冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年04月20日

松山市が中学生派遣事業中止。

* 「慰安婦像設置」の韓国に中学生派遣中止…「市民の理解が得られないと判断」 松山市(1/2ページ) - 産経WEST
松山市は20日までに、今年7月に予定していた友好都市・韓国平沢市への中学生派遣事業を中止する方針を決めた。平成18(2006)年度から続けてきたが、平沢市の市有地に慰安婦問題を象徴する少女像が3月に設置されたことなどを挙げ「派遣に市民の理解が得られないと判断した」としている。
■鳩山元首相“土下座”無意味…友好10年、裏切られた
 松山市は国際的な人材育成を目的に、感染症が広がるなどした年を除き、18年度から毎年、市内の中学生約10人を約7日間派遣してきた。市観光・国際交流課によると、少女像は中学生が派遣事業で訪れる「平沢市青少年文化センター」の前に設置された。
同課は朴槿恵(パク・クネ)前大統領の罷免などに伴い大規模デモが頻発するなど、国内情勢が不安定という点なども考慮して中止を決めたとしている。平沢市には既に中止決定を伝達し、「考えは理解した」との回答を得たという。
中学生派遣事業の具体的な中身は不明だが、慰安婦問題を引き合いにして中止方針を示したが、此の案件以前に南朝鮮は休戦中とは云え立派に戦時下に在るのです。
こう云う意識が無いのには呆れ果てて開いた口が塞がらない。
戦時下に在る国に子供を送り出そうと云うのは誰もが反対します。
子供の親も含めて認識が極めて甘いですね。
posted by 天野☆翔 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449191596
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック