冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年11月03日

泉佐野市が地方自治法違反。

* 泉佐野市、ふるさと納税300億を目的外使用…法に抵触か : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン
 大阪府泉佐野市が2018年度、ふるさと納税で得た寄付金約300億円を、公共施設を整備する目的で設置された「公共施設整備基金」に積み立てながら、返礼品の費用などに充てていたことがわかった。基金を目的以外に使うことを禁じた地方自治法に抵触する疑いがあり、市は「目的に沿った基金を新たに設立したい」としている。
 市は昨年度、ネット通販「アマゾン」のギフト券など豪華な返礼品で全国の寄付総額の1割近い約497億円を集め、約480億円を公共施設整備基金に積み立てた。同年度中に358億円を取り崩し、このうち約300億円を返礼品の費用や仲介サイトへの支払いなど、ふるさと納税関連の業務に充てたという。
 市は「予想以上の額が集まったため一時的に積み立てた」と釈明している。
* 泉佐野市が基金300億円を目的外使用 地方自治法違反の疑い - 産経ニュース
 大阪府泉佐野市が平成30年度に、公共施設の整備を目的に設置した基金「公共施設整備基金」から358億円を取り崩し、そのうち約300億円を目的外の用途で活用していたことが1日、分かった。多額の寄付金を集めたふるさと納税の返礼品などの費用に充てており、地方自治法違反となる疑いがある。
 泉佐野市はふるさと納税の返礼品にアマゾンギフト券などを提供して30年度に497億円もの寄付金を集め、歳入は前年度比約8割増の1330億円となった。予想以上に寄付金が増加し、570億円を自治体の貯金にあたる基金への積み立てに充てている。
以下有料記事。
* 大阪・泉佐野市、基金300億円を目的外で活用 産経新聞報道 - zakzak:夕刊フジ公式サイト
 大阪府泉佐野市が2018年度に、「公共施設整備基金」から358億円を取り崩し、うち約300億円を目的外の用途で活用していたと2日付の産経新聞が報じた。多額の寄付金を集めたふるさと納税の返礼品などの費用に充てており、地方自治法違反となる疑いがあるという。
 市はふるさと納税の返礼品にアマゾンギフト券などを提供、18年度に497億円の寄付金を集めた。
 一方、公共施設整備基金に480億円を積み立て、同基金から358億円を取り崩したが、公共施設の整備など「投資的経費」は53億円。差額は目的外の用途で処分したことになる。
 泉佐野市の担当者は「想定以上の寄付が集まり、便宜上、公共施設整備基金に積み立てた」と説明、違法ではないと主張している。
大阪府泉佐野市はふるさと納税制度を悪用し、地場産業とは無関係なAmazonのギフト券等を提供したが、此れを巡って新たな制度から除外された事を逆恨みして総務省を相手取り提訴した。
然し其の泉佐野市は「公共施設整備基金」を取り崩し、返礼品等の費用に宛ててた事が判明し、此れは地方自治法に明確に違反する行為で在るのだ。
其の額三百五十八億円と云うのだから驚きで在る。
泉佐野市は正当性を主張したが、到底信じられる事では無い。
此の矛盾をどう説明付けるのかと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 16:06 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

アメリカに泣き付く南朝鮮。

* 韓国 米に日韓関係改善の協力求める | NHKニュース
アメリカと韓国の政府高官は訪問先のタイで会談し、アメリカ側が日本を加えた3か国の協力の重要性を確認したとするとともに、韓国側はアメリカに日韓関係改善への協力を求めたと明らかにしました。
アメリカ国務省で東アジア外交を担うスティルウェル次官補と韓国外務省のユン・スング(尹淳九)次官補は2日、ASEAN=東南アジア諸国連合と日米などが参加する一連の会議に合わせて訪問先のタイで会談しました。
アメリカ国務省によりますと、両者は会談で北朝鮮の非核化交渉をめぐる緊密な連携と日本を加えた3か国の協力の重要性を確認したということです。
また韓国外務省によりますとユン次官補が悪化している日韓関係について合理的な解決策を見いだすための韓国側の努力を説明したうえで、アメリカに関係改善のため可能な役割を果たすよう協力を求めたということです。
日韓の間では軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の失効が今月23日に迫っていて、アメリカ政府は韓国に破棄の決定を見直すよう促す立場を明らかにしています。
今回の会談でこの問題が議論されたかは明らかになっていませんが、スティルウェル次官補は5日、韓国を訪問する予定で、韓国側との会合を通じて「GSOMIA」の継続を求めるとみられます。
慰安婦問題解決の為の二国間合意や軍事情報包括保護協定を破棄し、アメリカの顔に泥を塗る行為をして激怒させた南朝鮮が、我が国との関係改善の為にアメリカに此れを要請した事が明らかに為った。
自分達の愚かな行為の尻拭いをアメリカにさせるとは言語道断で許される事では無い。
一体どの面下げてこんな世迷い言を抜かせるのかと厳しく問い質したい。
自分達で喧嘩を吹っ掛けて置いて此れを無かった事の様にしたいのなら、国際社会に向けて理路整然とした説得力の在る整合性の在る説明をしなければ為らないが、南朝鮮は此れが出来るのかと。
posted by 天野☆翔 at 15:54 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

糞気違いの沖縄タイムス。

* 首里城火災で政府与党、異例のスピード対応 選挙苦戦の沖縄で、県民の理解を引き出したい思惑か | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
 首里城の火災を受け、政府が再建費の負担を明言したり、国民に寄付の協力を求めたり、異例のスピード対応で支援に取り組む姿勢を明言している。選挙で苦戦を強いられている沖縄で、県民の要望に応えることで理解を引き出したい思惑もにじむ。
 自民党と公明党は火災当日の10月31日、相次いで赤羽一嘉国交相に早期再建を求めるなど政権与党の存在感を示している。
 1日には菅義偉官房長官と衛藤晟一沖縄担当相が、再建費を国が負担する意向を表明。衛藤氏は「国民全体で再建したい」と政府から寄付を呼び掛け、沖縄に寄り添う姿勢を前面に打ち出した。
 「政争の具にしてはならない」「オールジャパンで取り組みを」−。与野党からは、団結して再建を支援する掛け声が上がる。
 一方、野党内からは政府、与党の動きに「辺野古や選挙対策の狙いもあるのではないか」との声も漏れている。
「首里城火災で政府与党、異例のスピード対応 選挙苦戦の沖縄で、県民の理解を引き出したい思惑か」とする記事が掲載されたが、其の主張は極めて愚劣で醜悪で在る。
選挙対策とする論調が信じられない上、こうした主張を展開する意識を大いに疑う。
政府与党の動きを歓迎こそすれ、此れを批判するのは言語道断で在る。
首里城の管理は全面的に沖縄県がする事に為ってるが、こうした不作為を隠したい意図が在るのかとも疑念を抱く。
首里城の再建は国がしたのだから国が再建するのは当たり前で在るが、此れを否定するならば自分達で費用を捻出出来るのかと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 15:46 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

南朝鮮メディアが責任転嫁。

* "1965년 한일협정, 친일 성향 미 외교관이 주도했다" | JTBC 뉴스
[앵커]
어제(1일) 열린 한・일의원연맹 총회에서 일본 측은 또 강제동원 판결을 비판하며 한국 측의 대응을 요구했지요. 일본은 줄곧 '1965년 한・일 협정으로 모든 문제가 해결됐다'는 입장을 강조하고 있습니다. 그런데 당시 이 협정을 주도한 미국 외교관이 일본에 우호적이었고, 또 한국인을 폄하하기도 했다는 주장이 미국 내에서 나왔습니다.
박현주 기자입니다.
[기자]
미국 내 저명한 동북아 역사전문가인 알렉시스 더든 미 코네티컷대 교수는 JTBC와의 인터뷰에서 1965년에 한・일 간 맺은 협정은 미국의 개입으로 체결된 거라고 말했습니다.
더든 교수는 지난 9월 뉴욕타임즈에 이런 내용의 기고문을 실어 파장을 일으킨 바 있습니다.
[알렉시스 더든/미 코네티컷대 교수 : 한국과 일본에 대해 전문적 지식도 없고 신경도 쓰지 않던 미 정부 고위 당국자들이 (1965년 협정 체결) 당시 한・일 관계를 결정지을 중요한 지위에 있었습니다.]
특히 일본 유력 정치인과 깊은 관계를 유지하던 '윌리엄 시볼드'라는 미국 외교관을 예로 들었습니다.
시볼드는 한・일 협정 직전 펴낸 회고록에서 "한국인은 일본인과 달리 폭력 성향이 있다"며 "시대에 뒤떨어져 억압받고, 불행하고, 가난하고, 침묵하고, 시무룩한 슬픈 사람들의 나라다"라는 편파적인 주장을 했다는 겁니다.
그러면서도 일본 강제 동원 등에 대해선 한 마디도 없었습니다.
[알렉시스 더든/미 코네티컷대 교수 : 일본의 잘못에 대한 한국의 요구를 계속 무시하는 건 근시안적이고 현명하지 못한 처사입니다. 한국인이 당한 고통과 역사를 직시하지 못하는 겁니다.]
* Google 翻訳
[アンカー]
昨日(1日)開かれた韓日議員連盟総会で、日本側はまた、強制動員の判決を批判し、韓国側の対応を求めました。 日本はずっと「1965年韓日協定ですべての問題が解決された」という立場を強調しています。 ところが、当時、この協定を主導した米国の外交官が日本に友好的であり、また、韓国人を卑下したりしたという主張が米国内で出ました。
パク・ヒョンジュ記者です。
[記者]
米国内の著名な北東アジア歴史の専門家であるアレクシスドドゥン米コネチカット大教授はJTBCとのインタビューで、1965年に韓日間結んだ協定は、米国の介入で締結されただろうと言いました。
ドドゥン教授は昨年9月、ニューヨーク・タイムズに、このような内容の寄稿文を載せて波長を起こしたています。
【アレクシスドドゥン/米コネチカット大教授:韓国と日本の専門的知識もなく、気にもしなかった米政府当局者が(1965年協定締結)当時、韓日関係を決める重要な地位にありました。]
特に日本の有力政治家と深い関係を維持していた「ウィリアム・シーボルト」という米国の外交官を例にしました。
シーボルトは韓日協定の直前に発行した回顧録で「韓国人は日本人と違って暴力性向がある」とし「時代遅れになって抑圧されて、不幸で、貧困で、沈黙して、不機嫌悲しい人々の国だ」という偏った主張をしたというのです。
その一方で、日本強制動員などについては一言もありませんでした。
【アレクシスドドゥン/米コネチカット大教授:日本の過ちに対する韓国の要求を無視し続けているのは近視眼的であり、賢明ではない仕打ちです。 韓国人が受けた苦痛と歴史を直視していないでしょう。]
コネチカット大学校教授のアレクシス・ダデンは、アメリカのニューヨーク・タイムズに寄稿した内容を南朝鮮メディアのJTBCが放送し波紋を呼んでると云うのだ。
日本国と南朝鮮との間の基本関係に関する条約や、財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と南朝鮮との間の協定は、アメリカが主導したと云う事で此れを批判する内容で在る。
何処の国が主導したとしても、一度締結された国際法や条約は余程の事が無い限り破棄する事は不可能で在るが、こうした報道をする事でアメリカ側に破棄を求めるとでも云うのかと厳しく問い質したい。
其れとも自発的に破棄するのかと。
此の場合は、国際的に恥を掻く結果に為るのだから、損をするのは南朝鮮側で在る。
破棄したいなら勝手にどうぞで在る。
実施した場合は巨額の請求が来る事を覚悟するが良いだろう。
posted by 天野☆翔 at 15:40 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

桜井誠を憎悪と決め付ける大村秀章。

* 愛知・大村知事の「明確にヘイト」発言に竹田恒泰氏「お前がいうな!」 | 東スポのニュースに関するニュースを掲載
 2つの“芸術祭”を巡って「表現の自由」論争が再燃した。29日、大村秀章愛知県知事(59)は27日に同県の施設「ウィルあいち」(名古屋市東区)で開催された「芸術祭 あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」について「内容からして明確にヘイトにあたると言わざるを得ない」と発言、法的措置を考えていることを明らかにした。
「あいちトリカエナハーレ」は政治団体「日本第一党」の党首・桜井誠氏(47)が企画。タイトルは愛知県で開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」を意識したものだ。
 あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」では慰安婦問題を象徴する「平和の少女像」、昭和天皇とみられる人物を含む肖像画が燃える映像「遠近を抱えて」などを展示。芸術なのか? 芸術作品なら許されるのか? 公金投入の是非など大きな議論を巻き起こった。
 桜井氏は「あいちトリカエナハーレ」開催にあたり「あいちトリエンナーレ2019でも議論となった表現の自由につきまして、改めて私共から問題提起を致し皆様に考えて頂きたいと思っております」と呼びかけ、ベトナム戦争時の韓国軍兵士の蛮行を表現する「ライダイハン像」、不自由と大きく書かれたバッグ、「ルンルン楽しい日韓断交」「犯罪者はいつも朝鮮人」と書かれた「かるた100連発」などを展示した。
 大村知事に「あいちトリカエナハーレ」はヘイトと認定された桜井氏は、同日夜にユーチューブの公式チャンネルで「重大な名誉毀損。これから先もトリカエナハーレを展開しようとしていたところで、あのような発言をされて我々の芸術活動が妨害された」と反発。「愛知県知事、大村を相手どって法的措置を取ります。検討じゃないです。直ちに行うよう、指示を出しました」と法的措置の手続きに入ったことを明かした。
 桜井氏は「私はチマチョゴリを着てライダイハンの説明をしただけで、ヘイトなんて全くやっていない」「かるたは売っている物。それがヘイトというのは検閲じゃないですか」と説明。表現の不自由展の再開での大村知事の「表現の自由は守られなければいけない」発言を争点にする意向だ。
 ネットでは2つの芸術祭について「表現の自由ならOK」「どちらもヘイト」「大村知事はダブルスタンダート」など様々な意見が出ている。
 芸術祭での大村知事の対応に反発してきた、明治天皇のやしゃごで作家の竹田恒泰氏(44)は自身のツイッターを更新。大村知事が「明確にヘイト」とした記事を引用し、「大村知事よ、お前がいうな!」とつぶやいた。
日本第一党の桜井誠が企画し実施した「芸術祭 あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」に関して、愛知県知事の大村秀章は此れを憎悪と決め付け法的措置の構えで在る事が判明したが、其の中身が面白い。
桜井誠曰く「私はチマチョゴリを着てライダイハンの説明をしただけで、ヘイトなんて全くやっていない」「かるたは売っている物。それがヘイトというのは検閲じゃないですか」等で在る。
こうした言動が憎悪で在ると云う根拠は全く無く、此れを憎悪と決め付けるならば完全に言論弾圧で在るのは云う迄も無かろう。
桜井誠個人は支持しないが、こうした行動をする事で大村秀章の二枚舌を叩き潰す流れに為るのは大いに歓迎したい。
posted by 天野☆翔 at 15:28 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

朝鮮学校幼稚園関係者が無償化を求めるデモ実施。

* 無償化排除で抗議集会、東京 朝鮮幼稚園父母ら5千人 | 共同通信
 政府が10月に始めた幼児教育・保育の無償化措置から「各種学校」の認可を受けた外国人学校を排除した問題で、これに含まれる朝鮮学校幼稚園の父母の在日朝鮮人や日本の教育関係者らが2日、東京・日比谷公園で抗議集会を開き、差別政策だとして撤回を求めた。付近でデモ行進も行い、主催者発表で約5500人が参加。立憲民主党など野党3党の議員も排除反対を表明した。
 2人の子を連れ参加した東京都足立区の母親(40)は「高校無償化から朝鮮高校を排除したことに続く朝鮮学校つぶし政策と感じる。民族教育の機会を守るために声を上げたい」と話した。
教育無償化に関して、朝鮮学校幼稚園の関係者が無償化の対象から外されてる事に抗議する為に、二日に日比谷公園でデモを実施した。
未だ憲法違反の動きを見せてる事に、呆れ果てて開いた口が塞がらない。
無償化を望むなら公立を選択すれば良いだけの話で、朝鮮学校に拘ってるからこそこうした馬鹿な行動をするのだ。
此のデモには立憲民主党等の三つの野党の議員が参加したと云うが、此の人物の洗い出しが求められる。
憲法違反に加担するとは言語道断で在る。
posted by 天野☆翔 at 15:19 | Comment(0) | Society | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

ラグビー・ワールドカップ閉幕。

* 「やった」万感のファン=世界を魅了、歓喜に沸く会場−ラグビーW杯決勝:時事ドットコム
 試合終了の笛が鳴ると、緑のジャージーを着た選手たちは両手を突き上げ、抱き合って喜びを爆発させた。2日、横浜国際総合競技場(横浜市)で行われたラグビーワールドカップ(W杯)の決勝。発祥地のイングランドを下し頂点に輝いたのは南アフリカだった。列島が歓喜に沸いた44日間の激闘。アジア初開催の祭典は、世界中のファンを魅了し、スタンドは万感の思いでフィナーレを迎えた。
 三度目の優勝を果たし歓喜に沸く南アフリカのファン。同国代表ジャージーに「必勝」の鉢巻きを頭に巻いたナタリー・サインズさん(39)は「とてもうれしい」と涙を流し大興奮。かすれた声で「やった、やった」と何度も跳びはね、国旗を振った。
 一方、イングランドファンのロジャー・チドウィックさん(52)は「よく戦ったが、南アのディフェンスがすごかった」とたたえ、「素晴らしい大会だった」とビールをあおった。
 「最高のW杯だった」。神奈川県鎌倉市の会社員矢久保武留さん(48)は「一生に一度と言わず、またやってほしい。南アフリカの優勝で、日本の強さも証明された」と笑顔を見せた。
 ラグビースクールに通う東京都渋谷区の小学6年岩波優人君(12)は、両チームの旗をあしらった手作りのうちわを手に声援を送った。「独走トライが格好良かった」と世界レベルのプレーに感激。サッカー少年という世田谷区の小学4年吉田誠介君(9)は準決勝と決勝を観戦。「サッカーと違い手も使えるし、タックルもある。痛そうだけど、ちょっとやってみたくなった」と話した。
我が国で開催する事は初めてのラグビー・ワールドカップは、九月の開催から二箇月もの間特に大きな問題や混乱も無く、台風に拠る事案を除外して無事に閉幕した。
国中を熱狂させ大いに盛り上がった事は非常に良い事で在った。
今大会は番狂わせ等其の実力が下馬評を大きく崩したりと、大いに楽しませてくれた貴重な内容で在った。
大会は閉幕したが、最終的には大成功で在った事だろう。
関係者各位には大変御疲れ様でしたと労を労いたい。
posted by 天野☆翔 at 00:50 | Comment(0) | Sports | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

グレタ・トゥンベリが窮地に陥る。

* グレタさん、困った=また大西洋横断?−COP会場変更:時事ドットコム
スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)が困っている。12月に国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)が開かれるはずだった南米チリを目指し、米国を南下中だったが、1日に開催地はスペインの首都マドリードに変更されてしまった。
 ロサンゼルスに滞在中のトゥンベリさんは1日、ツイッターに「違う方向へ地球を半周してしまった」と書き込んだ。「11月中に大西洋を横断しないといけない。誰か方法を見つけてくれたらうれしい」と支援を求めた。  温室効果ガスを大量発生させる航空機を忌避し、9月の「気候行動サミット」のため、欧州からニューヨークへはヨットで来た。電車や電気自動車を乗り継いでチリへ向かうはずだったが、想定外の事態に直面している。
スウェーデンの活動家のグレタ・トゥンベリが、気候変動枠組み条約第二十五回締約国会議の開催地で在るチリを目指して移動してたが、結局開催地がスペインに変更された事で移動手段を絶たれてる状況で在ると報じられた。
ヨサク活動家の手助けで移動してたが、目的が果たされると見捨てられた。
こう云う状況で助けを求める動きを見せてるが、結局は他力本願で動いてたのだから自業自得でも在るのは云う迄も無い。
学校の教育課程を無視して活動に没頭する様な人物で在るのだから、そんな人物が正しいと見るのは極めて危険で、助けを求められても手助けしない事が求められる。
posted by 天野☆翔 at 00:44 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

事実を指摘した事で追い込まれた議員。

* 町議、また韓国への差別的投稿 「注意喚起のつもり」:朝日新聞デジタル
 奈良県安堵(あんど)町の増井敬史町議(61)が自身のフェイスブックに「韓国の強姦(ごうかん)と売春の文化は世界中で既に有名ですね!」(8月)などと投稿していたことがわかった。町に苦情が寄せられたと連絡を受け、10月30日にアカウントごと削除したという。増井氏は「表現に行きすぎがあった」と話している。
 増井氏が取材に明らかにした。増井氏によると、8月の投稿のほか、10月には在日コリアンの生活保護受給について「日本にタカることが目的」などと書き込んだという。増井氏は「注意喚起のつもりだった。不快な思いをした人がいるなら申し訳ない」と話した。議員辞職は否定した。
 増井氏は町議1期目の昨年1月、特定の国会議員を在日コリアンとフェイスブックに書き込み、「股裂きの刑にしてやりたい」などと投稿。これが問題視されて議員辞職したが、今年4月の町議選で当選した。
奈良県安堵町の議員が南朝鮮に対して「強姦と売春の文化は世界中で有名」とする内容を自身のFacebookに投稿した処、苦情が在っってアカウント毎削除したと云う。
又、在日の生活保護に関しては「日本に集る事が目的」とも指摘してた。
こうした事を朝日新聞は報じたが、此れの何処が差別で在るのかと大いに疑問を抱く。
実態としては正しい内容で有り、此れを指摘しても何の問題も無い筈で在る。
警察白書にも記載されてる内容を述べたら差別扱いを受けると云うのは異常で有り、言論弾圧で在るのだ。
こうした事を差別として認めては為らない。
posted by 天野☆翔 at 00:33 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

欲しがりの南朝鮮を無下にするアメリカ。

* 「機密事案、韓国にわたさない」米国が文在寅政権に冷たい視線 | デイリーNKジャパン
韓国では近年、原子力潜水艦を保有すべきとの主張が台頭している。北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発に力を入れており、これを搭載した潜水艦が実戦配備された場合、常時監視と即応体制の強化のため、長期間にわたり水中活動が可能な原潜が必要である、との理屈だ。
文在寅大統領も大統領選挙の候補者だったとき、原潜の必要性に言及している。
韓国左翼の「危険な遊び」
だがどうやら、こうした構想に対する米国の視線は冷たいようだ。
米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米海軍傘下の海洋システムコマンド(NAVSEA)のプログラム分析官であるジェームズ・キャンベル氏は先月28日(現地時間)、ワシントンDCで開かれた不拡散政策教育センター主催の専門家討論会で、韓国の原潜配備推進について「米国は韓国が同盟国だとしても(原潜)技術を渡さないだろう」と語ったという。
「米国の(潜水艦用)原子炉技術は私も接近できないほど、相当にハイレベルな機密事案です。米国は韓国が同盟国であっても、この技術(優位性)を絶対に放棄しないでしょう」(キャンベル氏)
そもそも、果たして北朝鮮の潜水艦に対応するだけのために、本当に原潜が必要なのか。
海洋国で、世界でも米軍に次ぐ対潜能力を有するとされる日本ですら、原潜を持ってはいない。韓国が北のSLBMが脅威だと言うなら、それは日本も同じだ。それでも日本には、原潜の建造計画はない。ディーゼル潜水艦や対潜哨戒機、護衛艦の対潜能力で対処可能だと判断しているからだろう。
文在寅政権はこれに限らず、軍拡志向が強いように見える。軍では軽空母の保有構想も浮上している。日本では左翼と言えば、軍縮を主張するのが普通だが、韓国の進歩派(左派)は逆だ。民族の自立を志向して自主国防を唱え、軍縮に消極的だ。
しかしそれでいて、安保は米国との同盟関係に強く依存している。
それでいながら原潜や空母を欲しがるのは、それらを持つことで周辺国に対して立場を強めたいという、民族派政治家たちの「危険な遊び」に見える。
言うまでもなく、軍事力には強力な経済の裏付けが必要だ。また質の高い外交力がなければ、いくつかの象徴的な軍事装備だけで国の安全を守ることはできない。韓国政府は、身の丈に合わない兵器に食指を伸ばすより先に、もっとやるべきことがあるのではないか。
南朝鮮は北朝鮮等の驚異に備える為に、原子力潜水艦の必要性を訴えて居る。
文在寅も大統領に為る前には此れに言及してた過去が在る。
そんな最中に、アメリカからはこうした動きを警戒し冷めた意識で対応してると云う。
政府系列のラジオ・フリー・アジアでアメリカ軍の情報担当のジェームズ・キャンベル氏は、ワシントンDCで開かれた不拡散政策教育センター主催の専門家討論会で「同盟関係が在ったとしても原子力潜水艦の技術は渡さないだろう」と述べた。
自国で作った潜水艦すらも満足に扱えて無い上に事故も起こしてるのだから、こうした反応をするのは当然の事で在る。
気違いに凶器を渡す様なもので、極めて危険で在るのは云う迄も無い。
posted by 天野☆翔 at 00:25 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする