冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年02月28日

ロシアの貨物船が事故を起こし立ち往生。

* 6000톤 러시아 화물선, 부산 광안대교 충돌…인명피해 없어 : 사회일반 : 사회 : 뉴스 : 한겨레
부산항을 출항한 러시아 화물선이 광안대교를 들이받아 교량 구조물 일부가 파손됐다.
28일 오후 4시 23분께 6천t급 러시아 화물선 씨그랜드호가 부산 광안대교 하판을 들이받았다.
화물선 머리 부분에 있는 구조물이 다리와 충돌했으나 현재까지 인명 피해는 없는 것으로 알려졌다.
사고를 낸 선박은 다른 선박 통항에 지장이 없는 곳으로 이동해 정박 중인 것으로 알려졌다. 부산시설공단은 광안대교 하판(대연동∼해운대 방향) 진입로 200∼300m 지점 1개 차로를 통제하고 파손된 교량 구조물 안전 여부를 확인하고 있다. 해경은 사고 선박 운항 담당자를 상대로 사고 경위를 조사하고 있다. 연합뉴스
* Google 翻訳
釜山港を出港したロシアの貨物船が広安大橋をが受け橋構造の一部が破損した。
28日午後4時23分頃、6千t級のロシアの貨物船氏グランド号釜山広安大橋下板をが受けた。
貨物船の頭の部分の構造が足と衝突したが、現在までに人命被害はないことが分かった。
事故を起こした船舶は、他の船舶通航に支障がない場所に移動して停泊中であることが分かった。 釜山施設公団は広安大橋下板(大淵洞〜海雲台方向)進入路200~300m地点の1つ車を制御し、破損した橋梁構造物安全かどうかを確認している。 海警は事故船舶運航担当者を相手に事故の経緯を調査している。

* [제보영상] 러시아 화물선 광안대교 '충돌 순간'…교각 파손 / YTN - YouTube

釜山港を出港したロシアの貨物船が広安大橋に突っ込み、身動きが取れない状況で立ち往生してるとハンギョレは報道した。
船舶の大きさを考えずにどうしたら此の大橋の下を通過出来ると判断したのか、其の見識を大いに疑う。
ロシア船籍はワザとしたのかとも。
posted by 天野☆翔 at 23:22 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

毎日新聞常務取締役の妻が逮捕される。

* 毎日新聞常務の妻を再逮捕 都内で覚醒剤使用疑い - 産経ニュース
 兵庫県警は28日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、東京都新宿区の会社員、増田ルミ子容疑者(46)=同法違反(所持)罪で起訴=を再逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。容疑を認めているという。毎日新聞社によると、増田容疑者は同社常務取締役の妻。
 捜査関係者によると、再逮捕容疑は2月初めごろ、東京都内で覚醒剤を使用した疑いが持たれている。
 県警は7日、自宅マンションで覚醒剤を所持した疑いで増田容疑者を現行犯逮捕。小分けされた覚醒剤や、あぶって吸引するための道具を押収し、尿検査では覚醒剤の陽性反応が出ていた。
 捜査関係者によると、密売グループの捜査過程で1月、インターネットで注文した客の1人として増田容疑者が浮上した。
嫌疑は麻薬取締法違反で在るが、一体何処から入手したのかと大いに疑う。
既に家宅捜索等で物証は押さえられた事で、其の犯罪は確定的で有ろう。
嘗ては海外の空港で爆発物を持ち込もうとしたりと何かと問題行動を起こした毎日新聞だが、今回の此の案件をどう捉えるのかと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:14 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

交渉決裂した金正恩の忿怒。

* 正恩氏一転、不機嫌に去る=トランプ氏「関係継続」:時事ドットコム
第2回米朝首脳会談は合意に達することができないまま幕を下ろし、わずか数時間で両首脳は劇的に表情を変えた。会談2日目の28日午前、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は「私の直感では良い結果が出ると信じている」とトランプ米大統領に語り掛け、余裕すらうかがわせた。しかし、午後に会場のホテルを後にする際は一転、不機嫌そうな様子を隠さなかった。一方のトランプ氏は、会談後の記者会見で「正恩氏との関係を継続したい」と未練をのぞかせた。
 28日午後、会談が行われたホテルを出発し、走り去る専用車では、後部座席に座る正恩氏の「仏頂面」が確認された。午前中、トランプ氏とホテルの中庭を散策しながら見せた柔和な表情とリラックスした雰囲気は消え、両国に依然大きな隔たりがあることを無言のまま世界に知らせた。
中国を経由し専用列車でベトナム入りした26日、正恩氏は対中国境の越北部ドンダン駅前で、歓迎する地元の人々に専用車から手を振る気配りを見せていた。しかし、会場を後にした際の表情は、事実上物別れに終わった会談の雰囲気を反映して厳しかった。ベトナムで高まっていた正恩氏への好印象を吹き飛ばすように去って行った。
ベトナムで実施された非核化を巡るアメリカのドナルド・トランプ大統領との首脳会談で合意に至らなかった北朝鮮の金正恩は、足早に会場を去り逃げ帰る様に車中に乗り込んだ。
此の際に其の表情は非常に固く赤面してたと云う。
相当に怒髪天を衝く思いで在ったのだろう。
自らの要求が跳ね除けられた為に逆上してる様子だ。
今回の此の結果を受けて今後どう云う対応を示して行くのか、非常に気に為る上に注意警戒を怠らない様にしたい。
posted by 天野☆翔 at 23:06 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

金正恩が海外メディアからインタビューを受ける。

* 金正恩氏、米記者と異例質疑 即興で答え、苦笑も | 共同通信
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、ベトナム・ハノイでの米朝首脳再会談の際に、米記者らが投げ掛ける質問に何度も即興で答える場面があった。外国メディアからの突然の質問に金氏が回答するのは極めて異例。
 質疑があったのは、公開された会談冒頭など。非核化への具体的措置を取る意思があるかとの英語での問いには、朝鮮語で通訳を介し「(トランプ米大統領と)今その話をしている」とし、「(記者団は)とても気になっているようだ」と苦笑した。
 「ミスター・キム、(会談成功への)自信はありますか」との質問には「直感では良い結果が出せると信じている」と話した。
ベトナムで実施された非核化を巡るアメリカのドナルド・トランプ大統領との首脳会談の際に、海外メディアからインタビューを受け、此れに答えるのは異例中の異例で有り始めての事だと共同通信は伝えた。
此の中で回答は朝鮮語で為されたと云うが、北では朝鮮語で南では韓国語と抜かすマスメディアの報道には大いに疑問を抱く。
南北問わず朝鮮語で在る筈だ。
南北の差異を都合良く使い分けるなと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 22:58 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

志位和夫こそ国民主権を無視してるのだ。

* 共産党志位氏、元号法廃止を主張 「国民主権になじまず」 | 共同通信
 共産党の志位和夫委員長は28日の記者会見で、天皇一代に一つの元号とする「一世一元」制を定めた元号法の廃止を引き続き主張していく考えを示した。「元号は、時をも君主が支配するとの考えからきている。国民主権の原則になじまないと考えている」と述べた。
 共産党は機関紙「しんぶん赤旗」で西暦と元号を併記するなど、元号の慣習的な使用は認める。一方、法律による強制的な使用に反対する立場をとってきた。
日本共産党の志位和夫は元号法に関して「時をも君主が支配するとの考えから来て居る。国民主権の原則に馴染まないと考えて居る」として、元号法の廃止を引き続き主張していく考えを示した。
元号は我が国が長年掛けて継続し維持して来た伝統文化で在る。
国民は此れを受け入れ継承して来たが、此の国民の思いをも志位和夫は否定しようとするのか。
国民主権の原則に馴染まないのは、日本共産党で在ると厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 22:52 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

南朝鮮司法が国際法無視の判断。

* 「釜山日本総領事館周辺での行進可能」 韓国地裁が許可
韓国の市民団体が、日本による植民地支配に抵抗して起きた独立運動「三・一運動」から100周年となる3月1日に釜山の日本総領事館周辺で計画している行進について、警察は制限したが裁判所は許可した。
 釜山地裁は28日、金在河(キム・ジェハ)全国民主労働組合総連盟(民主労総)釜山地域本部長が釜山東部警察署長に屋外集会禁止通告処分取り消しを求めた仮処分の申し立てを認めた。
 市民団体「積弊(積み重なった弊害)清算・社会大改革釜山運動本部」は1日午後3時から、日本総領事館付近で三・一運動100周年釜山市民大会を開く。大会後に約30分間、総領事館周辺で行進を行う計画だ。大会には約400人が参加する予定で、植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された労働者を象徴する像も持ち込まれる予定だ。この像は昨年5月に総領事館前に設置しようと試みられたが警察に阻止された。
 地裁は「行進が行われるとしても大規模な集会またはデモに拡大する懸念や、外交機関の機能や安寧が侵害されたり、交通に深刻な影響を与えたりする恐れがあると見るのは難しい」との判断を示した。
 また、同団体が計画している行進が外交機関周辺で開催可能だと認められる例外事由に該当し、管轄警察署が法律に基づき禁じることができないと説明した。
明日の独立運動百周年を迎えるに当たり、釜山の日本領事館前で開催予定の集会とデモ行進を釜山地方裁判所は此れを実施する許可を出して仕舞った。
警察は此れを許可しないとしてた事での仮処分への判決で在った。
外国公館周辺での政治的な言動をする事はウィーン条約に明確に違反するが、釜山地方裁判所は此れを無視して許可して仕舞った。
こう云う観点からも、南朝鮮は国際法無視の破落戸国家で在る事を更に国外に喧伝して行く事で、国際的に信用されなく為って行く事を自覚すれば良いだろう。
posted by 天野☆翔 at 22:47 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

ベトナム会談破談に落胆する青瓦台。

* 完全な合意できず残念 米朝の活発な対話継続に期待=韓国大統領府
韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は28日午後の記者会見で、米朝首脳会談が非核化などで合意に至らず終了したことについて、「完全な合意に至らなかったことを残念に思う」と述べた。
 ただ、「いつになく意味のある進展を成し遂げたことも明白」とし、「両首脳が長い時間、踏み込んだ議論を行い、相手に対する理解の幅と深さを広げたと評価する」と述べた。
 その上で、「トランプ大統領が表明した持続的な対話の意思や楽観的な見解は次回の会談の展望を明るくする」として、「トランプ大統領が北の非核化措置と結びつけ、制裁解除、または緩和の意思を公に明らかにしたことは朝米(米朝)の議論の段階が一層高まったことをみせる」との考えを示した。
 今後については、「今回の首脳会談で行った議論の結果に基づき、これからもさまざまなレベルで活発な対話が継続することに期待する」とし、「政府は米国と北が緊密な意思疎通と協力を続けながら、対話のモメンタム(勢い)を維持していくよう、あらゆる努力をする」と強調した。
ベトナムで実施されたアメリカのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩の非核化を巡る首脳会談の破談に関して、青瓦台の金宜謙報道官は合意に至らなかった事は残念だと主張した。
次回以降の会談に期待するとも述べ、今後も橋渡し役として努力するとも述べた。
相当に衝撃を受けたのだろう。
南北宥和に躍起に成ってる文在寅と歩調を合わせ、非核化からの平和宣言を期待をしてただけに、相当に堪えてる様子が伺える。
今回の結果に一番落胆してるのは文在寅と思えるが、結果的に役立たずで終わったのだから、自分自身の置かれた立場を自覚するが良いだろう。
posted by 天野☆翔 at 22:41 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

ベトナム会談は破談。

* 米朝首脳、合意できず=非核化と制裁解除で溝−交渉の行方不透明に:時事ドットコム
トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は28日、ベトナムの首都ハノイで2日間の日程で行った首脳会談を終えた。両首脳は非核化に関して合意に達せず、文書の署名は見送られた。トランプ氏は会談後の記者会見で、北朝鮮側が一部の核施設を非核化する見返りに制裁の全面解除などを求めたことを明らかにし「受け入れられなかった」と説明した。
 トランプ氏はこの中で、正恩氏との関係を継続すると表明。ポンペオ国務長官も「今後数日、数週間で進展が得られることを期待する」と交渉継続への意欲を示したが、トップ交渉で双方の隔たりを埋められなかったことで、核問題の行方は一層不透明となった。
 トランプ氏はまた、正恩氏が今後、核・ミサイル実験をしないことを再確認したと指摘し、経済制裁の強化については「話したくない」と明言を避けた。また日韓両国の首脳に電話で協議結果を伝える考えも明らかにした。
 2日目となった28日の会談は、午前から1対1形式の協議が始まり、側近を交えた拡大会合へ移行。しかし両首脳は会合後に予定されていた昼食会などにも参加せず、会談場を後にした。
 正恩氏はこれに先立ち、会談冒頭で記者団に非核化について問われ「その意思がなければここには来なかった。われわれは今、その話をしている」と核放棄の意向を再確認。トランプ氏は北朝鮮による核・ミサイル実験停止を高く評価した上で、非核化プロセスについては「急いでいない」と述べていた。
 トランプ氏は北朝鮮が経済大国になるのを「手助けしたい」と強調しており、米国や周辺国による将来の経済協力についても意見交換したとみられる。正恩氏は米国の連絡事務所が平壌に設置されるなら「歓迎すべきことだ」とも語り、トランプ氏も「素晴らしいことだ」と応じた。
アメリカのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩の非核化に関する首脳会談は、合意に至らず破談に成った。
拙速な合意を求めなかった対応は至極真っ当で正しい動きで在る。
北朝鮮が完全な武装解除をしない限りは、連合国安全保障理事会対北朝鮮経済制裁を解除しては為らないのだ。
今回の動きは非常に良い傾向で在る。
北朝鮮を此れ異常増長させる事はしては為らない。
posted by 天野☆翔 at 17:54 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

琉球新報が官房長官記者会見の対応を非難。

* <社説>異常な官房長官会見 政府の姿勢放置できない - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
 菅義偉官房長官が26日の記者会見で東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者から「この会見は何のための場だと思っているのか」と問われ「あなたに答える必要はありません」と述べた。質問自体を封じるこのような態度は、国民の知る権利を真っ向から否定するものだ。断じて認めるわけにはいかない。
 菅長官は、翌27日の会見で別の記者から発言の趣旨を問われ「国会や会見で『政府の見解、立場を答える場だ。意見や要請に答える場ではない』と言ってきた。(その答えを)繰り返す必要はないということだ」と述べた。これはすり替えである。
 官房長官会見での望月記者への質問制限について、東京新聞は20日付で経緯と見解を示す特集を掲載した。その中で、2017年秋以来9回も官邸から文書で申し入れを受けたことを明らかにした。臼田信行編集局長は「権力が認めた『事実』。それに基づく質問でなければ受け付けないというのなら、すでに取材規制です」と指摘した。望月記者の質問はこれを踏まえたものだ。
 26日午前の会見で望月記者は申し入れ文書を「今後は他のメディアにも送るつもりか」と質問した。菅長官は「事実と違う発言をした社のみだ」と答えた。午後の会見で望月記者は「わが社以外にも抗議文を出したことがあるのか。これからも抗議文を出し続けるのか」と畳み掛けた。
 これに菅長官は「この場所は記者の質問を受ける場であり、意見を申し入れる場所ではない」とはぐらかした。そこで望月記者は「会見は政府のためでもメディアのためでもなく、国民の知る権利に応えるためにあると思うが、長官はこの会見は何のための場だと思っているのか」とただしたのである。
 このやりとりから分かるのは次のことだ。官邸側は、質問に意見や要請が含まれると見なせば答えない。事実誤認と見なせば答えない。それが続けば文書を送って圧力をかけるということである。
 記者が事実認識を示した上で質問するのは普通のことだ。事実誤認だと思うなら、答える中で説明すればいい。それが説明責任を果たすということだ。事実認識を示すことを「意見」や「要請」だというのはこじつけであり、答えを拒む理由になり得ない。
 昨年12月、河野太郎外相が記者会見で質問に答えず「次の質問どうぞ」と繰り返した問題もあった。記者会見を政府の広報の場とのみ捉える傲慢(ごうまん)な政権の姿勢は一貫している。一記者、一新聞社の問題ではなくメディア全体の問題であり、国民にとって深刻な事態だ。
 国民の知る権利をないがしろにする政府の姿勢をこれ以上放置できない。誰のために取材・報道をするのかという原点を再確認し、異常な記者会見の現状を是正しなければならない。
東京新聞の望月衣塑子の傍若無人な振る舞いに対して、総理官邸の官房長官記者会見で此れを諌める動きが出たが、此の動きに対して逆上した当人が更に喚き散らした事に関して、菅義偉官房長官は回答を拒否した。
此の一連の動きに対して琉球新報は社説で此れを非難した。
「一記者、一新聞社の問題ではなくメディア全体の問題であり、国民にとって深刻な事態だ。 国民の知る権利をないがしろにする政府の姿勢をこれ以上放置できない」と主張するが、政府に対して責任転嫁するとは言語道断。
知る権利を盾にして好き勝手振る舞う馬鹿を放置しては為らないのだ。
望月衣塑子を記者会見の場に参加させる東京新聞こそが糾弾されるべきで、総理官邸に対して苦言を呈するべきでは無い。
posted by 天野☆翔 at 17:49 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

社会民主党吉川元の妄言。

* 「首相、都合悪いと日本語が通じなくなる」社民・吉川氏:朝日新聞デジタル
社民党・吉川元・幹事長(発言録)
 26日の衆院総務委員会で安倍晋三首相と質疑して感じたが、都合が悪くなると首相は日本語が通じなくなる。私は沖縄の(米軍普天間飛行場の辺野古移設計画をめぐる)県民投票の結果を受けて辺野古への土砂投入を一時中断する考えはあるかと聞き、首相は3回ほど答弁に立ったが、最後まで何も言わない。(移設計画の過去の経緯の説明など)関係のないことをずっと言い続ける。
 答えられないなら「答えられない」でもいい。例えば「続ける」「続けない」「検討する」もあると思うが、まったく答えない。これでは会話も質疑も成立しない。安倍首相に質問する野党議員は大変だ。私自身もやってみて、つくづく感じた。(28日、記者会見で)
安倍晋三内閣総理大臣に対して日本語が通じなく為ると主張し、此れを記者会見の場で批判した。
辺野古基地移設の是非を問う埋め立ての案件での、県民投票の結果を受けての政府の見解を問い質した事に対しての事で在る。
日本語が通じないのはお前等社会民主党で有り、更に其れを主張するなら福島瑞穂に対して言及すべきで有ろう。
屡日本語が不自由な主張を展開してるのだから、身内にこそ其の矛先を向けるべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 17:42 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする