冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2016年05月06日

平成二十八年熊本地震被災地で集団食中毒。

* 【熊本地震】集団食中毒か 熊本市の避難者体調不良、搬送23人に - 産経WEST
熊本地震の避難所となっている熊本市中央区の市立城東小で、避難者が相次いで体調不良を訴えた問題で、小学生を含む23人が嘔吐(おうと)や腹痛などの症状を発症し、救急搬送されていたことが6日、市消防局などへの取材でわかった。
 同じ食事を取っていたとの情報があり、集団食中毒の可能性がある。市保健所が原因を調べている。
 市消防局によると、救急搬送された23人は、6歳ぐらいから80代で、うち未成年は16人だった。女性が16人、男性7人。
 6日午後3時25分ごろ、避難者が嘔吐していると119番があり、相次いで病院へ運ばれた。うち18人は自力で歩けないなど、症状がやや重く、現場で点滴などの処置をとった。
 城東小には6日午後の時点で計60人が避難していた。学校関係者によると、学校職員が避難所の消毒をした。大西一史市長は報道陣に「以前から注意喚起をしてきたが、梅雨時期に向け、衛生管理を続けていきたい」と話した。
避難所での発生と云う事だが、此の現場で提供された食事の内容は記事からは不明ですが、弁当で在る場合は原因が特定可能かとも思うが、避難所の現場での衛生管理も大きく問われます。
一方、炊き出しだった場合は、通常の提供過程とは大きく異成り、食品衛生上の問題や責任者の所在等、問題を深刻化させる要因が多いです。
入梅目前でこう云う事が発生する懸念は時期的に在ったが、此れからが正念場に成るでしょう。
避難所での徹底的な衛生管理は当然としても、提供する側の問題は更に責任重大でも在る。
行政は此処を真摯に受け止め、様々な方策で解決すべきです。
posted by 天野☆翔 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Heavenly body | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]


この記事へのトラックバック