冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2015年09月18日

参議院平和安全法制特別委員会での採決の妨害へ苦言。

* 【緊迫・安保法案】菅官房長官「レッテル貼られた」 安保法案の理解不足 「一部野党の審議妨害は残念」 - 産経ニュース
菅義偉官房長官は18日午前の記者会見で、安全保障関連法案に対する国民の理解が十分に広がっていない現状に関し「国会審議でできるだけ丁寧に説明したが、レッテルを貼られた部分があった。法案が成立した暁には、国民に誤解されないよう説明したい」と述べた。
 与党が17日の参院平和安全法制特別委員会で採決したことには「10党のうち(野党を含む)5党が法案に賛成しており、強行採決でないことは明々白々だ」と指摘。「一部野党が物理的に審議を妨害したのは極めて残念だ」と述べた。
* 【緊迫・安保法案】自民・谷垣氏「強行採決の中で一番ラフだった」 野党の“ダイビング攻撃”などを痛烈に批判 - 産経ニュース
自民党の谷垣禎一幹事長は18日午前の記者会見で、混乱した参院平和安全法制特別委員会での安全保障関連法案の採決について「やや、ややですよ、そのあたりが、今まで私が国会議員になってから、いわゆる強行採決の中で一番ラフ(荒い)だった。いささか問題ありと思う」と述べ、野党の対応を厳しく批判した。
 特別委の17日夕の法案採決は、採決を阻もうとする野党議員が鴻池祥肇委員長めがけて“ダイビング攻撃”を仕掛けたり、議事進行に必要な書類を無理やり奪おうとしたりして、大きく混乱した。谷垣氏は「物理的なフィジカルな力を使うとなると『言論の府』としていかがかと思う」と皮肉った。
菅義偉官房長官や谷垣禎一幹事長の言い分は尤もで、至極真っ当な発言です。
理事会での物理的人的バリケードは言わずもがな、採決の場での暴力とマイク等の破壊行為は、議会の場としての公道としては絶対に許しては為らず言語道断で、認めては行けないのだ。
此の妨害での主役は民主党。
断じて許すまじ。
posted by 天野☆翔 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]


この記事へのトラックバック