冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年02月28日

川崎重工業が不正。

* 【新幹線台車亀裂】マニュアルに反して鋼材削る、川重会見で謝罪…強度不足の146台を交換へ(1/2ページ) - 産経WEST
JR西日本の新幹線のぞみの台車に破断寸前の亀裂が見つかった問題で、台車を製造した川崎重工業が、作業時の注意事項などを記したマニュアルに反して、台車枠の鋼材を薄く削っていたことが28日、分かった。川重が記者会見で明らかにした。底面の溶接不備が発端となって亀裂が生じ、周辺の鋼材が薄く強度が不足したことから、亀裂が広がったとの見解を示した。
 今回亀裂が生じた台車以外にも、鋼材の厚さが基準に満たない台車がJR西に100台、JR東海に46台ある。1年以内に順次、取り換え作業を進めるという。川重は、交換に必要な台車枠の製造費を全額負担すると表明した。
 神戸市で記者会見した川重の金花芳則社長は「多大なるご迷惑とご心配をかけた。深くおわびする」と謝罪。月額報酬の5割を3カ月返上すると発表した。
 台車枠は厚さ8ミリの鋼材をロの字形に加工したもの。亀裂は幅約16センチの底面を貫き、高さ約17センチの両側面で約14センチに達していた。
川重とJR西によると台車枠は加工後、鋼材の厚さが7ミリ以上あることが求められていたが、底面の亀裂部分を調査したところ、厚さが最も薄い箇所で4.7ミリだったことが判明した。底面に「軸バネ座」と呼ばれる部品を溶接する際、接着面をなめらかにして隙間が生じないようにするために鋼材を削っていたという。
 川重が台車製造時の注意事項などを記した「作業指導票」は、台車枠の表面を削ることを禁じていたが、現場の作業責任者が内容を十分に理解しておらず、削り込まれた鋼材の確認も行っていなかったという。また、溶接作業時の不備で鋼材内部に割れが生じていた恐れもあるという。
 同日、大阪市内で記者会見したJR西の来島達夫社長は「メーカーと鉄道事業者が一体となって安全を担保する必要がある。メーカーには製造時の検査確認と品質保証を求めたい」と話した。
 鋼材の厚さが基準に満たない台車は、東海道・山陽新幹線のぞみのみで使用されている。
新幹線の台車の亀裂が確認された案件で、此の台車を製造した川崎重工業の製品が規定以下の基準で製造出荷された事が明らかに成った。
人命に関わる重大な違反で在る事は云う迄も無いが、何故こう云う事に成ったのかの精査が必要だ。
コスト削減が念頭に在ったのならば、厳しく糾弾され無ければ為らない。
何れにしても、此処最近の製造業の不正は企業の体を為して無い事案が頻発してる。
小さな不正が大きな不正に発展し、企業自体の存続に関わるのだと自覚して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 23:46 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

福田康夫が憲法改正は急ぐ必要無しと明言。

* 【憲法改正】福田康夫元首相、憲法9条改正論議に改正ありきと苦言 改正急ぐ必要なし - 産経ニュース
福田康夫元首相は28日、東京都内で講演し、自民党の憲法9条改正をめぐる党内議論に関し「改正しなければいけないというのが先にきている。中身より通りやすいものでという感じになってしまっている。本当に良いのかという気がする」と述べ、苦言を呈した。
 改憲論の背景にある理由の一つとして「他の国がやるようなPKO(国連平和維持活動)が日本はできない、という部分がある」と指摘した。
 その上で、憲法解釈の変更と安全保障法制を通じ、集団的自衛権の限定的な行使が政治判断で可能になったことに触れ、「当面はそれでいいのではないか」と述べ、改正を急ぐ必要はないとの認識を示した。
東京都内での講演でこう主張した。
自由民主党は憲法改正を党是としてるが、漸く改正可能な勢力が整備されたのだ。
此処で改正の動きを取らずして何とするのか。
嘗て自身も所属してたのだから党是の意味を重く受け止めよ。
posted by 天野☆翔 at 23:40 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

台湾独立運動宣言。

* 台湾独立派「住民投票を」 そろって会見、李登輝氏も出席、「台湾」名義での国連加盟も訴える(1/2ページ) - 産経ニュース
「台湾独立」の住民投票を求める政治運動の開始を宣言する記者会見が28日、台北で行われ、独立派の政党や政治団体の代表が一堂に会した。会見には李登輝元総統が出席し、民主進歩党の陳水扁元総統もビデオメッセージを寄せた。台湾独立の動きを警戒する中国を刺激する一方、中台関係の「現状維持」を掲げて独立の動きを抑制してきた蔡英文政権にとっても、難しい課題となりそうだ。
 この日は、中国国民党政権による1947年の住民弾圧事件「2・28事件」から71年、民主化・独立運動の記念日でもある。運動は、民放テレビ局「民間全民テレビ(民視)」の董事長(会長)が発起人となり、150人が署名に名を連ねた。会見には、ヒマワリ学生運動から派生した政党「時代力量」の黄国昌主席や、民進党の呂秀蓮元副総統も出席した。
 宣言文は、2019年4月に住民投票を行い、「台湾の人民が自ら国家の地位と前途を決める」と主張。「台湾」名義での国連加盟も訴えている。
 李氏は「住民投票で台湾を正常な国家にする」と大筋で支持を表明。病気療養のため仮釈放中の陳氏も、映像で「2350万人の台湾人民の決心を全世界に知らせよう」と呼びかけた。
ただ、領域の変更など「独立」に関係する決定は、立法院(国会に相当)で出席委員の4分の3以上の賛成による発議で憲法を改正する必要があるため、法的拘束力のある「独立投票」が実施できる可能性は低い。運動は、中国に低姿勢を取る蔡政権に圧力をかける狙いもあるとみられる。
 一方、独立派が2・28事件の「首謀者」とみる初代総統、蒋介石の遺体が安置されている北西部・桃園市の墓所に28日、「青年独立派」を名乗る男らが侵入、ひつぎに赤いペンキをかけた。
国際的な立場での台湾の独立をする為の住民投票の実施を呼びかける運動が実施された。
李登輝氏や民主進歩党や時代力量等も参加し、国際的な地位を確立する為の主張を展開。
現在の台湾は国際的には独立国家として見做されてるが、実質的には支那の一部として認知されてる現状を改める必要が在る。
此の運動を大いに評価したい。
posted by 天野☆翔 at 23:37 | Comment(0) | Unclassified | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

今井雅人が福井照氏を批判。

* 【衆院予算委】福井照沖北相、「ハレンチ写真」追及される - 産経ニュース
希望の党の今井雅人衆院議員は28日午前の衆院予算委員会で、27日に就任した福井照沖縄北方担当相が平成21年の週刊誌に「温泉豪遊ハレンチ写真」を報じられたとし、資質を問題視した。今井氏は「人には見せられないような恥ずかしい写真だ。女性が見たらどう思うか」と批判した。
 安倍晋三首相は「福井氏は政策通として知られ、沖縄、北方問題の政策を推進していく上で適任だ」と述べた。
 今井氏はさらに、福井氏の後援団体の元男性幹部が事業の出資金をだまし取ったとして、23年に裁判所に損害賠償を命じられた問題も取り上げた。男性が開いた事業の説明会で福井氏があいさつしたほか、福井氏の海外出張代金を男性が支払っていたなどと指摘。兼務する消費者行政担当相として適任ではないと批判した。
 福井氏は「私自身が出資を勧誘したことはない」と述べる一方、「そういうことなら誠に不適切だ。事実関係を私なりに調査したい。記憶を呼び戻したい」と答弁した。首相は「一人一人の政治家が説明責任を果たしていかなければならない」と述べた。
福井照氏が過去に週刊誌で報じられた案件を論い、此れを大臣の資質に欠けるとして批判したが、こんな事でしか批判出来無いのかと厳しく問い質したい。
又、後援団体の訴訟案件も論う。
同じ論理で批判するならば、自分達旧民主党連中は、醜聞の殿堂で在るが此処は無視するのか。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

海兵隊訓練を琉球新報は批判するが。

* 青い海を断つ泥路 辺野古沖合で米軍水陸車訓練 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
沖縄県名護市辺野古にある米軍キャンプ・シュワブ周辺海域で27日、水陸両用車を使った米軍の訓練が確認された。キャンプ・シュワブの浜辺に10台が並び、一定の間隔を空けて沖合に向けて出発していた。
 水陸両用車は黒煙をまき散らしながら、新基地建設が強行されている埋め立て工事現場近くを通過し、沖合で波しぶきを上げながら方向転換するなど訓練を実施。1時間ほどでシュワブ区域内の浜に戻った。
 小型無人機からの画像を見ると、スクリューで底の砂をかき上げたためか、砂が一直線に浮き上がり、透明度が高い真っ青な海が茶色く濁っていた。
 ダイビング・チーム代表の牧志治さんは「海底の海草を根っこから引き裂いている。ジュゴンが食べる海藻もキャタピラで踏みつけている」とし、環境破壊を危惧した。
 日本自然保護協会の安部真理子主任は「日米地位協定に基づく提供水域だからといって、沖縄県が大切にしている環境区域で、このような訓練を行うのは環境上問題だ」と指摘した。
水陸両用車を用いた海兵隊の訓練が実施されたが、其の内容でスクリューで海藻を毀損しキャタピラで珊瑚を破壊してるとして批判。
ならば、抗議活動での船舶のスクリューでは海藻は毀損されて無いのか。
又、浅瀬での無いのに珊瑚をキャタピラで破壊する事は可能なのか。
こう云う事すらも検証せずに批判するなら、批判の為の批判でしか無い。
此の事を確認したドローンの飛行は国土交通省に許可を受けたのかと云う、様々な疑問が噴出する。
環境上問題とするなら、那覇空港の第二滑走路の建造は同じ立場だが、此れを批判しないのか。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

南朝鮮は国際社会から叩き出せ。

* "새 정부 들어선 한국, 위안부 합의 입장 변화는 당연"
이태수 기자 = "한국 국민이 선택한 정부의 대표가 바뀐 것이기 때문에 새 대표의 방침으로 (합의에 대한 입장이) 변하는 것은 당연합니다."
우리 정부가 2015년 12월 박근혜 정부 당시 이뤄진 한일 위안부 합의를 두고 '문제가 해결된 것은 아니다'라는 입장을 견지하는 데 대해 외국 위안부 전문가는 "당연한 것"이라는 입장을 27일 밝혔다.
일본 '여성들의 전쟁과 평화 자료관'(wam)의 와타나베 미나 씨는 이날 오후 서울시청에서 이뤄진 국내 취재진과의 인터뷰에서 "한국 정부 대표를 선출하는 시기에 한국 국민 가운데에서는 위안부 합의에 대한 굉장한 반발이 지배적이었던 걸로 안다"며 "이러한 의사에 기초해 대통령을 선출한 것이므로 이러한 것(변화)은 외교적 사실로서 받아들여져야 한다"며 이같이 말했다.
와타나베 씨는 이날 서울시 주최 '일본군 위안부 자료의 현재와 미래' 국제 콘퍼런스 참석차 서울시청을 찾았다.
행사에는 와타나베 씨 외에도 '일본군 위안부 문제 해결 전국행동 자료팀'에서 활동하는 고바야시 히사토모 씨, 중국 '침화일군 남경대학살 우난 동포 기념관' 소속 류광지엔 씨, 중국 지린 성 당안관(기록보관소) 소속 자오위제・뤼춘위에 씨 등 중국과 일본 위안부 전문가가 참석했다.
와타나베 씨는 새 정부 수립에 따른 입장 변화는 비단 한・일 관계에만 그치지 않는다고 부연했다. 그만큼 특이하거나 이례적인 일이 아니라는 취지다.
그는 "미국 대통령이 트럼프로 바뀐 뒤에 미국은 그간 참여하던 TPP(환태평양경제동반자협정)를 탈퇴했다"고 말했다.
이어 "아베 정권은 출범 당시부터 일본군 위안부 제도에 대해 '있는 그대로'를 인정하지 않았다"며 "사죄의 말을 하더라도 피해를 인정하는 것이 무엇보다 중요하다. '무엇에 대해 사죄하는가'가 불분명해지기 때문"이라고 덧붙였다.
고바야시 히사토모 씨는 최근 한・중・일 3국의 민간 영역에서 많은 위안부 관련 사료가 발굴됐지만, 이를 일본 정부가 인정하는 자료로 받아들이게 하는 것이 중요하다고 강조했다.
그는 "일본 정부는 외국 기관이 수집한 자료나 일본 국내에서 학자가 수집한 자료는 공식적인 인정 대상으로 삼아오지 않았다"며 "굉장히 문제가 많지만, 이런 입장을 고수하고 있다"고 지적했다.
그러면서 "최근 한국 측에서 여러 경로로 새로 발굴된 자료를 일본 정부가 인정하게 하려면, 한국 정부를 통해 일본 정부에 '공식적으로' 자료를 제공하는 과정이 필요할 것"이라며 "국가 사이에서 (일본군의) 가해 사실에 대한 실태가 공식적으로 공유되는 상황으로 이어져야 한다"고 강조했다.
우리가 찾아낸 사료를 일본의 책임 인정과 사과로 이어지게 하려면 이를 '공식 자료'로 인정받게 해야 하는데, 이 과정에는 우리 정부의 역할이 중요하다는 이야기다.
고바야시 씨는 "일본 정부는 일본 행정기관으로부터 올라온 자료를 '있는 자료'로 (공식적으로) 인정한다"며 "그래서 일본 시민단체는 지난 2∼3년간 발굴한 여러 사료를 담당 행정기관에 보내고, 내각관방에 '이러이러한 자료가 나왔으니 송부해달라'고 요청하는 활동을 해왔다. 그러나 일본 중앙정부는 이러한 자료가 들어왔다는 것을 공표하지 않는다"고 말했다.
이어 "우리는 강제연행이나 성 노예 실태를 보여주는 대량의 문서를 보냈지만, 일본 정부는 이 같은 자료를 입수했다는 사실을 전혀 밝히지 않고 있다"고 꼬집었다.
이날 콘퍼런스에서는 일본군 위안부의 참담한 현실을 엿볼 수 있는 중국 측 사료도 공개됐다. 일본군 위안소에서는 마치 사람을 상품으로 취급하듯이 종종 '면세'나 '할인'도 이뤄졌다는 점이다.
뤼춘위에 씨는 "'할인'은 상품에나 쓰는 단어로, 당시 일본은 위안부를 군수품으로 봤다는 것을 의미한다"며 "'면세 티켓' 같은 표현도 발견됐는데, 인권이 당시 얼마나 짓밟혔는지 보여주는 사례"라고 밝혔다.
이어 "'면세'가 있었다는 것은 요건이 갖춰지지 않았다면 세금을 냈다는 것을 전제로 한다"이라며 "이 세금은 일본 관동군 군비로 쓰였을 가능성이 크다고 본다. 이 부분은 계속해서 연구해야 할 과제"라고 덧붙였다.
* Google 翻訳
イテス記者= "韓国国民が選択した政府の代表が変わったので、新しい代表の方針で(合意の立場が)変わるのは当然です。」
韓国政府が2015年12月、朴槿恵政府当時行われた日韓慰安婦の合意を置いて「問題が解決されたわけではない」という立場を堅持することについて、外国慰安婦の専門家は、「当然のこと」という立場を27日明らかにした。
日本の「女性の戦争と平和資料館」(wam)の渡辺美奈さんはこの日の午後、ソウル市庁で行われた国内取材陣とのインタビューで、「韓国政府代表を選出する時期に韓国国民の中では慰安婦の合意のすばらしい反発が支配的であったと聞いている」とし「このような意思に基づいて大統領を選出したものなので、これらのもの(変化)は、外交的事実として受け入れなければならない」と述べた。
渡辺氏はこの日、ソウル市主催の「日本軍慰安婦資料の現在と未来」国際カンファレンスに出席するためソウル市庁を訪れた。
イベントには、渡辺氏のほか、「日本軍慰安婦問題の解決全国行動資料チーム」で活動する小林久智さん、中国の「唾ファイル群南京大虐殺オナン同胞記念館」に所属リュグァンジ円さん、中国の吉林省档案館(アーカイブ)所属蔵王ユゼス・ルウィチュン上氏など、中国と日本の慰安婦の専門家が参加した。
渡辺氏は、新政府樹立に伴う立場の変化は、絹韓日関係にとどまらない説明した。 それほど特異たり異例ではない趣旨だ。
彼は「米国大統領がトランプに変わったの背後にある米国は、これまでの参加していたTPP(環太平洋経済連携協定)を脱退した」と述べた。
続いて「安倍政権は発足当時から日本軍慰安婦制度について「ありのまま」を認めていなかった」とし「謝罪の言葉をも被害を認めることが何よりも重要である。」何について謝罪するか」が不明になりがちだ」と付け加えた。
小林和久トモさんは最近、韓・中・日3カ国の民間分野で多くの慰安婦関連の史料が発掘されたが、これを日本政府が認める資料として受け入れていることが重要であると強調した。
彼は「日本政府は、外国機関が収集した資料や、日本国内での学者が収集した資料は、正式な認定対象として来なかった」とし「とても問題が多いが、このような立場を固守している」と指摘した。
また「最近、韓国側から複数のパスに新たに発掘された資料を日本政府が認めるようにするには、韓国政府を通じて日本政府に「公式に」データを提供する過程が必要」とし「国の間で(日本軍の)加害事実の実態が正式に共有されている状況でつながらなければならない」と強調した。
私たちが見つけた飼料を、日本の責任認定と謝罪につながるするこれを「公式資料」として認められるようにするべきなのに、このプロセスには、私たちの政府の役割が重要であることだ。
小林氏は、「日本政府は、日本の行政機関から上がってきた資料を「資料」として(公式に)認める」とし「だから日本の市民団体は、過去2〜3年間で発掘した複数飼料を担当行政機関に送り、内閣官房に「こういう資料が出てきたので送付してくれ」と要求している活動をしてきた。しかし、日本の中央政府は、これらの資料が入ってきたことを公表していない」と述べた。
続いて「私たちは、強制連行や性奴隷実態を示す大量の文書を送ったが、日本政府は、このような資料を入手したという事実を全く明らかにいない」と批判した。
この日のカンファレンスでは、日本軍慰安婦のひどい現実を垣間見ることができる、中国側史料も公開された。 日本軍慰安所では、まるで人を商品として扱うように、多くの場合「免税」や「割引」も行われたという点だ。
ルウィチュン上氏は、「「割引」は、商品のでも使う言葉で、当時の日本は慰安婦を軍需品に見たことを意味する」とし「「免税チケット」のような表現も発見された、人権が当時どのよう踏みにじらかを示す事例だ」と明らかにした。
続いて「「免税」があったのは、要件が備わっていなかった場合、税金を出したことを前提とする」とし「この税金は日本関東軍軍備に使われた可能性が高いと見ている。この部分は、継続して研究すべき課題」と付け加えた。
「女性の戦争と平和資料館」や「日本軍慰安婦問題の解決全国行動資料チーム」や唾ファイル群南京大虐殺オナン同胞記念館や吉林省档案館等が参加したイベントでの会見が気違いの極みで在る。
「国民が選択した政府の代表が変わったので、新しい代表の方針で(合意の立場が)変わるのは当然です。」として、慰安婦問題解決の為の二国間合意の無効を訴えた。
ならば、過去に批准した条約の全てが無効としなければ為らないと云う事に為る。
国際的な約束事を政権交代で無効化されたら何も為らないのだと自覚しないのか。
posted by 天野☆翔 at 23:18 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

野党は滅ぼせ。

* 働き方法案めぐり予算案採決も攻防(FNN)
国会は、2018年度予算案の衆議院通過を目指す与党側と、裁量労働制をめぐるデータの不備を受けて、働き方改革関連法案の提出断念を求める野党との間で、攻防が激化している。
自民党幹部は、「まだ提出してもいない働き方改革の法案を理由に、予算審議を遅らせるのは認められない」と、野党側の対応を批判している。
与野党の幹事長らは26日夜、断続的に会談を開き、野党側は調査のやり直しや、働き方法案の、今の国会での提出断念を求めた。
しかし折り合わず、与党側は、27日に予定していた、2018年度予算案の衆議院での採決を見送った。
野党6党は27日、幹事長会談を開き、働き方法案の提出断念などを引き続き求めていくことを確認した。
野党側は、要求が通らなければ、予算案の採決には応じない姿勢。
一方、安倍首相は27日、自民党の二階幹事長と会談し、安倍首相は「円満な国会運営で対応してほしい」と指示した。
ただ、政府与党は、予算案の28日の衆議院通過を目指し、働き方法案の提出も断行する方針。
自民党幹部からは、「もう野党に配慮する必要はない」との声も上がっており、野党側のさらなる反発は必至。
今年度の予算案の審議を法案すらも提出して無い働き方改革の裁量労働制のデータを引き合いに出して審議を妨害する。
日本維新の会を除く全ての野党が此の為体で在る。
こんな愚劣な政党は審議から外されても文句は云えまい。
野党の完全為る自爆行為で在るのは云う迄も無い。
posted by 天野☆翔 at 05:39 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

朝鮮学校補助金停止に支給再開の最後の訴え。

* 〈時代の正体〉「なぜ差別まかり通る」朝鮮学校生「最後の訴え」|カナロコ|神奈川新聞ニュース
県が朝鮮学校に通う児童・生徒への学費補助を打ち切った問題で市民団体が26日、補助金の支給再開を求める署名1万8449筆を県に提出した。「私たちはなぜ差別されなければならないのか」。卒業を目前に控えた神奈川朝鮮中高級学校(横浜市神奈川区)の生徒も同席し、「最後の訴え」を届けた。
 「朝鮮学校に通う子どもたちへの『学費補助』再開を求める県民会議」が提出した署名には生徒が自発的に集めた1811筆も含まれる。放課後、部活動や勉強の時間を削って横浜駅前に立ち、協力を呼び掛けてきた。「卒業までに再開してもらえず、悔しい」。男子生徒の一人は率直な思いを吐露した。
 県は私学振興課の副課長が対応した。「朝鮮学校を差別している認識はない」とした上で、拉致問題の記述がない教科書の改訂が支給の前提という従来の見解を繰り返しただけだった。
 3年生34人全員がそろった県庁の会議室に失望が広がった。
 朝鮮学校を運営する学校法人神奈川朝鮮学園に改訂の権限はないにもかかわらず条件として突きつける理不尽、そうして生じた問題で生徒が割を食う不条理、拉致問題は独自教材で教わっているのに教科書改訂に固執する不可思議、政治や国際情勢に左右されずに子どもの学ぶ権利を保障するとうたう制度の趣旨に行政が自ら反する不公正―。
2016年度の打ち切り後、募る思いが口を突いた。「経済的負担が増し、転校したり入学を諦めたりした子どもがいる。基本的人権である教育を受ける権利に格差が生まれている。それは差別だと思う」。生徒の問い掛けに副課長は正面から答えられなかった。
 生徒はその足で横浜駅に向かい、後輩の1年生が始めた署名集めの輪に加わった。
 「私たちの声を無視された後だから、いつもより積極的に声が掛けられた」。女子生徒の一人は言った。「差別をされればされるほど私たちの学校を守らなければと思う」
 3月4日の卒業式後も専門学校に通いながら、署名活動を続けるつもりだという。
「朝鮮学校に通う子共達への『学費補助』再開を求める県民会議」は、補助金停止の解除を求める訴えと共に署名を提出した。
最後の訴えとは笑わせる。
何度も同じ事を繰り返すだけだろう。
補助金を受けたかったら朝鮮学校を見捨てて公立校に通えば良いだけの話しなのだ。
補助金停止は差別でも何でも無く、我が国の教育課程を踏まえない教育を実施してるからで在る。
憲法違反の事をする訳には行かないのだ。
そんなに差別を受けてると思い込んでるならば、早々に帰国すれば良かろう。
posted by 天野☆翔 at 05:19 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

汚鮮された神田女学園中学校高等学校。

* ソウル女子高等学校と姉妹校協定を締結 | 共同通信PRワイヤー
神田女学園中学校高等学校(千代田区/校長:高橋順子)はソウル女子高等学校(韓国ソウル特別市/校長:ヤン シンホ)と姉妹校協定を締結
1月30日、神田女学園中学校高等学校(千代田区/校長:高橋順子)はソウル女子高等学校校(韓国ソウル特別市/校長:ヤン シンホ)と姉妹校協定を締結しました。 今後は学校間の交流を活発に行うだけでなく、日韓交流の懸け橋となるように繋がりを深めてまいりたいと考えております。
姉妹校協定締結式のあとは、本校で韓国語を履修している生徒42名と、来校したソウル女子高等学校の30名の生徒による交流会が行われました。 学んだ韓国語を使い同世代の若者とコミュニケーションをとる喜びで、いつまでも楽しい会話と笑い声が会場に響いていました。
神田女学園では、中学3年生から第2外国語(フランス語、中国語、韓国語)を学ぶことができます。
今までもお互いの学校を行き来することがありましたが、この協定を機に今までよりもさらに深い交流がスタートすることとなります。
平昌で生まれた友情が、次の東京へ繋がっていくことを期待しています。
神田女学園中学校高等学校はソウル女子高等学校と姉妹校協定を締結した。
此の後に及んで迄南朝鮮との関係を構築するとは常軌を逸してる。
此の学校には生徒は集まらず、最早将来は無いと思え。
気違いの極みで在る。
posted by 天野☆翔 at 05:12 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

河津桜も咲き始めた。

河津桜と東京スカイツリー 近所の河川敷での河津桜と東京スカイツリー。
河津桜 全体的には六分咲と云う処でしょうか。
梅の蕾 近所の公園の紅梅は未だ未だ蕾の状態で、漸く花が綻ぶ程度でした。
posted by 天野☆翔 at 23:45 | Comment(0) | Traditsioon | 更新情報をチェックする