冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年11月02日

愛媛県が馬鹿な対応。

* 「ソウル便に乗って」は依頼?圧力? 県幹部に批判の声:朝日新聞デジタル
 日韓関係の悪化により国内各地でソウル便の運休や搭乗率の低下が相次ぐ中、松山―ソウル便の搭乗率維持のため、愛媛県経済労働部の幹部が他部局の幹部に対し、職員の私的な搭乗を依頼していることが分かった。担当課は「お願い」としているが、職員からは「なぜ私費で行かなくてはいけないのか」と批判の声が上がっている。
 松山―ソウル便は2017年に韓国の格安航空会社のチェジュ航空が就航。現在、直行便を週3往復運航している。これまで80〜90%台の搭乗率を維持していたが、今年8月は75%、9月に63%に落ち込んだ。
 国際線の振興を担当している同部の国際交流課によると、この状況を受け、部の幹部が10〜12月に職員やその家族ら600人程度が乗った場合、全体の搭乗率が1割程度上がると試算。9月末以降、他の部局の幹部に口頭で依頼し、人数の割り当ても提示したという。
 担当者は「ノルマや強制ではなく、あくまでもお願い。直行便の良さを県民に伝える上で、まずは職員やその家族に知ってもらい、PRのきっかけになればと思った」と説明する。
 しかし、複数の職員によると、依頼を受けたある部署では文書が作成され、職員の人数をもとに各課ごとの「目標人数」が定められたという。また、別の部署では上司から「うちからも必ず行かなくてはいけない」と説明されたという。
 部署ごとに対応はさまざまで、…
以下有料記事。
朝日新聞の報道で在る事から信憑性に疑問を抱くが、松山とソウルの間の航空便を維持する為に愛媛県経済労働部の幹部が他部局の幹部に対し、職員の私的な搭乗を依頼して居る事が分かったと報じられた。
此れが事実なら完全に異常な状況で、言語道断で許される事では無い。
こんな事迄して航空便の維持をしなければ為らない根拠は一切無いので在る。
反日意識を剥き出しにして反日政策を敷く南朝鮮との関係を断ち切るべきで在る。
観光客誘致の目的なら、他の国へ視点を変えるべきで在るのは云う迄も無い。
posted by 天野☆翔 at 15:54 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

朝日新聞が気持ち悪い記事掲載。

* 広島)福山の中学生 韓国訪問 「優しい人たちだった」:朝日新聞デジタル
 広島県福山市立福山中・高校の中学2、3年生28人が10月19〜22日、3泊4日で韓国を訪問し、現地の中学生やホームステイ先と交流した。日韓両政府の関係は悪化しているが、帰国後に枝広直幹市長に報告に訪れた代表の生徒3人は「韓国の人たちは本当に優しかった」と口をそろえた。
 生徒らは、市が1979年から親善友好都市として交流を続ける浦項(ポハン)市を訪問した。同校は浦項市にある大東(デドン)中と2015年に友好提携を結び、教員や生徒が相互に訪問して交流を続けている。
 元徴用工問題などをめぐって日韓関係が悪化する中、枝広市長が浦項市長へ安全配慮に関する親書を送ったり、両校の教員同士がメールで連絡を取り合ったりしながら、予定通り訪問を実施した。
 生徒らは、中学校を訪問して一…
以下有料記事。
「福山の中学生 韓国訪問 『優しい人たちだった』」とする記事を掲載した。
南朝鮮に渡航しホームステイした中学生の感想を垂れ流したのだが、優しい対応は当たり前の事で反日意識を剥き出しにしたら何も為らないので在る。
こんな記事を掲載しても我が国の南朝鮮への印象は払拭出来ず、対応も変わる事は無いので在る。
朝日新聞はこうした南朝鮮を持ち上げる記事を掲載するなと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 15:47 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

相当に追い詰められて居る南朝鮮。

* 切羽詰まった韓国政府「対話しよう」…日本は素知らぬふりで声高に批判-Chosun online 朝鮮日報
 「令和時代に日本の国運が隆盛に向かい、国民の皆さんが一層幸福になるよう祈る」
 李洛淵(イ・ナクヨン)首相は1日、東京都内の衆議院会館で行われた「韓日・日韓議員連盟合同総会」に送った祝辞で、「新天皇のご即位を重ねお祝い申し上げる」とした上で、このように述べた。
 李洛淵首相は別の予定があり総会に出席できなかったため、与党・共に民主党のユン・ホジュン議員が祝辞を代読した。李洛淵首相は祝辞の最後に「今日、私は皆さんと同じ場所にいられないのが大変残念だ。皆さんにお会いできる日を楽しみにしている」と述べた。文喜相(ムン・ヒサン)国会議長も総会に「2020年東京五輪開催成功」を祈る祝辞を送った。文喜相議長は3日の「20カ国・地域(G20)国会議長会議」に出席するため訪日し、日本の政界関係者と会う計画まで立てていた。同議長は今年初め、天皇(現上皇)を「戦争犯罪の主犯の息子」と呼び、「謝罪すべきだ」と批判されて騒動になっていた。これに対して日本の山東昭子参議院議長は文喜相議長に謝罪を要求、文議長が今回訪日しても会わないという考えを明らかにしていた。チョ国(チョ・グク)前法務部長官をはじめとする与党関係者たちは2−3カ月前まで相次いで「竹槍」「反日」を唱えて対日強硬ムードをリードしていた。そうした与党の中心人物たちの態度が、日本を前にたじろいでいるという印象を与えるほど一斉に変わったのだ。
 外交関係者の間からは、「韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定を覆すことができる期限まであと20日しか残っていないため、韓国政府と与党は焦りだしたようだ」という声が聞こえてくる。韓国政府としては、GSOMIA破棄を撤回するには日本が対韓輸出規制を緩めるべきだと考えているが、日本にそうした意思は全く見えないからだ。米国は韓米日共助の中心軸であるGSOMIAの破棄・撤回を韓国に公に要求しているが、その一方で日本の輸出規制についてはほとんど言及がない。GSOMIAは11月22日までという撤回可能期限があるが、日本の輸出規制には撤回期限がない。日本としては急ぐ必要はないが、韓国ばかりが足元に火がついている状況だ。外交関係者の間では「性急なGSOMIA破棄決定が結局、韓国政府に不利に働くことになった」という声もある。
 事実、同日の総会では、日本の議員たちの韓国批判発言が相次いだ。安倍首相は同日の総会に出席も祝辞を送ることもしなかった。日韓議員連盟の額賀福志郎会長は総会のあいさつで、韓国大法院と政府が問題だと言った。同会長は「日韓関係が最大の危機と言われるようになったのは、『徴用工』問題に対する韓国大法院判決と、これまでの韓国政府の対応が請求権協定に抵触する内容だったからだ」と言った。日韓議員連盟の河村建夫幹事長は「韓国が(徴用被害者の個人賠償問題の)解決策の方向性を提示しなければ、GSOMIA問題や輸出規制問題も解決不可能だ」と述べた。韓国に対して、GSOMIA問題を解決したいなら徴用賠償問題をまず解決せよと圧力を加えてきたものだ。
 これに対して、韓日議員連盟の姜昌一(カン・チャンイル)会長は「強制動員の賠償・補償といった歴史問題を解決するためには、対話を着実に続けていかなければならない。対話のテーブルで立場を変え、相手の身になって知恵を絞り、両国間の見解の違いを埋めようという意志を実践に移すべきだ」と語った。同連盟の金光琳(キム・グァンリム)幹事長は「過去にとどまっては、現在を生き抜くことも未来へ進むことも難しい」と、対話と和解を強調した。外交消息筋は「韓日の政治家たちの態度は少し前と比べると完全に入れ替わったようだ。韓国の政治家たちが『竹槍』など反日発言をこれ以上しないのは幸いだが、具体的な解決策もなく、日本に『対話を求める』ばかりでも解決策にはならない」と述べた。
南朝鮮メディアの朝鮮日報は「切羽詰まった韓国政府『対話しよう』…日本は素知らぬふりで声高に批判」とする記事を掲載し、一日に開かれた我が国と南朝鮮の双方の議員連盟の会合の中で無下にされた状況を憂いた論調を展開した。
議題は関係改善への動きだが平行線に終わったのは云う迄も無く、こうした無能な南朝鮮側の動きを非難しつつも何の成果も見せられて無い状況で在る事から、相当に追い詰められて居る状況が垣間見える。
関係改善したかったら、日本国と南朝鮮との間の基本関係に関する条約や、財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と南朝鮮との間の協定の完全な履行をする事は云う迄も無く、我が国への無礼千万極まる攻撃への謝罪もすべきだ。
此れをしなければ、我が国は南朝鮮への対応を変える事は絶対に無いのが現状で在る。
南朝鮮はこうした事態にどう対応して行くのかが問われる。
posted by 天野☆翔 at 15:37 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

我が国と南朝鮮との議員連盟会合で信じられない動き確認。

* 韓日・日韓議連が共同声明 首脳会談の早期開催促す=五輪特別委設置へ | 聯合ニュース
超党派の韓日議員連盟と日本側の日韓議連は1日、東京で合同総会を開き、両国関係の悪化について深い憂慮を表明し、首脳会談の早期開催を促す共同声明を発表した。東京五輪・パラリンピックを成功させるため、両議員連盟にそれぞれ特別委員会を設置することも決めた。
 声明は、強制徴用訴訟や輸出規制、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)などの問題で両国のあつれきが増していることに深い憂慮を表明するとし、1998年に交わされた韓日共同宣言(日本側名称:日韓共同宣言〜21世紀に向けた新たな日韓パートナーシップ)の精神に立ち戻り、両国関係を早急に正常化させなければならないと強調。「両国の国会が懸案解決のためにより積極的に力を傾け、首脳会談および高官級会談が早期に開催されるよう求めていく」とした。
 さらに「北の核・弾道ミサイルの放棄や平和構築のための安全保障分野での協力をさらに強固にし、韓米日の協力体制も強化することにした」とし、「韓日両国の経済交流をさらに深めていくべきとの認識で一致した」と説明した。
 歴史問題の解決に向け、被害を訴える当事者が名誉と尊厳を回復できるよう、韓日共同宣言の趣旨にのっとり、相互利益の精神で共に努力することを決めた。第2次世界大戦の戦没者の遺骨発掘作業やDNA鑑定、遺骨の返還などの事業を、米国をはじめとする国際社会との協力のもとで共同推進できるよう努力する。
 韓国側は永住資格の取得から3年以上過ぎたすべての外国人に地方参政権を与える法律が韓国で施行されていることを強調し、日本国会も永住外国人に地方参政権を付与する内容を盛り込んだ法案を速かに制定するよう要請した。
 韓日議員連盟と日韓議員連盟は毎年、合同総会を持ち回りで開催している。今年は9月に開催される予定だったが、韓日関係が悪化した影響により延期になった。今回は韓国側議員41人と日本側議員110人が参加した。
* 한일 의원들 "갈등 심화 깊은 우려…정상회담 조속 개최 촉구" | 연합뉴스
공동성명 발표…"DJ-오부치 공동선언 정신 살리자…관계 조속 정상화"
태평양전쟁 유해발굴・유골봉환 협력…韓 "영주외국인 지방참정권 부여" 촉구

한국과 일본의 국회의원들이 1일 일본 도쿄(東京)에서 양국 관계 악화에 대해 깊은 우려를 표명하면서 조속한 정상회담 개최를 촉구하는 성명을 함께 냈다.
한국의 여야 의원들로 구성된 한일의원연맹(회장 강창일)과 일본 의원들의 모임 일한의원연맹(회장 누카가 후쿠시로<額賀福志カ>)은 이날 일본 도쿄 중의원 의원회관에서 한일・일한 의원연맹 합동 총회를 열고 공동성명을 발표했다.
양국 의원들은 성명에서 "최근 들어 강제징용 소송, 한일 간 수출규제 문제, 한일 군사정보보호협정(GSOMIA・지소미아) 등으로 양국 간 갈등이 심화하고 있는데 대해 깊은 우려를 표명한다"며 "과거를 직시하고 미래를 지향하는 김대중-오부치 21세기 한일파트너십 공동선언의 정신을 되살려 양국 관계를 조속히 정상화시켜야 한다"라고 강조했다.
이어 "양국 국회가 현안 해결을 위해 보다 적극적으로 힘을 기울이고 양국 정상회담 및 고위급 회담이 조속히 개최되도록 촉구하기로 했다"고 밝혔다.
의원들은 "북한 핵・탄도미사일의 폐기와 평화구축을 위해 안보 분야 협력을 더욱 공고히 하고 한미일 공조체계도 강화하기로 했다"며 "한일 양국의 경제 교류를 더욱 심화시켜 나가야 한다는데 의견을 같이했다"고 전했다.
공동성명에 따르면 양국 의원들은 과거사 문제 해결을 위해 피해를 호소하는 당사자의 명예와 존엄이 회복될 수 있도록 한일 파트너십 선언의 취지에 따라 상호 호혜의 정신으로 공동 노력하기로 했다.
한국 측은 일본 측에 '한국인 BC급 전범'의 명예 회복 문제가 조속히 해결하도록 요청했고, 일본 측도 전향적으로 추진하기로 했다.
양국 의원들은 태평양 전쟁 희생자들의 유해 발굴, DNA감식 및 유골봉환 사업을 미국을 비롯한 국제협력 하에 공동으로 추진할 수 있도록 노력하기로 했다.
한국 의원들은 특히 한국에서 영주자격 취득 후 3년이 지난 모든 외국인에게 지방참정권을 부여하는 법률이 시행되고 있음을 강조하며 일본 국회도 영주 외국인에게 지방 참정권을 부여하는 내용의 법안을 신속하게 제정하도록 요청했다.
양국 의원들은 1970~1980년대 재일교포 간첩 사건으로 누명을 쓴 한국인 피해자의 일본 재류 자격에 관한 일본 특별영주권 회복을 위해 협력하기로 했다.
또 도쿄 올림픽・패럴림픽과 관련해 성공 개최를 위해 두 의원연맹에 각각 도쿄올림픽 교류・협력 집행위원회를 설치하기로 했다.
한일의원연맹과 일한의원연맹은 한국과 일본 국회의원들의 초당파적인 교류단체로, 매년 양국에서 번갈아 합동총회를 열고 있다.
올해 회의는 당초엔 지난 9월 개최 예정이었지만, 한일 관계 악화의 영향으로 연기됐다. 이번 회의에는 한국 측 의원 41명과 일본 측 의원 110명이 참석했다.
* Google 翻訳
共同声明を発表... 「DJ-小渕共同宣言の精神生かそう...関係早々正常化」
太平洋戦争有害発掘・遺骨奉還協力... 韓「永住外国人の地方参政権付与」を促す

韓国と日本の国会議員が1日、東京(東京)で、両国関係の悪化について深い懸念を表明しながら、速やかな首脳会談の開催を促す声明を一緒にした。
韓国の与野党議員で構成され、日韓議員連盟(会長カン・チャンイル)と日本議員の集まり日韓議員連盟(会長額賀福志郎<額賀福志カ>)はこの日、東京衆議院議員会館で韓日・日韓議員連盟合同総会を開き、共同声明を発表した。
両国の議員たちは、声明で「最近になって強制徴用訴訟、日韓間の輸出規制の問題、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA・支所迷子)などで、両国間の対立が深刻化しているのに対し、深い懸念を表明している」とし「過去を直視し、未来を志向する金大中 - 小渕21世紀の韓日パートナーシップ共同宣言の精神を蘇らせ、両国関係を速やかに正常化させなければならない」と強調した。
続いて「両国国会が懸案解決のために、より積極的に力を入れて、両国の首脳会談とハイレベル会談が早期に開催されるように促すことにした」と明らかにした。
議員らは「北朝鮮の核・弾道ミサイルの廃棄と平和構築のために安全保障分野での協力をさらに強固にして、日米韓共助システムも強化することにした」とし「韓日両国の経済交流をさらに深めていかなければならないのに意見を共にした "と伝えた。
共同声明によると、両国の議員たちは、過去の歴史問題の解決のために被害を訴える当事者の名誉と尊厳が回復することができるよう、日韓パートナーシップ宣言の趣旨に沿って、相互互恵の精神に共同努力することにした。
韓国側は、日本側に「韓国人BC級戦犯」の名誉回復の問題が早急に解決するように要請し、日本の側も前向きに推進することにした。
両国の議員たちは、太平洋戦争犠牲者の遺体発掘、DNA鑑識と遺骨奉還事業を、米国をはじめとする国際協力の下、共同で推進できるように努力することにした。
韓国の議員は、特に韓国で永住資格取得後3年が経過し、すべての外国人に地方参政権を付与する法律が施行されていることを強調し、日本の国会も永住外国人に地方参政権を付与する内容の法案を速やかに制定するように要請した。
両国の議員たちは、1970〜1980年代の在日同胞スパイ事件に濡れ衣を着せられ韓国人被害者の日本在留資格に関する日本特別永住権を回復するために協力することにした。
また、東京オリンピック・パラリンピックと関連成功開催のために二人の議員連盟にそれぞれ東京オリンピック交流・協力委員会を設置することにした。
韓日議員連盟と日韓議員連盟は、韓国と日本の国会議員の超党派的な交流団体で、毎年両国で交互に合同総会を開いている。
今年の会議は、当初は9月に開催予定だったが、日韓関係の悪化の影響で延期された。 今回の会議では、韓国側議員41人、日本側議員110人が参加した。
一日に開かれた我が国と南朝鮮の双方の議員連盟の会合の中で、到底信じられない言語道断の動きが確認された。
何と、東京裁判で戦犯とされたB乃至C項の人々の名誉回復を要求したのだ。
更に七十年代でスパイ活動で摘発された確定者の在留資格の特別永住権の回復や、南朝鮮国内法を基準とした我が国の朝鮮人の外国人参政権をも要求したと云う。
此の事案を我が国の議員連盟は此れを是認し協力して行く事が確認されたのだ。
南朝鮮側は内政干渉甚だしい行為で言語道断で在るが、我が国の議員連盟は外患誘致にも相当する対応をしてるのだから、全くを以て呆れ果てて開いた口が塞がらない。
最早こうした議員連盟は完全に害悪以上の何物でも無く、存在自体が不要で在る。
posted by 天野☆翔 at 15:28 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

南朝鮮への議員連盟は必要かと夕刊フジ。

* 日韓議連は本当に必要か? 河村氏が徴用工「基金創設」発言、安倍政権の基本方針と乖離 - zakzak:夕刊フジ公式サイト
超党派の日韓議員連盟と、韓国側の韓日議連は1日、合同総会を国会内で開催。いわゆる「元徴用工」の異常判決など、韓国側の相次ぐ「反日」暴挙によって、史上最悪まで冷え込んだ日韓関係の打開に向けて協議した。こうしたなか、議連内から「基金創設」という看過できない発言が飛び出した。安倍晋三政権の基本方針と乖離(かいり)しており、国民から「議連解散」を求める声も噴出しそうだ。
 日韓議連の河村建夫幹事長(自民党)は合同総会前日の10月31日、BSフジの「プライムニュース」に出演し、日韓関係の改善に向けて、エネルギー分野など「経済協力名目の基金創設」は可能だとの認識を示した。日韓の企業が自発的意思で資金を拠出する方式を前提としている。
 河村氏は「基金のつくり方は未来志向でなければならない」「エネルギー問題を一緒に、という基金ならできるが、(元徴用工への)賠償金の中に含めるとすれば、日韓請求権協定(1965年)の根幹に触れるので難しい」とした。
 日本政府は資金を出さないと説明したが、「完全かつ最終的に解決」とした日韓請求権協定に反する。こうした「特別な配慮」が、韓国側に「日本はゴネれば金を出す」と認識させ、「反日」暴挙を助長させている。
 基金創設案は、共同通信が10月28日、「『徴用工合意』へ検討着手」「日韓、経済協力基金浮上」と報じている。
 菅義偉官房長官は翌29日の記者会見で、「そのような事実はない」「わが国の立場は一貫して申し上げているように、日韓請求権協定が今日の日韓関係の基盤であると思っている」と否定した。
 万が一、安倍政権が「基金創設」に同意するなら、日本国民の怒りは政府・自民党に向かうだろう。
徴用工問題訴訟判決を受けて、青瓦台は日本国と南朝鮮との間の基本関係に関する条約や、財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と南朝鮮との間の協定を完全に無視する動きを見せて居る。
こんな最中、我が国の超党派に拠る南朝鮮への議員連盟と、我が国への南朝鮮の議員連盟は会合を開くも平行線で話は進んで居ないが、こうした中で河村建夫幹事長は関係改善の為の基金設立は可能とする発言をBSフジLIVEプライムニュースで曰った。
此れは明確に日本国と南朝鮮との間の基本関係に関する条約や、財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と南朝鮮との間の協定に違反する重大な問題で在るので、発言自体大いに問題が在る。
こんな国益を毀損する動きを見せてる代議士が所属する連盟は必要で在るのかと、疑義を呈した夕刊フジの疑念は至極真っ当で正しい見解で在る。
長年活動をして居て、何の問題も解決に至らない組織は完全に不要で在るのは云う迄も無く、存在価値は一切無い。
posted by 天野☆翔 at 15:12 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

山東昭子参議院議長の見事な対応。

* 「韓国・文議長の謝罪がなければ」日韓会談は拒絶! 山東参院議長が決然姿勢 識者「日本は経済報復を撤回せよと逆に言ってくる可能性も」 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト
 山東昭子参院議長が、日本国民の怒りを代弁し、毅然(きぜん)とした姿勢を示した。慰安婦問題に絡み、譲位前の天皇陛下(現上皇さま)に謝罪を要求する常軌を逸した非礼発言を行った韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長に対し、正式な謝罪と発言撤回がなければ「個別会談するつもりはない」という書簡を送っていたのだ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使を務めたこともある文議長は11月初めに来日する。韓国側の相次ぐ「反日」暴挙によって、史上最悪まで冷え込んでいる日韓関係を改善する意思があるのか、文政権の出方を見極める焦点となりそうだ。

 文議長は11月4日に国会内で開かれるG20(20カ国・地域)国会議長会議に出席するため来日予定だが、今年2月、許しがたい発言を連発して、多くの日本国民を激怒させた。
 米ブルームバーグ通信のインタビューで、昭和天皇を「戦争犯罪者だ」と事実誤認も甚だしい暴言を吐き、譲位前の上皇さまを「戦争犯罪の主犯の息子だ」と発言。さらに、「慰安婦問題の解決には、天皇の謝罪が必要だ」と言い放ったのだ。
 日本側は厳重に抗議し、発言の即時撤回を要求したが、文議長は「私に謝罪しろとは何事か! 盗っ人たけだけしい」と逆ギレした。永久に「日本入国禁止」にしてもいいぐらいの人物といえる。
 山東氏は、国会議長会議のホストという大役を務める。文議長を招待しないわけにいかないが、「国権の最高機関」のトップとして、決然とした姿勢を見せていた。
 南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使が9月下旬、参院議長就任への祝意を述べるために議長公邸に来た際、文議長への招待状を手渡した一方で、次のように厳命していた。
 「文議長の発言は甚だしく無礼だ。受け入れられない。自分の発言が招いた現状をどう打開するのか、聞かせてほしい」
 南大使は「本国に伝える」としたと答えるのが、やっとだった。
 山東氏はさらに、文議長が正式な謝罪と発言撤回がなければ「個別会談するつもりはない」という書簡も送っていたことになる。
 昭和天皇の写真をバーナーで焼き、灰を足で踏みつける映像作品の公開を認めた某県知事など、足元に及ばないほどの愛国者といえる。
 山東氏は1942年、東京都生まれ。女優やタレントを経て、74年に田中角栄首相(当時)に「これからの日本は『正論』を主張できる女性政治家が必要だ」と口説かれ、参院選に自民党公認で出馬し、125万票を獲得して初当選した。今年7月の参院選で当選8回を数え、参院議長に就任した。
 座右の銘は「永遠の同盟国も永遠の敵国も存在しない。あるのは永遠の国益だけである」で、かねて「政治には『信頼』と『感性』が大切だ」と発言していた。
 2013年に、沖縄・尖閣諸島を東京都として購入しようとした石原慎太郎都知事(当時)と地権者との仲介にも関わるなど、大胆かつ、骨太な政治家の一面ものぞかせた女傑といえる。
 日韓関係は、文議長の暴言のほか、いわゆる「元徴用工」の異常判決、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への危険なレーダー照射事件、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の一方的な破棄決定など、韓国側が「反日」暴挙を連発し、完全に冷め切っている。
 果たして、文議長は正式謝罪をするのか。韓国事情に精通するジャーナリストの室谷克実氏は「文議長は、鳩山由紀夫元首相に一応の『謝罪』(=『心を痛めた方たちに申し訳ない』)をした程度だ。ありきたりの言葉で謝罪はするだろうが、口だけで終わりそうだ。文議長は以前、韓国メディアに『上皇さまから訪韓の仲介を頼まれた』という趣旨のウソの話もしており、撤回するほかないだろう。一方で、日本の対韓輸出管理強化を『日本は経済報復を撤回せよ』と逆に言ってくる可能性もある。たとえ議長同士で個別会談ができても、山東氏のいう『信頼』関係を築くのは無理ではないか。山東氏が『誘い水』を向けることはなかった」と語っている。
我が国の太上天皇陛下が譲位前の状況に於いて、南朝鮮国会議長の文喜相は戦争責任に言及し謝罪要求等無礼千万極まる発言をした事は既に指摘してるが、二十箇国地域首脳会合に参加する際に個別会談を要望する氏の姿が確認されて居る。
こうした動きに対して山東昭子参議院議長は、謝罪と発言の撤回をしなければ会談に応じる事は絶対に無いと此れを表明し南朝鮮側に伝達したと云うのだ。
我が国国民が激怒した事案なのだから、当たり前に反応で有り対応でも在る。
我が国は南朝鮮とは戦争をして居らず戦争責任も何も無いのは云う迄も無いが、何時迄南朝鮮は戦争相手と思い込んでるのかと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 15:03 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

中途半端な青瓦台の動き。

* GSOMIA巡り韓国高官「延長できない」|日テレNEWS24
失効が迫っているGSOMIAについて、韓国大統領府の高官が「延長できない」との考えを示した。
大統領府の高官は1日、国会で日本と軍事機密を共有するための協定(=GSOMIA)について、「日本が我々に取った措置を考えると、絶対に延長できない」と述べ、破棄の見直しは難しいとの考えを示した。
アメリカ側は延長を強く求めているが、高官は「我々が主権を持って決める問題だ」と強調した。
一方的に軍事情報包括保護協定の破棄を決定した南朝鮮だが、此れは我が国が実施した南朝鮮への輸出優遇措置是正が下人と思い込み、此れに関して青瓦台高官は「日本が我々に取った措置を考えると、絶対に延長できない」と主張。
然し昨日には青瓦台の国家安保室長の鄭義溶は此れに関して「延長するかの判断は日本側の態度に掛かってる」等と曰った。
破棄したいのか破棄したく無いのかどっち付かずの態度には大いに非難糾弾されて然りだ。
こうした相反する表明をする事で我が国に対して揺さ振りを掛けてるのだろうが、全くの無意味で在る。
軍事情報包括保護協定の破棄をして困るのは南朝鮮で在って、我が国は全く困らないのだ。
此れをされて困るのは煩わしい手続きを踏まなくては為らなくなっらアメリカで在る。
posted by 天野☆翔 at 14:54 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

毎日新聞と琉球新報が河井克行氏の案件を取り上げる。

* 社説:河井法相も辞任 安倍内閣の劣化は深刻だ - 毎日新聞
 「任命責任は私にある」という安倍晋三首相の言葉は、もう聞き飽きた――と多くの国民があきれているだろう。河井克行法相(自民党、衆院広島3区)がきのう、辞任した。
 今夏の参院選で初当選した河井氏の妻、案里氏の陣営が選挙中、車上運動員に法定上限を超える報酬を支払った疑いがあると報じられたことを受けての辞任である。
 安倍内閣では先週、菅原一秀氏が有権者に金品を配った疑惑により経済産業相を辞めたばかりだ。いずれも9月の内閣改造で初入閣した閣僚で、いかに今度の改造人事がずさんだったかを物語っている。
 河井氏は辞任の理由を「法務行政への信頼が損なわれてはならない」と述べ、疑惑については「私も妻も全くあずかり知らない」と語った。
 だが、公職選挙法では車上運動員への限度を超える日当は買収に当たる。仮に候補者が直接関与していなくても、場合によっては候補者に連座制が適用されて当選が無効となる可能性がある。
 菅原氏の贈答疑惑と同様、買収が禁じられているのは政治家にとってイロハのイの常識だ。河井克行氏本人も妻の選挙運動を支えていた。
 今回も疑惑が発覚し、国会で野党から追及を受ける直前に閣僚を辞任して国会質疑から逃れた点も看過できない。無関係だと言うのなら堂々と国会で説明すればいい。そうしないのは、やはり何か疑わしいことがあるのではないかと見られても仕方がない。
 河井氏は安倍首相の補佐官などを務めた側近の一人で、菅義偉官房長官にも近い。一方、案里氏は参院選直前に広島選挙区(改選数2)からの出馬を決めて立候補した結果、自民党の現職が落選した。
 案里氏の出馬を後押ししたのは菅氏で、その強引な手法には自民党内にも不満が残っていた。にもかかわらず今回の失態に党内から強い批判が出ないのは不思議なほどだ。
 「在庫一掃」と言われた先の内閣改造のツケは極めて重い。萩生田光一文部科学相の「身の丈」発言なども含めて閣僚の質の劣化は深刻だ。
 辞任した2人だけでなく、なぜこんな事態に陥っているのか、首相自身が国会できちんと説明するのが、任命者として最低限の責任だ。
* <社説>河井氏の法相辞任 長期政権の弊害露呈した - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
 菅原一秀前経済産業相の更迭に続き、河井克行衆院議員が10月31日法相を辞任した。2週続けての閣僚の辞任である。長期政権による弊害がなれ合いの内閣改造につながったと考えられる。
 河井氏は、参院議員で妻の案里氏に公職選挙法違反の疑いのあることが報じられ、疑義が生じたことに責任を取ったという。
 疑いがあるのは、案里氏が7月の参院選広島選挙区で初当選した際のことだ。選挙戦のアナウンス担当の運動員に法定の倍額に当たる日当3万円を支払ったという疑惑を週刊誌が報じた。事実であれば運動員買収に当たるが、疑いについて河井氏は「私も妻も全くあずかり知らない」と否定している。ならば毅然として職務を全うすべきではないか。国会の議論を通して潔白であることを訴えればいい。
 妻の案里氏側の疑惑であるにもかかわらず、河井氏は辞表を提出した。案里氏の選挙対策も事実上、河井氏が仕切っていたとも伝えられる。不自然と思う人がいてもおかしくない。
 たとえ秘書や事務所職員の行為であったとしても使用者としての監督責任は免れないことを忘れてはならない。場合によっては連座制の適用も想定される事態だ。
 河井氏本人にも事務所を通じて有権者へジャガイモなど贈答品を配った疑いがあるという。事実ならこれも公選法が禁じる寄付行為に該当する可能性がある。
 だからこそ河井氏の責務は大きいはずだ。説明抜きの辞任は納得がいかない。法相は国民に法令順守を促す立場にある。閣僚としての資質を論じる以前の話だ。
 河井氏は沖縄とも浅からぬ縁がある。名護市辺野古の新基地建設をめぐり、建設推進の黒子役として動いたことは広く知られる。
 自民党県連が2013年の参院選を前に米軍普天間飛行場の地域版公約に「県外」を掲げる考えを示した際のことだ。「辺野古」明記を迫る首相官邸や党本部と県連との調整役を担った。
 14年の名護市長選では保守系候補の分裂を避けるべく調停に乗り出していた。日米同盟の強化を目指す議員連盟を結成したり、米国家安全保障会議のメンバーらに辺野古新基地建設の重要性を説いたりした。県外移設を求めた沖縄の民意に反する行動であったことは間違いない。
 河井氏の辞任を受け、安倍晋三首相は「任命したのは私だ。こうした結果となり責任を痛感している」と述べた。  では任命責任をどう取るつもりなのか。責任を果たせなければ、何らかのペナルティーを負うのが一般的な理解だろう。これまで具体的に責任を取った形跡が見当たらない。任命責任の言葉の軽さに国民はうんざりしていよう。河井氏は数々の疑惑に対し説明すべきだ。逃げることは許されない。
毎日新聞は一日付けで琉球新報は本日付けで河井克行元法務大臣の問題を社説で取り上げ批判する記事を掲載したが、其の何れも批判の為の批判で有り、見るに耐えない醜悪な論調を展開した。
公職選挙法違反は本人の問題では無く奥方の問題で有り、法務大臣と云う立場で在る事から重大視し辞任しなければ為らない事態に為っただけの問題で在る。
単純に此の程度の問題なのに、安倍晋三内閣総理大臣の任命責任を問う論調に発展し、此れを批判するのは大いに問題が在る。
批判の矛先を完全に見誤ってるのは云う迄も無く、こうした論調を展開する事で世間を騙せるとでも思ってるなら言語道断で許される事では無い。
旧態依然とした報道の仕方には厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 14:46 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

南朝鮮側の掌返し。

* 東京五輪成功向けた共同特別委の発足を示唆 韓日議連会長 -Chosun online 朝鮮日報
超党派でつくる日韓議員連盟との合同総会に出席するため、日本を訪問している韓日議員連盟の姜昌一(カン・チャンイル)会長(与党・共に民主党)は1日、ラジオ番組に出演し、総会で東京五輪の成功に向けた共同特別委員会の発足が決まる可能性があると明らかにした。
 競技場への旭日旗の持ち込みを容認し、組織委員会の公式サイトで独島を日本の領土として表示している東京五輪の成功に向けた合同特別委の発足については不適切との指摘もあるが、姜氏は「そのように感情的になってはならない」として、「むしろ開催の成功のために旭日旗や独島などの問題を日本側に提起できると思う」との認識を示した。
 安倍晋三首相との面会は決まっていないとした。「日韓議員連盟が韓国に来れば大統領を表敬し、(韓日議連は)日本では首相に会うのが慣例だったが、今回は(面会できるかどうか)分からない」と説明。「もし(面会の)日程が決まらない場合、『なぜ慣例を破るのか、(両国関係が)厳しい時には解決しようとする意志が必要ではないか』と指摘する」と述べた。
福島第一原子力発電所事故での放射線問題や旭日旗の事案等、枚挙に暇が無い程我が国を攻撃して来る南朝鮮だが、此処に来て旭日旗の持ち込みを容認する動きが確認出来た。
南朝鮮と我が国の超党派に拠る議員連盟の会合に出席した姜昌一会長は、東京五輪の成功に向けて共同特別委員会の発足が決まる可能性があると明らかにした。
其の中での動きで在るが、此処に来て何を今更前言撤回する様な掌返しの方針を示すのか、全くを以て理解不能で在る。
自分達の主張を叩き潰され、国際的な立ち位置が危うく為って来たのを感じたからこその動きで在ると想定出来様。
こんな事だから、世界中で嫌われてるのだと自覚するが良いだろう。
posted by 天野☆翔 at 05:28 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

麻生太郎氏の正論。

* 麻生氏「法案審議やらないと被害受けるのは国民」 - 産経ニュース
 麻生太郎副総理兼財務相は31日、自民党麻生派(志公会)の会合で、河井克行法相の辞任に関し「大事なことは、こういった話が起きたからといって(国会では)法案がいっぱいある。そういった法案審議をきちんとやっていかないと、被害を受けるのは国民だ」と述べた。
 麻生氏は「いつの国会も何らかの問題が発生している。その都度、現場がいろいろな意味で大変苦労をされている」とも語った。
二名の大臣の辞任を受けて麻生太郎財務大臣は、「大事なことは、こういった話が起きたからといって(国会では)法案がいっぱいある。そういった法案審議をきちんとやっていかないと、被害を受けるのは国民だ」と主張した。
此の主張は至極真っ当で正しい見解で在る。
野党共は責任追及する構えを見せ倒閣運動に利用しようと画策するが、こうした動きは国民に取っては大迷惑で不必要な事でしか無いのは云う迄も無い事だ。
国民不在の動きには言語道断で在ると、厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 05:21 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

木乃伊取りが木乃伊に為る。

* 神奈川県警の24歳巡査を逮捕 特殊詐欺の「受け子」か | NHKニュース
神奈川県警察本部の24歳の巡査の男が、うその電話を受けた80代の男性からキャッシュカードを盗んだとして逮捕されました。このカードで現金を引き出したとみられ、警察は特殊詐欺で金品を受け取る「受け子」とみて調べています。
逮捕されたのは神奈川県警第1交通機動隊の巡査、蕪木紀哉容疑者(24)で、警察によりますと先月7日、横須賀市の80代の男性の自宅を訪れ、キャッシュカードを封筒に入れさせて別の封筒とすり替えてキャッシュカード2枚を盗んだ疑いが持たれています。
蕪木巡査が訪れる30分前に男性の自宅には警察官を名乗る男から「逮捕した詐欺事件の犯人があなたの口座から現金を引き出したと言っているので、刑事を向かわせます」などとうその電話がかかっていたということです。
この日の夜に横浜市内のコンビニのATMから男性のキャッシュカードで現金50万円が引き出されていて、防犯カメラの映像などから引き出したのは蕪木巡査とみられるということです。
蕪木巡査はこの日は休みで調べに対し、容疑を認めているということです。警察は特殊詐欺グループで金品を受け取る「受け子」だったとみて詳しく調べています。
神奈川県警の寺澤陽公監察官室長は「言語道断の行為で、被害者をはじめ、県民の皆様に深くおわびします」とコメントしています。
特殊詐欺等の犯罪を摘発する立場の警察官が、此の特殊詐欺の受け子に為って犯罪に加担してた事が明らかに為った。
こんな事では国民は安心して生活出来ず、警察に対する不信感は払拭出来無い。
事件の全容解明が急がれるが、神奈川県警察本部は包み隠さず此れを報告し、又、被疑者に対しては厳罰を以て処するべきで在るのは云う迄も無い事だ。
posted by 天野☆翔 at 05:17 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

独善的に終わった国際オリンピック委員会の動き。

* 強権振りかざしたIOC=物言わぬ日本、残ったしこり−東京五輪マラソン:時事ドットコム
IOCが決めた流れは変わらなかった。強い「権限」を盾にしたトップダウン。東京五輪のマラソンと競歩の舞台が札幌へ移るまでに、わずか数週間しかかからなかった。懸案だった暑さは和らぐかもしれないが、しこりを残した。
 6年間も準備を重ねてきた末の急転。酷暑の中東ドーハで次々と途中棄権した世界陸上の惨状にIOCは焦り、「アスリートファースト」を札幌開催の根拠とした。東京の暑さを想定して練習を積み、策を練ってきた選手は、残り9カ月で札幌での急造レースに臨むことを余儀なくされる。
 不測の事態が起きて五輪ブランドに傷が付くことを、IOCはとにかく避けたい。米NBCが支払う巨額のテレビ放映権料が屋台骨を支えているため、米プロスポーツと日程が重ならない夏の盛りに五輪を開催する。暑い東京を開催地に選んだのはIOCに他ならない。
 開催都市の東京都は抵抗の構えをみせていたものの、結局は折れた。小池都知事が4者トップ級会合で「合意なき決定だ」と苦渋の表情で言うのがやっと。大会組織委員会は当初から受け入れやむなしの姿勢をとり、国は関与を避けた。都と組織委が一枚岩でないことを老練なIOCに見抜かれていた。日本側がほぼ全面的に屈した。
 IOCが要求を一方的に押し付けた一部始終を、世界は見ている。開催都市契約を読めばIOCに最終的な権限があることは分かるが、それだけでは割り切れないこともあるだろう。大会経費の高騰などを背景に五輪招致熱は急速に冷え込んでいる。そうした流れは、さらに悪い方へと加速するかもしれない。
東京五輪のマラソン大会は結局は北海道札幌市開催で決まって仕舞ったが、此処に至る経緯が全くを以て独善的で押し付けで終わったのは非常に残念で在る。
基本的に大会開催一年前迄に開催地や時間帯等が決まるが、一年を切った状況で此れを強引に推し進めた事は言語道断で有ろう。
アメリカの放送鏡に対して何も云えなかった上に忖度してたのだから、国際オリンピック委員会は其の役割を放棄した事にも為るのだ。
こうした事勿れ主義で事を丸く収め様とする動きには、大いに非難されて然りで在るのは云う迄も無く、此れ迄に投資した金額の保障は一体誰がするのかも全く判って居ない状況で在る。
責任の所在を明らかにすべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 05:11 | Comment(0) | Sports | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

沖縄メディアが寄付金募集。

* 首里城再建へ 沖縄県内マスコミが寄付金を受付 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
 世界遺産に登録され、沖縄のシンボルである首里城正殿など中心的建造物7殿が10月31日に発生した火災で焼失しました。琉球新報社をはじめ県内マスコミ8社は焼失した首里城再建のための募金を始めます。県内外に広く寄付を呼び掛け、銀行口座への振り込みのほか、各社で寄付金を受け付けます。集まった浄財は関係機関・団体に託して再建に活用してもらう予定です。沖縄県民をはじめ、多くの皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いします。
如何省略。
首里城の火災を受けて、債権に必要な資金を確保する為に主要な沖縄メディアが寄付金を募る為に集結し、此れを設立した。
然し、此の寄付金募集の動きは信用出来無いので在る。。
何故なら、何か災害が発生した時に何かに付けてマスメディアは義援金等の募集をするが、収支報告書の公開は確認されて来なかった経緯が在るからだ。
こんな事をしてたのだから信用性は皆無で、何に使われるか判った事では無いのは云う迄も無い。
posted by 天野☆翔 at 05:05 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

何処迄も居丈高な態度の南朝鮮。

* 協定延長は「日本次第」 GSOMIAで韓国高官 - 産経ニュース
 韓国の鄭義溶大統領府国家安保室長は1日、韓国政府が破棄を決めた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)について「延長できるかどうかは日本側の態度にかかっている」と強調した。日本が輸出規制強化を撤回すれば前向きに再検討する用意があると重ねて表明した。協定の期限は22日に迫っている。
 大統領府に対する国会の国政監査で議員の質問に答えた。河野太郎防衛相は1日の記者会見で「韓国側に賢明な判断をしてもらいたい」と破棄決定の再考を要求。日本は規制強化の撤回に応じる姿勢を示しておらず、期限に向け日韓のせめぎ合いが続きそうだ。
 鄭氏は「米政府の希望は伝わってきている」とした上で「われわれが主権を持って決定する問題で、日本が取った(輸出規制強化の)措置を考えれば絶対に延長することはできない」と述べた。
一方的に軍事情報包括保護協定の破棄を決定した南朝鮮だが、青瓦台の国家安保室長の鄭義溶は此れに関して「延長するかの判断は日本側の態度に掛かってる」等と曰った。
相当に南朝鮮への輸出優遇措置是正が効いてるのだろう。
此れへの対抗措置としての決定だが、困るのは南朝鮮側で在って我が国は特に困らず、一番激怒してるのはアメリカで在るのだから、南朝鮮が意識すべきなのは我が国にでは無くアメリカで在るのだ。
反日意識を拗らせる余り、無関係な事を持ち出して此れを実施し、結果的にアメリカの手を煩わせ困らせてるのだから、南朝鮮側が追い詰められるだけでしか無いのだ。
posted by 天野☆翔 at 04:59 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

泉佐野市が全面対決。

* ふるさと納税で国提訴 新制度除外取り消し求める 大阪・泉佐野市 - 産経ニュース
 ふるさと納税の新制度から大阪府泉佐野市を除外した総務省の決定は違法として、市は1日、高市早苗総務相を相手取り、決定の取り消しを求める訴訟を大阪高裁に起こした。地方自治をめぐる両者の対立は、法廷闘争へ発展した。
 6月開始の新制度は、返礼品を「寄付額の3割以下の地場産品」などとする基準を満たす自治体が対象。総務省はこれに先立ち、大臣通知で同様の基準を守るよう、自治体に要請していた。
 だが泉佐野市は従わず、インターネット通販「アマゾン」のギフト券などを贈って、昨年11月〜今年3月に332億円の寄付を集めた。総務省は基準を満たしていないとして5月に新制度からの除外を決めた。
 泉佐野市は訴状で、通知は法的拘束力のない「技術的助言」にすぎないと主張。助言に従わなかったことを理由に、新制度から除外するのは市に不利益を強いるものだと訴えている。さらに、新制度の法規制が適用される6月以前にさかのぼり市の行為を除外の判断材料としたのは、裁量権の逸脱に当たるとしている。
 総務省はこれまで「健全で公平な制度運用のため、過去の実績を考慮するのは許される」と反論していた。
 総務省の除外決定をめぐり泉佐野市は6月、同省の第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出。係争委は9月、過去の不適切な寄付集めを理由とした除外は違法の恐れがあるとし、同省に再検討を勧告したが、同省は10月に除外判断を維持した。
 地方自治法に基づき高裁が1審となる。今月16日までに第1回口頭弁論の期日が指定され、市側によると、早ければ年内にも判決が出る見通し。
ふるさと納税制度を悪用しAmazonのギフト券等地域特産品で無い物を出展してた大阪府泉佐野市に対して、新たな制度から除外された事は裁量権の逸脱だとして総務省を相手取り提訴した事が明らかに為った。
然し裁量権の逸脱と主張するも、新たな制度で正常な運用が確約されるかは過去の動向から見ても信用性は無く、過去何度も通達されても一向に此れを順守しなかったのだから、新たな制度の対象から外されても文句は云えないので在る。
そうした通達を無視した動きに関して、自分達の事は棚に上げての総務省への責任転嫁は言語道断で許される事では無く、結局は自爆行為にしか為らない事を泉佐野市は自覚すべきで在る。
posted by 天野☆翔 at 04:51 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

Thunderbird68.2.1がリリースされました。

MozillaはThunderbirdの最新版、Thunderbird68.2.1をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Thunderbird − メールをもっと簡単に。 − Mozilla
* Thunderbird − Notes (68.2.1) − Mozilla

posted by 天野☆翔 at 01:45 | Comment(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

Firefox70.0.1がリリースされました。

MozillaはFirefoxの最新版、Firefox70.0.1をリリースしました。
更新はヘルプからか以下から入手します。

ダウンロードとリリースノート。
* Firefox のダウンロード − 自由な Web ブラウザ − Mozilla
* リリースノート | 次世代ブラウザ Firefox

posted by 天野☆翔 at 01:44 | Comment(0) | Mozilla Application | 更新情報をチェックする