冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年07月18日

野党共への怒り。

国会の会期末が差し迫る中、様々な理由を論って問責決議案や内閣不信任決議案等を乱発する野党共の姿勢には、大いに批判されて然りで在る。
議会制民主主義では多数決なのだから、提出しても否決されて終わる。
完全に日程闘争でしか無いのだ。
今国会では、災害対策に全力を傾けよと野党も主張するが、ならば何故こんな無駄な抵抗をして内閣総理大臣を始めとする閣僚達の行動を縛る必要が在るのかと云う事で在る。
粛々と審議に応じて早々に災害対策に全力を傾ける。
此れが本来の姿で有ろう。
低俗な抵抗しかしないからこそ、自分達の支持率が下落してる事を自覚すべきだ。
posted by 天野☆翔 at 23:52 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

日本の真似をしても無意味と快資訊。

* 日本代表の真似をした中国のサッカーチームに辛辣な声、「表面だけ真似しても無駄」=中国-サーチナ
サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は決勝が行われ、フランスの優勝で幕を閉じた。日本代表は惜しくも決勝トーナメント1回戦で姿を消してしまったが、その健闘ぶりは世界を驚かせ、また日本中を熱狂させた。
 決勝トーナメント1回戦で敗戦後の日本代表はロッカールームをきれいに清掃し、ロシア語で「ありがとう」というメッセージを置いて立ち去った。これは世界中で注目を浴び、そして、高く評価されたが、中国メディアの快資訊はこのほど、中国のサッカーチームが日本代表の真似をしたところ、中国のネット上では批判が殺到したと伝えている。
 記事は、日本代表の敗戦後の振る舞いは世界中で称賛されたことを紹介し、このニュースを聞いた中国のサッカー選手たちが日本代表の真似をし、ロッカールームをきれいに清掃し、テーブルの上に「謝謝(ありがとう)」と書かれたカードを置き、その写真をネット上にアップしたことを紹介。写真を見て見ると、テーブルの上にはバナナ1房が置かれている。「謝謝」と書かれたカードはバナナの上に置かれていることから、バナナは感謝の印なのだろう。
 こうした行動は褒められるべきなのだが、中国のネットユーザーからは「話題づくりのためにやっているに過ぎない」などといった辛辣な声が寄せられたと紹介。表面上だけ日本代表の真似をしても意味がなく、日本人選手の内側にある精神やサッカーの技術を学ぶべきであると指摘した。
 すかさず日本代表の真似をするところは、さすが中国といった感じだが、記事も指摘しているとおり、表面上の行動だけを真似しても仕方なく、その行動の真意を理解し、学ぶ必要があるのかもしれない。
サッカーワールドカップの日本選手団のロッカールームの案件に関して、支那の選手団が真似をした事が話題に成ってると云う事を、支那のメディアの快資訊が報じたが、此れに対して批判が上がってると云う。
其の中身はメッセージカードがバナナの上に在ったと云う事に注目すべきで、正しく猿真似への皮肉が込められてるからだろう。
俄ですれば意味は為さないのは明白で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:47 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

青瓦台が軍用機性能をべた褒め。

* 青瓦台「韓国産ヘリの性能・技量は世界最高…指摘事項は完ぺき改良」 | Joongang Ilbo | 中央日報
浦項(ポハン)で発生した海兵隊所属「マリンオン」(MUH−1)ヘリコプター墜落事故に関連し、一部で機体欠陥の可能性が提起されていることに対し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)が「現在、我々のスリオン(KUH−1、マリンオンの原型モデル)の性能と技量は世界最高水準」と述べた。
青瓦台の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は18日、春秋館で定例記者会見を開き、「スリオンが欠陥のあったヘリコプターだといって、あたかもスリオンに問題があるかのように映る可能性はあるが、実際、監査院が指摘した結氷問題は完ぺきに改良した」とし、このように話した。続いて「このような点を国防部が十分に説明する必要があるという程度の話が(青瓦台内で)交わされた」とし「安保室を通じて後続措置があるだろう」と伝えた。
これに先立ち前日(17日)午後4時45分、慶尚北道浦項南区の飛行場の滑走路でマリンオン1機が10余メートルほど上空で試験飛行中に墜落した。この事故で搭乗者6人のうち5人が死亡し、1人が負傷した。
マリンオンは海兵隊が導入した初の上陸機動ヘリコプターで、韓国型機動ヘリコプターのスリオンを改造したモデル。しかしスリオンは昨年7月、監査院の監査で機体の欠陥が指摘されるなど安全性をめぐり論議を呼んできた。当時、監査院はスリオンが結氷性能と落雷保護機能が不十分で、エンジンの型式認証がなく飛行安全性が落ちると指摘した。今回の事故の原因として機体の欠陥の可能性が提起される理由だ。
海兵隊所属機のヘリコプター墜落事故を受けて、機体の欠陥が指摘されてる事への返答として、青瓦台は性能や技量は世界最高水準だと曰った。
ならば何故墜落事故を起こしたのだと云う事で在る。
欠陥品を如何に改良しても欠陥品だったのだろう。
継ぎ接ぎだらけの機体を良くも平然と飛ばせるものだと感心する。
posted by 天野☆翔 at 23:41 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

デルタ航空が南朝鮮人から難癖。

* 「韓国語を使うという理由で解雇」…韓国人職員がデルタ航空相手に訴訟 | Joongang Ilbo | 中央日報
米ワシントン州シアトル・タコマ国際空港で勤務していたデルタ航空所属の韓国人女性職員4人が勤務中に韓国語を使うという理由で解雇されたと主張し、会社を相手取り訴訟を起こした。
17日(現地時間)のワシントン州現地メディアKIRO7によると、キムさん、パクさん、イさん、アンさんの元デルタ航空職員4人は最近、デルタ航空の解雇は「人種および国籍に基づく差別と報復」として、ワシントン州キング郡上級裁判所に訴訟を提起したと報じた。
4人はともに韓国出身で、デルタ航空の仁川(インチョン)−シアトル路線の乗客に主に対応してきた。職員4人の勤続期間をすべて合わせると50年にのぼり、うち3人は米国市民権者だ。
イさんはメディアのインタビューで「韓国語を話す顧客は私たちを見て喜んだ。が韓国語で話すと安心するようだった。すべてのデルタの顧客に家族のように接した」と話した。
4人はデルタ航空が自分たちを雇用した理由の一つも韓国語ができるためだったと主張した。しかしデルタ航空は昨年5月、客に韓国語を使ったという理由で解雇し、矛盾していると指摘した。表面的な理由は承認を受けていない座席のアップグレードをしたという理由が付いた。
アンさんは「デルタ航空のマネージャーが『韓国語を話さない職員から不満があった』と警告した。韓国語を使うと不便だと感じるようなので韓国語で話すのを控えるべきだと話した」とKIRO7に伝えた。しかしアンさんは「韓国語以外の外国語を使うデルタ航空の職員に対してこのような指針を出すのを見たことがない」という主張だ。
デルタ航空側は「KIRO7」に対し「私たちは職場内の嫌がらせや差別に関する主張を非常に深刻に受け止める。4人の元職員が提起した主張を調査した結果、根拠はないことが確認された。会社は4人がチケッティングと運賃規定を違反したという結論を出して適法に解雇した。デルタはこうした主張にいかなる根拠もないという結論が出ると確信している」と明らかにした。
女性乗務員四名が、勤務中に朝鮮語を使った事で解雇されたと云う理由でデルタ航空に対して訴訟を起こした。
雇用した理由は朝鮮語が使えると云う事だが、此れに関しては全くの不透明。
表面的には座席の格上げを勝手にしたと云う事案。
エコノミークラスをビジネスクラスやファーストクラスに勝手に変更すれば、其れは処分対象に為るのは当然だ。
デルタ航空の解雇理由は単純に職務規定違反をしたからと云う理由で在る。
別に朝鮮語を用いたからと云う理由では無い。
完全に難癖でしか無い。
posted by 天野☆翔 at 23:34 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

南朝鮮の冷めぬ夢。

* 投資・消費・雇用が減るが…韓国政府は8カ月連続「回復傾向」 | Joongang Ilbo | 中央日報
投資と消費が減少し、就業者数の増加幅は10万人台にとどまっている。こうした状況でも韓国政府は「経済は回復傾向」という立場を維持している。
企画財政部は13日に発表した「最近の経済動向」7月号で「最近の韓国経済は全産業生産が2カ月連続で増加するなど回復の流れが続いている」と発表した。景気回復に言及したのは昨年12月から8カ月連続だ。
しかし回復傾向と話すには各種指標が良くない。就業者数の増加幅は先月10万6000人と、5カ月連続で10万人台にとどまった。特に良質の雇用と評価される製造業の就業者数が12万6000人減り、前月(7万9000人)より減少幅が拡大した。5月の設備投資は運送装備投資が減少し、前月比3.2%減、前年同月比4.1%減となった。小売販売も前年同月比1%減と、2カ月連続で減少した。乗用車のような耐久財(−3.3%)の減少幅が大きかった。
専門家は景気沈滞に対応すべきだと指摘した。梨花女子大国際大学院のチェ・ビョンイル教授は「現在の韓国経済は赤信号とまでは言えないが、大きな警報が鳴っている状況」と指摘した。チェ教授は「最低賃金引き上げや週52時間勤労制などで閉鎖する自営業者が増えれば、雇用状況はさらに悪化するしかない」と話した。
信栄証券のキム・ハクギュン研究委員は「景気先行指数のKOSPI(韓国総合株価指数)が最近、年内最高値に比べて10%ほど落ち、経済協力開発機構(OECD)が発表した韓国の景気先行指数も2月から3カ月連続で悪化したのをみると、景気回復の流れが持続するのは難しいだろう」と分析した。
現代経済研究院のハン・サンワン総括本部長は「経済がさらに悪化する前に補正予算を通じて財政政策を展開する必要がある」と述べた。延世大経済学部のソン・テユン教授は「補正予算で成長率3%達成は可能だと見込んでいたが、指標を見ると容易ではなさそうだ」と懸念を表した。
経済政策が尽く失敗してる南朝鮮だが、停滞する経済と云う現実にも関わらず青瓦台は「経済は回復傾向」と云う姿勢を崩さない。
一体其の自信は何処から来るのか。
投資を含む消費や雇用や株価が下がってるのに、経済回復と云うのは世界中でも存在せず、銀行の利益は下方修正したばかりで在る。
南朝鮮と云う国は、現実を見ても嘘を垂れ流し、其れを踏まえても政治が成立するのだから、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

麻生太郎財務大臣が懇談会への批判に苦言を呈す。

* 【西日本豪雨】「有効な会で批判されるのは甚だ残念」麻生太郎財務相が自民懇親会批判に - 産経ニュース
麻生太郎財務相は17日の閣議後会見で、西村康稔官房副長官が西日本で記録的な大雨の予報が出ていた5日夜に安倍晋三首相らとの懇親会の様子をツイッターに投稿したことについて、「(あの懇親会は)閣僚や閣僚経験者と無派閥の議員が話ができる有効な手段のひとつ」と強調した上で、「ああいう(政府・与党の責任感の欠如と批判する)話に捉えられるのは甚だ残念だ」と述べた。
 西村氏は、西日本を中心とする大雨で避難指示などが出されていた5日夜に、衆院赤坂議員宿舎(東京都港区)で行われた自民党の中堅・若手議員と閣僚との懇親会「赤坂自民亭」の様子を自らのツイッターで公開。野党から危機意識や責任感の欠如を指摘する声が上がり、西村氏は12日の参院内閣委員会で謝罪していた。
五日の夜に実施された自由民主党の懇談会で、平成三十年七月豪雨の対応での批判が上がってる事に対して、懇談会の必要性は在るとした上で災害対策の怠慢等の批判は残念と述べた。
至極真っ当で正しい見解で在る。
当初はオウム真理教幹部連中の死刑執行前夜に何事かと云う批判が、直後の平成三十年七月豪雨への災害対応の案件に話が摩り替わったのだ。
政権批判の為に災害を引き合いに出したのは云う迄も無く、既に対応等の指示は出てたのだ。
批判の為の批判でしか無く卑怯極まり無く、言語道断で在る。
posted by 天野☆翔 at 06:16 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

支那人観光客のマナーは悪いのかと東方網。

* 「日本の街には中国語の貼り紙ばかり」と憤慨する中国人観光客・・・いったいなぜ?=中国メディア -サーチナ
中国メディア・東方網は14日、「日本人から見て、中国人観光客のモラルはそんなに低いのだろうか」とする記事を掲載した。
 記事は「現在、中国人は続々と海外旅行に出かけるようになり、各地でショッピングを始めとする多額の消費をするようになった。その強い消費力から、各国において中国人観光客が最も重要な客層となっており、中国人観光客向けの免税店を設けている場所も多い。また、一部の店では中国語の看板を設置し、中国人に便利さや大切にされている感覚を覚えさせている」とした。
 そのうえで「多くの中国人が好んで出かける日本では、大きな商業施設さらには観光地で当たり前のように中国語のメッセージを見かけるようになった。これを見た中国人観光客は、リスペクトされていると大いに喜ぶのである。日本は確かに商売上手な国で、周到なサービスにより多くの中国人を満足させる」と紹介した。
 その一方で、「日本の街でたまたま見かけた中国語の貼り紙を見て、興ざめしてしまう中国人観光客もいる」と指摘。その理由について「中国語だけで書かれた、明らかに中国人のみをターゲットにした注意書きを見て、自尊心が傷つけられるのだ」とし、中国語だけで書かれた「つばを吐かないでください」、「立ち小便をしないでください」、「これはごみ箱です」、「道の真ん中に立たないでください」といった注意書きが一部の中国人観光客を憤慨させると伝えている。
 記事は、「日本人には、中国人観光客のモラルがそんなに低いように見えるのだろうか。これは日本人による偏見や差別なのか、それとも一部の観光客のモラル向上が待たれる状況なのだろうか」と疑問を提起した。
 「爆買い」ブームと騒がれたころは、後者の要素が大きかったはずだ。しかし、中国人観光客も徐々に「海外旅行慣れ」をし始めているほか、国内におけるモラル向上の呼びかけもあり、日本での状況も変化し始めている。注意書きを出す側としては「偏見や差別」の要素が強くならないよう留意すべきだろう。もちろん、中国社会としても「一部のモラルのない観光客」を減らし続けていく努力は必要だ。
日本各地には簡体字で書かれた注意書きが多いとして、支那のメディアの東方網は我々はマナーが悪いのかと云う記事を掲載。
何故単独での注意書きが在るのか理解して無い様子だ。
自分勝手な振る舞いで迷惑を掛けてるからこそ、注意書きが在るのだ。
此処に差別も何も無く、実態が実態なだけに迷惑を被ってる実情が在る。
支那人は意識の改善をせよ。
posted by 天野☆翔 at 06:05 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

特定アジアと日本人の区別方法。

* 日本人と中国人と韓国人、「行動」を見れば欧米人でも見分けることができるらしい=中国-サーチナ
日本人と中国人、韓国人の外見的な相違は小さく、見かけだけで国籍を見分けるのは非常に難しいことだ。特に西洋人にとって外見だけで日中韓の国籍を見分けるのは至難の技と言えるだろう。
 だが、外見では見分けられなくても、「行動」を見ればだいたい日中韓のうち、どの国の人なのかが分かるという場合もあるようだ。中国メディアの快資訊は、「欧米人から見ると、日本人と中国人と韓国人を外見だけで見分けるのはほぼ不可能」だと伝える一方で、「集団行動」での立ち振る舞いを見れば容易に見分けることができると伝えている。
 記事は、欧米を「ツアー旅行」で訪れる日本人や中国人、韓国人であれば、欧米人でも簡単に見分けられると伝え、それは「行動」から分かるものだと主張。たとえば、ツアーのガイドが何かを話したり、指示を出しているとき、「黙って静かに聞いている集団があれば、それは日本人だ」と伝えた。
 さらに、ガイドが話をしているにもかかわらず、ツアー参加者同士で話に夢中になっている集団があれば、それはきっと韓国人だと伝え、「韓国人は個人主義」だと主張。また、声が大きく、ガイドの話を聞いている人がいたり、キョロキョロと周りを見渡していたりと、統率が取れておらず、ばらばらの行動をしている集団があれば、それは中国人の集団だと主張し、「欧米人から見ると、日中韓の違いは集団行動に現れているようだ」と伝えた。
支那のメディアの快資訊は、欧米人の支那や南朝鮮人と日本人の区別は、集団行動で判明するとする。
支那は声が大きく自分勝手に行動し、南朝鮮は互いに互いの話に夢中に成ってるとし、日本人は黙って静かに聞いてるとする。
間違っては居ないが、其の特性を見事に指摘してるだろう。
posted by 天野☆翔 at 05:59 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

道路工事の出来栄えに驚愕する支那。

* 日本の建設工事は「スピードが遅い」と思っていた中国人、完成後に「敬服せざるを得ない」と思った理由=中国-サーチナ
中国の建設工事はスピードが非常に速い。建物でも道路でもあっという間に完成してしまう。工事の質に問題がないのかどうかは別として、スピードは間違いなく日本の工事より速いと言えるだろう。
 それゆえ中国人からすると、日本で行われている各種工事は「ずいぶん遅い」と感じられるようだが、完成後の出来栄えを見ると「感嘆せざるを得ない」気持ちになるという。中国メディアの捜狐は1日、日本国内のどこでも見られるような「道路補修」の工事現場の写真を掲載し、「日本の工事は進ちょくこそ遅いものの、完成後に驚かされる」と伝えている。
 記事は、中国の道路事情について「水が流れていくようにスムーズに車を走らせることができる道路もあれば、タイヤが騒音を上げるようなでこぼこ道も多い」と紹介。また、道路補修を行った場所は他の道路で平坦になっていなかったり、適当にアスファルトやコンクリートで穴を埋めたりしてヒビや割れが生じている場所が多く、中国ではこうした状況が普通だと論じた。
 一方、日本でももちろん道路補修は行われているが、中国とまったく違うのは「日本では補修後の道路が平坦になっていて、ヒビや割れも見られず、丁寧に仕事をしたことが一目でわかることだ」と強調。また、工事現場では作業員が一様に同じ作業着を着て、真剣に仕事をしていると紹介し、道路を掘るにしてもどれくらいの深さまで掘るのか、舗装するにしてもどれくらいの厚さでアスファルトを敷き詰めるのかなどがしっかりと決められているのだと紹介した。
 それゆえ、日本の工事は進ちょくこそ遅く感じられるが、出来栄えは中国のものと圧倒的に違うと伝え、道路補修であれば「日本では補修された箇所は『色』が違っているだけで、それ以外は他の道路とまったく違いがなく、当然歪みや傾き、凹凸もない」と指摘。それゆえ中国人は日本で工事完成後の出来栄えを見ると「敬服せざるを得ない気持ちになる」のだと伝えた。
支那のメディアの捜狐は日本の道路工事の進捗は遅いが、完成後には敬服せざるえを得ないとして、其の出来栄えの驚くと云う。
雑な工事で進捗が早いのは当たり前だが、我が国は丁寧な作業で通行に問題が無い様に造成するのだ。
こんな事に驚くとは、其の実態の有り様が知れ様。
posted by 天野☆翔 at 05:54 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする