冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年04月20日

中川俊直問題を蓮舫が批判。

* 民進・蓮舫代表、不倫の中川俊直氏をバッサリ 「議員以前に人としておかしい」と議員辞職要求 - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表は20日の記者会見で、週刊誌で女性問題を報じられ経済産業政務官を辞任した自民党の中川俊直衆院議員について「国会議員以前に人としておかしい。政務官を辞任しただけで終わらせる話ではない」と述べ、議員辞職すべきだとの考えを示した。
 「多くの女性や、女性ならずとも心を持っている人ならば、この人が議員として国民を代弁できる立場にあるとはとても思えないという考えを抱くだろう」とも述べた。
* 【蓮舫民進党代表会見詳報】「自民党には奥さまが出産で里帰りしている間に不倫してお辞めになられたという前例もある」 中川俊直氏の女性問題で(1/3ページ) - 産経ニュース
民進党の蓮舫代表が20日の記者会見で、女性問題で経済産業政務官を辞任した自民党の中川俊直衆院議員を徹底批判した。会見の詳報は次の通り。

 「世耕(弘成)経産相の政務官であられた中川さん。重婚、ストーカー疑惑ですか。これが一部週刊誌で報道された。本当なんでしょうか。報道の中には、奥さまががんで闘病中という記述もあった。これも本当なんでしょうか。結婚式を挙げたという写真があった。これはどういうことなのか。あるいはストーカー疑惑で警察から職務質問されたという記述もあった。本当なんでしょうか」
 「国会議員という以前に、人として私はおかしいと率直に申し上げざるを得ない。フェイスブックのコメントだけで、きれいごとだけで、そして政務官を辞任しただけで終わらせる話ではないと重要視している。自民党には奥さまが出産で里帰りしている間に不倫をされてお辞めになられたという前例もあるから、そういう前例をよく考えていただいて、自ら判断されるべき事態だと思っている」
「あわせてこの問題で今日、参院で予定されていた原賠法の審議、経産委員会が飛ぶことになった。国会にも重大な影響が出ていることを政府・与党、自民党・公明党は重く重く受け止めるべきだと強く申し上げたいと思う」
 −−中川前政務官は辞任に値するか。当選2回の若手議員の不祥事が止まらないが、自民党の体質についてどう思うか
 「他党の議員だからそれを束ねて私が評価する立場にはない。ただ、中川議員の今回行われたと報道される内容については、多くの女性、あるいは女性ならずとも心を持っている人であれば、この人が議員として国民を代弁できる立場にとてもあるとは思えないと、そういう考えを抱くと思う」
 −−中川氏の件で参院の審議が進んでいない。公で悪いことはしていない。私のことなのになぜ応じないのか
「たぶん言わんとしていることは分かるのだが、今、参院経産委員会でかかっている法案は原賠法だ。これはまさに中川政務官が直接携わっていた法案の内容だ。当然答える義務もあると思って、われわれは質問の準備等も進めてきたし、特に担当相の失言・放言等もあったから、本会議登壇ものに格上げしてやはり中身をしっかり、復興に資するものかどうなのかの審議をしようとしていた矢先、何の説明もないままに辞任された」
 「その説明が全くないままにこの法案の審議に入るというのは、やはりわれわれとしては納得はできない。私において、おそらく問題があって辞めさせられたのか、それとも公務において何かしらの担当的にふさわしくないという判断を大臣がされたのかも含めて、やはり説明は受けさせていただきたいという理解だ」
其の主張は一見立派に見えるが、果たして批判出来る立場なのかと云う事です。
政権担当当時の細野豪志の案件は批判されましたか。
記憶が確かなら批判した事は無かった筈です。
本人の責任の取り方は本人並びに自由民主党に任せるのが筋で、此の事案を引き合いにして参議院の経済産業委員会を流会にさせる程の重大な案件だったのかと。
其れ以前に自分自身の多重国籍の説明責任が一切果たされて無い状況では、何を主張しても説得力は有りません。
posted by 天野☆翔 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Politics | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449192293
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック