冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2015年09月29日

高知県労働組合総連合は恥を知れ。

* 関係あるの?「安保法成立でリスク高まる」自衛隊コース設置の私立高に申し入れ…高知県労連 - 産経WEST
高知県労連などは29日、平成28年度から「自衛隊コース」を新設する私立高知中央高(高知市)に、コース設置の見直しを書面で申し入れたと発表した。28日付で郵送。安全保障関連法が成立し、自衛隊員のリスクが格段に高まり「単なる『就職先』ではなくなった」と指摘している。
 申し入れ書では、安保法によって、自衛隊が他国防衛や後方支援で海外に出向き、戦闘行為に巻き込まれる危険性があると強調。「教え子を再び戦場に送らない」という戦後教育の原点に立ち返り、再考してほしいと要望している。
 同校によると、普通科に設ける自衛隊コースは、自衛官にふさわしい人材の育成を目標とし、週6時間分の授業を銃剣道と現役、OBの自衛官らが講師を務める座学に充てるという。
自衛隊を単純に就職先としか考えて無いと云う呆れた根拠で、私立高知中央高等学校に対して申し入れをするとは何事か。
戦後教育の方針は大いに結構だが、此の方針で国防が疎かに成っては何も為らないのです。
教育課程の結果、卒業生が実際に自衛隊に入隊するのかの判断は、其の学生の主体性に任せられるのです。
自動的に自衛隊入隊に為る訳は一切無いのです。
高知県労働組合総連合の学生を見下す意識は絶対に許しては為らない。
posted by 天野☆翔 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Society | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]


この記事へのトラックバック