冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年04月19日

南朝鮮が連合国海洋法条約を違反。

* 韓国が竹島周辺の日本のEEZで海洋調査 外務省が抗議 - 産経ニュース
韓国が不法占拠を続ける竹島(島根県隠岐の島町)周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、韓国が1月に日本の同意を得ず海洋調査を実施していたことが19日、分かった。自民党の会合で外務省が明らかにした。
 国連海洋法条約はEEZでの海洋調査に関し、沿岸国の同意を得て実施するよう定めている。韓国は昨年に2回、10年ぶりとなる竹島周辺の日本のEEZ内での海洋調査を行っていた。
 海上保安庁によると、1月4日、竹島の北約30キロで韓国籍の海洋調査船がワイヤのようなものを曳航しているのを海保の巡視船が確認し、無線で中止を求めた。外務省は外交ルートを通じて韓国側に抗議した。
竹島の近海で南朝鮮が連合国海洋法条約を無視して、海洋調査をしてた実態が発覚しました。
条約は国内法を上回るので、批准した国歌は順守しなければ為らないのに、此れを無視して平然と海洋調査を実行した。
日本政府は抗議したが当たり前の事で、条約すらも守れない国は国際的に爪弾きされます。
此の海洋調査の案件だけでは無く、そもそもの問題として竹島を略奪簒奪したのだから、此れこそ違法行為で在ると云う事を自覚し理解して、竹島を全面返還せよ。
posted by 天野☆翔 at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | International | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]


この記事へのトラックバック