冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年02月28日

ロシアの貨物船が事故を起こし立ち往生。

* 6000톤 러시아 화물선, 부산 광안대교 충돌…인명피해 없어 : 사회일반 : 사회 : 뉴스 : 한겨레
부산항을 출항한 러시아 화물선이 광안대교를 들이받아 교량 구조물 일부가 파손됐다.
28일 오후 4시 23분께 6천t급 러시아 화물선 씨그랜드호가 부산 광안대교 하판을 들이받았다.
화물선 머리 부분에 있는 구조물이 다리와 충돌했으나 현재까지 인명 피해는 없는 것으로 알려졌다.
사고를 낸 선박은 다른 선박 통항에 지장이 없는 곳으로 이동해 정박 중인 것으로 알려졌다. 부산시설공단은 광안대교 하판(대연동∼해운대 방향) 진입로 200∼300m 지점 1개 차로를 통제하고 파손된 교량 구조물 안전 여부를 확인하고 있다. 해경은 사고 선박 운항 담당자를 상대로 사고 경위를 조사하고 있다. 연합뉴스
* Google 翻訳
釜山港を出港したロシアの貨物船が広安大橋をが受け橋構造の一部が破損した。
28日午後4時23分頃、6千t級のロシアの貨物船氏グランド号釜山広安大橋下板をが受けた。
貨物船の頭の部分の構造が足と衝突したが、現在までに人命被害はないことが分かった。
事故を起こした船舶は、他の船舶通航に支障がない場所に移動して停泊中であることが分かった。 釜山施設公団は広安大橋下板(大淵洞〜海雲台方向)進入路200~300m地点の1つ車を制御し、破損した橋梁構造物安全かどうかを確認している。 海警は事故船舶運航担当者を相手に事故の経緯を調査している。

* [제보영상] 러시아 화물선 광안대교 '충돌 순간'…교각 파손 / YTN - YouTube

釜山港を出港したロシアの貨物船が広安大橋に突っ込み、身動きが取れない状況で立ち往生してるとハンギョレは報道した。
船舶の大きさを考えずにどうしたら此の大橋の下を通過出来ると判断したのか、其の見識を大いに疑う。
ロシア船籍はワザとしたのかとも。
posted by 天野☆翔 at 23:22 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

毎日新聞常務取締役の妻が逮捕される。

* 毎日新聞常務の妻を再逮捕 都内で覚醒剤使用疑い - 産経ニュース
 兵庫県警は28日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、東京都新宿区の会社員、増田ルミ子容疑者(46)=同法違反(所持)罪で起訴=を再逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。容疑を認めているという。毎日新聞社によると、増田容疑者は同社常務取締役の妻。
 捜査関係者によると、再逮捕容疑は2月初めごろ、東京都内で覚醒剤を使用した疑いが持たれている。
 県警は7日、自宅マンションで覚醒剤を所持した疑いで増田容疑者を現行犯逮捕。小分けされた覚醒剤や、あぶって吸引するための道具を押収し、尿検査では覚醒剤の陽性反応が出ていた。
 捜査関係者によると、密売グループの捜査過程で1月、インターネットで注文した客の1人として増田容疑者が浮上した。
嫌疑は麻薬取締法違反で在るが、一体何処から入手したのかと大いに疑う。
既に家宅捜索等で物証は押さえられた事で、其の犯罪は確定的で有ろう。
嘗ては海外の空港で爆発物を持ち込もうとしたりと何かと問題行動を起こした毎日新聞だが、今回の此の案件をどう捉えるのかと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:14 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

交渉決裂した金正恩の忿怒。

* 正恩氏一転、不機嫌に去る=トランプ氏「関係継続」:時事ドットコム
第2回米朝首脳会談は合意に達することができないまま幕を下ろし、わずか数時間で両首脳は劇的に表情を変えた。会談2日目の28日午前、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は「私の直感では良い結果が出ると信じている」とトランプ米大統領に語り掛け、余裕すらうかがわせた。しかし、午後に会場のホテルを後にする際は一転、不機嫌そうな様子を隠さなかった。一方のトランプ氏は、会談後の記者会見で「正恩氏との関係を継続したい」と未練をのぞかせた。
 28日午後、会談が行われたホテルを出発し、走り去る専用車では、後部座席に座る正恩氏の「仏頂面」が確認された。午前中、トランプ氏とホテルの中庭を散策しながら見せた柔和な表情とリラックスした雰囲気は消え、両国に依然大きな隔たりがあることを無言のまま世界に知らせた。
中国を経由し専用列車でベトナム入りした26日、正恩氏は対中国境の越北部ドンダン駅前で、歓迎する地元の人々に専用車から手を振る気配りを見せていた。しかし、会場を後にした際の表情は、事実上物別れに終わった会談の雰囲気を反映して厳しかった。ベトナムで高まっていた正恩氏への好印象を吹き飛ばすように去って行った。
ベトナムで実施された非核化を巡るアメリカのドナルド・トランプ大統領との首脳会談で合意に至らなかった北朝鮮の金正恩は、足早に会場を去り逃げ帰る様に車中に乗り込んだ。
此の際に其の表情は非常に固く赤面してたと云う。
相当に怒髪天を衝く思いで在ったのだろう。
自らの要求が跳ね除けられた為に逆上してる様子だ。
今回の此の結果を受けて今後どう云う対応を示して行くのか、非常に気に為る上に注意警戒を怠らない様にしたい。
posted by 天野☆翔 at 23:06 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

金正恩が海外メディアからインタビューを受ける。

* 金正恩氏、米記者と異例質疑 即興で答え、苦笑も | 共同通信
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、ベトナム・ハノイでの米朝首脳再会談の際に、米記者らが投げ掛ける質問に何度も即興で答える場面があった。外国メディアからの突然の質問に金氏が回答するのは極めて異例。
 質疑があったのは、公開された会談冒頭など。非核化への具体的措置を取る意思があるかとの英語での問いには、朝鮮語で通訳を介し「(トランプ米大統領と)今その話をしている」とし、「(記者団は)とても気になっているようだ」と苦笑した。
 「ミスター・キム、(会談成功への)自信はありますか」との質問には「直感では良い結果が出せると信じている」と話した。
ベトナムで実施された非核化を巡るアメリカのドナルド・トランプ大統領との首脳会談の際に、海外メディアからインタビューを受け、此れに答えるのは異例中の異例で有り始めての事だと共同通信は伝えた。
此の中で回答は朝鮮語で為されたと云うが、北では朝鮮語で南では韓国語と抜かすマスメディアの報道には大いに疑問を抱く。
南北問わず朝鮮語で在る筈だ。
南北の差異を都合良く使い分けるなと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 22:58 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

志位和夫こそ国民主権を無視してるのだ。

* 共産党志位氏、元号法廃止を主張 「国民主権になじまず」 | 共同通信
 共産党の志位和夫委員長は28日の記者会見で、天皇一代に一つの元号とする「一世一元」制を定めた元号法の廃止を引き続き主張していく考えを示した。「元号は、時をも君主が支配するとの考えからきている。国民主権の原則になじまないと考えている」と述べた。
 共産党は機関紙「しんぶん赤旗」で西暦と元号を併記するなど、元号の慣習的な使用は認める。一方、法律による強制的な使用に反対する立場をとってきた。
日本共産党の志位和夫は元号法に関して「時をも君主が支配するとの考えから来て居る。国民主権の原則に馴染まないと考えて居る」として、元号法の廃止を引き続き主張していく考えを示した。
元号は我が国が長年掛けて継続し維持して来た伝統文化で在る。
国民は此れを受け入れ継承して来たが、此の国民の思いをも志位和夫は否定しようとするのか。
国民主権の原則に馴染まないのは、日本共産党で在ると厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 22:52 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

南朝鮮司法が国際法無視の判断。

* 「釜山日本総領事館周辺での行進可能」 韓国地裁が許可
韓国の市民団体が、日本による植民地支配に抵抗して起きた独立運動「三・一運動」から100周年となる3月1日に釜山の日本総領事館周辺で計画している行進について、警察は制限したが裁判所は許可した。
 釜山地裁は28日、金在河(キム・ジェハ)全国民主労働組合総連盟(民主労総)釜山地域本部長が釜山東部警察署長に屋外集会禁止通告処分取り消しを求めた仮処分の申し立てを認めた。
 市民団体「積弊(積み重なった弊害)清算・社会大改革釜山運動本部」は1日午後3時から、日本総領事館付近で三・一運動100周年釜山市民大会を開く。大会後に約30分間、総領事館周辺で行進を行う計画だ。大会には約400人が参加する予定で、植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された労働者を象徴する像も持ち込まれる予定だ。この像は昨年5月に総領事館前に設置しようと試みられたが警察に阻止された。
 地裁は「行進が行われるとしても大規模な集会またはデモに拡大する懸念や、外交機関の機能や安寧が侵害されたり、交通に深刻な影響を与えたりする恐れがあると見るのは難しい」との判断を示した。
 また、同団体が計画している行進が外交機関周辺で開催可能だと認められる例外事由に該当し、管轄警察署が法律に基づき禁じることができないと説明した。
明日の独立運動百周年を迎えるに当たり、釜山の日本領事館前で開催予定の集会とデモ行進を釜山地方裁判所は此れを実施する許可を出して仕舞った。
警察は此れを許可しないとしてた事での仮処分への判決で在った。
外国公館周辺での政治的な言動をする事はウィーン条約に明確に違反するが、釜山地方裁判所は此れを無視して許可して仕舞った。
こう云う観点からも、南朝鮮は国際法無視の破落戸国家で在る事を更に国外に喧伝して行く事で、国際的に信用されなく為って行く事を自覚すれば良いだろう。
posted by 天野☆翔 at 22:47 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

ベトナム会談破談に落胆する青瓦台。

* 完全な合意できず残念 米朝の活発な対話継続に期待=韓国大統領府
韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は28日午後の記者会見で、米朝首脳会談が非核化などで合意に至らず終了したことについて、「完全な合意に至らなかったことを残念に思う」と述べた。
 ただ、「いつになく意味のある進展を成し遂げたことも明白」とし、「両首脳が長い時間、踏み込んだ議論を行い、相手に対する理解の幅と深さを広げたと評価する」と述べた。
 その上で、「トランプ大統領が表明した持続的な対話の意思や楽観的な見解は次回の会談の展望を明るくする」として、「トランプ大統領が北の非核化措置と結びつけ、制裁解除、または緩和の意思を公に明らかにしたことは朝米(米朝)の議論の段階が一層高まったことをみせる」との考えを示した。
 今後については、「今回の首脳会談で行った議論の結果に基づき、これからもさまざまなレベルで活発な対話が継続することに期待する」とし、「政府は米国と北が緊密な意思疎通と協力を続けながら、対話のモメンタム(勢い)を維持していくよう、あらゆる努力をする」と強調した。
ベトナムで実施されたアメリカのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩の非核化を巡る首脳会談の破談に関して、青瓦台の金宜謙報道官は合意に至らなかった事は残念だと主張した。
次回以降の会談に期待するとも述べ、今後も橋渡し役として努力するとも述べた。
相当に衝撃を受けたのだろう。
南北宥和に躍起に成ってる文在寅と歩調を合わせ、非核化からの平和宣言を期待をしてただけに、相当に堪えてる様子が伺える。
今回の結果に一番落胆してるのは文在寅と思えるが、結果的に役立たずで終わったのだから、自分自身の置かれた立場を自覚するが良いだろう。
posted by 天野☆翔 at 22:41 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

ベトナム会談は破談。

* 米朝首脳、合意できず=非核化と制裁解除で溝−交渉の行方不透明に:時事ドットコム
トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は28日、ベトナムの首都ハノイで2日間の日程で行った首脳会談を終えた。両首脳は非核化に関して合意に達せず、文書の署名は見送られた。トランプ氏は会談後の記者会見で、北朝鮮側が一部の核施設を非核化する見返りに制裁の全面解除などを求めたことを明らかにし「受け入れられなかった」と説明した。
 トランプ氏はこの中で、正恩氏との関係を継続すると表明。ポンペオ国務長官も「今後数日、数週間で進展が得られることを期待する」と交渉継続への意欲を示したが、トップ交渉で双方の隔たりを埋められなかったことで、核問題の行方は一層不透明となった。
 トランプ氏はまた、正恩氏が今後、核・ミサイル実験をしないことを再確認したと指摘し、経済制裁の強化については「話したくない」と明言を避けた。また日韓両国の首脳に電話で協議結果を伝える考えも明らかにした。
 2日目となった28日の会談は、午前から1対1形式の協議が始まり、側近を交えた拡大会合へ移行。しかし両首脳は会合後に予定されていた昼食会などにも参加せず、会談場を後にした。
 正恩氏はこれに先立ち、会談冒頭で記者団に非核化について問われ「その意思がなければここには来なかった。われわれは今、その話をしている」と核放棄の意向を再確認。トランプ氏は北朝鮮による核・ミサイル実験停止を高く評価した上で、非核化プロセスについては「急いでいない」と述べていた。
 トランプ氏は北朝鮮が経済大国になるのを「手助けしたい」と強調しており、米国や周辺国による将来の経済協力についても意見交換したとみられる。正恩氏は米国の連絡事務所が平壌に設置されるなら「歓迎すべきことだ」とも語り、トランプ氏も「素晴らしいことだ」と応じた。
アメリカのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩の非核化に関する首脳会談は、合意に至らず破談に成った。
拙速な合意を求めなかった対応は至極真っ当で正しい動きで在る。
北朝鮮が完全な武装解除をしない限りは、連合国安全保障理事会対北朝鮮経済制裁を解除しては為らないのだ。
今回の動きは非常に良い傾向で在る。
北朝鮮を此れ異常増長させる事はしては為らない。
posted by 天野☆翔 at 17:54 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

琉球新報が官房長官記者会見の対応を非難。

* <社説>異常な官房長官会見 政府の姿勢放置できない - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
 菅義偉官房長官が26日の記者会見で東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者から「この会見は何のための場だと思っているのか」と問われ「あなたに答える必要はありません」と述べた。質問自体を封じるこのような態度は、国民の知る権利を真っ向から否定するものだ。断じて認めるわけにはいかない。
 菅長官は、翌27日の会見で別の記者から発言の趣旨を問われ「国会や会見で『政府の見解、立場を答える場だ。意見や要請に答える場ではない』と言ってきた。(その答えを)繰り返す必要はないということだ」と述べた。これはすり替えである。
 官房長官会見での望月記者への質問制限について、東京新聞は20日付で経緯と見解を示す特集を掲載した。その中で、2017年秋以来9回も官邸から文書で申し入れを受けたことを明らかにした。臼田信行編集局長は「権力が認めた『事実』。それに基づく質問でなければ受け付けないというのなら、すでに取材規制です」と指摘した。望月記者の質問はこれを踏まえたものだ。
 26日午前の会見で望月記者は申し入れ文書を「今後は他のメディアにも送るつもりか」と質問した。菅長官は「事実と違う発言をした社のみだ」と答えた。午後の会見で望月記者は「わが社以外にも抗議文を出したことがあるのか。これからも抗議文を出し続けるのか」と畳み掛けた。
 これに菅長官は「この場所は記者の質問を受ける場であり、意見を申し入れる場所ではない」とはぐらかした。そこで望月記者は「会見は政府のためでもメディアのためでもなく、国民の知る権利に応えるためにあると思うが、長官はこの会見は何のための場だと思っているのか」とただしたのである。
 このやりとりから分かるのは次のことだ。官邸側は、質問に意見や要請が含まれると見なせば答えない。事実誤認と見なせば答えない。それが続けば文書を送って圧力をかけるということである。
 記者が事実認識を示した上で質問するのは普通のことだ。事実誤認だと思うなら、答える中で説明すればいい。それが説明責任を果たすということだ。事実認識を示すことを「意見」や「要請」だというのはこじつけであり、答えを拒む理由になり得ない。
 昨年12月、河野太郎外相が記者会見で質問に答えず「次の質問どうぞ」と繰り返した問題もあった。記者会見を政府の広報の場とのみ捉える傲慢(ごうまん)な政権の姿勢は一貫している。一記者、一新聞社の問題ではなくメディア全体の問題であり、国民にとって深刻な事態だ。
 国民の知る権利をないがしろにする政府の姿勢をこれ以上放置できない。誰のために取材・報道をするのかという原点を再確認し、異常な記者会見の現状を是正しなければならない。
東京新聞の望月衣塑子の傍若無人な振る舞いに対して、総理官邸の官房長官記者会見で此れを諌める動きが出たが、此の動きに対して逆上した当人が更に喚き散らした事に関して、菅義偉官房長官は回答を拒否した。
此の一連の動きに対して琉球新報は社説で此れを非難した。
「一記者、一新聞社の問題ではなくメディア全体の問題であり、国民にとって深刻な事態だ。 国民の知る権利をないがしろにする政府の姿勢をこれ以上放置できない」と主張するが、政府に対して責任転嫁するとは言語道断。
知る権利を盾にして好き勝手振る舞う馬鹿を放置しては為らないのだ。
望月衣塑子を記者会見の場に参加させる東京新聞こそが糾弾されるべきで、総理官邸に対して苦言を呈するべきでは無い。
posted by 天野☆翔 at 17:49 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

社会民主党吉川元の妄言。

* 「首相、都合悪いと日本語が通じなくなる」社民・吉川氏:朝日新聞デジタル
社民党・吉川元・幹事長(発言録)
 26日の衆院総務委員会で安倍晋三首相と質疑して感じたが、都合が悪くなると首相は日本語が通じなくなる。私は沖縄の(米軍普天間飛行場の辺野古移設計画をめぐる)県民投票の結果を受けて辺野古への土砂投入を一時中断する考えはあるかと聞き、首相は3回ほど答弁に立ったが、最後まで何も言わない。(移設計画の過去の経緯の説明など)関係のないことをずっと言い続ける。
 答えられないなら「答えられない」でもいい。例えば「続ける」「続けない」「検討する」もあると思うが、まったく答えない。これでは会話も質疑も成立しない。安倍首相に質問する野党議員は大変だ。私自身もやってみて、つくづく感じた。(28日、記者会見で)
安倍晋三内閣総理大臣に対して日本語が通じなく為ると主張し、此れを記者会見の場で批判した。
辺野古基地移設の是非を問う埋め立ての案件での、県民投票の結果を受けての政府の見解を問い質した事に対しての事で在る。
日本語が通じないのはお前等社会民主党で有り、更に其れを主張するなら福島瑞穂に対して言及すべきで有ろう。
屡日本語が不自由な主張を展開してるのだから、身内にこそ其の矛先を向けるべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 17:42 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

南朝鮮がウィーン条約違反を更に強行。

* 独立運動記念日に「労働者像」設置強行へ 釜山の日本総領事館前に
韓国の市民団体が、日本による植民地支配に抵抗して起きた独立運動「三・一運動」から100周年となる3月1日に、植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された労働者を象徴する像を釜山の日本総領事館前に設置する計画を立てており、警察との衝突が懸念される。団体側は昨年5月1日にも同所に像を設置しようとしたが、警察に阻止された。
 市民団体「積弊(積み重なった弊害)清算・社会大改革釜山運動本部」は1日午後3時から、日本総領事館付近で三・一運動100周年釜山市民大会を開く。団体側は、この集会の場には労働者像も持ち込まれると伝えており、日本総領事館前への像設置を強行するようだ。
 警察は、集会は許可した一方、総領事館側の施設保護要請などに基づき同館前での街頭行進は認めなかった。当日は約2000人の人員を、総領事館を取り囲むように配置する予定だ。
 集会参加者らが総領事館前に労働者像を設置しようとした場合、昨年のように警察ともみ合いになることが予想される。
 現在、警察には像設置を阻止する権限がない。総領事館前の道路を管轄する釜山市東区庁がこの権限を持つが、区側はまだ警察に像を設置させないよう求める協力要請をしていない。昨年は区側の要請を受けて警察が像の設置を阻止した。
 区の関係者は「日本総領事館から同館前に像を設置させないでほしいという要請があったが、まだ回答していない。警察にも協力要請をしていない」と伝えた。
 同団体側が昨年5月1日に像を設置しようとした際には警察との間でもみ合いが起き、負傷者も出た。像は総領事館付近の歩道に1カ月ほど置かれた末、同5月31日に東区が強制撤去。一時、市内の「国立日帝強制動員歴史館」に移され、7月に団体側が引き取った。
慰安婦像だけでは飽き足らず、出稼ぎ労働者で在る徴用工の像を釜山の領事館前に設置する動きが確認された。
明日の独立運動百周年の日に設置すると云う。
慰安婦像だけでも大問題なのに、徴用工像とは呆れ果てて開いた口が塞がらない。
日本国と南朝鮮との間の基本関係に関する条約や、財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と南朝鮮との間の協定に明確に違反する上に、ウィーン条約違反で在る。
南朝鮮は何処迄国際法を無視するのかと。
posted by 天野☆翔 at 17:38 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

南朝鮮に犯罪者が解き放たれた。

* 三・一独立運動から100年 模範囚ら751人仮釈放=韓国
韓国法務部は28日午前、日本の植民地支配に抵抗して1919年に起きた三・一独立運動を記念する3月1日の「三・一節」を前に、全国53の矯正施設で模範囚や重い病を患う者、高齢者など751人を仮釈放した。
 法務部は検定試験に合格したり資格を取得したりするなど誠実に収監生活を送り、再犯の危険性のない模範囚を仮釈放の対象に選んだと説明した。
 一方、飲酒運転の常習犯、詐欺や性暴力・家庭内暴力、わいせつ動画の流布などによる受刑者は対象から除外された。
 今回の仮釈放の対象には宗教的信仰による兵役拒否者1人も含まれ、注目を集めている。
 宗教的な信念による兵役拒否を「正当な兵役拒否の事由」に当たるとした昨年11月の大法院(最高裁)判断に基づき3カ月間で70人が仮釈放され、この日仮釈放された元受刑者が最後の1人となった。
明日の独立運動百周年を迎えるに当たり、法務部は模範囚とされる七百五十一名もの囚人を特赦し釈放したと云う。
国内に犯罪者がうようよ跋扈してる状況に為って仕舞った。
治安の観点からも極めて問題で有ろう。
何が起きても可笑しくは無い状況で在る。
我が国の外務省は渡航注意喚起を出したが、こんな国に渡航する事の危険性を考えれば行くべきでは無く、渡航禁止にすべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 17:33 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

ソウル市長が自称元慰安婦に対して日本は謝罪をと。

* ソウル市長「日本は慰安婦被害者に謝罪する努力を」
韓国の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は28日、旧日本軍の慰安婦被害者の存在を否定する日本政府に対し「被害者の観点で痛みを癒やし、謝罪する努力が必要だ」と指摘した。日本による植民地支配に抵抗して起きた独立運動「三・一運動」から100周年となるのを記念しソウル都市建築センターで開かれた慰安婦問題に関する展示会を訪れ、報道陣に対し述べた。
 朴氏は「北東アジア地域、国家間の対立が続いてはならない。歴史問題をなんとしても整理すべきだ。このような過程を経て北東アジアの平和、繁栄の新たな段階に進まなければならない」と述べた。
朴元淳ソウル市長は、旧日本軍の慰安婦被害者の存在を否定する日本政府に対し「被害者の観点で痛みを癒やし、謝罪する努力が必要だ」とソウル都市建築センターで開かれた慰安婦問題に関する展示会を訪れ報道陣に対し述べた。
被害者の観点からとは大笑いで、勝手に被害者に為り更に被害者に仕立て上げたのは南朝鮮の方で在る。
国家間の対立が続く事は良く無く歴史問題を整理すべきだとも抜かすが、其れを拗らせ混迷化されてるのはお前等で在る。
朝鮮人が慰安所を開設し其の募集に応じただけの売春婦に謝罪も何も無いのだ。
流石は第二の文在寅で在る。
posted by 天野☆翔 at 17:29 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

西日本新聞が馬鹿記事掲載。

* ひと昔前にはやったギャグ「そんなの関係ねぇ!」…|【西日本新聞】
 ひと昔前にはやったギャグ「そんなの関係ねぇ!」。お笑いタレントの小島よしおさんが水泳パンツ1枚の裸になって、手足を動かしながら何度も繰り返す。みんなよくまねをした
▼この芸はまずネタを間違えるなどの失敗をするのがお約束だ。「あー、下手こいたー」とひざまずき、がっくりとうなだれるポーズ。そこから突然「関係ねぇ!」と開き直る落差で笑わせる
▼永田町で目下、「下手こいたー」とがっくりしているのは、女性に乱暴したとして刑事告訴された田畑毅衆院議員だろう。自民党を離党したが、議員バッジは着けたまま。ここは潔く議員も辞職し、裸一貫で出直してはどうか
▼思わず「おっぱっぴー」の声が出そうになったのが、田畑氏が所属した派閥の重鎮、伊吹文明元衆院議長の発言。「問題にならないようにやらないと駄目だ。同じことをやるにしても」。問題にならなければ、女性に乱暴してもいいのか−と突っ込みたくなる
▼許し難い女性蔑視というだけでなく、安倍晋三政権の体質を如実に表した言葉のようにも。森友、加計(かけ)学園問題や統計データ不正などの不祥事が発覚するたびに、政府は一応、謝罪して反省のポーズは取る。だが、責任は官僚に押し付け、閣僚は辞任せずに居座る
▼政権の本音は「問題にならないようにやらないと」では。もし問題になっても、内閣支持率さえ下がらなければ「そんなの関係ねぇ!」か。
「ひと昔前にはやったギャグ『そんなの関係ねぇ!』…」とする記事が掲載されたが、其の内容は単純に政権批判で極めて醜悪な内容で在る。
こんな記事を掲載する西日本新聞の見識を大いに疑うと共に、小島よしお氏も大いに迷惑で有ろう。
こんな事しか書けない新聞社も相当に良識が欠如してる。
実態としては、朝日新聞の劣化版でしか無い。
posted by 天野☆翔 at 17:23 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

琉球新報が馬鹿の妄言垂れ流し。

* 「県民投票に憲法拘束力」 小林節氏 憲法学者・慶応大名誉教授 政府は「県外」追求義務 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
 辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問うた24日の県民投票で、投票総数の約7割が埋め立てに「反対」票を投じた結果について憲法学者の小林節慶応大名誉教授は27日、本紙の取材に応じた。小林氏は「県民投票には憲法上の拘束力がある。政府には憲法の趣旨に従って『少なくとも県外への移設』を追求すべき義務がある」と指摘した。
 小林氏は憲法95条を根拠に挙げた。同条文では「ひとつの地方自治体のみに適用される国の法律は、その自治体の住民投票で過半数の同意を得なければならない」と定めている。小林氏は県民投票で辺野古への移設は県民の過半数の同意が得られていないことが明確になったと指摘した。
 憲法95条で対象にしているのは「国の法律」だが、小林氏は「辺野古への米軍基地移設は形式上は『法律』ではないが、中央から地方へのいじめをしてはならないという憲法の趣旨からすれば、政府が過重な負担を沖縄に押し付けてはならないという規範が95条の法意だ」と説明した。
 投票率が有権者の約半分にとどまり、「反対」以外が約70万人いることなどを挙げて「反対が沖縄の民意」とすることを疑問視する指摘については「先の衆院選小選挙区で自民党の小選挙区での得票率は47%余りで全有権者に占める割合は約25%にとどまった。それにもかかわらず約74%の議席を獲得した。安倍政権が県民投票の獲得票の割合が低いと言うのであれば自己矛盾になる」と強調した。
 その上で「県民投票での埋め立て反対票の割合は自民に比べても圧倒的に多い。棄権した人は、投票に行った人の結果に従うというのが法的評価だ」と述べ、そうした指摘は全く当たらないとの見解を示した。
辺野古基地移設の是非を問う埋め立てに関する県民投票は憲法上法的拘束力を持つとする小林節慶応大学名誉教授の妄言を垂れ流した。
憲法九十五条を根拠としてるのだろうが、条例に基づく住民投票には法的拘束力は保持しないのだ。
こんな意識で居るのが憲法学者(法学者)が居るとは呆れ果てて開いた口が塞がらない。
相当に追い詰められてると見て差し支え無い状況で在るのだろう。
最早詭弁言い訳を並べ立てて喚き散らすだけしか対抗手段を持ち合わせて無いと云う事だ。
posted by 天野☆翔 at 17:18 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

Thunderbird60.5.2がリリースされました。

MozillaはThunderbirdの最新版、Thunderbird60.5.2をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Thunderbird − メールをもっと簡単に。 − Mozilla
* Thunderbird − Notes (60.5.2) − Mozilla

posted by 天野☆翔 at 00:40 | Comment(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

又してもお約束の野党共。

* 新年度予算案 28日の採決めぐり 与野党の攻防激化へ | NHKニュース
新年度予算案について、与党側は年度内成立を確実にするため今週中に衆議院通過を図る方針で28日にも予算委員会で採決を行う構えを見せています。これに対し、野党側は毎月勤労統計調査の調査方法の変更などをめぐって審議が尽くされていないとして28日の採決に反対していて与野党の攻防が激しくなる見通しです。
新年度予算案を審議している衆議院予算委員会は26日、採決の前提となる中央公聴会を開いたのに続き、27日に各省庁の政策課題などを審議する分科会を開きます。
そして、28日は、統計問題などをテーマに集中審議を行うことになっていて、毎月勤労統計調査の調査方法の変更などをめぐって激しい論戦となることが予想されます。
与党側は、自民党の森山国会対策委員長が「予算案の審議は大詰めを迎えており、早期成立が景気対策になる」と述べるなど、予算案の年度内成立を確実にするため、今週中に衆議院通過を図る方針で、28日にも委員会で採決を行う構えを見せています。
これに対し、野党側は、立憲民主党の枝野代表が「毎月勤労統計調査の問題などで資料や参考人が出てこず、審議は尽くされていない」と述べるなど、28日の採決に反対しています。
さらに、野党内では「根本厚生労働大臣は不信任に値する」といった意見も出ていて与野党の攻防が激しくなる見通しです。
衆議院予算委員会に於いて来年度予算の採決を巡り、野党共が抵抗を見せてると云うが、其の要因は審議が尽くされて無いと云う従来の動きと同じで在る。
肝心な参考人招致をした人物への質疑も中途半端だった上に、度重なる審議拒否等で職務怠慢をした挙げ句の事だ。
毎回毎回良くもこう飽きもせずに、同じ主張を繰り返し責任転嫁する其の姿勢には本当に辟易する。
全くを以て呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 23:20 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

南朝鮮独立運動百周年特赦対象者決定。

* 三一節特赦、THAAD反対など社会的葛藤事件関係者を含む4378人を確定 : 政治•社会 : hankyoreh japan
三一節特別恩赦対象者が確定
政治家、経済人、公職者は排除

 三一節(独立運動記念日)100周年を迎え、刑事犯など4378人に特別恩赦が行われる。「韓日慰安婦合意」反対集会参加者など、保守政府時代に政府政策などに反対して処罰された「社会的葛藤事件関係者」も恩赦・復権される。
 法務部のパク・サンギ長官は26日午前、ソウル市光化門(クァンファムン)の政府ソウル庁舎で記者会見を開き、一般刑事犯の赦免・減刑・復権(4242人)▽社会的葛藤事件関連者の赦免・復権(107人)▽特別配慮受刑者の赦免・減刑(25人)などを今月28日付(27日深夜0時)で行うと明らかにした。これに先立ち、文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこの日午前10時、ソウル龍山区(ヨンサング)の白凡(ペクボム)記念館で主宰した国務会議で、特別恩赦の対象者を確定し議決した。
 文在寅政府で2回目となる今回の特別恩赦には、THAAD配備関連(30人)▽韓日慰安婦合意反対(22人)▽済州江汀(カンジョン)村海軍基地反対(19人)▽米国産牛肉輸入反対(13人)▽セウォル号惨事政府批判(11人)▽2009年双龍自動車占拠ストライキ(7人)▽慶尚南道密陽(ミリャン)送電塔工事反対(5人)に関連する刑事処罰者107人が含まれた。法務部は「社会的葛藤の治癒と地域共同体の回復のために、国民的な共感を得られると判断した7つの社会的葛藤事件を選定し、恩赦対象者を厳選した」と説明した。直接暴力などを行使し、国民が恩赦対象として同意しがたいケースは除外したという。「社会統合」という次元で、THAAD配備反対側はもちろん、賛成側も恩赦・復権の対象に含まれた。双龍自動車占拠スト事件も、労働者だけでなく職権乱用の容疑で処罰された警察も恩赦・復権する。法務部は「腐敗犯罪を犯した政治家、経済人、公職者や各種凶悪犯罪者、飲酒運転、無免許運転犯罪は特赦の対象から排除した」と明らかにした。
三月一日の独立運動百周年記念の日に、文在寅が特赦をする対象が確定したと云う。
其の対象者は「腐敗犯罪を犯した政治家、経済人、公職者や各種凶悪犯罪者、飲酒運転、無免許運転犯罪は特赦の対象から排除した」との事。
然し対象者を見ると明らかに重大な犯罪を犯した面々が連ねてる事から、此の選定基準も骨抜きで終わってる。
南朝鮮には犯罪者が氾濫する事に為り、極めて危険な国に為る事だろう。
こんな国に渡航する危険性を充分に認識すべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:14 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

文在寅がアブダビ首長国皇太子と会談した。

* 文大統領「新産業への協力拡大望む」 UAE皇太子と首脳会談
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、アラブ首長国連邦(UAE)の事実上の最高権力者、アブダビ首長国のムハンマド皇太子と青瓦台(大統領府)で首脳会談した。文大統領は、昨年3月のUAE訪問時に両国関係を「特別戦略的パートナー関係」に格上げすることでムハンマド皇太子と合意したことを振り返りながら、「これ以降、両国間の協力が多方面に発展していることをうれしく思う」と述べた。中東諸国で唯一、韓国が特別戦略的パートナー関係を結んでいるUAEのことを「より特別に考えている」とも伝えた。
 ムハンマド皇太子は文大統領に招かれ、前日から2日間の予定で韓国を訪れている。両国は軍事分野の協力などを巡りあつれきを抱えていたが、昨年の文大統領のUAE訪問とムハンマド皇太子の答礼訪問により、そうしたぎくしゃくした関係が解消に向かい始めたと評価される。
 文大統領は「UAEは昨年、中東地域で韓国の最大の輸出相手国であり海外建設受注国、そして最大の人的交流対象国になった」と関係を評価。その上で「両国が従来の協力を一段と強化し、5Gなどの情報通信技術や人工知能(AI)、ロボット、半導体、再生可能エネルギー、スマート農業など第4次産業革命時代に対応する新技術・新産業分野に協力を拡大していけるよう希望する」と語った。
 文大統領は「きょうはベトナムで2回目の朝米首脳会談が開かれ、朝鮮半島の平和・繁栄を築いていく上で非常に重要な意味のある日になる」と、ハノイでの米朝首脳会談にも言及した。ムハンマド皇太子が今月上旬、イスラム教が生まれた土地であるアラビア半島の国で初めてローマ法王の訪問を実現させ、世界に和合や共存のメッセージを発したとしながら、「皇太子の訪韓とともに、朝鮮半島でも恒久的な平和と共生、繁栄の機運が広がるよう期待している」と述べた。
 これに対し、ムハンマド皇太子は「すでに特別な両国の関係を一段と強化し、協力を促進する方法を模索するために韓国へ来た」と応じた。韓国はすでにUAEにとって非常に特別な関係を結んでいる友好国だとし、「両国はとても多くの協力分野を持つ強力な同盟とも言える」と強調した。
 また、米朝首脳会談はUAEにとっても非常に重要な出来事であり、ひいては中東にも大きな含意を持つ出来事だとの考えを示した。「朝鮮半島に平和が訪れ、中東にも平和がつながっていくよう切に願っている」と述べた。
文在寅はアラブ首長国連邦の事実上の最高権力者、アブダビ首長国のムハンマド皇太子と青瓦台で会談したと云う。
二国間系の強化と発展が其の主題で在ったと云う。
然し、過去には軍事協定の破棄の動きや原子力発電所の工事の事故等が起きてる事をどう捉えるのかと。
ムハンマド皇太子はこうした過去の事案を承知しての会談ならば半ば罰ゲームでも有ろう。
posted by 天野☆翔 at 23:09 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

南朝鮮の外交安保フォーラムが開催されるが。

* 韓国外交安保フォーラム 討論会開催へ=韓日関係改善など議論
韓国の国会議員や専門家が参加する研究団体「韓国外交安保フォーラム」が来週、国会で韓日関係の発展を模索する討論会を開催する。同フォーラムの会長を務める与党「共に民主党」の李秀赫(イ・スヒョク)議員が27日、聯合ニュースの取材に対し明らかにした。
 討論会では韓日関係などについて議論し、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が祝辞を述べる予定という。
 韓日関係が悪化の一途をたどるなかで開かれる討論会では2回目の米朝首脳会談以降の新たな秩序での韓米日の協力や韓日関係の改善策など多様な主題が扱われる見通しだ。
 韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したと日本が主張する問題、慰安婦問題を巡る2015年末の韓日合意に基づき設立された「和解・癒やし財団」の解散、文議長が天皇に慰安婦問題での謝罪を求めた問題などで韓日関係は冷え込んでいる。
 韓国外交安保フォーラムには与野党の議員41人のほか、元外交官や大学教授など外交の専門家42人が参加している。 
国会議員や専門家が参加する此の討論会が来週開催されると云うが、其の議題は日本との関係を論う予定だと云い、此の場では南朝鮮国会議長の文喜相も参加し祝辞を述べると云う。
此の時点で最早関係を改善しようとする方針では無い事は明白。
我が国との関係改善をしたかったら、度重なる無礼千万極まる言動を反省し謝罪しなければ為らないのは云う迄も無かろう。
其れすらもしたく無いと云うのなら国交断絶へ一直線だ。
posted by 天野☆翔 at 23:00 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

玉木雄一郎の馬鹿露呈。

* 「ケンカ別れの民主政権、仲直りして初めて資格」玉木氏:朝日新聞デジタル
国民民主党・玉木雄一郎代表(発言録)
 (旧民主党の政権は)先進的に政策課題を提案したし、その先鞭(せんべん)を付けた意味ではあの政権交代に意味がある。ただ問題は、バラバラになって何かあったらすぐケンカして別れたことに、国民は嫌気がさしていたと思う。今もその人たちが別れたまま。これが嫌気の原因だと思う。
 だから、仲直りのストーリーをきちんと見せていかない限りは、あの時政権交代を経験した(先輩議員の)人たちが元に戻る資格はない。反省して、仲直りできるんだっていう能力を見せて初めてもう一度、あの時の人たちが責任を担う資格を与えられる。それができないんだったら、総入れ替えしかないと思います。(BS11の番組収録で)
民主党に対しての印象悪化に関して「ただ問題は、バラバラになって何かあったらすぐケンカして別れたことに、国民は嫌気がさしていたと思う。今もその人たちが別れたまま。これが嫌気の原因だと思う」と抜かしたが、実態を全く来て居ない。
順序が全く違い、散々好き勝手して来た事に対して嫌気が差し、此の動きに対応すべく方針転換を図ろうとしたが内部分裂を繰り返した事が其の大きな要因だ。
此の程度の意識の持ち主が国民民主党の代表なのだから、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 17:58 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

今更外務省が渡航注意。

* 外務省 韓国渡航者に注意喚起へ あさって独立運動100年で | NHKニュース
来月(3月)1日に日本統治下の朝鮮半島で独立運動が始まってから100年の節目を迎え、韓国内で日本への批判が高まるおそれがあることを受けて、外務省は自民党の会議で、渡航者に注意を喚起するなど不測の事態が起きないよう万全を期す考えを示しました。
日韓関係が悪化する中、3月1日には日本統治下の朝鮮半島で「三・一独立運動」が始まってから、100年の節目を迎え、歴史をめぐる日本への批判がさらに高まることが予想されています。
27日に開かれた自民党の外交関係の合同会議で、出席した議員からは「韓国で日本人がデモに巻き込まれたり、危害を加えられたりすれば、悪化している日韓関係は破滅的になる」などと、懸念する声が相次ぎました。
これに対し外務省の担当者は今月行われた日韓外相会談で、河野外務大臣からカン・ギョンファ(康京和)外相に懸念を伝えたことを説明したうえで、日本人の安全に関わる重要な事案が生じる可能性がある場合に出される「スポット情報」を発出することも含め、渡航者に注意を喚起するなど、不測の事態が起きないよう万全を期す考えを示しました。
独立運動が起きてから百周年を迎える南朝鮮への渡航者に対して、漸く外務省は渡航注意の喚起をした。
余りにも遅い対応で在る。
こんなのは慰安婦問題が起きてた当時に出すべき情報で在る。
更に期間限定では無く未来永劫出すべき案件だ。
もっと踏み込めば注意では無く禁止にすべきで在る。
外務省はどうしてこうも甘いのか、甚だ理解に苦しむ上に呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 17:53 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

馬鹿共が謝罪旅行。

* 日本のキリスト教徒17人が韓国・提岩里訪問 「過去の侵奪を謝罪」
韓国・ソウル近郊、京畿道華城市の提岩里の教会で1919年4月15日、日本の官憲の蛮行により20人余りが虐殺される事件が起きてから100年になるのに合わせ、日本の日韓親善宣教協力会所属のキリスト教徒17人からなる「謝罪団」が27日に提岩里の三・一運動殉国記念館を訪れた。
 まず、ソウルで日本人牧師として39年にわたり日本の蛮行を謝罪しているという吉田耕三牧師が殉国記念碑の前で提岩里虐殺事件について信者たちに説明すると、あちこちからため息が漏れた。
 続いて、訪問団を率いる尾山令仁牧師が代表祈祷(きとう)を行った。尾山氏は「主よ、植民統治時代に日本の官憲たちにより最も乱暴な事件が起きたのがここ、提岩教会でした。日本は当時、(独立運動の)三・一運動に参加したという理由で住民たちを拷問し、虐殺し、教会を焼き払いました」と述べた。このことについて「日本の政治家たちは一度も謝罪しませんでした」と、日本政府に対する苦言も忘れなかった。
 「日本人たちをお許しください」と尾山氏が謝罪の言葉を発すると、一緒に祈りを捧げていた人々の間から涙まじりの声が聞こえた。尾山氏は「今の最悪の韓日関係が好転するよう、お導きください」と述べて祈祷を締めくくった。
 その後、訪問団は記念館の一部となっている再建された提岩教会の礼拝堂で「日本の過去の侵奪を深く謝罪します」などと書いた横断幕を掲げ、床にひざまずいて謝罪した。
 尾山氏は、1967年に初めて謝罪に来たが、三・一運動と提岩里虐殺事件から100年を迎え、どうしても謝罪したくて教徒たちと再び訪れたと説明。「キリスト教徒の謝罪よりも重要なのは日本の政府と政治家の謝罪だが、彼らは誰も謝罪していない」と指摘した。
日本統治時代に起きた事件で、親善宣教協力会所属のキリスト教徒十数名が南朝鮮に訪問し謝罪をしたと云う。
官憲の蛮行に拠り二十人余りが虐殺される事件から百年目を迎えるに当たり、そうした行動をしたと云うのだ。
此の事件の詳細は不明だが、其の官憲は果たして純粋な日本人なのか朝鮮人なのか明らかにされて無い。
こうした実態を見ないで我が国が悪いと思い込む一部の馬鹿が謝罪する事で、南朝鮮は益々増長するのだと意識しない。
修学旅行でも謝罪させる動きが確認されてたが、こうした馬鹿気た行為は止めるべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 17:49 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

週刊朝日の妄言。

* 意外? 日本の「韓国叩き」の一方…冷静な韓国メディアの報道 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
 レーダー照射問題や「徴用工」問題など、ここのところ日韓関係を悪化させる問題が立て続けに起こっている。日本では「韓国たたき」をするメディアもあったが、一方で、韓国の日本に対する報道はそこまで過熱していないようだ。
*  *  *
「韓国恥さらし」「虚言韓国にトドメ」「敵国認定必至」「韓国乱心」「日韓断絶」……。
 これらはタブロイド紙の「夕刊フジ」が最近1面で打ち出した見出しの一部だ。昨年12月20日に起きた韓国海軍による自衛隊機へのレーダー照射問題以来約2カ月にわたり、ほぼ連日「韓国たたき」の1面見出しを続けている。
 東京の大手情報通信会社で働く韓国人男性(37)は、会社の最寄り駅で目にするこれらの見出しを冷静に受け止めているという。
「そもそも、韓国人に韓国のことが好きかと聞いても、当然、好きな部分もあるし嫌いな部分もあると答える。日本に対しても同じです。独島(竹島)という領土問題、従軍慰安婦などの歴史問題。これらの課題について韓国と日本は歩み寄るのは難しいが、国と国との関係はそのようなもの」
 韓国人の多くは、政治的には日本に不満があると男性は言う。
「日本に『韓国疲れ』という言葉があるように、韓国には『日本疲れ』という言葉がある。歴史問題について日本は『韓国はいつまでも文句を言う』と感じているが、韓国は『いつになっても日本は謝らない』と思っている。それでも、決して日韓は断交したらいいなどとは思ってはいない。一方で、過去の歴史に対し真摯な態度を示さない今の安倍政権下では、両国の友好を育むのは難しいと多くの韓国人が考えています」
 韓国で、旅行先としての日本はむしろアジア圏の中で最も人気があるという。
 日本政府観光局によると、韓国人の訪日数は2012年以来、7年連続で増加している。19年1月の最新調査こそ77万9400人で、1月の単月として過去最高だった前年同月より3%少なかったが、18年の1年間で見ると前年比5.6%増の753万9千人が日本を訪れた。韓国人にとって日本は、日韓の政治関係が冷え込んだとしても、近くて手頃な旅行先として定着しているのだ。
 また、日本国内の報道が韓国への露骨な反感を伝えているのに対し、韓国メディアの日本に対する論調は比較的落ち着いたものが目立つ。
 韓国の文喜相・国会議長が「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」などと発言した問題では、韓国のテレビ、新聞、ウェブといったメディアの報道の多くが「バランスを欠いた発言だ」と冷静に報じた。
 韓国内でも最も保守色の強い「朝鮮日報」でさえ、徴用工に関する判決など一連の問題で韓国に対する報復措置を唱える日本の政治家たちの声には敵意さえにじんでいる、と伝えながらも、2月19日に配信したコラムの中で、鄭権鉉論説委員が韓国政府の最近の対応について次のように書いている。
「(徴用工問題で)韓国大法院判決に従い、韓国国内の日本企業に対して強制執行が実施された場合、おそらく、これまで経験したことのない相互報復措置が韓日両国の首を徐々に絞めていくことだろう」
 韓日両国の首を絞めるという表現には、文在寅政権の対応に一考を求める姿勢がにじむ。新聞各社の論調はいずれも「日本政府は一連の韓国に対する批判に自制的である必要がある」という文在寅大統領の発言と立場を一定評価しつつも、必ずしも感情的な日本たたき一辺倒にはなっていない。(編集部・中原一歩)
度重なる無礼千万極まる動きを見せる南朝鮮に対して、我が国の報道は此れを潰しに掛かってる状況だが、週刊朝日は南朝鮮のメディアは比較的冷静な対応で此れを報じてるとしたが、実態は全く正反対で過激化し先鋭化してるだけで在る。
朝鮮日報や東亞日報は此の流れかも知れないが、中央日報やハンギョレや聯合ニュース等は徹底的に我が国を攻撃し其の非難は過激化してる現状が在る。
こうした実態を全く見て無いのか無視してるのだろう。
元ピースボートの記者が書いてる時点で察するに余り有る記事で在る。
posted by 天野☆翔 at 17:42 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

中央日報の論点ずらし。

* 【取材日記】文喜相議長の発言めぐる態度、村上春樹の忠告 | Joongang Ilbo | 中央日報
平沢勝栄自民党議員=会ったこともないのに文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が勝手に頼まれたと言った可能性がある。天皇陛下は100%、こういう話をするはずがない。宮内庁も「面談をしたことはない」と確認したが、放っておけば事実のように広まってしまう。
河野太郎外相=(天皇が)文喜相議長と面会した記録はない。(文)議長の一連の発言は非常に不適切だと考えている。
25日午前、衆議院予算委員会で自民党議員と外相の間で交わされた対話だ。
俎上に載せられたのは、韓国の文喜相国会議長が最近米国でしたという聯合ニュースのインタビューだ。「戦争の主犯の息子である日王(天皇)が慰安婦のおばあさんたちに謝罪しなければいけない」と発言したブルームバーグのインタビューで波紋を呼んだ文議長が、聯合ニュースのインタビューでまた天皇に言及した。「10年前に日王から韓国に行きたいので仲立ちしてほしいと頼まれた時、とにかく(元慰安婦の)おばあさんたちが集まっているところに行って『申し訳ない』と一言さえ言えばよいと伝えた」という内容だ。
警察幹部出身の自民党8選議員の平沢氏は「文議長が10年前に天皇陛下に会ったかどうかが核心」とし「早期に措置を取るべき」と政府を促した。もちろん政治家の発言の真偽は重要だ。ない話を作り出したとすれば発言全体の信ぴょう性が疑われかねない。したがって文議長も適当な機会に事実をありのままに説明するのが正しい。
しかしこれよりもっと大きな問題は歴史問題に対する日本の政治家の態度だ。文議長や韓国人が望むことは、慰安婦のおばあさんに対して本当に申し訳ないという気持ち、その気持ちにふさわしい態度と行動だ。「天皇陛下が文議長に会ったのか」より、慰安婦・徴用問題で深まった両国間の感情の溝をどのように埋めることができるかに集中しなければいけない時だ。しかし日本の政治家は「どうか月を見てほしい」という要請には応じず、月に向けた指先にばかり毎日怒っている。
衆議院でこのように耐えがたい対話が交わされる直前、日本を代表する小説家の村上春樹氏は仏パリで開かれた「読者との対話」でこのような発言をした。
「日本でも今は歴史の作りかえみたいなことが起きていて、どこの国でもそうだと思うけど、自分の国に都合のいいことだけを歴史として残して若い世代に伝える力があって、それに対抗してつぶしていかないといけない。正しい歴史を伝えるのが僕らの世代の生き方だ」。恥を知る政治家なら、村上春樹氏の言葉を聞いて隠れる穴から探すことだろう。
「日本でも今は歴史の作り替え見たいな事が起きて居て、何処の国でもそうだと思うけど、自分の国に都合の良い事だけを歴史として残して若い世代に伝える力が有って、其れに対抗して潰して行かないといけない。正しい歴史を伝えるのが僕等の世代の生き方だ」。
村上春樹の言葉を引用して、両国間の問題を解決すべきと主張した。
此奴の言葉に真実性が在るのか甚だ疑問を抱くが、此れは完全に南朝鮮に当て嵌る言葉だ。
我が国は歴史を書き換えることはしては居ない。
文喜相国会議長の発言を批判する我が国だが、此れに対して中央日報は「然し此れよりもっと大きな問題は歴史問題に対する日本の政治家の態度だ」として、論点を完全に逸した。
全ての非はお前等に在るのだから謝罪すれば解決するのだ。
posted by 天野☆翔 at 17:35 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

東京新聞と朝日新聞が社説で歩調を合わせる。

* 東京新聞:沖縄投票「無視」 民主主義を軽んじるな:社説・コラム(TOKYO Web)
 安倍政権にとり「真摯(しんし)に受け止める」は「無視する」と同義らしい。沖縄県民投票で、辺野古埋め立てに鮮明な反対の民意が示されても新基地工事は止まらない。それでも民主主義国といえるのか。
 安倍晋三首相は二十五日の衆院予算委員会で、前日の県民投票結果について「真摯に受け止め、基地負担の軽減に全力を尽くす」と述べた。だが、言葉とは裏腹に辺野古では埋め立てが続く。
 理由は「世界で最も危険な普天間飛行場の固定化は避けなければならない。これは地元との共通認識」(首相)。相変わらず外交・安全保障に関わる基地政策は、国が強引に進める姿勢だ。
 しかし、国の専管事項とされる外交・安保も、民主主義国では主権者である住民の生活環境を害さない限り、との条件が付けられよう。生活を犠牲にするような安保政策は民主的とはいえない。たとえ基地ができたとしても、地元の協力がなければ円滑な運用などできるはずがない。
 沖縄の人たちは知事選や国政選挙を通し、主権者として、沖縄への過重な負担となる新基地建設に繰り返し異議を表明してきた。
 本来なら、議会制民主主義によって立つ政権はその声に誠実に耳を傾けて是正を図らなければならないが、沖縄に限っては一顧だにしない。選挙による間接民主主義が機能しない「構造的差別」の下、直接民主主義で再度民意の在りかを示さなくてはならなくなったのが今回の県民投票だ。
 結果は、自民、公明両党が自主投票だったとはいえ、投票率は県内の最近の国政選挙並みに50%を超え、72%が反対だった。県内全市町村で反対多数だったことも民意を歴然と示している。首相は、辺野古埋め立てを前提とした普天間返還が「地元との共通認識」となお真顔で言えるのか。
 県民投票が持つ意味の重さは米メディアなども報道した。琉球新報と沖縄タイムスの両編集局長は本紙への寄稿で「日本が人権と民主主義をあまねく保障する国であるのか、県民投票が問いかけたのはそのこと」「沖縄は答えを出した。今度は日本政府、ひいては本土の人たちが答えを出す番」と、それぞれ訴えた。
 政権は埋め立てを直ちに中断し基地再編について米国と再協議すべきだ。本土の側も最大の関心を持って見守り、参院選などの判断材料にしなければならない。それこそが、機能不全に陥った日本の民主主義を再起させる道である。
* (社説)政権と沖縄 これが民主主義の国か:朝日新聞デジタル
 なんと無残な光景か。はっきりと示された民意を無視し、青い海に土砂が投入されていく。
 沖縄県の米軍普天間飛行場の辺野古移設計画をめぐる県民投票は、反対票が72%を超え、43万4273票に達した。玉城デニー氏が昨秋の知事選で得た過去最多得票を上回った。
 しかし、安倍政権は「予告」通り投票結果を一顧だにせず、工事を続行した。
 安倍首相はきのう、記者団に「投票の結果を真摯(しんし)に受け止め、基地負担軽減に全力で取り組む」と述べたが、「真摯に」という言葉が空々しく響く。
 政権を支える自民、公明両党は、県民投票を「自主投票」とし、組織的な運動を避けた。本当に辺野古移設が解だと信じるなら、根拠や見通しを具体的に示し、県民に支持を訴えるべきではなかったか。議論もせずに結果を黙殺するのは、民主的なプロセスとは言い難い。
 首相はきのうも、住宅地の真ん中にある普天間飛行場をなくすためには、辺野古の代替施設が不可欠だという考えを繰り返した。返還合意から20年以上たつとして、「これ以上先送りはできない」とも強調した。
 しかし、この事態を招いたのは、沖縄の人びとの過重な基地負担の軽減に取り組むという原点を忘れ、「普天間か辺野古か」という二者択一を迫る政権のかたくなな姿勢にある。
 普天間の危険性をいうなら、まずは米政府に対し、米軍機の運用をできる限り減らし、住民の安全を軽視した訓練を行わないよう強く働きかけるべきだ。県が長年求めてきた日米地位協定の改定も、正面から提起する必要がある。
 亡くなる直前に埋め立て承認撤回を表明した故翁長雄志(おながたけし)前知事は、2016年の沖縄慰霊の日の平和宣言でこう訴えた。
 「沖縄県民に、日本国憲法が国民に保障する自由、平等、人権、そして民主主義が等しく保障されているのでしょうか」
 こんな言葉を県知事に言わせる政権とは、何なのか。日米合意や安全保障上の必要性を強調し、明白な民意を無視し続ける姿勢は、日本の民主主義を危機に陥れている。
 「マヨネーズ並み」の軟弱地盤が埋め立て予定地に広がることがわかり、技術的にも、政治的にも、現行計画の破綻(はたん)は明らかだ。工事の長期化は避けられず、辺野古への固執が普天間の固定化を招くことになる。
 政権は速やかに工事を止め、県や米政府と協議に入るべきである。県民投票の結果を、転換の礎としなければならない。
辺野古基地移設の是非を問う埋め立てに関する県民投票の結果を受けて、我が国は此の投票は法的拘束力も無く単純な調査結果で在ると云う事で辺野古基地移設を粛々と進めて行く構えだが、此れに対して二紙は相当に気に入らないらしい。
民主主義に反する等と喚き散らすが、宜野湾市は普天間飛行場の危険性除去を求めてるし、名護市は辺野古基地移設を受け入れてるのだが、此の両市の民意はどう考えるのかと厳しく問い質したい。
宜野湾市と名護市の思いを受け止めるべきだ。
お前等の云う民主主義は自分達に都合の良い事だけを主張する勢力でしか無く、本当の意味での民主主義では無い。
此処を勘違いされては国民が迷惑を被るのだ。
国民無視の出鱈目な主張を撒き散らすな。
posted by 天野☆翔 at 17:24 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

慌てふためく朝鮮日報。

* 稲田総裁特別補佐「近隣諸国条項から韓国除外すべき」-Chosun online 朝鮮日報
 自民党の稲田朋美総裁特別補佐は25日、教科書で近現代史を扱う際にアジア諸国への配慮を求める日本の教科書検定基準の「近隣諸国条項」から韓国を除外する必要があると述べた。稲田氏は東京都内での講演で、「韓国はでたらめなことを言う。日本は大人の対応をやめ、条項から韓国だけは除外すると宣言すべき」と述べた。1982年に制定された近隣諸国条項は、近現代史を扱う際、韓国・中国などの周辺国に配慮がされているべきだというものだ。
 稲田氏は、日本で「女・安倍晋三」と呼ばれるほど安倍首相の信任を受けている極右性向を持つ人物だ。早稲田大学卒業後、弁護士として活動してきが、安倍首相によって抜てきされ、自民党政務調査会長を経て、2016年には防衛相に就任した。
 稲田氏は日本の植民地支配に関する歴史的事実を否定したり、韓国を軽視したりする言動を頻繁にしてきた。女性でありながら「慰安婦は(日本による植民地支配)当時は合法だった」と主張している。日本の政治家たちが2012年、米国の新聞に慰安婦を否定する広告を出した時も名を連ね、11年には独島(日本名:竹島)上陸のため韓国に入国しようとして拒否された。また、16年には現職の防衛相として初めてA級戦犯を合祀(ごうし)する靖国神社を参拝して物議を醸した。稲田氏は相次ぐ失言や、海外派遣された自衛隊の文書隠ぺいの責任を取って17年7月に防衛相を辞任したが、安倍首相が昨年10月に自身の特別補佐に任命した。このため、これ以降、一部で稲田氏は「安倍首相の秘蔵っ子」と呼ばれている。
 一方、日本の有名な映画監督でありお笑いタレントの北野武(ビートたけし)氏は24日のテレビ番組で、「明仁天皇(原文は日王)は戦争犯罪の主犯の息子」と発言した文喜相(ムン・ヒサン)国会議長に対して「文さん、煮込んだらおいしそうだ」と言った。お笑いタレント出身で、最近はバラエティー番組や情報番組によく出てくる北野氏は、テレビ朝日が毎週日曜日に放送している『ビートたけしのTVタックル』で、ほかの出演者が文喜相議長について「映画に悪役として出演させたい」と言ったのを受けて、上の発言をした。北野氏は「文さんはあの冬瓜のような頭はどうにかならないのか。あの中にいろいろ入れたら10人分ぐらいにはなる」とも語った。北野氏は先月27日にも同じ番組で「韓国は変な国だ。執権層が窮地に追い込まれるたびに、日本を非難する」と発言していた。
 右翼性向を持つ北野氏は、以前も嫌韓発言をして騒動になったことがある。日本に韓流ブームを起こしたドラマ『冬のソナタ』について「竹島(独島の日本での呼称)を強奪した国のドラマを好きになってはいけない」と言った。また、『危険な日本学』という本では、韓国と中国を「金を取る目的でけんかを売ってくるずうずうしい国」と述べた。
自由民主党の稲田朋美氏の教科書から南朝鮮に関する近隣条項の撤廃をと求めた案件に対して、此れを記事化した。
本来は近隣条項自体の撤廃が望ましいのだが、此の案件を記事化するとは相当に焦ってる様子が伺い知れる。
こうした事が効いてると云う事は非常に良い傾向で在るのは間違いは無く、此の流れを維持して行きたい。
我が国は最早周辺諸国に対して異常な配慮を排除すべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 17:15 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

東京新聞を無視する菅義偉官房長官。

* 菅官房長官「あなたに答える必要ない」=東京新聞記者の質問に:時事ドットコム
 菅義偉官房長官は26日の記者会見で、事実に基づかない質問を繰り返しているとして首相官邸が対応を求めている東京新聞記者の質問に対し、「あなたに答える必要はない」と回答を拒んだ。
 首相官邸は「事実に基づかない質問は厳に慎むようお願いする」などと再三、東京新聞に対応を申し入れている。同記者のこの日の質問は「会見は国民の知る権利に応えるためにあると思うが、何のための場だと思うか」との内容だった。  この直前に同記者は、他のメディアにも対応を求めたことがあるかと尋ねた。菅氏はそれに直接答えず、「この場所は質問を受ける場であり、意見を申し入れる場ではない。『会見の場で長官に意見を述べるのは当社の方針ではない』と東京新聞から(官邸側に)回答がある」と指摘した。
自説を並べ立てて最早記者会見では無くした東京新聞の望月衣塑子への対応として、菅義偉官房長官は此れを完全に無視して東京新聞に対して応答する事を拒否する対応を見せた。
至極真っ当で正しい対応で在る。
自分自身が納得する迄執拗に根拠無き質問を繰り返し、他社の記者に対して迷惑行為を撒き散らす輩は排除されて当然の事で在るが、東京新聞は此れを放置し監督責任を一切果たして無いのだから、無視されても致し方無かろう。
完全に自業自得で在る。
posted by 天野☆翔 at 00:01 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

文在寅は過去しか見ない愚劣な馬鹿。

* 三・一節:文大統領、閣議で「親日清算」「独立運動」を強調-Chosun online 朝鮮日報
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日の閣議で「親日を清算し、独立運動をきちんと礼遇することが民族の精気を正しく立て、正義ある国へと進む始まりだ」と述べた。文大統領は15日に行われた「国家情報院・検察・警察 改革戦略会議」でも「今年、われわれは日帝時代(日本による植民地時代)を経てゆがめられた権力機関の影から完全に脱する元年とすべきだ」と述べていた。韓国大統領府(青瓦台)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は「(親日清算に対する)具体的な措置を意味したわけではない」として「民族の精神を正しく立て直すという意味で述べた言葉だと理解している」と説明した。26日の閣議では、三・一運動(独立運動)100周年を控え、ソウル市内にある独立運動家・金九(キム・グ)の記念館で開催された。青瓦台によると、戦争の時期を除き、閣議が公共庁舎以外の場所で開催されたのは初めてだという。文大統領は「安重根(アン・ジュングン)義士の墓では、必ず遺骨を発掘するという強い決意を新たにした」と述べた。
 この日の閣議で文大統領は、韓国の女性独立運動家、柳寛順(ユ・グァンスン)に建国勲章の大韓民国章(1等級)を「追加叙勲」することについて「柳寛順烈士が三・一独立運動のシンボルとして国民の記憶に刻まれているという事実だけでも1等級叙勲の資格は十分だ」として「三・一独立運動100周年の意味を一層高める契機となることを願う」と述べた。文大統領は閣議に先立ち、閣僚らと共に金九の墓を参拝したほか、李奉昌(イ・ボンチャン)、尹奉吉(ユン・ボンギル)、白貞基(ペク・チョンギ)ら独立運動家の墓、安重根の墓、臨時政府の要人の墓を相次いで参拝した。文大統領は三・一節(独立運動記念日)当日、ソウル・光化門広場で行われる記念式典に出席する予定だ。
閣議で「親日を清算し、独立運動をきちんと礼遇する事が民族の精気を正しく立て、正義ある国へと進む始まりだ」と曰ったと云う。
未来志向も何も無く、過去ばかりに意識を向けて此処から脱却出来て居ない。
奴等の主張する日帝残滓の排除を云うならば、南朝鮮は近代史を完全に否定する事に為り、引いては自国の歴史すらも否定する事に為ると云う事を全く自覚しない。
こんな愚劣な馬鹿に自国の舵取りを任せて置いて、南朝鮮国民はどう感じて居るのかと厳しく問い質したい。
更に此の閣議に先立って独立運動家の墓に墓参したと云うが、此の運動家達は全てテロリストで在る。
テロリストを称賛する指導者が何処の国に居るのかと云う事で在る。
最早暴走するだけ暴走して、自らの言動に対して抑制出来無い程に、其の異常な意識を撒き散らす国家に未来は無い。
posted by 天野☆翔 at 23:56 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

地方行政が南朝鮮の案件で苦慮と西日本新聞。

* 「少女像」日韓の地域交流に影 姉妹都市に苦情相次ぐ、対応に苦慮|【西日本新聞】
韓国国内で慰安婦問題を象徴する少女像の設置数が急増し、全国で100体を超えている。日本総領事館前に少女像が設置されている釜山市などでは、日本の植民地支配に抵抗した「三・一独立運動」から100年を迎える3月1日に合わせ、新たに徴用工像を設置する計画もある。韓国の自治体と姉妹都市など交流協定を結ぶ日本の自治体には、交流の中止を求める苦情が相次いでおり、担当者らは対応に苦慮している。
 韓国の少女像は両国政府が慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」で合意した2015年12月以降に急増した。聯合ニュースによると、全国の少女像は今年1月までに112体。合意に反発する団体などが設置する事例が多いという。
 一方、昨年10月の元徴用工訴訟判決など日韓関係の悪化により、日本では「反韓」感情が高まっている。
 埼玉県秩父市が昨年11月、韓国・江陵市との姉妹都市35周年を記念した職員の相互派遣を発表すると、1週間で77件の苦情が寄せられた。内容は「慰安婦像がある江陵市との交流はやめるべきだ」「もう秩父市には行かない」など。市は江陵市側から受け入れる韓国人職員の安全を保証できないとして、相互派遣を急きょ休止した。担当者は「こうした形で交流が途切れるのは残念だ」と話す。
 昨年10月には大阪市が、中国や韓国系の団体から少女像の寄贈を受け入れた米サンフランシスコ市との姉妹都市を解消しており、秩父市には「(同様の)決断を検討すべきだ」との意見も寄せられたという。
 釜山市と姉妹都市の福岡市は、日本総領事館前の少女像について繰り返し懸念を伝えてきた。市には昨年11月までの2年間に130件の意見が寄せられ、大半が「釜山市に抗議を」「交流の中止を」などと釜山市や交流に批判的だった。福岡市は「基本的には外交問題だが、日本の世論を釜山市に伝えつつ、韓国の情報を収集している」と話す。
 熊本市と友好協力都市の蔚山市では3月1日に徴用工像が設置される。蔚山市は16世紀の文禄・慶長の役で、熊本の武将加藤清正が進軍した街。両市は歴史を乗り越えて10年に協定を結んだ。熊本市は「蔚山市が設置主体ではなく、今のところ影響はない。だが市民の抗議が集まれば、対応を考えざるを得ない」。蔚山市と1968年に日韓初の姉妹都市となった山口県萩市も「交流の歴史を踏まえ、慎重に対応したい」と状況を注視している。
 一方で、秩父市や福岡市には「国同士と地方の関係は別」「市民交流は続けるべきだ」という声も寄せられているという。
◇    ◇
「友好のインフラ」生かせ 張済国・東西大総長に聞く
 少女像や慰安婦問題を巡る韓国の世論について、国際政治が専門の張済国(チャン・ジェグク)東西大総長に聞いた。
 慰安婦問題や元徴用工訴訟など韓日関係の悪化で、日本からは韓国の国民全体の反日感情が高まっているように見えるかもしれないが、そうではない。韓国には韓日関係を未来志向で考える人と、歴史問題を重視する人がいるが、いずれの立場でも歴史問題を語るときには日本に批判的になる。植民地支配に対する被害者意識は、社会で共有されているからだ。だがそれは「反日」とは異なる。過去に否定的なイメージはあっても、日本の良い面は認める考え方が一般的だ。
 少女像が各地に設置されていることを、全面的に正しいと思っている人はそれほど多くないはずだ。解決策が見つからないため、傍観するしかないのではないか。韓国政府が問題をここまで放置したことは、やや無責任だと感じる。
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、2015年の「韓日合意」を見直すと大統領選で公約し、合意を検証し、合意に基づいて設立された「和解・癒やし財団」を解散した。しかし合意の破棄や日本政府との再交渉は否定しており、中途半端な状況にとどまっている。そこに韓国国民は違和感を抱いている。
 1965年の国交正常化以来、両国間にはさまざまな問題が起きたが、常に解決に向けた働きかけがあった。今は互いに自国の立場を強調するばかりで、解決しようとする姿勢が見えない。経済的な損失や市民生活への影響など実害がそれほど出ていないことも一因だろう。
 日本人はルールを大切にし、韓国人は「正義」(歴史を道徳的に正すこと)を重視する。互いの国民性の違いを理解する努力も必要だ。これまで築いてきた「友好のインフラ」を生かし、問題を解決しようという雰囲気を醸成すれば、政治もその流れに乗るはずだ。 (聞き手は丹村智子)
×    ×
【ワードBOX】日本公館前の少女像
 韓国・釜山市では2016年末、市民団体が日本総領事館前に少女像を設置。17年に市が像を保護するとした条例が市議会で成立したが、市は像が道路法に違反しているとして保護していない。市議会は今年1月に条例を改正し、市が像の管理者を定め、修理などの経費を負担することなどを盛り込んだが、市は着手していない。11年に設置されたソウルの日本大使館前の少女像は地元のソウル市鍾路区が「公共造形物」として保護している。日本政府は、ソウル、釜山の像が外国公館に対する侮辱行為を禁じたウィーン条約に違反するとして撤去を求めている。
慰安婦像を設置してる事でウィーン条約違反を放置してる南朝鮮だが、慰安婦像を設置した都市との姉妹都市を提携してる地方行政に対して此れを解消せよとする批判の声に、行政は対応に苦慮してると伝えた。
既に大阪市は英断を下し姉妹都市提携を解消した。
大阪市の判断を尊重しても良い筈だ。
苦慮も何も無く、最早南朝鮮は我が国を敵国認定してるのだから、そんな国の都市と姉妹都市提携する必要性は皆無で在る事を、地方行政の面々は自覚すべきで有ろう。
此の後に及んで迄南朝鮮との関係を継続する必要は一切無い。
posted by 天野☆翔 at 23:48 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

南朝鮮船が危険行為。

* 韓国船が日本漁船のロープを切断|NHK 石川県のニュース
去年12月、日本と韓国がともに操業できる島根県沖の日韓暫定水域で、能登町の中型イカ釣り漁船が船の姿勢を安定させる漁具を使って操業していたところ、船と漁具をつなぐロープを韓国船に切断される事故があったことがわかりました。
26日、石川県漁協は国に対応を訴えることにしています。
石川県漁協小木支所によりますと去年12月4日、日韓双方が操業できる島根県沖200キロの暫定水域で、支所所属の「※第23ほう來丸」が船の姿勢を安定させるため、パラシュートアンカーという漁具を海中に沈めて操業していました。
そうしたところ、韓国船が「※第23ほう來丸」のおよそ10メートルの距離まで近づいてきて、船と漁具をつなぐロープの上を横切った際、ロープが切断されたということです。 その際、「※第23ほう來丸」は韓国船側に20メートル以上引っ張られたということですが、乗組員8人にけがはありませんでした。
小木支所によりますと船舶の位置や船名などを知ることが出来るAIS・自動船舶識別装置のデータから韓国漁船だと分かったということです。
「※第23ほう來丸」の入口茂船長は「韓国船に事故があったことを認識してもらったうえで、国どうし話し合って安全に操業できるようにしてほしい」と話していました。
石川県漁協小木支所の漁師たちは26日、海上保安庁と水産庁を訪れ、対応を訴えるということです。
「※第23ほう來丸」が所属する能登町の石川県漁協小木支所総務部の神谷洋志郎・部長役は「韓国の漁船がしたことは大変危険だった。漁のルールをしっかり守ってもらうよう国に申し入れをする」と話していました。
※「ほう」は「うかんむり」に珎の下に貝。
島根県沖の暫定水域で操業してた石川県漁協所属の第二十三寳來丸が、南朝鮮船が異常接近し船と漁具を接続するロープの上を通過し此れを切断し、其の結果第二十三寳來丸は引き摺られる形に為り危険な状況に為ってたと云う。
南朝鮮船も操業可能な水域とは云え、極めて横暴な動きには呆れ果てて開いた口が塞がらない。
石川県漁協小木支所の漁師達が海上保安庁と水産庁を訪問し、此の実態を訴えた。
南朝鮮に厳重に抗議するのかは不明だが、徹底した抗議と再発防止の徹底を求めたい。
posted by 天野☆翔 at 23:35 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

小池百合子の虚言。

* 「築地に市場整備しない」 小池百合子都知事、都議会で明言 - 産経ニュース
 東京都の小池百合子知事は26日の都議会定例会本会議で、旧築地市場(中央区)の跡地について「豊洲市場(江東区)との近接性を考えれば、築地に改めて卸売市場を整備することはない」と述べた。
 最大会派「都民ファーストの会」の増子博樹幹事長の代表質問への答弁。旧築地について、都は今年1月に国際会議場を中核とする再開発方針案を公表したが、小池氏が過去に市場再整備を示唆する発言をしていたことから、自民党など野党は「方針転換だ」と批判している。
 旧築地は昨年10月に豊洲市場への移転に伴い閉場した。跡地利用に関し、小池氏は平成29年6月に「食のテーマパーク機能を有する新たな市場にする」と表明。「市場業者が築地に復帰される際のお手伝いはさせていただく」と述べていた。
 自民の吉原修幹事長は代表質問で、再開発方針案に市場機能への言及がないことから「知事は都民や市場業者との約束をほごにした」と厳しく批判した。
東京都議会定例本会議に於いて小池百合子は築地市場跡地には卸売市場の再整備はしないと明言したが、過去には食のテーマパーク構想をぶち上げてた事も有り、其の本意は全く不明で在る。
二転三転する説明には東京都民は最早我慢の限界だろう。
一貫性の全く無い其の主張には呆れ果てて開いた口が塞がらない。
今回の此の発言も数箇月後には全く反対の説明をする可能性も捨て切れない。
posted by 天野☆翔 at 23:21 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

南朝鮮が国際舞台で恥を晒す。

* 慰安婦問題「被害者視点欠く」 国連人権理で韓国外相 | 共同通信
国連人権理事会の通常会期が25日、ジュネーブで開幕した。韓国の康京和外相は演説で、戦時下の性暴力に関して旧日本軍の従軍慰安婦問題に言及、日韓双方の取り組みは「被害者中心の視点を欠いていた」と強調し、未解決との認識を改めて示した。同問題は日韓間の懸案事項の一つとなっており、日本政府が反発する可能性がある。
 国連のグテレス事務総長は冒頭演説で「今も無数の女性が危険や暴力に直面している」と紛争下の性暴力やセクハラを非難した。性被害を訴える「#MeToo」(「私も」の意)運動に触れ、「人権と社会正義のための力強い動きだ」と称賛した。
慰安婦問題を連合国人権理事会で取り上げ「被害者中心の視点を欠いて居た」とした上で、未解決との認識を改めて示した。
然し此れは明らかに自分達が無能で在った事を自ら証明したに等しく、国際舞台で大きな恥を晒した事に為るのだと自覚してるのかと。
日本国と南朝鮮との間の基本関係に関する条約や、財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と南朝鮮との間の協定で完全に解決してる案件で、後は青瓦台が其の賠償等の対応を全責任を負って実施すれば良いだけの話だ。
又、アジア女性基金や慰安婦問題解決の為の二国間合意で我が国は誠意を表したのだ。
此の誠意を無駄にしたのはお前等南朝鮮で在る。
此れを無視すればお前等の立場は益々貶められて行く事だろう。
posted by 天野☆翔 at 17:49 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

犯罪者を擁護する支援者団体。

* 神戸新聞NEXT|総合|小4女児死亡 母親逮捕に支援団体「保護されるべき被害者」
 千葉県野田市の小学4年栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、ドメスティックバイオレンス(DV)被害者を支援するNPO法人「全国女性シェルターネット」(東京)は今月、DV虐待事案として対応を求める声明を出した。家族を暴力で支配するDVと虐待は一体と捉え、母子をともに守るシステムが必要と訴える。
 同ネットは、暴力を受けた女性を保護する全国67団体で構成。事件は、心愛さんに冷水シャワーをかけるなどしたとして、父親の勇一郎容疑者(41)と母親のなぎさ容疑者(32)が逮捕された。事件前、行政はなぎさ容疑者のDV被害の情報に接していたが踏み込んだ対応をしていなかった。
 声明は、DV加害者は「最も大切にする子どもを痛めつけることで、(母親の)支配と拘束を強める」と指摘。「母親なのだから命に代えても子どもを守るべきだという神話は通用しない」とし、暴力で支配された母親が子を守る難しさを挙げた。
 その上で「(心愛さんの)母親は保護されるべきDV被害者であり、逮捕されるべき容疑者ではない」と結び、DVと虐待に一体的に対応できる支援システムや法の整備を求めた。
 声明に対し、兵庫県宝塚市のNPO法人「女性と子どものエンパワメント関西」の田上時子理事長(68)は「暴力の被害者である母親が共犯と捉えられ、逮捕されたことに驚いている。心身が弱っているであろう母親に、子どもを守れというのは酷だ」と話している。
千葉県野田市で起きた死亡事件の母親が逮捕されたが、家庭内暴力被害者を支援するNPOの「全国女性シェルターネット」は、家庭内暴力虐待事案として母子共に守る仕組みが必要だとして、逮捕されるべき被疑者では無いと声明を出した。
此の事件では母親は父親の命令に逆らえないとする立場で虐待を放置してたが、母親ならば子供を何が在っても守るのが其の役割で在る事から、此れをして無かった事で逮捕されたのは正しい対応で有ろう。
確かに被害者で在ったが、同時に加害者でも在った事案だ。
此処は話を分けなければ為らない。
一緒くたにして話を進めるからこうした見解に為るのだ。
我が子を死に至らせた事は重大な犯罪で在るのだから、逮捕されるのは致し方無いのだ。
法整備等は今後の課題として別途検討して行けば良いだけの話だ。
posted by 天野☆翔 at 17:43 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

文在寅の取らぬ狸の皮算用。

* 米朝首脳会談:文大統領、早くも「開放後の北朝鮮」を心配-Chosun online 朝鮮日報
「主導権を失わないようにすべき」「われわれが歴史の中心」
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日、「歴史の辺境ではなく中心に立ち、戦争と対立から平和と共存へ、陣営と理念から経済と繁栄へ向かう『新・韓半島(朝鮮半島)体制』を主導的に準備したい」と語った。文大統領はこの日、韓国大統領府(青瓦台)の首席・補佐官会議で「われわれはいま、植民と戦争、分断と冷戦で苦しめられてきた時間から平和と繁栄の時代を主導する時間へ、歴史の1ページを自分たちの手でめくっている」として、このように発言した。27日に予定されている第2次米朝首脳会談まであと2日という状況で「韓半島の運命の主人はわれわれ」と宣言したわけだ。
 大統領府の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官はこれに関して「われわれが歴史の辺境ではなく中心に立つという意味」と説明した。政権中盤から後半にかけての外交・安全保障政策の骨幹となる「新・韓半島体制」は、三・一独立運動100周年の記念の辞で具体化されるだろうと伝えられている。与党関係者は「韓米同盟を根幹としつつも、米中日ロなど北東アジアの多国間安全保障体制へと時代は急変している」と語った。一部からは、韓米同盟中心から抜け出し、米中間のバランサーを自任していた盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の「東北アジア均衡者論」の新バージョンだという解釈も登場している。
 また文大統領は「北朝鮮の経済が開放されたら、周辺諸国や経済機構、国際資本が参加することになるだろう。その過程でわれわれが主導権を失わないようにすべき」と語った。文大統領は「主導権」を強調したが、米朝会談において韓国は事実上、第三者の立場にとどまり、経済協力に必要な非核化と制裁緩和は具体化されていない。状況に対する過度な楽観論だという批判も持ち上がっている。
アメリカと北朝鮮の首脳会談を目前にして、「歴史の辺境では無く中心に立ち、戦争と対立から平和と共存へ、陣営と理念から経済と繁栄へ向かう『新・朝鮮半島体制』を主導的に準備したい」と曰い、早くも北朝鮮の開放後の事を心配した。
未だ何も決まって無いのに何を今から色々と心配してるのかと。
南北統一された場合は、南朝鮮が北朝鮮に飲み込まれる運命に在るのだから、お前等南朝鮮が主体的に為る事は無い。
主導権を発揮しても無駄な足掻きでしか無いのだ。
posted by 天野☆翔 at 17:34 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

朝鮮戦争終結宣言に南朝鮮も噛ませろと朝鮮日報。

* 【社説】韓国抜きの朝鮮戦争終戦宣言は国恥だ-Chosun online 朝鮮日報
 韓国大統領府の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は25日、ベトナムのハノイで開催される2回目の米朝首脳会談と関連して「(朝鮮戦争の)終戦宣言が(議題として)入る可能性がある」とコメントした。金報道官は「韓国と中国、米国と中国、韓国と北朝鮮は事実上の終戦宣言を行っているので、残ったのは北朝鮮と米国だ」とも述べ、終戦宣言が実現する可能性があるとの見方を公にした。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は就任直後から終戦宣言の実現に向け米国を説得してきた。
 今が北朝鮮の核の廃棄されるプロセスの途上にあるとすれば、終戦宣言は韓半島(朝鮮半島)における敵対状態を終結させる象徴的な意味合いがあるだろう。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と米国のトランプ大統領による今回の2回目の米朝首脳会談では、前回シンガポールで開催された1回目のときとは異なり、核兵器やウラン濃縮施設のリスト提出やその検証など、非核化に向けた実質的な措置で合意し、それによって南北と米国が共に終戦宣言に署名してほしいものだ。
 ところが驚くべきことに大統領府はこの日「北朝鮮と米国だけの終戦宣言で十分」との見方を示した。1950年6月25日に突如南侵を受けて国を失いかけた当時、戦死した韓国軍兵士は12万人以上、負傷して生涯身体が不自由となった兵士たちはその数倍に上る。民間人の犠牲者に至っては想像もできないほどであり、文字通り国全体が焦土となった。それほどの被害を受けた国が、その戦争の終結を宣言する当事者にならなくてもよいと大統領府は本当に考えているのだろうか。耳を疑わざるを得ない言葉だ。これでは大統領府自ら「大韓民国は国ではない」と宣言したようなものだ。韓国は1953年当時、戦争の被害を受けてはいたが、統一が実現しない状態での休戦に反対し、停戦協定には加わらなかった。しかし今は状況が全く違う。世界10位圏の経済大国となった大韓民国が、多くの犠牲を出した戦争の当事者でなくても構わないとの考えを大統領府が発表した。その発表者の失言であることを願うばかりだ。
 終戦宣言が行われれば、停戦の秩序を変えるための話し合いが当然行われるだろう。まず北朝鮮は国連軍司令部と北方限界線の廃止を求めてくるはずだ。このような交渉が米朝間で行われ、韓国が第三者あるいは見物人になることは想像もできないことだ。このままでは後に平和協定が締結される時が来ても、大韓民国はその場から外されるしかない。
 実はつい先日まで大統領府の考え方は全く違っていた。米朝首脳会談で終戦宣言が締結される可能性を念頭に、文大統領はいつでも会談の会場に行けるよう日程を空けていた。それは米国も北朝鮮もよく知っているはずだ。韓国は当然終戦宣言の当事者と見なされ、中国がこれに加わるかどうかが問題になっていた。ところが大統領府が今回突然「韓国は抜けてもよい」と言いだしたのは、一体どのような理由があるのか。米朝合意によって韓国が除外され、大統領府がこれを後から知り「抜けてもよい」と先に発表したのではないか。
 北朝鮮の核問題で韓国が見物人に成り下がったのは随分前からの話だ。大統領府の発表通りもし終戦宣言から韓国が外れるのであれば、これは外交における国恥に他ならない。このような状況の中、文大統領は「韓半島(朝鮮半島)の運命の主人はわれわれだ」とした上で「新韓半島体制に向け主導権を持って準備していきたい」と発表した。むなしい言葉だ。北核交渉で韓国が除外されたという現実から目を背けるため、全く内容のない空虚な「新韓半島体制」という言葉をその場で考えたのだろうか。韓国は終戦宣言の当事者にさえなれず、韓国国民も北朝鮮に与える金を出すだけとなれば、これは韓国政府として責任を放棄したに等しい。韓国政府は今からでも「韓国抜きの終戦宣言は絶対に認められない」とはっきり主張すべきだ。
朝鮮日報は社説で我々抜きの朝鮮戦争終戦宣言は国恥だとする記事を掲載した。
国辱大いに結構で、休戦協定にはお前等は飽く迄連合国軍の当事国の一つとして参加したが、完全な当事国では無かったのだから宣言の場に居る事は認められない。
大いに国辱を味わうが良いだろう。
散々アメリカの足を引っ張ったのだから、其の報いを受けるべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 17:29 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

南朝鮮の人工降雨作戦失敗。

* 人工降雨実験失敗に専門家「韓国政府が十分準備せず実施」-Chosun online 朝鮮日報
 韓国政府が先月、PM2.5などの粒子状物質対策として実施した人工降雨実験が、十分な準備もないまま行われたという指摘が与党議員主催の討論会であった。
 崇実大学災害安全学科のオ・ソンナム教授は25日、国会議員会館で与党・共に民主党の薛勲(ソル・フン)議員室主催で行われた「粒子状物質低減対策、人工降雨技術はどこまで来たのか」はという討論会で、「早急な計画により気象条件に合致していない状況で実験が行われた」と指摘した。同教授は「中型航空機1機で実験を成功させるには力が不十分で、気象条件も良くなかった」と述べた。政府が十分な準備もないまま人工降雨実験を進め、結局失敗したと批判したものだ。
微小粒子状物質の除去の為の実証実験の為の人工降雨作戦の失敗の原因は、入念な準備を怠り拙速な計画を推し進めた事が大きな要因で在ると指摘された。
即物的に結果を渇望した事が其の根底に在るのだろう。
こう云う面でも朝鮮人特有の性質が如実に表れた。
posted by 天野☆翔 at 17:24 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

防弾少年団に新たに問題行動発覚。

* 防弾少年団、フランス写真作家と「作品類似性」攻防 | Joongang Ilbo | 中央日報
フランス写真作家のベルナール・フォコン氏(69)が自身の作品と韓国男性グループ防弾少年団(BTS)のミュージックビデオ(MV)の一部場面などが似ていると主張した。
フォコン氏は25日、ハンギョレ新聞を通じて2016年に発表された防弾少年団のアルバム『花様年華Young Forever』の写真集の一場面と、ヒット曲『血、汗、涙(Blood Sweat & Tears)』(韓国語バージョン)のMVの映像の一部が、自身が1978年に作業した連作「夏休み」の代表作『饗宴』からインスピレーションを受けて製作されたものだと主張した。自身の作品背景と演出構図をまねて作ったというのだ。
フォコン氏はインタビューで「法的措置を取る考えはない」としつつも「防弾少年団側が芸術的インスピレーションを受けたことに対して公開的に認めて言及するよう要請する」と明らかにした。
フォコン氏は2人組の仏作家「ピエール・エ・ジル」から昨年初めに関連疑惑について伝え聞いた後、同年秋ごろに防弾少年団の所属事務所Big Hitエンターテインメントに内容証明を2度発送したことが分かった。
しかし、Big Hit側は類似性の主張は成立しないとしてフォコン氏の主張を受け入れていない。同年9月に回答を送り、防弾少年団の映像はフォコン氏の作品と似ていないとの立場を表明した。
Big Hit側は「昨年9月、あるギャラリーで提起された類似性主張に対して成立しえないという当社の意見を伝達した」と明らかにした。
アルバムの中の映像の描写が、フランス写真作家のベルナール・フォコン氏の過去の作品に酷似してるとして問題視したと云う。
法的手段には出ないとするが、所属事務所は此の主張を否定した。
フランスでも迷惑行為を撒き散らすも同然の動きには呆れ果てて開いた口が塞がらない。
朝鮮人は世界各国の鼻摘み者で在る事が確定した。
posted by 天野☆翔 at 06:36 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

一帯一路構想に新たな問題。

* 中国が「北極海」や「マリアナ海溝」でしているトンデモナイこと - 週刊実話
 ミクロネシアの北西部に広がるマリアナ諸島は、北から南へ800キロの海域に15の島々から成る。グアム、サイパン、テニヤンが含まれ、南西端がヤップ島だ。列島の東には世界一深いとされるマリアナ海溝(1万1902メートル)があるが、中国はここで、深海探査を目的として「探索一号」という深海探査観測船を投入し、ヤップ島に基地を置いている。
 米国議会超党派のシンクタンク『戦略国際問題研究所』は、「探索一号」の目的について「海洋探査は名目にすぎず、目的は潜水艦の航路調査、海中発射ミサイルの可能性調査などを行っている可能性が高い」とする警告を出した。
 軍事専門家の中には南シナ海に造成した軍事基地との連携で、マリアナ海溝に潜行する潜水艦が台湾攻撃の際に使用されるだろうとも分析している。
 一方、北極海では、中国の北極科学調査隊が「長期観測基地」を建設し、着々と地歩を固めている。
 「中国国務院新聞弁公室・外交部が昨年1月26日に発表した中国初の『北極政策白書』は、自国の海洋覇権の野望が北極海航路にまで及んでいることを隠すことなくハッキリ述べています。昨年の党大会で党規約に盛り込まれた一帯一路戦略の中には、すでに『北極シルクロード』の創設構想も含まれており、この白書発表によって、具体的なプロジェクトがいよいよ始動すると見られているのです」(中国ウオッチャー)
 北極シルクロード構想とは、北極海沿岸国家でもない中国が極地国家を名乗り、北極海における覇権を確立しようとするものだ。その究極の狙いは何なのか。
 「臆面もなく科学研究および環境保護への貢献を筆頭に挙げていますが、本当の狙いは軍事と資源であることは明白です。一帯一路戦略自体が、そもそも軍事戦略的な意味合いが強いことを考えれば『北極シルクロード戦略』と名付けた時点で、”頭隠して尻隠さず”ですよ」(同・ウオッチャー)
 北極海の資源は、石油埋蔵量は900億ガロン、液体天然ガス埋蔵量は440億ガロン、世界の4分の1の石炭埋蔵量がある。
 そして中国は北海道を「32番目の省に」と、北極海航路のハブの一つにしようと企んでいる。北海道の土地が近年、中国人に集中的に買い占められており、それは単に中国人富裕層が自己資産の海外移転のために購入しているだけでなく、中国政府・共産党としての戦略的目的を補佐する動きとみられている。
 特に北極海航路の拠点港として釧路に注目しており、影響力を強めるために中国当局、地方政府関係者らが積極的に調査、視察、交流に訪れている。
 日本の無防備さが、近い将来に取り返しのつかないものになることは火を見るよりも明らかだろう。
支那の北極科学調査隊が「長期観測基地」を建設し、着々と地歩を固めて居ると云うが、一帯一路構想の中に北極シルクロード構想が含まれて居り、支那の覇権意識が北極海でも現れ始めて居る。
其の一方でマリアナ諸島では深海探査を目的として「探索一号」という深海探査観測船を投入し、ヤップ島に基地を置いて居ると云う。
北海道の土地を買い漁ってるのは釧路を拠点とする目的と見倣される。
北極から北海道迄の範囲で好き勝手にさせて堪るかと云う事で在る上に、国際的にも非難されるだろう。
我が国は既に一帯一路構想の一環に飲み込まれてる。
極めて深刻な危機的状況だ。
posted by 天野☆翔 at 06:31 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

南朝鮮で旭日旗問題の法案が暗礁に乗り上げる。

* 욱일기 금지법, 5개월째 국회서 낮잠
금지법 3종 중 2종, 상임위 상정도 안 돼
3・1운동 100주년이 닷새 앞으로 다가온 가운데 일본 제국주의 상징인 '욱일기' 사용금지 법안이 국회에 표류 중인 것으로 확인됐다.
24일 국회에 따르면 외교통상위원회 소속 이석현 의원이 지난해 10월 발의한 '욱일기 금지 3종 법안' 중 항공안전법과 형법 개정안은 해당 상임위원회에 상정조차 되지 않았다.
항공안전법 개정안은 욱일기를 부착한 항공기에 대해 운항정지 명령을 내릴 수 있도록 하는 내용이다.
형법 개정안은 욱일기 등 일본 제국주의 및 전쟁 범죄를 상징하는 깃발, 옷, 마스코트 등을 제작・유포하거나 사용하는 자를 2년 이하의 징역 또는 300만원 이하의 벌금을 처하도록 명시했다.
욱일기를 게양한 선박이 우리 영해를 통항하지 못하도록 한 '영해 및 접속수역법' 개정안은 외교통상위원회에 상정됐으나, 지난해 11월 법안심사소위원회 회부 이후 진척이 없는 상황이다.
이석현 의원실에 따르면 외교부는 한일관계에 악영향을 끼칠 수 있다는 이유로 욱일기 금지법을 반대하고 있다.
이 의원은 "욱일기 금지법이 국회서 낮잠을 자고 있다"며 "독일 형법은 나치 깃발을 달면 3년 이하 징역에 처한다"고 밝혔다.
아울러 "국내에 욱일기 상품들이 버젓이 유통된다"며 "민족 자존심을 챙겨야 한다"고 주장했다.
* Google 翻訳
禁止3種のうち2種、常任委員会上程もダメ
3・1運動100周年に五日後に迫った中、日本帝国主義の象徴である「旭日旗」の使用禁止法案が国会に漂流していることが確認された。
24日、国会によると、外交通商委員会所属のイ・ソクヒョン議員が昨年10月に発議した「旭日旗禁止3種法案」の中で、航空安全法と刑法改正案は、その常任委員会に上程すらされなかった。
航空安全法の改正案は、旭日基付着した航空機の運航停止命令を下すことができようにする内容だ。
刑法改正案は旭日旗など日本帝国主義と戦争犯罪を象徴する旗、衣服、マスコットなどを制作・配布したり、使用している者を、2年以下の懲役又は300万ウォン以下の罰金を処する明示した。
旭日旗を掲げるた船舶が、私たちの領海を通航できないようにした「領海及び接続水域法」改正案は、外交通商委員会に上程されたが、昨年11月に法案審査小委員会付託以来進展がない状況である。
イ・ソクヒョン議員室によると、外交部は、日韓関係に悪影響を与える可能性があるという理由で旭日旗禁止法に反対している。
この議員は「 旭日旗禁止法が国会で昼寝をしている」とし「 ドイツ刑法はナチスの旗を取り付ければ、3年以下の懲役に処する」と述べた。
また、「 国内に旭日旗商品が堂々と流通されている」とし「民族の誇りを取りまとめなければならない」と主張した。
「旭日旗禁止三種法案」の内、旭日旗を掲示した機体に運行停止命令を下せる航空安全法と、旭日旗の意匠を製造販売した業者を罰する刑法改正案は上程され無かった上に、旭日旗掲揚船舶の航行禁止の「領海及び接続水域法」改正案は進展が無いと云う。
「領海及び接続水域法」改正案は、無害通航の権利侵害の面で国際法の観点からも制定出来無いのは明らかで在る事を南朝鮮は理解してるのかと。
外交部は外交問題化する事を恐れてると云う事で慎重姿勢。
そもそもAFCアジアカップ2011準決勝で猿真似した奇誠庸の詭弁言い訳から発展した問題なのだから、こんな馬鹿気た法案なぞ不必要なのだ。
旭日旗アレルギーも同様だ。
議会が日和ってるのかは不明だが、こうした反日意識を法律化する事の愚かさを自覚すれば良いだろう。
posted by 天野☆翔 at 06:20 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

ミャンマーでも朝日新聞が迷惑行為。

* ミャンマー国軍最高司令官、朝日新聞の記事に抗議 単独会見記事の事前確認、朝日側「約束した認識はない」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
<民政復帰を果たしたが今も国政に深く関与している軍の最高司令官。その単独会見をした日本メディアの記事が問題になっている>
ミャンマー国軍トップであるミン・アウン・フライン最高司令官が朝日新聞に掲載された自らの会見記事に関して、「記事を掲載する前に事前に見せる」との約束を反故にされ了解なく掲載されたとして、ミャンマーメディア委員会(MPC)に調査と調停を申し立てていることが明らかになった。朝日新聞側は「事前にみせると約束したという認識はない」と反論している。
米政府系放送局「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」(ネット版)によると、朝日新聞ヤンゴン支局の染田屋竜太支局長とバンコクの貝瀬秋彦アジア総局長が2月14日に首都ネピドーでミン・アウン・フライン司令官と単独会見し、翌15日の朝日新聞紙上でその内容を掲載して報じた。
記事はアウン・サン・スー・チー国家最高顧問兼外相が目指す、軍の政治関与を見直す憲法改正案について「今は政治と治安に安定が必要」と否定的な見解を示したことや、国際社会が人権問題として批判している少数派イスラム教徒ロヒンギャ族への軍の対応について、国際社会に反論するなどの内容になっている。
ミン・アウン・フライン司令官がMPCに訴えているのは「朝日新聞はインタビュー記事の掲載に当たり事前に司令官に原稿を見せる、という約束を反故にして何の許可も同意もなく掲載した」と主張していることで、「これはミャンマーのメディア法に反し、記者としての倫理にも違反している」と主張している。
事前チェックの目的は「内容の誤解や間違いを未然に防ぐこと」としており、報道の自由が制限されたミャンマーでは記事の「事前検閲」が頻繁に実施されている実態が反映された形となっている。
朝日新聞が司令官に謝罪との情報も
日本の新聞社が記事を掲載前に取材相手などに事前にみせることは「報道の自由や中立性」から通常はありえないことだ。ただそこは記者と取材先、情報源との信頼関係で要望してきた相手に対し「口頭で概略を伝える」「機微な質疑に関しては言葉使い、語調などを再確認する」など臨機応変に対応することも例外的ではあるが行われていることは否定できない。
ミャンマーの国軍トップとの会見とはいえ、その国の報道慣習やメディア規則に唯々諾々と従うことは日本の報道倫理の上からみても必要はないといえる。
ただし、会見受諾の条件として司令官や軍当局が「事前のチェック」を提示、あるいは司令官がそうしたことを口頭でも要望し、朝日新聞側が「了解」していた場合は「約束した以上は守るべき」ということになる。
「RFA」によると、朝日新聞はこの件に関して、事前に約束があったのかどうかを含めてコメントをしていないという。
その一方でミャンマー国軍のゾウ・ミン・トゥン報道官はRFAに対し「この件の詳細は承知していないが、朝日新聞が司令官に対して謝罪文を出したと聞いている」と報じている。
メディア委が近く実態調査に
ミン・アウン・フライン司令官からの訴えを受けたMPCでは3月1日に事実関係の調査のために「双方から事情を聞きたい」としている。
2月15日の朝日新聞には貝瀬アジア総局長と染田屋支局長による連名の記事が掲載されている。
日本の新聞社、テレビなどの場合、海外の元首、大統領や首相、キーマンとなる最高レベルの軍人などの会見が単独で可能となった場合は、本社から部長や編集局長などの幹部あるいは地域を統括する総局長などが同伴して「社を挙げての単独会見」をアピールすることがよくあり、今回も朝日新聞としては力の入った「単独会見記事」だったことがわかる。
しかし、取材が難しいとされるミャンマー軍司令官との単独会見のわりには紙面の扱いは地味で、3面左肩に約3段見出しで「『軍人の議会参加必要』ミャンマー国軍最高司令官」「民主化への改憲 否定的」と本記が掲載されている。さらに3面を受ける形でインタビュー詳報が国際面のトップで「政治への関与 譲らぬ軍」「スーチー氏側を牽制 国際社会と溝深く」「難民の帰還 厳格な審査言及」などの見出しで掲載されている。
司令官の意見が反映されず不満か
ミャンマー国軍のミン・アウン・フライン司令官は自らのホームページで朝日新聞とのインタビューの全文を英語とミャンマー語で掲載、公開している。
そこにはミン・アウン・フライン司令官がスー・チー顧問によって進められている憲法改正に全面的にそれも闇雲に反対している訳ではなく、理路整然と軍の主張を繰り返していることが記録されている。
さらにロヒンギャ問題に関して朝日新聞側は「これは質問ではなく個人的意見である」と断った上で「一部の人々は意図的にミャンマーや国軍を一方的に批判しているがこれは公平ではないと思う」と述べ、「(バングラデシュ側にある)難民キャンプを取材したが、難民の証言は事実ではない」との見解を示すなど、国軍の行動を追認、支持するかのような趣旨の誤解を招きかねない表現を使っていることも明記されている。
この点に関して朝日新聞社広報部(東京)は2月25日、「今回のインタビューで国軍の行動を是認する意図はありません」との見解を示している。
こうした長尺のインタビューにも関わらず、朝日新聞の掲載された記事では「憲法改正に反対」「ロヒンギャ問題で反論」など発言の一部だけが切り取られて記事化されていることに司令官、軍が不満をつのらせ、実際は事前の原稿チェックの約束は朝日新聞と司令官の間にはなかったものの、「約束違反だ」と主張している可能性もあると現地のミャンマー人記者たちはみているという。
いずれにしろ、MPCによる今後の調査でなんらかの打開策が見出されるのか、朝日新聞側の対応を含めて成り行きが注目される。
朝日「約束の認識ない」が「誤解生じた」
今回のRFAの報道についてPanAsiaNewsは朝日新聞社に事実関係を問い合わせたところ、2月24日に同社広報部(東京)から以下の回答があった。
「国軍に事前に記事を見せる約束をしていたのに見せなかったと指摘を受けていますが、当方としては記事そのものを事前に見せると約束したという認識はありません。ただ記事掲載にいたるまでのやりとりの中で誤解が生じた可能性があります。国軍には当方の認識を文書で改めて説明し、ご理解を得ようと務めているところです。その文書の中で当方の認識が十分伝えられていなかった点についてはお詫びしています。ミャンマーメディア委員会(MPC)への対応については検討中です」(全文そのまま)。
この朝日新聞の回答によれば、「見せると約束したとの認識はない」ものの「掲載に至るまでのやりとりで誤解が生じた可能性がある」「文書で説明し理解を得ようとしている」「その文書の中で認識が十分伝えられなかった点をお詫びしている」ということになり、事前約束なしと主張する一方で双方の理解に齟齬が生じたこと、お詫びの文書を出していることは間違いないようだ。すっきりしない隔靴掻痒の印象を与える回答といえよう。
双方のどちらの言い分が正しいのかは依然不明だが、3月1日のMPCによる調査が待たれる。
ミャンマー国軍トップのミン・アウン・フライン最高司令官は朝日新聞の単独会見に応じたが、其の報道内容が極めて問題で「記事を掲載する前に確認させろ」とする約束を反故にした上、歪曲偏向報道をした事が問題視されてると云う。
朝日新聞側は一応謝罪したが約束した意識は無い上に誤解が生じたと云うが、此れは詭弁言い訳でしか無く極めて醜悪な意識で在る。
最低限度取り決め事は守らねば為らない。
こうした傲慢な意識が在るからこそ、国内での報道でも恣意的且つ出鱈目な報道が罷り通るのだろう。
一歩間違えば外交問題にも発展仕兼ねない案件だ。
朝日新聞は滅べば良いのだ。
posted by 天野☆翔 at 05:55 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

沖縄県民の逆上。

* 「辺野古、唯一の解決策」説明せぬ政府に憤り 県民投票翌日も続く市民と警察の衝突 - 毎日新聞
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設計画を巡って24日に実施された県民投票は、名護市辺野古沿岸部の埋め立てについて「反対」が7割超を占めた。だが、政府は一夜明けた25日、投票結果を踏みにじるかのように工事を続行。普天間飛行場をどうするのか。なぜ辺野古なのか。考え抜いて1票を投じた県民からは憤りの声が上がった。
 辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では25日午前、工事車両の進入を拒もうと座り込みを続ける約80人の市民と、排除しようとする県警機動隊が衝突を繰り返していた。同じ頃、菅義偉官房長官は記者会見で「最も大事な原点である普天間飛行場の危険性除去と固定化をどうするのか。そうしたことが触れられていないと承知している」と県民投票に異議を唱え、改めて埋め立て工事を続ける考えを示した。
 「反対」に投票した浦添市の会社員、橋本美千代さん(53)は、投票結果を顧みない政府の姿勢に怒りで声を震わせた。「反対多数の結果が出た翌日に土砂を投入するなんて信じられない。辺野古に造らせない代わりに普天間飛行場をそのまま使え、なんて県民は誰も思っていない。政府はなぜ『辺野古が唯一の解決策』なのか全く説明しないままだ」
 政府が移設先とする名護市では「反対」が1万8077票と投票総数の72.65%を占めた。昨年9月の知事選で移設阻止を掲げて初当選した玉城(たまき)デニー知事の得票数を1281票上回り、工事が進んでいても反対の声が根強いことをうかがわせた。
複雑な表情の「賛成」宜野湾市民
 一方、普天間飛行場が街のど真ん中にあり、米軍機の騒音や事故の危険性に日々直面している宜野湾市。「反対」が66.45%を占めた一方、「賛成」も24.24%あった。「賛成」の割合は県全体(18.99%)を5.25ポイント上回り、県内11市の中で最も高くなった。
 松川正則市長は「普天間飛行場の危険性に苦しんでいる市民の実感が表れたのかなと思う」と述べた。「賛成」に投票した男性会社員(37)は「県外移設が望ましいが、既に埋め立ては始まり、本土の関心も低い。辺野古の住民を思うと心苦しいが、騒音や事故が続く普天間飛行場は早く返還してほしい」と複雑な思いを口にした。
 一方、2017年12月に米軍機の部品が落ちているのが見つかった宜野湾市の緑ケ丘保育園に長女を通わせている知念有希子さん(40)ははっきりと言った。「これだけ多くの人が示した『辺野古に基地はいらない』という民意を日米両政府は重く受け止めてほしい。基地はどこにできても危険だ」
辺野古基地移設の工事の埋め立ての是非を問う県民投票から一夜明けた沖縄県の名護市では、相も変わらず反対派と警察の睨み合いが続き衝突が起きたが、反対票を投じた面々の声を毎日新聞は報じたが其の中身は従来の意識を繰り返すばかりだった。
結果が出たのに何故工事を継続するのかとか、沖縄に基地は不要と民意は示された筈なのに等で在る。
国防の何足るかを全く意識しない其の思いには呆れ果てて開いた口が塞がらない。
普天間飛行場の危険性除去を最優先で解決する為に、日米間で長年協議した結果の辺野古基地移設で在る事を全く考えて無い其の姿には辟易する。
第一、辺野古基地移設の反対を問う県民投票では無かったのだ。
此処を勘違いして貰っては困る。
posted by 天野☆翔 at 05:42 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

くら寿司は社名変更せよ。

* くら寿司、ハンバーガー参入 ネタにできない魚の部位を:朝日新聞デジタル
 回転ずしチェーン「無添くら寿司」を運営するくらコーポレーションが3月1日、ハンバーガーを発売する。ラーメン、カレーなど、すし以外のサイドメニューを増やしてきたが、今回は「社会問題の解決」にもつながるという。
 発売するのは、肉と魚をベースにした2種類のバーガー。米粉と酢を混ぜてつくった「シャリバンズ」に具材を挟む。「KURA(クラ) BURGER(バーガー)」と名付け、いずれも税込み270円。月100万食の販売を目指す。
 このうち魚を使ったフィッシュバーガーは、すしに使わない魚の部位を使う。自社工場でミンチにし、円形のパテに加工。これに甘めのてりやきソースを付ける。
 バーガーチェーンでいきなり4位の店舗数になるが、くらの狙いはそこではない。「食品ロス」を減らすことだ。
 魚1匹のうち、すしのネタにできる部分は4割ほど。骨やアラをのぞくと全体の2割が、食べられるのにネタにできない部分だという。これまでもこの部位を練り天やコロッケに加工してきたが、使い切れなかった。
 「バーガー店」としての認知度を高めようと、期間限定の専門店も設ける。正式発売に先立つ25日から7日間、東京・渋谷に店を開く。商品開発を担当する松島由剛マネージャーは「既存店で始めてもなかなか注文してもらえない。まずは専門店で、くら寿司のハンバーガーを知ってもらいたい」と話す。
回転寿司のくら寿司は、今回新たにハンバーガーを商品展開で投入すると云うが、既にカレーや拉麺等を提供し最早鮨屋としての存在意義を失ってる。
鮨屋としての矜持を最早捨て去ってるのだから社名から寿司を外すべきで有ろう。
食品を無駄にしない方針での展開と云う事だが、ならば仕入れで工夫すべきで有って、鮨屋には相応しく無い商品展開はすべきでは無いだろう。
事業拡大を含めて業務自体も見直しすべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | Economy/Business | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

無慈悲なハガティ大使。

* 辺野古移設が「唯一の解決策」 ハガティ駐日米大使 | 共同通信 ニュース | 沖縄タイムス+プラス
 ハガティ駐日米大使は25日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る24日の県民投票で反対票が7割を超えたことについて、辺野古移設は沖縄の負担軽減や普天間返還のための「唯一の解決策だ」と強調した。移設を推進するトランプ政権の方針は変わらないと述べた。大阪市で講演後、記者団に語った。
 ハガティ氏は、沖縄が日米同盟に果たしている役割に謝意を表明。その上で、現行の移設計画は「米国と日本の両政府の間で合意し、決まったことだ」と述べた。
辺野古基地移設の工事の埋め立ての是非を問う県民投票の結果を受けて、アメリカのハガディ大使は辺野古基地移設が普天間飛行場の危険性除去や負担軽減の為の唯一の解決策だと改めて主張。
至極真っ当で正しい見解だろう。
日米両国で長年の協議の結果導き出された結果なのだから、此の見解は両国共に変わらない事実だ。
此の県民投票は埋め立てに関する投票で有って、基地移設自体を問うものでは無く、第一普天間飛行場の危険性除去の為の意識を問うてる事案では無い。
こうした事からも、投票自体が無意味な上、議会制民主主義を採用してる我が国では其の地元で在る名護市は受け入れを容認してる選挙の結果が在る。
こうした実態を考えれば如何に愚かな投票で在ったのかは、云う迄も無い事実で在る。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

新たなウリナラファンタジー発掘される。

* [3・1운동 유적지를 가다] 근대문화유산으로 남은 수피아여고 : 스포츠조선
"일본 헌병이 휘두른 군도에 왼팔을 잃은 여학생은 몸에서 떨어져 나간 손에 쥐어졌던 태극기를 다른 손으로 다시 집어 들고 대한독립 만세를 마저 외쳤어요."
홍인화 수피아여자고등학교 역사연구소장은 광주에서도 1919년 3월 들불처럼 타올랐던 만세운동의 한 장면을 이렇게 설명했다.
100년 전 그날 만세 행렬을 앞장서서 이끈 주인공은 '조선의 혈녀(血女)' '남도의 유관순'으로 불리는 수피아여학교 2학년 윤형숙(1900∼1950) 열사다.
일제의 잔혹한 고문에 오른쪽 눈까지 잃은 윤 열사는 4개월간 옥고를 치른 뒤 고향인 전남 여수로 돌아가 온전치 않은 몸으로 항일운동을 이어갔다.
윤 열사의 굴곡진 삶은 민족이 다시 한번 비극을 마주한 1950년 막을 내렸다. 서슬 퍼런 일제조차 앗아가지 못한 그의 생은 인민군 총탄에 의해 스러졌다.
민족기상을 세계만방에 알린 1919년 전국적인 만세운동은 광주에서 윤 열사를 비롯한 수피아여학교 학생과 교사가 출발점에 섰다.
지역 출신 일본 유학생 정광호가 '2・8 독립선언서'를 가지고 귀향하면서 광주에서도 만세운동의 싹이 움텄다.
수피아여학교 박애순 교사는 독립선언서를 나눠주고 파리에서 열린 만국 강화회의를 설명하며 학생들도 만세운동에 참여해야 하는 당위성을 가르쳤다.
그해 1월 승하한 고종 황제가 일제에 의해 독살됐다는 소식을 전해 듣고 분개하던 학생들은 만세운동에 참가하기로 뜻을 굳혔다.
큰 장이 열리는 3월 8일로 예정했던 광주 만세운동은 서울과 연락을 주고받던 최흥종 장로가 상경해 3・1운동에 뛰어들었다가 체포되면서 광주천 부동교 아래에 작은 장터가 서는 10일로 늦춰졌다.
수피아여학교 학생들은 거사를 하루 앞둔 9일 밤 학교 건물이자 기숙사였던 수피아홀의 지하 예배당에 모여 고종 황제 장례식 날 입었던 치마를 뜯어 밤새 태극기를 만들었다.
거사 당일 오후 2시에 접어들자 윤 열사를 포함한 수피아여학교 학생들은 소매 안에 태극기를 말아 감추고 교정에 모였다.
치마저고리 차림의 학생들이 아리랑을 부르며 양림교와 광주천변을 거쳐 부동교로 향하면서 광주에서도 만세운동이 시작됐다.
만세운동 소식을 접한 숭일학교와 광주농업학교 학생들, 기독교인, 주민 등 1천여명이 넘는 인파도 부동교로 모여들었다.
오후 3시께 태극기와 독립선언서를 나눠 든 군중은 양팔을 치켜들고 목이 터지도록 대한독립 만세를 외쳤다.
광주경찰서가 자리했던 지금의 충장로우체국 방면으로 만세 물결이 파도처럼 들이쳤다.
기세에 눌렸던 일제 군경은 만세 행렬이 경찰서 쪽으로 다가오자 총을 쏘고 칼을 휘두르기 시작했다.
행렬 선두에서 한쪽 팔이 잘리고도 만세를 외친 윤 열사의 기개는 일제 군경마저 놀라게 했다.
2대 조선 총독 하세가와 요시미치가 이튿날 본국에 보낸 급전에는 '광주에서 야소교(기독교)가 주도한 군중 폭동이 일어나 조선인 1명이 부상했으며, 경찰이 시위를 해산했다'고 기록돼 있다.
한쪽 팔을 잃은 윤 열사가 남은 팔로 태극기를 집어 들고자 몸을 숙이는 모습은 2014년 고향 여수에 건립된 항일독립운동기념탑 조형물에도 새겨져 있다.
10일 하루에만 100명이 넘게 붙잡혀 갔으나 광주의 민중은 다음 날과 13일 장날에도 떨쳐 일어나 만세를 외쳤다.
광주에서 타올랐던 만세운동의 흔적은 그로부터 한 세기가 흐른 지금 수피아여고로 맥을 이어온 남구 양림동 교정에서 만나볼 수 있다.
수피아여학교는 1919년 3월 만세운동과 1929년 광주학생독립운동에 전교생이 참여하고 1937년에는 신사참배를 거부해 학교 문을 스스로 닫았다.
학교는 해방을 맞은 1945년 8월에야 다시 문을 열었다.
동문과 재학생, 교사, 지역사회는 광복 50주년인 1995년 수피아여고 교정 초입에 7.3m 높이의 만세운동 기념비를 세웠다.
여학생 4명이 태극기를 들고 만세를 부르는 모습을 청동상으로 꾸민 기념비의 좌대에는 학생 20명, 교사 2명, 졸업생 1명 등 옥고를 치른 23명의 이름을 새겼다.
1911년 세운 이 학교 최초의 건물 수피아홀은 근대문화유산인 문화재청 등록문화재 제158호로 지정돼 태극기를 만들던 학생들이 밤을 지새운 당시 모습을 간직하고 있다.
국가보훈처가 지정한 독립운동 분야 현충 시설이기도 한 수피아홀은 '만세 시위 준비지'로서 지금은 학교 역사관으로 사용되고 있다.
홍인화 수피아여고 역사연구소장은 "맹인, 기생 등 각계각층이 합세한 만세운동은 광주정신으로 살아남았다"며 "숭고한 정신은 1929년 광주학생독립운동과 1980년 5월 민중항쟁으로 이어졌다"고 말했다.
* Google 翻訳
「日本憲兵が振り回した諸島の左腕を失った女子学生は、体から離れていった手に握られていた太極旗をもう一方の手で再拾っての独立万歳をさえ外こすり」
ホンインファスピア女子高校歴史研究所長光州でも1919年3月に野火のように他の上がった万歳運動の一場面をこう説明した。
100年前のその日万歳行列を先頭に立って導いた主人公は、「朝鮮のヒョルニョ(血女)」「南道の柳寛順」と呼ばれるスピア女学校2​​年生ユンヒョンスク(1900~1950)烈士だ。
日本の残酷な拷問に右眼まで失ったユン烈士は4ヶ月間服役を行った後、故郷である全羅南道麗水に戻ってきた転置ない体で抗日運動を続けた。
ユン烈士の屈曲した人生は民族が再び悲劇を向き合った1950年幕を下ろした。 冷酷日本さえ奪っかなかった彼の生は人民軍の銃弾によって倒れた。
民族気象を世界万国に知らせた1919年の全国的な万歳運動は光州でユン烈士をはじめとスピア女学校生徒と教師が出発点に立った。
地域出身の日本の留学生ジョングァンホが「2・8独立宣言」を持って帰郷し、光州でも万歳運動の芽がウム開いた。
スピア女学校バクエスン教師は独立宣言を配って、パリで開かれた万国強化会議を説明し、学生も万歳運動に参加しなければなら正当性を教えた。
その年の1月に崩御した高宗皇帝が日本で毒されたという知らせを聞いて、憤慨していた学生は、万歳運動に参加することに意味を固めた。
大きな長開かれる3月8日に予定していた光州万歳運動は、ソウルと連絡を交わしていたチェフンジョン長老が上京して3・1運動に飛び込んだが逮捕され、広州浮動校の下に小さな市場が立つ10日遅らせた。
スピア女学校の生徒は、居士を翌日に控えた9日夜、学校の建物であり、寮だったスピアホール地下礼拝堂に集まって、高宗皇帝の葬儀の日に着ていスカートを強要一晩太極旗を作った。
居士当日の午後2時に入るとユン烈士を含むスピア女学校の生徒は、小売りで太極旗をで隠し校正に集まった。
チマチョゴリ姿の学生がアリランを歌ってヤンリム校と光州川辺を経て浮動校へ向かいながら、光州でも万歳運動が始まった。
万歳運動報せに接したスンイル学校と光州農業学校の生徒、クリスチャン、住民など約1000人を超える人出も浮動校に集まった。
午後3時頃、太極旗と独立宣言を分けた群衆は、両腕を振り上げ首爆発するようの独立万歳を叫んだ。
光州警察署が桁た今のチュンジャンロ郵便局方面に万歳波が波のようにはした。
勢いにヌルリョトドン日本軍警は万歳行列が警察署に向かって近づいてくる銃を撃ち、ナイフを振り回す開始した。
行列先頭の片腕が切られても万歳を叫んだユン烈士の気概は日本軍警さえ驚かせた。
2台朝鮮総督長谷川喜美値翌日本国に送った給電は「光州でヤソギョ(クリスチャン)が主導した群衆の暴動が起きた朝鮮人1人が負傷しており、警察がデモを解散した」と記録されている。
片腕を失ったユン烈士が残っ腕太極旗を拾って者、体を下げる姿は、2014年、故郷麗水に建立された抗日独立運動記念塔の造形物にも刻まれている。
10日一日だけで100人以上が逮捕さたが、光州の民衆は、次の日の13日市日も立ち上がり万歳を叫んだ。
光州で他上がっ万歳運動の痕跡はそれから1世紀経った今スピア女子高で、Macを続けてきた南区ヤンリムドン校正で会ってみることができる。
スピア女学校は1919年3月万歳運動と1929年光州学生独立運動に全校生徒が参加して1937年には神社参拝を拒否して、学校のドアを自分で閉めた。
学校は解放を迎えた1945年8月になってようやく戻ってドアを開けた。
卒業生と在校生、教師、地域社会は光復50周年の1995年スピア女子高校正秒に7.3mの高さの万歳運動記念碑を立てた。
女子学生4人が太極旗を持って万歳を呼ぶ姿をブロンズ像に飾っ記念碑の台座には、学生20人、教師2人、卒業生1人など収監行った23人の名前を刻んだ。
1911年立てた学校の最初の建物スピアホールは近代文化遺産である文化財庁登録文化財第158号に指定されて太極旗を作っていた学生が夜を明かし、当時の姿を残している。
国家報勲処が指定された独立運動の分野ヒョンチュン施設でもあるスピアホールは「万歳デモ準備か」として、今では学校の歴史観に使用されている。
ホンインファスピア女子高歴史研究所長は「ブラインド、寄生など各界各層が合流した万歳運動は、光州精神的に生き残った」とし「崇高な精神は、1929年光州学生独立運動と1980年5月民衆抗争につながった」と語った。
百年前の独立運動に関連して抗日運動の一環として実施された万歳行列で、此の先頭に立ってた女学生が憲兵の軍刀で片腕を切断されても尚、太極旗をもう片方の腕で拾い上げたとする話が事実化してると云う。
スポーツ朝鮮は此れを二十四日付けで報道した。
軍刀が日本刀同然の切れ味を誇ってたと主張するが、此れは全くの出鱈目で在る事は今更云う迄も無い上に、憲兵と云うが実際は地元の警察で有り、此の警察官は実態は朝鮮人で在る。
朝鮮人同士の問題で在る上に、在りもしない虚構の作り話を持ち上げての日本叩きの材料にしたい意識が垣間見える。
そんな事が事実で有れば、我が国に対してとっくの昔に強請り集りの材料に使われてるし話も伝わって来てるが、実際にはそんな事は無かった。
新たな反日の為の材料にしたいのが見え見えで在る。
posted by 天野☆翔 at 23:18 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

平沢勝栄が政府の対応を問い質すが。

* 韓国・文議長「天皇陛下への謝罪要求発言」を平沢議員が国会で追及! 「この件だけは絶対に許せない」 (1/2ページ) - zakzak
 韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長による、「天皇陛下への謝罪要求」という、常軌を逸した非礼発言が、国会審議のテーマとなった。自民党の平沢勝栄議員が25日午前の衆院予算委員会で取り上げたのだ。文氏がメディアのインタビューで語った内容には、事実関係にも間違いや疑問点が指摘されている。平沢氏は、政府に対処方針について確認した。
 「この件だけは絶対に許せない。天皇陛下にかかわる問題で、放っておいたら既成事実として広がる可能性がある」
 平沢氏は25日朝、夕刊フジの取材にこう語った。怒りがにじんでいた。
 文議長は8日に報じられた米ブルームバーグのインタビューで、「彼(=天皇陛下)は戦争犯罪の主犯の息子ではないのか」といい、謝罪を要求した。
 昭和天皇が「戦争犯罪者」という事実誤認に基づく、考えられない暴言である。日本政府は「謝罪と撤回」を求めたが、文議長は応じなかった。
 それどころか、韓国・聯合ニュース(日本語版)は18日、文議長の次のようなインタビュー内容を伝えた。
 《文氏は10年前に天皇から韓国に行きたい、仲立ちしてほしいと言われた時、「何はともあれ、(慰安婦被害者の)ハルモニ(おばあさん)たちが集まっているところに行き、ひと言『すまない』と言うだけでいい」と話した》
 政治的発言を避けられてきた天皇陛下が、このような言動をされたとは考えにくい。
 このため、夕刊フジは宮内庁に対し、天皇陛下が、文議長とご面会された事実はあるのかなどついて質問状を送った。
 宮内庁は21日、「御面会になった記録はありません」と回答した。
 平沢氏は予算委員会で、政府に対し、文議長の非礼発言にどう対応するのかを確認した。政府は決然とした姿勢を示すべきだ。
南朝鮮国会議長の文喜相の天皇陛下への謝罪要求に対して、自由民主党の平沢勝栄代議士が衆議院予算委員会で此れを問い質し追及したが、最早遺憾は通用しない事を政府や総理官邸は自覚すべきで有ろう。
実質的な制裁を課さなければ為らない次元に迄来てるのだ。
世界貿易機関の案件を鑑みた上で慎重な姿勢を見せてるのだろうが、こんな対応をして居たら益々南朝鮮は増長し付け上がるだけで在る。
南朝鮮に進出してる企業に撤退命令を出す必要性も在るのだ。
徴用工問題訴訟判決等の案件で、我が国は強請り集りの対象に為ってる事実を見ても其れは明らかで在る。
企業は進出してる時点で極めて危険なのだと云う事を、日本経済団体連合会共々認識させる必要が在る。
口だけの姿勢は駄目で行動が伴わなければ何も話は進まない。
此処を自覚すべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 22:53 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

醜悪なTVタックル。

* 室井佑月、「天皇陛下の謝罪も考えてみる余地がある」発言で炎上 北村弁護士は「大変な間違い」と反論 - リアルライブ
 24日放送の『TVタックル』(テレビ朝日系)で、小説家の室井佑月が、天皇陛下に過去の歴史を謝罪せよなどと発言した韓国国会議長の発言を受け入れるべきとする趣旨の発言を行い、批判が集まっている。
 番組では「国民が怒っているニュース」として、韓国国会議長の発言を紹介。新橋や巣鴨で実施された街頭インタビューでは、「遺憾砲はもう要らない」「堪忍袋の緒が切れたところを見せるべきだ」と怒りの声が続々と寄せられる。
 これについて、阿川佐和子は「韓国のほうが一枚上手」と指摘。さらに、室井は「拉致被害者の問題があって、韓国と仲良くしないほうがいいっていうのはないと思うんだけど」と、街頭インタビューの声を真っ向から否定した。
 次に番組は、諸問題が解決しているにもかかわらず、約束を反故し続ける韓国政府の話題に。北村晴男弁護士はこの件について、「約束を守らない政府なんですよ。国民は別ですよ」と指摘。その上で、
 「今回また謝ればいいんだという人がいるとすれば大変な間違いで、結婚詐欺師の人が、ここにいて、結婚詐欺を3回続けてきました。『でも今回は本当なんだ。俺は本気だから全財産くれ』と言ってるようなもんですよ。そんなこと絶対しちゃダメなんですよ」
 と韓国に謝罪をする必要がないことを強調する。
 これに憤然とした顔で反論したのが親韓派の室井。「結婚詐欺師の男で毎回毎回今回はみたい(不自然にカット)、結婚詐欺師なら二度と会わないようにすればいいけど、国の位置は変えられない」と指摘し、
 「何回何回嘘をついても次こそはって…」と、「韓国を信じろ」という趣旨の発言。元衆議院議員の金子恵美氏は「今回は引いちゃいけない。踏み込んで制裁を」と返すと、
 「じゃあその事も言ってみたらいいじゃない。私は考えてみる余地がある」と天皇陛下の韓国に向けた謝罪を容認する発言。さらに、阿川も「日本は(ドラえもんの)のび太なんだもん。絶対殴り返さないってことを世界が知ってるから。絶対ダメだよって言っても怖くないもん」と、なぜか韓国目線で「怖くない」とコメントする。
 これについて、金子氏は「今回は制裁を辞さない態度で」と話す。しかし、阿川は「じゃあ何をするんですか?」と喧嘩腰。金子氏が「フッ化水素の輸出禁止」を提案すると、阿川は「制裁してもダメージはもうない。韓国製品は売れている」と応酬する。
 金子氏はそれでも制裁論を唱えるが、阿川は「そのやり方ってどうなんですかぁ」と少々小馬鹿にしたような発言で応酬した。その様子は憤りを口にした日本人に対する挑発とも受け取れるものだった。
 意見の分かれた議論だが、ネット上では圧倒的に北村弁護士と金子氏の「韓国制裁論」が支持を受けており、『ひるおび!』(TBS系)に続き天皇陛下の謝罪を支持するような発言を繰り返した室井については、「酷い」「日本視点がまったくない」「韓国からのゲストですか?」など批判が相次ぎ、炎上状態に。また、阿川にも「日本を馬鹿にしている」など、猛批判が寄せられた。
 韓国への制裁については、様々な影響を考え慎重に検討を重ねる必要があるだろうが、レーダ照射や竹島、そして解決済みの諸問題についての反故など、日本国民の我慢が限界に達し、「何らかの対応を取るべきだ」という声を挙げる日本人が大半である。
 「また信じて韓国の言う通り天皇陛下に謝罪をさせてみては」という室井の論理は多くの日本人が違和感を覚え、憤りを感じている。それでも「日本が謝ればいい」と訴える室井や阿川。彼女たちの目に「日本の歴史と日本人の誇り」、そして「日本の国民感情」はどう映っているのだろうか?
二十四日放映分の内容が極めて醜悪な内容で在った。
南朝鮮国会議長の文喜相が天皇陛下へ謝罪要求した事に関して、阿川佐和子は此れを容認し、室井佑月は謝罪させて見たら良いと追認する発言をした。
全くを以て国民感情から掛け離れた意識での物言いには呆れ果てて開いた口が塞がらない。
今回の案件は李明博の事案に次いで国民を激怒させたのだ。
そんな事にお構い無く平然と発言する姿には辟易する。
我が国は最早謝罪する必要性は皆無なのだ。
日本国と南朝鮮との間の基本関係に関する条約や、財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と南朝鮮との間の協定で完全に解決してるのだから。
後は青瓦台が全責任を負って賠償に応じれば良いだけの話なのだ。
posted by 天野☆翔 at 22:42 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

天皇陛下に謝罪を求める気違い共。

* 태평양전쟁유족회 "日王 퇴위전 사죄 방한" 촉구
3・1 운동 100주년을 맞아 태평양전쟁희생자 유족회가 아키히토(明仁) 일왕의 퇴위 전 사죄를 위한 한국 방문을 촉구하고 나선다.
태평양전쟁희생자 유족회 양순임(사진) 회장은 25일 세계일보와의 통화에서 “태평양전쟁희생자 유족회와 대한민국대일(對日)민족소송단은 아키히토 일왕의 선(先) 사죄・후(後) 양위(讓位)를 위해 아키히토 일왕의 방한 초청을 선포할 예정”이라며 “만일 이(사죄)를 실행하지 않고 양위가 이행될 때 일왕가의 책임과 악업을 다시 나루히토(コ仁) 왕세자에게 대물림을 천명할 것”이라고 밝혔다.
아키히토 일왕은 제2차 세계대전 당시 일왕인 히로히토(裕仁) 일왕의 아들이다. 오는 4월30일 퇴위하고 5월31일 아들인 나루히토 왕세자가 새 일왕이 된다. 문희상 국회의장은 최근 히로히토 일왕의 아들인 아키히토 일왕이 사죄 한 마디면 일본군위안부 문제 등이 해결된다는 취지의 발언을 하기도 했다.
태평양전쟁희생자유족회, 대한민국대일민족소송단, 태평양전쟁피해희생자전국연합회는 이와 관련해 25일 오후 2시 주한 일본대사관 앞에서 아키히토 일왕의 사죄 방한을 촉구하는 기자회견을 할 예정이다. 3단체는 기자회견에서 △아키히토 일왕의 선사죄・후양위를 위한 방한 초청 △한국인 강제징용・징집 군인 군속 36만면 중 미공개 13만명 명단 공개 △1945년 1월 이후 징집・징용 군인 및 군속과 소년항공병 명단 공개 △태평양전쟁희생자 유해발굴봉환에 대한 일본 정부 책임 이행 △전쟁국가부활을 위한 일본 헌법 수정 기도 중단 등을 요구할 예정이다.
* Google 翻訳
3・1運動100周年を迎え太平洋戦争犠牲者遺族会が明仁(明仁)天皇の退位前謝罪のための韓国訪問を促して出る。
太平洋戦争犠牲者遺族会両唇である(写真)会長は25日、世界日報との通話で「太平洋戦争犠牲者遺族会と大韓民国対(對日)民族訴訟団は天皇の先に謝罪・後(後)譲位(讓位)のために天皇の訪韓招請を宣言する予定」とし「もしこの(謝罪)を実行せずに譲位が履行されたときイルワンガの責任と悪行を再徳仁(コ仁)皇太子に相続を明らかにすることがだろう」と明らかにした。
天皇は、第二次世界大戦当時、天皇の裕仁(裕仁)天皇の息子である。 来る4月30日退位し、5月31日の息子である徳仁皇太子が新しい天皇になる。 ムン・ヒサン国会議長は、最近昭和天皇の息子である天皇が謝罪一言面日本軍慰安婦問題などが解決されるという趣旨の発言をした。
太平洋戦争犠牲者遺族会、大韓民国対民族訴訟ただし、太平洋戦争被害の犠牲者全国連合会は、これに関連し、25日午後2時日本大使館の前で天皇の謝罪訪韓を要求する記者会見をする予定である。 3団体は記者会見で、△天皇の線謝罪・後譲位のため訪韓招請△韓国人強制徴用・徴兵軍人軍属36満面の未公開13万人名簿公開△1945年1月以降徴集・徴用軍人と軍属と少年航空兵名簿公開△太平洋戦争犠牲者遺骨発掘奉還に対する日本政府の責任の履行△戦争国家復活のための日本の憲法修正祈り中断などを要求する予定だ。
南朝鮮メディアの世界日報は、戦争犠牲者遺族会や対日民族訴訟団や戦争被害犠牲者全国聨合の等三団体の声明として天皇陛下が譲位前に訪問し謝罪しなければ、皇太子殿下にも此の負の遺産を引き継がせ謝罪させると明言した。
此の発言をした梁順任は朝日新聞元記者の植村隆の義理の母親で在る。
此処でも関係者が暗躍してるのには辟易する。
更に記事の原文には天皇では無く日王だのと相も変わらずの主張で在る。
我が国は王族制度は無いのだが、こうしたい願望が在るのかと。
全く呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 17:51 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

極めて醜悪な朝日新聞の社説。

* (社説)沖縄県民投票 結果に真摯に向きあえ:朝日新聞デジタル
 沖縄県民は「辺野古ノー」の強い意思を改めて表明した。この事態を受けてなお、安倍政権は破綻(はたん)が明らかな計画を推し進めるつもりだろうか。
 米軍普天間飛行場を移設するために辺野古の海を埋め立てることの賛否を問うた昨日の県民投票は、「反対」が圧倒的多数を占めた。全有権者の4分の1を超えたため、県民投票条例に基づき、結果は日米両政府に通知され、玉城デニー知事はこれを尊重する義務を負う。
 知事選や国政選挙などを通じて、沖縄の民意ははっきり示されてきた。だが、争点を一つに絞り、曲折を経て、全県で実施された今回の投票の重みは、また違ったものがある。自民、公明両党などが「自主投票」を掲げ、組織的な運動をしなかったことから心配された投票率も、50%を上回った。
 法的拘束力はないとはいえ、政府は今度こそ、県民の意見に真摯(しんし)に耳を傾けねばならない。
 辺野古問題がここまでこじれた原因は、有無を言わさぬ現政権の強硬姿勢がある。
 最近も、埋め立て承認を撤回した知事の判断を脱法的な手法で無効化し、土砂の投入に踏みきった。建設予定海域に想定外の軟弱地盤が広がることを把握しながらそれを隠し続け、今も工期や費用について確たる見通しをもたないまま「辺野古が唯一の解決策」と唱える。
 自分たちの行いを正当化するために持ちだすのが、「外交・安全保障は国の専権事項」という決まり文句だ。たしかに国の存在や判断抜きに外交・安保を語ることはできない。だからといって、ひとつの県に過重な負担を強い、異議申し立てを封殺していいはずがない。
 日本国憲法には、法の下の平等、基本的人権の尊重、地方自治の原則が明記されている。民主主義国家において民意と乖離(かいり)した外交・安保政策は成り立たず、また、住民の反発と敵意に囲まれるなかで基地の安定的な運用など望むべくもない。この当たり前の事実に、政府は目を向けるべきだ。
 政府だけではない。県民投票に向けて署名集めに取り組んできた人たちは、沖縄という地域を超え、全国で議論が深まることに期待を寄せる。
 自分たちのまちで、同じような問題が持ちあがり、政府が同じような振る舞いをしたら、自分はどうするか。そんな視点で辺野古問題を考えてみるのも、ひとつの方法だろう。
 沖縄の声をどう受けとめ、向き合うか。問われているのは、国のありようそのものだ。
辺野古基地移設の是非を問う県民投票の結果を受けて、朝日新聞は此の案件を混迷化させたのは安倍内閣だとして責任転嫁の報道をしたが、混迷化の原因は取りも直さず鳩山由紀夫の妄言で在る事を完全に無視した。
鳩山内閣で「最低でも県外」が全ての元凶で在る事は今更云う迄も無い事実で在る。
此れが発端と為って沖縄に混乱を来し現在に至る問題を長引かせてる要因で在るのだ。
其れを踏まえた上で、後々には勉強すればする程日米同盟の重要性を認識し此の発言を撤回し、辺野古基地移設を閣議決定し此れを進めて来た背景を無視してるのだ。
こうした時系列を全く排除した上でのこうした報道には大いに問題が在る。
posted by 天野☆翔 at 17:39 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

中央日報が朝日新聞記事を引用し報道。

* 朝日新聞「日本の統治がなければ徴用工・慰安婦問題おきなかった」 | Joongang Ilbo | 中央日報
日本の日刊紙「朝日新聞」が23日、「朝鮮半島で起きた3・1独立運動って?」というタイトルの記事を通じて100年前の三・一運動の背景と経過を紹介した。
同紙は「大陸への進出を考えていた日本は1910年に大韓帝国を併合した。当時、朝鮮の人たちは言論や出版、集会の自由などの権利をうばわれていた」とし「19年3月1日、いまのソウル中心部にある公園で、集まっていた群衆のなかから1人の学生が『独立宣言』を読みあげ始め、呼応して人々が『独立万歳』をさけんだ」と説明した。
また「その後、約2カ月間にわたって朝鮮半島全土で抗議活動が起き、日本側の取りしまりも激しかった」とし「朝鮮側の記録によると、約7500人の犠牲者が出た」と伝えた。それとともに「元徴用工や元慰安婦の問題は、日本の統治がなければ起きなかった」としながら「当時を韓国では『日帝時代』と呼んで学校でしっかり教える」ともした。
同紙は「日本にとっては(日帝の統治が)過去のことかもしれないけど、韓国の人たちは今に続くことととらえる傾向が強い」とし、韓国政府は今年三一節を迎えて全国で330余りの行事を準備し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も3月1日午前に演説すると伝えた。
朝日新聞の記事で徴用工や慰安婦問題は日本統治時代が無ければ起きなかったとする記事を引用し、此れを報道した。
当時の半島には言論等の自由が無かったとして、併合自体を無効化したいと云う意識を顕にした。
然し、此等の問題は朝鮮併合が無くても起きてた可能性は充分に有り、更に云うなら我が国の統治が無かったら今頃はロシアか支那の領土乃至属国で在った事実は変わらないだろう。
当時のアジア情勢を見る迄も無く此れは明らかだ。
為れば、今の朝鮮半島の歴史は無い事にも為る。
こうした実態をも見る事を放棄してる意識には辟易する。
朝日新聞は害悪で在るが、こうした国内の報道を喜んで記事化する中央日報も害悪で在る。
posted by 天野☆翔 at 17:32 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

南朝鮮の重箱の隅突き。

* 「1891年の日本検定地理教科書、独島は韓国領土」 | Joongang Ilbo | 中央日報
1890年に初版を発行した日本の地理教科書では独島(ドクト、日本名・竹島)が日本の領土と明示されず、韓国の領土と見るしかないという研究結果が出てきた。
韓哲昊(ハン・チョルホ)東国大歴史教育科教授は「日本内務省地理局の職員だった秦政治郎が作成した『中等教育大日本地誌』を分析し、日本政府が主張する独島固有領土論に反論する論拠を見つけた」と24日、明らかにした。
『中等教育大日本地誌』は1890年に初版が発行され、翌年に日本政府の検定を受けた日本の地理教科書。
韓教授は、この本の著者の秦政治郎は公務員として勤務した経験があり、地理実務に博学で、『中等教育大日本地誌』は当時の学校で教科書として広く使用されたという点に注目した。
この教科書の内容と地図で島根県が属する山陰道の位置と境域を記述した部分を確認した。島根県は「竹島の日」を制定した地域。
韓教授によると、教科書には「隠岐は北緯35度58分から36度21分までで、4つの島嶼と79の小島からなる一国」と記述されている。韓教授は「独島の緯度は北緯37度14分」とし「独島は隠岐の領域に含まれず、日本の領土でないという事実を明白にした」と強調した。
これは教科書に掲載された地図「大日本国全図」にさらに明確に表れていると、韓教授は強調した。この地図には日本と周辺国の「朝鮮」、ロシアの「樺太(サハリン)」の一部が描いている。また、挿し絵の形態で今日の沖縄の琉球諸島、東京から南に約1000キロ離れた小笠原島、北海道北東のクリル列島を意味する千島列島が表示されている。韓国の島では済州島(チェジュド)、巨文島(コムンド)、牛島(ウド)、巨済島(コジェド)があり、このほか韓半島(朝鮮半島)の東側に竹島と松島が描かれている。
韓教授は「地図に国境線がなく、竹島と松島がどこの国の所属なのかは正確に分からないが、樺太が描かれた点を考慮すると、海洋境界を表すために描いたと判断される」とし「竹島と松島は鬱陵島(ウルルンド)と独島を表示したものだ」と説明した。
このほか、秦政治郎が1891年に出した「尋常小学校地理歴史教科書生徒用」に掲載された同名の地図を見ると、日本領土と付属の島は色が塗られているが、竹島と松島をはじめとする外国領土には色がないと、韓教授は強調した。
韓教授は「教科書の本文と地図を総合すると、秦政治郎は竹島と松島の存在を知っていたが、2島を日本領土から除外して朝鮮領土と見なしたという事実が確認される」とし「この教科書が多くの学校で使用されたとすれば、独島は日本領土でないという認識は教育を通じて広まったはず」と主張した。
竹島問題で我が国の過去の教科書には自国の領土とする記載が無いからと云う理由で、中央日報は此れを論い意気揚々として記事化した。
教科書の内容は其の政権に拠って左右されるが、国としては竹島は我が国の領土で在る姿勢は不変で在る。
南朝鮮だって、竹島を外交的道具にしたのは比較的最近の事で在る。
此の実態を無視して、我が国の教科書問題を論い自国の領土だとする主張には、大いに無理が在る事を自覚して頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 17:25 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

文在寅の叶わぬ夢。

* 「新朝鮮半島体制を主導的に準備」 米朝再会談控え文大統領
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は米朝首脳会談を2日後に控えた25日、青瓦台(大統領府)で行った首席秘書官・補佐官会議で、「朝鮮半島の運命の主役はわれわれ」と述べるとともに、「歴史の隅ではなく中心に立ち、戦争と対立から平和と共存へ、陣営と理念から経済と繁栄へと進む新朝鮮半島体制を主導的に準備する」と表明した。
 文大統領は「朝鮮半島問題の主役として、南北関係と朝米(米朝)関係を好循環させ、非核化や恒久的な平和、共同繁栄への道へ進むよう最善を尽くす」と言明。「北の経済が開放されれば、周辺国や国際機関、国際資本が参入することになる」として、「その過程でもわれわれは主導権を失ってはならない」と強調した。
 米朝首脳会談については、「両首脳は誰も歩んだことがない道を歩み、ここまで来た」と評価。「トランプ大統領は過去の北核外交の失敗を繰り返さないため、大胆な決断や新しい外交戦略で対北外交を直接率いている」として、「地球上で最後に残った冷戦体制の解体に成功すれば、世界史に残る一つの偉大な業績になる」と言及した。
 その上で、「核の代わりに経済発展を選び、過去から未来へ進もうとする(北朝鮮の)金委員長の決断にも拍手を送りたい」として、「両首脳に声援を送り、会談の成功を望んでいるのは朝鮮半島で戦争の脅威や安全保障の不安を解消し、平和経済の時代に進むことが可能な決定的な契機になるため」と説明。「今回の会談が成功すれば、それからが本当の始まり」との認識を示した。
アメリカと北朝鮮の首脳会談を目前にして、「朝鮮半島の運命の主役は我々」と曰い、「歴史の隅では無く中心に立ち、戦争と対立から平和と共存へ、陣営と理念から経済と繁栄へと進む新朝鮮半島体制を主導的に準備する」と表明した。
北朝鮮の案件でアメリカから疎まれ、北朝鮮からも無視されてるのに、此の強硬的な意識は一体何処から来るのか。
朝鮮半島の統一は何れ来るのだとしても、其処に南朝鮮が主導的立場で居合わせる事は無いだろう。
何を夢見てるのかと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 17:20 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

辺野古基地移設の是非を問う県民投票結果。

* 辺野古埋め立て反対が72% 沖縄県民投票、52%投じる | 共同通信
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る県民投票は24日投開票の結果、辺野古沿岸部の埋め立てに「反対」が72.2%となった。投票率は、住民投票の有効性を測る一つの目安とされる50%を超えて52.48%だった。玉城デニー知事は近く安倍晋三首相とトランプ米大統領に結果を伝達する。県側は民意を踏まえ、改めて移設を断念するよう迫るが、県民投票結果に法的拘束力はなく、政府は推進方針を堅持する見通しだ。「賛成」は19.1%、「どちらでもない」は8.8%。
 反対票は投票資格者の4分の1に達した。投票条例に基づき、玉城氏には結果を尊重する義務が生じた。
其の結果、埋め立て反対を投じたのは得票数52.4%の内72%で有り過半数を超過したと云う。
然し、此の投票の結果には法的拘束力が一切無く、結局は意思表明でしか無い無意味なものでしか無かった。
巨額の税金を使っての投票には無理が在った。
第一、全有権者の内多くて三人に一人が反対で有れば、他の三分の二の意思は無視されてると云う事で有ろう。
殊に48%の人は投票自体を無駄な事として拒否したと云う意思表示でも在る。
有効得票数に達したからと云って、此の結果は飽く迄少数の意見が反映されただけに過ぎない。
此れが「オール沖縄」の民意で在った事を、辺野古基地移設反対派の面々は自覚しなければ為らない。
posted by 天野☆翔 at 05:51 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

満開の河津桜。

近所の河川敷の公園で河津桜が満開に為って居ました。
満開の河津桜 満開の河津桜。
満開の河津桜2 満開の河津桜2。
満開の河津桜3 満開の河津桜3。
満開の河津桜4 満開の河津桜4。
posted by 天野☆翔 at 17:43 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

天皇陛下御在位三十周年記念式典が営まれました。

* 象徴に「誇りと喜び」=感謝の言葉、何度も−天皇陛下、在位30年式典:時事ドットコム
 「天皇としての務めを、人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことでした」。24日に行われた天皇陛下の在位30年記念式典。退位を約2カ月後に控えた陛下は、国民統合の象徴としての「誇りと喜び」を持って務めを果たしてきたと述べ、時折声を震わせ、国内外に何度も感謝の言葉を口にされた。
 式典は東京・国立劇場で午後2時に始まった。即位以来、象徴像を模索し続けた日々を振り返り、天皇の務めを果たしてこられたのは、象徴として「誇りと喜び」を持てる国民の存在と、日本が過去の歴史の中でつくり上げてきた「民度」のおかげだったと述べた。
 陛下は、日本で戦争がなかった平成時代を「国民の平和を希求する強い意志」に支えられたと述べた。被災地で多くの悲しみに遭遇し、けなげに耐える人々や、それに寄り添う全国の人々の姿も思い返し、自身も困難な人々に寄り添い続けた。しかし、象徴像を模索する道は果てしなく遠かったと心情を吐露。陛下が追い求めた象徴像を皇太子さまら次世代が補うことを願った。br  「ともどもに平(たひ)らけき代(よ)を築かむと諸人(もろひと)のことば国うちに充(み)つ」。平成が始まって間もなく皇后さまが詠んだ和歌も紹介し、昭和天皇逝去により深い悲しみの中で即位した直後の心情も明かした。この頃全国各地から「私たちも皇室と共に平和な日本をつくっていく」との言葉が寄せられたことを明かし、「静かな中にも決意に満ちた言葉を、私どもは今も大切に心にとどめています」と声を震わせながら語った。
 陛下は「お言葉」の後半で、最初に戻って読み上げる場面があったが、皇后さまのサポートで正しく読み直した。
* 在位30年「誠に感慨深い」=天皇陛下、国内外に謝意−安倍首相、福島知事ら参列:時事ドットコム
 政府主催の天皇陛下在位30年記念式典が24日午後、東京都千代田区の国立劇場で開かれた。4月30日に退位する陛下は、平成時代を振り返り、「国の内外の祝意に包まれ、このような日を迎えることを誠に感慨深く思います」と謝意を述べられた。
 式典には天皇、皇后両陛下をはじめ、三権の長、閣僚、各国の駐日大使、各界の代表ら約1100人が参列。三権の長、駐日大使代表に続き、福島県の内堀雅雄知事と川口順子元外相が国民を代表してあいさつした。
 陛下は「日本は国民の平和を希求する強い意志に支えられ、近現代において初めて戦争がない時代を持ちました」としつつ、「多くの予想せぬ困難に直面した時代でもありました」と平成を回顧。災害が相次いだことにも触れ、被災地の人々や、寄り添った全国の人々の姿を「私の在位中の忘れ難い記憶の一つです」と話した。
 安倍晋三首相は「30年の長きにわたって、国民に常に寄り添ってこられた両陛下のお姿を、私たちは決して忘れることはありません」と述べた。
 内堀知事は、両陛下が東日本大震災後、福島県を重ねて訪れたことに触れ、「地震、津波、原子力災害という世界に例を見ない複合災害からの復興を進める福島県民は、明日に向けて歩みを進める勇気をいただきました」と感謝した。  式典では、女優の波乃久里子さんが両陛下の和歌を朗読した。2003年の歌会始で「町」を題に詠んだ歌で、陛下が「我が国の旅重ねきて思ふかな年経る毎に町はととのふ」、皇后さまが「ひと時の幸(さち)分かつがに人びとの佇(たたず)むゆふべ町に花降る」。
 続く記念演奏では、陛下の琉歌に皇后さまが曲を付けた「歌声の響」を沖縄県出身の歌手三浦大知さんが、皇后さま作曲の「おもひ子」をソプラノ歌手の鮫島有美子さんがそれぞれ歌った。
* 主な式典におけるおことば(平成31年):天皇陛下のおことば - 宮内庁
天皇陛下御在位三十年記念式典
平成31年2月24日(日)(国立劇場)

在位三十年に当たり,政府並びに国の内外から寄せられた祝意に対し,深く感謝いたします。
即位から30年,こと多く過ぎた日々を振り返り,今日こうして国の内外の祝意に包まれ,このような日を迎えることを誠に感慨深く思います。
平成の30年間,日本は国民の平和を希求する強い意志に支えられ,近現代において初めて戦争を経験せぬ時代を持ちましたが,それはまた,決して平坦な時代ではなく,多くの予想せぬ困難に直面した時代でもありました。世界は気候変動の周期に入り,我が国も多くの自然災害に襲われ,また高齢化,少子化による人口構造の変化から,過去に経験のない多くの社会現象にも直面しました。島国として比較的恵まれた形で独自の文化を育ててきた我が国も,今,グローバル化する世界の中で,更に外に向かって開かれ,その中で叡智を持って自らの立場を確立し,誠意を持って他国との関係を構築していくことが求められているのではないかと思います。
天皇として即位して以来今日まで,日々国の安寧と人々の幸せを祈り,象徴としていかにあるべきかを考えつつ過ごしてきました。しかし憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く,これから先,私を継いでいく人たちが,次の時代,更に次の時代と象徴のあるべき姿を求め,先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています。
天皇としてのこれまでの務めを,人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことでした。これまでの私の全ての仕事は,国の組織の同意と支持のもと,初めて行い得たものであり,私がこれまで果たすべき務めを果たしてこられたのは,その統合の象徴であることに,誇りと喜びを持つことのできるこの国の人々の存在と,過去から今に至る長い年月に,日本人がつくり上げてきた,この国の持つ民度のお陰でした。災害の相次いだこの30年を通し,不幸にも被災の地で多くの悲しみに遭遇しながらも,健気に耐え抜いてきた人々,そして被災地の哀しみを我が事とし,様々な形で寄り添い続けてきた全国の人々の姿は,私の在位中の忘れ難い記憶の一つです。
今日この機会に,日本が苦しみと悲しみのさ中にあった時,少なからぬ関心を寄せられた諸外国の方々にも,お礼の気持ちを述べたく思います。数知れぬ多くの国や国際機関,また地域が,心のこもった援助を与えてくださいました。心より深く感謝いたします。
平成が始まって間もなく,皇后は感慨のこもった一首の歌を記しています。
 ともどもに平らけき代を築かむと諸人のことば国うちに充つ
平成は昭和天皇の崩御と共に,深い悲しみに沈む涼闇の中に歩みを始めました。そのような時でしたから,この歌にある「言葉」は,決して声高に語られたものではありませんでした。
しかしこの頃,全国各地より寄せられた「私たちも皇室と共に平和な日本をつくっていく」という静かな中にも決意に満ちた言葉を,私どもは今も大切に心にとどめています。
在位三十年に当たり,今日このような式典を催してくださった皆様に厚く感謝の意を表し,ここに改めて,我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。
一つの時代として戦争の無い時代を間も無く終えられる事に対して此れに感謝する一方、大地震と大津波や台風に拠る大規模な被害等の自然災害に対して此れを憂いる思い等を述べられました。
一国民として此の日を迎えられた事に大きな慶びで有ります。
幾久しく御健勝で有られる事を切に願い御祈り申し上げます。
本日は誠に御目出当御座居ます。
posted by 天野☆翔 at 17:35 | Comment(0) | The imperial family | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

ドナルド・キーン氏逝去される。

* ドナルド・キーンさん死去=世界に日本文学紹介、震災後移住−96歳:時事ドットコム
 日本文学研究者として作品を広く世界に紹介し、文化勲章を受章したコロンビア大名誉教授のドナルド・キーンさんが24日午前6時21分、心不全のため東京都内の病院で死去した。96歳だった。葬儀は親族のみで行い、後日お別れの会を開く。喪主は養子で浄瑠璃三味線奏者のキーン誠己(せいき)さん。
 1922年、米ニューヨーク生まれ。コロンビア大で学び、英訳された「源氏物語」に感動、日本研究を志した。太平洋戦争開戦後、米海軍の学校で日本語を習得し、ホノルルなどで日本軍の文献翻訳などを担当。終戦直後に東京を訪れ、戦争による荒廃ぶりを目の当たりにした。
 その後、コロンビア大に復学し、ハーバード、ケンブリッジ大を経て、53年に京都大大学院へ留学。川端康成や谷崎潤一郎、三島由紀夫ら文壇の大家と交流した。帰米後、「方丈記」や「奥の細道」などを翻訳収録した「日本文学選集・古典編」を刊行。
 60年コロンビア大教授となり、2年後に海外への日本文学紹介の功績が認められて菊池寛賞を受賞。その後も、日米を往復し、三島や安部公房の作品紹介に力を入れるなど精力的に活動した。
 日本人の日記の文学的価値を探究した「百代(はくたい)の過客(かかく)」で85年に読売文学賞などを受賞。86年にはコロンビア大にドナルド・キーン日本文化センターが設立された。2002年に文化功労者、08年には文化勲章を受章した。
 11年3月の東日本大震災をきっかけに日本定住を決め、秋から東京在住。翌年に日本国籍を取得した。13年には現代俳句大賞を受けた。著書に「日本文学の歴史」「明治天皇」「石川啄木」など。  誠己さんはキーンさんの死去について、「苦しむこともなく、穏やかに永遠の眠りにつきました。日本文学に生涯をささげ、日本人として日本の土になることが父の長年の夢でしたから、この上なく幸せな一生だったと確信しています」との談話を発表した。
日本文学を翻訳し世界中に此れを広め、又、直近では日本国籍を取得し我が国に帰化し永住しようとした氏が、心不全の為に逝去された事が明らかに成りました。
様々な栄誉が贈られ、コロンビア大学には日本文化センターが開設されたりと、其の動きは精力的で有りました。
非常に残念で為らない。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 17:22 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

今こそ南朝鮮に制裁をと門田隆将氏。

* 門田隆将オフィシャルサイト | kadotaryusho.com
韓国への「制裁発動」の機は熟した
今日は、「竹島の日」である。韓国では「独島(注=竹島の韓国での呼称)は我々の領土だ」として日本の大使館や総領事館の前で「公館の安寧の妨害、威厳の侵害を防止する」ことを定めたウィーン条約に違反するナショナリズム剥(む)き出しの抗議デモがおこなわれている。
3月1日には、「3・1運動100周年」があるので、いよいよ、彼らの“いつもの”非礼な行動もクライマックスを迎える。しかし、これまで何度も書いてきたように、それは「日韓の真の未来」のためには、大きなチャンスなのである。
満を持した韓国への「制裁発動」の最大の好機ということだ。ポイントは、いわゆる“徴用工”判決の犠牲者である新日鉄住金の資産売却が「現実になった時」にある。国際法を無視し、外国の企業の資産を勝手に売ってしまうのだから、それを許す国は、もはや「法治国家」とは言えない。
20日の衆院予算委員会で河野太郎外相は、“徴用工”裁判の原告側代理人が15日、都内の新日鉄住金本社前で、すでに差し押さえている韓国内の同社資産を「売却、現金化の手続きを始める」と宣言したことを受け、「万が一の時には、さまざまな対抗策を発動する用意がある」と語った。
「やっとここまで来たか」と感慨深い国民は少なくないだろう。実現すれば、いよいよ韓国との本気の闘いが始まるからだ。それは「日韓の真の未来」のためには、絶対通らなければならない「道」なのである。
“徴用工”判決や慰安婦「癒し財団」の解散、レーダー照射事件……そして、韓国の三権の長である文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の天皇への非礼発言など、もはや、日本が韓国と「正常な関係」を維持できる状態でないことは間違いない。
そもそも天皇が、なぜ韓国の慰安婦の手を取って謝罪しなければいけないのか、私には理由がわからない。慰安婦は、たしかに薄幸な女性たちである。だが、彼女たちはあの貧困の時代に、高額の報酬と引きかえに「身を売っていた」人たちである。
貧困ゆえに、あるいはさまざまな事情で、当時の上等兵の給料の30倍という驚くような高額の報酬を得て、身を売っていた人たちだ。
朝日新聞が書き立て、韓国が躍った「日本軍や日本の官憲による“嫌がる婦女子”の強制連行」という話は、とっくに破綻している。高額報酬を謳(うた)った新聞広告に応募した女性たちは、実際に、各地の方面軍司令官の給与を遥かに超える収入を得た。
つまり、彼女たちを「強制連行」しなければならない理由など、どこにも存在しなかった。それぞれの事情で春を鬻(ひさ)ぐ商売についていた彼女たちの「なに」に対して天皇は「手を取って謝罪」しなければならないのだろうか。
しかも、日本は人道的見地から彼女たちに何度も手を差しのべてきた。それは、朝鮮半島出身の労働者たちに対するものも含め、ほかの敗戦国とは比較にならないほどの手厚いものだったと言えるだろう。
2015年12月の慰安婦問題「日韓合意」の前にもアジア女性基金を立ち上げ、慰安婦たちに償い金を支払い、橋本(龍)、小渕、森、小泉という4人の首相がお詫びの手紙も併せて送っている。
何度も何度も、日本は「これで解決する」という韓国側に乗せられ、謝罪をくり返してきた。今回は、その末の天皇への非礼な謝罪要求だったのである。国民ももはや看過することはできないだろう。
そして、いよいよ差し押さえられた新日鉄住金の資産に対する「売却手続き」が始まる。どこにも非がなく、真面目に、そして、まっとうに企業活動をつづけている新日鉄住金に対して、そのようなことをおこなう国を放置するわけにはいかない。
ついに機は熟したのだ。対抗策として、韓国製品の関税引き上げなどが取り沙汰されているが、私は、今こそ「伝家の宝刀」を抜く時だと思う。
それは、「外為法16条」の適用対象国に「韓国を指定」することだ。つまり、韓国への送金を政府の「許可制」とするのである。
すでに北朝鮮にはこれが適用されている。日本の企業の資産を不法に侵す韓国に対しても、北朝鮮と同様、外為法16条の適用をおこなうべきである。「日本企業を守るため」のものなので、それは、政府としても当然の措置と言える。
この制裁は、韓国にとって致命傷となる。韓国経済はおそらく一気に沈むだろう。「許可制」とは、日本政府がその国への送金を「嫌がっている」という意味である。企業はこの手続きの煩雑(はんざつ)さと、政府の意向を感じとって、韓国から距離を取らざるを得なくなる。
狙いはそこにある。日本企業が韓国から引きはじめたら、脆弱な韓国経済はあっという間に破綻する。文在寅政権がとった2年連続の「最低賃金の引き上げ」策は、韓国企業に最低賃金の30%アップという大変な負担をもたらしている。
韓国企業は、“雇い止め”という対抗策を講じるほかなく、韓国の若年層は、現在、失業率が実に「10%以上」となり、もがき苦しんでいる。経済音痴の文大統領には、最低賃金の「大幅アップ」が失業率の増大をもたらすという経済原理が理解できないのである。
韓国の若者には「日本企業への就職」が最大の願望となっているが、そこにも制裁を課す必要がある。いくら人手不足であろうと、日本企業は、これを受け入れてはならない。ここでぐっと我慢しなければならないのだ。
経済産業省は、各業界に「韓国からの就職希望者を採用しないように」と“内部通達”して、敢然とした姿勢を示せばいいのである。あっという間に韓国は社会不安に陥るだろう。
たった二つの制裁で、韓国は事実上、破綻する。当然、文政権は倒れるだろう。しかし、文政権が倒れても、日本は制裁を緩めてはならない。
毅然とした姿勢を示すのは、むしろ「それから」だ。なぜ韓国は、歴史の「真実」に目を向けないのか――日本側のこの言い分を伝えるのは、「それから」なのだ。
日本は朝鮮半島の発展に長年、寄与し、今の豊かな社会の礎を築いたし、女性を“姓奴隷”にするようなこともやっていない。その歴史の真実を韓国民にわかってもらうチャンスが、その時、「初めてやって来る」のである。
「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」に煽られて、慰安婦問題で虚偽の事実を信じ込まされてきたことに気づいてもらえばいいのだ。毅然と“伝家の宝刀”を抜き、韓国に、日本に対してもアメリカや中国に対するのと同様の「節度」と「敬意」を持ってもらえばいいのである。
しかし、日本には、日韓議員連盟や媚韓メディアが多数存在する。制裁をストップさせようと、さまざまな工作と攻撃が波状的に「安倍政権を襲う」だろう。
その時に、国民がいかに「韓国への制裁」を支えるか。ポイントはそこにある。腰砕けに終わって、また韓国に舐められたまま、日本は不条理な行動を受けつづけるのか。それとも、敢然と制裁を続けるのか。国民の支持次第である。
韓国民が、自由主義国の一員として日・米・韓の同盟が最も大切であることを知るのは、日本の制裁による「痛み」と「苦しみ」、そして日本人の「怒りの根源」が身に染みてからのことである。
それこそが、「真の日韓関係」の第一歩なのだ。逆に、韓国への制裁をここで発動できず、国民から「なにもできない安倍政権」という叱声を受けるなら、亥年選挙の2019年は、安倍首相にとって間違いなく“痛恨の年”となるだろう。
日本国と南朝鮮との間の基本関係に関する条約や、財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と南朝鮮との間の協定や、海上自衛隊P-1哨戒機に向けて、南朝鮮海軍駆逐艦が火器管制レーダーを照射した案件等無礼千万極まる動きの南朝鮮。
此の南朝鮮に対して今こそ制裁をと主張する門田隆将氏は、外国為替及び外国貿易法の十六条を適応して送金を許可制にした上で、企業に対して朝鮮人採用を拒否する事で、南朝鮮は窮地に追い込めるとした。
独立運動記念日が差し迫る中、此れを実施すべきだと云う。
現実的な対応としては非常に有用な事だが、矢張り本丸は憲法九条の改正と軍備拡大で在るのは云う迄も無かろう。
posted by 天野☆翔 at 17:18 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

腐ってる南朝鮮の教育。

* 高校生に「ストライキ」を教えるソウル教育庁-Chosun online 朝鮮日報
 「ストライキという単語を聞いて思い浮かぶキーワードを五つ書いてみましょう」
 「ストライキは憲法が定める労働者の権利です。労働者のストライキを支持することができない狭い考え方が何よりも問題なのです」
 ソウル教育庁が作成して2月13日に公開した「高等学校教育課程連携労働人権指導資料」に収録された一部の内容だ。ソウル教育庁は、今後同資料を管轄内の320校の高校に配布し、労働人権授業の際の参考資料として使用させる方針だ。ソウル教育庁が同資料を作ったのは、昨年特性化高校(工業や商業、情報分野などでの人材育成を目指す高校)の現場実習生たちの死亡事故が相次いだことから、生徒たちが安全に働ける環境の造成を求める声が拡大したためだ。先月行われた女性家族部の調査でも、アルバイトを行った青少年の3人に1人(34.9%)が「最低賃金さえも受け取ることができなかった」と回答した。
 ソウル教育庁は「青少年期から正しい労働観を身に付けなければならないが、これまで他機関が発行した労働人権教育に関する資料は教材として活用するには足りない面が多く、梨花女子大の研究チームと現場で活躍する教師らに任せて新たに作った」と説明した。ソウル教育庁が労働人権教材を直接作ったのは、全国市道教育庁の中で初めてのことだ。労働人権教育の活性化は、文在寅(ムン・ジェイン)政権の国政課題でもある。
 しかし、教材の内容で共存や協力を強調した部分は少なく、労使間の対立や集団行動を強調した部分が多いため、バランス面では疑問が提起される。同教材は、全24章のうち6章で労働運動の歴史と労働組合の団体行動について細かく明記している。特にストライキについては別途に章を設けている。しかし、企業の肯定的な役目や交渉の大切さを扱った章は別途に存在せず、団体交渉権について説明する章に一部取り扱われているだけだ。
 これについて、韓国教員団体総連合会(韓国教総)の関係者は「こうした教育は、ややもすれば生徒たちの頭の中に『ストライキはとにかく正しいことで、ストライキを批判するのは悪いこと』という新たな固定観念を植え付けかねない」と懸念する。
 ストライキが憲法で定めた労働者の権利という内容は強調しながらも、違法ストライキやストライキによる社会的コストについては言及されていない、と指摘する。同教材は、労使交渉紛争を解決した実際のケースとして、2004年にタクシー会社労組の組合員が焼身自殺を図った事件を取り上げている。労組が焼身、ストライキ、座り込みを敢行して会社側を告訴。告発戦を繰り返した揚げ句、やっとのことで妥協した極端なケースを「紛争解決の実際例」として紹介している。
 これについて、釜山大学法学専門大学院のクォン・ヒョク教授は「ストライキが労働者の基本権ということを教えるのは正しいが、これは労使間の意見が合わないとき、仕方なく使用される最後の手段であるとの点を共に教えなければならない。(労使の協力より)むしろ『闘い』を通じて問題が解決されると教えるのは望ましくない」と主張する。
 また、翰林大学経営学部のチェ・ヨンギ客員教授は「生徒たちにとって実際に必要なことは手当、勤労時間、賃金と関係する基本的な概念や解雇されたときの権利を求める方法、母性保護のような基本的なもの」とした上で「労働組合の活動のような団体行動だけを強調するのは行き過ぎ」と話す。職場内の利害関係者たちが協力して葛藤を解決していく方法を教えなければならないが、団体行動が解決策になるといった内容を中心に教えるのはバランスが悪いというのだ。
 ソウル教育庁は、年内に中学生用の労働人権指導資料を、また来年には小学生用の資料をおのおの作成し、管轄内の学校に配布する計画だ。ソウル教育庁は「同資料を授業時間に活用する義務はない」と説明している。単なる参考資料として作成しただけで、全ての生徒が学ぶ必要はないというのだ。
ソウル教育庁が作成した「高等学校教育課程連携労働人権指導資料」の中に、「ストライキは憲法が定める労働者の権利です。労働者のストライキを支持することができない狭い考え方が何よりも問題なのです」として、此れを推奨する教育が実施されてると云う。
労働組合教育をして一体何に為るのかと。
権利だけを主張して其の裏側に在る勤労義務を果たそうとしない教育をしたら、間違い無く南朝鮮の労働環境は壊滅的な崩壊を招く。
流石に自分勝手で傲慢な民族の教育内容で在る。
posted by 天野☆翔 at 17:08 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

ロシアの無理難題。

* 帝政ロシア財宝、返還要求も=日本と「新根拠あれば」:時事ドットコム
ロシア外務省のザハロワ情報局長は22日、ロシアの一部メディアがロシア革命前後の内戦期に帝政ロシアの財宝が日本に渡り、日本は返還義務があると報じていることに関連し、「新たな根拠」が見つかれば「日本側に(問題)提起する用意がある」と語った。
 革命前後に帝政ロシア政府や反革命勢力が武器調達のため、日本側に金塊などを渡したという話は過去にもロシアで報じられているが、ロシアの一部右派メディアは今年1月以降、日本の北方領土返還要求に反発する形で報道を展開。「専門家」の話として800億ドル(約8兆8000億円)相当の財宝が渡ったなどと伝えた。
ロシアの外務省ザハロワ情報局長はロシア国内の報道を根拠にして、ロシア革命前後の当時に財宝が日本に渡ったとする事案に言及し、我が国に対して返還要求をする動きを見せた。
政府を含めた反革命勢力が、武器調達の為に我が国に対して協力を求め資金を渡したとする報道で在る。
然し此れが仮に事実だとしても正当性が在り合法的に取引をしたのだから、今更返還要求も何も無いだろう。
こう云う要求が罷り通るならば、明らかに国際法違反の北方領土占領とシベリア抑留の案件に対して損害賠償を求める動きを見せても可笑しくは無いだろう。
北方領土返還させたく無いが為に無理難題を吹っ掛けてるだけで有ろう。
posted by 天野☆翔 at 22:24 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

東京新聞に対して総理官邸が踏み絵を迫る。

* 東京新聞「記者は国民代表して質問」 官邸「代表の根拠示せ」 「選挙経た議員こそ」|【西日本新聞】
菅義偉官房長官は20日の記者会見で、首相官邸が東京新聞記者の質問権を制限するような要請を官邸記者クラブに出した問題に関し、官邸側が東京新聞に「記者が国民の代表とする根拠を示せ」と要求していたことを明らかにした。
 東京新聞は20日付の朝刊で一連の問題を検証する記事を掲載。2017年の秋以降、官邸側から「事実に基づかない質問は厳に慎んでほしい」など9件の質問が文書であったと報じた。
 記事によると、昨年6月の記者会見で、記者が森友学園に関し、財務省と近畿財務局の協議について「メモがあるかどうかの調査をしていただきたい」と聞くと、官邸側は「記者会見は官房長官に要請できる場と考えるか」と文書で質問。東京新聞が「記者は国民の代表として質問に臨んでいる」と主張すると、官邸側は「国民の代表とは選挙で選ばれた国会議員。貴社は民間企業であり、会見に出る記者は貴社内の人事で定められている」との反論があったという。
 菅氏は20日の会見で、検証記事に関し「個人的には違和感を覚えるところもある」と指摘。具体的に問われると「コメントは控えたいが、東京新聞側はよくお分かりになっているのではないか」と述べた。
 官邸側の対応について、田島泰彦・元上智大教授(メディア法)は「権力が一方的な考え方を押しつけてきており、本末転倒だ。記者は市民が共有すべき事柄を、市民に成り代わって取材し伝えている。広い意味で、知る権利に応える国民の代表である」と指摘した。
東京新聞の社会部所属の望月衣塑子の無軌道な動きに対して、此れを制限する動きを見せた総理官邸側に対して東京新聞は制限撤回の要請をした。
然し総理官邸側は此れを「記者が国民の代表とする根拠を示せ」として要求したと云う。
非常に痛快な対応で至極真っ当で正しい反応だ。
マスメディアは決して国民の代表でも無ければ選ばれた訳でも無い。
新聞社の社内の代表として来てるだけで有って、決して国民を代表してる訳では無い。
総理官邸側は記者会見を開いてるだけで有って、新聞社の記者は此れに参加しなければ為らないと云う決まりも義務も無い。
自由参加なのだから、嫌ならば参加しないだけで良いのだ。
東京新聞は思い上がりも甚だしいのだ。
posted by 天野☆翔 at 22:16 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

南朝鮮共同訓練に海上自衛隊を派遣と報道。

* 防衛相、釜山沖訓練に参加表明 韓国は海自不参加と発表:朝日新聞デジタル
岩屋毅防衛相は23日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の拡大国防相会議(ADMMプラス)の事務レベル会合に合わせ、4月29日から5月2日まで韓国・釜山沖で行われる海上共同訓練に海上自衛隊が参加することを表明した。一方、韓国国防省は22日に海自は参加しないと発表。日本側は戸惑いを見せている。
 岩屋氏は長崎県佐世保市の陸上自衛隊相浦駐屯地を視察後、記者団に「釜山への入港は見送るが、後のプログラムは全部参加する」と述べ、訓練に参加する考えを明言。その上で「適宜適切に判断しながら日韓の防衛協力も進めていきたい」とも語った。防衛省幹部も「多国間訓練への不参加は日本にもプラスではない」として、韓国側の22日の発表を否定した。
 韓国国防省は、21〜22日に釜山で開かれた日韓の事務協議で海自の不参加を合意したと説明している。
* 釜山沖の国際海上訓練 海上自衛隊は不参加へ
4月末に釜山で開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)の拡大国防相会議(ADMMプラス)に合わせて実施される多国間の海上共同訓練に日本が参加しないことが22日、分かった。
 韓国政府の消息筋によると、昨日から2日間、釜山で開かれた国際海洋安全保障訓練の事前準備会議に日本代表も出席したが、釜山とシンガポールで開催される同訓練のうち、日本はシンガポールでの訓練にのみ参加することになったという。
 日本の海上自衛隊が釜山沖で開催される訓練への不参加を決めたのは、韓国海軍の駆逐艦が海自の哨戒機に火器管制レーダーを照射したと日本が主張する問題を巡るあつれきによるものと分析される。
 また、日本が釜山で開催される訓練に参加すれば海自の護衛艦「いずも」などが釜山港に寄港しなければならないが、昨年10月に済州島で行われた韓国海軍の国際観艦式で韓国側が日本に自衛艦旗の旭日旗の掲揚自粛を求めた問題が再燃することに対する負担もあったとみられる。
 米国とASEAN諸国が参加する今回の共同訓練は、当初はADMMプラス海洋安保分科委員会の共同議長国である韓国・釜山近海からもう一つの議長国のシンガポールまで移動しながら海賊対策や捜索・救助などの海上訓練を行う内容が検討されたと伝えられた。
 しかし、日本の艦艇の参加を巡り、釜山とシンガポールでの訓練に分離され、最終的に日本が釜山での訓練に参加しないという結論となった。
 日本政府は昨年12月に発生したレーダー照射問題以降、共同訓練への不参加を検討してきた。
 産経新聞は1月26日付の記事で、日本の防衛省が今年の春に海自の護衛艦「いずも」を韓国に派遣する計画だったが、取り消す方向で検討に入ったと報じた。NHKによると、岩屋毅防衛相は同日、共同訓練に合わせて調整してきた護衛艦の釜山寄港について「どういう形で参画することが適切か、よく検討したい」と述べた。
 岩屋防衛相の当時の発言は、「いずも」の釜山寄港見送りを含めて検討するとの考えを示したものとみられる。
 一方で韓国海軍のキム・ミョンス第1艦隊司令官も、2月中に京都府にある海自の舞鶴地方隊を訪問する予定だったが、これを取りやめている。
 韓国海軍と海上自衛隊は毎年、司令官級の指揮官(少将)が交互に相手国を訪れる交流を行っているが、韓日の対立が深まっていることにより中断している状況だ。
東南アジア諸国連合の拡大国防相会議に合わせて、海上共同訓練に海上自衛隊の派遣を決定したと岩屋毅防衛大臣が表明した。
此れが事実なら言語道断の案件だ。
然し此れを報道したのが今の処朝日新聞だけなので信憑性を大いに疑う上に、NHKは疎か読売新聞や産經新聞も報道はして無い上に、更に聯合ニュースは海上自衛隊は参加しないと報道。
事実で有れば旭日旗の案件や海上自衛隊P-1哨戒機に向けて、南朝鮮海軍駆逐艦が火器管制レーダーを照射した案件等の諸問題をどう考えてるのかと厳しく問い質したい。
我が国は舐められた儘にして行く事は断じて許されないのだ。
posted by 天野☆翔 at 22:07 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

ナヴラチロワが除名処分。

* 女子テニスのナヴラチロワ氏、トランスジェンダー選手について発言が論争に - BBCニュース
性的少数者(LGBT)のスポーツ選手を支援する団体が、ウィンブルドン元王者のマルチナ・ナヴラチロワ氏(62)との提携関係を解消した。同氏は、トランスジェンダー(出生時の身体的性別と性自認が異なる人)の女性選手が女子競技に出場することに批判的な発言を繰り返しており、団体がこれを問題視した。ナヴラチロワ氏は自分はレズビアンだと公表している。
グランドスラム大会で18回タイトルを獲得したチェコ・プラハ出身のナヴラチロワ氏は、身体的に優位なトランスジェンダー女性が女子競技に出場することを認めるのは「不正行為」だと主張していた。
アメリカを拠点にLGBTのスポーツ選手への支援活動を行なう団体アスリート・アライは、ナヴラチロワ氏の発言はトランスジェンダー嫌悪で、世間にはびこる誤解をさらに広めるものだと反発している。
アスリート・アライは、ナヴラチロワ氏を同団体の諮問委員会、そして大使としての立場からも直ちに除名したと発表した。
ナヴラチロワ氏は英紙サンデー・タイムズに寄稿し、「女性になると選んだ男性は、関連スポーツ団体が要求するなら必要なホルモン投与を受け、女性として大会に出場し手当たり次第に優勝しまくり、そこそこの大金を稼ぐことができる。そのあとで男性に戻り、望むなら子供を作る生活に戻れる」と主張した。
さらに、「これは狂ってるし、不正行為だ」とナヴラチロワ氏は強調し、「トランスジェンダー女性を本人の望む形で呼ぶのは喜んでするが、スポーツで競い合うのは望まない。それは公平ではないから」と付け加えた。
この発言に、トランスジェンダー女性の選手が即座に反論した。自転車競技の国際大会に昨年出場し、トラック種目で優勝したレイチェル・マキノン選手は、ナヴラチロワ氏の発言について「不快で、動揺している。深刻なトランスフォビック発言だ」と批判した。
アスリート・アライは声明で、ナヴラチロワ氏の発言は「科学やデータの誤解に基づくトランスフォビックなもので、差別的な法律や憎悪に満ちたステレオタイプ、そして過剰な暴力によってトランスジェンダーの人の標的化につながる、社会の危険な思い込みを補強するものだ」と述べた。
団体はさらに、「我々がこの件でマルチナに申し入れたのは、今回が初めてではない。同氏は昨年12月にソーシャルメディアを通じて、トランスジェンダー選手の競技参加について、非常に憂慮すべき意見を発信した。我々は、理解を深める助けになるような情報の提供を直接申し出たが、返事はなかった」と付け加えた。
アスリート・アライによると、ナヴラチロワ氏は同団体の大使に就任し、2014年に初めて開催された年次パーティでは、LGBTアスリートの環境づくりやLGBTアスリートへの差別を無くすための先駆的な活動をした個人や団体に贈られる「Action Award」を受賞した。
それ以来、ナヴラチロワ氏は様々なアスリート支援活動に貢献し、国際バスケットボール連盟(FIBA)にムスリム(イスラム教徒)女性のヒジャブ禁止を撤廃するよう求める公開書簡に署名したり、2017年にはテキサス州の反トランスジェンダー法案に公開書簡で抗議したりしてきた。
団体側によると、今回の除名処分についてナヴラチロワ氏からの反応はまだないという。
1980年代にレズビアンだと公表し、嫌がらせに苦しんだ経験を持つナヴラチロワ氏は、同性愛者の権利のために長年活動してきた。
2016年に導入された国際オリンピック委員会(IOC)の指針では、女性として生まれた後に男性になった選手の出場は、無制限に認められる。
一方で、男性から女性になった選手は、筋肉量を増やすテストステロン値を少なくとも12カ月間は一定レベル以下に保つことが求められている。
アメリカを拠点に性的少数者のスポーツ選手への支援活動を行なう団体アスリート・アライは、氏が男性が性自認の問題から女性枠として競技参加する事は不正行為だと糾弾した事を問題視し、除名処分にしたと云う。
国際オリンピック委員会はこう云う選手の参加には制限を設けては居ないが、正論を吐いただけで此の処分は余りにも理不尽だろう。
此れが性的少数者を取り巻く環境の実態で在る。
女性枠として出場するなら性転換すべきで在るのだ。
posted by 天野☆翔 at 17:33 | Comment(0) | Sports | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

文喜相の嘘露呈。

* 天皇陛下と韓国・文議長「御面会になった記録はありません」 宮内庁、夕刊フジに正式回答で「完全否定」 - zakzak
 「天皇陛下への謝罪要求」など、常軌を逸した非礼発言を続ける韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長について、宮内庁が夕刊フジに正式回答を寄せた。文議長が、韓国メディアのインタビューで、天皇陛下から訪韓の仲介を頼まれた−といった趣旨の話をしていたが、陛下と文議長の面会について完全否定したのだ。
 「御面会になった記録はありません」
 宮内庁長官官房総務課報道室は21日、文書で明確にこう回答した。
 聯合ニュース(日本語版)は18日、文議長のインタビューとして、《文氏は10年前に天皇から韓国に行きたい、仲立ちしてほしいと言われた時、「何はともあれ、(慰安婦被害者の)ハルモニ(おばあさん)たちが集まっているところに行き、ひと言『すまない』と言うだけでいい」と話した》と報じた。
 政治的発言を避けられてきた陛下のご発言とは考えにくいため、夕刊フジは同日、(1)天皇陛下が、文議長と面会された事実はあるのか(2)面会された場合、いつのことか(3)天皇陛下から韓国訪問をご希望される発言があったのか(4)文議長の発言が事実と異なる場合、宮内庁として抗議される考えはあるのか−という質問状を宮内庁に送った。
 宮内庁から21日午後、回答書が届いた。
 (1)と(2)、(3)については「回答」として冒頭の「御面会になった記録はありません」と記されていた。(4)については「宮内庁としてはコメントを差し控えさせていただきます」とあった。
 天皇陛下を政治利用することは、他国の「三権の長」といえども、絶対に許されない。
南朝鮮国会議長の文喜相が天皇陛下に訪問の仲介を依頼されたとする発言だが、宮内庁は夕刊フジの質問状に対して此れを明確に否定する回答を返送した。
矢張り想定した通りの内容で在る。
天皇陛下を政治利用する事自体言語道断だが、こうも安易な嘘を吐くとは改めて辟易する。
面会も何も無かったと云う事で在る。
あっさりと否定された文喜相は今後どう云う動きに為って行くのか非常に楽しみで在る。
posted by 天野☆翔 at 17:22 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

北朝鮮が食糧危機を訴える。

* 北朝鮮が国際社会に食料危機を警告、配給はほぼ半減=メモ | ロイター
北朝鮮は、今年食料が140万トン不足し、配給をほぼ半減せざるを得ない状況と警告した。ロイターが21日に閲覧したメモで明らかになったもので、高温、干ばつ、洪水、国連による制裁を理由に挙げている。
メモは2ページにわたっており、日付は記載されていない。北朝鮮国連代表部が公表した。
メモは「北朝鮮政府は各国際機関に対し、食料の現状に緊急に対処するよう求める」としている。北朝鮮国連代表部は、このメモは昨年11月26日から12月7日に行った世界食糧計画(WFP)との合同調査の続報としている。WFPはコメントを控えた。
メモによると、昨年の食料生産量は495万1000トンで、17年を50万3000トン下回ったとしている。国連はこの数字が1月末に提供された公式政府統計であることを確認。食料生産には、コメ、小麦、ジャガイモ、大豆が含まれていると説明した。
北朝鮮は、食料20万トンを輸入、早生品種の農作物約40万トンを生産するが、それでも不足分が生じるとして、1月からは1日1人当たりの配給量を550グラムから300グラムに削減すると表明した。
今年の食料が百四十万屯不足し配給を半減せざるを得ない状況に追い込まれたとして、此れを国際社会に対して警告したとロイターは報じたが、此れは安全保障理事会の北朝鮮経済制裁の為だとして非難した。
そんな事は知った事では無い。
第一何故警告なのかと甚だ理解に苦しむ。
嘆願では無いのかと。
お前等労働党並びに軍部自体の体制崩壊すれば解決する事だ。
完全に武装解除した上に国際社会に対して威嚇する事が無ければ問題解決する事案だ。
posted by 天野☆翔 at 17:15 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

支那軍機が竹島周辺飛行で南朝鮮が抗議。

* 中国軍機、竹島近くを飛行=韓国が厳重抗議:時事ドットコム
韓国軍合同参謀本部は23日、中国の軍用機1機が同日、韓国の防空識別圏に入り、日本海にある「鬱陵島と独島(島根県竹島の韓国名)の間」を飛行したと発表した。中国軍機が両島の間の上空を飛行したのは初めてという。  韓国国防省と外務省はそれぞれ、中国の駐在官を呼び、中国軍用機が事前通報なしに防空識別圏に入ったことに厳重抗議し、再発防止を求めた。
竹島と鬱陵島の間を支那軍機が飛行したとして防空識別圏に入った事で、南朝鮮は抗議したと云う。
本来は我が国が抗議しなければ為らない案件で在る。
然し、南朝鮮は抗議する資格は一切無い筈で、竹島は我が国の領土と領海で在るのだから、お前等の領土と領海では無いのだから。
posted by 天野☆翔 at 17:08 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

南朝鮮元首相が危機感を顕に。

* 元韓国首相「文在寅政権、このまま行けば大変なことに」 | Joongang Ilbo | 中央日報
朴槿恵(パク・クネ)政権で初代首相を務めた鄭ホン原(チョン・ホンウォン)元首相(75)が「文在寅(ムン・ジェイン)政権が入った後、『国が右往左往してめちゃくちゃになった。このままだと大変なことになる』と思った」と現政権を強く批判した。
鄭元首相は21日、国会議員会館で開かれた社団法人国政リーダーシップフォーラムでの特別講演でこのように述べた後、「大統領が一人で決心すればあのように国を混乱させて国のアイデンティティーを毀損することがあるのかと感じた」と話したと、フォーラム側が報道資料を通じて22日明らかにした。
鄭元首相は「予備妥当性調査免除」を事例に挙げながら「大統領であれ誰であれ(推進しながら)当然制約を受けなければいけない制度」とし「ところが(文在寅大統領は)これを『地方均衡発展』という名分で人情を見せようとする時は免除すると言って、また調査を実施する時は実施すると言うが、このような右往左往がどこにあるのか」と話した。
続いて「大統領は憲法の精神を最上位概念とすべきだが、この政府に入ってからは憲法の上にろうそく立てているので(その姿を見ている)私も『メン崩』(メンタル崩壊)状態になるほど極度の混乱に陥っている」と語った。
鄭元首相は朴槿恵前大統領の弾劾に手続き上の問題があるとも主張した。鄭元首相は「朴前大統領の罪が確定していなかったが弾劾からして裁判をした。もし裁判ですべて無罪となれば弾劾をどう戻すのか」とし「弾劾の手続きと順序が間違っていたし、納得できない」と述べた。
朴前大統領に「賄賂罪」が適用されたことについては「理解しがたい。賄賂罪は厳格な証明を要求する犯罪だが、検察が崔順実(チェ・スンシル)と経済共同体という理論を持ち出した」とし「資金は別のところに入っているが、そこで何か起こったからといって自分が責任を負わなければいけないというのは納得しがたい」と話した。
鄭元首相は「このように過度な法の理論を適用した問題が上級審に反映されることを望む」とし「歳月が流れても悔しい思いが残らないように判決をうまくしなければいけない」と強調した。
朴槿恵政権時代に初代の首相に就任した鄭烘原が、現在の文在寅政権の無軌道振りに危機感を顕にし南朝鮮の行く末を危惧したと朝鮮日報は報じた。
文在寅が大統領として選出される迄の政治的手続きから始まる一連の案件自体が、大いに問題が在るとして此れに言及。
其の上で、大局的な政治的手法や政策自体が出鱈目だとして糾弾した。
極左が政権に座する危険性がこう云う処にも現れてる。
北朝鮮に飲み込まれる寸前の状況だが、南朝鮮の行く末は極めて暗い。
posted by 天野☆翔 at 17:04 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

南朝鮮国民負債額過去最高。

* 韓国、昨年末の家計負債1535兆ウォン | Joongang Ilbo | 中央日報
韓国銀行(韓銀)が集計した昨年末の国内の家計負債総額は、前年同期比83兆8000億ウォン(5.9%)増の1535兆ウォン(約151兆円)で、過去最高だった。
ただ、増加率は2014年4−6月期(5.7%)以来最も低かった。増加率は2017年7−9月期から1けたを維持している。年間増加額が100兆ウォンを下回ったのも2014年(66兆2000億ウォン)以来初めて。
家計負債とは個人が金融機関から借りた資金(個人向け貸し出し)とクレジットカード使用金額(販売信用)の合計。
昨年末の国内の家計負債の総額が約八十四兆ウォン迄膨れ上がったと中央日報は報じた。
金融機関からの借金とクレジットカードの使用金額の合計値で在ると云う。
昔から朝鮮人は自転車操業を繰り返す体質だが、未だに此れを継続してると見て差し支え無かろう。
一体一人辺りどの程度の借金が在るのかと末恐ろしくも為る。
南朝鮮国民としては徳政令の発令を機体したい処だが、国際社会が此れを認めない。
完全に経済破綻を迎えるだろう。
我が国は此れを助ける義務も義理も無いので放置するのが最善だ。
posted by 天野☆翔 at 16:56 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

民主政権化した南朝鮮。

* 【社説】経済失政で国民生活破たんさせたのに「衝撃和らげた」と自慢する韓国政府-Chosun online 朝鮮日報
 低所得層の所得が衝撃的なほど急減し、所得格差が統計作成開始以降で最悪の水準に拡大したことについて、金尚祖(キム・サンジョ)公正取引委員長は「政府の努力が一部で緩衝作用となった」と言った。何もせずに放置していたらさらに深刻になっていたはずだが、政府が支援してやったおかげで所得の減少幅がこの程度だったという意味だ。所得統計が発表された日に経済副首相主宰の緊急長官会議が開かれたが、政策の間違いを認める言葉は一言もなかった。政府が間違った政策に固執し、低所得層の勤労所得が37%も減少しているのに、謝るどころか「我々政府が頑張ったから少し減る程度で済んだ」と恩着せがましく言ったのだ。100ウォン(約10円)を盗んだ泥棒が「もともと150ウォン(約15円)盗もうとしていたんだから、ありがたいと思え」と言ったという笑い話を思い出す。
 現政権発足以降、急に低所得層の雇用がなくなり、貧困層の所得が減り、所得格差は過去最悪となった。その原因のほとんどは所得主導成長という実験が失敗したためだということは、もはや言うまでもない。最低賃金の影響を最も大きく受ける卸売・小売・飲食業の雇用が急減し、臨時職・日雇いの仕事が減った。自営業者の廃業が急増し、小規模商工業者の負債が急増した。あらゆる統計情報や現場の声、韓国経済学会をはじめとするすべての専門家が「所得主導という実験は失敗した」と言っているのに、政府だけは「違う」と言い張っている。政府は無残な経済指標が出る日は息を殺してじっとしているが、その翌日には「所得主導政策は続ける」と明らかにする。今回もそうすることだろう。
経済政策の致命的な失敗をしたのにも関わらず、青瓦台は此の失敗を一向に認めず自画自賛してると朝鮮日報は報じたが、此の構図は正しく我が国の嘗ての民主政権時代其の物で在る。
何処ぞの誰かが曰った事だが「うっかり政権に為って仕舞った云々」を思い出す案件だ。
政治の素人が政権に就く事の、如何に危険な事が此処でも如実に顕れてる。
大衆迎合した素人集団程危険なモノは無いと云う事だ。
posted by 天野☆翔 at 16:48 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

地震情報 2019年02月22日 19時17分頃発生 震源地:南米西部(ペルー/エクアドル国境)。

* 地震情報 2019年02月22日 19時17分頃発生 震源地:南米西部(ペルー/エクアドル国境) - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2019年02月22日 19時17分頃発生 震源地:南米西部(ペルー/エクアドル国境)
22日19時17分ころ、海外で規模の大きな地震がありました。
この地震による津波の心配はありません。
PTWCでは22日19時23分に津波情報を発表しています。

発生時刻 2019年02月22日 19時17分頃
震源地 南米西部
(ペルー/エクアドル国境)
位置 緯度 南緯 2.3度 経度 西経 76.9度
震源 マグニチュード M7.7
深さ 約160km
ペルーとエクアドルの国境付近でモーメント・マグニチュード7.5の大きな地震が発生しました。
此の地震に拠る被害は今の処確認されて居ませんが、深刻な被害に発展しない事を祈りたい。
posted by 天野☆翔 at 23:11 | Comment(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

竹島の日式典に南朝鮮人が抗議活動。

* “竹島の日” 島根県主催の記念式典 | NHKニュース
2月22日は島根県が条例で定めた「竹島の日」です。内閣府で領土問題を担当する安藤政務官は、松江市で開かれた記念式典に出席し、引き続き、問題の解決に取り組む考えを強調しました。
島根県は、明治時代に竹島を県の所管とした2月22日を条例で「竹島の日」と定め、毎年、県主催の式典を開いています。
14回目となることしの式典には島根県の溝口知事のほか、地元・隠岐の島町の住民など460人が出席しました。
ことしの式典は、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題や、「慰安婦問題は天皇陛下が謝罪すれば解決する」などという韓国国会議長の発言で、日韓関係が悪化する中での開催となりました。
溝口知事は「最近の韓国側の動きを見ると竹島の占拠を既成事実化しようとする動きを強めている。問題の解決のためには日韓両国の政府レベルでの話し合いが不可欠で、日本政府には、外交交渉の場で話し合うよう引き続き強く求めたい」と述べました。
また、領土問題を担当する内閣府の安藤政務官は「竹島問題が国家の根幹に関わる課題であることは明白だ。わが国の立場について、正確な理解が浸透していくようこれまで以上に地元と連携し、内外発信の一層の強化に努めていきたい」と述べ、引き続き問題の解決に取り組む考えを強調しました。
会場周辺は抗議で一時騒然
式典会場の周辺には開催に抗議しようという韓国人のグループが訪れ、現場は一時、騒然としました。
式典が始まる前の正午ごろ、会場の島根県民会館から西に500メートルほど離れた路上で韓国人の男性3人が抗議の声を上げるとともに、「日本は歴史をねつ造している」などと書かれた紙を掲げました。これに対し、やめさせようとするグループが近づいて、現場は一時、騒然としました。
警察官が間に入ったため両者は接触せず、警察によりますと、けがをした人はいないということです。
島根県警察本部は22日、式典の会場周辺を中心に例年より多いおよそ800人の態勢で警備に当たりました。
韓国外務省が抗議
松江市で「竹島の日」の式典が開かれ、内閣府の安藤裕政務官も出席したことについて、韓国外務省のキム・ヨンギル(金容吉)東北アジア局長は22日午後、ソウルにある日本大使館の水嶋総括公使を韓国外務省に呼び出して抗議しました。
また韓国外務省はコメントを発表し、「日本側が不当な主張を続けていることに 強く抗議し、式典を廃止するよう厳重に求める」としています。
また「日本政府は、歴史的、地理的、国際法的に見て明らかな韓国固有の領土に対する、一切の挑発を直ちに中断し、歴史を謙虚に直視する姿勢を示さなければならない」と主張しています。
島根県が開催した竹島の日の記念式典会場の周辺で、南朝鮮人三名が抗議活動を展開した事が確認された。
我が国の領土で在る竹島を略奪簒奪した事実を広められては困ると云う事だが、外国人の政治的活動は禁じられてる。
内政干渉甚だしい行為は徹底的に摘発し拘束しなければ為らない。
主張は「日本は歴史をねつ造している」と云う事だが、其れはお前等朝鮮人にこそ当て嵌る。
竹島を自国の領土としたいが為に、過去の歴史を捏造しなければ為らない羽目に成ったからだ。
其の為反日政策が精力的に実施されてるのだから。
posted by 天野☆翔 at 23:05 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

相も変わらずの喧しい野党共。

* 「虚偽答弁」「だまされた」=厚労省メールの内容に野党反発:時事ドットコム
 毎月勤労統計の調査手法を変更した経緯をめぐり、厚生労働省の担当者が有識者検討会の阿部正浩座長に送ったメールの内容が明らかになったことを受け、野党は22日、首相官邸の関与を否定してきた政府の説明は「虚偽答弁だった」などと反発を強めた。
 主要野党は22日、国会内で合同ヒアリングを開催。厚労省の姉崎猛・元統計情報部長は同日の国会答弁で、統計手法の変更について官邸の影響を否定したが、厚労省担当者が阿部氏に「官邸の関係者に説明している段階」などと伝えたメールの内容が報告された。出席者からは「驚きだ。全く今までの答弁と違う」「だまされていた」との声が相次いだ。
* 厚労元統計情報部長、官邸の意向否定 結論変更めぐり - 産経ニュース
 厚生労働省の姉崎猛元統計情報部長は22日午前の衆院予算委員会で、毎月勤労統計の調査対象事業所に関する有識者検討会の結論が変わったことに関し、首相官邸の意向を否定した。「総務省統計委員会の感触を確認せずに断定的な結論をまとめるのはリスキーだと思い、私が決めて指示をした」と述べた。
 問題発覚後、姉崎氏が国会で答弁するのは初めて。
 姉崎氏は平成27年9月14日午後、当時の中江元哉首相秘書官と面会し「部分入れ替え」の提案を受けたことを説明した。同日深夜、検討会の中間整理案は現状維持の「総入れ替え」から「部分入れ替え」も選択肢に含める形に修正された。
 姉崎氏は面会以前に修正を指示していたことを明らかにした上で「首相秘書官の示唆が原因というのは違う」と述べた。立憲民主党会派の小川淳也氏の質問に答えた。
毎月勤労統計調査手法の変更に関する事案で、野党共は総理官邸の関与を疑ってるが、厚生労働省は秘書官の言及は在ったが意思決定には影響しない旨の意識で居た事が判明した。
然し、此れを以てしても関与を疑う姿勢は変えない。
厚生労働省が総理官邸に対して説明する旨の内容のメールに関しても、此れは全く変わらない構図で在る。
説明したから関与してると云うのは相当に無理が在るのは明白だ。
此れを虚偽答弁だの騙されただのと主張する事自体が荒唐無稽で在る。
端から関与してると思い込んで居るか、攻撃の為の材料にしてるかの何れかの意識が在るからこそ、事実を事実として受け入れられないのだろう。
posted by 天野☆翔 at 22:57 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

朝鮮日報の笑える記事。

* 【萬物相】アダルトビデオを見る権利-Chosun online 朝鮮日報
 1990年代の中ごろまで、韓国でポルノの取り締まりと言えば親や教師の仕事だった。それも写真がほとんどで、動画はビデオテープくらいしかなかった。これをインターネットがひっくり返した。世界最高のネット大国である韓国にもポルノ映像は急速に普及した。せきを切ったようにポルノ映像が広まるのを防ぐ手立てはなかった。欧米や日本などポルノについて一定の基準がある国とは違い、韓国では何がポルノで何がそうでないか今なおはっきりしないのが現状だ。
 先週末にソウル駅広場で「ヤドン(アダルトビデオ)を見る権利」を求めるキャンドル集会が開催された。放送通信委員会が違法アダルトサイトを新しい方法で遮断すると、これに反発した市民が100人ほど集まったという。彼らは「ここは中国や北朝鮮ではない」「自分がどんなサイトにアクセスしているか政府はチェックするな」などと抗議した。この種の規制に反対する大統領府への請願もすでに20万人を超えた。
 アダルトビデオをはじめとする違法映像を厳しく取り締まるのは米国も日本も欧州各国も同じだ。放送通信委員会もいわゆる「リベンジポルノ」など数々の違法映像や写真、あるいは賭博サイトなどを効率的に遮断する方針を何度か説明してきた。「19禁の合法アダルト映像を遮断しているわけではない」というのがその言い分だ。しかし「アダルトビデオを見る権利」を訴える市民は「海外の合法サイトも遮断されてしまう」などとしてこれに反対している。
 米国のニューヨーク・タイムズスクエアでは月20億ウォン(約2億円)でアダルトサイトの広告が堂々と表示される時代だ。12億に達するといわれる全世界のネットサイトの中で、アクセス数上位300のうちアダルトサイトは11に上るという。これらアダルトサイトのトップは全体の18位で、1カ月で15億のアクセス数があるそうだ。アダルトサイトにアクセスするネットユーザーは月平均450分そこにとどまるらしいが、これはツイッター(160分)やアマゾン・ドットコム(110分)よりもはるかに長い時間だ。
 米国では1973年の最高裁判決で「作品に文化・芸術・政治・科学的価値が全くないとき」は「淫乱物として処罰可能」との原則を提示した。つまりそれ以外のアダルト映像や写真は全て合法ということだ。韓国では今も「過度な性的欲求を刺激し、羞恥心を誘発するとき」という非常にあいまいな基準でしか判断できない。そのためこの機会に「ポルノとは何か」について社会的にしっかりと議論してはどうだろうか。違法なアダルト写真や映像はアクセスを遮断すべきだが、「禁止」ばかりの規制だとかつての独裁政権を思い起こさせる。「商業ポルノの是非を善悪の観点だけで判断するのは無意味」との主張も根強い。いずれにしてもソウルの都心で「アダルトビデオを見る権利」を主張する時代が来るとは誰が予測できただろうか。
「【萬物相】アダルトビデオを見る権利」とする記事が掲載されたが、此れは違法なサイトの接続遮断の政策への当て擦りの記事で在る事は云う迄も無いが、其れにしても相当に性的欲求に塗れた民族なのだと自白したも同然だ。
其処迄して見たいのかと。
南朝鮮では日常的に性犯罪が多発してるが、こうした事からもこう云う政策が示されてるのだろう。
主張としては、殺人犯が武器を渡せと云う事と同じ構図で在る。
自分達は犯罪者予備軍で在ると白状してるも同然の主張だろう。
posted by 天野☆翔 at 22:50 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

死亡事故多発の南朝鮮製鉄所。

* 12年間で死者35人のうち29人が下請け…現代製鉄はなぜ外注労働者の“墓場”に? : 政治•社会 : hankyoreh japan
最近、人権委に「現代製鉄唐津工場の元-下請け差別が深刻」是正勧告を受け
12年間で労働者35人が死亡した“死の工場”…犠牲者のうち29人は非正規職
労働界「キム・ヨンギュン事故と似ている」
「事故経緯の把握に労組が参加すべき」

 20日、外注業者所属の労働者Lさん(51)がベルトコンベアーに挟まれて死亡した忠清南道唐津(タンジン)の現代製鉄唐津工場は、労働者たちに「死の工場」と呼ばれる。同工場だけでこの12年間に35人の労働者が各種の事故で死亡した。
 20日午後5時29分ごろ、忠清南道唐津市の現代製鉄唐津工場の鉄鉱石トランスファータワー(乗換え塔)2番ベルトコンベアーで、Lさん(51)が駆動軸(プーリー)に挟まれて死亡した状態で見つかった。同僚3人と一緒に駆動軸に使われたゴムの交替作業に投入されたLさんは、同日午後5時ごろ、ボルトを持ってくると言って約30メートル離れた工具室に向かった後、連絡が途絶えた。唐津警察署は、Lさんがなぜ作業現場から工具室に行く動線の反対側の2番ベルトコンベアーで被害に遭ったのかを明らかにすることに捜査を集中している。警察関係者は「違法の事実が明らかになれば、会社の代表と安全管理者などを業務上過失致死の疑いで立件する方針だ」と話した。
 現代製鉄唐津工場は2007年から12年間で労働災害により35人が死亡した。このうち契約職や下請けなどの非正規労働者は29人にもなる。労働界で「死の工場」と呼ばれるのはそのためだ。
 2016年11月28日には、同工場の乗換塔でベルトコンベアーを点検していた労働者のHさんが機械に挟まれ死亡し、2010年5月にも同じ乗換塔で装備を点検していた労働者が墜落死した。2013年5月にも唐津工場の下請け会社でアルゴンガス窒息事故で5人が死亡し、2017年12月13日には27歳の青年労働者のCさんが工場のA地区熱延工場で整備作業をしていたところ、機械設備に挟まり死亡した。2017年の事故発生現場には非常停止スイッチや安全センサーなど、最小限の安全装置すらなかった。ボタン一つさえあれば命を救うことができたが、現代製鉄は労働者の安全のためにお金を使わなかったという。
 現代製鉄唐津工場は最近、国家人権委員会(人権委)が「元・下請労働者間の差別が激しい事業場」と指摘した所でもある。人権委は先月23日、現代製鉄唐津製鉄所に、社内下請け労働者と元請け労働者間の給与と福利厚生の差別が激しいとし、是正勧告を出した。
 人権委の決定文によると、現代製鉄唐津工場で働く下請け労働者は元請け労働者たちと同じ風呂場を使用しても、脱衣室は別々に使うようにし、脱衣室の備品も元請会社からは提供しなかった。このため下請業者が脱衣室の備品を提供し、下請け労働者はドアロックではなく鍵でできたロッカーを利用するなど差別を受けた。工場は駐車スペースが足りないことを理由に、下請け労働者には車で通勤させなかった。
 工場は給与と福利厚生費を支給する際も、下請け労働者を差別した。同じ仕事をしながらも、下請け労働者の平均給与は元請け労働者の60%の水準に過ぎず、子どもの教育費も元請け労働者は就学前から大学授業料までの支援を受けるのに比べ、下請け労働者は子どもの就学前の児童教育費だけが支援された。祝日の帰省、体力鍛錬費、慶弔費などの支給基準でも、下請け労働者は差別を受けた。医療費の場合、元請け労働者は本人とその家族の入院および外来診療費のうち、本人負担金の部分を支援してもらう一方、下請労働者は健康診断費用のみを支援されていることが確認された。
 このため労働界は、死亡した外注業者の職員であるLさんが「安全差別」を受けたのではないかとの疑惑を提起した。事故が起きた工場がこのように下請け労働者に対する差別が激しかったという事実が伝えられ、労働界は今回の事故も「危険の外注化」の問題を如実に示した事故だと批判した。ホン・スンワン金属労組現代製鉄非正規支会支会長は「昨年、西部発電という公企業でキム・ヨンギュンさんが死亡した後、今年は現代製鉄という民間大企業で同じ死亡事故が起こった」とし、「2人1組の規定がちゃんと守られたかなど、事故の経緯を正確に把握するのに労組が参加しなければならない」と述べた。
 死亡前、Lさんが安全装備をきちんと着用した状態で働いたのか、明らかにされなければならないという主張も出た。現代製鉄唐津工場で働いていた労働者のLさんは、今回の事故について「キム・ヨンギュンさんの事故と類似している」と語った。Lさんは「事故が起きたベルトコンベアーは速度も速く、幅も2メートル以上で規模も大きい。工場の騒音と粉塵もひどく、一人で仕事をするのは危険な場所」と言い、「2016年に現代製鉄工場でベルトコンベアーで仕事中に死亡した事故で、2人1組の規定ができたが、徹底的に守られていたのかを確認する必要がある」と話した。また「工場内で安全管理者が作業する所に立ち寄りはするが、それだけでは安全がきちんと守られるとは考えにくい」と主張した。Lさんは「前回の故キム・ヨンギュンさんの事故の時も、ベルトコンベアーを止めるプルコードという安全センサーが緩んでおり、ちゃんと作動せず、プルコードを押す人もおらず問題になったが、今回もプルコードが正常に作動したのか明確にしなければならない」と付け加えた。
 民主労総世宗忠南地域本部のアン・ジェボム労働安全保健委員長も「現代製鉄唐津工場は、事故が起きるたびに特別勤労監督をしていたのにもかかわらず、事故が後を絶たない。現代製鉄側が危険要因を十分に補完せず、労働者が命を失い続けている」と批判した。
 これについて現代製鉄唐津工場側は「これまで密閉空間の安全強化のためにガス検知器を1人1台支給し、高危険密閉空間作業時は安全管理者が別途管理するなど安全措置を強化してきた」と釈明した。
忠清南道唐津市の現代製鉄唐津工場では、過去十二年間で死亡事故が多発し、三十五名もの工員が死亡したと云う。
極めて異常な事態で由々しき事で在る。
南朝鮮では安全対策を講じてる様子だが、全く機能して無い様子とも云われてる。
現在南朝鮮では精力的に徴用工問題訴訟が起こされてるが、此方は完全に虚構の事実を根拠にしてるが、此の多発する死亡事故の工場並びに行政に対して訴訟を起こす位の気概を見せて頂きたい。
此方の方が現在進行中の重大な事案で在る。
posted by 天野☆翔 at 22:43 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

朝日新聞が東京新聞望月衣塑子を擁護する。

* (社説)官房長官会見 「質問」は何のためか:朝日新聞デジタル
 記者会見での自由な質問は、権力をチェックするために欠かせぬ手段である。首相官邸で行われている官房長官会見をめぐり、質問を制限するような官邸側の行為に批判が広がっているのは、国民の「知る権利」の侵害につながるという危惧(きぐ)があるからにほかならない。
 政府は先日、「事実誤認がある」などと、東京新聞の特定の記者の質問を問題視した内閣記者会への申し入れについて、報道機関への不当な介入や知る権利の侵害にはあたらないとする答弁書を閣議決定した。新聞労連や野党などの批判を顧みることなく、官邸報道室長名の申し入れを政府全体として追認するものであり、看過できない。
 新聞労連、民放労連、出版労連などでつくる「日本マスコミ文化情報労組会議」が答弁書の撤回を求める声明を出し、意に沿わない記者を排除する「権力者によるハラスメント」と批判したのはもっともだ。
 衆院予算委員会では野党議員が「事実に基づかない報道は問題だが、事実を知らないからこそ取材をする。申し入れは報道の萎縮を招く」とただした。
 驚いたのは、これに菅官房長官が「取材じゃないと思いますよ。決め打ちですよ」と言い放ったことだ。記者の質問の前提となる事実関係に誤りがあるというのなら、菅氏が丁寧に説得力のある反論をすれば足りるではないか。
 東京新聞は一昨日、「検証と見解」と題する特集記事を掲載した。一昨年秋から9回、「事実に基づかない質問は厳に慎んでほしい」などと官邸側から申し入れがあったという。
 また、記者の質問中に進行役の報道室長から「簡潔にお願いします」などと、たびたびせかされるようになったとして、1月下旬のある会見で、1分半に7度遮られた事例を紹介した。会見の進行に協力を求める範囲を明らかに逸脱しており、露骨な取材妨害というほかない。
 これは、官邸と一新聞社との間の問題ではない。メディアを分断するような官邸の振る舞いを許せば、会見は政権にとって都合のよい情報ばかりを流す発表会に変質してしまう。
 「記者は国民の代表として質問に臨んでいる」という東京新聞の見解に、官邸側は「国民の代表とは国会議員」と反論した。確かに、記者は選挙で選ばれているわけではないが、その取材活動は、民主主義社会の基盤となる国民の「知る権利」を支えている。質問を発する記者自身も、その重い責任を深く自覚せねばなるまい。
総理官邸での官房長官記者会見の場で好き勝手に振る舞う東京新聞社会部の望月衣塑子の動きに対して、。菅義偉内閣官房長官は此の振る舞いに苦言を呈したが、此の苦言に朝日新聞が逆上して噛み付いた。
選挙で選ばれて無いが、国民の知る権利を行使する代表で在る事は間違い無いとする主張だ。
全く話に為らない荒唐無稽な主張でしか無い。
望月衣塑子が叩かれるのには、自分自身の妄言を垂れ流し一方的に喋りまくってる事で在る。
而も、自分自身が納得しない応答は否定すると云う愚劣な態度で在るからだ。
此れを擁護する朝日新聞も同じ立場で在る事を自白したも等しい。
お前等の意識を通した報道なぞ、此の時点で報道では無いのだ。
posted by 天野☆翔 at 17:56 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

南朝鮮がの叶わぬ夢。

* 韓国与党代表「今後100年政権を取り続ける」-Chosun online 朝鮮日報
「この時代の天命は政権の再創出」
「自由韓国党大会を見ると未来は任せられない」

 韓国与党・共に民主党のイ・ヘチャン代表が21日「この時代の天命は政権の再創出だ」と発言した。
 イ代表はこの日、ソウル市汝矣島の党本部で開催された同党の「40−50特別委員会」発足式に出席し「次の第21代国会議員選挙で圧勝し、それを基盤に2022年の大統領選挙で再び政権を取ることで、将来の韓半島(朝鮮半島)に平和をもたらす100年を展開したい」と述べた。昨年8月の党代表選挙で「20年執権論」を掲げて当選したイ代表は、翌9月には「今後、共に民主党は10人の大統領を当選させなければならない」と述べ「50年執権論」を訴えた。そのイ代表が今回の発言で「100年執権論」を言い始めたとの評価が相次いでいる。
 イ代表は「(保守系野党)自由韓国党の党大会で出てきた発言内容やその行動を見ていると、あの人たちに大韓民国の未来を任せるわけにはいかない」「われわれは足りないところがあっても最善を尽くし、改めて政権を握ることで、本当に新たな100年を切り開く基盤を築いていかねばならない」とも訴えた。自由韓国党は2月27日の党大会を前に、いわゆる「太極旗部隊」による罵詈(ばり)雑言、朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領弾劾の正当性問題などで党の内外から懸念の声が上がっている。イ代表は「100年に1回来るかどうかのチャンスを逃してしまうと、再び政権を取ることは難しい」とも述べた。
 イ代表はさらに「文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足したことで南北首脳会談が3回開かれ、任期が3年以上残っている今の時点で(韓半島における平和の雰囲気が)逆進せず真っすぐ進むチャンスを手にした」とも主張した。イ代表の一連の発言に対して自由韓国党の関係者は「与党の代表として何の自信があって100年執権論など口にできるのか分からない」と批判した。
朝鮮日報は南朝鮮与党の共に民主党の代表の言葉を掲載し、独立運動記念日を想定した上で「百年執権論」から「今後百年政権を取り続ける」と主張した。
丸で我が国の自由民主党政権から民主党政権に変わった時の様相を呈してる。
然し決定的に違うのは、其の百年後には果たして南朝鮮が国家として存続してる可能性が低いと云う事だ。
其の時迄お前等が生きて居られる保障は何処にも無い。
北朝鮮に乗っ取られてるのがオチで有ろう。
posted by 天野☆翔 at 17:48 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

本日は竹島の日だが。

* 韓国外交部「独島はわが固有の領土…日本は挑発を中断すべき」 | Joongang Ilbo | 中央日報
島根県が22日、「竹島(独島の日本名)の日」行事を開催し、日本政府が次官級を出席させたことに対し、韓国外交部が強く抗議して行事の廃止を求めた。
外交部は22日、報道官の声明で、「日本側が独島に対する不当な主張を続けていることに強く抗議し、行事の廃止を改めて厳重に求める」と明らかにした。
続いて「日本政府は歴史的、地理的、国際法的に明白なわが固有の領土である独島(ドクト)に対する一切の挑発を直ちに中断し、歴史を謙虚に直視する姿勢を示すべきだ」と主張した。
日本政府は独島が1905年に「竹島」という名称で島根県に編入告示された自国の領土であり「韓国が不法占拠中」と主張している。br 島根県は2006年から竹島編入告示日の2月22日を「竹島の日」と定め、毎年記念行事を開いている。日本政府がこの行事に次官級の政務官を出席させたのは2013年から7年連続となる。日本政府は安藤裕内閣府政務官を派遣した。
* 韓国人教授が自民・新藤氏に抗議の手紙 独島問題-Chosun online 朝鮮日報
韓国の広報活動に取り組む誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は22日、独島を巡り妄言を繰り返す元総務相の新藤義孝衆院議員(自民党)に抗議の手紙と独島が韓国の領土であることを示す資料を送ったと明らかにした。
 昨年10月、韓国の国会議員らが独島を訪問したことに対し、新藤氏が会長を務める超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」は公開質問状を送付している。
 徐氏は新藤氏への手紙で、韓国側は私たちの島だと言うだけで韓国領とする根拠を示していないという新藤氏の発言を「一方的な主張」とした上で、「なぜ独島が韓国の領土であるのか、日本語の資料を同封するのでしっかり読み、勉強してほしい」と述べた。
 また、島根県が2月22日を「竹島の日」と定め毎年式典を開いていることに対し、「早くこの行事をやめてほしい」と要求した後、「日本の領土を守るため行動する議員連盟会長であるあなたの賢明なふるまいを今後期待する」との言葉で締めくくった。
 新藤氏はこのほど、韓国の海洋調査船による独島周辺での航行を含め韓日間の最近の問題に言及しながら、「韓国はすでに国家の体をなしているとは言い難い」などと発言した。
我が国は竹島は自国の領土として毎年記念日を制定し、此の実施を精力的に展開してるが、南朝鮮は此の記念日の催事に関して相当に疎ましく感じて居り、自国の領土だと主張する事への焦りが見え隠れする。
外交部は「日本政府は歴史的、地理的、国際法的に明白な我が固有の領土である独島に対する一切の挑発を直ちに中断し、歴史を謙虚に直視する姿勢を示すべきだ」等と抜かす。
其の言葉はソックリ其の儘お返ししよう。
多くの住民の命と引き換えに略奪簒奪し、一方的に李承晩ラインを引き手出し出来無い状況にしたのは南朝鮮だ。
我が国が正常な国で在ったならば宣戦布告と見做し戦争してただろう。
其れ位の異常な動きで在った事を自覚して頂きたい。
一方、誠信女子大学の徐敬徳は、自由民主党の新藤義孝代議士の動きに警戒し此の動きを諌める対応をしてるが、お前は虚構の事実の旭日旗問題だけを喚いて居れば良いのだ。
馬鹿なサッカー選手の妄言を真に受ける位の意識なのだから、説得力は皆無だ。
posted by 天野☆翔 at 17:42 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

中央日報の世迷い言。

* 【コラム】過去100年の成就を基盤に日本・中国に成熟した対応を(1) | Joongang Ilbo | 中央日報
韓日関係がよくない。累積してきた問題が膨らみ、いまでは軍事摩擦の懸念までが生じている。韓中関係は悪いわけではないが、新しいこともない。中国が崛起しながら周辺に圧力を加える形は続いている。THAAD(高高度防衛ミサイル)問題も終わったわけではない。THAAD報復の過程で中国が見せた威圧的な姿と韓国が見せた消極的な姿は韓中関係の将来を暗くした。
こうした中、「三・一独立運動100周年」記念日が近づいている。このままでは一年間ずっと反日感情が噴出するだろう。韓日関係はさらに悪化し、中国は韓国を自国側に引き込む努力を強めるはずだ。こうした状況は我々の国益にプラスになるだろうか。
過去100年を振り返ることで話を始めよう。その期間に我々が経験した大きな苦難と類例のない成就が、現在の韓日中関係につながっているということだ。100年間ほど中華秩序内にあった朝鮮は「西勢東漸」の歴史の変化に気づかず、西欧帝国主義をいち早く習得した日本の植民地になった。中国でない勢力に支配されたのは初めてだった。自主独立に向けた闘争が始まった。三・一運動が起き、臨時政府が樹立され、独立の努力が組織化した。解放後、新しい国のアイデンティティーを形成する作業が始まった。中華秩序の中で中国から導入した性理学に基づいて王朝体制を築いた朝鮮とは違うアイデンティティーだ。ところが解放されるとすぐに戦争が起き、韓国は米国と手を握って北朝鮮、中国と戦った。その後、韓国は超強大国の米国の同盟になった。韓国が中国よりも強い国と同盟を結び、中国と絶縁した暮らしを始めたのも初めてだった。
◆市場経済と民主主義に成功した大韓民国
その間、韓国は世界10位圏の経済強国になった。政治的にもアジア先頭圏の民主主義を築いた。特に民主化は経済の発展とは違い、外部の支援よりも韓国人自らの努力と犠牲で成し遂げた。その結果、市場経済と自由民主主義を同時に発展させた大韓民国という新しいアイデンティティーが形成された。中国と絶縁した100年間、初めて中国の文物でなく西欧の文物を基礎に国を発展させ始めた韓国人は、中国人より政治経済的に良い暮らしをすることになった。日本と比較しても韓国は経済的に日本に近づき、政治的には民主主義の一部の側面で日本を上回った。例えば韓国の民主主義の躍動性、特に市民社会の役割は日本もうらやむ部分だ。世界史で植民地から産業化と民主化を共に達成した例は韓国だけという見方もある。
韓国がこのように変化する間、中国は中国特色社会主義という特異な理念を堅持しながら経済的に崛起することになった。1991年の韓中国交正常化は、過去とは全面的に異なるアイデンティティーを志向する韓国と、マルクス・レーニン・毛沢東・トウ小平の理念の上に経済を築いた中国が100年ぶりにまた会う契機だった。しかし国交正常化以降の韓国の対中政策を見ると、新しいアイデンティティーが反映された跡は特にない。人的・物的交流が急成長し、貿易黒字が大きかったため、慣性的に状況に流されて放任したと見なければいけない。韓国の対中経済依存度は非正常的に高まった。
ところが中国は国力が強まると、周辺から米国勢力を押し出して中国中心の秩序を構築しようとした。韓国はこうした努力の対象だった。韓国が米国の同盟であり、地理的に中国の政治・経済中心部に近いからだ。そしてTHAAD問題が発生した。中国は前近代的な報復をした。韓国は消極的に対応した。この過程で中国は韓国の対中依存度が中国に有用なテコであることを確認したようだ。
◆中国は米国を追い出して中国秩序を追求
一方、過去100年間、日本は軍国主義に基づいて膨張を追求したが、敗戦国になった。戦後の日本は平和を標ぼうして国際協力を重視した。米国の同盟になり、民主主義を発展させ、経済大国になった。しかし過去の問題に関してはドイツとは違い、過ちを認めないという慣性を強く見せた。韓日間の過去の問題は65年の国交正常化当時に繕われたが、韓国が経済的・政治的に成長するとまた台頭してきた。日本はある程度は応じてきたが、反発し始めた。最近、安倍政権はこれまで努力するだけしてきたため、これ以上は振り回されないという態度だ。
いまや日本は韓国に対して防御を越えて反撃も考慮するような印象だ。今年、韓日関係がさらに悪化すれば、日本はその道に進む可能性がある。日本が政治・経済・金融・科学技術領域で反撃すれば、問題はさらに深刻になるだろう。その場合、米国が韓国寄りに立つとは考えにくい。中国は韓日の対立を活用して韓国を引き込もうとする努力を強めるだろう。こうした状況は国益にプラスにならないため放置できない。そこで我々は三・一自主精神と過去100年間に成し遂げた民主主義市場経済のアイデンティティーを思い出し、それに基づいて周辺国との関係を考え直す必要がある。
まず中国に関して、我々は中国が志向する周辺地域への影響力拡大が韓国の自主権と自由民主主義、市場経済にどのような含意を持つかを考慮しなければいけない。浮上する巨大勢力の動きに逆らえるのかという思考は、三・一自主精神と我々のアイデンティティーを忘却するものだ。中国との良い関係は必須だが、自主権を妥協して良い関係を得ることはできない。
* 【コラム】過去100年の成就を基盤に日本・中国に成熟した対応を(2) | Joongang Ilbo | 中央日報
◆戦略的に日本と友好関係を結ぶべき
ところが中国は巨大な実体として地理的に隣接している。また我々は過去に中華秩序の中で暮らしてきた歴史的な由来がある。我々が自ら努力しなければ、知らないうちに中国という強い磁場の中に引き込まれる。したがって我々は米国との同盟でバランスを保ちながら中国の求心力に対応しなければいけない。これを基本にして未来志向的な韓中協力関係を発展させる必要がある。同時に、過度な対中経済依存を緩和し、我々の弱点を補完しなければいけない。貿易投資を多角化し、対中経済関係を戦略的な観点で扱うのがよい。
日本に関してはもう我々の自主権において問題になる国ではない。我々と自由民主主義と市場経済価値を共有する国だ。過去の問題で争っても、現在と未来の我々のアイデンティティーと自主のためには活用しなければいけない相手だ。我々が中国との関係を設定していくうえで、日本は米国とセットで我々に必要な戦略的均衡要因である点を度外視できない。しかし同時に日本は過去の問題で前向きに対処できない限界を持つ国だ。我々のジレンマは、このような日本に対して国民感情で対処すれば日本を戦略的次元で我々の国益に活用するのが難しくなり、過去の問題で前向きな立場を誘導するのもさらに難しくなるという点だ。
◆100年間の成就を基盤に日本・中国に対応を
この問題についても三・一精神と我々の過去100年間の成就から得た自信で新しい出発点を見いだすことができる。三・一精神は反日に縛られていなかった。自主独立を成し遂げ、日本とも友好関係を築き、東洋平和と繁栄に寄与するという点を明確にした。もう我々は新しい北東アジア国際政治環境で座標を苦心しなければいけない状況だ。このため我々は自らこれまでの成就と自信を基盤に感情を抑制し、未来を志向する成熟した姿を見せる時ではないか自問しなければいけない。日本が過去の問題で言い張れば断固指摘する立場を堅持するものの、我々が立ち上がって刺激しない度量を見せるのはどうだろうか。同じ脈絡で日本が戦後の世界平和と発展のために寄与してきた点、我々の発展を支えた点をそのまま評価する寛大な心と余裕を見せるのもよい。
我々が冷静に是是非非を判断する成熟度を見せれば、不必要な韓日関係の悪化を防ぐことができ、日本が過去の問題でさらに硬直した道に進まないようにする効果もあるだろう。日本国内には、これまで努力してきたが韓国は評価しないという情緒がある。過去の問題が深まるほど日本国内の親韓世論が孤立し、極右保守的な見方が強まる現象も表れている。新たな接近が求められる。三・一運動100周年が感情の吐露でなく発想の転換の機になればよい。
さらに一歩進んで韓国は東アジアで中国・日本のほか、米国・ロシア間の平和・和解・協力を促進する独自の役割を果たすべきだろう。そして周辺国すべてが韓国を助ける国と考えて尊重しなければいけない。100年前の三・一独立宣言にそのようなビジョンがある。韓国の外交がその方向に進めば統一の道も少しは容易になるだろう。中国をはじめとする周辺国は平和と協力の促進者の役割をする統一韓国を前向きに考えるからだ。
今年一年、韓日関係が悪化して我々の外交的な立場が弱まることがないことを望む。三・一運動100周年が自主・協力・統一の未来に向けた新たな対日、対中外交の元年になることを期待する。それが本当の三一精神ではないだろうか。
コラムで「過去百年の成就を基盤に日本・支那に成熟した対応を」とする記事が掲載されたが、独立運動記念日を前にして過去の歴史を踏まえた上で、我が国や支那への対応の展望を語った。
然しお前等がすべき事は歴史に真摯に向き合い捏造しない事で在る。
出鱈目な歴史観で物を語っても説得力は皆無で、事実馬鹿にされる状況でも在る。
属国だった歴史を素直に認め、其の属国からの開放をした我が国に対して感謝すべきだ。
間違っても恨む事はすべきで無いのは云う迄も無い。
民主主義に対しても言及するが、お前等の民主主義は諸外国一般の民主主義とは異為り、単純に自分達の都合を押し付けるだけの愚劣な社会でしか無いのだ。
軍事政権からの脱却を喜んで居るが、お前等の我儘を抑制してた分幾等かマトモで在った事を忘れるべきではない。
posted by 天野☆翔 at 17:30 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

地震情報 2019年02月21日 21時22分頃発生 最大震度:6弱 震源地:胆振地方中東部。

* 地震情報 2019年02月21日 21時22分頃発生 最大震度:6弱 震源地:胆振地方中東部 - 日本気象協会 tenki.jp
地震情報 2019年02月21日 21時22分頃発生 最大震度:6弱 震源地:胆振地方中東部 発生時刻 2019年02月21日 21時22分頃
震源地 胆振地方中東部
最大震度 震度6弱
位置 緯度 北緯 42.8度 経度 東経 142.0度
震源 マグニチュード M5.8
深さ 約30km
本日、北海道の胆振地方中東部で震度6弱の大きな地震が発生しました。
前回の地震から極めて直近の震源地で在る。
此の地震に拠る被害は現段階では入って来て居ませんが、夜明けには其の全容が明らかに為る事でしょう。
大きな被害が出て無い事を祈りたい。
又、今後数週間は大きな余震が発生する可能性も有りますので、地域住民の皆々様方には充分に注意警戒を怠らないようにして欲しいと思います。
posted by 天野☆翔 at 23:41 | Comment(0) | Earthquake | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

怠慢振りを更に発揮する野党共。

* 桜田五輪相の遅刻で5時間空転 ただ旧民主党時代も… - 産経ニュース
 21日の衆院予算委員会は、桜田義孝五輪相が午前の審議に数分遅刻し、反発した野党が退席、約5時間にわたって中断した。
 「閣僚の任にあらず。本日中の審議復帰は難しい」
 予算委野党筆頭理事を務める立憲民主党の逢坂誠二政調会長は記者団にこう息巻き、桜田氏を非難した。
 桜田氏への質問は午前10時15分から予定されていたが、数分過ぎても姿を見せず、日本維新の会を除く野党委員が退室した。その後、予算委理事会で28日に集中審議を実施する日程で与野党が大筋合意したことなどを受け、野党は午後3時半ごろに審議に復帰。桜田氏は「心から深くおわびする」と頭を下げ、菅義偉(すが・よしひで)官房長官も陳謝した。
 もっとも、国会審議への閣僚の遅刻は旧民主党政権時代にも起きている。平成22年3月3日の参院予算委員会は、当時の前原誠司国土交通相、仙谷由人国家戦略担当相、原口一博総務相の3閣僚が遅刻し、15分遅れで開始された。原口氏は同月16日の参院総務委員会にも遅刻し流会となった。
 桜田氏の遅刻について、与党幹部は「謝罪は当然」とした上で「野党が予算案の審議拒否をするのは別の話だ」と語った。
桜田義孝五輪担当大臣が予算委員会に遅刻した事で、議会が紛糾し結局は此の予算委員会は一時流会に為り後日正式に開催される事に成った。
日本維新の会を除外する全ての野党が審議を拒否して退室したからだ。
又しても野党の怠慢振りが発揮された。
遅刻の理由を問い質し再発防止を要求した上で、審議の継続も出来た筈だし、質疑応答の時間を後回しにする事も可能で在ったのだ。
何処迄も野党は審議拒否をしたら気が済むのかと、厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:35 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

自滅の道を突き進む国民民主党。

* アントニオ猪木氏加入の国民民主 つかの間の第一会派に - 産経ニュース
 合併を目指す国民民主党の玉木雄一郎、自由党の小沢一郎両代表は21日、無所属のアントニオ猪木参院議員(比例代表)とともに東京都内のホテルで記者会見し、両党でつくる参院統一会派に猪木氏が加入することを明らかにした。
 テーマ曲「炎のファイター」をバックに会見場に姿を見せた猪木氏は、おなじみの「元気ですかーっ!」の掛け声で話を切り出し、「元気があれば会派も組める」。玉木氏は「自由党と統一会派を組んだが、さらに猪木氏に加わってもらい大変心強い」と歓迎した。
 参院は現在、立憲民主、国民民主両党会派がそれぞれ27議席で拮抗(きっこう)しており、猪木氏が加入すれば国民民主党会派が単独野党第一会派となる。ただ、国民民主党は、立憲民主党への入党を目指して離党届を出した藤田幸久参院議員を除籍処分とする方針だ。藤田氏が意向通りに会派を異動すれば、今度は立憲民主党が第一会派に就くことになる。
 猪木氏は会見で、改選を迎える夏の参院選への出馬の可否に関しては「一寸先はハプニングだ」とけむに巻いた。また、小沢氏は、猪木氏が北朝鮮と独自のパイプを持つことに言及し「いつでもご一緒したい」と訪朝に意欲を示した。
自由党と会派統一をした国民民主党だが、此処に無所属の猪木寛至が参加する事が判明した。
小沢一郎との合流でも散々批判されたのに、此処に来て猪木寛至の参加を許すとは、更に自滅の道を突き進む事に為る。
玉木雄一郎は何を考えてこう云う動きを取るのかと。
相当に国民民主党を窮地に追い込みたいらしい。
posted by 天野☆翔 at 23:29 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

北朝鮮に梯子を外された南朝鮮。

* 三・一節南北共同行事が白紙化…北「時期的に難しい」 | Joongang Ilbo | 中央日報
韓国政府が三・一運動100周年を迎えて推進してきた南北共同記念行事が見送られた。統一部は21日「南北高官級会談の北朝鮮団長を務める祖国平和統一委員会の李善勧(リ・ソングォン)委員長が通知文を送ってきた」として「3月1日共同記念行事を今回に行うのは難しくなったという公式回答」と明らかにした。文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長は昨年9月、平壌(ピョンヤン)で首脳会談を行って採択した共同声明で「三・一運動100周年を南北が共同で記念することにし、それに向けた実務的な案を協議していこう」と合意した。
政府は昨年12月10日、北朝鮮側に実務協議を提案した。実務協議を通じて事業内容と進行方式を協議するという内容だった。政府は南北共同記念行事と交響楽団の公演など合わせて8つの事業に25億ウォン(約2憶5000万円)を策定した。しかし、北朝鮮側が公式回答を先送りし、この日行事の開催が難しいという意向を伝えてくることを受け、100周年を迎える三・一節南北共同記念行事は反故になった。
白紙化の理由について北朝鮮側は「時期的に共同行事を準備するのが難しい」という趣旨の説明をしたという。南北関係主務部署である北朝鮮労働党統一戦線部が27〜28日、ベトナム・ハノイで開かれる第2回米朝首脳会談に全力を尽くすのに余力がないものと見られる。ただ、北朝鮮側はこの日、通知文で米朝首脳会談に関連しては一切の言及がなかったという。
一部では政府が提案した事業内容を北朝鮮が受け入れることが難しい側面もあるという指摘だ。すなわち、政府は三・一節と臨時政府樹立100周年を同時に記念しているが、北朝鮮側は大韓民国臨時政府を認めていないため、三・一節共同行事を行うことが難しいという解釈だ。北朝鮮は金日成(キム・イルソン)主席の抗日武装闘争運動に正統性を置いている。
だが、政府は共同記念行事以外の協力事業を実現するために北朝鮮と協議を続けていくという立場だ。統一部当局者は「当日(三・一節)共同行事は難しくなったが、年中進行できる事業については追加的に北朝鮮と協議する予定」と説明した。安重根(アン・ジュングン)義士の遺骨発掘やアリランを題材にした北朝鮮公演などは推進していくということだ。
三月一日に実施される独立運動記念事業の案件で北朝鮮との共同開催を目論んでた南朝鮮だが、北朝鮮は時間的余裕を理由にして参加を見送ったと判明した。
時間的余裕の理由は単純に言い訳でしか無かろう。
理由は建国の歴史を朝鮮戦争に関連付けして南朝鮮の主張とは全く異為るからだ。
南北宥和に躍起に為って推し進める文在寅だが、独立運動も此の流れの中に置き北朝鮮との歩調を合わせて来たが、今回の此の一件で文在寅は土壇場で裏切られた。
こんな状況で南北宥和なぞ絵に描いた餅でしか無い事を自覚するのか。
posted by 天野☆翔 at 23:25 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

又しても盗人猛々しい南朝鮮。

* 文喜相国会議長の秘書室長、河野外相に「無礼な言行は中断を」-Chosun online 朝鮮日報
 パク・スヒョン韓国国会議長秘書室長は21日午後、自身のフェイスブックで、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長を批判した日本の河野太郎外相に宛てて「日本側は無礼な言行を即時中断すべきだ」と書き込んだ。
 パク秘書室長は「慰安婦問題の根本的な解決策に関する文喜相国会議長の発言について、日本政府の高官らがその真意を無視したまま節度のない荒々しい発言で歪曲(わいきょく)、誹謗(ひぼう)を続けているのは極めて遺憾であり、嘆かわしいこと」と述べた。
 さらに「文議長の真意は、何度も述べているように、日本を代表または象徴する人物による心からの謝罪だけが被害者のおばあさんたちの無念の思いを晴らし、被害者の方々の尊厳性を回復することができるということを強調しようとしたものだ」として「日本側は「指を見て月を忘る(小さなことに熱中して大きなことを忘れてしまうこと)」といった愚を犯さず、誰よりも未来志向的な韓日関係を重視し望んでいた文議長の真心こもったメッセージに耳を傾けるべき」と主張した。
 これに先立ち、あるメディアは、河野外相が文議長の「天皇(原文は日王)が謝罪すべき」との発言をめぐり「韓日議員連盟の会長まで務めた人物がこのような話をしたのは極めて深刻」と述べたと報じた。
天皇陛下への謝罪を要求した国会議長の文喜相の発言にたいして、河野太郎外務大臣は此れを厳しく糾弾し非難したが、此れに対してパク・スヒョン国会議長秘書室長は「日本側は無礼な言行を即時中断すべきだ」とFacebookに投稿。
更に文喜相の発言を擁護し此の発言の趣旨を理解して頂きたい等と曰った。
趣旨も何も発言自体を理解する必要性も無く、無礼千万極まる発言自体が言語道断で許される事では無いのだ。
お前等南朝鮮は、何度我が国に対して無礼千万極まる言動をしたら気が済むのかと。
過去何度も火に油を注ぐ行為をして自爆したのにも関わらずで在る。
全くを以て呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 23:19 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

南朝鮮が更に慰安婦問題解決の為の二国間合意に違反する動き。

* 国連人権理事会で演説へ 慰安婦・北人権問題などに言及=韓国外相-Chosun online 朝鮮日報
韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は21日の定例会見で、同部の康京和(カン・ギョンファ)長官がスイス・ジュネーブで25日(現地時間)に開かれる国連人権理事会で基調演説を行い、旧日本軍の慰安婦問題や北朝鮮の人権問題などに言及する予定だと明らかにした。
 魯報道官によると、康長官は演説で社会的弱者の人権改善に向けた国際社会の協力強化の必要性を強調するほか、慰安婦など紛争下での性暴力問題や朝鮮半島平和定着への努力、北朝鮮の人権問題などの関心事について言及する考えだという。
 また、完全な非核化と朝鮮半島の恒久的平和定着に向けた韓国のこれまでの努力を説明し、今後の進展に期待を示す一方、変化する国際安保環境における軍縮・核不拡散体制の重要性とこれに対する寄与の意思を示す。
 このほか、康長官は現地でバチェレ国連人権高等弁務官や主要国の外相などと会談を行う計画だ。
連合国人権理事会に参加する康京和外交部長官が、此の会で基調演説を実施する中で慰安婦問題に関して言及する方針だと明らかに成った。
又しても、慰安婦問題解決の為の二国間合意に違反する動きだ。
戦時中の人権問題を現在の価値観に当て嵌める事自体が無意味だし、慰安婦問題解決の為の二国間合意での蒸し返し等の条項に明確に違反する動きは言語道断だ。
では、お前らが朝鮮戦争で積極的に献上してた慰安婦の事にも平等に言及したり、ベトナム戦争当時のライダイハンの案件やコピノの案件に関しても触れなければ整合性は無く、又、現在世界中で迷惑行為を振り撒く売春婦に関してはどうなのかと。
其の前にお前等は安全保障理事会の北朝鮮経済制裁決議に違反した事への、詭弁言い訳でも考えたらと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:12 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

岩屋毅防衛大臣の判断は誤り。

* 日韓、なし崩しで防衛交流再開へ 岩屋防衛相に「大甘」批判 - zakzak
 韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への危険な火器管制用レーダー照射問題の決着もつかないなか、日韓の防衛交流が再開されることになった。韓国側は決定的証拠を突き付けられても照射を認めないうえ、「海自機の低空威嚇飛行」という事実無根の批判を浴びせてきた。信用ならない隣国に対し、岩屋毅防衛相の判断は「大甘」ではないのか。
 「レーダー事案ではしっかり私どもの考えを伝えたうえで、防衛交流は適宜適切に判断し、できるものは続ける。韓国には、再発防止を申し上げる私どもの思いは届いているだろう」
 岩屋氏は19日の記者会見で、こう語った。
 防衛省は同日、25日から都内で開くアジア・太平洋諸国の海軍大学教官を対象にしたセミナーに、例年通り韓国海軍の中佐1人が参加すると発表した。
 レーダー照射問題を受け、日韓の防衛協力は、海自護衛艦「いずも」が4月の韓国・釜山入港を見送るなど、毅然(きぜん)とした姿勢を示していた。だが、岩屋氏は「早すぎる」「甘い」との声を押し切り、再開を急いだ。
 こうした動きと連動するように、韓国軍の合同参謀本部議長などを務めた金辰浩(キム・ジンホ)在郷軍人会長らと、自衛隊の元制服組トップらが19日、都内で会談(非公開)した。
 なし崩しの交流再開では、日本や自衛隊のためにならない。
海上自衛隊P-1哨戒機に向けて、南朝鮮海軍駆逐艦が火器管制レーダーを照射した案件以後の南朝鮮軍部の動きの中で、我が国で開催されるアジア・太平洋諸国の海軍大学教官を対象にしたセミナーに南朝鮮海軍を参加させる事が決まった。
完全に敵国認定されてる最中で、何故わざわざこうした国の人物を参加させるのか。
事件発生当時の哨戒機に搭乗してた乗組員の思いをどう受け止めて居るのか。
更に南朝鮮合同参謀本部議長等を務めた金辰浩在郷軍人会長等とも既に会談してたとも云う。
余りにも国益を毀損する此の動きには全くを以て理解不能で在る。
甘いと非難されても致し方の無い対応で有ろう。
posted by 天野☆翔 at 23:04 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

ダイヤモンド・オンラインで馬鹿記事発見。

* 「2050年の日本は犯罪大国になる」とジム・ロジャーズが予測する理由 | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン
ウォーレン・バフェット氏、ジョージ・ソロス氏と並び「世界3大投資家」と称されるジム・ロジャーズ氏。彼は、これまで独自の投資眼からリーマンショック、トランプ当選に至るまで、数多くの「予言」を的中させてきた。そんな伝説の投資家は、日本と東アジア経済の未来をどう見るのか。ロジャーズ氏の最新刊『お金の流れで読む日本と世界の未来』から一部を抜粋して、今回はロジャーズ氏が予測する「日本の未来」を紹介する。
「私がもし10歳の日本人なら、ただちに日本を去るだろう」
 日本は、私が世界で一番好きな国の1つである。これまで私は世界一周旅行を2回敢行し、数えきれないほどの都市を訪れたが、その中でも東京──あれほど豊かな食文化が発達している都市を私は知らない。銀座に世界最高のステーキハウスがあるのをいまでも覚えている。
 最高のイタリアンレストランは、イタリアではなく日本にあるのだ。もちろん食べ物だけでなく、日本はすべてがすばらしい。京都など、歴史をよく保存している都市も多い。個人的に本当に好きで評価している国だが、その日本が50年後か100年後には消えてしまうのは心から残念でならない。
 なぜ消えると断言できるのか?当然だ。これだけ借金があり、しかも子どもを作らないのだから。私はこれだけ日本を愛しているが、日本に住もうとは思わない。借金と少子化、この二つがシンプルな理由だ。
 2017年11月のことになるが、アメリカの投資情報ラジオ番組「スタンスベリー・インベスター・アワー」の中で、私はこう発言した。「もし私がいま10歳の日本人ならば、自分自身にAK‐47(自動小銃)を購入するか、もしくは、この国を去ることを選ぶだろう。なぜなら、いま10歳の日本人である彼、彼女たちは、これからの人生で大惨事に見舞われるだろうからだ」と。AK‐47とは、旧ソ連が開発した自動小銃のことである。このラジオ番組はインターネット上で視聴できるため、放放送開始からまもなく大きな話題になったらしい。日本でも波紋を広げたと聞いている。
犯罪大国になる「2050年の日本」
 もちろん私は、銃を買って撃ちまくるようにと提案しているのではない。10歳の子どもが40歳になった時、往来では暴動がたくさん起きているかもしれない。国民全体が不満を覚えて国が破綻に向かう時は、怒り、バイオレンス、社会不安が募るものだ。日本だけはそうならないと言う人もいるが、これはどの国でも起こる社会現象だ。殺人を含め、さまざまな形の犯罪が増えるだろう。
 30年後にはそれだけ社会問題が深刻になるから、自分の身を守るため、あるいは革命を率いるための方法が必要であると言いたかったのだ。
 10歳の子がこのまま日本に残り、大成功して財を成すことも可能だろう。しかし、その人生は順風満帆には行かないだろう。なぜなら日本に吹いているのは、追い風ではなく逆風なのだから。
国の衰退の原因を歴史に見る
 人口が減少し、さらに移民を受け入れない国に将来大きな問題が起きるのは、歴史も物語っている明白な事実だ。
 たとえば、西アフリカのガーナ共和国。1957年当時、ガーナは大英帝国の元植民地の中で最も裕福な国だった。しかし、初代大統領のエンクルマが「外国人は排除する、ガーナのためのガーナにする」と言い出して国境を閉鎖した。結果はどうだろう。ガーナはわずか七年後に瓦解し、軍事クーデターが起きて、エンクルマは追放された。
 ビルマもいい例だ。1962年、アジアで最も裕福な国はビルマだった。ところがビルマ政府も「外国人を追放せよ」と命令し、国境を閉鎖した。国名はその後ミャンマーに変わり、50年後のいま、彼の国はアジアの最貧国に成り果てた。
 東アフリカのエチオピアも同様だ。200〜300年前は非常に繁栄している国だった。エチオピアはアフリカの中でも特殊な国で、アフリカの多くの地域が15世紀以前、キリスト教からイスラム教に改宗したにもかかわらず、ここだけはキリスト教が生きのびた。それだけ外の世界にさらされていたから、繁栄することができたのだろう。
 しかし、もう外国人はいらないと言って閉鎖した途端、完全に崩壊した。いま、GDPが世界平均の5パーセントにも満たないこの世界最貧国に行きたいと思う人はなかなかいないだろう。
 いまや世界経済をリードする存在となった中国も、過去に同じ過ちを犯している。
 ヨーロッパ人がアメリカ大陸に渡るはるか前に、中国はアメリカを発見していたという説がある。ヨーロッパ人がアメリカを発見した時、すでにそこには中国人がいたのだ。しかし中国の皇帝か誰か権力者が、新大陸に求めるものは何もないと言って船をすべて燃やしてしまった。
 アフリカなど各地を探訪した鄭和という有名な提督もいたが、政府は彼の残した貴重な地図や記録もすべて燃やし、国を閉鎖してしまった。するとどうだろう、中国は衰退の一途を辿った。
 アメリカだってそうだ。アメリカ経済が一番繁栄を極めていたのは移民法が制定される1920年代の前だと、私は著書(『冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート』SBクリエイティブ)をはじめ、多くの場で繰り返し述べている。
 このように、外国人を排除し、門戸を閉じた国が衰退の一途を辿るということを、歴史は何度でも教えてくれる。外国人は新しい活力、新しい血統、資本、アイデア、興奮、刺激をもたらす。だから繁栄している国は外国人を欲しがるのであり、外国人もそんな国に惹きつけられる。ただ、国内で問題が起きて不満がたまってくると、何でも外国人のせいにして、やがては追放してしまう。外国人を追放する方が結局はさらなる問題を引き起こすというのに、だ。
世界三大投資家の一人とされるジム・ロジャーズの著書を引用した記事が掲載されたが、其の中身は2050年迄には我が国は犯罪大国に為ると推測した上で、自分だったら直ちに逃げ出す等と主張した。
我が国は既に外国人の犯罪率は結構な割合に迄上がってるのは事実だが、此処は無視してるのかと。
又、少子化の影響で外国人の人材を求める動きに関しては、此れは同じ問題を抱える外国でも云える事で、犯罪の発生率を論う材料としては飛躍仕過ぎて居る。
第一四半世紀後の予測なぞ誰にも出来無いのに、こうも断定的に主張する根拠は何処に在るのかと。
我が国の将来を憂いる前に、自分自身が積極的に投資してる支那の将来を憂いるべきで有ろう。
posted by 天野☆翔 at 22:53 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

沖縄県が辺野古基地移設妨害の正当性を主張。

* 沖縄県、辺野古埋め立て撤回の正当性を主張 意見書を公表 - 産経ニュース
沖縄県は21日、米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設をめぐり、国土交通相に埋め立て承認撤回の効力停止を申し立てた政府に対する意見書を公表した。埋め立て海域東側の軟弱地盤は海面から最大約90メートルに達し、地盤改良工事には約650万立法メートルの砂と約7万7千本の杭が必要との政府見解を引用し、埋め立て承認撤回の正当性を主張した。
 県は昨年8月、埋め立て承認後に軟弱地盤の存在が判明したことなどを理由に承認を撤回した。防衛省は10月に行政不服審査法に基づき効力停止を申し立てた。
キャンプ・シュワブの辺野古基地移設の為の工事に関して、此の埋め立て工事の承認を撤回した理由を公表したが、其の中身は極めて醜悪で愚劣でしか無い。
地盤の問題を論うが、此れは理由には為らず詭弁言い訳でしか無い。
結局は何が何でも妨害したいだけの意識でしか無いのだ。
国防の分野で地方行政が関与した時点で大間違いなのだと自覚しないからこそ、こんな詭弁言い訳を並べ立ててるだけに過ぎない。
posted by 天野☆翔 at 17:56 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

南朝鮮野党が文在寅を扱き下ろす。

* 韓国野党議員「文在寅大統領、北朝鮮さえ出てくると理性喪失」 | Joongang Ilbo | 中央日報
韓国野党「正しい未来党」の河泰慶(ハ・テギョン)最高委員が20日、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は北朝鮮問題さえ出てくると理性を喪失する傾向があるが、19日にトランプ米国大統領との電話会談で再び『対北朝鮮理性喪失症候群』が再発した」と批判した。
河氏は20日午前、国会で開かれた最高委員会議で「19日、文大統領は非核化交渉過程で必要なら南北経済協力は大韓民国がすべて一手に引き受けると述べた」と明らかにした。
河氏は「文大統領は数カ月前にも非核化前に制裁緩和をするべきだと、世界を回りながら話して仲間外れにされたことがある」とし「鉄道、道路などの様々な対北投資は十数年かけて数百兆ウォンがかかる。投資は非核化を牽引(けんいん)するための『非核化前措置』ではなく、完全に非核化された後に検討しなければならない『非核化後措置』」と主張した。
あわせて「非核化がまともに進んでいないのに投資し、また非核化が中断されるようなことがあれば投資したものはすべて北朝鮮に奪われてしまう」とし「完全な非核化のためにも昨日文大統領がトランプに発行した『不渡り小切手』は即刻撤回してほしい」と話した。
文大統領は19日、トランプ大統領との首脳電話会談で「南北間の鉄道、道路連結から南北経済協力事業まで、トランプ大統領が求めるならその役割を一手に引き受ける覚悟ができている」と明らかにした。
正しい未来党の河泰慶は、北朝鮮の案件が絡むと文在寅は異常な意識に陥り理性的な行動が出来無い状況に為ると扱き下ろした。
正しく正しい指摘で有ろう。
南北宥和に躍起に為り周囲を冷静に観察する事が出来無いのだから当然の動きだ。
此処迄扱き下ろされても本人は全く意に介さないのだろうから、何を云っても無駄なのかも知れない。
然し徹底的に攻撃して行けば意識も変わって行くかも知れないので、精力的にして頂きたい。
とことん馬鹿にしてやれば良い。
posted by 天野☆翔 at 17:52 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

中央日報の異常な記事。

* 韓経:【コラム】「反省しない日本」に勝つには… | Joongang Ilbo | 中央日報
歴史には仮定がないというが、文学では可能だ。「こうしていたなら…」「ああするべきだったのに…」を思う存分想像の翼で広げることができる。李文烈(イ・ムンヨル)の短編小説『将軍と博士』は韓日現代史を現実と反対に想像した。「日本を知っている人なら西暦1945年の敗戦後の混乱に乗じてあの地を2つに分けた金村(クムチョン)将軍と木子(モクチャ)博士を憶えているだろう」と始まる小説で、分断された国は韓国でなく日本だ。読んでみて持った思いはそれぞれ違うだろうが、苦々しさを長い余韻で残す。
小説は小説にすぎない。本を閉じた後で向き合わなければならないのははね除けることはできない現実だ。韓半島(朝鮮半島)を強占し第2次世界大戦を挑発したが降伏した日本はそのままで、蹂躙された国が分断という青天の霹靂を迎えこれほど憤りが爆発することはない。韓半島が分断されなかったとすれば離散家族の悲劇も、北朝鮮の核の恐怖も、南北間の対立と雪解けをめぐる騒動もなかっただろう。
韓日議員連盟会長を務めた文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の「天皇謝罪論」をめぐり韓日関係が急速に冷え込んでいる。「韓国の植民時代の日本軍慰安婦被害者に天皇が謝罪しなければならない」という発言が日本の政治家らを刺激したのだ。天皇は敗戦後に「人間宣言」をする前まで日本人に「現人神(人間の姿をした神)」としてあがめられた。信じようが信じまいが、日本人はいまでも自分たちの君主を「天から降りた皇帝(天皇)」と呼ぶ。そうした存在に謝罪を要求したので文字通り逆鱗に触れたということだ。
また火が付いた過去史議論を見る観点は「いつまで…」から「いまからでも…」に至るまでさまざまな形だ。是々非々を問うそれぞれの論拠もあふれる。だがしっかりと確認しなければならないことがある。日本は第2次大戦の同盟国だったドイツと違い、隣国を侵奪し戦禍に追いやったことに対する代価をまともに払っていない。被害者の傷を慰める確実な反省をしたこともない。
韓日国交正常化過程で両国政府合意の下にいくらかの賠償金を出したので「外交的にも国際法的にも決着の付いた問題」といっては困る。戦勝国に分割占領され、分断の懲罰を受け、ポーランドなど隣国に領土まで分け与え、暇ができるたびに過去の過ちを謝罪しているドイツと比較せざるをえない。日本は逆だ。19世紀末の韓半島情勢が混乱していた時に一方的に領土宣言をした独島(ドクト、日本名・竹島)をいまだに自国領と言い張りあらゆる外交挑発を止めすにいる。
毎年2月22日を「竹島の日」と宣言し、「韓国が不法占拠している日本の領土を取り返さなければならない」という決議行事を繰り返している。このように居直る国に真の反省を期待すること自体が無理なのかもしれない。最近では韓国に対する経済報復措置まで論じている。韓国の主力輸出品である半導体生産に必須のフッ化水素と防衛産業関連物品輸出を制限しようという話を流している。
最悪に突き進むような韓日関係を見て李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン会長が説破した克日論が思い出される。S級の若い人材を日本のB級電子メーカーだった三洋電機に産業研修生として送りあらゆる蔑視の中で半導体製造技術を学ばせた李会長が口癖のようにした話がある。「面積で見ようと人口で見ようと蓄積された国力で見ようと韓国が国対国として日本を跳び超えるのは容易ではない。しかし企業としてサムスンはどんな日本企業にも勝つことができ、そうしなくてはならない」。
彼の話通りにサムスンは半導体と家電、スマートフォンなどで日本企業を確実に押さえて世界の最頂上に上った。三洋電機だけでなくかつては世界市場を制したソニー、パナソニック、東芝などがサムスンに押され半導体や家電などの事業を放棄した。日本に勝った企業はサムスンだけでない。ネイバーもモバイルメッセンジャーの「LINE」で日本を掌握した。後発走者として事業を始めた韓国企業がこうした成果を成し遂げるまでどれだけ孤独で厳しい時間を耐え抜いたのかは推し量るのが容易でない。そうして成し遂げたことがわれわれに大きな慰労と勇気を与える。数日後に近づいた三・一節100周年を控え「真の歴史の勝者になる方法」を考えてみることになる。
南朝鮮メディアの中央日報はコラムで「「反省しない日本」に勝つには…」とする記事を掲載したが、長々と自説を論って居て読むにも面倒だが、読み込むと其の主張には全く正当性が無く喚き散らしてるだけの現状が確認出来る。
朝鮮併合自体が問題だから、以後の案件は全て無効とする意識が在るから、全ての案件が狂ってるのだと自覚しない。
我が国は押し付けられた形で在るので反省も何も無いのだ。
歴史の案件で反省しなければ為らないのは、むしろ南朝鮮で在る。
反日意識を拗らせて全否定するからこその異常な状況を招いてるのだと、厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 17:47 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

南朝鮮護衛艦が実戦投入早々使い物に為らない事態に。

* 韓国海軍新型護衛艦「大邱」、実戦投入5カ月で故障-Chosun online 朝鮮日報
軍「先月、推進システムに欠陥…プロペラモーター過熱で焼ける」
専門家「艦艇の中核部に異常、再運用には1年かかることも」

 韓国海軍の新型護衛艦「大邱」(2800トン)が電力化から5カ月が経過した今年1月、推進システムの異常で運用できなくなったことが20日、分かった。「大邱」は韓国海軍の次期護衛艦のうち、初めて電力化された先導艦だ。軍は2013年から合計3400億ウォン(約335億円)をかけて「大邱」を建造した。
 軍関係者は同日、「今年1月末、『大邱』の推進システムに欠陥が生じて運用を中断し、原因を究明しているところだ。プロペラを回すモーター付近の部品が過熱して駆動を中止した」と明らかにした。軍のある幹部は「プロペラを動かすモーターが過熱して焼けてしまった」と言った。推進システムの欠陥でプロペラを動かす動力源が破損し、艦艇が動かなくなったということだ。
 「大邱」は電力化前からエンジンなどの推進システムの問題を指摘され続けていた。韓国海軍は新型護衛艦事業を推進する際、ガスタービンと電気モーターを組み合わせた「ハイブリッド方式」の推進システムを導入した。普段は電気エネルギーを利用したモーターで巡航するが、緊急時は瞬間速度が出るガスタービンを利用する仕組みだ。しかし、試験運用の過程で電気を利用して艦艇を駆動してからガスタービンに転換する時間が過度に長引き、「戦時に不適切な艦艇」という声もあった。
 問題は、軍や艦艇製造企業が「大邱」の故障の根本的な原因を見つけられていないことにある。軍関係者は「モーター付近の付属貧であるベアリングの問題だと思われる。しかし、なぜ推進システムのベアリングに過熱という問題が生じたのかは、まだ究明されていない」と話した。
 このため、複数の専門家が「大邱」の復帰に最長1年かかる可能性があると見ている。ある防衛産業関係者は「推進システムは艦艇の最も重要な部分なので、内部に固定されている。このシステムを直すには、新しい艦艇の鋼板をはがして船体の一部を切断しなければならない状況だ」と言った。だが、海軍関係者は「故障の一次的な原因が見つかっただけに、修理期間は長くはならない可能性もある」と語った。
新型護衛艦「大邱」は推進機構の不具合で、実戦投入から五箇月で運用不可能な状況に成ってる事が明らかに成った。
モーターの加熱で焼付きを起こした上に、半電力化での問題は以前から指摘されてたと云う。
更に深刻なのは、製造主も海軍も原因特定出来無い状況だ。
現場復帰には船体を破壊しなければ為らず、更に問題は長引く。
こんな開発運用が罷り通ってるのだから、南朝鮮には軍を運用する資格が無いのだと叩かれるので在る。
全くを以て呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 17:41 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

入国管理局に社会民主党代議士が介入。

* ローラさん賛同の「辺野古」署名、主催者が来日時に長時間の尋問 「嫌がらせだ」
ホワイトハウスに「辺野古の埋め立て中止」を求める嘆願書への署名活動を始めた日系アメリカ人の男性が、来日時に、入国管理局による尋問を受け、別室で足止めされていたことがわかった。
係官からは辺野古に関する多くの質問を受けたといい、本人は「政府による嫌がらせ」と受け止めたという。

一時足止めにされたのはハワイ在住で沖縄にルーツを持つ日系4世のロバート・カジワラさん。
トランプ大統領に、2月24日の県民投票実施まで埋め立ての停止と、県知事選の結果を踏まえた判断をするよう求める署名を始めた人だ。
署名は1ヶ月で10万筆が集まれば、アメリカ政府がその内容を検討し、60日以内に何らかの返答をする仕組み。
タレントのローラさんやクイーンのブライアン・メイさんらが呼びかけ話題となった。署名は現段階で20万筆以上集まっており、ホワイトハウスからの返答を待っている状況だ。
本人の説明は
本人のTwitterや琉球朝日放送の報道によると、カジワラさんは沖縄や東京での講演会やイベント出演、国会議員との意見交換などのため、19日夜にハワイから関西空港に到着した。
その際、別室に呼び出され、係官から辺野古に関する質問を繰り返し受けたと説明。尋問による足止めは110分におよんだという。
カジワラさんは「日本に何度もきているが、こんなことは初めて。日本政府は私が東京への乗り継ぎ便を逃させようとしたのではないか。おそらく、私が日本に来ることを妨げるために嫌がらせだと思う」などとツイートしている。
さらに、本人のツイートなどによると、日本人の知人に状況を説明すると沖縄2区選出の照屋寛徳・衆議院議員(社民)に伝わり、照屋氏が入管に問い合わせの電話を掛けたことで入国ができたという。「照屋氏に感謝する」としている。
一方、照屋議員はBuzzFeed Newsの取材に対し、「沖縄の友人の大学教授から、足止めをされているらしいと連絡を受けた。不審な人物ではないので、入国を認めるよう入管に連絡した」と説明する。
「入管側の責任者の連絡先を伝えてもらい、電話をした。20日に国会議員会館で議員との意見交換することが予定されていることなどを伝えた。私は弁護士でもあるので責任を持つ、身元引受け人になるとも言いました」
「なぜ長時間尋問したのかと聞くと、滞在期間が長いためと答えていたが、1ヶ月以上いるわけでもない。納得できる説明ではない」
入管側の見解は
大阪入管の関西空港支局はBuzzFeed Newsの取材に対し、「個別の案件には答えられない」としながら、「一般論」として以下のように回答した。
「観光や知人訪問のためであれば査証の免除をすることができますが、これを繰り返すことによって働いているケースが多々ある。そのため、出入国歴の回数などによっては、別室で話を聞くことがあります」
「一般的なことを言えば、入国後に平和活動やデモをするのは問題がありません。ただ、稼働目的かどうかは確認しないといけない」
カジワラさんをめぐっては、沖縄の公立大・名桜大学が交流会の会場としての使用を不許可にしたと、琉球新報が報じている。
同紙の取材に対し大学側は「教育施設の利用は適切でない」と答えており、主催者側は反発しているという。
辺野古基地移設の関するホワイトハウスへ請願した人物が入国時に入国管理局に足止めされてた処を、社会民主党の照屋寛徳代議士の介入で釈放され入国出来てた事が明らかに成った。
此れは明らかに政治加入と見倣されるが、此処はどう説明するのか。
第一外国人が政治活動の為に入国したのが間違いで、此れを足止めするのは入国管理局としては当然の対応で在った筈だ。
此れを妨害したのだから言語道断で在る。
不審な人物では無いから開放させるとはどんな了見なのかと厳しく問い質したい。
犯罪者を引き入れた責任は極めて重い。
posted by 天野☆翔 at 17:33 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

南朝鮮で航空機整備事業始まる。

* 韓国初の航空整備専門会社が事業開始へ 日本など海外からの受注も視野
整備会社がなく、これまで海外に依存していた航空機の整備を今後は韓国国内でも行えるようになる。国土交通部は20日、南部の慶尚南道・泗川に事業所を置く国内初の航空整備専門会社「韓国航空サービス」(KAEMS)の事業着手記念行事を21日に同地で開催すると明らかにした。
 KAEMSは防衛大手の韓国航空宇宙産業や韓国空港公社など7社が出資して昨年7月に設立した。21日に韓国格安航空会社(LCC)チェジュ航空の旅客機1機を入庫し、整備を開始するのを皮切りに、今年は国内LCCの航空機19機を整備する予定だ。中国や日本など海外の航空機の整備受注も目指す。
 政府はKAEMSの事業用地を中心とする航空整備産業団地を2022年までに造成する計画。これにより、26年までに約2万人の雇用が生まれ、5兆4000億ウォン(約5340億円)の生産誘発効果を得られると期待している。
慶尚南道泗川に事業所を置く国内初の航空整備専門会社の事業発足が可能に成ったと云う事で、国外の航空機の整備の受注を目指す方針が確認された。
従来は此の整備を大韓航空がして居たが、専門的に扱うのは始めてとの事で在る。
散々いい加減な整備をして来たのだから、同じ過ちを繰り返さない保障は一切無い。
我が国はこんな国の整備事業に手を貸しては為らない。
整備不良の機体を運用する訳には行かないからだ。
posted by 天野☆翔 at 23:24 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

東京新聞が喚き散らす。

* 東京新聞:記者会見の質問 知る権利を守るために:社説・コラム(TOKYO Web)
 記者会見での記者の質問は、国民の知る権利を守るために、報道機関として当然の行為だ。権力側が、自らに都合の悪い質問をする記者を排除しようとするのなら、断じて看過することはできない。
 なぜ今、こうしたことに言及せざるを得ないのか、経緯を振り返る必要があるだろう。
 発端は本紙記者が昨年十二月、菅義偉官房長官の記者会見で、沖縄県名護市辺野古での米軍新基地建設について「埋め立て現場では今、赤土が広がっており、沖縄防衛局が実態を把握できていない」と質問したことだ。
 首相官邸の報道室長は官邸を取材する報道機関でつくる「内閣記者会」宛てに文書で、質問を「事実誤認がある」「度重なる問題行為」とし「事実を踏まえた質問」をするよう申し入れた。
 また報道室長はたびたび、本紙記者が質問している途中に「質問は簡潔にお願いします」などと催促したり、遮ろうとしている。
 しかし、質問は本紙の取材、報道による事実関係に基づいたものであり、決して誤認ではない。
 もし、政府が事実誤認と考えるなら、会見の場で事実関係を提示し、否定すれば済むだけの話だ。
 菅氏は国会で「会見の様子は配信され、国内外で直ちに視聴できる。事実に基づかない質問が行われると、内外の幅広い視聴者に誤った事実認識が拡散される」と答弁したが、政府の反論が正しければ、誤った事実認識が拡散されることはないのではないか。
 憲法は「表現の自由」を基本的人権の一つとして、国民の「知る権利」を保障している。
 官邸報道室は申し入れに「質問権や知る権利を制限する意図は全くない」としているが、政府に都合の悪い質問をしないよう期待しているのなら見過ごせない。
 申し入れがあっても、質問を制限されないことは、知る権利を尊重する立場からは当然だ。
 菅氏はかつて会見で安倍晋三首相の友人が理事長を務める加計学園の獣医学部新設を「総理の意向だ」と伝えられたとする文部科学省文書を「怪文書みたいではないか」と語ったことがある。
 その後、文書は存在することが分かった。政府が常に正しいことを明らかにするとは限らない。一般に権力は、都合の悪いことは隠すというのが歴史の教訓である。
 権力を監視し、政府が隠そうとする事実を明らかにするのは報道機関の使命だ。私たち自身、あらためて肝に銘じたい。
総理官邸での官房長官記者会見の望月衣塑子の案件で、東京新聞は「東京新聞:記者会見の質問 知る権利を守るために」とする社説を掲載した。
記者会見での質問は知る権利を行使する為に報道機関なら当然の行為として、此れを排除する事は許されないと主張。
然し、肝心の質問内容が事実無根の事案だったり、質問の方向性が自分自身の望む答えを引き出す迄長々と執拗にされるので有れば、其れは最早報道機関にする事では無いので、排除されて然りで在る。
政府に都合の悪い云々の案件は全くの的外れの批判でしか無い。
第一政治的な何件で在るのだから、何故政治部では無い社会部の記者が堂々と会見場に入れるのかと。
此処がそもそも間違ってるのだ。
東京新聞は事実を正論で返されたから逆上してるだけに過ぎない。
posted by 天野☆翔 at 23:17 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

オランダも「Kの法則」発動するか。

* 韓国、原子力技術をオランダに輸出…対欧州は初めて | Joongang Ilbo | 中央日報
韓国が欧州市場に初めて原子力技術を輸出する。オランダ研究用原子炉改善事業「OYSTERプロジェクト」の核心機器を完成し、発注先のオランダのデルフト工科大に引き渡す。韓国原子力研究院は2017年3月に着手した「性能試験用水槽内機器」の製作を完了し、20日に出荷式をした後、オランダ側に引き渡すと明らかにした。
OYSTERプロジェクトはデルフト工科大で運営中の研究用原子炉に冷中性子研究施設を構築する事業。2014年に韓国原子力研と現代エンジニアリング(株)、現代建設(株)で構成されたコンソーシアムが契約金280億ウォン(約28億円)でこのプロジェクトを受注し、国内原子力技術史上初めての欧州市場進出という評価を受けた。
2015年7月に始まって1年4カ月間続いた第1段階事業では、冷中性子研究施設の基本設計が完了した。施設の製作および設置を目標とする第2段階事業は2017年3月に始まり、2020年4月に完了する予定だ。
デルフト工科大が研究用原子炉に冷中性子研究施設を構築する理由は、透過性能が高い冷中性子の性質のためだ。冷中性子とは、熱中性子を零下250度の液体水素の中を通過させて冷却させた一種の「ビーム」で、X線より透過性能が優れている。
原子力研のウ・サンイク研究炉開発団長は「熱中性子が持つ波動を減速すれば、物質透過力が高まる効果がある」とし「このため細胞など生体物質を破壊せず、ナノ領域の原子や分子構造を調べることができる」と説明した。デルフト工科大はこうした冷中性子研究施設の長所を活用し、新薬開発などバイオ分野、ナノ分野、新素材分野の技術を開発していく計画だ。
ウ・サンイク団長は「2009年にヨルダンとアラブ首長国連邦(UAE)に研究用原子炉(JRTR)、発電用原子炉を輸出したが、これは原子力新興国に対する技術移転だった」とし「しかし今回は原子力先進市場に国内で蓄積・開発した技術を輸出したという意味がある」と説明した。
一方、国内で約3年以上の製作過程を経た「性能試験用水槽内機器」は今年9月に原子炉水槽内に設置される予定の「冷中性子源水槽内機器」の試作品だ。冷中性子源水槽内機器が実際に円滑に作動するかどうかを確認するため同じ部品で製作された。
デルフト工科大は現地で製作した従来の極低温ヘリウム冷凍機・水素供給系統・真空系統など補助系統と今回輸出された性能試験用水槽内機器を連結し「熱サイフォン(Thermo−siphon)」現象が円滑に具現されるかどうかを確認する計画だ。熱サイフォン現象は熱中性子を冷却するために必要な液体水素を作る工程で、気体水素を液体水素に変換させる過程。デルフト工科大は試験結果に基づき、実際に原子炉の水槽に設置される冷中性子源水槽内の機器の設計を決定して製作を進める予定だ。
オランダ研究用原子炉改善事業に対して核心機器を完成し、発注先のオランダのデルフト工科大に引き渡すと発表した。
研究用原子炉に冷中性子研究施設を構築する事業で在ると云う。
原子力発電施設のヨーロッパ向けの始めての輸出だと云う。
粗悪品を乱発し頻繁に事故を起こしてる南朝鮮の原子力発電の環境下で、果たして安全性の高い製品が望めるのかと。
オランダはこうした実態を理解してるのか。
posted by 天野☆翔 at 23:08 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

ハンギョレが発狂記事掲載。

* [寄稿]北朝鮮は悪魔でもナチスでもない…米国人の認識変われば平和は可能 : 社説・コラム : hankyoreh japan
ハリー・カジアニス米国家利益センター韓国研究局長
 ドナルド・トランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長のハノイ首脳会談を控え、会談でどのようなことが起こるかについて専門家らの予測が相次ぐだろう。ワシントンの強力な主流の見方は、会談が「リアリティショー」に終わるか、トランプ行政府が最近の予算争いや提出を控えたミュラー特別検察官の報告書など、国内的な難題からメディアの関心をそらせようとする術策と見ている。ある人たちは、トランプ大統領が「勝利」を渇望し、愚かにも前例のない譲歩をすると思っている。
 しかし、偏狭な思考は、今回の会談が朝鮮戦争を公式に終わらせる朝米関係の新たな始まりであるだけでなく、北朝鮮の漸進的かつ持続的な非核化の扉を開き、朝鮮半島が永遠に分断されないという希望を固める機会になる可能性を黙殺するだけだ。
 このような可能性を遮断できる要素は一つだ。米国人は今日まで北朝鮮をありのままに見ず、見たいように見ている。彼らは平壌(ピョンヤン)を悪魔、または核抑止力を獲得する時点にいながら朝鮮半島を強圧と力で統一させようとするナチス政権のような存在だと非難する。
 私も昨年の夏までそう思っていたので、このような見方がよく分かる。しかし、外交的な努力が失敗し、「炎と怒り」や核戦争の脅威に戻れば何が起こるかを深思熟考した末、そうした考えは間違っていると言うようになった。
 今の北朝鮮は20年前や10年前、あるいは5年前の北朝鮮とは全く違う。自由、個人、国家に対する反対の動きは広範囲に無視されるが、小さくとも重要な変化を観察できる。小規模市場、漁業、農業、他の産業では、資本主義がゆっくりだが明らかに根を下ろしている。携帯電話の使用者は急増し、制限はひどいが平壌と他の地域の住民たちはショートメッセージをやり取りしたり、北朝鮮バージョンのインターネットを検索することができる。金委員長が経済活性化に関心があると見られる状況で、平凡な住民たちは厳しい状況を好転させることができるという希望を抱いている。
 むろん、米本土を打撃できる平壌の核兵器の拡大は、ワシントンによる政権交代を不可能にしようという措置だ。私は、北朝鮮が現実的な核抑止力を確保するのを阻止する時間が残っていると考える専門家たちと多くの討論をしてきており、彼らは恥ずかしくも数百万人が見守るテレビでそう述べる。そのような脅威は米国人を不安にさせるが、北朝鮮はすでに核兵器によってアジアで数百万人の命を奪い、少なくとも米軍基地や米国の島々を攻撃できる能力を持っている。受け入れがたくても、それが現実だ。
 米国の交渉家たちが、北朝鮮の性格と能力に対するこの二つの事実を受け入れるなら、ベトナムで恒久的な平和の確実な道を見出すことができる。第一に、朝米が、私の希望としては中国と韓国を含め、朝鮮戦争を終わらせる平和宣言に署名しなければならない。これは誰かが譲歩することでもなく、古傷の治癒が始まったことを世界に知らせ、ワシントンと平壌の新しい関係の基礎になるだろう。
 第二に、金委員長が寧辺の核施設をテーブルに載せただけに、米国も北朝鮮経済を押さえつける制裁の緩和を通じて「相応の措置」を提示しなければならない。緩和の範囲と規模を決めるのは難しいが、ワシントンは北朝鮮が相互の誠意と信頼構築のために希望してきた行動対行動の原則により、精巧な案を作ることができる。
 最後に、効果的で速やかに疎通するための連絡事務所を設置しなければならない。そうすれば、他の危機が勃発直前の状況になっても、簡単な対話で避けることができる。
 もちろん、これらはワシントンの平壌に対する見方が変わってこそ可能だ。70年間の緊張と不信を経た状況なので簡単ではないが、私たちが真に歴史的な成就をなすためにはそうしなければならない。
ハリー・カジアニス米国家利益センター南朝鮮研究局長がハンギョレに寄稿し、「北朝鮮は悪魔でもナチスでもない…米国人の認識変われば平和は可能」とする記事が掲載された。
意識が変わろうと変わるまいと、北朝鮮は基本的に邪悪で在る事には変わらない。
子供が悪戯半分で核兵器を手にしてるのだから、其の実態は云う迄も無いだろう。
テロリストが手にしては為らない兵器を所有してるのだから、危険極まり無いのだ。
更に逆らう者は無慈悲に殺戮する民族なのだから、極めて深刻な問題を抱える。
鼻薬でも嗅がされたのかと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:03 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

論文でも南朝鮮が喧伝活動。

* 対馬海盆の「鬱陵」表記、韓国の学術論文で増加 : 国際 : 読売新聞オンライン
「名称変更」と連動か
 島根県・竹島の南側に広がる海底の盆地「対馬海盆」を、韓国名の「鬱陵海盆」と呼び、国際的な学術誌などに発表された韓国の論文数が増加している。鬱陵への名称変更を目指した韓国政府の影響を受けた動きとみられている。
■対馬が国際ルール
 国際水路機関(IHO)と国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)が運営する「大洋水深総図」には、海盆の国際公式名として、「対馬海盆」が登録されている。総図には、世界の海底地形の国際公式名が網羅され、公文書に海底地形名を記載したり、国際学術誌に論文を発表したりする時には、総図の公式名を使うことが国際ルールとなっている。
 論文専用の検索サイト「グーグル・スカラー」によると、「鬱陵海盆」を表題や本文などに使った国際学術誌への英文論文は2001年には50件にも満たなかったが、07年頃から増加し、15年以降は年250件前後で推移している。ほとんどが韓国人研究者によるものだが、中国の論文も含まれる。一方で、国際公式名の対馬海盆を使った論文はこれまで、年に数〜十数件しかない。うち半数は、鬱陵海盆と併記しており、対馬海盆の単独使用は少ない。
■韓国政府は鬱陵使用
 鬱陵海盆の使用が増加した背景には、韓国政府が鬱陵海盆の名称を使い、この海域での次世代資源メタンハイドレートの開発を進めている事情があるとみられる。韓国の研究者は、この開発に役立つ有用な情報を確保しようと、国際誌に論文を投稿する活動が活発化しているようだ。
 また、韓国側が、対馬海盆など竹島周辺の海底地形名の変更を国際機関に提案する動きを見せたことも見逃せない。韓国は、対日関係が悪化した06年、最新の測量データを集め、海底地形の公式名を決める国際組織、海底地形名称小委員会(SCUFN)に名称変更を申請しようとしたが、外交交渉の結果、韓国側が申請を取り下げた。
 以後、地形名を変更する動きは沈静化したが、韓国政府が、変更を目指す姿勢は崩していない。このため、韓国の海洋研究者らの間で、この海域の名称として、鬱陵海盆を使用する意識が高まったとみられている。
■実態変える狙い
 海上保安庁によると、古くから知られている海底地形には、歴史的に長く使われている名称が公式名として使われる原則がある。日本側は、対馬海盆に対してもこの原則が適用されるとみているが、韓国側には、国際的に鬱陵海盆を認知させることで、歴史的な慣行の実態を変え、名称変更を迫る狙いがあるとみられる。
 関係者が注目するのは、韓国地質資源研究院のハン・ヒョンチョル氏が昨年10月、SCUFN委員長に就任したことだ。委員長は各国の申請に対し、中立の立場を取る必要があるが、日本側には警戒する向きもある。
海底盆地の「対馬海盆」を南朝鮮は「鬱陵海盆」と呼称し、国際的な学術誌等に発表された南朝鮮の論文数が増加して居ると云う。
我が国の論文としては「対馬海盆」表記は少ないが、南朝鮮は此れを多用し攻勢を掛けてる。
論文の世界でも竹島周辺海域を自国の領土領海と主張する算段だ。
既成事実化を狙った動きで在るのは云う迄も無い。
こんな横暴を許しては為らず、我が国も反対に攻勢を掛ける必要が在る。
侵略行為も同然で盗人猛々しいとは正に此の事だ。
posted by 天野☆翔 at 17:41 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

南朝鮮が必死に竹島を渡さない主張を展開。

* 韓国慶尚北道、「竹島の日」糾弾…独島守護を決意 | Joongang Ilbo | 中央日報
韓国東部にある慶尚北道(キョンサンブクト)が島根県「竹島の日」に合わせて、これを糾弾する声明を発表し、独島(ドクト)守護を決意するするさまざまな行事を行うことにしたと19日、明らかにした。
島根県は2005年に「竹島の日を定める条例」を定め、2006年から毎年2月22日に記念行事を開いている。今年の行事にも安藤裕・内閣府政務官が日本政府代表として出席し、中央政府の政務官級要人が7年連続で参加する予定だ。
これに対して、李チョル雨(イ・チョルウ)慶尚北道知事は22日、道庁ブリーフィング室で糾弾声明を発表する。また、鬱陵島道洞(ウルルンド・トドン)小公園では汎道民糾弾決意大会を開いて独島守護決意を新たにする。慶尚北道独島委員会も同日、道庁会議室で三・一運動100周年と独島領土主権管理政策討論会を行う。
一方、韓国海洋調査船が今月15日から独島周辺海域を航行したとし、日本政府が韓国政府に「受け入れられない」との立場を伝えたと産経新聞が18日、報じた。
報道によると、日本政府は外交ルートを通じて「領海で海洋調査を行っていれば受け入れられない」と韓国側に伝えた。
同紙は毎年2月22日に開かれる「竹島の日」行事などが迫る状況で、韓国側が実効支配を誇示している可能性もあると分析した。 
慶尚北道は竹島の日に合わせて此れを糾弾し、守護を決意する各種の催事をすると表明した。
自国の領土と正当性を主張するなら、こんな動きはしなくても良い筈で、相当に後ろめたい意識が在るからこその動きで在るのは云う迄も無い。
多くの島民と漁民の生命財産を盾にして、我が国の領土を略奪簒奪した上、収監されてた犯罪者の引き渡しを要求し、我が国は此れに応えて仕舞ったのは大きな間違いで在った。
結果的に島民や漁民の命が失われて仕舞ったのだ。
posted by 天野☆翔 at 17:32 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

南朝鮮が馬鹿行為。

* 「独島歴史カレンダーを日本議会に送る」 | Joongang Ilbo | 中央日報
過去5年間にわたり独島(ドクト、日本名・竹島)関連歴史を研究しながら独島を守る活動をしてきた社団法人「わが文化を築く会」が19日、独島が韓国の領土であることを証明する歴史資料をカレンダーに制作して発表した。わが文化を築く会はこの「独島歴史カレンダー」の日本語版を22日に島根県の「竹島の日」に合わせて日本議会に伝える予定だ。
「わが文化を築く会」のイ・フンソク代表はこの日午後、ソウル鍾路区寛勲洞(クァンフンドン)で記者会見し、「韓国と日本の歴史的史料を集めて2019年のカレンダーを兼ねた独島飼料集をハングル版と日本語版で制作した」と明らかにした。イ代表は「読みにくい本よりも、誰でも壁に掛けておいて日常生活で見るカレンダーにすれば、より多くの人々がひと目で独島がわが国の領土であることを確認できると判断した」と趣旨を説明した。今回のカレンダー制作は財団法人の在外同胞教育振興財団が後援した。
イ代表は「昨年10月の韓国国会議員の独島訪問後、新藤義孝議員(自民党)が韓国側に『(独島)領有権を主張する根拠を提示すべき』と公開質問書を送ってきた」とし「日本議員がこの独島史料集のカレンダーを見て、日本側が主張する史料を構成し、回答を我々側に送ることを期待する」と明らかにした。
イ代表は独島カレンダーを発表し、「朝鮮末期に日本に渡り、朝鮮の独島支配権を確認させた安龍福(アン・ヨンボク)は漁夫や奴婢ではなく、朝鮮政府の正式使節であり密使だった」とし「安龍福が日本に行った1年後、対馬側が『安龍福の一行が使節として日本本土に来た事実を対馬州はみんな知っていたが、大局的に考えて問いたださなかった』という記録がある」と主張した。
続いて「安龍福と共に日本に渡った雷憲(ネホン)僧侶も流浪の僧でなく、僧軍大将または興国寺の住持僧侶などと身分が記録されている史料がある」とし「安龍福の渡日は決して個人の愛国心による突出行動ではない」と主張した。
これは漁夫の安龍福が個人的に日本に渡って鬱陵島(ウルルンド)と独島に出没する日本漁民を詰責し、徳川幕府から鬱陵島が朝鮮の領土であることの確認を受けて帰ってきたという歴史学界の定説とは異なる解釈だ。イ代表は「これをきっかけに政治家や専門家よりも両国の国民が向き合って独島に内在する歴史的真実を共に論争し、双方が合意点に達することができることを望む」と強調した。
社団法人「わが文化を築く会」が竹島のカレンダーを作成し、此れを我が国に送ると表明したが、其の趣旨は「より多くの人々が一目で独島が我が国の領土で在る事を確認出来ると判断した」と曰う。
其の上で「歴史的真実を共に論争し、双方が合意点に達する事が出来る事を望む」と抜かす。
正しく気違いの発想だ。
我が国に送られて来たら未開封で送り返してやれば良い。
そんな低俗且つ愚劣な印刷物は見る価値も無い。
posted by 天野☆翔 at 17:24 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

イラン企業が南朝鮮資産仮差し押さえ。

* ISDで勝訴のイラン企業、韓国政府の資産仮差し押さえ手続き-Chosun online 朝鮮日報
 韓国政府を相手取った投資家・国家間訴訟(ISD)で勝訴したイランのダヤニファミリーが、オランダの裁判所を通じ、韓国政府の資産を差し押さえる手続きに入ったことが19日までに分かった。ISDで韓国政府の資産に対する仮差し押さえ手続きが行われたのは初めてだ。ただし韓国政府は、仮差し押さえ手続きが進められたとしても強制執行(差し押さえ)の可能性は高くないとみている。
 韓国政府と金融業界が19日に明らかにしたところによると、オランダのロッテルダム地裁は最近、ダヤニファミリーが韓国政府を相手取って起こした資産仮差し押さえの申し立てを認めた。仮差し押さえの対象は、オランダに進出している韓国企業が韓国政府に対して負っている債務だ。対象企業はサムスン、LG、ウリィ銀行、ハナ銀行などだという。韓国政府の関係者は「ダヤニ側が債権確保のために、仮差し押さえの申し立てを含むさまざまな方法で動いていると聞いている」と話した。
 ダヤニファミリーは、イランの家電メーカー「エンテックハブ」を所有しており、2010年に大宇エレクトロニクスの買収をめぐって優先交渉対象者に選ばれたが、その後債権団から契約を解除された。ダヤニファミリーはこの過程で韓国政府による違法な介入があったとしてISDに提訴。ISDの裁判所は昨年、韓国政府に対し、ダヤニファミリーに730億ウォン(約73億円)を返還するよう命じた。
 韓国政府はその後、ISDの取り消しを求めて英国の裁判所に提訴。英国の裁判所が韓国政府勝訴の判決を下せば、ISDの決定に伴う賠償責任を履行しなくともよい。韓国政府がISDの決定を受け入れなかったため、ダヤニ一族が仮差し押さえを申し立てるという形で報復に出たのだ。
 ただし韓国政府は、今回の仮差し押さえの決定には大きな意味はないとみている。金融委の関係者は「仮差し押さえ対象の債権があるのか現段階では不明確で、政府の財産に対する強制執行は可能性が高くないとみている」として「実質的な措置というより、宣言的な意味合いだとみて、英国で進行中のISD取り消し訴訟に万全を期す計画」と話した。
オランダのロッテルダム地方裁判所が、ダヤニファミリーが起こした国家間訴訟で原告勝訴の判決を下し、南朝鮮企業が青瓦台に対しての債務が対象で、SAMSUNGやLGやウリィ銀行やハナ銀行等と云う。
青瓦台の金融委員会は強制執行の可能性は低いと見てる様子だが、強制執行されて仕舞えば良い。
世界各国で迷惑行為を撒き散らし散々醜態を晒してるのだから、懲らしめる意味でも厳格な対応をして頂きたい。
posted by 天野☆翔 at 17:18 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

佐々木すみ江氏逝去。

* 女優の佐々木すみ江さん死去=「篤姫」で乳母役、90歳:時事ドットコム
 NHK大河ドラマ「篤姫」で主人公の乳母、菊本を演じるなど名脇役として活躍した女優の佐々木すみ江(ささき・すみえ、本名青木すみ江=あおき・すみえ)さんが死去したことが19日分かった。90歳だった。東京都出身。  大学卒業後、劇団民芸入り。「楡の木陰の欲望」など数々の舞台を経験。退団後も「にごり江」「貧民倶楽部」などに出演した。映画は鈴木清順監督の「ツィゴイネルワイゼン」や五社英雄監督の「吉原炎上」に名を連ねた。テレビドラマにも数多く出演し、「夢千代日記」「ふぞろいの林檎たち」などで存在感を見せた。最近もドラマ「やすらぎの郷」、大河ドラマ「西郷(せご)どん」などに出演した。
様々なドラマで名脇役として活躍した氏が、逝去してた事が判明した。
現段階では死因は不明だが、二十日に事務所が詳細を伝えると云う。
独特の演技で魅了させてくれた人物なだけに残念で在る。
謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 23:57 | Comment(0) | Obituary | 更新情報をチェックする