冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2019年11月17日

WBSCプレミア12で日本初優勝。

* 日本、韓国を下し初優勝 山田が逆転3ラン、鈴木MVP―野球プレミア12:時事ドットコム
 野球の東京五輪予選を兼ねる第2回プレミア12最終日は17日、東京ドームで決勝が行われ、日本代表「侍ジャパン」(2次ラウンド1位)は連覇を狙った韓国(同2位)を5―3で下し、初優勝を果たした。日本が主要国際大会を制したのは2009年のワールド・ベースボール・クラシック以来、10年ぶり。
 日本は一回に先発の山口(巨人)が3失点。その裏に鈴木(広島)の二塁打で1点を返し、二回に山田哲(ヤクルト)の3ランで逆転。七回に浅村(楽天)の適時打で追加点を奪った。大会の最優秀選手(MVP)には鈴木が選ばれた。
 3位決定戦はメキシコ(同3位)がタイブレーク方式の延長十回、3―2で米国(同4位)にサヨナラ勝ちし、今大会の米大陸勢最上位に与えられる東京五輪の出場権を獲得した。メキシコが野球で五輪に出場するのは初めて。 
世界野球ソフトボール連盟主催の国際大会で在るWBSCプレミア12の決勝戦で、我が国は南朝鮮を二点差で下し初優勝を飾った。
世界大会では2009年のワールド・ベースボール・クラシック以来十年振りで在る。
昨日の勝利に引き続き本日も勝利を飾った。
非常に目出度い事で在る。
関係者各位には大変御疲れ様でしたと労を労いたい。
posted by 天野☆翔 at 23:32 | Comment(0) | Sports | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

国民主権を無視する枝野幸男。

* 国民投票法採決、全力で阻止 立憲・枝野氏:時事ドットコム
 立憲民主党の枝野幸男代表は17日、衆院憲法審査会で与党が国民投票法改正案の今週中の採決を目指していることについて「CM規制の話を全く議論していない。ふらちなこと(採決)に出てくるのであれば全力を挙げて阻止する」とけん制した。東京都内で記者団の質問に答えた。
国民投票法の改正案の審議をする衆議院憲法審査会の場で、立憲民主党の枝野幸男はテレビ等の広告規制を巡って此れが議論され無い限り法案成立を全力で阻止すると表明。
未だに入り口論で議論する事も無く空回りしてる上に、国民投票をさせないと云うのなら、其れこそ国民主権の根幹を揺るがす大問題でも在る。
民主主義を愚弄するのも大概にしろと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:26 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

軍事情報包括保護協定の破棄をするなと圧力と聯合ニュース。

* 日米「GSOMIA維持」で韓国に圧力 3カ国国防相会談 | 聯合ニュース
韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は17日午後、タイ・バンコクで、エスパー米国防長官、日本の河野太郎防衛相と韓米日3カ国国防相会談を行った。日米は今月23日午前0時の失効期限が迫る韓日間の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に直接言及しなかったものの、情報共有の重要性を強調し、韓国に圧力をかけた。
 エスパー国防長官は「われわれ皆が共同の目標を達成するため、緊密に協力することが重要だ。これは先を見渡し、中国と北朝鮮が得をする問題を乗り越えることを意味する」と、情報共有の重要性に言及した。GSOMIAの維持を求める米国の立場を改めて強調したものと受け止められる。
 河野防衛相は北朝鮮の核兵器とミサイル破棄で具体的な進展がないと指摘。こうした状況で3カ国間の防衛協力を拡大し、地域の平和と安定を維持するため、あらゆる努力を傾けるべきだと述べた。これもまた、GSOMIAを含む3カ国の安保協力の拡大を強調したと解釈できる。
 鄭長官は「昨今、隣接友邦国である韓日間でも歴史、政治、経済の問題で安保協力において大小の困難に直面している」と述べた。
 韓国国防部は会談後の報道資料で、「3カ国長官は韓米日3カ国が主導する安保協力などが域内の平和と安定を維持することに重要な役割を果たしていると強調し、情報共有と高官級政策協議、合同訓練を含め3カ国の安保協力を拡大することで一致した」と発表した。
 北朝鮮問題については「朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和定着達成に向けた外交的努力の支援について韓米日3カ国が緊密に協力することで一致した。最近の北朝鮮の弾道ミサイル発射に対する各国の評価を共有し、関連動向を引き続き注視することにした」と伝えた。
南朝鮮メディアの聯合ニュースは「日米『GSOMIA維持』で韓国に圧力 3カ国国防相会談」とする記事を掲載し、破棄の決定をした軍事情報包括保護協定の維持をしろと日米が圧力を加えてるとする論調を展開した。
圧力も何も軍事情報包括保護協定の破棄をすれば都合が悪く為るのは南朝鮮で在って、此れを果たして理解してるのかと呆れ果てて開いた口が塞がらない。
情報の途絶は即ち国防の根幹に関わる事案なのだから、北朝鮮引いては支那やロシアの驚異に晒される事に為ると云う事を自覚してるのかと云う事だ。
此処に圧力も何も無く、南朝鮮が現在の自由を謳歌したいなら、共産主義や社会主義に染まる事は断じて認められない筈だ。
何故こうした事を南朝鮮は理解しないのかと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:21 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

東山紀之の不見識。

* 東山紀之、沢尻エリカ容疑者の逮捕に「たかが薬で人生終わって欲しくない」 : スポーツ報知
 少年隊の東山紀之が司会を務める17日放送のテレビ朝日系「サンデーLIVE!!」(日曜・前5時50分)に生出演。合成麻薬MDMAを所持したとして警視庁が16日、麻薬取締法違反の疑いで女優の沢尻エリカ容疑者(33)を逮捕したことに「もったいないね」とコメントした。
 その上で「人気、実力、美貌、全部そろっていて、歴史に残る女優さんになれるはずなのに。たかが薬で人生終わって欲しくないね」と明かしていた。
 警視庁は17日朝、沢尻容疑者を送検した。
テレビ朝日のサンデーLIVE!!内で、沢尻エリカの逮捕を受けて話した内容で「高が薬物で人生終わって欲しく無いね」とする内容に関して、余りにも常識外れで常軌を逸した発言で在る事に驚きを隠せない。
其の「高が薬物」で死傷者を出す事件を起こしたり、人税を棒に振る等してる人物が多数確認してるのにも関わらず、此れを重視せずに「高が薬物」等とは決して云えない筈で在る。
薬物犯罪は社会的な病巣でも有り世界的に撲滅しなければ為らない程の銃犯罪なのに、其れをこうした意見で終わるとは呆れ果てて開いた口が塞がらない。
どう云う意図が在っての発言でも此れは許される事では無い。
posted by 天野☆翔 at 23:15 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

東京新聞が長期政権を批判する。

* 東京新聞:週のはじめに考える 長きを以て貴しとせず:社説・コラム(TOKYO Web)
 安倍晋三首相の通算在職期間が歴代最長になります。「長きを以(もっ)て貴しとせず」ですが、なぜ長期政権を維持できたのか。分析する必要はあります。
 現時点で通算在職期間が最も長いのは明治大正期の桂太郎首相です。三次にわたって通算二千八百八十六日間、首相を務めました。一九〇一(明治三十四)年から一三(大正二)年まで西園寺公望首相と交互に政権を担当した十年余りは「桂園時代」と呼ばれます。
 安倍首相は二十日、その桂首相を抜き、歴代最長となります。
◆通算在職期間が最長に
 安倍氏が最初に首相に就任したのは二〇〇六年九月。戦後最年少で、戦後生まれ初の首相でした。
 しかし、年金記録問題や相次ぐ閣僚不祥事で政権は不安定化し、〇七年参院選で自民党は惨敗します。約一カ月半後、体調悪化を理由に退陣を表明しました。
 政権に復帰したのは五年後の一二年です。その年九月の自民党総裁選で総裁に返り咲き、十二月の衆院選勝利を経て、再び首相に就きました。以後、一四、一七年と二度の衆院解散・総選挙と三度の参院選で勝利し、今に至ります。
 連続二期六年までしか認められていなかった党総裁任期も、安倍氏の二期目途中に連続三期九年とする党則改正が行われました。
 総裁任期を全うすれば二一年九月まで首相を務め、歴代最長記録を更新し続けます。
 かつての竹下登首相は「歌手一年、総理二年の使い捨て」と嘆きました。第一次内閣の安倍首相退陣後はしばらく約一年での首相交代が続きました。そうした中、安倍氏はなぜ、これほど長く首相を続けられるのでしょうか。
 最も大きな理由として挙げられるのは、安倍首相に交代を迫るような圧力が、自民党内部にも、野党の側にも存在しないことです。
◆首相交代の緊張感なく
 安倍首相は違憲とされた「集団的自衛権の行使」を一転容認。安全保障関連法や特定秘密保護法など国民の反対が強い法律の成立を強行しました。成長重視の経済政策も十分な成果は出ていません。公的行事である「桜を見る会」の私物化も明らかになりました。
 政権が失政をした場合、野党に政権担当の準備があり、首相にふさわしい指導者がいれば、政権交代が起こります。〇九年の民主党への政権交代や一二年の自民党の政権復帰はそれに当たります。
 野党に政権が移らなくても、次の首相にふさわしい人物が自民党内にいれば総裁・首相が代わります。「疑似政権交代」です。自民党は一九五五年の結党以来、そうして政権を維持してきたのです。
 共同通信が十月下旬に行った最新世論調査では、安倍内閣を支持する理由に「ほかに適当な人がいない」を挙げた人が最も多く49・6%に達します。次が「外交に期待できる」の13・3%ですから後継不在の深刻さがうかがえます。政権運営が強引でも、安倍氏に代わる人材が見当たらず、消極的な支持で安倍政権が続く構図です。
 では、どうしてそうなってしまったのか。それは「平成の政治改革」と無縁ではありません。
 かつての五五年体制下では政権が野党に移る緊張感がなく、金権腐敗が自民党で横行しました。ロッキードやリクルート、東京佐川急便事件などの汚職事件です。
 衆院小選挙区制導入は政党・政策本位の制度への移行で政権交代可能な状況をつくり出し、政治に緊張感を生み、腐敗をなくすのが狙いです。政党交付金制度も無理なカネ集めをやめ、企業などとの癒着を断ち切るためでした。
 こうした一連の政治改革で、昭和から平成初期に起きていた大型疑獄事件は鳴りをひそめています。政治改革の「成果」と言えなくもありません。
 一方で、政権中枢への過度の権力集中という「副作用」も生みました。選挙での公認や政治資金の配分など議員の政治生命を左右する権限を首相を頂点とする権力中枢が握ることになったからです。
 その結果起きたことは、首相らの意向に過度に配慮する忖度(そんたく)政治であり、財務官僚が公文書を偽造する統治機構の根腐れです。
◆権力集中の弊害随所に
 安倍氏自身、第一次内閣の反省に立って政権を運営していると言いますが、政権は長ければいいというわけではありません。
 頻繁な首相交代は、政治の安定性を損なうとはいえ、長期政権には必ずひずみが出ます。政治腐敗の温床になり、時には独裁政治に至ることもあります。
 腐敗や独裁を防ぎ、政治に緊張感を与えるためには、適度な権力の交代が必要です。それを阻む要因が「平成の政治改革」にあるとしたら、その「弊害」をなくすことも必要です。歴代最長政権を生み出した構造的な問題にも、冷静に目を向ける時に来ています。
社説で「長きを以て貴しとせず」として、安倍内閣が長期政権として成立してる事と、安倍晋三内閣総理大臣の在任期間が戦後最長に為る事を引き合いに出して、長期政権は悪玉だとして此れを決め付ける記事を掲載した。
国外では十年以上の長期政権は当たり前の様に存在するし、此等が全て悪いと云う事でも無い。
にも関わらず我が国の事だけは例外とでも云いたいのかは不明だが、此れを叩くのは完全に二枚舌でしか無い。
健全な意味での政権交代なら国民は否定はしないが、其の交代すべき政党が極めて愚劣で醜悪なのだから国民は此れを拒否するのだ。
此等の事案を背景に鑑みた場合、長期政権を由とするのは、如何に現在の野党共が無能で在るかを物語ってるのだ。
東京新聞は政権を批判する前に、こうした無能な野党共の尻を叩けと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 15:59 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

業務妨害を画策する枝野幸男。

* 桜を見る会問題 枝野氏 ホテル側の国会招致も
 桜を見る会を巡る問題について、立憲民主党の枝野代表はBS朝日の番組収録で安倍総理大臣が開いた前夜祭の会場となったホテルの担当者の国会招致を求める考えを示しました。
 立憲民主党・枝野代表:「とにかく国会できちっと証拠付きで、資料付きで説明して頂く。安倍さんの説明を前提にすれば申し訳ないけど、とばっちりのようで。ニューオータニにも国会に参考人で来てもらって説明をして頂くことが当然、必要になってくる」
 また、枝野代表は「野党にできるのは選挙で総理大臣を代えることだ」と述べ、この問題をきっかけに解散・総選挙に追い込む考えを強調しました。
立憲民主党の枝野幸男は、安倍晋三内閣総理大臣主催の桜を見る会に関して、前夜に開催された宴会の見積もり等の予算を引き合いに出して、此の会場に為った担当者の国会招致を求める意識で在る事が判明した。
代議士としてのこうした動きは威力業務妨害で有り、会場側に対して迷惑行為を撒き散らすならば偽計業務妨害に相当する。
肝心の会場側が一連の疑惑を完全否定してるのにも関わらず、此れ以上一体何をしようとしてるのかと厳しく問い質したい。
お前等は政治をする立場なのに政治をしないのなら、国会の構成員足る代議士や国会議員を即刻辞職せよ。
無能な集団に税金が使われる事は国益を毀損するのだ。
posted by 天野☆翔 at 15:50 | Comment(0) | Politics | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

支離滅裂な南朝鮮人。

* ヒートテック10万枚無料イベントに…「ユニクロ不買」も客は増加=韓国 | Joongang Ilbo | 中央日報
「ヒートテック(保温肌着)の謝恩品を受けるには朝から来られなければいけません。オープン後すぐになくなります」(ソウル江西区Aユニクロ店の関係者)
15日昼、ソウル江西区(カンソグ)のユニクロ店には約50人の客が入っていた。平日の昼の時間だが、5つのレジは決済する客の列ができていた。「ヒートテック10万枚無料提供」イベントの初日だった。
ユニクロは割引イベント「冬の感謝祭」を15日から開始すると伝えていた。定期的なイベントだが、人気商品のヒートテック10万枚を無料で贈呈するという点が注目を集めた。購買金額制限もない「無条件贈呈」だ。
◆「肌着で不買運動を乗り越えようと?」 反感相変わらず
破格的なプロモーションに対し、オンライン上では「ボイコットジャパン」を乗り越えようとする動きという反応が出てきた。あるオンラインコミュニティーでは、今回のイベントを知らせる掲示物に「物議をかもしておきながらこれでイメージが良くなるだろうか」 「これで行って買えば日本の放送で嘲弄される」などの否定的なコメントが続いた。
無条件無料だが、色とサイズを消費者が選べないという条件への批判もあった。あるネットユーザーは「サイズがランダム(任意)なら残り物のサイズを何でも配るのではないのか。売れないサイズを処理するようだ」と指摘した。ユニクロ関係者は「XLやSのように客が着ることはできないサイズなら変えている」と説明した。
◆贈呈イベントは大反響
オンラインでは批判が多かったが、売り場では客が確実に増えた。この日、Aユニクロ店が準備したヒートテック約100着はオープンして間もなくすべて贈呈された。ユニクロ店の関係者は「午前10時30分にオープンする前から列ができて、オープン後すぐに贈呈品がなくなった」と伝えた。
服を購入した50代の女性は「寒くなるたびに冬服を買いに来る」とし「どうせならイベントをする時に安く買いたい」と話した。客からイベントに関する問い合わせが続くと、店内放送で謝恩品に関する説明が繰り返された。
Aユニクロ店付近の商人は「もともとユニクロは冬に客が多いが、今年も先月から増え始めた」とし「今日は朝から人が集まっていた」と話した。ユニクロはオンラインでも割引イベント中で、店に入ることに負担を感じている客が集まっている。
昨年夏に始まった不買運動でユニクロは韓国での売り上げに大きい打撃を受けたが、この数カ月間は新しいヒートテックなど人気商品のイベントが続き、売上高が反騰したという。衣類業界の関係者は「ヒートテックやベストなどは人気があり、ある程度は売り上げが回復するだろう」と語った。
不買運動の熱気が冷めるかもしれないという声も出ている。大学生のパクさん(23)は「割引でもなく無料ならまた人が集まるのでは」とし「こうなれば結局はボイコット運動の熱気が冷めるしかないと思う」と話した。
不買心理を刺激する変数が浮上する可能性は残っている。先月、ユニクロ広告の「80年以上も前のことなど覚えていない」という字幕が慰安婦被害者を冒とくしたという批判を受けた。会社員のチェさん(30)は「ユニクロが不買運動の象徴になり、買って着ることに負担を感じる」とし「韓日関係が解決しない限り他のブランドを利用する考え」と語った。
ユニクロが「ヒートテック十万枚無料提供」為る祭事を開催したが、無料配布で在る商品に対してサイズが合わない等と云う苦情が殺到してる状況と云う。
無料ならば文句を云う筋合いは一切無く難癖付けて居るだけに過ぎない。
又、日本製品不買運動展開中で在る筈なのに、何故か客が殺到し買いまくってる実態も明らかに為った。
お前等は自分達が決めた事すらも守れないのかと、其の意識を大いに疑う。
posted by 天野☆翔 at 15:44 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

産經新聞が野党を扱き下ろす。

* 関電→辞任閣僚→英語→桜…野党の追及テーマは「猫の目」 - 産経ニュース
 臨時国会に臨む野党統一会派の追及テーマが猫の目のように変わっている。関西電力役員の金銭授受問題に始まり、辞任した2閣僚の公職選挙法違反疑惑、教育問題と変遷し、最近は首相主催の「桜を見る会」一色だ。臨機応変に手数を繰り出す戦術は一体感の醸成と継続に寄与しているようだが、世論の支持を得られるかは見通せない。
 「最大のテーマは関西電力問題だ」
 立憲民主党の枝野幸男代表は召集直前の10月1日、関電疑惑を論戦の柱に据える考えを示していた。また、文化庁による国際芸術祭への補助金不交付を批判し、「『報道の自由・表現の自由国会』になるかもしれない」とも予見していた。
 しかし、公選法違反疑惑を報じられた2閣僚が相次ぎ辞任するや、野党の関心は安倍晋三首相の「任命責任」に。さらに、英語民間試験に絡み萩生田光一文部科学相の「身の丈」発言が飛び出すと、「教育国会の様相を呈してきた」(立民の安住淳国対委員長)と矛先を変えた。
 一時、国民民主党の森裕子参院議員の質問通告「漏(ろう)洩(えい)」問題にも色気を見せたが、森氏らの官僚や民間人を恫(どう)喝(かつ)するような振る舞いに注目が集まるとトーンダウン。今は「桜を見る会が首相に私物化された」などと批判しており、関電などは幹部の口の端にものぼらなくなった。
 臨機応変に攻撃材料を変える戦術は、国会対策を熟知した安住氏の手腕だとの評価がもっぱらだ。枝野氏は周囲に「相談しなくても自分でうまく回してくれるのでありがたい」と語る。実際、英語民間試験を導入延期に追い込むなど一定の成果は出ている。
 ただ、一連の攻勢は週刊誌報道や共産党の調査に便乗した結果であり、最大の案件である日米貿易協定の審議では政府を攻めあぐねている。与党の国対幹部は「焦点が定まらない。どれも不発だ」と冷ややかに語り、野党統一会派内からは「支持率アップにつながるのか」(関係者)と懐疑的な声も聞こえる。
産経新聞は「関電→辞任閣僚→英語→桜…野党の追及テーマは『猫の目』」とする記事を掲載し、野党の標的が次々に変化して居る事を論い此れを批判する論調を展開した。
何れも全て野党側の自爆に終わるが、こうした一連の事案を見るに付け、単純に国会を空転化させて無意味な時間を浪費したに過ぎない事が改めて浮き彫りに為った。
此れは森友学園問題以後特に顕著で、問題視すべきでは無い事を問題視した結果の事だ。
他にすべき事が山積してるのにも関わらず、此等を放棄して倒閣運動に躍起に為ってたのだから呆れ果てて開いた口が塞がらない。
疑惑だのと大騒ぎしていざ蓋を開けて見れば其の疑惑は明確な根拠も証拠も無く、単純にマスメディアの愚かな報道や記事が根拠で有り証拠も無かったと云うオチを毎回迎えるのだから話に為らない。
こうした無能な野党共をマスメディアは批判することも無く擁護する事も無く、単純に倒閣運動の一環として利用してる姿には恥を知れと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 15:37 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

関口宏の不見識。

* 関口宏、「桜を見る会」の問題で「若い人と話したんだけど、何がいけないんですか?っていう子がけっこういました」 : スポーツ報知
 17日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)で政府が首相主催の「桜を見る会」について来年の開催中止を決めたことを特集した。
 番組では、野党が問題視するのは、会の前日に都内ホテルで開かれた安倍晋三首相の後援会「前夜祭」の夕食会会費が5000円だったと伝え、野党は首相側が差額分を負担した場合は、公職選挙法に抵触する可能性があるとしている。
 今回の問題に司会の関口宏は「ちょっと若い人と話したんだけど、何がいけないんですか?っていう子がけっこういました」と明かし「よくわからないんでしょうね。何に抵触するか」とコメントしていた。
十七日付のTBSの朝のサンデーモーニングの中で、安倍晋三内閣総理大臣主催の桜を見る会を取り上げ、街の声として関口宏は「ちょっと若い人と話したんだけど、何がいけないんですか?っていう子がけっこういました」とした上で、「よくわからないんでしょうね。何に抵触するか」として後援会関係者を招待した事を法律違反として認定した意識で批判した。
然し、実態を精査して行くと公職選挙法には違反する事案では無い事が確認され、他の法律にも何等違反してる事は無かったのだから、関口宏の云う法律に抵触するとは何の法律に違反するのか明確に説明する義務が在るが、此れは一切言及されて無かった。
司会進行役が此処迄言及するならば、其の証拠と根拠を以て説明しなければ為らないが、此の番組は其れ等を一切しない。
極めて卑劣で醜悪な番組で在る。
posted by 天野☆翔 at 15:25 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

北海道新聞が議事録問題で再び批判する。

* 議事録不記載 異論認めぬ政権を象徴:北海道新聞 どうしん電子版
 都合の悪いことは公文書に残そうとしない安倍晋三政権の体質がまたもあらわになった。
 政府は一定以上の収入がある高齢者の年金額を減らす「在職老齢年金制度」について、働く意欲を損なっているとして見直しを検討している。
 経団連の中西宏明会長がこの制度見直しに関し、9月下旬に開かれた政府の全世代型社会保障検討会議の初会合で、政府方針と異なる意見を述べたところ、一部が議事録に記載されなかった。
 政府が設置した会議では、政府方針を追認するケースが多いとは言え、議事録まで都合良く編集するとはあきれる。
 この制度見直しは社会保障改革の目玉の一つでもある。
 官僚らが政権の意向を過度に忖度(そんたく)し、異論を認めない国政の現状を象徴しよう。
 こうした体質は早急に、そして根本的に改める必要がある。
 中西氏は検討会議で、現在の在職老齢年金制度について「経営者から見ると(高齢者の働く)意欲を減退させることはない」と政府の見方に疑問を呈したという。
 現状は賃金と年金を合わせた月収が47万円を上回ると年金は減らされる。すでに収入基準は高く、引き上げても効果がない、との見方は専門家の間にもある。
 しかし、この発言は議事録に記されず「(制度見直しで年金財政が悪化するなど)財源の問題もあるので、慎重に検討した方がいい」とする部分だけが掲載された。
 会議での発言を正確に記すのは、閣僚をはじめ政治家や官僚が負うべき当然の責任だ。
 意図的に編集された記録では、政策決定の事後検証をすることは困難になる。それは許されない。
 さらに問題なのは、野党が求める会議の録音データや速記録について、政府は当初「ない」としていたのに、後に存在が明らかになったことである。
 安倍政権では、南スーダンやイラクへの自衛隊派遣を巡る日報隠蔽(いんぺい)や、森友問題での決裁文書改ざんなど、事実を隠そうとする事案が絶えない。
 首相主催の「桜を見る会」を巡っては、焦点の招待者名簿について、内閣府は「保存期間1年未満の文書」であるとして、開催の翌月に廃棄したと説明している。
 過去の隠蔽問題を鑑みると、保存期間を恣意(しい)的に運用していないか、疑念を抱かざるを得ない。
 公文書管理の厳格化は、安倍政権がなすべき喫緊の課題である。
政府の全世代型社会保障検討会議の初会合の中で、日本経済団体連合会中西宏明会長の発言が議事録に掲載されてないと騒がれた事案を今更持ち出して、此れを批判する記事を社説で掲載した。
当人は問題無しとの認識で在るのにも関わらず、此れを問題視する意識を大いに疑う。
一字一句漏らさず記載するのが議事録の趣旨では無いのにも関わらずだ。
仮に此れが趣旨で在ったとしても、当人が問題無しとした事を外部が騒ぐ事では無いのだ。
他の安倍内閣の事案も同時に事実隠蔽として批判もするが、此等が憲法上も政策上も影響を及ぼしたと云う事実は確認できて居ない。
問題視しなくて良い事を問題視して騒ぐのは、報道機関としては失格で在る。
posted by 天野☆翔 at 15:19 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

プレミア21でも旭日旗を問題視する南朝鮮。

* プレミア12韓日戦で旭日旗登場…KBO「正式に問題提起」 | Joongang Ilbo | 中央日報
プレミア12スーパーラウンド韓日戦で旭日旗が登場した。韓国野球委員会(KBO)は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)に抗議した。
韓国野球代表チームは16日に東京ドームで開かれた2019WBSCプレミア12スーパーラウンドで対戦した。今大会最高の興行カードらしく満員の観衆があふれた。ところが外野席で1人の男性観客が旭日旗を持った姿が見られた。旭日旗は日本軍国主義の象徴で、国際オリンピック委員会(IOC)が2020年の東京五輪で使用を認めて争点に浮上した。日本政府は旭日旗が軍国主義象徴ではなく伝統文化の中で使われてきたと主張している。
KBOは「この問題と関連しWBSCに正式に問題を提起した。WBSCからは『現在紛争状況でなく、IOCでも禁止していない事項で制限することはできない』と説明された」と伝えた。KBOは韓国の国民感情などと関連して説明し、WBSCにこれと関連した問題が発生しないよう配慮してほしいという内容を日本野球機構(NPB)側に伝えることを要請した。KBOによると、WBSCは「NPBと放送局側に問題の素地になるような映像が映らないよう最大限協力を要請したい」と答えた。
我が国と南朝鮮との対決の場で観客席に旭日旗が確認されたとして、南朝鮮メディアの中央日報は南朝鮮野球委員会の対応を紹介し記事化した。
世界野球ソフトボール連盟は国際オリンピック委員会でも禁止事項に無い事は禁止するに値しないと一蹴したが、日本野球機構と放送局に対して配慮する様に要請したいとしたのだと云う。
四年前には何の問題も無かったのに、今更こうした事を問題視する南朝鮮の異常姓を、世界野球ソフトボール連盟は認識した事だろう。
posted by 天野☆翔 at 15:10 | Comment(0) | International | 更新情報をチェックする