11月に会談した際はUNRWAへの支持表明があったと指摘。米国が1月に入って「組織運営への不満」を根拠に方向転換したことは「後付けの理由で、非常に残念だ」と批判。「政治と人道支援は切り離して考えるべきだ」と強調した。
 米国は16日、UNRWAへの2018年の拠出金1億2500万ドルのうち6500万ドル(約72億円)の支払いを凍結すると発表。その背景には、トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と一方的に認めたことに反発するパレスチナ自治政府への不満があるとみられている。
アメリカが拠出金を凍結した事で、我が国の支援が必要だとして都内で時事通信のインタビューに応じたが、我が国は常任理事国でも無いのだから拠出金を出す必要性は無い筈だ。
常任理事国で在る支那やロシアに対して要求すべきで在る。
役立たずの組織と化した連合国に対して、資金提供する事の如何に無意味な事かと云う事です。
資金要求するなら組織の立て直しを図ってから物を云えと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

領土主権展示館が開館。

* 竹島・尖閣資料館がオープン 東京・日比谷公園 「日本固有の領土」訴え - 産経ニュース
政府は25日、島根県・竹島と沖縄県・尖閣諸島の関連資料を展示する「領土・主権展示館」を東京・日比谷公園の市政会館にオープンさせた。常設施設として「日本固有の領土」であると国内外に訴えるのが狙い。
 約100平方メートルのスペースには、竹島を島根県の所管にすると決めた1905年の閣議決定文書や、明治時代に日本人が尖閣諸島を開発した様子が分かる写真を複製した展示品が並んでいる。入館無料。開館時間は午前10時から午後6時までで、土、日曜、祝日と年末年始は休館となる。
竹島や尖閣諸島が我が国の領土で在ると云う根拠を示した関連資料を展示する施設が本日開館しました。
入場料は無料と云う事で、改めて幅広く周知徹底させる必要性が在る事から大いに歓迎すべき事でしょう。
領土に関する意識が改めて喚起される事を願いたい。
posted by 天野☆翔 at 23:13 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

二階俊博の思い上がり。

* 【平昌五輪】自民・二階俊博幹事長、安倍晋三首相の開会式出席を支持 「韓国に行かず『日本に来て』は通用しない」 - 産経ニュース
自民党の二階俊博幹事長は24日、安倍晋三首相が平昌五輪の開会式に出席することについて「韓国で(五輪が)開かれるときは行かないことにしておいて、日本で何かやるときには来てもらいたいなんて国際社会では通用しない」と述べ、2020年東京五輪・パラリンピックで韓国首脳を招く可能性を見据え、今回の首相の判断を支持する考えを示した。党本部で記者団に答えた。
 慰安婦問題をめぐる日韓合意に否定的な韓国の文在寅政権の対応を踏まえ、党内で首相の出席に反対論が広がったことについては「それなりの見識を持って述べているのだろうから国民が評価するだろうが、そういう考えもあると聞いておくだけで、まともに議論する問題じゃない」と切り捨てた。
安倍晋三内閣総理大臣が平昌五輪に出席を検討表明した事に関して、五輪が開かれる時は行かずに、日本で何か遣る時には来て貰いたいなんて国際通念上通用しないと曰ったが、其の言葉は文在寅にこそ向けられるべきなのだ。
政府側内部関係者が云う言葉では無いと云う事を言明して置く。
五輪を利用して来て欲しいと云う事こそ、国際通念上通用しないのだと理解しろ。
posted by 天野☆翔 at 06:08 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

警視庁の合成麻薬の押収量が過去最高。

* 危険ドラッグ185キロ、36億円相当押収 貯蔵容疑で男6人逮捕 警視庁 - 産経ニュース
東京都練馬区のアパート一室で危険ドラッグ約185キロ(約36億円相当)を販売目的で貯蔵したとして、警視庁組織犯罪対策5課と関東信越厚生局は24日、医薬品医療機器法違反(販売目的貯蔵)の疑いで、新宿区戸山の職業不詳、米谷勝己容疑者(35)ら男6人を逮捕した。組対5課は認否を明らかにしていない。押収量185キロは警視庁では過去最大で、全国でも異例だという。
 組対5課によると、アパートの大家から通報を受け、平成28年6月8日に一室を家宅捜索したところ、危険ドラッグ「エフェクト」などとみられる大量の粉末や葉片、錠剤のような固形物が発見されたという。
 製品は、インターネットなどを通じて販売していたとみられる。アパートからは鍋や袋詰めして封をするための器具なども見つかっており、組対5課は米谷容疑者らがここで危険ドラッグを製造していた可能性もあるとみて調べている。
 逮捕容疑は、28年6月8日、練馬区内のアパートで、指定薬物8成分を含む粉末などを販売目的で貯蔵したとしている。
警視庁の組織犯罪対策課と関東信越厚生局の共同摘発で、一回の合成麻薬の押収量としては過去最高の事件が確認されました。
此の事案は氷山の一角と見做さなければ為らないでしょう。
合成麻薬は今でも流通してる事を考えると、大規模な製造現場が必ず在る筈なのです。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

外務省が北朝鮮の制裁逃れの証拠を示す。

* 外務省が北朝鮮の「制裁逃れ」写真を公表 海自P3Cが20日に撮影 - 産経ニュース
外務省は24日、北朝鮮船籍が国連安全保障理事会の制裁に反して石油などを密輸するため、洋上で積み荷を船から船に移し替える「瀬取り」を行っていたとして、海上自衛隊が撮影したタンカーの写真をホームページ上で公表した。政府は国連安保理の北朝鮮制裁委員会に通報するとともに関係国にも情報を提供したという。
 公表した写真は、海自のP3C哨戒機が1月20日午前に東シナ海公海上空から撮影した4枚。ドミニカ船籍タンカー「Yuk Tung号」が北朝鮮船籍タンカー「Rye Song Gang1号」に横付けしたことから、政府は国連制裁決議で禁止された「瀬取り」を行っていたと判断した。
 国連安保理制裁委は昨年12月、「Rye Song Gang1号」が禁制品輸送に関与したとして加盟国入港を禁止する対象に指定している。同船は「Song Hae号」に偽装しており、北朝鮮による制裁逃れの意図が強く疑われるという。
ドミニカ船籍のタンカーが北朝鮮船籍のタンカーに横付けし、物資の受け渡しの瀬取りの証拠として写真を公開した。
此れが事実ならば言語道断で在るが、疑わしい行動をしてるのも問題で在る。
国際機関は此の情報を重く受け止め、北朝鮮船籍の動向を徹底的に監視し、注意しなければ為らない。
一切の接触を断つ必要が在る。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

安倍晋三内閣総理大臣が平昌五輪開会式に出席表明したが。

* 【平昌五輪】安倍晋三首相「事情が許せば出席したい」 自民党部会では反対論が噴出(1/2ページ) - 産経ニュース
安倍晋三首相は24日、2月9日に行われる平昌五輪の開会式について、官邸で記者団に「事情が許せば出席したい」と明言した。首相は訪韓中、韓国の文在寅大統領と首脳会談を行う考えも示した。ただ、24日の自民党会合では「韓国と国際社会に間違ったメッセージを送る」と反対論も噴出した。
 首相は文氏との会談の際に、慰安婦問題に関する日韓合意をめぐり「日本の立場をしっかりと伝えたい」と述べ、これ以上の追加的措置は一切取らないという日本政府の方針を説明する考えを強調した。北朝鮮の核・ミサイル開発については「日韓米でしっかり連携し、最大限まで高めた圧力を維持していく必要性を伝えたい」と述べ、対北の融和姿勢が目立つ文氏にクギを刺す意向も示した。
 首相は衆院本会議でも発言し、日韓合意について「約束を誠実に履行するよう働きかける」と述べた。
 自民党の「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」と外交部会の合同会議では、出席者から「内閣支持率がぐんと下がり、禍根を残す」と首相の出席を懸念する発言も出た。中曽根弘文委員長は慰安婦問題で日本の謝罪を求める韓国の新方針について「信義に欠ける状態になったことは遺憾だ」と批判した。
一方、自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は24日、東京都内のホテルで会談し、首相訪韓の実現に向け、国会の日程調整を急ぐ方針で一致した。

 【ソウル=名村隆寛】韓国大統領府は24日、安倍晋三首相が平昌五輪開会式への出席を表明したことについて「日本側が訪韓の意向を公式に伝えてきたことを歓迎する」と表明した。
 大統領府は「安倍首相の平昌五輪を契機とした訪韓が韓日両国の未来志向的な関係発展につながるよう、日本政府と緊密に協力していく」ともコメントした。
飽く迄記者団に表明したのは「事情が許せば」と云う前提付きで在って、無条件での参加表明では無い事に注目したい。
開会式迄の間で何か懸案事項が持ち上がれば中止も考慮するでしょう。
然し、此の表明を額面通り受け取り喜んでるのは南朝鮮で在る。
此の時点で既に誤った情報伝達が為されたと見做される。
とは云え、一度も会談が実現して無い文在寅に対して、北朝鮮への制裁決議と慰安婦問題解決の為の二国間合意の履行を強く求める動きを直接しなければ為らないのは云う迄も無い。
批判の材料にする動きが支持率低下の懸念に成ってるが、最後迄見届ける必要が在る。
posted by 天野☆翔 at 23:15 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

翁長雄志が米軍はクレイジーと主張。

* 翁長雄志・沖縄県知事「米軍全体がクレイジーになっている」 米軍機トラブル、再発防止を要請に - 産経ニュース
沖縄県の翁長雄志知事は24日、県内で相次ぐ米軍機トラブルについて徹底した原因究明や再発防止策を求めるため、国会内で公明党の山口那津男代表と会談する。23日夜にも米軍の普天間飛行場(同県宜野湾市)所属のヘリコプターが渡名喜村に不時着した。翁長氏は会談後、外務省を訪れ、堀井巌政務官に同様の申し入れを行う予定だ。
 翁長氏は24日、渡名喜村での不時着について、那覇市内で記者団に「米軍が制御不能になっている。管理監督が全くできない」と批判した。在沖縄米軍トップのニコルソン沖縄地域調整官が8日に、ヘリ不時着に関し県幹部に「クレイジーだ」と謝罪したことを引き合いに「まさしく米軍全体がクレイジーになっている」と強調。日本政府には「当事者能力がない」と指摘した。
翁長雄志は「米軍が制御不能になっている。管理監督が全く出来無い」と批判しクレイジーだと主張したが、此の意識こそ気違いなのだと自覚しろ。
在日米軍憎しの意識が在るからこその発言で在る。
何か問題が在ると必ず飛行禁止を求め、此処に国防の意識は一切無い。
何の為に飛行訓練をしてるのかの認識に大いに欠ける。
要求すべきは再発防止の徹底だけで良いのだ。
posted by 天野☆翔 at 23:08 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

琉球新報こそ傲慢。

* <社説>米大佐「車も故障」 傲慢な支配者意識今も - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
在沖米海兵隊政務外交部長のダリン・クラーク大佐は相次ぐ米軍機の事故などに対する県議会の抗議に対し「車も故障する。未然にチェックするのは厳しい」と述べた。
 米軍機が故障することを当然視し、事故が起きることも防げないと開き直った発言である。断じて許されない。強く抗議する。
 大佐の発言は日本復帰前の傲慢(ごうまん)な支配者意識が、今も米軍に根強く残っていることの表れである。
 B52爆撃機が1968年11月、嘉手納基地で墜落・爆発事故を起こした際、米国務省のスナイダー日本部長は「自動車や旅客機にも事故はある」と述べ、県民から大きな反発を受けた。今回の大佐発言もスナイダー日本部長同様、著しく常識を欠いた発言である。
 県民を危険な状況に置くことに、何ら罪悪感を抱かない米側の沖縄に対する意識は50年たっても変わっていないことを露呈したと言えよう。
 爆弾を積んているかどうかにかかわらず、米軍機が飛行中に故障すれば、大惨事になる可能性がある。地上を走る車の故障と同列に考えることは非常識である。
 車は県民生活に欠かせないものだが、米軍機は騒音などで県民生活に悪影響を及ぼし、県民を危険にさらす存在である。県民にとって米軍は招かざる客であることを、大佐は強く認識すべきである。
 大佐は「事故の数は減っている」とも述べている。事実に反する。防衛省によると、在日米軍の航空機やヘリコプターによる事故・トラブルは2016年の11件から17年は25件と2・27倍に増えている。大佐は何を根拠に事故が減ったとするのか。大佐発言が事実ならば、17年以前に未公表の事故などが多数あったということになる。
 米軍普天間飛行場所属ヘリ3機が宜野湾市の普天間第二小学校上空を飛行した問題について、大佐は空撮地図上の航跡データを示し「真上は飛んでいない」と上空飛行を否定した。故障を当然視する大佐の発言からして、航跡データを記録する機器が故障していることさえ疑われる。
 沖縄防衛局の監視員が学校上空飛行を確認し、第二小に設置した複数のカメラにも映っている。中嶋浩一郎局長は「どう考えても上空だ。決してかすめているという問題ではない」と断言している。防衛局も航跡データを測定している。局長が明確に断定していることからしても、上空飛行は明らかだ。
 大佐が主張する航跡は第二小と普天間中学校の間を通っている。両校は約200メートルしか離れておらず、墜落すれば、大惨事になり、真上を飛ばなければいいという問題ではない。
 大佐も故障発生は不可避としており、学校上空を避けるだけでは不十分だ。県民が住む全地域を飛行禁止にすることを強く求める。
沖米海兵隊政務外交部長の「車も故障する」と云う発言に対して、琉球新報は此れを傲慢と社説で批判したが、此の態度こそ傲慢で在ると自覚して頂きたい。
航空機と車両を一緒にするなと云う思いなのだろうが、結局は全て同じなのだ。
車の故障を論うならば、自分達の使用する車両で一度でも故障をしたら、此の社説は撤回し謝罪しなければ為らない。
在日米軍憎しの意識が在るからこその論調で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:03 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

琉球朝日放送が辺野古基地移設反対派の正体を暴露して仕舞う。

* 琉球朝日放送 報道制作部 Qプラス ≫ チ・ハクスン正義平和賞を授与
韓国の民主化に貢献したカトリック司教チ・ハクスンさんにちなんだ「チ・ハクスン正義平和賞」にヘリ基地反対協議会が選ばれ22日、表彰式が行われました。
「正義平和賞」は、1997年に創設され、人権と平和を守るために闘っている個人や団体を表彰しています。今回、日本国内から初めて辺野古の新基地建設に反対しているヘリ基地反対協議会が受賞しました。
ヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表は、「国際社会に沖縄の基地問題がこのように評価されたということで、非常に誇らしいと私たち仲間は思っています」と話しました。
安次富代表は、「これからも非暴力の抵抗運動で沖縄の平和な島を取り戻したい」と誓っていました。
南朝鮮版のノーベル平和賞でも在る「チ・ハクスン正義平和賞」に、ヘリ基地反対協議会が受賞したが、我が国の内政問題に外国人の関与が完全に確認された上、暴力や脅迫等の犯罪行為を平然としてる団体に平和とは笑わせる。
又、国際社会に評価されたと喜んでるが、南朝鮮の一部に評価されただけで在る。
更に侵略をして来てる支那に対して苦言を呈さないのは、平和の理念に反する行為で在る。
日本政府は外国人の政治活動を禁ずる憲法違反で、此奴等を徹底的に摘発せよ。
posted by 天野☆翔 at 05:35 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

国際オリンピック委員会のお前が云うな。

* 合同入場で使用の朝鮮半島旗に独島描かず 平昌五輪組織委が説明-Chosun online 朝鮮日報
平昌冬季五輪(2月9日開幕)の開会式で韓国と北朝鮮が合同入場する際に掲げる朝鮮半島旗には独島が抜けていることが23日、分かった。
 平昌冬季五輪組織委員会はこの日、大会主要会場の平昌アルペンシアリゾートに設けられたメインプレスセンターで開かれたメディア向けイベントで「南北の選手団が合同入場する際に旗手が掲げる朝鮮半島旗には独島が抜けている」とし、「これは1991年に日本の千葉で開かれた南北合意にともなう結果」と説明した。
 組織委文化行事局の金大顕(キム・デヒョン)局長は済州島を除き、西端の馬鞍島、東端の独島、南端の馬羅島は朝鮮半島旗には含まれないとし、「独島も前例に従う意味で今回表示されない」と説明した。
 朝鮮半島旗が初めて登場したのは南北合同チームが初めて出場した1991年の世界卓球選手権大会で、当時南北は協議を通じ、朝鮮半島と済州島を旗に描いたが、独島などの島は描かなかった。
 だが2006年のトリノ冬季五輪と2007年の長春冬季アジア大会では独島が入った朝鮮半島旗が使用された。日本が独島の領有権を繰り返し主張することから、朝鮮半島旗に独島を含めるべきとの気運が高まったことを受けての結果だ。
 これについて組織委関係者は「2006年トリノ冬季五輪の場合、これまでの合意のとおり、独島が抜けた朝鮮半島旗を使おうとしたが、北側が独島の表記を主張して修正された」と説明した。
 また「国際オリンピック委員会(IOC)は五輪を政治的に活用してはいけないと強く主張している」とし、「実測すれば鬱陵島はもちろん、独島も朝鮮半島旗では見えないのが事実だ。独島を見せること自体、IOCは政治的な行為と認識して受け入れない」と補足した。
南北共同での統一旗を巡り、南朝鮮に対して国際オリンピック委員会は竹島を入れるなと主張し、政治的な活動を牽制したが、北朝鮮の参加を認め費用を負担するとした連合国安全保障理事会の制裁決議違反をしたお前等に云える事かと。
どんな場合に於いても北朝鮮を利する事は制裁決議違反に為るのです。
未だ開催されて無いのだから、政治と五輪の区別は無い。
だからこそ制裁決議違反の案件は認められないのだ。
posted by 天野☆翔 at 05:25 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

Firefox58.0がリリースされました。

MozillaはFirefoxの最新版、Firefox58.0をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Firefox のダウンロード − 自由な Web ブラウザ − Mozilla
* リリースノート | 次世代ブラウザ Firefox

posted by 天野☆翔 at 00:50 | Comment(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

地震情報 2018年1月23日 18時32分頃発生 震源地:北東太平洋(アラスカ湾)。

* 地震情報 2018年1月23日 18時32分頃発生 震源地:北東太平洋(アラスカ湾) - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2018年1月23日 18時32分頃発生 震源地:北東太平洋(アラスカ湾)
23日18時32分ころ、海外で規模の大きな地震がありました。
この地震による日本への津波の影響はありません。
詳しい震源の位置はアラスカ湾です。
PTWCでは23日19時17分に津波情報を発表しています。
発生時刻 2018年1月23日 18時32分頃
震源地 北東太平洋
(アラスカ湾)
位置 緯度 北緯 56.0度 経度 西経 149.1度
震源 マグニチュード M7.9
深さ ---
* Earthquake - Magnitude 8.0 - GULF OF ALASKA - 2018 January 23, 09:31:41 UTC
Global view Magnitude Mw 8.0
Region GULF OF ALASKA
Date time 2018-01-23 09:31:41.5 UTC
Location 55.98 N ; 149.05 W
Depth 10 km
Distances 1895 km NW of Vancouver, Canada / pop: 1,838,000 / local time: 01:31:41.5 2018-01-23
921 km W of Juneau, United States / pop: 31,300 / local time: 00:31:41.5 2018-01-23
287 km SE of Kodiak, United States / pop: 6,200 / local time: 00:31:41.5 2018-01-23
アラスカ湾近海でマグニチュード7.8(モーメント・マグニチュード8.0)の大きな地震が発生しました。
津波情報が出て居ましたが日本列島への影響は無いとの事。
震源地周辺での被害が確認されて居ませんが、大きな被害に発展しない事を祈りたい。
posted by 天野☆翔 at 23:29 | Comment(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

白根山が噴火。

* 噴石飛散1人死亡、11人負傷…草津白根山噴火 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
23日午前9時59分頃、群馬県西部にある草津白根山の「本白根山(標高2171メートル)」が噴火した。
 群馬県などによると、近くにある草津国際スキー場で訓練をしていた陸上自衛隊の隊員1人が噴石に当たって死亡したほか、他の隊員7人とスキー客ら4人の計11人が負傷した。山頂付近には約80人が一時取り残され、自衛隊などに救助された。気象庁は草津白根山の噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げ、噴石などに警戒を呼びかけている。
 気象庁によると、噴火したのは本白根山の山頂近くにある「鏡池」付近で、振幅の大きな火山性微動が午前9時59分頃から約8分間継続した。東京工業大の観測では、火口から1キロ以上離れたところまで噴石が飛散したのが確認されたという。火山性地震も激増したが、すぐに噴火活動は小康状態となったという。同庁は「火山ガスが噴出しており、火口から約2キロの範囲に噴石が飛散する恐れが残っている」としている。
 防衛省によると、死亡したのは陸上自衛隊第12旅団(司令部・群馬県榛東村)第12ヘリコプター隊に所属する陸曹長の男性隊員(49)。当時は隊員30人が雪山での作戦を想定したスキー訓練を実施していた。負傷した7人のうち5人は骨折などの重傷、2人は軽傷。同省は当初、雪崩に巻き込まれたとしていたが、後に噴石による被害だったと説明を改めた。
 群馬県警などによると、スキー客ら4人は、噴石やロープウェー「白根火山ロープウェイ」のゴンドラの割れたガラスの破片で負傷した。
 山頂付近に取り残されたスキー客らについて、自衛隊は午後3時頃からヘリコプターで救助を開始。スキー場の関係者もスノーモービルと雪上車を使って救助活動を行い、午後5時過ぎまでに全員の救助を終えた。
 草津白根山は、2014年6月に噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に上げたが、その後、ガスの噴出や地震発生など火山活動を示す顕著な観測データがなく、「静穏化している」と判断したため、17年6月に1(活火山であることに留意)に引き下げていた。ここ最近は、草津白根山全体での火山活動の高まりを示すデータもなかったという。
 気象庁火山課は「一般的には小さな規模の噴火。顕著な地殻変動は起きておらず、火山性地震も減っているが、このまま終息するかどうかは慎重に判断していきたい」としている。
事前の火山性微動が観測され無い中突如噴火したのは極めて異例ですが、此の噴火に拠って一名が亡くなり、七名が重軽傷を負いました。
警戒基準が二段階引き上げられ入山規制を敷きました。
亡くなられた方には謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者並びに負傷者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
今後は被害が拡大しない事を祈りたい。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

TPP11が合意。

* TPP11、3月8日の署名式で合意 首席会合、「凍結」22項目で協定文も確定(1/2ページ) - 産経ニュース
離脱した米国を除く環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加11カ国による首席交渉官会合が東京都内で23日閉幕し、署名式は3月8日にチリで開催することが決まった。米国の復帰まで効力を棚上げする「凍結」対象は昨年11月の閣僚会合での合意から2つ増え、22項目とすることで協定文も確定した。6カ国以上の国内承認を経た上で来年以降に発効する。
 23日会見したTPP担当の茂木敏充経済再生担当相は「日本とアジア太平洋地域にとって画期的なことだ」と強調し、発効後は「TPPの拡大も視野に入れていきたい」と述べた。
 参加国の国内総生産(GDP)の合計は米国の離脱により、世界の約38%から約14%へ低下したものの、貿易・投資を高いレベルで自由化した経済圏がアジア太平洋地域に誕生することになった。日本が多国間の巨大自由貿易協定(メガFTA)交渉を主導したのは初めて。
 今回の会合では、早期署名に慎重な姿勢だったカナダの動向が焦点だった。カナダは自国文化を守るために外国からの投資を例外的に制限する「文化例外」を求めていた。
各国はカナダの要望は協定の修正につながるとして意見の対立が続き、一時は同国抜きでの署名も視野に入っていた。だが、議長国である日本がカナダの説得に努め合意にこぎつけた。
 会合では、昨年11月の大筋合意時に継続協議としたカナダの要求を含む4項目が中心的な議題となった。
 カナダとベトナムが求めた項目については、関係国が協定文とは別の補足文書を交わすことで歩み寄った。追加する凍結対象は国営石油会社への優遇制限と、石炭産業への投資規制を見直す手続きで、マレーシアとブルネイがそれぞれ凍結を求めていた。
アメリカが離脱しカナダの内政問題から難航して居た環太平洋戦略的経済連携協定が、本日漸く合意に漕ぎ着けた。
其の殆どが知的財産権に関するもので在ったが、我が国の説得に拠り合意の運びに成った。
残すは国内法の整備のみで、三月の署名を経て、参加国の内六箇国以上が国内承認を経て発効に為る。
我が国が経済協定を主導し方針を定めたのは初めてで、非常に意義の在る事でしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:13 | Comment(0) | Economy/Business | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

厚生労働省が生活保護受給者の実態調査実施。

* 生活保護、指導3100件 厚労省が初の実態調査  :日本経済新聞
生活保護受給者のパチンコや競馬などギャンブルについて、全国の自治体が保護費の使いすぎなどを理由に2016年度に計3100件の指導や助言を行っていたことが23日、厚生労働省の初の実態調査で分かった。指導・助言件数のうち約8割はパチンコだった。ギャンブルや宝くじなどのもうけを収入申告しなかったことによる不正受給は100件に上った。
厚労省は「社会常識の範囲内でパチンコなどを行うことを一律に禁止することについては、慎重な検討が必要」としている。ただ、ギャンブルなどへの使いすぎは自立した生活を損なう恐れがある。厚労省は自治体が適切な指導を行えているか検証し、必要な対策を検討する。
 調査結果によると、使いすぎなどによる自治体の指導・助言で最も多かったのはパチンコの2462件(79.4%)。競馬が243件(7.8%)、宝くじ・福引が132件(4.3%)という順だった。
 生活保護費は、国が定める最低生活費から収入を引いた額が毎月支給される。パチンコなどでもうけた場合も収入申告が必要で、16年度は合計で464件、金額は4億260万円だった。内訳をみると、宝くじや福引が215件(金額は3億8675万円)で最多だった。
 一方で、収入申告がなく不正受給としたのは100件(3056万円)に上った。内訳は、競馬が56件(2266万円)、競艇が19件(211万円)という順だった。
 生活保護法にパチンコなどを禁止する規定はないが、「生計の状況を適切に把握するとともに支出の節約を図る」などと生活上の義務が定められている。厚労省によるとギャンブル依存症の受給者も多く、調査結果を踏まえて対策の検討を進めていく。
其の調査の内容はギャンブルに対しての比率だが、パチンコが八割程度の高さを示し異常性が明らかに成った。
他は競馬等の公営ギャンブルで在る。
生活保護の理念を考えれば賭博なぞ以ての外で禁止すべきで在る。
本来の役割から大きく外れ生活費程度にしか考えて無い人が受給してるので有れば、税金の無駄遣い以上の何物でも有りません。
法改正が必要なのは云う迄も無いだろう。
posted by 天野☆翔 at 23:06 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

NHKが重複放送。

* NHKが放送済みの番組を2回にわたって宣伝 「編成ミス」と釈明 - 産経ニュース
NHKが20日に放送した番組について、放送翌日の21日に一部地域を除く全国で2回にわたって宣伝放送を流していたことが22日、分かった。
 NHKによると、番組は20日午後7時からBS1で放送したドキュメンタリー「奇跡のレッスン」。放送翌日の21日午前5時55分から、一部地域の総合テレビ「BSプレマップ」で「20日午後7時から」と宣伝した。さらに、21日午後10時57分からも、九州地方を除く全国の総合テレビで同様に宣伝した。
 NHK広報局は「編成のミスで、誤って終了した番組のPRを放送してしまいました。お詫び致します」とのコメントを出した。
二十日と二十一日付けの事案で、放送済みの番組宣伝を二度に渡って放送した事が明らかに成った。
編成の問題だったと釈明したが、そもそもの問題は番組宣伝する事自体が言語道断なのだ。
こんな運営で受信料徴収だのと問題山積してるので、NHKには抜本的且つ徹底的な改革が求められる。
posted by 天野☆翔 at 23:42 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

第百九十六回通常国会が召集された。

* 【第196通常国会】野党、引き続きスキャンダル追及 与党は憲法改正議論の進展狙う もり・かけ・スパで攻める(1/3ページ) - 産経ニュース
第196回通常国会が22日、召集された。政府・与党は平成29年度補正予算案と30年度予算案を早期に成立させた上で、憲法改正の議論を加速させたい考えだ。対する野党は対決姿勢を鮮明にし、昨年に引き続きスキャンダル追及で政権を揺さぶる考えだ。国会運営の成否は安倍晋三首相の求心力と内閣支持率に直結するだけに、秋の自民党総裁選をにらみ政局含みの国会になりそうだ。
 「わが党は憲法改正を党是とし、議論を重ねてきた。政治家は実現する大きな責任がある。いよいよ実現するときを迎えている」
 安倍首相は22日の自民党両院議員総会で、憲法改正に対する強い意欲を示した。施政方針演説でも改憲議論の前進を訴えた。
 だが、野党第一党の立憲民主党の枝野幸男代表は22日、記者団に「憲法は公権力を縛るためのルール。憲法の定義自体を理解していない方と議論しても仕方がない」と述べ、議論には応じない可能性を示唆した。
 今国会は与野党が対決する場面が多く想定され、改憲議論にも影響しそうだ。
与党は29日にも衆院予算委員会で平成29年度補正予算案の審議を始める方針だが、審議前から与野党が質問時間配分をめぐり対立している。与党は「与党20%、野党80%」と野党に偏重していた近年の慣例を、昨年の特別国会で「与党36%、野党64%」に見直した。今国会ではさらなる与党分の拡大を目指す。
 野党は反発している。日本維新の会を除く野党6党の国対委員長は22日、国会内で会談し、与党側が配分見直しを求めてきても応じず、慣例の踏襲を求めることを確認した。立憲民主党の辻元清美国対委員長は党会合で「そこをはっきりしていただかないと(予算委以降の)国会運営について話し合いができない」と述べ、審議拒否の構えすらみせる。
 野党は予算委で、引き続き森友、加計学園問題を追及し、関係者の国会招致を求めていく。さらに、スーパーコンピューターの開発を手掛けるベンチャー企業による国の助成金詐欺事件にも照準を合わせる。
 起訴された会社社長が安倍政権下で有識者会議委員を務めていた。野党は社長が政権内に人脈があるとみて「政治を私物化した疑惑がある」と追及する。
 これら「もり、かけ、スパ」問題を通じた政権批判キャンペーンに加え、働き方改革法案にも反対し、内閣支持率ダウンを狙う。
自民党は3月25日の党大会までに憲法改正に対する考え方をまとめ、予算成立後の4月以降、衆参両院の憲法審査会で具体的な議論を詰めたい考えだ。ただ与野党の対決ムードが強まれば遅滞が避けられない。
 安倍政権は昨年、森友、加計学園問題で内閣支持率を落とし、7月の東京都議選で敗北した苦い経験がある。与党が「野党軽視」の運営をしているとの印象を世間に持たれれば支持率に響くだけに、党幹部は「『謙虚、丁寧』を合言葉に、国会に臨む」と語る。
 対決ムードを極力抑えつつ、憲法議論を促進するという難しい国会運営を強いられそうだ。
働き方改革等重要な法案が控えてる中、憲法改正の論議を進めたい処で在る与党政府だが、野党は相変わらず対決姿勢で建設的な議論が全く期待出来無い上に、マスメディアは既得権益死守で憲法改正に反対の立場で批判報道が確実視される。
今国会は安倍内閣始まって以来の難しい運営に為る事は間違いは無く、慎重且つ丁寧な説明が改めて求められる。
失態を演じない様にしなければ為らないのは云う迄も無い。
posted by 天野☆翔 at 23:39 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

南朝鮮が施政方針演説に落胆。

* 施政方針演説で改憲を強調した安倍首相、「韓国は重要な隣国」言及せず | Joongang Ilbo | 中央日報
安倍晋三首相は22日、国会施政方針演説で各党に対して改憲案を出すように求めた。
また、韓国に対しては「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」という従来の表現を削除するなど、韓国の慰安婦検証タスクフォース(TF)の活動および追加措置要求に対する反感を示した。
安倍首相はこの日、演説で「国家の形態と理想の姿を語るのは憲法」とし「50年、100年先の未来を見据えた国創りを行いたい」と述べた。
さらに、「各党が憲法の具体的な案を国会に持ち寄り、憲法審査会において、議論を深め、前に進めていくことを期待している」と付け加えた。
国会の連立与党である公明党や改憲友好勢力である維新の会と希望の党、改憲に反対する第一野党である立憲民主党など、すべての政党に改憲論議の場に出てくるよう求めたわけだ。
安倍首相は、施政演説で北朝鮮の核・ミサイル脅威を取り上げて防衛力強化への意志を明らかにした。彼は「北朝鮮の挑発がますます激しくなっている。多様な事態に備えて具体的な行動を取っていきたい」とし「厳しさを増す安全保障環境の現実を直視し、防衛力を強化する」と話した。
安倍首相はこれまでの施政演説で韓国に関連して「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」と表現してきたが、今年はこの表現を使わなかった。
彼は「韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこれまでの両国間の国際約束、相互の信頼の積み重ねの上に、未来志向で、新たな時代の協力関係を深化させていく」にとどめた。
通常国会の安倍晋三内閣総理大臣の施政方針演説で、南朝鮮に対して従来使われて来た「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」と云う文言を削除した事に対して、中央日報は此れを報じた。
慰安婦問題解決の為の二国間合意の履行をしない国に対しては当然の事でしょう。
又、反日政策を断行してる事からも、見捨てられたのだと云う事です。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

南朝鮮与党が本音を漏らす。

* 韓国与党議員「冬季五輪が来月『平壌』で開かれる」 | Joongang Ilbo | 中央日報
韓国与党「共に民主党」の金太年(キム・テニョン)政策委議長が22日午前、国会議員会館で開かれた「国民の生命を守る3大プロジェクト推進計画づくりに向けた党政協議」で「地球村祭りである冬季オリンピック(五輪)が来月『平壌(ピョンヤン)』で開かれる」と述べた。
「平昌(ピョンチャン)」を「平壌」と言い間違ったものだが、当時金政策委議長はこの事実を知らずに発言を継続した。瞬間、現場で取材中の記者団は戸惑った表情を浮かべ、金政策委議長の横にいた禹元植(ウ・ウォンシク)院内代表が「平昌、平昌」と指摘した。金政策委議長はその時初めて「平昌」と述べて「地球村祭りである冬季オリンピックが来月『平昌』で開かれる」と言い直した。
「失言」をした金政策委議長は、党政協議後に開かれた党院内対策会議でも、再び『平壌五輪』という単語を取り出した。「洪準杓(ホン・ジュンピョ)自由韓国党代表や韓国党、最近では安哲秀(アン・チョルス)国民の党代表まで加勢して平壌五輪だの朝鮮半島旗はダメだだのと言っている。彼らの目は開いているが、しっかり見ることのできない『節穴』ではないかと思う」と野党を批判しながらだ。
金政策委議長がこの日党政協議で金榮珠(キム・ヨンジュ)雇用労働部長官に渡したメッセージも議論になった。あるメディアのカメラに捉えられたメッセージには「順天(スンチョン)ジョブワールドを問題視しないでください!金太年事業」と記されていた。金政策委議長の地方区は京畿道城南市寿井区(キョンギ・ソンナムシ・スジョング)だが、故郷は全羅南道順天(チョルラナムド・スンチョン)だ。
共に民主党の政策委議長の金太年が、議会の場で二度も「平壌五輪」と云う表現を使った事が確認されたが、平昌で開かれるとしても実態は北朝鮮に乗っ取られたので、平壌五輪と表現したのでしょう。
与党が此の為体なのだから、其の中身の底が知れると云うもので在る。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

イギリスが南朝鮮から撤退検討。

* 英、韓国からの自国民避難計画を策定中 北朝鮮の攻撃に備え - Sputnik 日本
英軍は、北朝鮮からの攻撃に備えて韓国から自国民を避難させる計画を策定中だ。英タイムズの日曜紙、サンデー・タイムズが関係者の話として伝えた。
スプートニク日本
同紙によると、軍高官の代表団は10月に初めて、状況を見定めるため韓国を2週間訪れた。そこで米国の代表団と会い、韓国と北朝鮮の間の非武装地帯を訪問。現在、代表団は追加作業のため、10日間の日程で再び韓国を訪れている。
米国による北朝鮮への先制攻撃の可能性が不安を煽っている。関係筋によると、北朝鮮はこの場合、反撃として韓国を攻撃する可能性がある。
ある関係筋は「米国は真剣だ。私は長らくこれに携わってきたが、これほど懸念を持ったことはない」と語る。
サンデー・タイムズによると、英国籍の市民およそ8000人が韓国に定住している。また、1年間でおよそ10万人の英国人が韓国を訪れる。軍事衝突や、その脅威が差し迫っている場合、避難地点に向かうよう推奨される。そこから民間ないし軍用機で韓国からの避難が行われる。
南朝鮮に滞在してる英国人の引き上げが真剣に検討されてるとサンデー・タイムズが報じたが、此の根拠としてアメリカが攻撃態勢に在ると云うが、此の事案が無くても朝鮮半島有事が差し迫ってるので危機感を抱いてるのでしょう。
北朝鮮の暴挙に備える必要が在るのは云う迄も無い。
自国民を守るのは何処の国も同じなのです。
posted by 天野☆翔 at 23:21 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

NHKを批判する朝日新聞。

* (社説)NHK 公共性の議論をもっと:朝日新聞デジタル
NHKが18年度から3カ年の経営計画を発表した。放送に加え、ネット配信も活用した「公共メディアへの進化」を重点方針の第一にかかげる。
 だが、華々しいアピールの陰で、視聴者が置き去りにされた感は否めない。
 象徴的なのは、籾井(もみい)勝人前会長が提唱した受信料の値下げが見送られ、一部対象者への減免措置にとどまったことだ。事業収入は過去最高を更新中。毎年7千億円を大きく上回り、20年度の繰越金は600億円を超えるにもかかわらず、である。
 理由としてNHKは、東京五輪に向けたスーパーハイビジョン(4K・8K)の設備投資などに巨費がかかることを挙げる。しかし、そうまでして超高精細な画像がなぜ必要なのか、丁寧な説明はない。「一度値下げすると値上げは難しい」という石原進経営委員長の発言は、世の中にどう受けとめられたか。自己都合が過ぎよう。
 視聴者の視線は厳しさを増している。事実をゆがめた番組づくり、取材費の流用、受信料の着服など不祥事が相次ぐ。報道姿勢をめぐっても、政権との距離感を欠くとして公正さを疑う声は絶えない。いずれもNHKの存立にかかわる問題だ。
 若者を中心にテレビ離れが進み、メディア環境が激変するなか、NHKの公共性とは何か、何が期待されているのか、突っ込んだ議論が必要だ。
 受信料訴訟で政府が最高裁に出した意見書は、災害時などの情報提供を使命と位置づけたが、それにとどまるものではない。NHKには、社会全体に情報を届け、人々の知識や教養を底支えしてきた歴史がある。不確かな言説がネット上に飛びかういま、使命はますます重くなっているとの見方も強い。
 だが、意欲的で優れた番組がある一方で、いい意味でのNHKらしさが薄れてきているのを危ぶむ声は少なくない。表向きは否定するが、現場からは「視聴率主義が強まっている」との嘆きがしきりに聞かれる。
 民放の二番煎じのような安易な演出や、近年目に余る番組宣伝の多さは、NHKに対する信頼を深いところで傷つける。視聴率に結びつかなくても、多様な価値観をすくい上げ、人々のニーズにきめ細かく対応した放送がなされなければ、市民が受信料で支える意義はない。
 上田良一会長は年頭あいさつで「NHKの公共性が問われる年」と述べた。その言葉通り、批判に真摯(しんし)に向き合い、社会との対話を深めることが、この巨大組織に求められている。
NHKの三箇年の経営計画の発表に際して朝日新聞は社説で「事実をゆがめた番組づくり」だの「不確かな言説がネット上に飛びかういま、使命はますます重くなっているとの見方も強い」だのと批判した。
其の言葉はソックリ其の儘朝日新聞に返されるだろう。
虚構新聞で在る事は明白なので、自分達の自己紹介として使えるので在る。
自虐的な社説には大笑いで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:17 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

枝野幸男の言葉遊び。

* 立憲・枝野代表「憲法改正と言っちゃダメ。改悪だから」:朝日新聞デジタル
「憲法改正」なんて言っちゃダメです。「改正」なら賛成だが、「改悪」だから反対。だから、(首相の)安倍晋三さんがやろうとしているのは「改悪だ」と言わないといけない。正直しんどいところがあるが、できれば国会の中で止めたい。なぜなら、国民投票で税金が700億円も800億円も使われる。そして、こんなところに政治的エネルギーを使っている場合ですか?(先に解決すべきは)貧困、格差、過労死、子どもの問題。
 止めるための最大のエネルギーは、「国民投票したら否決だよ」と。安倍さんがどんなに憲法改悪がご趣味であっても貫くことができない。そのためにも「草の根の力」をしっかりと結集する新しいアプローチを前へ前と進めていきたい。
憲法改正の中身がどんな内容で有っても改正で在って、改悪だとか曰うのは明らかに印相を悪くする発言で、世論誘導をしてる。
自由民主党は憲法改正草案を示し、此れを叩き台として俎上に載せてるが、立憲民主党は此れすらもして無いので一方的な批判は卑怯で在る。
他にすべき事が在るとして、貧困、格差、過労死、子どもの問題等を上げてるが、民主政権時代に解決処か悪化させた元凶の一人が何を曰うのかと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 05:21 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

炎上沈没したタンカーの被害は深刻。

* 東シナ海タンカー沈没、4方向に油流出 仏パリの広さに拡散 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
中国沖の東シナ海(East China Sea)で石油タンカーが貨物船と衝突・炎上し沈没した事故で、中国国家海洋局(SOA)は17日夜、流出した石油が4方向に帯状に広がり、約101平方キロメートルの範囲に油膜が浮いていると発表した。これはフランスの首都パリの広さに相当する。
 軽質原油13万6000トンを積載したイラン企業所有のタンカー「サンチ(Sanchi)」(全長274メートル、パナマ船籍)は、東シナ海で香港船籍の貨物船「CFクリスタル(CF Crystal)」と衝突。8日間炎上を続けた後、14日に沈没した。イラン人30人、バングラデシュ人2人の乗組員のうち見つかった遺体は3人にとどまっている。
 SOAはウェブサイトで、石油の流出状況を監視しつつ「拡散を食い止めようと試みている。また、海洋生態学的環境への影響を評価するため尽力している」と述べた。
 一方、交通運輸省は17日夜、サンチは水深約115メートルの海底に沈んでいるとして、ロボットを投入して船体の調査に当たる方針を明らかにした。
 サンチに積載されていたコンデンセート(超軽質原油)は流出した場合、一般的な石油流出事故のように海面に油膜が広がらないが、海水からの分離はずっと難しく、海洋生物にとっては極めて有毒だ。今回サンチが沈没した現場付近の海域は、国際環境保護団体「グリーンピース(Greenpeace)」によればケンサキイカの重要な産卵場所で、カニや魚類の越冬地ともなっているという。
* CNN.co.jp : 沈没タンカーが原油汚染、パリと同等の面積に 東シナ海 - (1/2)
中国東部沖合の東シナ海でパナマ船籍のイランのタンカーが香港船籍の貨物船と衝突し沈没した事故で、中国の国家海洋局は20日までに、流出した原油が4つの油膜を形成し、その広さはパリと同等の約101平方キロに達すると報告した。
この数値は17日時点のもので、今週の最初の日と比べほぼ2倍の規模に拡大した。最大の油膜は広さ48平方キロとなっている。
中国の環境保護活動家によると、衝突した海域は中国で最も豊かな漁場の1つともされる。海流で運ばれる流出原油がこの漁場にどのような悪影響を与えるか監視を続けているとした。
中国政府当局者らは今回の事故が海洋生態系に今後数十年間にわたって影響を与えかねないとも危惧している。
同タンカー「サンチ」は1月7日に貨物船と衝突し、1週間炎上した後に沈没。約100万バレル相当の13万6000トンの原油を積み、イランから韓国へ向かっていた。積荷の原油は軽質の「コンデンセート」で航空燃料などに加工される。
原油の海洋流出で問題になる黒い重質の原油と比べ、容易に揮発するという。
タンカーにはイラン人30人とバングラデシュ人2人の乗組員がいたが、全員の生存が絶望視されている。沈没の数時間前に遺体3体が収容されていた。
原油を輸送してたパナマ船籍のイランのタンカーが香港船籍の貨物船との衝突事故で炎上沈没した事故で、原油の拡散がフランスのパリの面積に匹敵し、此の原油の行方は我が国周辺海域の暖流や黒潮に乗って流れ着く事に為る。
此処迄広範囲の拡散で在る事から、環境面での深刻な汚染が心配されます。
一塊での流入ならばオイルフェンスで対応可能だが、分散しての場合は其の範囲は広大で対応不可能でしょう。
生態系への被害が甚大に為る事は間違いは無く、漁業への影響が大きい。
此の事故で亡くなられた方々には、改めて謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 05:15 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

西部邁氏が自殺。

* 評論家・西部邁さん死去 多摩川で自殺か 78歳、正論執筆メンバー(1/2ページ) - 産経ニュース
保守派の論客として知られる評論家の西部邁(すすむ)さん(78)=東京都世田谷区=が21日、死去した。
 警視庁田園調布署によると、同日午前6時40分ごろ、東京都大田区田園調布の多摩川河川敷から「川に飛び込んだ人がいる」と110番があった。飛び込んだのは西部さんで、署員らが現場に駆け付け病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 同署によると、目立った外傷はなく、付近で遺書のような文書が見つかった。自殺を図り、溺死したとみられる。
 西部さんは21日未明から行方不明になっていた。同居する家族が探していたところ、多摩川で流されている西部さんを発見し、通報したという。
 西部さんは北海道出身。東大経済学部に在学中、全学連中央執行委員として安保闘争に参加し、学生運動の指揮を執った。大学院では経済学を専攻し、横浜国立大や東大などで教鞭(きょうべん)をとる傍ら大衆社会論を軸とした評論活動を開始。「経済倫理学序説」で吉野作造賞、「生まじめな戯れ」でサントリー学芸賞を受賞した。
東大教授時代の昭和63年、助教授の推薦をめぐって教授会で否決されたことに抗議して辞任。以降、テレビの討論番組などに定期的に出演し、晩年は自ら発刊した雑誌を舞台に言論活動を展開した。
 正論執筆メンバーで、平成4年には戦後日本でタブー視された改憲論を正面から取り上げるなどの精力的な評論活動により、第8回正論大賞を受賞した。
此の報せは当初疑って居ましたが、複数の報道を確認した事で事実として受け止めました。
左と右から敵視される程正論を吐く論者で有りました。
失っては為らない大切な人を亡くして仕舞いました。
非常に残念で為りません。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 04:53 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

支那の盗っ人猛々しい態度。

* 中国 米駆逐艦が領海侵犯と米海軍を非難 - Sputnik 日本
中国外務省のリ・カン公式報道官は、領有を主張する南シナ海の黄岩島(スカボロー礁)付近の水域に米ミサイル駆逐艦が侵入したとして、これは中国の主権侵害であり、米海軍は同水域にいる船員らの身の安全に脅威を与えたとする非難声明を表した。
スプートニク日本
中国外務省の声明には「1月17日夜、米国の駆逐艦は中国政府の許可を得ずに黄岩島から12マイルの中国水域に侵入した。中国海軍は法に基づき、米駆逐艦に対して敵味方の識別を行い、同水域から出るよう警告を行った」と書かれている。
中国外務省の声明には「米軍艦の行為は中国の主権および国益を侵害」し、「国際関係の基本的規則に違反」し、「この水域で決められた行動を遂行する中国の船舶および船員の安全に深刻な脅威を突き付ける」とする非難が列挙された後、これを受け、中国が「主権を守るためにあらゆる必要な行為をとる構え」であることが表された。
スカボロー礁近海にアメリカの軍艦が航行した事に対して、支那外務省は主権侵害だと主張し批判したが、お前等が勝手に設定した水域なのだから、国際的には主権侵害には当たらないのだと自覚するが良いでしょう。
人工島には国際的な主権は及びません。
自分達の主張が国際基準に為るとは、思い上がりも甚だしい。
posted by 天野☆翔 at 01:39 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

琉球新報が慰安婦教育を語るが。

* 『「慰安婦」問題を子どもにどう教えるか』 悲しみ共有し想像力育む - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
「教えるとは未来をともに語ること、学ぶとは誠実を胸に刻むこと」というアラゴンのことばが読後に浮かぶ。子どもたちが「慰安婦」問題を語ることばを獲得していくプロセスの中に、子どもたちに迫ることばとは何か、心に届く論理とは何かを問う授業実践の姿がある。
 平井さん個人を知るものとしては、その人間的魅力がどこから来ているのか、生徒を引き付ける力とは何かが分かるような気がする。それは事実と真実を追究する人間の真摯(しんし)さである。フィンランドでは教師に対して敬意を込めて“国民のロウソク”と呼んでいたと聞く。サーチライトのように行くべき道を照らし誘導するのではなく、国民の足元を優しい灯で照らし、その歩みは自らが判断し、揺らぎながら自らの道を進む、そうした関わり方が平井実践にはある。
 「〈従軍慰安婦〉この言葉を聞くと悲しくなる」。生徒の中に生まれた人間の悲しみを共有するまっとうな感性と歴史を見抜く確かな知性に教育のちからを感じる。「慰安婦」問題を通して、沖縄問題にも関心は広げられていく。社会の現実と人間に関する学びは次々と悲しみを共有し、想像力をはぐくんでいく。教育のテーマとはそうした発展のし方をしていくものであると思う。
 教師には不正や弾圧に屈しない勇気が問われる局面があり、真理に対して忠実を貫くことが求められるときがある。著者が卒業式の日に担任の生徒たちに送った一文字が「抗」である。いま教育実践には、抗(あらが)うという誠実な姿勢がなければ真実は語れない。その決意が本書にある。
 本書の特徴は、第1に子どもたちに届くことばとは何かを実践的に示し、第2に教師の教師たる魅力とは何かが全体を貫いており、第3として子どもとともに考える実践の関わり方が具体的に述べられている。重たい課題に論究した著書ではあるが、さわやかな平井実践が肩をポンとたたいているような思いがしたのは私だけではなかろう。教師だけでなく、誠実に社会の現実を考え、歴史をゆがめる者たちに立ち向かう人々にぜひ読んでもらいたい1冊である。
虚構の「従軍慰安婦」の案件を其の間々教育に反映させる事を気骨の在る教育だと曰ったが、追軍売春婦で在ると云う実態は変わらない。
児童に対して嘘を教える事の罪を一切考慮しないのは大問題で在る。
アメリカの公文書館にも戦後調査の実態として、売春婦が大日本帝国軍の強制で連行された事実は無いと報告されてるのです。
此れを何故素直に伝えられないのかと。
posted by 天野☆翔 at 01:33 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

今日頭条が国産車をと。

* 韓国人は気骨があるから日本車は買わないっていう噂は本当なの?=中国メディア-サーチナ
世界最大の自動車市場である中国だが、街中で見かけるのは主にドイツ車や日系車などの合弁車であり、中国車は「乗っていてメンツが立たない」という扱いを受けることも多々あるのが現状だ。
 中国人としては、せっかく自国に世界最大の市場があるのに、消費者が中国車を支持せず、合弁車を支持する人が多いことが悔しいようで、韓国車が圧倒的な支持を得ている韓国を見習うべきだという声は少なからず存在する。
 中国メディアの今日頭条はこのほど、韓国人は頑なに日本車を購入しようとしないという噂を紹介する一方、韓国人が日本車を購入しないのは「韓国人の愛国心が強いからではない」と論じる記事を掲載した。
 まず記事は、韓国に行ったことがある中国人ならば、「韓国では日本車がまったく走っていないわけではない」ことは知っているはずとし、中国国内で言われているような「韓国人は決して日本車を買わない」という噂は「間違っている」ことが分かると指摘。確かに韓国国内では韓国車のシェアが圧倒的に高いが、これは韓国人の愛国心からではなく、韓国車のコストパフォーマンスが良いためであり、「愛国心とは無関係」であると論じた。
 さらに、韓国では日本の高級車ブランドが人気となっており、販売を伸ばしていると伝え、この点からも韓国人の自動車選びが「愛国心とは無関係」であることが分かると主張。中国国内では「韓国人は気骨があるから、日本車を排斥している」という噂があるものの、これは「嘘」であると主張した。
 中国人は何らかの消費を行う際に、その製品がどの国のメーカーなのかを非常に気にする傾向があるが、これは中国人独特のものだと言えるだろう。日本人や韓国人は消費を行うにあたってどの国のメーカーなのかをさほど気にしておらず、品質やコストパフォーマンスをはじめとする実用性を評価して購入する人が多いのではないだろうか。
支那のメディアの今日頭条が南朝鮮の様に国産車をと主張した。
南朝鮮の状況を引き合いに出してるが此の前提が間違いで、南朝鮮では反日政策の元での意識が在るから、性能の良い日本者は倦厭してるのです。
更に外国産のは高いから買えない。
こうした背景を考えずに、支那国内で国産車をと目指しても、肝心の国産車の普及を呼び掛けても、其の性能等が著しく劣ってる様では何も為らない。
環境面に配慮しつつも、消費者の意識を反映させる様な商品作りをしない限りは、国産車の需要は伸びないでしょう。
posted by 天野☆翔 at 01:25 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

平昌五輪南北統一開催で憂いるが。

* 【コラム】またも韓国をもてあそぶ北朝鮮-Chosun online 朝鮮日報
「North Korea plays the South, again」――。先ごろ、米ニューヨーク・タイムズ(アジア版)の1面に掲載されたコラムの見出しは、最近の南北関係について、正鵠(せいこく)を射ている。「北が韓国をまたもだましている」「北が韓国をもてあそんでいる」とも翻訳可能なこのコラムの筆者はニコラス・エバーシュタット氏。アメリカンエンタープライズ公共政策研究所(AEI)の上級研究員だ。ハーバード大で博士号まで取得した秀才で、長期にわたり北朝鮮をウォッチしていることで知られる。ワシントン勤務当時に会った同氏は北朝鮮が「偽装平和作戦」を展開するたびに韓国がだまされることが理解できない様子だった。長身で眼鏡姿の同氏が南北関係について語りながら、首を振る姿が印象に残っている。
 エバーシュタット氏はコラムで、現在韓半島(朝鮮半島)で起きている状況を「ウィン・ウィン」のゲームだとはとらえていない。北朝鮮が勝利者で、韓国が負けるゲームだとみている。そして、「こっち(北朝鮮)が『ジャンプ』と言ったら、そっち(韓国)は『どれだけ高く跳べばいいのか』と尋ねろ」といった調子のゲームが始まったと形容した。
 彼の分析通り、北朝鮮の30代の指導者が新年のあいさつで「冬季五輪」と「平和」に言及すると、韓国政府は待ってましたとばかりに北朝鮮の全ての要求を受け入れた。今月9日、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後初の高官級協議の合意文書は「北朝鮮の新年のあいさつをコピーした」と言われるほど、金正恩(キム・ジョンウン)の言葉そっくりだった。
 平昌五輪の選手団に関する会談が開かれもしないうちに「芸術団」派遣をめぐる会談が開かれるという世にもまれな出来事まで起きた。その後、17日に行われた実務者協議では、韓国の側から北朝鮮の馬息嶺スキー場の共同利用を提案した。既に昨年の段階で北朝鮮にそうした構想を伝えていたという。馬息嶺スキー場とはどんなところなのか。金正恩がリフトに乗る姿を北朝鮮メディアが報じるほど彼の愛着が強い場所だ。北の歓心を買おうという意図でなければ、大会開催地以外での共同練習を提案した理由は理解し難い。
文在寅大統領は、検察による捜査を受ける可能性が高まった前大統領による抗議声明には「憤りを禁じ得ない」と怒った。しかし、北朝鮮が文大統領に対し、核問題で「間抜けな詭弁(きべん)」を弄(ろう)したと責め立てても、全く反応を示さなかった。「これほどまでに無礼で愚昧(ぐまい)なのか」と北朝鮮に暴言を吐かれても、文大統領とその側近は沈黙した。こういうことは挙げればきりがない。「南北関係がひと月足らずで上下関係と化した」という嘆きが聞かれる。
 北朝鮮が次から次へとニュースを量産する間、本当に重要な非核化論議は音もなく消え去りつつある。会談場所に現れた北朝鮮側は機会があるたびに「6・15精神(2000年の南北首脳会談の精神)を取り戻そう」と言う。「核」には触れず、「民族同士」という文言が盛り込まれ、自分たちに有利な第1回南北首脳会談での合意を強調したものだ。韓国側代表団は退屈そうに天気の話をするばかりだった。北朝鮮も同意した韓半島非核化共同宣言、9・19共同声明(05年の6カ国協議における共同宣言)、07年の2・13合意の精神に立ち返ろうという言葉を切り出せないのが現実だ。
 金正恩が今月1日、核と大陸間弾道ミサイル(ICBM)を放棄しないために南北対話を提案した段階では、北朝鮮は文在寅政権がここまで積極的に乗ってくるとは想像もしなかったはずだ。韓国に「ジャンプしろ」と言ってみて、1メートルも跳んでくれれば御の字と思っていたら、韓国側は必死に2メートルも3メートルも跳ぼうとするものだから不思議に思ったはずだ。金正恩は過去数カ月、米国のB1B爆撃機編隊や空母が接近するたびに地下施設や地方に潜伏したとされる。「まさか米国が攻撃するはずはない」と考えつつも、緊張したはずだ。そんな金正恩は今、平壌の執務室で緊張を解き、ソウルと平昌が描かれた地図の前で満足の笑みを浮かべているはずだ。
そもそも、南北融和政策の文在寅を大統領に選んで居る事が全ての間違いなのだと自覚して居ません。
此処から南朝鮮の迷走は始まってるのです。
朝鮮半島有事然り平昌五輪然りで在る。
北朝鮮の工作員に蹂躙されてる南朝鮮の現状を改め無い限りは、どう足掻いても何も変わらない。
posted by 天野☆翔 at 01:17 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

南朝鮮神戸総領事の支離滅裂な主張。

* 神戸新聞NEXT|総合|駐神戸韓国総領事 慰安婦新方針「苦悩の決断」
従軍慰安婦問題を巡る韓国政府の新方針を発端に、日韓関係の一層の悪化が指摘されている中、駐神戸韓国総領事館(神戸市中央区)の朱哲完(ジュ・チョルワン)総領事(59)が神戸新聞社のインタビューに応じた。日本国内には朴槿恵(パク・クネ)前政権と交わした2015年の日韓合意が事実上破棄されたとして反発があるが、朱総領事は「決してそうでない。両国間の未来志向的な関係を重視した苦悩の決断だ」と理解を求めた。
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、日韓合意では問題を解決できないと発言。同時に、合意が「両国間の公式合意だったという事実は否定できない」として、日本側に再交渉は要求しないとした。
 朱総領事は「文大統領が破棄したのは日韓合意ではなく、昨年の大統領選で自身が掲げた『(日本と)再交渉を行う』という公約だった」と説明。「合意を維持したということは、文大統領が韓国内の被害当事者の一部や野党、自身の支持者などから非難を受けることを覚悟しながら、両国間の未来志向的な関係を重視し、苦悩の決断をしたということだ」と主張した。
慰安婦問題解決の為の二国間合意の履行をしないと明言した文在寅の主張を「大統領選挙の公約を破棄したのだ」と主張するが、事実上、慰安婦問題解決の為の二国間合意の破棄同然で在る。
合意の履行をしない癖に十億円の使い道で協議してるのだから、合意違反で在るのは云う迄も無い。
此れを「両国間の未来志向的な関係を重視し、苦悩の決断をしたということだ」と主張する、其の意識を大いに疑う。
全くを以て意味不明で在る。
posted by 天野☆翔 at 06:38 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

東京新聞の一寸何を云ってるのか解らない。

* 東京新聞:五輪・南北合同 本当の対話につなげよ:社説・コラム(TOKYO Web)
韓国と北朝鮮が平昌(ピョンチャン)冬季五輪の合同チーム・入場で合意した。性急な韓国側の姿勢が心配になるものの、せっかくの和解ムードは生かしたい。もちろん最終ゴールは、朝鮮半島の非核化である。
 次官級協議で合意した中で最も注目を集めたのが、アイスホッケー女子での合同チーム結成と開会式での合同入場行進だ。
 実現すれば国際大会での合同チームは三回目で、五輪では初。合同入場は二〇〇七年以来となる。
 南北の関係修復を公約の一つに掲げていた文在寅(ムンジェイン)大統領には満足できる結果だろうが、北朝鮮ペース過ぎないか。
 北朝鮮が会期中に韓国に送り込んでくる人数は、選手に加え応援団や管弦楽団など、少なくとも四百人と大規模になる。
 金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が主導して建設された北朝鮮のスキー場で、合同練習を行うことも決まった。さらに南北合同チームの結成も突然で、韓国の選手たちは戸惑いを隠せないようだ。
 合意の多くは、韓国側が申し入れて実現したものだという。
 このままなら、「北朝鮮は平昌五輪にただ乗りし、金氏王朝を宣伝する舞台に変質させようとしている」という韓国紙の批判にも同意したくなる。
 一方の北朝鮮側は、朝鮮半島の非核化に関する議論には応じず、逆に十七日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は「関係改善に障害をつくり出す」として、韓国に対し平昌五輪・パラリンピック後の米韓合同軍事演習について、中止するよう要求した。
 五輪には協力するが、望まない話には応じない。対価はよこせという姿勢が露骨だ。
 それでも、今の和解ムードまで否定すべきではない。北朝鮮は外部との対話が続いている間は、挑発行動を控える傾向がある。
 また、より多くの北朝鮮の人が韓国に来て現状を見れば、意識も変わるだろう。非核化に関する議論も早急に始め、本当の緊張緩和につなげてほしい。
 韓国側は、安倍晋三首相に対して五輪期間中の訪韓を要請しているが、首相は国会日程を理由に明言を避けている。
 慰安婦問題の解決には日本側のさらなる謝罪が必要、とする文政権の「新たな方針」に反発しているのが本当の理由だ。
 北朝鮮問題における日米韓の結束を乱してはならない。ここは大局に立って、開会式への参加を表明すべきである。
平昌五輪への安倍晋三内閣総理大臣の開会式出席の保留に関して「北朝鮮問題における日米韓の結束を乱してはならない。ここは大局に立って、開会式への参加を表明すべきである」と主張したが、大局に立つのは南朝鮮で在る。
日米は同じ大局に立ってるが、南朝鮮が此れに反してるのだ。
東京新聞は安倍晋三内閣総理大臣に苦言を呈すならば南朝鮮にこそ苦言を呈すべきなのだ。
政権批判の為に平昌五輪を利用するな。
posted by 天野☆翔 at 06:27 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

平昌が平壌に。

* 【社説】平昌オリンピックはどこに向かっているのか -Chosun online 朝鮮日報
国際ボブスレー競技連盟が平昌オリンピックで4人乗りボブスレーの南北合同チームを認め、本番前にテスト走行のための合同訓練を行える方向で検討を行っているとの昨日ニュースが報じられた。ところがこれについて韓国の複数のボブスレー関係者は「初耳」と口をそろえており、現時点で韓国政府がこれを提案したとの情報もない。平昌オリンピックが南北合同チームの話題で盛り上がっていることから、国際オリンピック委員会(IOC)はもちろん各競技団体までがこれに便乗しようとしているようだ。しかも北朝鮮にボブスレー選手は1人もいない。この種目で初のメダル獲得を夢見ながら、誰にも注目されない中で必死に練習を続けてきた韓国選手たちには青天の霹靂(へきれき)だ。時速140キロで疾走するボブスレーに1回も練習をしたことのない選手が加わり、事故でも発生すれば彼らの夢はその瞬間に終わってしまう。
 南北協議を通じて「金剛山でオリンピックの前夜祭を行うことなどで双方が合意した」と報じられると、オリンピックの会場となる江原道平昌郡の住民たちは「我々が20年にわたり汗水流してオリンピックを誘致をしたのに、金剛山でイベントを行うとはどういうことか」と驚きの表情を隠せないでいる。また江陵市のある市民は「オリンピックの開催地は平壌ではなく平昌だ」と改めて訴えている。あるスポーツ関係者は「選手たちがこれほどまで政治に敏感になるのは初めて見た」とした上で「オリンピックの本質であるスポーツと選手はいつの間にかどこかに消え、南北という言葉ばかりであふれている」と嘆いた。女子アイスホッケーの合同チーム問題も混乱が続いている。ネットでは「慰安婦合意を被害者と何の相談もなく決めたなどと批判した政府が、アイスホッケーでは被害者たちと何か話をしたのか」といった声が今も相次いでいる。
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は国際社会による制裁の効果が出始める段階になると、平昌オリンピックに参加することでまずは韓国を制裁する側から取り崩そうとしている。開城工業団地や金剛山観光で使われたルートの使用、さらに金剛山でのイベントなど全てがその足がかりだ。南北が共同で合宿を行うことになった馬息嶺スキー場は国連制裁に反するぜいたく品や装備などであふれており、国連安保理の対北朝鮮制裁委員会もこのスキー場を何度も問題視してきた。ところが韓国政府はこれを全く意に介そうとさえせず、しかも金剛山での南北合同のイベントには韓国から文化人、宗教関係者、市民団体などを数多く参加させようとしている。韓国文化体育観光部(省に相当、以下同じ)はここからさらに一歩踏み込み、19日の業務報告で今年のアジア大会など国際的なスポーツ大会でも南北が共同で入場行進を行うことや、共同応援などを推進する計画を明らかにした。
 韓国統一部はこの日行われた業務報告で「平昌オリンピック後、北朝鮮の態度がどうなるか現時点では不透明」との見方を示した。「北朝鮮が核とミサイルを放棄する意志を全く示していないことを考えると、今後の状況は必ずしも楽観できない」とも伝えている。北朝鮮が平昌オリンピックに参加する理由は、自分たちが行っている核開発を今後も続けるためだ。韓国国民が20年以上にわたり努力を続け誘致した平昌オリンピックが北朝鮮の戦略に利用されるという、まさにあってはならない事態が今や現実となりつつあるのだ。
南朝鮮で実施される予定だった五輪が北朝鮮の謀略で、実質的に南北共同開催と云う形に落ち着いて仕舞った事に対して、南朝鮮国内では前夜祭が平昌では無く金剛山で実施される事で招致に精力を注いで来た地元住民の思いを踏み躙ったと批判が上がった。
又、アイスホッケー女子では南北共同チームの合意と云う事で、慰安婦問題解決の為の二国間合意では自称元慰安婦の声を聞かなかったと批判が上がったが、此の案件でも選手の声を聞かなかったのかと批判が噴出。
始まる前から異常事態で在る。
posted by 天野☆翔 at 06:21 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

何処迄も北朝鮮に阿る南朝鮮。

* 米原潜の釜山入港、「韓国が難色」で取り消し-Chosun online 朝鮮日報
米国の原子力潜水艦「バージニア」(7800トン)1隻が18日、釜山海軍作戦基地(釜山市南区)に入港しようとしたが、できなかったことが明らかになった。この原子力潜水艦は補給・休息のため釜山に立ち寄るとして韓国政府と協議していたところだった。
 政府関係者は「原子力潜水艦の入港前に韓米間で協議したが、韓国側が『北朝鮮に圧力となるメッセージを与えるのでないなら、入港しない方がいい』との意向を伝えたと聞いている」と語った。釜山ではなく、代わりに鎮海港(慶尚南道昌原市)に立ち寄るよう提案したが、米軍側は「それなら入港しない」と断ったという。米海軍は「バージニア」を2004年から実戦配備しており、現在計13隻が運用されている。米海軍の攻撃用原子力潜水艦の中で最も新しい型で、巡航ミサイル「トマホーク」や魚雷「MK48」、特殊部隊の進攻のため小型潜水艇なども搭載されており、対テロ戦で活躍が期待される。
アメリカの原子力潜水艦が釜山海軍作戦基地に入港しようとしたが、青瓦台の意向で出来無かった事が明らかに成った。
此の理由が北朝鮮への圧力と受け取られるから、他の鎮海港にして欲しいと要請したが、アメリカ側は断った。
結局入港するにしても釜山海軍作戦基地は駄目で鎮海港なら構わないと云う、相反した主張には呆れ果てて開いた口が塞がらない。
北朝鮮への忖度も大概にしろと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 06:13 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

谷垣禎一氏が退院してた。

* 自民の谷垣・前幹事長が退院…首相と面会を希望 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
自民党の谷垣禎一・前幹事長を中心とするグループ(約25人)の逢沢一郎・代表世話人は18日、党本部で開かれたグループの会合で、療養を続けてきた谷垣氏が昨年末に退院し、都内の自宅に戻ったことを報告した。
 谷垣氏は2016年7月の自転車事故で入院し、療養やリハビリを続けてきた。逢沢氏によると、谷垣氏は安倍首相との面会を希望しているといい、逢沢氏は「いずれ元気な姿にお目にかかれると期待している」と語った。
 谷垣氏は昨年の衆院選に出馬せず、政界を引退した。ただ、グループ幹部は谷垣氏とのつながりを保つことで結束を維持したい考えだ。9月の総裁選を見据え、「グループを派閥に格上げし、存在感を発揮すべきだ」(幹部)との声もある。
非常に朗報で在る。
自転車事故で入院中だった自由民主党の谷垣禎一氏が、昨年末に退院し自宅に戻った事が明らかに成りました。
現在の状態は不明ですが、少なくとも体調が大幅に回復してる事かとも思います。
posted by 天野☆翔 at 17:00 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

久々にHERZに行って来た。

入り口に設置されてるプレート
入り口に設置されてるプレートです。
階段を下る途中に見上げると在ります。
HERZ本店店舗入口全景
階段を降りると入り口が見えて来ますが、其の全景です。
入り口側から撮影。
ナレッジバッグ・KNOWLEDGE
ビジネスバッグとしても使える本革3way仕様のナレッジバッグ「革鞄のHERZ公式通販」ですが、サイズはMHを購入しました。
大き目の商品は初めてなので大切に扱おうと思う。
Organ
序にOrganにも立ち寄って来ました。
posted by 天野☆翔 at 16:28 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

立憲民主党の参議院の国会対策委員長に蓮舫。

* 立憲民主党、参院国対委員長に蓮舫氏 - 産経ニュース
立憲民主党は19日、参院国対委員長に蓮舫元民進党代表を起用すると発表した。
益々を以て民主党時代の菅直人内閣の様相を呈して来ました。
発言力や影響力を期待しての人事とは思うが、自分自身の説明責任も果たさない無責任な人物に国会対策委員長を任せると云う愚を冒す立憲民主党には、完全に自浄作用は無い様子です。
民進党の崩壊の元凶で在る人物の起用で、立憲民主党は自滅の道を歩むが良いだろう。
大いに自爆して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 06:30 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

文在寅の地団駄。

* 李明博元大統領側近「我々が知っていることを話せば文大統領に…」 | Joongang Ilbo | 中央日報
李明博(イ・ミョンバク)元大統領の側近の李在五(イ・ジェオ)いつも青い韓国党代表は18日の前日、李元大統領が検察捜査に対する立場を発表したことに関し、「盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権と李明博政権の戦いになれば、結局は文在寅(ムン・ジェイン)大統領に(飛び火が)飛ぶことになる」と話した。
李在五代表は同日、cpbcラジオ『開かれた世界今日キム・ヘヨンです』で「盧武鉉、金大中(キム・デジュン)政府の時の未公開情報を公開するかしないかというのは別個の問題だが、しかし、多くのことを知っているということは明らかだ」と伝えた。
それと共に李代表は「あなた方が困らせれば我々が知っていることを話すしかないと言うことはできるが、政界が盧武鉉政権と李明博政権の戦いになれば文在寅大統領が(盧武鉉政府で)秘書室長も首席も務めていたのだから、結局は文在寅大統領に(飛び火が)飛ぶことになる」とし、このように話した。
続けて、李明博元大統領が「最終責任は私にある」と発言したことについて「政治的発言に過ぎず、フォトラインに立つということとは別個の問題」と話した。
李代表は「『なぜ下の人を困らせるのか。私に聞け。私が釈明する』という話をしたのであって、捜査を受けると言ったわけではない」とし、「フォトラインに立たせるということはそれこそ標的とし企画した後に政治報復をすること」と主張した。続けて、「無理に報復しようとフォトラインに立たせることはないだろうし、あってはならない」と強調した。
李代表は文大統領が政治報復のループをずっと抱えて行くならば5年後に次の政権が文在寅政権を審判台に立たせるだろうと予想した。李代表は「悪循環のループを文在寅政権が断ち切ってこそ、それが平和主義者で、それが人中心の政治をすること」とし、「怨みを晴らすように『あなたの政権の時に私たちが仕えた大統領が死んだからあなたも酷い目に合ってみろ』というように引きずっていけばキリがない」と明らかにした。
李在五代表はまた、李元大統領側が盧武鉉政権と金大中政権当時の未公開情報を持っていると明らかにしたことに対しても言及した。李代表は「近所の子供のケンカではないのだから、実際に知っていることを話すことになれば政界がどうなるか」としつつ、「公開するかしないかというのは別個の問題で、李明博政府が以前の政権の多くのことを知っているということは明らかだ」と話した。
李明博に司法の手が及んでる案件で此の元側近李在五が主張するには、文在寅が盧武鉉政権時代には秘書室長や主席を努めてた過去が在るとして、結局は自分自身にも火の粉が飛び竹箆返しを食らうだろうと牽制した。
啀み合いは大いに結構だが、面白い展開に発展しそうな勢いで在る。
盛大な内ゲバを期待したい。
posted by 天野☆翔 at 06:25 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

若者を中心とした文在寅への反発。

* 韓国政府困惑、南北合同チームへの若者の反発は「予想外」-Chosun online 朝鮮日報
平昌冬季五輪をめぐる韓国・北朝鮮の合意に対し、韓国の20−30代が強く反発し、韓国大統領府(青瓦台)と与党が戸惑いを見せている。与党の関係者は「予想できなかったことだ」として「若者層の不満の原因を読み解いている」と述べた。その上で「今後きちんと説明すれば、否定的な世論は落ち着くのではないか」との見方を示した。
 20−30代は文在寅(ムン・ジェイン)政権を支える中心的な支持層だ。世論調査機関「韓国ギャロップ」が9−11日に行った調査では、文大統領の国政運営について「よくやっている」との答えが20代で81%、30代では89%に達した。全体の支持率(73%)を大きく上回る数字だ。そのため、今回の南北合意も20−30代が積極的に支持するものと与党は期待していた。しかし、南北合同チーム結成に関しては、20−30代の反対が約82%で、全世代の中で反対の割合が最も高かった。与党が全く予想していなかった結果だ。
 青瓦台の関係者は「インターネットの世論をずっとチェックしている」とした上で「女子アイスホッケーチームに北朝鮮選手は少数しか加わらないため、チームの戦力は変わらないという点を政府がきちんと説明する予定」と述べた。
 与党「共に民主党」の関係者は「若者層が(保守政権の)10年間でまともな統一教育を受けられず、韓半島旗(統一旗)や南北合同チームの意味をよく分かっていないようだ」と話した。さらに「北朝鮮の参加者たちの来韓を機に、冷え込んでいた南北関係が改善されれば世論も変わる可能性がある」と期待感を示した。20−30代の否定的世論が全体の多数派ではないため、大統領の支持率にさほど影響を及ぼさないと見ているわけだ。
 しかし、1980年代に大学生活を送っていたような政権中枢部が、南北問題を十数年前の視点で捉えていることに疑問を呈する声もある。20−30代の北朝鮮観は昔の世代とは完全に異なっているのに、文政権の中心メンバーたちは依然として80−90年代の思考回路で止まっているというわけだ。
 西江大の金英秀(キム・ヨンス)教授は「実利を重視する若者層は、現政権の対北政策について『自分たちのものを色々提供した揚げ句、さらに引きずり回されている』という印象を受けているようだ」と指摘した。
* 平昌五輪:「20年間招致に尽力してきたのに北で前夜祭だなんて」-Chosun online 朝鮮日報
「私たちは20年間にわたり血の汗を流して招致に力を入れてきたのに、『金剛山文化行事』とは何事か」(江原道平昌郡の住民)
 「北朝鮮選手数人のために韓国代表選手約130人が『交渉カード』になった気がする」(選手団関係者)
 韓国政府が南北次官級会談で平昌冬季五輪「アイスホッケー女子南北合同チーム」「馬息嶺スキー場での共同訓練」「金剛山合同文化行事」などに合意したというニュースが伝えられると、江原道の住民や韓国代表選手団からは「怒りが爆発しそうだ」という声が上がった。政府が南北関係の改善に執着するうちに「北朝鮮」ばかり強調し、主人公であるはずの韓国代表選手や地元住民が後回しにされているということだ。「平昌(ピョンチャン)五輪ではなく『平壌(ピョンヤン)五輪』になった」という自虐的な声もある。
■激怒する江原道・平昌の住民たち
 最も腹を立てているのは江原道や平昌郡の人々だ。特に、開幕前夜祭(南北合同文化行事)を北朝鮮・金剛山で行うことに決めたとの南北合意に強く反発している。前夜祭は当然、五輪開催地である平昌で開催すべきだという主張だ。
 平昌郡繁栄会のパク・ドクス会長(60)は18日、「韓国政府は全世界に対して北朝鮮の宣伝の場を用意してやったことになる。政府の一方的な金剛山前夜祭開催決定は、誇りを持って20年間にわたり五輪の準備をしてきた平昌郡民を無視した『見せ物』に過ぎない」と言った。江陵市繁栄会のチェ・ジョンボン会長(65)は「南北が合同で文化行事をするのはいいが、あえて金剛山でやるという政府の考えが理解できない。五輪の準備をし、開催する意味がなくなるではないか」と不満を口にした。江陵市民のチェ・チャンファンさんは「五輪開催都市は平壌でなく平昌だ」と言った。
■「選手には無関心、関心あるのは『南北』だけ」
 韓国のスポーツ界関係者は「選手たちが政治ニュースにこれほど神経をとがらせ、敏感になっているのは初めて見た」と言った。政府が北朝鮮・馬息嶺スキー場での南北共同訓練やアイスホッケー女子南北合同チーム結成などを政府が一方的に発表したことに怒っているのだ。アイスホッケー女子韓国代表監督や選手たちは、米国合宿を終えて帰国した12日のニュースで南北合同チーム推進という話を聞いた。文化体育観光部(省に相当)の盧泰剛(ノ・テガン)第2次官は4日後の16日になってようやく選手団のもとを訪れ、背景を説明した。アイスホッケー関係者は「南北合同チームを作ると一方的に通知した後、戦力強化に役立つと説明され、選手たちは力が抜けた」と話した。スキー関係者は「馬息嶺スキー場でちゃんとスキーができるのかどうか確認したのだろうか。どのような状態なのかも分からない場所で共同訓練をするなんてとんでもない」と怒りが収まらない様子だった。
 あるスポーツ関係者は「最近のニュースを見ると、国際オリンピック委員会(IOC)がまるで国連の役割をしているかのような錯覚に陥る」と語った。IOCは本来の任務よりも「北朝鮮参加」を利用した政治行為の方に神経を使っているということだ。ある関係者は「本質的なスポーツや選手の話は消え、『南北』という言葉ばかりになっている」と指摘した。
 こうした中、北朝鮮は宣伝メディアを通じて、「平壌五輪」が開催されるかのような動画を制作するなど、今回の五輪で主役のような顔をしている。五輪開幕前日の8日には平壌で軍事パレードを開催する予定で、外国人観光客を対象とした観光ツアーも出している。AP通信は「金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長はまるでチャンピオンであるかのように五輪をもてあそんでいる」と報じている。
文在寅政権の支持者で在る筈の若者が、平昌五輪の南北共同の案件で反発してると云うが、五輪の何足るかを理解して居ない文在寅に対して今後は朴槿恵政権の様な動きに成って行くのかとも思う。
敵国で在る筈の北朝鮮への譲歩は言語道断なのだから当たり前の事です。
今回の案件を引き金にして、文在寅は支持を失う事に為るでしょう。
覚悟するが良いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:51 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

翁長雄志が訪米するとの事。

* 沖縄の翁長知事、3月に訪米へ 「辺野古移設反対」を直接訴えるために 4度目のワシントン訪問 - 産経WEST
沖縄県の翁長雄志知事は19日の記者会見で、米首都ワシントンを3月に訪問する意向を示した。日米両政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する考えを、米側に直接伝えるのが目的。
 翁長氏は「米側の理解が得られる状況をつくりたい。普天間飛行場を撤収させ、新辺野古基地をつくらせないことにどのように近づけるかだ」と強調した。平成26年の知事就任後、ワシントン訪問は4度目となる。
 県によると、翁長氏はワシントンで上下両院議員や有識者との面談を調整中。沖縄の米軍基地負担について議論するシンポジウムを開催する方針という。
三月に辺野古基地移設反対を訴える為に訪米すると云うが、従来の動向同様に面談の確約が無い状況での訪問に為るのでしょう。
門前払いされるのがオチで在る。
過去の案件を見ても相手にされて無い事は明らかで、単純に県税を利用した観光で在るのは云う迄も無い。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

阿部守一長野県知事が平昌五輪に参加表明。

* 【平昌五輪】長野県知事が平昌五輪開会式に出席を表明「自治体レベルでは交流強化すべき」 - 産経ニュース
長野県の阿部守一知事は19日の記者会見で、韓国で2月9日に開かれる平昌冬季五輪の開会式に出席する考えを表明した。県が友好交流協約を結ぶ江原道から招待されていた。
 阿部氏は「国際的な儀礼を尽くして未来志向で交流を深めたい」と述べ、訪韓の意義を強調。平成30年度の予算編成作業など県政運営に影響はないとの考えも示した。
 安倍晋三首相が開会式出席を見送る可能性があることを念頭に、「外交的に難しい課題もある」と指摘。同時に「地方自治体や市民レベルでは友好交流を強化すべきだ」とも語った。
 滞在中、江原道の崔文洵知事、2022(平成34)年北京冬季五輪の開催地である中国・河北省副省長との3者会談に臨む。これに関連し、「五輪の開催地に積極的に協力し、県の発展につなげたい」と語った。
 開会式当日に訪韓し、11日に帰国予定。
 東京都の小池百合子知事は、視察や開会式への出席などはしない意向を明らかにしている。
「国際的な儀礼を尽くして未来志向で交流を深めたい」として参加する事を表明したが、南朝鮮は我が国に対して礼を欠く行為ばかりしてるのに、礼を尽くすとは何事かと。
江原道と友好交流協約が在るからと云って、参加する意義は一切無い筈だ。
全く話に為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:35 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

八重山毎日新聞は自衛隊の犯罪統計の根拠を示せ。

* 「自衛隊が来ると新たな犯罪や事故が予想される」と沖縄・石垣島の「八重山毎日新聞」1面コラム 防衛協など3団体が抗議 (1/2ページ) - 産経ニュース
沖縄県の石垣島(石垣市)を本拠地とする日刊紙「八重山毎日新聞」が12日付の1面コラム「不連続線」で、「石垣も自衛隊が来れば自衛隊にまつわる新たな犯罪や事故が当然予測される」と書いたことを受け、八重山防衛協会、八重山自衛隊家族会、隊友会八重山支部の3団体は19日までに、コラムの記述撤回と謝罪を求める抗議書を、八重山毎日新聞の黒島安隆社長あてに提出した。
 コラムでは、政府による陸上自衛隊配備の是非が大きな争点となる3月11日投開票の石垣市長選や、秋に予定される県知事選などに触れて自衛隊をくさし、「今年の選挙は沖縄の基地負担のありようを問う選挙だ」と強調した。
 3団体は抗議書で「国家の主権と国民の生命財産を守る任務に就く自衛隊および自衛官の尊厳を著しく毀損するものであり、憲法で保障されている職業選択の自由をないがしろにしている」となどと批判した。
 筆者である八重山毎日新聞の上地義男氏は19日付のコラム「不連続線」で「『自衛隊や自衛官の尊厳や名誉を著しく毀損・侵害し、職業選択の自由もないがしろにしている』との意図は全くない。従って記述の撤回や謝罪の意思は全くない」と釈明した。
そのうえで「沖縄では基地あるがゆえに女性暴行殺人などの米軍犯罪や事故が相次いでおり、自衛隊も日本の基地あるところでさまざまな犯罪や事故が起きているのは周知の通りだ」と指摘。「石垣も自衛隊基地ができれば、従来石垣ではなかった自衛隊にまつわる事件事故の可能性は当然予測できるので素朴にそう記述したまでのことだ」と反論した。ただ最後に「自衛官やその家族らの心情に配慮を欠いた面もあるだろうから今後は慎重を期したい」と書き添えた。
 八重山防衛協会の三木巌会長は同日、産経新聞の取材に対し「コラムで筆者は自分の推測にすぎないことを一方的に主張している。自衛隊を犯罪集団と決めつけており、許せない」と憤りをあらわにした。
 八重山毎日新聞は、陸自配備計画に反対の論陣を張っている。ホームページによると発行部数は「1万6000部(公称)」。
該当する記事は以下。
* 2005年と2006年元旦に、当時の大浜長照市長や… | 八重山毎日新聞社
2005年と2006年元旦に、当時の大浜長照市長や市内の各団体で組織した新空港早期建設郡民の会のメンバー約50人が、予定地の白保カラ岳で「初日の出祈願」を行った新石垣空港は、5年前の13年に30年余の苦難を乗り越えて開港▼その結果は、観光客が開港前の二倍近い130万人余も訪れ、八重山経済は人手不足に陥るほどかつてない好景気に沸いている▼これに対し今年も同じく元旦に、名護市辺野古の浜で新年を祝う「初興し」をした新基地建設反対運動は、政府の理不尽な工事強行でむしろ苦難が増している▼それでも集まった約400人の市民は、にぎやかに歌三線や踊りで「勝つまで絶対諦めない。歌三線を響かせながら、したたかでしなやかにこの1年を闘い抜こう」と決意を新たにしたという▼沖縄は今、米軍ヘリのトラブル頻発で県民の命がまたも危険にさらされている。にもかかわらずテレビでみる防衛大臣は、無表情で何と冷たいことか▼そういう中今年は石垣も軍隊を置くかどうか、島の未来を左右する重要な選挙があるが、2月の名護市長選や11月の県知事選は沖縄の尊厳をかけた戦いだ▼石垣も自衛隊が来れば自衛隊にまつわる新たな犯罪や事故が当然予測される。今年の選挙は沖縄の基地負担のありようを問う選挙だ。
抗議を受けての詭弁は以下。
* 去る12日の筆者の「不連続線」の「石垣も自衛隊が来れば… | 八重山毎日新聞社
去る12日の筆者の「不連続線」の「石垣も自衛隊が来れば自衛隊にまつわる新たな犯罪や事故が当然予測される」の記述に対し16日八重山防衛協会、八重山自衛隊家族会、自衛隊隊友会八重山支部から連名で本紙に対し、記述の撤回と謝罪を求める抗議があった▼冒頭に申し上げるが、3団体が抗議の理由としている「自衛隊や自衛官の尊厳や名誉を著しく毀損・侵害し、職業選択の自由もないがしろにしている」との意図は全くないし、従って記述の撤回や謝罪の意思は全くない▼沖縄では基地あるがゆえに女性暴行殺人などの米軍犯罪や事故が相次いでおり、自衛隊も日本の基地あるところでさまざまな犯罪や事故が起きているのは周知の通りだ▼そこで石垣も自衛隊基地ができれば、従来石垣ではなかった自衛隊にまつわる事件事故の可能性は当然予測できるので素朴にそう記述したまでのことだ▼従ってそこに自衛隊や自衛官、その家族の尊厳や職業選択の自由をないがしろにするという意図は全くない。むしろ安保法制定で自衛官が殺し殺される危険な戦場に駆り出される可能性が高まったことを憂え、同じ人の親として危惧を感じている▼ただ抗議があったということは自衛官やその家族らの心情に配慮を欠いた面もあるだろうから今後は慎重を期したい。
八重山毎日新聞が十二日付けのコラムで「自衛隊が来れば自衛隊にまつわる新たな犯罪や事故が当然予測される」としたが、自衛隊員の犯罪の統計と犯罪全体の統計との比較で、増加すると云う客観的な証拠を示せ。
在日米軍の犯罪率の案件を引き合いに出してるが、此れを論う事自体が間違いなのだと自覚してるのか。
自分達の都合の為に自衛隊員を犯罪者扱いする印象操作をしたのなら、自衛隊員への最大の侮辱で看過出来ず言語道断で在る。
流石は毎日新聞で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:30 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

自衛隊配備が支那を刺激すると琉球新報。

* <社説>宮古陸自弾薬庫伝達 日中の緊張高めるだけだ - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
防衛省の福田達夫政務官は下地敏彦宮古島市長に対し、陸上自衛隊の弾薬庫の建設地として市城辺の保良鉱山を選定したと伝えた。地元の頭越しの選定であり、断じて容認できない。
 近く住民説明会を開くというが、これまでの経緯からして、反対する住民の声が無視されることを強く懸念する。
 旧千代田カントリークラブに建設が進む陸自駐屯地の近隣住民説明会は、本格的に工事が始まる前日に開催した。これから開く説明会も、建設ありきで進めることがあってはならない。
 福田政務官は下地市長から理解が得られたと判断したようである。だが市長の理解だけでは不十分だ。周辺住民をはじめ、多くの市民の理解を得ることが建設の最低条件である。近隣地域は既に反対しており、建設を強行することは厳に慎むべきだ。
 保良部落会は昨年12月、弾薬庫建設に対し「有事の際に攻撃目標となることは明らかで、近くで暮らす住民にとっては危険極まりない施設になる」との反対決議を賛成多数で可決している。
 弾薬庫には駐屯地に配備される車載型の地対空ミサイル発射機3基と地対艦ミサイル発射機4基の計7基分のミサイルが保管される。軍事拠点は攻撃対象になる。住民の不安は当然である。
 下地市長は福田政務官に「地域の理解と協力を受けられるように努力をしてほしい」と要望した。現状からして「地域の理解と協力」が得られる可能性は低い。下地市長は今後、地域の理解が進まなければ、容認から反対へとかじを切るべきである。
 看過できないのは、福田政務官の「周辺環境整備事業で希望があれば」との発言である。環境整備は陸自施設と関係なく、取り組むべきものである。建設容認と引き換えに国が予算を出すことは断じて容認できない。  防衛省は宮古島市に700〜800人規模の警備部隊と地対空・地対艦ミサイル部隊を配備する。駐屯地は2019年2月末までに完成させ、弾薬庫は19年度以降完成の予定である。保良鉱山には弾薬庫だけでなく、小銃の射撃訓練をする覆道射場なども建設される。
 宮古島の要塞(ようさい)化が進むことを危惧する。「観光の島」のイメージダウンにつながらないだろうか。
 防衛省が宮古島市に陸自を配備するのは海洋進出を強める中国を警戒し、島嶼(とうしょ)部の防衛力を強化するためだ。だが沖縄本島と宮古島間の公海を通る中国軍艦に、にらみを利かすことは両国の緊張を高める。陸自配備は市民を危険にさらすことになりかねない。
 中国当局の船の尖閣周辺への領海侵入は許されることではない。だが軍事で対抗するのは誤りだ。話し合いで解決を目指すことが日本のとるべき道である。先島への自衛隊配備はデメリットしかない。
お前等は我が国に対して支那がミサイルを向けてる事実を無視してるのか。
自衛隊の配備は此れに対応するものなのだと云う事を理解してるのか甚だ疑問を抱く。
理解して尚此の様に主張するなら、国民の生命財産を蔑ろにする主張で有り言語道断で在る。
琉球新報は支那の手先で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

植村隆の他人事。

* 元朝日記者 慰安婦合意は「河野談話の精神と食い違う」の真意│NEWSポストセブン
慰安婦や徴用工などの歴史問題、竹島などの領土問題……日本と韓国の間には対立する問題が数多くある。韓国のメディアで、そうした問題がどう報じられているかをチェックすると、頻繁に登場する日本の識者がいることに気づく。韓国のメディアで日本知識人によってなされている言論活動を検証する。
 朝日新聞は慰安婦に関する記事の一部の誤報(*注1)を認めたが、初期の慰安婦報道に関わったのが元朝日記者の植村隆氏。現在は韓国カトリック大学で客員教授を務める。
【注1/2014年8月、朝日新聞は「済州島で女性を無理やり連行して慰安婦にした」とする故・吉田清治氏の証言を虚偽と認めて過去の記事を取り消すなどした。この間に吉田証言が韓国国内や国連報告書で「強制連行」の証拠として採用されるなど、国益を損う誤報となった。】
 その植村氏が総合月刊誌『新東亜』(2017年2月号)の記事で2015年12月の慰安婦日韓合意についてこう語っている。
〈12・28合意は慰安婦問題を解決する機会だった。しかし、両国政府が慰安婦ハルモニの意見を聞かないまま一方的に進めたものであり、この問題を“不可逆的”に扱わないということを取り上げたという点に問題がある。これは河野談話の精神と食い違うことだ〉
 慰安婦ハルモニの意見を十分に聞けば解決に至るというのだろうか。これまでの韓国側の姿勢を見ると、そうは思えない。合意後に慰安婦像設置を加速する韓国の運動家ら、慰安婦問題が解決して欲しくないと考えている勢力の代弁者になってはいないか。
 この発言に関する質問状を送ったところ、神原元(はじめ)弁護士を通じて回答が返ってきた。
まず、「河野談話の精神」とは具体的に何かという問いに対し、河野談話を引用して、「歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意」と回答。また、このような発言が日韓合意に反対する人々に利用される懸念はないかとの問いには、「そのような懸念はあたらないと思料しております」と回答した。
 そもそも朝日の誤報があったために、“強制はあった”という歪められた情報が世界に拡散し、“事実”としてとらえられてしまったのではないか。回答はまるで他人事のようだ。
月刊誌の新東亜に植村隆が語った内容が紹介されたが、慰安婦問題解決の為の二国間合意は河野談話が活かされて無いと批判したが、活かす必要も無く、そもそもお前が騒動を引き起こした戦犯なのだから、物を語る資格は一切無い。
朝日新聞のでっち上げが河野談話に至ったのだから、河野談話自体が無意味な物なのだと自覚しない。
自称元慰安婦共の声なぞ反映させる必要は全く無く、飽く迄政府間での案件なのだ。
勝手に被害者に成った輩は無視して当然なのです。
植村隆は黙って居ろと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:15 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

北朝鮮のプロパガンダに利用される平昌五輪。

* まるで「平壌五輪」、 北がユーチューブで動画公開-Chosun online 朝鮮日報
北朝鮮の対外宣伝サイト「朝鮮の今日」が15日、平昌冬季五輪を自分たちの統一政策の一環だと宣伝する動画を動画共有サイト「ユーチューブ」で公開した。動画のタイトルは「統一はわが民族同士(Reunification is by Korean Nation itself)」で、2分間の内容だ。韓半島旗(統一旗)が登場した2002年の釜山アジア大会や、過去の南北合同行事の映像などが盛り込まれている。
 動画には、南北合同行事で参加者たちが涙を流し、南北の選手団が韓半島旗を持って合同で入場するシーンや、五輪の柔道金メダリスト、韓国の河亨柱(ハ・ヒョンジュ)と北朝鮮の桂順姫(ケー・スンヒ)が聖火を運んで点火するシーンも登場するが、これらは釜山アジア大会の内容を編集したものだった。また、従北派(北朝鮮に追従する)で知られる韓国進歩連帯の韓相烈(ハン・サンリョル)常任顧問が北朝鮮で歓迎されて笑顔で手を振るシーンや、南北の選手とみられる男子アイスホッケーの選手たちが交流するシーンも登場する。
 動画には、韓半島旗と共和国旗(北朝鮮の国旗)を振るシーンが何度も登場するが、太極旗(韓国国旗)は一度も登場しない。また、画面の下部には「われわれは血が同じ単一民族」「反統一勢力に介入されずに懸案はわが民族同士で解決しよう」と英語の字幕が現れる。最後には、韓半島の地図と共に「冬季五輪大会」「共和国創建日」「北南関係改善」という文字が画面を埋め尽くして動画は終わる。動画だけ見ると、平昌五輪がまるで北朝鮮主導の「平壌五輪」と誤解される内容だ。
 「朝鮮の今日」の公式サイトは、韓国国内では有害サイトとしてアクセスが制限されているが、動画はユーチューブやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で容易に見ることができる。この動画は海外に拠点を置く親北団体「朝鮮友好協会」などのSNSアカウントを通じて拡散されている。
You Tubeで北朝鮮が平昌五輪のプロパガンダで、統一旗や北朝鮮の国旗を用いて喧伝すると云う事態に発展した。
最早完全に北朝鮮に乗っ取られた状況で在る。
何も彼もが北朝鮮の主導で事が進んで居ます。
posted by 天野☆翔 at 05:11 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

平昌五輪に在日本朝鮮人総聯合会が参加。

* 朝鮮総連が平昌五輪に大規模応援団か 韓国は安全面など支援-Chosun online 朝鮮日報
韓国と北朝鮮は北朝鮮の平昌冬季五輪参加に関する17日の実務会談で、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の応援活動を保障することで合意した。応援団の規模は明らかにされていないが、過去のケースを踏まえると、16年ぶりに数百人規模で来韓すると予想される。
 2000年の南北首脳会談後、融和ムードの中、朝鮮総連は01年5月に在日コリアンの洪昌守(ホン・チャンス、徳山昌守)の世界ボクシング協議会(WBC)スーパーフライ級タイトルマッチを観戦するため来韓した。02年5〜6月のサッカー・ワールドカップ(W杯)韓日大会には在日本大韓民国民団(民団)との合同応援団として約200人、同年9月に釜山で開催されたアジア大会には441人の応援団を送った。
 17日の実務会談に韓国側首席代表として出席した統一部の千海成(チョン・ヘソン)次官は会談後の会見で、「北側は朝鮮総連関係者の訪韓と応援活動参加を提案した」としながら、南北が合意した約230人の北朝鮮応援団とは別と説明した。
 朝鮮総連からの応援団に関し政府当局者は18日、02年のアジア大会に準じ、出入国の関連措置や競技会場への案内、身の安全の保護などを支援する予定だと述べた。
 朝鮮総連関係者のうち、韓国または日本の国籍ではない、いわゆる「朝鮮籍」の在日コリアンは、日本にある韓国の公館から旅行証明書の発給を受ければ韓国に入国することができる。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨年8月15日の光復節(日本による植民地支配からの解放日)の演説で、在日同胞については人道的な見地から国籍を問わず「故郷訪問を正常化する」と表明。今月から入国審査の緩和措置が取られ、朝鮮総連系の人たちが訪韓しやすい状況だと、この当局者は伝えた。
 朝鮮総連側はすでに宿泊先や五輪入場券などの手配に入っているとされる。
平昌五輪に対して在日本朝鮮人総聯合会が参加する事が確定した。
数百名規模の参加だと云うが、最早北朝鮮のお祭りの様相を呈して来た。
不在の隙を突いて政府がテロ国家指定したら楽しそうだ。
posted by 天野☆翔 at 05:07 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

北原みのりが産經新聞を批判したが。

* 北原みのり「『日韓合意』と『慰安婦』」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。今回は、慰安婦問題にについて。
*  *  *
 韓国の文在寅大統領が「『日韓合意』は真実と正義の原則に反する」と、元「慰安婦」の女性たちに謝罪した。
 さっそく産経新聞は「新方針などありえない」と韓国批判をしてるけど、2015年の合意の時は、妥協すべきでない、と一番苛立っていたのに一貫性がないというものよ。一方、合意を「新しい日韓関係」と好意的に語っていた人は一様に沈黙していて、メディアも「国どうしの正式な合意は守られるべき」みたいな政府方針をそのまま伝えている。それを言うなら安保法だって、違憲だという専門家の声をねじ伏せ、大規模なデモを無視して強引に成立した「正式な法律」でしょ。問題は、国の「正式」に対し、自浄作用があるかどうかだ。文在寅は大統領就任直後から慎重に日韓合意を精査してきた。この問題は、日韓関係どころか日米韓同盟に響く問題だなんて韓国政府が一番分かってる。それでも「内容、手続き、いずれも間違った(合意)」という決断を出すしかなかったことの意味は重たい。
 いつまで謝ればいいのか。そんなふうに「慰安婦」問題を煙たがる人がいる。中には、将校と恋愛したり、お金を貯めたりと、逞しく生き抜いた「慰安婦」もいた、だいたい当時「日本人」だった朝鮮人「慰安婦」は、他の国の「慰安婦」より高く値段がつけられ、「帝国の慰安婦」として誇りがあったと主張する人もいる。産経新聞系だけでなく、フェミニストも言う。
産経系とフェミが違うのはその先で、「だから『慰安婦』はお商売だった、日本に責任なし」と言うのが産経系で、「だから、多様な『慰安婦』像を認めるべきだ。韓国の『支援団体』は被害だけを強調し、『慰安婦』を政治利用するナショナリストだ」と韓国の女性団体を批判するのが日本のフェミだ。「慰安婦」問題がここまでこじれたのは、決して安倍さんをはじめとする保守なオッサンたちのせいだけでなく、日本のフェミのダメさもある。
「慰安婦」にも楽しい時間があった、笑いもあった、待ち遠しく感じる軍人もいただろう。だって、生きていたのだから。でも……。
 ここでも何度も書いているけれど、1991年に金学順さんが声をあげた時、それは本当に小さな最初の一歩だった。韓国国内でも「恥」「売春婦のくせに」という批判の声があがり、日本大使館前で行われるデモは本当に小さいものだった。その声を大きな声、性暴力を受けた女性たち全ての声にしていき、国際社会まで動かしてきたのが当事者の女性と支援者たちだ。日韓合意は、そんな彼女たちの頭越しに交わされた。正式な文書がない合意や、電話での謝罪を見直す力が日本社会にないのだとしたら、国際社会的に終わっているのは日本のほうだ。
 産経新聞によれば、安倍さんは「お金を払っておいてよかった」ともらしたそうだ。札束を投げつけた「合意」だったことを自ら暴露したことになる。性暴力問題にどう向き合うか、日本社会が問われている。
週刊朝日に北原みのりが寄稿した内容で、慰安婦問題解決の為の二国間合意の案件での産經新聞の報道の内容が二枚舌と批判したが、全く批判には当たらない。
当時合法的な売春で売春婦として追軍してただけの事案を、何故性暴力として批判するのか、全く理解不能な論調には辟易します。
南朝鮮では盧武鉉政権時代迄売春は合法的で在ったが、此処に性暴力は在ったのかと云う事です。
合意の履行を求める事は国際的な信用問題で在る。
馬鹿は黙って頂こうか。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

平昌五輪に暗雲。

* 北朝鮮代表団500人、警護・宿泊対応に頭を痛める韓国政府-Chosun online 朝鮮日報
平昌冬季オリンピック期間中、韓国にやって来る北朝鮮代表団の数が400−500人に上る見通しとなったことで、彼らに対する警護や便宜の提供について韓国政府が頭を痛めている。過去にも北朝鮮から大規模選手団や応援団が来韓したことはあるが、今回のように複雑な事情が絡み合ったケースは初めてだからだ。
 韓国政府は15日の南北実務者協議の際、北朝鮮芸術団の来韓ルートについて「板門店からの陸路」を提案した。この結果、選手団や応援団、さらには役員らも板門店を通じてやって来る可能性が高まった。韓国政府関係者は「北朝鮮から数百人が板門店を通過してやって来るのは休戦以来、今回が初めてだろう」「あまりにも規模が大きいので、警護やサポートの際に多くの困難が予想される」などと述べた。
 2002年の釜山アジア大会と03年の大邱ユニバーシアードでも北朝鮮から500−600人がやって来たが、当時は船と航空機を利用できた。ところが今回は船舶も航空機も国連安保理制裁に引っ掛かるため利用できない。
 宿泊施設の確保も大きな課題だ。現在、平昌周辺ではいわゆる「オリンピック特需」の影響で、宿泊施設の確保が非常に難しい。これについて江陵市の崔明熙(チェ・ミョンヒ)市長は11日、江陵市内の烏竹韓屋マウル(定員240人)を北朝鮮芸術団と応援団の宿泊施設として無料で提供する意向を明らかにした。このほかにも江原道麟蹄郡のスピーディウム、束草市のハンファ・コンドミニアムなども宿泊先として検討されている。
 北朝鮮代表団の警備を担当したことのある国家情報院の元関係者は「北朝鮮の応援団などは団体生活に慣れているので、宿泊先さえ決まれば管理はさほど難しくないが、逆に好奇心を持つ韓国人の統制の方が面倒だ」と語る。韓国政府はこの日、政府次元で北朝鮮の平昌オリンピック参加を準備するため「政府合同支援団」を立ち上げた。
文在寅の太陽政策の元でのアイスホッケー女子の南北合同チームが合意に成ったが、此の案件で北朝鮮からの訪問者の費用で青瓦台が悲鳴を上げた。
敵国で在る筈の北朝鮮の為に五百名近い代表団の為に、予算を割くと云うのは極めて困難だとの見解で在る。
正しく馬鹿で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

米山隆一は説明責任を果たせ。

* 「ツイッター投稿で名誉毀損」大阪知事が新潟知事を提訴 「党内独裁者のような印象抱かせた」(1/2ページ) - 産経WEST
大阪府立高の頭髪指導訴訟をめぐるツイッターの投稿で名誉を傷つけられたとして、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事が、新潟県の米山隆一知事に550万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴したことが18日、分かった。
 訴状などによると、米山知事は昨年10月末、自身のツイッターで大阪府立高での頭髪指導をめぐる訴訟に言及。府立高の責任者は「維新の松井さん」とし、「異論を出したものをたたきつぶし党への恭順を誓わせてその従順さに満足する」などと投稿した。
 松井知事側は「維新の松井さん」が自身を指していることは明らかで、「党内でまるで『独裁者』であるかのように振る舞っているとの印象を抱かせる」と指摘。その後に米山知事が「松井さんとは書いていない」と否定する投稿をしたことを考慮しても、社会的評価を低下させたと主張している。
米山知事「言論の自由をどう考えているのか」と反論
松井知事は18日、米山知事の投稿に関し「事実誤認にもかかわらず謝罪がなかった。僕と維新の会に対する侮辱で、しっかりと反省すべきだ」と府庁で記者団に語った。
一方、米山知事は同日、報道陣の取材に「松井知事のことではないと何度も書いているのに、なぜ誤解されるのか理解に苦しむ」と指摘。「政治に対する正当な論評だ。言論の自由をどう考えているのか」と述べた。
大阪府の教育指導訴訟で、此の案件で「維新の松井」と言及し此れに言及したが、本人は日本維新の会の松井一郎では無いと言い訳したが、維新は日本維新の会で在るのは明白で、松井は松井一郎以外は居ない。
一体何処の誰を指して言及したのかを明確に説明する責任が在る。
此れを避けてるのならば知事職としては失格で在る。
他の案件も含めてリコール運動されるべきでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

南朝鮮で内ゲバ。

* 韓国現・元大統領、因縁のゴング 李明博氏「側近ら逮捕は政治報復」 文在寅氏「怒りが沸き上がる」  - 産経ニュース
韓国の李明博元大統領が元側近らの逮捕など周辺への捜査について、盧武鉉元大統領が自殺したことへの「政治報復だ」と主張したことに対し、文在寅大統領が「沸き上がる怒りを禁じ得ない」と激怒している。
 李氏は17日、「捜査が最初から私を標的としていることは明らか」とし、盧氏の名をあげて“報復的”な捜査を批判した。
 大統領府が18日に明らかにしたところでは、文氏は「大統領府が政治報復のため検察に捜査を命じているかのように主張した」と李氏を非難。「現政権への侮辱で、大統領経験者としては口にしてはならない司法秩序の否定だ」と断じた。
 文氏が激怒したのは、李氏が盧氏の名前を出したためとみられる。文氏の弁護士時代からの師であり盟友であった盧氏は大統領退任の翌2009年に不正資金疑惑で検察の事情聴取を受け、直後に自殺した。当時の大統領は李氏だった。
 文氏は政治報復を否定しているが、韓国社会では当然視されている。昨年5月に大統領に就任した文氏が、積年の恨みを晴らそうとするのは時間の問題とみられていた。
 李氏に心中をズバリと指摘されたことが、文氏の神経を逆なでしたようだ。李氏に対する検察の捜査に拍車がかかるのは必至で、近く李氏に事情聴取を求める可能性も高い。保守派の元大統領と左派の現職大統領は、互いに因縁の闘いのゴングを打ち鳴らしたかたちだ。
現役と元の大統領の間で熾烈な闘いが繰り広げられてる。
文在寅と李明博との間で、盧武鉉の案件で互いに批判仕合い政治的報復を展開して居る。
政治的継続性の一切無い南朝鮮では、前政権以前の案件は闇に葬る傾向に有り、今回の案件も此れに基準。
非常に醜い闘いで在る。
こんな事だから、国際的に信用され無いのだと自覚するが良いでしょう。
posted by 天野☆翔 at 23:18 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

茨城県の不見識。

* 「日本列島の全原発が危ない!」講演会 後援の茨城・つくば、土浦両市に政治的中立性、科学的根拠を問う声も - 産経ニュース
市民団体が「日本列島の全原発が危ない!」などと題して20日に茨城県土浦市で開催する講演会をめぐり、土浦、同県つくば両市の対応が物議を醸している。講演会のチラシには「反原発」を想起させる文言が並んでおり、後援に名を連ねている両市には、自治体の政治的中立性を疑問視する意見が寄せられている。
 講演会は、原発の危険性を訴える著書を執筆している作家の広瀬隆氏らを講師に招き、20日午後、茨城県県南生涯学習センター(土浦市大和町)で行われる。
 両市によると、主催団体が昨年11月、申請書や企画書を両市に提出。「避難者の現実を学び、原発再稼働について考える学習会」という趣旨だったため、両市は後援を承認。両市の教育委員会も後援している。
 だが、講演会のチラシには、「危険な汚染地に住民を戻す政策が強行」「東海第2原発は日本一危険な原発」など、「反原発」をうかがわせる表記が多数掲載されている。
 両市には政治的中立性を問題視する指摘をはじめ、「科学的根拠に基づいた講演なのか」といった問い合わせが相次いだという。
 土浦市教委は「講演で使うデータの精査が必要」と判断し、後援の承認後も主催団体と話し合いを重ね、責任者に「政治活動を行わないように」とくぎを刺したという。
土浦市とつくば市の共同開催の講演会に、反原発運動家が講師として招かれ講演する内容を巡り、政治的中立性で疑問を抱かれてる問題だが、教育委員会は政治的活動はするなと釘を刺したと云うが、此の注意は絶対に聞かないでしょう。
正しい対応は講演させないと云う手段なのだ。
原子力発電の危険性ばかりを論い、必要性に関しては一切言及しないので有れば、極めて偏狭な意識でしか物事を考えない団体には、講演する資格は一切無いのです。
posted by 天野☆翔 at 23:12 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

日本労働組合総連合会のお前が云うな。

* 連合・神津里季生会長「相変わらずガタガタとしか国民に映らない」 野党統一会派白紙に苦言 - 産経ニュース
連合の神津里季生会長は18日の記者会見で、希望の党と民進党が統一会派結成を断念したことについて「国会の中で働くものの思いを受けて声を大きくしてもらいたいということからすれば、残念といわざるを得ない」と述べた。
 神津氏は「国民からみると、相変わらず野党がガタガタしている風にしか映っていない」と述べ、一連の経緯に苦言を呈した。
 民進党の大塚耕平代表が「昨年の衆院選のしこり」が会派結成の障害となったとの見方を示したことに関して「本当の意味でもやもや感や怨念をぶつける相手はどこなのかということを頭の中にしっかりと据えて、国会の中で協力すべきは協力してもらいたいと痛切に思う」と訴えた。
民進党と希望の党の統一会派の案件で、此れを「ガタガタしてる風にしか映らない」として苦言を呈したが、其れ等の政党の議員を支持して選挙運動を展開して当選させたのは一体何処の誰なのか。
お前達が民主党時代からの関係者を当選させ続けた結果、今回の為体を招いたのだ。
自分達の都合でしか物事を考えず、障害に為る対象を蹴落とす体質と、政局ばかりしか念頭に無い輩を大量に生み出して置いて何を云うのかと、厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:04 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

広辞苑の又しても。

* 広辞苑、「しまなみ海道」説明に誤り 経由地の島名を取り違え 改訂の追加項目 - 産経ニュース
岩波書店発行の国語辞典「広辞苑」第7版で、新たに収録した「しまなみ海道」の説明に誤りがあることが18日、岩波書店への取材で分かった。海道の経由地について、「周防大島を経由する」としているが、正しくは「大島」。同社担当者は「なるべく早く重版で訂正したい」としている。
 同社によると、広辞苑は広島県と愛媛県を結ぶ海道の経由地を因島・生口島・大三島・周防大島を経由すると説明。山口県周防大島町の屋代島(通称周防大島)と愛媛県今治市の大島を間違えて説明している。
しまなみ海道の経路で無関係の場所を記載したとして訂正する事を表明したが、其の前にはLGB&Tの案件も在った。
然し、肝心の修正すべき「台湾」の案件は、一向に何も無いのにはどう云う魂胆なのか説明が無い。
岩波書店は此処を明確に説明する義務が在る。
posted by 天野☆翔 at 22:59 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

芸術家達の怒りを買う南朝鮮。

* 韓国・釜山の区役所、米有名芸術家の作品を「目障り」として廃棄 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
韓国・釜山市の海雲台(Haeundae)のビーチ脇に設置された米国人アーティスト、故デニス・オッペンハイム(Dennis Oppenheim)氏の遺作の一つが「目障り」になったとの理由で、市当局によって解体されたことが明らかになり、芸術愛好家らが衝撃と怒りをあらわにしている。
 オッペンハイム氏は、コンセプチュアル・アートやパフォーマンス・アートの他、彫刻でも活躍したアーティスト。作品は仏パリのポンピドー・センター(Pompidou Centre)や米国のニューヨーク近代美術館(MoMA)など世界各地のそうそうたる美術館に収蔵されている。
 だが海雲台区役所にとって、そんなことは大したことではなかったようだ。
 海雲台区の当局者はAFPの取材に対し、設置した場所と時期が悪かったと説明。「Chamber」と題された彫刻作品は、潮風でさびが発生した上、2016年の台風で損壊。周辺の住民や通行人からは「目障りになっている」ので撤去してほしいという電話が多数あり、当局は先月、作業員を派遣し、彫刻を解体・撤去した。
 さらに当局者は、残がいの金属は鉄くずとして売却されたとの報道を否定し、素材の大半は鉄パイプとポリカーボネートで、廃棄物処分場へ送られたと語った。
南朝鮮の釜山市に設置されたデニス・オッペンハイム氏の遺作が「目障り」との理由で撤去され、更に解体されて鉄屑と化したと云う。
デニス・オッペンハイム氏は世界的にも有名なアーティストで在る。
南朝鮮は芸術の何足るかを理解して居ない様子です。
posted by 天野☆翔 at 05:33 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする