冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年04月30日

天皇陛下は譲位礼正殿の儀に臨まれた。

* 「支えてくれた国民に、心から感謝」陛下、退位の礼で「最後」のお言葉 - 産経ニュース
 天皇陛下は30日午後5時、皇居・宮殿「松の間」で「退位礼正殿の儀」(退位の礼)に臨み、「支えてくれた国民に、心から感謝します」と在位中、最後となるお言葉を述べられた。
 退位の礼では、側近が歴代天皇に伝わる三種の神器(じんぎ)のうち天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)の複製品と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、公務で使われる天皇の印「御璽(ぎょじ)」、国の印章「国璽(こくじ)」を「案(あん)」と呼ばれる台の上に安置。安倍晋三首相は、自然災害などで困難に直面した国民に寄り添われてきた陛下に「国民に明日への勇気と希望を与えてくださいました」と感謝の意を伝えた。
 続いて、モーニングコート姿の陛下は、冒頭「今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました」と、30日をもって譲位することを表現された。さらに「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と謝意を示したうえで「明日(あす)から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」とお言葉を締めくくられた。
 「退位の礼」には皇后さまが陪席されたほか、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻をはじめ、女性を含む成年皇族方がご参列。安倍首相と閣僚のほか、衆参両院の正副議長、都道府県知事の代表ら約290人も出席した。
 今回の譲位は、平成29年6月に成立した、陛下一代限りで認める皇室典範特例法に基づいて行われた。
譲位遊ばされる天皇陛下に於かれましては、本日の夕刻、皇居松の間に於いて譲位礼正殿の儀に臨まれ、象徴天皇としての役割を締め括られる勅を発せられました。
非常に厳粛な此の儀礼には心打たれ感慨深く注視しました。
今後は天皇陛下は上皇陛下に、皇后陛下は上皇后陛下と成られ、皇太子殿下で在らせられる徳仁親王殿下が明日の未明に天皇陛下として即位されます。
天皇陛下に於かれましては皇太子殿下時代からの長きに渡り、国事行為等で我が国の根幹をお支え頂き繁栄を祈られた事は一国民として、掛け替えの無い大きな慶びで有ります。
天皇陛下との役割を分かちつつも、幾末永く御健勝で在られます様、心から御祈り申し上げます。
posted by 天野☆翔 at 19:08 | Comment(0) | The imperial family | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

厳粛な日に非常識な馬鹿騒ぎ。

* 退位へ 都内では感謝と…天皇制への抗議も|日テレNEWS24
30日午後、天皇陛下の退位の儀式「退位礼正殿の儀」が行われる。平成最後の東京都内、JR新宿駅前から中継。
新宿駅前では天皇制に反対する団体の抗議活動が始まっていて、周辺を多くの警察官が取り囲んでいる。また、右翼団体の街宣車も複数台おり、ものものしい雰囲気となっている。
一方で、10連休の4日目ということもあり、雨にもかかわらず多くの人でにぎわっている。話を聞いた人たちからは、まもなく迎える令和への期待の声や、天皇陛下への感謝やねぎらいの声などが聞かれた。
母親(46)「平成に変わる時、ちょうど(私は)娘くらいだった。(今回は)歓迎ムードで雰囲気が違う」
娘(15)「(Q:令和はどんな時代になってほしいか)平和なら(うれしい)」
女性(23)「(両陛下には)ゆっくり休んでいただき、余生を楽しんでいただきたい」
新宿駅東口に設置された大型ビジョンには退位に関するニュースが断続的に流されていて、時折、足を止めて画面を見つめる人の姿も見られる。
天皇陛下が譲位遊ばさせる此の厳粛な日で在るのにも関わらず、JR新宿駅前では反天皇制運動連絡会や街宣右翼等のテロリスト共がデモを実施し馬鹿騒ぎを起こした。
こんな事は絶対に認めては成らず言語道断の案件で在る。
全くを以て辟易するのと同時に呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 18:56 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

粘着質な朝鮮日報。

* 太平洋戦争の被害国めぐり「謝罪」した明仁天皇、訪韓は宿題のまま-Chosun online 朝鮮日報
明仁天皇は何を残したか
在任初期は存在感大きくなかったが今では国民統合の象徴に
終戦記念式典のたび「過去を反省」…戦争責任に沈黙の安倍首相と違い

 昨年8月、東京都内の日本武道館で行われた全国戦没者追悼式。安倍晋三首相は「明日を生きる世代のために、国の未来を切り拓いていく」と強調した。周辺国が受けた被害に対する謝罪はなかった。だが、続いて登場した明仁(平成)天皇は違った。「過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願う」と述べた。安倍首相は2012年に再び政権をとってから6年にわたり戦争責任に言及していないが、明仁天皇は4年連続で「深い反省」に言及した。
 1989年に55歳で即位した明仁天皇は、安倍内閣をはじめとする政界が「強大国・日本」の旗印の下に右傾化する中、周辺国に配慮する役割を果たしてきた。国内的には障害者スポーツの後援や被災地訪問を通じ、立場の弱い人々を励ましてきた。毎日新聞はこうした明仁天皇について「国民統合の考えが強い」と評価した。
 明仁天皇は2016年、自ら生前退位を決め、長男・徳仁皇太子を新天皇とする「令和」時代を切り開いた。軍国主義の狂気が絶頂だった1933年に生まれ、第二次世界大戦の末期には米軍の空襲を避けて栃木県日光などへの疎開を余儀なくされた。日本の敗戦後、たった数カ月で廃墟になってしまった東京に戻って大きな衝撃を受けた。そして、再び戦争が起こってはならないと強く決意した。その後、1991年のタイ・マレーシア・インドネシア訪問を皮切りに、中国やフィリピンなど太平洋戦争被害国のほとんど訪れて謝罪の意を明らかにし、平和を強調した。昨年12月に「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵(あんど)している」と述べたのは本心からの発言だった。明仁天皇が平成時代に残したのは「戦争のない日本」「平和を追求する日本」というメッセージだ。
 父の裕仁(昭和)天皇の病死により即位した明仁天皇は在任初期、存在感がそれほど大きくなかった。その明仁天皇が今では「国民統合の象徴」として確固たる存在となったのは、「ひざまずく絶対者」として国民に寄り添ったからだ。
 明仁天皇は即位後、美智子皇后と共に大小さまざまな災害があるたび必ず現場を訪れ、ひざまずいて被害者の目の高さに合わせて語りかけた。日本では1946年に昭和天皇が「人間宣言」をして神の座から降りたが、まだ一般の人々が会うのは難しい存在だった。その天皇がひざまずいて励ますと、日本国民は感化され始めた。1995年の阪神淡路大震災、2011年の東日本大震災、2018年の西日本豪雨…。高齢にもかかわらず、被災地を訪れて腰を低くして被害者の手を取る姿に、多くの国民が心を開いた。
 明仁天皇が今月18日、三重県の伊勢神宮を天皇としては最後に参拝して帰る際、列車が出発しても立っていた。揺れる列車の中でも見送る人々が見えなくなるまで立ったまま手を振り続けた。こうした謙虚な姿から、日本の皇室の支持率は過去最高水準に達している。平成時代に「天皇制」はしっかりと根を下ろしたと評価されている。
 明仁天皇は在任中、韓国との距離を縮めようと努力したとも評価されている。サッカーの韓日ワールドカップ共催決定で両国関係がピークだった2001年12月。明仁天皇は68歳の誕生日の記者会見で、「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じている」と驚きの発言をした。
 この発言は、韓国を訪問したいという意味だと解釈された。事実、当時は1998年の金大中(キム・デジュン)大統領と小渕恵三首相による韓日共同宣言後で、天皇訪韓を水面下で進めている時期だった。明仁天皇は2017年には高句麗とゆかりのある埼玉県の高麗(こま)神社を参拝した。
 明仁天皇はその後も引き続き韓国との関係に力を入れてきた。サイパン訪問時には韓国人慰霊塔に献花し、JR新大久保駅の線路に落ちた日本人を助けようとして命を落とした韓国人留学生・李秀賢(イ・スヒョン)さんを追悼する映画の試写会にも姿を見せた。明仁天皇はおそらく、自身の最後の任務として訪韓を念頭に置いていたかもしれないという見方が東京では絶えない。
天皇陛下の譲位に関して上皇陛下と成られる此の時期に、未だに南朝鮮への訪問が実現して無い事を論った。
全くの論外で執念とも云える此の意識には辟易するのと同時に、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
一国民としては、誰が反日意識渦巻く紛争地と云う危険な国に、喜んでお見送りが出来るのかと云う事で在る。
未だにこんな気違い染みた思考で見てるのかと思うと、いい加減にしろと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 18:51 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

糞気違いの立憲民主党。

* 安定した皇位継承 立民が各党に協議呼びかけへ | NHKニュース
安定的な皇位継承を確保するため、立憲民主党は、女性宮家の創設や、男系男子に限られている皇位継承資格を女性や女系の皇族に拡大することも含め、今後、具体的な論点を整理し、各党に協議を呼びかけることにしています。
一代かぎりの退位を可能にするための特例法が、おととし成立した際、審議に当たった衆参両院の委員会では、安定的な皇位継承を確保するための課題や、女性宮家の創設などについて、政府に対し、速やかに検討することを求める付帯決議を可決しています。
これを受けて、立憲民主党は、党内に設置した検討会で議論を行っており、女性宮家の創設や、現在の皇室典範で男系男子に限られている皇位継承資格を女性や女系の皇族に拡大することも含め、具体的な論点を整理することにしています。
立憲民主党は、天皇の退位を、今回のような特例法ではなく、恒久的な制度にすることも検討する方針で、今後、各党に協議を呼びかけることにしています。
皇族の皇位継承に関して「女系天皇」に此れを当て嵌めて協議する事を他の野党に呼び掛けた事が確認された。
男系の女性天皇ならば認めても構わないが、男性で在っても女系の天皇は認めては為らないのが、我が国の古来からの伝統で在る。
完全に皇室を破壊したい意図が有り有りと見て取れる異常な意識で在り、気違い染みた思想でしか無いのだ。
矢張り腐っても元民主党で在る。
此奴等を国会や政治の場から叩き出さ無ければ為らないのは云う迄も無い。
posted by 天野☆翔 at 15:52 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

極めてご都合主義の中央日報。

* 【社説】令和時代の幕開け、韓国は韓日関係リセットの転機に | Joongang Ilbo | 中央日報
明日から日本の新しい時代が始まる。明仁天皇が退位してその息子である徳仁皇太子が即位するに従い、31年間にわたる平成時代を締めくくり新しい年号「令和」を使うことになる。
新時代が幕を開けるが、韓日関係は依然として歴史に足をとられて「史上最悪」の奈落に落ちている。慰安婦合意と強制徴用賠償判決によるその後の影響に続き、哨戒機近接飛行事件まで重なった結果だ。韓日関係は過去に何度も葛藤と改善を繰り返していたが、最近のように感情対立が激しくなって両国関係の本質まで揺さぶるほどに発展した事例は多くなかった。すでに両国間の経済人交流が断絶し、韓国消費財商品の日本国内の販売が直撃弾を受けるなど経済分野に被害が現れ始めている。このままいけば民間交流や観光分野にまで影響が及ぶだろう。さらに、北核問題に対する共助基盤が崩れるなど関係悪化の影響は全方向に広まりかねない。万一、強制徴用賠償判決で押収された日本企業の資産現金化が執行され、これにあわせて日本政府が報復措置を発動すれば、韓日関係は手のほどこしようもない状況に陥りかねない。
こじれるだけこじれた韓日関係は解決方法を見るけることが容易ではない問題だ。だが、そうであればあるほど相互非難と感情刺激を自制して対話から糸口を見つけなければならない。最も熱い懸案である強制徴用問題だけ取り上げてもそうだ。葛藤が激化した直接的原因は、韓国司法府の判断に対する韓日両国の立場の違いにある。▼個人請求権の消滅の有無▼時効問題−−などの法理的争点は感情対立より両国当局や専門家が額を突き合わせて協議して解決する問題だ。そのような場合、見解の違いを狭める余地がないわけでもない。問題はそのようなチャネルが塞がってしまっているという点だ。政府は韓日請求権協定第3条規定に伴う外交的協議を真剣に検討してみる必要がある。
もっと重要なのは、両国指導者が対話の姿勢を示すことだ。互いに何もせず、相手の態度が変化することだけを待つのは正しくない。そうした点で、新天皇の即位を転換点とすることができる。令和時代の幕開けを控え、世界各国の首脳が祝賀メッセージを送るだろう。文在寅(ムン・ジェイン)大統領もこのメッセージの中に関係改善の意志を込めて送ることを前向きに検討してみる必要がある。そうすれば、6月大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を契機にした韓日首脳会談の成功に一歩近づけるはずだ。動力を継続すれば来年7月の東京オリンピック(五輪)の頃には2002年ワールドカップ(W杯)の時のような友好ムードを回復することもできる。現政権は昨年、平昌(ピョンチャン)冬季五輪という契機を活用し、一触即発だった韓半島(朝鮮半島)情勢を反転させた前例がある。同じように、韓日間にも令和時代の幕開けを関係回復の転機にする知恵を発揮してほしい。両国関係の悪化をこのまま放置するのはどちら側にとっても益するところがない。
南朝鮮のメディアの中央日報は社説で令和時代の幕開けに際して両国関係リセットの転機に等と脳天気な記事を掲載したが、何処迄ご都合主義を全面に押し出して居るのかと厳しく問い質したい。
日本国と南朝鮮との間の基本関係に関する条約や、財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と南朝鮮との間の協定や、海上自衛隊P-1哨戒機に向けて、南朝鮮海軍駆逐艦が火器管制レーダーを照射した案件等の問題解決が先で在る。
全ては此等への謝罪と賠償を我が国に対して実行し、国際社会に向けて此れを公表しなければ為らない。
全ては其処から始まるので在る。
此れが実行され無い限りは正常な国交は維持出来無いのだ。
虚構の事実の慰安婦や徴用工問題では散々我が国の国益を棄損し、軍事面では戦争の一歩手前迄緊張を強いた事は絶対に許す事の出来無い言語道断の案件で在る。
敵国認定する動きを見せ乍、こんな虫の良い話なぞ誰も見向きも信用もしないのだ。
posted by 天野☆翔 at 15:45 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

厚生労働省に責任転嫁する東京新聞。

* 東京新聞:平成の賃金 検証不能 統計不正 政府廃棄で8年分不明:経済(TOKYO Web)
 令和への改元を控え、「平成経済」を知るための重要な指標の一つである「賃金伸び率」の検証が、今年一月に発覚した政府の統計不正のためにできなくなっている。政府が毎月勤労統計の集計で不正を行っていた期間の資料を廃棄したことで、八年分の賃金が分からなくなったからだ。公表された資料には空欄が並ぶという、異様な状況となっている。 
 ルールでは全数調査をしないといけない東京都分の大規模事業所を、厚生労働省が二〇〇四年に勝手に抽出調査に切り替える不正を始めたため、以降の調査結果が実態より低く出るずれが生じていた。これにより、延べ二千万人超が雇用保険などを過少に給付されていたことが分かった。
 問題発覚後、厚労省は一二年以降の結果を再集計して本来の数値を再現したが「〇四〜一一年分は調査票などの資料を廃棄・紛失していて再集計ができない」(厚労省の賃金統計担当者)ため、公表資料を空欄とした。この空欄部分については政府統計を統括する統計委員会からも再集計を指示されたが、実現可能かはまだ明らかになっていない。
 さらに、前年比1・4%増と大幅な伸びとなった一八年については、それまで行ってきた補正を止めるなど、算出方法を大幅に変えた影響でかさ上げされた。ところが、その説明を付けずに伸び率を載せているため、経済情勢が良くなって賃金が伸びたとの誤解を招きかねない状況もはらんでいる。
 大和総研の小林俊介氏は「平成の経済はデフレからの脱却が最大の課題であり、物価に大きな影響を与える賃金の動向は極めて重要だ。それなのに、統計不正によって検証ができなくなった。過去の政策判断を誤らせた可能性さえある。国民全体が被害者だ」と批判している。
毎月勤労統計の不正な調査実態が明らかに為って久しいが、此の統計の調査票等の廃棄が確認された為に、其の箇所が空欄に為ってる等で実際の数値が確認出来て無い状況と云う。
此の調査票は厚生労働省に提出されたが、地方行政には原本乃至控えが残ってる筈で在る。
厚生労働省に因って廃棄されたとしても、地方行政が再提出すれば問題は解決する筈で在る。
此れを指摘せずに厚生労働省を生贄同然にして非難するのは、明らかに常軌を逸してる。
更に地方行政の勝手な都合で調査方法を抽出に切り替えた事も、非難するのもどうかと思う。
批判すべきは抽出に切り替えた地方行政に対してすべきで在る。
厚生労働省は事後承諾せざるを得なかった立場でしか無かったのだ。
とは云え、厚生労働省の対応に問題は無いと云えば問題は在るので、此処は批判されて然りで有ろう。
posted by 天野☆翔 at 17:10 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

徴用工問題訴訟が新たに。

* 韓国元徴用工ら、三菱重など9社を追加損賠提訴 : 国際 : 読売新聞オンライン
日本の植民地時代に朝鮮半島から強制労働に動員されたとして、韓国人の元徴用工と遺族計54人が29日、三菱マテリアルや三菱重工業など日本企業9社に対して損害賠償を求める訴訟を光州地裁に起こした。
 元徴用工の訴訟を巡っては、韓国大法院(最高裁)が昨年10月、日本企業に賠償を命じる判決を初めて確定させて以降、韓国国内で追加訴訟を目指す動きが活発化している。
三菱等を筆頭に九社に対して損害賠償を求める訴訟を、光州地方裁判所に起こした事が確認された。
最早歯止めが掛からない程暴走してる状況で在る。
南朝鮮に進出してる企業は即時撤退しなければ為らない程、其の危険性は極めて高く為ってるのだ。
此れで危機意識を感じ無ければ異常な事態で在る。
早々に撤退をすべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 17:01 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

南朝鮮の別の側面の経済悪化。

* 最悪の韓日関係、企業が報復を受ける : 東亜日報
韓日関係の悪化が続き、政治葛藤が経済分野に波及する兆しが出ている。特に、韓国の大企業よりも日本の消費者を対象に製品を販売する韓国の中堅、中小企業や韓国レストランなどの零細商人が直撃弾を受け始めた。
日本で焼酎を販売するJINRO(眞露)の販売が上半期に急に下落した。発端は週刊誌「週刊文春」が1月24日付で、「韓国<文在寅大統領>には『国際羞恥プレイを』」というタイトルの記事を載せてからだ。同誌の記事によると、日本政府は元徴用工判決などに対する報復措置として関税引き上げを検討し、輸入品のうち韓国の割合が高い焼酎や海苔などを対象に取り上げた。
刺激的な記事で販売部数を増やす雑誌の特性上、嫌韓記事は常に存在したが、この記事は文大統領の写真と共に商号である「JINRO」がはっきり見える商品の写真を載せた。その直後、日本国内の焼酎の販売が打撃を受けた。同誌の発行部数は約68万部で、30〜50代のサラリーマン男性が多く読む。焼酎の主要な販売対象年齢層と一致する。権弘鳳(クォン・ホンボン)JINROジャパン社長は、「売り上げの下落も問題だが、ブランド価値の下落、職員の士気低下が心配だ。営業は士気がいのちだ」と話した。
韓日関係の政治的悪化の影響が、経済産業分野に拡大する兆しを見せると、現地の緊張感も高まっている。韓国貿易協会東京支部は24日、日本の韓国企業のトップ7人を呼んで緊急懇談会を開き、被害状況を点検した。パク・ヨンギュ支部長は、「参加者は韓日の葛藤がさらに大きくなれば、日本の顧客が中国などに取引先を移さないか心配した」と話した。
さらに大きな問題は、現在の状況が「始まり」にすぎないと心配される点だ。韓国人元徴用工判決の被告である新日鉄住金、三菱重工業など日本企業に対する株式が現金化されれば、影響は新たな段階に移る可能性がある。訴訟の原告が5、6月頃に株式の現金化に出れば、日本政府が本格的な報復措置に出て、韓国の大企業も被害射程圏に入るという観測も流れている。
ソウル大学国際大学院の朴母、(パク・チョルヒ)教授は、「韓日政府間に危機意識がないという認識が広まっている」と懸念を示した。専門家たちは、両国政府が政権よりも大きな国益を考えて知恵を集める時だと強調した。
慰安婦や徴用工等の日本国と南朝鮮との間の基本関係に関する条約や、財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と南朝鮮との間の協定に違反する事案に関して、日本を対象にした企業の業績が悪化してる事が確認された。
中小企業を筆頭に零細企業等が、不買運動等で其の煽りを喰らい悪化してると東亞日報は報じたが、当然の事で有ろう。
事に半導体等は我が国の技術を盗用したもので在るし、食品関連では衛生上も極めて問題で在る事から忌避されるのも当たり前だ。
此れを報復と捉えるか当然の成り行きと捉えるかで判断が分かれるが、自業自得で在ると云う事実は覆せない筈だ。
南朝鮮は我が国を甘く見たツケが今大きく伸し掛かってるのだ。
posted by 天野☆翔 at 16:55 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

悔しがる南朝鮮。

* 単独会談とゴルフで5時間、トランプ・安倍の蜜月関係-Chosun online 朝鮮日報
 トランプ米大統領は26日、ホワイトハウスで日本の安倍晋三首相と会うと、記者団に「わが友」と紹介した。記者会見の最後にも「あなたはわたしの友人だ」と改めて強調してみせた。
 26−27日にワシントンで行われた米日首脳会談はトランプ・安倍時代の格上げされた米日同盟関係を見せつけた。4月11日にホワイトハウスを訪れた文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領の単独会談は2分だったが、安倍首相とトランプ大統領は40分にわたり単独会談し、27日には4時間半にわたってゴルフを楽しんだ。2人が単独会談とゴルフに充てた時間は5時間を超える。夫妻で夕食を取った時間まで含めると、2人が共にした時間は7時間に達した。
■毎月顔を合わせる米日首脳
 トランプ大統領と安倍首相は緊密な関係をアピールした。首脳会談が行われた26日はトランプ大統領のメラニア夫人の49歳の誕生日だった。トランプ大統領は安倍首相との単独会談に先立ち、記者団に対し、「メラニアに『安倍首相夫妻が出席してもよいか』と尋ねたのだが、メラニアは『彼以上に共に過ごしたい人はいない』と言っていた」と紹介した。また、28日の産経新聞によると、首脳会談で安倍首相がトイレに行きたいと言うと、トランプ大統領は「晋三は特別だから」と自分が普段使うトイレに案内する「特別待遇」を見せたという。
 トランプ大統領は5月25−28日に日本を公式訪問することにも期待感を示した。トランプ大統領にとっては、6月28−29日に主要20カ国(G20)首脳会議が大阪で開かれるため、あえて5月に訪日する必要はなかった。米大統領が日本を2カ月連続で訪問するのは異例だ。トランプ大統領はその背景を紹介した。トランプ大統領は「新しい日王(天皇)の即位の行事に招待された際、安倍首相に『行けるかどうかわからない』と答えた後、「その行事(日王即位)は日本人にとって(米国の)スーパーボウルと比べどれほど大切なものなのか」と尋ねたという。すると、安倍首相は「100倍大切だ」と答え、トランプ大統領も「それならば行く」と応じたという。トランプ大統領は5月の訪日で安倍首相と大相撲も観覧する計画であることを明かし、「相撲の優勝力士に贈るトロフィーを製作している」と語った。
■北朝鮮問題から軍事機密まで密着
 米日首脳による蜜月は両国が外交・安全保障分野でいかなる同盟よりもしっかりと結束していることを示している。首脳会談後、安倍首相は記者団に対し、「トランプ大統領が日本人拉致被害者問題の解決に向けた北朝鮮と日本の首脳会談実現に向け、全面的に協力する意向を表明した」と述べた。北朝鮮問題でも安倍首相と日本の利益を最大限反映するという姿勢の表れだ。
 米国は最近、日本の次世代戦闘機開発を支援するため、最新鋭F35ステルス戦闘機の設計機密を提供することを提案した。これは米国がF35を共同開発した英国など8カ国にも提供しなかったものだ。日本はF35の開発に参加すらしていない。また、4月19日に開かれた日米の外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)では、「(日本に対する)サイバー攻撃が米日安保条約5条の武力攻撃に当たる可能性がある」との認識を表明した。日本がサイバー攻撃を受けた場合、武力攻撃を受けたと見なし、米国が共同で反撃に出るという意味だ。
 一方、産経新聞は27日、韓国が福島原発周辺の水産物の輸入を禁止していることに関連し、世界貿易機関(WTO)の最終審で日本が敗訴したことをめぐる対応で、米国が日本の立場を全面的に支持したと報じた。
アメリカを訪問した安倍晋三内閣総理大臣とドナルド・トランプ大統領との会談等の時間が長時間で在る事に関して、此れを蜜月関係だの日米同盟の強化された形だのと報じられた。
文在寅との比較で在るのは云う迄も無い。
長時間に渡っての会談は其れだけ問題解決する事案の多さが在る一方、必要不可欠な事案でも在る。
南朝鮮とは此れが極めて少なかったと云う事で重要視されて無かったのだ。
こうした実態を南朝鮮は悔しがってる状況だ。
posted by 天野☆翔 at 14:36 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

又しても悪質な犯罪。

* 道路にロープ、バイク転倒 女性重傷 悪質ないたずらか - 産経ニュース
 29日午前2時半ごろ、大阪府寝屋川市成田南町の市道で、ミニバイクで通勤中だった同市の新聞配達アルバイトの女性(77)が、幅約6・7メートルの道路を遮るように張られたロープに接触して転倒し、左足骨折などの重傷を負った。大阪府警寝屋川署は悪質ないたずらとみて、殺人未遂容疑などで捜査している。
 同署によると、ロープはナイロン製で、スーパーの駐車場内の支柱(高さ約65センチ)から道路の向かい側にある理髪店のサインポール(同約2メートル)を折り返し、再び元の支柱に結び付けてあったという。
 女性から連絡を受けた同僚の男性が110番した。
道路上に綱を渡して走行中の人物に怪我を負わす事件が発生した。
数年前にも起きてる事だが、殺意の有無は無関係で在っても此れは立派に殺人罪が適応される事案で在る。
悪質な犯罪で在る事は云う迄も無く、こうした事を絶対に許しては為らない。
posted by 天野☆翔 at 14:30 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする