冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年06月13日

当事者意識皆無の南朝鮮。

* 北朝鮮「瀬取り」で制裁破り 「友好国と憂慮共有」=韓国外交部 | 聯合ニュース
韓国の外交部当局者は13日、記者団に対し、北朝鮮が海上で物資を積み替える違法な「瀬取り」で石油精製品を密輸し、国連安全保障理事会の制裁決議で定められている今年の輸入量の上限を超えたとの報道について、「友好国と憂慮を共有している」と明らかにした。
 米国が安保理の北朝鮮制裁委員会に提出した文書に韓国も署名したかどうかに関しては、「公表できない」として、「政府は安保理の対北制裁決議を忠実に履行していくという立場だ」と述べた。
 米ブルームバーグやロイター通信などは米国が同委員会に文書を送り、北朝鮮が今年に入って計79回にわたり瀬取りを繰り返し、北朝鮮が年間に輸入できる石油精製品の上限である50万バレルを超え、安保理制裁を違反したとして措置を求めたと報じた。
 ブルームバーグは同文書にオーストラリアやフランス、日本、ドイツなどが署名したと伝えた。韓国政府も署名したとされている。
北朝鮮船籍が瀬取り行為をした事が発覚し、連合国安全保障理事会対北朝鮮経済制裁決議に明確に違反する内容で在った事に対して、外交部は憂慮すると表明したが全く当事者意識が無いのには、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
憂慮では無く憤慨とすべきで在ったのだ。
南北宥和に躍起に為ってる文在寅に阿っての発言と想定するが、其れを踏まえても明らかに異常な見解で在る。
posted by 天野☆翔 at 22:54 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

アメリカに無下にされる南朝鮮。

* 開城再稼働を訴える米議会説明会に出席者は3議員だけ、「制裁免除の前提は非核化の進展」と冷ややかな反応 : 東亜日報
開城(ケソン)工業団地に進出している韓国企業関係者らが11日(現地時間)、米議会で工団再稼働の必要性を訴えるための説明会を開いた。彼らがワシントンにまで行って開城工団の説明会を行ったのは初めてだが、「非核化の進展がなければ再稼働は難しい」という議会側の指摘を受け、立場の相違を確認するに止まった。
キム・ギムン中小企業中央会長とキム・ジンヒャン開城工業地区支援財団理事長ら8人は同日、議会で下院議員や補佐官に対して、開城工団の現況と稼動の意味を説明し、工団再開の支持を呼びかけた。米下院外交委アシア太平洋小委員長のブラッド・シャーマン議員の主催で開かれた説明会で、彼らは、「開城工団の再稼働に対する議員皆さんの憂慮は理解するが、これは賃金直払い制など様々な制度を通じて解消できる」と説明した。
また、「開城工団の再稼働を通じて、北朝鮮内に市場経済を広めることが重要だ。米国の開城工団への進出は、北朝鮮の非核化と国際社会への進入を牽引する」と議員の関心を呼びかけた。
しかし、シャーマン氏は、「北朝鮮に対する制裁免除の基本前提は、完全かつ不可逆的な非核化の進展でなければならない」という従来の立場を繰り返した。ただ、北朝鮮への制裁強化が結果的に北朝鮮の中国依存度を高めたという指摘に対しては、「もう少し調べる時間を持つ」とし、賃金直払い制方式に対しても、「韓国代表団が提示した賃金体系の資料を調べる」と答えた。
また、非核化方式については、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)に多少及ばなくても、もう少し緩和された非核化が現実的だと考える」と述べた。
アンディ・キム下院議員(ニュージャージー州)は、「説明を聞いて、理解できる面もある。北朝鮮との持続的な対話で改善された結果が出ることを望む」と柔軟な反応を示した。
説明会には、招待された下院議員約300人のうち、シャーマン、キム氏のほかに、ジュディ・チュー下院議員(カリフォルニア州)の民主党議員3人だけが参加した。議会の採決が遅れたためだったが、予想より関心が持たれず、開城工団関係者たちは残念がった。ある参加者は、「冷遇されているという感じを受けた。米議会の高い壁を実感した」と話した。
開城工業団地に進出してる各企業関係者がアメリカに乗り込み、工業団地の再開を求める為の説明会が開催されたが、主催者の下院外交委アシア太平洋小委員長のブラッド・シャーマン議員の招待に応じたのは当人を含めてたった三名だった。
アメリカ議会は工業団地への感心が無かった事で、結局は南朝鮮側は無駄足を踏んだだけで在った。
然し、南北宥和をするにしても、北朝鮮の最終的且つ完全に検証可能な不可逆的な非核化が完了しなければ話は進まない。
南朝鮮はアメリカからも冷遇されてる事から、対応するに値しない国と見られてると云う良い証左だろう。
結局は自業自得で在る。
posted by 天野☆翔 at 22:50 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

文喜相が謝罪したが。

* 韓国国会議長 「天皇への謝罪要求」を謝罪=鳩山氏との昼食会で | 聯合ニュース
韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は13日、日本の天皇(現上皇)の謝罪で旧日本軍の慰安婦問題が解決するとした自身の発言について謝罪した。
 文氏はこの日、ソウル市内で行われた昼食会で鳩山由紀夫元首相と会い、当時の自身の発言について「(発言により)心が傷ついた方々に申し訳ないという思いを伝える」と話した。
 鳩山氏は文氏の発言について、韓国人の立場では納得できても、日本人は天皇にまで言及したのは失礼だと考えうる問題と指摘。文氏は「全面的に同意する」とし謝罪の意を伝えた。
 文氏は2月に行われた米ブルームバーグとのインタビューで、当時の天皇について「戦争犯罪の主犯の息子」と表現し、「日本を代表する首相か、間もなく退位する天皇の一言でよい。高齢の元慰安婦の手を握って心から申し訳ないと言えばそれで(慰安婦問題が)解決する」と発言。日本側から抗議を受けた。文氏が同発言について謝罪したのは今回が初めて。
 文氏側は今回の謝罪について、「文議長は韓国には韓国の立場があり、日本には日本の立場があるという話に同意し、心が痛んだのであれば申し訳ないという趣旨でした発言」と説明した。
 この日の昼食会には韓日議員連盟会長で与党「共に民主党」に所属する姜昌一(カン・チャンイル)国会議員や同党の李鍾杰(イ・ジョンゴル)国会議員なども出席した。
太上天皇陛下への無礼千万極まる発言を繰り返し撤回もしなかった事で、我が国の国民は怒り心頭に発したが、此処に来て何故か突然謝罪するに至り、其の経緯の中に何故か鳩山由紀夫の姿が確認された。
昼食会の中での動静と云うが、文喜相の発言は日本人として許されざる言動に感じたからと云う指摘に対しての謝罪の流れで在った。
自発的な謝罪で無いのだから、我々国民の怒りは収まる事は絶対に無い。
鳩山由紀夫に対してでは無く、太上天皇陛下並びに国民に対して、土下座して頭を擦り付けて赦しが出る迄永久に此れをすれば良いだろう。
posted by 天野☆翔 at 22:41 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

南朝鮮の平和度は世界第五十五位。

* 世界平和度ランキングで韓国55位 北朝鮮149位・日本9位 | 聯合ニュース
国際的シンクタンクの経済平和研究所(IEP)が12日公表した世界平和度指数(GPI)の2019年版ランキングで、韓国は調査対象の163カ国・地域中55位だった。前年から9ランク後退した。北朝鮮は1ランクアップの149位。
 GPIは進行中の国内外の紛争の程度、社会の安全性と治安水準、軍事化の程度の3領域で各関連指標を評価して指数にする。
 韓国が順位を大きく下げたのは、軍事化の領域で評価が低かったことが影響したとみられる。報告書は、韓国でここ10年、軍への信頼が著しく低下したと指摘した。
 北朝鮮については、韓国、米国との非核化交渉を1年以上続けているにもかかわらず、核兵器や重火器などで最低の評価だったと説明した。また、北朝鮮人口の10%以上が自然災害の脅威にさらされる地域に居住しているほか、暴力による経済的コストが国内総生産(GDP)の34%に上るとした。対GDP比の軍事費は24%と世界で最も高い。
 世界全体の平和度は5年ぶりに改善した。最も平和な国はアイスランドで、11年連続。ニュージーランド、ポルトガル、オーストリア、デンマークと続いた。最下位グループはアフガニスタン、シリア、南スーダン、イエメン、イラク。日本は1ランク下落の9位。米国は128位、中国は110位だった。
経済平和研究所は発表した世界平和度指数では、南朝鮮が第五十五位だった事が判明し、順位を落とした要因は南北境界線の一部撤廃等の軍事的側面が影響したのだと聯合ニュースは報じたが、此れは明らかに間違いで有ろう。
日常的に性犯罪は多発し、治安も相当に悪い事が大きく影響してると云う事を無視してる。
此れでは平和も何も無いだろう。
聯合ニュースは一体何処を見てこう判断したのかと、厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 17:34 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

社会民主党吉川元の不見識。

* 社民・吉川幹事長「死ぬまで働けが安倍政治」 金融庁報告書で - 産経ニュース
 社民党の吉川元・幹事長は13日の記者会見で、95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書をめぐり、安倍晋三政権の姿勢を批判した。「『老後は自己責任で死ぬまで働け』というのが安倍政治の行き着く先だ」と述べた。
 麻生太郎金融担当相による報告書の受け取り拒否表明を「審議会に失礼だ」と批判。「政権運営に都合の良くない報告書を受け取らないことが定着すれば、本来は中立公平な審議会報告が政権に忖度(そんたく)する形でまとめられることになる」と問題視した。
 立憲民主党の辻元清美国対委員長は、麻生氏が報告書は政府の政策スタンスと異なると述べたことに関し党会合で「厚生労働省課長も(試算の根拠となるデータを)説明していた。政府のスタンスと違うのは麻生氏だ。お辞めになったほうがいいと思わないか」と述べた。
金融庁の公的年金制度に関する報告書に関して、此れを「『老後は自己責任で死ぬまで働け』というのが安倍政治の行き着く先だ」だと抜かし批判したが、制度上の問題は政権が何処の党で内閣総理大臣が誰で在っても同じで在るのだ。
お前等が与党で在った民主政権時代でも此れは踏襲され継続されてた問題で在る。
自分達は無関係と決め込む其の姿は大いに批判されて然りで有ろう。
又、受領しなかった事案に関しては、表現が適切では無く報告書としての体を為して無かったのだから、此れを批判しても無意味で在る。
posted by 天野☆翔 at 17:21 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

大嘘憑きの鳩山由紀夫。

* 鳩山元首相が指摘「放射能五輪」欧米で命名 団体が声明「本部は関与していない」/芸能/デイリースポーツ online
 鳩山由紀夫元首相が5月にツイッターで、東京五輪を「放射能オリンピックと命名」して開催を疑問視している団体として名前を挙げた核戦争防止国際医師会議(IPPNW)の日本支部が公式HPで、この活動に日本支部は全く関与しておらず、IPPNW本部からも関与していないとの回答を得たとする文面を掲載している。
 同団体はHPで「核戦争防止の活動に賛同する64ヵ国の支部がゆるやかに連合する医師による世界的団体でございます」と説明。「『東京オリンピック・パラリンピック2020』について、『放射能オリンピック』とのキャンペーンは、IPPNWの支部の一つであるドイツ支部が始めた活動のようです」と伝えた。
 ただし「これについてIPPNW本部において特段の議論が行われたことはありませんし、IPPNW本部からも本件活動に関与していないとの回答を得ました」と説明。「また、IPPNW日本支部としてはこの活動に全く関与しておりません。今後とも、IPPNW日本支部の活動にご理解、ご協力をお願い致します」としている。
 鳩山氏は5月12日にツイッターで「既に東京五輪のチケットが売り出されたようであるが、例えばノーベル平和賞を受賞した核戦争防止国際医師会議は、放射能オリンピックと命名して放射能汚染リスクの残る東京でのオリンピック開催を疑問視している。日本では報道されないが、欧米でこのような動きが広まってきていることは理解すべきだ」と持論をまじえて投稿していた。
Twitterにて東京五輪に関して「放射能オリンピック」等として言及し、散々叩かれた事案が在るが、此の根拠とする大元の核戦争防止国際医師会議本部は、此の言及を完全否定した。
支部の発表を真に受けての言及だったのだろうが、本部の見解とは違うのだから嘘で在った。
完全に風説の流布に等しい愚行をしでかした上に、風評被害を拡大させるとは言語道断で在る。
こんな人物が内閣総理大臣で在ったのだから、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
posted by 天野☆翔 at 17:14 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

公的年金制度に関して政府は逃げるなと毎日新聞。

* 社説:「2000万円」報告書を拒否 将来不安から逃げる政府 - 毎日新聞
夫婦の老後資金として公的年金だけでは「約2000万円不足する」と試算した金融庁の報告書の受け取りを、麻生太郎副総理兼金融担当相が拒否した。異例の展開である。
 報告書は金融審議会の作業部会がまとめた。夫が65歳以上、妻が60歳以上の夫婦の場合、年金収入だけでは生活費が毎月約5万円、30年で約2000万円不足するという。不足分を補うために預貯金を資産運用するよう促した。
 老後といっても、生活水準は世帯によって異なる。にもかかわらず、報告書は平均値だけを示し2000万円という数字が独り歩きする状況を招いた。説明は丁寧さに欠けた。
 しかし、金融庁の報告書をなかったことにしようとする麻生氏の対応は理解に苦しむ。
 与党は2004年の年金改革で「100年安心」をアピールした。現制度の出発点だ。野党は今回、「『100年安心』はうそだったのか。2000万円ためろとはどういうことか」と批判した。安倍晋三首相は「100年安心はうそではない」と説明した。麻生氏は「世間に著しい誤解を与えている」と報告書をなかったことにして決着を急いだ。
 夏の参院選が迫る中で、年金問題に火が付き選挙戦に影響が出ることを懸念したのだろう。
 04年改革は、制度の持続性に力点が置かれた。少子高齢化の進展に合わせて給付額を抑制することが始まった。給付水準が下がれば、生活が苦しくなる高齢者が増える。こうした人々にどう配慮していくかという課題は残されたままだ。
 金融庁の報告書は、表現に問題があっても、蓄えを使い切るリスクについて警鐘を鳴らすという狙いは間違っていない。政府はその存在をなかったことにするのではなく、正面から受け止めるべきだ。
 今国会は会期末までまだ2週間ある。政府は例年よりも公表が遅れている年金財政の検証結果も早急に出し、与野党で将来不安軽減につながる議論を深めるべきだ。野党はいたずらに不安をあおるのではなく、建設的な議論を重ねる必要がある。
 首相は少子高齢化を「国難」と述べる。一方で、関連する年金について「安心」と繰り返す。その一点張りでは国民の不安は解消しない。
金融庁が老後の人生設計に関する報告書を作成したが、麻生太郎財務大臣が此れを受領しなかった事に対して批判し、其の上で将来の不安から逃げるなとした社説を毎日新聞は掲載したが、全くの的外れの指摘でしか無い。
作業部会が勝手に作成した報告書だが、此れは決裁が下りて無かった様子で在った。
こんな報告書は正式な文書でも何でも無く、此れを受領しなかった麻生太郎財務大臣の判断は正しいだろう。
公的年金制度は最低限度の生活を送れる程度の金額で在るが、此れを安心としない主張こそ無理が在る。
此れを批判するならば、安心出来る老後を送れるだけの実効性の在る方策を示して見せよ。
posted by 天野☆翔 at 17:03 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

馬鹿な琉球新報。

* <社説>辺野古の計画外工事 法治国家の衣投げ捨てた - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
 県民投票で示された民意を一顧だにせず、なりふり構わず工事を強行する。法治国家の衣をかなぐり捨てたかのような国の姿勢である。
 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は新たに造成した「K8」と呼ばれる護岸を使って、埋め立て用土砂の陸揚げを始めた。
 2013年に防衛省が県に提出し14年に変更された公有水面埋立承認願書の「設計概要説明書」は、現在の工事区域の土砂搬入場所として大浦湾側の埋め立て区域の「中仕切岸壁」を明示している。「K8」護岸や、先に使用している「K9」護岸からの陸揚げについては触れていない。
 設計概要説明書に記載した事項は県に対する約束事である。護岸に係船機能を追加するのなら県の承認が必要になるはずだが、協議の申し出すらない。
 これについて岩屋毅防衛相は7日の記者会見で「具体的な陸揚げ場所までは特に限定されているわけではない。K8護岸からの搬入は問題ない」と言ってのけた。
 防衛相の発言は、提出した文書が単なる参考資料であって従う必要はないと表明したに等しい。そうであれば、このような説明書に何の意味があるのか。その場しのぎで作成したものだったのか。
 今後、埋め立てを伴う公共工事を国が進める際に提出される設計資料は、内容が予告なしに無断で変更されるという前提で受け取らなければならなくなる。ひとり沖縄だけの問題ではない。
 法令の順守を指導する立場にある政府が、本来取るべき手続きを無視して埋め立てを進めている。独裁国家と見まがうような振る舞いである。
 土砂の搬入を急いだからといって、全体の工期が短縮されるとは思えない。埋め立て予定海域東側に軟弱地盤が広がっているからだ。既成事実を積み重ね、県民に無力感を味わわせ、諦めさせることが目的と言っていいだろう。
 軟弱地盤は最も深いところで海面から約90メートルに達する。広範囲にわたり改良工事が必要になるという。地盤強化のため砂を締め固めたくいを約7万7千本打ち込む工法が検討されているが、「現状では90メートルまで打ち込むのは技術的に不可能」ともいわれている。
 政府は埋め立て工事に要する総事業費を「少なくとも3500億円以上」と説明するだけで、明確な金額を示し切れていない。工期についてもあやふやだ。県の試算では、地盤の改良だけで1500億円、総工費は最大2兆6500億円まで膨らむ。
 地元が強く反対する中、総工費や工期を明示できない状態で進められているのが辺野古の埋め立てである。このようなずさんな公共事業がかつてあっただろうか。
 民意を踏みにじるだけでなく、莫大(ばくだい)な血税を浪費する荒唐無稽な工事である。直ちに中止すべきだ。
辺野古基地移設工事を「強行」するのは、移設の是非を問うた県民投票を踏み躙る法治国家として在るまじき姿だとして、防衛省並びに政府に対して批判した琉球新報だが、そもそも県民投票には法的拘束力は無かった事を無視してる。
其れを踏まえた上でも、工事の進捗状況が思わしく無く、此れは偏に全て辺野古基地移設反対派の工事妨害等が在ったからに他為らない上に、不要な提訴等を乱発させた事にも大きな要因が在る。
自分たちの事は完全に棚に上げての批判は卑怯で在る。
更に政府を独裁と抜かす其の意識には、呆れ果てて開いた口が塞がらない上に甚だ理解に苦しむ。
我が国は何時から共産主義や社会主義の国に為ったのかと、厳しく問い質したい。
子供の駄々捏ね異常に悪質で幼稚な中身で在る。
posted by 天野☆翔 at 16:53 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

アメリカで人工肉が流行。

* 人工肉バーガー人気、パテ供給業者はうれしい悲鳴 - WSJ
米ファストフードチェーンが、割高でも人工肉バーガーは客足や売上高を伸ばすとの期待から投入を急いでいるのに対し、人工肉の供給業者は注文を満たすのに苦労している。
 ビヨンド・ミートとインポッシブル・フーズが生産する人工肉は、ファストフード店によると米各地の飲食店2万店近くで販売されている。調査会社テクノミックが6000業者のメニューを調査したところ、3月の時点で米飲食店の15%が人工肉バーガーを提供しており、提供する店舗は前年から3%増加した。ベジタリアン向け商品の導入は、環境に優しくヘルシーな商品を...
以下有料記事。
大手のファーストフードチェーンが人工肉を用いたハンバーガーの提供で売上が伸びてる反面、製造業者は四苦八苦してるとウォール・ストリート・ジャーナルは此れを伝えた。
目的はベジタリアン向けとの事だ。
然し、ベジタリアンならば人工肉でも食うなと云う事で在り、其処迄してこうした商品を口にしたいのかと、大いに疑問を抱く。
結局は自己矛盾した行動原理でしか無かった事が、こうした側面からも容易に想定出来て仕舞う。
posted by 天野☆翔 at 00:11 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

アメリカが瀬取り現場の証拠を支那に突き付ける。

* 米、中国側に北の「瀬取り」写真を突き付ける : 国際 : 読売新聞オンライン
AP通信によると、シャナハン米国防長官代行が5月末、シンガポールで中国の魏鳳和国務委員兼国防相と会談した際、北朝鮮船舶が中国沖で物資を積み替えて密輸する「瀬取り」に及ぶ現場をとらえた写真を大量に手渡していたことが分かった。
 瀬取りの写真は計32枚で、1冊の本にまとめられて会談の冒頭に手渡されたという。北朝鮮が中国沖で制裁逃れに及んでいたことを示す証拠として、中国側に突き付けた形だ。
シンガポールでシャナハン米国防長官代行と魏鳳和国務委員兼国防部部長と会談した際に、支那沖で北朝鮮船籍に荷物を積み替える瀬取り行為の証拠写真等が添付された膨大な量の書類を手渡してた事が確認された。
此れは書籍の形で渡されたと云う。
支那が連合国安全保障理事会対北朝鮮経済制裁決議に積極的に履行しない実態を憂いた対応で有ろう。
アメリカは本気で北朝鮮を締め上げる方針で在る事から、支那も此れに倣えと云う強行的な姿勢を示したと推測される。
此れを放置すれば、支那も制裁対象に組み入れられるだろう。
posted by 天野☆翔 at 00:05 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする