冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年07月29日

過労死したNHK社員の両親が政権批判の愚。

* 過労死NHK記者両親の怒り「安倍総理、娘はいまも泣いています」 | 女性自身
残業200時間超……’13年7月に過労のため31歳で急逝したNHK記者・佐戸未和さん。今国会での“過労死促進法案”成立に、両親は再び怒りと悲痛の叫び声をあげる――。
「大事な娘を先に失った親の気持ちがわかりますか。未和の誕生日の6月26日、命日の7月24日が近くなると、特に悲しくなります。私はいまでもお薬を飲まないと眠れません。無理にでも眠って、ようやく見る夢のなかでも、私はやはり悲しんでいて、悲しい気持ちのまま朝が来る。そうしてまた、つらい一日が始まるんです」
つらい気持ちのまま、母・恵美子さん(68)は先月まで、国会に連日通っていた。安倍首相が最重要法案と位置付けた働き方改革関連法案の審議を見つめるためだ。
「1カ月だったら休日出勤も含めて100時間の残業上限なんてとんでもない。80時間だって、それ以下でも亡くなる方はいるんです。過労死遺族は、抗議の気持ちを伝えるために通い続けましたが、国会議員の先生方は、遺族が傍聴していることを知りながら、答弁中に頻繁に出入りしたり、スマホを見たり、居眠りしたりと真剣さがなく、怒りでいっぱいになりました」(恵美子さん)
6月29日、賛成多数で働き方改革関連法は成立した。いまも悲しみに暮れる母親らが見守るなか、過労死促進の可能性がある法案が通ってしまった。
結婚も決まっていた。新たな人生のスタートを前に、未和さんは胸をときめかせていたはずだ。すぐそこに見えていた輝くばかりの彼女の未来。それを、無残に断ち切った過重労働による過労死。
’05年4月、NHKに入局した未和さん。5月に配属された初任地は、鹿児島放送局だった。鹿児島で5年勤務した後、首都圏放送センターに異動になり、未和さんは都庁クラブに配属された。
’13年、6月に都知事選、続く7月には参議院選があり、未和さんは取材に忙殺される日々が続いた。7月21日に参議院選の取材を終え、23日には、横浜放送局へ異動する彼女の歓送会が開かれた。亡くなったのは、歓送会から帰宅した後とされている。直接の死因は、うっ血性心不全だった。
29日に通夜、30日に告別式が営まれ、のべ1,000人が参列した。だが、葬儀が終わっても、家族には釈然としない思いだけが残った。恵美子さんは、未和さんの病歴や薬を調べた。父・守さん(67)は、NHKから娘の勤務表を取り寄せた。
「愕然としました。これは何だ! と、怒りが湧いてきました」(守さん)
それは、長年メーカーで、管理職として働いてきた守さんにとって、信じがたい勤務表だった。上司が部下一人一人の残業時間をチェックし、深夜勤務や休日出勤には常に注意を払い、社員の労働時間の管理をきちんとする、それが普通ではないのか。br ところが、未和さんは、5月末から最後の出勤日となった7月22日まで、休日はほとんどなく、都議選の6月、参院選の7月は勤務時間が10〜25時という日が何度も記載されていた。
「記者の勤務時間はすべて自己申告で、1日15時間以上は申告できないそうです。未和は、ほとんどの日で15時間ピッタリ。実際は、それ以上、働いていたのではないかと疑問に思いました」(守さん)
守さんは、NHKにパソコンや携帯電話の記録、タクシーの利用状況の提出を求めた。複数の資料を照らし合わせて浮かび上がってきたのは、未和さんの過酷な労働状況だ。
勤務時間が連日10〜25時となっているのに、朝6時台に自宅から都庁までタクシーに乗っていたり。携帯メールの受信記録では、深夜2時、3時にも、選挙の候補者の情報が寄せられていたという。
「主人は夜になると、提出された資料を何度も見返しながら、涙を流していたんです」(恵美子さん)
調べるうちに真夏の炎天下、候補者や政党の演説に同行し、街頭調査や出口調査、局内での夜間の票読み会議、番組での選挙レポートと、未和さんの奮闘ぶりも見えてきた。
「1月に膀胱炎を患っていたからでしょうか。連日35度を超す猛暑のなか、未和は余分な水分をとろうとせず、薄いスイカでしのいでいたそうです」(恵美子さん)
選挙戦での綿密な取材が評価され、葬儀の日付で未和さんに、報道局長特賞が贈られたが、娘の過重労働が明らかになるにつれ、両親のNHKに対する不信は募った。
「殉職のような扱いで、腹が立ちます。『他社に先んじて、当確を打ち出した』ことが称されていますが、数分、数秒、早く結果を出すことに、どれほどの意味があるのでしょう。こんなもののために未和は死んだのかと思うと、本当にやりきれません」(恵美子さん)
両親が執念でたどった未和さんの足跡を一目見た弁護士は、「これは過労死の疑いが非常に強いです」と、即答。未和さんの死から10カ月後の’14年5月、過労死と認定された。
労災認定の過労死ラインは80時間とされている。しかし、未和さんの直近1カ月の残業時間は、認定されただけで159時間。両親が調べた結果では、209時間にも上っていた。過労死認定はでたものの、両親には何の達成感もなく喪失感と苦しみのほうがはるかに大きかった。
今年1月から、過労死遺族たちと国会にほぼ毎日、傍聴に通い「働き方改革関連法案」の行方を見守ってきた恵美子さんはこう話す。
「労働者側ではなく、企業側に都合のいい法案が通ってしまったのは残念です」(恵美子さん)
年収約1,000万円以上の専門職は、労働時間の規制を外すという「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」。年収上限が将来的には下がり、過重労働を増長させるとの指摘が識者からある。しかし、議論もほとんどないまま衆参両議院であっさりと通過、成立したのだ。
「寝る時間もなく働くと、人は死ぬ。過労で、ある日突然死ぬんです。仕事は、人が幸せに生きるためのものなのに、それで人が死ぬなんて。遺族の沈黙は、次の犠牲につながります。未和は過労死根絶の人柱になったのだと思い、労働者の働き方が本当に変わるまで訴え続けていきます」(恵美子さん)
女性自身は”労死NHK記者両親の怒り「安倍総理、娘はいまも泣いています」”とする記事を、社員の両親の話を交えて掲載したが、此の中で働き方改革関連法を成立させた国会に対して批判的な内容を論う。
然し、此の案件は法案以前にNHK内部の問題で在って、政権の責任でも何でも無い。
本当に此の自殺した社員の両親は、政権に対して批判したのかと大いに疑問を抱く。
而も、記事の触りには「過労死促進法案」等と存在しない名称を使ってる上に、完全に誤った中身で印象操作をする愚かさ。
NHKの異常な労務実態に対して苦言を呈さず、政権批判に明け暮れる内容には呆れ果てて開いた口が塞がらない。
何でも政権批判に終始する論調には辟易する。
posted by 天野☆翔 at 23:36 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

杉田水脈氏の寄稿は確信犯と福山哲郎。

* 杉田水脈衆院議員のLGBTめぐる寄稿は「確信犯」 立憲民主・福山幹事長 - 産経ニュース
立憲民主党の福山哲郎幹事長は29日のBS朝日番組で、性的少数者(LGBT)への行政支援に対する疑問を寄稿した自民党の杉田水脈衆院議員に関し「確信犯であり、あきれるばかりだ」と批判した。
 杉田氏に関して「人生観もいろいろある」などとした二階俊博自民党幹事長の発言に触れ「二階氏は理解を示している。自民党の中でどうけじめをつけるのか全く見えず容認していると言わざるを得ない」と指摘した。
新潮45への性的少数者の案件の寄稿は確信犯と曰う立憲民主党の福山哲郎だが、では何が確信犯なのか述べて見よ。
本人達は社会保障を求めても無いのに、取り巻き連中が此れを推進し、公金投入させようと躍起に成ってるだけの案件で、何が問題なのか。
お前等は弱者ビジネスに集る蟻なのかと、自白したも同然で有ろう。
結局は、此の案件を引き合いに出して政権批判したいのだろう。
posted by 天野☆翔 at 23:22 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

福山哲郎の壮大な勘違い。

* 立憲民主・福山哲郎幹事長、堅調な安倍内閣支持率は「われわれの責任もある」 - 産経ニュース
立憲民主党の福山哲郎幹事長は29日のBS朝日番組で、報道各社の世論調査で比較的堅調な安倍晋三内閣の支持率に関し、野党の分裂状況が一因との認識を示した。短命だった第1次安倍内閣や福田康夫、麻生太郎両内閣の頃は野党第一党の旧民主党の議席が多く、政権と対峙(たいじ)したとした上で「今は野党が少しばらけている。一つの要因で、われわれの責任もある」と述べた。
安倍内閣の支持率が一向に下がらない事に対して、立憲民主党の福山哲郎は野党の内部分裂が主因だとの認識を示し我々の責任だと曰ったが、内部分裂以前に政策を語らずに疑惑だけで追求し、無駄な時間を費やしてる事に対して、国民は正しい判断をしたに過ぎない。
自分達は悪く無いとの主張をして正当化したい意図が有り有りと見て取れるが、責任転嫁も甚だしい其の意識には呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 23:18 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

朝日新聞の狼狽。

* (社説)わたしたちの現在地 深まる危機に目を凝らす:朝日新聞デジタル
うその答弁に文書の改ざん、言いのがれ、開き直り――。民主主義をなり立たせる最低限のルールも倫理もない、異常な国会が幕を閉じて1週間になる。
 豪雨被害、そして酷暑に人々の関心は移り、不都合なもろもろを、このままなかったことにしてしまおうという為政者の思惑が、少しずつ、しかし着実に世の中を覆っていく。
 私たちの日本社会はいま、危うく、きわどい地点にさしかかっているのではないか。
 ■忠誠が生み出す罪悪
 来月3日まで東京・岩波ホールで公開されている映画「ゲッベルスと私」の主人公ブルンヒルデ・ポムゼルは、第2次大戦当時、ユダヤ人虐殺を進めたナチスの宣伝相ゲッベルスの秘書として働いた。顔に深いしわが刻まれた103歳が語る。
 「私は、言われたことを忠実にやっていた」
 彼女が担った役割は、ナチスの犯罪のごく末端にすぎない。だがそうした小さな悪の集積が大きなうねりとなり、当時のドイツを破滅に追いやった。
 「私に罪はない」とポムゼルは言う。たしかに自分もその一人ではあった。でも、みんなが同じく加担したのだ、と。
 ナチス親衛隊の元中佐で、ユダヤ人を強制収容所や絶滅収容所に送りこむ実務責任者だったアドルフ・アイヒマンを思い起こす人も少なくないだろう。
 戦後逃亡して1960年に逮捕された彼もまた、自らの裁判で、上司の命令と当時の法、つまり総統ヒトラーの意思に忠実だったまでで、自分に罪があるとは感じていないと述べた。法廷を傍聴した政治哲学者のハンナ・アーレントは、権威への追従が重大な罪につながる「悪の陳腐さ」を指摘している。
 大きな流れのなかで一人ひとりの罪の意識は薄まり、上に立つ者の意を踏まえた無責任の構造が、「悪」を行うことへの抵抗をなくしていく。
 ■奇っ怪な記録と記憶
 ナチスの所業と安易に対比することはできない。だが、森友問題でこの国の官僚が見せた態度に、相通じるものを見る。
 「文書の廃棄や改ざんの方向性を決定づけた」とされる当時の理財局長の下、多くの財務省職員が、およそ公務員にあるまじき行為に手を染めた。
 そもそも、優秀な官僚のはずの局長は、改ざんに走る以前に、なぜ基本的な事実関係すら確認せずに「記録はない」と虚偽の国会答弁をしたのか。この根本的な疑問に、財務省の調査報告書は答えていない。
 はっきりしているのは、「私や妻が関係していれば、首相も国会議員も辞める」と安倍首相が国会で発言した直後から、廃棄と改ざんに向けた動きが始まったということである。
 もう一方の加計学園問題でも不可思議な話が尽きない。
 元首相秘書官は、首相に不利に働く事実は頭の中からきれいに消えてしまい、その逆については鮮明に覚えているという、特異な記憶力を披瀝(ひれき)した。
 もうひとつ。獣医学部の新設をめぐって学園理事長と首相が面会していた旨の記載が、愛媛県の文書に残っていた。本当ならば、これまでの首相の答弁は根底から崩れる。すると突然、学園の事務局長が「私が県に誤った情報を伝えた」と言い出した。面会がないとしたら、前後の事実のつじつまが合わなくなるのに、お構いなしである。
 ジョージ・オーウェルの小説「一九八四年」の世界では、歴史は常に支配者の都合で書き換えられる。反抗した主人公は捕らえられ、「党」があらゆる記録や、個人の記憶まで管理するのだとたたき込まれる。
 首相の周辺で起きていることは、この約70年前に書かれた逆ユートピア小説に重なる。
 ■手遅れになる前に
 黒を白と言いくるめる。国会を愚弄(ぐろう)し、反対意見にまじめに向きあわない。権利や自由を縛る法律を力ずくで制定し、憲法を軽んじる。そんなことを続けても内閣支持率は底堅い。
 不満はあるが、経済はそこそこうまく回っているようだし、何よりとって代わる適任者が思い浮かばない。モリカケ問題が日々の生活に直接悪い影響を及ぼしているわけでもない。そんなところが理由だろうか。
 だが民主主義は、適正な手続きと真摯(しんし)な議論の交換があってはじめて成立する。その土台がいま、むしばまれつつある。
 危機の兆候を見逃したり、大したことにはなるまいと思ったりしているうちに、抜き差しならぬ事態に立ち至る。歴史が警告するところだ。
 そうさせないために何をすればいいか。政治への関心を失わず、様々なルートや機会を通じて、社会とかかわり続ける。あきらめずに行動し、多様な価値観が並び立つ世界を維持する。それらを積み重ねることが、くらしを守る盾になるだろう。
 なんだか息苦しい。そう感じたときには、もう空気が切れかかっているかもしれないのだ。
内閣支持率の推移が大きく変わって無い事に朝日新聞が狼狽え、様々な事を引き合いに出して此れを否定しようと躍起に成ってる。
社説で全く関係無い事を持ち出して政権批判を試みるが、此れも結局は国民を無視した自分達の主張に過ぎない。
議会制民主主義を認めずに民主主義の崩壊だと曰う其の意識には、大いに批判されるべきだろう。
自分達の主張通りに為らないからと云って、責任転嫁し批判する姿は極めて醜悪で在る。
posted by 天野☆翔 at 19:09 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

石破茂の自由民主党叩き。

* 石破氏、杉田氏発言を「自民の多様性とは言わない」:朝日新聞デジタル
自民党の石破茂・元幹事長(発言録)
総裁選に対立候補を出すんだったら干してやるとか、人事で冷遇するとか、これをパワハラと言わないでなんと言いますか。ほかの意見は許さん、そんな自民党であったと私は思いたくない。
 LGBTという方々がいる。日本人の8%いるといわれています。12・5人に1人が、そういういろんな考えを持っています。(自民党の杉田水脈衆院議員の発言を念頭に)「生産性がない」なんてことを言ってはいけない。それが許されるようであって、自民党の多様性とは言わない。懐が深いとは言わない。人の気持ちを傷つけて、平然としているような自民党であってほしいと思っていない。(兵庫県新温泉町、豊岡市での講演で)
杉田水脈氏の性的少数者の案件を引き合いに出して、自由民主党を叩いた。
而も、此の割合が8%と主張するが、此の数値には客観的根拠は無い。
公金投入する必要性の是非を問うたが、今回の案件では人を傷付けたと云う根拠も証拠も無い。
他人を批判するだけで、政策を全く語らない人物は総裁選挙に出る資格は一切無いのだと自覚しろ。
posted by 天野☆翔 at 18:59 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

大阪で済州島四・三事件慰霊碑設置の動き。

* 大阪に済州4.3犠牲者慰霊碑設置を推進 | Joongang Ilbo | 中央日報
済州(チェジュ)4.3事件から70年を迎え、大阪に済州4.3犠牲者慰霊碑を設置する市民運動が進められる。
在日本済州4.3犠牲者慰霊碑設置実行委員会は27日午前11時、済州道議会「道民の部屋」で記者会見し、「済州と縁が深い大阪で済州4.3を長く記憶して残すために慰霊碑を設置する」と明らかにした。
在日コリアンと日本市民、済州道民の参加で進行されるこの事業は350万円の募金を目標に大阪市天王寺区にある在日コリアンの寺「統国寺」に4.3慰霊碑を設置する内容で推進される。
委員会側は「日本の中で済州の人たちが最も多く居住する大阪で過去20年間、済州4.3慰霊祭などを開催した」とし「大阪にも済州4.3の恨がある。こうようなところに4.3犠牲者慰霊碑を設置しようということ」と説明した。
済州4.3事件は1948年4月3日に警察および右翼青年団の弾圧中止と単独政府樹立反対などを掲げて起きた済州の武装蜂起とその後に続いた武力衝突、そして鎮圧の過程で多くの住民が犠牲になった事態をいう。この過程で2万5000−3万人が虐殺され、弾圧を避けるために多くの済州住民が大阪に避難した。
李承晩政権時代での武力蜂起した団体の粛清の為の大虐殺の犠牲者を慰霊する為の碑を、大阪に設置する動きが確認された。
確かに此の弾圧から逃れる為に大阪に来た団体は在ったが、何故此れを済州島でしないのかと云う疑問を大いに抱く。
我が国は全く関係無いので、南朝鮮国内で此れをして頂きたい。
後々に成って此の事件も、日本が関係してるのだと大嘘を撒き散らす為の拠点にするのろう。
posted by 天野☆翔 at 18:53 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

琉球新報が妄想記事。

* <金口木舌>「乗っ取られてないですか」。職場の同僚から言われ戸惑った。会・・・ - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
「乗っ取られてないですか」。職場の同僚から言われ戸惑った。会員制交流サイト、フェイスブックのことだった。当方が関心を持つはずのない商品を薦める通知が届いたらしい
▼慌てて対処方法を調べ、さらに拡散しないように対応した。あずかり知らないところで多くの知人に迷惑を掛けたと思うと心苦しい。ネットでは手軽に情報を発信したり、交流したりできるため、犯罪に利用される例が後を絶たない
▼西日本豪雨に関連し「レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入っている」というデマがネット上を飛び交った。災害に乗じた空き巣や窃盗犯、見舞金名目の詐欺電話など悪質極まりない
▼同様に、ネットを通じて不特定多数に迷惑をかける行為も許されない。身の安全や生活に関わる情報は親切心から広めてしまいがちだ。真偽の見極めが被害者を増やさないことにつながる
▼スマートフォンやタブレット端末の普及ではゲーム依存も世界で問題化している。手軽に驚きや楽しさを見いだせるからだ。世界保健機関(WHO)はオンラインゲームなどのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム障害」を新疾病に認定した
▼生活に入り込んでしまったネットの世界に取り込まれないためにも、現実に目を向ける作業は欠かせない。せっかくの夏休み。画面から離れ、驚きや楽しみを見つけよう。
Facebookアカウントが乗っ取られれては無いのかと云う書き出しで始まる一連の内容には、其の醜悪さには辟易する。
最初にすべきは現状確認と被害届で在るのに、此れを一切せずインターネット全体の危険性を喧伝。
悪いのは不正アクセスした当人で在る事は無視。
ヨサクは何か都合が悪く為ると、アカウントが乗っ取られた事にして、現実逃避する癖でも在るのかと大いに疑う。
此れを言い訳に使った自称医療関係者が居た事は周知の事実で在る。
posted by 天野☆翔 at 18:00 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

SK建設が必死に生き残りを模索するが。

* Can SK E&C win new orders after Laos dam collapse?
SK E&C will have an extremely hard time in winning new overseas projects, following the collapse of a dam it was building in Laos, analysts said Wednesday.
They are expressing concerns that the incident could raise serious doubts over trustworthiness of not only SK E&C, but also other Korean builders that are looking to secure contracts for construction projects in Asia and other parts of the world.
According to SK E&C and other sources, dozens of people were feared dead and hundreds remain unaccounted for after the Xepian-Xe Nam Noy hydropower dam in Attapeu Province in southeastern Laos collapsed on Monday.
SK E&C initially said the reason for the collapse was that the river "overflowed" sweeping away houses and flooding villages. The company said it has "discovered the upper part of the dam's structure had been missing" at least 24 hours before the water began flooding villages.
Though the cause and whether SK E&C is responsible for the accident is yet to be determined. The company, which is the leading construction consortium with a 26 percent stake, may face difficulties in winning projects in Laos.
"With the cause of the accident yet to be determined, the most urgent task for SK E&C will be damage relief," an industry analyst said. "SK's moves in covering the damage will determine its fate in overseas project."
The analyst said if SK E&C is responsible, it may face tangible penalties in future projects in Laos, depending on the content of contract.
SK E&C has been raising its reliance on overseas projects in recent years.
According to the ICAK, SK E&C has won overseas orders worth $2.52 billion in the first quarter of this year, which includes a $2 billion coal-fired power plant in the Philippines and a $737 million project building the Almaty Circular Road in Kazakhstan.
Since the mid-2000's, SK E&C has been focusing on overseas projects and its overseas orders peaked at $6.66 billion in 2014 and logged $4.32 billion in 2015.
But the orders nosedived to $212 million in 2016 due to declining demand in the Middle East and in North America. Thus, the solid numbers in the first quarter was regarded as a sign of recovery for SK E&C.
"It remains to be seen whether SK E&C is responsible for the tragedy," an official at a Seoul-based builder said. "Since it was an accident which took lives, the tangible and intangible damage to SK E&C's overseas projects will be huge if it is found to be responsible."
As the outlook for SK E&C's overseas projects becomes bleak, according to analysts, the incident is feared to adversely affect the reputation of other Korean builders looking for opportunities in adjacent countries.
"It will be obvious to bring a negative impact on the reputation of Korean constructors," an official at another construction firm said. "Though Laos has been an unfamiliar market for Korean constructors, they have their footings in nearby countries, including Thailand and Cambodia, and stage fierce competition with rivals from China and Japan."
"Given that such an accident will deal a blow to the trustworthiness of Korean builders, the most important thing is the cause of the accident," he said.
SK E&C said the company is actively working on personnel recovery and damage relief with the Laotian government, and is making its utmost efforts on determining the cause of the accident.
* Google 翻訳
SK E&Cは、ラオスに建設中のダムが崩壊したことを受けて、新たな海外プロジェクトの受注に非常に苦労するだろうとアナリストらは指摘した。
彼らは、この事件がSK E&Cだけでなく、アジアなど世界の建設プロジェクトの契約を確保しようとしている他の韓国建設業者の信頼性にも疑念を抱かせる可能性があるとの懸念を表明している。
SK E&Cなどの情報筋によると、ラオス南東部のアタプー州のXepian-Xe Nam Noy水力発電ダムが月曜日に崩壊した後、数十人が死亡する恐れがあった。
SK E&Cは、当初、川が氾濫して家屋を掃討し、村を氾濫させたという崩壊の理由を述べました。 同社は、水が洪水の洪水から始まる24時間前に、「ダムの構造の上部が欠落していることを発見した」と述べた。
原因とSK E&Cが事故の原因であるかどうかはまだ決まっていません。 26%の株式を持つ建設コンソーシアムである同社は、ラオスでのプロジェクトに勝つことに困難を抱える可能性がある。
「事故の原因は未だ確定していないため、SK E&Cにとって最も緊急な課題は被害軽減だ」と業界アナリストは述べた。 「被害をカバーするSKの動きは、海外プロジェクトの運命を決めるだろう」
SK E&Cが責任を負うならば、契約の内容に応じて、ラオスの今後のプロジェクトで具体的な罰金に直面するかもしれない、とアナリストは言った。
SK E&Cは近年、海外事業への依存度を高めています。
ICAKによると、SK E&Cは、フィリピンに20億ドルの石炭火力発電所、カザフスタンにAlmaty Circular Roadを建設する737百万ドルのプロジェクトを含む、今年の第1四半期に25.2億ドルの海外受注を獲得した。
SK E&Cは2000年代半ば以降、海外プロジェクトに注力しており、海外受注は2014年に66.6億ドル、2015年には43.2億ドルとなりました。
しかし、中東および北米での需要の減少により、2016年には2億1,200万ドルにまで急落した。 このように、第1四半期の実数はSK E&Cの回復の兆しとみなされました。
ソウルに拠点を置くビルダーの関係者は、「SK E&Cがこの悲劇を担当しているかどうかはまだ分かっていない。 「事故だったので、責任を負っているとSKE&Cの海外事業の有形・無形の被害は大きくなる」と述べた。
アナリストによると、SK E&Cの海外事業の見通しが鈍っているため、周辺国での機会を求める他の韓国建設業者の評判に悪影響を与える恐れがある。
ある建設会社の関係者は、「韓国建設業者の評判に悪影響を与えることは明らかだ」と述べた。 「ラオスは韓国のコンストラクターには馴染みのない市場だが、タイやカンボジアなど近隣の国々に足を踏み入れ、中国や日本のライバルとの激しい競争を繰り広げている」
「このような事故が韓国のビルダーの信頼に打撃を与えることを考えれば、最も重要なことは事故の原因である」と彼は語った。
SK E&Cは、ラオス政府の人員復旧と被害救済に積極的に取り組んでおり、事故原因の特定に最大限努力していると述べた。
THE KOREA TIMESは、ラオスのダム決壊を受けて、海外事業の動向に大きな影響を及ぼすとして、生き残りに躍起に為る状況を報じた。
然し、此の案件の記事の最後に「SK E&Cは、ラオス政府の人員復旧と被害救済に積極的に取り組んでおり、事故原因の特定に最大限努力している」と大嘘を吐いた。
ラオス政府は南朝鮮に何も要請はして居らず、南朝鮮からの要員も受け入れて無い現状で在る。
更に、全容解明が進んで無い中企業の延命に関する事を言及するのは時期尚早で有り、此処に朝鮮人特有の現実逃避の悪癖が如実に現れてる。
posted by 天野☆翔 at 17:54 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

南朝鮮自動車産業が壊滅的。

* 韓国自動車業界に激震、下請け会社の倒産相次ぐ-Chosun online 朝鮮日報
現代・起亜自動車の2次下請け会社で年商1000億ウォン(約100億円)のエナインダストリー(慶尚北道慶山市)が7月12日、不渡り手形を出した。同社はゴム部品などを生産し、年間30億ウォンの営業利益を上げていた。しかし、韓国の自動車生産が2年連続で不振となり、昨年は売上高が832億ウォンに急減し、8億ウォンの赤字を出した。その後数カ月間にわたり月給を支払えず、結局は法定管理(会社更生法適用に相当)を申請した。1800億ウォンの売上高を上げていた現代・起亜自動車の1次下請け業者、リハンも先月、韓国産業銀行にワークアウト(金融機関主導の経営再建)を申請した。
 慶山市にある別の2次下請け会社A社は昨年4月、プラスチック部品を作る金型230セット余りのうち150セットを納品元の1次下請け会社に返納した。同時に生産職36人のうち40%に相当する14人を解雇した。過去7年間にわたり、売上高の15%に相当する10億ウォン台の赤字を出しながら、何とか持ちこたえてきたが、今年になって最低賃金が前年比16.4%上昇したことでお手上げになった。
 韓国製造業の寵児である自動車産業が根底から揺らいでいる。韓国の自動車の輸出、国内販売の同時不振が2年続き、自動車メーカー5社の1次下請け会社800社、2次・3次下請け会社8000社余りから悲鳴が上がっている。1次下請け会社のうち、上場50社の財務諸表を見ると、23社が今年1〜3月に赤字に転落した。
 産業研究院で30年間にわたり自動車産業を研究してきたイ・ハング上級研究委員は「中堅下請け企業が経営不振で崩壊するのは1998年の通貨危機以来初めてだ。2008年の金融危機にも耐えた自動車業界の生態系は業況不振、人件費上昇、貿易戦争が重なり、根底から崩壊している」と述べた。
 現代・起亜自動車にシャーシなどを供給する1次下請け会社和信は、13年には663億ウォン、14年には411億ウォンの営業利益を上げる安定した企業だった。従業員は1000人余りに達する。しかし、昨年の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備を巡る中国の報復、対米輸出不振などで昨年4−6月期から4四半期連続で赤字を計上している。累積赤字は418億ウォンに達した。同社関係者は「毎年20−30人を新規採用しているが、今年は採用を見送ることを検討している」と述べた。
韓国の自動車製造業(完成車・部品)が直接雇用する就業者は6月現在で39万1000人だ。昨年末の40万人に比べ9000人減少した。自動車産業はガソリンスタンド、運送、整備、販売、生産資材など裾野が広く、間接雇用まで含めると177万人の雇用と関係している。産業生態系の末端にある草の根製造業がおかしくなれば、経済全体が揺らぎかねない。
■最悪の状況で人件費上昇
 「大企業で働く人が利益を全て持っていく構造の中で何とか持ちこたえてきた中小部品業者が今崩壊しつつある。大企業が倒産しても、オーナーだけが変わり、従業員は生き残るだろうが、中小企業は経営者も従業員も空中分解してしまう。政府は財閥をたたくのに、なぜ貴族労組を何とかしないのか」
 今年4月に従業員36人を22人に削減したA社の経営者は憤っていた。同経営者は「昨年は昼間勤務者に170万ウォン、昼夜勤務者に240万ウォンの月給を支払ったが、最低賃金引き上げで4大保険料まで上昇し、人件費が24%も増えた」と話した。A社は製品単価を35%引き上げなければ、納品を続けられないと1次下請け業者に通告したという。同経営者は「下請け業者の営業利益率はやっと1〜2%で、マイナスであることも多い。景気が良い時であれば問題ないだろうが、なぜこんなに苦しい時期に最低賃金を引き上げるのか」と不満を漏らした。
 現代・起亜自の1次下請け業者で年商1000億ウォン、従業員270人の部品メーカーB社の人事部長は最近、心配が山ほどある。昨年時点で月7億〜8億ウォンだった人件費が今年は10億ウォンへと増大する中、最大週52時間の労働制度導入(2020年)に備え、従業員を増員しなければならないからだ。人事部長は「最大限自動化したとしても、30人は採用しなければならず、人件費がさらに年10億ウォンかかる。年間の純利益が20億ウォンなのに、支出ばかりが増えて心配だ」と語った。
■営業利益率マイナスに
 韓国の自動車生産台数は2011年の465万台をピークに減少に転じた。15年は455万台を維持したが、16年には422万台、昨年は411万台にまで減少した。現代自の営業利益率は11年に10.3%を記録したが、その後は低下の一途で、昨年は4.7%と5%を割り込み、今年1〜3月期は3%レベルまで落ち込んだ。営業利益率3%は利息や税金を支払えば、ほとんど手元に残らないため、収益で利息も払えない「ゾンビ企業」一歩手前だ。産業研究院のイ・ハング上級研究委員は「業界は昨年の1次下請け業者の営業利益率が3%を下回ったとみている。現代自が3%ならば、1次下請け業者は1〜2%かマイナス、2次・3次下請け業者はさらに深刻だ」と指摘した。
 自動車産業は米国発の貿易戦争まで重なり、さらに大きな危機を迎えている。米政府は通商拡大法232条に基づく自動車関税適用を目指している。業界では米商務省が9月以前にトランプ大統領に関税適用を提案するとの見方が支配的だ。
 仮に高率関税が適用されれば、韓国の自動車メーカーは崩壊し、下請け業者は焼け野原になる可能性がある。現代・起亜自は韓国での生産台数317万台のうち59万台を米国に輸出している。韓国GMは52万台のうち13万台、ルノーサムスンは26万台のうち12万台だ。今年5月の韓国GM群山工場閉鎖のような事態が続発しかねない。韓国GMだけで約2700人が職を失った。米国の自動車関税爆弾が現実となり、15兆5000億ウォンに達する対米自動車輸出が滞れば、13万人の雇用が脅かされるとの分析も聞かれる。
 延世大の延康欽(ヨン・ガンフム)教授(経営学)は「製造業のうち最も労働集約的な自動車産業が崩壊すれば、韓国経済全体が深刻な打撃を受ける。外部環境が最悪な状況で、労組と規制に縛られ、生産性がさらに低下しており心配だ」と指摘した。
下請け業者の倒産が相次ぎ激増してる実態が明らかに成ったが、今後は更に増大して行く見通しで通商拡大法232条の適応が実施されると関税の案件で致命的な打撃を食らうだろう。
外需依存で輸出で経済が回ってるのに、此れでは輸出すらも儘為らず、経済が立ち行かなく成って行く。
南朝鮮は財政破綻の道を歩んで行く事に為るだろう。
posted by 天野☆翔 at 05:45 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

南朝鮮で男性嫌悪の嵐がネット上で吹き荒れる。

* 「小チュ民国」「韓男虫」…韓国女性のネット空間を支配する男性嫌悪-Chosun online 朝鮮日報
「小チュ民国韓男虫××たち、みんな在基してほしい」
 女性会員170万人が加入しているファッション情報関連のインターネット掲示板には、ほぼ毎日こうした言葉が書き込まれている。「男性嫌悪」を目的とするサイトではなく、化粧品やインテリアなどについて女性たちが情報を得るために日常的に出入りしているサイトも同じだ。「小チュ民国」(陰茎〈コチュ〉が小さい男が集まっている韓国という意味)、「韓男虫」(「韓国の男」と「虫」の合成語)、「在基(ジェギ)する」(男性人権運動団体「男性連帯」代表だった成在基(ソン・ジェギ)氏のように自殺するという意味)などのスレッドの下には「韓男虫××をぶっ飛ばしたい」などのコメントが付けられている。
 女性に対する犯罪や、男性中心社会に対する女性の怒りは、風刺や嘲笑(ちょうしょう)を通り越して過激さを増している。一部の女性たちは「男たちによる女性嫌悪とまったく同じように仕返ししてやる」として、嫌悪感を催す言葉で男性を攻撃している。本紙とのインタビューに応じた20−30代の女性たちは「こうでもしなければ、社会は私たちの声に耳を傾けない」「スッキリする」と答えたが、「一部の男性たちと同じことをするのは適切ではない」という声もあった。
■女性のネット空間を支配する男性嫌悪
 6月9日に行われた「第2回恵化駅女性デモ」はもともと、女性を対象とした盗撮を根絶すべきだという要求から始まった。現場では「有×無罪、無×有罪」というシュプレヒコールが叫ばれた。男だから罪がなく、女性だから罪があるという意味だ。一部の女性は同日のデモを「6・9小チュ節」だと言った。韓国人男性の陰茎の長さは平均6.9センチだと主張、男性をあざ笑った。女性だけが参加したこのデモに対しては歓迎の声を上げた人がいた一方で、当惑の声を上げた人もいた。ネット上でだけ使われていた単語がソウルのど真ん中でシュプレヒコールとなった瞬間だった。
2016年にソウル・江南駅で発生した女性殺害事件以降作られた数百の女性グループのうち、一部が攻撃的・刺激的な運動を展開している。先月2日、ソウル市江南区駅三洞で女性10人が上衣を脱ぎ、「女性の胸はわいせつ物なのか」と抗議した。このデモを行ったグループは以前、経血が付いた下着や生理用ナプキンを展示する「月経フェスティバル」、脇毛を見せる「天下第一脇毛大会」なども主催した。この団体の活動家「コムン」さんは「予防接種」だと話す。「男性が嫌がるタブー(禁忌)に触れ、それよりも『ハードル』が低い女性たちの要求が受け入れられるようにするもの」だという。先月もある女性グループが「女性消費ゼネストをしよう」と提案した。毎月第1日曜日は何も買わないことにして、「女性の力」を見せようという意図だ。すると、5000人を上回る女性たちが「今日は一日、お金を使わなかった」とカード未使用明細を掲載した。
 釜山では今月28日に「ラディカル・フェミニスト(急進的女性主義者)体育大会」が開かれる。主催側は「韓男(韓国人男性)ダーツ」「××爆破」をすると予告している。参加申し込みをしたある女性(26)は「私たちを侮辱する人たちに向かって同じようにあざ笑うことができるので痛快だと思う」と語った。
■言葉の暴力「ミラーリング」
 若い女性がネットを中心に男女平等を叫ぶ「ヤング・フェミニズム」は世界各地で見られる。しかし、韓国のように過激な言葉が広く使われているケースはまれだ。
 その代表的な例が、男性が使う女性嫌悪表現を全く同じように男性に向かって使う「ミラーリング(mirroring)」だ。これは鏡のように同じように返すという意味だ。「コンチ男」
(何でもタダが好きな稚拙な男)、「息する1」(韓国の男は息をするたびに1回ずつ殴らなければならない)といった表現がよく使われる。「ウォーマッド」など男性嫌悪を掲げる女性サイトで使われ始め、ほかの女性サイトに広まっているようだ。
女性たちは「韓男虫はキムチ女に、コンチ男はテンジャン女(韓国みそ女)に対して作られた言葉だ」と言う。男性たちがネット上で「ヌグンマ」(お前んちの母親)という表現を使えば、女性たちが「ヌゲビ」(お前んちの父親)という言葉でやり返すという具合だ。建国大学「体文化研究所」のユン・ジヨン教授は「従来のネット上の空間であまりにも女性嫌悪が横行したため、これに対応する戦略としてミラーリングが行われるようになった」と説明した。
■男性嫌悪問題
 刺激的な言葉や行動を前面に押し出す女性グループは、ネットを通じて集まっている場合が多い。彼女たちは「生物学的な女性」だけを認める。進歩的な男性はもちろんのこと、女性運動を主導してきた従来の女性団体に対しても「クォン(女性運動団体)は嫌いだ」と排斥する。
 女性家族部(省に相当)は6月末に作成した「恵化駅デモの現状分析と対応策」という報告書で、「生物学的な女性を強調しているのは、問題点が『生物学的な被害者である女性』と『加害者の男性』に固定してしまう罠に陥る恐れもある」としている。しかし、20−30代の女性が現政権の中核をなす支持層なので、このような指摘は公になっていない。
 一部女性による男性嫌悪は度を超えているという声もある。今年5月、慶尚北道亀尾市内のあるワンルームマンションの部屋で20代の父親と2歳の男の子が死亡しているのが発見された。女性だけが加入できるネット掲示板には、この記事の下「幼虫(小さい男の子)早く死んで良かった」というコメントが書き込まれた。昨年8月にK-9自走砲爆発事故で全身にやけどを負った兵士は「丸焼き」とあざ笑われた。「アン・イファン平等研究所」のアン・イファン代表は「嫌悪は別の嫌悪を招くだけだ」と警鐘を鳴らしている。
ファッション情報関連の掲示板には、南朝鮮男性に対する悪口雑言が濫立してる状況が明らかに成った。
南朝鮮女性から徹底的に嫌われ、同時に世界中からも嫌われてるのだから其の実態は、本当に哀れで為らない。
さて、此の状況を我が国国内で差別問題と称して喚き散らしてる在日等の勢力は、どう捉えて動くのか非常に楽しみでも在る。
posted by 天野☆翔 at 05:36 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

朝鮮戦争終結祈願デモが醜悪。

* 朝鮮戦争:終結願う人文字 - 毎日新聞
朝鮮戦争休戦から65年にあたる27日夕、大阪市西区の靱(うつぼ)公園で市民がペンライトを手に「PEACE」の人文字を作った=写真・主催者提供。その後、御堂筋をパレードし、米朝首脳会談で現実味を帯びてきた平和協定締結による朝鮮戦争終結や日朝対話による平和構築を訴えた。主催者発表で1500人が参加した。学者、宗教者、弁護士らが、在日コリアンも多く住む大阪から朝鮮戦争の早期終結を訴えようと呼びかけた。呼びかけ人の水野直樹・京大名誉教授は「日本があいまいにしてきた植民地支配の清算は、南北朝鮮の和解と統一には不可欠」などと話した。立憲民主、共産、社民、自由など野党各党の議員らも発言した。1950年に始まった朝鮮戦争は300万人以上が死亡、1000万人の離散家族を生んだとされる。53年7月27日に米軍を中心とした国連軍と北朝鮮、中国が休戦協定に署名。現在も終戦ではなく休戦状態が続いている。
大阪市西区で始まった集会が御堂筋でパレードした。
此のデモの呼び掛け人の京都大学名誉教授の水野直樹は、「日本が曖昧にして来た植民地支配の清算は、南北朝鮮の和解と統一には不可欠」と曰った。
併合して統治した事は在ったが、侵攻して植民地にした事も無ければ支配した事も無い。
況してや、朝鮮戦争には参加すらもして居らず無関係なので、南北宥和での統一に関わる事は無いのだ。
既に南朝鮮との二国間の基本関係に関する条約と、財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する二国間協定で既に完全解決してる問題です。
アジアの歴史すらも直視せずに無視して、出鱈目な主張をする此のデモの実態は極めて醜悪でしか無い。
posted by 天野☆翔 at 05:24 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする