冥庵】 管理人:天野 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2017年08月12日

日航機墜落事故から三十二年目。

* 日航機墜落事故から32年、御巣鷹に慰霊登山 遺族や関係者が犠牲者520人悼む - 産経ニュース
乗客乗員520人が亡くなった昭和60年の日航ジャンボ機墜落事故から12日で32年となり、遺族や関係者が墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」に慰霊登山し、犠牲者を悼んだ。
 遺族にとって三十三回忌の節目の年。久しぶりに訪れる人や、今後も登山を続けると決意を新たにする人がいた。高齢化が進んで体力の不安を抱える遺族も多く、つえを頼りに歩く姿が見られた。
 夏空の下、遺族らは午前10時半ごろから墜落地点に建てられた「昇魂之碑」の前で黙祷。子供たちがシャボン玉を飛ばすと涙を流す人もいた。「安全の鐘」を鳴らして事故の再発防止を祈願した。
 午後には日航の植木義晴社長(64)も尾根に登って献花した。夕には麓にある「慰霊の園」で追悼慰霊式が開かれる。
近代航空機史上最悪の事故と成った日航機墜落事故から本日で三十二年目を迎えました。
犠牲に遭われた皆々様方には謹んで心から哀悼の念を表し御祈り申し上げます。
御遺族関係者の皆々様方には、謹んで心から御悔みと御見舞いを申し上げます。
此の事故を受けて管制や機体自体には様々な工夫が凝らされ、事故を防止する対策が講じられたが、其の後の航空機を取り巻く環境では事故は継続して発生。
改めて、此の事故の教訓を世界中で共有したい。
posted by 天野☆翔 at 19:16 | Comment(0) | Affairs/Accident | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]