冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2015年09月18日

松井一郎大阪府知事が民主党に苦言を呈す。

* 【緊迫・安保法案】松井知事「パフォーマンス、民主は対案も何もない」痛烈批判 - 産経WEST
大阪維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事は18日、17日の参院平和安全法制特別委員会で、安全保障関連法案が与党などの賛成多数で可決されたことについて「強行採決でも何でもない」と述べた。府庁で記者団の質問に答えた。
 松井氏は、安保関連法案に関し「十分な時間を取って審議はされたと思う」との認識を示した上で、「中身が国民の皆さんに伝わらないのは、民主党が対案も何も出さなかったからだ」として、法案をめぐる民主党の対応を批判した。
 また、野党側が衆院に内閣不信任決議案を提出することについては「まさに自分たちの存在意義のアピール、パフォーマンスでしかない」と非難。維新の党が出した対案が十分議論されなかったと指摘しながらも、安倍内閣の審議の進め方は「不信任にはあたらない」との考えを強調した。
* 【緊迫・安保法案】松井知事「民主党は反対、反対だけ。強行でも何でもない」とバッサリ(1/2ページ) - 産経ニュース
大阪維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事が18日、安全保障関連法案をめぐる国会のドタバタ劇に関して、記者団に語った発言の要旨は次の通り。

−−安保法案が参院特別委で可決された。野党が提出方針の安倍晋三内閣不信任決議案について、どう考えるか
 松井氏「野党の内閣不信任案というのは、もうまさに自分たちの存在意義のアピール。パフォーマンスでしかないと思います。だって通らないんですから。
 僕も今の政府案は反対です。幅が広すぎる。もっと幅を狭めるべきだ。だから維新の党案を対案として提案したわけです。今の幅広の安保法制を絞り込むためには、次の総選挙で現在の与党を過半数割れに追い込むしか方法はありません。
 ここまでくれば、国会の議論の中で、維新対案もしっかり調整して、少しでも政府案を維新案に近づけてくるのが、維新の国会議員の仕事だった。それができなかった。できなければ、それは法律を成立させた政府・与党の責任ですから、それをもって次の選挙で、有権者の皆さんがどう判断をするかということです。
 国会は会期が終わるたびに、野党が不信任をだすセレモニーになっているのは、時間と経費の、経費といっても国民の税ですから、無駄づかいだと思います」
−−安倍内閣の今回の審議の進め方は不信任にあたらないか
 松井氏「あたりません」
 −−17日の特別委の強行採決とみるか
 松井氏「強行でもなんでもないでしょ。衆院で可決成立したあと、参院のね。まあ、答えありきでしたけど、十分な時間はとって審議はされたと思います。中身が国民の皆さんに伝わらないのは、民主党が対案も何も出さなかったからだ。民主党は、どうするんや、というのがないんです。単に政府案に反対、反対だけで。だから中身が分からない。
 2つを並べて『どちらにしますか?』と問わないとなかなか中身について国民の理解は深まりません。今回、維新案を政府案と比べて『どちらなんですか?』と、もっと話すべきだった。国対政治の中で、維新案の中身を十分に議論できなかった。メディアの皆さんに取り上げられなかった。このことが国民の皆さんに理解が深まらなかった原因だと思う」
正しく正論で、早々に対案でも独自案でも何でも良いが、民主党としての見解を示した法案の提出をすべきだったのにも関わらず、終盤に成って行動するのは完全に後出しジャンケンで、而も最後迄身内で揉めると云う実態を曝した。
更に必死の抵抗で様々な決議案を出すのは時間の無駄と云うのも正論。
負け犬の遠吠えなのは間違いの無い事実です。
然し、一方で与党政府にも苦言を呈して居て、議会進行に言及した。
とは云え、民主主義に拠って選出された国会議員や代議士の元で、議会運営される議会制民主主義に於いての議会運営には全く問題が無かった事に言及したのは立派としか云い様の無い事実です。
posted by 天野☆翔 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]


この記事へのトラックバック