冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2015年09月16日

JR東日本施設放火犯が逮捕された。

* 【JR連続不審火】42歳男を威力業務妨害容疑で逮捕 品川変電所被害に関与 一連の不審火との関連捜査(1/2ページ) - 産経ニュース
東京都内のJR施設で不審火が相次いでいる事件で、警視庁捜査1課は15日、品川区の品川変電所敷地内に火のついたペットボトルを投げ込むなどしてJR東日本の業務を妨害したとして、威力業務妨害容疑で東京都武蔵野市の男(42)を逮捕した。一連の不審火では、複数の現場で焼けたペットボトルなどが発見されるなど同一犯による犯行の疑いがあり、捜査1課が男との関連を捜査するとともに、詳しい動機を調べる。
 捜査関係者によると、男は8月23日午後8時ごろ、品川変電所敷地内に火のついたペットボトルを投げ込むなどし、JR東日本に付近の警戒に当たらせるなど、業務を妨害した疑いが持たれている。
 この現場では「男が火のついたペットボトルのようなものを投げ込んだ」とする通報があったほか、帽子をかぶった男が自転車で走り去る様子が周辺の防犯カメラに写っていた。
出火数時間前の同日夕方にも、黄色っぽい帽子に黒っぽい半袖の上着、白っぽいズボンを着た男が防犯カメラに写っており、捜査1課はこの男が通報の男と同一人物で、下見目的で訪れていたとみていた。
 捜査1課は8月16日から9月5日にかけて都内で発生、発覚した計7件について放火の疑いで捜査。複数の現場で、焼けたペットボトルと針金、ティッシュペーパーが一緒に見つかり、これらを使って何者かが犯行を重ねた可能性があるとみて、周辺の防犯カメラの解析などを進めていた。
* 【JR連続不審火】「燃やせ!燃やせ!」HPに過激歌詞 JR西の事故にも言及(1/2ページ) - 産経ニュース
「燃やせ!燃やせ!燃やせ!」。野田伊佐也容疑者は歌とギターの担当として活動していたバンドのホームページで、過激な歌詞を披露していた。
 野田容疑者が作詞を担当したという「ゲリラ」の歌詞は、「政治家が悪政を犯してる」「ヘッドクウォーターを燃やせ」などと主張。都内のライブハウスなどで公演していたとみられ、野田容疑者は「イスラエルと日本のハーフ」と紹介されていた。
 野田容疑者名義のツイッターでは「今週も反原発テント前でムード歌謡」などと反原発の主張への共感を表明し、平成24年1月25日には「JR西前社長の無罪確定へ」と題するJR福知山線脱線事故に関するニュースにも言及。JR西前社長一人の責任を追及するツイートに対し、「構造的な問題なのに」と疑問を投げかけ、ニュースへの関心をうかがわせた。
■容疑者の父親「驚いている」
 野田伊佐也容疑者の父親(75)が16日未明、千葉県内の自宅で産経新聞などの取材に応じ、「どうしてこんなことになってしまったのか驚いている。もし本当なら、何を犯したかよく考えて今後の道を進んでほしい」などと語った。
 一方、東京都武蔵野市の野田容疑者の自宅アパートでは、帽子を深くかぶるなど周囲を警戒している様子が近隣住民に目撃されていた。近くの住民男性によると、野田容疑者は野球帽に革のジャンパー、ジーパン姿が多かった。帽子は深くかぶり、周囲を警戒して歩いていた。8月末には、アパート前で警察官から職務質問を受けていたという。
 アパート上階に住む男性会社員(46)は「平日の昼に見かけるので、何の仕事をしているのか不思議だった」。深夜や早朝の時間帯に、洋楽CDの音が漏れ聞こえることもあったという。
* 【JR連続不審火】「大量に電力消費のJR許せない」 容疑者が複数の不審火への関与認める 自宅からアルコール入り容器を押収(1/2ページ) - 産経ニュース
東京都内のJR施設で8月以降相次いだ不審火で、品川区の品川変電所敷地内のケーブル付近に火を付けてJR東日本の業務を妨害したとして、威力業務妨害容疑で逮捕された自称ミュージシャン、野田伊佐也(いざや)容疑者(42)=武蔵野市吉祥寺東町=が、同変電所以外の複数の不審火について関与を認め、「大量に電力を消費するJRが許せなかった」と供述していることが16日、捜査関係者への取材で分かった。これまで事件性が低いとみられていた立川市内の不審火も含まれ、被害件数は拡大する見通しだ。
 自宅アパートからアルコールが入った容器が複数押収されていたことも判明。警視庁捜査1課は一連の不審火と野田容疑者の関連を調べるとともに、8月以前にも把握されていない被害があった可能性があるとみて、裏付けを進める。
 捜査1課はこれまで、8月16日から9月5日にかけて都内で発生、発覚した計7件について放火の疑いがあるとみて捜査。8月18日夜に立川市のJR中央線の高架下で発生したケーブル火災については、電気系統のトラブルの可能性があり、事件性は低いとみていた。だが捜査関係者によると、野田容疑者は同市の被害を含めた複数の不審火に関与を認めたという。
自宅アパートからは市販のものとみられるアルコール入りの容器が複数見つかった。一連の不審火では、複数の現場で焼けたペットボトルやティッシュペーパーなどが一緒に見つかっており、一部のペットボトルには液体が残っていた。何らかの可燃性の液体をペットボトルに入れるなどして火がつけられた疑いがあり、捜査1課が残った液体の成分鑑定を進めている。
 また、野田容疑者が利用していたとみられるインターネット上の写真共有サイトには、都内の線路の滑車の上に液体入りのペットボトルが置かれた画像など、不審火への関与を示唆する画像が複数投稿されており、捜査1課が関連を調べる。
* 【JR連続不審火】定職就かず、月20万仕送り受け…反原発、政治にも興味 父親「なぜこんなことに」 - 産経ニュース
「表現だとしたら音楽でもできる。芸術家なら作品で訴えるべきだ。なぜこんなことになってしまったのか」。野田伊佐也容疑者の父親(75)は16日、産経新聞などの取材に憔悴(しょうすい)した様子で語った。
 野田容疑者は大学卒業後、一度も定職には就かなかった。「好きな音楽をするために親としてできることをしたかった」(父親)と、月20万円を仕送り。JRへの不満などは聞いたことがなかったが東日本大震災以降、「原発は危険」などと語るようになった。政治に興味があり、反原発のデモにも参加していた。
 野田容疑者とバンド活動を通じて知り合ったという飲食店店長の男性(40)は、「いつもデモに参加したあとにうちの店に来ていた。チラシを自作するなど熱心に活動していたようだが、店の客に興味を示す人はおらず、1人ぼっちだった」と話した。
結局は社会不適合者で過激思想の犯人だったと云う事で決着が付きました。
常日頃から危険な思想で生活し、半社会的な活動の結果、今回の事件を引き起こした。
動機の中で「大量に電力を消費する事が許せない」と有るが、公共交通機関と云う役割を一切考えないで、自己満足の為に交通機関を利用する人々の安全に意識が向かないと云う事。
電力の案件を持ち出すならば、大規模に電力を消費するパチンコやスロットの方に意識が向かないと云う偏狭性。
全てが幼稚な大人が引き起こした事件で在った。
posted by 天野☆翔 at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]


この記事へのトラックバック