冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年11月01日

東京五輪マラソンは結局札幌市開催決定。

* マラソン・競歩は札幌開催=IOCなど4者トップ級会合で結論−東京五輪:時事ドットコム
2020年東京五輪のマラソン、競歩の札幌開催が1日決まった。国際オリンピック委員会(IOC)、東京都、大会組織委員会、政府の4者トップ級会合で結論が出た。都は札幌開催に伴う追加経費を負担しない。詳細な経費分担に関してはIOCと組織委、札幌市、北海道で協議する。
 東京都の小池百合子知事は「合意なき決定だ。東京での実施がベストという考えは変わっていない。IOCの決定に同意できないが、最終決定の権限を有するIOCの決定を妨げない」と述べ、会場変更を受け入れる考えを示した。組織委の森喜朗会長、橋本聖子五輪担当相も了承した。
 4者トップ級会合では、次の4点を確認した。(1)会場変更の権限はIOCにある(2)マラソンと競歩の札幌開催で発生する新たな経費は東京都に負担させない(3)都、組織委が既に支出したマラソンと競歩に関連する経費は精査、検証した上、都で別の目的に活用できないものは負担させない(4)マラソンと競歩以外の競技の会場を今後変更しない。
 また小池知事は、東京で行われる予定だったマラソンのコースを活用して五輪・パラリンピック終了後に「セレブレーションマラソン」を開催する案をIOCのバッハ会長から受けたことを明らかにした。「IOCから都民の皆さんに誠意を示す必要があるとリクエストし、バッハ会長から真摯(しんし)なメッセージを頂いた」と話した。具体的な計画は今後、都とIOCが検討する。
 IOCは10月16日、酷暑の中東ドーハで行われた世界陸上で途中棄権者が続出したことを受け、東京五輪のマラソン、競歩の札幌開催案を発表。翌17日にはバッハ会長が組織委との2者間合意を明かした。30日から始まったIOC調整委員会でコーツ委員長が4者協議を提案。小池知事は東京開催を主張していたが、大会準備への影響を避けるために変更を受け入れた。
 コースは札幌市中心部の大通公園を発着点として毎夏行われている北海道マラソンを軸に検討。他に運営面では、警備、選手や関係者の輸送と宿泊、ボランティアの確保、マラソンで販売した新国立競技場のチケットの払い戻しが課題になる。
国際オリンピック委員会や政府等の会談を通じて、結局は東京五輪のマラソン大会は東京都では無く北海道の札幌市で開催する事が決定して仕舞った。
バッハの都合が通って仕舞ったのだ。
ドーハでの世界陸上の案件が念頭に在るのだろうが、湿度や気温で上回る東京都内での予行練習大会で僅差では在るが我が国の成績が良かったからこその我儘で在ったのだろう。
結局の処マラソンでも日本潰しをしたい意図が見え隠れして居る。
posted by 天野☆翔 at 15:41 | Comment(0) | Sports | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

馬鹿なアメリカ人教授。

* [문화]재레드 다이아몬드 교수 "일본, 무릎꿇고 사죄한 독일에 배워야" | YTN
'총・균・쇠'의 저자로 퓰리처상을 수상한 미국 UCLA의 제레드 다이아몬드 교수가 한일 갈등과 관련해, 일본은 폴란드에 무릎 꿇고 사과한 독일에게 배워야 한다고 말했습니다.
신간 '대변동'을 알리기 위해 방한한 다이아몬드 교수는 오늘 이화여고 100주년 기념관에서 열린 기자 간담회에서 1970년 빌리 브란트 독일 총리가 홀로코스트 위령탑 앞에서 무릎을 꿇은 이후 폴란드인들은 독일에 마음을 열었다며 일본의 진정성 있는 사과를 촉구했습니다.
미・중 무역전쟁과 관련해서는 한국은 두 나라 사이에 낀 작은 국가지만 그렇다고 해서 반드시 한 쪽을 선택할 필요는 없다고 말했습니다.
미국은 중국의 부상을 두려워하지만 중국은 독재체제여서 잘못된 지도자를 교체할 수 없는 한계가 있다며 이번 세기가 중국의 세기가 되지는 않을 것이라고 다이아몬드 교수는 말했습니다.
남북 문제와 관련해서는 수뇌부의 만남을 대대적으로 홍보하는 방식이 아니라 끊임없이 비공개적으로 전면적인 물밑교류를 통해 믿음을 쌓은 핀란드와 러시아의 관계를 참고할 것을 권했습니다.
다이아몬드 교수는 요즘 리더십을 연구하고 있다며 좌우를 떠나 온 국민을 한마음으로 뭉치게 하고 긍지를 가질 수 있게 하는 사람이 좋은 지도자라고 강조했습니다.
* Google 翻訳
「総・菌・鉄」の著者でピューリッツァー賞を受賞したアメリカのUCLAの第レッドダイヤモンド教授が韓日葛藤と関連し、日本はポーランドでひざまずいて謝罪したドイツに学ぶべきだと言いました。
新刊「押上げ」を知らせるために訪韓したダイヤモンド教授は今日梨花女子高100周年記念館で開かれた記者懇談会で、1970年にビリー・ブラント・ドイツ首相がホロコースト慰霊塔の前で膝を屈した後、ポーランド人はドイツの心を開いたと、日本の真正性りんごを促しました。
米中貿易戦争と関連して、韓国は、両国間に挟まった小さな国ですが、かといって、必ずしも一方を選択する必要はないと言いました。
米国は中国の浮上を恐れしかし、中国は独裁体制なので誤った指導を交換することができない限界があると、今回の世紀は、中国の世紀にはならないだろうとダイヤモンド教授は言いました。
南北問題と関連しては首脳部の出会いを大々的に宣伝するのではなく、常に非公開で全面的な水面下の流れを介して信頼を積んだ、フィンランド、ロシアの関係を参考することをおしました。
ダイヤモンド教授は、最近のリーダーシップを研究していると、左右を残す全国民を一斉に束にして誇りを持つことができるようにする人が良い指導者と強調しました。
UCLAのレッドダイヤモンド教授は、ドイツがポーランドにした様に、我が国に対して南朝鮮に跪いて謝罪すべきだと主張した事を、南朝鮮メディアのYTNは報じた。
然し、ドイツは謝罪した事も無く、ナチスドイツに一方的に責任を押し付けて知らぬ存ぜぬを貫いてる事を果たして知ってるのかと。
第一我が国は南朝鮮とは戦争をしては居ないので、謝罪する必要性は一切皆無で在る。
此の教授は鼻薬でも効いてるのか、将又袖の下を渡されたのかは不明だが、こんな世迷い言を抜かすとは言語道断で有り許される事では無いのだと、厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 15:32 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

首里城火災でSNS上でデマゴーグ。

* 首里城火災めぐりデマツイート 犯人推測するツイート出回るが、実際は出火原因は未特定 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
 首里城で火災が発生し、正殿、北殿、南殿など7棟が全焼したことについて、ツイッター上で「韓国人のせい」「絶対放火」「パヨクか外国スパイに放火されたのか」というツイートが出回っている。31日午後3時現在、出火原因は明らかになっておらず、これらのツイートはデマだ。
 SNSに詳しいモバイルプリンスさんは、災害時のデマツイートの分析を踏まえ「多くの人が不安になる事件、事故、災害などで、明確な原因が分からない時に、不安を埋めるために分かりやすい敵をつくり、原因を求める傾向がある。これは政治的スタンスには関係ない。事件が発生して、マスコミが事実関係を確認し情報を流すまではどうしてもタイムラグがある。その時間にフェイクニュースが生まれている」と指摘。「その情報は事実か、推測かに注意し、事実に基づかないツイートは拡散しないことが重要だ」と強調した。
 ユーチューブでは「犯人は自分」「首里城が燃えてよかった」という動画も出現している。これに対してもモバイルプリンスさんは「ユーチューバーも目立ちたいだけ。こんなことを言って許せないと思うだろうが、それを『許せない』と拡散すると相手の土俵に乗ることになるので無視するのが一番」と話した。
琉球新報は「首里城火災めぐりデマツイート 犯人推測するツイート出回るが、実際は出火原因は未特定」とする記事を掲載し、SNS上で虚構の事実が氾濫してる実態を論った。
其の中身は朝鮮人犯行説だとか絶対に放火だとかヨサクが放火したのか等で在るが、其の反面、一部のヨサクの主張で在る「アベガー」の事を取り上げない片手落ちの内容で在るのには、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
こうした論調を展開するマスメディアには、恥を知れと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 15:22 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

南朝鮮の徹底しない不買運動。

* ユニクロ・日本ビールは買わなくても日本映画は見ます-Chosun online 朝鮮日報
ユニクロは割引でも売り上げ67%減少、日本ビールは9月の輸入額630万ウォン
日本アニメ『天気の子』、公開初日にボックスオフィス3位
「日本産の製品は着ないし食べない。だけど映画は見る」
 日本の輸出規制に伴って不買運動のターゲットとなったユニクロが、大規模割引セールにもかかわらず売り上げが急減したことが分かった。
 31日に与党「共に民主党」のパク・クァンオン議員室がサムスン・新韓・KB国民・現代など国内のカード会社8社から入手したクレジットカード売上額現況を分析した結果、ユニクロの9月の売上額は91億ウォン(約8億4200万円)で、前年同期(275億ウォン=約25億4500万円)に比べ67%減少した。
 大規模割引に乗り出した今月1−14日の売り上げも81億ウォン(約7億5000万円)で、前年同期(205億ウォン=約18億9500万円)に比べ61%急減した。一時は店舗を訪れる客が再び増え始め、不買運動は下火になったとの声も聞かれたが、今月18日にユニクロのCMが「旧日本軍慰安婦を冒とくしている」として論議を呼んで以降、再び不買運動に火が付いたとみられる。
 ユニクロの代わりとして浮上したシンソン通商のTOPTEN10(トップテン)は、先月の売上額が前年同期比の61%増となり、今月1−14日の売上額も72%急増した。
 日本産ビールも退出の危機に陥っている。30日に日本の財務省が発表した9月の品目別貿易統計で、韓国向けの日本産ビールの輸出額は前年同期比99.9%減の58万8000円だったことが分かった。日本産ビールの韓国への輸出額は今年8月にも前月比で92.1%も急減するなど、下落傾向を見せている。
 日本産の食品も売り上げが落ちた。日本の清酒・日本酒の9月の輸入額は前月の半分レベルに落ち込み、即席ラーメンは67.9%、しょうゆは36%減少した。
 日本への旅行客も減少した。韓国国土交通部によると、第3四半期(7−9月期)の日本路線の旅行客が前年同期比で約15%減少したことが分かった。第3四半期基準でみると2016年は33.9%、17年は25.0%、18年は3.5%と増加を続けていたが、今回は対照的な結果となった。9月の実績だけで見ると、9月第5週基準の旅行客は昨年の35万4411人から今年は22万5646人で36.3%減少した。
 一方、映画界は不買運動の影響を受けていないようだ。今月だけで『新聞記者』『天気の子』など日本の映画が相次いで公開された。
 特に、30日に公開された日本のアニメ映画『天気の子』は、以前韓国で370万人の観客を動員した『君の名は』の新海誠監督の新作で、公開と同時に『ターミネーター−ダークフェイト』、『82年生まれ、キム・ジヨン』に次いでボックスオフィス3位に登場した。映画館大手のCGVとメガボックスの前売順位も現在3位だ。映画公開が確定したとき、インターネットの各種コミュニティーサイトで不買運動が起きたのとは対照的な状況だ。熱狂的ファンたちが不買運動を上回ったと評されている。
 延世大心理学科のイ・ドングィ教授は「消費材は代替材が多いため別のものを選択できるが、映画のような芸術作品は絶対的であるため、他の選択肢を探すのが困難」だとして「創意性を基にした文化コンテンツまで不買運動の対象に含めるのは無理があると思う。家族・子どもと一緒に楽しめるコンテンツならより友好的な反応が見られる可能性もある」と述べた。
南朝鮮メディアの朝鮮日報は「ユニクロ・日本ビールは買わなくても日本映画は見ます」とする記事を掲載し、中途半端な不買運動の実態が明らかに為った。
色々難癖付けて我が国を攻撃するが不買運動も其の一環で有り、此れが徹底されて無い様子で在るのだ。
具体的な作品名は「天気の子」や「新聞記者」で在ると云う。
双方共に南朝鮮に縁の在る人物なので、此の実態は特に驚かない。
とは云え、結局は都合良く使い分けてる事が判明した以上は、其の意識の低さが改めて露呈した形で在る。
posted by 天野☆翔 at 15:14 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

十一月に突入しました。

今年も早くも十一月を迎えて仕舞いました。
月日が過ぎ去るのは本当に早いものです。
今月も元気で無事に過ごしましょう♪
そして、一箇月を無事に乗り切りましょう!
posted by 天野☆翔 at 06:37 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

今年のハロウィンも馬鹿共確認。

* 渋谷ハロウィンで逮捕者4人 センター街にはごみ袋山積み - 産経ニュース
 ■11月1日午前0時ごろ
 東京・渋谷のハロウィーンでは、11月1日午前0時を前にして逮捕者が4人に上っている。警視庁渋谷署では苦情電話や落とし物相談の対応に追われたが、徐々に落ち着きを取り戻しつつある。
 同署によると、10月31日午後8時前に渋谷駅前のハチ公前広場で、窃盗未遂や東京都迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで少年2人が逮捕されたほか、スクランブル交差点付近では午後8時25分ごろ、仮装していた女性(20)の体を触ったとして、都条例違反(同)の疑いで男(51)が現行犯逮捕された。
 また、同9時45分ごろには、センター街のゲームセンターで男性店員(31)の顔をたたいたとして、暴行容疑で少年(19)が現行犯逮捕された。
 センター街の宇田川交番前にはエコステーションが設置され、大きく膨れたごみ袋が積み上がった。エコステーションでは希望者に「ジャック・オー・ランタン(カボチャのちょうちん)」柄のごみ袋を配布。受け取りに来た会社員の男性(25)は「せめて自分の出したごみは持ち帰りたい」と話した。
 ただ、ごみの放置も目立ち、からあげ店の前に設置された利用者専用のごみ箱には、ジュース缶やタピオカミルクティーの空き容器がうずたかく積まれ、落とし物とみられる女性用バッグも置かれていた。
 昨年のハロウィーンでは、渋谷署管内で10月31日夜から11月1日朝までに、都条例違反や窃盗などの容疑で計13人が逮捕された。
今年の渋谷駅前の馬鹿騒ぎでは、昨年の十三名からは減少してるも四名の逮捕者が出て仕舞った。
更にゴミも散乱すると云った具合に、其の意識の低さが完全に露呈した。
こんな馬鹿騒ぎはいい加減止めるべきで、本来の趣旨と目的を大きく逸脱する行為は大いに非難されて然りで在る。
本来は地元でする事で在って、遠方に出掛けて一箇所に集まるものでも無く、況してやコミックマーケットのコスチュームプレイ会場の様な格好も慎むべきで在るのだ。
こんな馬鹿な乱痴気騒ぎは来年は勘弁して頂きたいもので在る。
posted by 天野☆翔 at 06:31 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする