冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2015年09月30日

TBSが放送法で妄言と世迷い言。

* 安保報道「われわれは公平・公正と思っている」 TBS社長 - 産経ニュース
TBSの武田信二社長は30日の定例会見で、安全保障関連法案をめぐる同局の一連の報道について、「安保法制の議論は国論を二分している。法案が通っても、まだ疑問に思っていたり、『説明が足りない』と思ったりしている人が多いのは間違いない。弊社(TBS)の報道が『一方に偏っていた』というご指摘があることも存じ上げているが、われわれは公平・公正に報道していると思っている」と述べた。
 公平・公正な番組作りのために心掛けていることについて、武田社長は「いろいろな報道番組を放送しているが、それぞれのスタッフやキャスターが議論を重ねている。賛成派も反対派もいる上で、どういう報道をすべきかを(制作陣が)考えてやっているものだと私は信じている」と強調した。
 放送法はテレビ局に対し、「政治的公平」や「意見が対立している問題について、できるだけ多くの角度から論点を明らかにする」ことを義務付けている。
放送法の順守で報道をして居るとの見解だが、明らかに放送法に違反してるのは間違いの無い事実で、何を世迷い言を曰ってるのだと云いたいですね。
安全保障関連法の成立に至る過程での報道は完全に捏造歪曲偏向報道で、反対の立場を顕示しての報道姿勢が殆どで、賛成の立場からの意見は一割以下でしか無かったのは事実です。
殊に「報道特集」と「サンデーモーニング」は完全に此の姿勢で、過去を振り返って見ると、特定秘密保護法の頃も、事実無根の内容しか報道して居ませんでした。
国会機密を一般人が知る事は無いのは世界中の常識で有るのにも関わらず、知る権利を盾に振り翳し法案成立を阻止の動きでの報道しかして無かった事はどう説明付けるのか問い質したい。
TBSの見解に基づく説明は一切の根拠が無く、完全に言い逃れの詭弁です。
posted by 天野☆翔 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]


この記事へのトラックバック