冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2015年09月16日

梯子を外された枝野幸男。

* 【緊迫・安保法案】国会前デモ 枝野氏「集まっていただきありがとうございます」に参加者「お前のためじゃない」(1/2ページ) - 産経ニュース
安全保障関連法案に関する参院審議が大詰めを迎えた16日夕方。東京・永田町の国会議事堂周辺には同法案に反対するグループが抗議活動を行った。
 デモ集会に参加した民主党の枝野幸男幹事長はマイクを通し、「立憲主義と民主主義を守るためにこうして集まっていただいている。ありがとうございます」と感謝を述べた。
 しかし、集会参加者からすかさず「お前のためじゃないぞ」との声も上がる。
 安保関連法案への反対で結集するデモの参加者たちだが、政治信条や支持政党では異なることも多いようだ。
 また枝野氏は、「まともな国民の声がまともに通じる、まともな議会にしていくために私たちは最後までがんばります」と指摘。安全保障関連法の反対者が“まとも”で、衆参両院で最も議員数が多い自民党を選挙を選んだ有権者が“まとも”ではないと切り捨てるかのような過激な演説で、周囲を盛り上げた。
 社民党の吉田忠智党首は「国民の反対の声は広がっている」と語気を強め、「粘り強い行動で私たちは勇気と元気をいただいて行動している」と集会参加者との一体感を訴えた。
吉田氏は「これからが正念場。私たちも国会でがんばります。頑張りましょう」と演説を締めくくった。
 一方、国会議事堂正面周辺に集まった一部の参加者の怒りは警察官にも向かっていた。
 安全確保のために横断歩道の歩行を規制していた警察官に対し、法案反対でなく、「通せ!通せ!」とシュプレヒコールが繰り返された。
 「信号を渡らせろ!」「信号は青だぞ。過剰警備はやめろ!」「警察は憲法違反はやめろ!」
 横断歩道手前の密集地帯から警察官に浴びせられる批判は長く続いた。
 警察官が集会参加者の安全を守るため、集会の数時間前からフェンスなどを並べて事故が起きないよう準備していることは、一部の集会参加者には伝わらなかったようだ。
違法な国会前デモの参加者の圧倒的多数は中核派と日本共産党支持者なのだから、民主党を支持してると云うのは大きな間違いで、思い込みで賛同してくれてると勘違いした枝野幸男は大恥を掻きました。
非常に滑稽で有る。
又、コノデモに参加した連中は、周囲との安全を再優先にする警察官の対応に思いを馳せる事も無く、自己主張だけをするのだから、基本中の基本すらも全く意識して無い連中なのだと云う事も判明した事でしょう。
結局は本当の意味で安全保障を考えないと云う集団なのです。
posted by 天野☆翔 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]


この記事へのトラックバック