冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2015年09月24日

STAP細胞は存在しない最終報告。

* STAP細胞、ハーバード大も「作れず」 7チームが133回実験 - 産経WEST
STAP(スタップ)細胞論文の共著者、チャールズ・バカンティ教授が所属する米ハーバード大など7つの研究チームが「細胞作製を試みたが、できなかった」とする研究報告をまとめ、英科学誌ネイチャーに23日発表した。合計で133回試みたが全て失敗に終わったという。
 ネイチャーは論説記事の中で「多くの研究者が参加した結果、STAP細胞は再現できないことが分かった」とコメントした。
 研究に参加したのは、ハーバード大のチームや中国・北京大、イスラエル・ワイツマン科学研究所など。バカンティ教授の研究室や共著者の一部も協力した。 理化学研究所も同じ日付のネイチャー誌に「STAP細胞は胚性幹細胞(ES細胞)が混入したものだ」とする論文を発表した。
再現手順等を踏まえた上での制作過程全てに於いて、STAP細胞の生成は不可能との最終報告が上がりました。
此の案件で、存在すると強気で対応した理化学研究所の関係者は全員、何等かの処分を課す必要が有ります。
又、小保方晴子を散々持ち上げたマスメディアは、此の扱いで猛省を促すと共に、連帯責任を取る必要が有る。
日本の科学技術を貶めた責任は極めて大きいのです。
posted by 天野☆翔 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Technology/Science | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]


この記事へのトラックバック