冥庵】 管理人:天野☆翔 独断と偏見に拠るWeblog。* Twitter
サイト更新履歴・日記・サイト宣伝厳禁!!
掲示板>[サイト所持板][サイト未所持板][宣伝板]

banner Firefoxバナー Thunderbirdバナー SeaMonkeyバナー

2018年06月14日

達被害者問題で馬鹿発言。

* 拉致被害者が死亡していたらどうするのかと口にした中西教授 | 新党憲法9条
米朝首脳会談の評価をめぐる有識者の座談会が花盛りだ。
 その一つであるきょう6月14日の毎日新聞「米朝首脳会談 識者座談会」で、京都大大学院教授の中西寛氏が拉致問題に関するくだりでこう語っていたのを見つけた。
 「・・・北朝鮮を信用できないから拉致被害者の生存を前提にする交渉手法も分からなくはない。だが不幸にも死亡していた場合はどう決着するか、日本の外交関係者は明確にする必要がある・・・」と。
 これこそが、誰もが思っている事であり、そして誰もが言い出せないことだ。
 その、誰もが言い出せない究極の質問を、中西寛という保守の国際政治学者が大手新聞紙上ではじめて、「死亡」という言葉を使って提起してくれた。
 もはやタブーは破られたのだ。
 野党は国会でこの言葉をそのまま使って質問すべきだ。
 メディアは国民に代わってこの質問を記者会見で問いただすべきだ。
 そして、その相手は日本の外交関係者ではなく、安倍首相自身だ。
 もはやタブーは取り除かれたのだ。
 この質問こそ安倍首相を追い込むことになる究極の質問だ。
 いよいよ拉致問題は最後の段階に入って来たという事である(了)
毎日新聞主催の座談会で中西寛京都大学大学院教授の発言として、「北朝鮮を信用出来無いから拉致被害者の生存を前提にする交渉手法も分からなくは無い。だが不幸にも死亡して居た場合はどう決着するか、日本の外交関係者は明確にする必要がある」と紹介。
天木直人は此れを政権批判の道具にすべきだと主張するが、全くの筋違いで気違いで在る。
遺族への賠償等を北朝鮮に求める動きをするのが正常な意識の持ち主だろう。
お前等は拉致被害者の家族等に対面して、同じ事を曰えるのかと厳しく問い質したい。
posted by 天野☆翔 at 23:35 | Comment(0) | Mass media/Entertainments | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
Name: [必須入力]

Mail:

Website:

Comment: [必須入力]