冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年05月16日

ヤマハ音楽振興会が日本音楽著作権協会を提訴へ。

* ヤマハ、音楽教室の著作権めぐりJASRACを提訴へ  - 産経ニュース
音楽教室を運営するヤマハ音楽振興会(東京都)は16日、日本音楽著作権協会(JASRAC)が楽器教室から楽曲の演奏に伴う著作権使用料を徴収する方針を示したことに対し、「音楽教育を目的とした教室での演奏には、著作権が及ばない」として、支払い義務がないことの確認を求める訴訟を7月にも東京地裁に起こすと明らかにした。
 JASRACは来年1月からの徴収開始を目指し、ヤマハ音楽振興会など各社に、使用料を年間受講料収入の2・5%とする規定案を提示し、7月に文化庁に提出する予定だ。これに対し、教室を運営する各社は「教室での演奏は著作権の対象となる、公衆に聴かせることが目的ではない」とした上、「著作権使用料が生徒に転嫁されてレッスン料が高くなると、生徒が減少する恐れがあり、音楽文化の発展を阻害する」と反発している。
著作権法にも明記の無い音楽学校での著作権料の支払いを求める動きに対して、ヤマハ音楽振興会は日本音楽著作権協会を相手取り提訴する方針を固めました。
音楽学校での教育内容から著作権が発生仕得る楽曲の確認をどうするのかの問題も残されてる中で、著作権料を徴収しようとする日本音楽著作権協会の動きを牽制する形で提訴に踏み切るのは非常に良い傾向と考えます。
提訴の結果司法はどう判断するのか要注目です。
posted by 天野☆翔 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449951378
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック