冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年01月31日

僧侶がヘイトスピーチと問題視。

* 日本僧侶ヘイトスピーチ「韓国人3人寄ればドクズかな」に相次ぐ批判…謝罪文掲載 | Joongang Ilbo | 中央日報
外国人観光客が多く訪れる日本の大型寺院の男性僧侶が、自身のSNSを通じて韓国人に対してヘイトスピーチをした。
31日、日本メディアによると、金剛峯寺のある僧侶は今月11日、ツイッターに「韓国人3人寄ればドクズかな」というヘイトスピーチを投稿した。
ヘイトスピーチをツイッターに投稿したのは広報担当の20代の男性僧侶で、発言後、僧侶に対する批判が相次いだ。これについて寺側は30日、ホームページを通じて謝罪コメントを掲載した。
寺側は「高野山真言宗僧侶によるヘイトスピーチに関するお詫び」という題名の謝罪コメントで「高野山真言宗として遺憾の意を表し、心傷ついた皆様に、衷心よりお詫び申し上げます」とし「深く反省し、今後再び同様の事態が生じることのないよう、人権意識の高揚に尽力して参ります」と伝えた。
三人寄れば文殊の知恵を捩った内容で「南朝鮮人三人寄ればドクズ哉」と云う内容をSNSに投稿したとして問題視されてるが、何処に憎悪の表現が在るのかと。
我が国の国民の大半が抱いてる現実で有ろう。
所属してる寺も謝罪する必要も無いのに、此れをして仕舞った。
しては為らないのに、何故謝罪したのかと。
posted by 天野☆翔 at 17:58 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

国会のペーパーレス化進まず。

* 与党、玉木氏のタブレット使用認めず=衆院代表質問:時事ドットコム
30日の衆院本会議で行われた安倍晋三首相の施政方針演説に対する各党代表質問で、国民民主党の玉木雄一郎代表が用意した原稿をタブレット端末で読もうとしたところ、与党の反対で認められなかった。
 本会議に先立つ衆院議院運営委員会理事会で与党側が「前例がない」と難色を示したのが理由。玉木氏は質問の冒頭で「国会のペーパーレス化のためにも、こうした古いルールを改めて進めていこう」と訴えた。
衆議院本会議での代表質問で、国民民主党の玉木雄一郎が用意したタブレット端末の使用が、与党の反対で此れが実現しなかった。
自由民主党の部会ではタブレット端末の使用を推し進めてる最中に此れで在る。
理由は前例が無いからと云う事だ。
玉木雄一郎は古い仕来りは改めて行こうと主張したが、至極真っ当で正しい見解だろう。
此の点だけは大いに評価したい。
posted by 天野☆翔 at 17:54 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

野党共が早速怠慢発揮。

* 野党6党派 予算審議に入れる状況ではない | NHKニュース
厚生労働省の統計不正問題をめぐって、立憲民主党など野党6党派の国会対策委員長が会談し、実質賃金の伸び率の実態などが明らかにされておらず、予算審議を行う状況ではないといった意見が相次ぎました。
会談では、厚生労働省の統計不正問題をめぐる国会での安倍総理大臣や根本厚生労働大臣の答弁を踏まえ対応を協議しました。
各党派からは、与党側が、今年度の第2次補正予算案や新年度予算案の審議に速やかに入りたいと主張しているが、実質賃金の伸び率の実態などが明らかにされておらず、審議に入れる状況ではないといった意見が相次ぎました。
立憲民主党の辻元国会対策委員長は、記者団に対し「アベノミクスは、かさ上げだったのではないかという『上げ底アベノミクス』の疑念が深まる中、いちばんのバロメーターである実質賃金が上がっていたのか、下がっていたのかを示してほしい。『実質賃金隠し』では、政策議論をする前提にない」と述べました。
厚生労働省の統計問題で、予算審議を行う状況で無く議論する前提で無いとして、日本維新の会と希望の党を除外する野党共が早速サボタージュすると宣言した。
五月に長期間の審議拒否をしたが、新年早々此れを再現するのかと。
もういい加減お前等は国会の構成員としての責務を放棄してるのだから、議員辞職して頂きたい。
何故原因究明と再発防止に力を入れないのかと、甚だ疑問を抱く。
posted by 天野☆翔 at 17:50 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

四面楚歌に陥った南朝鮮。

* 【社説】八方塞がりの韓日関係、手を引く韓国外交 | Joongang Ilbo | 中央日報
韓日関係が八方塞がりに陥ってしまっている。慰安婦問題や強制徴用賠償判決などに関連した両国の葛藤はますます深刻化している。これに重なるようにして、日本海上自衛隊哨戒機に対するわれわれ海軍艦艇のレーダー派発射で誤解まで招いた。出口は見えていない。排水口が詰まって食器を洗った水があふれているのに、詰まりを解消する意志もアイデアもなさそうだ。この状態から手を引いた外交部をはじめ、政府の態度がそうだ。
昨日、外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官が慰安婦被害者の故金福童(キム・ボクドン)さんの焼香所を弔問した。康長官は「おばあさんは壮絶に戦ったが残念だ」と述べた。前日同じく焼香所を訪れた文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「問題が解決されないまま(金おばあさんを)見送ることになり心が痛い」と述べた。ともに慰安婦問題がまだ解決されていないという認識の表現だ。だが、現状況に代入してみると、日本に対してさらに厳しく対立していくという言葉にも聞こえる。最も大きな問題は、歴史葛藤を解消して未来に進もうといういかなる戦略もアクションプランも見られないということだ。
女性家族部は今月21日、和解・癒やし財団の設立許可を取り消した。この財団は日本軍慰安婦問題を癒やすために2016年7月に設立された。政府は近くこの財団の解体手続きに入る。これに伴い、70年余り前の歴史問題を癒やすための韓日のあらゆる努力は原点に戻った。韓国政府は財団設立のために日本が提供した10億円(現レートで約102億ウォン)の中から使って残った残額60億ウォンの処理案も出さないでいる。文大統領が昨年9月、米国ニューヨークで安倍晋三首相と会って同財団の解散意志を通知して4カ月が過ぎたというのに、外交部は後続措置に言及しないでいる。金杉憲治外務省アジア大洋州局長は「財団解散は日韓合意に照らして到底受け入れられない」と話す。
日帝強制徴用関連の大法院(最高裁)判決と日本の反発に対する政府の対策も何か分からない。日本側が外交的協議を要請してきたが、政府は応じないでいる。日本は過去、両国政府がすでに清算した事案を韓国政府が破棄していると主張する。米ワシントンなど国際社会でも、韓国が外交的合意を一方的に破っているという認識が強い。「再協議も、仲裁委員会・国際司法裁判所にも行かないというが、いったい韓国の代案は何か」という疑問が広がって国際世論戦でも押されている。
韓日海軍のレーダー葛藤も同様だ。遭難した北朝鮮漁船を救助する過程で偶然に発生した事件なのに、感情だけ高ぶらせて解決方法を見つけられずにいる。鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防長官が海軍作戦司令部を訪問して「日本の威嚇飛行に強硬対応せよ」と述べた場面は軍の立場では当然かもしれない。だが「外交の失踪」という点では苦々しい懸念を残した。このままいけば1カ月後の三一節は韓日間の破局の頂点になりうる。
両国の歴史問題の責任は根本的に日本にある。しかし、韓日はこれを癒やして歴史を発展させるべき義務がある。今後、北朝鮮核・ミサイルの脅威に両国が共同で対処しなければならないばかりでなく、経済交流もより一層拡大しなければならない。柔軟かつ大局的な外交戦略を期待したい。
慰安婦や徴用工、旭日旗や火器管制レーダー照射等の案件で、我が国と南朝鮮の何方に分が在るかと云えば、国際社会は我が国に付くと云う事で八方塞がりの四面楚歌状態だと中央日報は報じた。
当たり前の事で、日本国と南朝鮮との間の基本関係に関する条約や、財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と南朝鮮との間の協定や慰安婦問題の解決の為の二国間合意に明確に違反する、国際法無視のうごきなのだから自業自得だ。
然し文末には通常運転の責任転嫁で締め括るのだから、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
北朝鮮関連でも、瀬取り等で安全保障理事会の北朝鮮経済制裁対象に追加されても可笑しくは無い国でも在る。
自分達の行いを冷静に見詰めて猛省するが良いだろう。
posted by 天野☆翔 at 17:43 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

在日朝鮮人が差別されてる事を憂慮してたと自称元慰安婦。

* 「キム・ボクトンさん、差別される在日コリアンの現実に心を痛めていた」 : 日本•国際 : hankyoreh japan
昨年、大阪の城北朝鮮初級学校を訪問し、寄付金を手渡す
コ・チャンウ校長「同胞が差別に苦しんでいることが申し訳ないとおっしゃった」
ハルモニの義援金などで台風被害の教室を復旧

「日本で在日同胞が今も差別に苦しんでいるのを見て、申し訳ない気持ちでいっぱいとおっしゃったことが、記憶に残っています」
 大阪の城北朝鮮初級学校のコ・チャンウ校長は、28日に亡くなった日本軍慰安婦被害者のキム・ボクトンさんが学校を訪れた時を振り返りながら、このように語った。キムさんは、日本の朝鮮学校問題に大きな関心を示してきた。朝鮮学校を支援するために2014年に5000万ウォン(約490万円)の種基金を提供し、奨学財団「キム・ボクトンの希望」が作られた。今年9月には台風21号で大きな被害を受けた朝鮮学校の復旧に使ってほしいとして、1000万ウォン(約98万円)を追加寄付し、キル・ウォンオクさんと共に学校を訪問した。コ校長は30日に行ったハンギョレとの電話インタビューで、「キムさんが当時も体調が悪く、2階の講堂に歩いて上れるか心配していたが、歩いて上った。2階には台風の被害で屋根に穴が開いた痕跡が残っていたが、被害状況を詳しく見て回った」と話した。
 キムさんは朝鮮小学校で、幼稚園と初級学校(小学校)児童約60人に対し、約10分間にわたって「頑張って勉強してください。そして堂々と生きてください」と話したという。コ校長は「ハルモニが植民地時代の苦しみがまだ日本の地で違う形で残っているという事実に心を痛めていた」と伝えた。普段は10分もじっとしていられない子どもたちが、その日はしっかり話を聞いていたという。コ校長は「言葉ではなく心で通じたようだった」と振り返った。
 城北朝鮮初級学校は台風の被害で、教室3カ所が使用できなくなったが、キムさんの義援金などで現在は元の姿を取り戻した。キムさんの訪問写真も教務室に飾っており、訪問客が来る度に見せているという。キムさんの訪問から1カ月後、コ校長はキムさんに手紙を送った。「ハルモニのおっしゃるとおり、子どもたちにしっかり勉強を教えます。また、力強く生きていきます。私自身も、大事な城北の子どもたちも強い心と揺ぎない闘志を持ち、堂々と生活できるように、共に成長していきます」と書いた。ハルモニの病状が悪化したと聞いて、年末にも「医学が発展しているから、もう少し頑張ってください」という内容の手紙を送った。
 今月には、子どもたちがキムさんに手紙を書いた。コ校長は「世の中で最も苦難に満ちた人生を歩んできたのがキム・ボクトンさんだが、世の中で最も強いのもキム・ボクトンさんだろう。ハルモニが強く、揺ぎなく生きてきたことを忘れてはならないと思う」と話した。ハルモニはガンで闘病中の昨年11月にも、朝鮮学校のために3000万ウォン(約290万円)を寄付した。
先だって死亡した自称元慰安婦は大阪の城北朝鮮初級学校の在日朝鮮人の現状を、差別されてるとして憂慮してたとハンギョレは報じたが、何故そう云う流れに為ってるのか理解出来無いのだろう。
厳密には差別では無く区別が正しいが、我が国に居座ってる癖にして教育無償化の案件では、教育基本法に則った学習をさせて無いのに無償化を求めたり、反日活動ばかりするのだから至極真っ当な対応で在るのだ。
どんな詭弁言い訳を並べ立てても、此の事実だけは変わる事は無いのだ。
posted by 天野☆翔 at 17:36 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

日本人の祖は支那と今日頭条。

* 日本人のルーツとは? 「中国人以外に誰がいるというのか」=中国メディア-サーチナ
 中国国内では「中国人が日本人のルーツである」と信じている人が少なからず存在する。中国メディアの今日頭条は25日、日本人のルーツには諸説あることを紹介しつつ、「中国人以外に誰がいるというのか」と問いかける記事を掲載した。
 記事は、日本人のルーツについては様々な説が存在し、誰もが認める結論にはまだ至っていないことを認めつつも、ある専門家の説を引き合いに「日本人のルーツは中国にある」という説が有力であると主張した。
 まず、地理的なことから考えると、現在の日本は中国と海を挟んで島として存在しているが、「かつて日本と大陸が陸でつながっていた時期もあったため、その頃に人びとが移動したとも考えることができる」と指摘。そして、日本の文化には中国から影響を受けたものが数多く存在することから、「中国人が発展した文化を持って日本へ移り住んだ」と考えるのが有力であると主張した。
 また、この仮説において重要な鍵を握る人物は「徐福」であると主張。彼は、中国の秦の始皇帝が天下を統一した後、不老不死の妙薬を求めていた皇帝に近づいた人物であり、皇帝を騙したとして中国人に知られているという。しかし、「徐福は不老不死の妙薬を探すとの名目で、たくさんの資財を携えて東方へ向かっており、日本にも徐福の足跡が残されている」と指摘。こうして「徐福が日本に渡り、中国の技術や文化も共に日本へと持ち込まれていったというのは、多くの根拠によって裏付けることが出来る」と主張した。
 徐福が生きた時代は現在から2200年ほど前であり、当時の日本にはすでに多くの日本人が暮らしていたのは間違いない。徐福が日本に来たかどうかは別として、徐福の存在を以って「中国人が日本人のルーツである」であると主張するのは間違っていると言わざるを得ないだろう。
諸説在るが、日本人の祖は大陸で支那で在ると云う記事を、支那のメディアの今日頭条が報じたが、其の根拠として大陸文化を持ち込んで日本に移住したと主張し、又、重要な人物として徐福を上げた。
然し、同時代には日本には多数の人々が住んで居たのだから、根拠としては極めて希薄だろう。
何が何でも下に見たい支那の思惑が透けて見える。
posted by 天野☆翔 at 17:29 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

何故日本はパンダを重宝するのかと今日頭条。

* なぜ日本は「高額な料金を払ってまで、パンダをレンタルしたがるのか」=中国メディア-サーチナ
 日本には上野動物園などでパンダが飼育されているが、日本国内にいるのは中国にレンタル料を支払って「借りている」パンダたちだ。パンダのレンタル料は決して安価ではなく、年間で約1億円ほどと言われている。
 中国メディアの今日頭条はこのほど、諸外国はなぜ高額な費用を支払ってまでパンダをレンタルしたがるのかと疑問を投げかける記事を掲載し、その理由は「レンタル料の元が取れるだけでなく、それ以上の利益を得られるからだ」と伝えている。
 記事は、パンダは世界で最も価値の高い動物だと伝えつつ、中国からレンタルしようとしても「そう簡単にレンタルできるものではない」とし、レンタル料を支払えば借りれるものでもないと指摘。たとえば、オランダではパンダをレンタルするために巨額の費用を投じてパンダを迎え入れるための施設を建設したと伝え、16年にわたる努力の結果、2017年にようやくパンダが初めてオランダに到着したと紹介した。
 続けて、日本人はオランダ人に比べて、はるか昔からパンダに触れ合ってきたとしつつ、パンダがいるだけで動物園は来園者が増加すると強調。なかにはパンダを一目見るために朝から列に並ぶ日本人もいたほどだと指摘した。また、パンダの経済効果を渇望しているのは日本とオランダだけではなく、スコットランドも同様だとし、パンダをレンタルするためにスコットランドは中国と巨額の貿易契約を結んだほどだと伝えた。
 日本やオランダなどがこれだけパンダに熱をあげるのは、パンダの可愛らしい見た目だけが理由ではなく、中国に年間1億円のレンタル料を支払っても、それ以上の利益と経済効果が見込めるためだと主張した。
支那のメディアの今日頭条は、何故日本では光学の貸出料が発生するのに、パンダを重宝するのかと云う記事を掲載したが、其の理由として指摘したのは其の愛くるしさと対費用効果だと云うが、完全に見当違いで在る。
支那に尻尾を振る馬鹿共が多いからだ。
敵国で在る支那に対して経済的に援助同然で此れをするのは完全に間違ってる。
こうした輩が居る以上は、此の流れは暫くは継続されるだろう。
posted by 天野☆翔 at 17:24 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

慰安婦問題を政治利用する南朝鮮。

* 慰安婦:故・金福童さん告別式、ソウルの日本大使館前で挙行へ-Chosun online 朝鮮日報
 旧日本軍の慰安婦被害者で28日に亡くなった金福童(キム・ボクトン)さん(享年93歳)の遺体が安置されている葬儀場には、30日も多数の弔問客が訪れた。
 この日は韓国外交部(省に相当、以下同じ)の康京和(カン・ギョンファ)長官をはじめ、法務部の朴相基(パク・サンギ)長官、潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長らが弔問に訪れた。
 潘基文氏は「韓日政府が一日も早く慰安婦被害者の苦痛を和らげるべき。日本は未来志向的な韓日関係のためにも、先の長くないおばあさんたちの余生が少しでも生きがいのあるものになるよう積極的な措置を取ってほしい」と述べた。
 このほかにも、文喜相(ムン・ヒサン)韓国国会議長をはじめ韓国与野党の多数の議員が弔問に訪れた。
 がん闘病の末に28日に亡くなった金さんは、旧日本軍の性奴隷被害者として世界各地で被害を証言し、日本政府に謝罪を求めることに人生をささげた。
 金福童さんの遺体は2月1日朝にセブランス病院を出発し、ソウル広場を経た後、金さんが生涯鋭い目で見詰め続けた駐韓日本大使館の前で永訣式(告別式)が行われる。
自称元慰安婦が死亡したが、此の告別式が何と日本大使館前で実施されると云う。
いや、もう、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
完全にウィーン条約に違反する明確な国際法違反だ。
最早南朝鮮は国際法無視の破落戸国家で在る事が確定した。
posted by 天野☆翔 at 23:59 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

反日売国奴の弁護士確認。

* 日本人権弁護士「日本政府の『徴用判決の国際法違反』主張は間違っている」 | Joongang Ilbo | 中央日報
日帝強占期における旧日本軍による慰安婦被害者と強制徴用・原爆被害者を代理して各種訴訟を担当してきた日本の弁護士が「韓国大法院(最高裁)の強制徴用賠償判決は国際法違反」という日本政府の主張が間違っていると指摘した。
高木健一弁護士は30日、社団法人法曹言論人クラブに送った2018年「今年の法曹人賞」の受賞感想文で韓国の大法院(最高裁)判決をめぐり「国際法に照らしてあり得ない判断だといった安倍晋三首相の発言は初歩的な誤りを犯している」と指摘した。
高木氏は1991年8月27日、当時の柳井俊二外務省条約局長の国会答弁を紹介して「韓日請求権協定で言う『完全かつ最終的な解決』とは、二国間の請求権および個人に関する『外交保護権』であるのが明白だ」と話した。
当時、柳井元局長は「いわゆる、個人請求権そのものを国内法的な意味で消滅させたわけではない」として「韓日両国間政府レベルでの外交保護権を行使できないという、そのような意味だ」と明らかにした。
1965年韓日請求権協定で個人の請求権が消滅しなかったということを日本政府も認めてきたというわけだ。高木氏は、根拠として協定締結と同年に制定された日本法律第144号を挙げた。この法は韓日協定締結の時点で日本および日本人に対する韓国人の個人請求権も消滅させる内容となっている。
つまり、協定で個人請求権が消滅したとすれば、あえて協定直後この法を作って個人請求権をまた消滅させる必要がないということだ。現在まで残っているこの法にしたがって日本の裁判所は韓国人被害者の個人請求権を全部認めなかった。
高木氏は「日本の法律の効力が及ぼさない韓国で個人の請求権を認められても日本政府が何と言える立場でない」として「韓日両国政府やメディアはこの法律の存在を重要に考えていないようだ」と話した。
高木氏は「請求権協定により日本側が提供したという有償・無償援助1800億円も現金で支給されたわけでなく、むしろ日本経済にも大きく役に立った」と強調した。彼は「全体の供与額の10%に該当する5000万ドル(約55憶円)という資金が当時不振に陥っていた新日本製鉄から生産設備を購入することに使われるなど、すべて現金でない日本の生産物や日本人の役務として提供された」と説明した。
高木氏は韓日請求権協定で日本が得た利益について「請求権問題を解決して日本経済に大きなプラスになり、その後(技術が従属した)韓国経済をずっと支配することができる『一石三鳥』の効果があった」と評価した。
彼は「このような事実と協定内容、さらには法律に照らしてみると日本政府の主張は全く成立しない」として「安倍首相があえて韓日関係を悪化させようとしているとしか見えない」と批判した。また、「韓国政府が被害者の人権回復のために堂々と協定の紛争解決手続きとして仲裁裁判所を利用する必要がある」として「紛争解決機関に行っても道理が韓国にあるというのは明らかだ」と付け加えた。
高木氏は1973年に弁護士になって以降、ロシア・サハリンで強制徴用された韓国人被害者問題に関わってきた。1991年からは太平洋戦争被害者遺族会の依頼で軍人や軍務員、慰安婦被害者を代理して日本政府などを相手取って訴訟を起こしてきた。今回、このような功労が認められて法曹言論人クラブから「2018年今年の法曹人賞」を受賞することになった。
法曹人賞を受賞した高木健一は、日本国と南朝鮮との間の基本関係に関する条約や、財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と南朝鮮との間の協定での請求権消滅の案件で、此れを消滅しては居らず、日本は保障しろと主張。
協定で拠出された金で日本も経済的に得をしたのだから、此の得を以て賠償に応じろと云う主張を展開したと云う。
全く話に為らず、何を妄想し異常な意識を発揮してるのかと厳しく問い質したい。
請求権は確かに消失しては居ないが、其れは我が国にでは無く青瓦台に向けての事で在ると云う根本的な事を理解して居ない。
条約や協定を理解して無いこんな人物が弁護士で在ると云う事自体が極めて異常な状況で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:56 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

文在寅の家族が国外逃亡。

* 野党、文大統領の娘に海外移住に疑惑を提起 : 東亜日報
野党「自由韓国党」が29日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の娘のダヘさん家族の住宅売却と海外移住疑惑と関連して、ダヘさんの小学生の息子の学校資料を公開し、大統領府に説明を求めた。大統領府は直ちに「虚偽事実の流布」、「厚顔無恥な振る舞い」と反発した。
同党の郭尚道(クァク・サンド)議員は9日、「ダヘさん夫のソさんは昨年3月、ゲーム会社を退社し、4月にソウル鍾路区旧基洞(チョンノク・クギドン)のヴィラ(低層マンション)をダヘさんに贈与し、ダヘさんは3ヵ月後にこれを売却した後、夫と息子と共にアセアン(東南アジア諸国連合)国家に移住した」と明らかにした。郭氏が公開した資料には、ダヘさんの息子が東南アジアのある国の学校に転校するという内容が含まれている。
郭氏は、「巷では、ソさんが務めた会社に政府から200億ウォンが支援され、このうち30億ウォンが横領・流用など不当に執行されたといううわさが飛び交っている」とも述べた。同党は、ダヘさん家族のために海外に派遣された大統領警護員の予算とヴィラ売却の資料を公開するよう大統領府に要求した。
これに対して、大統領府の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は書面で、「国会議員の職位を利用して大統領の家族に対して根拠のない悪意のある虚偽事実を流布した」と批判した。また、「不動産の贈与・売買の過程および海外滞在と関連していかなる不法や脱法もなかった。経済状況や子どもの教育目的のための海外移住では決してない」と強調した。
さらに、「学校の書類の取得と公開は個人情報の侵害であり、政争に小学生まで巻き込むことは厚顔無恥な振る舞いだ。経緯を確認した後、応分の措置を執る」と述べた後、「蔡東旭(チェ・ドンウク)元検察総長の婚外子を追跡するとし、不法・脱法を行った先の(朴槿恵)政府の工作政治の陰湿な影が浮び上がる」とも述べた。郭氏が、「婚外子事件」が起こった時、朴槿恵(パク・クンへ)政府の大統領民情首席秘書官を務めたことを強調したのだ。
大統領府はまた、「1980年以降、海外に滞在した大統領の直系家族は9人で、すべて警護処が大統領などの警護に関する法律によって規定どおり警護した」と付け加えた。
娘の家族が全財産を清算し国外逃亡してると云う事で、議会では此の案件を取り上げ糾弾されてると云う。
南朝鮮国内に留まって居れば危険が及ぶからだと云う事なのだろう。
失脚した時の事を見越しての逃亡で在る事は間違いの無い事実だ。
どんな理由が有ろうとも、此の事実だけは変わる事は無い。
歴代大統領の末路を見る迄も無い事だ。
こうした側面だけを見れば危機意識は在るらしい。
posted by 天野☆翔 at 23:48 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする